株式会社NEWS 半期報告書‐第1期(平成21年12月1日‐平成22年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書‐第1期(平成21年12月1日‐平成22年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社NEWS

カテゴリ:半期報告書‐第1期(平成21年12月1日‐平成22年11月30日)

PDFビューワー表示

                                                   EDINET提出書類
                                               株式会社NEWS(E23771)
                                                       半期報告書

【表紙】
【提出書類】       半期報告書

【提出先】        関東財務局長

【提出日】        平成22年8月13日

【中間会計期間】     第1期中(自平成21年12月1日至平成22年5月31日)

【会社名】        株式会社NEWS

【英訳名】        New Entertainment Waves Co.,Ltd

【代表者の役職氏名】   代表取締役社長本橋優一

【本店の所在の場所】   東京都墨田区両国一丁目10番7号

【電話番号】       03−5625−2731

【事務連絡者氏名】    執行役員管理部長長井忠

【最寄りの連絡場所】   東京都墨田区両国一丁目10番7号

【電話番号】       03−5625−2731

【事務連絡者氏名】    執行役員管理部長長井忠

【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。




                       1/32
                                                                   EDINET提出書類
                                                               株式会社NEWS(E23771)
                                                                       半期報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】

             回次                        第1期中

                                    自平成21年12月1日
            会計期間
                                    至平成22年5月31日

売上高                   (千円)                         3,436,973

経常損失(△)               (千円)                         △340,474

中間純損失(△)              (千円)                         △371,302

持分法を適用した場合の投資利益       (千円)                                ―

資本金                   (千円)                            10,000

発行済株式総数               (株)                                200

純資産額                  (千円)                         4,232,717

総資産額                  (千円)                         5,477,288

1株当たり純資産額             (円)                     21,163,588.01

1株当たり中間純損失金額(△)       (円)                     △1,856,511.12

潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額   (円)                                 ―

1株当たり配当額              (円)                                 ―

自己資本比率                (%)                               77.3

営業活動によるキャッシュ・フロー      (千円)                           555,818

投資活動によるキャッシュ・フロー      (千円)                         △316,897

財務活動によるキャッシュ・フロー      (千円)                                ―

現金及び現金同等物の中間期末残高      (千円)                           346,720

従業員数                                            99
                         (人)
(外、平均臨時雇用者数)                                  (637)
 (注) 1当社は平成21年12月1日に新設分割により設立されたため、当中間会計期間が設立初年度であります。
     2当社は中間連結財務諸表を作成していないことから、中間連結会計期間に係る主要な経営指標等については記載して
        おりません。
     3売上高には、消費税等は含まれておりません。
     4潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     5関連会社がないため、持分法を適用した場合の投資利益については記載しておりません。
     6従業員数は、就業人員数を記載しております。




                             2/32
                                                         EDINET提出書類
                                                     株式会社NEWS(E23771)
                                                             半期報告書
2 【事業の内容】
      当社は、平成21年12月1日に株式会社アトラスよりアミューズメント施設関連事業のノウハウを最大限に生
  かすために同事業を継承した新設分割設立会社として事業を開始いたしました。
      当社は、ゲームセンターの運営を通じたエンターテイメント事業を展開しております。
      現在ゲームパニック12店舗、ムー大陸4店舗、ゲームニューズ1店舗、ゲームガレージ1店舗、アミュー1店舗の直
  営店を運営し、メダルゲーム、ビデオゲームなど、ファミリー層や、ヤング層、シニア層など幅広いお客様にご遊
  戯いただけるエンターテイメントスポットとしてのゲームセンターとして展開しております。
  
3 【関係会社の状況】
      当社は、平成21年12月1日に株式会社アトラスの新設分割により設立され、同日に同社は、同社所有当社株式
  200株(所有割合100.0%)のうち172株(86.0%)を中小企業レジャー機構株式会社に譲渡いたしました。
      また、株式会社アトラスは、平成22年5月14日に同社所有当社株式28株(所有割合14.0%)を中小企業レ
  ジャー機構株式会社に譲渡したことにより、当中間会計期間において、新たに当社の重要な関係会社となった会社
  は次のとおりであります。

                                          議決権の所有
                                         または被所有割合
                      資本金
       会社名      住所           主要な事業内容                 関係内容
                                        所有割合 被所有割合
                     (百万円)
                                         (%)   (%)
                         ゲームセンター・遊技場等のレ
(親会社)                    ジャー施設の経営のサポート業
               東京都
中小企業レジャー機構           175 務及びコンサルティング等    ―    100.0   (注)
               中央区
株式会社                     イベントの企画・運営等
                         広告に関する企画・製作等
 (注) 1親会社である中小企業レジャー機構株式会社は、非上場会社であります。
     2当社代表取締役本橋優一が、親会社である中小企業レジャー機構株式会社の代表取締役を兼任している他、役員3名
        が兼任しております。
     3当社は、親会社である中小企業レジャー機構株式会社の銀行借り入れに対し、物上保証しております。
 4当社は、親会社である中小企業レジャー機構株式会社と経営支援契約を締結しております。


4 【従業員の状況】
 (1) 提出会社の状況
                平成22年5月31日現在
                            99
     従業員数(名)
                          (637)
 (注)従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、当中間会計期間中の平均人員(1日8時間換算)を()外数で記載しており
     ます。


