名鉄運輸株式会社 有価証券報告書 第76期(平成20年4月1日 ‐ 平成21年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書 -第76期(平成20年4月1日 ‐ 平成21年3月31日)

提出日:

提出者:名鉄運輸株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                  EDINET提出書類
                                              名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                   有価証券報告書

【表紙】         

【提出書類】       有価証券報告書

【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項

【提出先】        東海財務局長

【提出日】        平成21年6月24日

【事業年度】       第76期(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)

【会社名】        名鉄運輸株式会社

【英訳名】        Meitetsu Transport Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】   取締役社長米原浩一

【本店の所在の場所】   名古屋市東区葵二丁目12番8号

【電話番号】       (052)935-5721(代表)

【事務連絡者氏名】    常務取締役財務統括河原英穂

【最寄りの連絡場所】   名古屋市東区葵二丁目12番8号

【電話番号】       (052)935-5721(代表)

【事務連絡者氏名】    常務取締役財務統括河原英穂

【縦覧に供する場所】   株式会社名古屋証券取引所

                (名古屋市中区栄三丁目8番20号)






                        1/109
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                           有価証券報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

          回次               第72期          第73期          第74期          第75期          第76期

         決算年月             平成17年3月       平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月

売上高               (百万円)      92,666        92,915        93,562        94,427        89,584

経常利益              (百万円)           950       1,397         1,070             693           635
当期純利益又は当期純損
            (百万円)                 326           604           514     △ 2,843       △ 1,711
失(△)
純資産額              (百万円)      11,989        12,692        12,056         7,939         5,720

総資産額              (百万円)      71,091        71,755        80,408        76,281        74,641

1株当たり純資産額          (円)       491.98        521.06        493.57        326.36        235.27
1株当たり当期純利益又
                   (円)        13.41         24.82         21.15       △116.85        △70.38
は当期純損失(△)
潜在株式調整後
                   (円)             ―             ─             ─             ─             ─
1株当たり当期純利益
自己資本比率             (%)        16.86         17.69         14.94         10.41          7.66

自己資本利益率            (%)         2.79          4.90          4.17        △28.50        △25.06

株価収益率              (倍)        20.06         12.41          9.88              ―             ―
営業活動による
              (百万円)     2,917    2,559     3,763    1,402    2,374
キャッシュ・フロー
投資活動による
              (百万円)   △1,906   △ 2,759  △ 11,984  △ 1,033  △ 4,593
キャッシュ・フロー
財務活動による
              (百万円)   △1,911    △ 959      8,148   △ 234     2,068
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
              (百万円)     1,817      657       481      401      250
の期末残高
従業員数                    5,405    5,497     5,643    5,724    5,492
                (名)
[外、平均臨時雇用者数]           [2,957]  [2,904]   [2,947]  [3,007]  [2,757]
 (注) 1売上高には、消費税等は含まれていない。
     2潜在株式調整後の1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載していない。
     3純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会
        計基準5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指
        針第8号)を適用している。





                                            2/109
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                          有価証券報告書
    (2) 提出会社の経営指標等

          回次             第72期          第73期          第74期          第75期          第76期

         決算年月           平成17年3月       平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月

売上高             (百万円)        69,168        68,982        65,090        62,812        58,163

経常利益            (百万円)           166           609           580            64           153
当期純利益又は当期純損
            (百万円)             △297            341           328      △ 2,629       △ 1,855
失(△)
資本金             (百万円)         2,065         2,065         2,065         2,065         2,065

発行済株式総数          (株)     24,402,991    24,402,991    24,402,991    24,402,991    24,402,991

純資産額            (百万円)         8,918         9,206         8,383         4,419         2,158

総資産額            (百万円)        50,977        53,162        61,496        58,256        58,238

1株当たり純資産額        (円)         365.98        377.95        344.38        181.65         88.79

1株当たり配当額         (円)             ―           2.50          2.50            ―             ―
(うち1株当たり
                 (円)            (―)           (―)           (―)           (―)           (―)
中間配当額)
1株当たり当期純利益又
                 (円)        △12.21          14.03         13.47     △ 108.06       △ 76.31
は当期純損失(△)
潜在株式調整後
                 (円)             ―             ─             ─             ─             ─
1株当たり当期純利益
自己資本比率           (%)          17.49         17.32         13.63          7.59          3.71

自己資本利益率          (%)         △3.31           3.77          3.73      △ 59.51       △ 56.43

株価収益率            (倍)             ―          21.95         15.52            ―             ―

配当性向             (%)             ―          17.82         18.56            ―             ―
従業員数                    2,635   2,451   2,405   2,252   2,304
               (名)
[外、平均臨時雇用者数]           [2,094] [1,924] [1,941] [1,977] [1,743]
 (注) 1売上高には、消費税等は含まれていない。
     2潜在株式調整後の1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載していない。
     3純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会
        計基準5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指
        針第8号)を適用している。





                                            3/109
                                                            EDINET提出書類
                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                             有価証券報告書
2 【沿革】
        昭和18年6月    愛知県一宮市において、一宮運輸㈱として設立。
        昭和20年4月    名古屋鉄道㈱が設立した名岐運輸㈱を吸収合併し、商号を蘇東運輸㈱に変更。
        昭和34年10月   蘇東運輸㈱の出資により蘇東急配㈱が名古屋市東区において設立。(現連結子会社
                   名鉄急配㈱昭和35年5月に現社名に変更)
        昭和35年4月    商号を名鉄運輸㈱に変更。
        昭和35年5月    半田通運㈱(本社愛知県半田市)を吸収合併。
        昭和35年6月    本社を名古屋市熱田区に移転。
        昭和36年4月    名鉄運輸㈱(本社栃木県宇都宮市)を吸収合併。
        昭和39年10月   名鉄運輸㈱(本社栃木県足利市)を吸収合併。
        昭和43年11月   名鉄運送㈱が名古屋市港区において設立。(現連結子会社東海名鉄運輸㈱平成3
                   年に現社名に変更)
        昭和45年4月    利用航空運送事業及び航空運送代理店業の営業開始。
        昭和45年6月    西肥貨物運送㈱(本社長崎県佐世保市)に出資し、社名を西肥名鉄運輸㈱とした。
                   (現連結子会社)
        昭和45年10月   倉庫(流通)事業の営業開始。
        昭和46年5月    北福岡運送㈱(本社岩手県二戸市)に出資し、社名を東北名鉄運送㈱とした。(現連
                   結子会社東北名鉄運輸㈱昭和57年12月に現社名に変更)
        昭和47年4月    ゴールデン航空㈱(本社東京都江東区)に出資し、社名を名鉄ゴールデン航空㈱と
                   した。(現連結子会社)
        昭和49年8月    名鉄運輸㈱(本社岡山県児島郡)と名鉄運輸㈱(本社札幌市中央区)を吸収合併。


        昭和51年8月    名古屋証券取引所市場第二部に上場。
        昭和56年9月    宅配便の営業開始。
        昭和59年4月    VAN(付加価値通信網)業務開始。
        昭和61年4月    利用航空運送事業及び航空運送代理店業を名鉄ゴールデン航空㈱に譲渡。
        昭和63年1月    三陸貨物㈱(本社仙台市宮城野区)に出資。(現連結子会社)
        平成4年5月     現在地(名古屋市東区)へ本社を移転。
        平成18年3月    北陸地区事業を会社分割し、北陸名鉄カーゴサービス㈱に承継。
        平成19年10月   北海道地区事業および九州地区事業を会社分割し、北海道地区事業は新設会社の北
                   海道名鉄運輸㈱に、九州地区事業は九州名鉄カーゴサービス㈱に承継。また、九州名
                   鉄カーゴサービス㈱を九州名鉄運輸㈱に、北陸名鉄カーゴサービス㈱を北陸名鉄運
                   輸㈱にそれぞれ商号変更。
    





                                   4/109
                                                      EDINET提出書類
                                                  名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                       有価証券報告書
3 【事業の内容】
     連結財務諸表提出会社(以下、名鉄運輸㈱という。)の企業集団は、親会社名古屋鉄道㈱グループの中に
    あって、貨物運送事業を主力とする総合物流事業を行っており、子会社24社と関連会社2社で構成し、それ
    ぞれが事業地域及び分野を複合的に分担し、物流ニーズの対応に企業グループが一体となって結束して、
    総合物流事業の展開を図っている。したがって、事業の種類別セグメントの記載は困難であるが、グループ
    各社が営んでいる総合物流事業としての主な事業部門と当該事業における位置付けは次のとおりである。
     
    ・貨物自動車運送部門
         名鉄運輸㈱は、名鉄運輸グループの中核として全国ネットワークを有し、混載貨物を主力とする商流貨
     物輸送、宅配便などを運営し、市場ニーズに対応した輸送商品を開発して、幅広いサービスを提供してい
     る。連結子会社西肥名鉄運輸㈱ほか18社、持分法適用関連会社中京通運㈱ほか1社、また、自動車修理部門
     を担当している連結子会社㈱名鉄オートサービスほか1社が、それぞれの事業区域で名鉄運輸㈱の輸送
     を補完し、企業集団としての役割を果たしている。
         
    ・航空利用運送部門
         連結子会社名鉄ゴールデン航空㈱が航空会社と代理店契約を締結し、東京ほか全国の都道府県を事業
     区域として、国内・国際の航空貨物及び小口荷物の輸送を行い、グループ各社と連携して企業集団として
     の総合物流事業の強化を進めている。
         
    ・流通部門
         連結子会社名鉄流通㈱ほか1社は専業的に、また、名鉄運輸㈱は全国の倉庫及び主要支店、営業所及び
     その他一部の連結子会社において、貨物輸送にかかわる貨物の保管業務及び顧客のニーズに対応した流
     通加工業務や納品代行業務等を行いトータル的な物流サービスを提供している。
         
         なお、当社及び一部の連結子会社はキャッシュマネジメントシステムを利用しており、当社は親会社の
     子会社である㈱名鉄マネジメントサービスとの間で資金の貸付及び借入を行っている。





                               5/109
                                   EDINET提出書類
                               名鉄運輸株式会社(E04180)
                                    有価証券報告書
    事業の系統図は次のとおりである。










                       6/109
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                 有価証券報告書
4 【関係会社の状況】
    
                         資本金又は                    議決権の所有
                                          主要な事業
          名称       住所      出資金                    [被所有]割合            関係内容
                                           の内容
                          (百万円)                      (%)
(親会社)                                                      

                                                               運送の受託
名古屋鉄道㈱※2     名古屋市中村区      84,185    鉄軌道事業          [51.03]
                                                               役員の兼務3名

(連結子会社)                                                  
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運                 営業設備の賃貸借
大阪名鉄カーゴサービス㈱   大阪市東淀川区          20                   100.00
                                      送事業                    資金の借入
                                                             役員の兼務2名
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運                 営業設備の賃貸
大阪名鉄急配㈱        大阪府泉北郡           50                   100.00
                                      送事業                    資金の貸付借入
                                                             役員の兼務3名
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運                 営業設備の賃貸
関東名鉄カーゴサービス㈱   栃木県足利市           30                   100.00
                                      送事業                    資金の貸付借入
                                                             役員の兼務2名
                                                               運送の委託、受託
                                      貨物自動車運
関東名鉄急配㈱※5    茨城県土浦市           48                   100.00    資金の貸付
                                      送事業
                                                               役員の兼務2名

                                                               運送の委託、受託
                                      貨物自動車運
九州名鉄運輸㈱        福岡県糟屋郡           50                   100.00    資金の貸付
                                      送事業
                                                               役員の兼務2名

                                                               運送の委託、受託
                                      貨物自動車運
埼玉名鉄配送㈱※5    埼玉県入間市           24                   100.00    営業設備の賃貸借
                                      送事業
                                                               資金の借入
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運                 営業設備の賃借
西肥名鉄運輸㈱※1    長崎県佐世保市         100                   100.00
                                      送事業                    資金の貸付
                                                             役員の兼務3名
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運         100.00 借入金の債務保証
三陸貨物㈱          仙台市宮城野区          50
                                      送事業            (70.00) 資金の貸付
                                                             役員の兼務2名
                                                             運送の委託、受託
                                                             営業設備の賃貸
                                      貨物自動車運         100.00
中国名鉄運送㈱        山口県山口市           95                           資金の借入
                                      送事業            (46.84)
                                                             借入金の債務保証
                                                             役員の兼務3名
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運                 営業設備の賃貸借
東海名鉄運輸㈱※6    愛知県東海市           90                   100.00
                                      送事業                    資金の貸付
                                                             役員の兼務3名
                                                             運送の委託、受託
                                      貨物自動車運                 営業設備の賃貸借
東京名鉄カーゴサービス㈱   東京都江戸川区          30                   100.00
                                      送事業                    資金の借入
                                                             役員の兼務1名
                                                               運送の委託、受託
                                      貨物自動車運
東北名鉄運輸㈱        岩手県紫波郡           49                    99.97    資金の貸付
                                      送事業
                                                               役員の兼務2名
                                                               運送の委託、受託
                                                               営業設備の賃貸
                                      貨物自動車運
北陸名鉄運輸㈱※1    石川県金沢市           60                   100.00    資金の貸付
                                      送事業
                                                               借入金の債務保証
                                                               役員の兼務3名
                                                               運送の委託、受託
                                      貨物自動車運
北海道名鉄運輸㈱       北海道札幌市           10                   100.00    資金の貸付役
                                      送事業
                                                               員の兼務2名






                                  7/109
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                  有価証券報告書
                           資本金又は                   議決権の所有
                                            主要な事業
        名称           住所       出資金                   [被所有]割合           関係内容
                                             の内容
                             (百万円)                     (%)
                                                               運送の委託、受託
                                        貨物自動車運                 営業設備の賃貸
名鉄急配㈱※1、4、6     愛知県稲沢市          100                   100.00
                                        送事業                    資金の貸付
                                                               役員の兼務3名
                                                               運送の委託、受託
                                        航空利用運送                 営業設備の賃貸
名鉄ゴールデン航空㈱※1、3   東京都中央区           96                   100.00
                                        事業                     資金の貸付
                                                               役員の兼務3名
                                                               運送の委託、受託
                                                               営業設備の賃借
                                        貨物自動車運
名鉄トラック運送㈱        栃木県宇都宮市          21                    99.82 資金の貸付
                                        送事業
                                                               借入金の債務保証
                                                               役員の兼務2名
                                                               運送の委託、受託
                                        貨物自動車運                 営業設備の賃貸
名鉄引越サービス㈱        名古屋市中区           80                   100.00
                                        送事業                    資金の貸付
                                                               役員の兼務4名
                                                               運送の委託、受託
                                                               営業設備の賃貸借
名鉄流通㈱            東京都江戸川区          10    流通事業           100.00
                                                               資金の借入
                                                               役員の兼務1名
                                                               運送の委託、受託
                                                               営業設備の賃貸
㈱メイテツ流通倉庫        愛知県犬山市           30    流通事業           100.00
                                                               資金の借入
                                                               役員の兼務2名
                                                               運送の受託
                                        貨物自動車運         100.00 営業設備の賃貸
柳島運送㈱            愛知県碧南市           50
                                        送事業            (15.00) 資金の借入
                                                               役員の兼務3名
その他3社                                                        

(持分法適用関連会社)                                                  

                                        貨物自動車運                   運送の委託、受託
中京通運㈱            名古屋市中川区          60                    50.00
                                        送事業                      役員の兼務2名

                                        貨物自動車運                   運送の委託、受託
和歌山名鉄運輸㈱         和歌山県和歌山市         60                    34.40
                                        送事業                      役員の兼務1名

    (注) 1「議決権の所有[被所有]割合」の欄の()内は内書で間接所有割合である。
        2※1:特定子会社である。
        3※2:有価証券報告書の提出会社である。
        4※3:売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えている。
        主要な損益情報等(1)売上高9,488百万円
            (2)経常利益111百万円
            (3)当期純利益 29百万円
            (4)純資産額992百万円
            (5)総資産額3,413百万円
        5※4:平成20年10月に、連結子会社であった名鉄カーゴサービス㈱の全事業につき事業譲渡を受けている。
                  なお、連結子会社であった名鉄カーゴサービス㈱は清算結了により消滅している。
        6※5:平成21年3月に、関東名鉄急配㈱が埼玉名鉄配送㈱の全事業につき事業譲渡を受けている。
        7※6:平成21年4月に、名鉄急配㈱を存続会社とする吸収合併を行っており、東海名鉄運輸㈱は被合併により
            消滅している。
    




                                     8/109
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                             有価証券報告書
5 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                          平成21年3月31日現在
                事業部門の名称                           従業員数(名)

貨物自動車運送部門                                             4,834[ 2,430]

航空利用運送部門                                                425[     138]

流通部門                                                    150[     174]

全社(共通)                                                    83[    15]

                     合計                               5,492[ 2,757]
    (注)従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を
        含む就業人員であり、[]内は外書で臨時従業員の年間平均雇用人員である。

    (2) 提出会社の状況
                                                          平成21年3月31日現在
      従業員数(名)             平均年齢           平均勤続年数           平均年間給与(千円)

         2,304[ 1,743]      42歳4か月           13年5か月                     4,181
    (注) 1従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であり、[]内は外書で
           臨時従業員の年間平均雇用人員である。
        2平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

    (3) 労働組合の状況
      提出会社の労働組合は、名鉄運輸労働組合と称し、全日本運輸産業労働組合連合会に加入している。
     また、連結子会社名鉄ゴールデン航空㈱他11社には、それぞれ労働組合が組織されている。
      現在、労使関係について特記すべき事項はない。





                                     9/109
                                                    EDINET提出書類
                                                名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                     有価証券報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
(1) 業績
  当連結会計年度におけるわが国経済は、海外経済の減速に伴う輸出の伸び悩みに、原材料・エネルギー
 価格の高騰が重なり、景気は低迷しつつある中、後半に入り、国際的な金融資本市場の混乱に端を発した
 世界同時不況により輸出は急減するとともに、生産調整による設備投資の低迷や人員の削減など雇用・
 所得環境の悪化による個人消費の減退などにより、景気は混乱のうちに推移した。
 運送業界では、このような状況から、燃料の高騰により経費が大幅に増加し、その対応に追われたが、後
 半に入り、燃料の高騰は収束したものの、景気の急降下の影響により貨物量が減少し、運賃の値下げによ
 る貨物量の確保など、大変厳しい事業環境が続いた。
 このような状況の中、当社グループでは、それぞれの取引において利益確保を最優先とした営業方針に
 変更し、営業の拡大に努力するとともに、一方では、不採算な荷主との契約を見直しするなど、利益の確保
 を意識した営業活動を展開した。
 また、さらに優良な輸送サービスを提供し荷主の信頼に応じるべく、荷物事故の撲滅や誤配の防止など
 輸送品質の改善にも取り組んだ。
 一方、取り扱い貨物量の減少に伴い、引き続き、店所、車両、人員といった経営資源における配分の見直し
 を行うとともに、グループ全体の運行系統の効率改善に取り組むなど、大幅な経費の削減に努力した。
 当連結会計年度における部門別の状況は、次のとおりである。
 (貨物自動車運送部門)
  「路線・区域事業」における路線事業では、取り扱い貨物が減少する中、運賃値下げ競争の激化に巻き
 込まれないよう既存荷主への定期訪問を強化し、荷主の要望やクレームに的確に対応できるフォロー営
 業を強力に展開した。また、販売活動の活性化を図り、新規荷主の開拓のほか既存荷主の販路の拡大にも
 努力した。しかし、自動車を中心とした輸出関連の製造業者と取引のあるグループ会社では、貨物量が急
 減したため、大きな影響を被った。
 適正運賃の収受については、燃料サーチャージ制の届け出を含め粘り強い是正活動を展開し、運賃単価
 には下げ止まりを見ることができた。
 一方、区域事業では、往路だけの業務では空車回送が発生するため、往復で貨物が確保できる運行体制を
 確立し収益の確保に努力した。また、青果輸送や冷凍輸送は順調に推移したが、家電製品を中心とした貸
 切輸送は輸出の低迷により大幅に減少した。
 「宅配事業」については、年々取り扱い個数が減少して来た結果、不採算な面が顕在化しており、また、
 「利益を確保するために産業貨物へ集中する」という営業方針の変更により、宅配便を中心とした個人
 あて貨物の取り扱いを極力縮小することとし、荷主の見直しや輸送方法の変更を行った。
 「引越事業」では、新規に大手製薬会社の転勤に伴う引越を受注したが、折からの企業業績の低迷から
 企業全般に転勤引越や事務所移動に伴う引越が減少したほか、引越作業の技術を利用したエレベーター
 部品や環境保護のためのビル屋上緑化用の部材など特殊貨物の搬入作業にも取り組んだものの、前年実
 績を大きく割り込むこととなった。
 以上の結果、貨物自動車運送部門の連結売上高は、77,271百万円(対前連結会計年度比5.9%減)であっ
 た。




