株式会社資生堂 四半期報告書 第118期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第118期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社資生堂

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2017年8月10日

     【四半期会計期間】                      第118期第2四半期(自            2017年4月1日         至   2017年6月30日)

     【会社名】                      株式会社資生堂

     【英訳名】                      Shiseido     Company,     Limited

                           代表取締役

     【代表者の役職氏名】
                           執行役員社長       兼  CEO       魚   谷   雅   彦
     【本店の所在の場所】                      東京都中央区銀座七丁目5番5号

     【電話番号】                      03(3572)5111

                           財務部長                          堂   園   正   樹

     【事務連絡者氏名】
     【最寄りの連絡場所】                      東京都港区東新橋一丁目6番2号

     【電話番号】                      03(6218)5490

                           財務部長                          堂   園   正   樹

     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/26








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                               第117期           第118期

               回次               第2四半期           第2四半期            第117期
                              連結累計期間           連結累計期間
                             自   2016年1月1日         自   2017年1月1日         自   2016年1月1日

              会計期間
                             至   2016年6月30日         至   2017年6月30日         至   2016年12月31日
                                  412,279           472,109           850,306

     売上高                  (百万円)
                                   19,942           34,671           36,780

     営業利益                  (百万円)
     経常利益                  (百万円)            18,337           34,197           37,174

     親会社株主に帰属する
                       (百万円)            24,496           18,805           32,101
     四半期(当期)純利益
                                  △ 27,321           18,388           8,978
     四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)
                                  381,098           427,036           413,870

     純資産額                  (百万円)
                                  765,583           956,617           934,590

     総資産額                  (百万円)
                                   61.37           47.08           80.41

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                   (円)
     潜在株式調整後1株当たり

                                   61.28           47.02           80.30
                        (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                    4.8           7.3           4.3

     売上高営業利益率                   (%)
                                    47.4           42.5           42.0

     自己資本比率                   (%)
                                   25,721           33,143           59,129

     営業活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)
                                   △ 980        △ 34,521          △ 70,640

     投資活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)
                                   7,495           2,482          22,378

     財務活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)
     現金及び現金同等物の
                                  128,709           113,983           113,122
                       (百万円)
     四半期末(期末)残高
                               第117期           第118期

               回次               第2四半期           第2四半期
                              連結会計期間           連結会計期間
                             自   2016年4月1日         自   2017年4月1日

              会計期間
                             至   2016年6月30日         至   2017年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額

                                   △ 7.03          12.03
                        (円)
     又は四半期純損失金額(△)
     (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
         ません。
       2   売上高には、消費税等は含まれていません。
       3 第118期第1四半期連結会計期間から表示方法を一部変更しており、第117期の繰延税金資産及び繰延税金負債
         に対して遡及処理を行っています。なお、詳細は「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項
         (追加情報)(表示方法の変更)」に記載しています。 
                                  2/26



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
      ん。また、主要な関係会社に異動はありません。
       なお、第1四半期連結会計期間より、当社グループ内の経営管理体制に合わせ、報告セグメントの区分方法を見直
      しています。従来、「日本事業」「中国事業」「アジアパシフィック事業」「米州事業」「欧州事業」及び「トラベ
      ルリテール事業」としていた報告セグメントを、「日本事業」「中国事業」「アジアパシフィック事業」「米州事
      業」「欧州事業」「トラベルリテール事業」及び「プロフェッショナル事業」に変更しています。
       これに伴い、「日本事業」に計上していた生産事業、フロンティアサイエンス事業、飲食業などについては、「そ
      の他」へ計上しています。
       また、マトリクス組織の考え方に則り、「米州事業」に計上していたU.K.における「bareMinerals」及び「NARS」
      などについては、「欧州事業」へ計上し、「欧州事業」に計上していたラテンアメリカのフレグランス事業について
      は、「米州事業」へ計上しています。
                                  3/26
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【事業等のリスク】