 (2) 労働組合の状況
      労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。




                               3/32
                                                      EDINET提出書類
                                                  株式会社NEWS(E23771)
                                                          半期報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
  当社は、平成21年12月1日に当初の親会社である株式会社アトラスのアミューズメント施設関連事業を継承
 した新設分割設立会社であり、当中間会計期間が設立初年度であるため、前中間会計期間との比較は行っており
 ません。
 (1) 業績
  当中間会計期間における我が国経済は、一部で景気回復の持ち直しの動きが見られるものの、雇用情勢の悪
 化、設備投資の抑制や個人消費の低迷等が続き、厳しい状況下で推移いたしました。
  当社の主力事業であるアミューズメント施設関連業界におきましては、集客には一部改善の傾向が見られた
 ものの、客単価の急激な落ち込みが続き、収益構造の抜本的な見直しが必要とされる状況に直面しております。
  このような状況の中、当社は、平成21年12月1日に株式会社アトラスよりアミューズメント施設関連事業のノ
 ウハウを最大限に生かすために同事業を継承した新設分割設立会社として事業を開始いたしました。
  現在当社は、抜本的なコスト改善や会社組織運営の確立、明確な人員育成が急務となっておりますが、独立系
 オペレーターとして全てに関し「刷新」というスローガンを明確に掲げ、新たな店舗運営の実施・異業種との
 コラボレーション運営等、お客様に最大限楽しんで頂ける店づくりを実施しております。また、これまでのノウ
 ハウから当社の強みでありますメダル運営に関し、積極的に新たな投資をしながらも、運営力を最大限生かせる
 店舗運営を行っております。
  しかしながら、積極的な投資・販売促進により売上高は回復傾向となっておりますが、全体的なコスト改善効
 果・投資効果及び客単価の回復の遅れにより業績は緩やかな回復となっております。
  この結果、当中間会計期間の業績は、売上高3,436百万円、営業損失184百万円、経常損失340百万円、中間純損失
 371百万円となりました。
 (2) キャッシュ・フローの状況
   当中間会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の中間期末残高は346百万
  円となりました。
   当中間会計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
  ( イ) 営業活動によるキャッシュ・フロー
   営業活動の結果獲得した資金は555百万円となりました。
   これの主な内訳は、税引前中間純損失が361百万円、減価償却費が607百万円、未払金の増加額が432百
  万円であります。
  ( ロ) 投資活動によるキャッシュ・フロー
   投資活動の結果使用した資金は316百万円となりました。
   これの主な内訳は、有形固定資産の取得による支出が439百万円、差入及び預り保証金の差入及び返還
  による支出が60百万円、差入及び預り保証金の回収及び受入による収入が186百万円であります。
  ( ハ) 財務活動によるキャッシュ・フロー
   当中間会計期間において、財務活動に該当する取引はありません。


2 【生産、受注及び販売の状況】
  当社は、平成21年12月1日に当初の親会社である株式会社アトラスのアミューズメント施設関連事業を継承
 した新設分割設立会社であり、当中間会計期間が設立初年度であるため、前中間会計期間との比較は行っており
 ません。

                           4/32
                                                       EDINET提出書類
                                                   株式会社NEWS(E23771)
                                                           半期報告書

(1) 生産実績
  商品の仕入実績
                             当中間会計期間
           区分             (自平成21年12月1日
                           至平成22年5月31日)
アミューズメント施設関連事業 (千円)                      39,978

       合計 (千円)                           39,978
(注) 1金額は、仕入価格によっております。
    2上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


(2) 販売実績
                             当中間会計期間
           区分             (自平成21年12月1日
                           至平成22年5月31日)
アミューズメント施設関連事業 (千円)                    3,436,973

       合計 (千円)                         3,436,973
(注) 1金額は、販売価格によっております。
    2上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


3 【対処すべき課題】
  当社の主力事業であるアミューズメント施設関連事業は「風俗営業の8号許可」規制対象ならびに
 その他関連法令による規制を受けております。同法の規制を遵守しつつ積極的な店舗展開を行う必要が
 あります。また店舗による独立採算制を重視し、細やかなコストコントロールをすることでのキャッ
 シュ・フローの確保、差別化を図った店舗展開をする必要があると考えております。
  また、事業・成長戦略を実行する上で最低限の固定資産購入(主にアミューズメント機器)が現段階
 では必要であることからキャッシュポジションのコントロールは必須であります。




                                5/32
                                                  EDINET提出書類
                                              株式会社NEWS(E23771)
                                                      半期報告書
4 【事業等のリスク】
  当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
 能性のある事項には、以下のようなものがあります。
  なお、文中の将来に関する事項は、本半期報告書提出日(平成22年8月13日)現在において、当社が判断したも
 のであります。
 (1) 法的規制について
    ゲームセンターは「風俗営業の8号許可」規制対象及びその他の政令、省令等の関連法令による規
   制を受けております。その内容につきましては、店舗開発及び運営に関する許認可申請制度、営業時間
   帯の制限、入場者の時間帯による年齢制限、出店地域の規制、施設の構造・内装・照明・騒音等に関係
   する規制となっております。
    当社は、同法及び関連法令の規制を遵守しつつ、一部関連法令の対象外である新しい店舗運営を行う
   ことならびに積極的な店舗出店を計画しておりますが、新たな法令の制定、同法及び関連法令の規制内
   容の変更、強化等がなされた場合、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
 (2) 出店計画について
① 出店計画が奏功しないリスク
    当社は平成22年5月31日現在、直営アミューズメント施設として19店舗を運営しております。
    今後は現在の経済状況をチャンスと捉えながらも、当社の特色でもあるロードサイド、複合施設内の
   出店に拘らず、新たな立地への新規出店をすることで多角化した立地による店舗運営を行う方針では
   ありますが、現出店地域において同業他社の出店により、来客数及び客単価の低下が起こった場合、当
   社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
② 店舗敷金及び保証金の回収等について
    当社は店舗(駐車場含む)のほとんどが土地建物を賃借し、当該賃貸借契約書に基づいて店舗運営
   を行っており、更新についても協議可能な状況ではありますが、賃貸人の方針変更、また、賃貸人の倒産
   等の事由により閉店せざるを得ない場合があります。
    その際、出店時に預託した保証金・敷金の全部または一部が回収できなくなる可能性があります。
    また、当社では店舗内等において一部転貸を行っているため、転貸先の倒産等による事由が発生した
   場合、一部の賃料が入らなくなる可能性があります。
    これらが発生した場合、当社の経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
(3) 災害の発生について
    当社の出店地域に関しては一部を除き関東近辺に密集しており、さらに駐車場を完備し車での来店
   を特徴としていることから、関東圏を中心とした大規模災害が発生した場合、一時閉鎖ならびに交通機
   関の状況・災害地によっては営業継続が困難な状況に陥る可能性があります。
    当社ではこのような状況を想定し、各店舗からの緊急連絡先や災害時対応の訓練など日々対処を
   行っておりますが、想定を超える災害が発生した場合、当社の経営成績及び財政状態に影響を与える可
   能性があります。
(4) 人材の確保及び育成について
    当社では、個別店舗の強化、新店出店等の事業拡大ならびに会社組織の基盤確立に関しては人員確保
   が最重要課題となります。
    現在も人員育成の強化を図っておりますが、人員計画が予定通り進まない場合、当社の経営成績に影
   響を及ぼす可能性があります。
(5) 個人情報の管理について
    当社ではよりお客様へのサービス向上を目指し、顧客情報のデータベース化を図っております。


