エヌエス環境株式会社 有価証券報告書 第40期(平成17年10月1日 ‐ 平成18年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書 -第40期(平成17年10月1日 ‐ 平成18年9月30日)

提出日:

提出者:エヌエス環境株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                               EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                  エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                            有価証券報告書


【表紙】
【提出書類】       有価証券報告書

【根拠条文】       証券取引法第24条第1項

【提出先】        関東財務局長

【提出日】        平成18年12月19日

【事業年度】       第40期(自     平成17年10月1日          至   平成18年9月30日)

【会社名】        エヌエス環境株式会社

【英訳名】        NS Environmental Science Consultant Corporation

【代表者の役職氏名】   代表取締役社長          白石       省三

【本店の所在の場所】   東京都港区西新橋3丁目24番9号

【電話番号】       03(3432)5451(代表)

【事務連絡者氏名】    経理部長        藤沼       謙行

【最寄りの連絡場所】   東京都港区西新橋3丁目24番9号

【電話番号】       03(3432)5451(代表)

【事務連絡者氏名】    経理部長        藤沼       謙行
【縦覧に供する場所】   株式会社ジャスダック証券取引所
             (東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番9号)




                           1/63
                                                                      EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                         エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                     有価証券報告書


第一部【企業情報】

第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
  提出会社の経営指標等
      回次         第36期         第37期           第38期         第39期          第40期

     決算年月       平成14年9月      平成15年9月        平成16年9月      平成17年9月      平成18年9月

売上高(千円)          4,649,925    4,570,503      4,583,678    4,592,977     5,062,095

経常利益(千円)           306,683      312,926        326,021      260,848       477,364

当期純利益(千円)          143,267      152,170        145,840      140,650       254,435
持分法を適用した場合の投資
                        −            −              −            −             −
利益(千円)
資本金(千円)            396,200      396,200        396,200      396,200       396,200

発行済株式総数(株)       3,920,000    3,920,000      3,920,000    3,920,000     3,920,000

純資産額(千円)         2,488,207    2,572,334      2,639,928    2,719,518     2,912,644

総資産額(千円)         3,710,680    3,855,609      3,891,433    3,842,600     4,574,561

1株当たり純資産額(円)        634.75       654.81         672.47       692.83        748.52
1株当たり配当額(円)          7.00         9.00          10.00        10.00          15.00
(内1株当たり中間配当額)         (−)          (−)          (5.00)       (5.00)         (5.00)
1株当たり当期純利益(円)        36.55        32.62          31.52        30.08         65.39
潜在株式調整後1株当たり当
                        −            −              −            −             −
期純利益(円)
自己資本比率(%)             67.1         66.7           67.8         70.8          63.7

自己資本利益率(%)             5.9          6.0            5.6          5.2           9.0

株価収益率(倍)             19.89        21.77          23.38        29.52         14.33

配当性向(%)              19.15         27.6           31.7         33.2          22.9
営業活動によるキャッシュ・
                  515,261      240,185        269,046      △31,359        745,838
フロー(千円)
投資活動によるキャッシュ・
                 △273,407     △200,281       △205,792     △153,647      △265,877
フロー(千円)
財務活動によるキャッシュ・
                  △23,532      △47,104        △54,359      △38,863       △38,776
フロー(千円)
現金及び現金同等物の期末残
                  883,310      876,110        885,004      661,133      1,102,318
高(千円)
従業員数(人)               381          389            432          434            436
[外、平均臨時雇用者数]          (92)         (77)           (66)         (46)           (49)
(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
     載しておりません。
   3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
   4.第37期から、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金
     額の算定に当たっては、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号)及び「1株当
     たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。
   5.第40期の1株当たり配当額には、創業40周年記念配当5円を含んでおります。




                                     2/63
                                                EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                   エヌエス環境株式会社(941260)
                                                             有価証券報告書


2【沿革】
  年月                                事項
昭和42年7月    北海道札幌市福住(現 豊平区)に環境衛生を業とする日本サニタ㈱を設立
昭和43年7月    青森営業所開設(現 東北支社青森支店)
昭和44年6月    函館営業所開設(現 青森支店函館営業所)
昭和45年2月    秋田営業所開設(現 東北支社秋田支店)
昭和46年2月    盛岡営業所開設(現 東北支社盛岡支店)
昭和47年8月    八戸営業所開設(現 青森支店八戸営業所)
昭和48年3月    仙台営業所開設(現 東北支社仙台支店)
昭和49年8月    弘前営業所開設(現 青森支店弘前営業所)
昭和53年3月    環境計量証明事業登録
昭和58年6月    測量業登録
昭和59年1月    東京支社開設
昭和59年1月    建設コンサルタント登録
昭和59年2月    山形営業所開設(現 仙台支店山形営業所)
昭和59年4月    福島営業所開設(現 仙台支店福島営業所)
昭和59年8月    大阪営業所開設(現 大阪支社)
昭和59年10月   建設業登録(大臣登録)し、管工事・アスベスト処理業務開始
昭和60年2月    東京技術センター開設、環境計量証明事業登録
昭和60年12月   商号をエヌ・エス・環境科学コンサルタント㈱に変更
昭和61年12月   東北技術センター開設
平成2年6月     名古屋支店開設
平成4年4月     九州支店開設
平成4年5月     応用地質㈱のグループ会社となる
平成4年6月     神奈川営業所開設
平成5年12月    地質調査業者登録し、地盤・地下水にかかわる環境保全業務推進
平成6年4月     広島支店開設(現 中四国支社)
平成6年9月     本店を東京都港区新橋6丁目に移転
平成8年7月     一級建築士事務所登録し、廃棄物処理施設にかかわる業務開始
平成8年10月    商号をエヌエス環境㈱に変更
平成9年4月     静岡営業所・大分営業所開設
平成9年7月     日本証券業協会に株式を店頭登録
平成10年12月   四国営業所開設
平成11年4月    山口営業所開設
平成11年5月    和歌山営業所開設
平成12年10月   関東支店開設
平成13年4月    岡山営業所開設
平成13年10月   本社(大塚事務所)及び中四国支社が国際環境規格ISO14001の認証取得
平成14年2月    新潟営業所開設
平成14年6月    札幌支社、本社(大塚事務所)及び中四国支社がISO9001の認証取得
平成15年2月    特定計量証明事業所(MLAP)に認定・登録
平成15年12月   全社型ISO9001の認証取得
平成16年1月    青森支店が国際環境規格ISO14001の認証取得
平成16年1月    北陸営業所開設
平成16年12月   日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成16年12月   本店を東京都港区西新橋3丁目に移転
平成17年1月    佐賀営業所開設
平成18年3月    (財)日本建築センターより、アスベスト除去工法「NSクリーンシステム工法」を認証取得
平成18年5月    ISO9001全社統合




                             3/63
                                                     EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                        エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                  有価証券報告書


3【事業の内容】
  当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び親会社(応用地質㈱)で構成されております。また、当社
 と取引のある関連当事者としては、応用地質㈱の子会社9社があります。
  当社は、環境アセスメント等の環境調査、ダイオキシン分析などの計量事業を主力とする環境コンサルタント企業
 であり、応用地質㈱は地質調査を主力とする総合コンサルタント企業であります。
  当社グループ及び当社と取引のある関連当事者との具体的な事業内容並びに位置付は、次のとおりであります。
  区分              主な事業内容                      事業会社

          環境調査、環境アセスメント、土壌汚染調査         当社、応用地質㈱
                                       応用地質㈱、東北ボーリング㈱、OYOイ
調査事業                                   ンターナショナル㈱、宏栄コンサルタント
          地質調査、建設コンサルタント、土木設計
                                       ㈱、オーシャンエンジニアリング㈱、南九
                                       地質㈱、応用ジオテクニカルサービス㈱
計量事業      環境分析、計量証明、アスベスト分析            当社、応用地質㈱
          害虫駆除、建築物関連清掃、空気環境測定、飲料水
建築物管理事業                                当社
          検査、光触媒施工、アスベスト対策工事
                                       当社、応用地質㈱、応用リソースマネージ
          地質調査用機器、石油探査機器、環境分析機器、
計測機器事業                                 メント㈱、シグマ工業㈱、応用計測サービ
          その他機器の開発・製造・販売
                                       ス㈱


 以上の企業集団を図示すると次のようになります。




                                4/63
                                                                         EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                            エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                      有価証券報告書


4【関係会社の状況】
  親会社
                                                           議決権の被
                              資本金
   名称               住所                      主要な事業内容        所有割合         関係内容
                             (百万円)
                                                            (%)
                                                                    環境調査及び計量分析を主
                                                                    体に全国的に環境関連業務
                                            地質調査等建設                 を請け負っている。また、
                                            コンサルタント                 地質調査関連業務について
応用地質株式会社          東京都千代田区          16,174                    68.6   委託している。
                                            計測機器の製造
                                            販売                      事務所設備の賃貸借あり。

                                                                    役員の兼任2名あり。
(注)応用地質株式会社は株式会社東京証券取引所市場第一部に上場しており、有価証券報告書を提出しております。


5【従業員の状況】
 (1)提出会社の状況
                                                                      平成18年9月30日現在
  従業員数(人)                平均年齢(歳)               平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)

        436(49)             38.9                     8.8                  5,025,586
(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含むほか、常用パートを
     含んでおります。)であり、臨時雇用者数(パートタイマーを含む)は年間の平均人員を( )外数で記載
     しております。
   2.平均年間給与は、税込支払給与額の平均であり、基準外賃金及び賞与を含んでおります。


 (2)労働組合の状況
    労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。




                                              5/63
                                                   EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                      エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                有価証券報告書


第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1)業績
     わが国は、北朝鮮での核実験という重大な地政学的脅威はあるものの、諸外国が迅速に国連で一致して非難決議
   をするなどの協調行動により、現状、決定的な不安要因となるまでには到っていないと云えます。政局の面では、
   5年ぶりに小泉内閣から安倍内閣への政権移譲があったものの、基本的に大きな政策の変動もなく、国民の支持率
   も高いことから、比較的平穏に推移しています。経済の面では、原油が高騰したものの、昨今ではやや沈静化する
   傾向にあること、アメリカや中国そして東南アジア諸国の経済発展に伴う貿易の拡大、自動車・鉄鋼・機械産業な
   どの好調さ、金融不安が遠退いたこと及び企業の収益体質改善等により、全体としては回復∼拡大基調にあると報
   じられています。一方、国・自治体の財政難は依然として深刻化しており、国民の負担増、格差拡大、雇用不安お
   よび治安の悪化と云った大きな社会問題を抱え、解決の糸口が見えない状況にあることはご承知のとおりです。
     このような社会情勢のなか、環境事業に携わる当社を取りまく営業環境は、地球温暖化、土壌汚染およびアスベ
   スト対策等の環境施策は、新たな市場を創出したものの、公共事業のさらなる縮減および社会問題の一つともなっ
   ているダンピング問題など、依然として厳しい状況にあります。加えて、昨年、大阪での公正取引委員会からの排
   除勧告、今期、自治体を中心とした全国的な厳しい指名停止処分は、当社にとって初の苦い経験であり、営業活動
   においても深刻な影響を及ぼしたと云わざるを得ません。しかし、これを機に経営及び営業方針を抜本的に改め、
   従来の公共事業依存から民間市場へより重点を置く営業方針とし、総力をあげて信頼回復と業績向上に取組んで参
   りました。
     昨年6月の深刻なアスベスト被害の報道、これに対する政府のアスベスト規制強化は、突如として大きな市場を
   生み、以前からこの分野に多くの実績と技術力を有する当社は、分析だけでなく除去工事を含めていち早くアスベ
   スト関連事業の拡大に取組みました。また、クリーンエネルギーの代表格である民間風力発電事業に関わる環境ア
   セスメントや民間土壌汚染対策事業拡大にも積極的に取組みました。
     その結果、社員一丸となって経営改革と積極的な民間及び新規市場へ参入に取組んだことにより、当事業年度の
   受注高は51億8千9百万円(前年同期比10.4%増)、売上高は50億6千2百万円(同10.2%増)といった結果とな
   りました。
     受注については、国の機関が厳しい財政難や嘗てない価格競争および指名停止の影響で前期実績を若干下回った
   ものの、公団と民間でこれを補い、トータルとして前年同期を10%強上回る実績となりました。特に民間部門で
   は、風力発電事業に係る環境アセスメント及びアスベスト関連では、自治体及び民間からの分析と対策工事が大き
   く伸び、新しい成長分野として加わりました。また、従来からの土壌汚染関連でも、今春から油類が汚染物質の対
   象に加わったことにより、これに向けて前期より整備した分析機器、技術が功を奏し、受注拡大の要因となりまし
   た。
     売上についても、これまでの計画的な設備投資、技術力の蓄積、新法対応の分析機器、対策工事用機材の拡充お
   よび効率的かつ品質重視の組織再編により、順調に推移し、前年同期を10%強上回る実績をあげることが出来まし
   た。
     原価率についても、社会問題の一つとなっている激しいダンピングと云う厳しい側面はあったものの、あらゆる
   面でのコスト競争力強化および全社規模での効率的な協働体制の構築により、前年同期に比べ3.3%改善すること
   が出来ました。
     販売費及び一般管理費については、今期、会計制度の変更により、役員賞与引当金繰入額が当項目に計上された
   こと等から、総額では増額となったものの、売上に占める割合では、0.4ポイント改善しました。
     その結果、利益面では、営業利益4億7千1百万円(前年同期比83.5%増)、経常利益4億7千7百万円(同
   83.0%増)、税引前当期純利益4億6千7百万円(同93.3%増)、当期純利益2億5千4百万円(同80.9%増)と
   云ったように、受注・売上増、原価率改善により、いずれも前年同期を大幅に上回る成果となりました。
     事業部門別の営業概況は次の通りであります。
     調査部門におきましては、受注高22億8千9百万円(前年同期比7.0%減)、売上高22億2千4百万円(同3.0%
   減)、受注残高16億7千3百万円(同4.0%増)となりました。
     全国的に民間風力発電事業に係る環境アセスメント業務が大きく成長しているものの、従来からの道路や河川開
   発に係る業務については発注量が減少傾向にあるうえ低廉化の影響も加わり、減少しました。また、前期に受注し
   た沖縄での基地移転計画に伴う大型環境調査については、地元住民の反対運動の影響で中止命令が出たことから、
   今期、受注取消し処理したことも受注減の要因であります。
     売上については、受注減に加え、風力発電事業に係る大型アセスメント業務の売上が来期にずれ込むことから、
   前年同期を若干下回る実績となりました。このため、期末の調査業務の受注残高は、前年同期を若干上回る(4%
   増)結果となりました。