                          10/109
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                  有価証券報告書
     (航空利用運送部門)
      航空利用運送部門では、折からの国際経済の低迷により、国際貨物・国内貨物ともに減少したが、収益
     の柱であるゲーム関連商品の輸送や個人情報や海外有名ブランド品等の貴重品輸送には落ち込みが見ら
     れず、加えて、北海道において大手水産業者との新規契約により海産物の輸送を取り込むことができた。
     また、貨物の少ない地方向けの混載輸送について同業10社と幹線の共同化を図り、輸送効率の向上を図る
     などコストの削減にも取り組んだ。
     以上の結果、当部門の連結売上高は、9,223百万円(対前連結会計年度比0.4%増)となった。
     (流通部門)
      流通部門では、生産性と利益確保を最優先とした組織への変革と路線事業・区域事業との連携により
     収益の確保に努めた。提案営業の部門では、東京と福岡で、総合家電卸業を営む大手荷主の物流センター
     機能の代行業務や大手コンビニエンスストアーの東海地区における物流センターへの納品を効率化する
     ため、飲料各社の製品を取りまとめし、納品を一括して行う業務など、大口の案件を取り込むことができ
     た。また、既存の日用雑貨品や飲料品は底堅く推移したが、全体を底上げするまでには至らず、当部門の連
     結売上高は3,089百万円(対前連結会計年度比0.6%減)にとどまった。
      以上の結果、当連結会計年度の連結売上高は、前連結会計年度比5.1%減の89,584百万円と減収となっ
     た。これに対し、グループ各社が減少する貨物に対応した業務の効率化に取り組んだ結果、連結営業利益
     は前期比1.7%増の1,041百万円を確保することができたものの、連結経常利益は前連結会計年度比8.4%
     減の635百万円にとどまった。また、収益性の低下した連結子会社において固定資産の減損損失を計上し
     たほか、繰延税金資産に係る回収可能性の見直しの結果、繰延税金資産を取り崩したことなどから、1,711
     百万円の連結当期純損失(前連結会計年度は2,843百万円の連結当期純損失)を計上することとなった。
      なお、当社グループは、貨物運送事業を主力とする総合物流事業を展開しており、事業の種類別セグメ
     ント情報は記載していない。
    (2) 部門別売上高

                             当連結会計年度
                          (自平成20年4月1日
                           至平成21年3月31日)
           区分                                                     前年同期比(%)
                     金額(百万円)                     構成比(%)

    貨物自動車運送部門                  77,271                      86.3              94.1

    航空利用運送部門                    9,223                      10.3          100.4

    流通部門                        3,089                       3.4              99.4

           合計                  89,584                     100.0              94.9
    (注) 上記金額には、消費税等は含まれていない。





                                        11/109
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                    有価証券報告書
    (3) 地域別売上高

                              当連結会計年度
                           (自平成20年4月1日
                            至平成21年3月31日)
           区分                                                       前年同期比(%)
                      金額(百万円)                     構成比(%)

    東部地域                      37,796                        42.2               93.7

    中部地域                      30,125                        33.6               93.7

    西部地域                      21,662                        24.2               98.7

           合計                 89,584                       100.0               94.9
    (注)1上記金額には、消費税等は含まれていない。
        2東部…北海道、東北、北関東、東京、南関東中部…東海、北陸西部…近畿、中国、九州

    (4) 輸送能力

                             当連結会計年度
                           (平成21年3月31日現在)
           区分                                                       前年同期比(%)
                      車両台数(台)               積載トン数(トン)

                大型車       1,352( 540)                      14,737              97.9
    貨物自動車
                普通車       3,808( 646)                      13,328              95.3

           合計             5,160(1,186)                     28,065              96.6
    (注) 1「車両台数」欄の()内は内書でリース契約による台数である。
        2「前年同期比」欄は積載トン数で比較している。

    (5) キャッシュ・フローの状況
      「営業活動によるキャッシュ・フロー」は、減価償却費2,408百万円(前連結会計年度比216百万円
     増)、減損損失957百万円(同比539百万円減)、売上債権の減少額2,338百万円(同比1,859百万円増)な
     どの収入、税金等調整前当期純損失778百万円(同比90百万円減)、仕入債務の減少額1,884百万円(同比
     1,100百万円増)などの支出により、前連結会計年度に比べ972百万円増加し、2,374百万円の収入超過と
     なった。
      「投資活動によるキャッシュ・フロー」は、大口流通支店における事業用土地・建物などの有形固定
     資産の取得による支出4,933百万円(同比2,971百万円増)などにより、前連結会計年度に比べ3,559百万
     円減少し、4,593百万円の支出超過となった。
      「財務活動によるキャッシュ・フロー」は、長期借入れによる収入9,780百万円(同比2,597百万円
     増)、長期借入金の返済による支出8,215百万円(同比3,171百万円増)などにより、前連結会計年度に比
     べ2,302百万円増加し、2,068百万円の収入超過となった。
      これらの結果、現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度に比べ150百万円減少し、250百万円
     となった。





                                         12/109
                                                       EDINET提出書類
                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                        有価証券報告書
2 【生産、受注及び販売の状況】
     当社グループは、貨物自動車運送事業を主力とする総合物流事業を展開しており、事業の種類別セグメン
    トに関連付けて記載することが困難であるため、「1業績等の概要」に「部門別売上高」、「地域別売上
    高」及び「輸送能力」を記載している。
     
3 【対処すべき課題】
         厳しい経営環境に対応するため、当社グループでは、平成21年度を初年度とする新中期経営計画(平成
     21∼23年度)を策定し、「連結経営の強化」「コア事業(混載事業)における利益体質の構築」「事業
     の再構築」「財務体質の強化」「組織力の強化と人材の育成」の5項目の基本戦略を設定し、どのよう
     な事業環境に置かれても「常に利益を確保できる体制の構築」を至上命題に、グループ全体が利益体質
     への転換を図り、安定した連結利益を確保できるよう、次の課題に取り組んでいる。
     (1)新中期経営計画に基づき、事業分野、事業エリア、事業コストの絞り込みを通じ、コア事業である
           混載事業の収益体質の構築を図る。
     (2)当社においては、産業貨物を中心とした混載事業への集中を図り、さらに事業の拡大を目指す。
           混載事業の拡大のためには、3PL事業を主体とした提案営業を強化するとともに、新規荷主と
           の取引拡大や既存荷主の取引深化による囲い込みのほか、流通倉庫事業の強化・拡充を行うとと
           もに、物流業者・倉庫事業者との提携強化等による取り扱い貨物量の拡大を図る。
     (3)北関東を含めた首都圏・中部圏・近畿圏の拠点網の再構築を行うとともに、人的・物的資源を重
           点配置し営業力強化を図る。
     (4)その他の地域については、組織再編等によりグループ各社が継承し、地域に密着した営業展開に
           より、利益が確保できる体制を整備する。
     (5)グループ全体を再点検し、経営資源の重複等、非効率な組織の見直しのため、引き続き店所の統廃
           合・施設の見直しを進め、資産の効率改善を促進する。
     (6)午前中の完全配達や荷主の希望時間に合わせた集荷作業、荷物事故やクレームの撲滅など輸送品
           質の一層の改善に取り組む。
     (7)グループのネットワークをより強固で、効率的なものとするため、重複する配送網を見直すとと
           もに、グループ会社車両の積極的な活用を図る。





                                 13/109
                                                      EDINET提出書類
                                                  名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                       有価証券報告書
4 【事業等のリスク】
     事業等のリスクに関しては以下のとおり認識している。
    なお、将来に関する事項の記載については当連結会計年度末において判断したものである。
    当社グループは、総合物流事業を展開しており、景気の動向、顧客の物流コストの削減要請、同業他社との価
    格競争、規制緩和による新規業者の参入等により運賃の下落を招き、当社グループの事業・業績に悪影響を
    及ぼす可能性がある。
    このほかに当社グループの事業活動において業績に変動を及ぼす主なリスクは、次のようなものがある。
     (1)仕入価格の変動
    当社グループは、主にトラックを使用して事業を展開しているため燃料調達が不可欠であり、燃料費につ
    いては、軽油価格は概ね原油価格に連動するため、世界の景気動向、産油地域の情勢等により影響を受け、そ
    の上昇は業績に悪影響を及ぼす可能性がある。その他高速道路料金等の公共料金の上昇や運送委託料等の
    外注費の上昇も同様に業績に影響を及ぼす場合がある。
     (2)金利の変動
    当社グループは、車両の更新のため及び顧客に対するサービスを提供するための拠点整備のために、継続
    的に設備投資を行っている。有利子負債の削減に努めているが、運転資金や設備資金は主として借入でまか
    なっている。借入のほとんどを固定金利または金利スワップ取引により金利を固定化しているが、短期資金
    や変動金利での借入については、金利変動の影響を受けることがある。





     (3)特有の法的規制等に係るもの
    一般貨物自動車運送事業者は、貨物自動車運送事業法(平成元年法律第83号)の定めにより、営業所の名
    称及び位置、事業の用に供する自動車の概要、特別積合せ貨物運送をするかどうかの別、貨物自動車利用運
    送を行うかどうかの別、その他国土交通省令で定める事項に関する事業計画を申請し、国土交通大臣の許可
    を受けなければならないことになっている。
     (4)退職給付債務
    年金資産の時価の下落及び運用利回り、割引率等の退職給付債務算定に用いる前提の変更が、業績に影響
    を及ぼす場合がある。
     (5)その他
    当社グループは、公道を利用して事業を営んでいることから、社員教育等を通じ交通安全・事故防止対策
    に万全な体制を取っている。しかし、常時5,000台を超える車両を運行させており、不慮の車両事故が発生す
    る危険性がある。車両事故により賠償責任が生じた場合に備え、賠償保険等に加入し、その支払リスクを回
    避しているが、保険外の車両事故については、業績に悪影響を及ぼす場合がある。
     また、事業の公共性を重視しており、環境保全等法規則遵守のため、短期間に車両の入れ替え等が発生し、
    そのための設備投資が業績に影響を及ぼす場合がある。





                             14/109
                                                          EDINET提出書類
                                                      名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                           有価証券報告書
5 【経営上の重要な契約等】
    (1)当社の連結子会社である名鉄カーゴサービス㈱は、同連結子会社である名鉄急配㈱と平成20年9月
     16日に事業譲渡契約を締結した。事業譲渡の概要は次のとおりである。
     ①名鉄急配㈱は、平成20年10月1日に名鉄カーゴサービス㈱の事業の全部を譲り受ける。
     ②名鉄カーゴサービス㈱が譲渡する事業の対価は、事業の譲渡日の前日における簿価を基準とし、別途協
         議の上決定する。
     ③名鉄カーゴサービス㈱の従業員は譲渡日をもって名鉄急配㈱に移籍する。
     
    (2)当社の連結子会社である名鉄急配㈱は、同連結子会社である東海名鉄運輸㈱と平成21年1月10日に
     合併契約を締結した。
    (合併の目的)
     当社グループの経営基盤の強化及び間接部門の集約化による経営効率の向上を図るため
    (合併契約の概要)
     ①名鉄急配㈱を吸収合併存続会社、東海名鉄運輸㈱を吸収合併消滅会社とし、名鉄急配㈱が東海名鉄運輸
         ㈱の資産負債並びに権利義務の全部を承継する。
     ②名鉄急配㈱は、合併に際して普通株式を発行しない。
     ③合併の効力発生日は、平成21年4月1日とする。
     ④吸収合併存続会社となる会社の資本金・事業の内容
(1)商号名鉄急配株式会社
(2)資本金100百万円
(3)事業内容一般貨物自動車運送事業
     
    (3)当社の連結子会社である埼玉名鉄配送㈱は、同連結子会社である関東名鉄急配㈱と平成21年3月7
     日に事業譲渡契約を締結した。事業譲渡の概要は次のとおりである。
     ①関東名鉄急配㈱は、平成21年3月16日に埼玉名鉄配送㈱の事業の全部を譲り受ける。
     ②埼玉名鉄配送㈱が譲渡する事業の対価は、事業の譲渡日の前日における簿価を基準とし、別途協議の上
         決定する。
     ③埼玉名鉄配送㈱の従業員は譲渡日をもって関東名鉄急配㈱に移籍する。
     
    (4)当社は、親会社である名古屋鉄道㈱と平成20年8月1日に土地建物売買契約を締結している。
     当該契約により取得した資産の概要については、次のとおりである。
    (大口流通支店)

             所在地    愛知県丹羽郡大口町中小口四丁目10番

                    土地             31,472.30㎡
              面積
                    建物             17,278.35㎡(延床面積)
             取得価額            1,968百万円
         
6 【研究開発活動】
     特記すべき事項はない。





                                      15/109
                                                         EDINET提出書類
                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                          有価証券報告書
7 【財政状態及び経営成績の分析】
 (1)財政状態
     当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ1,640百万円減少して74,641百万円であった。
 流動資産は同2,588百万円減少して13,217百万円、固定資産は同947百万円増加して61,424百万円となっ
 た。
     流動資産減少の主な要因は、受取手形及び営業未収金の減少額2,286百万円、キャッシュマネジメント
 システムを活用することにより、グループ資金の有効利用を進めた結果、現金及び預金が前連結会計年度
 末に比べ150百万円減少したこと等によるものである。
     固定資産増加の主な要因は、大口流通支店における事業用土地・建物の購入による設備投資額2,018百
 万円などによるものである。
     当連結会計年度末の総負債は、前連結会計年度末に比べ578百万円増加して68,920百万円であった。流
 動負債は同4,177百万円減少して28,708百万円、固定負債は同4,755百万円増加して40,212百万円となっ
 た。
     当連結会計年度末の有利子負債(短期借入金、1年内返済予定の長期借入金、1年内償還予定の社債、
 リース債務(流動負債)、社債、長期借入金、リース債務(固定負債)、社内預金等の合計額)は、大口流
 通支店における事業用土地・建物の購入による設備投資に係る調達額2,000百万円およびリース会計適
 用に伴うリース債務(流動負債、固定負債)1,099百万円の計上などにより、前連結会計年度末に比べ
 3,184百万円増加し47,995百万円となった。
     当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ2,219百万円減少して5,720百万円であった。主
 な減少の要因は、当期純損失、その他有価証券評価差額金の減少である。
     この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の10.41%から7.66%となり、1株当たり純資産額は、前
 連結会計年度末の326.36円から235.27円になった。
     
 (2)経営成績
     当連結会計年度の業績については、第2「事業の状況」1「業績等の概要」に記載している。
 
 (3)キャッシュ・フロー
     当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況については、第2「事業の状況」1「業績等の概要」に
 記載している。
     




                                 16/109
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                   有価証券報告書

第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
     当社グループ(当社及び連結子会社)では、輸送能力の維持、増強及び物流サービスの向上を目指して総
    額5,628百万円の投資を実施した。
     当連結会計年度において大口流通支店(愛知県丹羽郡大口町)における事業用設備の購入による設備投
    資2,018百万円を実施している。
     また、当連結会計年度においては、重要な設備の売却及び除却はない。
     
2 【主要な設備の状況】
     当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりである。
    (1) 提出会社
                                                                平成21年3月31日現在
                                            帳簿価額(百万円)                          従業員数
         事業所名
                 設備の内容                                                          (名)
         (所在地)            建物及び 機械装置    土地        工具器具                         [外、臨時]
                                           リース資産                     合計
                           構築物 及び運搬具 (面積㎡)       及び備品
 本社                                                188                            105
                 統括業務設備      818    20                    219   32    1,280
 (名古屋市東区)                                         (566)                          [146]

 東北地区・仙台支店                                    1,804
                                                                                  156
 (仙台市宮城野区)       物流関連設備      557   262      (39,103)       27    4    2,655
                                                                                 [106]
 他東北地区4店所                                    [7,834]
 北関東支社・足利支
                                                859
 店                                                                                239
                 物流関連設備      721   400      (36,804)       54    8    2,044
 (栃木県足利市)                                                                        [159]
                                            [52,904]
 他北関東地区5店所
 東京支社・深川支店
                                              6,883
 (東京都江東区)                                                                         637
                 物流関連設備    1,301   749      (45,606)       79   15    9,028
 他東京・南関東地区                                                                       [421]
                                            [61,547]
 18店所
 静岡西支店                                          835
                                                                                   77
 (静岡県焼津市)        物流関連設備    1,110   103      (23,485)        0    4    2,053
                                                                                  [58]
 他静岡地区4店所                                   [30,802]
 名古屋支社・小牧支
                                              8,816
 店                                                                                492
                 物流関連設備    2,659   760     (173,110)       16   22   12,275
 (愛知県小牧市)                                                                        [513]
                                           [118,309]
 他東海地区20店所
 大阪支社・淀川支店                                    7,654
                                                                                  517
 (大阪市東淀川区)       物流関連設備      975   635      (42,681)       91   12    9,370
                                                                                 [299]
 他近畿地区12店所                                  [30,761]
 中国地区・広島支店                                      637
                                                                                   81
 (広島市西区)         物流関連設備      377    71      (17,664)       15    3    1,104
                                                                                  [41]
 他中国地区1店所                                    [6,446]





                                         17/109
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                             有価証券報告書
    (2) 子会社
                                                                          平成21年3月31日現在
                                                   帳簿価額(百万円)                             従業員数
        会社名
                     設備の内容                                                                (名)
       (所在地)                建物及び 機械装置    土地             工具器具                            [外、臨時]
                                                 リース資産                          合計
                             構築物 及び運搬具 (面積㎡)            及び備品
 東北名鉄運輸㈱                                  1,674
                                                                                            581
 (岩手県紫波郡)            物流関連設備   1,068 360 (81,471)     99    18                   3,221
                                                                                           [268]
 他東北地区3社                                [20,233]
 関東名鉄急配㈱                                                620
                                                                                             337
 (茨城県土浦市)  物流関連設備                 270     144       (27,456)        20      6   1,062
                                                                                             [57]
 他北関東地区2社                                           [11,743]
 名鉄ゴールデン航空
 ㈱                                                      550
                                                                                            520
 (東京都中央区)  物流関連設備                 428     196        (6,410)        ─      36   1,211
                                                                                           [167]
 他東京・南関東地区                                           [5,494]
 4社
 名鉄急配㈱                                                1,043
                                                                                            661
 (愛知県稲沢市)  物流関連設備               1,108     468       (35,063)        ─      25   2,646
                                                                                           [179]
 他東海地区5社                                            [40,153]
                                                      1,180
 北陸名鉄運輸㈱                                                                                     302
                     物流関連設備       754     199       (31,923)        ─      47   2,182
 (石川県金沢市)                                                                                    [93]
                                                    [37,906]
 大阪名鉄急配㈱                                ─
                                                            97
 (大阪府泉北郡)        物流関連設備    10 105     (─)   ─    1    117
                                                           [48]
 他近畿地区1社                              [855]
 西肥名鉄運輸㈱
                                     2,866
 (長崎県佐世保市)                                                 690
                 物流関連設備 1,242 445 (158,503) 63  23  4,642
 他中国・九州地区2                                                [202]
                                   [47,635]
 社
  (注) 1上記の金額は帳簿価額であり建設仮勘定は含んでいない。なお、金額には消費税等は含まれていない。
      2土地及び建物の一部を賃借している。年間賃借料は1,622百万円である。賃借している土地の面積については、
         []で外書している。
      3上記のほか、車両及び事務用機器等の一部をリース契約により賃借している。主な車両等の年間リース料は 
         1,790百万円である。
      4提出会社において、事業用土地の再評価を行っている。

3 【設備の新設、除却等の計画】
    (1) 重要な設備の新設等
       当社グループ(当社及び連結子会社)の平成21年3月31日現在の重要な設備の新設の計画は次のとおり
     である。

                                        投資予定金額                           着手及び完了予定
                                                                                        完成後の
      会社名      所在地      設備の内容                                資金調達方法
                                                                                        増加能力
                                      総額    既支払額
                                                                          着手    完了
                                    (百万円)   (百万円)
                 車両の購入                                                   平成21年 平成22年
    名鉄運輸㈱       ─              693                       ─   自己資金                        ─
                 (代替)                                                     4月    3月
    西肥名鉄運輸       車両の購入                                       自己資金及び      平成21年 平成22年
              ─              1,044                       ─                               ─
    ㈱他           (代替)                                        借入金          4月    3月
    (注)上記金額には、消費税等は含まれていない。

    (2) 重要な設備の除却等
       該当事項はない。





                                                18/109
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                 有価証券報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
     ① 【株式の総数】

                  種類                                 発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                                  79,200,000

                   計                                                   79,200,000


     ② 【発行済株式】

                事業年度末現在       提出日現在        上場金融商品取引所
      種類         発行数(株)       発行数(株)       名又は登録認可金融       内容
              (平成21年3月31日) (平成21年6月24日) 商品取引業協会名
                                           名古屋証券取引所
     普通株式          24,402,991   24,402,991           単元株式数は1,000株である。
                                           (市場第二部)
          計        24,402,991   24,402,991       ―                 ―


    (2) 【新株予約権等の状況】
      該当事項はない。
      
    (3) 【ライツプランの内容】
      該当事項はない。

      




                                        19/109
                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                              名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                                   有価証券報告書
    (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式        発行済株式       資本金増減額             資本金残高          資本準備金       資本準備金
          年月日       総数増減数         総数残高                                           増減額          残高
                     (千株)          (千株)          (百万円)          (百万円)           (百万円)       (百万円)

