三谷伸銅株式会社 半期報告書 第121期(平成17年4月1日 ‐ 平成18年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書 -第121期(平成17年4月1日 ‐ 平成18年3月31日)

提出日:

提出者:三谷伸銅株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                         EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                         半期報告書


【表紙】
【提出書類】       半期報告書

【提出先】        近畿財務局長

【提出日】        平成17年12月26日

【中間会計期間】     第121期中(自      平成17年4月1日        至   平成17年9月30日)

【会社名】        三谷伸銅株式会社

【英訳名】        MITANI SINDO COMPANY,LIMITED

【代表者の役職氏名】   代表取締役社長           土井田     晴夫

【本店の所在の場所】   京都市南区上鳥羽大柳町1番地1

【電話番号】       京都(075)681-3331(代表)

【事務連絡者氏名】    常務取締役        今田      廣樹

【最寄りの連絡場所】   京都市南区上鳥羽大柳町1番地1

【電話番号】       京都(075)681-3331(代表)

【事務連絡者氏名】    常務取締役        今田      廣樹
【縦覧に供する場所】   該当なし




                           1/45
                                                                                       EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                              三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                       半期報告書


第一部【企業情報】

第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
        回次           第119期中          第120期中            第121期中              第119期           第120期

                     自    平成15年      自    平成16年        自    平成17年      自    平成15年      自 平成16年
                          4月1日            4月1日              4月1日            4月1日         4月1日
       会計期間
                     至    平成15年      至    平成16年        至    平成17年      至    平成16年      至 平成17年
                          9月30日           9月30日             9月30日           3月31日        3月31日

(1)連結経営指標等

売上高           (千円)       4,598,578       5,489,732         5,726,581       9,643,814    10,920,649

経常利益          (千円)         280,724         258,967           255,702         566,559         562,616

中間(当期)純利益 (千円)             141,836         136,733           148,831         292,466         321,546

純資産額          (千円)       1,699,541       1,937,860         2,283,742       1,867,672       2,162,767

総資産額          (千円)       5,438,580       6,049,576         6,590,679       5,993,982       6,379,898

1株当たり純資産額     (円)           192.76          220.61            261.54          211.83          246.24
1株当たり中間(当
              (円)            16.00           15.53             16.98          33.09           36.57
期)純利益
潜在株式調整後1株
当たり中間(当期)     (円)              −               −                 −                 −               −
純利益
自己資本比率        (%)            31.2            32.0              34.7           31.16            33.9
営業活動によるキャ
          (千円)             97,575           △770             91,675         289,938          66,547
ッシュ・フロー
投資活動によるキャ
          (千円)           △115,765        △66,292           △99,708         △183,846        △174,652
ッシュ・フロー
財務活動によるキャ
          (千円)             17,045          59,316             25,420        △84,254           88,087
ッシュ・フロー
現金及び現金同等物
の中間期末(期末) (千円)              24,930          40,165            45,280         47,912          27,893
残高
従業員数          (人)             195             170               171             174             167




                                                2/45
                                                                                         EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                          半期報告書


        回次           第119期中          第120期中            第121期中              第119期             第120期

                     自    平成15年      自    平成16年        自    平成17年      自    平成15年        自    平成16年
                          4月1日            4月1日              4月1日            4月1日              4月1日
       会計期間
                     至    平成15年      至    平成16年        至    平成17年      至    平成16年        至    平成17年
                          9月30日           9月30日             9月30日           3月31日             3月31日

(2)提出会社の経営指標等

売上高           (千円)       4,279,112       5,194,128         5,462,851       9,015,712      10,376,576

経常利益          (千円)         219,195         215,636           226,844         470,548           529,162

中間(当期)純利益 (千円)             107,618         114,733           136,710         239,112           284,324

資本金           (千円)         450,000         450,000           450,000         450,000           450,000

発行済株式総数       (株)        9,000,000       9,000,000         9,000,000       9,000,000         9,000,000

純資産額          (千円)       1,515,520       1,710,179         2,033,939       1,664,603         1,925,506

総資産額          (千円)       5,358,136       5,972,108         6,495,409       5,892,534         6,282,970
1株当たり中間(年
              (円)              −               −                 −              5.0               6.0
間)配当額
自己資本比率        (%)             28.3            28.6              31.3            28.2              30.6

従業員数          (人)              120              92                92               92                88
(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
     ん。
   3.提出会社における「1株当たり純資産額」、「1株当たり中間(当期)純利益」及び「潜在株式調整後1株
     当たり中間(当期)純利益」については、中間連結財務諸表を作成しているため記載を省略しております。
   4.従業員数の内、平均臨時雇用者数の総数は従業員の100分の10未満のため、記載を省略しております。

2【事業の内容】
  当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更
 はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。

3【関係会社の状況】
  当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。

4【従業員の状況】
 (1)連結会社における状況
                                                                                   平成17年9月30日現在
        事業の種類別セグメントの名称                                             従業員数(名)

伸銅製品事業                                                                             106

アルミ製品事業                                                                             27

仕入商品事業                                                                              −

金属加工事業                                                                              38

                合計                                                                 171
(注)1.従業員数は、就業人員であります。また臨時従業員については、従業員の100分の10未満のため記載を省略
     しております。

 (2)提出会社における状況
    平成17年9月30日現在の従業員数は、92名であります。

 (3)労働組合の状況
    当社の労働組合は、産業別労働組合ジェイ・エー・エム京都に加盟しており、労使関係は引き続き友好な関係を
   保っております。




                                                3/45
                                                       EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                              三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                       半期報告書


第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1)業績


  当中間連結会計期間におけるわが国経済は、米国・中国経済の堅調を背景にした輸出の回復や設備投資の拡大など
 により企業業績が好調に推移し、また、雇用情勢の改善から個人消費も底堅い動きを示すなど、景気は緩やかな回復
 基調を維持いたしました。
  このような状況のもとで、当社グループ(当社及び連結子会社)は、引き続き原価の低減や生産効率を高めるとと
 もに、販売体制等の強化に努めました。
  この結果、当中間連結会計期間の業績は、売上高は銅価高騰の影響もあり 5,726百万円と前年同期に比べ236百万
 円(4.3%)の増加となりましたが、営業利益は 215百万円と前年同期に比べ 23百万円(△9.9%)の減少、経常利益
 は 255百万円と前年同期に比べ 3百万円(△1.3%)の減少、中間純利益は148百万円と前年同期に比べ 12百万円(8.8%)
 の増加となりました。
  事業の種類別セグメントの業績は次のとおりであります。
 ① 伸銅製品事業
    半導体・電子部品分野の回復傾向はあるが、銅価高騰による当用買の影響もあり 売上高は3,296百万円と前年
  同期に比べ 85百万円(△2.5%)の減少となりましたが、営業利益は 268百万円と前年同期に比べ1百万円(0.7%)の
  増加となりました。
 ② アルミ製品事業
    自動車部材は好調であったが、建材を始として依然低調で、売上高は 588百万円と前年同期に比べ6百万円
  (△1.1%)の減少となり、営業利益は 36百万円と前年同期に比べ 1百万円(△3.7%)の減少となりました。
 ③ 仕入商品事業
    伸銅品の半導体・電子部品分野の回復を反映して、 売上高は 1,552百万円と前年同期に比べ 364百万円
  (30.7%)の増加となり、営業利益は 39百万円と前年同期に比べ3百万円(10.1%)の増加となりました。
 ④ 金属加工事業
    半導体関連の汎用品分野の落ち込みが大きく、自動車関連は引続き順調ではあるが、全体で売上高は 288百
  万円と前年同期に比べ 35百万円(△11.0%)の減少で、営業利益は 20百万円と前年同期に比べ19百万円(△48.5%)
  の減少となりました。


 (2)キャッシュ・フローの状況


   当中間連結会計期間におけるキャッシュ・フローは、税金等調整前中間純利益が前年同期に比べ22百万円増加とな
 り、有形固定資産の取得及び法人税等による支出を差引いて17百万円と前年同期に比べ 25百万円の増加となりまし
 た。 その結果現金及び現金同等物残高は、前中間連結会計期間末に比べ5百万円増加し、当中間連結会計期間末残高
 は 45百万円となりました。
   (営業活動によるキャッシュ・フロ−)
   当中間連結会計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは91百万円と前年同期に比べ 92百万円の増加と
 なりました。これは主に金属加工事業の低調はあるものの、税金等調整前中間純利益が 255百万円と前年同期に比べ
 22百万円増加したことと、仕入債務の増加額74百万円を反映したものであります。
   (投資活動によるキャッシュ・フロ−)
   当中間連結会計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは△99百万円と前年同期に比べ △33百万円の減
 少となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出が前年同期比で38百万円増加したことを反映したもので
 あります。
   (財務活動によるキャッシュ・フロ−)
   当中間連結会計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは25百万円と前年同期に比べ △33百万円の減少
 となりました。これは主に短期借入金の借入及び約定返済△99百万円と長期借入金の借入200百万円を反映したもの
 であります。




                                 4/45
                                                                EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                       三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                 半期報告書


2【生産、受注及び販売の状況】
 (1)生産実績
    当中間連結会計期間における生産実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
 事業の種類別セグメントの名称             生産高(千円)                    前年同期比(%)

伸銅製品事業                           3,324,618                        99.0

アルミ製品事業                            573,625                        99.5

仕入商品事業                                   −                          −

金属加工事業                             402,574                        91.5

          合計                     4,300,817                        98.3
(注)1.金額は、販売価格によっております。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


 (2)受注実績
    当中間連結会計期間における受注実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
事業の種類別セグメントの名称    受注高(千円)       前年同期比(%)         受注残高(千円)      前年同期比(%)

伸銅製品事業              3,446,459            103.9       496,424             117.9

アルミ製品事業               602,656            100.1        30,503              97.9

仕入商品事業              1,562,769            131.2       258,100             131.8

金属加工事業                406,457             93.7         5,645              19.4

         合計         6,018,341            108.5       790,672             116.8
(注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


 (3)販売実績
    当中間連結会計期間における販売実績を事業の種類別セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
 事業の種類別セグメントの名称             販売高(千円)                    前年同期比(%)

伸銅製品事業                           3,296,736                        97.5

アルミ製品事業                            588,163                        98.9

仕入商品事業                           1,552,975                       130.7

金属加工事業                             288,707                        89.0

          合計                     5,726,581                       104.3
(注)1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
   2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                      前中間連結会計期間                      当中間連結会計期間
        相手先
                  販売高(千円)        割合(%)           販売高(千円)        割合(%)

榊原㈱                   552,909             10.1       757,211             13.2

三井金属鉱業㈱              978,680              17.8       596,436             10.4

三井物産㈱                328,444               6.0       506,845              8.9
   3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                  5/45
                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                            半期報告書


3【対処すべき課題】
 当中間連結会計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた
課題はありません。