                              6/63
                                               EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                  エヌエス環境株式会社(941260)
                                                            有価証券報告書


   計量部門におきましては、受注高22億2千2百万円(前年同期比10.2%増)、売上高22億1千1百万円(同
 6.3%増)、受注残高5億9百万円(同2.2%増)となりました。
   ここ数年、計量部門の大きな比重を占めてきたダイオキシン類などの特殊分析は、平成14年をピークに毎年発注
 量が減少する傾向にあります。加えて水質・土壌等の一般環境分析についても全般に低廉化の傾向にあり、大変厳
 しい営業環境にあると云えます。しかし、今期については、アスベスト特需とも云える新たな市場が誕生し、これ
 にいち早く対応したことにより、計量事業の業績を伸ばすことが出来ました。また、今春、土壌汚染物質の対象に
 油類が加わりましたが、予てからこれを見越し、油分検出機器の整備、分析技術の習得に努めていたことから、こ
 の需要にも迅速に対応することが可能となり、業績向上に貢献しました。
   計量部門の売上高については、アスベストを含む分析機器の設備拡充、人材補強等により生産性が向上し、前期
 実績を上回る成果となりました。
   建築物管理部門におきましては、受注高6億7千7百万円(前年同期比205.4%増)、売上高6億2千5百万円
 (同185.4%増)、受注残高1億2千1百万円(同73.5%増)となりました。
   建築物管理部門は、創業期の主要事業でしたが、時代の趨勢とともに変化し、ここ数年、売上高に占める割合も
 5%前後で低迷していました。そのため、今期初には、「建築物管理事業の再生と発展」を重要経営方針の一つに
 掲げ、全社をあげて取組んで参りました。この部門は、以前からアスベスト対策工事(除去工事)を手掛け、多く
 の実績を有し、関係資格を有する技術者も豊富に擁しています。
   さいわい今期は、アスベスト特需とも呼ばれる新たな市場誕生に恵まれました。これに対しては、直ちに当社の
 アスベスト除去工法である「NSクリーンシステム工法」を、認証機関である日本建築センターに申請し、極めて
 スムーズに安全な除去工法としての認証を取得する事が出来ました。そして、この工法認定という優位性を活か
 し、全力をあげて事業拡大に取組みました。
   その結果、当事業の受注・売上については、前期のほぼ3倍規模にまで成長し、今期の業績向上に大きく貢献し
 ました。また、当工法に対する技術評価も高く、現時点においても多数の引合いがあり、今後も成長が見込まれま
 す。


(2)キャッシュ・フロー
    当事業年度における現金及び現金同等物(以下 「資金」 という。)は、税引前当期純利益が4億6千7百万円
  に加え、売上債権の回収が順調に進んだこと等により、山形営業所新築等の支出要因もありましたが、前事業年度
  に比べ4億4千1百万円増加し、11億2百万円となりました。
    なお、当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。


(営業活動におけるキャッシュ・フロー)
  営業活動の結果得られた資金は、7億4千5百万円(前年同期は3千1百万円の資金減)となりました。これは
 主に、税引前当期純利益が4億6千7百万円(前年同期比2億2千5百万円増)と高水準であったことに加え、売
 上債権の減少額5千2百万円及び未成調査受入金の増加額2億3千1百万円等による資金増加要因によるものであ
 ります。


(投資活動におけるキャッシュ・フロー)
  投資活動に使用した資金は、2億6千5百万円(前年同期比1億1千2百万円増)となりました。この主な内訳
 は、投資有価証券の取得による支出9千8百万円、山形営業所の新社屋建設に伴う土地・建物の取得費用9千3百
 万円及び既設分析・測定機器の定期更新に対する投資であります。


(財務活動におけるキャッシュ・フロー)
  財務活動に使用した資金は、3千8百万円(前年同期比同額)となりました。これは、利益処分による配当金支
 払額1千9百万円及び中間配当額1千9百万円によるものであります。




                           7/63
                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                     有価証券報告書


2【生産、受注及び販売の状況】
 (1)生産実績
    当事業年度の生産実績を事業部門別に示すと、次のとおりであります。
                                   第40期
         事業部門別           (自      平成17年10月1日                前年同期比(%)
                          至      平成18年9月30日)

調査(千円)                              2,224,451                         97.0

計量(千円)                              2,211,849                        106.3

建築物管理(千円)                             625,794                        285.4

        合計(千円)                      5,062,095                        110.2
(注)1.金額は販売価格によっております。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


 (2)受注状況
    当事業年度の受注状況を事業部門別に示すと、次のとおりであります。
     事業部門別        受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)       前年同期比(%)

調査                   2,289,055               93.0      1,673,013             104.0

計量                   2,222,677              110.2        509,540             102.2

建築物管理                  677,418              305.4        121,877             173.5

         合計          5,189,151              110.4      2,304,432             105.8
(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


 (3)販売実績
    当事業年度の販売実績を事業部門別に示すと、次のとおりであります。
                                   第40期
         事業部門別           (自      平成17年10月1日                前年同期比(%)
                          至      平成18年9月30日)

調査(千円)                              2,224,451                         97.0

計量(千円)                              2,211,849                        106.3

建築物管理(千円)                             625,794                        285.4

        合計(千円)                      5,062,095                        110.2
(注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   2.販売実績に占める中央官庁・公共企業体・地方自治体向けの合計額は、2,315,958千円(45.8%)でありま
     す。


 (4)主要顧客別販売状況
    最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりでありま
   す。
                            第39期                              第40期
                    (自    平成16年10月1日                  (自    平成17年10月1日
                     至    平成17年9月30日)                  至    平成18年9月30日)
        相手先

                  金額(千円)            割合(%)            金額(千円)         割合(%)

国土交通省                  626,439               13.6        608,829              12.0
(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


3【対処すべき課題】


                                     8/63
                                                     EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                        エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                  有価証券報告書


 (1) 品質管理システムの有効活用と生産性の向上
     当社は、良質な環境技術で社会に貢献することを基本としています。そのため、単に価格競争力だけでなく、最
   新技術の導入、高度な品質管理システムの構築および独自の技術開発に努める必要があります。この一環として、
   平成13年より、ISO9000s、ISO14000sの認証に向けて活動を開始し、現時点では全社型の認証を取得しました。
     今後は、これらのISO認証を有効活用し、品質ならびに顧客満足度を向上させるとともに、本来の目的である経
   営体質、収益性の向上にも役立てる計画です。
     その他、アスベスト除去工事に関しては、今年3月、当社の「NSクリーンシステム工法」が、わが国で唯一の
   公的認証機関である財団法人日本建築センターから、安全な除去工法として認定されました。今後は、この認定工
   法の優位性を生かし、事業拡大を図るとともに、安全と健康の面で社会に貢献していく所存です。
     生産性向上に向けての設備投資については、ここ数年間で、仙台・青森・秋田支店での設備刷新、東京技術セン
   ターの拡充、盛岡支店の新築移転さらには今期、山形に全国で8ヶ所目の計量事業所を開設するなど計画的に進め
   て参りました。また、アスベスト関連では、新法対応の最新式の分析設備だけでなく対策工事用の機材もいち早く
   導入しました。これらのアスベスト関連の設備や機材は、今期においても、計量・対策工事の分野で大きな成果を
   挙げる事が出来ました。
   その他、土壌汚染関連では、今春、「油類」が新たな汚染物質として加わったことから、既に導入済のエコプロー
   ブ5に加え、超高感度のオイルセンサー(Flu-HC)を導入しましたが、これらは何れも今期の生産性向上に寄与し
   たと云えます。


(2)利益体質の強化
     環境関連の市場規模は、今後とも確実に拡大すると予測されています。しかし、社会のニーズは複雑かつ急激に
    変化し、技術も日々進歩します。これらの状況に対し、如何に迅速かつ適切に対応出来るか否かに企業の存亡が懸
    かっていると云っても過言ではありません。そのため、社会のニーズをいち早くキャッチし、速やかに対応できる
    企業体質とするとともに、常に技術の研鑚に努める所存です。
     今後、これまで以上に信頼される技術力・企業体質をベースに、顧客の立場に立った企画力のある営業を展開
    し、より健全かつ効率的な経営体質とし、事業規模の拡大と利益体質強化に取り組みます。


(3)コンプライアンス活動の一層の推進
     当社は、平成17年6月、大阪府土木部発注の環境計量業務に関し、公正取引委員会より、独占禁止法第3条違反
    があったとして排除勧告を受け、これを応諾しました。
     この事態を深刻に受け止め、社内体制を再点検し、再発防止と信頼回復のため、一層のコンプライアンス活動の
    推進を図って参ります。




                               9/63
                                               EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                  エヌエス環境株式会社(941260)
                                                            有価証券報告書


4【事業等のリスク】
  有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
能性のある事項には、以下のようなものがあります。
 ①官公庁への業績依存について
  当社は、近年、民間受注へのウエイトを高める方針で取組んでおりますが、依然として中央省庁、都道府県ならび
に多くの地方自治体を主要な顧客としており、その依存度は今期実績で45%であります。これらは、特定の地域や業
種に偏ってはおりませんが、環境に対する施策や公共投資の変動により、影響を受ける可能性があります。そのた
め、今後とも民需の拡大や新規事業の開発などにより、偏った顧客・業種にならないよう取り組んで参ります。


 ②季節的な変動について
  主要な顧客である官公庁への売上計上は、毎年3月年度末に集中することから、上半期に偏重する傾向にありま
す。これに伴い、当社の利益も上半期に偏重する傾向があります。


5【経営上の重要な契約等】
 該当事項はありません。


6【研究開発活動】
 当社は、自然から生活に係る全ての環境調査、有害微量物質などの環境計量、環境衛生管理を目的とした建築物管
理を中核とする環境専門のコンサルタントであり、クライアントが抱える課題を迅速かつ的確に解決するため常に新
技術、最新機器の開発・導入を心掛け、サービスの向上に努めております。
 第40期の主な研究開発活動は次のとおりであります。


1.河川水質浄化システムの継続開発
  近年、国土交通省では河川水質浄化などの河川環境整備事業を推進しております。
  こうしたニーズに対応するため、当社は土壌を使った水質浄化システムの研究開発を継続して進めて来ました。
 平成18年4月からは、国土交通省中国地方整備局管内のダムに流れ込む汚水を浄化する施設において、「焼成造粒
 赤玉土(京都大学、大阪産業大学との共同開発品。特許取得)」および「ろ材混合クロボク土(独自開発品。特許
 取得)」による実証試験業務を実施し、総リン、総窒素の除去率70%以上という良好な結果を得、これら成果を関
 連学会で発表しました。今後は更なる工夫改善し、低コスト、高効率の水質浄化システムの開発を推進する方針で
 す。


2.大気環境シミュレーション(風速場、大気汚染予測、騒音予測)の継続開発
  大気環境シミュレーションの開発では、前期までに大きな影響因子である風の影響を考慮した大気汚染の拡散予
 測解析プログラムの開発を行いました。
  第40期では、確立した解析法がない反射音の近似解による解析プログラムおよびより複雑な条件下での大気汚染
 予測プログラムの開発を行い、その成果を関連学会で発表しました。今後はこれら一連の解析プログラムの機能性
 向上と、より高度な実務的要求に応えられる解析システムを開発していきます。


3.油汚染に関わる新しい調査分析機器の導入と調査手法の開発
  平成15年2月に「土壌汚染対策法(環境省)」が施行され、平成18年3月には「油汚染対策ガイドライン(環境
 省)」が策定されました。
  こうした要請に応えるべく、当社ではいち早く、現場で高精度に測定できるポータブルな土壌ガス測定器「エコ
 プローブ5」、水中溶存ハイドロカーボン測定器「Flu-HC」などを導入すると共に、油汚染対策のガイドラインに
 対応した油分(TPH)分析装置「GC-FID」を導入しました。
  これら一連の機器導入によって、オンサイトの簡易分析からガイドラインに準拠した分析法まで、一貫した調査
 分析体制を確立し、新しい土壌汚染調査手法の開発を行なっております。


 なお、当事業年度における研究開発の総額は、7,879千円であります。




                           10/63
                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                    有価証券報告書


7【財政状態及び経営成績の分析】
 (1)重要な会計方針及び見積り
  当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。こ
 の財務諸表の作成にあたりましては、重要な会計方針に基づき、資産・負債の評価及び収益・費用の認識に影響を
 与える見積り及び判断を行っております。これらの見積り及び判断に関しては、継続して評価を行っております
 が、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は見積りと多少異なる可能性があります。


  なお、以下に記載する事項が、当社の財務諸表作成における重要な見積り及び判断に大きな影響を及ぼすと考え
 ております。また、文中における将来に関する事項については、当事業年度末現在において当社が判断したもので
 あります。


 ①収益の認識
  調査業務については報告書提出基準、計量業務については計量証明書提出基準、建築物管理業務については年間
 契約物件は期間計算による年間管理基準、環境測定・水質検査等は結果報告書提出基準をそれぞれ採用しておりま
 す。


 ②投資有価証券の評価
  その他有価証券のうち、時価のないものについては移動平均法による原価法で評価しております。時価のない有
 価証券の下落が一時的かどうかについては、投資先の業績予想等による回復可能性、純資産額等による実質価値の
 下落率等により総合的に判断しております。


 ③貸倒引当金の計上
  債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
 いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。


 ④繰延税金資産の計上
  繰延税金資産の計上は、当社の業績が将来も安定的に推移することを前提としております。


 (2)経営成績の分析
 ①概要
  概要につきましては、第一部企業情報   第2 事業の状況     1   業績等の概要を参照下さい。


 ②受注高
  当事業年度の受注高51億8千9百万円(前年同期比4億8千8百万円増)のうち、官公庁からの受注高は21億9
 千7百万円(同6千5百万円増)、民間企業からの受注高は29億9千1百万円(同4億2千2百万円増)でありま
 す。全受注高に占める官公庁の割合は42.4%であります。


  事業部門別の受注高は次のとおりです。


  調査部門の受注高22億8千9百万円(前年同期比1億7千2百万円減)のうち、官公庁からの受注高は11億4千
 7百万円(同1億2千3百万円減)、民間企業からの受注高は11億4千1百万円(同4千9百万円減)でありま
 す。調査部門の受注高に占める官公庁の割合は50.1%であります。


