アイシン精機株式会社 有価証券報告書 第84期(平成18年4月1日 ‐ 平成19年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書 -第84期(平成18年4月1日 ‐ 平成19年3月31日)

提出日:

提出者:アイシン精機株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                    EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                       アイシン精機株式会社(349074)
                                                                有価証券報告書


【表紙】

【提出書類】       有価証券報告書

【根拠条文】       証券取引法第24条第1項

【提出先】        関東財務局長

【提出日】        平成19年6月22日

【事業年度】       第84期(自    平成18年4月1日          至   平成19年3月31日)

【会社名】        アイシン精機株式会社

【英訳名】        AISIN SEIKI CO., LTD.

【代表者の役職氏名】   取締役社長         山内       康仁

【本店の所在の場所】   愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地

【電話番号】       刈谷(0566)24―8265番

【事務連絡者氏名】    経理部長        安井     雅章

【最寄りの連絡場所】   東京都港区三田3丁目11番34号センチュリー三田ビル

【電話番号】       東京(03)5446―5751番

【事務連絡者氏名】    東京事務所長            伊藤    和雄

【縦覧に供する場所】   ㈱東京証券取引所

              (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             ㈱大阪証券取引所

              (大阪市中央区北浜1丁目8番16号)

             ㈱名古屋証券取引所

              (名古屋市中区栄3丁目3番17号)




                       1/113
                                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                     有価証券報告書


第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
 (1) 連結経営指標等

         決算期           平成15年3月期 平成16年3月期 平成17年3月期 平成18年3月期 平成19年3月期

売上高            (百万円)     1,408,012   1,605,252   1,829,064   2,120,588    2,378,611

経常利益           (百万円)        76,590      84,654      98,457     125,096      134,287

当期純利益          (百万円)        47,994      34,719      46,718      61,095       66,889

純資産額           (百万円)       428,602     506,260     552,752     678,881      955,853

総資産額           (百万円)     1,224,311   1,382,584   1,503,313   1,853,458    2,037,896

1株当たり純資産額       (円)       1,612.96    1,771.12    1,928.58    2,361.66     2,662.78

1株当たり当期純利益      (円)         171.98      126.11      159.94      209.15       233.03
潜在株式調整後
                (円)         161.28      118.38      159.77      208.86       232.71
1株当たり当期純利益
自己資本比率          (%)           35.0        36.6        36.8        36.6         37.2

自己資本利益率         (%)           11.2         7.4         8.8         9.9          9.3

株価収益率           (倍)            9.2        16.1        15.3        21.9         17.7
営業活動による
               (百万円)       129,067     132,899     142,675     185,715      228,402
キャッシュ・フロー
投資活動による
               (百万円)     △113,777    △160,798    △174,817    △215,495     △236,614
キャッシュ・フロー
財務活動による
               (百万円)      △11,286       44,223      22,304      36,834       13,361
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
               (百万円)       111,732     126,214     116,401     128,212      136,307
の期末残高
従業員数                    44,132 47,616   53,237   59,587   66,383
                (人)
                         [ ― ] [8,770] [12,464] [15,232] [15,263]
[外、平均臨時従業員数]
(注) 1   売上高には、消費税等は含まれていない。
    2   平成19年3月期から、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17
        年12月9日)および「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用
        指針第8号 平成17年12月9日)を適用している。
   3    「従業員数」は就業人員である。なお、平均臨時従業員数が従業員数の100分の10未満である連結会計年度
        については、平均臨時従業員数を記載していない。




                                         2/113
                                                                                   EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                      アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                               有価証券報告書


(2) 提出会社の経営指標等

         回次              第80期           第81期           第82期           第83期          第84期

        決算期            平成15年3月期 平成16年3月期 平成17年3月期 平成18年3月期 平成19年3月期

売上高            (百万円)        555,277        601,872        649,282        720,541      786,966

経常利益           (百万円)         23,635         26,425         34,347         41,969       36,808

当期純利益          (百万円)         24,454         15,250         21,489         28,664       27,112

資本金            (百万円)         41,140         45,049         45,049         45,049       45,049

発行済株式総数         (株)     289,229,898    294,674,634    294,674,634    294,674,634   294,674,634

純資産額           (百万円)        277,378        344,552        367,801        445,848      441,595

総資産額           (百万円)        549,028        651,902        720,802        951,182    1,069,056

1株当たり純資産額       (円)        1,017.76       1,176.82       1,252.82       1,514.51     1,548.99
1株当たり配当額
                              15.00          18.00          24.00         32.00         40.00
(うち1株当たり        (円)
                              (6.50)         (8.00)        (10.00)       (13.00)       (16.00)
中間配当額)

1株当たり当期純利益      (円)          86.32          54.71          72.45          96.52         92.42
潜在株式調整後
                (円)          81.64          51.56          72.38          96.39         92.29
1株当たり当期純利益
自己資本比率          (%)           50.5           52.9           51.0           46.9          41.3

自己資本利益率         (%)             8.5            4.9            6.0            7.0           6.1

株価収益率           (倍)           18.4           37.2           33.7           47.5          44.7

配当性向            (%)           17.4           32.9           33.1           33.2          43.3
従業員数                    10,183 10,208  10,456  10,837  11,279
                (人)
                         [ ― ] [2,182] [3,043] [3,551] [4,006]
[外、平均臨時従業員数]
(注) 1   売上高には、消費税等は含まれていない。
    2   第84期から、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9
        日)および「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8
        号 平成17年12月9日)を適用している。
   3    「従業員数」は就業人員である。なお、平均臨時従業員数が従業員数の100分の10未満である事業年度につ
        いては、平均臨時従業員数を記載していない。




                                              3/113
                                                      EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                         アイシン精機株式会社(349074)
                                                                  有価証券報告書


2 【沿革】
 当社は、昭和40年8月トヨタ系中核自動車部品メーカーであった愛知工業株式会社と新川工業株式会社が合併したこ
とによりアイシン精機株式会社として設立されている。
 その両社の源流だが、まず愛知工業株式会社については、昭和18年3月資本金50百万円をもってトヨタ自動車工業株
式会社(現    トヨタ自動車株式会社)ならびに川崎航空機株式会社(現     川崎重工業株式会社)の共同出資により、東海飛
行機株式会社として設立され、昭和19年3月刈谷工場完成以降終戦時まで航空発動機部品の生産に従事した。昭和20年
末よりミシンならびに自動車部品の製造に転換し、同年12月社名を愛知工業株式会社と変更した。昭和24年3月企業再
建整備法に基づく整備計画の許可を受け、同年6月資本金15百万円の新生愛知工業株式会社として発足した。
 次に、新川工業株式会社については、昭和20年3月資本金280百万円をもって東海飛行機株式会社(後の愛知工業株式
会社)の出資により、同社への工作機械の供給を目的として、東新航空機株式会社として設立され、昭和21年3月より
自動車部品の製造を開始した。
 その後、当社の合併設立および当企業グループは次掲の如き変遷を経て今日に至っている。


  年月                               概要
昭和24年6月 資本金15百万円をもって愛知工業株式会社設立
昭和27年7月 愛知工業株式会社、名古屋証券取引所に新規上場する
昭和28年6月 愛知工業株式会社、ダイカスト製品の製造開始
昭和35年3月 新川工業株式会社、鋳造部門を分離し高丘工業株式会社(現       アイシン高丘株式会社)設立
昭和36年8月 愛知工業株式会社、自動変速機の製造開始
    10月 愛知工業株式会社、名古屋証券取引所市場第一部に上場する
昭和40年8月 愛知工業株式会社、新川工業株式会社(資本金656百万円)を吸収合併し、社名をアイシン精機株式会社
          (資本金2,856百万円)と変更する
          これに伴い新川工業株式会社より、新川工場(昭和20年3月完成)および新豊工場(昭和36年8月完成)を
          引き継ぐ
昭和44年5月 米国ボーグ・ワーナー社との合弁事業計画に基づきアイシン・ワーナー株式会社(現         アイシン・エ
          ィ・ダブリュ株式会社)を設立
昭和45年5月 東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場する
       10月 アイシン・U.S.A.株式会社設立
昭和63年7月 アイシン・U.S.A.株式会社の製造部門を分離・独立させアイシン・U.S.A.マニュファクチャリング株式
          会社を設立するとともに、製造・販売両法人を統括管理するアイシン・アメリカ株式会社を設立
平成3年7月 城山工場を分離・独立させ、アイシン・エーアイ株式会社を設立
平成4年3月 アイシン・エィ・ダブリュ精密株式会社を設立(平成14年6月       アイシン・エィ・ダブリュ株式会社に
          より吸収合併される)
       10月 アイシン・アメリカ株式会社とアイシン・U.S.A.株式会社を合併し新社名アイシン・ワールド・コープ
          ・オブ・アメリカ株式会社として発足
平成8年11月 アイシン・オートモーティブ・キャスティング株式会社(現        アイシン・オートモーティブ・キャステ
          ィング有限責任会社)を設立
平成10年11月 エィ・ダブリュ・ノースカロライナ株式会社を設立
平成13年1月 アイシン・ワールド・コープ・オブ・アメリカ株式会社の販売機能を子会社化するとともに、名称変更
          を行い、北米の統括会社としてアイシン・ホールディングス・オブ・アメリカ株式会社を設立
       7月 株式会社デンソー、住友電気工業株式会社、トヨタ自動車株式会社と共同出資で株式会社アドヴィック
          スを設立




                                4/113
                                                  EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                     アイシン精機株式会社(349074)
                                                              有価証券報告書


3 【事業の内容】
 当企業グループは、当社および153社の子会社・関連会社(製造会社100社、販売会社14社,その他39社)により構成
され、その主な事業は自動車部品および住生活関連機器の製造・販売である。
 主要な会社の事業内容は、事業の種類別セグメントにおける事業区分と同一である。なお、当社は自動車部品およ
び住生活関連機器の製造・販売・研究開発を行っており、子会社および関連会社の統括機能を有している。
 当企業グループの事業に係わる位置付けおよび事業の種類別セグメントとの関連は、次のとおりである。
 (自動車部品事業)
 当事業においては、生産品目が多岐にわたるが、主な製品としてドライブトレイン関連では、当社のほか、アイシ
ン・エィ・ダブリュ㈱がオートマチックトランスミッションの製造・販売、アイシン・エーアイ㈱がマニュアルトラ
ンスミッションの製造・販売を担当している。また、情報関連として、アイシン・エィ・ダブリュ㈱がカーナビゲー
ションシステムの製造・販売を行っており、ブレーキ及びシャシー関連、ボディ関連他の製品については、当社およ
びアイシン高丘㈱、アイシン化工㈱等により、生産工程を相互分担している。なお、ブレーキ関連の開発・販売は㈱
アドヴィックスが担当している。また、海外については、北米、欧州、アジア等の諸地域で事業活動を行っており、
主な生産会社として、アイシン・U.S.A.マニュファクチャリング㈱、アイシン・オートモーティブ・キャスティング
㈲があり、主な販売会社として、アイシン・ワールド・コープ・オブ・アメリカ㈱、アイシン・ヨーロッパ㈱があ
る。
 (住生活関連機器事業)
 当事業においては、シャワートイレ、ベッド、ガスヒートポンプエアコン等を主として当社が製造・販売するほ
か、ミシンについては、浙江アイシン慧国電機㈲が中国で製造を行っている。また、海外販売の主な拠点としてアイ
シン・ワールド・コープ・オブ・アメリカ㈱、アイシン・ヨーロッパ㈱がある。
 (その他事業)
 当事業においては、当企業グループの営業活動を行う上での周辺業務を中心に事業を行っており、主に建設土木事
業をアイシン開発㈱、石油販売事業を光南工業㈱、受託研究開発を主として㈱アイシン・コスモス研究所、IMRA・ア
メリカ㈱が行っている。




                              5/113
                                                                                               EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                                  アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                           有価証券報告書


4 【関係会社の状況】
                                  資本金又は                    議決権の          役員の
                                                   主要な事業                     資金の               営業上の    設備の
          名称           住所           出資金                     所有           兼任等
                                                    の内容                       貸付                取引     賃貸借
                                   (百万円)                   割合(%)         (名)
                                                                                                        
(連結子会社)
                                                                 (5.8)       兼任               同社製品
アイシン高丘㈱※1          愛知県豊田市            5,396    自動車部品                                   有                    有
                                                                 51.2         3               の仕入
                                                                (29.2)                        同社製品
アイシン化工㈱            愛知県豊田市             2,118   自動車部品                           3       有                    有
                                                                 75.0                         の仕入
                                                                 (5.8)                        当社製品
アイシン・エィ・ダブリュ㈱※1    愛知県安城市           26,480    自動車部品                           4       有                    無
                                                                 58.0                         の販売
                                              住生活関連機器           (47.5)                        同社リース資
㈱アイシン・リビングプランナー    愛知県刈谷市               60                                   3        有                    有
                                              その他               100.0                         産の賃借他
                                                                 (8.7)                        同社製品
アイシン軽金属㈱           富山県射水市            1,500    自動車部品                          4        有                    有
                                                                 60.0                         の仕入
                                                                (62.0)                        同社への土木
アイシン開発㈱            愛知県刈谷市              396    その他                            3        無                    有
                                                                100.0                         建設の発注他
                   愛知県幡豆郡                                       (71.8)                        同社製品
アイシン機工㈱                              2,000    自動車部品                          3        有                    有
                   吉良町                                          100.0                         の仕入
                                                                                              同社製品
アイシン・エーアイ㈱※1       愛知県西尾市            5,000    自動車部品             100.0        4        有                    有
                                                                                              の仕入
                                                                (56.8)                        同社製品
アイシン辰栄㈱            愛知県碧南市              180    自動車部品                          2        有                    有
                                                                100.0                         の仕入
                                                                (97.9)                        当社製品
アイシン・エィ・ダブリュ工業㈱    福井県越前市            2,057    自動車部品                          3        無                    無
                                                                100.0                         の販売
                                                                                              同社製品
豊生ブレーキ工業㈱          愛知県豊田市            1,200    自動車部品             53.1         2        有                    無
                                                                                              の仕入
                                                                                              当社製品
㈱アドヴィックス※1、2       愛知県刈谷市            5,750    自動車部品             40.0         1        有                    有
                                                                                              の販売
アイシン・ホールディングス・オブ アメリカ合衆国                                         (5.4)
                                    千米ドル
                                              その他                            6        有         無          無
・アメリカ㈱※1         インディアナ州            267,180                     100.0
アイシン・ワールド・コープ・オブ アメリカ合衆国                      自動車部品            (100.0)                        当社製品
                                    千米ドル
                                                                             6        無                    無
・アメリカ㈱           ミシガン州              27,000    住生活関連機器           100.0                         の販売
アイシン・オートモーティブ・キャ アメリカ合衆国                                       (100.0)                        当社製品
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          1        無                    無
スティング㈲※1         ケンタッキー州            72,101                      100.0                         の販売
アイシン・U.S.A.マニュファクチャ アメリカ合衆国                                    (100.0)                        当社製品
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          4        無                    無
リング㈱※1              インディアナ州         81,140                      100.0                         の販売
                   アメリカ合衆国                                     (100.0)                        当社製品
                                    千米ドル
アイシン・ドライブトレイン㈱※1                              自動車部品                          2        無                    無
                   インディアナ州          45,700                      100.0                         の販売
アイシン・ブレーキ&シャシー㈱    アメリカ合衆国                                     (100.0)
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          1        無         無          無
※1                 インディアナ州          41,400                      100.0
アイシン・マニュファクチャリン    アメリカ合衆国                                     (100.0)                        当社製品
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          1        無                    無
グ・イリノイ㈲            イリノイ州            37,300                      100.0                         の販売
アイシン・オートモーティブ・キ  アメリカ合衆国                                       (100.0)                        当社製品
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          ―        無                    無
ャスティング・テネシー㈱     テネシー州              30,900                      100.0                         の販売
                 アメリカ合衆国
エィ・ダブリュ・ノースカロライナ                                               (100.0)
                                    千米ドル
                 ノースカロライナ                     自動車部品                          1        無         無          無
㈱※1                                 75,000                      100.0
                 州
アドヴィックス・マニュファクチ  アメリカ合衆国                                       (100.0)
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          1        無         無          無
ャリング・オハイオ㈱       オハイオ州              36,000                      100.0
アドヴィックス・ノースアメリカ    アメリカ合衆国                                     (100.0)
                                    千米ドル
                                              自動車部品                          ―        無         無          無
㈱                  ミシガン州                75                      100.0
                   ベルギー王国                     自動車部品              (6.9)                        当社製品
                                    千ユーロ
アイシン・ヨーロッパ㈱※1                                                                5        有                    無
                   ブレーヌラルー市         97,442    住生活関連機器           100.0                         の販売
                   ベルギー王国                                       (93.9)
                                    千ユーロ
エィ・ダブリュ・ヨーロッパ㈱                                自動車部品                          1        無         無          無
                   ブレーヌラルー市         26,150                      100.0
アイシン・ヨーロッパ・マニュファ チェコ共和国                                        (100.0)                        当社製品
                              百万チェココルナ
                                              自動車部品                          1        無                    無
クチャリング・チェコ㈱      ピーセック市                702                      100.0                         の販売
                   中華人民共和国                                      (45.0)                        同社製品
                                    千人民元
浙江アイシン慧国電機㈲                                   住生活関連機器                        1        無                    無
                   浙江省杭州市           30,625                      100.0                         の仕入
                   中華人民共和国                                      (20.0)                        当社製品
                                    千人民元
アイシン唐山歯輪㈲※1                                   自動車部品                          4        有                    無
                   河北省唐山市           520,000                      97.0                         の販売
                   中華人民共和国                                                                    当社製品
                                    千人民元
唐山アイシン自動車部品㈲※1                                自動車部品             100.0        1        有                    無
                   河北省唐山市           371,298                                                   の販売
                   中華人民共和国                                      (51.0)
                                    千人民元
高丘六和(天津)工業㈲                                   自動車部品                          ―        無         無          無
                   天津市              226,198                      51.0
                   タイ王国                                                                       当社製品
                                   百万バーツ
サイアム・アイシン㈱                                    自動車部品              97.0        2        無                    無
                   プラチンブリ県             880                                                    の販売
その他110社                                                                                    




                                                  6/113
                                                                                                                 EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                                                    アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                                             有価証券報告書


                                              資本金又は                           議決権の         役員の
                                                              主要な事業                            資金の               営業上の        設備の
                 名称              住所            出資金                             所有          兼任等
                                                               の内容                             貸付                 取引         賃貸借
                                              (百万円)                           割合(%)        (名)
                                                                                                                             
(持分法適用関連会社)
                                                                                  (18.5)                     同社製品
 ㈱エクセディ                      大阪府寝屋川市             8,284   自動車部品                                 2        無                       無
                                                                                   33.4                      の仕入
                             アメリカ合衆国                                              (40.0)
                                                千米ドル
エクセディ・アメリカ㈱                                              自動車部品                                 ―        無           無           無
                             テネシー州              83,200                             40.0
                                                                                  (23.9)                     同社製品
㈱キャタラー                       静岡県掛川市                551   自動車部品                                 1        無                       無
                                                                                   39.7                      の仕入
その他9社                                                                                                         
     (注)1    主要な事業の内容欄には、事業の種類別セグメントの名称を記載している。
        2    議決権の所有割合欄の( )内は、間接所有割合(内数)である。
        3    ※1の会社は特定子会社に該当する。
        4    ※2の会社の持分は、100分の50以下であるが、実質的に支配しているため子会社としている。
        5    その他の関係会社であるトヨタ自動車㈱は、「関連当事者との取引」の項で記載しているため、記載を省略
             している。また、同社は有価証券報告書を提出している会社である。
       6     ㈱エクセディは有価証券報告書を提出している会社である。
       7     アイシン・エィ・ダブリュ㈱および㈱アドヴィックスについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を
             除く)の連結売上高に占める割合が100分の10を超えている。

                                                                         主要な損益情報等
                                           売上高               経常利益         当期純利益   純資産額                              総資産額
                                          (百万円)              (百万円)         (百万円)  (百万円)                             (百万円)
              アイシン・エィ・ダブリュ㈱                   777,479            42,460            28,466              238,354          476,766
              ㈱アドヴィックス                        268,326                1,403          1,002               16,767           75,425



5 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                                                               平成19年3月31日現在
              事業の種類別セグメントの名称                                                       従業員数(人)

    自動車部品                                                                           54,464[13,539]

    住生活関連機器                                                                          1,464         [168]

    その他                                                                              4,681 [1,046]

    管理(共通)                                                                           5,774         [510]

                        合計                                                          66,383[15,263]
     (注)1    従業員数は就業人員(当企業グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当企業グループへ
             の出向者を含む。)であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均雇用人員を外数で記載している。
       2     臨時従業員には、期間工、パートタイマー、嘱託契約の従業員および派遣社員が含まれている。
       3     従業員数が当連結会計年度末までの1年間において、6,796人増加しているが、その主な理由は自動車部品
             事業におけるドライブトレイン関連製品等の増産等によるものである。

    (2) 提出会社の状況
                                                                                               平成19年3月31日現在
          従業員数(人)                平均年齢(歳)                      平均勤続年数(年)                            平均年間給与(千円)

            11,279[4,006]          38.0                                16.5                                 7,116
     (注)1    従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時従
             業員数は[ ]内に年間の平均雇用人員を外数で記載している。
       2     臨時従業員には、期間工、パートタイマー、嘱託契約の従業員および派遣社員が含まれている。
       3     平均年間給与は、賞与および基準外賃金が含まれている。

    (3) 労働組合の状況
       労使間に特記すべき事項はない。




                                                             7/113
                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                            有価証券報告書


第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
 (1) 業績
     当企業グループは、社会環境の変化やお客様のニーズを先取りした新商品の開発と拡販、グロ
   ーバル市場での事業拡大、ならびに積極的な環境・社会活動の推進を重点に掲げ、グループの総
   力をあげて取り組んだ。
     その結果、当連結会計年度の売上高については、自動車部品事業では、主要得意先の自動車生
   産台数の増加に加え、オートマチックトランスミッションや、マニュアルトランスミッション、
   パワースライドドアシステム、カーナビゲーションシステムの拡販など積極的な営業活動の展開
   により、前連結会計年度(2兆270億円)に比べ12.4%増の2兆2,788億円となった。また、住生活
   関連機器事業では、前連結会計年度(529億円)に比べ2.6%減の515億円となった。建設土木事
   業、石油販売事業等その他事業では、前連結会計年度(405億円)に比べ18.7%増の482億円とな
   った。この結果、合計の売上高は、前連結会計年度(2兆1,205億円)に比べ12.2%増の2兆3,786
   億円となった。
     利益については、原材料価格の高騰や減価償却費の増加などがあったが、売上高の増加に加
   え、原価低減など経営全般にわたる合理化・効率化活動に取り組んだ結果、営業利益は前連結会
   計年度(1,180億円)に比べ11.0%増の1,310億円、経常利益は前連結会計年度(1,250億円)に比
   べ7.3%増の1,342億円、当期純利益は前連結会計年度(610億円)に比べ9.5%増の668億円となっ
   た。
     なお、所在地別セグメントの業績は、次のとおりである。

   ① 日本
     得意先カーメーカーの生産台数増、ボディ関連製品やオートマチックトランスミッションを
   中心とする売上増などにより、売上高は前連結会計年度(1兆8,154億円)に比べ9.2%増の1兆
   9,825億円となった。営業利益は売上増に加え合理化活動に取り組んだものの、アルミをはじめ
   とする原材料価格の上昇の影響を受けた結果、前連結会計年度(992億円)に比べ0.2%減の990
   億円となった。
   ② 北米
     ボディ関連製品やブレーキ関連製品を中心とする納入増および拡販などにより、売上高は前
   連結会計年度(3,574億円)に比べ7.0%増の3,826億円となった。営業利益はドライブトレイン
   関連製品の生産立ち上げがあったものの、売上増による効果が大きく、前連結会計年度(46億
   円)に比べ72.8%増の80億円となった。
   ③ 欧州
     オートマチックトランスミッションおよびカーナビゲーションシステムを中心とする売上増
   などにより、売上高は前連結会計年度(1,480億円)に比べ22.5%増の1,813億円となった。営
   業利益は売上増に加え、チェコやトルコの生産拠点での立ち上げ費用が減少したことなどによ
   り、前連結会計年度の6億円から39億円へと増加した。
   ④ その他
     タイでのマニュアルトランスミッションや、中国でのボディ関連製品の拡販活動が奏功した
   こと、およびインドネシアの持分法適用会社が連結子会社へ異動したことなどにより、売上高
   は前連結会計年度(1,213億円)に比べ40.4%増の1,703億円、営業利益は前連結会計年度(146
   億円)に比べ42.7%増の208億円となった。