4【経営上の重要な契約等】
 当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。


5【研究開発活動】
 特記すべき事項はありません。




                          6/45
                                             EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                    三谷伸銅株式会社(321013)
                                                             半期報告書


第3【設備の状況】
1【主要な設備の状況】
 当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。


2【設備の新設、除却等の計画】
  当中間連結会計期間において、前連結会計年度末に計画した重要な設備の新設、除却等について、重要な変更はあ
 りません。また、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、改修、除却、売却等の計画はありません。




                           7/45
                                                                                         EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                           半期報告書


第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
 (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
                   種類                                        会社が発行する株式の総数(株)

  普通株式                                                                             45,000,000

                   計                                                               45,000,000


     ②【発行済株式】
               中間会計期間末現在発行
                                   提出日現在発行数(株)                上場証券取引所名又は
     種類        数(株)                                                                         内容
                                    (平成17年12月26日)             登録証券業協会名
                (平成17年9月30日)

普通株式                   9,000,000                9,000,000     非上場                          (注)

     計                 9,000,000                9,000,000                −                      −
(注)      完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式。


 (2)【新株予約権等の状況】
     該当事項はありません。


 (3)【発行済株式総数、資本金等の状況】
                発行済株式総       発行済株式総
                                               資本金増減額        資本金残高        資本準備金増         資本準備金残
     年月日        数増減数         数残高
                                                (千円)          (千円)        減額(千円)         高(千円)
                 (千株)         (千株)
平成17年4月1日∼
                         −         9,000                 −     450,000               −                 −
 平成17年9月30日


 (4)【大株主の状況】
                                                                                   平成17年9月30日現在
                                                                                    発行済株式総数に
                                                                  所有株式数
      氏名又は名称                           住所                                           対する所有株式数
                                                                   (千株)
                                                                                    の割合(%)

三井金属鉱業株式会社              東京都品川区大崎1丁目11番1号                                 5,563              61.82

三井物産株式会社                東京都千代田区大手町1丁目2番1号                                1,193              13.26

三谷   巌                  京都市北区小松原北町65番地                                       250                2.79

三谷   史生                 千葉県市川市大和田1-14-8-301                                  229                2.55

三谷伸銅社員持株会               京都市南区上鳥羽大柳町1-1                                       113                1.26

佐渡島金属株式会社               大阪市中央区島之内1丁目16番19号                                   94                 1.05

岡秀地所株式会社                京都市中京区蛸薬師通新町西入不動町181                                 37                 0.41

兼子   知世                 東京都板橋区志村1-18-17                                      30                 0.34

三谷 仁志                   千葉県市川市欠真間2-23-21-303                                 30                 0.34

           計                               −                             7,543              83.81




                                                  8/45
                                                                    EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                           三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                    半期報告書


 (5)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                                                                 平成17年9月30日現在
           区分              株式数(株)               議決権の数(個)            内容

無議決権株式                                    −             −            −

議決権制限株式(自己株式等)                            −              −           −

議決権制限株式(その他)                              −              −           −
                         (自己保有株式)
完全議決権株式(自己株式等)                                           −           −
                         普通株   268,000
完全議決権株式(その他)             普通株式   8,656,000             8,656          −

単元未満株式                   普通株式         76,000            −            −

発行済株式総数                         9,000,000               −            −

総株主の議決権                                   −           8,656          −



  ②【自己株式等】
                                                                 平成17年9月30日現在
                                                                 発行済株式総数に
所有者の氏名又                  自己名義所有株        他人名義所有株     所有株式数の合
                所有者の住所                                           対する所有株式数
は名称                      式数(株)          式数(株)       計(株)
                                                                 の割合(%)

(自己保有株式)
            京都市南区上鳥羽
三谷伸銅㈱                       268,348             −      268,348            3.0
            大柳町1番地1
   計              −         268,348             −      268,348            3.0


2【株価の推移】
  証券取引所非上場のため、該当事項はありません。


3【役員の状況】
  前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までにおいて、役員の異動はありません。




                                         9/45
                                                  EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                         三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                  半期報告書


第5【経理の状況】

1   中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
 (1)当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令
   第24号。以下「中間連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
    ただし、前中間連結会計期間(平成16年4月1日から平成16年9月30日まで)については、「財務諸表等の用
   語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月30日内閣府令第5号)附則第3
   項のただし書きにより、改正前の中間連結財務諸表規則に基づいて作成しております。


 (2)当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38
   号。以下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    ただし、前中間会計期間(平成16年4月1日から平成16年9月30日まで)については、「財務諸表等の用語、様
   式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成16年1月30日内閣府令第5号)附則第3項のた
   だし書きにより、改正前の中間財務諸表等規則に基づいて作成しております。


2   監査証明について
  当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前中間連結会計期間(平成16年4月1日から平成16年9月30日
 まで)及び当中間連結会計期間(平成17年4月1日から平成17年9月30日まで)の中間連結財務諸表並びに前中間会
 計期間(平成16年4月1日から平成16年9月30日まで)及び当中間会計期間(平成17年4月1日から平成17年9月30
 日まで)の中間財務諸表について、清友監査法人により中間監査を受けております。




                             10/45
                                                                                                  EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                         三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                                     半期報告書


1【中間連結財務諸表等】
    (1)【中間連結財務諸表】
      ①【中間連結貸借対照表】
                                                                                         前連結会計年度
                            前中間連結会計期間末                     当中間連結会計期間末
                                                                                        要約連結貸借対照表
                            (平成16年9月30日)                   (平成17年9月30日)
                                                                                        (平成17年3月31日)

                    注記                           構成比                           構成比                           構成比
           区分                金額(千円)                        金額(千円)                        金額(千円)
                    番号                           (%)                           (%)                           (%)

(資産の部)
Ⅰ   流動資産
1        現金及び預金                         48,765                        53,880                       31,693
2        受取手形及び売
                    ※3               2,848,953                     2,772,663                     2,670,576
         掛金
3        たな卸資産                       1,143,903                     1,631,627                     1,511,636
    4    繰延税金資産                         39,565                        37,257                       47,978
    5    その他                            71,631                        93,198                       126,176
                                       △2,520                        △3,280                        △2,800
         貸倒引当金
        流動資産合計                                    68.6                         69.6                          68.7
                                     4,150,299                     4,585,348                     4,385,263
Ⅱ       固定資産
    1    有形固定資産
    (1)建物及び構築
                    ※1,2   452,559                       467,194                       446,035
       物
        (2)機械装置及び
                    ※1,2   705,497                       679,288                       741,661
           運搬具
        (3)土地       ※2     224,318                       224,318                       224,318
                            87,542                        79,800                       78,894
        (4)その他      ※1               1,469,918                     1,450,602                     1,490,910
    2    無形固定資産
     (1)施設利用権                1,504                         1,504                        1,504
                            38,238                        38,219                       37,427
     (2)ソフトウェア                          39,743                        39,723                       38,932
    3    投資その他の資
         産
        (1)投資有価証券          319,293                       463,618                       385,260
        (2)繰延税金資産           23,003                         4,858                       33,205
        (3)その他              48,646                        47,626                       47,423
                           △1,326      389,616           △1,098      515,005           △1,098      464,791
          貸倒引当金
        固定資産合計                       1,899,277    31.4             2,005,331   30.4              1,994,634   31.3
        資産合計                         6,049,576   100.0             6,590,679   100.0             6,379,898   100.0




                                                         11/45
                                                                                    EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                           三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                       半期報告書


                                                                                前連結会計年度
                         前中間連結会計期間末                 当中間連結会計期間末
                                                                               要約連結貸借対照表
                         (平成16年9月30日)               (平成17年9月30日)
                                                                              (平成17年3月31日)

                    注記                    構成比                         構成比                      構成比
          区分             金額(千円)                     金額(千円)                    金額(千円)
                    番号                    (%)                         (%)                      (%)

(負債の部)
Ⅰ   流動負債
 1      支払手形及び買掛
                              1,799,904                   1,922,147                1,847,507
        金
    2   短期借入金       ※2        1,435,000                   1,266,000                1,365,000
    3   未払金                     80,655                       74,178                   78,016
4       未払法人税等                  108,428                      97,075                 134,822
5       賞与引当金                  107,577                     104,072                  119,809
                               163,382                     129,150                  140,220
6       その他
    流動負債合計                                 61.1                        54.5                    57.8
                              3,694,948                   3,592,623                3,685,378
Ⅱ       固定負債
    1    長期借入金      ※2          100,000                     400,000                  200,000
    2    繰延税金負債                     −                         3,808                       −
    3    退職給付引当金                225,599                     230,289                  236,832
    4    役員退職慰労引当
                                27,400                       14,875                   31,075
         金
        固定負債合計                  352,999    5.8              648,972    9.8           467,907    7.3
        負債合計                               66.9                        64.4                    65.1
                              4,047,948                   4,241,595                4,153,285

(少数株主持分)
        少数株主持分                  63,768     1.1               65,341    1.0            63,844    1.0


(資本の部)
Ⅰ       資本金                     450,000    7.4              450,000    6.8           450,000    7.1
Ⅱ       資本剰余金                       −                         1,275    0.0                −
Ⅲ       利益剰余金                 1,500,496    24.8           1,781,441    27.0        1,685,309   26.4
Ⅳ       その他有価証券評価
                                51,522      0.9             138,768    2.1            91,946    1.4
        差額金
                              △64,158                      △87,743                  △64,487
Ⅴ       自己株式                              △1.1                        △1.3                     △1.0
        資本合計                  1,937,860    32.0           2,283,742    34.7        2,162,767   33.9
        負債、少数株主持分
                                          100.0                       100.0                    100.0
                              6,049,576                   6,590,679                6,379,898
        及び資本合計




                                                  12/45
                                                                                                EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                       三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                                   半期報告書


         ②【中間連結損益計算書】
                                                                                      前連結会計年度
                          前中間連結会計期間                     当中間連結会計期間
                                                                                     要約連結損益計算書
                        (自 平成16年4月1日                  (自 平成17年4月1日
                                                                                    (自 平成16年4月1日
                         至 平成16年9月30日)                 至 平成17年9月30日)
                                                                                     至 平成17年3月31日)

                   注記                          比率                           比率                             比率
          区分              金額(千円)                        金額(千円)                        金額(千円)
                   番号                         (%)                           (%)                            (%)