  計量部門の受注高22億2千2百万円(前年同期比2億5百万円増)のうち、官公庁からの受注高は8億6千7百
 万円(同7千4百万円増)、民間企業からの受注高は13億5千5百万円(同1億3千万円増)であります。計量部
 門の受注高に占める官公庁の割合は39.0%であります。


  建築物管理部門の受注高6億7千7百万円(前年同期比4億5千5百万円増)のうち、官公庁からの受注高は1
 億8千2百万円(同1億1千3百万円増)、民間企業からの受注高は4億9千4百万円(同3億4千1百万円増)
 であります。建築物管理部門の受注高に占める官公庁の割合は27.0%であります。




                           11/63
                                             EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                エヌエス環境株式会社(941260)
                                                          有価証券報告書


③売上高
 当事業年度の売上高50億6千2百万円(前年同期比4億6千9百万円増)のうち、官公庁への売上高は23億1千
5百万円(同1億7千5百万円増)、民間企業への売上高は27億4千6百万円(同2億9千3百万円増)でありま
す。


 各事業部門別の売上高については、調査部門の売上高が22億2千4百万円(前年同期比6千9百万円減)、計量
部門の売上高が22億1千1百万円(同1億3千1百万円増)、建築物管理部門の売上高が6億2千5百万円(同4
億6百万円増)であります。


④売上原価
 当事業年度の売上原価は32億1千5百万円(前年同期比1億4千5百万円増)となり、原価については、あらゆ
る面での効率化、コスト削減努力を図り、前事業年度に比べ3.3%良化し63.5%となりました。
 その結果、売上総利益は18億4千6百万円(同3億2千4百万円増)となりました。


⑤販売費及び一般管理費
 販売費及び一般管理費については、今期、会計制度の変更により、役員賞与引当金繰入額が当項目に計上された
こと等から、総額では増額となったものの構成比では0.4ポイント減少し13億7千4百万円(前年同期比1億9百
万円増)となりました。
 その結果、営業利益は4億7千1百万円(同2億1千4百万円増)となりました。


⑥特別損益
 特別利益は、投資有価証券売却益により2百万円(前年同期比2百万円減)となりました。
 特別損失は、損害賠償引当額9百万円、固定資産除却損2百万円等により1千2百万円(同1千1百万円減)と
なりました。
 その結果、税引前当期純利益は4億6千7百万円(同2億2千5百万円増)となりました。


(3)財政状態の分析
 ①資産の部
  当事業年度末の総資産は45億7千4百万円(前年同期比7億3千1百万円増)となりました。
  流動資産は、前事業年度末に比べ5億9千9百万円増加し、27億8百万円となりました。この主な要因は、現金
及び預金が前事業年度に比べ4億4千1百万円増加したこと及び未成調査支出金が1億9千4百万円増加したこと
によるものです。
  固定資産は、前事業年度末に比べ1億3千2百万円増加し、18億6千6百万円となりました。この主な要因は、
山形営業所の新社屋建設に伴う土地・建物の取得費用9千3百万円によるものです。


②負債の部
 当事業年度末の負債の合計は16億6千1百万円(前年同期比5億3千8百万円増)となりました。この主な要因
は、未成調査等受入金の増加額2億3千1百万円、及び利益増加に伴う未払法人税等の増加額1億7千7百万円に
よるもです。


(4)中長期的な経営戦略
 環境問題は、日毎に深刻化しつつある地球温暖化に代表されるように、今や地球規模での対応が求められ、従来
の官主導だけでなく、企業そして個人も必然的に取り組まざるを得ない状況にあります。そのため、今後とも環境
の保護・修復に対する社会的要請は一層高まり、環境関連法案等もますます整備・強化されることは間違いない事
でしょう。
 道路やダム建設といった新たな公共事業については、厳しい財政問題を考慮するとさらに縮減せざるを得ないも
のの、環境改善に対する社会的要請は高まり環境関連市場については、今後とも規模拡大すると見込んでいます。
 最近の代表的な例としては、大阪での大規模なアスベスト被害を機に、関連規制が迅速に整備され、同時に大き
なアスベスト関連市場(機器・分析・対策工事)を誕生させた事が挙げられます。また、地球温暖化防止の一環と
して、各地で積極的に進められている風力発電事業も、開発のためのアセスメントと云う環境関連市場を生み出し
ましたが、当社は、これらに迅速に対応したことにより、今期、大きな成果を上げる事ができました。
 一方、この拡大する環境関連市場には、多くの企業が参入していることに加え、国・自治体ともに厳しい財政状
況であることから、今まで以上の価格競争のみならず、厳しい品質や技術力・資格が要求されることは間違いあり
ません。そのため、更なるコスト競争力向上に加え、既に認証を取得している品質・環境管理システム



                         12/63
                                                 EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                    エヌエス環境株式会社(941260)
                                                              有価証券報告書


(ISO9000s、14000s)のさらなる有効活用や技術力の指標となる技術士や環境計量士などの資格取得にも力を注ぐ
計画です。


  そのため、今後の中長期的な経営戦略としては、
 ① 事業拡大とコスト競争力  ・民間市場の新規開拓と規模拡大
   の向上          ・調査・分析業務の自動化の推進、生産性向上による迅速化とコスト低減
 ② 品質及び技術力の向上   ・ISO認証効果の実証、各種資格の戦略的取得
                ・NSアスベスト除去工法認証取得の活用と普及
 ③ 技術開発と事業化     ・超高感度爆薬検知器(EXPLONIX)導入による超微量物質検知技術の
                 確立と事業化
                ・アスベスト市場に関し、JIS化分析技術の確立と、安全かつ経済的な対策工の
                 設計、施工技術、実施体制の拡充
                ・エコプローブ5、超高感度オイルセンサー(Flu-HC)など微量油分汚染探査技術
                 の確立と事業拡大
                ・風力発電などエコ・エネルギー分野への事業拡大
 ④ 財務力の強化       ・事業の多様化と業務効率の改善、生産性向上、コストダウンによる収益性
                 向上と財務体質の強化
を積極的に推進する計画です。


 当社は、従来から環境調査、環境計量、建築物管理の3事業を経営の柱として参りましたが、今後もこれらをよ
り有効的に関連させ、効率的かつ創造的な運営を推し進める方針です。特に今期は、前期に引き続き需要の大きな
アスベスト関連分野に力を注ぎ、調査、計量に止まらず、新たに認証取得した当社の「NSクリーンシステム工
法」の有効性を活かし、建築物管理事業の大幅な成長を目指す所存です。
 その他、新たに導入する予定である超高感度爆薬検知器(EXPLONIX)の活用により、超微量物質の検知技術を確
立し、併せてテロ対策への応用等、セキュリテイ事業部門への開拓にも力を注ぐ計画です。




                            13/63
                                              EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                 エヌエス環境株式会社(941260)
                                                           有価証券報告書


第3【設備の状況】
1【設備投資等の概要】
  当事業年度には、更なる品質、生産性およびコスト競争力向上のため、化学分析設備を中心に1億9千3百万円の
 設備投資を実施しました。
  主な、投資として山形営業所(山形市)の新社屋建築に係る土地及び建物、新社屋関連設備に1億7百万円、盛岡
 支店(盛岡市)の分析・測定機器2千万円、大阪支社(大阪市)の分析・測定機器に1千4百万円等の設備投資を実
 施しました。
  なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。




                           14/63
                                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                     有価証券報告書


2【主要な設備の状況】
  当社は国内に5支社、7支店、18営業所を配している他、4計量分析試験センター、1測定機材管理センターを設
 けております。また、国内に1ヶ所の福利厚生施設(札幌市南区)を有しております。
  以上のうち、主要な設備は以下のとおりであります。
                                                                                  平成18年9月30日現在
                                                   帳簿価額
    事業所名      設備の                                                                           従業員数
                                                   車両運搬    工具器具        土地
   (所在地)      内容      建物       構築物      機械装置                                       合計       (人)
                                                   具       及び備品       (千円)
                     (千円)      (千円)     (千円)                                      (千円)
                                                   (千円)    (千円)       (面積㎡)
本社            統括業務                                                                             41
                       6,112       −        −        −      3,458           −       9,571
(東京都港区)       施設                                                                               (1)
東北技術センター
              計量分析                                                                             17
(岩手県盛岡市・仙台市           25,277       −    43,942       −      10,786          −     80,005
              試験設備                                                                             (1)
宮城野区)
東京技術センター      計量分析                                                      82,018                 19
                      39,707       −     7,733       −      12,515                141,975
(埼玉県越谷市)      試験設備                                                     (489.19)                (6)
関西技術センター      計量分析
                          −        −        −        −          −           −         −        −
(大阪市淀川区)      試験設備
機材センター        測定機材
                          −        −        −        −      23,021          −     23,021        3
(埼玉県さいたま市)    管理施設
札幌支社                                                                    56,602                 44
              販売設備    38,010       10     298        168    29,152                124,242
(札幌市中央区)                                                               (463.21)               (11)
東北支社
              販売設備        −        −        −        −          −           −         −         1
(仙台市宮城野区)
大阪支社                                                                                           51
              販売設備    2,340        −        86       −      29,977          −     32,403
(大阪市淀川区)                                                                                      (10)
中四国支社                                                                                          20
              販売設備      134        −        −        −      3,299           −      3,433
(広島市西区)                                                                                        (1)
仙台支店                                                                    25,000                 44
              販売設備    34,072    1,225     573        −      15,824                76,695
(仙台市宮城野区)                                                              (258.72)                (3)
青森支店                                                                   199,528                 41
              販売設備    67,511    2,963    3,833       13     25,363                299,213
(青森県青森市)                                                             (1,895.44)                (2)
盛岡支店                                                                   131,788                 36
              販売設備   123,102    3,249    2,994       68     28,600                289,804
(岩手県盛岡市)                                                             (1,831.59)                (2)
秋田支店                                                                    28,000                 28
              販売設備    87,698      563    2,337       −      7,472                 126,072
(秋田県秋田市)                                                               (338.84)                (7)
関東支店
              販売設備        −        −        −        −      2,541           −       2,541      29
(埼玉県さいたま市)
名古屋支店                                                                                          12
              販売設備        −        −        −        −      4,562           −       4,562
(名古屋市中区)                                                                                       (2)
九州支店                                                                                            7
              販売設備        −        −        −        −        915           −         915
(福岡市南区)                                                                                        (1)
山形営業所                                                                  100,413                 43
              販売設備    51,870    3,820    1,877       57     17,219                175,259
ほか17営業所                                                              (1,244.78)                (2)
定山渓保養所        福利厚生                                                       1,400
                      13,482       −        −        −          −                 14,882       −
(札幌市南区)       施設                                                        (37.72)
(注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   2.従業員数の( )書きは外書きで臨時雇用者であります。
   3.東京支社の従業員数の一部は、本社に含めて表示しております。
   4.関西技術センターの設備・従業員数はすべて大阪支社に含めて表示しております。
   5.東北支社の設備はすべて仙台支店に含めて表示しております。
   6.次の事業所は建物を賃借しております。
      本社、機材センター、東京支社、大阪支社、中四国支社、仙台支店、関東支店、名古屋支店、九州支店、
      函館営業所ほか10営業所




                                           15/63
                                                     EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                        エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                  有価証券報告書


   7.リース契約による主な賃借設備は、次のとおりであります。
                                        年間リース料      リース契約残高
         名称          数量        リース期間
                                         (千円)        (千円)
事務用大型コンピュータ及び端末機
                     1セット       5年間         1,443         5,379
(所有権移転外ファイナンス・リース)
技術用測定器
                         29台    5年間        41,171       123,276
(所有権移転外ファイナンス・リース)
         合計          −           −         42,615       128,656



3【設備の新設、除却等の計画】
   当社の設備投資については、今後の景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
  なお、当事業年度末現在における重要な設備の新設、拡充、改修、除却、売却等の計画はありません。




                                16/63
                                                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                                     有価証券報告書


第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
 (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
                 種類                                                   発行可能株式総数(株)

   普通株式                                                                                      13,600,000

                 計                                                                           13,600,000



   ②【発行済株式】
            事業年度末現在発行数
                                      提出日現在発行数(株)                     上場証券取引所名又は
   種類           (株)                                                                                       内容
                                       (平成18年12月19日)                  登録証券業協会名
            (平成18年9月30日)

普通株式                 3,920,000                    3,920,000           ジャスダック証券取引所                         −

   計                 3,920,000                    3,920,000                      −                        −



 (2)【新株予約権等の状況】
     該当事項はありません。


 (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
            発行済株式総
                               発行済株式総         資本金増減額                 資本金残高       資本準備金増             資本準備金残
   年月日      数増減数
                               数残高(株)          (千円)                   (千円)       減額(千円)             高(千円)
              (株)
平成9年7月25日
                 520,000          3,920,000            226,200         396,200           257,355           350,105
(注)
(注)有償・一般募集
    入札による募集                    350,000株
    発行価格      870円
    資本組入額     435円
    払込金総額 329,705千円
    入札によらない募集                  170,000株
    発行価格      905円
    資本組入額     435円
    払込金総額 153,850千円


 (4)【所有者別状況】
                                                                                                平成18年9月30日現在
                                    株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                                                                          単元未満株
  区分                                                             外国法人等                                    式の状況
         政府及び地                             その他の法                                 個人その
                 金融機関           証券会社                                                            計         (株)
         方公共団体                             人                                      他
                                                         個人以外          個人

株主数(人)       −             6           3          23             −          −         524           556          4
所有株式数
             −        1,812           29      29,067             −          −        8,291      39,199         100
(単元)
所有株式数の
             −          4.6          0.1        74.2             −          −         21.1       100.0         0.0
割合(%)
(注)自己株式28,800株は、「個人その他」に288単元を含めて記載しております。




                                                       17/63
                                                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                    有価証券報告書


 (5)【大株主の状況】
                                                                                   平成18年9月30日現在
                                                                                     発行済株式総数に
                                                                 所有株式数
          氏名又は名称                      住所                                             対する所有株式数
                                                                 (百株)
                                                                                     の割合(%)

応用地質株式会社                   東京都千代田区九段北4-2-6                           26,700                68.1

エヌエス環境社員持株会                東京都港区西新橋3-24-9                             2,139                 5.5

アスカ株式会社                    愛知県刈谷市一里山町東吹戸11                            1,044                 2.7

株式会社みずほコーポレート銀行            東京都千代田区丸の内1-3-3                                 850              2.2