                            8/113
                                               EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                  アイシン精機株式会社(349074)
                                                           有価証券報告書


(2) キャッシュ・フローの状況
    当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」)の残高は、営業活動により2,284
  億円の増加、投資活動により2,366億円の減少、財務活動により133億円の増加、現金及び現金同
  等物に係る換算差額により29億円の増加の結果、当連結会計年度末には1,363億円となり、前連結
  会計年度末(1,282億円)に比べ80億円(6.3%)の増加となった。

    (営業活動によるキャッシュ・フロー)
      営業活動により得られた資金は、前連結会計年度(1,857億円)に比べ426億円(23.0%)増加
    し、2,284億円となった。これは、税金等調整前当期純利益が91億円増加したことや減価償却費が
    222億円増加したことなどによる。
    (投資活動によるキャッシュ・フロー)
      投資活動により使用した資金は、前連結会計年度(2,154億円)に比べ211億円(9.8%)増加し、
    2,366億円となった。これは、定期預金及び有価証券の純増減額が166億円増加したことや、有形
    固定資産の取得による支出が2,244億円となり前連結会計年度(2,187億円)に比べ56億円増加し
    たことなどによる。
    (財務活動によるキャッシュ・フロー)
      財務活動により得られた資金は、前連結会計年度(368億円)に比べ234億円(63.7%)減少
    し、133億円となった。これは、長期借入金による収入が502億円となり前連結会計年度(651億
    円)に比べ149億円減少したことや、当連結会計年度は社債を発行しなかったため社債の発行によ
    る収入が100億円減少したことなどによる。
 
     (注) 本報告書の売上高、受注高等は、消費税等抜きで表示している。




                              9/113
                                                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                    有価証券報告書


2 【生産、受注及び販売の状況】
 (1) 生産実績
     当連結会計年度における生産実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりである。

        事業の種類別セグメントの名称                       生産高(百万円)                       前連結会計年度比(%)

自動車部品                                                        2,277,330                      +12.1

住生活関連機器                                                         40,894                     △10.4

              合計                                             2,318,224                      +11.6
(注)   金額は、販売価格による。

 (2) 受注状況
      当企業グループの自動車部品事業はトヨタ自動車㈱をはじめとして、大手自動車メーカーの生産
  ラインに同調して、製品の製造・販売を行っている。大手自動車メーカーより約3ヶ月前後の予約
  的発注指示を受けるが、その発注量の確定指示は平均して1ヶ月分である。従って、下記に示す受
  注状況の受注残高はその1ヶ月分である。
      また、住生活関連機器の輸出については、主として得意先からの注文に基づき生産しており、受
  注高は下記に示すとおりである。一方、国内の住生活関連機器については、最近の販売実績および
  販売見込等の資料を基礎として見込み生産を行っている。
      その他の事業について受注形態をとっているのは、建設土木事業である。
      当連結会計年度における受注状況を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりである。
   事業の種類別                          前連結会計年度比                                       前連結会計年度比
                   受注高(百万円)                              受注残高(百万円)
  セグメントの名称                            (%)                                            (%)
自動車部品                  2,300,070              +12.4                  194,614                 +12.3

住生活関連機器                    7,504             △26.7                          594              +31.0

その他                       24,688             +167.8                      20,819             +257.5

       合計              2,332,262             +12.9                   216,028                +20.3
(注)   金額は、販売価格による。

 (3) 販売実績
      当連結会計年度における販売実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりである。
                                                                                  前連結会計年度比
        事業の種類別セグメントの名称                           販売高(百万円)
                                                                                     (%)
自動車部品                                                             2,278,816                 +12.4

住生活関連機器                                                              51,592                 △2.6

その他                                                                  48,202                 +18.7

              合計                                                  2,378,611                 +12.2

(注)   主な相手先別の販売実績および総販売実績に対する割合は、次のとおりである。

                               前連結会計年度                                    当連結会計年度
            相手先
                         販売高(百万円)             割合(%)              販売高(百万円)                割合(%)

         トヨタ自動車㈱                   950,857            44.8                  1,032,473        43.4




                                        10/113
                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                     有価証券報告書


3 【対処すべき課題】
  今後の見通しについては、原油や原材料価格の高騰や為替変動、さらにグローバル競争の激化な
 ど、依然として多くの不安定要素や課題を抱えており、企業を取り巻く環境は、未だ不透明な状況
 にある。
  このような中で、当企業グループは、足元の課題に的確に対処するとともに、グループ総力の結
 集により、新たな成長に向けた取り組みを加速し、世界のトップブランドをめざしていく。そのた
 め、引き続きお客様に「信頼と感動」をお届けする新商品の開発に全力を注ぐとともに、ものづく
 りの力の向上に努めていく。また、国内をはじめ、北米や欧州、アジアなどでの生産・開発・販売
 体制のさらなる拡充により、グローバルな供給ネットワークを整備し、世界各地域でのお客様から
 の要請に迅速に応えられる体制を構築していく。
  さらに、社会から信頼される企業として、「第4次環境取り組みプラン」に基づく環境保全5ヵ
 年計画の着実な推進により、環境トップランナーをめざすとともに、地域発展や自然保護、青少年
 の育成に重点を置いた企業市民活動、公正で透明性の高い企業行動を絶えず心掛け、社会との調和
 ある成長と社業の発展に努めていく。

4 【事業等のリスク】
  当企業グループの経営成績および財務状況等(株価などを含む)に影響を及ぼす可能性のあるリス
 クには以下のようなものがある。
  なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成19年6月22日)現在において当企
 業グループが判断したものである。

 (1) 経済状況
   当企業グループの全世界における営業収入のうち、重要な部分を占める自動車関連製品の需要
  は、当企業グループが製品を販売している国または地域の経済状況の影響を受ける。従って、日
  本、北米、欧州、アジア等を含む当企業グループの主要市場における景気後退、およびそれに伴う
  需要の縮小は、当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能性がある。
   また、当企業グループの事業は、競合他社が製造を行う地域の経済状況から間接的に影響を受け
  る場合がある。例えば、競合他社が現地でより低廉な人件費の労働力を雇用した場合、当企業グル
  ープと同種の製品をより低価格で提供できることになり、その結果、当企業グループの売上が悪影
  響を受ける可能性がある。さらに、部品や原材料を製造する地域の現地通貨が下落した場合、当企
  業グループのみならず他のメーカーでも、製造原価が下がる可能性がある。このような傾向によ
  り、輸出競争や価格競争が熾烈化し、いずれも当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影
  響を及ぼす可能性がある。

 (2) 原材料・部品の供給
   当企業グループの製品は、原材料・部品を複数のグループ外供給元から調達している。グループ
  外供給元とは、基本取引契約を結び、安定的な取引を前提としているが、市況の変化による価格の
  高騰や品不足、さらには供給元の不慮の事故などにより、原材料・部品の不足が生じないという保
  証はない。この場合、当企業グループ製品の原価上昇、さらには生産停止などが起こり、当企業グ
  ループの経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能性がある。




                        11/113
                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                      有価証券報告書


(3) 特定の得意先への販売依存度
 当企業グループは、自動車部品および住生活関連機器の製造・販売を主な事業としており、主力
である自動車部品事業においては、主に国内外の主要自動車メーカーを得意先としている。これら
の得意先の中でトヨタ自動車㈱およびトヨタグループへの販売依存度が最も高く、当連結会計年度
においては販売高 1兆5,679億円、総販売実績に対する割合は、65.9%となっている。従って、同
社および同グループの販売数量の変動は、当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影響を
及ぼす可能性がある。なお、平成19年3月31日現在の同社による当社の議決権の所有割合は、直接
所有割合23.0%、間接所有割合0.1%である。この情報は、第5「経理の状況」の「関連当事者と
の取引」(1)親会社及び法人主要株主等   欄に記載している。

(4) 為替レート変動の影響
 当企業グループは、国内市場の販売力の強化をはかるとともに、北米、欧州、アジア等の海外市
場の開拓を積極的に進めており、売上高に占める海外売上高比率は、当連結会計年度においては
36.1%となっている。これらの情報は、第5「経理の状況」の「海外売上高」に記載している。
 海外各国における売上、費用、資産を含む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表の作成時に円換
算されており、現地通貨における価値に変動がない場合も、円換算後の価値が影響を受ける可能性
がある。他の通貨に対する円高(特に当企業グループの売上の重要部分を占める米ドルおよびユー
ロに対する円高)は、当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能性があ
る。
 また、当企業グループが日本で生産し、輸出する製品においては、他の通貨に対する円高は、当
企業グループ製品のグローバルベースでの相対的な価格競争力を低下させ、経営成績および財務状
況等に悪影響を及ぼす可能性がある。当企業グループは、為替ヘッジ取引を行い、米ドル、ユーロ
および円を含む主要通貨間の為替レートの変動による悪影響を最小限に止める努力をしているが、
為替レートの変動は当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能性がある。

(5) 海外市場への事業進出
 当企業グループは北米、欧州、アジア等の諸地域に子会社・関連会社を有しているが、これらの
海外市場への事業進出には以下のようなリスクが内在しており、これらの事象が発生した場合には
当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能性がある。
 ①予期しえない法律・規制、不利な影響を及ぼす租税制度の変更
 ②社会的共通資本(インフラ)が未整備なことによる当企業グループの活動への悪影響
 ③不利な政治的または経済的要因の発生
 ④人材の採用と確保の難しさ
 ⑤テロ、戦争、その他の要因による社会的混乱

(6) 新製品開発
 当企業グループは、新しい価値を提供し豊かな社会づくりに貢献できるよう、未来を見据えた新
製品開発に努めている。今後も、継続して独創的な魅力ある新製品を開発できると考えているが、
最先端の新製品開発と販売のプロセスは、その性質から複雑かつ不確実なものであり、以下をはじ
めとする様々なリスクが含まれる。
 ①新製品や新技術への投資に必要な資金と資源を、今後十分充当できる保証はない。
 ②長期的な投資と大量の資源投入が、成功する新製品または新技術の創造へつながる保証はな
     い。
 ③当企業グループが市場からの支持を獲得できる新製品または新技術を正確に予想できるとは限
     らず、またこれらの製品の販売が成功する保証はない。
 ④新たに開発した製品または技術が、独自の知的財産権として保護される保証はない。



                        12/113
                                           EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                              アイシン精機株式会社(349074)
                                                       有価証券報告書


   ⑤技術の急速な進歩と市場ニーズの変化により、当企業グループの製品が時代遅れになる可能性
    がある。
   ⑥現在開発中の新技術の商品化遅れにより、市場の需要についていけなくなる可能性がある。
   上記のリスクをはじめとして、当企業グループが業界と市場の変化を十分に予測できず、魅力あ
  る新製品のタイムリーな開発と市場への投入ができない場合には、将来の成長と収益性を低下さ
  せ、経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能性がある。

 (7) 製品の品質不具合
   当企業グループは、品質至上を基本に、顧客のニーズにそった高品質で魅力あふれる製品づくり
  に全力で取り組んでいる。しかし、全ての製品について品質不具合がなく、将来にリコールが発生
  しないという保証はない。また、製造物責任賠償については保険に加入しているが、この保険が最
  終的に負担する賠償額を十分にカバーできるという保証はない。大規模なリコールや製造物責任賠
  償につながるような製品の品質不具合は、多額のコストや当企業グループの評価に重大な影響を与
  え、それにより売上が低下し、当企業グループの経営成績および財務状況等に悪影響を及ぼす可能
  性がある。

 (8) 災害や停電等による影響
   当企業グループは、製造ラインの中断による潜在的なマイナス影響を最小化するために、設備に
  おける定期的な災害防止検査と設備点検を行っている。しかし、生産施設で発生する災害、停電ま
  たはその他の中断事象による影響を完全に防止または軽減できる保証はない。例えば、当企業グル
  ープの国内工場の多くは、中部地区に所在している。従って、中部地区で大規模な地震やその他の
  操業を中断する事象が発生した場合、当企業グループの生産能力が著しく低下する可能性がある。


5 【経営上の重要な契約等】
  当連結会計年度において、経営上の重要な契約等は行われていない。


6 【研究開発活動】
  当企業グループは、グローバルなR&D拠点、評価施設を活用する中で、現有製品から先端技術に
 至る幅広い分野での研究開発活動を展開している。
  研究開発にあたっては、現有製品分野での専門技術・固有ノウハウを有する各社の技術開発部門
 と、広範囲な先端技術領域での研究開発に専念する国内外の研究法人との、相互の技術交流の中か
 ら、次世代を担う新技術・新製品を開発する体制となっている。 
  主な新製品開発の状況は、自動車部品事業においては、エネルギーや環境、安全などの社会的課題
 を背景に、技術の高度化に対するニーズは高まっており、こうした要請に対応した新製品・システム
 の開発を重点に取り組んでいる。最近の主な成果としては、高容量FR車用8速オートマチックトラ
 ンスミッションや、プリクラッシュインテリジェントヘッドレスト、新型インテリジェントパーキン
 グアシストなどクルマの走行性能や安全性・利便性を大幅に向上させるシステム商品を開発し、国内
 外の得意先への積極的な販売活動を進めている。 
  また、自動車部品事業以外の分野においては、自動車部品事業に次ぐ新たな柱となる製品・サービ
 スの育成を狙い、これまで培ってきた技術をベースに、社会ニーズを踏まえた新技術・新製品の具現
 化に取り組んでいる。特に、将来の代替エネルギーとして社会的な期待感の高まっている燃料電池に
 おいては、グループをあげた重点的な取り組みをはかっている。
  当連結会計年度の研究開発費は、総額1,037億円であり、事業別には自動車部品事業が984億円、自
 動車部品事業以外が52億円となっている。



                           13/113
                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                      有価証券報告書


7 【財政状態及び経営成績の分析】
  当企業グループの当連結会計年度の財政状態および経営成績の分析・検討内容は原則として連結財
 務諸表に基づいて分析した内容である。
  なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成19年6月22日)現在において当企
 業グループが判断したものである。

 (1) 重要な会計方針及び見積り
   当企業グループの連結財務諸表はわが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
  準拠して作成している。その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債および収
  益・費用の報告金額および開示に影響を与える見積りを必要とする。経営者は、これらの見積りに
  ついて過去の実績等を勘案し合理的に判断しているが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があ
  るため、これらの見積りと異なる場合がある。
   当企業グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5「経理の状況」の連結財務諸
  表の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しているが、特に次の重要な会計
  方針が連結財務諸表作成における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えている。

   ① 製品保証引当金
    当企業グループは製品の品質保証期間内に発生する製品保証費に対して、製品の売上を認識す
   る際に主として残存保証期間のクレーム発生見積額を過去の実績に基づいて計上している。従っ
   て、本質的に不確実性を内包しているため実際の製品保証費は見積りと異なることがあり、将来
   の業績に影響を与える可能性がある。

   ② 貸倒引当金
    当企業グループは売上債権等の貸倒損失に備えて回収不能となる見積額を貸倒引当金として計
   上している。将来、得意先の財務状況が悪化し支払能力が低下した場合には、引当金の追加計上
   または貸倒損失が発生する可能性がある。

   ③ 繰延税金資産
    当企業グループは繰延税金資産の回収可能性を評価するに際して将来の課税所得を合理的に見
   積っている。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するので、その見積額
   が減少した場合は繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性がある。

   ④ 有価証券の減損処理
    当企業グループは長期的な取引関係の維持のために、得意先および金融機関の株式を保有して
   いる。これらの株式は株式市場の価格変動リスクを負っているため、合理的な基準に基づいて有
   価証券の減損処理を行っている。減損処理に係る合理的な基準は、第5「経理の状況」の有価証
   券関係の注記に記載している。将来、株式市場の悪化または投資先の業績不振により、現在の簿
   価に反映されていない損失または簿価の回収不能が発生した場合、評価損を計上する可能性があ
   る。

   ⑤ 退職給付引当金
    退職給付費用および債務は、数理計算上使用される前提条件に基づいて算出されている。これ
   らの前提条件には、割引率や年金資産の期待運用収益率等の多くの見積りが存在する。実際の結
   果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場合、法改正や採用する退職給付制度
   の変更がある場合、過年度における数理差異の累計は将来期間において償却されるため、将来の
   退職給付費用および債務に大きな影響を与える可能性がある。




                          14/113
                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                        有価証券報告書


(2) 経営成績の分析
 当連結会計年度の売上高は前連結会計年度に比べ12.2%増加の2兆3,786億円、経常利益は7.3%
増加の1,342億円、当期純利益は9.5%増加の668億円となり、それぞれ過去最高となった。
 以下、連結損益計算書に重要な影響を与えた要因について分析する。

 ① 売上高
   当連結会計年度の売上高は2兆3,786億円であるが、これを事業の種類別セグメントごとに見る
 と、自動車部品事業は前連結会計年度(2兆270億円)に比べ12.4%増加の2兆2,788億円となっ
 た。住生活関連事業ではガスヒートポンプエアコンの販売数量減などにより2.6%減少の515億
 円、建設土木事業、石油販売事業等のその他事業では受注の増加などにより18.7%増加の482億
 円となった。
   自動車部品事業を商品分野ごとに分析すると、エンジン関連ではタイミングチェーンカバーや
 シリンダーヘッドカバー等の拡販などにより13.1%増加の2,232億円、ドライブトレイン関連で
 は6速オートマチックトランスミッションやマニュアルトランスミッション等の拡販などにより
 12.5%増加の1兆140億円、ブレーキ及びシャシー関連では10.1%増加の4,682億円、ボディ関連
 では体重検知センサーやパワースライドドアシステム等の拡販などにより14.1%増加の4,332億
 円、情報関連他ではカーナビゲーションシステム等の拡販などにより13.7%増加の1,400億円と
 なった。

 ② 売上原価、販売費及び一般管理費
   売上原価は前連結会計年度(1兆8,296億円)に比べ12.6%増加の2兆606億円となった。これ
 は、原価低減など経営全般にわたる合理化・効率化活動に取り組んだものの、原材料価格の高騰
 や、減価償却費、研究開発費の増加などにより、売上高に対する割合は86.3%から86.6%に上昇
 した。一方、販売費及び一般管理費は、荷造費及び運賃等の販売比例費の増加、研究開発費の増
 加などにより、前連結会計年度(1,728億円)に比べ8.2%増加の1,869億円となったが、売上高
 に対する割合は前連結会計年度の8.1%から7.9%に低下した。

 ③ 営業外損益
   当連結会計年度の営業外損益は、前連結会計年度(69億円)に比べ53.5%減少し32億円の利益
 となった。これは、固定資産除売却損が20億円増加したこと、為替差益が19億円減少したこと、
 受取配当金が12億円増加したことなどによる。

 ④ 法人税等、法人税等調整額
   当連結会計年度の法人税等および法人税等調整額は、前連結会計年度(401億円)に比べ
 11.5%増加の447億円となった。税金等調整前当期純利益に対する比率は、前連結会計年度の
 32.1%から33.3%に上昇した。

 ⑤ 少数株主利益
   当連結会計年度の少数株主利益は、国内の主要連結子会社の利益が向上したものの、子会社の
 有する自己株式を取得した際に発生する法人税等の負担により、前連結会計年度(238億円)に
 比べ5.1%減少の226億円となった。

 ⑥ 当期純利益
   当連結会計年度の当期純利益は、前連結会計年度(610億円)に比べ9.5%増加の668億円とな
 ったが、売上高に対する割合は2.9%から2.8%に低下した。また、ROEは9.9%から9.3%へ低
 下したが、1株当たり当期純利益は209円15銭から233円03銭へ改善した。




                         15/113
                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                      有価証券報告書


(3) 資本の財源及び資金の流動性についての分析

 ① キャッシュ・フローの状況
     当連結会計年度の現金及び現金同等物の期末残高は1,363億円となっており、前連結会計年度
 と比較して80億円増加している。これは事業拡大等に伴い、高水準の設備投資を行う一方、さら
 に続く資金需要に備え、借入金による資金調達を行ったことなどによるものである。

 ② 資金需要
     当企業グループの資金需要の主なものは、車両のモデルチェンジに対応した新製品・改良製品
 への投資、国内外における生産能力増強投資等の設備投資である。さらなるグローバル化、得意
 先の生産拡大等による資金需要が見込まれるため、将来はさらに長期資金の調達を実行する可能
 性がある。

 ③ 財務政策
     当企業グループの資本政策については、「財務の安全性」と「資本の効率性」のバランスをと
 りながら、企業価値の向上をめざすことを基本方針としている。
     「財務の安全性」については、格付機関による評価をひとつの目安とし、長期借入債務に対し
 ての高い信用格付けを維持することにより、低コストでの外部資金調達が可能になるよう努めて
 いる。
     一方、「資本の効率性」については、上記格付けが維持できる範囲で、負債による資金調達を
 優先し、資本の規模を抑制することで、全体の資本コストの低減をはかっている。
     上記の方針に基づき、負債と資本のバランスに配慮しながら、適切で柔軟な資金調達を行うべ
 く努めている。
     なお、当企業グループは、保有する換金性の高い流動性資産、営業活動によるキャッシュ・フ
 ロー、社債の発行と金融機関からの借入などの財務活動によるキャッシュ・フローにより、当企
 業グループの成長を維持するために将来必要な運転資金および設備投資資金を調達することが可
 能と考えている。
  




                           16/113
                                                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                        有価証券報告書


第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
  当 連結会計年度の当企業グループの設備投資については、車両のモデルチェンジに対応した新製
 品・改良製品への投資、国内外における生産能力増強投資、生産設備の合理化投資、新製品開発や評
 価施設への研究開発投資などを実施した結果、総額1,978億円となった。
  自動車部品事業においては、当社が451億円、アイシン・エィ・ダブリュ㈱が219億円、当企業グル
 ープ合計で1,886億円の設備投資を実施した。その主な投資内容は、当社衣浦工場のボディ関連製造
 設備、西尾工場のドライブトレイン関連他製造設備、アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎工場の情報関
 連製造設備、アイシン北海道㈱の鋳造設備等が挙げられる。
  住生活関連機器事業においては、当社を中心に当企業グループ合計で5億円の設備投資を実施し
 た。その主な投資内容はシャワートイレ、ガスヒートポンプエアコン等の生産設備への投資等が挙げ
 られる。
  全社共通設備等については、当企業グループ合計で85億円の設備投資を実施した。その主な投資内
 容は福利厚生施設等の増設等が挙げられる。
  設備投資の所要資金については、自己資金および借入金により充当した。


2 【主要な設備の状況】
(1) 提出会社

                                                帳簿価額(百万円)
           事業の種類別
  事業所名                                                                          従業員数
            セグメント   設備の内容
  (所在地)                                                                          (人)
                               建物       機械装置        土地
              名称                                              その他      合計
                             及び構築物     及び運搬具      (面積千㎡)
                    ブレーキ及び
刈谷工場                シャシー                              259
           自動車部品               9,074      8,464                  730   18,528      791
(愛知県刈谷市)            関連                                (91)
                    製造設備
                    ボディ
新豊工場                                                    59
           自動車部品    関連         1,570      7,102                2,762   11,494     1,282
(愛知県豊田市)                                              (106)
                    製造設備
                    ドライブ
西尾工場                トレイン                             1,865
           自動車部品               6,154     15,107                8,875   32,002     2,249
(愛知県西尾市)            関連他                               (252)
                    製造設備
                    ドライブ
小川工場                トレイン                             1,800
           自動車部品               2,685      4,090                 581     9,157      752
(愛知県安城市)            関連                                 (88)
                    製造設備
                    ブレーキ及び
半田工場                シャシー                             4,428
           自動車部品               8,917     15,543                3,451   32,339     1,401
(愛知県半田市)            関連他                               (324)
                    製造設備
                    ボディ
衣浦工場                                                 1,359
           自動車部品    関連         5,477      4,329                 270    11,436      449
(愛知県碧南市)                                               (43)
                    製造設備