                            6/32
                                                     EDINET提出書類
                                                 株式会社NEWS(E23771)
                                                         半期報告書
   こ れらの個人情報の管理については、その重要性を充分に認識しており徹底的に管理しております
  が、個人情報の流出による問題が発生した場合、経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がありま
  す。


5 【経営上の重要な契約等】
  該当事項はありません。


6 【研究開発活動】
  特記すべき事項はありません。


7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
   当社は、平成21年12月1日に当初の親会社である株式会社アトラスのアミューズメント施設関連事業を継承
  した新設分割設立会社であり、当中間会計期間が設立初年度であるため、前中間会計期間との比較は行っており
  ません。
   なお、文中の将来に関する事項は、本半期報告書提出日(平成22年8月13日)現在において、当社が判断した
  ものであります。
 (1) 重要な会計方針及び見積もり
   当社の中間財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成されて
  おります。この中間財務諸表の作成にあたっては、経営者による会計方針の選択・適用、財政状態及び経営成績
  の開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績等を勘案し合理
  的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があり
  ます。
   当社の中間財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5経理の状況2中間財務諸表等」の「中間財務諸
  表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。




(2) 財政状態の分析
  ①流動資産
   当中間会計期間末における流動資産の残高は815百万円となりました。これの主な内訳は、現金及び預金が346
  百万円、貯蔵品が87百万円、前払費用が194百万円、差入保証金が135百万円であります。
  ②固定資産
   当中間会計期間末における固定資産の残高は4,661百万円で、これの主な内訳は、有形固定資産が2,456百万
  円、敷金が931百万円、差入保証金が1,252百万円であります。
  ③流動負債
   当中間会計期間末における流動負債の残高は734百万円で、これの主な内訳は、未払金が521百万円、未払費用
  が61百万円、前受収益が56百万円であります。
  ④固定負債
   当中間会計期間末における固定負債の残高は510百万円で、これの主な内訳は、長期預り敷金が233百万円、長
  期預り保証金が276百万円であります。

  ⑤株主資本
   当中間会計期間末における株主資本の残高は4,232百万円で、これの主な内訳は、資本金が10百万円、資本剰余
  金が4,594百万円、利益剰余金が△371百万円であります。

                             7/32
                                                      EDINET提出書類
                                                  株式会社NEWS(E23771)
                                                          半期報告書
(3) 経営成績の分析
  当中間会計期間は、売上のほとんどを占めるアミューズメント施設運営事業において、経済状況の回復の遅れ
 に伴う消費者心理の悪化等により、全体的に集客数の減少と急激な客単価の落ち込みがありました。
  このような状況の中、当社は、会社組織としての基盤確立を目指し、徹底したコスト構造の改善に取り組みな
 がらも、店舗運営では新たなイベント企画、新規アミューズメント機器の積極導入、異業種とのコラボレーショ
 ン等を積極的に展開し業績の向上を目指してまいりました。
  しかしながら、業績の改善傾向は見えたものの、当中間会計期間内においては、これまでのコスト構造からの
 完全脱却が出来ず、業績に大きな影響を与えるにはいたりませんでした。
  この結果、当中間会計期間の業績は、売上高3,436百万円、営業損失184百万円、経常損失340百万円、中間純損失
 371百万円となりました。
(4) キャッシュ・フローの状況の分析
  キャッシュ・フローの状況については、「第2事業の状況1業績等の概要(2)キャッシュ・フローの状
 況」に記載したとおりであります。




                           8/32
                                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                                            株式会社NEWS(E23771)
                                                                                                                    半期報告書

第3 【設備の状況】


1 【主要な設備の状況】
   当社は、平成21年12月1日の株式会社アトラスの会社分割により、有形固定資産2,513,214千円を承継いたし
  ました。
   当社における主要な設備及び従業員の配置状況は、以下のとおりであります。