平成6年11月30日                 200      24,402                 66        2,065            66      1,534
    (注)新株引受権付社債の新株引受権の権利行使による増加(平成5年12月1日∼平成6年11月30日)

    (5) 【所有者別状況】
                                                                                   平成21年3月31日現在
                                 株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                                                            単元未満
                                                      外国法人等
     区分                                                                                    株式の状況
            政府及び
                            金融商品     その他の                                 個人                 (株)
            地方公共    金融機関                                                              計
                            取引業者      法人                                 その他
             団体                                   個人以外          個人
株主数
              ─      15    6     67    1  ─    1,383  1,472                                       ―
(人)
所有株式数
              ─   5,115   16 13,928   15  ─    5,159 24,233                                  169,991
(単元)
所有株式数
              ─   21.11 0.07  57.48 0.06  ─    21.29 100.00                                       ―
の割合(%)
 (注)自己株式90,145株は、「個人その他」に90単元、「単元未満株式の状況」に145株含まれている。

    (6) 【大株主の状況】
                                                                           平成21年3月31日現在
                                                                     所有株式数 発行済株式総数に対する
          氏名又は名称                             住所
                                                                      (千株)  所有株式数の割合(%)
名古屋鉄道株式会社                  名古屋市中村区名駅一丁目2番4号                            12,315                 50.46
日本トラスティ・サービス信託
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号                             1,006                  4.12
銀行株式会社(信託口)
株式会社三菱東京UFJ銀行              東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                                 965               3.95

名鉄運輸従業員持株会                 名古屋市東区葵二丁目12番8号                                   895               3.66

名鉄運輸協力会                    名古屋市東区葵二丁目12番8号                                   646               2.64

第一生命保険相互会社                 東京都千代田区有楽町一丁目13番1号                                530               2.17

日本生命保険相互会社                 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                                 528               2.16

株式会社みずほコーポレート銀行            東京都千代田区丸の内一丁目3番3号                                 405               1.66

鈴与株式会社                     静岡県静岡市清水区入船町11番1号                                 400               1.63

三井住友海上火災保険株式会社             東京都中央区新川二丁目27番2号                                  380               1.55

                計                            ―                         18,071                 74.05

    (注)名鉄運輸協力会は、当社取引先による持株会である。

      




                                                  20/109
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                            有価証券報告書
    (7) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                          平成21年3月31日現在
          区分             株式数(株)              議決権の数(個)                             内容

無議決権株式                       ―                        ―                           ―

議決権制限株式(自己株式等)               ―                        ―                           ―

議決権制限株式(その他)                 ―                        ―                           ―
                        (自己保有株式)
完全議決権株式(自己株式等)                                        ―                           ―
                      普通株式    90,000
完全議決権株式(その他)          普通株式   24,143,000                   24,143                  ―

単元未満株式                普通株式       169,991              ―                           ―

発行済株式総数                      24,402,991               ―                           ―

総株主の議決権                      ―                            24,143                  ―
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式 145株が含まれている。

     ② 【自己株式等】
                                                                           平成21年3月31日現在
                                        自己名義           他人名義            所有株式数 発行済株式総数
      所有者の氏名
                      所有者の住所           所有株式数          所有株式数             の合計     に対する所有
       又は名称
                                         (株)            (株)              (株)   株式数の割合(%)
(自己保有株式)           名古屋市東区葵二丁目12番
                                             90,000                ―     90,000        0.37
名鉄運輸株式会社           8号
         計               ―                   90,000                ―     90,000        0.37


    (8) 【ストックオプション制度の内容】
      該当事項はない。





                                           21/109
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                           有価証券報告書
2 【自己株式の取得等の状況】

  【株式の種類等】    会社法第155条第7号による普通株式の取得

  (1) 【株主総会決議による取得の状況】
      該当事項はありません。

    (2) 【取締役会決議による取得の状況】
      該当事項はありません。

    (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
              区分               株式数                      価額の総額(千円)
    当事業年度における取得自己株式                          16,795                   2,137
    当期間における取得自己株式                               400                      45
(注)当期間における取得自己株式には、平成21年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株
   式の買取りによる株式数は含めていない。
    (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                             当事業年度                           当期間
              種類                    処分価額の総額                       処分価額の総額
                       株式数(株)                         株式数(株)
                                      (千円)                          (千円)
    引き受ける者の募集を行った
                               ─                 ─          ─            ─
    取得自己株式
    消却の処分を行った
                               ─                 ─          ─            ─
    取得自己株式
    合併、株式交換、会社分割に係る
                               ─                 ─          ─            ─
    移転を行った取得自己株式
    その他(単元未満株式の買増請求)        2,211               472         ─            ─

    保有自己株式数                90,145                ―       90,545          ―

(注)当期間における保有自己株数には、平成21年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株
   式の買取りによる株式数は含めていない。





                                    22/109
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                          名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                               有価証券報告書
3 【配当政策】
       当社は、株主への利益還元を経営の重要政策の一つと考え、業績に応じた配当を行うことを基本と
      し、あわせて今後の企業体質の強化と事業展開を念頭に置き、内部留保の充実にも配慮し安定した配当
      を継続していくことを基本方針としている。
       当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本方針としている。配当の決定機関は、
      中間配当は取締役会、期末配当は株主総会である。
       当期の剰余金の配当については、当社個別決算において1,855百万円の当期純損失を計上することと
      なったため、見送らざるをえない状況になった。
       内部留保金については、今後の営業拠点整備に備えるとともに財務体質を強化する資金に充当する
      など経営基盤の充実に努めることとしている。
       なお、当社は会社法454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款で定めている。

4 【株価の推移】
    (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        
      回次       第72期            第73期             第74期               第75期                第76期

     決算年月    平成17年3月          平成18年3月       平成19年3月          平成20年3月                  平成21年3月

     最高(円)              333           367              312                222                 154

     最低(円)              210           234              204                151                  86
    (注)最高・最低株価は、名古屋証券取引所市場第二部におけるものである。

    (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】
        
      月別     平成20年10月     平成20年11月    平成20年12月       平成21年1月        平成21年2月            平成21年3月

     最高(円)         115          113            134           122                111           109

     最低(円)          86           93            102           102                102           102
    (注)最高・最低株価は、名古屋証券取引所市場第二部におけるものである。





                                            23/109
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                    有価証券報告書
5 【役員の状況】
  
                                                                                  所有
    役名     職名        氏名         生年月日                      略歴              任期     株式数
                                                                                 (千株)
                                            昭和44年4月    名古屋鉄道㈱入社
                                            平成12年6月    名古屋鉄道㈱取締役
                                            平成16年6月    名古屋鉄道㈱常務取締役
                                            平成17年6月    当社監査役
                                            平成17年6月    名古屋鉄道㈱専務取締役
代表取締役
                  米原浩一   昭和21年7月21日生                                 (注)2       7
  社長                                        平成19年6月    当社代表取締役副社長
                                            平成20年6月    中京通運㈱取締役社長(現任)
                                            平成20年6月    当社代表取締役社長(現任)
                                            平成21年5月    名鉄ゴールデン航空㈱取締役社長
                                                       (現任)
                                            昭和48年4月    当社入社
                                            平成16年6月    当社取締役引越担当
                                            平成17年10月   当社取締役営業統括代行
                                            平成19年5月    当社取締役営業統括
代表取締役
                             昭和24年10月11日生 平成19年6月      当社常務取締役営業統括
専務取    営業統括     上春陽一                                               (注)2      10
   締役                                     平成20年6月      名鉄流通㈱取締役社長(現任)
                                            平成20年6月    当社代表取締役専務取締役営業統
                                                       括兼東京支社長
                                            平成21年5月    当社代表取締役専務取締役営業統
                                                       括(現任)
                                            昭和43年3月    当社入社
                                            平成16年4月    当社関連事業部長
                                            平成17年6月    当社取締役関連事業部長
                                            平成17年10月   当社取締役営業統括代行
常務取締役    経営管理統括    杉浦実   昭和24年12月27日生                                (注)2      12
                                            平成18年4月    当社取締役名古屋支社長
                                            平成20年6月    北海道名鉄運輸㈱取締役社長
                                            平成20年6月    当社常務取締役経営管理統括
                                                       (現任)
                                            昭和45年4月    当社入社
                                            平成17年3月    大阪名鉄急配㈱取締役社長
                                            平成19年5月    当社大阪支社長

                          勇 昭和22年8月23日生 平成19年6月        大阪名鉄カーゴサービス㈱取締役 (注)2
常務取締役     大阪支社長    瀬戸川                                                             10
                                                       社長(現任)
                                            平成19年6月    当社取締役大阪支社長
                                            平成20年6月    当社常務取締役大阪支社長
                                                       (現任)
                                            昭和54年4月    名古屋鉄道㈱入社
                                                       名古屋鉄道㈱監理2担当部長
                                            平成17年7月
                                                       当社取締役財務部長
                                         平成19年6月
           財務統括
常務取締役              河原英穂   昭和30年6月25日生 平成20年6月       当社取締役財務部長兼関連事業部 (注)2         3
         兼関連事業部長
                                                       長兼総務部担当兼内部統制室担当
                                            平成21年6月    当社常務取締役財務統括兼関連事
                                                       業部長(現任)






                                             24/109
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                        有価証券報告書
                                                                                      所有
    役名      職名         氏名        生年月日                       略歴                任期     株式数
                                                                                     (千株)
                                             昭和56年4月    当社入社
                                                        当社経営企画部長兼情報システム
                                             平成18年4月
                                                        部長
            人事部長
    取締役   兼情報システム   榊原勝則   昭和33年5月15日生               当社取締役経営企画部長兼情報シ (注)2            6
                                             平成19年6月
             部長                                         ステム部長
                                                        当社取締役人事部長兼情報システ
                                             平成20年6月
                                                        ム部長(現任)
                                             昭和44年4月    名古屋鉄道㈱入社
                                             平成14年5月    ㈱新岐阜百貨店常務取締役
                                             平成18年6月    岐阜乗合自動車㈱常務取締役

                              昭和20年6月15日生 平成19年6月       信州名鉄運輸㈱代表取締役専務
    取締役    非常勤      吉田文太                                               (注)2         ─
                                                        取締役
                                             平成20年6月    信州名鉄運輸㈱取締役社長
                                                        (現任)
                                             平成20年6月    当社取締役(現任)
                                             昭和38年3月    当社入社
                                             平成3年6月     四国名鉄運輸㈱取締役
                                             平成7年6月     四国名鉄運輸㈱常務取締役
    取締役    非常勤      福田勝利   昭和20年2月2日生 平成11年6月                          (注)2         13
                                                        四国名鉄運輸㈱専務取締役
                                             平成15年3月    四国名鉄運輸㈱取締役社長
                                                        (現任)
                                             平成20年6月    当社取締役(現任)
                                             昭和44年4月    当社入社
                                             平成18年6月    当社専務取締役経営管理統括兼人
                                                        事部長
    取締役    非常勤      服部淳司   昭和21年12月7日生                               (注)3           12
                                             平成20年5月    名鉄急配㈱取締役社長(現任)
                                             平成21年6月    当社取締役(現任)
                                             昭和56年4月    名古屋鉄道㈱入社
                                             平成19年6月    当社取締役品質管理部長
                                             平成20年6月    当社取締役営業部長兼品質管理部
    取締役    非常勤      田中明彦   昭和31年9月14日生                               (注)2            3
                                                        長
                                             平成21年5月    名鉄ゴールデン航空㈱取締役副社
                                                        長(現任)
                                             平成21年5月    当社取締役(現任)
                                             昭和39年4月    日本銀行入行
                                             平成13年6月    名古屋鉄道㈱専務取締役
                                             平成14年6月    名古屋鉄道㈱取締役副社長
    取締役    非常勤      木 下栄 一 郎 昭和16年8月30日生                                 (注)2         ─
                                             平成16年6月    当社監査役
                                             平成17年10月   名古屋鉄道㈱取締役社長(現任)
                                             平成20年6月    当社取締役(現任)
                                             昭和46年4月    名古屋鉄道㈱入社
                                             平成16年6月    名古屋鉄道㈱取締役
                                             平成17年6月    名古屋鉄道㈱常務取締役
    取締役    非常勤      松林孝美   昭和23年10月14日生                                (注)3         ─
                                             平成19年6月    当社監査役
                                             平成19年6月    名古屋鉄道㈱専務取締役(現任)
                                             平成21年6月    当社取締役(現任)
                                                       
                                                                                       






                                              25/109
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                             有価証券報告書
                                                                           所有
    役名    職名      氏名         生年月日                    略歴            任期     株式数
                                                                          (千株)
                                        昭和55年4月   名古屋鉄道㈱入社
                                        平成13年6月   名古屋鉄道㈱経営企画部課長
常任監査役
                          昭和31年11月1日生 平成16年6月     名鉄保険代行㈱総務部課長
               中島正人                                           (注)4       2
 (常勤)
                                        平成20年7月   名鉄保険代行㈱総務部部長
                                        平成21年6月   当社常任監査役(現任)
                                        昭和51年4月   名古屋鉄道㈱入社
                                        平成18年7月   名古屋鉄道㈱コンプライアンス部
                                                  長
    監査役   非常勤   後藤卓郎   昭和28年7月19日生                             (注)4      ―
                                        平成19年6月   名古屋鉄道㈱常任監査役
                                        平成21年6月   当社監査役(現任)
                                        昭和56年4月   名古屋鉄道㈱入社
                                        平成18年6月   ㈱ミヤコー取締役
    監査役   非常勤   拝郷寿夫   昭和32年9月25日生                             (注)5      ―
                                        平成19年4月   宮城交通㈱取締役
                                        平成20年6月   当社監査役(現任)
                                計                                          78


    (注)1監査役後藤卓郎、拝郷寿夫は会社法第2条第16号に定める社外監査役である。
      2平成20年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成22年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。
      3平成21年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成22年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。
      4平成21年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成23年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。
      5平成20年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成23年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。





                                         26/109
                                                 EDINET提出書類
                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                  有価証券報告書
6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
※コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
 当社は、運輸事業を、公道での安全輸送を担う公共性ある事業と認識し、広く社会から信頼される企業を
目指している。そのため法令を遵守し、社会規範に従って行動することを第一義とし、そのもとで、経営環境
の変化に迅速に対応できる組織体制を整備し、経営の効率性と透明性を高めて企業価値の向上を図ること
を、最重要な課題と位置づけている。
①会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
 当社は、取締役会、監査役会の機能に有効性をもたせた意思決定、業務執行及び監視活動を行なっている。
取締役は12名(うち非常勤取締役6名)で、毎月1回の役員連絡会で重要な事項につき慎重かつ十分な検
討を経て取締役会に付議決定している。また、取締役会決議事項については、営業統括担当取締役並びに経
営管理統括担当取締役が全国の営業拠点にその執行を指示すると同時に、その達成状況を取締役会に報告
させている。なお、当社は社外取締役の選任は行っていない。
 監査役は3名(うち社外監査役2名)で監査役会が定めた監査の方針に従い取締役会、その他重要な会
議に出席するほかその職務の執行状況を聴取し重要な決裁書類を閲覧するとともに、会計監査人から報告
及び説明を受け厳正な監査を行っている。なお、社外監査役と当社との間に取引等の利害関係はない。
 内部監査については、内部統制室4名が内部管理体制の適切性、有効性を検証し、必要に応じて問題点の
改善に関する提案とともに、その結果を社長に報告する体制をとっている。
 監査役と会計監査人は、定期的及び内容に応じて適時に意見交換を行っており、また内部統制室が実施し
た内部管理体制の適切性等の検証に係る報告内容を閲覧し、必要に応じて担当者に質問等を実施している。
 内部統制システムの整備については、「名鉄グループ企業倫理基本方針」を遵守し、当社及びグループ各
社に対しその周知・徹底を指導し、社長を責任者とする企業倫理委員会において、その徹底・運用状況の確
認を行なう体制を整えている。この委員会は、平成15年8月に設置されており、役員・従業員の法令・社内
規則違反、企業倫理・社会良識の逸脱を未然に防止する施策を決定するとともに、不祥事が発生した場合に
は、情報収集、状況把握、原因究明、再発防止策の策定、情報公開を行なう社長直轄組織として、常務取締役以
上で構成されている。またグループ各社の業務の適正性の確保のため、重要事項については、当社への決裁
・報告制度を義務付けている。グループ各社にコンプライアンス上問題があると認めた場合は、担当部署は
直ちに担当取締役を通じて監査役に報告するとともに、改善策の策定を求める体制を整備している。またグ
ループ会社は、「名鉄運輸グループ財務報告に係る内部統制の整備、運用規則」に従い、財務報告に係る内
部統制を適正に整備・運用するための体制を確立し、グループ統制関係部署は、「職務権限明細」に基づ
き、それぞれの主管部署について、グループ会社全般に係る政策の立案及びグループ会社の統制を実施して
いる。




                        27/109
                                                       EDINET提出書類
                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                        有価証券報告書
②リスク管理体制の整備の状況
 リスク管理については、日常業務の中で発生が予測される安全、品質、環境、財務処理、情報セキュリティ
等に係るリスクの監視は、それぞれの担当部署が行ない、予防のための研修の実施、マニュアルの作成・配
布等を実施することとしている。また、新たに生じたリスクについては、取締役会においてすみやかに対応
責任者となる取締役を定め、必要に応じてプロジェクトを組織して対応する体制としている。
 会計監査については、あずさ監査法人に委嘱し会社法及び金融商品取引法にかかわる監査を受けている。
当期において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務にかかわる補助者の構成は以下のとおりである。
   ・業務を執行した公認会計士の氏名
      指定社員・業務執行社員岡野英生(継続監査年数3年)
      指定社員・業務執行社員田中智司(継続監査年数3年)
   ・監査業務にかかわる補助者の構成
      公認会計士8名、会計士補等7名
③役員報酬の内容
 (1)取締役及び監査役に支払った報酬
     取締役                 94百万円
     監査役                 15百万円
 (2)当期中の株主総会決議により支給した役員退職慰労金
     取締役            3名 27百万円
④取締役の定数及び任期
 当社は、取締役の定数について、20名以内とする旨を定めている。
また、取締役の任期について、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
会の終結のときまでとする旨を定めている。
⑤取締役の選任の決議要件
 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
る株主が出席し、その議決権の過半数の決議によって選任する旨、また、累積投票によらないものとする旨
を定めている。
⑥株主総会決議事項のうち取締役会で決議できることとした事項
 (1)自己の株式の取得
当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第
2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得できる
旨を定款で定めている。
(2)剰余金の配当等の決定機関
当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第454条第5項に定める剰余
金の配当(中間配当)を取締役会決議により実施できる旨を定款で定めている。
⑦株主総会の特別決議要件
 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができ
る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款
で定めている。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
を行うことを目的とするものである。




                                  28/109
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                           有価証券報告書
    (2) 【監査報酬の内容等】
        ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                                                         
                        前連結会計年度                        当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に        非監査業務に            監査証明業務に        非監査業務に
                基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)         基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)
        提出会社              ―                  ―            49            ―

        連結子会社             ―                  ―            ―             ―

          計               ―                  ―            49            ―

(注)上記以外に前連結会計年度の監査に係る追加報酬3百万円がある。
    
        ② 【その他重要な報酬の内容】
          該当事項はない。

        ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
          該当事項はない。

        ④ 【監査報酬の決定方針】
          該当事項はないが、監査日数等を勘案して決定している。








                                    29/109
                                                         EDINET提出書類
                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                          有価証券報告書

第5 【経理の状況】


1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
     第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成している。
    前連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、
     当連結会計年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づい
     て作成している。
    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。
     以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。
    前事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業
     年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成してい
     る。

2監査証明について
     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成19年4月1日から平成
    20年3月31日まで)及び前事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)並びに当連結会計年度
    (平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)及び当事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日
    まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、あずさ監査法人の監査を受けている。
     
     




                              30/109
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                           有価証券報告書

1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                                                             (単位:百万円)

                           前連結会計年度                       当連結会計年度
                         (平成20年3月31日)                  (平成21年3月31日)
資産の部
 流動資産
                                                 398                         248
  現金及び預金                                  ※1                          ※1
                                           14,014                      11,727
  受取手形及び営業未収入金                      ※2                          ※2
  有価証券                                             2                           2
  たな卸資産                                                                       −
                                                 195
  貯蔵品                                             −                          168
  繰延税金資産                                         202                         161
  その他                                          1,042                         960
                                                △50                         △51
  貸倒引当金
  流動資産合計                                   15,805                      13,217
 固定資産
  有形固定資産
                                           34,176                      34,417
    建物及び構築物                      ※1, ※5                      ※1, ※5
                                          △20,226                     △20,881
        減価償却累計額
        建物及び構築物(純額)                        13,949                      13,536
                                           18,157                      17,896
    機械装置及び運搬具                    ※1, ※5                      ※1, ※5
                                          △13,719                     △12,972
        減価償却累計額
        機械装置及び運搬具(純額)                       4,438                       4,923
                                           34,773                      35,842
    土地                           ※1, ※4                      ※1, ※4
    リース資産                                         −                         828
                                                  −                        △140
     減価償却累計額
        リース資産(純額)                                 −                          688
    建設仮勘定                                     153                             86
    その他                                     1,484                          1,233
                                           △1,139                          △957
     減価償却累計額
        その他(純額)                                  344                         276
    有形固定資産合計                               53,659                      55,353
  無形固定資産
   リース資産                                          −                          355
   その他                                           501                         467
    無形固定資産合計                                     501                         822
  投資その他の資産
                                               3,238                       2,380
    投資有価証券                        ※1, ※3                      ※1, ※3
    長期貸付金                                         86                          84
    繰延税金資産                                       202                         226
    その他                                        3,051                       2,764
                                               △263                        △208
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                                 6,315                       5,247
  固定資産合計                                   60,476                      61,424
 資産合計                                      76,281                      74,641