                                       17/113
                                                                                   EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                      アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                               有価証券報告書


(2) 国内子会社

                                                     帳簿価額(百万円)
                事業の種類
        事業所名                                                                           従業員数
 会社名            別セグメン   設備の内容     建物         機械装置          土地
        (所在地)                                                                           (人)
                                                                     その他      合計
                 ト名称             及び構築物      及び運搬具        (面積千㎡)
        本社工場
                                                           12,841
        (愛知県    自動車部品   鋳造設備他       7,692       10,415                2,774   33,723     2,030
                                                             (416)
        豊田市)
アイシン
        吉良工場
高丘㈱
        (愛知県                                                  929
                自動車部品   鋳造設備他       2,630        5,081                  598   9,239        633
        幡豆郡                                                  (152)
        吉良町)
        本社工場            塗装・
                                                              688
アイシン
        (愛知県    自動車部品   特殊化学        2,586        4,792                1,530   9,598        717
化工㈱                                                          (376)
        豊田市)            製造設備
                        ドライブ
        本社工場
                        トレイン                                5,645
        (愛知県    自動車部品              15,427       49,376                4,076   74,525     6,342
                        関連                                   (414)
        安城市)
                        製造設備
                        ドライブ
        岡崎工場
                        トレイン・                               6,973
        (愛知県    自動車部品              11,677       13,986                  382   33,021     2,373
                        情報関連                                 (116)
        岡崎市)
                        製造設備
                        ドライブ
        田原工場
アイシン・                   トレイン                                 570
エィ・ダブ   (愛知県    自動車部品              14,027       20,093                1,491   36,182     1,609
                        関連                                   (21)
リュ㈱     田原市)
                        製造設備
                        ドライブ
        岡崎東工場
                        トレイン                                5,853
        (愛知県  自動車部品                 7,463       18,565                  480   32,363       550
                        関連                                   (209)
        岡崎市)
                        製造設備
                        ドライブ
        蒲郡工場
                        トレイン                                 865
        (愛知県    自動車部品                 975        7,607                  106   9,555        260
                        関連                                   (55)
        蒲郡市)
                        製造設備
        本社工場
                                                              709
アイシン
        (富山県    自動車部品   鋳造設備他       3,841        7,794                1,900   14,245     1,258
軽金属㈱                                                         (226)
        射水市)
        吉良工場            ドライブ
        (愛知県            トレイン                                4,020
アイシン
                自動車部品               5,935        7,193                  995   18,145       806
機工㈱     幡豆郡             関連他                                  (182)
        吉良町)            製造設備
                        ドライブ
        本社工場
                        トレイン                                3,133
アイシン・
        (愛知県    自動車部品               7,970       48,859                8,019   67,982     2,230
エーアイ㈱                   関連                                   (164)
        西尾市)
                        製造設備
                        ドライブ
        本社工場
アイシン・                   トレイン                                1,968
エィ・ダブ   (福井県    自動車部品               6,270       15,809                  726   24,775     1,643
                        関連                                   (128)
リュ工業㈱   越前市)
                        製造設備
                        ブレーキ及び
        本社工場
                        シャシー                                 587
豊生ブレー
        (愛知県    自動車部品               2,840        4,618                2,249   10,296       809
キ工業㈱                    関連                                   (76)
        豊田市)
                        製造設備




                                            18/113
                                                                                    EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                       アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                有価証券報告書


 (3) 在外子会社

                                                       帳簿価額(百万円)
                   事業の種類
           事業所名                                                                         従業員数
  会社名              別セグメン   設備の内容     建物        機械装置          土地
           (所在地)                                                                         (人)
                                                                      その他      合計
                    ト名称             及び構築物     及び運搬具        (面積千㎡)
アイシン・      本社工場
                           ボディ
U.S.A.マニ   (米国イン                                               435
                   自動車部品   関連他        4,850       10,798               1,526   17,611     2,004
ュファクチ      ディアナ                                               (425)
                           製造設備
ャリング㈱      州)
アイシン・
           本社工場            ドライブ
オートモー
           (米国ケン           トレイン                                366
ティブ・キ              自動車部品              3,311        6,921               3,407   14,007       657
           タッキー            関連他                                (168)
ャスティン
           州)              製造設備
グ㈲
エィ・ダブ      本社工場            ドライブ
リュ・ノー      (米国ノー           トレイン                                425
                   自動車部品              7,916       23,324               3,285   34,951     1,237
スカロライ      スカロラ            関連                                 (498)
ナ㈱         イナ州)            製造設備
アイシン・
オートモー                      ドライブ
           本社工場
ティブ・キ                      トレイン                                 15
           (米国テネ   自動車部品              2,314        5,177               3,369   10,877       317
ャスティン                      関連他                                (169)
           シー州)
グ・テネシ                      製造設備
ー㈱
アドヴィッ
                           ブレーキ及び
クス・マニ      本社工場
                           シャシー                                248
ュファクチ      (米国オハ   自動車部品              2,368        5,107               1,270    8,994       622
                           関連                                 (252)
ャリング・      イオ州)
                           製造設備
オハイオ㈱
           本社工場
インタット
           (米国イン                                                 8
・プレシジ              自動車部品   鋳造設備他      1,852        4,041                 81     5,983       369
           ディアナ                                                (38)
ョン㈱
           州)
           本社工場            ブレーキ及び
ATTCマニュ
                                                                 8
           (米国イン           シャシー
ファクチャ              自動車部品              1,307        7,237                 912    9,466       352
           ディアナ            関連他                                (112)
リング㈱
           州)              製造設備
           本社工場            ドライブ
アイシン・
           (タイ王国           トレイン                                569
エーアイ(タ             自動車部品                798        6,166                 310    7,844       533
           チャチェ            関連                                  (77)
イランド)㈱
           ンサオ県)           製造設備


  帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品および建設仮勘定の合計である。また、上記のほか、
 リース中の設備は、コンピュータ関連機器 (年間賃借料 1,888百万円)、機械装置他(年間賃借
 料 1,975百万円)がある。




                                              19/113
                                                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                      有価証券報告書


3 【設備の新設、除却等の計画】
  当企業グループの設備投資については、得意先の生産動向、モデルチェンジ対応、生産能力増強、
 合理化、研究開発投資、利益・キャッシュに対する投資割合等を総合的に勘案し策定している。
  なお、当連結会計年度末現在における設備投資予定額は、2,000億円であるが、その内容は得意先
 のモデルチェンジに対応した新製品・改良製品への投資および新技術・新商品等の研究開発が主要な
 ものである。
  また、その所要資金については、自己資金ならびに借入金で充当する予定である。
    (1) 重要な設備の新設等

                                       投資予定金額
                   事業の種類別
           事業所名                                         資金                    完成後の
    会社名            セグメント    設備の内容                             着手年月    完了年月
           (所在地)                                       調達方法                   増加能力
                                      総額       既支払額
                     名称
                                     (百万円)     (百万円)
                            ブレーキ及び
          刈谷工場
                            シャシー                                平成      平成
          (愛知県     自動車部品               3,800       ―
                            関連                                19年4月   20年3月
          刈谷市)
                            製造設備
          新豊工場              ボディ
                                                                平成      平成
          (愛知県     自動車部品    関連         3,100       ―
                                                              19年4月   20年3月
          豊田市)              製造設備
                                                       自己資金
提出会社                        ドライブ
                                                        借入金
          西尾工場
                            トレイン                                平成      平成
          (愛知県     自動車部品              10,300       ―
                            関連他                               19年4月   20年3月
          西尾市)
                            製造設備
                            ブレーキ及び
          半田工場
                            シャシー                                平成      平成
          (愛知県     自動車部品              11,100       ―                          (注)
                            関連他                               19年4月   20年3月
          半田市)
                            製造設備
          本社工場
 アイシン                                                  自己資金     平成      平成
          (愛知県     自動車部品    鋳造設備他      4,600       ―
 高丘㈱                                                    借入金   19年4月   20年3月
          豊田市)
                            ドライブ
          本社工場
                            トレイン                                平成      平成
          (愛知県     自動車部品               6,800       ―
                            関連                                19年4月   20年3月
          安城市)
                            製造設備
                            ドライブ
 アイシン・    岡崎工場
                            トレイン・                      自己資金     平成      平成
 エィ・ダブ    (愛知県     自動車部品               7,200       ―
                            情報関連                        借入金   19年4月   20年3月
 リュ㈱      岡崎市) 
                            製造設備
                            ドライブ
          岡崎東工場
                            トレイン                                平成      平成
          (愛知県     自動車部品               5,100       ―                          (新規)
                            関連                                19年4月   20年3月
          岡崎市)
                            製造設備
          本社工場
 アイシン                                                  自己資金     平成      平成
          (富山県     自動車部品    鋳造設備他      6,500       ―
 軽金属㈱                                                   借入金   19年4月   20年3月
          射水市) 
          吉良工場              ドライブ
 アイシン     (愛知県              トレイン                       自己資金     平成      平成
                   自動車部品               3,100       ―                          (注)
 機工㈱      幡豆郡               関連他                         借入金   19年4月   20年3月
          吉良町)              製造設備
                            ドライブ
          本社工場
                            トレイン                       自己資金     平成      平成
          (愛知県     自動車部品               6,000       ―
                            関連                          借入金   19年4月   20年3月
          西尾市)
                            製造設備
 アイシン・
 エーアイ㈱    吉良工場              ドライブ
          (愛知県              トレイン                       自己資金     平成      平成
                   自動車部品               7,000       ―                          (新規)
          幡豆郡               関連                          借入金   19年4月   20年3月
          吉良町)              製造設備
                            ドライブ
 アイシン・    本社工場
                            トレイン                       自己資金     平成      平成
 エィ・ダブ    (福井県     自動車部品               5,000       ―                          (注)
                            関連                          借入金   19年4月   20年3月
 リュ工業㈱    越前市)
                            製造設備
          本社工場 
 アイシン                                                  自己資金     平成      平成
          (北海道     自動車部品    鋳造設備他      5,000       ―                          (新規)
 北海道㈱                                                   借入金   19年4月   20年3月
          苫小牧市)
 




                                          20/113
                                                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                      有価証券報告書


                                     投資予定金額
                 事業の種類別
         事業所名                                          資金                     完成後の
 会社名             セグメント    設備の内容                              着手年月    完了年月
         (所在地)                                        調達方法                    増加能力
                                     総額      既支払額
                   名称
                                   (百万円)     (百万円)
アイシン・
オートモー                     ドライブ
        本社工場
ティブ・キ                     トレイン                        自己資金     平成      平成
        (米国テネシ   自動車部品               5,600        ―
ャスティン                     関連他                          借入金   19年1月   19年12月
        ー州)
グ・テネシ                     製造設備
ー㈱
エィ・ダブ   本社工場              ドライブ
リュ・ノー   (米国ノース            トレイン                        自己資金     平成      平成
                 自動車部品               3,300        ―
スカロライ   カロライナ             関連                           借入金   19年4月   20年3月
ナ㈱      州)                製造設備

ナワロハ・   本社工場
                                                      自己資金     平成      平成
インダスト   (タイ王国サ   自動車部品    鋳造設備他      3,500        ―
                                                       借入金   19年1月   19年12月
リー㈱     ラブリ県)

                                                                              (注)
タイ・エン   本社工場
ジニアリン   (タイ王国パ                                        自己資金     平成      平成
                 自動車部品    鋳造設備他      3,000        ―
グ・プロダ   トゥムタニ                                          借入金   19年1月   19年12月
クツ㈱     県)
アドヴィッ
                          ブレーキ及び
クス・マニ   本社工場
                          シャシー                        自己資金     平成      平成
ュファクチ   (米国オハイ   自動車部品               4,500        ―
                          関連                           借入金   19年1月   19年12月
ャリング・   オ州)
                          製造設備
オハイオ㈱
アイシン・
ヨーロッパ   本社工場
                          エンジン
・マニュフ   (チェコ共和                                        自己資金     平成      平成
                 自動車部品    関連         4,400        ―
ァクチャリ   国ピーセック                                         借入金   19年1月   19年12月
                          製造設備
ング・チェ   市)
コ㈱

(注)   いずれの投資も、「完成後の増加能力」を相当程度増加する投資ではないので記載していない。



(2) 重要な設備の除却等
      経常的な設備の更新に伴う除却等を除き、生産能力に相当程度影響を及ぼす除却等の計画はな
  い。




                                         21/113
                                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                    有価証券報告書


第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
 (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】

              種類                                     発行可能株式総数(株)

             普通株式                                                      700,000,000

               計                                                       700,000,000


  ② 【発行済株式】

              事業年度末現在      提出日現在
                                      上場証券取引所名又
      種類       発行数(株)       発行数(株)                                 内容
                                      は登録証券業協会名
            (平成19年3月31日) (平成19年6月22日)
                                            東京・大阪・名古
  普通株式          294,674,634   294,674,634   屋各証券取引所市               ―
                                            場第一部

      計         294,674,634   294,674,634        ―                 ―

(注)   提出日現在の発行数には、平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
   行された株式数は含まれていない。




                                        22/113
                                                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                   有価証券報告書


(2) 【新株予約権等の状況】
  平成13年改正旧商法第280条ノ20および第280条ノ21の規定に基づき発行した新株予約権は、次の
とおりである。
                         株主総会の特別決議日(平成15年6月26日)

                                     事業年度末現在                   提出日の前月末現在
              
                                   (平成19年3月31日)               (平成19年5月31日)

新株予約権の数(個)                                 1,332    (注)1           1,330    (注)1

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                       ―                       ―

新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                     同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)                       133,200                  133,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)                  1株当たり1,848       (注)2          同左

                                       平成17年8月1日~
新株予約権の行使期間                                                        同左
                                       平成19年7月31日

新株予約権の行使により株式を発行する             発行価格                1,848
                                                                  同左
場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)           資本組入額                 924

                               新株予約権の一部行使は、その
                              目的たる株式の数が当社の1単元
                              の株式の数の整数倍となる場合に
                              限り、これを行うことができる。
                               その他の新株予約権の権利行使
新株予約権の行使の条件                   条件については、当社における定                     同左
                              時株主総会決議および新株予約権
                              発行の取締役会決議に基づき、当
                              社と新株予約権の割当を受ける者
                              との間で締結した「新株予約権割
                              当契約」によるものとする。
                               新株予約権を譲渡するには、当
新株予約権の譲渡に関する事項                                                    同左
                              社の取締役会の承認を要する。

                                           ―                       ―
代用払込みに関する事項

組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                                           ―                       ―
関する事項

(注) 1   新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株である。
   2    新株予約権の行使時に払込みをなすべき金額は、各新株予約権の行使により発行または移転する1株当たり
     の払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        新株予約権発行後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
     により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                                   1
         調整後行使価額     =   調整前行使価額   ×
                                         分割または併合の比率
        また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調
     整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。ただし、新株予約権の行使および既に発行されている
     転換社債の転換による場合は、行使価額の調整は行わないものとする。
                                        新規発行または   1株当たり払込金額
                                                ×
                          
                                        処分株式数     または譲渡価額
                             既発行
                                   +
                             株式数                   1株当たりの時価
         調整後    調整前
              =      ×
         行使価額   行使価額           既発行株式数          +   新規発行または処分株式数




                                         23/113
                                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                    有価証券報告書



                         株主総会の特別決議日(平成16年6月22日)

                                     事業年度末現在                   提出日の前月末現在
              
                                   (平成19年3月31日)               (平成19年5月31日)

新株予約権の数(個)                                 2,712    (注)1           1,942    (注)1

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                       ―                       ―

新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                     同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)                       271,200                  194,200

新株予約権の行使時の払込金額(円)                  1株当たり2,425       (注)2          同左

                                       平成18年8月1日~
新株予約権の行使期間                                                        同左
                                       平成20年7月31日

新株予約権の行使により株式を発行する             発行価格                2,425
                                                                  同左
場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)           資本組入額               1,213

                               新株予約権の一部行使は、その
                              目的たる株式の数が当社の1単元
                              の株式の数の整数倍となる場合に
                              限り、これを行うことができる。
                               その他の新株予約権の権利行使
新株予約権の行使の条件                   条件については、当社における定                     同左
                              時株主総会決議および新株予約権
                              発行の取締役会決議に基づき、当
                              社と新株予約権の割当を受ける者
                              との間で締結した「新株予約権割
                              当契約」によるものとする。
                               新株予約権を譲渡するには、当
新株予約権の譲渡に関する事項                                                    同左
                              社の取締役会の承認を要する。

                                           ―                       ― 
代用払込みに関する事項

組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                                           ―                       ― 
関する事項

(注) 1   新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株である。
   2    新株予約権の行使時に払込みをなすべき金額は、各新株予約権の行使により発行または移転する1株当たり
     の払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        新株予約権発行後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
     により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                                   1
         調整後行使価額     =   調整前行使価額   ×
                                         分割または併合の比率
        また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調
     整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。ただし、新株予約権の行使による場合は、行使価額の
     調整は行わないものとする。
                                        新規発行または   1株当たり払込金額
                                                ×
                          
                                        処分株式数     または譲渡価額
                             既発行
                                   +
                             株式数                   1株当たりの時価
         調整後    調整前
              =      ×
         行使価額   行使価額           既発行株式数          +   新規発行または処分株式数




                                         24/113
                                                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                   有価証券報告書



                         株主総会の特別決議日(平成17年6月23日)

                                    事業年度末現在                    提出日の前月末現在
              
                                   (平成19年3月31日)               (平成19年5月31日)

新株予約権の数(個)                                 7,110    (注)1          同左

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                       ―                       ―

新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                     同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)                       711,000                  同左

新株予約権の行使時の払込金額(円)                  1株当たり2,655       (注)2          同左

                                       平成19年8月1日~
新株予約権の行使期間                                                        同左
                                       平成23年7月31日
新株予約権の行使により株式を発行する             発行価格                2,655
                                                                  同左
場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)           資本組入額               1,328
                               新株予約権の一部行使は、その
                              目的たる株式の数が当社の1単元
                              の株式の数の整数倍となる場合に
                              限り、これを行うことができる。
                               その他の新株予約権の権利行使
新株予約権の行使の条件                   条件については、当社における定                     同左
                              時株主総会決議および新株予約権
                              発行の取締役会決議に基づき、当
                              社と新株予約権の割当を受ける者
                              との間で締結した「新株予約権割
                              当契約」によるものとする。
                               新株予約権を譲渡するには、当
新株予約権の譲渡に関する事項                                                    同左
                              社の取締役会の承認を要する。

代用払込みに関する事項                                ―                       ―

組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                                           ―                       ―
関する事項

(注) 1   新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株である。
   2    新株予約権の行使時に払込みをなすべき金額は、各新株予約権の行使により発行または移転する1株当たり
     の払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        新株予約権発行後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
     により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                                   1
         調整後行使価額     =   調整前行使価額   ×
                                         分割または併合の比率
        また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調
     整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。ただし、新株予約権の行使による場合は、行使価額の
     調整は行わないものとする。
                                        新規発行または   1株当たり払込金額
                                                ×
                          
                                        処分株式数     または譲渡価額
                             既発行
                                   +
                             株式数                   1株当たりの時価
         調整後    調整前
              =      ×
         行使価額   行使価額           既発行株式数          +   新規発行または処分株式数




                                         25/113
                                                                    EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                       アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                有価証券報告書


  会 社法第236条、第238条および第239条の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであ
る。
                         株主総会の特別決議日(平成18年6月22日)

                                    事業年度末現在                提出日の前月末現在
               
                                   (平成19年3月31日)           (平成19年5月31日)

新株予約権の数(個)                                7,330    (注)1       同左

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                      ―                    ―

新株予約権の目的となる株式の種類                       普通株式                   同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)                      733,000               同左

新株予約権の行使時の払込金額(円)                  1株当たり3,340     (注)2        同左

                                    平成20年8月1日~
新株予約権の行使期間                                                    同左
                                    平成24年7月31日
新株予約権の行使により株式を発行する             発行価格               3,340
                                                              同左
場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)           資本組入額              1,670
                               各新株予約権の一部行使は、そ
                              の目的たる株式の数が当社の単元
                              株式数の整数倍となる場合に限
                              り、これを行うことができるもの
                              とする。
                               その他の新株予約権の権利行使
新株予約権の行使の条件                                                   同左
                              条件については、当社における定
                              時株主総会および新株予約権発行
                              の取締役会決議に基づき、「新株
                              予約権割当契約」を当社と新株予
                              約権の割当を受ける者との間で締
                              結するものとする。
                               譲渡による新株予約権の取得に
新株予約権の譲渡に関する事項                ついては、取締役会の承認を要す                 同左
                              るものとする。

                                          ―                    ― 
代用払込みに関する事項

組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                                          ―                    ― 
関する事項

(注) 1   新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株である。
   2    各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
       株式1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        なお、行使価額の調整は以下のとおりとする。
       ①   新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整
        し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                                  1
           調整後行使価額   =   調整前行使価額   ×
                                       分割または併合の比率
       ②   新株予約権の割当日後、当社が時価を下回る価額で普通株式の発行または普通株式の自己株式の処分を行
        う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
        ただし、新株予約権の行使の場合は、行使価額の調整は行わないものとする。
                                  新規発行   1株当たり
                                       ×
                        
                                  株式数    払込金額
                           既発行
                               +
                           株式数        時価
         調整後      調整前
                =        ×
         行使価額     行使価額       既発行株式数 + 新規発行株式数
           なお、上記算式中の「既発行株式数」からは、当社が保有する自己株式の数を除くものとし、自己株式の
        処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
    




                                        26/113
                                                                                     EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                        アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                 有価証券報告書


    (3) 【ライツプランの内容】
       該当事項はない。

    (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】
                      発行済株式     発行済株式        資本金増減額       資本金残高         資本準備金        資本準備金
            年月日       総数増減数      総数残高                                     増減額           残高
                       (千株)       (千株)        (百万円)       (百万円)          (百万円)        (百万円)
    平成15年4月1日~
    平成16年3月31日      5,444 294,674                 3,909        45,049        3,903       62,926
    (注)
     (注) 転換社債の株式転換による増加である。

    (5) 【所有者別状況】
                                                                           平成19年3月31日現在
                              株式の状況   (1単元の株式の数100株)
                                                                                       単元未満
              政府及                                外国法人等
      区分                                                                              株式の状況
              び地方                   その他の                          個人                    (株)
                      金融機関   証券会社                                             計
              公共団                    法人                           その他
                                              個人以外        個人
               体
    株主数
                                                                              ―
               ―       170     51     383     465   13  26,498    27,580
    (人)
    所有株式数
               ―   865,855 20,294 978,074 709,910  122 370,451 2,944,706 204,034
    (単元)
    所有株式数
               ―     29.40   0.69   33.22   24.11 0.00   12.58    100.00      ―
    の割合(%)
     (注) 1 期末現在の自己株式は9,696,477株であり、「個人その他」欄に96,964単元、「単元未満株式の状況」欄に
          77株含まれている。
         2 上記「その他の法人」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、22単元含まれている。

    (6) 【大株主の状況】
                                                                           平成19年3月31日現在
                                                               所有株式数        発行済株式総数に対する
            氏名又は名称                    住所
                                                                (千株)         所有株式数の割合(%)
    トヨタ自動車株式会社               愛知県豊田市トヨタ町1番地                        65,558                  22.25

    株式会社豊田自動織機               愛知県刈谷市豊田町2丁目1番地                      19,658                   6.67
    日本トラスティ・サービス信託
                             東京都中央区晴海1丁目8番11号                     16,017                   5.44
    銀行株式会社
    日本マスタートラスト信託銀行
                             東京都港区浜松町2丁目11番3号                     12,991                   4.41
    株式会社
    ステートストリートバンクアン
    ドトラストカンパニー               米国 02101 マサチューセッツ州
    (常任代理人 株式会社みずほ           ボストン市 P.O.BOX351                      9,076                   3.08
    コーポレート銀行兜町証券決済           (東京都中央区日本橋兜町6番7号)
    業務室)
    資産管理サービス信託銀行株式
                             東京都中央区晴海1丁目8番12号                      7,602                   2.58
    会社
    日本生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内1丁目6番6号                     7,186                   2.44