                                                                    帳簿価額(千円)                                 従業
     事業所名                所在地          設備の内容                                                                  員数
                                                 建物及び 工具、器具  土地                                              (人)
                                                                                     その他          合計
                                                  構築物 及び備品 (面積㎡)
                                                                                                              28
本社                東京都墨田区            内装及び事務機器              -    53,211         -       21,286      74,497
                                                                                                             ( 0)
                                                                                                               2
GAME PANIC 志木     埼玉県志木市            アミューズメント施設     12,832      40,557         -               -   53,389
                                                                                                             (20)
                                                                                                               2
ムー大陸 立川店          東京都立川市               同上          17,452      24,172         -               -   41,624
                                                                                                             (19)
                                                                                                               2
ムー大陸 三芳店          埼玉県入間郡三芳町            同上                 -    16,453         -               -   16,453
                                                                                                             (12)
                                                                                                               2
GAME NEWS         千葉県流山市               同上           6,929      30,379         -               -   37,309
                                                                                                             (15)
                                                                                                               2
ムー大陸 稲毛店          千葉県千葉市稲毛区            同上          40,537      44,715         -               -   85,252
                                                                                                             (23)
                                                                                                               2
GAME PANIC 湘南     神奈川県藤沢市              同上               194    34,336         -               -   34,530
                                                                                                             (25)
                                                                         140,000                               2
GAME PANIC 新横浜    神奈川県横浜市港北区           同上          40,347      77,093                         -   257,440
                                                                                                             (28)
                                                                        (519.00)
                                                                                                               2
ムー大陸 戸塚店          神奈川県横浜市戸塚区           同上          16,298      53,387         -               -   69,686
                                                                                                             (27)
                                                                                                               6
GAME PANIC 東京     東京都大田区               同上         121,925     113,831         -               -   235,757
                                                                                                             (56)
                                                                                                               9
GAME PANIC つくば    茨城県土浦市               同上          61,137     122,446         -             123   183,707
                                                                                                             (65)
                                                                                                               5
GAME PANIC 大和     神奈川県大和市              同上                 -    68,215         -               -   68,215
                                                                                                             (47)
                                                                                                               2
GAME PANIC 高崎     群馬県高崎市               同上               487    43,079         -               -   43,567
                                                                                                             (20)
                                                                                                               3
GAME PANIC 石和     山梨県笛吹市               同上          67,115      50,289         -               -   117,404
                                                                                                             (34)
                                                                                                               2
GAME PANIC 甲府     山梨県甲府市               同上          32,596      34,370         -               -   66,967
                                                                                                             (18)
                                                                                                               8
GAME PANIC 三郷     埼玉県三郷市               同上         138,615     145,944         -             77    284,637
                                                                                                             (76)
                                                                                                               8
GAME PANIC 堺      大阪府堺市堺区              同上         251,095     151,837         -               -   402,932
                                                                                                             (68)
                                                                                                               3
AMUE つくば店         茨城県つくば市              同上           1,187      42,434         -               -   43,621
                                                                                                             (20)
                                                                                                               4
GAME GARAGE 大 宮
                  埼玉県さいたま市大宮区          同上          31,177     101,201         -               -   132,379
店                                                                                                            (33)
                                                                                                               5
GAME PANIC 足立     東京都足立区               同上         136,328      91,643         -               -   227,971
                                                                                                             (31)
                                                                         140,000                               99
                          合計                      976,259 1,339,601                   21,487 2,477,349
                                                                                                            (637)
                                                                        (519.00)
 (注) 1現在休止中の主要な設備はありません。
     2上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     3従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は当中間会計期間の平均人員を()外数で記載しております。
     4その他については、ソフトウエア及び車両運搬具を記載しております。
     5上記の他、他から賃借している設備の内容は、次のとおりであります。
                      事業所名              設備の内容                 当中間期リース料(千円)                        リース契約残高(千円)

                  GAME PANIC 志木他    アミューズメント機器他                                   31,897                           95,056



2 【設備の新設、除却等の計画】
      経常的な設備の更新を除き、重要な設備の新設、除却等の計画はありません。




                                                 9/32
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       株式会社NEWS(E23771)
                                                                               半期報告書




第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
(1) 【株式の総数等】
 ① 【株式の総数】


             種類                                 発行可能株式総数(株)

          普通株式                                                        1,000

             計                                                        1,000



 ② 【発行済株式】


                               上場金融商品取
         中間会計期間末現
                      提出日現在    引所
              在
                      発行数(株)   名又は登録認可
  種類       発行数(株)                                               内容
                    (平成22年8月13 金融
         (平成22年5月31
                        日)     商品取引業協会
             日)
                               名

 普通株式              200           200            ―               (注)

   計               200           200            ―                ―
(注) 1単元株制度は採用しておりません。
    2株式の譲渡制限に関する規定は次のとおりであります。
    当社の発行する全部の株式について、会社法第107条第1項第1号に定める内容(いわゆる譲
       渡制限)を定めており、当該株式の譲渡又は取得について取締役会の承認を要する旨を定
       款第6条において定めております。


(2) 【新株予約権等の状況】
     該当事項はありません。


(3) 【ライツプランの内容】
     該当事項はありません。


(4) 【発行済株式総数、資本金等の状況】


             発行済株式 発行済株式                                     資本準備金 資本準備金
                         資本金増減額 資本金残高
   年月日       総数増減数 総数残高                                       増減額    残高
                           (千円)  (千円)
               (株)   (株)                                      (千円)  (千円)

平成21年12月1日
                  200    200           10,000       10,000      ―        ―
(注)




                               10/32
                                                               EDINET提出書類
                                                           株式会社NEWS(E23771)
                                                                   半期報告書




(注)会社分割による当社設立に伴う増加であります。




(5) 【大株主の状況】
                                                        平成22年
                                                        5月31日
                                                        現在
                                                                 発行済株式
                                                   所有株式数        総数に対する
       氏名又は名称                           住所
                                                     (株)         所有株式数
                                                                 の割合(%)
中小企業レジャー機構株式会社       東京都中央区日本橋小伝馬町10-1                   200        100.0

         計                              ―                200        100.0



(6) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                        平成22年
                                                        5月31日
                                                        現在
        区分        株式数(株)          議決権の数(個)         内容