       有価証券報告書(2017年3月28日提出)の記載から重要な変更又は新たな発生はありません。
     2 【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断したも
      のです。
       (1)  業績の状況
                                      親会社株主に        1株当たり       潜在株式調整後
                    売上高      営業利益      経常利益
                                       帰属する        四半期       1株当たり
                                      四半期純利益         純利益      四半期純利益
                   (百万円)       (百万円)      (百万円)
                                      (百万円)        (円)        (円)
      2017年12月期第2四半期
                    472,109       34,671      34,197       18,805        47.08        47.02
         累計期間
      2016年12月期第2四半期
                    412,279       19,942      18,337       24,496        61.37        61.28
         累計期間
          増減率           14.5%      73.9%      86.5%      △23.2%       △23.3%        △23.3%
         外貨増減率            15.0%         ―      ―       ―       ―        ―

        当第2四半期連結累計期間(2017年1月1日~2017年6月30日)の国内における景況感は、雇用・所得環境の改

       善を背景に個人消費に持ち直しの動きが見られるなど、緩やかな回復基調が続きました。国内化粧品市場も同様に
       回復基調が継続したことに加え、増加傾向が続く訪日外国人によるインバウンド需要もあり、堅調に推移しまし
       た。海外化粧品市場は、国によりばらつきがみられる欧州は弱い成長にとどまり、米州は成長が鈍化しているもの
       の、中国、アジアでは堅調な成長が継続しました。
        このような環境において、当社は中長期戦略「VISION                         2020」のもと、「世界で勝てる日本発のグローバルビュー
       ティーカンパニー」の実現に向けて、「Think                      Global,    Act  Local」の考え方に則り、すべての活動において“お客
       さま起点”を軸に据えブランド価値の向上に取り組んでいます。
        当期は、3カ年計画の最終年度であり、「事業基盤の再構築」の完遂に向けた取り組みに注力しています。具体
       的には、売上の成長加速をめざし、大きな成果が期待できる領域への投資をさらに強化するとともに、成長性や収
       益性に課題を残しているブランドや領域においても解決に向けた取り組みを進めています。また、収益性改善に向
       けて、事業やブランドごとの利益管理の徹底、注力する事業やブランドの大胆な組み替え、売上・利益への貢献度
       が低い商品の削減などにも着手しました。
        当第2四半期連結累計期間の売上高は、現地通貨ベースで前年比15.0%増と第1四半期よりさらに成長が加速し
       ました。戦略的に投資強化を続けてきたプレステージ領域がグローバルで好調を維持したことに加え、主に中国の
       お客さまを対象とするボーダレスマーケティングを積極的に実施した日本、中国、トラベルリテール事業が成長を
       牽引しました。さらに、新ブランドが上乗せとなったことから、すべての事業で増収となりました。円換算後で
       は、前年比14.5%増の472,109百万円となりました。
        営業利益は、新ブランドに対する投資強化があったものの、日本、中国、トラベルリテールを中心とした既存ビ
       ジネスの収益性向上やコスト構造改革、原価率の低減などにより、前年比73.9%増の34,671百万円となりました。
       親会社株主に帰属する四半期純利益は、前期に知的財産権の譲渡益や工場跡地の売却益を特別利益に計上したこと
       に加え、当期に一部商品の自主回収に関わる特別損失を計上したことなどが影響し、前年比23.2%減の18,805百万
       円となりました。
        なお、当第2四半期連結累計期間における財務諸表項目(収益及び費用)の主な為替換算レートは、1ドル=
       112.4円、1ユーロ=121.6円、1中国元=16.4円となっています。
        各報告セグメントの概況は次のとおりです。なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分方法を変

       更しており、当第2四半期連結累計期間の比較・分析は変更後の区分方法に基づいています。
                                  4/26


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
        ①  日本事業
         日本事業では、中高価格帯のブランドが好調を継続していることに加え、しわを改善する「エリクシール」美
        容濃密リンクルクリームのヒットや中国のお客さまに対する積極的なボーダレスマーケティングの実施により拡
        大するインバウンド需要を着実に獲得したことなどから、売上成長が第1四半期より第2四半期に入りさらに加
        速し、売上高は前年比10.0%増の208,585百万円となりました。営業利益は、売上増に伴う差益増に加え、プレ
        ステージブランドの売上拡大によるプロダクトミックスの好転やコスト構造改革効果などから、前年比61.1%増
        の40,638百万円となりました。
        ②  中国事業