Ⅰ    売上高                          5,489,732   100.0             5,726,581   100.0             10,920,649   100.0
                                  4,875,249                     5,125,698                      9,675,732
Ⅱ    売上原価                                     88.8                          89.5                           88.6
         売上総利益                                11.2                          10.5                           11.4
                                    614,482                       600,883                      1,244,916
Ⅲ       販売費及び一般管
                                    375,212                       385,278                        702,083
                   ※1                           6.8                           6.7                            6.4
        理費
         営業利益                                   4.4                           3.8                            5.0
                                    239,269                       215,605                        542,832
Ⅳ       営業外収益
    1    受取利息             2,861                         3,548                         6,413
    2    受取配当金            6,626                         6,774                         7,239
    3   屑売却収入           214,481                       183,751                       420,073
 4      消費税精算差額           2,652                            −                             −
                         11,425                        32,381                        24,831
5       その他                        238,046     4.3               226,455     4.0                 458,559    4.2
Ⅴ 営業外費用
1       支払利息              6,766                         8,489                        14,760
2       屑売却原価           205,343                       173,736                       411,239
                          6,238    218,348              4,131    186,358             12,776      438,776
3 その他                                          4.0                           3.3                            4.0
         経常利益                                   4.7                           4.5                            5.2
                                    258,967                       255,702                        562,616
Ⅵ       特別利益
    1    投資有価証券売
                             −                             −                          7,703
         却益
    2   貸倒引当金戻入
                            110                            −                            233
                                        110    0.0                    −                            7,936     0.1
        益
Ⅶ       特別損失
    1   退職給付会計基
        準変更時差異償          24,762                            −                         49,524
        却額
                          1,135      25,897                −          −               1,343       50,867
    2   固定資産除却損    ※2                           0.5                                                          0.5
         税金等調整前中
         間(当期)純利                                4.2                           4.5                            4.8
                                    233,180                       255,702                        519,685
         益
         法人税、住民税
                        106,430                        93,312                       253,669
         及び事業税
                        △13,668                        11,160                       △60,762
        法人税等調整額                      92,762    1.7               104,473     1.8                 192,906    1.8
                                     3,684                         2,397                           5,232
        少数株主利益                                 0.1                           0.0                            0.0
        中間(当期)純
                                   136,733     2.5               148,831     2.6                 321,546    2.9
        利益




                                                      13/45
                                                                              EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                     三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                              半期報告書


     ③【中間連結剰余金計算書】
                        前中間連結会計期間      当中間連結会計期間      前連結会計年度
                      (自 平成16年4月1日   (自 平成17年4月1日   (自 平成16年4月1日
                       至 平成16年9月30日)  至 平成17年9月30日)  至 平成17年3月31日)

                 注記
        区分                金額(千円)                    金額(千円)                金額(千円)
                 番号

(資本剰余金の部)
Ⅰ   資本剰余金期首残高                           −                         −                     −
Ⅱ   資本剰余金増加高
                            −                      1,275                    −
1.自己株式処分差益                               −                      1,275                    −


Ⅲ   資本剰余金中間期末
                                        −                      1,275                    −
    (期末)残高
(利益剰余金の部)
Ⅰ   利益剰余金期首残高                     1,410,119                 1,685,309             1,410,119
Ⅱ   利益剰余金増加高
                        136,733                   148,831               321,546
1.中間(当期)純利益                         136,733                   148,831               321,546
Ⅲ   利益剰余金減少高
    1.配当金                44,083                    52,699                44,083
                          2,273                        −                  2,273
    2.自己株式処分差損                       46,356                    52,699                46,356


Ⅳ    利益剰余金中間期末
                                  1,500,496                 1,781,441             1,685,309
     (期末)残高




                                          14/45
                                                                EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                       三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                半期報告書


     ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                          前中間連結会計期間     当中間連結会計期間      前連結会計年度
                        (自 平成16年4月1日 (自 平成17年4月1日 (自 平成16年4月1日
                         至 平成16年9月30日) 至 平成17年9月30日) 至 平成17年3月31日)

                   注記
        区分                 金額(千円)                金額(千円)       金額(千円)
                   番号

Ⅰ    営業活動によるキャッ
     シュ・フロー
1.税金等調整前中間
                               233,180              255,702       519,685
  (当期)純利益
    2.減価償却費                     96,735               96,714       191,260
    3.賞与引当金の減少額                △16,208              △15,737       △3,975
    4.退職給付引当金の増
                                18,370              △6,542         29,602
      加(減少)額
    5.役員退職慰労引当金
                                 3,675              △16,200         7,350
      の増加(減少)額
    6.貸倒引当金の増加
                                 △110                   480          △57
      (減少)額
    7.受取利息及び受取配
                               △9,487               △10,323      △13,653
      当金
8.投資有価証券売却益                         −                     −       △7,703
9.支払利息                           6,766                8,489        14,760
10.有形固定資産除却損                     1,135                    −         1,343
11.売上債権の減少(増
                               △1,635              △102,086       176,741
   加)額
12.たな卸資産の増加額                   △74,738             △119,990     △442,471
13.未収入金の減少(
                                 3,151              △6,045        △4,577
   増加)額
14.その他流動資産の減
                                   753               39,363      △45,520
   少(増加)額
15.仕入債務の増加(減
                               △86,548               74,639      △38,945
   少)額
16.未払金の増加(減
                                37,407              △3,837         34,768
   少)額
17.未払費用の減少額                      △438               △3,802        △3,033
    18.未払事業所税の減少
                               △5,050               △4,950           △58
       額
    19.未払消費税等の増加
                               △14,203                9,355      △17,065
       (減少)額
    20.その他流動負債の増
                               △45,861               26,013      △59,662
       加(減少)額
21.その他                         △2,450                     −       △2,318

       小計                      144,444              221,241       336,467

22.利息及び配当金の受
                                 9,487               10,323        13,653
   取額
23.利息の支払額                      △6,896               △8,829       △14,921
24.法人税等の支払額                   △147,806             △131,060     △268,651

     営業活動によるキャッ
                                 △770                91,675        66,547
     シュ・フロー




                                         15/45
                                                               EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                      三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                               半期報告書


                         前中間連結会計期間     当中間連結会計期間      前連結会計年度
                       (自 平成16年4月1日 (自 平成17年4月1日 (自 平成16年4月1日
                        至 平成16年9月30日) 至 平成17年9月30日) 至 平成17年3月31日)

                  注記
        区分                金額(千円)                金額(千円)       金額(千円)
                  番号

Ⅱ   投資活動によるキャッ
    シュ・フロー
 1.定期預金の払戻によ
                                1,200                1,200        12,000
   る収入
    2.定期預金の預入によ
                              △6,000               △6,000       △12,000
      る支出
    3.長期貸付金の回収に
                                  785                  817         1,587
      よる収入
    4.投資有価証券の取得
                              △1,223                 △239        △1,400
      による支出
    5.投資有価証券の売却
                                   −                     −         9,842
      による収入
    6.設備関係支払手形の
                               10,741                    −            −
      増加額
    7.設備関係未払金の増
                                3,835                    −            −
      加額
8.有形固定資産の取得
                              △50,631              △88,961     △184,991
  による支出
9.無形固定資産の取得
                              △25,000              △5,925             −
  による支出
10.その他                             −                 △600           310

    投資活動によるキャッ
                              △66,292              △99,708     △174,652
    シュ・フロー




                                        16/45
                                                                 EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                        三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                 半期報告書


                         前中間連結会計期間     当中間連結会計期間     前連結会計年度
                       (自 平成16年4月1日 (自 平成17年4月1日 (自 平成16年4月1日
                        至 平成16年9月30日) 至 平成17年9月30日) 至 平成17年3月31日)

                  注記
        区分                金額(千円)                 金額(千円)        金額(千円)
                  番号

Ⅲ   財務活動によるキャッ
    シュ・フロー
    1.短期借入れによる収
                             1,400,000             2,339,000     3,507,000
      入
    2.短期借入金の返済に
                            △1,179,000            △2,438,000    △3,356,000
      よる支出
    3.長期借入れによる収
                                    −                200,000       200,000
      入
    4.長期借入金の返済に
                             △100,000                     −      △200,000
      よる支出
    5.自己株式の売却によ
                                13,000                10,200            −
      る収入
    6.自己株式の取得によ
                              △29,250               △32,180             −
      る支出
    7.自己株式の増加額                      −                     −       △16,579
    8.親会社の配当金の支
                              △44,083               △52,699       △44,083
      払額
    9.少数株主への配当金
                               △1,350                  △900        △2,250
      の支払額

     財務活動によるキャッ
                                59,316                25,420        88,087
     シュ・フロー

Ⅳ    現金及び現金同等物に
                                    −                     −             −
     係る換算差額

Ⅴ    現金及び現金同等物の
                               △7,746                 17,386      △20,018
     増加(減少)額

Ⅵ    現金及び現金同等物の
                                47,912                27,893        47,912
     期首残高

Ⅶ    現金及び現金同等物の
                                40,165                45,280        27,893
     中間期末(期末)残高




                                         17/45
                                                      EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                             三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                      半期報告書


  中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
    前中間連結会計期間           当中間連結会計期間               前連結会計年度
  (自 平成16年4月1日        (自 平成17年4月1日         (自    平成16年4月1日
   至 平成16年9月30日)       至 平成17年9月30日)        至    平成17年3月31日)
1.連結の範囲に関する事項       1.連結の範囲に関する事項        1.連結の範囲に関する事項
 連結子会社の数       3社          同左                   同左
  三星工業株式会社
  新キタミ株式会社
  株式会社エムエス
  子会社は全て連結されていま
 す。
2.持分法の適用に関する事項      2.持分法の適用に関する事項       2.持分法の適用に関する事項
  子会社は全て連結されており、           同左                   同左
 関連会社はありません。
3.連結子会社の中間決算日等に関    3.連結子会社の中間決算日等に関     3.連結子会社の事業年度に関する
  する事項                する事項                  事項
  連結子会社のうち、三星工業株           同左               連結子会社のうち、三星工業株
 式会社の中間決算日は9月30日、                         式会社の決算日は3月31日、新キ
 新キタミ株式会社の中間決算日は                          タミ株式会社の決算日は2月28
 8月31日、株式会社エムエスの中                         日、株式会社エムエスの決算日は
 間決算日は6月30日であります。                         12月31日であります。連結財務諸
 中間連結財務諸表の作成に当たっ                          表の作成に当たって、新キタミ株
 ては、新キタミ株式会社は8月31                         式会社は2月28日現在、株式会社
 日現在、株式会社エムエスについ                          エムエスについては12月31日現在
 ては6月30日現在の中間財務諸表                         の決算財務諸表を使用し、連結決
 を使用し、中間連結決算日との間                          算日との間に生じた重要な取引に
 に生じた重要な取引については連                          ついては連結上必要な調整を行っ
 結上必要な調整を行っておりま                           ております。
 す。
4.会計処理基準に関する事項      4.会計処理基準に関する事項       4.会計処理基準に関する事項
 (1)重要な資産の評価基準及び評    (1)重要な資産の評価基準及び評     (1)重要な資産の評価基準及び評
    価方法                 価方法                  価方法
   ① 有価証券              ① 有価証券               ① 有価証券
    その他有価証券             その他有価証券              その他有価証券
     時価のあるもの             時価のあるもの              時価のあるもの
      中間決算末日の市場価格           同左                 決算日の市場価格等に基
      等に基づく時価法                                 づく時価法
      (評価差額は全部資本直                              (評価差額は全部資本直
      入法により処理し、売却                              入法により処理し、売却
      原価は移動平均法により                              原価は移動平均法により
      算定)                                      算定)
     時価のないもの              時価のないもの             時価のないもの
      移動平均法による原価法            同左                  同左
   ② たな卸資産の評価基準及び     ②   たな卸資産の評価基準及び      ② たな卸資産の評価基準及び
     評価方法                 評価方法                評価方法
      総平均法による原価法             同左                  同左