                        31/109
                                                           EDINET提出書類
                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                            有価証券報告書
                                                (単位:百万円)

                     前連結会計年度                当連結会計年度
                   (平成20年3月31日)           (平成21年3月31日)
負債の部
 流動負債
   支払手形及び営業未払金                    8,989                  7,104
                                 10,294                 11,086
  短期借入金                    ※1                     ※1
                                  8,488                  5,928
  1年内返済予定の長期借入金             ※1                     ※1
  1年内償還予定の社債                        100                     50
  リース債務                              −                     250
  未払法人税等                            341                    398
  繰延税金負債                              0                      0
  賞与引当金                             250                    172
  その他                             4,420                  3,717
  流動負債合計                         32,885                 28,708
 固定負債
  社債                                100                     50
                                 25,493                 29,618
  長期借入金                    ※1                     ※1
  リース債務                              −                     849
  繰延税金負債                          1,151                  1,367
  退職給付引当金                         4,765                  4,690
  役員退職慰労引当金                         132                    122
                                  2,838                  2,789
  再評価に係る繰延税金負債              ※4                     ※4
  負ののれん                             25                        18
  その他                              948                       706
  固定負債合計                         35,456                 40,212
 負債合計                            68,342                 68,920
純資産の部
 株主資本
   資本金                            2,065                  2,065
   資本剰余金                          1,534                  1,534
   利益剰余金                          3,634                  1,770
                                   △16                    △18
   自己株式
  株主資本合計                          7,218                  5,353
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                    867                        363
  繰延ヘッジ損益                                                    △0
                                    1
                                 △148                          4
  土地再評価差額金                  ※4                          ※4

  評価・換算差額等合計                       720                       366
 少数株主持分                              0                         0
 純資産合計                            7,939                  5,720
負債純資産合計                          76,281                 74,641




                  32/109
                                                                 EDINET提出書類
                                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                  有価証券報告書

 ②【連結損益計算書】
                                                      (単位:百万円)

                       前連結会計年度                    当連結会計年度
                     (自 平成19年4月1日               (自 平成20年4月1日
                    至 平成20年3月31日)             至 平成21年3月31日)
売上高                                94,427                     89,584
                                   89,897                     85,141
売上原価                         ※1                         ※1

売上総利益                                  4,530                      4,443
販売費及び一般管理費
 人件費                                   1,834                      1,877
 施設使用料                                   684                        580
 その他                                     987                        944
                                       3,505                      3,401
 販売費及び一般管理費合計                 ※1                         ※1

営業利益                                   1,024                      1,041
営業外収益
 受取利息                                     5                          3
 受取配当金                                   54                         58
 持分法による投資利益                                                         −
                                         37
 受取手数料                                   83                         80
 その他                                    161                        156
 営業外収益合計                                342                        299
営業外費用
 支払利息                                   633                        640
 持分法による投資損失                              −                          35
 貸倒引当金繰入額                                 0                          0
 その他                                     40                         30
 営業外費用合計                                673                        706
経常利益                                    693                        635
特別利益
 前期損益修正益                                 −                          33
                                         46                         63
 固定資産売却益                           ※2                         ※2
 投資有価証券売却益                              433                          0
 その他                                     38                         35
 特別利益合計                                 518                        132
特別損失
 前期損益修正損                                 15                         87
                                        215                        208
 固定資産処分損                          ※3                         ※3
                                       1,497                       957
 減損損失                         ※4                             ※4
 退職給付費用                                  −                         178
 役員退職慰労引当金繰入額                                                       −
                                        123
 車両事故費                                                              −
                                         68
 貸倒引当金繰入額                                 0                          0
 その他                                    160                        114
 特別損失合計                                2,081                      1,546
税金等調整前当期純損失(△)                         △869                       △778
法人税、住民税及び事業税                             464                       413
法人税等調整額                                1,509                       518
法人税等合計                                 1,974                       932
少数株主利益又は少数株主損失(△)                                                  △0
                                          0
当期純損失(△)                           △2,843                     △1,711




                    33/109
                                                             EDINET提出書類
                                                         名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                              有価証券報告書

 ③【連結株主資本等変動計算書】
                                                     (単位:百万円)

                           前連結会計年度               当連結会計年度
                         (自 平成19年4月1日          (自 平成20年4月1日
                        至 平成20年3月31日)        至 平成21年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                             2,065                 2,065
   当期変動額
                                         −                     −
     当期変動額合計
   当期末残高                             2,065                 2,065
 資本剰余金
  前期末残高                              1,534                 1,534
  当期変動額
    自己株式の処分                              △0                    △0
    利益剰余金から資本剰余金への振替                      0                     0
    当期変動額合計                              −                     −
   当期末残高                             1,534                 1,534
 利益剰余金
  前期末残高                              6,580                 3,634
  当期変動額
    剰余金の配当                           △60                     −
    当期純損失(△)                       △2,843                △1,711
    土地再評価差額金の取崩                      △45                  △152
    利益剰余金から資本剰余金への振替                  △0                    △0
    連結子会社の決算期変更に伴う増加高                                        −
                                      100
                                     △95                     −
    連結子会社の決算期変更に伴う減少高
    当期変動額合計                        △2,945                △1,863
   当期末残高                             3,634                 1,770
 自己株式
  前期末残高                              △13                   △16
  当期変動額
    自己株式の取得                              △3                    △2
    自己株式の処分                               0                     0
    当期変動額合計                              △2                    △1
   当期末残高                             △16                   △18
 株主資本合計
  前期末残高                             10,167                 7,218
  当期変動額
    剰余金の配当                           △60                     −
    当期純損失(△)                       △2,843                △1,711
    土地再評価差額金の取崩                      △45                  △152
    自己株式の取得                           △3                    △2
    自己株式の処分                             0                     0
    利益剰余金から資本剰余金への振替                   −                     −
    連結子会社の決算期変更に伴う増加高                                        −
                                      100
                                     △95                     −
    連結子会社の決算期変更に伴う減少高
    当期変動額合計                        △2,948                △1,865
   当期末残高                             7,218                 5,353




                        34/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自 平成19年4月1日           (自 平成20年4月1日
                         至 平成20年3月31日)         至 平成21年3月31日)
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                              1,411                      867
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                     △544                   △503
    額)
    当期変動額合計                          △544                   △503
  当期末残高                                   867                    363
 繰延ヘッジ損益
  前期末残高                                     3                      1
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                          △1                     △2
    額)
    当期変動額合計                               △1                     △2
  当期末残高                                                          △0
                                            1
 土地再評価差額金
  前期末残高                                                     △148
                                          432
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                     △580                        152
    額)
    当期変動額合計                          △580                        152
  当期末残高                              △148                          4
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                               1,847                      720
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                    △1,126                  △354
    額)
    当期変動額合計                         △1,126                  △354
  当期末残高                                   720                    366
少数株主持分
 前期末残高                                     41                      0
 当期変動額
                                      △41                        △0
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                             △41                        △0
 当期末残高                                      0                      0
純資産合計
 前期末残高                               12,056                  7,939
 当期変動額
   剰余金の配当                             △60                      −
   当期純損失(△)                         △2,843                 △1,711
   土地再評価差額金の取崩                        △45                   △152
   自己株式の取得                             △3                     △2
   自己株式の処分                               0                      0
   連結子会社の決算期変更に伴う増加高                                           −
                                       100
   連結子会社の決算期変更に伴う減少高                  △95                      −
                                    △1,168                  △354
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                           △4,117                 △2,219
 当期末残高                                7,939                  5,720




                         35/109
                                                              EDINET提出書類
                                                          名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                               有価証券報告書

 ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                      (単位:百万円)

                           前連結会計年度                当連結会計年度
                         (自 平成19年4月1日           (自 平成20年4月1日
                        至 平成20年3月31日)         至 平成21年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前当期純損失(△)                     △869                   △778
 減価償却費                              2,192                  2,408
 減損損失                               1,497                    957
 固定資産除却損                              102                     55
 固定資産売却損益(△は益)                         28                     33
 投資有価証券売却損益(△は益)                    △429                     △0
 投資有価証券評価損益(△は益)                        0                      7
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                                            △52
                                       24
 賞与引当金の増減額(△は減少)                      △2                    △77
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                  △211                    △75
 受取利息及び受取配当金                         △60                    △62
 支払利息                                 633                    640
 売上債権の増減額(△は増加)                       478                  2,338
 仕入債務の増減額(△は減少)                     △784                  △1,884
 持分法による投資損益(△は益)                     △37                      35
                                     △88                   △248
 その他
 小計                                  2,473                  3,296
 利息及び配当金の受取額                          60                     65
 利息の支払額                             △615                   △664
                                    △515                   △322
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    1,402                  2,374
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の払戻による収入                                                 −
                                        7
 有形固定資産の取得による支出                    △1,962                 △4,933
 有形固定資産の売却による収入                       277                    188
 無形固定資産の取得による支出                      △71                    △58
 無形固定資産の売却による収入                         4                      0
 投資有価証券の取得による支出                      △44                    △25
 投資有価証券の売却による収入                       600                      0
 子会社株式の取得による支出                       △15                      −
 貸付けによる支出                          △3,849                    △2
 貸付金の回収による収入                        3,991                      4
 その他                                   29                    233
 投資活動によるキャッシュ・フロー                  △1,033                 △4,593
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                   1,537                    791
 長期借入れによる収入                         7,182                  9,780
 長期借入金の返済による支出                     △5,044                 △8,215
 リース債務の返済による支出                         −                   △183
 社債の償還による支出                        △3,810                  △100
 配当金の支払額                             △60                      −
 少数株主への配当金の支払額                         −                     △0
                                     △39                     △4
 その他
 財務活動によるキャッシュ・フロー                   △234                    2,068
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                        △150
                                         134
現金及び現金同等物の期首残高                       481                        401
                                    △214                         −
決算期変更に伴う現金及び現金同等物の減少額
現金及び現金同等物の期末残高                           401                    250




                        36/109
                                                             EDINET提出書類
                                                         名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                              有価証券報告書

    【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                           前連結会計年度               当連結会計年度
         項目             (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
    1連結の範囲に関する事項   連結子会社数26社          連結子会社数24社
                    主要な連結子会社名は、「第1企業の    主要な連結子会社名は、「第1企業の
                    概況4関係会社の状況」に記載して     概況4関係会社の状況」に記載して
                    いるため省略した。             いるため省略した。
                    なお、北海道名鉄運輸㈱については、    なお、名鉄運輸商事㈱、名鉄カーゴ
                    当連結会計年度において新たに設立し     サービス㈱の2社は清算結了により消
                    たことにより、連結子会社に含めてい     滅している。消滅した会社の清算結了
                    る。                    までの損益計算書については、連結し
                                          ている。
    2持分法の適用に関する事   持分法適用の関連会社数2社       持分法適用の関連会社数2社
     項              主要な持分法適用会社名は、「第1企    主要な持分法適用会社名は、「第1企
                    業の概況4関係会社の状況」に記載     業の概況4関係会社の状況」に記載
                    しているため省略した。           しているため省略した。
                      従 来、持分法適用の関連会社であっ
                    た㈱名鉄グランドホテルは、保有株式
                    をすべて売却したため持分法の適用範
                    囲から除外している。
    3連結子会社の事業年度等   連結子会社の事業年度の末日と連結     連結子会社の事業年度の末日と連結
     に関する事項         決算日は一致している。           決算日は一致している。
                    なお、西肥名鉄運輸㈱ほか11社につい   
                    ては、当連結会計年度から決算期を変
                    更し、当連結会計年度における会計期
                    間は平成19年4月1日から平成20年3
                    月31日までの12ヵ月間となっている。
    




                                 37/109
                                                                EDINET提出書類
                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                 有価証券報告書

                       前連結会計年度                当連結会計年度
        項目           (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                     至平成20年3月31日)          至平成21年3月31日)

                                                   
4会計処理基準に関する事
 項
 (1) 重要な資産の評価基   (イ)有価証券                (イ)有価証券
   準及び評価方法       その他有価証券               その他有価証券
                 時価のあるもの              時価のあるもの
                 連結会計年度末日の市場価格     同左
                 等に基づく時価法
                 (評価差額は全部純資産直入法
                 により処理し、売却原価は移動
                 平均法により算定している。)

                 時価のないもの              時価のないもの
    
                 移動平均法に基づく原価法        同左

                (ロ)たな卸資産(貯蔵品)          (ロ)貯蔵品
                 移動平均法に基づく原価法         移動平均法に基づく原価法
                (収益性の低下による簿価切下げの方      (収益性の低下による簿価切下げの方
                 法)                     法)
                 (会計方針の変更)
                 「棚卸資産の評価に関する会計基       
                 準」(企業会計基準委員会平成18年7
                 月5日企業会計基準第9号)が平成20
                 年3月31日以前に開始する連結会計年
                 度に係る連結財務諸表から適用できる
                 ことになったことに伴い、当連結会計
                 年度から同会計基準を適用している。
                 当該変更に伴う損益に与える影響は
                 軽微である。





                               38/109
                                                                 EDINET提出書類
                                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                  有価証券報告書
                       前連結会計年度                 当連結会計年度
     項目              (自平成19年4月1日            (自平成20年4月1日
                     至平成20年3月31日)          至平成21年3月31日)
(2) 重要な減価償却資産   (イ)有形固定資産               (イ)有形固定資産(リース資産除く)
  の減価償却の方法      定額法                   定額法
                  なお、取得価額10万円以上20万円未      なお、取得価額10万円以上20万円未
                  満のものについては、3年間で均等        満のものについては、3年間で均等
                  償却をする方法を採用している。         償却をする方法を採用している。
                  主な耐用年数は以下のとおりであ        主な耐用年数は以下のとおりであ
                  る。                      る。
                建物及び構築物7∼50年       建物及び構築物7∼50年
                機械装置及び運搬具2∼14年       機械装置及び運搬具2∼15年
                (会計方針の変更)
                  法人税法の改正((所得税法等の一          また、平成19年3月31日以前に取得
                  部を改正する法律平成19年3月30日       したものについては、償却可能限度
                  法律第6号)及び(法人税法施行例         額まで償却が終了した翌年から5年
                  の一部を改正する政令第83号))に         間で均等償却する方法によってい
                  伴い、平成19年4月1日以降に取得し        る。
                  たものについては、改正後の法人税      
                  法に基づく方法に変更している。
                  この結果、従来と同一の基準によっ
                  た場合と比べて減価償却費は33百万
                  円増加し、営業利益、経常利益はそれ
                  ぞれ同額減少し、税金等調整前当期
                  純損失は同額増加している。
                (追加情報)                 (追加情報)
                  なお、平成19年3月31日以前に取得      な お、平成20年度法人税法の改正
                  したものについては、償却可能限度       に伴い、当連結会計年度より機械装
                  額まで償却が終了した翌年から5年       置の耐用年数を変更している。
                  間で均等償却する方法によってい        当該変更に伴う損益に与える影響
                  る。                     は軽微である。
                  この結果、従来と同一の基準によっ
                  た場合と比べて減価償却費は149 百
                  万円増加し、営業利益、経常利益はそ
                  れぞれ同額減少し、税金等調整前当
                  期純損失は同額増加している。

               (ロ)無形固定資産               (ロ)無形固定資産(リース資産除く)
                定額法                           同左
                  なお、自社利用のソフトウェアにつ
                  いては、社内における利用可能期間
                  (5年)に基づく定額法を採用してい
                                        (ハ)リース資産
                  る。
                                        所有権移転外ファイナンス・リース取
                                        引に係る資産
                                          リース期間を耐用年数とし、残存価
                                          額を零(残価保証のある場合は、残
                                          価保証額)とする定額法によってい
                                          る。
                                          なお、リース取引会計基準の改正適
                                          用初年度開始前の所有権移転外ファ
                                          イナンス・リース取引については、
                                          通常の賃貸借取引に係る方法に準じ
                                          た会計処理によっている。




                              39/109
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                        有価証券報告書
                               前連結会計年度               当連結会計年度
             項目              (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                             至平成20年3月31日)       至平成21年3月31日)
        (3) 重要な引当金の計上   (イ)貸倒引当金              (イ)貸倒引当金
          基準            債権の貸倒れによる損失に備えるた              同左
                          め、一般債権については貸倒実績率
                          により、貸倒懸念債権等特定の債権
                          については個別に回収可能性を検討
                          し、回収不能見込額を計上している。
                       (ロ)賞与引当金              (ロ)賞与引当金
                        従業員の賞与の支給に備えるため、               同左
                          将来の支給見込額のうち当連結会計
                          年度負担額を計上している。

                       (ハ)退職給付引当金            (ハ)退職給付引当金
                           従 業員の退職給付に備えるため、   従業員の退職給付に備えるため、当
                          当連結会計年度末における退職給付      連結会計年度末における退職給付債
                          債務及び年金資産の見込額に基づ       務及び年金資産の見込額に基づき、
                          き、当連結会計年度末に発生してい      当連結会計年度末に発生していると
                          ると認められる額を計上している。      認められる額を計上している。なお、
                          なお、会計基準変更時差異について      会計基準変更時差異については、15
                          は、15年による按分額を費用に計上     年による按分額を費用に計上してい
                          している。過去勤務債務は、発生年度     る。過去勤務債務は、発生時の従業員
                          で一括処理している。数理計算上の      の平均残存勤務期間内の一定の年数
                          差異は、発生時における従業員の平      (1年∼7年)による定額法により
                          均残存勤務期間内の一定の年数(7      費用処理している。数理計算上の差
                          ∼9年)による定額法により按分し      異は、発生時における従業員の平均
                          た額をそれぞれ発生した翌連結会計      残存勤務期間内の一定の年数(7∼
                          年度から費用処理することにしてい      9年)による定額法により按分した
                          る。                    額をそれぞれ発生した翌連結会計年
                                                度から費用処理することにしてい
                                                る。





                                     40/109
                                                        EDINET提出書類
                                                    名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                         有価証券報告書
                    前連結会計年度                当連結会計年度
        項目         (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                  至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
            (ニ)役員退職慰労引当金           (ニ)役員退職慰労引当金
                当社及び連結子会社の役員退職         当社及び連結子会社の役員退職
               慰労金は、役員の退職慰労金の支出       慰労金は、役員の退職慰労金の支出
               に備えて、役員退職慰労金規程に基       に備えて、役員退職慰労金規程に基
               づく連結会計年度末要支給額を計        づく連結会計年度末要支給額を計
               上している。                 上している。
             (会計方針の変更)
                当社及び連結子会社の役員退職
               慰労金は、従来支出時の費用として
               処理していたが、当連結会計年度か
               ら「租税特別措置法上の準備金及
               び特別法上の引当金又は準備金並
               びに役員退職慰労引当金に関する
               監査上の取扱い」(日本公認会計
               士協会 平成19年4月13日監査・保
               証実務委員会報告42号)が公表され
               たことに伴い、内規に基づく連結会
               計年度末要支給額を役員退職慰労
               引当金として計上する方法に変更
               した。
               この変更は、最近の役員退職慰労
               引当金計上の会計慣行が定着しつ
               つあることを踏まえ、将来の支出時
               における一時負担の増大を避け、役
               員の在任期間にわたって費用を配
               分することにより期間損益の適正
               化及び財務内容の健全化を図るた
               めに行った。
               この変更により、当連結会計年度
               発生額36百万円は販売費及び一般
               管理費へ、過年度相当分123百万円
               は特別損失に計上している。この結
               果、従来と同一の方法を採用した場
               合と比べ、営業利益、経常利益は36
               百万円減少し、税金等調整前当期純
               損失は132百万円増加している。





                          41/109
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                          有価証券報告書
    

                               前連結会計年度                当連結会計年度
             項目             (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                           至平成20年3月31日)          至平成21年3月31日)

                         リース物件の所有権が借主に移転
        (4) 重要なリース取引の                                  ─────
                         すると認められるもの以外のファイ
          処理方法
                         ナンス・リース取引については、通
                         常の賃貸借取引に係る方法に準じた
                         会計処理によっている。
        (5) 重要なヘッジ会計の   (イ)ヘッジ会計の方法             (イ)ヘッジ会計の方法
                         繰延ヘッジによっている。
          方法                                            同左
                         金利スワップ取引については、特例
                         処理の要件を満たす場合は特例処理
                         を採用している。
                       (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象          (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
                             ヘッジ手段  ヘッジ対象              同左
                            金利スワップ  借入金利息
                       (ハ)ヘッジ方針                (ハ)ヘッジ方針
                         金利スワップ取引は、市場金利変動                 同左
                         によるリスクを回避するのが目的で
                         ある。

