日本電子株式会社 四半期報告書 第71期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第71期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:日本電子株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年8月10日
      【四半期会計期間】                    第71期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    日本電子株式会社
      【英訳名】                    JEOL   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  栗原 権右衛門
      【本店の所在の場所】                    東京都昭島市武蔵野三丁目1番2号
      【電話番号】                    (042)542-2124
      【事務連絡者氏名】                    財務本部副本部長兼経理部長  山崎 修
      【最寄りの連絡場所】                    東京都昭島市武蔵野三丁目1番2号
      【電話番号】                    (042)542-2124
      【事務連絡者氏名】                    財務本部副本部長兼経理部長  山崎 修
      【縦覧に供する場所】                    日本電子株式会社東京事務所
                         (東京都千代田区大手町二丁目1番1号 大手町野村ビル13階)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18












                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第70期           第71期
               回次               第1四半期           第1四半期            第70期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成28年4月1日           自 平成29年4月1日           自 平成28年4月1日

              会計期間
                           至 平成28年6月30日           至 平成29年6月30日           至 平成29年3月31日
                     (百万円)             19,073           15,801           99,698
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (百万円)             △ 2,290          △ 2,017           1,724
     親会社株主に帰属する四半期純
                     (百万円)             △ 2,225          △ 2,125            595
     損失(△)又は親会社株主に帰
     属する当期純利益
                     (百万円)             △ 3,489          △ 1,681            875
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             28,258           30,264           32,284
     純資産額
                     (百万円)             104,076           102,400           109,045
     総資産額
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)            △ 23.03          △ 21.99            6.17
     (△)又は
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             27.2           29.6           29.6
     自己資本比率
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 第70期第1四半期連結累計期間および第71期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純
           利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4 第70期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
           せん。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重

       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社および連結子会社)が
       判断したものであります。
       (1)経営成績の分析

         当第1四半期連結累計期間における経済状況は、国内において雇用環境の改善や企業設備投資等の緩やかな回
        復基調が見られる一方、海外における米国の政策動向や英国のEU離脱問題等、先行きが不透明な状況が続いてお
        ります。
         このような状況下、当社グループは、中期経営計画「Triangle                              Plan」(平成28年度~平成30年度)に掲げる
        重点戦略を強力に推進し、企業価値の向上および経営基盤の強化を図るとともに受注・売上の確保に努めまし
        た。
         受注につきましては好調に推移しましたが、売上については計上が第2四半期以降にずれ込んでいます。この
        結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は                     15,801   百万円(    前年同期比17.2%減         )となりました。損益面におき
        ましては、     営業損失が2,169        百万円(前年同期は         営業損失1,394       百万円)、     経常損失は2,017        百万円(前年同期は         経
        常損失2,290      百万円)、親会社株主に帰属する               四半期純損失は2,125          百万円(前年同期は親会社株主に帰属する                    四
        半期純損失2,225        百万円)となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

        ①  理科学・計測機器事業
           電子顕微鏡への引合いは引き続き堅調であり、材料・医学・生物分野における開発研究から品質管理等の幅
          広い分野からの要求に応えました。一方で、電子顕微鏡を中心に売上計上が少なかったため、                                           当事業の売上高
          は9,909百万円(前年同期比             14.7%減)となりました。
        ②  産業機器事業
           電子ビーム描画装置および電子ビーム蒸着用電子銃・電源の受注は引き続き好調に推移しましたが、大型製
          品の売上計上が少なかったため、当事業の売上高は1,823百万円(前年同期比                                    30.8%減)となりました。
        ③  医用機器事業
           国内向け生化学自動分析装置やOEM供給先である富士レビオ向けの免疫分析装置の売上が好調に推移しまし
          た。一方、海外はOEM供給先であるシーメンスからの受注・売上が低い水準にとどまりました。
           この結果、当事業の売上高は4,068百万円(前年同期比                          15.5%減)となりました。
       (2)財政状態の分析