                               18/45
                                                         EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                         半期報告書


   前中間連結会計期間              当中間連結会計期間               前連結会計年度
 (自 平成16年4月1日           (自 平成17年4月1日         (自   平成16年4月1日
  至 平成16年9月30日)          至 平成17年9月30日)        至   平成17年3月31日)
(2)重要な減価償却資産の減価償       (2)重要な減価償却資産の減価償     (2)重要な減価償却資産の減価償
   却の方法                   却の方法                 却の方法
  ① 有形固定資産               ① 有形固定資産             ① 有形固定資産
    定額法によっております。           定額法によっております。         定額法によっております。
    なお、耐用年数及び残存価          なお、主な資産の耐用年数は         なお、耐用年数及び残存価
   額については、法人税法に規         以下のとおりであります。          額については、法人税法に規
   定する方法と同一の基準によ         建物及び構築物   7∼50年       定する方法と同一の基準によ
   っております。               機械装置及び運搬具 4∼12年       っております。
  ② 無形固定資産               ② 無形固定資産             ② 無形固定資産
    定額法によっております。               同左                   同左
    なお、ソフトウェア(自社
   利用分)については、社内に
   おける利用可能期間(5年)
   に基づく定額法によっており
   ます。
(3)重要な引当金の計上基準         (3)重要な引当金の計上基準       (3)重要な引当金の計上基準
  ① 貸倒引当金                ① 貸倒引当金              ① 貸倒引当金
    売掛金、受取手形、貸付金              同左                   同左
   等の貸倒損失に備えるため、
   一般債権については貸倒実績
   率により、貸倒懸念債権等特
   定の債権については個別に回
   収可能性を勘案し、回収不能
   見込額を計上しております。
  ② 賞与引当金               ②   賞与引当金            ②   賞与引当金
    従業員に対して支給する賞               同左                   同左
   与の支出に充てるため、支給
   見込額に基づき計上しており
   ます。
  ③ 退職給付引当金             ③ 退職給付引当金            ③ 退職給付引当金
    従業員の退職給付に備える          従業員の退職給付に備える         従業員の退職給付に備える
   ため、当連結会計年度末にお         ため、当連結会計年度末にお        ため、当連結会計年度末にお
   ける退職給付債務及び年金資         ける退職給付債務及び年金資        ける退職給付債務及び年金資
   産の見込額に基づき、当中間         産の見込額に基づき、当中間        産の見込額に基づき、当連結
   連結会計期間末において発生         連結会計期間末において発生        会計年度末において発生して
   していると認められる額を計         していると認められる額を計        いると認められる額を計上し
   上しております。              上しております。             ております。
    なお、会計基準変更時差異                               なお、会計基準変更時差異
   (247,620千円)については、                          (247,620千円)については、
   5年による按分額を費用処理                              5年による按分額を費用処理
   しております。                                    しております。
  ④ 役員退職慰労引当金           ④ 役員退職慰労引当金          ④ 役員退職慰労引当金
    役員の退職慰労金の支出に             同左                役員の退職慰労金の支出に
   備えるため、役員退職慰労金                              備えるため、役員退職慰労金
   規程に基づく中間期末要支給                              規程に基づく期末要支給額を
   額を計上しております。                                計上しております。




                                    19/45
                                                  EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                         三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                  半期報告書


   前中間連結会計期間          当中間連結会計期間             前連結会計年度
 (自 平成16年4月1日       (自 平成17年4月1日       (自    平成16年4月1日
  至 平成16年9月30日)      至 平成17年9月30日)      至    平成17年3月31日)
(4)外貨建の資産及び負債の本邦   (4)外貨建の資産又は負債の本邦   (4)外貨建の資産又は負債の本邦
   通貨への換算基準           通貨への換算基準           通貨への換算基準
   外貨建金銭債権債務は、中間          同左            外貨建金銭債権債務は、連結
  決算日の直物為替相場により円                      決算日の直物為替相場により円
  貨に換算し、換算差額は損益と                      貨に換算し、換算差額は損益と
  して処理しております。                         して処理しております。
   なお、為替予約等の振当処理
  の対象となっている外貨建金銭
  債権債務については、当該為替
  予約等の円貨額に換算しており
  ます。
(5)重要なリース取引の処理方法   (5)重要なリース取引の処理方法   (5)重要なリース取引の処理方法
   リース物件の所有権が借主に          同左                 同左
  移転すると認められるもの以外
  のファイナンス・リース取引に
  ついては、通常の賃貸借取引に
  係る方法に準じた会計処理によ
  っております。
(6)重要なヘッジ会計の方法     (6)重要なヘッジ会計の方法     (6)重要なヘッジ会計の方法
 ① ヘッジ会計の方法          ① ヘッジ会計の方法         ① ヘッジ会計の方法
   繰延ヘッジ処理によって             同左                 同左
  おります。ただし、為替予
  約が付されている外貨建金
  銭債権については振当処理
  を行っております。
 ② ヘッジ手段とヘッジ対象      ② ヘッジ手段とヘッジ対象      ② ヘッジ手段とヘッジ対象
 (ヘッジ手段)為替予約        (ヘッジ手段) 同左         (ヘッジ手段) 同左
 (ヘッジ対象)外貨建金銭債権     (ヘッジ対象) 同左         (ヘッジ対象) 同左
 ③ ヘッジ方針            ③ ヘッジ方針            ③ ヘッジ方針
   当社は、将来の外貨建に           同左                 同左
  よる製品の販売に係る為替
  相場の変動によるリスクを
  軽減するため、実需の範囲
  内で為替予約取引を利用す
  ることとしております。
 ④ ヘッジ有効性評価の方法      ④   ヘッジ有効性評価の方法    ④   ヘッジ有効性評価の方法
   ヘッジ対象のキャッシュ・            同左                 同左
  フローの変動の累計と、ヘ
  ッジ手段のキャッシュ・フ
  ローの変動の累計とを比率
  分析する方法により行って
  おります。ただし、為替予
  約取引のうち、ヘッジ対象
  とヘッジ手段の重要な条件
  がほぼ同じであり、高い相
  関関係があると考えられる
  ものについては有効性の判
  定を省略しております。




                             20/45
                                                      EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                             三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                      半期報告書


    前中間連結会計期間           当中間連結会計期間               前連結会計年度
  (自 平成16年4月1日        (自 平成17年4月1日         (自    平成16年4月1日
   至 平成16年9月30日)       至 平成17年9月30日)        至    平成17年3月31日)
 (7)その他中間連結財務諸表作成    (7)その他中間連結財務諸表作成    (7)その他連結財務諸表作成のた
    のための重要な事項           のための重要な事項           めの重要な事項
   消費税等の会計処理           消費税等の会計処理           消費税等の会計処理
     消費税及び地方消費税の会           同左                  同左
    計処理は、税抜き方式によっ
    ております。
5.中間連結キャッシュ・フロー計    5.中間連結キャッシュ・フロー計     5.連結キャッシュ・フロー計算書
   算書における資金の範囲        算書における資金の範囲          における資金の範囲
   手許現金、要求払預金及び取得          同左                   同左
 日から3ヶ月以内に満期日又は償
 還日の到来する流動性の高い、容
 易に換金可能であり、かつ、価値
 の変動について僅少なリスクしか
 負わない短期的投資。



  中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
    前中間連結会計期間           当中間連結会計期間               前連結会計年度
  (自 平成16年4月1日        (自 平成17年4月1日         (自    平成16年4月1日
   至 平成16年9月30日)       至 平成17年9月30日)        至    平成17年3月31日)
                     (固定資産の減損に係る会計基準)
     ──────           当中間連結会計期間から「固定資           ──────
                    産の減損に係る会計基準」(「固定
                    資産の減損に係る会計基準の設定に
                    関する意見書」(企業会計審議会
                    平成14年8月9日))及び「固定資産
                    の減損に係る会計基準の適用指針」
                    (企業会計基準委員会 平成15年10
                    月31日 企業会計基準適用指針第6
                    号)を適用しております。
                      これによる損益に与える影響はあ
                    りません。




                              21/45
                                               EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                      三谷伸銅株式会社(321013)
                                                               半期報告書


追加情報
  前中間連結会計期間        当中間連結会計期間             前連結会計年度
(自 平成16年4月1日     (自 平成17年4月1日       (自    平成16年4月1日
 至 平成16年9月30日)    至 平成17年9月30日)      至    平成17年3月31日)
                                  (外形標準課税)
   ──────           ──────           実務対応報告12号「法人税にお
                                    ける外形標準課税部分の損益計算
                                    書上の表示についての実務上の取
                                    扱い」(企業会計基準委員会(平
                                    成16年2月13日))が公表されたこ
                                    とに伴い、当期から同実務対応報
                                    告に基づき、法人事業税の付加価
                                    値割及び資本割5,827千円を販売費
                                    及び一般管理費として処理してお
                                    ります。
                                     この結果、販売費及び一般管理
                                    費が5,827千円増加し、営業利益、
                                    経常利益及び税引前当期純利益が
                                    それぞれ同額減少しております。




                         22/45
                                                                                    EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                           三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                      半期報告書


   注記事項
   (中間連結貸借対照表関係)
        前中間連結会計期間末                      当中間連結会計期間末                           前連結会計年度末
        (平成16年9月30日)                    (平成17年9月30日)                        (平成17年3月31日)
※1.有形固定資産の減価償却累計額                 ※1.有形固定資産の減価償却累計額                 ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                  4,803,405千円                       4,979,462千円                       4,887,881千円
※2.担保資産及び担保債務                     ※2.担保資産及び担保債務                     ※2.担保資産及び担保債務
   担保に供している資産は次のとおりで                 担保に供している資産は次のとおりで                 担保に供している資産は次のとおりで
  ある                                ある                                ある
  工場財団                              工場財団                              工場財団
   建物              326,133千円         建物                 343,006千円      建物              320,625千円
   構築物                 163千円         構築物                    162千円      構築物                 162千円
   機械及び装置          661,285千円         機械及び装置             630,113千円      機械及び装置          689,165千円
   土地                  32,118千円      土地                 32,118千円       土地                  32,118千円
  債務の内容                             債務の内容                             債務の内容
   短期借入金           300,000千円         短期借入金              100,000千円      短期借入金           300,000千円
   長期借入金           100,000千円         長期借入金              400,000千円      長期借入金           200,000千円
※3.手形割引高及び裏書譲渡高                   ※3.手形割引高及び裏書譲渡高                   ※3.手形割引高及び裏書譲渡高
   受取手形割引高      19,829千円             受取手形割引高     547,198千円             受取手形割引高     459,187千円
   受取手形裏書譲渡高           3,856千円       受取手形裏書譲渡高           6,210千円       受取手形裏書譲渡高           7,008千円