                       (ニ)ヘッジ有効性評価の方法          (ニ)ヘッジ有効性評価の方法
                         ヘッジ開始時から有効性判定時点                同左
                         までの期間におけるヘッジ対象と
                         ヘッジ手段それぞれの相場変動又は
                         キャッシュ・フロー変動の累計との
                         比較によっている。
                         なお、特例処理の要件を満たしてい
                         る金利スワップ取引については、有
                         効性の判定を省略している。
     (6) その他連結財務諸表      消費税等の会計処理               消費税等の会計処理
       作成のための重要な事       税抜方式                   同左
       項
                        連結子会社の資産及び負債の評価に                  同左
    5連結子会社の資産及び負
                        ついては、全面時価評価法を採用して
     債の評価に関する事項
                        いる。
                          のれん及び負ののれんの償却につい                 同左
    6のれん及び負ののれんの
                        ては、5年間の均等償却を行っている。
     償却に関する事項
                        手許現金、要求払預金及び取得日から                 同左
    7連結キャッシュ・フロー
                        3か月以内に満期日の到来する流動性
     計算書における資金の範
                        の高い、容易に換金可能であり、かつ、
     囲
                        価値の変動について僅少なリスクしか
                        負わない短期的な投資からなってい
                        る。





                                       42/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書
    【会計処理の変更】
              前連結会計年度                        当連結会計年度
           (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
            至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
              ─────              (リース取引に関する会計基準等)
                                   所有権移転外ファイナンス・リース取引について
                                 は、従来、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処
                                 理によっていたが、当連結会計年度より、「リース取引
                                 に関する会計基準」(企業会計基準第13号(平成5年
                                 6月17日(企業会計審議会第一部会)、平成19年3月
                                 30日改正))及び「リース取引に関する会計基準の適
                                 用指針」(企業会計基準適用指針第16号(平成6年1
                                 月18日(日本公認会計士協会会計制度委員会)、平成
                                 19年3月30日改正))を適用し、通常の売買取引に係
                                 る方法に準じた会計処理によっている。
                                 なお、リース取引会計基準の改正適用初年度開始前の
                                 所有権移転外ファイナンス・リース取引については、
                                 引き続き通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処
                                 理によっている。
                                   この変更による損益に与える影響は軽微である。

    【表示方法の変更】
              前連結会計年度                        当連結会計年度
           (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
            至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
              ─────              (連結貸借対照表)
                                   財務諸表等規則等の一部を改正する内閣府令(平成
                                 20年8月7日内閣布令第50号)が適用となることに伴
                                 い、前連結会計年度において、「たな卸資産」として掲
                                 記されたものは、当連結会計年度から「貯蔵品」とし
                                 て掲記している。
                                 なお、前連結会計年度の「たな卸資産」に含まれる
                                 「貯蔵品」は、195百万円である。
              ─────              (連結損益計算書)
                                  前連結会計年度において特別損失「その他」に含め
                                 て表示していた「退職給付費用」(前連結会計年度35
                                 百万円)は、重要性が増したため、当連結会計年度から
                                 区分掲記している。
                                           ─────
(連結キャッシュ・フロー計算書)
     前連結会計年度まで連結キャッシュ・フロー計算書
    において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の
    「その他」に含めていた「減損損失」(前連結会計年
    度27百万円)は、重要性が増加したため、当連結会計年
    度から区分掲記している。





                                 43/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書
    【追加情報】
              前連結会計年度                        当連結会計年度
           (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
            至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
      従来、車両事故費については、支払時に売上原価とし               ─────
    て、または過年度事故支出金(特別損失)として計上
    いていたが、金額的重要性が増し、適正な期間損益計算
    を行うため、当連結会計年度より、事故発生の属する期
    間に、売上原価として計上している。
    この結果、従来の方法によった場合に比べて、営業利
    益及び経常利益が17百万円減少し、税金等調整前当期
    純損失が41百万円増加している。なお、当連結会計年度
    以降の期間比較性を確保するために、前連結会計年度
    以前に発生した車両事故費については特別損失に計上
    している。





                                 44/109
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                 有価証券報告書
    【注記事項】
     (連結貸借対照表関係)

             前連結会計年度                                    当連結会計年度
           (平成20年3月31日)                               (平成21年3月31日)
※1担保に供している資産                              ※1担保に供している資産
(1) 道路交通事業財団の組成                           (1) 道路交通事業財団の組成
   担保物件(簿価)(百万円)     対応債務(百万円)                担保物件(簿価)(百万円)     対応債務(百万円)
                   1年内                                        1年内
   建物及び                                       建物及び
             2,869 返済予定     3,019                       2,700 返済予定     1,211
   構築物                                        構築物
                   長期借入金                                      長期借入金
     機械装置                                    機械装置
                 261                                       205
                       長期借入金   7,228                             長期借入金   7,226
     及び運搬具                                   及び運搬具

     土地       11,586                         土地         11,557
                                                                            
                                                             
      計               計                          計               計
            14,718          10,248                     14,463          8,438
(2) その他                                   (2) その他
   担保物件(簿価)(百万円)     対応債務(百万円)                担保物件(簿価)(百万円)     対応債務(百万円)
   建物及び                                       建物及び
             1,242 短期借入金     2,119                        944 短期借入金    1,761
   構築物                                        構築物

               2,902 1年内                                 2,412 1年内
     土地                                      土地
                     返済予定        923                           返済予定        762
                     長期借入金                                     長期借入金
     預金            7                         預金              7
     投資                                      投資
                 314 長期借入金       804                       250 長期借入金       880
     有価証券                                    有価証券
        計                  計                    計                  計
               4,467           3,847                     3,614           3,404
                                             
※2受取手形割引高           531百万円                ※2受取手形割引高           381百万円
受取手形裏書譲渡高          15百万円                受取手形裏書譲渡高          15百万円
                                          
※3関連会社に対するものは、次のとおりである。                   ※3関連会社に対するものは、次のとおりである。
     投資有価証券(株式)      137百万円                     投資有価証券(株式)       98百万円

    ※4事業用土地の再評価                           ※4事業用土地の再評価
      土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布             土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布
      法律第34号)に基づき、当社の事業用土地の再評価を              法律第34号)に基づき、当社の事業用土地の再評価を
      行い、評価差額については、当該評価差額に係る税金               行い、評価差額については、当該評価差額に係る税金
      相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債                相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債
      の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評価                の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評価
      差額金」として純資産の部に計上している。                   差額金」として純資産の部に計上している。
      再評価の方法土地の再評価に関する法律施行令                再評価の方法土地の再評価に関する法律施行令
               (平成10年3月31日公布政令第                       (平成10年3月31日公布政令第
               119号)第2条第3号に定める固                       119号)第2条第3号に定める固
               定資産税評価額により算定して                         定資産税評価額により算定して
               いる。                                    いる。
      再評価を行った年月日平成14年3月31日                再評価を行った年月日平成14年3月31日
      再評価を行った土地の当期末における時価と再評                再評価を行った土地の当期末における時価と再評
        価後の帳簿価額との差額4,667百万円                 価後の帳簿価額との差額 4,637百万円

※5国庫補助金等により取得原価から控除した固定資 ※5国庫補助金等により取得原価から控除した固定
  産の圧縮記帳額                  資産の圧縮記帳額
    建物及び構築物          5百万円     建物及び構築物          5百万円
    機械装置及び運搬具       27百万円     機械装置及び運搬具       27百万円






                                            45/109
                                                            EDINET提出書類
                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                             有価証券報告書
    (連結損益計算書関係)

            前連結会計年度                       当連結会計年度
         (自平成19年4月1日                  (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)                 至平成21年3月31日)
※1引当金繰入額                     ※1引当金繰入額
    貸倒引当金繰入額          73百万円       貸倒引当金繰入額          37百万円
    賞与引当金繰入額         125          賞与引当金繰入額         114
    役員退職慰労引当金繰入額      36          役員退職慰労引当金繰入額      33
※2固定資産売却益の内容は次のとおりである。       ※2固定資産売却益の内容は次のとおりである。
    機械装置及び運搬具売却益      37百万円       機械装置及び運搬具売却益      63百万円
                       8                             0
    有形固定資産その他売却益                  有形固定資産その他売却益
           計          46                 計          63

※3固定資産処分損の内容は次のとおりである。       ※3固定資産処分損の内容は次のとおりである。
    建物及び構築物除却損        45百万円       建物及び構築物売却損        25百万円
    機械装置及び運搬具売却損      51          建物及び構築物除却損        24
    機械装置及び運搬具除却損      26          機械装置及び運搬具売却損      41
    有形固定資産その他売却損      22          機械装置及び運搬具除却損      20
    有形固定資産その他除却損      27          土地売却損             28
    無形固定資産売却損          0          有形固定資産その他売却損       1
    無形固定資産除却損          3          有形固定資産その他除却損      10
                      38
    その他                           無形固定資産除却損          0
           計         215                            55
                                  その他
                                       計         208
                                                      




                              46/109
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                          有価証券報告書
※4減損損失                    ※4減損損失
    当社グループは、以下の資産グループについて減     当社グループは、以下の資産グループについて減
  損損失を計上した。                  損損失を計上した。
                           減損損失                                     減損損失
 用途    種類        場所                  用途      種類         場所
                          (百万円)                                    (百万円)




                                     営業所
       土地、建物                             土地、建物          札幌市白石区ほか      387
                                     施設



                 福岡県糟屋郡
 営業所
                            1,364
 施設              宇美町ほか                              大阪府泉北郡
                                     営業所
                                         土地                           355
                                     敷地             忠岡町ほか
                                                    東京都江戸川区ほ
                                     営業
                                             リース資産等                   135
                                     設備             か
       リース資産等
                                     遊休
                                             土地等        富山市新庄町         52
                                     資産
                                     賃貸用
                                         土地             青森県二戸市         27
                                     資産
                                                   合計                 957
 営業所
     土地          岡山市ほか        117
 敷地                                     当社グループは、管理会計上の区分を基礎にグ
                                       ルーピングを行っているが、現在未稼動で今後も事
 営業
       リース資産等 静岡県沼津市ほか        14
 設備                                    業の用に供する予定のないものについては遊休資産
                                       としてグルーピングしている。
            合計              1,497
                                        上記の資産については収益性が著しく低下したこ
   当社グループは、管理会計上の区分を基礎にグ
                                       とにより、投資の回収が困難と見込まれるため帳簿
  ルーピングを行っているが、現在未稼動で今後も事
                                       価額相当額を回収可能価額まで減額し、当該減少額
  業の用に供する予定のないものについては遊休資産
                                       を減損損失として特別損失に計上している。
  としてグルーピングしている。
                                        なお、当資産グループの回収可能価額は、正味売却
   上記の資産については収益性が著しく低下したこ
                                       価額または使用価値により測定している。正味売却
  とにより、投資の回収が困難と見込まれるため帳簿
                                       価額については、不動産鑑定評価基準に基づく鑑定
  価額相当額を回収可能価額まで減額し、当該減少額
                                       評価額または固定資産税評価額に合理的な調整を
  を減損損失として特別損失に計上している。
                                       行って算出した金額を使用している。また、使用価値
   なお、当資産グループの回収可能価額は、正味売却
                                       については、将来キャッシュフローを4%で割り引い
  価額または使用価値により測定している。正味売却
                                       て算定している。
  価額については固定資産税評価額に合理的な調整を
  行って算出した金額を使用している。また、使用価値
  については、将来キャッシュフローを4%で割り引い
  て算定している。




                                    47/109
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                  有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
      株式の種類       前連結会計年度末         増加                      減少         当連結会計年度末

    普通株式(千株)            24,402                   ―                ―         24,402





    2自己株式に関する事項
      株式の種類       前連結会計年度末         増加                      減少         当連結会計年度末

    普通株式(千株)                59                   19               3             75





        (変動事由の概要)
        増加数の主な内訳は、次の通りである。
        単元未満株式の買取りによる増加19千株
        減少数の主な内訳は、次の通りである。
        単元未満株式の買増しによる減少 3千株

    3新株予約権等に関する事項
          該当事項はありません。

    4配当に関する事項
     (1) 配当金支払額
                             配当金の総額     1株当たり配当額
         決議        株式の種類                                        基準日     効力発生日
                              (百万円)        (円)
    平成19年6月26日
                   普通株式            60                 2円50銭 平成19年3月31日 平成19年6月27日
    定時株主総会

      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
          該当事項はありません。





                                        48/109
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                          有価証券報告書
    当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
      株式の種類       前連結会計年度末         増加                 減少       当連結会計年度末

    普通株式(千株)           24,402                    ―         ―        24,402





    2自己株式に関する事項
      株式の種類       前連結会計年度末         増加                 減少       当連結会計年度末

    普通株式(千株)               75                    16        2            90





       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りである。
       単元未満株式の買取りによる増加 16千株
       減少数の主な内訳は、次の通りである。
       単元未満株式の買増しによる減少 2千株

    3新株予約権等に関する事項
         該当事項はありません。

    4配当に関する事項
     (1) 配当金支払額
         該当事項はありません。

     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
         該当事項はありません。





                                        49/109
                                                         EDINET提出書類
                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                          有価証券報告書
    (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

            前連結会計年度                    当連結会計年度
         (自平成19年4月1日               (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)              至平成21年3月31日)
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲
記されている科目の金額との関係             記されている科目の金額との関係
  現金及び預金勘定           398百万円   現金及び預金勘定         248百万円
  中期国債ファンド             2      中期国債ファンド           2
  預入期間が3か月を超える                預入期間が3か月を超える
                      ―                         ―
  定期預金                        定期預金
  現金及び現金同等物          401      現金及び現金同等物        250





                           50/109
                                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                                        有価証券報告書
    (リース取引関係)

               前連結会計年度                                             当連結会計年度
            (自平成19年4月1日                                        (自平成20年4月1日
             至平成20年3月31日)                                       至平成21年3月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められる リース取引に関する会計基準適用初年度開始前の所有権
もの以外のファイナンス・リース取引         移転外ファイナンス・リース取引
                          (借主側)
1リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当 1リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
 額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額     額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
                 減価償却  減損損失                                       減価償却  減損損失 
        取得価額                       期末残高                     取得価額                       期末残高
                  累計額相 累計額相                                           累計額相 累計額相
         相当額                        相当額                      相当額                        相当額
                                                       
                    当額      当額                                          当額      当額
        (百万円)                      (百万円)                    (百万円)                      (百万円)
                  (百万円) (百万円)                                         (百万円) (百万円)
                                                                                
建物及び構築                                              建物及び構築
          1,173       338     ―        834                    3,248     1,060     ─      2,188
物(建物)                                               物(建物)
                                                                                
機械装置及び                                              機械装置及び
          7,618     3,164    332     4,121                    6,103     2,664    343     3,094
運搬具                                                 運搬具
                                                                                
その他の有形                                              その他の有形
固定資産(工具 1,417         752      3       662          固定資産(工具 1,171         650      4       516
器具及び備品)                                             器具及び備品)
                                                                                
             91        34     14        42                       84        41     15        27
無形固定資産                                              無形固定資産
                                                                                          
合計          10,302       4,290       350       5,660 合計         10,607       4,416       363       5,827

2未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損                           2未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損
  勘定期末残高                                             勘定期末残高
    1年内               1,409百万円                          1年内               1,230百万円
    1年超               4,854                             1年超               5,457
    合計                6,264                             合計                6,687
    リース資産減損勘定期末残高 339百万円                             リース資産減損勘定期末残高 266百万円
3支払リース料、減価償却費相当額、支払利息相当額及                          3支払リース料、減価償却費相当額、支払利息相当額及
  び減損損失                                              び減損損失
    支払リース料            1,747百万円                          支払リース料            1,795百万円
    リース資産減損勘定取崩          16                             リース資産減損勘定取崩         109
    減価償却費相当額          1,515                             減価償却費相当額          1,342
    支払利息相当額             246                             支払利息相当額             339
    減損損失                327                             減損損失                 36
4減価償却費相当額の算定方法                                     4減価償却費相当額の算定方法
   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
  額法によっている。                                          額法によっている。
5利息相当額の算定方法                                        5利息相当額の算定方法
   リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額                             リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額
  を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息                          を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息
  法によっている。                                           法によっている。
           ───────                                  1.ファイナンス・リース取引
                                                    (借主側)
                                                    所有権移転外ファイナンス・リース取引
                                                    (1)リース資産の内容
                                                    ・有形固定資産
                                                        主として、貨物自動車運送事業における輸送管理用
                                                       ハードウエアである。
                                                    ・無形固定資産
                                                        主として、貨物自動車運送事業における輸送管理用
                                                       ソフトウエアである。
                                                    (2)リース資産の減価償却の方法
                                                       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(残価保
                                                     証のある場合は残価保証額)とする定額法によってい
                                                     る。



                                                     51/109
                                                                   EDINET提出書類
                                                               名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                    有価証券報告書
            前連結会計年度                              当連結会計年度
         (自平成19年4月1日                         (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)                        至平成21年3月31日)
2.オペレーティング・リース取引(借主側)                2.オペレーティング・リース取引(借主側)
  未経過リース料                              オペレーティング・リース取引のうち解約不能の
                                      ものに係る未経過リース料
   1年内                      522百万円      1年内               135百万円
   1年超                    4,938         1年超             1,519
   合計                     5,461         合計              1,655




                                     52/109
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                            有価証券報告書
     (有価証券関係)
     (前連結会計年度)
    1その他有価証券で時価のあるもの(平成20年3月31日)

                                                                 連結貸借対照表
        区分                    種類       取得原価(百万円)                                  差額(百万円)
                                                                 計上額(百万円)
                     (1) 株式                        1,081              2,419            1,338
                     (2) 債券                                                                   
                     国債・地方債                        ―                  ―                  ―
連結貸借対照表計上額が
                     社債                            ―                  ―                  ―
取得原価を超えるもの
                     その他                           ―                  ―                  ―
                     (3) その他                          ―                  ―                  ―
                              小計                   1,081              2,419            1,338
                     (1) 株式                          245                221             △23
                     (2) 債券                                                                   
                     国債・地方債                        ―                  ―                  ―
連結貸借対照表計上額が
                     社債                            ―                  ―                  ―
取得原価を超えないもの
                     その他                           ―                  ―                  ―
                     (3) その他                          ―                  ―                  ―
                              小計                     245                221             △23
                合計                                 1,327              2,641            1,314
    (注)減損処理にあたっては、個々の銘柄の有価証券の時価が取得原価に比べて30%程度以上下落した場合は回復可能
        性の判定の対象とし、減損の要否を判定している。

    2当連結会計年度中に売却したその他有価証券(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

        売却額(百万円)                   売却益の合計額(百万円)                      売却損の合計額(百万円)
                        461                                385                              3
    3時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額(平成20年3月31日)

                   区分                                  連結貸借対照表計上額(百万円)
その他有価証券                                                                                 461
     非上場株式                                                                              459
     その他                                                                                    2





                                          53/109
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                            有価証券報告書
     (当連結会計年度)
    1その他有価証券で時価のあるもの(平成21年3月31日)

                                                                 連結貸借対照表
        区分                  種類       取得原価(百万円)                                    差額(百万円)
                                                                 計上額(百万円)
                    (1) 株式                       1,002                1,546             544
                    (2) 債券                                                                    
                    国債・地方債                       ―                    ―                  ―
連結貸借対照表計上額が
                    社債                           ―                    ―                  ―
取得原価を超えるもの
                    その他                          ―                    ―                  ―
                    (3) その他                         ―                    ―                  ―
                            小計                   1,002                1,546             544
                    (1) 株式                         342                  275             △67
                    (2) 債券                                                                    
                    国債・地方債                       ―                    ―                  ―
連結貸借対照表計上額が
                    社債                           ―                    ―                  ―
取得原価を超えないもの
                    その他                          ―                    ―                  ―
                    (3) その他                         ―                    ―                  ―
                            小計                     342                  275             △67
              合計                                 1,345                1,822             477
    (注)減損処理にあたっては、個々の銘柄の有価証券の時価が取得原価に比べて30%程度以上下落した場合は回復可能
        性の判定の対象とし、減損の要否を判定している。

    2当連結会計年度中に売却したその他有価証券(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)

        売却額(百万円)                 売却益の合計額(百万円)                        売却損の合計額(百万円)
                        0                                    0                              ―
    3時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額(平成21年3月31日)

                   区分                                連結貸借対照表計上額(百万円)
その他有価証券                                                                                 461
     非上場株式                                                                              459
     その他                                                                                    2





                                        54/109
                                                            EDINET提出書類
                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                             有価証券報告書
    (デリバティブ取引関係)