みずほキャピタル株式会社               東京都中央区日本橋兜町4-3                                  800              2.0

明治安田生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内2-1-1                                 700              1.8

白石   省三                    東京都文京区                                          306              0.8

エヌエス環境株式会社                 東京都港区西新橋3-24-9                                  288              0.7

朝日火災海上保険株式会社               東京都千代田区神田美土代町7                                  200              0.5

鈴木 茂                       東京都港区                                           163              0.4

            計                            −                           33,190                84.7


 (6)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                                                                                   平成18年9月30日現在
             区分                 株式数(株)                  議決権の数(個)                      内容

無議決権株式                               −                       −                         −

議決権制限株式(自己株式等)                       −                       −                         −

議決権制限株式(その他)                         −                       −                         −

完全議決権株式(自己株式等)                普通株式          28,800           −                         −

完全議決権株式(その他)                  普通株式 3,891,100                     38,911                −

単元未満株式                        普通株式             100           −                         −

発行済株式総数                               3,920,000              −                         −

総株主の議決権                              −                           38,911                −


     ②【自己株式等】
                                                                                    平成18年9月30日現在
                                                                                    発行済株式総数に
所有者の氏名又                      自己名義所有株           他人名義所有株       所有株式数の合
                  所有者の住所                                                            対する所有株式数
は名称                          式数(株)             式数(株)         計(株)
                                                                                    の割合(%)
 エヌエス環境         東京都港区西新橋
                                   28,800                −                28,800              0.7
  株式会社             3-24-9
      計             −              28,800                −                28,800              0.7


 (7)【ストックオプション制度の内容】
     該当事項はありません。




                                                18/63
                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                 有価証券報告書


2【自己株式の取得等の状況】
【株式の種類等】       該当事項はありません。


(1)【株主総会決議による取得の状況】
    該当事項はありません。


(2)【取締役会決議による取得の状況】
    該当事項はありません。


(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
    該当事項はありません。


(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                           当期間
          区分
                                              処分価額の総額               処分価額の総額
                         株式数(株)                         株式数(株)
                                                (円)                   (円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式              −                  −        −              −

消却の処分を行った取得自己株式                  −                  −        −              −
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 −                  −        −              −
た取得自己株式
その他
                                 −                  −        −              −
(−)

保有自己株式数                      28,800             −        28,800         −




                                      19/63
                                                                                   EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                      エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                 有価証券報告書


 3【配当政策】
  当社は、今後とも技術力、品質及び価格の面で顧客満足度と競争力を高めることで業績を拡大し、併せて経営効率、収
益性の向上を図ります。その結果としての利益は、資金需要ならびに将来に向けての投資等を勘案し、可能な限り株主に
還元(配当)することを基本方針としております。
  具体的には、先の4期、業績の拡大を背景に増配を実施して参りました。当期に付きましても増収・増益となった事お
よび弊社創立40周年を記念し、記念配当として1株当り5円を増額させて戴く予定です。
  中期経営計画において、売上高60億円、株主資本利益率(ROE)7%以上、経常利益率10%以上を目標とし、収益の拡
大を目指しております。また、利益については、可能な限り株主の皆様に還元(配当)することを重要課題と考えてお
り、20∼30%の安定した配当性向を維持することを指標としております。
  内部留保資金につきましては、安定した資金運用の確保、将来の経営環境の変化や市場の要求に対応できる新たな事業
展開、新しい技術の研究開発、人材教育のために有効な投資を行いたいと考えております。
  当社は、「取締役会の決議により、毎年3月31日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めて
おります。
  なお、第39期の配当についての株主総会決議は平成17年12月16日に、第40期の中間配当についての取締役会決議は平成
18年5月15日に行っております。


 4【株価の推移】
  (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
  回次       第36期            第37期               第38期                第39期              第40期

 決算年月    平成14年9月          平成15年9月        平成16年9月                 平成17年9月           平成18年9月

 最高(円)              760           762                860             1,136              1,035

 最低(円)              600           560                595             ※720                  800
 (注)最高・最低株価は、平成16年12月13日よりジャスダック証券取引所におけるものであり、それ以前は日本証券業
    協会の公表のものであります。なお、第39期の事業年度別最高・最低株価のうち、※は日本証券業協会の公表の
    ものであります。


  (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
  月別     平成18年4月          5月            6月             7月             8月              9月

 最高(円)      1,035          997           950               990               984           985

 最低(円)        921          886           800               849               908           920
 (注)最高・最低株価は、ジャスダック証券取引所におけるものであります。




                                             20/63
                                                                              EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                 エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                             有価証券報告書


5【役員の状況】
                                                                                 所有株式数
      役名        職名     氏名           生年月日                         略歴
                                                                                 (百株)
                                                   昭和44年4月 ㈱応用地質調査事務所(現
                                                            応用地質㈱)入社
取締役社長                                              平成10年3月 同社 取締役営業企画本部
                     白石    省三    昭和21年11月4日生                                           306
(代表取締役)                                                    副本部長
                                                   平成10年12月 当社 代表取締役社長
                                                            (現任)
                                                   昭和56年1月 日本サニタ㈱(現     エヌエ
                                                            ス環境㈱)入社
                                                   平成4年8月   当社 取締役東北支社長
                                                   平成10年12月 当社   常務取締役営業本部
常務取締役      営業本部長     鈴木     茂    昭和24年12月18日生               長                          163
                                                   平成12年12月 当社   専務取締役営業本部
                                                            長
                                                   平成14年12月 当社 常務取締役営業本部
                                                            長(現任)
                                                   昭和56年2月 日本サニタ㈱(現     エヌエ
                                                           ス環境㈱)入社
                                                   平成7年12月 当社 東北支社長兼東北支
           東北支社長                                            社秋田支店長
常務取締役      兼東北支社     堀田井    孝正   昭和26年10月16日生      平成10年12月 当社 取締役東北支社長                118
           秋田支店長                                           兼東北支社秋田支店長
                                                   平成12年4月 当社 常務取締役東北支社
                                                            長兼東北支社秋田支店長
                                                            (現任)
                                                   昭和53年4月 日本サニタ㈱(現     エヌエ
                                                           ス環境㈱)入社
                                                   平成4年10月 当社 東北支社青森支店長
           東北支社
常務取締役                八木橋    清昭   昭和19年10月3日生       平成10年12月 当社 取締役東北支社青森               117
           青森支店長
                                                            支店長
                                                   平成14年12月 当社 常務取締役東北支社
                                                            青森支店長(現任)
                                                   昭和50年2月 日本サニタ㈱(現     エヌエ
                                                           ス環境㈱)入社
                                                   平成6年12月 当社 取締役営業本部長
           アスベスト                                   平成10年1月 当社    取締役東京支社長
取締役                  須藤    和夫    昭和22年6月27日生                                            97
           対策事業部長                                  平成16年12月 当社   取締役営業企画本部
                                                           部長
                                                   平成18年7月 当社    取締役アスベスト対
                                                            策事業部長(現任)
                                                   昭和53年8月 日本サニタ㈱(現     エヌエ
                                                           ス環境㈱)入社
取締役        大阪支社長     南部     満    昭和25年8月16日生       平成5年5月 当社     大阪支社長                  99
                                                   平成12年12月 当社   取締役大阪支社長
                                                            (現任)
                                                   昭和54年7月 日本サニタ㈱(現 エヌエ
                                                           ス環境㈱)入社
           東北支社盛岡                                  平成4年10月 当社 東北支社盛岡支店長
           支店長兼東北                                  平成10年5月 当社 東北支社盛岡支店長
取締役                  鈴木    行弘    昭和26年6月3日生                                            106
           技術センター                                          兼東北技術センター所長
           所長                                      平成16年12月 当社 取締役東北支社盛岡
                                                            支店長兼東北技術センター
                                                            所長(現任)




                                           21/63
                                                                              EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                 エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                             有価証券報告書


                                                                                 所有株式数
      役名     職名        氏名       生年月日                           略歴
                                                                                 (百株)
                                               昭和56年3月    日本サニタ㈱(現      エヌエ
                                                      ス環境㈱)入社
                                               平成5年4月 当社 東北支社技術部長
           東北支社                                平成9年4月     当社   東北支社仙台支店長
取締役                浅野   幸雄   昭和30年10月20日生                                               10
           仙台支店長                                          代理
                                               平成11年10月 当社 東北支社仙台支店長
                                               平成18年12月 当社 取締役東北支社仙台
                                                          支店長(現任)
                                               昭和56年4月 ㈱応用地質調査事務所(現
                                                        応用地質㈱)入社
                                               平成11年3月    当社   入社
                                                          当社   東京支社総務部長
取締役        東京支社長   大城   信隆   昭和32年3月10日生       平成12年10月   当社   東京支社関東支店長                26
                                               平成14年12月   当社   常勤監査役
                                               平成16年12月   当社   東京支社長
                                               平成18年12月   当社   取締役東京支社長
                                                          (現任)
                                               平成12年3月    応用地質㈱執行役員
                                               平成15年3月    同社 取締役兼執行役員
                                               平成16年3月    同社   取締役兼常務執行役
取締役                若佐   秀雄   昭和23年11月12日生                 員                             10
                                               平成17年4月    同社 取締役兼専務執行役
                                                          員(現任)
                                               平成17年12月   当社   取締役(現任)
                                               平成2年4月     応用地質㈱東北支社副支社
                                                          長
                                               平成4年8月 当社 取締役東京支社長
常勤監査役              麓    秀夫   昭和21年12月26日生                                               15
                                               平成12年1月 応用地質㈱教育研修部長
                                               平成17年1月    同社   人事部マネージャー
                                               平成18年12月   当社   常勤監査役(現任)
                                               平成9年3月     応用地質㈱取締役
                                               平成13年3月 同社      常務執行役員
監査役                鈴木   楯夫   昭和18年9月13日        平成16年4月 同社      常任参与                     10
                                               平成18年4月    同社   顧問(現任)
                                               平成17年12月   当社   監査役(現任)
                                               平成12年4月    応用地質㈱技術本部管理部
                                                          専門部長
                                               平成13年4月    同社 関連事業本部第二部
                                                          長
監査役                浜田   宏司   昭和21年7月12日生                                                −
                                               平成17年10月   オーシャンエンジニアリン
                                                          グ㈱代表取締役社長(現
                                                          任)
                                               平成18年12月   当社   監査役(現任)
                                                               計                     1,077




                                       22/63
                                             EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                エヌエス環境株式会社(941260)
                                                          有価証券報告書


6【コーポレート・ガバナンスの状況】
(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
  当社は、透明かつ公平で効率的な経営を基本方針とし、もって適正な利益の確保と再成長を通して継続的に企業
 価値を高めることを目的としています。この目的を達するため、経営組織および監督機構を整備し、経営上必要な
 施策を迅速に実施するコーポレート・ガバナンスの充実を重要課題として取組んでおります。


(2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
 a.会社の経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の状況
  ①会社の機関の内容
  当社は監査役制度採用会社であり、取締役10名で経営しており、取締役会において、重要事項は全て討議され、
 業績の進捗についても討議し対策等を検討しております。
  監査役は3名であり、取締役会に出席し、取締役の職務執行を監視できる体制となっています。また、本社各部
 ならびに各委員会と連携を密に、コンプライアンスの状況を含め、随時、必要な内部監査を実施しております。


  ②内部統制システムの整備の状況
  取締役会は、法令、定款及び社内規定等に従い、取締役の職務執行を監督しています。監査役は、経理部ととも
 に業務監査を実施し、内部牽制の実効性を高めています。業務監査では、業務活動の全般に関し、その妥当性や有
 効性及び法規制・社内ルールの遵守状況等について定期的に監査を実施し、各部署に助言・勧告を行うとともに、
 役員会のメンバーで構成されている予算委員会に速やかに報告しています。


  当社の業務執行・経営監視・内部統制の仕組みは次の通りであります。


  (業務執行・経営監視・内部統制の仕組み)




  ③リスク管理体制の整備の状況
  リスク管理については、本社の管理部ならびに各委員会が窓口となって各部門から適宜相談を受けるとともに、
 重要事項については、予算委員会に報告・審議され、支社長・支店長会議において法令順守の徹底、リスクチェッ
 クの強化が図られております。顧問弁護士からはコーポレート・ガバナンス体制、法律面等についての公正かつ適
 切な助言、指導を受けております。今後も、経営内容の透明性を高め各ステークホルダーから信頼される企業を目
 指し、コーポレート・ガバナンスの一層の充実を図ってまいります。




                          23/63
                                           EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                              エヌエス環境株式会社(941260)
                                                        有価証券報告書


 ④内部監査及び監査役監査、会計監査の状況
 内部監査部門(経理部兼務2名)は、常勤監査役と連携して社内各部門の業務執行状況について、定期的な業務
監査を行っております。監査役は取締役会に出席するほか、定例的に開催される重要な会議に出席し、経営監視の
機能を果たしております。
 会計監査は、みすず監査法人と監査契約を締結し、監査契約に基づく会計監査を受けるとともに、内部監査部
門、常勤監査役の業務監査と連携の上、実施しております。業務を執行した公認会計士は、以下のとおりでありま
す。
 指定社員  業務執行社員 布施木 孝叔 みすず監査法人
 指定社員  業務執行社員 吉澤   祥次 みすず監査法人
 継続監査年数については、2名共に7年以内であるため、記載を省略しております。また、監査業務に係る補助
者は、公認会計士3名、会計士補2名、その他1名であります。
 なお中央青山監査法人は、平成18年9月1日に名称をみすず監査法人に変更しております。


 ⑤役員報酬の内訳
  取締役(9名)に支払った報酬             9千9百万円
  監査役(3名)に支払った報酬             1千2百万円
(注)上記報酬には役員賞与引当金3千万円(取締役2千8百万円、監査役2百万円)が含まれております。


 ⑥監査報酬の内容
  公認会計士法第2条第1項に規定する業務に基づく報酬     1千5百万円


b.会社と会社の社外取締役及び社外監査役の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要
 該当事項はありません。


c.会社のコーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの最近1年間における実施状況
 当社は、取締役会のほか、予算委員会、支社長・支店長会議(事業所長会議)を定期的(毎月1回)に開催し、
重要方針・情報の周知徹底およびリスク管理に努めております。また、理事会、ISO推進会議、事務連絡会議、
営業会議、技術発表会など組織を横断した会議・各種委員会を開催し、健全な事業推進とリスク防止を優先とする
経営を心掛けております。