無議決権株式                ―                 ―          ―

議決権制限株式 (自己株式
                      ―                 ―          ―
等)

議決権制限株式(その他)          ―                 ―          ―

完全議決権株式 (自己株式
                      ―                 ―          ―
等)
                 普通株
完全議決権株式(その他)              200                200   ―
                 式

単元未満株式                ―                 ―          ―

発行済株式総数                   200           ―          ―

総株主の議決権               ―                      200   ―



     ② 【自己株式等】
       該当事項はありません。




                                11/32
                                  EDINET提出書類
                              株式会社NEWS(E23771)
                                      半期報告書




2 【株価の推移】
 当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。




                    12/32
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        株式会社NEWS(E23771)
                                                                                半期報告書




3 【役員の状況】
   当社は、平成21年12月1日に当初の親会社である株式会社アトラスのアミューズメント
 施設関連事業を継承した新設分割設立会社であり、当中間会計期間が設立初年度でありま
 す。
   当半期報告書提出日現在における当社役員の状況は次のとおりであります。


                                                                                所有株式数
 役名      職名       氏名         生年月日                      略歴                任期
                                                                                  (株)
                                         平成13年4月    株式会社ニッシン(現 NISグルー
                                                    プ株式会社)入社
代表取締役
                          昭和52年5月28日生 平成21年11月      中小企業レジャー機構株式会社代
          ―     本橋優一                                                  (注)1    ―
  社長
                                                    表取締役社長(現任)
                                         平成21年12月   当社代表取締役社長(現任)
                                         平成3年4月     株式会社日神不動産入社
                                         平成17年4月    株式会社アトラスSC事業本部長
                                         平成20年6月    株式会社アビエス取締役
 取締役    統括本部長   松島宏樹   昭和44年2月14日生                                    (注)1    ―
                                         平成21年9月    中小企業レジャー機構株式会社代
                                                    表取締役社長
                                         平成21年12月   当社取締役統括本部長(現任)
                                                    株式会社タカラ(現株式会社タカ
                                         昭和58年4月
                                                    ラトミー)入社
                                         平成18年7月    同社 アライアンス部部長
        統括本部長
                          昭和34年12月8日生 平成20年10月      株式会社ワコー社長室長
 取締役            瓦谷雪洋                                                  (注)1    ―
         付部長
                                         平成19年2月    株式会社アトラス執行役員 SC事
                                                    業部長
                                         平成21年12月   当社取締役(現任)
                                         平成8年4月     株式会社アイ・ライフ入社
                                         平成21年2月    株式会社東京テレビランド取締役
                                                    (現任)
                                         平成21年6月    中小企業信用機構株式会社取締役
                                                    (現任)
                                         平成21年6月    株式会社カーチスホールディング
                                                    ス取締役(現任)
                          昭和49年1月16日生 平成21年7月       中小企業レジャー機構株式会社取 (注)1
 取締役      ―     木村弘司                                                          ―
                                                    締役(現任)
                                         平成21年7月    株式会社タカトク取締役(現任)
                                         平成21年8月    株式会社インターチャネル取締役
                                                    (現任)
                                         平成21年12月   当社取締役(現任)
                                         平成21年12月   株式会社インデックス・コミュニ
                                                    ケーションズ代表取締役(現任)




                                 13/32
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  株式会社NEWS(E23771)
                                                                          半期報告書




                                  昭和56年9月    株式会社ニッシン (現 NISグルー
                                             プ株式会社)入社
                                  平成21年12月   当社取締役(現任)
                                  平成22年1月    中小企業管理機構株式会社代表取
                                             締役(現任)
                                  平成22年3月    株式会社シノケングループ取締役
                                             (現任)
                                  平成22年3月    株式会社シノケンプロデュース取
                                             締役(現任)
取締役   ―   岡本健志   昭和35年5月9日生                                     (注)1   ―
                                  平成22年3月    株式会社シノケンファシリティー
                                             ズ取締役(現任)
                                  平成22年3月    株式会社日商ハーモニー取締役
                                             (現任)
                                  平成22年3月    株式会社エスケーエスジー取締役
                                             (現任)
                                  平成22年3月    株式会社シノケンコミュニケー
                                             ションズ取締役(現任)
                                  平成22年3月    池田建設株式会社取締役(現任)




                          14/32
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      株式会社NEWS(E23771)
                                                                              半期報告書




                                                                    所有株式
 役名      職名      氏名       生年月日                 略歴             任期      数
                                                                     (株)
                                     平成7年4月 株式会社広興入社
                                     平成21年7月 中小企業レジャー機構株式会
                                              社取締役(現任)
                                     平成21年12月 カーフートライテック株式会
                                              社取締役(現任)
                         昭和44年8月14                            (注)
 取締役     ―    甲 斐 田 周                                                ―
                                   平成21年12月 当社取締役(現任)
                            日生                                  1
                                   平成22年5月 荻窪開発株式会社代表取締役
                                            (現任)
                                   平成22年5月 株式会社セールスサポート・
                                            ファイナンス代表取締役 (現
                                            任)
                                   平成16年4月 株式会社ニッシン (現 NISグ
                                            ループ株式会社)入社
                                   平成21年7月 中小企業レジャー機構株式会
                         昭和55年9月19                            (注)
                                            社監査役(現任)
 監査役     ―     近藤功治                                                ―
                            日生                                 2
                                   平成21年12月 当社監査役(現任)
                                     平成22年3月 株式会社ジャパンクレス監査
                                             役(現任)

                                 計                                    ―

 (注) 1取締役の任期は、就任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
         会の終結の時であります。
       2監査役の任期は、就任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
         会の終結の時であります。
 3会社設立後、当半期報告書提出日までの役員の異動は次のとおりであります。