            前連結会計年度                       当連結会計年度
         (自平成19年4月1日                  (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)                 至平成21年3月31日)
1取引の状況に関する事項                1取引の状況に関する事項
(1) 取引の内容                   (1) 取引の内容
    金利スワップ取引を利用している。                      同左
  (2) 取引に対する取組方針               (2) 取引に対する取組方針
    資金調達コストの軽減のためにデリバティブ取引                同左
    を利用する方針である。
  (3) 取引の利用目的                  (3) 取引の利用目的
    変動金利支払の長期借入金について市場での金利                同左
    上昇を回避する目的で、金利スワップを利用してい
    る。
  (4) 取引に係るリスクの内容              (4) 取引に係るリスクの内容
    金利スワップ取引は、市場金利変動によるリスクを               同左
    回避するのが目的でありいずれもリスクはない。
  (5) 取引に係るリスク管理体制             (5) 取引に係るリスク管理体制
    デリバティブ取引の実行管理は財務部で行ってお                同左
    り、リスク管理に対しては、稟議等により規制管理を
    行っている。

2取引の時価等に関する事項             2取引の時価等に関する事項
 金利スワップ取引を行っているが、ヘッジ会計を適用            同左
 しているため、注記の対象から除いている。

次へ




                              55/109
                                                         EDINET提出書類
                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                          有価証券報告書

  (退職給付関係)
1採用している退職給付制度の概要
前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
 (1) 当社及び連結子会社の退職給付制度
    当社及び連結子会社は、確定給付型の制度(退職一時金制度、適格退職年金制度、閉鎖型年金制度及び厚
    生年金基金制度)、確定拠出年金制度及び前払退職金制度を設けている。また、従業員の退職等に際して
    割増退職金を支払う場合がある。
    なお、当社は保有する上場株式による退職給付信託を設定している。
    また、要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は、(2)制度別の補足説
    明(c)厚生年金基金制度に記載の通りである。
      
 (2) 制度別の補足説明
   (a) 退職一時金制度
                            設定時期
当社及び連結子会社(14社)          会社設立時等
    (b) 適格退職年金制度
                            設定時期
当社(閉鎖型年金制度)              昭和57年
名鉄ゴールデン航空㈱               昭和52年
東北名鉄運輸㈱                  昭和60年
その他連結子会社1社(1年金)           
         (注) 当社は平成16年12月1日に適格退職年金制度を廃止している。また、適格年金制度廃止時に
             移行した年金受給者に対する閉鎖型年金制度を、平成20年4月に廃止した。当該廃止に伴い、
             当連結会計事業年度末において退職給付制度終了の会計処理を実施している。
    (c) 厚生年金基金制度
                            設定時期
名鉄トラック運送㈱                平成元年
      (注)総合設立型の基金である。
      (1)制度全体の積立状況に関する事項(平成19年3月31日時点)
                                栃木県トラック事業
                                  厚生年金基金
          
                                     10,756百万円
          年金資産の額
                                     10,284百万円
          年金財政計算上の給付債務の額
                              471百万円
        差引額
      (2)制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合(自平成18年4月1日至平成19年
           3月31日)
                                     1.3%
(d) 確定拠出年金制度及び前払退職金制度
                            設定時期
当社                       平成16年
 




                                56/109
                                                            EDINET提出書類
                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                             有価証券報告書
当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    (1) 当社及び連結子会社の退職給付制度
       当社及び連結子会社は、確定給付型の制度(退職一時金制度、適格退職年金制度及び厚生年金基金制
       度)、確定拠出年金制度及び前払退職金制度を設けている。また、従業員の退職等に際して割増退職金を
       支払う場合がある。
       なお、当社は保有する上場株式による退職給付信託を設定している。
       また、要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は、(2)制度別の補足説
       明(c)厚生年金基金制度に記載の通りである。
         
    (2) 制度別の補足説明
      (a) 退職一時金制度
                            設定時期
当社及び連結子会社(12社)          会社設立時等
    (b) 適格退職年金制度
                            設定時期
東北名鉄運輸㈱                  昭和60年
                              
         (注) 一部の連結子会社において、平成20年5月に適格退職年金制度から確定拠出年金制度へ移行
             したほか、平成21年1月に適格退職年金制度を廃止するなどの変更を行った。
             これらの移行及び廃止に伴い、当連結会計年度において退職給付制度終了の会計処理を実施
             している。

    (c) 厚生年金基金制度
                               設定時期
名鉄トラック運送㈱                   平成元年
         (注)総合設立型の基金である。
         (1)制度全体の積立状況に関する事項(平成20年3月31日時点)
                                   栃木県トラック事業
                                     厚生年金基金
             
                                        9,097 百万円
             年金資産の額
                                     10,842 百万円
             年金財政計算上の給付債務の額
                               △1,744 百万円
           差引額
         (2)制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合(自平成19年4月1日至平成20年
              3月31日)
                                        1.3%
(d) 確定拠出年金制度及び前払退職金制度
                               設定時期
当社                          平成16年
名鉄ゴールデン航空㈱                  平成20年





                                   57/109
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                        有価証券報告書
2退職給付等の内容
  (1) 退職一時金制度及び適格退職年金制度
    (a) 退職給付債務に関する事項
                              (前連結会計年度末)             (当連結会計年度末)
                                       百万円                    百万円
イ退職給付債務                          △9,240                 △8,208
                                       566                     111
ロ年金資産(退職給付信託を含む)                                   
ハ未積立退職給付債務(イ+ロ)                                    
                                    △8,673                  △8,097
ニ会計基準変更時差異の未処理額                   3,819                  3,180
ホ未認識の数理計算上の差異                        88                    194
                                        ―                       32
ヘ未認識過去勤務債務                                         
ト連結貸借対照表計上額純額
                                                     
                                        △4,765                 △4,690
(ハ+ニ+ホ+へ)
                                            ―                      ―
チ前払年金費用                                           
リ退職給付引当金(ト−チ)                                     
                                        △4,765                 △4,690
       (注)一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用している。
     (b) 退職給付費用に関する事項
                               (前連結会計年度)                (当連結会計年度)
                                        百万円                      百万円
イ勤務費用                                547                      521
ロ利息費用                                218                      164
ハ期待運用収益                              △7                       △1
ニ会計基準変更時差異の費用処理額                     551                      540
ホ数理計算上の差異の費用処理額                      △1                        39
                                         ―                          4
へ過去勤務債務の費用処理額                                      
ト退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ+ヘ)               1,308                    1,268
チ退職給付制度改定等に伴う損益                       35                      205
                                                     
小計                                  1,343                     1,473
       (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「イ勤務費用」に計上している。
   (c) 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
                          (前連結会計年度)                     (当連結会計年度)
イ退職給付見込額の期間配分方法          期間定額基準                           同左
ロ割引率                        2.0%                       1.0∼2.0%
ハ期待運用収益率                 0.75∼2.0%                     1.0∼2.0%
ニ数理計算上の差異の処理年数 ※1         7年∼9年                           同左
ホ過去勤務債務の処理年数 ※2             1年                        1年∼7年
へ会計基準変更時差異の処理年数              15年                          同左
        (注)※1各連結会計年度における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額をそれぞ
            
            れ発生の翌連結会計年度から費用処理することにしている。
         ※2各連結会計年度における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額をそれぞ
           れ発生時から費用処理することにしている。
 




                               58/109
                                                                EDINET提出書類
                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                 有価証券報告書
    (2) 厚生年金基金制度
      (a) 退職給付債務に関する事項
                           (前連結会計年度末)            (当連結会計年度末)
                                    百万円                   百万円
年金資産                           212                   165
    
    (b) 退職給付費用に関する事項
                            (前連結会計年度)            (当連結会計年度)
                                    百万円                 百万円
退職給付費用                           8                   7
    
    (c) 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
                           (前連結会計年度)             (当連結会計年度)
イ年金資産                 掛金拠出割合により計算
                                                     同左
                          している。
ロ退職給付費用               厚生年金基金への要拠出
                                                     同左
                          額を用いている。

    (3) 確定拠出年金制度及び前払退職金制度
         退職給付費用に関する事項
                           (前連結会計年度)             (当連結会計年度)
                                  百万円                    百万円
退職給付費用                        86                    110


     (ストック・オプション等関係)
前連結会計年度及び当連結会計年度において、該当事項はない。





                             59/109
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                       有価証券報告書
        (税効果会計関係)

             前連結会計年度                             当連結会計年度
           (平成20年3月31日)                        (平成21年3月31日)
(1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別         (1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
  の内訳                                 の内訳
  繰延税金資産                             繰延税金資産                         
     未払事業税否認額               37百万円        未払事業税否認額               35百万円
     賞与引当金                 104           賞与引当金                  71
     退職給付引当金             1,991           退職給付引当金             1,958
     減損損失否認額               693           減損損失否認額               859
     固定資産未実現利益修正           186           固定資産未実現利益修正           185
     貸倒引当金損金算入超過額           49           貸倒引当金損金算入超過額           52
     ゴルフ会員権評価損否認額           21           ゴルフ会員権評価損否認額           17
     税務上の繰越欠損金             346           税務上の繰越欠損金             690
     有価証券評価損否認額            200           有価証券評価損否認額            149
                           128                                 143
     その他                                 その他
  繰延税金資産小計                           繰延税金資産小計
                         3,758                               4,164
                        △2,469                              △3,478
  評価性引当額                            評価性引当額
  繰延税金資産合計                           繰延税金資産合計
                         1,289                                 686
  繰延税金負債                             繰延税金負債                         
     資産圧縮積立金            △1,156           資産圧縮積立金            △1,122
     退職給付信託設定益            △87            退職給付信託設定益            △87
     その他有価証券評価差額         △447            その他有価証券評価差額         △113
                         △345                                △342
     その他                                 その他
    繰延税金負債合計            △2,036          繰延税金負債合計            △1,666
    繰延税金負債の純額            △747           繰延税金負債の純額            △979
繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に          繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に
含まれている。                             含まれている。
    流動資産−繰延税金資産            202百万円       流動資産−繰延税金資産            161百万円
    固定資産−繰延税金資産            202          固定資産−繰延税金資産            226
    流動負債−繰延税金負債              0          流動負債−繰延税金負債              0
    固定負債−繰延税金負債          1,151          固定負債−繰延税金負債          1,367
なお、上記のほか再評価に係る繰延税金負債(2,838百万       なお、上記のほか再評価に係る繰延税金負債(2,789百万
円)を固定負債に計上している。                     円)を固定負債に計上している。
(2) 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担         (2) 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
  率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因            率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
  となった主要な項目別の内訳                       となった主要な項目別の内訳


    税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載し         税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載し
    ていない。                            ていない。



    




                                     60/109
                                       EDINET提出書類
                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                        有価証券報告書
    (企業結合等関係)
 前連結会計年度及び当連結会計年度において、該当事項はない。







                          61/109
                                                    EDINET提出書類
                                                名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                     有価証券報告書

(セグメント情報)
 【事業の種類別セグメント情報】
   前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20
  年4月1日至平成21年3月31日)とも、当社及び連結子会社はすべて総合物流事業を営んでいる
  ため、該当事項はない。
 【所在地別セグメント情報】
   前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20年
  4月1日至平成21年3月31日)とも、本国以外に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該
  当事項はない。
 【海外売上高】
   前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20年
  4月1日至平成21年3月31日)とも、海外売上高はないため、該当事項はない。
   




                         62/109
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                                 有価証券報告書
     【関連当事者情報】
     前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     親会社
                                        議決権
                                                関係内容
                                        等の被                                                  期末
          会社等の            資本金    事業の                            取引の        取引金額
    属性             住所                    所有                                          科目      残高
           名称            (百万円)    内容                             内容       (百万円)
                                               役員の   事業上の
                                         割合                                                (百万円)
                                               兼任等    関係
                                        (%)


                                 鉄道業及                運送の受 営業取
         名古屋鉄道 名古屋市                            兼任              投資有価証
親会社                       84,185 び不動産   51.0         託、営業施 引以外               258     ─      ―
           ㈱    中村区                            3名               券の売却
                                  業他                 設の賃借 の取引


(注)取引条件及び取引条件の決定方針等

発行会社の実質価値を考慮して、双方合意した価額によっている。


     兄弟会社等
                                        議決権
                                        等の所     関係内容
                                                                                             期末
          会社等の            資本金    事業の    有(被                     取引の        取引金額
    属性             住所                                                                科目      残高
           名称            (百万円)    内容    所有)                      内容       (百万円)
                                                                                           (百万円)
                                               役員の   事業上の
                                         割合
                                               兼任等    関係
                                        (%)
                                                                 短期資金借
                                                                                    短期
                                                                 入貸付の純      1,738            1,597
                                                                                    借入金
                                                                   増減
                                                                                  1年内返
                                                                 長期資金の
                                                                            3,500 済予定長       1,100
                                                                   借入
                                                                                  期借入金
          ㈱名鉄マ
                                 グループ                         営業取
          ネジメン    名古屋市                         兼任    資金の貸
                                                              引以外 長期資金の             長期借入
                           3,000 ファイナ   なし                                    800           15,521
          トサービ     中村区                         3名    付・借入           返済                金
親会社                              ンス事業                         の取引
            ス
の子会
                                                                  利息の
 社                                                                              0    ─       ―
                                                                   受取

                                                                  利息の
                                                                              132    ─       ―
                                                                   支払
                                                              営業取
         (有)知多自   愛知県             自動車                             投資有価証
                            30        なし       なし     なし      引以外            194     ―       ―
          動車学校    半田市            学校事業                              券の売却
                                                              の取引

(注)取引条件及び取引条件の決定方針等
         1.資金の貸付及び借入については、キャッシュマネジメントシステムを利用しており、取引金額については資金の
          借入残高の純増減額を記載している。なお、当連結会計年度における同システムを利用した資金の貸付額は3,845
          百万円であり、借入額は15,887百万円である。
          貸付及び借入利率については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、資金の借入に対しては担保提
          供はない。
         2.発行会社の実質価値を考慮して、双方合意した価額によっている。





                                                     63/109
                                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                                 名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                                      有価証券報告書
         当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
     (追加情報)
     当連結会計年度から平成18年10月17日公表の「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準委員
会企業会計基準第11号)及び「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会企
業会計基準適用指針第13号)を適用している。
     なお、これによる開示対象範囲の変更はない。
     
1関連当事者との取引
     (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
(ア) 連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
                                                                            
                                                議決権等
                              資本金又
              会社等の名称                    事業の内容    の所有 関連当事者                取引金額                  期末残高
    種類                 所在地    は出資金                                取引の内容                科目
               又は氏名                      又は職業   (被所有) との関係                (百万円)                 (百万円)
                              (百万円)
                                                割合(%)


                       名古屋市             鉄道業及び             運送の受託   土地建物の
親会社           名古屋鉄道㈱           84,185            (51.0)                     1,968           ─         ─
                       中村区              不動産業他             役員の兼任   購入


(注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれていない。
       2. 取引条件及び取引条件の決定方針等

     第三者鑑定評価に基づき、双方合意した価額によっている。


(イ) 連結財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等
          該当事項はない。
          
(ウ) 連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の
         子会社等
                                                                            
                                                議決権等
                              資本金又
              会社等の名称                    事業の内容    の所有 関連当事者                取引金額                  期末残高
    種類                 所在地    は出資金                                取引の内容                科目
               又は氏名                      又は職業   (被所有) との関係                (百万円)                 (百万円)
                              (百万円)
                                                割合(%)
                                                                  短期資金借
                                                                  入貸付の純     △255 短期借入金             1,342
                                                                  増減

                                                                長期資金の
                                                                            7,200
同一の
                                                          資金の貸付 借入
              ㈱名鉄マネジ                  グループ                                            長期借入金
親会社                    名古屋市
              メントサービ            3,000 ファイナン      なし       ・借入                         (1年内を含      22,921
を持つ                    中村区
              ス                       ス事業                 役員の兼任 長期資金の                 む)
会社                                                                              900
                                                                返済


                                                                  利息の支払         177         ―         ―


(注)取引条件及び取引条件の決定方針等
               資金の貸付及び借入については、キャッシュマネジメントシステムを利用しており、取引金額については資金
           の借入残高の純増減額を記載している。なお、当連結会計年度における同システムを利用した資金の貸付額は
           1,839百万円であり、借入額は32,583百万円である。
           貸付及び借入利率については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、資金の借入に対しては担保提
           供はない。





                                                      64/109
                                                         EDINET提出書類
                                                     名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                          有価証券報告書
(エ) 連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
         該当事項はない。
                                                 
    (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
(ア) 連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
         該当事項はない。
         
(イ) 連結財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等
         該当事項はない。
    
(ウ) 連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の
        子会社等
         該当事項はない。
    
(エ) 連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
         該当事項はない。
         
         
         
2親会社又は重要な関連会社に関する注記
    (1) 親会社情報
         名古屋鉄道株式会社(東京証券取引所及び名古屋証券取引所に上場)

    (2) 重要な関連会社の要約財務情報
         当連結会計年度において、重要な関連会社である和歌山名鉄運輸㈱を含む、すべての持分法適用関連会
        社の合算要約財務情報は以下のとおりである。
                                  (百万円)
                
                流動資産合計                686
                固定資産合計                   1,246
                流動負債合計                   1,847
                固定負債合計                     219
                純資産合計                    △ 133
                売上高                      3,591
                税引前当期純損失(△)              △ 422
                当期純損失(△)                 △ 467




                                65/109
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                             有価証券報告書
    (1株当たり情報)

               前連結会計年度                                 当連結会計年度
            (自平成19年4月1日                            (自平成20年4月1日
             至平成20年3月31日)                           至平成21年3月31日)
1株当たり純資産額                    326円36銭 1株当たり純資産額                       235円27銭

1株当たり当期純損失            116円85銭 1株当たり当期純損失               70円38銭

  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について     なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
は、潜在株式がないため記載していない。           は、潜在株式がないため記載していない。
 (注)算定上の基礎
 1株当たり当期純損益金額
                         前連結会計年度             当連結会計年度
                       (自平成19年4月1日        (自平成20年4月1日
                        至平成20年3月31日)       至平成21年3月31日)
1株当たり当期純損益金額                                            

当期純損益(百万円)                                     △2,843               △1,711

普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  ―                     ―

普通株式に係る当期純損益(百万円)                              △2,843               △1,711

普通株式の期中平均株式数(千株)                               24,335                24,319


    (重要な後発事象)
    前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
      当社は、平成20年4月30日に親会社の子会社である株式会社名鉄マネジメントサービスより総額
     2,500百万円の借入を実行するとともに、これまで市中金融機関から調達していた2,500百万円を平成20
     年4月30日に繰上弁済した。
     これは、株式会社名鉄マネジメントサービスより低利の安定した資金供給を受けることを目的とした
     ものである。
     借入の詳細については以下に記載している。
          1.契約内容             長期借入金
          2.借入先              株式会社名鉄マネジメントサービス
          3.借入金額             2,500百万円
          4.借入金利             年1.075%
          5.実施時期             平成20年4月30日
          6.返済期限             平成25年4月30日
      
    当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
      該当事項はない。





                                       66/109
                                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                                 名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                                      有価証券報告書

     ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】

                             前期末残高 当期末残高        利率
      会社名        銘柄     発行年月日                                                        担保         償還期限
                              (百万円)    (百万円)    (%)
           第2回無担保      平成15年       50      ─         年                               銀行         平成21年
西肥名鉄運輸㈱
           普通社債        3月27日      (50)    (─)      0.39                              保証         3月27日
           第3回無担保      平成16年      150      100       年                               銀行         平成23年
西肥名鉄運輸㈱
           普通社債        4月5日       (50)    (50)     0.90                              保証         2月23日
                                  200      100
    合計         ―         ―                       ―                                    ―          ―
                                 (100)    (50)
(注) 1「当期末残高」欄の()内は内書で1年内償還予定の金額である。
    2連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
         1年以内     1年超2年以内    2年超3年以内      3年超4年以内                                    4年超5年以内
         (百万円)      (百万円)       (百万円)        (百万円)                                     (百万円)
                 50             50                     ─                       ─                     ─


       【借入金等明細表】

                      前期末残高               当期末残高                 平均利率
            区分                                                                         返済期限
                       (百万円)               (百万円)                 (%)
短期借入金                      10,294                  11,086               1.42                ―

1年以内に返済予定の長期借入金             8,488                   5,928               1.43                ―

1年以内に返済予定のリース債務                  ―                    250               1.83                ―
長期借入金(1年以内に返済予定                                                                    平成22年4月26日∼
                           25,493                  29,618               1.27
のものを除く)                                                                            平成28年3月31日
リース債務(1年以内に返済予定                                                                    平成24年11月30日∼
                                 ―                    849               1.84
のものを除く)                                                                            平成28年8月10日
その他有利子負債                                                                                 

社内預金                          164                   162               1.50                ―
1年以内に返済予定のリース
                 35                    ―                  ―                 ―
債務
リース債務(1年以内に返済
                                133                    ―                  ―                 ―
予定のものを除く)
            合計             44,610                  47,895                 ―                 ―
    (注) 1「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載している。
        2長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
           済予定額の総額
                    1年超2年以内 2年超3年以内 3年超4年以内 4年超5年以内
               区分
                      (百万円)   (百万円)   (百万円)    (百万円)
         長期借入金          8,122             14,738                5,153               1,518

         リース債務            254                258                  251                  76






                                          67/109
                                                                                                 EDINET提出書類
                                                                                             名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                                  有価証券報告書
    (2) 【その他】
      当連結会計年度における各四半期連結会計期間に係る売上高等