                        24/63
                                                 EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                    エヌエス環境株式会社(941260)
                                                              有価証券報告書


第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について
  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
 務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
  前事業年度(平成16年10月1日から平成17年9月30日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度
 (平成17年10月1日から平成18年9月30日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
  ただし、前事業年度(平成16年10月1日から平成17年9月30日まで)については、「財務諸表等の用語、様式及び
 作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月30日内閣府令第5号)附則第2項ただし書きに
 より、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。


2.監査証明について
  当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前事業年度(平成16年10月1日から平成17年9月30日まで)の
 財務諸表については、中央青山監査法人の監査を受け、当事業年度(平成17年10月1日から平成18年9月30日まで)
 の財務諸表について、みすず監査法人により監査を受けております。
  なお、中央青山監査法人は、平成18年9月1日、名称をみすず監査法人に変更しております。


3.連結財務諸表について
  当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。




                             25/63
                                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                       有価証券報告書


【財務諸表等】
    (1)【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                               第39期                            第40期
                           (平成17年9月30日)                    (平成18年9月30日)

                  注記                           構成比                             構成比
         区分                金額(千円)                          金額(千円)
                  番号                           (%)                             (%)

(資産の部)
Ⅰ    流動資産
    1.現金及び預金                         681,133                       1,122,318
    2.受取手形        ※7                  43,835                          67,587
    3.調査等未収入金     ※2                 850,106                         773,403
    4.未成調査支出金                        437,822                         631,847
    5.貯蔵品                             16,374                          20,989
    6.前払費用                             7,254                           6,622
    7.繰延税金資産                          52,481                          86,269
    8.その他                             21,610                           4,201
                                     △2,080                          △5,080
    9.貸倒引当金
     流動資産合計                                     54.9                            59.2
                                   2,108,539                       2,708,158
Ⅱ    固定資産
    (1)有形固定資産
     1.建物         ※1    863,623                         910,727
                        386,694                          421,406
       減価償却累計額                       476,928                         489,321
     2.構築物                23,012                          26,747
                          13,332                          14,914
       減価償却累計額                         9,679                          11,833
     3.機械装置              340,331                         341,149
                         260,432                         277,473
       減価償却累計額                        79,899                          63,676
     4.車両運搬具               6,123                           6,123
                          5,804                           5,815
       減価償却累計額                           319                             308
     5.工具器具及び備品        1,014,146                       1,061,005
                         810,124                         846,292
       減価償却累計額                       204,021                         214,712
                                     576,301                         624,751
     6.土地         ※1
      有形固定資産合計                                  35.1                            30.7
                                   1,347,149                       1,404,602




                                     26/63
                                                        EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                           エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                        有価証券報告書


                        第39期                      第40期
                    (平成17年9月30日)              (平成18年9月30日)

               注記                     構成比                       構成比
     区分             金額(千円)                    金額(千円)
               番号                     (%)                       (%)

(2)無形固定資産
 1.電話加入権                      9,994                     9,994
 2.施設利用権                        757                       743
                              8,504                     7,051
 3.ソフトウェア
  無形固定資産合計                              0.5                       0.4
                             19,256                    17,789
(3)投資その他の資産
 1.投資有価証券                    15,847                  109,452
 2.出資金                        1,178                     1,178
 3.長期貸付金                        383                       115
 4.破産更生等債権                   23,929                    25,751
 5.長期前払費用                     2,472                     2,203
 6.繰延税金資産                  238,060                   231,060
 7.差入保証金                   100,690                     97,143
 8.その他                        1,336                     1,402
                          △16,242                   △24,295
 9.貸倒引当金
  投資その他の資産合計               367,655      9.6          444,010      9.7

 固定資産合計                  1,734,061     45.1        1,866,403     40.8

 資産合計                    3,842,600    100.0        4,574,561    100.0




                             27/63
                                                          EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                             エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                          有価証券報告書


                          第39期                      第40期
                      (平成17年9月30日)              (平成18年9月30日)

                 注記                     構成比                       構成比
         区分           金額(千円)                    金額(千円)
                 番号                     (%)                       (%)

(負債の部)
Ⅰ    流動負債
1.調査等未払金                     217,701                   258,104
2.未払金                          50,706                    64,262
3.未払費用                         77,557                  104,622
4.未払法人税等                       28,445                  206,223
5.未払消費税等                       21,427                    32,268
6.未成調査等受入金                     35,893                  267,525
7.預り金                           9,338                    27,033
8.賞与引当金                      100,007                   136,937
9.役員賞与引当金                          −                     30,600
    10.損害賠償引当金                     −                      9,675
                                1,529                     1,529
    11.その他
     流動負債合計                              14.1                      24.9
                             542,607                 1,138,781
Ⅱ    固定負債
    1.長期未払金                  162,174                   139,186
                             418,299                   383,948
    2.退職給付引当金
     固定負債合計                  580,474     15.1          523,135     11.4
     負債合計                                29.2                      36.3
                           1,123,081                 1,661,916




                               28/63
                                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                       有価証券報告書


                               第39期                            第40期
                           (平成17年9月30日)                    (平成18年9月30日)

                  注記                           構成比                             構成比
           区分              金額(千円)                          金額(千円)
                  番号                           (%)                             (%)

(資本の部)
Ⅰ    資本金          ※3                 396,200    10.3                      −       −
Ⅱ    資本剰余金
                        350,105                               −
    1.資本準備金
     資本剰余金合計                         350,105     9.1                      −       −
Ⅲ    利益剰余金
    1.利益準備金              37,893                               −
    2.任意積立金
     (1)別途積立金          1,803,000                              −
                        150,627                               −
    3.当期未処分利益
     利益剰余金合計                       1,991,520    51.8                      −       −
Ⅳ    その他有価証券評価
                  ※6                   1,420     0.0                      −       −
     差額金
                                    △19,728                               −
Ⅴ    自己株式         ※4                           △0.5                               −
     資本合計                          2,719,518    70.8                      −       −

     負債資本合計                        3,842,600   100.0                      −       −


(純資産の部)
Ⅰ 株主資本
1.資本金                                    −       −                   396,200     8.7
    2.資本剰余金
                             −                           350,105
     (1)資本準備金
      資本剰余金合計                             −       −                  350,105     7.7
    3.利益剰余金
     (1)利益準備金                −                           37,893
    (2)その他利益剰余金
       別途積立金                 −                         1,873,000
                             −                           272,563
       繰越利益剰余金
      利益剰余金合計                             −       −                2,183,456    47.7
                                          −                         △19,728
    4.自己株式                                        −                            △0.4
     株主資本合計                                       −                             63.6
                                          −                        2,910,033
Ⅱ   評価・換算差額等
    1.その他有価証券評価
                                         −                             2,611
                                                 −                               0.1
      差額金
     評価・換算差額等合計                           −       −                    2,611     0.1

     純資産合計                                −       −                2,912,644    63.7

     負債純資産合計                              −       −                4,574,561   100.0




                                     29/63
                                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                       有価証券報告書


     ②【損益計算書】
                                 第39期                            第40期
                         (自    平成16年10月1日                (自    平成17年10月1日
                          至    平成17年9月30日)                至    平成18年9月30日)

                  注記                           百分比                             百分比
           区分              金額(千円)                          金額(千円)
                  番号                           (%)                             (%)

Ⅰ    売上高
    1.調査売上高            2,293,665                       2,224,451
    2.計量売上高            2,080,036                       2,211,849
                         219,276                         625,794
    3.建築物管理売上高                     4,592,977   100.0               5,062,095   100.0
Ⅱ    売上原価
    1.調査原価             1,606,038                       1,480,978
    2.計量原価             1,302,080                       1,315,697
                        162,181    3,070,300            418,715    3,215,391
    3.建築物管理原価                                   66.8                            63.5
      売上総利益                                     33.2                            36.5
                                   1,522,676                       1,846,704
Ⅲ    販売費及び一般管理費
    1.役員報酬               78,063                          81,367
    2.給料手当              634,983                         673,993
3.賞与引当金繰入額               34,640                          49,088
4.役員賞与引当金繰入額                  −                          30,600
5.法定・福利厚生費              118,411                         131,267
6.退職給付費用                  5,005                           4,929
7.旅費・交通費                 49,933                          53,974
    8.通信運搬費              36,632                          35,987
    9.地代家賃・賃借料           98,087                          92,321
    10.研究開発費      ※2      9,339                           7,879
    11.減価償却費             10,405                           9,747
                        190,019    1,265,522            203,590    1,374,747
12.その他                                          27.6                            27.2
      営業利益                                       5.6                             9.3
                                     257,154                         471,956
Ⅳ    営業外収益
1.受取利息                        21                              22
2.賃貸料収入           ※1      1,670                           1,573
3.受取配当金                     524                           2,132
4.講演会等謝金                     537                              −
                           1,546                           2,114
    5.その他         ※1                   4,299     0.1                   5,843     0.1


Ⅴ    営業外費用
    1.支払利息                   605                             421
                              −          605                  14         436
    2.その他                                        0.0                             0.0
      経常利益                                       5.7                             9.4
                                     260,848                         477,364




                                     30/63
                                                               EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                  エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                              有価証券報告書


                                第39期                      第40期
                        (自    平成16年10月1日            (自   平成17年10月1日
                         至    平成17年9月30日)            至   平成18年9月30日)

                   注記                       百分比                        百分比
        区分               金額(千円)                      金額(千円)
                   番号                       (%)                        (%)

Ⅵ   特別利益
1.貸倒引当金戻入益                267                            −
                        4,923                        2,284
2.投資有価証券売却益                         5,190    0.1               2,284    0.0
Ⅶ    特別損失
    1.固定資産除却損      ※3    2,676                       2,414
    2.退職給付会計基準変更
                        12,267                           −
      時差異処理額
3.本社移転費用                7,009                            −
4.公正取引委員会課徴金            2,300                          330
5.損害賠償金                      −                       9,675
                             90    24,344                −    12,420
6.投資有価証券売却損                                  0.5                        0.2
     税引前当期純利益                                5.3                        9.2
                                  241,695                    467,228
     法人税、住民税及び
                        83,265                     240,391
     事業税
                        17,779    101,045          △27,598   212,792
     法人税等調整額                                 2.2                        4.2
      当期純利益                                  3.1             254,435    5.0
                                  140,650
      前期繰越利益                       29,433                         −
                                   19,456                        −
      中間配当額
     当期未処分利益                      150,627                        −




                                  31/63
                                                                              EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                 エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                             有価証券報告書


     売上原価明細書
     (a)調査原価明細書
                                    第39期                               第40期
                         (自       平成16年10月1日                (自       平成17年10月1日
                          至       平成17年9月30日)                至       平成18年9月30日)

                   注記                            構成比                                 構成比
           区分              金額(千円)                             金額(千円)
                   番号                            (%)                                 (%)

Ⅰ    材料費                                34,232      2.1                     31,390     1.9
Ⅱ    労務費           ※2                  708,412     43.9                    726,925    43.8
Ⅲ   外注費                                443,521     27.5                    496,495    29.9
Ⅳ   経費
    1.旅費・交通費             80,870                             92,756
    2.地代家賃・賃借料          117,048                             94,544
    3.報告書作成費             36,812                             33,805
    4.減価償却費              42,286                             38,239
                        152,006        429,024             147,038         406,384
    5.その他                                          26.5                               24.4
      当期調査費用合計                                   100.0                               100.0
                                     1,615,191                          1,661,195
                                       428,669                             437,822
      期首未成調査支出金
         合計                          2,043,861                          2,099,017
                                       437,822                             618,039
      期末未成調査支出金
      当期調査原価                         1,606,038                          1,480,978


(注)1.原価計算の方法                  第39期    個別原価計算              第40期        同左
     ※2.賞与引当金繰入額              第39期      31,838千円          第40期       41,398千円


     (b)計量原価明細書
                                    第39期                               第40期
                         (自       平成16年10月1日                (自       平成17年10月1日
                          至       平成17年9月30日)                至       平成18年9月30日)

                   注記                            構成比                                 構成比
           区分              金額(千円)                             金額(千円)
                   番号                            (%)                                 (%)

Ⅰ   材料費                                88,935      6.8                     88,861      6.8
Ⅱ   労務費            ※2                  648,271     49.8                    697,951    53.0
Ⅲ    外注費                               160,643     12.3                    104,050     7.9
Ⅳ    経費
    1.旅費・交通費             30,925                             35,792
    2.地代家賃・賃借料           82,522                             84,786
    3.報告書作成費              6,825                              7,068
    4.減価償却費              88,942                             83,023
                        195,015        404,230             214,162         424,834
    5.その他                                          31.1                               32.3
      当期計量原価                         1,302,080   100.0                  1,315,697    100.0

(注)1.計量業務は、一度に多量の測定業務を行う室内試験測定がほとんどであり、作業開始から完了までの期間が
     短期間であり、また1件当たりの受注額が少額であるため、発生原価をもって売上原価としております。
     ※2.賞与引当金繰入額              第39期      29,135千円          第40期       39,747千円




                                        32/63
                                                                          EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                             エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                          有価証券報告書


     (c)建築物管理原価明細書
                                     第39期                             第40期
                          (自       平成16年10月1日              (自       平成17年10月1日
                           至       平成17年9月30日)              至       平成18年9月30日)

                     注記                         構成比                               構成比
           区分               金額(千円)                           金額(千円)
                     番号                         (%)                               (%)

Ⅰ   材料費                                20,149     12.4                  42,780     9.9
Ⅱ    労務費             ※2                97,738     60.3                 121,807     28.2
Ⅲ    外注費                               10,501      6.5                 195,935     45.3
Ⅳ    経費
    1.旅費・交通費               8,182                           15,460
    2.地代家賃・賃借料             8,287                           10,702
    3.報告書作成費                 928                           1,552
    4.減価償却費                4,466                           7,275
                          11,927       33,792              37,009       71,999
    5.その他                                         20.8                             16.6
      当期建築物管理費用合
                                                100.0                             100.0
                                      162,181                          432,523
      計
                                           −                                  −
      期首未成調査支出金
       合計                             162,181                          432,523
                                           −                            13,808
      期末未成調査支出金
      当期建築物管理原価                       162,181                          418,715

(注)1.建築物管理業務は、作業開始から完了までの期間が短期間であり、また1件当たりの受注額が少額であるた
     め、原則として発生原価をもって売上原価としております。但し、アスベスト除去工事については、作業開
     始から完了までに期間を要し、また1件当たりの受注額が高額であるため、工事完了をもって売上原価とし
     ております。
     ※2.賞与引当金繰入額               第39期     4,392千円          第40期       6,702千円