         当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末から6,644百万円減少し102,400百万円となりま
        した。主なものとしては、現金及び預金が222百万円減少、受取手形及び売掛金が10,596百万円減少し、たな卸資
        産が4,888百万円増加しております。
         当第1四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末から4,624百万円減少し72,135百万円となりまし
        た。主なものとしては、前受金が1,680百万円増加したものの短期借入金の減少5,167百万円および長期借入金の
        減少996百万円によるものであります。
         一方、当第1四半期連結会計期間末の純資産合計は、利益剰余金の減少に伴い30,264百万円となりました。資
        産合計も減少したため、結果として当第1四半期連結会計期間末の自己資本比率は前連結会計年度末から変わら
        ず29.6%となりました。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
        ありません。
                                  3/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
       (4)事業上および財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上および財務上の対処すべき課題に重要な変更および
        新たに生じた課題はありません。
         また、当社は、当社の企業価値・株主共同の利益を確保し、または向上させることを目的として、当社の財務お
        よび事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法施行規則第118
        条第3号に掲げる事項)は次のとおりです。
        Ⅰ 当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

          当社は、公開会社として当社株式の自由な売買を認める以上、大規模な買付行為に応じて当社株式の売却を行
         うか否かは、最終的には当社株式を保有する株主の皆様の判断に委ねられるべきものであると考えます。
          しかしながら、大規模な買付行為またはこれに関する提案につきましては、当社株主の皆様が、当該買付者の
         事業内容、事業計画、過去の投資行動等から、当該買付行為または提案の企業価値および株主共同の利益への影
         響を慎重に判断する機会がなければ、株主の皆様が将来実現することのできる株主価値を毀損する結果となる可
         能性があります。
          当社は、突然大規模な買付行為がなされたときに、買付者の提示する当社株式の取得対価の妥当性について株
         主の皆様が短期間の内に適切に判断するためには、買付者および当社取締役会の双方から適切かつ十分な情報が
         提供されることが不可欠であると考えます。
          このような基本的な考え方に立ち、当社としましては、株主の皆様が適切に判断できるよう、当社が事前に設
         定する一定のルール(以下「大規模買付ルール」または「本ルール」といいます。)に従って、大規模買付行為
         を行う買付者が買付行為に関する必要かつ十分な情報を当社取締役会に事前に提供し、当社取締役会における一
         定の評価期間が確保されていることが必要であると考えております。
          また、当該大規模買付行為が明らかに濫用目的によるものと認められ当社株主全体の利益を著しく損なうと判
         断されるときは、当社取締役会が大規模買付ルールに従って適切と考える措置をとることも必要であると考えて
         おります。
        Ⅱ 当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社の支配に関する基本方針の実現に資する特別な

         取組み
          当社は、「創造と開発」を基本とし、常に世界最高の技術に挑戦し、製品を通じて科学の進歩と社会の発展に
         貢献することを経営理念としております。創立以来の歴史の中で蓄積してきた要素技術・ノウハウ・グローバル
         ネットワークを活かし、世界最高クラスの装置を提供する「分析・計測の世界において欠かせない企業」、さら
         には独自のソリューションと付加価値を提供するOnly                         One  Companyとなることを目指しております。
          中期経営計画「Triangle             Plan」(平成28年度~平成30年度)では、前々期の中期経営計画「CHALLENGE                                    5」
         (平成22年度~平成24年度)における「経営構造改革」の成果および前中期経営計画「Dynamic                                            Vision」(平成
         25年度~平成27年度)における成長戦略を継承し、これまで推進してまいりましたYOKOGUSHI戦略を背景に、新
         たに“Speed”、“Difference”、“Change”の3つを更なる成長へのキーワードとして掲げ、成長戦略の深
         化・具現化により、適正な利益を継続的に創出することができる高収益中堅企業への変革を大目標としていま
         す。
          また、当社では、経営環境の変化に迅速に対応するため、経営のスリム化を図るべく、平成18年6月の定時株
         主総会において、取締役の人数(定款上の定員の上限)を適正化するとともに、経営の意思決定の迅速化、業務
         執行の効率化を図るため、「執行役員制度」を導入しています。さらに、法令遵守の徹底を図るため、業務監理
         室を設置するとともに、企業の社会的責任を重視して、社長を委員長とし、社外弁護士も参加するCSR委員会
         を設置し、コーポレートガバナンス体制の強化に取組んでおります。
        Ⅲ 会社の支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配される