          退任役員
                 役名              職名             氏名            退任年月日

              代表取締役社長            ―             猪狩茂     平成21年12月2日




                                     15/32
                                                     EDINET提出書類
                                                 株式会社NEWS(E23771)
                                                         半期報告書

第5 【経理の状況】


1中間財務諸表の作成方法について
(1) 当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号。
  以下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。


(2) 当中間会計期間(平成21年12月1日から平成22年5月31日)は、中間財務諸表の作成初年度であるため、前年
  同期との対比は行っておりません。


2監査証明について
  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間当会計期間(平成21年12月1日から平成22年
5月31日まで)の中間財務諸表について、堂島監査法人により中間監査を受けております。


3中間連結財務諸表について
  当社には子会社がないため、中間連結財務諸表は作成しておりません。


4決算期変更について
  当社は、平成22年4月26日開催の臨時株主総会における定款一部変更の決議により、決算期を7月31日から9月
 30日に変更いたしました。
  なお、当社は、平成21年12月1日に当初の親会社である株式会社アトラスのアミューズメント施設関連事業を継
 承した新設分割設立会社であり、当中間会計期間が設立初年度であります。




                           16/32
                               EDINET提出書類
                           株式会社NEWS(E23771)
                                   半期報告書
1 【中間連結財務諸表等】
 (1) 【中間連結財務諸表】
     該当事項はありません。


(2) 【その他】
     該当事項はありません。




                   17/32
                                                        EDINET提出書類
                                                    株式会社NEWS(E23771)
                                                            半期報告書

2【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
   ①【中間貸借対照表】
                                    (単位:千円)

                          当中間会計期間末
                         (平成22年5月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                                346,720
   売掛金                                    34,012
   貯蔵品                                    87,668
   前払費用                                  194,220
   1年内回収予定の差入保証金                         135,447
   その他                                    17,801
   流動資産合計                                815,871
 固定資産
  有形固定資産
    建物                                  1,040,539
                                         △96,776
      減価償却累計額
        建物(純額)                            943,762
                                        1,836,905
    工具、器具及び備品                   ※
                                        △497,303
        減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)                   1,339,601
    その他                                   35,899
                                         △3,201
     減価償却累計額
        その他(純額)                           32,698
                                         140,000
    土地                              ※

    有形固定資産合計                            2,456,062
   無形固定資産
    ソフトウエア                                21,286
    無形固定資産合計                              21,286
   投資その他の資産
    敷金                                    931,430
    差入保証金                               1,252,637
    投資その他の資産合計                          2,184,068
   固定資産合計                               4,661,416
 資産合計                                   5,477,288




                        18/32
                                             EDINET提出書類
                                         株式会社NEWS(E23771)
                                                 半期報告書
                            (単位:千円)

                     当中間会計期間末
                    (平成22年5月31日)
負債の部
 流動負債
   買掛金                         11,674
   未払金                        521,107
   未払費用                        61,557
   未払法人税等                      10,159
   未払消費税等                      30,478
   前受収益                        56,348
   1年内返還予定の預り保証金               36,715
   その他                          6,334
   流動負債合計                     734,377
 固定負債
  長期預り敷金                      233,414
  長期預り保証金                     276,778
   固定負債合計                     510,193
 負債合計                        1,244,570
純資産の部
 株主資本
   資本金                         10,000
   資本剰余金
    その他資本剰余金                 4,594,019
    資本剰余金合計                  4,594,019
   利益剰余金
    その他利益剰余金
                             △371,302
      繰越利益剰余金
    利益剰余金合計                  △371,302
   株主資本合計                    4,232,717
 純資産合計                       4,232,717
負債純資産合計                      5,477,288




                   19/32
                                                EDINET提出書類
                                            株式会社NEWS(E23771)
                                                    半期報告書

 ②【中間損益計算書】
                             (単位:千円)

                   当中間会計期間
                 (自 平成21年12月1日
                至 平成22年5月31日)
売上高                           3,436,973
                              3,412,498
売上原価                    ※2

売上総利益                              24,475
販売費及び一般管理費
 広告宣伝費                             20,623
 役員報酬                               4,440
 給料及び手当                            67,057
 賞与                                 4,303
 法定福利費                             11,375
 旅費及び交通費                            3,958
                                   16,355
 減価償却費                       ※2
 支払手数料                             36,806
 その他                               44,458
 販売費及び一般管理費合計                     209,378
営業損失(△)                       △184,903
営業外収益
 受取利息                                  40
 その他                                1,665
 営業外収益合計                            1,706
営業外費用
 支払手数料                            157,000
 その他                                  278
 営業外費用合計                          157,278
経常損失(△)                       △340,474
特別損失
                                   20,667
 固定資産除却損                     ※1

 特別損失合計                            20,667
税引前中間純損失(△)                   △361,142
法人税、住民税及び事業税                       10,159
中間純損失(△)                      △371,302




                20/32
                                             EDINET提出書類
                                         株式会社NEWS(E23771)
                                                 半期報告書

 ③【中間株主資本等変動計算書】
                            (単位:千円)

                      当中間会計期間
                    (自 平成21年12月1日
                   至 平成22年5月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                            −
   当中間期変動額
     会社分割による増加                 10,000
    当中間期変動額合計                  10,000
   当中間期末残高                     10,000
 資本剰余金
  その他資本剰余金
    前期末残高                           −
    当中間期変動額
     会社分割による増加               4,594,019
      当中間期変動額合計              4,594,019
    当中間期末残高                  4,594,019
   資本剰余金合計
    前期末残高                           −
    当中間期変動額
      会社分割による増加              4,594,019
      当中間期変動額合計              4,594,019
    当中間期末残高                  4,594,019
 利益剰余金
  その他利益剰余金
    繰越利益剰余金
     前期末残高                          −
     当中間期変動額
                             △371,302
       中間純損失(△)
       当中間期変動額合計             △371,302
      当中間期末残高                △371,302
   利益剰余金合計
    前期末残高                           −
    当中間期変動額
                             △371,302
      中間純損失(△)
      当中間期変動額合計              △371,302
    当中間期末残高                  △371,302