    東和不動産株式会社                名古屋市中村区名駅4丁目7番1号                      6,344                   2.15

    三井住友海上火災保険株式会社           東京都中央区新川2丁目27番2号                      5,902                   2.00

    株式会社損害保険ジャパン             東京都新宿区西新宿1丁目26番1号                     5,855                   1.99

                  計                      ―                       156,192                  53.01
    (注) 1 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社、日本マスタートラスト信託銀行株式会社、ステートストリー
         トバンクアンドトラストカンパニーおよび資産管理サービス信託銀行株式会社の所有株式数はすべて信託業務
         に関わる株式である。
        2 上表には、当社が所有する自己株式を除いている。当社は自己株式を9,696千株所有しており、発行済株式
         総数に対する所有株式数の割合は3.29%である。
         


                                               27/113
                                                                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                        有価証券報告書


    (7) 【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                                              平成19年3月31日現在
            区分               株式数(株)              議決権の数(個)                              内容

    無議決権株式                       ―                       ―                             ―

    議決権制限株式(自己株式等)               ―                       ―                             ―

    議決権制限株式(その他)                 ―                       ―                             ―

                        (自己保有株式)
                                                         ―                             ―
                        普通株式     9,696,400
    完全議決権株式(自己株式等)
                        (相互保有株式)
                                                         ―                             ―
                        普通株式        94,900

    完全議決権株式(その他)        普通株式   284,679,300                 2,846,771                   ―

    単元未満株式              普通株式       204,034               ―                 1単元(100株)未満の株式

    発行済株式総数                      294,674,634             ―                             ―

    総株主の議決権                      ―                         2,846,771                   ―
    (注) 「完全議決権株式(その他)」欄には、実質株主名簿に記載されていない株式会社証券保管振替機構名義の株
       式が2,200株含まれている。なお、「議決権の数(個)」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の
       数22個が含まれていない。


      ② 【自己株式等】
                                                                               平成19年3月31日現在
                                                自己名義  他人名義 所有株式数 発行済株式総数
          所有者の氏名
                         所有者の住所                所有株式数 所有株式数  の合計   に対する所有
           又は名称
                                                 (株)   (株)   (株) 株式数の割合(%)
(自己保有株式)                                                                                
                    愛知県刈谷市朝日町2丁目
アイシン精機㈱※                                       9,696,400               ―   9,696,400              3.29
                    1番地
(相互保有株式)             
                    愛知県刈谷市野田町場割8
豊明木工㈱                                            94,900                ―      94,900              0.03
                    丁目1番地
            計                ―                 9,791,300               ―   9,791,300              3.32

    (注) ※   当社所有の自己株式は、会社法第163条の規定に基づく子会社からの自己株式の取得および単元未満株式の
           買取請求によるものである。




                                                28/113
                                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                                            有価証券報告書


(8) 【ストックオプション制度の内容】
    当社は、次の新株予約権方式によるストックオプション制度を採用している。
   ① 当該制度は、平成13年改正旧商法第280条ノ20ならびに第280条ノ21の規定に基づき、当社お
   よび当社子会社・関連会社[アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式
   会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン販売株式会社(現 株式会社アイシン・リ
   ビングプランナー) 、アイシン軽金属株式会社、アイシン新和株式会社、アイシン開発株式会
   社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・
   エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社(以下「アイシングループ」とい
   う。)]の業績向上および連結の企業価値向上への意欲や士気を一層高めるため、アイシングル
   ープの取締役に対して新株予約権を無償で発行することについて平成15年6月26日の定時株主総
   会において承認可決されたものである。
    当該制度の内容は、次のとおりである。
決議年月日                         平成15年6月26日

                              当社取締役(22)
付与対象者の区分及び人数(名)
                              当社子会社・関連会社の取締役(116)

新株予約権の目的となる株式の種類              普通株式

株式の数(株)                       947,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)             1株当たり1,848(注)

新株予約権の行使期間                    平成17年8月1日~平成19年7月31日

                              新株予約権の一部行使は、その目的たる株式の数が当社の1単元
                             の株式の数の整数倍となる場合に限り、これを行うことができる。
                              その他の新株予約権の権利行使条件については、当社における定
新株予約権の行使の条件
                             時株主総会決議および新株予約権発行の取締役会決議に基づき、当
                             社と新株予約権の割当を受ける者との間で締結した「新株予約権割
                             当契約」によるものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項                新株予約権を譲渡するには、当社の取締役会の承認を要する。

代用払込みに関する事項                                          ―
組織再編行為に伴う新株予約権の
                                                     ―
交付に関する事項
 (注)    新株予約権の行使時に払込みをなすべき金額は、新株予約権の行使により発行または移転する1株当たりの
     払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        新株予約権発行後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
     により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                                 1
         調整後行使価額     =   調整前行使価額   ×
                                        分割または併合の比率
        また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調
     整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。ただし、新株予約権の行使および既に発行されている
     転換社債の転換による場合は、行使価額の調整は行わないものとする。
                                        新規発行または   1株当たり払込金額
                                                ×
                          
                                        処分株式数     または譲渡価額
                             既発行
                                   +
                             株式数                 1株当たりの時価
        調整後    調整前
             =      ×
        行使価額   行使価額             既発行株式数       +   新規発行または処分株式数




                                        29/113
                                                                  EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                     アイシン精機株式会社(349074)
                                                                              有価証券報告書


   ② 当該制度は、平成13年改正旧商法第280条ノ20ならびに第280条ノ21の規定に基づき、当社お
   よび当社子会社・関連会社[アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式
   会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン販売株式会社(現 株式会社アイシン・リ
   ビングプランナー) 、アイシン軽金属株式会社、アイシン新和株式会社、アイシン開発株式会
   社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・
   エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社(以下「アイシングループ」とい
   う。)]の業績向上および連結の企業価値向上への意欲や士気を一層高めるため、アイシングル
   ープの常勤取締役(アイシングループの非常勤取締役で子会社および関連会社の取締役に就く者
   を含む)に対して新株予約権を無償で発行することについて平成16年6月22日の定時株主総会に
   おいて承認可決されたものである。
    当該制度の内容は、次のとおりである。
決議年月日                          平成16年6月22日

                               当社取締役(22)
付与対象者の区分及び人数(名)
                               当社子会社・関連会社の取締役(116)

新株予約権の目的となる株式の種類               普通株式

株式の数(株)                        969,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)              1株当たり2,425(注)

新株予約権の行使期間                     平成18年8月1日~平成20年7月31日

                               新株予約権の一部行使は、その目的たる株式の数が当社の1単元
                              の株式の数の整数倍となる場合に限り、これを行うことができる。
                               その他の新株予約権の権利行使条件については、当社における定
新株予約権の行使の条件
                              時株主総会決議および新株予約権発行の取締役会決議に基づき、当
                              社と新株予約権の割当を受ける者との間で締結した「新株予約権割
                              当契約」によるものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項                 新株予約権を譲渡するには、当社の取締役会の承認を要する。

代用払込みに関する事項                                             ―
組織再編行為に伴う新株予約権の
                                                        ―
交付に関する事項
 (注)    新株予約権の行使時に払込みをなすべき金額は、新株予約権の行使により発行または移転する1株当たりの
     払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        新株予約権発行後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
     により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                                    1
         調整後行使価額     =   調整前行使価額    ×
                                          分割または併合の比率
        また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調
     整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。ただし、新株予約権の行使による場合は、行使価額の
     調整は行わないものとする。
                                         新規発行または   1株当たり払込金額
                                                 ×
                          
                                         処分株式数     または譲渡価額
                             既発行
                                   +
                             株式数                   1株当たりの時価
        調整後    調整前
             =      ×
        行使価額   行使価額             既発行株式数        +    新規発行または処分株式数




                                          30/113
                                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                                            有価証券報告書


   ③ 当該制度は、平成13年改正旧商法第280条ノ20ならびに第280条ノ21の規定に基づき、当社お
   よび当社子会社・関連会社[アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式
   会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン販売株式会社(現 株式会社アイシン・リ
   ビングプランナー) 、アイシン軽金属株式会社、アイシン新和株式会社、アイシン開発株式会
   社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・
   エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社(以下「アイシングループ」とい
   う。)]の業績向上および連結の企業価値向上への意欲や士気を一層高めるため、アイシングル
   ープの常勤取締役(アイシングループの非常勤取締役で子会社および関連会社の取締役に就く者
   を含む)および当社の常務役員に対して新株予約権を無償で発行することについて平成17年6月
   23日の定時株主総会において承認可決されたものである。
     当該制度の内容は、次のとおりである。
決議年月日                         平成17年6月23日
                              当社取締役(15)
付与対象者の区分及び人数(名)               当社子会社・関連会社の取締役(113)
                              当社常務役員(17)
新株予約権の目的となる株式の種類              普通株式

株式の数(株)                       711,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)             1株当たり2,655(注)

新株予約権の行使期間                    平成19年8月1日~平成23年7月31日

                              新株予約権の一部行使は、その目的たる株式の数が当社の1単元
                             の株式の数の整数倍となる場合に限り、これを行うことができる。
                              その他の新株予約権の権利行使条件については、当社における定
新株予約権の行使の条件
                             時株主総会決議および新株予約権発行の取締役会決議に基づき、当
                             社と新株予約権の割当を受ける者との間で締結した「新株予約権割
                             当契約」によるものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項                新株予約権を譲渡するには、当社の取締役会の承認を要する。

代用払込みに関する事項                                          ―
組織再編行為に伴う新株予約権の
                                                     ―
交付に関する事項
 (注)    新株予約権の行使時に払込みをなすべき金額は、新株予約権の行使により発行または移転する1株当たりの
     払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
        新株予約権発行後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
     により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                                 1
         調整後行使価額     =   調整前行使価額   ×
                                        分割または併合の比率
        また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調
     整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。ただし、新株予約権の行使による場合は、行使価額の
     調整は行わないものとする。
                                        新規発行または   1株当たり払込金額
                                                ×
                          
                                        処分株式数     または譲渡価額
                             既発行
                                   +
                             株式数                 1株当たりの時価
        調整後    調整前
             =      ×
        行使価額   行使価額             既発行株式数       +   新規発行または処分株式数




                                        31/113
                                                           EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                              アイシン精機株式会社(349074)
                                                                       有価証券報告書


   ④ 当該制度は、会社法第236条、第238条および第239条の規定に基づき、当社および当社子会社
   (アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダ
   ブリュ株式会社、株式会社アイシン・リビングプランナー 、アイシン軽金属株式会社、アイシ
   ン開発株式会社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会
   社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社)の業績向上および連
   結の企業価値向上への意欲や士気を一層高めるため、当社取締役、常務役員および当社子会社の
   取締役に対して新株予約権を無償で発行することについて平成18年6月22日の定時株主総会にお
   いて承認可決されたものである。
    当該制度の内容は、次のとおりである。
決議年月日                       平成18年6月22日
                            当社取締役(18)
付与対象者の区分及び人数(名)             当社常務役員(18)
                            当社子会社取締役(110)
新株予約権の目的となる株式の種類            普通株式

株式の数(株)                     733,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)           1株当たり3,340(注)

新株予約権の行使期間                  平成20年8月1日~平成24年7月31日

                            各新株予約権の一部行使は、その目的たる株式の数が当社の単元
                           株式数の整数倍となる場合に限り、これを行うことができるものと
                           する。
新株予約権の行使の条件                 その他の新株予約権の権利行使条件については、当社における定
                           時株主総会および新株予約権発行の取締役会決議に基づき、「新株
                           予約権割当契約」を当社と新株予約権の割当を受ける者との間で締
                           結するものとする。
                            譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の承認を要す
新株予約権の譲渡に関する事項
                           るものとする。
代用払込みに関する事項                                            ―
組織再編行為に伴う新株予約権の
                                                       ―
交付に関する事項
 (注)  各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
     株式1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
      なお、行使価額の調整は以下のとおりとする。
     ① 新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整
      し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                                   1
          調整後行使価額   =   調整前行使価額       ×
                                            分割または併合の比率
    ② 新株予約権の割当日後、当社が時価を下回る価額で普通株式の発行または普通株式の自己株式の処分を行
     う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
     ただし、新株予約権の行使の場合は、行使価額の調整は行わないものとする。
                               新規発行    1株当たり
                                     ×
                      
                               株式数     払込金額
                         既発行
                             +
                         株式数        時価
       調整後      調整前
              =        ×
       行使価額     行使価額       既発行株式数 + 新規発行株式数
      なお、上記算式中の「既発行株式数」からは、当社が保有する自己株式の数を除くものとし、自己株式の
     処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。




                                          32/113
                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                     有価証券報告書


   ⑤ 当該制度は、会社法第236条、第238条および第239条の規定に基づき、当社および当社子会社
   (アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダ
   ブリュ株式会社、株式会社アイシン・リビングプランナー 、アイシン軽金属株式会社、アイシ
   ン開発株式会社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会
   社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社)の業績向上および連
   結の企業価値向上への意欲や士気を一層高めるため、当社取締役、常務役員および当社子会社の
   取締役に対して新株予約権を無償で発行することについて平成19年6月21日の定時株主総会にお
   いて承認可決されたものである。
    当該制度の内容は、次のとおりである。
決議年月日                       平成19年6月21日

                            当社取締役、常務役員および当社子会社の取締役(個別の付与対
付与対象者の区分及び人数(名)
                           象者の決定については、新株予約権発行の取締役会決議による)

新株予約権の目的となる株式の種類            普通株式

株式の数(株)                     800,000株を上限とする

新株予約権の行使時の払込金額(円)                                  (注)

新株予約権の行使期間                  平成21年8月1日~平成25年7月31日

                            各新株予約権の一部行使は、その目的たる株式の数が当社の単元
                           株式数の整数倍となる場合に限り、これを行うことができるものと
                           する。
新株予約権の行使の条件                 その他の新株予約権の権利行使条件については、当社における定
                           時株主総会および新株予約権発行の取締役会決議に基づき、「新株
                           予約権割当契約」を当社と新株予約権の割当を受ける者との間で締
                           結するものとする。
                            譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の承認を要す
新株予約権の譲渡に関する事項
                           るものとする。
代用払込みに関する事項                                         ―
組織再編行為に伴う新株予約権の
                                                    ―
交付に関する事項
 (注)  各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
     株式1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。行使価額は、以
     下のとおりとする。
      新株予約権の割当日が属する月の前月の各日(普通取引が成立しない日を除く)の東京証券取引所における
     当社普通株式の普通取引の終値の平均値に1.05を乗じた金額とし、1円未満の端数は切り上げるものとする。
     ただし、その金額が割当日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値を下回る場合は、当該終
     値を行使価額とするものとする。
      なお、行使価額の調整は以下のとおりとする。
     ① 新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整
      し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                               1
          調整後行使価額   =   調整前行使価額   ×
                                        分割または併合の比率
    ② 新株予約権の割当日後、当社が時価を下回る価額で普通株式の発行または普通株式の自己株式の処分を行
     う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
     ただし、新株予約権の行使の場合は、行使価額の調整は行わないものとする。
                               新規発行    1株当たり
                                     ×
                      
                               株式数     払込金額
                         既発行
                             +
                         株式数        時価
       調整後      調整前
              =        ×
       行使価額     行使価額       既発行株式数 + 新規発行株式数
      なお、上記算式中の「既発行株式数」からは、当社が保有する自己株式の数を除くものとし、自己株式の
     処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。




                                      33/113
                                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                                   有価証券報告書


2 【自己株式の取得等の状況】
  【株式の種類等】   会社法第155条第3号による普通株式の取得ならびに
             旧商法第221条第6項および会社法第155条第7号による普通株式の取得

 (1) 【株主総会決議による取得の状況】
  該当事項はない。

 (2) 【取締役会決議による取得の状況】
  会社法第155条第3号による取得
             区分                株式数(株)             価額の総額(円)
取締役会(平成18年6月26日)での決議状況
                                        549,700      1,901,962,000
(取得期間 平成18年6月26日)
当事業年度前における取得自己株式                             ―                  ―

当事業年度における取得自己株式                         549,700      1,901,962,000

残存決議株式の総数及び価額の総額                             ―                  ―

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                          ―                  ―

当期間における取得自己株式                                ―                  ―

提出日現在の未行使割合(%)                               ―                  ―



             区分                株式数(株)             価額の総額(円)
取締役会(平成19年2月26日)での決議状況
                                   9,350,100        40,205,430,000
(取得期間 平成19年3月5日)
当事業年度前における取得自己株式                             ―                  ―

当事業年度における取得自己株式                    9,350,100        38,840,315,400

残存決議株式の総数及び価額の総額                             ―                  ―

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                          ―                  ―

当期間における取得自己株式                                ―                  ―

提出日現在の未行使割合(%)                               ―                  ―




                          34/113
                                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                     有価証券報告書


(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
  旧商法第221条第6項による取得
           区分                        株式数(株)                     価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式                                    815                    3,716,300

当期間における取得自己株式                                          ―                        ―

  会社法第155条第7号による取得
           区分                        株式数(株)                     価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式                                  8,532                   32,280,180

当期間における取得自己株式(注)                                 1,183                    4,794,850

(注) 当期間における取得自己株式には、平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
   取請求による株式数は含まれていない。

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               当事業年度                               当期間
          区分
                                        処分価額の                          処分価額の
                        株式数(株)                             株式数(株)
                                         総額(円)                         総額(円)
引き受ける者の募集を行った取得自己株式            ―                  ―               ―             ―

消却の処分を行った取得自己株式                ―                  ―               ―             ―
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                               ―                  ―               ―             ―
取得自己株式
その他                                                                 

(ストック・オプションの権利行使)(注1)      698,200     1,817,199,677         77,200    316,469,149

(単元未満株式の売渡請求)(注1)              728         1,941,710             ―              ―

保有自己株式数(注2)              9,696,477                ―        9,620,460            ―

(注)1 当期間には、平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までのストック・オプションの権利行使およ
    び単元未満株式の売渡請求による株式数および処分価額は含まれていない。
   2 当期間には、平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までのストック・オプションの権利行使なら
    びに単元未満株式の買取請求および売渡請求による株式数は含まれていない。
       




                              35/113
                                                                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                        有価証券報告書


3 【配当政策】
  配当金については、安定的な配当を維持していくことを基本に、業績および配当性向等を総合的に
 勘案して決定している。当事業年度の剰余金の配当については、1株当たり24円とし、中間配当金
 (16円)と合わせ、年間40円とすることに決定した。
  剰余金の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本的な方針としている。配当の決定機関
 は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会である。
  なお、当社は、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日とした会社法第454条第5項に規定
 する中間配当を行うことができる旨、また、機動的な資本政策および配当政策の実施を可能とするた
 め、取締役会の決議によって会社法第459条第1項各号に掲げる事項を定めることができる旨を定款
 に定めている。
  内部留保資金の使途については、将来にわたる株主利益を確保するため、今後も国内外の事業展開
 を推進し、より一層の企業体質の強化、充実をはかるための投資に充当する予定である。
 (注)第84期の剰余金の配当は、以下のとおりである。

                                       配当金の総額                           1株当たり配当額
            決議年月日
                                        (百万円)                              (円)
       平成18年10月31日
                                                          4,706                              16
       取締役会決議
       平成19年6月21日
                                                          6,839                              24
       定時株主総会決議
    


4 【株価の推移】
 (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
   回次          第80期            第81期                  第82期                   第83期            第84期

  決算年月       平成15年3月         平成16年3月             平成17年3月               平成18年3月             平成19年3月
  最高(円)              1,778             2,060                2,785              4,850              4,740
  最低(円)              1,433             1,510                1,798              2,240              2,925
 (注) 最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部の株価による。


 (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】
   月別       平成18年10月         11月               12月        平成19年1月              2月             3月
  最高(円)          3,820         3,690             4,020              4,140          4,460          4,210
  最低(円)          3,390         3,400             3,630              3,850          3,880          3,810
 (注) 最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部の株価による。




                                                 36/113
                                                                               EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                  アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                           有価証券報告書


5 【役員の状況】
                                                                                      所有株式数
     役名      職名         氏名             生年月日                     略歴             任期
                                                                                       (千株)
                                                   昭和40年4月   新川工業株式会社入社
                                                             当社自動車部品事業部城山工場次
                                                   昭和53年2月
                                                             長
                                                   昭和54年6月   当社取締役
                                                   昭和58年6月   当社常務取締役
    取締役会長   代表取締役   豊   田 幹司郎       昭和16年8月14日生    昭和60年6月   当社専務取締役           (注)3      133
                                                   昭和63年6月   当社取締役副社長
                                                   平成7年6月    当社取締役社長
                                                             アイシン・エーアイ株式会社取締
                                                   平成11年6月
                                                             役会長
                                                   平成17年6月   当社取締役会長(現在)
                                                   昭和43年4月   トヨタ自動車工業株式会社入社
                                                   平成7年6月    トヨタ自動車株式会社取締役
    取締役社長   代表取締役   山   内   康   仁   昭和17年1月2日生     平成11年6月   同社常務取締役           (注)3       10
                                                   平成13年6月   同社専務取締役
                                                   平成17年6月   当社取締役社長(現在)
                                                   昭和46年4月   当社入社
                                                             当社技術開発研究所商品開発セン
                                                   平成9年2月
                                                             ター第一開発部長
取締役副社長      代表取締役   藤   森   文   雄   昭和24年1月5日生                                 (注)3       8
                                                   平成9年6月    当社取締役
                                                   平成17年6月   当社取締役副社長(現在)
                                                   昭和48年4月   当社入社
                                                   平成8年2月    当社経営企画室副室長
取締役副社長      代表取締役   川   田   武   司   昭和22年8月6日生                                 (注)3       9
                                                   平成11年6月   当社取締役
                                                   平成17年6月   当社取締役副社長(現在)
                                                   昭和41年5月   当社入社
                                                   平成8年2月    当社ISO推進室副室長
                                                   平成9年6月    当社取締役
取締役副社長      代表取締役   奥       矩   雄   昭和21年1月2日生                                 (注)3       11
                                                   平成15年6月   当社常務取締役
                                                   平成17年6月   当社専務取締役
                                                   平成19年6月   当社取締役副社長(現在)
                                                   昭和46年4月   当社入社
                                                             当社技術開発研究所技術企画室副
                                                   平成9年2月
                                                             室長
取締役副社長      代表取締役   中   村   俊   一   昭和24年1月1日生                                 (注)3       6
                                                   平成11年6月   当社取締役
                                                   平成17年6月   当社専務取締役
                                                   平成19年6月   当社取締役副社長(現在)
                                                   昭和44年9月   当社入社
                                                   平成8年2月    当社生産管理部長
    専務取締役           堀場正         樹   昭和21年9月10日生    平成9年6月    当社取締役             (注)3       11
                                                   平成15年6月   当社常務取締役
                                                   平成17年6月   当社専務取締役(現在)
                                                   昭和48年4月   当社入社
                                                   平成12年1月   当社新豊工場長
    専務取締役           板   倉伸二         昭和26年3月18日生                                (注)3       3
                                                   平成15年6月   当社取締役
                                                   平成17年6月   当社専務取締役(現在)
                                                   昭和51年4月   トヨタ自動車工業株式会社入社
                                                   平成15年6月   当社技術企画室主査
    専務取締役           内本恒         男   昭和26年11月19日生                               (注)3       4
                                                   平成15年6月   当社取締役
                                                   平成17年6月   当社専務取締役(現在)
                                                   昭和49年4月   当社入社
                                                   平成11年1月   当社生産技術部長
    専務取締役           名   倉敏一         昭和26年7月20日生    平成13年6月   当社取締役             (注)3       6
                                                   平成17年6月   当社常務役員
                                                   平成19年6月   当社専務取締役(現在) 
                                                   昭和50年4月   当社入社
                                                             アイシン・ワールド・コープ・オ
                                                   平成13年1月
                                                             ブ・アメリカ株式会社取締役社長
    専務取締役           西村淳一            昭和26年8月5日生                                 (注)3       9
                                                   平成17年6月   当社常務役員 
                                                   平成19年6月   当社専務取締役(現在) 
 