   (中間連結損益計算書関係)
     前中間連結会計期間                         当中間連結会計期間                            前連結会計年度
    (自 平成16年4月1日                      (自 平成17年4月1日                       (自 平成16年4月1日
     至 平成16年9月30日)                     至 平成17年9月30日)                      至 平成17年3月31日)
※1.販売費及び一般管理費の主なもの                ※1.販売費及び一般管理費の主なもの                ※1.販売費及び一般管理費の主なもの
   従業員給料               77,359千円      従業員給料              72,794千円       従業員給料           107,517千円
   賞与引当金繰入額            13,430千円      賞与引当金繰入額           14,701千円       賞与引当金繰入額         12,911千円
   運送・梱包費          123,937千円         運送・梱包費             120,419千円      運送・梱包費          247,455千円
   退職給付費用            5,535千円         退職給付費用              10,162千円      退職給付費用            9,754千円
   旅費・通信費              19,169千円      旅費・通信費             22,751千円       旅費・通信費              42,040千円
   減価償却費                8,246千円      減価償却費              10,586千円       減価償却費               17,824千円
   租税公課         7,129千円              租税公課                7,311千円       租税公課        14,915千円
※2.固定資産除却損の内容は、次のとおり                                                ※2.固定資産除却損の内容は、次のとおり
                                               −
   であります。                                                              であります。
   機械装置及び運搬具             958千円                                         機械装置及び運搬具           1,166千円
   その他(工具器具備品)           176千円                                         その他(工具器具備品)           176千円
    計                  1,135千円                                          計                  1,343千円


   (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     前中間連結会計期間                         当中間連結会計期間                            前連結会計年度
    (自 平成16年4月1日                      (自 平成17年4月1日                       (自 平成16年4月1日
     至 平成16年9月30日)                     至 平成17年9月30日)                      至 平成17年3月31日)
現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連              現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連              現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対
結貸借対照表に掲記されている科目の金額と              結貸借対照表に掲記されている科目の金額と              照表に掲記されている科目の金額との関係
の関係                               の関係
 現金及び預金勘定              48,765千円    現金及び預金勘定             53,880千円     現金及び預金勘定              31,693千円
 預入期間が3ヶ月を超え                       預入期間が3ヶ月を超え                       預入期間が3ヶ月を超え
                   △8,600 〃                             △8,600 〃                       △3,800 〃
 る定期預金                             る定期預金                             る定期預金
 現金及び現金同等物                         現金及び現金同等物                         現金及び現金同等物
                       40,165千円                         45,280千円                           27,893千円




                                                23/45
                                                                                     EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                            三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                     半期報告書


     (リース取引関係)
        前中間連結会計期間                         当中間連結会計期間                           前連結会計年度
       (自 平成16年4月1日                      (自 平成17年4月1日                      (自 平成16年4月1日
        至 平成16年9月30日)                     至 平成17年9月30日)                     至 平成17年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認め              リース物件の所有権が借主に移転すると認め              リース物件の所有権が借主に移転すると認め
られるもの以外のファイナンス・リース取引              られるもの以外のファイナンス・リース取引              られるもの以外のファイナンス・リース取引
に係る注記                             に係る注記                             に係る注記
(借主側)                             (借主側)                             (借主側)
①   リース物件の取得価額相当額,減価償却            ①   リース物件の取得価額相当額、減価償却            ①   リース物件の取得価額相当額,減価償却
    累計額相当額及び中間期末残高相当額                 累計額相当額、減損損失累計額相当額及                累計額相当額及び期末残高相当額
                                      び中間期末残高相当額
            工具・器具・備品                         工具・器具・備品                           工具・器具・備品
    取得価額相当額            12,498千円       取得価額相当額             6,492千円       取得価額相当額            6,492千円
    減価償却累計額相当額         10,407千円       減価償却累計額相当額          5,842千円       減価償却累計額相当額         5,193千円
    中間期末残高相当額                         中間期末残高相当額                         期末残高相当額
                       2,090千円                             649千円                           1,298千円
    なお、取得価額相当額は,未経過リース                なお、取得価額相当額は,未経過リース                なお、取得価額相当額は,未経過リース
    料中間期末残高が有形固定資産の中間期末               料中間期末残高が有形固定資産の中間期末               料期末残高が有形固定資産の期末残高等に
    残高等に占める割合が低いため、支払利子               残高等に占める割合が低いため、支払利子               占める割合が低いため、支払利子込み法に
 込み法により算定しております。                   込み法により算定しております。                      より算定しております。
② 未経過リース料中間期末残高相当額                ② 未経過リース料中間期末残高相当額等               ②    未経過リース料期末残高相当額
                                       未経過リース料中間期末残高相当額
     1年以内              1,441千円         1年以内          649千円               1年以内              1,298千円
     1年超                 649千円         1年超                  −千円          1年超                 −千円
      合計          2,090千円               合計           649千円                合計          1,298千円
    なお、未経過リース料中間期末残高相当                なお、未経過リース料中間期末残高相当                なお、未経過リース料期末残高相当額
    額は、未経過リース料中間期末残高が有形               額は、未経過リース料中間期末残高が有形               は、未経過リース料期末残高が有形固定資
    固定資産の中間期末残高等に占める割合が               固定資産の中間期末残高等に占める割合が               産の期末残高等に占める割合が低いため、
    低いため、支払利子込み法により算定して               低いため、支払利子込み法により算定して               支払利子込み法により算定しております。
    おります。                             おります。
③   支払リース料及び減価償却費相当額              ③   支払リース料、リース資産減損勘定の取            ③   支払リース料及び減価償却費相当額
                                      崩額、減価償却費相当額及び減損損失額
     支払リース料            1,078千円         支払リース料              649千円         支払リース料            1,870千円
     減価償却費相当額          1,078千円         減価償却費相当額            649千円         減価償却費相当額          1,870千円
④   減価償却費相当額の算定方法                 ④    減価償却費相当額の算定方法                ④   減価償却費相当額の算定方法
    リース期間を耐用年数とし,残存価額を                        同左                               同左
    零とする定額法によっております。
                                  (減損損失について)
                                       リース資産に配分された減損損失はあり
                                      ません。




                                                  24/45
                                                       EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                              三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                       半期報告書


  (有価証券関係)
   前中間連結会計期間末(平成16年9月30日)
    1.その他有価証券で時価のあるもの
                                     中間連結貸借対照表計
                    取得原価(千円)                         差額(千円)
                                     上額(千円)

(1)株式                  279,146             315,693      36,547

(2)債券

   国債・地方債等                  −                   −           −

   社債                       −                   −           −

   その他                      −                   −           −

(3)その他                      −                   −           −

         合計            279,146             315,693      36,547


    2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                         中間連結貸借対照表計上額(千円)

(1)その他有価証券

   非上場株式(店頭売買株式を除く)                                    3,600


   当中間連結会計期間末(平成17年9月30日)
    1.その他有価証券で時価のあるもの
                                     中間連結貸借対照表計
                    取得原価(千円)                         差額(千円)
                                     上額(千円)

(1)株式                  276,911             460,018     183,107

(2)債券

   国債・地方債等                  −                   −           −

   社債                       −                   −           −

   その他                      −                   −           −

(3)その他                      −                   −           −

         合計            276,911             460,018     183,107


    2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                         中間連結貸借対照表計上額(千円)

(1)その他有価証券

   非上場株式                                               3,600




                                 25/45
                                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                            半期報告書


   前連結会計年度末(平成17年3月31日)
    1.その他有価証券で時価のあるもの
                                            連結貸借対照表計上額
                    取得原価(千円)                              差額(千円)
                                               (千円)

(1)株式                     224,995               381,660     156,664

(2)債券

   国債・地方債等                     −                     −           −

   社債                          −                     −           −

   その他                         −                     −           −

(3)その他                         −                     −           −

         合計               224,995               381,660     156,664


    2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                               連結貸借対照表計上額(千円)

(1)その他有価証券

   非上場株式(店頭売買株式を除く)                                         3,600


  (デリバティブ取引関係)
   前中間連結会計期間(自 平成16年4月1日 至 平成16年9月30日)
     該当事項はありません。
     なお、為替予約取引を行っておりますが、外貨建金銭債権債務等に振り当てた以外のものはヘッジ会計を適
    用しておりますので注記の対象から除いております。


   当中間連結会計期間(自 平成17年4月1日 至 平成17年9月30日)
     該当事項はありません。
     なお、為替予約取引を行っておりますが、外貨建金銭債権債務等に振り当てた以外のものはヘッジ会計を適
    用しておりますので注記の対象から除いております。


   前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
     該当事項はありません。
     なお、為替予約取引を行っておりますが、外貨建金銭債権債務等に振り当てた以外のものはヘッジ会計を適
    用しておりますので注記の対象から除いております。




                                    26/45
                                                                                 EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                        三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                   半期報告書


  (セグメント情報)
   【事業の種類別セグメント情報】
    前中間連結会計期間(自 平成16年4月1日              至    平成16年9月30日)
                伸銅製品        アルミ製       仕入商品         金属加工                   消去又は
                                                                計                       連結
                事業          品事業        事業           事業                     全社
                                                               (千円)                    (千円)
                (千円)        (千円)       (千円)         (千円)                   (千円)

売上高
 (1)外部顧客に対する売
                3,382,053    594,577   1,188,648     324,454   5,489,732         −     5,489,732
    上高
 (2)セグメント間の内部
                   29,983         −            −     109,478     139,461   (139,461)         −
    売上高又は振替高
        計       3,412,036    594,577   1,188,648     433,932   5,629,193   (139,461) 5,489,732

営業費用            3,145,047    556,380   1,152,494     394,217   5,248,138      2,325    5,250,463

営業利益             266,989     38,197        36,154    39,715     381,055    (141,786)    239,269
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
   2.各区分の主な製品
    (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
    (2)アルミ製品事業    アルミ形材
    (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
    (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
      3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用(2,325千円)の主なものは、親会社本社
        の総務部門等管理部門に係る費用であります。


       当中間連結会計期間(自   平成17年4月1日         至    平成17年9月30日)
                伸銅製品        アルミ製       仕入商品         金属加工                   消去又は
                                                                計                       連結
                事業          品事業        事業           事業                     全社
                                                               (千円)                    (千円)
                (千円)        (千円)       (千円)         (千円)                   (千円)