                   21/32
                                          EDINET提出書類
                                      株式会社NEWS(E23771)
                                              半期報告書
                         (単位:千円)

                   当中間会計期間
                 (自 平成21年12月1日
                至 平成22年5月31日)
 株主資本合計
  前期末残高                          −
  当中間期変動額
    会社分割による増加             4,604,019
                          △371,302
    中間純損失(△)
    当中間期変動額合計             4,232,717
  当中間期末残高                 4,232,717
純資産合計
 前期末残高                           −
 当中間期変動額
   会社分割による増加              4,604,019
                          △371,302
   中間純損失(△)
  当中間期変動額合計               4,232,717
 当中間期末残高                  4,232,717




                22/32
                                                   EDINET提出書類
                                               株式会社NEWS(E23771)
                                                       半期報告書

 ④【中間キャッシュ・フロー計算書】
                               (単位:千円)

                         当中間会計期間
                       (自 平成21年12月1日
                      至 平成22年5月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税引前中間純損失(△)                       △361,142
 減価償却費                               607,341
 受取利息                                   △40
 固定資産除却損                            △20,667
 売上債権の増減額(△は増加)                     △34,012
 たな卸資産の増減額(△は増加)                    △22,560
 仕入債務の増減額(△は減少)                       11,674
 未払金の増減額(△は減少)                       432,487
                                    △57,302
 その他
 小計                                  555,777
 利息の受取額                                  40
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    555,818
投資活動によるキャッシュ・フロー
 有形固定資産の取得による支出                    △439,059
 無形固定資産の取得による支出                      △3,855
 敷金及び保証金の差入による支出                    △20,000
 敷金及び保証金の回収による収入                     136,936
 預り保証金の返還による支出                      △40,919
 預り保証金の受入による収入                        50,000
 投資活動によるキャッシュ・フロー                  △316,897
財務活動によるキャッシュ・フロー
 財務活動によるキャッシュ・フロー                        −
                                         −
現金及び現金同等物に係る換算差額
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                  238,920
現金及び現金同等物の期首残高                       107,800
                                     346,720
現金及び現金同等物の中間期末残高               ※




                      23/32
                                                                 EDINET提出書類
                                                             株式会社NEWS(E23771)
                                                                     半期報告書

【継続企業の前提に関する事項】
    該当事項はありません。


【中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                                               当中間会計期間
              項目                            (自平成21年12月1日
                                             至平成22年5月31日)
1たな卸資産の評価基準及び評価方法                    貯蔵品
                                       最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切
                                       下げの方法)
2固定資産の減価償却の方法                        (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
                                          定率法によっております。
                                          なお、主な耐用年数は次のとおりでありま
                                        す。
                                             建物2年∼20年
                                            工具、器具及び備品2年∼19年
                                      (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
                                      定額法によっております。
                                          なお、自社利用のソフトウェアについては、
                                        社内における利用可能期間(4年∼5年)に基
                                        づく定額法を採用しております。
                                      (3) リース資産
                                        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係
                                      るリース資産
                                          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零と
                                        する定額法によっております。
                                          なお、株式会社アトラスから承継した所有権
                                        移転外ファイナンス・リース取引のうち、リー
                                        ス取引開始日が平成20年7月31日以前のリー
                                        ス取引については、通常の賃貸借取引に係る方
                                        法に準じた会計処理によっております。
3   中間キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲            キャッシュ・フロー計算書における資金(現
                                      金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し
                                      可能な預金及び容易に換金可能でありかつ、価
                                      値の変動について僅少なリスクしか負わない取
                                      得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期
                                      投資からなっております。
4その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項           消費税等の会計処理
                                      税抜方式によっております。




                              24/32
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        株式会社NEWS(E23771)
                                                                                半期報告書
【注記事項】
 (中間貸借対照表関係)

                           当中間会計期間末
                         (平成22年5月31日現在)
※(担保資産)
   当社が、親会社の債務に対し、物上保証として担保に供しているものは、次のとおりであります。
   工具、器具及び備品                  1,339,601千円 (帳簿価額)
   土地                           140,000千円 (帳簿価額)
   計                                     1,479,601千円




 (中間損益計算書関係)

                            当中間会計期間
                         (自平成21年12月1日
                          至平成22年5月31日)
※1固定資産除却損
    工具、器具及び備品                                  20,667千円
    計                                          20,667千円
※2減価償却実施額
    有形固定資産                                     604,554千円
    無形固定資産                                       2,787千円
    計                                          607,341千円


 (中間株主資本等変動計算書関係)
当中間会計期間(自平成21年12月1日至平成22年5月31日)
1発行済株式の種類及び総数に関する事項
  株式の種類      前事業年度末(株)       増加(株)                   減少(株)       当中間会計期間末(株)

  普通株式               ―                   200                 ―            200
(注) 増加数の主な内訳は、会社分割による当社設立に伴う増加であります。

2自己株式の種類及び株式数に関する事項
該当事項はありません。

3新株予約権等に関する事項
該当事項はありません。

4配当に関する事項
該当事項はありません。




                                 25/32
                                                      EDINET提出書類
                                                  株式会社NEWS(E23771)
                                                          半期報告書
 (中間キャッシュ・フロー計算書関係)
                         当中間会計期間
                      (自平成21年12月1日
                       至平成22年5月31日)
※現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              346,720千円
 現金及び預金
現金及び現金同等物                             346,720千円