                                                    37/113
                                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                     有価証券報告書


                                                                                所有株式数
     役名     職名       氏名          生年月日                     略歴             任期
                                                                                 (千株)
                                             昭和48年4月   当社入社 
                                             平成13年3月   当社第一営業部副部長
                                             平成13年6月   当社取締役 
     取締役         山 村 慎一郎      昭和25年10月18日生                               (注)3       4
                                                       アイシン・ヨーロッパ株式会社取
                                             平成17年6月
                                                       締役社長(現在)  
                                             平成17年6月   当社常務役員 
                                             平成19年6月   当社取締役(現在) 
                                             昭和41年4月   当社入社
                                                       アイシン・エーアイ株式会社取締
                                             平成3年7月
                                                       役
                                             平成8年6月    同社常務取締役
     取締役         周防雅      弘   昭和18年11月30日生                               (注)3      16
                                             平成12年6月   同社専務取締役
                                             平成13年6月   同社取締役副社長
                                             平成14年6月   同社取締役社長(現在)
                                             平成17年6月   当社取締役(現在)
                                             昭和40年4月   愛知工業株式会社入社 
                                                       アイシン・エィ・ダブリュ株式会
                                             昭和63年3月
                                                       社取締役 
                                             平成3年3月    同社常務取締役 
     取締役         谷口孝男         昭和17年6月5日生                                 (注)3       3
                                             平成4年6月    同社専務取締役 
                                             平成5年3月    同社取締役副社長 
                                             平成13年3月   同社取締役社長(現在) 
                                             平成19年6月   当社取締役(現在)
                                             昭和44年4月   当社入社 
                                             平成7年6月    当社取締役 
                                             平成13年6月   当社常務取締役
     取締役         石川敏      行   昭和21年9月14日生    平成14年5月   アイシン高丘株式会社専務取締役   (注)3      28
                                             平成15年5月   同社取締役副社長
                                             平成18年6月   同社取締役社長(現在)
                                             平成19年6月   当社取締役(現在)
                                             昭和41年4月   トヨタ自動車工業株式会社入社
                                             平成9年5月    当社経営企画室主査
                                             平成9年6月    当社取締役
    常勤監査役        林        稔   昭和17年9月16日生    平成11年6月   当社常務取締役           (注)4      15
                                             平成13年6月   当社専務取締役
                                             平成15年6月   当社取締役副社長
                                             平成19年6月   当社常勤監査役(現在)
                                             昭和45年4月   当社入社
                                             平成6年2月    当社経理部長
    常勤監査役        権田鋹      弘   昭和22年6月12日生                                (注)4      14
                                             平成8年2月    当社人材開発部長
                                             平成9年6月    当社常勤監査役(現在)
 




                                              38/113
                                                                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                      有価証券報告書


                                                                                                 所有株式数
 役名         職名             氏名             生年月日                       略歴                   任期
                                                                                                  (千株)
                                                      昭和27年7月    トヨタ自動車工業株式会社入社
                                                      昭和27年7月    同社取締役
                                                      昭和36年1月    同社常務取締役
                                                      昭和42年10月   同社専務取締役
                                                      昭和47年12月   同社取締役副社長
                                                      昭和56年6月    同社取締役
                                                                 トヨタ自動車販売株式会社取締役
                                                      昭和56年6月
                                                                 社長
 監査役                   豊   田   章一郎     大正14年2月27日生                                        (注)5       12
                                                      昭和57年7月    トヨタ自動車株式会社取締役社長
                                                      平成元年6月     当社監査役(現在)
                                                      平成4年9月     トヨタ自動車株式会社取締役会長
                                                                 株式会社豊田中央研究所代表取締
                                                      平成7年6月
                                                                 役(現在)
                                                                 東和 不動 産 株式 会 社取 締役 会 長
                                                      平成10年6月
                                                                 (現在)
                                                                 トヨタ自動車株式会社取締役名誉
                                                      平成11年6月
                                                                 会長(現在)
                                                      昭和40年4月    高丘工業株式会社入社
                                                      平成7年5月     アイシン高丘株式会社取締役
                                                      平成11年5月    同社常務取締役
 監査役                   水   谷   渺   行   昭和18年3月12日生                                        (注)5       7
                                                      平成12年5月    同社専務取締役
                                                      平成13年6月    当社監査役(現在)
                                                      平成16年5月    アイシン高丘株式会社常勤監査役
                                                      昭和49年4月    名古屋大学法学部助教授
                                                      昭和60年4月    同大学法学部教授
 監査役                   濵   田   道   代   昭和22年11月25日生                                       (注)5        0
                                                                 同大学大学院法学研究科教授
                                                      平成11年4月
                                                                 (現在)
                                                      平成16年6月    当社監査役(現在)
                                                      昭和48年10月   監査法人伊東会計事務所入所
                                                      昭和54年7月    山田康雄税理士事務所入所
 監査役                   山   田   洋   久   昭和21年10月6日生                                        (注)6       0
                                                                 公認 会 計士 山田 洋 久事 務所 開 設
                                                      昭和61年10月
                                                                 (現在)
                                                      平成18年6月    当社監査役(現在)
                                                 計                                                  319
 (注) 1    当社は昭和40年8月に愛知工業株式会社と新川工業株式会社が合併したものである。
      2   監査役       豊田章一郎、水谷渺行、濵田道代、山田洋久の4名は、会社法第2条第16号に定める「社外監査役」である。
      3   取締役の任期は、平成19年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成20年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。
      4   監査役の任期は、平成19年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成23年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。
      5   監査役の任期は、平成16年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成20年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。
      6   監査役の任期は、平成18年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成22年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。




                                                       39/113
                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                     有価証券報告書


6 【コーポレート・ガバナンスの状況】

 (1) コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
    当社は、企業価値の最大化に向け、すべてのステークホルダーとの良好な関係を築き、長期安定
  的な成長と発展をめざしている。そして、その実現には、国際社会から信頼される企業市民とし
  て、公正で透明性の高い経営活動を展開することが重要であり、コーポレート・ガバナンスの充実
  に取り組んでいる。

 (2) 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等
   ① 会社の機関の基本説明
    取締役は経営方針の策定と、それに基づく業務執行の監督を主務とし、常務役員が業務執行の
   役割を担い、機動的な意思決定を行っている。
    また、当社は監査役制度を採用しており、社外監査役4名を含む6名の監査役で取締役の職務
   執行ならびに当社および国内外子会社の業務や財政状況について監査を実施している。

   ② 会社の機関及び内部統制の体制図




   ③ 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
    当社の内部統制システムとしては、取締役会は、法令で定められた事項のほか、経営方針や事
   業計画、投資計画、子会社の設立・出資など、経営に関わる重要事項の意思決定を行うととも
   に、業務執行の監督を行う機関と位置づけており、原則として毎月1回開催している。また、取
   締役会の下部機構として、経営委員会や執行委員会等の会議体を設け、重要課題の審議の充実を
   はかるとともに、企業行動倫理委員会や危機管理委員会など、組織横断的な各種会議体を設け、
   重要課題に対して様々な観点からの検討・モニタリングを行い、適正な意思決定に努めている。
    監査役会は年に7回の開催を基本とし、監査役は監査役会で策定された監査方針および監査計
   画に基づき、取締役会をはじめとする重要な会議への出席などを通じて取締役の職務執行を監査
   するとともに、各部門の業務執行状況の聴取を行い、経営や業務執行が法令・定款に準拠し、適
   正に行われるよう努めている。さらに取締役からの独立性を確保するため、監査役の直轄下に監
   査役室を設け、監査役の職務を補助する専任スタッフを配置し、監査機能の強化をはかってい
   る。
    なお、当社は、内部統制の整備に関する基本方針を平成18年5月25日開催の取締役会で決議し
   た。この基本方針に基づき、社内における運用面の徹底や、仕組みそのものの見直しなど、継続
   的な維持・改善をはかっている。



                        40/113
                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                   有価証券報告書


④ 内部監査及び監査役監査の状況
 当社の監査役会は監査役6名(うち2名が常勤監査役)である。監査役は、取締役会をはじめ
とする重要な会議への出席や、取締役・部門からの聴取、国内外子会社への往査などを通じて、
取締役の職務執行や、当社および子会社の業務執行の適法性や財務報告の信頼性について、監査
を行っている。また、監査役は、会計監査人から、監査計画概要、中間監査経過および年度の監
査実施状況について定期的に報告を受けるほか、会計監査人が行った子会社等への監査結果の確
認や、実査への立会いおよび面談などにより、会計監査人と相互連携をはかっている。
 内部監査については、内部監査の専門部署である監査室を設置し、8名が在籍している。監査
室は、本社各部門、営業所、工場、研究所および国内外子会社の業務の適法性や、業務管理・手
続の妥当性など、業務全般の状況を実地監査し、取締役に報告している。また、監査室は監査
役、監査役室と必要随時、相互に情報交換を行うなど、緊密な連携をはかっている。

⑤ 会計監査の状況
 当社の会計監査人であった中央青山監査法人は、平成18年5月10日付けで金融庁より平成18年
7月1日から平成18年8月31日までの期間の業務停止処分を受け、会社法第337条第3項第1号
により平成18年7月1日に会計監査人の資格を喪失した。これに伴い当社は、会社法第346条第
4項および第6項の規定に基づき平成18年7月25日開催の監査役会の決議により、一時会計監査
人として、あらた監査法人を選任した。これにより、同日をもって同監査法人は当社の一時会計
監査人に就任した。
 なお、平成19年6月21日開催の定時株主総会において、あらた監査法人を会計監査人に選任し
ている。
 当社の会計監査業務を執行した公認会計士は堀江正樹、前田篤であり、あらた監査法人に所属
している。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士9名、会計士補等13名、その他1名
である。

⑥ 社外取締役及び社外監査役と提出会社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害
 関係
 (イ)社外取締役
   当社に社外取締役はいない。
 (ロ)社外監査役
   社外監査役4名のうち、豊田章一郎は当社のその他の関係会社であるトヨタ自動車㈱の取締
 役名誉会長であり、当社は同社より各種自動車部品材料の購入を行い、同社に各種自動車部品
 等を販売している。水谷渺行は当社の連結子会社であるアイシン高丘㈱の元監査役であり、当
 社は同社の製品を購入している。濵田道代は名古屋大学大学院法学研究科教授であり、当社と
 の取引関係はない。山田洋久は公認会計士山田洋久事務所の代表者であり、当社との取引関係
 はない。
   トヨタ自動車㈱およびアイシン高丘㈱との取引は定常的な取引であり、社外監査役個人が直
 接利害関係を有するものではない。また、いずれの社外監査役も当社の株式を所有している
 が、その他の利害関係はない。
   当社は全ての社外監査役との間に会社法第427条第1項の賠償責任を限定する契約を締結し
 ており、当該契約に基づく賠償責任限度額は、法令の定める最低限度額となっている。

⑦ 取締役の員数及び取締役の選任の決議要件
 (イ)取締役の員数
   当社の取締役は、20名以内とする旨を定款で定めている。
 (ロ)取締役の選任の決議要件
   当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
 有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めている。




                      41/113
                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                   有価証券報告書


 ⑧ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項及び理由
  (イ)自己株式の取得
    当社は、会社法第165条第2項の定めにより、取締役会の決議によって、自己の株式を取得
  することができる旨を、定款で定めている。
    これにより、機動的な資本政策の遂行を、取締役会の決議によって行うことができる。
  (ロ)取締役および監査役の損害賠償責任免除
    当社は、会社法第426条第1項の定めにより、取締役会の決議によって、法令に定める限度
  額の範囲内で賠償の責めに任ずるべき額を免除することができる旨を、定款で定めている。
    これは、職務の遂行にあたって期待される役割を十分に発揮できるようにするものである。
  (ハ)剰余金の配当等
    当社は、取締役会の決議によって、会社法第459条第1項各号に掲げる事項を定めることが
  できる旨を、平成19年6月21日開催の定時株主総会において、定款に定めた。
    これにより、機動的な資本政策および配当政策を実施できるよう、剰余金の配当等を取締役
  会の決議によって行うことができる。

 ⑨ 株主総会の特別決議要件 
  当社は、会社法第309条第2項に定めによる株主総会の特別決議は、議決権を行使することが
 できる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨
 を、定款で定めている。
  これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
 行うことを目的としている。

(3)リスク管理体制の整備の状況
 ① コンプライアンスの徹底
  当社は、企業市民として積極的に社会的責任を果たして行くことを経営の基本におき、これを
 「アイシン企業行動憲章」として定めている。そしてこれに併せ、企業活動の全般において、社
 会の一員としてふさわしい行動を徹底するため、「企業行動倫理委員会」を設置し、従業員が法
 律や社会のルール、マナーを守るための「行動倫理ガイド」の提示や法務教育・研修の充実、社
 内外の相談窓口設置などの施策を展開し、コンプライアンスの徹底をはかっている。

 ② リスク管理体制の整備
  グローバルな事業展開に伴い、経営リスクが多様化する中で、リスク管理面においては、「危
 機管理委員会」を設け、社内外で発生した様々なリスクへの対応と再発防止に努めるとともに、
 想定されるリスクの未然防止、被害の最小化に向けた事前対応事項と、万一の場合において適
 切・迅速な行動をとるための事後対応事項をとりまとめ、「危機管理ガイド」として定め、社内
 外関係者に展開するなど、リスク管理体制の整備に取り組んでいる。

 ③ 適時・適切な情報開示
  情報開示については、社内規程により、子会社を含めた内部重要情報の管理、適時開示につい
 ての体制および手続きを定めている。その社内規程に基づき、各会議体での議案、当社および子
 会社で発生した重要情報については、即時に情報管理責任者に報告されることになっている。報
 告を受けた情報管理責任者は、「判定会議」を招集し、その情報の重要性および適時開示の必要
 性を判断し、代表取締役に報告するとともに適時開示の措置をとっている。
  またこのほか、国内外における決算説明会の開催やアニュアルレポート、株主への報告書の発
 行、ホームページを使った最新の企業情報の提供など、様々な方法での有用と思われる情報を広
 く公開し、ステークホルダーに対する説明責任の充実に努めている。




                      42/113
                                                               EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                  アイシン精機株式会社(349074)
                                                                           有価証券報告書


(4)役員報酬の内容
      区分                人数              報酬等の額
      取締役                     19名        1,199百万円
      監査役                      6名          134百万円
       計                      25名        1,333百万円
   (注) 1 報酬限度額
        (1) 取締役 月額 45百万円以内
           (平成3年6月26日開催の第68回定時株主総会決議による)
        (2) 監査役 月額 7百万円以内
           (平成3年6月26日開催の第68回定時株主総会決議による)
       2 報酬等の額のうち、社外役員(社外監査役4名)の報酬等の額は、35百万円である。
       3 上記報酬等の額には次のものが含まれている。
        (1) 当事業年度に計上した退職慰労金引当金額                        取締役 440百万円
                                                      監査役  37百万円
        (2) 平成18年6月22日開催の第83回定時株主総会決議による 取締役  45百万円
            ストック・オプション(報酬等としての額)の支給額
        (3) 平成19年6月21日開催の第84回定時株主総会決議による 取締役 258百万円
            役員賞与金の支給額                                  監査役  36百万円


(5)監査報酬等の内容
   ① 公認会計士法(昭和23年法律第103号)第2条第1項に規定する業務に基づく報酬
    中央青山監査法人(平成18年6月まで)       3百万円
    あらた監査法人(平成18年7月以降)       39百万円
   ② 上記以外の業務に基づく報酬
    中央青山監査法人(平成18年6月まで)       2百万円
    あらた監査法人(平成18年7月以降)        2百万円




                                    43/113
                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                            有価証券報告書


第5 【経理の状況】


1    連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
     蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成している。
      なお、前連結会計年度(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表
     規則に基づき、当連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正後の連結財
     務諸表規則に基づいて作成している。


    (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令
     第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。
      なお、第83期事業年度(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規
     則に基づき、第84期事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正後の財務諸表
     等規則に基づいて作成している。


2    監査証明について
     当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成17年4月1日から平成18年
    3月31日まで)および第83期事業年度(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)の連結財務諸表
    および財務諸表について、中央青山監査法人により監査を受け、また、当連結会計年度(平成18年4
    月1日から平成19年3月31日まで)および第84期事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日ま
    で)の連結財務諸表および財務諸表について、あらた監査法人により監査を受けている。
     なお、当社の会計監査人は次のとおり交代している。
     前連結会計年度および第83期事業年度       中央青山監査法人
     当連結会計年度および第84期事業年度       あらた監査法人
     中央青山監査法人は平成18年9月1日をもって、法人名称をみすず監査法人に変更している。




                              44/113
                                                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                     有価証券報告書


1 【連結財務諸表等】
        (1) 【連結財務諸表】
         ① 【連結貸借対照表】

                                              前連結会計年度                           当連結会計年度
                               
                                            (平成18年3月31日)                      (平成19年3月31日)
                                  注記                             構成比                             構成比
                   区分                      金額(百万円)                           金額(百万円)
                                  番号                              (%)                             (%)
                  (資産の部)                                                                      
    Ⅰ    流動資産                                                                                 
        1    現金及び預金               ※2                  95,443                            98,628
        2    受取手形及び売掛金                               336,864                           363,726
        3    有価証券                 ※2                  32,434                            38,622
        4    たな卸資産                                   148,782                           168,762
        5    繰延税金資産                                   42,842                            48,386
        6    その他                                      39,438                            49,974
                                                     △1,775                              △732
             貸倒引当金                 
             流動資産合計                                               37.4                            37.7
                                                     694,030                           767,369
    Ⅱ       固定資産                                                                              
        1 有形固定資産                                                                              
                              ※2、
            (1)   建物及び構築物                460,024                           503,781            
                               4、5
                                       △248,109                          △263,730
                  減価償却累計額                            211,914                           240,051
            (2)   機械装置及び運搬具   ※2、4                                                            
                                       1,199,496                         1,307,565
                                       △817,232                          △887,688
                  減価償却累計額                            382,263                           419,876
            (3)   工具器具備品          ※4                                                          
                                         216,691                           234,287
                                       △178,908                          △191,736
                  減価償却累計額                             37,783                            42,550
            (4)   土地          ※2、3                    85,320                            88,412
                                                      60,481                            48,301
            (5)   建設仮勘定            
               有形固定資産合計                                           42.0                            41.2
                                                     777,763                           839,192
        2 無形固定資産                                                                              
            (1)   のれん                                        ―                           3,566
         (2)      ソフトウェア                               7,911                            10,068
                                                       2,338                             2,504
         (3)      その他              
             無形固定資産合計                                              0.6                             0.8
                                                      10,249                            16,139
        3 投資その他の資産                                                                           
         (1)      投資有価証券      ※1、2                   319,716                           357,422
         (2)      長期貸付金                                4,314                             4,259
         (3)      繰延税金資産                              21,450                            24,228
         (4)      その他         ※1、2                    26,388                            29,773
                                                       △455                              △488
                  貸倒引当金            
             投資その他の資産合計                              371,415      20.0                 415,194    20.3
             固定資産合計                                1,159,428      62.6               1,270,526    62.3
             資産合計                                  1,853,458     100.0               2,037,896   100.0
                                                                                              
 




                                                    45/113
                                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                     有価証券報告書


                                      前連結会計年度                    当連結会計年度
                            
                                    (平成18年3月31日)               (平成19年3月31日)
                               注記                      構成比                      構成比
                   区分               金額(百万円)                    金額(百万円)
                               番号                      (%)                       (%)
            (負債の部)                                                           
    Ⅰ   流動負債                                                                 
      1 支払手形及び買掛金                          327,176                    359,873
      2 短期借入金                  ※2           46,887                     30,518
      3 1年以内償還社債                               150                     15,000
      4 未払金                                 70,516                     47,907
      5 未払費用                               117,499                    130,345
      6 未払法人税等                              31,783                     41,647
      7 従業員預り金                 ※2           16,781                     16,883
      8 製品保証引当金                             14,461                     16,133
      9 役員賞与引当金                                 ―                       1,700
                                            13,843                     19,060
      10 その他                     
         流動負債合計                                        34.5                      33.3
                                           639,100                    679,070
    Ⅱ 固定負債                                                                   
      1 社債                                  35,500                     20,000
      2 長期借入金                  ※2          176,811                    221,076
      3 繰延税金負債                              63,609                     72,627
      4 退職給付引当金                             78,227                     79,793
      5 役員退職慰労引当金                            6,523                      7,185
      6 長期未払金                                2,542                      1,052
      7 負ののれん                                   ―                         121
      8 連結調整勘定                                  80                         ―
                                                ―                       1,116
      9 その他                      
         固定負債合計                            363,294     19.6           402,972    19.8
         負債合計                                          54.1                      53.1
                                         1,002,394                  1,082,042
                                                                             
          (少数株主持分)                                                           
        少数株主持分                             172,183      9.3                ―       ―
                                                                             
            (資本の部)                                                           
    Ⅰ 資本金                                     45,049     2.4               ―       ―
    Ⅱ       資本剰余金                             63,262     3.4               ―       ―
    Ⅲ       利益剰余金                          445,241      24.0               ―       ―
    Ⅳ       その他有価証券評価差額金                   123,720       6.7               ―       ―
    Ⅴ       為替換算調整勘定                           3,427     0.2               ―       ―
                                           △1,820                          ―
    Ⅵ       自己株式               ※6                      △0.1                        ―
             資本合計                          678,881      36.6               ―       ―
             負債、少数株主持分
                                         1,853,458     100.0               ―       ―
             及び資本合計
                                                                             
 




                                          46/113
                                                                 EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                    アイシン精機株式会社(349074)
                                                                             有価証券報告書


                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                     
                             (平成18年3月31日)              (平成19年3月31日)
                        注記                      構成比                     構成比
             区分              金額(百万円)                   金額(百万円)
                        番号                       (%)                    (%)
        (純資産の部)                                                      
    Ⅰ 株主資本                                                           
     1 資本金                                  ―     ―            45,049     2.2
        2
   資本剰余金                                    ―     ―            57,891     2.8
        3
   利益剰余金                                    ―     ―           501,009    24.6
                                            ―                 △1,567
        4
   自己株式                                           ―                     △0.1
   株主資本合計                                         ―                      29.5
                                            ―                 602,382
Ⅱ 評価・換算差額等                                                           
 1 その他有価証券評価差額金                             ―     ―           145,136    7.1
 2 繰延ヘッジ損益                                  ―     ―             △667    △0.0
                                            ―                  11,892
 3 為替換算調整勘定                                       ―                      0.6
   評価・換算差額等合計                                     ―                      7.7
                                            ―                 156,361
Ⅲ 新株予約権                                     ―     ―               167     0.0
                                            ―                 196,941
    Ⅳ    少数株主持分                                   ―                       9.7
          純資産合計                                   ―                      46.9
                                            ―                 955,853
          負債純資産合計                                 ―                     100.0
                                            ―               2,037,896
                                                                     




                                   47/113
                                                                           EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                              アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                       有価証券報告書