                            第1四半期             第2四半期                 第3四半期              第4四半期
                       (自 平成20年4月1日      (自 平成20年7月1日          (自 平成20年10月1日      (自 平成21年1月1日
                         至 平成20年6月30日)     至 平成20年9月30日)         至 平成20年12月31日)     至 平成21年3月31日)

売上高             (百万円)            22,942              23,196               23,522            19,923

税金等調整前四半期
純利益又は四半期純       (百万円)             △150                   △946                546             △227
損失(△)
四半期純利益又は四
                (百万円)             △859                   △987                371             △236
半期純損失(△)
1株当たり四半期純
利益又は四半期純損        (円)             △35.32             △40.62                 15.29            △9.72
失(△)





                                                68/109
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                      有価証券報告書

2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                                                        (単位:百万円)

                          前事業年度                      当事業年度
                       (平成20年3月31日)               (平成21年3月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                                   151                       119
                                          1,032                       897
  受取手形                          ※2, ※5                     ※2, ※5
                                          7,984                     6,842
  営業未収入金                           ※2                       ※2
  貯蔵品                                        90                        72
  前払費用                                      311                       267
  繰延税金資産                                                               −
                                             38
  関係会社短期貸付金                               1,339                     2,397
  未収入金                                      430                       321
  その他                                        15                        13
                                          △105                      △126
  貸倒引当金
  流動資産合計                                 11,288                   10,805
 固定資産
  有形固定資産
                                         17,293                   17,603
    建物                         ※1, ※3                   ※1, ※3
                                         △9,667                   △9,981
      減価償却累計額
      建物(純額)                              7,625                     7,621
    構築物                                   3,678                    3,728
                                         △2,626                   △2,694
     減価償却累計額
      構築物(純額)                             1,051                     1,033
    機械及び装置                                 678                       656
                                          △558                      △539
     減価償却累計額
      機械及び装置(純額)                            120                       117
                                          6,949                     6,922
    車両運搬具                       ※1, ※3                   ※1, ※3
                                         △4,488                   △4,035
      減価償却累計額
      車両運搬具(純額)                           2,460                     2,886
    工具、器具及び備品                              828                       556
                                          △603                      △439
     減価償却累計額
      工具、器具及び備品(純額)                         224                      117
                                         26,260                   27,905
    土地                         ※1, ※6                   ※1, ※6
    リース資産                                    −                       619
                                             −                      △114
     減価償却累計額
      リース資産(純額)                              −                        504
    有形固定資産合計                             37,744                   40,187
  無形固定資産
   借地権                                      182                       182
   ソフトウエア                                    91                        74
   リース資産                                     −                        345
   電話加入権                                     51                        51
   電信電話専用施設利用権                                                         −
                                              0
   施設利用権                                      1                         1
    無形固定資産合計                                327                       655




                      69/109
                                                           EDINET提出書類
                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                            有価証券報告書
                                                (単位:百万円)

                      前事業年度                  当事業年度
                   (平成20年3月31日)           (平成21年3月31日)
  投資その他の資産
   投資有価証券                        2,329                  1,663
   関係会社株式                        4,023                  3,175
   出資金                              61                     60
   長期貸付金                            18                     16
   従業員に対する長期貸付金                      8                      7
   関係会社長期貸付金                       967                    358
   破産更生債権等                         201                    140
   長期前払費用                           32                     15
   差入保証金                         1,443                  1,282
   その他                              40                     35
                                 △229                   △167
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                     8,896                  6,589
  固定資産合計                         46,968                 47,432
 資産合計                            58,256                 58,238
負債の部
 流動負債
                                  2,317                  1,892
  支払手形                      ※2                     ※2
                                  3,621                  3,127
  営業未払金                     ※2                     ※2
                                  7,747                  8,902
  短期借入金                     ※2                     ※2
                                  6,844                  4,160
  1年内返済予定の長期借入金             ※1                     ※1
  リース債務                             −                     208
  未払金                              258                    178
  未払費用                             966                    971
  未払法人税等                           103                    118
  未払消費税等                           114                     72
  預り金                              588                    565
  前受収益                              56                     53
  関係会社事業損失引当金                       −                     131
  その他                              729                    327
  流動負債合計                         23,347                 20,708
 固定負債
                                 22,723                 26,963
  長期借入金                    ※1                     ※1
  リース債務                              −                     686
  繰延税金負債                            726                  1,045
  退職給付引当金                         3,872                  3,651
  役員退職慰労引当金                          51                     32
  関係会社事業損失引当金                        11                     60
                                  2,593                  2,562
  再評価に係る繰延税金負債              ※6                     ※6

  その他                              511                    369
  固定負債合計                         30,489                 35,370
 負債合計                            53,837                 56,079




                  70/109
                                                       EDINET提出書類
                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                        有価証券報告書
                                               (単位:百万円)

                     前事業年度                  当事業年度
                  (平成20年3月31日)           (平成21年3月31日)
純資産の部
 株主資本
   資本金                           2,065                  2,065
   資本剰余金
    資本準備金                        1,534                  1,534
    資本剰余金合計                      1,534                  1,534
  利益剰余金
   利益準備金                           289                    289
   その他利益剰余金
     資産圧縮積立金                     1,267                  1,227
     別途積立金                         400                    400
                                △1,610                 △3,381
     繰越利益剰余金
    利益剰余金合計                                            △1,465
                                   345
  自己株式                            △16                    △18
  株主資本合計                         3,929                  2,116
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                    757                    357
  繰延ヘッジ損益                                                 −
                                    2
                                 △270                   △315
  土地再評価差額金                 ※6                     ※6

  評価・換算差額等合計                       489                     41
 純資産合計                           4,419                  2,158
負債純資産合計                         58,256                 58,238




                 71/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書

 ②【損益計算書】
                                                    (単位:百万円)

                       前事業年度                      当事業年度
                   (自 平成19年4月1日               (自 平成20年4月1日
                  至 平成20年3月31日)             至 平成21年3月31日)
売上高                              62,812                     58,163
                                 60,748                     56,224
売上原価                       ※1                         ※1

売上総利益                                2,064                      1,938
販売費及び一般管理費
 人件費                                   752                        719
   役員退職慰労引当金繰入額                         13                          9
 減価償却費                                  66                        121
 施設使用料                                 556                        441
 租税公課                                   94                         83
 支払手数料                                  −                          91
 広告宣伝費                                  53                         51
 旅費交通費及び通信費                             98                         83
 貸倒引当金繰入額                               60                         18
 募集費                                    84                         39
 その他                                   168                         82
                                     1,936                      1,733
 販売費及び一般管理費合計               ※1                         ※1

営業利益                                   127                       205
営業外収益
 受取利息                                   46                        50
 受取配当金                                 260                       259
 受取手数料                                  55                        57
 受取派遣料                                  −                         64
 その他                                   103                        48
                                       466                       479
 営業外収益合計                        ※1                         ※1

営業外費用
 支払利息                                  463                       514
 社債利息                                                             −
                                        30
 貸倒引当金繰入額                                                         −
                                         6
 その他                                    29                        17
 営業外費用合計                               529                       531
経常利益                                    64                       153
特別利益
 前期損益修正益                                −                         20
                                         5                        22
 固定資産売却益                          ※2                        ※2
 投資有価証券売却益                                                        −
                                       424
 関係会社清算益                                −                         27
 その他                                    28                         7
 特別利益合計                                458                        77
特別損失
 前期損益修正損                                −                         51
                                       141                       160
 固定資産処分損                        ※3                         ※3
                                        46                       114
 減損損失                            ※6                        ※6
                                     1,213                       818
 関係会社株式評価損                  ※5                             ※5
 役員退職慰労引当金繰入額                                                     −
                                        56
 車両事故費                                                            −
                                        68
 貸倒引当金繰入額                               −                         85
                                                                 119
 関係会社事業損失引当金繰入額                         −                  ※4

 その他                                   116                        51
 特別損失合計                              1,643                      1,402
税引前当期純損失(△)                      △1,120                     △1,171

                  72/109
                                     EDINET提出書類
                                 名鉄運輸株式会社(E04180)
                                      有価証券報告書

法人税、住民税及び事業税                83       84
法人税等調整額                  1,425      599
法人税等合計                   1,509      684
当期純損失(△)                △2,629   △1,855




               73/109
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                            有価証券報告書

    【売上原価明細書】

                          前事業年度                          当事業年度
                    (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
                       至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
                注記                構成比                            構成比
           区分        金額(百万円)                        金額(百万円)
                番号                 (%)                            (%)
1人件費                     18,640        30.7             17,704        31.5

2経費                                                                       

     運送委託料                19,525                        17,902               

     連絡中継料                 7,356                         6,806               

     取扱手数料                 3,265                         2,812               

     燃料油脂費                 2,225                         2,117               

     減価償却費                   829                           981               

     施設使用料                 4,372                         3,897               

     租税公課                    406                           424               

     (うち事業所税)               (1)                           (1)                

                            4,125                          3,577
     その他                                                                     

       経費計                42,107        69.3             38,520        68.5

    売上原価合計                             100.0                          100.0
                           60,748                         56,224






                             74/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書

 ③【株主資本等変動計算書】
                                                       (単位:百万円)

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成19年4月1日           (自 平成20年4月1日
                         至 平成20年3月31日)         至 平成21年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                              2,065                  2,065
   当期変動額
                                           −                      −
     当期変動額合計
   当期末残高                              2,065                  2,065
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                             1,534                  1,534
    当期変動額
                                           −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                             1,534                  1,534
   その他資本剰余金
    前期末残高                                  −                      −
    当期変動額
      自己株式の処分                             △0                     △0
      利益剰余金から資本剰余金への振替                     0                      0
      当期変動額合計                              −                      −
    当期末残高                                  −                      −
   資本剰余金合計
    前期末残高                             1,534                  1,534
    当期変動額
      自己株式の処分                             △0                     △0
      利益剰余金から資本剰余金への振替                     0                      0
      当期変動額合計                              −                      −
    当期末残高                             1,534                  1,534
 利益剰余金
  利益準備金
    前期末残高                                 289                    289
    当期変動額
                                           −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                                 289                    289
   その他利益剰余金
    資産圧縮積立金
      前期末残高                           1,494                  1,267
      当期変動額
       資産圧縮積立金の取崩                     △39                    △39
                                     △188                     −
       会社分割による減少
       当期変動額合計                       △227                    △39
      当期末残高                           1,267                  1,227
    別途積立金
     前期末残高                                400                    400
     当期変動額
                                           −                      −
       当期変動額合計
      当期末残高                               400                    400




                         75/109
                                                             EDINET提出書類
                                                         名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                              有価証券報告書
                                                     (単位:百万円)

                            前事業年度                  当事業年度
                        (自 平成19年4月1日           (自 平成20年4月1日
                       至 平成20年3月31日)         至 平成21年3月31日)
  繰越利益剰余金
   前期末残高                                                 △1,610
                                        986
   当期変動額
     資産圧縮積立金の取崩                       39                     39
     剰余金の配当                         △60                      −
     当期純損失(△)                     △2,629                 △1,855
     土地再評価差額金の取崩                   △133                      45
     会社分割による減少                                               −
                                     188
     利益剰余金から資本剰余金への振
                                        △0                     △0
     替
     当期変動額合計                      △2,597                 △1,770
    当期末残高                         △1,610                 △3,381
 利益剰余金合計
  前期末残高                             3,169                      345
  当期変動額
    資産圧縮積立金の取崩                        −                      −
    剰余金の配当                          △60                      −
    当期純損失(△)                      △2,629                 △1,855
    土地再評価差額金の取崩                    △133                      45
    会社分割による減少                         −                      −
                                     △0                     △0
    利益剰余金から資本剰余金への振替
    当期変動額合計                       △2,824                 △1,810
  当期末残高                                                  △1,465
                                        345
自己株式
 前期末残高                              △13                    △16
 当期変動額
   自己株式の取得                              △3                     △2
   自己株式の処分                               0                      0
  当期変動額合計                               △2                     △1
 当期末残高                              △16                    △18
株主資本合計
 前期末残高                              6,756                  3,929
 当期変動額
   剰余金の配当                           △60                      −
   当期純損失(△)                       △2,629                 △1,855
   土地再評価差額金の取崩                     △133                      45
   自己株式の取得                           △3                     △2
   自己株式の処分                             0                      0
                                      −                      −
   利益剰余金から資本剰余金への振替
  当期変動額合計                         △2,827                 △1,812
 当期末残高                              3,929                  2,116




                       76/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成19年4月1日           (自 平成20年4月1日
                         至 平成20年3月31日)         至 平成21年3月31日)
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                              1,189                      757
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                     △431                   △399
    額)
    当期変動額合計                          △431                   △399
  当期末残高                                   757                    357
 繰延ヘッジ損益
  前期末残高                                     4                      2
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                          △1                     △2
    額)
    当期変動額合計                               △1                     △2
  当期末残高                                                           −
                                            2
 土地再評価差額金
  前期末残高                                                     △270
                                          432
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                     △703                    △45
    額)
    当期変動額合計                          △703                    △45
  当期末残高                              △270                   △315
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                               1,626                      489
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                    △1,136                  △447
    額)
    当期変動額合計                         △1,136                  △447
  当期末残高                                   489                     41
純資産合計
 前期末残高                                8,383                  4,419
 当期変動額
   剰余金の配当                             △60                      −
   当期純損失(△)                         △2,629                 △1,855
   土地再評価差額金の取崩                       △133                      45
   自己株式の取得                             △3                     △2
   自己株式の処分                               0                      0
                                    △1,136                  △447
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                           △3,964                 △2,260
 当期末残高                                4,419                  2,158




                         77/109
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                       有価証券報告書

        【重要な会計方針】

                           前事業年度                     当事業年度
           項目          (自平成19年4月1日              (自平成20年4月1日
                        至平成20年3月31日)             至平成21年3月31日)
    1資産の評価基準及び評価   (イ)有価証券                (イ)有価証券
     方法             (a) 子会社株式及び関連会社株式     (a) 子会社株式及び関連会社株式
                    移動平均法に基づく原価法                  同左
                   (b) その他有価証券           (b) その他有価証券
                    時価のあるもの              時価のあるもの
                          決算期末日の市場価格等に基づ             同左
                          く時価法(評価差額は全部純資
                          産直入法により処理し、売却原
                          価は移動平均法により算定して
                          いる。)
                   時価のないもの              時価のないもの
                    移動平均法に基づく原価法                 同左
                   (ロ)たな卸資産(貯蔵品)          (ロ)貯蔵品
                   移動平均法に基づく原価法         移動平均法に基づく原価法
                      ( 収益性の低下による簿価切下げの      ( 収益性の低下による簿価切下げの
                      方法)                    方法)
                    (会計方針の変更)
                        「棚卸資産の評価に関する会計基
                      準」(企業会計基準委員会平成18
                      年7月5日企業会計基準第9号)が平
                      成20年3月31日以前に開始する事業
                      年度に財務諸表から適用できること
                      になったことに伴い、当事業年度か
                      ら同会計基準を適用している。
                       当該変更に伴う損益に与える影響      
                      は軽微である。




                                  78/109
                                                               EDINET提出書類
                                                           名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                有価証券報告書
                          前事業年度                   当事業年度
      項目              (自平成19年4月1日            (自平成20年4月1日
                       至平成20年3月31日)           至平成21年3月31日)
2固定資産の減価償却の方法   (イ)有形固定資産               (イ)有形固定資産(リース資産を除く)
                 定額法                     定額法
                    なお、取得価額10万円以上20万円       なお、取得価額10万円以上20万円
                  未満のものについては、3年間で均        未満のものについては、3年間で均
                  等償却をする方法を採用している。        等償却をする方法を採用している。
                   主な耐用年数は以下のとおりであ         主な耐用年数は以下のとおりであ
                   る。                      る。
                   建物7∼50年           建物7∼50年
                   車両運搬具2∼13年           車両運搬具2∼13年
                                            また、平成19年3月31日以前に取得
                                          したものについては、償却可能限度
                                          額まで償却が終了した翌年から5年
                                          間で均等償却する方法によってい
                                          る。
                 (会計方針の変更)
                    法人税法の改正((所得税法等の一
                  部を改正する法律平成19年3月30日
                  法律第6号)及び(法人税法施行例
                  の一部を改正する政令第83号))に
                  伴い、平成19年4月1日以降に取得し
                  たものについては、改正後の法人税
                  法に基づく方法に変更している。
                    この結果、従来と同一の基準に
                  よった場合と比べて減価償却費は6
                  百万円増加し、営業利益、経常利益は
                  それぞれ同額減少し、税引前当期純
                  損失は同額増加している。
                 (追加情報)                 (追加情報)
                    なお、平成19年3月31日以前に取得     なお、平成20年度法人税法の改正
                  したものについては、償却可能限度        に伴い、当事業年度より機械装置の
                  額まで償却が終了した翌年から5年        耐用年数を変更している。
                  間で均等償却する方法によってい         当該変更に伴う損益に与える影響
                 る。                      は軽微である。
                  この結果、従来と同一の基準によっ
                  た場合と比べて減価償却費は71百万
                  円増加し、営業利益、経常利益はそれ
                  ぞれ同額減少し、税引前当期純損失
                  は同額増加している。
                (ロ)無形固定資産               (ロ)無形固定資産(リース資産を除く)
                 定額法                             同左
                    なお、自社利用のソフトウェアに
                  ついては、社内における利用可能期
                  間(5年)に基づく定額法を採用して
                  いる。
                                         (ハ)リース資産
                                         所有権移転外ファイナンス・リース取
                                         引に係る資産
                                           リース期間を耐用年数とし、残存価
                                          額を零とする定額法によっている。
                                           なお、リース取引会計基準の改正適
                                          用初年度開始前の所有権移転外ファイ
                                          ナンス・リース取引については、通常
                                          の賃貸借取引に係る方法に準じた方法
                                          によっている。




                               79/109
                                                           EDINET提出書類
                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                            有価証券報告書
                    前事業年度                  当事業年度
     項目         (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                至平成20年3月31日)          至平成21年3月31日)
3引当金の計上基準   (イ)貸倒引当金              (イ)貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるた               同左
               め、一般債権については貸倒実績率
               により、貸倒懸念債権等特定の債権
               については個別に回収可能性を検討
               し、回収不能見込額を計上している。
             (ロ)退職給付引当金            (ロ)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、当            同左
              期末における退職給付債務及び年金
              資産の見込額に基づき、当期末に発
              生していると認められる額を計上し
              ている。なお、会計基準変更時差異に
              ついては、15年による按分額を費用
      
              に計上している。過去勤務債務は、発
              生年度で一括処理している。数理計
              算上の差異は、発生時における従業
              員の平均残存勤務期間内の一定の年
              数(9年)による定額法により按分し
              た額をそれぞれ発生した翌期から費
              用処理することにしている。




                          80/109
                                                      EDINET提出書類
                                                  名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                       有価証券報告書
                前事業年度                 当事業年度
    項目      (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
            至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
        (ハ)役員退職慰労引当金          (ハ)役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支出に備えて、     役員の退職慰労金の支出に備えて、
          役員退職慰労金規程に基づく当事業      役員退職慰労金規程に基づく当事業
          年度末要支給額を計上している。       年度末要支給額を計上している。
          (会計方針の変更)
          役員退職慰労金は、従来支出時の費
          用として処理していたが、当事業年
          度から「租税特別措置法上の準備金
          及び特別法上の引当金又は準備金並
          びに役員退職慰労引当金等に関する
          監査上の取扱い」(日本公認会計士
          協会 平成19年4月13日監査・保証
          実務委員会報告第42号)が公表され
          たことに伴い、内規に基づく当事業
          年度末要支給額を役員退職慰労引当
          金として計上する方法に変更してい
          る。
          この変更は、最近の役員退職慰労引
          当金計上の会計慣行が定着しつつあ
          ることを踏まえ、将来の支出時にお
          ける一時負担の増大を避け、役員の
          在任期間にわたって費用を配分する
          ことにより期間損益の適正化及び財
          務内容の健全化を図るために行って
          いる。
          この変更により、当事業年度発生額
          13百万円は販売費及び一般管理費
          へ、過年度相当分56百万円は特別損
          失に計上している。
          この結果、従来と同一の方法を採用
          した場合と比べ、営業利益、経常利益
          は13百万円減少し、税引前当期純損
          失は51百万円増加している。
        (ニ)関係会社事業損失引当金        (ニ)関係会社事業損失引当金
         関係会社に係る損失に備えるため、当     同左
         該会社の財政状態等を勘案して、当社
         が負担することとなる損失見込額を計
         上している。





                      81/109
                                                                  EDINET提出書類
                                                              名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                   有価証券報告書
                           前事業年度                  当事業年度
         項目            (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                       至平成20年3月31日)          至平成21年3月31日)
                                                     同左
    4売上高の計上基準      貨物運送収入は当社の各事業所にお
                    いて、荷主より貨物運送を受託した日
                    を基準として計上している。
    5リース取引の処理方法    リース物件の所有権が借主に移転す            ─────
                    ると認められるもの以外のファイナ
                    ンス・リース取引については、通常の
                    賃貸借取引に係る方法に準じた会計
                    処理によっている。
    6ヘッジ会計の方法      (イ)ヘッジ会計の方法           (イ)ヘッジ会計の方法
                                                  同左
                     繰延ヘッジによっている。
                     金利スワップ取引については、特例
                     処理の要件を満たす場合は特例処理
                     を採用している。
                   (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象        (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
                                                  同左
                        ヘッジ手段  ヘッジ対象
                       金利スワップ  借入金利息