売上高
 (1)外部顧客に対する売
                3,296,736    588,163   1,552,975     288,707   5,726,581         −     5,726,581
    上高
 (2)セグメント間の内部
                   27,690         −            −     115,881     143,571   (143,571)         −
    売上高又は振替高
        計       3,324,426    588,163   1,552,975     404,588   5,870,152   (143,571) 5,726,581

営業費用            3,055,563    551,372   1,513,175     384,148   5,504,258      6,718    5,510,976

営業利益             268,863     36,791        39,800    20,440     365,894    (150,289)    215,605
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
   2.各区分の主な製品
    (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
    (2)アルミ製品事業    アルミ形材
    (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
    (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
      3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用(6,718千円)の主なものは、親会社本社
        の総務部門等管理部門に係る費用であります。




                                            27/45
                                                                                   EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                          三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                    半期報告書


       前連結会計年度(自    平成16年4月1日          至   平成17年3月31日)
                伸銅製品           アルミ製        仕入商品        金属加工                  消去又は
                                                                    計                     連結
                事業             品事業         事業          事業                    全社
                                                                  (千円)                   (千円)
                (千円)           (千円)        (千円)        (千円)                  (千円)

売上高
 (1)外部顧客に対する売
                   6,371,976   1,277,991   2,660,243    610,439 10,920,649         − 10,920,649
    上高
 (2)セグメント間の内部
                      68,725          −           −     228,064    296,789   (296,789)        −
    売上高又は振替高
        計          6,440,701   1,277,991   2,660,243    838,503 11,217,438   (296,789) 10,920,649

営業費用               5,813,191   1,169,503   2,581,769    777,634 10,342,097     35,720 10,377,817

営業利益                627,510      108,488      78,474    60,869     875,341   (332,509)   542,832
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
   2.各区分の主な製品
    (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
    (2)アルミ製品事業    アルミ形材
    (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
    (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
      3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用(35,720千円)の主なものは、親会社本社
        の総務部門等管理部門に係る費用であります。


      【所在地別セグメント情報】
       前中間連結会計期間(自 平成16年4月1日 至 平成16年9月30日)
         在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


       当中間連結会計期間(自 平成17年4月1日 至 平成17年9月30日)
         在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


       前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
         在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


      【海外売上高】
       前中間連結会計期間(自 平成16年4月1日 至 平成16年9月30日)
         海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。


       当中間連結会計期間(自 平成17年4月1日 至 平成17年9月30日)
         海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。


       前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
         海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。




                                               28/45
                                                              EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                     三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                              半期報告書


  (1株当たり情報)
    前中間連結会計期間             当中間連結会計期間                     前連結会計年度
  (自 平成16年4月1日          (自 平成17年4月1日             (自      平成16年4月1日
   至 平成16年9月30日)         至 平成17年9月30日)            至      平成17年3月31日)
1株当たり純資産額   220.61円   1株当たり純資産額   261.54円   1株当たり純資産額   246.24円
1株当たり中間純利益   15.53円   1株当たり中間純利益   16.98円   1株当たり当期純利益   36.57円
 なお、潜在株式調整後1株当たり       なお、潜在株式調整後1株当たり       潜在株式調整後1株当たり当期純
中間純利益については、潜在株式が      中間純利益については、潜在株式が      利益については、転換社債等の発行
存在しないため記載しておりませ       存在しないため記載しておりませ       がないため記載しておりません。
ん。                    ん。
(注)   1株当たり中間(当期)純利益の算定上の基礎
                        前中間連結会計期間     当中間連結会計期間      前連結会計年度
                      (自 平成16年4月1日 (自 平成17年4月1日 (自 平成16年4月1日
                       至 平成16年9月30日) 至 平成17年9月30日) 至 平成17年3月31日)

中間(当期)純利益(千円)                 136,733        148,831             321,546

普通株主に帰属しない金額(千円)                   −              −                    −
普通株式に係る中間(当期)純利益
                              136,733        148,831             321,546
(千円)
期中平均株式数(株)                   8,802,336      8,765,046          8,793,115


  (重要な後発事象)
    該当事項はありません。


 (2)【その他】
     該当事項はありません。




                                   29/45
                                                                                                      EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                             三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                                         半期報告書


2【中間財務諸表等】
    (1)【中間財務諸表】
      ①【中間貸借対照表】
                                                                                              前事業年度
                             前中間会計期間末                        当中間会計期間末
                                                                                             要約貸借対照表
                            (平成16年9月30日)                    (平成17年9月30日)
                                                                                            (平成17年3月31日)

                  注記                             構成比                             構成比                             構成比
          区分                 金額(千円)                          金額(千円)                          金額(千円)
                  番号                             (%)                             (%)                             (%)

(資産の部)
Ⅰ   流動資産
1       現金及び預金             19,443                           16,206                           8,781
2       受取手形      ※3     1,200,086                         597,868                         812,273
3       売掛金              1,645,162                       2,180,173                       1,867,137
4       たな卸資産            1,073,313                       1,553,012                       1,442,363
5       繰延税金資産             41,361                           35,621                          42,906
6       その他                75,846                           96,361                         106,157
                           △2,500                          △2,990                          △2,740
        貸倒引当金
    流動資産合計                           4,052,713   67.9                4,476,254   68.9                4,276,880   68.1
Ⅱ    固定資産
    1   有形固定資産
    (1)建物         ※1,2     395,258                         410,046                         388,628
    (2)機械及び装置     ※1,2     662,249                         630,995                         690,089
    (3)土地         ※2       224,318                         224,318                         224,318
                           111,539                         114,652                         113,071
    (4)その他        ※1
        有形固定資産合
                         1,393,366                       1,380,013                       1,416,108
        計
2       無形固定資産             39,404                           39,384                          38,593
3       投資その他の資
        産
    (1)投資有価証券              307,533                         463,618                         385,260
    (2)その他                 180,418                         137,236                         167,226
                           △1,326                          △1,098                          △1,098
         貸倒引当金
        投資その他の資
                           486,625                         599,756                         551,388
        産合計
                                     1,919,395                       2,019,154                       2,006,090
    固定資産合計                                       32.1                            31.1                            31.9
        資産合計                         5,972,108   100.0               6,495,409   100.0               6,282,970   100.0




                                                          30/45
                                                                                                     EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                            三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                                        半期報告書


                                                                                              前事業年度
                            前中間会計期間末                        当中間会計期間末
                                                                                             要約貸借対照表
                           (平成16年9月30日)                    (平成17年9月30日)
                                                                                           (平成17年3月31日)

                   注記                           構成比                             構成比                             構成比
          区分                金額(千円)                          金額(千円)                          金額(千円)
                   番号                           (%)                             (%)                             (%)

(負債の部)
Ⅰ       流動負債
    1    支払手形             808,134                         777,519                         866,422
    2    買掛金            1,020,021                       1,148,737                         981,843
    3    短期借入金     ※2   1,434,000                       1,265,000                       1,365,000
 4      未払金                89,476                         76,478                         108,304
 5      未払法人税等             93,387                         86,815                         126,985
 6      未払消費税等     ※3       4,613                         13,517                               −
 7      未払事業所税              5,017                          5,058                           10,009
 8      預り金               328,018                        324,639                         304,130
 9      賞与引当金              69,950                         65,750                           70,554
                           57,148                         50,974                           56,808
 10     その他
      流動負債合計                        3,909,766    65.5               3,814,492   58.7                3,890,058   61.9
Ⅱ       固定負債
    1    長期借入金     ※2     100,000                         400,000                         200,000
    2    退職給付引当金          224,763                         229,787                         236,330
    3    役員退職慰労引
                           27,400                         14,875                           31,075
         当金
                               −                            2,314                              −
    4    繰延税金負債
                                      352,163                         646,977                         467,405
        固定負債合計                                   5.9                            10.0                             7.4
        負債合計                        4,261,929    71.4               4,461,469   68.7                4,357,463   69.4


(資本の部)
Ⅰ       資本金                           450,000     7.5                 450,000     6.9                 450,000     7.2
Ⅱ       資本剰余金
                               −                            1,275                              −
 1      自己株式処分差益
      資本剰余金合計                              −                            1,275    0.0                       −
Ⅲ     利益剰余金
    1    利益準備金             35,600                         45,600                           35,600
    2   任意積立金             971,056                       1,154,769                         971,056
    3   中間(当期)未
                          301,383                         361,272                         470,974
        処分利益
      利益剰余金合計                       1,308,040    21.9               1,561,642   24.0                1,477,630   23.5
Ⅳ       その他有価証券評
                                       16,298    0.3                 108,765     1.7                   62,363    1.0
        価差額金
                                     △64,158                        △87,743                          △64,487
Ⅴ     自己株式                                      △1.1                            △1.4                            △1.0
        資本合計                        1,710,179    28.6               2,033,939   31.3                1,925,506   30.6
        負債資本合計                      5,972,108   100.0               6,495,409   100.0               6,282,970   100.0




                                                         31/45
                                                                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                               半期報告書


    ②【中間損益計算書】
                                                                                    前事業年度
                         前中間会計期間                       当中間会計期間
                                                                                  要約損益計算書
                    (自    平成16年4月1日               (自   平成17年4月1日
                                                                                (自 平成16年4月1日
                     至    平成16年9月30日)              至   平成17年9月30日)
                                                                                 至 平成17年3月31日)

               注記                         構成比                           構成比                            構成比
      区分              金額(千円)                        金額(千円)                        金額(千円)
               番号                         (%)                           (%)                            (%)

Ⅰ   売上高                       5,194,128   100.0             5,462,851   100.0             10,376,576   100.0
                              4,706,322                     4,961,524                      9,278,253
Ⅱ   売上原価                                   90.6                         90.8                           89.4
    売上総利益                                  9.4                           9.2                           10.6
                                487,806                      501,326                       1,098,323
Ⅲ   販売費及び一般管
                                322,142                       340,295                        643,733
                                            6.2                           6.2                            6.2
    理費
    営業利益                                    3.1                           2.9                            4.4
                                165,664                       161,031                        454,589
Ⅳ   営業外収益      ※1               268,922     5.2               253,605     4.6                512,997     4.9
                                218,949                       187,792                        438,424
Ⅴ   営業外費用      ※2                           4.2                           3.4                            4.2
    経常利益                                    4.2                           4.2                            5.1
                                215,636                       226,844                        529,162
Ⅵ   特別利益       ※3                   100    0.0                     −     0.0                     599    0.0
                                 25,897                            −                          50,867
Ⅶ   特別損失       ※4                           0.5                          0.0                            0.5
    税引前中間(当
                                            3.7                           4.2                            4.6
                                189,839                       226,844                        478,894
    期)純利益
    法人税、住民税及
                     91,384                        82,477                       231,799
    び事業税
                    △16,278      75,106             7,656     90,133            △37,228      194,570
    法人税等調整額                                 1.4                           1.6                            1.9
    中間(当期)純利
                                            2.2                           2.5                            2.7
                                114,733                       136,710                        284,324
    益
    前期繰越利益                     188,923                       224,561                         188,923
                                △2,273                             −                         △2,273
    自己株式処分差損
    中間(当期)未処
                                301,383                       361,272                        470,974
    分利益