                                       33/63
                                                                                                 EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                                    エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                                    有価証券報告書


   ③【株主資本等変動計算書】
     当事業年度(自 平成17年10月1日                  至   平成18年9月30日)
                                                                 株主資本

                           資本剰余金                                 利益剰余金

                                                            その他利益剰余金                                    株主資本
                 資本金                                                                          自己株式
                                                                                  利益剰余金                  合計
                           資本準備金          利益準備金
                                                                      繰越利益          合計
                                                         別途積立金
                                                                       剰余金

平成17年9月30日 残高
                 396,200       350,105         37,893     1,803,000     150,627   1,991,520   △19,728   2,718,097
(千円)

事業年度中の変動額

 別途積立金の積立                                                    70,000   △70,000            −                    −

 剰余金の配当                                                               △19,456      △19,456              △19,456

 剰余金の配当(中間配当
                                                                      △19,456      △19,456              △19,456
 額)

 利益処分による役員賞与                                                          △23,588      △23,588              △23,588

 当期純利益                                                                  254,435     254,435               254,435

 株主資本以外の項目の事業
 年度中の変動額(純額)

事業年度中の変動額合計
                       −            −                −       70,000     121,935     191,935        −     191,935
(千円)

平成18年9月30日 残高
                 396,200       350,105         37,893     1,873,000     272,563   2,183,456   △19,728   2,910,033
(千円)



                評価・換算差額等
                                  純資産合計
                その他有価証券
                 評価差額金

平成17年9月30日 残高
                       1,420         2,719,518
(千円)

事業年度中の変動額

 別途積立金の積立                                       −

 剰余金の配当                                  △19,456

 剰余金の配当(中間配当
                                         △19,456
 額)

 利益処分による役員賞与                             △23,588
 当期純利益                                   254,435

 株主資本以外の項目の事業
                       1,190                 1,190
 年度中の変動額(純額)

事業年度中の変動額合計
                       1,190             193,126
(千円)

平成18年9月30日 残高
                       2,611         2,912,644
(千円)




                                                         34/63
                                                            EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                               エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                         有価証券報告書


    ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                      第39期                第40期
                               (自   平成16年10月1日     (自   平成17年10月1日
                                至   平成17年9月30日)     至   平成18年9月30日)

                          注記
              区分                    金額(千円)              金額(千円)
                          番号
Ⅰ   営業活動によるキャッシュ・フロー
     税引前当期純利益                            241,695             467,228
     減価償却費                               146,442            138,284
     貸倒引当金の増加額(△減少額)                       △409              11,052
     賞与引当金の増加額(△減少額)                    △31,615              36,929
     役員賞与引当金の増加額                              −              30,600
     長期未払金の増加額(△減少額)                      31,575           △22,987
     退職給付引当金の減少額                        △15,396            △34,351
     役員退職慰労引当金の減少額                      △58,708                   −
     受取利息及び受取配当金                           △545              △2,155
     支払利息                                    605                421
     役員賞与の支払額                           △23,200            △23,588
     有形固定資産除却損                             2,676              2,414
     投資有価証券売却益                           △4,923             △2,284
     公正取引委員会課徴金                            2,300                 −
     損害賠償引当金                                  −               9,675
     売上債権の減少額(△増加額)                     △212,836             52,951
                                        △26,432              231,632
     未成調査等受入金の増加額(△減少額)
     未成調査支出金の増加額                         △9,152            △194,025
     仕入債務の増加額                             68,510             40,402
     その他資産の減少額(△増加額)                    △22,522              13,547
     その他負債の増加額(△減少額)                    △10,981              63,740
       小計                                 77,082            819,490
     利息及び配当金の受取額                             545              2,155
     利息の支払額                                △605               △421
     法人税等の支払額                           △108,382           △75,385
    営業活動によるキャッシュ・フロー                    △31,359             745,838
Ⅱ   投資活動によるキャッシュ・フロー
     有形固定資産の取得による支出                     △175,477           △175,161
     投資有価証券の取得による支出                     △18,546             △98,482
     投資有価証券の売却による収入                       31,581               9,163
     無形固定資産の取得による支出                      △3,172             △2,275
     貸付けの返済による収入                             153                263
     貸付けによる支出                              △500                  −
     その他                                  12,314                616
    投資活動によるキャッシュ・フロー                    △153,647           △265,877
Ⅲ   財務活動によるキャッシュ・フロー
     短期借入れによる収入                          250,000            250,000
     短期借入金の返済による支出                      △250,000           △250,000
     配当金の支払額                            △38,863            △38,776
    財務活動によるキャッシュ・フロー                    △38,863            △38,776
Ⅳ   現金及び現金同等物の増加額(△減少額)                 △223,870             441,184
Ⅴ   現金及び現金同等物の期首残高                       885,004             661,133
                                         661,133           1,102,318
Ⅵ   現金及び現金同等物の期末残高




                                35/63
                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                 有価証券報告書


     ⑤【利益処分計算書】
                           第39期
                         株主総会承認日
                       (平成17年12月16日)

                  注記
        区分                金額(千円)
                  番号

Ⅰ    当期未処分利益                              150,627
Ⅱ    利益処分額
    1.配当金               19,456
    2.役員賞与金             23,588
     (うち監査役賞与金)         (2,040)
3.任意積立金
                        70,000            113,044
      別途積立金
Ⅲ   次期繰越利益                                 37,583




                                  36/63
                                                              EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                 エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                           有価証券報告書


  重要な会計方針
                             第39期                      第40期
     項目               (自   平成16年10月1日           (自   平成17年10月1日
                       至   平成17年9月30日)           至   平成18年9月30日)
1.有価証券の評価基準及び   その他有価証券                     その他有価証券
  評価方法           時価(市場価格)のあるもの               時価(市場価格)のあるもの
                  期末日の市場価格等に基づく時価法            期末日の市場価格等に基づく時価法
                 (評価差額は全部資本直入法により処           (評価差額は全部純資産直入法により
                 理し、売却原価は移動平均法により算           処理し、売却原価は移動平均法により
                 定)を採用しております。                算定)を採用しております。
                 時価(市場価格)のないもの               時価(市場価格)のないもの
                  移動平均法による原価法を採用して                   同左
                 おります。
2.たな卸資産の評価基準及   (1)未成調査支出金                  (1)未成調査支出金
  び評価方法             個別法による原価法を採用しており                     同左
                  ます。
                (2)貯蔵品                      (2)貯蔵品
                    最終仕入原価法による原価法を採用                     同左
                  しております。
3.固定資産の減価償却の方   (1)有形固定資産                   (1)有形固定資産
  法                 定率法(ただし、建物(建物附属設                     同左
                  備を除く)については定額法)を採用
                  しております。
                    なお、主な耐用年数は以下のとおり
                  であります。
                    建物       2∼52年
                    機械装置     5∼9年
                    工具器具及び備品 2∼20年
                (2)無形固定資産                   (2)無形固定資産
                    定額法を採用しております。                       同左
                    なお、自社利用のソフトウェアにつ
                  いては、社内における利用可能期間
                  (5年)に基づいております。
4.引当金の計上基準      (1)貸倒引当金                    (1)貸倒引当金
                    債権の貸倒れによる損失に備えるた                    同左
                  め、一般債権については貸倒実績率に
                  より、貸倒懸念債権等特定の債権につ
                  いては個別に回収可能性を勘案し、回
                  収不能見込額を計上しております。
                (2)賞与引当金                    (2)賞与引当金
                    従業員の賞与の支給に備えるため、                    同左
                  支給見込額に基づき計上しておりま
                  す。
                (3)      ──────             (3)役員賞与引当金
                                                役員に対する賞与の支給に備えるた
                                              め、支給見込額に基づき計上しており
                                              ます。
                (4)        ──────           (4)損害賠償引当金
                                                損害賠償金の支払いに備えるため、
                                             支払い見込額に基づき計上しておりま
                                             す。




                                    37/63
                                             EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                エヌエス環境株式会社(941260)
                                                          有価証券報告書


                第39期                     第40期
項目       (自   平成16年10月1日          (自   平成17年10月1日
          至   平成17年9月30日)          至   平成18年9月30日)
     (5)退職給付引当金                (5)退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当          従業員の退職給付に備えるため、当
       事業年度末における退職給付債務の見         事業年度末における退職給付債務の見
       込額に基づき計上しております。           込額に基づき計上しております。
         なお、会計基準変更時差異(87,551       なお、数理計算上の差異は、各事業
       千円)については、5年による按分額         年度の発生時における従業員の平均残
       を費用処理しております。              存勤務期間以内の一定の年数(5年)
         数理計算上の差異は、各事業年度の        による定額法により按分した額をそれ
       発生時における従業員の平均残存勤務         ぞれ発生の翌事業年度から費用処理す
       期間以内の一定の年数(5年)による         ることとしております。
       定額法により按分した額をそれぞれ発           過去勤務債務は、その発生時の従業
       生の翌事業年度から費用処理すること         員の平均残存勤務期間以内の一定の年
       としております。                  数(5年)による定額法により費用処
         過去勤務債務は、その発生時の従業        理することとしております。
       員の平均残存勤務期間以内の一定の年
       数(5年)による定額法により費用処
       理することとしております。
     (6)役員退職慰労引当金              (6)役員退職慰労引当金
              ──────                   ──────

      (追加情報)                           ──────
       従来、役員の退職慰労金の支出に備
      えて、役員退職慰労金規定に基づく期
      末要支給額を計上しておりましたが、
      平成16年8月27日開催の取締役会によ
      り、平成16年9月30日をもって役員退
      職慰労金制度を廃止することを決議
      し、平成16年12月16日の定時株主総会
      において、退職慰労金制度廃止に伴う
      慰労金贈呈の件が承認可決したことに
      伴い、当事業年度より計上しておりま
      せん。
       この役員退職慰労金制度の廃止に伴
      い、当社の前事業年度末役員退職慰労
      引当金残高58,708千円のうち、当事業
      年度に1,471千円の目的取崩を実施し、
      残額57,237千円については、固定負債
      の「長期未払金」に振替えておりま
      す。




                      38/63
                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                 有価証券報告書


                          第39期                 第40期
     項目            (自   平成16年10月1日      (自   平成17年10月1日
                    至   平成17年9月30日)      至   平成18年9月30日)
5.リース取引の処理方法     リース物件の所有権が借主に移転する             同左
                と認められるもの以外のファイナンス・
                リース取引については、通常の賃貸借取
                引に係る方法に準じた会計処理によって
                おります。
6.キャッシュ・フロー計算    キャッシュ・フロー計算書における資             同左
  書における資金の範囲    金(現金及び現金同等物)は、手許資
                金、随時引き出し可能な預金・満期まで
                の預入期間が3ヶ月以内の定期預金及び
                容易に換金可能であり、かつ、価値の変
                動について僅少なリスクしか負わない短
                期投資からなっております。
7.消費税等の処理方法      消費税及び地方消費税の会計処理は、             同左
                税抜き方式によっております。




                                39/63
                                                  EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                     エヌエス環境株式会社(941260)
                                                               有価証券報告書


会計処理方法の変更
           第39期                       第40期
    (自   平成16年10月1日            (自   平成17年10月1日
     至   平成17年9月30日)            至   平成18年9月30日)
         ──────        (固定資産の減損に係る会計基準)
                        当事業年度より、「固定資産の減損に係る会計基準」
                       (「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見
                       書」(企業会計審議会 平成14年8月9日))及び「固定
                       資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適
                       用指針第6号 平成15年10月31日)を適用しております。
                       なお、これによる損益に与える影響はありません。
         ──────        (役員賞与に関する会計基準)
                         当事業年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業
                       会計基準委員会 企業会計基準第4号 平成17年11月29
                       日)を適用しております。これにより、従来、株主総会決
                       議時に未処分利益の減少として会計処理していた役員賞与
                       を当事業年度から発生時に費用処理しております。
                         この結果、従来の方法に比べ、販売費及び一般管理費が
                       30,600千円増加し、営業利益、経常利益、税引前当期純利
                       益がそれぞれ同額減少しております。
         ──────        (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
                        当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関
                       する会計基準」(企業会計基準委員会 企業会計基準第5
                       号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の
                       表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員
                       会 企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を
                       適用しております。
                        従来の資本の部の合計に相当する金額は2,912,644千円
                       であります。
                        なお、財務諸表等規則の改正により、当事業年度におけ
                       る貸借対照表の純資産の部については、改正後の財務諸表
                       等規則により作成しております。




                       40/63
                                                          EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                             エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                       有価証券報告書


  表示方法の変更
                第39期                          第40期
         (自   平成16年10月1日               (自   平成17年10月1日
          至   平成17年9月30日)               至   平成18年9月30日)
(損益計算書)                                     ──────
 前事業年度まで営業外収益の「その他」に含めて表示
しておりました「講演会等謝金」は、営業外収益の総額
の100分の10を超えたため区分掲記しました。
 なお、前事業年度における「講演会等謝金」の金額
は、36千円であります。


  追加情報

                第39期                          第40期
         (自   平成16年10月1日               (自   平成17年10月1日
          至   平成17年9月30日)               至   平成18年9月30日)
(外形標準課税)                                    ──────
 「地方税等の一部を改正する法律」(平成15年法律第9
号)が平成15年3月31日に公布され、平成16年4月1日
以後に開始する事業年度より外形標準課税制度が導入さ
れたことに伴い、当会計期間から「法人事業税における
外形標準課税部分の損益計算書上の表示についての実務
上の取扱い」(平成16年2月13日 企業会計基準委員会
実務対応報告第12号)に従い法人事業税の付加価値割及
び資本割については、販売費及び一般管理費に計上して
おります。
  この結果、販売費及び一般管理費が10,876千円増加
し、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益が、
10,876千円減少しております。




                               41/63
                                                                      EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                         エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                   有価証券報告書


     注記事項
     (貸借対照表関係)
                第39期                                      第40期
            (平成17年9月30日)                              (平成18年9月30日)
※1 担保に供している資産及びこれに対応する債務は              ※1   担保に供している資産及びこれに対応する債務は
  次のとおりであります。                             次のとおりであります。
  (1)担保に供している資産                           (1)担保に供している資産
       建物           39,373千円                   建物            38,010千円
       土地           56,602                     土地            56,602
        計                    95,975               計                     94,613