         中国事業では、「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー                       ボーテ」「イプサ」などのプレステージブランドが高成長を
        維持したほか、パーソナルケアブランドもEコマース売上が牽引して大きく伸長したことにより、売上高は現地
        通貨ベースで前年比17.4%増、円換算後では前年比13.7%増の68,658百万円となりました。営業利益は、マーケ
        ティング投資を積極的に実施した一方、売上増に伴う差益増があったことなどにより、前年比125.7%増の5,007
        百万円となりました。
        ③  アジアパシフィック事業

         アジアパシフィック事業では、「クレ・ド・ポー                        ボーテ」や「NARS」などのプレステージブランドがいずれ
        も大きく成長したことに加え、国ごとに異なるお客さまの嗜好や生活習慣に合わせたマーケティングを強化して
        いる「SENKA」を中心としたパーソナルケアブランドも寄与し、売上高は現地通貨ベースで前年比10.3%増、円
        換算後では前年比15.2%増の25,810百万円となりました。営業利益は、プレステージブランドの売上拡大による
        プロダクトミックスの好転などにより、前年同期に対し2,272百万円増の2,285百万円となりました。
        ④  米州事業

         米州事業では、ブランドの再構築を進めている「bareMinerals」が大手百貨店の閉店影響やスペシャルティス
        トアでの競争激化などにより前年を下回ったものの、前期に取得したブランド「Laura                                          Mercier」の上乗せが
        あったことから、売上高は現地通貨ベースで前年比12.0%増、円換算後では前年比12.4%増の62,109百万円とな
        りました。既存ビジネスの減収の影響に加え、「Laura                          Mercier」やデジタルマーケティングへの先行投資が発
        生したことなどから、営業損失は前年同期に対し4,320百万円増の9,025百万円となりました。
        ⑤  欧州事業

         欧州事業では、フレグランスブランドの「narciso                         rodriguez」が牽引し既存ブランドが成長したことに加
        え、前期にライセンス契約を締結した「Dolce&Gabbana」が上乗せとなったことにより、売上高は現地通貨ベー
        スで前年比27.1%増、円換算後では前年比24.5%増の53,823百万円となりました。営業損失は、マーケティング
        投資の強化などにより、前年同期に対し908百万円増の3,190百万円となりました。
        ⑥  トラベルリテール事業

         トラベルリテール事業では、空港での広告宣伝強化など積極的なマーケティング投資の効果により1店舗あた
        りの売上が拡大し、中国、韓国、タイなどアジアの主要な空港免税店の売上が前年を大きく上回ったことから、
        売上高は現地通貨ベースで前年比91.8%増、円換算後では前年比92.4%増の23,126百万円となりました。営業利
        益は、売上増に伴う差益増に加え、1店舗あたりの生産性向上などにより、前年比164.3%増の7,544百万円とな
        りました。
        ⑦  プロフェッショナル事業

         プロフェッショナル事業では、米州を中心に展開するゾートス社が好調なことから、売上高は現地通貨ベース
        で前年比4.0%増、円換算後では前年比4.4%増の23,199百万円となりました。営業利益は、売上増に伴う差益増
        などにより、前年同期に対し1,022百万円増の1,169百万円となりました。
       (2) キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、当連結会計年度期首残高113,122百万円に比べ
         860百万円増加し、         113,983百万円       となりました。
                                  5/26