        ② 【連結損益計算書】

                                      前連結会計年度                     当連結会計年度
                                     (自平成17年4月1日                (自 平成18年4月1日
                                      至平成18年3月31日)               至 平成19年3月31日)
                               注記                   百分比                         百分比
                  区分                 金額(百万円)                    金額(百万円)
                               番号                   (%)                          (%)
    Ⅰ   売上高                               2,120,588 100.0             2,378,611  100.0
                                          1,829,682                   2,060,667
    Ⅱ   売上原価                    ※                    86.3                         86.6
         売上総利益                                       13.7                         13.4
                                            290,906                     317,944
Ⅲ       販売費及び一般管理費                                                             
    1       荷造費及び運賃                 31,935                     33,572          
    2       製品保証引当金繰入                5,701                      2,330          
    3       製品修理費                   13,466                     17,773          
    4       給料及び諸手当                 47,339                     51,381          
    5       役員賞与引当金繰入                     ―                     1,700           
    6       退職給付費用                   2,197                      1,963           
    7       役員退職慰労引当金繰入              1,229                      1,569           
    8       減価償却費                    5,689                      6,177           
    9       特許権使用料                  10,578                     11,542           
    10      研究開発費              ※     5,000                      6,473          
                                    49,670     172,809         52,422    186,909
    11      その他                                          8.1                       7.9
            営業利益                                         5.6                       5.5
                                               118,096                   131,034
Ⅳ       営業外収益                                                                   
    1       受取利息                     1,119                        651           
    2       受取配当金                    2,806                      4,083           
    3       有価証券売却益                    325                        549           
    4       固定資産賃貸料                    821                        820           
    5       為替差益                     2,781                        792           
    6       持分法による投資利益               5,542                      6,302           
                                     6,944                      8,501
    7       雑収入                                 20,341   0.9              21,703   0.9
    Ⅴ    営業外費用                                                                  
        1   支払利息                     2,581                      3,546           
        2   固定資産除売却損                 3,830                      5,876           
        3   有価証券評価損                    406                        102           
                                     6,523      13,341          8,925     18,450
        4   雑支出                                          0.6                       0.8
            経常利益                                         5.9                       5.6
                                               125,096                   134,287
            税金等調整前当期純利益                        125,096   5.9             134,287   5.6
            法人税、住民税及び事業税            47,800                     51,765           
                                    △7,649                     △6,989
            法人税等調整額                             40,151   1.9              44,775   1.9
                                                23,849                    22,622
            少数株主利益                                       1.1                       0.9
            当期純利益                               61,095   2.9             66,889    2.8
                                                                               




                                              48/113
                                                          EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                             アイシン精機株式会社(349074)
                                                                      有価証券報告書


    ③ 【連結剰余金計算書及び連結株主資本等変動計算書】

    [連結剰余金計算書]

                              前連結会計年度
                         (自    平成17年4月1日
                          至    平成18年3月31日)
                    注記
              区分               金額(百万円)
                    番号
        (資本剰余金の部)
Ⅰ    資本剰余金期首残高                                   63,061
Ⅱ    資本剰余金増加高
                                 201                201
        自己株式処分差益
Ⅲ    資本剰余金期末残高                                   63,262
 
        (利益剰余金の部)
Ⅰ    利益剰余金期首残高                                  392,836
Ⅱ    利益剰余金増加高
                              61,095
        当期純利益                                    61,095
Ⅲ    利益剰余金減少高
    1   配当金                    7,663
                               1,027              8,690
    2   役員賞与
Ⅳ    利益剰余金期末残高                                  445,241
 




                                       49/113
                                                                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                            有価証券報告書


    [連結株主資本等変動計算書]

当連結会計年度(自      平成18年4月1日   至     平成19年3月31日)
                                                          株主資本
 
                        資本金             資本剰余金             利益剰余金             自己株式           株主資本合計

平成18年3月31日    残高
                             45,049          63,262          445,241              △1,820            551,732
(百万円)

連結会計年度中の変動額                                                                                               

    利益処分による剰余金の配当                                            △5,401                                 △5,401

    剰余金の配当                                                   △4,556                                 △4,556

    利益処分による役員賞与                                              △1,162                                 △1,162

    当期純利益                                                     66,889                                66,889

    自己株式の内部取引に伴う変動額                          △6,057                                △445             △6,503

    自己株式の取得                                                                         △18               △18

    自己株式の処分                                     686                                  717             1,403

    株主資本以外の項目の連結会計年
                                                                                                          
    度中の変動額(純額)

連結会計年度中の変動額合計
                                 ―           △5,371           55,768                 253            50,649
(百万円)

平成19年3月31日    残高
                             45,049          57,891          501,009              △1,567            602,382
(百万円)



                                      評価・換算差額等
                                                                                    少数株主
                                                                         新株予約権                   純資産合計
                       その他                                                           持分
                                 繰延ヘッジ       為替換算         評価・換算
                      有価証券
                                   損益        調整勘定         差額等合計
                      評価差額金

平成18年3月31日    残高
                       123,720          ―        3,427     127,148           ―        172,183       851,064
(百万円)

連結会計年度中の変動額                                                                                                

    利益処分による剰余金の配当                                                                                   △5,401

    剰余金の配当                                                                                          △4,556

    利益処分による役員賞与                                                                                     △1,162

    当期純利益                                                                                            66,889

    自己株式の内部取引に伴う変動額                                                                   △1,809        △8,312

    自己株式の取得                                                                                            △18

    自己株式の処分                                                                                           1,403

    株主資本以外の項目の連結会計年
                        21,415        △667       8,464      29,212          167        26,568        55,948
    度中の変動額(純額)

連結会計年度中の変動額合計
                        21,415        △667       8,464      29,212          167        24,758       104,788
(百万円)

平成19年3月31日    残高
                       145,136        △667      11,892     156,361          167       196,941       955,853
(百万円)




                                                50/113
                                                                  EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                     アイシン精機株式会社(349074)
                                                                              有価証券報告書


        ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】

                                         前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自    平成17年4月1日     (自    平成18年4月1日
                                     至    平成18年3月31日)    至    平成19年3月31日)
                               注記
               区分                        金額(百万円)             金額(百万円)
                               番号
    Ⅰ  営業活動によるキャッシュ・フロー                                                   
     1  税金等調整前当期純利益                           125,096              134,287
     2  減価償却費                                 123,033              145,276
     3  退職給付引当金の増減額(減少額:△)                      3,192                1,538
     4  役員退職慰労引当金の増減額(減少額:△)                    △407                   648
     5  受取利息及び受取配当金                           △3,926               △4,735
     6  支払利息                                    2,581                3,546
     7  持分法による投資利益                            △5,542               △6,302
     8  有形固定資産除売却損                              3,716                5,687
     9  売上債権の増減額(増加額:△)                      △46,720              △20,736
     10 たな卸資産の増減額(増加額:△)                     △23,493              △14,423
     11 仕入債務の増減額(減少額:△)                        59,047               26,186
     12 前払年金費用の増減額(増加額:△)                     △1,428               △1,743
     13 未払確定拠出年金移行掛金の増減額
                                              △6,544                    ―
        (減少額:△)
     14 その他                                   △5,720                   973
         小計                                   222,885              270,202
     15 利息及び配当金の受取額                             4,747                5,753
     16 利息の支払額                                △2,498               △2,814
     17 法人税等の支払額                             △39,419              △44,738
        営業活動によるキャッシュ・フロー                      185,715              228,402
    Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー                                                    
     1 定期預金及び有価証券の純増減額
                                               10,074              △6,575
        (純増加額:△)
     2 有形固定資産の取得による支出                        △218,753            △224,433
     3 有形固定資産の売却による収入                           4,113               7,850
     4 投資有価証券の取得による支出                         △9,433              △11,708
     5 連結範囲の変更を伴う子会社株式等の
                                                   ―               △2,085
        取得による支出
     6 投資有価証券の売却による収入                           2,506                1,396
     7 投資有価証券の満期償還による収入                         1,086                5,496
     8 貸付けによる支出                               △1,067               △1,399
     9 貸付金の回収による収入                              1,009                  938
     10 その他                                   △5,031               △6,092
        投資活動によるキャッシュ・フロー                     △215,495            △236,614
    Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー                                                    
     1 短期借入金の純増減額(純減少額:△)                    △22,598               △5,299
     2 長期借入れによる収入                              65,187               50,209
     3 長期借入金の返済による支出                          △7,688              △18,995
     4 社債の発行による収入                              10,000                   ―
     5 社債の償還による支出                                  ―                 △650
     6 少数株主からの払込による収入                             671                   52
     7 配当金の支払額                                △7,659               △9,952
     8 少数株主への配当金の支払額                          △2,568               △3,663
     9 自己株式の取得による支出                              △29                  △33
     10 自己株式の処分による収入                            1,521                1,695
        財務活動によるキャッシュ・フロー                       36,834               13,361
 




                                    51/113
                                                                     EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                        アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                 有価証券報告書


                                            前連結会計年度             当連結会計年度
                                       (自    平成17年4月1日     (自    平成18年4月1日
                                        至    平成18年3月31日)    至    平成19年3月31日)
                               注記
                区分                          金額(百万円)             金額(百万円)
                               番号
    Ⅳ   現金及び現金同等物に係る換算差額                           4,757               2,946
    Ⅴ   現金及び現金同等物の増減額(減少額:△)                      11,811               8,094
    Ⅵ   現金及び現金同等物の期首残高                           116,401             128,212
                                                 128,212             136,307
    Ⅶ   現金及び現金同等物の期末残高             ※
                                                                            




                                       52/113
                                                                    EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                       アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                有価証券報告書


    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項

                前連結会計年度                              当連結会計年度
           (自    平成17年4月1日                      (自    平成18年4月1日
            至    平成18年3月31日)                     至    平成19年3月31日)
                                       (1)連結の範囲に関する事項
    (1)連結の範囲に関する事項
                                         ① 連結子会社 子会社は、全て連結している。
      ① 連結子会社 子会社は、全て連結している。
                                            連結子会社の数       合計141社
         連結子会社の数       合計132社
                                          主要な連結子会社名は、第1「企業の概況」 4
       主要な連結子会社名は、第1「企業の概況」 4
                                         「関係会社の状況」に記載しているため省略してい
      「関係会社の状況」に記載しているため省略してい
                                         る。
      る。
                                          なお、新規設立子会社のアイシン・ケミカル・イン
       なお、新規設立子会社のアイシン精機佛山車体部品
                                         ディアナ㈲、アイシン・マニュファクチャリング・カ
      ㈲、エフティ・テクノ・オブ・アメリカ㈲、唐山アイ
                                         リフォルニア㈲、アイシン・エーアイ・チェコ㈲、ア
      シン自動車部品㈲、高丘六和(広州)機械工業㈲、ア
                                         イシン・エーアイ・ヨーロッパ㈲、アイシン・コムク
      イシン・インフォテックス㈱、豊生(福州)制動器
                                         ルーズ㈱ならびに新たに子会社となった龍国工業㈱、
      ㈲、アイシン北海道㈱、エーエス工業㈱、台湾アドヴ
                                         ㈱ノウビ、㈱サンユートピアおよび関連会社から子会
      ィックス自動車部品㈱、エフティ・テクノ・ヨーロッ
                                         社となったアイシン・インドネシア㈱、㈱シーヴイテ
      パ㈲、合計10社を当連結会計年度より連結子会社に含
                                         ック、合計10社を当連結会計年度より連結子会社に含
      めている。
                                         めている。また、連結子会社であったアイシン・ニュ
                                         ーハード㈱は、当連結会計年度において清算したため
                                         連結子会社から除外している。
                                          なお、㈱ノウビ、㈱サンユートピアは、平成19年4
                                         月1日にて社名変更を行い、それぞれ㈱エイディーノ
                                         ウビ、㈱エイディーサンユートピアとなった。
      ② 非連結子会社   なし                      ② 非連結子会社    なし
    (2)持分法の適用に関する事項                    (2)持分法の適用に関する事項
      ① 持分法適用の関連会社                       ① 持分法適用の関連会社
         ㈱エクセディ                             ㈱エクセディ                    
         エクセディ・アメリカ㈱                        エクセディ・アメリカ㈱               
         ㈱キャタラー他               合計14社        ㈱キャタラー他            合計12社
      なお、当連結会計年度において、新たに関連会社に           なお、関連会社であったアイシン・インドネシア
     なった天津豊愛自動車シート部品㈲を持分法適用会社          ㈱、㈱シーヴイテックは、当連結会計年度において持
     に含めている。また、関連会社であったマイドライブ          分法適用会社から連結子会社へ異動している。
     ネットコム㈱は、当連結会計年度において清算したた
     め持分法適用会社から除外している。
     ② 持分法を適用していない非連結子会社及び関連会          ② 持分法を適用していない非連結子会社及び関連会
       社                                 社
                なし                                なし
     ③ 持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異          ③ 持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異
     なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表          なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表
     を使用している。                          を使用している。
     ④ 投資差額の償却に関する事項                   ④ 投資差額の償却に関する事項
      持分法適用会社との間に生じた投資差額は、発生日           持分法適用会社との間に生じた投資差額は、発生日
     以降5年間で均等償却しているが、金額が僅少な場合          以降5年間で均等償却しているが、金額が僅少な場合
     は、発生時の損益としている。                    は、発生時の損益としている。
 




                                       53/113
                                                                 EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                    アイシン精機株式会社(349074)
                                                                             有価証券報告書


                前連結会計年度                           当連結会計年度
           (自    平成17年4月1日                   (自    平成18年4月1日
            至    平成18年3月31日)                  至    平成19年3月31日)
    (3)連結子会社の事業年度等に関する事項           (3)連結子会社の事業年度等に関する事項
      連結子会社のうち、アイシン・ホールディングス・オ       連結子会社のうち、アイシン・ホールディングス・オ
    ブ・アメリカ㈱、アイシン・U.S.A.マニュファクチャリ   ブ・アメリカ㈱、アイシン・U.S.A.マニュファクチャリ
    ング㈱他、合計66社の決算日は12月31日である。      ング㈱他、合計72社の決算日は12月31日である。
      連結財務諸表の作成にあたっては、決算日の差異が3       連結財務諸表の作成にあたっては、決算日の差異が3
    ヶ月を超えないため、連結財務諸表規則に基づき、各社      ヶ月を超えないため、連結財務諸表規則に基づき、各社
    の事業年度の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生      の事業年度の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生
    じた重要な取引について連結上必要な調整を行ってい       じた重要な取引について連結上必要な調整を行ってい
    る。                             る。
                                     なお、㈱シーヴイテックは、当連結会計年度より決算
                                   日を12月31日から3月31日に変更したため、15ヶ月決
                                   算、㈱ノウビ、㈱サンユートピアは、当連結会計年度よ
                                   り決算日を6月30日から3月31日に変更したため、9ヶ
                                   月決算となっている。
    (4)会計処理基準に関する事項                (4)会計処理基準に関する事項
      ① 有価証券の評価基準及び評価方法              ① 有価証券の評価基準及び評価方法
       (イ)売買目的有価証券                    (イ)売買目的有価証券
          ……該当事項なし                       ……該当事項なし
       (ロ)満期保有目的の債券                   (ロ)満期保有目的の債券
          ……該当事項なし                       ……該当事項なし
       (ハ)その他有価証券                     (ハ)その他有価証券
           時価のあるもの                        時価のあるもの
          ……決算日の市場価格等に基づく時価法(評価          ……決算日の市場価格等に基づく時価法(評価
            差額は全部資本直入法により処理し、売却            差額は全部純資産直入法により処理し、売
            原価は主として移動平均法により算定)             却原価は主として移動平均法により算定)
           時価のないもの                        時価のないもの
          ……主として移動平均法による原価法              ……主として移動平均法による原価法
      ② デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債       ② デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債
         務の評価基準                         務の評価基準
          ……時価法                          ……時価法
      ③ たな卸資産の評価基準及び評価方法             ③ たな卸資産の評価基準及び評価方法
       (連結財務諸表提出会社)                   (連結財務諸表提出会社)
       (イ)製品・仕掛品・貯蔵品(除く補助鋼材・燃料)       (イ)製品・仕掛品・貯蔵品(除く補助鋼材・燃料)
          ……総平均法による原価法                   ……総平均法による原価法
       (ロ)貯蔵品(補助鋼材・燃料)・原材料            (ロ)貯蔵品(補助鋼材・燃料)・原材料
          ……後入先出法による低価法                  ……後入先出法による低価法
       (連結子会社)                        (連結子会社)
       (イ)製品・仕掛品・貯蔵品……主として総平均法に       (イ)製品・仕掛品・貯蔵品……主として総平均法に
          よる原価法                          よる原価法
       (ロ)原材料……主として総平均法による低価法         (ロ)原材料……主として総平均法による低価法
                                     ④ 固定資産の減価償却の方法
      ④ 固定資産の減価償却の方法
                                      償却の方法は、有形固定資産は主として定率法、無
       償却の方法は、有形固定資産は主として定率法、無
                                     形固定資産は定額法によっている。
      形固定資産は定額法によっている。
                                      なお、連結財務諸表提出会社においては、機械及び
       なお、連結財務諸表提出会社においては、機械及び
                                     装置、工具器具備品については、法人税法に規定する
      装置、工具器具備品については、法人税法に規定する
                                     償却可能限度額に到達した後、実質的残存価額まで償
      償却可能限度額に到達した後、実質的残存価額まで償
                                     却を行っている。
      却を行っている。
                                      また、自社利用のソフトウェアについては、社内に
       また、自社利用のソフトウェアについては、社内に
                                     おける利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用して
      おける利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用して
                                     いる。
      いる。
 




                                    54/113
                                                             EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                アイシン精機株式会社(349074)
                                                                         有価証券報告書


               前連結会計年度                        当連結会計年度
          (自    平成17年4月1日                (自    平成18年4月1日
           至    平成18年3月31日)               至    平成19年3月31日)
    ⑤  繰延資産の処理方法                ⑤  繰延資産の処理方法
     社債発行費は、支出時に全額を費用として処理して     社債発行費は、支出時に全額を費用として処理して
    いる。                         いる。
    ⑥ 引当金の計上基準                  ⑥ 引当金の計上基準
     (イ)貸倒引当金                    (イ)貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権      債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権
     については貸倒実績率を基本として総合的に勘案      については貸倒実績率を基本として総合的に勘案
     し、また、貸倒懸念債権等の特定の債権については     し、また、貸倒懸念債権等の特定の債権については
     個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上     個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上
     している。                       している。
       なお、連結会社相互の債権・債務を相殺消去した      なお、連結会社相互の債権・債務を相殺消去した
     ことに伴う貸倒引当金の調整計算を行っている。      ことに伴う貸倒引当金の調整計算を行っている。
     (ロ)製品保証引当金                  (ロ)製品保証引当金
       製品の品質保証期間内に発生するクレームに対す      製品の品質保証期間内に発生するクレームに対す
     る費用の支出に備えるため、主として残存保証期間     る費用の支出に備えるため、主として残存保証期間
     のクレーム発生見積額を、過去の実績を基礎にして     のクレーム発生見積額を、過去の実績を基礎にして
     会社計上基準により計上している。            会社計上基準により計上している。
              ―――――              (ハ)役員賞与引当金
                                   役員賞与の支出に充てるため、当連結会計年度に
                                 おける支給見込額に基づき計上している。
                                 (会計方針の変更)
                                   当連結会計年度から、「役員賞与に関する会計基
                                 準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を
                                 適用している。
                                   これにより営業利益、経常利益および税金等調整
                                 前当期純利益は、それぞれ1,700百万円減少してい
                                 る。
                                   なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所
                                 に記載している。
     (ハ)退職給付引当金                  (ニ)退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、主として当連結      従業員の退職給付に備えるため、主として当連結
     会計年度末における退職給付債務および年金資産の     会計年度末における退職給付債務および年金資産の
     見込額に基づき、当連結会計年度末において発生し     見込額に基づき、当連結会計年度末において発生し
     ていると認められる額を計上している。          ていると認められる額を計上している。
     (ニ)役員退職慰労引当金                (ホ)役員退職慰労引当金
       役員(常務役員を含む)の退職慰労金の支給に備      役員(常務役員を含む)の退職慰労金の支給に備
     えるため、内規に基づく期末要支給額を計上してい     えるため、内規に基づく期末要支給額を計上してい
     る。                          る。
    ⑦ リース取引の処理方法                ⑦ リース取引の処理方法
     リース物件の所有権が借主に移転すると認められる     リース物件の所有権が借主に移転すると認められる
    もの以外のファイナンス・リース取引については、通    もの以外のファイナンス・リース取引については、通
    常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によって    常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によって
    いる。                         いる。
 




                                55/113
                                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                                        有価証券報告書


            前連結会計年度                          当連結会計年度
       (自    平成17年4月1日                  (自    平成18年4月1日
        至    平成18年3月31日)                 至    平成19年3月31日)
 ⑧  ヘッジ会計の方法                   ⑧   ヘッジ会計の方法
  (イ)ヘッジ会計の方法                    (イ)ヘッジ会計の方法
    繰延ヘッジ法によっている。なお、為替予約等に         繰延ヘッジ法によっている。なお、為替予約等に
  ついては振当処理の要件を満たしている場合は振当        ついては振当処理の要件を満たしている場合は振当
  処理を、金利スワップについては特例処理の要件を        処理を、金利スワップについては特例処理の要件を
  満たしている場合は特例処理を採用している。          満たしている場合は特例処理を採用している。
  (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象                 (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
    ヘッジ手段          ヘッジ対象           ヘッジ手段          ヘッジ対象
  為替予約および                        為替予約および  
                 外貨建売掛金、                        外貨建売掛金、
  通貨オプション        外貨建買掛金、         通貨オプション        外貨建買掛金、
                 外貨建予定取引                        外貨建貸付金、
  通貨スワップ         外貨建貸付金                         外貨建予定取引
  金利スワップ         運用目的の債券、        通貨スワップ         外貨建貸付金
                 借入金             金利スワップ         運用目的の債券、
                                                借入金
   (ハ)ヘッジ方針                      (ハ)ヘッジ方針
     当企業グループでは、各社の内部規定である「社        当企業グループでは、各社の内部規定である「社
   内管理規定」に基づき、一定の限度枠を設け、信用       内管理規定」に基づき、一定の限度枠を設け、信用
   力の高い金融機関のみを取引相手とすることにより       力の高い金融機関のみを取引相手とすることにより
   信用リスクを最小限に抑えた上で、相場変動の影響       信用リスクを最小限に抑えた上で、相場変動の影響
   を受ける資産・負債に係るリスクの軽減をはかるた       を受ける資産・負債に係るリスクの軽減をはかるた
   め、債権・債務の範囲内でデリバティブ取引を利用       め、債権・債務の範囲内でデリバティブ取引を利用
   している。                         している。
   (ニ)ヘッジ有効性評価の方法                (ニ)ヘッジ有効性評価の方法
     有効性評価の方法は、そのヘッジ対象の価格変動        有効性評価の方法は、そのヘッジ対象の価格変動
   等に対する相関関係等を基礎にした判定を比率分析       等に対する相関関係等を基礎にした判定を比率分析
   により事前テストとして行っている。また、ヘッジ       により事前テストとして行っている。また、ヘッジ
   開始時から有効性判断までの期間において、ヘッジ       開始時から有効性判断までの期間において、ヘッジ
   対象およびヘッジ手段の相場変動の累計を比較し、       対象およびヘッジ手段の相場変動の累計を比較し、
   両者の変動額等を基礎にした判定を比率分析により       両者の変動額等を基礎にした判定を比率分析により
   事後テストとして行っている。                事後テストとして行っている。
  ⑨ 消費税等の会計処理                   ⑨ 消費税等の会計処理
   税抜方式を採用している。                  税抜方式を採用している。
(5)連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項      (5)連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
  全面時価評価法を適用している。               全面時価評価法を適用している。
(6)連結調整勘定の償却に関する事項            (6)のれん及び負ののれんの償却に関する事項
  発生日以降5年間で均等償却を行っているが、金額が      発生日以降5年間で均等償却を行っているが、金額が
僅少な場合は、発生時の損益として処理している。       僅少な場合は、発生時の損益として処理している。
(7)利益処分項目等の取扱いに関する事項                      ―――――
  連結剰余金計算書は、連結会社の利益処分について連
結会計年度中に確定した利益処分に基づいて作成してい
る。
(8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲    (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
  連結キャッシュ・フロー計算書上の資金(現金及び現      連結キャッシュ・フロー計算書上の資金(現金及び現
金同等物)には、手許現金、要求払預金および取得日か     金同等物)には、手許現金、要求払預金および取得日か
ら3ヶ月以内に満期の到来する流動性の高い、容易に換     ら3ヶ月以内に満期の到来する流動性の高い、容易に換
金可能であり、かつ、価格の変動において僅少なリスク     金可能であり、かつ、価格の変動において僅少なリスク
しか負わない短期投資を計上している。            しか負わない短期投資を計上している。




                               56/113
                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                            有価証券報告書


連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更

          前連結会計年度                   当連結会計年度
     (自    平成17年4月1日             (自 平成18年4月1日
      至    平成18年3月31日)            至 平成19年3月31日)
           ―――――          (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
                           当連結会計年度から、「貸借対照表の純資産の部の
                         表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成
                         17年12月9日)および「貸借対照表の純資産の部の表
                         示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適
                         用指針第8号 平成17年12月9日)を適用している。
                           従来の「資本の部」の合計に相当する金額は759,411
                         百万円である。
                           なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純
                         資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴
                         い、改正後の連結財務諸表規則により作成している。 