 (リース取引関係)
                         当中間会計期間
                      (自平成21年12月1日
                       至平成22年5月31日)
1リース取引開始日が平成20年7月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引
(借主側)
  ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び中間期末残高相当額
                              工具器具備品
   取得価額相当額                            292,150千円
   減価償却累計額相当額                         250,361千円
   中間期末残高相当額                           41,789千円
 ②未経過リース料中間期末残高相当額
   1年内                                 52,466千円
   1年超                                 42,590千円
   合計                                  95,056千円
 ③支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
   支払リース料                              31,897千円
   減価償却費相当額                            17,923千円
   支払利息相当額                              2,219千円
  ④減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
  ⑤利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については利息法に
   よっております。
2オペレーティング・リース取引
(借主側)
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
    1年内                          3,378千円
    1年超                          3,230千円
   合計                                   6,608千円




                              26/32
                                          EDINET提出書類
                                      株式会社NEWS(E23771)
                                              半期報告書
(持分法損益等)
当中間会計期間(自平成21年12月1日至平成22年5月31日)
 関連会社がないため、該当事項はありません。


(有価証券関係)
当中間会計期間末(平成22年5月31日現在)
該当事項はありません。
 
(デリバティブ取引関係)
当中間会計期間末(平成22年5月31日現在)
 当社は、デリバティブ取引を利用していないため、該当事項はありません。


(ストック・オプション等関係)
当中間会計期間(自平成21年12月1日至平成22年5月31日)
該当事項はありません。




                           27/32
                                                       EDINET提出書類
                                                   株式会社NEWS(E23771)
                                                           半期報告書
      (企業結合等関係)
      当中間会計期間(自平成21年12月1日至平成22年5月31日)
      (共通支配下の取引等)
       当社は、平成21年12月1日に、当初の親会社である株式会社アトラスのアミューズメント施設関連事業を承継
      した新設分割設立会社であります。
1.対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式並びに取引の目的を含む取引の概要
(1)対象となった事業の名称及びその事業の内容
① 事業の名称:アトラスのアミューズメント施設関連事業
② 事業の内容:アトラスのアミューズメント施設の運営


(2)企業結合の法的形式
        当社を新設分割設立会社とし、当初の親会社である株式会社アトラス(新設分割会社)のアミューズメン
       ト施設関連事業を承継した新設分割。


(3)取引の目的を含む取引の概要
        当社は、自己責任経営、自立経営の原則のもと、専門性の高い機動的な業務執行やサービスを提供すること
       により競争力を強化し、当社の企業価値をさらに創造していくため、新設分割により設立されました。


      2.実施した会計処理の概要
       本会社分割は、「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)及び「企業結合会計基
       準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成19年11月15日改正)に
       基づき、共通支配下の取引として会計処理を行っております。


3.承継した資産及び負債の内訳(平成21年12月1日現在)

流動資産   172,909(千円)流動負債 ―(千円)
固定資産4,968,939(千円)固定負債537,828(千円)
合計5,141,848(千円)合計537,828(千円)




                                      28/32
                                                                  EDINET提出書類
                                                              株式会社NEWS(E23771)
                                                                      半期報告書
  (1株当たり情報)

                           当中間会計期間
                        (自平成21年12月1日
                         至平成22年5月31日)
1株当たり純資産額                                          21,163,588円01銭

1株当たり中間純損失金額                                        1,856,511円12銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
(注)算定上の基礎
11株当たり純資産額
                                          当中間会計期間末
               項目
                                         (平成22年5月31日)

中間貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                                     4,232,717

普通株式に係る純資産額(千円)                                           4,232,717

普通株式の発行済株式数(株)                                                  200

1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)                                     200

21株当たり中間純損失金額
                                            当中間会計期間
               項目                        (自平成21年12月1日
                                          至平成22年5月31日)
中間損益計算書上の中間純損失(△)(千円)                                     △371,302

普通株式に係る中間純損失(△)(千円)                                       △371,302

普通株主に帰属しない金額(千円)                                                 ―

普通株式の期中平均株式数(株)                                                 200



(2) 【その他】
 該当事項はありません。




                                29/32
                                                 EDINET提出書類
                                             株式会社NEWS(E23771)
                                                     半期報告書

第6 【提出会社の参考情報】


 当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。


臨時報告書
  企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(親会社の異動)及び第4号(主要株主の異動)の規
  定に基づく臨時報告書を平成21年12月22日に関東財務局長に提出。

  企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書を平
  成21年12月22日に関東財務局長に提出。




                           30/32
                              EDINET提出書類
                          株式会社NEWS(E23771)
                                  半期報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。




                  31/32
                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社NEWS(E23771)
                                                               半期報告書

                    独立監査人の中間監査報告書
                                                   平成22年8月12日
株式会社NEWS
 取締役会御中


                        堂島監査法人

                         指定社員
                                    公認会計士城哲哉印
                         業務執行社員

                         指定社員
                                    公認会計士田中祥始印
                         業務執行社員


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲
げられている株式会社NEWSの平成21年12月1日から平成22年9月30日までの第1期事業年度の中間会計
期間(平成21年12月1日から平成22年5月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損
益計算書、中間株主資本等変動計算書及び中間キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中
間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明
することにある。
 当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人
に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要
な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした
監査手続に必要に応じて追加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間
財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基
準に準拠して、株式会社NEWSの平成22年5月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期
間(平成21年12月1日から平成22年5月31日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用
な情報を表示しているものと認める。
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以上
 (注) 1 上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出会社)
     が別途保管しております。
    2中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれておりません。




                            32/32

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。