         ことを防止するための取組み
          当社は、平成28年6月28日開催の第69回定時株主総会において、当社株券等の大規模買付行為への対応方針
         (買収防衛策)(以下「本対応方針」といいます。)の継続をご承認いただきました。
          本対応方針は、大規模買付行為に際して、株主の皆様が大規模買付者の提案に対して適切に判断できるよう、
         当社が事前に設定する大規模買付ルールに従って、大規模買付者が大規模買付行為に関する必要かつ十分な情報
         を当社取締役会に事前に提供し、かつ、当社取締役会における一定の評価期間の経過後に当該買付行為を開始す
         るというものです。
          大規模買付者が本ルールを遵守した場合には、取締役会は、当該買付提案についての評価意見を表明したり、
         代替案を提示することにより、株主の皆様の判断に必要な情報を提供することとし、大規模買付者の買付提案に
         応じるか否かは、株主の皆様において、当該買付提案および取締役会が提示する当該買付提案に対する意見、代
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
         替案等を考慮の上、判断していただくことになります。以下に述べる例外的な場合を除き、当該大規模買付行為
         に対する対抗措置はとりません。
          例外的な場合として、当該買付行為が明らかに濫用目的によるものと認められ、その結果として当社に回復し
         難い損害をもたらすなど、当社株主共同の利益を著しく損なうと判断される場合には、取締役会は、外部専門家
         等の助言を得ながら、独立委員会からの勧告を最大限尊重したうえで、株主の皆様の利益を守るために、適切と
         考える方策を取ることがあります。
          一方、大規模買付者により、本ルールが遵守されなかった場合には、取締役会は、当社および株主共同の利益
         を守ることを目的として、新株予約権の発行等、会社法その他の法律および当社定款が認める対抗措置をとり、
         大規模買付行為に対抗する場合があります。対抗措置の発動については、外部専門家等の意見も参考にし、また
         独立委員会の勧告を最大限尊重し、取締役会が決定します。
          具体的な対抗措置については、取締役会がその時点で最適と判断したものを選択することとします。株主への
         割当てまたは無償割当てにより新株予約権を発行する場合には、対抗措置としての効果を勘案した行使期間およ
         び行使条件を設けることがあります。
        Ⅳ 本対応方針が会社の支配に関する基本方針に沿うものであり、株主共同の利益を損なうものではなく、会社役

         員の地位の維持を目的とするものではないことおよびその理由
          本対応方針は、大規模買付を行う場合の一定のルールを明確にするものであり、本対応方針導入の必要性、独
         立委員会の設置、大規模買付ルールの内容、大規模買付行為が為された場合の対応方針、株主・投資家の皆様に
         与える影響等を規定しています。
          本対応方針は、大規模買付者が大規模買付行為を行う際には必要かつ十分な情報を当社取締役会に事前に提供
         し、取締役会による一定の評価期間が経過した後にのみ買付行為を開始できることとしています。さらに、大規
         模買付者がこれを遵守しない場合、または、大規模買付行為が当社株主共同の利益を著しく損なうものである場
         合には、大規模買付者に対して取締役会は株主共同の利益を守るために適切な対抗措置を講じることがあること
         を明記しています。
          また、本対応方針そのものの導入・継続については、株主の皆様の承認をえることとしております。本対応方
         針の有効期限は3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までとし、以後も
         同様とします。
          なお、本対応方針は取締役会が対抗措置を発動する場合について事前かつ明確に開示しており、取締役会によ
         る対抗措置の発動は本対応方針の規定に則って実施されます。
          また、取締役会が大規模買付行為について評価・検討を行う際や代替案を提示し、または対抗措置を発動する
         際には、外部専門家等の意見も参考にし、当社経営陣から独立した委員で構成される独立委員会に諮問し、同委
         員会の勧告を最大限尊重するものとしています。
          このような観点から、本対応方針が基本方針に沿うものであり、株主共同の利益を損なうものではなく、当社
         役員の地位の維持を目的とするものでないと考えております。
       (5)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は1,351百万円であります。
                                  5/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      200,000,000
                  計                                    200,000,000

        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)              (株)        名又は登録認可金融               内容
               (平成29年6月30日)           (平成29年8月10日)            商品取引業協会名
                                      東京証券取引所         単元株式数は1,000株であ
       普通株式            97,715,600           97,715,600
                                      (市場第一部)         ります。
         計           97,715,600           97,715,600          -            -