           ―――――          (ストック・オプション等に関する会計基準)
                           当連結会計年度から、「ストック・オプション等に
                         関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12
                         月27日)および「ストック・オプション等に関する会
                         計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第11号
                         最終改正平成18年5月31日)を適用している。
                           これにより営業利益、経常利益および税金等調整前
                         当期純利益は、それぞれ167百万円減少している。
                           なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に
                         記載している。 

           ―――――          (企業結合に係る会計基準等)
                           当連結会計年度から、「企業結合に係る会計基準」
                         (企業会計審議会 平成15年10月31日)および「事業
                         分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平
                         成17年12月27日)ならびに「企業結合会計基準及び事
                         業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準
                         適用指針第10号 平成17年12月27日)を適用してい
                         る。
                           これにより営業利益は98百万円減少している。ま
                         た、経常利益および税金等調整前当期純利益に与える
                         影響はない。
                           なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に
                         記載している。
                           連結財務諸表規則の改正による連結財務諸表の表示
                         に関する変更は以下のとおりである。
                           (連結貸借対照表)
                            「連結調整勘定」は当連結会計年度から「のれ
                           ん」および「負ののれん」として表示している。




                         57/113
                                                                      EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                         アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                  有価証券報告書


      注記事項
      (連結貸借対照表関係)

                前連結会計年度                               当連結会計年度
              (平成18年3月31日)                          (平成19年3月31日)
    ※1   関連会社に対するものは次のとおりである。              ※1 関連会社に対するものは次のとおりである。
         投資有価証券(株式)        46,491百万円          投資有価証券(株式)         49,247百万円
         投資その他の資産                             投資その他の資産
                            1,165百万円                              1,175百万円
         その他(出資金)                             その他(出資金)
    ※2 担保資産及び担保付債務                         ※2  担保資産及び担保付債務
        担保に供している資産および担保付債務は次のと                 担保に供している資産および担保付債務は次のと
      おりである。                                 おりである。
     ① 借入金に対する担保                            ① 借入金に対する担保
       担保に供している資産                             担保に供している資産
             担保資産         金額(百万円)                  担保資産         金額(百万円)
         建物及び構築物           2,572   (301)        建物及び構築物            321   (321)
         機械装置及び運搬具           957   (957)        機械装置及び運搬具        1,063 (1,063)
         土地                1,440    (46)        土地                 240    (46)
         投資有価証券            4,175    (―)         投資有価証券           3,571    (―)
         その他                 179    (―)              計           5,197 (1,432)
              計            9,324 (1,305)      上記に対応する債務
      上記に対応する債務                                 担保付債務       金額(百万円)
            担保付債務         金額(百万円)            短期借入金             388  (50)
         短期借入金               487 (150)       長期借入金             849  (―)
         長期借入金             1,034  (―)             計          1,238  (50)
              計            1,521 (150)       上記のうち( )内書は工場財団抵当および当該債 
                                            務である
        上記のうち( )内書は工場財団抵当および当該債
      務である。
     ② 関税法及び消費税法に伴う担保                       ②   関税法及び消費税法に伴う担保
       税関に対し投資有価証券11百万円を担保として供し               税関に対し投資有価証券29百万円を担保として供し
     ている。                                   ている。
     ③ 従業員預り金に伴う保全担保                        ③ 従業員預り金に伴う保全担保
       従業員預り金16,781百万円に対し、投資有価証券他             従業員預り金16,823百万円に対し、投資有価証券他
     17,983百万円を保全担保に供している。                  17,491百万円を保全担保に供している。
    ※3 収用等に伴い代替資産を取得した場合の圧縮記帳                           ―――――
      の適用に伴い、有形固定資産の取得価額から直接控
      除している当連結会計年度の圧縮記帳額は土地20百
      万円である。
    ※4 国庫補助金等で取得した固定資産の圧縮記帳の適              ※4 国庫補助金等で取得した固定資産の圧縮記帳の適
      用に伴い、有形固定資産の取得価額から直接控除し                用に伴い、有形固定資産の取得価額から直接控除し
      ている当連結会計年度の圧縮記帳額は建物及び構築                ている当連結会計年度の圧縮記帳額は建物及び構築
      物162百万円、機械装置及び運搬具304百万円、工具             物181百万円、機械装置及び運搬具626百万円、工具
      器具備品7百万円である。                           器具備品5百万円である。
                 ―――――                     ※5 保険金等で取得した固定資産の圧縮記帳の適用に
                                             伴い、有形固定資産の取得価額から直接控除してい
                                             る当連結会計年度の圧縮記帳額は建物及び構築物160
                                             百万円である。
 




                                            58/113
                                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                                        有価証券報告書


          前連結会計年度                              当連結会計年度
        (平成18年3月31日)                         (平成19年3月31日)
※6 自己株式の保有数                                     ―――――
   連結会社および関連会社が保有する連結財務諸表
  提出会社の株式の数は、以下のとおりである。
     普通株式        7,701,168 株                                 
    なお、当社の発行済株式総数は、普通株式
  294,674,634株である。
 7 偶発債務                         7 偶発債務
   保証債務の総額は、1,994百万円である。          保証債務の総額は、344百万円である。
 ① 従業員の車両購入資金等の銀行借入に対し37百万      ① 従業員の車両購入資金等の銀行借入に対し26百万
   円の債務保証を行っている。                  円の債務保証を行っている。
 ② ㈱シーヴイテックの銀行借入に対し1,650百万円     ② 北京ADFナビゲーションテクノロジー㈲の銀行借
   の債務保証を行っている。                   入に対し318百万円の債務保証を行っている。
 ③ 北京ADFナビゲーションテクノロジー㈲の銀行借       
   入に対し306百万円の債務保証を行っている。



 (連結損益計算書関係)

             前連結会計年度                        当連結会計年度
          (自 平成17年4月1日                   (自 平成18年4月1日
           至 平成18年3月31日)                  至 平成19年3月31日)
※ 研究開発費の総額                     ※ 研究開発費の総額
  一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発        一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発
 費は、95,148百万円である。               費は、103,749百万円である。




                                59/113
                                                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                    有価証券報告書



    (連結株主資本等変動計算書関係)

当連結会計年度(自          平成18年4月1日          至    平成19年3月31日)

1   発行済株式の種類及び総数に関する事項

    株式の種類        前連結会計年度末                  増加                        減少           当連結会計年度末

 普通株式(株)              294,674,634                       ―                     ―       294,674,634



2   自己株式の種類及び株式数に関する事項

    株式の種類        前連結会計年度末                  増加                        減少           当連結会計年度末

 普通株式(株)                7,701,168            2,741,073                  712,096        9,730,145

 (変動事由の概要)
  増加数の内訳は次のとおりである。
    連結子会社からの買取りに伴う少数株主帰属分            2,732,297株
    単元未満株式の買取請求                                    8,757
    持分比率の変動                                               19
  減少数の内訳は次のとおりである。
    ストック・オプションの権利行使                          698,200株
    持分法適用関連会社からの市場売却に伴う当社帰属分         13,168
    単元未満株式の売渡請求                                      728


3   新株予約権に関する事項

                                    新株予約権   新株予約権の目的となる株式の数(株)   当連結会計
                                     の目的
    区分        新株予約権の内訳                                           年度末残高
                                    となる株式 前連結会計            当連結会計 (百万円)
                                                 増加    減少
                                     の種類   年度末              年度末
 提出会社      ストック・オプション
                                                   ―            ―         ―       ―            167
                                      ―
 (親会社)     としての新株予約権



4   配当に関する事項
    (1)配当金支払額

                                     配当金の総額             1株当たり
         決議           株式の種類                                               基準日         効力発生日
                                      (百万円)             配当額(円)
 平成18年6月22日
                     普通株式                  5,589                    19 平成18年3月31日 平成18年6月22日
 定時株主総会
 平成18年10月31日
                     普通株式                  4,706                    16 平成18年9月30日 平成18年11月27日
 取締役会


    (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                          配当金の総額          1株当たり
      決議        株式の種類      配当の原資                                          基準日         効力発生日
                                           (百万円)          配当額(円)
 平成19年6月21日
                普通株式       利益剰余金              6,839                 24 平成19年3月31日 平成19年6月22日
 定時株主総会




                                                       60/113
                                                            EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                               アイシン精機株式会社(349074)
                                                                        有価証券報告書


(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         前連結会計年度                             当連結会計年度
      (自 平成17年4月1日                        (自 平成18年4月1日
       至 平成18年3月31日)                       至 平成19年3月31日)
※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表           ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表
 に掲記されている科目の金額との関係                  に掲記されている科目の金額との関係
 現金及び預金勘定             95,443百万円     現金及び預金勘定              98,628百万円 
 有価証券勘定               32,434        有価証券勘定                38,622 
 流動資産 その他             39,438        流動資産 その他              49,974 
    計                167,316           計                 187,225 
 預入期間が3ヶ月を超える                       預入期間が3ヶ月を超える
                     △2,051                              △4,986 
 定期預金等                              定期預金等
 取得日から償還日までが3ヶ月を                    取得日から償還日までが3ヶ月を
                     △6,649                            △10,666 
 超える短期投資等                           超える短期投資等
 現金同等物以外の流動資産その他 △30,402            現金同等物以外の流動資産その他 △35,265 
 現金及び現金同等物           128,212        現金及び現金同等物            136,307 




                                   61/113
                                                                         EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                            アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                     有価証券報告書


     (リース取引関係)

           前連結会計年度                                   当連結会計年度
        (自 平成17年4月1日                              (自 平成18年4月1日
         至 平成18年3月31日)                             至 平成19年3月31日)
(1)リース物件の所有権が借主に移転すると認められる                (1)リース物件の所有権が借主に移転すると認められる
  もの以外のファイナンス・リース取引                         もの以外のファイナンス・リース取引
  ① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相                  ① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相
   当額及び期末残高相当額                               当額及び期末残高相当額
                      減価償却                                     減価償却
           取得価額                 期末残高                取得価額                 期末残高
                       累計額                                      累計額
            相当額                  相当額                 相当額                  相当額
                       相当額                                      相当額
           (百万円)                (百万円)               (百万円)                (百万円)
                      (百万円)                                    (百万円)
 機械装置及び                                    機械装置及び
             7,624      2,291     5,332                6,649     3,130      3,518
 運搬具                                       運搬具
 工具器具備品       8,585     4,382     4,203    工具器具備品      7,918     4,022      3,895

      合計     16,209     6,674     9,535        合計     14,568     7,153      7,414

 (注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が                 (注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が
    有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いた                    有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いた
    め、支払利子込み法により算定している。                       め、支払利子込み法により算定している。
 ② 未経過リース料期末残高相当額                          ② 未経過リース料期末残高相当額
    1年以内      1年超      合計                     1年以内      1年超      合計  
                                                                
                        9,535 百万円                                 7,414 百万円
      2,697    6,838                            2,426    4,987
  (注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リー                 (注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リー
     ス料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占め                    ス料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占め
     る割合が低いため、支払利子込み法により算定し                    る割合が低いため、支払利子込み法により算定し
     ている。                                      ている。
  ③ 支払リース料及び減価償却費相当額                        ③ 支払リース料及び減価償却費相当額
      支払リース料             3,755 百万円              支払リース料            3,864 百万円
      減価償却費相当額           3,755                  減価償却費相当額          3,864
  ④ 減価償却費相当額の算定方法                           ④ 減価償却費相当額の算定方法
      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とす                     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とす
     る定額法によっている。                               る定額法によっている。
(2)中途解約できないオペレーティング・リース取引に                (2)中途解約できないオペレーティング・リース取引に
  係る未経過リース料                                 係る未経過リース料
     1年以内     1年超     合計                       1年以内    1年超     合計  
       1,199   2,132                              863   1,704 
                       3,332 百万円                                2,568 百万円




                                           62/113
                                                                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                   有価証券報告書


      (有価証券関係)

       前連結会計年度末(平成18年3月31日)
1     売買目的有価証券                                 該当する事項はない。

2     満期保有目的の債券で時価のあるもの                        該当する事項はない。

3     その他有価証券で時価のあるもの

                                                                    連結貸借対照表
                                                取得原価                                   差額
                                 種類                                   計上額
                                                (百万円)                                 (百万円)
                                                                     (百万円)
                          (1)株式                       45,879              254,030            208,150
                          (2)債券
                            ① 国債・
                                                          3,601             3,611                    9
     連結貸借対照表計上額が              地方債等
     取得原価を超えるもの
                            ② 社債                          1,598             1,602                    3
                          (3)その他                             61                61                    0
                                 小計                   51,141              259,305            208,163
                          (1)株式                               0                 0                 ―
                          (2)債券
                            ① 国債・
                                                          8,887             8,798               △89
     連結貸借対照表計上額が              地方債等
     取得原価を超えないもの
                            ② 社債                          2,203             2,185               △18
                          (3)その他                            157               157                ―
                                 小計                   11,249               11,141              △108
                   合計                                 62,391              270,447            208,055
(注)有価証券の減損にあたっては個々の銘柄の時価が取得原価に比べて30%以上下落した場合には、「著しく下
   落した」ものとし、時価の推移および発行体の財政状態等の検討により回復可能性を総合的に判断している。


4     当連結会計年度中に売却したその他有価証券

            売却額(百万円)                  売却益の合計(百万円)                        売却損の合計(百万円)
                        2,506                                 325                                17


5     時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額
    (1)満期保有目的の債券                 該当する事項はない。                                                       
    (2)その他有価証券                   非上場株式                                               9,427百万円
                                 投資信託受益証券                                           22,512
                                 債券等                                                 3,272

6     その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額

                                1年以内          1年超5年以内               5年超10年以内           10年超
               
                                (百万円)           (百万円)                 (百万円)           (百万円)
    (1)債券    ①国債・地方債等               4,799           5,669                 1,941                  ―
            ②社債                       1,850               1,937               ―                  ―
            ③その他                      3,272                  ―                ―                  ―
    (2)その他                               ―                   40               ―                  ―
              合計                      9,921               7,647            1,941                 ―




                                                 63/113
                                                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                    有価証券報告書


       当連結会計年度末(平成19年3月31日)
1     売買目的有価証券                                  該当する事項はない。

2     満期保有目的の債券で時価のあるもの                         該当する事項はない。

3     その他有価証券で時価のあるもの

                                                                     連結貸借対照表
                                                 取得原価                                   差額
                                 種類                                    計上額
                                                 (百万円)                                 (百万円)
                                                                      (百万円)
                          (1)株式                        45,834              285,454            239,620
                          (2)債券
                            ① 国債・
                                                       10,003               10,024                 20
     連結貸借対照表計上額が              地方債等
     取得原価を超えるもの
                            ② 社債                             500               507                    7
                          (3)その他                              81                81                    0
                                 小計                    56,419              296,067            239,648
                          (1)株式                                0                 0                △0
                          (2)債券
                            ① 国債・
                                                           7,324             7,297               △26
     連結貸借対照表計上額が              地方債等
     取得原価を超えないもの
                            ② 社債                           3,157             3,141               △15
                          (3)その他                           3,889             3,889                △0
                                 小計                    14,372               14,328               △43
                   合計                                  70,791              310,396            239,604
(注)有価証券の減損にあたっては個々の銘柄の時価が取得原価に比べて30%以上下落した場合には、「著しく下
   落した」ものとし、時価の推移および発行体の財政状態等の検討により回復可能性を総合的に判断している。


4     当連結会計年度中に売却したその他有価証券

            売却額(百万円)                  売却益の合計(百万円)                         売却損の合計(百万円)
                        1,396                                  549                                 0


5     時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額
    (1)満期保有目的の債券    該当する事項はない。                                                                     
    (2)その他有価証券                   非上場株式                                                8,433百万円
                                 投資信託受益証券                                            26,347
                                 債券等                                                  1,619

6     その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額

                                1年以内           1年超5年以内               5年超10年以内           10年超
 
                                (百万円)            (百万円)                (百万円)            (百万円)
    (1)債券   ①国債・地方債等                5,022            10,312                1,986                  ―
            ②社債                       1,846                1,802               ―                  ―
            ③その他                        109                   ―                ―                  ―
    (2)その他                            5,295                   33               ―                  ―
             合計                       12,274           12,148               1,986                 ―


次へ




                                                  64/113
                                           EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                              アイシン精機株式会社(349074)
                                                       有価証券報告書


 (デリバティブ取引関係)

 前連結会計年度(自   平成17年4月1日   至   平成18年3月31日)


(1)取引の状況に関する事項
 ①    取引の内容・取引の利用目的
      当企業グループでは、外貨建債権・債務に係る将来の為替レートの変動リスクを軽減する目的
     で、外貨建債権・債務を対象とした通貨オプション取引および為替予約取引を利用している。
      また、金融資産・負債に係る将来の取引市場での金利変動によるリスクを軽減する目的で、金
     融資産・負債を対象とした金利スワップ取引、スワップション取引およびキャップ・フロアー取
     引を利用している。
      なお、短期的な売買差益を獲得する目的(トレーディング目的)や投機目的のためにデリバティ
     ブを利用していない。
 ②    取引に対する取組方針
      相場変動リスクにさらされている資産・負債に係るリスクを軽減する目的にのみ、債権・債務
     の範囲内でデリバティブ取引を利用することとしている。
 ③    取引に係るリスクの内容
      デリバティブ取引については、為替相場の変動、将来の金利変動、ボラティリティー(予想相
     場変動率)等の将来の変動によるリスクがある。
      また、信用力の高い金融機関のみを取引相手としてデリバティブ取引を行っており、信用リス
     クは極めて少ないと判断している。
 ④    取引に係るリスク管理体制
      各社ごとにデリバティブ取引に関する方針を定め、財務担当役員の決裁を得ており、取引の実
     行は取引手続・取引権限等について定めた各社社内管理規定に基づき実施されている。
      また、取引の状況は定期的に財務担当役員、監査役に報告している。




                              65/113
                                                                       EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                          アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                   有価証券報告書


    (2)取引の時価等に関する事項
                         デリバティブ取引の契約額等、時価及び評価損益
     ① 通貨関係
                               契約額等                          時価         評価損益
                                          契約額等のうち1年超
     区分             種類
                              (百万円)           (百万円)        (百万円)       (百万円)
            為替予約取引                                                  
              売建                                                    
               米ドル              32,049                ―      32,261        △211
               ユーロ               4,624                ―       4,700         △75
               台湾ドル              1,172                ―       1,203         △31
               タイバーツ               275                ―         280          △5
              買建                                                   
               米ドル                 266                ―         268            1
 
            通貨オプション取引                                              
              売建                                                   
               米ドルコール            1,174                             
                                    (6)               ―          12         △6
    市 場 取      米ドルプット               93                             
    引 以 外                           (0)               ―           1         △0
    の 取 引      ユーロコール              285                             
                                    (1)               ―           2         △1
               タイバーツプット            453                             
                                    (0)               ―          12        △12
              買建                                                   
               米ドルプット            1,174                             
                                    (6)               ―          12            5
               米ドルコール               93                             
                                    (0)               ―           0            0
               ユーロプット              285                             
                                    (1)               ―           2            1
               タイバーツコール            453                             
                                    (0)               ―           2            2
 
            通貨スワップ取引                                              
              支払米ドル・受取日本円       15,627            10,785      △952         △952
              支払ユーロ・受取日本円        2,573             2,345      △130         △130
              支払豪ドル・受取日本円          174               174         4            4
               合計               60,779            13,305     37,682      △1,412
    (注) 1   時価の計算にあたっては、取引先金融機関から提示された価格等に基づいている。
        2   ヘッジ会計が適用されるものについては、記載対象から除いている。
        3   オプション取引の契約額の( )内の金額はオプション料であり、それに対応する時価および評価損益を記
            載している。


     ② 金利関係
                              契約額等                           時価         評価損益
                                          契約額等のうち1年超
     区分          取引の種類
                              (百万円)           (百万円)        (百万円)       (百万円)
    市 場 取   金利スワップ取引                                              
    引 以 外
              支払変動・受取固定          1,409            1,409         20           20
    の 取 引
               合計                1,409            1,409         20           20
    (注) 1   時価の計算にあたっては、取引先金融機関から提示された価格等に基づいている。
       2    ヘッジ会計が適用されるものについては、記載対象から除いている。




                                         66/113
                                           EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                              アイシン精機株式会社(349074)
                                                       有価証券報告書


 当連結会計年度(自   平成18年4月1日   至   平成19年3月31日)


(1)取引の状況に関する事項
 ①    取引の内容・取引の利用目的
      当企業グループでは、外貨建債権・債務に係る将来の為替レートの変動リスクを軽減する目的
     で、外貨建債権・債務を対象とした通貨オプション取引および為替予約取引を利用している。
      また、金融資産・負債に係る将来の取引市場での金利変動によるリスクを軽減する目的で、金
     融資産・負債を対象とした金利スワップ取引、スワップション取引およびキャップ・フロアー取
     引を利用している。
      なお、短期的な売買差益を獲得する目的(トレーディング目的)や投機目的のためにデリバティ
     ブを利用していない。
 ②    取引に対する取組方針
      相場変動リスクにさらされている資産・負債に係るリスクを軽減する目的にのみ、債権・債務
     の範囲内でデリバティブ取引を利用することとしている。
 ③    取引に係るリスクの内容
      デリバティブ取引については、為替相場の変動、将来の金利変動、ボラティリティー(予想相
     場変動率)等の将来の変動によるリスクがある。
      また、信用力の高い金融機関のみを取引相手としてデリバティブ取引を行っており、信用リス
     クは極めて少ないと判断している。
 ④    取引に係るリスク管理体制
      各社ごとにデリバティブ取引に関する方針を定め、財務担当役員の決裁を得ており、取引の実
     行は取引手続・取引権限等について定めた各社社内管理規定に基づき実施されている。
      また、取引の状況は定期的に財務担当役員、監査役に報告している。




                              67/113
                                                                      EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                         アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                  有価証券報告書


    (2)取引の時価等に関する事項
                         デリバティブ取引の契約額等、時価及び評価損益
     ① 通貨関係
                               契約額等                          時価        評価損益
                                          契約額等のうち1年超
     区分             種類
                              (百万円)           (百万円)        (百万円)      (百万円)
            為替予約取引                                                 
              売建                                                   
               米ドル              43,606            5,569      43,863       △256
               ユーロ               8,320                ―       8,453       △132
               台湾ドル                346                ―         342          3
               タイバーツ               774                ―         829        △55
              買建                                                   
               米ドル               1,580                ―       1,575        △4
               タイバーツ                55                ―          54        △0
 
            通貨オプション取引                                              
              売建                                                   
               米ドルコール            1,180                             
                                    (6)               ―          12        △6
    市 場 取      ユーロコール              314                             
    引 以 外                           (1)               ―           3        △1
    の 取 引      タイバーツコール            294                             
                                    (0)               ―           6        △6
              買建                                                   
               米ドルプット            1,180                             
                                    (6)               ―          11           5
               ユーロプット              314                             
                                    (1)               ―           3           1
               タイバーツプット            294                             
                                    (0)               ―           1           1
 
            通貨スワップ取引                                               
              支払米ドル・受取日本円       28,277            21,125     △1,140     △1,140
              支払ユーロ・受取日本円        2,345             1,004      △376       △376
              支払タイバーツ・
                                 2,649             1,664      △628        △628
              受取日本円
              支払豪ドル・受取日本円          174                ―        △16        △16
               合計               91,710            29,364     52,995     △2,613
    (注) 1   時価の計算にあたっては、取引先金融機関から提示された価格等に基づいている。
        2   ヘッジ会計が適用されるものについては、記載対象から除いている。
        3   オプション取引の契約額の( )内の金額はオプション料であり、それに対応する時価および評価損益を記
            載している。


     ② 金利関係
                              契約額等                           時価        評価損益
                                          契約額等のうち1年超
     区分          取引の種類
                              (百万円)           (百万円)        (百万円)      (百万円)
    市 場 取   金利スワップ取引                                               
    引 以 外
              支払変動・受取固定          1,416            1,416          22         22
    の 取 引
               合計                1,416            1,416          22         22
    (注) 1   時価の計算にあたっては、取引先金融機関から提示された価格等に基づいている。
       2    ヘッジ会計が適用されるものについては、記載対象から除いている。