  (2)担保権によって担保されている債務                    (2)担保権によって担保されている債務
      期末日現在、上記担保に対応する当座貸越契約                  期末日現在、上記担保に対応する当座貸越契約
    (借越限度額350,000千円)の実行はありません。             (借越限度額350,000千円)の実行はありません。
※2 関係会社に対するものが次のとおり含まれており              ※2 関係会社に対するものが次のとおり含まれており
  ます。                                    ます。
       調査等未収入金            99,389千円            調査等未収入金            67,444千円

※3   会社が発行する株式の総数及び発行済株式の総数            ※3                ──────
     会社が発行する株式の
                普通株式 13,600,000株
     総数
     発行済株式の総数   普通株式  3,920,000株

     ただし、自己株式の消却が行われた場合には、
   これに相当する株式数を減ずる旨定款で定めてお
   ります。
※4 自己株式                                ※4                ──────
     当社が保有する自己株式の数は、普通株式
   28,800株であります。
 5 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引               5 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引
  銀行3行と当座貸越契約を締結しております。これ                銀行4行と当座貸越契約を締結しております。これ
  ら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次                ら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次
  のとおりであります。                             のとおりであります。
       当座貸越極度額      1,100,000千円             当座貸越極度額       1,200,000千円
       借入実行残高              −                借入実行残高               −
       差引額                 1,100,000             差引額                 1,200,000

※6   配当制限                              ※6      配当制限
      商法施行規則第124条第3号に規程する資産に時                            ──────
     価を付したことにより増加した純資産は1,420千円
     であります。

※7           ──────                    ※7 期末日満期手形
                                           期末日満期手形の会計処理については、手形交
                                          換日をもって決済処理しております。なお、当期
                                          末日が金融機関の休日であったため、次の期末日
                                          満期手形が期末残高に含まれております。
                                            受取手形            3,938千円




                                       42/63
                                                                                   EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                      エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                  有価証券報告書


     (損益計算書関係)
                  第39期                                                 第40期
           (自   平成16年10月1日                                      (自   平成17年10月1日
            至   平成17年9月30日)                                      至   平成18年9月30日)
※1 関係会社との取引に係るものは次のとおりであり                     ※1    関係会社との取引に係るものは次のとおりであり
  ます。                                              ます。
   賃貸料収入              457千円                         賃貸料収入              457千円
   その他(事務収入)          228千円                         その他(事務収入)          228千円

※2   研究開発費の総額                                 ※2       研究開発費の総額
     販売費及び一般管理費                 9,339千円                販売費及び一般管理費                    7,879千円

※3   固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。                   ※3       固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
     建物                1,073千円                         建物                   −千円
     構築物                 151                           構築物                  −
     機械装置                         202                  機械装置                125
     車両運搬具                        159                  車両運搬具                −
     工具器具及び備品                   1,089                  工具器具及び備品          2,289
       計                        2,676                   計                            2,414


     (株主資本等変動計算書関係)
      当事業年度(自 平成17年10月1日 至 平成18年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        前事業年度末株式             当事業年度増加株            当事業年度減少株       当事業年度末株式
                        数(株)                 式数(株)               式数(株)          数(株)

発行済株式

 普通株式                         3,920,000                     −               −         3,920,000

           合計                 3,920,000                     −               −         3,920,000

自己株式

 普通株式                           28,800                      −               −           28,800

           合計                   28,800                      −               −           28,800


      2.配当に関する事項
       (1)配当金支払額
                              配当金の総額          1株当たり配当
      決議          株式の種類                                               基準日          効力発生日
                               (千円)           額(円)
平成17年12月16日
                 普通株式               19,456                  5    平成17年9月30日     平成17年12月16日
定時株主総会
平成18年5月15日
                 普通株式               19,456                  5    平成18年3月31日     平成18年5月15日
取締役会


       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
                        配当金の総額                         1株当たり配
     決議         株式の種類                     配当の原資                         基準日        効力発生日
                         (千円)                          当額(円)
平成18年12月19日
                普通株式       38,912         利益剰余金                 10   平成18年9月30日 平成18年12月20日
定時株主総会




                                               43/63
                                                             EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                          有価証券報告書


  (キャッシュ・フロー計算書関係)
               第39期                              第40期
        (自   平成16年10月1日                   (自   平成17年10月1日
         至   平成17年9月30日)                   至   平成18年9月30日)
 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記さ          現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記さ
れている科目との関係                        れている科目との関係
              (平成17年9月30日現在)                    (平成18年9月30日現在)
 現金及び預金勘定             681,133千円    現金及び預金勘定           1,122,318千円
 預入期間が3ヶ月を超える定期預                   預入期間が3ヶ月を超える定期預
                     △20,000                           △20,000
 金                                 金
 現金及び現金同等物                         現金及び現金同等物
                      661,133                         1,102,318




                                  44/63
                                                                                      EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                         エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                   有価証券報告書


  (リース取引関係)
                  第39期                                               第40期
           (自   平成16年10月1日                                    (自   平成17年10月1日
            至   平成17年9月30日)                                    至   平成18年9月30日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められる                        1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められる
 もの以外のファイナンス・リース取引                                もの以外のファイナンス・リース取引
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                       (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額及び期末残高相当額                                       額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
            取得価額相 減価償却累 期末残高相                                  取得価額相 減価償却累 期末残高相
            当額    計額相当額 当額                                     当額    計額相当額 当額
             (千円)  (千円)  (千円)                                   (千円)  (千円)  (千円)

 建物             59,400    59,400             −    工具器具及び
                                                                   199,273   70,139      129,133
                                                  備品
 機械装置           53,260    49,144       4,115
                                                         合計        199,273   70,139      129,133
 工具器具及び
                174,940   96,511      78,428
 備品

      合計        287,600   205,056     82,544

(2)未経過リース料期末残高相当額                                (2)未経過リース料期末残高相当額等
                                                    未経過リース料期末残高相当額
   1年内                              29,425千円         1年内                               37,448千円
   1年超                              54,608           1年超                               91,207
      計                             84,034               計                            128,656

(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当                       (3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価
 額                                                償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
   支払リース料            58,673千円                       支払リース料            42,615千円
   減価償却費相当額          56,595千円                       減価償却費相当額          39,885千円
   支払利息相当額            1,342千円                       支払利息相当額            2,040千円

(4)減価償却費相当額の算定方法                                 (4)減価償却費相当額の算定方法
   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                                   同左
 額法によっております。
(5)利息相当額の算定方法                                    (5)利息相当額の算定方法
   リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差                                   同左
 額を利息相当額とし、各期への配分方法については、
 利息法によっております。
2.オペレーティング・リース取引                                 2.オペレーティング・リース取引
    未経過リース料                                         未経過リース料
    1年内                949千円                        1年内                                1,846千円
    1年超              1,819                          1年超                                4,984
      合計                            2,768                合計                            6,830

                                                 (減損損失について)
                                                  リース資産に配分された減損損失はありません。




                                                 45/63
                                                              EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                 エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                               有価証券報告書


   (有価証券関係)
   前事業年度(平成17年9月30日現在)
                          有価証券
     1.その他有価証券で時価(市場価格)のあるもの
                                             貸借対照表計上額
                     種類     取得原価(千円)                        差額(千円)
                                               (千円)
             (1)株式                  5,146           8,161              3,014
貸借対照表計上額が取得原
             (2)債券                       −              −                 −
価を超えるもの
             (3)その他                      −              −                 −

                     小計             5,146           8,161              3,014

             (1)株式                  3,912           3,286              △626

貸借対照表計上額が取得原 (2)債券                       −              −                 −
価を超えないもの     (3)その他                      −              −                 −

                     小計             3,912           3,286              △626

           合計                       9,059          11,447              2,387



     2.当事業年度中に売却したその他有価証券(自平成16年10月1日          至平成17年9月30日)
      売却額(千円)             売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)

            31,581                  4,923                         90


     3.時価評価されていない主な有価証券の内容
                種類                           貸借対照表計上額(千円)

その他有価証券

 非上場株式                                                         4,400




                                 46/63
                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                     有価証券報告書


   当事業年度(平成18年9月30日現在)
                          有価証券
     1.その他有価証券で時価(市場価格)のあるもの
                                                   貸借対照表計上額
                     種類         取得原価(千円)                          差額(千円)
                                                     (千円)
             (1)株式                         4,769          7,258              2,488
貸借対照表計上額が取得原
             (2)債券                            −               −                 −
価を超えるもの
             (3)その他                       77,960         82,842              4,882

                     小計                   82,729         90,101              7,371

             (1)株式                        17,933         14,951          △2,982

貸借対照表計上額が取得原 (2)債券                            −               −                 −
価を超えないもの     (3)その他                           −               −                 −

                     小計                   17,933         14,951          △2,982

           合計                            100,663        105,052              4,389



     2.当事業年度中に売却したその他有価証券(自平成17年10月1日                至平成18年9月30日)
      売却額(千円)                 売却益の合計額(千円)                売却損の合計額(千円)

             8,763                         2,284                        −


     3.時価評価されていない主な有価証券の内容
                種類                                 貸借対照表計上額(千円)

その他有価証券

 非上場株式                                                               4,400


  (デリバティブ取引関係)
 前事業年度(自平成16年10月1日 至平成17年9月30日)
  当社は、デリバティブ取引を全く利用しておりませんので該当事項はありません。


 当事業年度(自平成17年10月1日        至平成18年9月30日)
  同上




                                     47/63
                                                         EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                            エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                      有価証券報告書


  (退職給付関係)
   1.採用している退職給付制度の概要
     当社は、前払退職金制度、確定拠出年金制度及び退職一時金制度を設けております。
     なお、平成15年10月1日付で退職金規程の改定を行い、退職一時金制度の一部を残して前払退職金制度と確
    定拠出年金制度に移行しております。


   2.退職給付債務及びその内訳
                                   第39期                第40期
                               (平成17年9月30日)        (平成18年9月30日)

(1)退職給付債務(千円)                           △320,371         △311,904

(2) 年金資産(千円)                                  −                −

(3)未積立退職給付債務 (1)+(2)(千円)                △320,371         △311,904

(4)会計基準変更時差異の未処理額(千円)                         −                −

(5)未認識数理計算上の差異(千円)                        17,993            5,237

(6) 未認識過去勤務債務(債務の減額)(千円)                △115,921         △77,281

(7)貸借対照表計上額純額(3)+(4)+(5)+(6)
                                        △418,299         △383,948
 (千円)

                                              −                −
(8)前払年金費用(千円)

(9) 退職給付引当金 (7)−(8)(千円)                 △418,299         △383,948


 前事業年度(平成17年9月30日現在)
 当事業年度末時点における確定拠出年金制度への資産未移管額は流動負債のその他(未払金)に20,987千円、長期未
払金に104,936千円それぞれ計上しております。


 当事業年度(平成18年9月30日現在)
 当事業年度末時点における確定拠出年金制度への資産未移管額は流動負債のその他(未払金)に20,487千円、長期未
払金に81,949千円それぞれ計上しております。




                                48/63
                                                         EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                            エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                      有価証券報告書


   3.退職給付費用の内訳
                                  第39期                  第40期
                          (自    平成16年10月1日       (自   平成17年10月1日
                           至    平成17年9月30日)       至   平成18年9月30日)

                                        53,248               43,782
退職給付費用(千円)

(1)勤務費用(千円)                                 −                    −

(2)利息費用(千円)                              8,067                8,009

(3)期待運用収益(減算)(千円)                           −                    −

(4)会計基準変更時差異の費用処理額(千円)                  12,267                   −

(5)数理計算上の差異の費用処理額(千円)                   11,316               10,918

(6)過去勤務債務の費用処理額(千円)                    △38,640            △38,640

(7)前払退職金支給額(千円)                         16,274               17,480

(8)確定拠出年金への掛金支払額(千円)                    43,961               46,014


   4.退職給付債務の計算基礎
                               第39期                   第40期
                           (平成17年9月30日)           (平成18年9月30日)

(1)退職給付見込額の期間配分方法                  期間定額基準              期間定額基準

(2)割引率(%)                                 2.5                  2.5

(3)期待運用収益率                                 −                    −

(4)数理計算上の差異の処理年数(年)                       5                    5
                          (各事業年度の発生時におけ                 同左
                         る従業員の平均残存勤務期間以
                         内の一定の年数による定額法に
                         より按分した額をそれぞれ発生
                         の翌事業年度から費用処理する
                         こととしております。)
(5)会計基準変更時差異の処理年数(年)                       5                   5

(6)過去勤務債務の額の処理年数(年)                        5                   5




                               49/63
                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                    有価証券報告書


(税効果会計関係)
1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                 第39期                第40期
                              (平成17年9月30日)        (平成18年9月30日)
繰延税金資産
 退職給付引当金超過額                           157,531千円      155,499千円
 確定拠出年金移行に伴う未払金                        50,999         41,486
 役員退職慰労引当金                             23,181         23,181
 賞与引当金超過額                              40,503         55,459
 貸倒引当金損金算入限度超過額                         2,656          7,919
 未払事業税否認                                4,170         16,134
 その他                                   12,468         19,427
繰延税金資産計                               291,509        319,107

繰延税金負債
 その他有価証券評価差額金                           △967千円       △1,777千円
繰延税金負債計                                 △967         △1,777
繰延税金資産(負債)の純額                         290,542        317,329


2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因とな
  った主要な項目別の内訳
                                 第39期                第40期
                              (平成17年9月30日)        (平成18年9月30日)


法定実効税率                                 40.5%          40.5%
(調整)
 交際費等永久に損金に算入されない項目                      0.6            0.4
 住民税均等割                                  3.6            1.9
 役員賞与引当金                                  −             2.7
 試験研究費等の税額控除                            △0.1           △0.1
 その他                                    △2.8            0.1
税効果会計適用後の法人税等の負担率                        41.8           45.5


(持分法損益等)
前事業年度(自平成16年10月1日   至平成17年9月30日)
 該当事項はありません。


当事業年度(自平成17年10月1日   至平成18年9月30日)
 該当事項はありません。




                              50/63
                                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                       有価証券報告書