       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     平成29年4月1日~
                       -   97,715,600           -     10,037         -      8,974
     平成29年6月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年6月30日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                      -            -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                      -            -             -

     議決権制限株式(その他)                      -            -             -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
                       普通株式      1,085,000
                       普通株式     96,493,000
     完全議決権株式(その他)                                     96,493          -
                                               1単元(1,000株)未満の
                       普通株式         137,600
     単元未満株式                                  -
                                               株式
     発行済株式総数                       97,715,600           -             -
     総株主の議決権                      -               96,493          -

      (注) 「単元未満株式」欄には、当社保有の自己株式                          824株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                      発行済株式

                                 自己名義       他人名義       所有株式数
                                                      総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                      所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
                   東京都昭島市武蔵野
     (自己保有株式)
                                  1,085,000           -    1,085,000          1.11
     日本電子株式会社
                   三丁目1番2号
           計             -         1,085,000           -    1,085,000          1.11
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平
       成29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         10,165               9,943
         現金及び預金
                                         26,779              16,182
         受取手形及び売掛金
                                         10,309              11,926
         商品及び製品
                                         27,484              30,810
         仕掛品
                                         1,505              1,450
         原材料及び貯蔵品
                                         4,354              4,042
         その他
                                         △ 473             △ 478
         貸倒引当金
                                         80,126              73,878
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               6,229              6,249
          機械装置及び運搬具(純額)                               1,032              1,177
          工具、器具及び備品(純額)                               3,432              3,238
                                         1,789              1,813
          土地
          リース資産(純額)                                687              608
                                           292              292
          建設仮勘定
                                         13,464              13,380
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,496              2,404
          のれん
                                           536              507
          その他
                                         3,032              2,911
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         9,179              8,981
          投資有価証券
                                         3,179              3,191
          その他
                                           △ 7             △ 7
          貸倒引当金
                                         12,351              12,165
          投資その他の資産合計
                                         28,849              28,458
         固定資産合計
                                           69              64
       繰延資産
                                        109,045              102,400
       資産合計
                                  9/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         18,064              17,490
         支払手形及び買掛金
                                         11,143               5,976
         短期借入金
                                           676              676
         1年内償還予定の社債
                                           354              267
         未払法人税等
                                           995             1,629
         賞与引当金
                                         15,881              17,355
         その他
                                         47,115              43,394
         流動負債合計
       固定負債
                                         5,386              5,211
         社債
                                         12,594              11,597
         長期借入金
                                           167              143
         役員退職慰労引当金
                                         10,265              10,614
         退職給付に係る負債
                                           332              332
         資産除去債務
                                           899              842
         その他
                                         29,644              28,740
         固定負債合計
                                         76,760              72,135
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         10,037              10,037
         資本金
                                         9,386              9,386
         資本剰余金
                                         13,977              11,513
         利益剰余金
                                         △ 537             △ 538
         自己株式
                                         32,863              30,399
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,121              3,327
         その他有価証券評価差額金
                                            5              -
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,519             △ 1,315
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,185             △ 2,146
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 578             △ 134
         その他の包括利益累計額合計
                                         32,284              30,264
       純資産合計
                                        109,045              102,400
      負債純資産合計
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      売上高                                   19,073              15,801
                                         11,828              10,090
      売上原価
                                         7,245              5,710
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         1,874              1,351
       研究開発費
                                         6,765              6,527
       その他
                                         8,639              7,879
       販売費及び一般管理費合計
      営業損失(△)                                   △ 1,394             △ 2,169
      営業外収益
                                           20               6
       受取利息
       受取配当金                                    60              58
                                           28              18
       受託研究収入
                                           55              14
       受取保険金
                                           17              12
       貸倒引当金戻入額
                                           -              76
       為替差益
                                           -              32
       持分法による投資利益
                                           29              24
       その他
                                           213              244
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           105               61
       支払利息
                                            8              2
       売上債権売却損
                                           963               -
       為替差損
                                            ▶              -
       持分法による投資損失
                                           27              28
       その他
                                         1,108                93
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                   △ 2,290             △ 2,017
      特別利益
                                            1              2
       固定資産売却益
                                            2              -
       その他
                                            ▶              2
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              3
       固定資産除却損
                                           -              66
       和解金
                                            1              -
       その他
       特別損失合計                                    1              70
      税金等調整前四半期純損失(△)                                   △ 2,288             △ 2,086
      法人税、住民税及び事業税                                     158              113
                                         △ 220              △ 75
      法人税等調整額
                                          △ 62              38
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                   △ 2,225             △ 2,125
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 2,225             △ 2,125
                                 11/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      四半期純損失(△)                                   △ 2,225             △ 2,125
      その他の包括利益
                                         △ 630              206
       その他有価証券評価差額金
                                           109              △ 5
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 663              200
       為替換算調整勘定
                                           79              38
       退職給付に係る調整額
                                         △ 158               3
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 1,264               443
       その他の包括利益合計
                                        △ 3,489             △ 1,681
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 3,489             △ 1,681
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18