次へ




                                         68/113
                                                                      EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                         アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                  有価証券報告書


      (退職給付関係)

                  前連結会計年度                              当連結会計年度
             (自    平成17年4月1日                      (自    平成18年4月1日
              至    平成18年3月31日)                     至    平成19年3月31日)
    (1)採用している退職給付制度の概要                  (1)採用している退職給付制度の概要
      当社および一部の国内連結子会社は、退職給付制度             当社および一部の国内連結子会社は、退職給付制度
     として、企業年金基金制度、厚生年金基金制度、適格            として、企業年金基金制度、厚生年金基金制度、適格
     年金制度、退職一時金制度および確定拠出年金制度を            年金制度、退職一時金制度および確定拠出年金制度を
     設けている。                              設けている。
    (2)退職給付債務に関する事項(平成18年3月31日)         (2)退職給付債務に関する事項(平成19年3月31日)
      ① 退職給付債務             △195,263百万円    ① 退職給付債務             △200,231百万円
      ② 年金資産※                126,433      ② 年金資産※                135,368   
                                                                           
      ③ 小計(①+②)             △68,829       ③ 小計(①+②)             △64,863
      ④ 未認識過去勤務債務           △13,211       ④ 未認識過去勤務債務           △11,044    
      ⑤ 未認識数理計算上の差異           16,813      ⑤ 未認識数理計算上の差異           10,270   
      ⑥ 未認識年金資産                △585                                        
                                          ⑥ 連結貸借対照表計上額          △65,636
                                       
      ⑦ 連結貸借対照表計上額          △65,813          純額(③+④+⑤)
         純額(③+④+⑤+⑥)                      ⑦ 前払年金費用                14,156  
      ⑧ 前払年金費用                12,413                                       
                                          ⑧ 退職給付引当金(⑥-⑦)       △79,793
                                       
      ⑨ 退職給付引当金(⑦-⑧)        △78,227       (注) 1 ※自社の拠出に対応する年金資産の額を合
                                               理的に計算することができない複数事業主制
      (注) 1 ※自社の拠出に対応する年金資産の額を合
                                               度について、掛金拠出割合等により計算した
           理的に計算することができない複数事業主制
                                               年金資産額5,642百万円を含めていない。
           度について、掛金拠出割合等により計算した
                                              2 一部の子会社は、退職給付債務の算定にあ
           年金資産額6,122百万円を含めていない。
                                               たり、簡便法を採用している。
          2 一部の子会社は、退職給付債務の算定にあ
          たり、簡便法を採用している。
 




                                         69/113
                                                                               EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                  アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                           有価証券報告書


               前連結会計年度                                        当連結会計年度
          (自    平成17年4月1日                               (自     平成18年4月1日
           至    平成18年3月31日)                              至     平成19年3月31日)
(3)退職給付費用に関する事項                             (3)退職給付費用に関する事項
  ① 勤務費用                       10,494百万円      ① 勤務費用                          10,692百万円
  ② 利息費用                        3,705         ② 利息費用                           3,805    
  ③ 期待運用収益                    △2,800          ③ 期待運用収益                       △3,209     
  ④ 未認識過去勤務債務の費用              △2,268          ④ 未認識過去勤務債務の費用                 △2,307     
    処理額                                         処理額
  ⑤ 未認識数理差異の費用処理額              3,839          ⑤ 未認識数理差異の費用処理額                 2,780     
  ⑥ 複数事業主の年金制度への                 104          ⑥ 複数事業主の年金制度への                    102     
    掛金拠出額                                       掛金拠出額
                                                                                        
  ⑦ 退職給付費用(①+②+③+④            13,075          ⑦ 退職給付費用(①+②+③+④               11,863
    +⑤+⑥)                                       +⑤+⑥)
                                                                                        
  ⑧ その他※                       2,433          ⑧ その他※                          2,741
                                                                                        
  ⑨ 計 (⑦+⑧)                   15,509         ⑨   計    (⑦+⑧)                  14,604
 (注)    ※「その他」は、確定拠出年金への掛金支払                 (注)      ※「その他」は、確定拠出年金への掛金支払
        額を含んでいる。                                      額を含んでいる。
(4)退職給付債務等の計算の基礎に関する事項       (4)退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
                               ① 割引率       2.0%
  ① 割引率       2.0%
                               ② 期待運用収益率   2.5%~3.0%
  ② 期待運用収益率   2.5%~3.0%
                               ③ 退職給付見込額の
  ③ 退職給付見込額の
                                           主としてポイント基準
              主としてポイント基準
                                 期間配分方法
    期間配分方法
                               ④ 過去勤務債務の額  10年(発生時の従業員の平均
  ④ 過去勤務債務の額  10年(発生時の従業員の平均
                                 の処理年数         残存勤務期間以内の一
    の処理年数         残存勤務期間以内の一
                                               定の年数による定額法
                  定の年数による定額法
                                               によっている。)
                  によっている。)
                               ⑤ その他退職給付    
  ⑤ その他退職給付    
                                 債務等の計算の
    債務等の計算の
                                 基礎に関する事項
    基礎に関する事項
                                  数理計算上の   10年(各連結会計年度の発生
     数理計算上の   10年(各連結会計年度の発生
                                  差異の処理年数      時における従業員の平
     差異の処理年数      時における従業員の平
                                               均残存勤務期間以内の
                  均残存勤務期間以内の
                                               一定の年数による定額
                  一定の年数による定額
                                               法により、それぞれ発
                  法により、それぞれ発
                                               生の翌連結会計年度か
                  生の翌連結会計年度か
                                               ら費用処理することと
                  ら費用処理することと
                                               している。)
                  している。)




                                             70/113
                                                                   EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                      アイシン精機株式会社(349074)
                                                                               有価証券報告書


     (ストック・オプション等関係)

当連結会計年度(自       平成18年4月1日    至   平成19年3月31日)

 
1    当連結会計年度における費用計上額及び科目名
      販売費及び一般管理費の「給料及び諸手当」  167百万円

2    ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
     (1) ストック・オプションの内容
                平成15年ストック・ 平成16年ストック・ 平成17年ストック・             平成 18年ストック・
 
                オプション      オプション      オプション                  オプション
                                      当社取締役(15)              当社取締役(18)
                当社取締役(22)  当社取締役(22)
    付与対象者の区分及                         当社子会社・関連会              当社常務役員(18)
                当社子会社・関連会  当社子会社・関連会
    び人数(名)                            社の取締役(113)             当社子会社取締役
                社の取締役(116) 社の取締役(116)
                                      当社常務役員(17)             (110)
    株式の種類別のスト
                普通株式         普通株式               普通株式         普通株式
    ック・オプションの
                947,000      969,000            711,000      733,000
    数(株)
    付与日         平成15年8月5日    平成16年8月5日          平成17年8月3日    平成18年8月3日

    権利確定条件            (注)1         (注)2               (注)3         (注)4
                平成15年8月5日~   平成16年8月5日~         平成17年8月3日~   平成18年8月3日~
    対象勤務期間
                平成17年7月31日   平成18年7月31日         平成19年7月31日   平成20年7月31日
                平成17年8月1日~   平成18年8月1日~         平成19年8月1日~   平成20年8月1日~
    権利行使期間
                平成19年7月31日   平成20年7月31日         平成23年7月31日   平成24年7月31日
 (注)1 平成15年8月5日から平成17年7月31日まで、当社および当社子会社・関連会社[アイシン高丘株式会社、
     アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン販売株式会社(現 株式会社アイシ
     ン・リビングプランナー)、アイシン軽金属株式会社、アイシン新和株式会社、アイシン開発株式会社、アイ
     シン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株
     式会社、豊生ブレーキ工業株式会社]の取締役であること。ただし、退任または辞任があった場合は、退任ま
     たは辞任後6ヶ月間権利行使できる。
    2 平成16年8月5日から平成18年7月31日まで、当社および当社子会社・関連会社[アイシン高丘株式会社、
     アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン販売株式会社(現 株式会社アイシ
     ン・リビングプランナー)、アイシン軽金属株式会社、アイシン新和株式会社、アイシン開発株式会社、アイ
     シン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株
     式会社、豊生ブレーキ工業株式会社]の取締役であること。ただし、退任または辞任があった場合は、退任ま
     たは辞任後6ヶ月間権利行使できる。
    3 平成17年8月3日から平成19年7月31日まで、当社および当社子会社・関連会社[アイシン高丘株式会社、
     アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン販売株式会社(現 株式会社アイシ
     ン・リビングプランナー)、アイシン軽金属株式会社、アイシン新和株式会社、アイシン開発株式会社、アイ
     シン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株
     式会社、豊生ブレーキ工業株式会社]の取締役または当社の常務役員であること。ただし、退任または辞任が
     あった場合は、退任または辞任後1年6ヶ月間権利行使できる。
    4 平成18年8月3日から平成20年7月31日まで、当社の取締役、常務役員および当社子会社(アイシン高丘株
     式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、株式会社アイシン・リビングプランナ
     ー、アイシン軽金属株式会社、アイシン開発株式会社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会
     社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社)の取締役
     であること。ただし、退任または辞任があった場合は、退任または辞任後1年6ヶ月間権利行使できる。




                                       71/113
                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                    有価証券報告書


    (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
    ①    ストック・オプションの数
                平成15年ストック・ 平成16年ストック・ 平成17年ストック・ 平成 18 年ストック・
 
                オプション      オプション      オプション      オプション
権利確定前(株)                   

    前連結会計年度末             ―        819,000     711,000            ―

    付与                   ―                ―        ―        733,000

    失効                   ―                ―     1,000         1,000

    権利確定                 ―        819,000          ―             ―

    未確定残                 ―                ―   710,000       732,000

権利確定後(株)                   

    前連結会計年度末            600               ―        ―             ―

    権利確定                 ―        819,000          ―             ―

    権利行使                400       697,800          ―             ―

    失効                   ―          2,000          ―             ―

    未行使残                200       119,200          ―             ―


    ②    単価情報
                平成15年ストック・ 平成16年ストック・ 平成17年ストック・ 平成 18 年ストック・
 
                オプション      オプション      オプション      オプション
権利行使価格(円)              1,848        2,425       2,655         3,340

行使時平均株価(円)             3,415        3,424          ―             ―
付与日における
                          ―               ―        ―            687
公正な評価単価(円)




                                 72/113
                                                  EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                     アイシン精機株式会社(349074)
                                                              有価証券報告書


3   ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
      当連結会計年度において付与された平成18年ストック・オプションについての公正な評価単価の
    見積方法は以下のとおりである。
    (1) 使用した算定技法
       ブラック・ショールズ・モデル

    (2) 主な基礎数値及び見積方法
                                平成18年ストック・オプション
 株価変動性          (注)1 26.66%
 予想残存期間         (注)2    4年
 予想配当           (注)3    32円/株
 無リスク利子率        (注)4   1.18%
(注)1   付与日の直近の4年間の株価実績に基づき算定している。
   2   十分なデータの蓄積が無く、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の半ばに行使されるものと推
      定して見積もっている。
     3 平成18年3月期の配当実績によっている。
     4 付与日における予想残存期間に対応する国債の利回りである。


4   ストック・オプションの権利確定数の見積方法
     基本的には、将来の失効数の見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させるという方法
    によっている。
      




                                   73/113
                                                                EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                   アイシン精機株式会社(349074)
                                                                            有価証券報告書


    (税効果会計関係)

              前連結会計年度                              当連結会計年度
            (平成18年3月31日)                         (平成19年3月31日)
1     繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別 1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
      の内訳                           の内訳
    (繰延税金資産)                      (繰延税金資産)                   
       退職給付引当金         29,222 百万円    未払費用           31,424 百万円
       未払費用            28,075        退職給付引当金        29,266   
       減価償却費           14,970        減価償却費          18,793   
       製品保証引当金          5,767        製品保証引当金         6,433   
       その他             23,970        その他            29,484   
      繰延税金資産小計                      繰延税金資産小計                 
                      102,007                      115,402
       評価性引当額         △4,262         評価性引当額        △6,367    
      繰延税金資産合計                      繰延税金資産合計                 
                       97,744                      109,034
                                                             
    (繰延税金負債)                      (繰延税金負債)                   
       その他有価証券評価差額金   △82,972        その他有価証券評価差額金  △95,571   
       固定資産圧縮積立金       △2,053        固定資産圧縮積立金      △1,928   
       特別償却準備金         △1,376        特別償却準備金        △1,394   
       減価償却費           △8,451        減価償却費          △9,338   
       その他             △2,206        その他             △814    
      繰延税金負債合計                      繰延税金負債合計                 
                      △97,060                     △109,047
      繰延税金資産(負債)の純額                 繰延税金資産(負債)の純額            
                          684                         △12
    ( 注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下           (注) 繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下
         の項目に含まれている。                         の項目に含まれている。
        流動資産―繰延税金資産     42,842 百万円          流動資産―繰延税金資産     48,386 百万円
        固定資産―繰延税金資産     21,450              固定資産―繰延税金資産     24,228   
        固定負債―繰延税金負債    △63,609              流動負債―その他           △0    
                                            固定負債―繰延税金負債    △72,627   
2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担           2     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
   率との差異の原因となった主な項目別の内訳                   率との差異の原因となった主な項目別の内訳
 法定実効税率              39.88 %             法定実効税率              39.88 %
 (調整)                                    (調整)                      
   受取配当金益金不算入利益     △2.17                  受取配当金益金不算入利益     △3.44  
   交際費等損金不算入費用        0.49                 交際費等損金不算入費用        0.43  
   研究開発促進税制による税額控除  △4.31                  研究開発促進税制による税額控除  △4.02  
   その他              △1.79                  その他                0.49  
 税効果会計適用後の法人税等の負担率 32.10                 税効果会計適用後の法人税等の負担率 33.34  




                                     74/113
                                             EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                アイシン精機株式会社(349074)
                                                         有価証券報告書


(セグメント情報)

 【事業の種類別セグメント情報】


  前連結会計年度(自   平成17年4月1日   至    平成18年3月31日)
   当企業グループは各種自動車部品の製造、販売を主な事業としている。その売上高、営業利
  益および資産の金額が、いずれも、全セグメントの売上高合計、営業利益合計および資産の金
  額合計に占める割合の90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略してい
  る。


  当連結会計年度(自   平成18年4月1日   至    平成19年3月31日)
   当企業グループは各種自動車部品の製造、販売を主な事業としている。その売上高、営業利
  益および資産の金額が、いずれも、全セグメントの売上高合計、営業利益合計および資産の金
  額合計に占める割合の90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略してい
  る。




                              75/113
                                                                                        EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                           アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                    有価証券報告書


       【所在地別セグメント情報】
       前連結会計年度(自 平成17年4月1日                 至     平成18年3月31日)

                                                                                消去又は
                      日本          北米         欧州           その他         計                      連結
                                                                                  全社
                    (百万円)       (百万円)      (百万円)         (百万円)      (百万円)                   (百万円)
                                                                                (百万円)
Ⅰ     売上高及び営業損益                                                                       
      売上高                                                                             
    (1)外部顧客に
                 1,516,392       348,156    142,643       113,397   2,120,588          ―    2,120,588
       対する売上高
    (2)セグメント間の内部
                   299,070         9,336       5,430        7,954     321,791   (321,791)          ―
       売上高
          計      1,815,462       357,492    148,074       121,351   2,442,380   (321,791)   2,120,588
      営業費用       1,716,252       352,812    147,463       106,747   2,323,276   (320,785)   2,002,491
      営業利益          99,209         4,679        610        14,603     119,103     (1,006)     118,096
Ⅱ     資産            1,696,261    250,054    82,800        123,070   2,152,188   (298,729)   1,853,458
    (注) 1   国または地域の区分は、地理的近接度によっている。
        2   日本以外の区分に属する主な国
              北米地域   ……米国、メキシコ
              欧州地域   ……ベルギー、イギリス
              その他の地域 ……台湾、タイ、中国
       3    資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は137,644百万円であり、その主なものは、連結財
            務諸表提出会社の資金(現金及び預金、有価証券および一部の投資有価証券)等である。


        当連結会計年度(自      平成18年4月1日           至     平成19年3月31日)

                                                                                消去又は
                      日本          北米         欧州           その他         計                      連結
                                                                                  全社
                    (百万円)       (百万円)      (百万円)         (百万円)      (百万円)                   (百万円)
                                                                                (百万円)
Ⅰ     売上高及び営業損益                                                                       
      売上高                                                                             
    (1)外部顧客に
                 1,668,562       373,537    174,837       161,673   2,378,611          ―    2,378,611
       対する売上高
    (2)セグメント間の内部
                   314,109         9,143       6,524        8,717     338,404   (338,404)          ―
       売上高
          計      1,982,582       382,680    181,362       170,390   2,717,016   (338,404)   2,378,611
      営業費用       1,883,567       374,592    177,452       149,550   2,585,162   (337,584)   2,247,577
      営業利益          99,015         8,088      3,910        20,840     131,854       (819)     131,034
Ⅱ     資産            1,837,711    265,182     99,488       152,119   2,354,502   (316,606)   2,037,896
    (注) 1   国または地域の区分は、地理的近接度によっている。
        2   日本以外の区分に属する主な国
              北米地域    ……米国、メキシコ
              欧州地域    ……ベルギー、チェコ
              その他の地域 ……タイ、中国
       3    資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は151,537百万円であり、その主なものは、連結財
            務諸表提出会社の資金(現金及び預金、有価証券および一部の投資有価証券)等である。
       4    「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」 (4) 会計処理基準に関する事項 ⑥引当金の計上基準
            (ハ)役員賞与引当金 に記載のとおり、当連結会計年度から「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基
            準第4号 平成17年11月29日)を適用している。これにより、営業利益は「日本」で1,700百万円減少してい
            る。
       5    「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から「ストッ
            ク・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)および「ストック・オプ
            ション等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第11号 最終改正平成18年5月31日)を適
            用している。これにより、営業利益は「日本」で167百万円減少している。
       6    「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から「企業結
            合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)および「事業分離等に関する会計基準」(企業
            会計基準第7号 平成17年12月27日)ならびに「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指
            針」(企業会計基準適用指針第10号 平成17年12月27日)を適用している。これにより、営業利益は「日
            本」で98百万円、「欧州」で0百万円減少している。
        




                                                76/113
                                                                   EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                      アイシン精機株式会社(349074)
                                                                               有価証券報告書


      【海外売上高】
       前連結会計年度(自   平成17年4月1日       至   平成18年3月31日)

                       北米               欧州            その他           計

 Ⅰ   海外売上高(百万円)          377,540           173,878      162,585         714,004

 Ⅱ   連結売上高(百万円)               ―                  ―            ―     2,120,588
Ⅲ     連結売上高に占める
                           17.8                 8.2          7.7          33.7
      海外売上高の割合(%)
    (注) 1 地域の区分は、地理的近接度によっている。
        2 各区分に属する主な国
           北米地域   ……米国、メキシコ、カナダ
           欧州地域   ……スウェーデン、ドイツ
           その他の地域 ……タイ、韓国、中国、台湾


       当連結会計年度(自   平成18年4月1日       至   平成19年3月31日)

                       北米               欧州            その他           計

 Ⅰ   海外売上高(百万円)          415,763           205,129      237,637         858,530

 Ⅱ   連結売上高(百万円)               ―                  ―            ―     2,378,611
Ⅲ     連結売上高に占める
                           17.5                 8.6         10.0          36.1
      海外売上高の割合(%)
    (注) 1 地域の区分は、地理的近接度によっている。
        2 各区分に属する主な国
           北米地域   ……米国、メキシコ
           欧州地域   ……ドイツ、スウェーデン
           その他の地域 ……タイ、中国、韓国




                                       77/113
                                                                                     EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                        アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                                 有価証券報告書


  【関連当事者との取引】
   前連結会計年度(自 平成17年4月1日                     至      平成18年3月31日)
(1)親会社及び法人主要株主等
                                                      関係内容
                      資本金又            議決権等の
       会社等                    事業の内容                                         取引金額          期末残高
                                                  役員の
属性              住所    は出資金            被所有割合                       取引の内容              科目
                                                            事業上
       の名称                    又は職業                                          (百万円)         (百万円)
                                                  兼任等
                      (百万円)            (%)                  の関係
                                                  (人)
                                                          各種自動車部品
                                      直接          兼任                        301,877 売掛金    43,330
その他                           自動車及び
                                                   1 当社製品 等の販売
      トヨタ       愛知県                        23.1
の関係                   397,049 同部品等の
      自動車㈱      豊田市                   間接        転籍   の販売  各種自動車部品
会社                            製造・販売                                          17,880 買掛金     2,890
                                            0.1    3
                                                          材料の購入
(注)   取引条件および取引条件の決定方針等
       各種自動車部品の販売については、市場価格、総原価を勘案して当社希望価格を提示し、毎期価格交渉のう
      え、一般的取引条件と同様に決定している。

(2)役員及び個人主要株主等
                                                      関係内容
                      資本金又            議決権等の
       役員等                    事業の内容                                         取引金額          期末残高
                                                  役員の
属性              住所    は出資金            被所有割合                       取引の内容              科目
                                                            事業上
       の名称                     又は職業                                         (百万円)         (百万円)
                                                  兼任等
                      (百万円)            (%)                  の関係
                                                  (人)
                            当社取締役
                            副会長                                  健康保険法に定
役員    田中   資康     ―       ― アイシン           0.0         ―       ― める療養の給付        87    ―        ―
                            健康保険組合                               の一部負担
                            理事長
(注)   上記の取引は、いわゆる第三者のための取引である。
      取引条件および取引条件の決定方針等
       当社の診療所における診療報酬請求額のうち一部を当社が負担する。平成17年4月25日の取締役会において
      承認されている。


   当連結会計年度(自 平成18年4月1日                     至      平成19年3月31日)
(1)親会社及び法人主要株主等
                                                      関係内容
                      資本金又            議決権等の
       会社等                    事業の内容                                         取引金額          期末残高
                                                  役員の
属性              住所    は出資金            被所有割合                       取引の内容              科目
                                                            事業上
       の名称                    又は職業                                          (百万円)         (百万円)
                                                  兼任等
                      (百万円)            (%)                  の関係
                                                  (人)
                                      直接          兼任
その他                           自動車及び
      トヨタ       愛知県                        23.0            1 当社製品 各種自動車部品
の関係                   397,049 同部品等の                                         344,387 売掛金    48,215
      自動車㈱      豊田市                   間接          転籍         の販売  等の販売
会社                            製造・販売
                                            0.1            3

(注)   取引条件および取引条件の決定方針等
       各種自動車部品の販売については、市場価格、総原価を勘案して当社希望価格を提示し、毎期価格交渉のう
      え、一般的取引条件と同様に決定している。

(2)役員及び個人主要株主等
                                                      関係内容
                      資本金又            議決権等の
       役員等                    事業の内容                                         取引金額          期末残高
                                                  役員の
属性              住所    は出資金            被所有割合                       取引の内容              科目
                                                            事業上
       の名称                     又は職業                                         (百万円)         (百万円)
                                                  兼任等
                      (百万円)            (%)                  の関係
                                                  (人)
                            当社取締役
                            副会長                                  健康保険法に定
役員    田中   資康     ―       ― アイシン           0.0         ―       ― める療養の給付        73    ―        ―
                            健康保険組合                               の一部負担
                            理事長
(注)   上記の取引は、いわゆる第三者のための取引である。
      取引条件および取引条件の決定方針等
       当社の診療所における診療報酬請求額のうち一部を当社が負担する。平成18年4月25日の取締役会において
      承認されている。




                                                  78/113
                                                                                  EDINET提出書類 2007/06/22 提出
                                                                                     アイシン精機株式会社(349074)
                                                                                              有価証券報告書


     (1株当たり情報)

                   前連結会計年度                                         当連結会計年度
              (自    平成17年4月1日                                 (自    平成18年4月1日
               至    平成18年3月31日)                                至    平成19年3月31日)

    (1)1株当たり純資産額                  2,361円66銭        (1)1株当たり純資産額                   2,662円78銭

    (2)1株当たり当期純利益                  209円15銭