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当第2四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前四半期純利益(                                             30,582百万
         円 )に減価償却費(       19,191百万円      )、のれん償却額(        2,721百万円      )などの非資金費用、仕入債務の増加(11,552百万
         円)や退職給付に係る負債の増加(3,927百万円)があった一方、売上債権の増加(4,297百万円)、たな卸資産の増
         加(15,897百万円)、賞与引当金の減少(9,725百万円)、法人税等の支払額(4,349百万円)などにより、前年同期
         に比べ7,422百万円増加の            33,143百万円      の収入となりました。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当第2四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出(20,959
         百万円)、無形固定資産の取得による支出(4,404百万円)や連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出
         (4,715百万円)などにより、前年同期に比べ33,540百万円減少の                             34,521百万円      の支出となりました。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          当第2四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは、短期借入金及びコマーシャル・ペー
         パーの増加(2,228百万円)や長期借入による収入(10,000百万円)があった一方、配当金の支払額(3,993百万
         円)、非支配株主への配当金の支払額(2,160百万円)、長期借入金の返済による支出(2,867百万円)などにより、
         前年同期と比べ5,012百万円減少の                2,482百万円      の収入となりました。
       (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         有価証券報告書(2017年3月28日提出)の記載から重要な変更又は新たな発生はありません。
       (4) 研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、10,185百万円(売上高比2.2%)で
        す。なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありませ
        ん。
       (5) 経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         有価証券報告書(2017年3月28日提出)の記載から重要な変更又は新たな発生はありません。
                                  6/26










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
       (6) 資本の財源及び資金の流動性についての分析
        ①  資金調達と流動性マネジメント
          資金調達と流動性マネジメントの基本方針は、有価証券報告書(2017年3月28日提出)の記載から変更あり
         ません。なお、当第2四半期連結会計期間末現在において、当社グループの流動性は十分な水準にあり、資金
         調達手段は分散されていることから、財務の柔軟性は引き続き高いと考えています。
        ②  格付け

         2017年7月31日現在の債券格付けの状況(長期/短期)は以下のとおりです。
                     ムーディーズ                  S&P

           長期     A2(見通し:安定的)                 A-(見通し:安定的)
           短期     P-1                 A-2
        ③   資産及び負債・純資産

          当第2四半期連結会計期間末の総資産は、たな卸資産の増加などにより、前連結会計年度末に比べ22,026百
         万円増の956,617百万円となりました。負債は、借入金の増加などにより、8,860百万円増の529,580百万円に、
         純資産は、為替換算調整勘定の減少があったものの、利益剰余金の増加などにより13,166百万円増の427,036百
         万円となりました。自己資本比率は前連結会計年度末における42.0%から、当第2四半期連結会計期間末は
         42.5%に上昇しました。
       (7)  経営者の問題認識と今後の方針について

         有価証券報告書(2017年3月28日提出)の記載から重要な変更又は新たな発生はありません。
       (8)  従業員数

         当第2四半期連結累計期間において、従業員数に著しい増減はありません。
       (9)  生産、受注及び販売の実績

         当第2四半期連結累計期間において、生産、受注及び販売の実績について著しい変動はありません。
       (10)   主要な設備

         当第2四半期連結累計期間において、主要な設備の重要な異動又は前連結会計年度末において計画中であった
        ものに著しい変更はありません。
                                  7/26








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     第3 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                    種類                      発行可能株式総数(株)

                   普通株式                                  1,200,000,000

                     計                                1,200,000,000

       ② 【発行済株式】

               第2四半期会計期間末              提出日現在        上場金融商品取引所名

          種類      現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融               内容
                (2017年6月30日)           (2017年8月10日)           商品取引業協会名
                                                権利内容に制限のない
                                     東京証券取引所
         普通株式          400,000,000           400,000,000                  標準となる株式
                                     市場第一部
                                                単元株式数は100株です。
           計        400,000,000           400,000,000            ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
           年月日       総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
         2017年4月1日~
                       ―    400,000          ―     64,506          ―     70,258
         2017年6月30日
                                  8/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
      (6) 【大株主の状況】
                                                   2017年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                                             所有株式数
             氏名又は名称                    住所                  対する所有株式数の
                                              (千株)
                                                     割合(%)
        日本マスタートラスト信託銀行
                                               36,846          9.21
                         東京都港区浜松町二丁目11番3号
        株式会社(信託口)(注)1
                         東京都千代田区大手町一丁目5番5号
        株式会社みずほ銀行
                         (東京都中央区晴海一丁目8番12号
        (常任代理人        資産管理サービス                                21,226          5.30
                         晴海アイランドトリトンスクエアオ
        信託銀行株式会社)(注)2
                         フィスタワーZ棟)
        日本トラスティ・サービス信託銀
                                               18,115          4.52
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号
        行株式会社(信託口)(注)1
                         225  LIBERTY    STREET,    NEW  YORK,   NEW
        BNYM   TREATY    DTT  15
                         YORK   10286,    USA
                                               11,488          2.87
        (常任代理人 株式会社三菱東京
                         (東京都千代田区丸の内二丁目7番1
        UFJ銀行)
                         号 決済事業部)
        日本トラスティ・サービス信託銀