                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (連結の範囲の重要な変更)
          当第1四半期連結会計期間より、JEOL(Nordic)AB、JEOL(ITALIA)S.p.A.、JEOL                                     CANADA,INC.は重要性が増し
         たため、連結の範囲に含めております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       1 偶発債務
         連結子会社以外の会社に対して、次のとおり債務保証を行っております。
               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間

              (平成29年3月31日)                            (平成29年6月30日)
     JEOL(MALAYSIA)SDN.BHD.の前受金(2,773千                            JEOL(MALAYSIA)SDN.BHD.の前受金(1,376千
                            70百万円                            35百万円
     MYR)                            MYR)
     JEOL   INDIA   PVT.LTD.の前受金(112,700千                      JEOL   INDIA   PVT.LTD.の前受金(116,182千
                           194 〃                            203 〃
     INR)                            INR)
     JEOL(BEIJING)CO.,LTD.の借入金(218,263                            JEOL(BEIJING)CO.,LTD.の借入金(219,109
                           234 〃                            226 〃
     千JPY)、前受金(16,599千JPY)                            千JPY)、前受金(7,700千JPY)
               計            500百万円               計             466百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびのれんの償却額は、次の
       とおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
       減価償却費                                 712百万円               643百万円
                                        92 〃               92 〃
       のれんの償却額
                                 13/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
       前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
       1.配当金支払額
                       配当金の総額              1株当たり

        決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)             配当額(円)
     平成28年6月28日
                普通株式           338  利益剰余金           3.50   平成28年3月31日         平成28年6月29日
     定時株主総会
       2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
       当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

       1.配当金支払額
                       配当金の総額              1株当たり

        決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)             配当額(円)
     平成29年6月28日
                普通株式           338  利益剰余金           3.50   平成29年3月31日         平成29年6月29日
     定時株主総会
       2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
                                 14/18












                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                            報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                                (注)1        計上額
                  理科学・計測
                         産業機器事業       医用機器事業          計
                                                       (注)2
                   機器事業
     売上高

                     11,622        2,636       4,815       19,073         -     19,073
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                       -       -       -       -       -       -
      上高又は振替高
                     11,622        2,636       4,815       19,073         -     19,073
          計
     セグメント利益又は損失
                    △ 1,373        620       551      △ 201     △ 1,193      △ 1,394
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失の調整額△1,193百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△1,193
           百万円が含まれております。
         2 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                            報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                                (注)1        計上額
                  理科学・計測
                         産業機器事業       医用機器事業          計
                                                       (注)2
                   機器事業
     売上高

                     9,909       1,823       4,068       15,801         -     15,801
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                       -       -       -       -       -       -
      上高又は振替高
                     9,909       1,823       4,068       15,801         -     15,801
          計
     セグメント利益又は損失
                    △ 1,698         72       481     △ 1,144      △ 1,024      △ 2,169
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失の調整額△1,024百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△1,024
           百万円が含まれております。
         2 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 15/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純損失金額および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                項目               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
     1株当たり四半期純損失金額                                  23円03銭               21円99銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                         2,225               2,125
     (百万円)
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -               -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
                                         2,225               2,125
     金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   96,632               96,629
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                  ――――――――               ――――――――
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式
         が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。

                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       日本電子株式会社(E01905)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月10日

     日本電子株式会社
       取締役会 御中
                          有限責任監査法人トーマツ 

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             岡 田  吉 泰  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             大 村  広 樹  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本電子株式会

     社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成
     29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本電子株式会社及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。