     【関連当事者との取引】
      前事業年度(自平成16年10月1日           至平成17年9月30日)
       親会社及び法人主要株主等
                                                      関係内容
                    資本金又は                議決権等の
      会社等の                       事業の内容                                   取引金額                期末残高
属性            住所    出資金                  所有(被所                   取引の内容              科目
       名称                        又は職業              役員の 事業上               (千円)                (千円)
                     (千円)                有)割合
                                                   兼任等 の関係
                                 地質調査等
                                                                                   調査等
                                                                                              99,389
                                 建設コンサ
                                                                                   未収入金
                                                                 環境関連業
                                 ルタント                                    506,101
                                         被所有割合             環境関
                                                                 務の請負
      応用地質   東京都                                   役員
                                                                                   未成調査
親会社                 16,174,600           直接                連業務
                                                                                                  −
      株式会社   千代田区                計測機器の                1名
                                                                                   等受入金
                                           68.6%           の請負
                                 製造販売
                                                                 事務所の賃
                                                                            457          −        −
                                                                 貸
(注)1.上記の金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んで表示しております。
   2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
     ①環境関連業務の請負については、個別に見積書を提出し価格交渉の上、決定しております。
     ②事務所の賃貸については、近隣の取引実勢に基づいて決定しております。


      当事業年度(自平成17年10月1日           至平成18年9月30日)
       親会社及び法人主要株主等
                                                      関係内容
                    資本金又は                議決権等の
      会社等の                       事業の内容                                   取引金額                期末残高
属性            住所    出資金                  所有(被所                   取引の内容              科目
       名称                        又は職業              役員の 事業上               (千円)                (千円)
                     (千円)                有)割合
                                                   兼任等 の関係
                                 地質調査等
                                                                                   調査等
                                                                                              67,444
                                 建設コンサ
                                                                                   未収入金
                                                                 環境関連業
                                 ルタント                                    426,046
                                         被所有割合             環境関
                                                                 務の請負
      応用地質   東京都                                   役員
                                                                                   未成調査
親会社                 16,174,600           直接                連業務
                                                                                              5,722
      株式会社   千代田区                計測機器の              2名
                                                                                   等受入金
                                           68.6%           の請負
                                 製造販売
                                                                 事務所の賃
                                                                            457     −             −
                                                                 貸
(注)1.上記の金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んで表示しております。
   2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
     ①環境関連業務の請負については、個別に見積書を提出し価格交渉の上、決定しております。
     ②事務所の賃貸については、近隣の取引実勢に基づいて決定しております。




                                              51/63
                                                                         EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                            エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                      有価証券報告書


  (1株当たり情報)
               第39期                                          第40期
        (自   平成16年10月1日                                 (自 平成17年10月1日
         至   平成17年9月30日)                                 至 平成18年9月30日)

1株当たり純資産額                  692.83円     1株当たり純資産額                         748.52円

1株当たり当期純利益金額               30.08円      1株当たり当期純利益金額                       65.39円

 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について                潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。               は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
(注)   1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                        第39期                         第40期
                                 (自   平成16年10月1日              (自   平成17年10月1日
                                  至   平成17年9月30日)              至   平成18年9月30日)
 当期純利益(千円)                                 140,650                     254,435
 普通株主に帰属しない金額(千円)                           23,588                          −
 (うち利益処分による役員賞与金)                          (23,588)                        (−)
 普通株式に係る当期純利益(千円)                          117,062                     254,435
 期中平均株式数(千株)                                    3,891                    3,891


  (重要な後発事象)
   該当事項はありません。




                                        52/63
                                                           EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                              エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                         有価証券報告書


  ⑥【附属明細表】
    【有価証券明細表】
     【株式】
                                                         貸借対照表計上額
                  銘柄                      株式数(株)
                                                           (千円)

                三菱重工業株式会社                       10,000           4,890

                株式会社きんでん                         5,000           4,875

                株式会社ティーネットジャパン                  20,000           4,400

                東北化学薬品株式会社                       5,000           3,092

                住友軽金属工業株式会社                     10,000           2,470
       その他
投資有価証券 有価証      株式会社みちのく銀行                       5,000           2,360
       券
                不二硝子株式会社                         3,000           1,914

                株式会社プレック研究所                      3,000           1,560

                国際航業株式会社                         1,000             356

                株式会社福山コンサルタント                    1,000             340

                その他(3銘柄)                         1,041             352

                  計                             64,041          26,609


     【その他】
                                                         貸借対照表計上額
                種類及び銘柄                   投資口数等(口)
                                                           (千円)

                (投資信託受益証券)
         その他
投資有価証券
         有価証券   証券投資信託受益証券(2銘柄)            101,616,031          82,842

                  計                        101,616,031          82,842




                                 53/63
                                                                                       EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                          エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                         有価証券報告書


        【有形固定資産等明細表】
                                                                  当期末減価償
                                                                                           差引当期末残
              前期末残高        当期増加額       当期減少額       当期末残高          却累計額又は       当期償却額
      資産の種類                                                                                高
               (千円)        (千円)         (千円)        (千円)          償却累計額         (千円)
                                                                                             (千円)
                                                                   (千円)

有形固定資産

 建物              863,623     47,104           −         910,727      421,406      34,712       489,321

 構築物              23,012       3,735          −         26,747       14,914        1,581        11,833

 機械装置            340,331       1,913       1,095        341,149      277,473      18,010        63,676

 車両運搬具             6,123         −            −           6,123        5,815          11           308

 工具器具及び備品      1,014,146     92,010       45,151      1,061,005      846,292      79,029       214,712

 土地              576,301     48,450           −         624,751           −           −        624,751

  有形固定資産計      2,823,538     193,213      46,246      2,970,505    1,565,903     133,345     1,404,602

無形固定資産

 電話加入権                −          −            −          9,994            −           −         9,994

施設利用権                 −          −            −          1,458           715         122           743

 ソフトウェア               −          −            −         14,665         7,613       3,620         7,051

  無形固定資産計             −          −            −         26,119         8,329       3,742        17,789

長期前払費用             5,234         927       1,880          4,281        2,077       1,196         2,203

繰延資産

        −             −          −            −             −             −           −             −

  繰延資産計               −          −            −             −             −           −             −

(注)1.当期増加額・減少額のうち主なものは次のとおりであります。
                                                          新事務所建物、設備
 建物               増加額                  山形営業所                                               41,297千円
                                                          造作費用
                                                          分析装置・測定機器
                  増加額                  盛岡支店                                                20,385千円
                                                          の取得
                                                          分析装置・測定機器
 工具器具及び備品         増加額                  大阪支社                                                14,950千円
                                                          の取得
                  減少額                  機材センター             測定機器の除却                          15,154千円

 土地               増加額                  山形営業所              新事務所土地取得                         48,450千円
       2.無形固定資産の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当
         期減少額」の記載を省略しております。


        【社債明細表】
         該当事項はありません。


        【借入金等明細表】
         該当事項はありません。




                                              54/63
                                                               EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                  エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                              有価証券報告書


    【引当金明細表】
                                         当期減少額      当期減少額
               前期末残高       当期増加額                                当期末残高
        区分                              (目的使用)      (その他)
                (千円)        (千円)                                 (千円)
                                          (千円)       (千円)

貸倒引当金             18,322      16,595          818      4,724         29,375

賞与引当金            100,007     136,937      100,007        −          136,937

役員賞与引当金              −       30,600           −          −           30,600

損害賠償引当金              −        9,675           −          −            9,675
(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額及び債権回収による戻入
   額であります。




                                55/63
                                          EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                             エヌエス環境株式会社(941260)
                                                       有価証券報告書


(2)【主な資産及び負債の内容】
  ① 資産の部
   1)現金及び預金
                 区分           金額(千円)

現金                                      4,895

預金の種類

 普通預金                              1,097,175

 定期預金                                  20,000

 郵便振替口座                                   247

                 小計                1,117,422

                 合計                1,122,318


     2)受取手形
      (イ)相手先別内訳
               相手先            金額(千円)

株式会社間組                                 21,480

株式会社及川工務店                              10,946

ケミカルグラウト株式会社                            7,200

株式会社栗本鐵工所                               3,988

株式会社福島建設                                3,400

その他                                    20,572

                 合計                    67,587


      (ロ)期日別内訳
               期日別            金額(千円)

 平成18年10月                              10,904

        11月                            33,776

        12月                            13,939

 平成19年1月                                8,658

        2月                                307

        3月                                 −

        4月以降                               −

                 合計                    67,587




                      56/63
                                                                        EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                           エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                     有価証券報告書


      3)調査等未収入金
       (イ)相手先別内訳
                  相手先                                    金額(千円)

応用地質株式会社                                                             67,444

国土交通省                                                                46,784

株式会社きんでん                                                             23,557

青森県                                                                  23,336

株式会社竹中工務店                                                            17,485

その他                                                                 594,795

                   合計                                               773,403


           (ロ)調査等未収入金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高           当期発生高        当期回収高        次期繰越高
                                                       回収率(%)         滞留期間(日)
 (千円)            (千円)         (千円)         (千円)

                                                                        (A) + (D)
                                                                        ─────
                                                          (C)               2
     (A)          (B)          (C)         (D)        ───── ×100       ──────
                                                      (A) + (B)             (B)
                                                                        ─────
                                                                            365

     850,106     5,315,200    5,391,903     773,403          87.5             55.7
(注)当期発生高には消費税等が含まれております。


      4)未成調査支出金
                   区分                                    金額(千円)

材料費                                                                  10,003

労務費                                                                 300,059

外注費                                                                 157,278

経費                                                                  164,505

                   合計                                               631,847


      5)貯蔵品
                   品目                                    金額(千円)

分析試薬                                                                 14,298

建築物管理薬品                                                               4,146

測定用部材                                                                 2,545

その他                                                                      −

                   合計                                                20,989


      6)繰延税金資産
       財務諸表の(税効果会計関係)注記を参照




                                           57/63
                                          EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                             エヌエス環境株式会社(941260)
                                                       有価証券報告書


 ②    負債の部
      1)調査等未払金
             相手先             金額(千円)

環境科学株式会社                               56,463

株式会社地域環境計画                             11,287

秋田瀝青建設株式会社                             10,815

日本コンピュータグラフィック株式会社                      8,505

有限会社生物科学研究所                             6,930

その他                                   164,102

              合計                      258,104


      2)未成調査等受入金
             相手先             金額(千円)

株式会社きんでん                              148,717

クリーンエナジーファクトリー株式会社                     30,922

株式会社東急設計コンサルタント                        18,060

広島県                                    14,000

応用地質株式会社                                5,722

その他                                    50,103

              合計                      267,525


      3)退職給付引当金
              区分             金額(千円)

退職給付債務                                311,904

会計基準変更時差異の未処理額                             −

未認識数理計算上の差異                           △5,237

未認識過去勤務債務(債務の減額)                       77,281

              合計                      383,948


(3)【その他】
    該当事項はありません。




                     58/63
                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                 有価証券報告書


第6【提出会社の株式事務の概要】

決算期               9月30日

定時株主総会            毎年12月

基準日               9月30日

株券の種類             100株券、1,000株券、10,000株券

中間配当基準日           3月31日

1単元の株式数           100株

株式の名義書換え

 取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目4番2号 東京証券代行株式会社          本店

 株主名簿管理人          東京都千代田区丸の内一丁目4番2号        東京証券代行株式会社

 取次所              東京証券代行株式会社      各取次所

 名義書換手数料          無料

 新券交付手数料          無料
                  1.喪失登録        1件につき 10,000円
 株券喪失登録に伴う手数料
                  2.喪失登録株券      1枚につき    500円
単元未満株式の買取り

 取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目4番2号        東京証券代行株式会社   本店

 株主名簿管理人          東京都千代田区丸の内一丁目4番2号        東京証券代行株式会社

 取次所              東京証券代行株式会社      各取次所

 買取手数料            無料

公告掲載方法            日本経済新聞に掲載して行う。

株主に対する特典          なし
(注) 平成18年12月19日開催の定時株主総会の決議により定款が変更され、会社の公告方法が次のとおりとなりまし
   た。
    当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告を
   することができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
    公告掲載URL http://www.ns-kankyo.co.jp




                               59/63
                                                      EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                         エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                   有価証券報告書


第7【提出会社の参考情報】
1【提出会社の親会社等の情報】
 当社の親会社等である応用地質株式会社は、継続開示会社であり、東京証券取引所に上場しております。


2【その他の参考情報】
   当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
 (1)有価証券報告書及びその添付書類
      事業年度(第39期)(自 平成16年10月1日 至 平成17年9月30日)平成17年12月16日関東財務局長に提出
 (2)半期報告書
     (第40期中)(自 平成17年10月1日 至 平成18年3月31日)    平成18年6月16日関東財務局長に提出




                                60/63
                             EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                エヌエス環境株式会社(941260)
                                          有価証券報告書


第二部【提出会社の保証会社等の情報】

  該当事項はありません。




                     61/63
                                                                                   EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                      エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                有価証券報告書


                          独   立   監   査   人    の      監   査    報   告   書

                                                                                     平成17年12月16日
エヌエス環境株式会社
  取   締   役   会   御   中




                                                      中    央   青   山   監   査   法    人


                                                          指定社員
                                                                 公認会計士         布施木      孝   叔
                                                          業務執行社員


                                                          指定社員
                                                                 公認会計士         吉   澤    祥   次
                                                          業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられているエヌエス環境株式会

社の平成16年10月1日から平成17年9月30日までの第39期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、キ

ャッシュ・フロー計算書、利益処分計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査

法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財

務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として行われ、経営者が採

用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することを

含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、エヌエス環境株式会

社の平成17年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべて

の重要な点において適正に表示しているものと認める。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                                                                以    上


 (※)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保

   管しております。




                                              62/63
                                                                                    EDINET提出書類 2006/12/19 提出
                                                                                       エヌエス環境株式会社(941260)
                                                                                                 有価証券報告書


                           独   立   監   査   人    の      監   査    報   告   書

                                                                                            平成18年12月19日
エヌエス環境株式会社
  取    締   役   会   御   中




                                                       み    す   ず   監   査   法   人


                                                           指定社員
                                                                  公認会計士         布施木     孝   叔
                                                           業務執行社員


                                                           指定社員
                                                                  公認会計士         吉   澤   祥   次
                                                           業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられているエヌエス環境株式会

社の平成17年10月1日から平成18年9月30日までの第40期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変

動計算書、キャッシュ・フロー計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人

の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財
務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として行われ、経営者が採

用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することを

含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、エヌエス環境株式会

社の平成18年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重

要な点において適正に表示しているものと認める。


追記情報

 「会計処理方法の変更」に記載されているとおり、会社は当事業年度より「役員賞与に関する会計基準」を適用して財務諸表を作

成している。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                                                                以     上


 (※)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保

   管しております。




                                               63/63

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。