                                                  32/45
                                                        EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                               三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                        半期報告書


  中間財務諸表作成の基本となる重要な事項
       前中間会計期間               当中間会計期間                前事業年度
  (自    平成16年4月1日       (自    平成17年4月1日       (自   平成16年4月1日
   至    平成16年9月30日)      至    平成17年9月30日)      至   平成17年3月31日)
1.資産の評価基準及び評価方法       1.資産の評価基準及び評価方法       1.資産の評価基準及び評価方法
 (1)有価証券               (1)有価証券               (1)有価証券
   ① 子会社株式               ① 子会社株式               ① 子会社株式
    移動平均法による原価法                同左                    同左
   ② その他有価証券             ② その他有価証券             ② その他有価証券
    時価のあるもの               時価のあるもの               時価のあるもの
     中間決算日の市場価格等に              同左                決算日の市場価格等に基づ
     基づく時価法(評価差額は                                く時価法(評価差額は全部
     全部資本直入法により処理                                資本直入法により処理し、
     し、売却原価は移動平均法                                売却原価は移動平均法によ
     により算定)                                      り算定)
    時価のないもの               時価のないもの               時価のないもの
     移動平均法による原価法               同左                    同左
 (2)たな卸資産              (2)たな卸資産              (2)たな卸資産
    総平均法による原価法                 同左                    同左
2.固定資産の減価償却の方法        2.固定資産の減価償却の方法        2.固定資産の減価償却の方法
 (1)有形固定資産             (1)有形固定資産             (1)有形固定資産
    定額法によっております。          定額法によっております。         定額法によっております。
    なお、耐用年数及び残存価額         なお、主な資産の耐用年数は         なお、耐用年数及び残存価額
   については、法人税法に規定す        以下のとおりであります。          については、法人税法に規定す
   る方法と同一の基準によってお        建物       7∼31年        る方法と同一の基準によってお
   ります。                  機械及び装置     12年        ります。
 (2)無形固定資産             (2)無形固定資産             (2)無形固定資産
    定額法によっております。               同左                    同左
    ただし、ソフトウェア(自社
   利用分)については、社内にお
   ける利用可能期間(5年)に基
   づく定額法によっております。




                                  33/45
                                                           EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                  三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                           半期報告書


        前中間会計期間                当中間会計期間                 前事業年度
   (自    平成16年4月1日        (自    平成17年4月1日        (自   平成16年4月1日
    至    平成16年9月30日)       至    平成17年9月30日)       至   平成17年3月31日)
3.引当金の計上基準              3.引当金の計上基準            3.引当金の計上基準
 (1)貸倒引当金                (1)貸倒引当金              (1)貸倒引当金
    売掛金,受取手形,貸付金等               同左                    同左
   の貸倒損失に備えるため、一般
   債権については貸倒実績率によ
   り、貸倒懸念債権等特定の債権
   については個別に回収可能性を
   勘案し、回収不能見込み額を計
   上しております。
 (2)賞与引当金                (2)賞与引当金              (2)賞与引当金
    従業員に対して支給する賞与               同左                    同左
   の支出に充てるため、支給見込
   額に基づき計上しております。
 (3)退職給付引当金              (3)退職給付引当金            (3)退職給付引当金
    従業員の退職給付に備えるた           従業員の退職給付に備えるた         従業員の退職給付に備えるた
   め、当期末における退職給付債          め、当期末における退職給付債        め、当期末における退職給付債
   務及び年金資産の見込額に基づ          務及び年金資産の見込額に基づ        務及び年金資産の見込額に基づ
   き、当中間会計期間末において          き、当中間会計期間末において        き、当期末において発生してい
   発生していると認められる額を          発生していると認められる額を        ると認められる額を計上してお
   計上しております。               計上しております。             ります。
    なお、会計基準変更時差異                                  なお、会計基準変更時差異
   (247,620千円)については、5                            (247,620千円)については、5
   年による按分額を費用処理して                                年による按分額を費用処理して
   おります。                                         おります。
 (4)役員退職慰労引当金            (4)役員退職慰労引当金          (4)役員退職慰労引当金
    役員の退職慰労金の支出に備               同左                役員の退職慰労金の支出に備
   えるため、役員退職慰労金規程                                えるため、役員退職慰労金規程
   に基づく中間期末要支給額を計                                に基づく期末要支給額を計上し
   上しております。                                      ております。
4.外貨建の資産及び負債の本邦通        4.外貨建の資産及び負債の本邦通      4.外貨建の資産及び負債の本邦通
   貨への換算基準                貨への換算基準                貨への換算基準
   外貨建金銭債権債務は、中間決               同左               外貨建金銭債権債務は、期末日
 算日の直物為替相場により円貨に                               の直物為替相場により円円貨に換
 換算し、換算差額は損益として処                               算し、換算差額は損益として処理
 理しております。                                      しております。
   なお、為替予約等の振当処理の
 対象となっている外貨建金銭債権
 債務については、当該為替予約等
 の円貨額に換算しております。
5.リース取引の処理方法            5.リース取引の処理方法          5.リース取引の処理方法
   リース物件の所有権が借主に移              同左                    同左
 転すると認められるもの以外のフ
 ァイナンス・リース取引について
 は、通常の賃貸借取引に係る方法
 に準じた会計処理によっておりま
 す。




                                     34/45
                                                        EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                               三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                        半期報告書


       前中間会計期間               当中間会計期間                前事業年度
  (自    平成16年4月1日       (自    平成17年4月1日       (自   平成16年4月1日
   至    平成16年9月30日)      至    平成17年9月30日)      至   平成17年3月31日)
6.重要なヘッジ会計の方法         6.重要なヘッジ会計の方法         6.重要なヘッジ会計の方法
  ① ヘッジ会計の方法            ① ヘッジ会計の方法           ① ヘッジ会計の方法
    繰延ヘッジ処理によって              同左                    同左
   おります。ただし、為替予
   約が付されている外貨建金
   銭債権については振当処理
   を行っております。
  ② ヘッジ手段とヘッジ対象         ② ヘッジ手段とヘッジ対象         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
  (ヘッジ手段)為替予約           (ヘッジ手段)  同左           (ヘッジ手段)  同左
  (ヘッジ対象)外貨建金銭債権        (ヘッジ対象)  同左           (ヘッジ対象)  同左
  ③ ヘッジ方針               ③ ヘッジ方針               ③ ヘッジ方針
    当社は、将来の外貨建に              同左                    同左
   よる製品の販売に係る為替
   相場の変動によるリスクを
   軽減するため、実需の範囲
   内で為替予約取引を利用す
   ることとしております。
  ④ ヘッジ有効性評価の方法         ④   ヘッジ有効性評価の方法       ④   ヘッジ有効性評価の方法
    ヘッジ対象のキャッシュ                同左                    同左
   ・フローの変動の累計と、
   ヘッジ手段のキャッシュ・
   フローの変動の累計とを比
   率分析する方法により行っ
   ております。ただし、為替
   予約取引のうち、ヘッジ対
   象とヘッジ手段の重要な条
   件がほぼ同じであり、高い
   相関関係があると考えられ
   るものについては有効性の
   判定を省略しております。
7.その他中間財務諸表作成のため      7.その他中間財務諸表作成のため      7.その他財務諸表作成のための基
  の基本となる重要な事項           の基本となる重要な事項           本となる重要な事項
 消費税等の会計処理             消費税等の会計処理             消費税等の会計処理
   消費税及び地方消費税の会計             同左                    同左
  処理は、税抜き方式によってお
  ります。




                                  35/45
                                                      EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                             三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                      半期報告書


中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
     前中間会計期間               当中間会計期間                前事業年度
(自    平成16年4月1日       (自    平成17年4月1日       (自   平成16年4月1日
 至    平成16年9月30日)      至    平成17年9月30日)      至   平成17年3月31日)
                     (固定資産の減損に係る会計基準)
     ──────           当中間会計期間から「固定資産の            ──────
                    減損に係る会計基準」(「固定資産
                    の減損に係る会計基準の設定に関す
                    る意見書」(企業会計審議会 平成
                    14年8月9日))及び「固定資産の減
                    損に係る会計基準の適用指針」(企
                    業会計基準委員会 平成15年10月31
                    日 企業会計基準適用指針第6号)を
                    適用しております。
                      これによる損益に与える影響はあ
                    りません。


追加情報
     前中間会計期間               当中間会計期間                前事業年度
(自    平成16年4月1日       (自    平成17年4月1日       (自   平成16年4月1日
 至    平成16年9月30日)      至    平成17年9月30日)      至   平成17年3月31日)
                                          (外形標準課税)
     ──────                ──────            実務対応報告12号「法人税にお
                                            ける外形標準課税部分の損益計算
                                            書上の表示についての実務上の取
                                            扱い」(企業会計基準委員会(平
                                            成16年2月13日))が公表されたこ
                                            とに伴い、当期から同実務対応報
                                            告に基づき、法人事業税の付加価
                                            値割及び資本割5,827千円を販売費
                                            及び一般管理費として処理してお
                                            ります。
                                             この結果、販売費及び一般管理
                                            費が5,827千円増加し、営業利益、
                                            経常利益及び税引前当期純利益が
                                            それぞれ同額減少しております。




                                36/45
                                                                                          EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                                 三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                          半期報告書


      注記事項
      (中間貸借対照表関係)
         前中間会計期間末                          当中間会計期間末                              前事業年度末
        (平成16年9月30日)                      (平成17年9月30日)                         (平成17年3月31日)
※1    有形固定資産の減価償却累計額              ※1    有形固定資産の減価償却累計額                 ※1   有形固定資産の減価償却累計額
                    4,345,237千円                        4,512,719千円                          4,425,352千円
※2    担保資産及び担保債務                  ※2    担保資産及び担保債務                     ※2   担保資産及び担保債務
 (1)担保に供している資産は次のとおりで              (1)担保に供している資産は次のとおりで                 (1)担保に供している資産は次のとおりで
    ある                                ある                                   ある
     工場財団                              工場財団                              工場財団
      建物             326,133千円          建物                 343,005千円      建物                 320,625千円
      構築物                163千円         構築物                     161千円        構築物                  162千円
      機械及び装置         661,285千円         機械及び装置              630,113千円        機械及び装置           689,165千円
   土地                  32,118千円         土地                 32,118千円          土地               32,118千円
  債務の内容                                債務の内容                                債務の内容
     短期借入金           300,000千円         短期借入金               100,000千円        短期借入金            300,000千円
     長期借入金           100,000千円         長期借入金               400,000千円        長期借入金            200,000千円