                                                7,317          1.82
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号
        行株式会社(信託口5)(注)1
                                                7,050          1.76

        資生堂従業員自社株投資会                 東京都中央区銀座七丁目5番5号
        STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT-
                         1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,
        TREATY    505234              MA  02171,    U.S.A.
                                                6,078          1.51
        (常任代理人        株式会社みずほ銀
                         (東京都港区港南二丁目15番1号 品
                         川インターシティA棟)
        行決済営業部)
        日本トラスティ・サービス信託銀
                                                6,010          1.50
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号
        行株式会社(信託口7)(注)1
        THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON
                         225 LIBERTY       STREET,    NEW  YORK,   NEW
        140044
                         YORK,   U.S.A.
                                                5,959          1.48
        (常任代理人        株式会社みずほ銀
                         (東京都港区港南二丁目15番1号 品
                         川インターシティA棟)
        行決済営業部)
        STATE    STREET    BANK   AND   TRUST
                         P.  O.  BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
        COMPANY    505225
                         02101   U.S.A.
                                                5,856          1.46
        (常任代理人        株式会社みずほ銀
                         (東京都港区港南二丁目15番1号 品
                         川インターシティA棟)
        行決済営業部)
                                              125,951          31.48
               計                   ―
       (注)   1   日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信
            託口、信託口5、信託口7)の持株数は、すべて信託業務に係る株式です。
          2   上記大株主における株式会社みずほ銀行の2017年6月30日現在の所有株式数21,226千株には、同社を名
            義人とした11,226千株のほか、「みずほ信託銀行株式会社退職給付信託みずほ銀行口再信託受託者資産
            管理サービス信託銀行株式会社」を名義人とした、同社の退職給付信託10,000千株(議決権留保型  
            6,000千株、議決権放棄型4,000千株)を含めています。
            なお、同社から、2016年10月21日付で共同保有者合計で37,935千株(持株比率9.48%)を保有してお
            り、そのうち21,226千株(同5.30%、退職給付信託10,000千株(議決権留保型6,000千株、議決権放棄型
            4,000千株)を含む)を同社が保有している旨の大量保有に関する変更報告書が関東財務局長に提出さ
            れ、当社はその写しの送付を受けています。
          3   三井住友信託銀行株式会社から、2015年12月21日付で共同保有者合計で22,382千株(持株比率5.59%)
            を保有しており、そのうち16,152千株(同4.03%)を同社が保有している旨の大量保有に関する変更報
            告書が関東財務局長に提出されています。
            しかし、当社として当第2四半期会計期間の末日における同社の実質保有株式数の確認ができないた
            め、上記大株主には含めていません。
          4   株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループから、2016年10月31日付で共同保有者合計で29,639千株(持
            株比率7.40%)を保有しており、そのうち23,781千株(同5.94%)を三菱UFJ信託銀行株式会社が保有し
            ている旨の大量保有に関する変更報告書が関東財務局長に提出されています。
            しかし、当社として当第2四半期会計期間の末日における同社の実質保有株式数の確認ができないた
            め、上記大株主には含めていません。
                                  9/26