                   (ハ)ヘッジ方針              (ハ)ヘッジ方針
                                                     同左
                     金利スワップ取引は、市場金利変動に
                     よるリスクを回避するのが目的であ
                     る。
                   (ニ)ヘッジ有効性評価の方法        (ニ)ヘッジ有効性評価の方法
                                                  同左
                     ヘッジ開始時から有効性判定時点ま
                     での期間におけるヘッジ対象とヘッ
                     ジ手段それぞれの相場変動又は
                     キャッシュ・フロー変動の累計との
                     比較によっている。
                     なお、特例処理の要件を満たしてい
                     る金利スワップ取引については、有効
                     性の判定を省略している。

    7その他財務諸表作成のた   消費税等の会計処理             消費税等の会計処理
                                                 同左
     めの基本となる重要な事項   税抜方式





                                 82/109
                                                                EDINET提出書類
                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                 有価証券報告書
     【会計処理の変更】

                前事業年度                          当事業年度
            (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
             至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
               ─────              (リース取引に関する会計基準等)
                                   所有権移転外ファイナンス・リース取引については、
                                  従来、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理に
                                  よっていたが、当事業年度より、「リース取引に関する
                                  会計基準」(企業会計基準第13号(平成5年6月17日
                                  (企業会計審議会第一部会)、平成19年3月30日改
                                  正))及び「リース取引に関する会計基準の適用指
                                  針」(企業会計基準適用指針第16号(平成6年1月18
                                  日(日本公認会計士協会会計制度委員会)、平成19年3
                                  月30日改正))を適用し、通常の売買取引に係る方法に
                                  準じた会計処理によっている。
                                  なお、リース取引会計基準の改正適用初年度開始前の
                                  所有権移転外ファイナンス・リース取引については、引
                                  き続き通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理
                                  によっている。
                                   この変更による損益に与える影響は軽微である。

     【表示方法の変更】

                前事業年度                          当事業年度
            (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
             至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
               ─────              (損益計算書)
                                  前事業年度において販売費及び一般管理費「その他」
                                  に含めて表示していた「支払手数料」(前事業年度75
                                  百万円)は、重要性が増したため、当事業年度から区分
                                  掲記している。

     【追加情報】
       
                前事業年度                          当事業年度
            (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
             至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
    従来、車両事故費については、支払時に売上原価とし                 ─────
    て、または過年度事故支出金(特別損失)として計上い
    ていたが、金額的重要性が増し、適正な期間損益計算を
    行うため、当事業年度より、事故発生の属する期間に、売
    上原価として計上している。
    この結果、従来の方法によった場合に比べて、営業利益
    及び経常利益が17百万円減少し、税引前当期純損失が41
    百万円増加している。なお、当事業年度以降の期間比較
    性を確保するために、前事業年度以前に発生した車両事
    故費については特別損失に計上している。
        




                                  83/109
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                       有価証券報告書
【注記事項】
    (貸借対照表関係)

             前事業年度                               当事業年度
          (平成20年3月31日)                        (平成21年3月31日)
※1担保に供している資産                       ※1担保に供している資産
道路交通事業財団の組成                        道路交通事業財団の組成
  担保物件(簿価)(百万円)   対応債務(百万円)           担保物件(簿価)(百万円)   対応債務(百万円)
    建物      1,798 1年内                建物         1,687 1年内
                  返済予定の     2,630                     返済予定の     798
              203 長期借入金                           179 長期借入金
    車両運搬具                            車両運搬具
            9,603 長期借入金      5,890             9,589 長期借入金      6,092
    土地                              土地
    計               計                  計               計
           11,605            8,520            11,455            6,890
※2関係会社に係る注記                       ※2関係会社に係る注記
  受取手形・営業未収入金・支払手形・営業未払金            受取手形・営業未収入金・支払手形・営業未払金
  及び短期借入金のうち関係会社に対するものは次の            及び短期借入金のうち関係会社に対するものは次の
  とおりである。                            とおりである。
     受取手形                   5百万円        受取手形                  32百万円
     営業未収入金                14百万円        営業未収入金                 2百万円
     支払手形                  23百万円        支払手形                  23百万円
     営業未払金              1,353百万円        営業未払金              1,304百万円
     短期借入金                649百万円        短期借入金                560百万円
※3国庫補助金等により取得原価から控除した固定資 ※3国庫補助金等により取得原価から控除した固定資
  産の圧縮記帳額                            産の圧縮記帳額
     建物                     5百万円        建物                     5百万円
     車両運搬具                 27百万円        車両運搬具                 27百万円





                                    84/109
                                                                EDINET提出書類
                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                 有価証券報告書
           前事業年度                           当事業年度
         (平成20年3月31日)                    (平成21年3月31日)
※4下記各社の銀行取引に対し債務保証をしている。       ※4下記各社の銀行取引に対し債務保証をしている。
                (債務額)                          (債務額)
                      百万円                         百万円
     三陸貨物㈱               104      三陸貨物㈱               100
     中国名鉄運送㈱              35      中国名鉄運送㈱               5
     北陸名鉄運輸㈱           1,355      北陸名鉄運輸㈱           1,276
                          25
     名鉄トラック運送㈱                    名鉄トラック運送㈱            23
                                                        7
           計           1,519      関東名鉄カーゴサービス㈱
                                        計           1,411

    ※5受取手形割引高 180百万円    ※5受取手形割引高 116百万円
    ※6事業用土地の再評価                 ※6事業用土地の再評価
        土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公     土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公
       布法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行     布法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行
       い、評価差額については、当該評価差額に係る税金      い、評価差額については、当該評価差額に係る税金
       相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負       相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負
       債の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評      債の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評
       価差額金」として純資産の部に計上している。        価差額金」として純資産の部に計上している。
       再評価の方法土地の再評価に関する法律施行令      再評価の方法土地の再評価に関する法律施行令
                (平成10年3月31日公布政令第             (平成10年3月31日公布政令第
                119号)第2条第3号に定める固             119号)第2条第3号に定める固
                定資産税評価額により算定して               定資産税評価額により算定して
                いる。                          いる。
       再評価を行った年月日平成14年3月31日      再評価を行った年月日平成14年3月31日
       再評価を行った土地の当期末における時価と再       再評価を行った土地の当期末における時価と再
         評価後の帳簿価額との差額 4,461百万円      評価後の帳簿価額との差額 4,499百万円





                                 85/109
                                                                   EDINET提出書類
                                                               名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                    有価証券報告書
    (損益計算書関係)

             前事業年度                               当事業年度
         (自平成19年4月1日                        (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)                       至平成21年3月31日)
※1関係会社に係る注記                  ※1関係会社に係る注記
  売上原価・販売費及び一般管理費のうち関係会社       売上原価・販売費及び一般管理費のうち関係会社
  に対するものは次のとおりである。              に対するものは次のとおりである。
     売上原価    運送委託料  10,316百万円      売上原価    運送委託料   9,693百万円
     〃     連絡中継料   2,450         〃     連絡中継料   2,401
     〃     取扱手数料   2,101         〃     取扱手数料   1,780
     〃     燃料油脂費       4         〃     燃料油脂費       0
     〃     施設使用料     770         〃     施設使用料     186
     〃     その他       614         〃     その他       475
     販売費及び                         販売費及び
                         6                             8
             その他                           その他
     一般管理費                         一般管理費
            計      16,264                計      14,547
  営業外収益のうち関係会社に対するものは次のと       営業外収益のうち関係会社に対するものは次のと
  おりである。                        おりである。
                                       受取利息           48百万円
         受取利息           44百万円
                                       受取配当金         215
         受取配当金         272
                                       受取手数料          11
                        36
         その他
                                       受取派遣料          64
         計           353
                                                      18
                                       その他
                                       計           358
※2固定資産売却益の内容は次のとおりである。       ※2固定資産売却益の内容は次のとおりである。
      車両運搬具売却益            5百万円            車両運搬具売却益            22百万円
                       0                           0
     工具、器具及び備品売却益                工具、器具及び備品売却益
         計           5             計          22
※3固定資産処分損の内容は次のとおりである。     ※3固定資産処分損の内容は次のとおりである。
     建物除却損            20百万円      建物除却損             6百万円
     構築物除却損            6         建物売却損            25
     機械及び装置除却損        15         構築物除却損            3
     車両運搬具売却損         41         構築物売却損            0
     車両運搬具除却損          5         機械及び装置除却損         2
     工具、器具及び備品除却損     25         車両運搬具売却損         32
     工具、器具及び備品売却損      0         車両運搬具除却損          7
     無形固定資産除却損         0         工具、器具及び備品除却損      6
                      27
     その他                         工具、器具及び備品売却損      0
             計       141         土地売却損            28
                                 無形固定資産除却損         0
                                                  47
                                 その他
                                         計       160
                                           
               ─────        ※4名鉄流通㈱ほか関係会社に係る事業損失引当金
                            繰入額である。
                            
                            ※5北海道名鉄運輸㈱ほか関係会社に係る株式評価
※5九州名鉄運輸㈱ほか関係会社に係る株式評価損
                            損である。
である。
                            





                                 86/109
                                                           EDINET提出書類
                                                       名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                            有価証券報告書
            前事業年度                          当事業年度
        (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
        至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
※6減損損失                     ※6減損損失
  当社は、以下の資産グループについて減損損失を計    当社は、以下の資産グループについて減損損失を計
  上した。                        上した。
                                                減損損失
 用途       種類    場所
                             用途     種類   場所     
                                                (百万円)
 営業所敷地    土地    岡山市
                                         名古屋市中川
                             営業所施設 建物                   42
                                         区ほか
  当社は、管理会計上の区分を基礎にグルーピングを
  行っているが、現在未稼働で今後も事業の用に供す
                             営業所敷地 土地    岡山市            14
  る予定がないものについては、遊休資産としてグ
                                    ソフトウ 名古屋市東区
  ルーピングしている。                 営業設備                        5
                                    エア等  ほか
  上記の資産については収益性が著しく低下したこ
  とにより、投資の回収が困難と見込まれるため帳簿    遊休資産   土地   富山市新庄町         52
  価額相当額を回収可能価額まで減額し、当該減少額
                                      合計               114
  を減損損失(46百万円)として特別損失に計上してい
  る。                          当社は、管理会計上の区分を基礎にグルーピングを
  なお、当資産グループの回収可能価額は、固定資産    行っているが、現在未稼働で今後も事業の用に供す
  税評価額に合理的な調整を行って算出した正味売却     る予定がないものについては、遊休資産としてグ
  価額により測定している。                ルーピングしている。
                                上記の資産については収益性が著しく低下したこ
                                とにより、投資の回収が困難と見込まれるため帳簿
                                価額相当額を回収可能価額まで減額し、当該減少額
                                を減損損失として特別損失に計上している。
                                なお、当資産グループの回収可能価額は、固定資産
                                税評価額に合理的な調整を行って算出した正味売却
                                価額により測定している。








                              87/109
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                         有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)





    1自己株式に関する事項
      株式の種類      前事業年度末            増加                 減少       当事業年度末

    普通株式(千株)              59                     19        3            75





       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りである。
       単元未満株式の買取りによる増加19千株
       単元未満株式の買増しによる減少 3千株

    当事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)





    1自己株式に関する事項
      株式の種類      前事業年度末            増加                 減少       当事業年度末

    普通株式(千株)              75                     16        2            90





       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りである。
       単元未満株式の買取りによる増加16千株
       単元未満株式の買増しによる減少 2千株





                                        88/109
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                 有価証券報告書
        (リース取引関係)

                 前事業年度                                   当事業年度
             (自平成19年4月1日                            (自平成20年4月1日
              至平成20年3月31日)                           至平成21年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも                  リース取引に関する会計基準適用初年度開始前の所有
の以外のファイナンス・リース取引                          権移転外ファイナンス・リース取引
(借主側)                                     (借主側)
1リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額                1リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額
  及び期末残高相当額                                 及び期末残高相当額
         取得価額  減価償却累  期末残高                       取得価額  減価償却累  期末残高
          相当額       計額相当額        相当額                相当額       計額相当額        相当額
                                              
         (百万円)       (百万円)      (百万円)              (百万円)       (百万円)      (百万円)
            1,173       338                         2,099       688 
建物                                        建物
                                    834                                     1,411
                                                                    
機械及び装置         17          9          7   機械及び装置          9          3          6
            4,251     1,675                         3,109     1,131 
車両運搬具                             2,576   車両運搬具                             1,977
                                                                    
工具器具及び                                    工具器具及び
              904        436        468                 682        261        420
備品                                        備品
               37        14                            37        22 
                                     22                                        15
ソフトウェア                                    ソフトウェア
                      2,475                                   2,107 
合計          6,386                 3,910   合計          5,938                 3,831
                                         
2未経過リース料期末残高相当額                          2未経過リース料期末残高相当額
    1年内                      728百万円           1年内                      598百万円
                           3,412                                     3,584
    1年超                                       1年超
    計                                        計
                           4,140                                     4,183

3支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額                3支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
    支払リース料           995百万円                   支払リース料           937百万円
    減価償却費相当額         811                      減価償却費相当額         713
    支払利息相当額          203                      支払利息相当額          195

4減価償却費相当額の算定方法            4減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額    リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
 法によっている。                   額法によっている。
5利息相当額の算定方法               5利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差   リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差
 額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利  額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利
 息法によっている。                  息法によっている。

                ─────                     1.ファイナンス・リース取引
                                          (借主側)
                                          所有権移転外ファイナンス・リース取引
                                          (1)リース資産の内容
                                          ・有形固定資産
                                             主として、貨物自動車運送事業における輸送管理用
                                            ハードウエアである。
                                          ・無形固定資産
                                             主として、貨物自動車運送事業における輸送管理用
                                            ソフトウエアである。
                                          (2)リース資産の減価償却の方法
                                            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリー
                                           ス資産
                                            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
                                           額法によっている。


    




                                           89/109
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                                 有価証券報告書
                      前事業年度                                 当事業年度
                  (自平成19年4月1日                          (自平成20年4月1日
                   至平成20年3月31日)                         至平成21年3月31日)
オペレーティング・リース取引(借主側)                          2.オペレーティング・リース取引(借主側)
  未経過リース料                                       オペレーティング・リース取引のうち解約不能の
                                               ものに係る未経過リース料
            1年内                      334百万円      1年内                81百万円
                                   2,606                         1,012
            1年超                                  1年超
            計                                   計
                                   2,940                         1,093
        
    
        (有価証券関係)
            前事業年度及び当事業年度とも、子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはない。

    
        (税効果会計関係)

              前事業年度                                         当事業年度
           (平成20年3月31日)                                  (平成21年3月31日)
(1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別                   (1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
  の内訳                                           の内訳
  繰延税金資産                     百万円                繰延税金資産                      百万円
     未払事業税否認額                17                    未払事業税否認額                 13
     退職給付引当金             1,659                     退職給付引当金              1,569
     貸倒引当金損金算入超過額            67                    貸倒引当金損金算入超過額             75
     減損損失否認額               116                     減損損失否認額                139
     有価証券評価損否認額            589                     有価証券評価損否認額             913
     繰越欠損金                 180                     繰越欠損金                  312
                             55                                           147
     その他                                           その他
  繰延税金資産小計                                     繰延税金資産小計
                         2,686                                          3,173
                        △2,028                                        △3,173
     評価性引当額                                        評価性引当額
  繰延税金資産合計                                     繰延税金資産合計
                           657                                              ─
  繰延税金負債                                       繰延税金負債                         
     資産圧縮積立金             △866                      資産圧縮積立金              △838
     退職給付信託設定益            △87                      退職給付信託設定益             △87
     その他有価証券評価差額         △389                      その他有価証券評価差額          △119
                           △1                                               ─
     その他                                           その他
    繰延税金負債合計            △1,345                    繰延税金負債合計            △1,045
    繰延税金負債の純額            △687                     繰延税金負債の純額           △1,045
繰延税金負債の純額は、貸借対照表の以下の項目に含ま                    繰延税金負債の純額は、貸借対照表の以下の項目に含ま
れている。                                         れている。
    流動資産−繰延税金資産           38百万円                   流動資産−繰延税金資産            ─百万円
    固定負債−繰延税金負債          726                      固定負債−繰延税金負債         1,045
なお、上記のほか再評価に係る繰延税金負債(2,593                 なお、上記のほか再評価に係る繰延税金負債(2,562百
百万円)を固定負債に計上している。                             万円)を固定負債に計上している。

(2) 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担 (2) 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
  率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因    率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
  となった主要な項目別の内訳               となった主要な項目別の内訳

 税引前当期純損失を計上しているため、記載していな                      税引前当期純損失を計上しているため、記載していな
い。                                            い。






                                               90/109
                                                       EDINET提出書類
                                                   名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                        有価証券報告書
  (企業結合等関係)
  前事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  (1)結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式
  結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要
  ①結合当時企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容
  [北海道地区]
   分割会社
      商号    名鉄運輸株式会社(当社)

     事業内容   貨物自動車運送事業他
   承継会社
      商号    北海道名鉄運輸株式会社

     事業内容   貨物自動車運送事業他
  [九州地区]
   分割会社
      商号    名鉄運輸株式会社(当社)

     事業内容   貨物自動車運送事業他
   承継会社
      商号    九州名鉄カーゴサービス株式会社

     事業内容   貨物自動車運送事業他
 なお、九州名鉄カーゴサービス株式会社は、平成19年10月1日に九州名鉄運輸株式会社に
商号変更をしている。
  ②企業結合の法的形式
  [北海道地区]
    当社を分割会社、北海道名鉄運輸株式会社を新設分割承継会社とする新設分割である。
  [九州地区]
    当社を分割会社、九州名鉄運輸株式会社を吸収分割承継会社とする吸収分割である。
  ③取引の目的を含む取引の概要
  (イ)会社分割の目的
    当社中期経営計画に基づき、グループ再編の一環として実施するものであり、グループとし
   ての経営効率向上を図りながら、地域に密着した事業展開により業務拡大を図ることを目的
   としている。
  (ロ)会社分割の効力発生日
    平成19年10月1日
  (ハ)会社分割に際して発行する株式の種類及び数、並びに割当に関する事項
    北海道名鉄運輸株式会社
   設立に際して発行する普通株式200株は、すべて当社に割当交付されている。
   九州名鉄運輸株式会社
   本分割に際して発行する普通株式400株は、すべて当社に割当交付されている。




                            91/109
                                                     EDINET提出書類
                                                 名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                      有価証券報告書
    (2)実施した会計処理の概要
      「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会平成15年10月31日)及び「事業分離等に関する会計基
     準」(企業会計基準委員会平成17年12月27日 企業会計基準第7号)並びに「企業結合会計基準及び事
     業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月27日 企業会計基準適用指
     針第10号)に基づき、共通支配下の取引として会計処理を行っております。

     当事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    該当事項はない。

次へ




                               92/109
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                             有価証券報告書

     (1株当たり情報)

              前事業年度                                     当事業年度
          (自平成19年4月1日                              (自平成20年4月1日
           至平成20年3月31日)                             至平成21年3月31日)
1株当たり純資産額                    181円65銭 1株当たり純資産額                        88円79銭

1株当たり当期純損失            108円06銭 1株当たり当期純損失               76円31銭

  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
は、潜在株式がないため記載していない。           は、潜在株式がないため記載していない。
 (注)算定上の基礎
 1株当たり当期純損益
                           前事業年度              当事業年度
                        (自平成19年4月1日       (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)      至平成21年3月31日)
1株当たり当期純損益金額                                                    

当期純損益(百万円)                                    △2,629                △1,855

普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 ―                     ─

普通株式に係る当期純損益(百万円)                             △2,629                △1,855

普通株式の期中平均株式数(千株)                              24,335                24,319


(重要な後発事象)
前事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
    当社は、平成20年4月30日に親会社の子会社である株式会社名鉄マネジメントサービスより総額2,500百万
円の借入を実行するとともに、これまで市中金融機関から調達していた2,500百万円を平成20年4月30日に繰
上弁済した。
これは、株式会社名鉄マネジメントサービスより低利の安定した資金供給を受けることを目的としたもので
ある。
借入の詳細については以下に記載している。
     1.契約内容                長期借入金
     2.借入先                 株式会社名鉄マネジメントサービス
     3.借入金額                2,500百万円
     4.借入金利                年1.075%
     5.実施時期                平成20年4月30日
     6.返済期限                平成25年4月30日

当事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
    該当事項はない。






                                      93/109
                                                                    EDINET提出書類
                                                                名鉄運輸株式会社(E04180)
                                                                     有価証券報告書

    ④ 【附属明細表】
      【有価証券明細表】
       【株式】

                                                         貸借対照表計上額
                   銘柄                        株式数(株)
                                                           (百万円)
                   ㈱オリバー                        55,000           74

                   ㈱上組                          45,916           30