            ─────                 ※3   手形割引高及び手形裏書高                    ※3   手形割引高及び手形裏書高
                                       受取手形割引高     524,640千円                受取手形割引高     446,285千円


※4   消費税等の取扱い                     ※4    消費税等の取扱い                                    ─────
     仮払消費税等と仮受消費税等は、相殺                        同左
     後流動負債に「未払消費税等」として表
     示しております。


      (中間損益計算書関係)
         前中間会計期間                              当中間会計期間                                前事業年度
       (自 平成16年4月1日                      (自   平成17年4月1日                       (自    平成16年4月1日
        至 平成16年9月30日)                     至   平成17年9月30日)                      至    平成17年3月31日)
※1.営業外収益のうち主要なもの                  ※1.営業外収益のうち主要なもの                     ※1.営業外収益のうち主要なもの
   屑売却収入       214,481千円             屑売却収入       183,751千円                屑売却収入       420,073千円
      固定資産賃貸料          24,970千円        固定資産賃貸料             24,884千円         固定資産賃貸料           49,949千円
      受取配当金            12,026千円        受取配当金               10,374千円         受取配当金             16,239千円
   受取利息         2,783千円              受取利息         3,214千円                 受取利息         6,280千円
※2.営業外費用のうち主要なもの                  ※2.営業外費用のうち主要なもの                     ※2.営業外費用のうち主要なもの
     屑売却原価           205,343千円         屑売却原価               173,736千円        屑売却原価            411,239千円
     支払利息              6,613千円         支払利息                  8,383千円        支払利息              15,379千円
     手形売却損               554千円         手形売却損                1,320千円         手形売却損                987千円
     賃貸資産減価償却費         2,491千円         賃貸資産減価償却費            2,572千円         賃貸資産減価償却費          5,063千円
   賃貸資産租税課金     1,736千円                賃貸資産租税課金             1,623千円       賃貸資産租税課金     2,503千円
※3.特別利益のうち主要なもの                            ─────                       ※3.特別利益のうち主要なもの
   貸倒引当金戻入益              100千円                                            投資有価証券売却益               511千円
※4.特別損失のうち主要なもの                               ─────                    ※4.特別損失のうち主要なもの
     退職給付会計基準変                                                              退職給付会計基準変
                       24,762千円                                                               49,524千円
     更時差異償却額                                                                更時差異償却額
     機械及び装置除却損           861千円                                              機械及び装置除却損          1,069千円
     車両及び運搬具除却            96千円                                              車両及び運搬具除却             96千円
     損                                                                      損
     工具器具備品除却損           176千円                                              工具器具備品除却損             176千円
 5.減価償却実施額                         5.減価償却実施額                            5.減価償却実施額
   有形固定資産              84,315千円      有形固定資産                87,367千円       有形固定資産             168,389千円
     無形固定資産            2,515千円         無形固定資産               5,133千円         無形固定資産             6,965千円




                                                   37/45
                                                                                       EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                                              三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                                                       半期報告書


     (リース取引関係)
         前中間会計期間                              当中間会計期間                             前事業年度
       (自 平成16年4月1日                      (自   平成17年4月1日                     (自   平成16年4月1日
        至 平成16年9月30日)                     至   平成17年9月30日)                    至   平成17年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認め              リース物件の所有権が借主に移転すると認め               リース物件の所有権が借主に移転すると認め
られるもの以外のファイナンス・リース取引              られるもの以外のファイナンス・リース取引               られるもの以外のファイナンス・リース取引
に係る注記                             に係る注記                              に係る注記
(借主側)                             (借主側)                              (借主側)
①   リース物件の取得価額相当額、減価償却            ①   リース物件の取得価額相当額、減価償却             ①   リース物件の取得価額相当額、減価償却
    累計額相当額及び中間期末残高相当額                 累計額相当額、減損損失累計額相当額及                 累計額相当額及び期末残高相当額
                                      び中間期末残高相当額
            工具・器具・備品                          工具・器具・備品                           工具・器具・備品
    取得価額相当額            12,498千円       取得価額相当額              6,492千円       取得価額相当額            6,492千円
    減価償却累計額相当額         10,407千円       減価償却累計額相当額           5,842千円       減価償却累計額相当額         5,193千円
    中間期末残高相当額                         中間期末残高相当額                          期末残高相当額
                       2,090千円                              649千円                           1,298千円
    なお、取得価額相当額は、未経過リース                なお、取得価額相当額は、未経過リース                 なお、取得価額相当額は、未経過リース
    料中間期末残高が有形固定資産の中間期末               料中間期末残高が有形固定資産の中間期末                料期末残高が有形固定資産の期末残高等に
    残高等に占める割合が低いため、支払利子               残高等に占める割合が低いため、支払利子                占める割合が低いため、支払利子込み法に
 込み法により算定しております。                   込み法により算定しております。                       より算定しております。
② 未経過リース料中間期末残高相当額                ② 未経過リース料中間期末残高相当額等                ②    未経過リース料期末残高相当額
                                      未経過リース料中間期末残高相当額
     1年以内              1,441千円         1年以内          649千円                1年以内              1,298千円
     1年超                 649千円         1年超                   −千円          1年超                  −千円
      合計          2,090千円               合計           649千円                 合計          1,298千円
    なお、未経過リース料中間期末残高相当                なお、未経過リース料中間期末残高相当                 なお、未経過リース料期末残高相当額
    額は、未経過リース料中間期末残高が有形               額は、未経過リース料中間期末残高が有形                は、未経過リース料期末残高が有形固定資
    固定資産の中間期末残高等に占める割合が               固定資産の中間期末残高等に占める割合が                産の期末残高等に占める割合が低いため、
    低いため、支払利子込み法により算定して               低いため、支払利子込み法により算定して                支払利子込み法により算定しております。
    おります。                             おります。
③   支払リース料及び減価償却費相当額              ③   支払リース料、リース資産減損勘定の取             ③   支払リース料及び減価償却費相当額
                                      崩額、減価償却費相当額及び減損損失額
     支払リース料            1,078千円         支払リース料               649千円         支払リース料            1,870千円
     減価償却費相当額          1,078千円         減価償却費相当額             649千円         減価償却費相当額          1,870千円
④   減価償却費相当額の算定方法                 ④    減価償却費相当額の算定方法                 ④   減価償却費相当額の算定方法
    リース期間を耐用年数とし、残存価額を                        同左                                同左
    零とする定額法によっております。
                                  (減損損失について)
                                       リース資産に配分された減損損失はあり
                                      ません。




     (有価証券関係)
      前中間会計期間末(平成16年9月30日)
        子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


       当中間会計期間末(平成17年9月30日)
         子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


       前事業年度末(平成17年3月31日)
           子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


     (1株当たり情報)
       中間連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。


     (重要な後発事象)
       該当事項はありません。




                                                   38/45
                             EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                    三谷伸銅株式会社(321013)
                                             半期報告書


(2)【その他】
    特記すべき事項はありません。




                     39/45
                                                   EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                          三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                   半期報告書


第6【提出会社の参考情報】

当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
有価証券報告書及びその添付書類
  事業年度(第120期)(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)平成17年6月27日近畿財務局長に提出。




                              40/45
                             EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                    三谷伸銅株式会社(321013)
                                             半期報告書


第二部【提出会社の保証会社等の情報】

    該当事項はありません。




                     41/45
                                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                            半期報告書


                    独立監査人の中間監査報告書



                                              平成16年12月21日

三谷伸銅株式会社


 取締役会   御中


                          清友監査法人


                          代表社員
                                               中野   淑夫        印
                                      公認会計士
                          業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている三谷伸
銅株式会社の平成16年4月1日から平成17年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成16年4月1日から平
成16年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結剰余金
計算書及び中間連結キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間連結財務諸表の作成責任は経営者に
あり、当監査法人の責任は独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
 当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間
連結財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表
示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じ
て追加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間連結財務諸表に対する意見表明の
ための合理的な基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基
準に準拠して、三谷伸銅株式会社及び連結子会社の平成16年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間連
結会計期間(平成16年4月1日から平成16年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情
報を表示しているものと認める。
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                                  以   上


(注)上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別
   途保管しております。




                              42/45
                                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                            半期報告書


                    独立監査人の中間監査報告書



                                              平成17年12月26日

三谷伸銅株式会社


 取締役会   御中


                          清友監査法人


                          指定社員
                                               中野   雄介        印
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          指定社員
                                               人見   敏之        印
                                      公認会計士
                          業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている三谷伸
銅株式会社の平成17年4月1日から平成18年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成17年4月1日から平
成17年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結剰余金
計算書及び中間連結キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間連結財務諸表の作成責任は経営者に
あり、当監査法人の責任は独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
 当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間
連結財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表
示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じ
て追加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間連結財務諸表に対する意見表明の
ための合理的な基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基
準に準拠して、三谷伸銅株式会社及び連結子会社の平成17年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間連
結会計期間(平成17年4月1日から平成17年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情
報を表示しているものと認める。
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                                  以   上


(注)上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別
   途保管しております。




                              43/45
                                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                            半期報告書



                     独立監査人の中間監査報告書



                                              平成16年12月21日

三谷伸銅株式会社


 取締役会    御中


                          清友監査法人


                          代表社員
                                              中野   淑夫        印
                                      公認会計士
                          業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている三谷伸
銅株式会社の平成16年4月1日から平成17年3月31日までの第120期事業年度の中間会計期間(平成16年4月1日から平
成16年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表及び中間損益計算書について中間監査を行った。
この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明する
ことにある。
 当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財
務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないか
どうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監
査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な
基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
て、三谷伸銅株式会社の平成16年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成16年4月1日か
ら平成16年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                                  以   上


(注)上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別
   途保管しております。




                              44/45
                                                            EDINET提出書類 2005/12/26 提出
                                                                   三谷伸銅株式会社(321013)
                                                                            半期報告書



                     独立監査人の中間監査報告書



                                              平成17年12月26日

三谷伸銅株式会社


 取締役会    御中


                          清友監査法人


                          指定社員
                                              中野   雄介        印
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          指定社員
                                              人見   敏之        印
                                      公認会計士
                          業務執行社員




 当監査法人は、証券取引法第193条の2の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている三谷伸
銅株式会社の平成17年4月1日から平成18年3月31日までの第121期事業年度の中間会計期間(平成17年4月1日から平
成17年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表及び中間損益計算書について中間監査を行った。
この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明する
ことにある。
 当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財
務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないか
どうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監
査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な
基礎を得たと判断している。
 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
て、三谷伸銅株式会社の平成17年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成17年4月1日か
ら平成17年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                                  以   上


(注)上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別
   途保管しております。




                              45/45

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。