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
          5 ブラックロック・ジャパン株式会社から、2016年11月21日付で共同保有者合計で20,041千株(持株比率
            5.01%)を保有しており、そのうち6,512千株(同1.62%)を同社が保有している旨の大量保有報告書が
            関東財務局長に提出されています。
            しかし、当社として当第2四半期会計期間の末日における同社の実質保有株式数の確認ができないた
            め、上記大株主には含めていません。
     (7)  【議決権の状況】

       ① 【発行済株式】
                                                   2017年6月30日現在
               区分            株式数(株)          議決権の数(個)               内容
         無議決権株式                          ―           ―        ―

         議決権制限株式(自己株式等)                          ―           ―        ―

         議決権制限株式(その他)                          ―           ―        ―

                          (自己保有株式)
                                               権利内容に制限のない
         完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                      ―
                                               標準となる株式
                               501,800
                         普通株式
         完全議決権株式(その他)(注)1                                3,991,243           同上
                             399,124,300
                         普通株式   
         単元未満株式(注)2                                    ―  1単元(100株)未満の株式
                               373,900
         発行済株式総数                     400,000,000                ―        ―
         総株主の議決権                          ―       3,991,243            ―

        (注)   1   「完全議決権株式(その他)」の欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権1個)含まれて
             います。
           2   「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式66株が含まれています。
       ② 【自己株式等】

                                                   2017年6月30日現在
                                                      発行済株式
                               自己名義        他人名義       所有株式数
           所有者の氏名                                          総数に対する
                     所有者の住所         所有株式数        所有株式数         の合計
            又は名称                                          所有株式数
                                (株)        (株)        (株)
                                                      の割合(%)
         (自己保有株式)           東京都中央区銀座
                                 501,800           ―     501,800         0.12
         株式会社資生堂           七丁目5番5号
             計           ―         501,800           ―     501,800         0.12
     2 【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1  四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年(2007
      年)内閣府令第64号)に基づいて作成しています。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2017年4月1日から2017年
      6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2017年1月1日から2017年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けています。
                                 11/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (2016年12月31日)              (2017年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         120,126              113,880
         現金及び預金
                                         136,768              141,241
         受取手形及び売掛金
                                          7,905              17,011
         有価証券
                                       ※1  115,672            ※1  130,781
         たな卸資産
                                          21,773              19,178
         繰延税金資産
                                          31,589              33,495
         その他
                                         △ 1,933             △ 1,733
         貸倒引当金
                                         431,903              453,854
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         164,817              165,713
           建物及び構築物
                                        △ 106,338             △ 107,981
             減価償却累計額
                                          58,478              57,731
             建物及び構築物(純額)
                                          86,847              88,552
           機械装置及び運搬具
                                         △ 71,867             △ 72,310
             減価償却累計額
                                          14,980              16,242
             機械装置及び運搬具(純額)
                                          80,371              80,443
           工具、器具及び備品
                                         △ 55,969             △ 57,109
             減価償却累計額
                                          24,402              23,334
             工具、器具及び備品(純額)
           土地                               36,604              36,490
                                          7,414              7,765
           リース資産
                                         △ 4,096             △ 4,277
             減価償却累計額
                                          3,317              3,488
             リース資産(純額)
                                          18,411              22,525
           建設仮勘定
                                         156,194              159,813
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          59,795              59,101
           のれん
                                            401              309
           リース資産
                                         146,209              144,997
           商標権
                                          39,927              37,345
           その他
                                         246,333              241,754
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          24,899              26,111
           投資有価証券
                                            240              190
           長期貸付金
           長期前払費用                               13,377              13,352
                                          37,800              37,387
           繰延税金資産
                                          23,874              24,206
           その他
                                           △ 33             △ 54
           貸倒引当金
                                         100,158              101,194
           投資その他の資産合計
                                         502,687              502,762
         固定資産合計
                                         934,590              956,617
       資産合計
                                 12/26




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (2016年12月31日)              (2017年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         51,080              40,618
         支払手形及び買掛金
                                         32,312              37,406
         電子記録債務
                                          6,339              6,851
         短期借入金
                                          5,243              6,720
         コマーシャル・ペーパー
                                          3,230               730
         1年内返済予定の長期借入金
                                          1,744              2,103
         リース債務
                                         43,453              50,588
         未払金
                                          5,561              11,374
         未払法人税等
                                         12,948              13,224
         返品調整引当金
                                         22,110              12,187
         賞与引当金
                                           99              48
         役員賞与引当金
                                          2,024              1,976
         危険費用引当金
                                         60,539              61,043
         その他
         流動負債合計                                246,687              244,874
       固定負債
                                         40,000              40,000
         社債
                                         62,196              71,730
         長期借入金
                                          1,826              1,557
         リース債務
                                         53,135              57,979
         長期未払金
                                         94,489              93,447
         退職給付に係る負債
                                           350              350
         債務保証損失引当金
                                           376              294
         環境対策引当金
                                         18,402              16,256
         繰延税金負債
                                          3,257              3,090
         その他
                                         274,033              284,706
         固定負債合計
                                         520,720              529,580
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         64,506              64,506
         資本金
                                         70,846              70,905
         資本剰余金
                                         258,005              272,701
         利益剰余金
                                         △ 1,325              △ 948
         自己株式
                                         392,033              407,164
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          7,389              8,332
         その他有価証券評価差額金
                                         26,516              20,504
         為替換算調整勘定
                                        △ 32,975             △ 29,350
         退職給付に係る調整累計額
                                           930             △ 513
         その他の包括利益累計額合計
                                           818              802
       新株予約権
                                         20,087              19,582
       非支配株主持分
                                         413,870              427,036
       純資産合計
                                         934,590              956,617
      負債純資産合計
                                 13/26





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2016年1月1日                (自 2017年1月1日
                                  至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
                                         412,279              472,109
      売上高
                                         98,599              108,417
      売上原価
                                         313,680              363,692
      売上総利益
                                      ※1  293,737            ※1  329,021
      販売費及び一般管理費
                                         19,942              34,671
      営業利益
      営業外収益
                                           408              395
       受取利息
                                           275              294
       受取配当金
                                           18              65
       持分法による投資利益
                                           379              370
       受取家賃
                                           104               12
       補助金収入
                                           662              717
       その他
                                          1,848              1,855
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           401              417
       支払利息
                                          1,853               706
       為替差損
                                                         663
       その他負債の利息                                    -
                                          1,199               541
       その他
                                          3,453              2,330
       営業外費用合計
                                         18,337              34,197
      経常利益
      特別利益
                                       ※2  9,040             ※2  252
       固定資産売却益
                                            0             299
       投資有価証券売却益
                                          9,075
                                                          -
       事業譲渡益
                                         18,116                551
       特別利益合計
      特別損失
                                           416              633
       固定資産処分損
                                           161
       減損損失                                                   -
                                                          6
       投資有価証券売却損                                    -
                                           21
       投資有価証券評価損                                                   -
                                                      ※3  2,538
       商品自主回収関連費用                                    -
                                        ※4  774            ※4  719
       構造改革費用
                                                       ※5  136
       関係会社整理損                                    -
                                                       ※6  130
                                            -
       人事制度改編に伴う一時費用
       特別損失合計                                  1,374              4,166
                                         35,079              30,582
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    10,374              10,873
                                          △ 672             △ 163
      法人税等調整額
                                          9,702              10,709
      法人税等合計
                                         25,377              19,872
      四半期純利益
                                           881             1,067
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         24,496              18,805
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 14/26




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年1月1日              (自 2017年1月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
                                         25,377              19,872
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 3,340               891
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 51,338              △ 5,955
       為替換算調整勘定
                                          2,035              3,616
       退職給付に係る調整額
                                          △ 54             △ 36
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 52,698              △ 1,484
       その他の包括利益合計
                                        △ 27,321              18,388
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 25,296              17,361
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 2,024              1,027
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/26















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年1月1日              (自 2017年1月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         35,079              30,582
       税金等調整前四半期純利益
                                         16,655              19,191
       減価償却費
                                          2,356              2,721
       のれん償却額
                                           161
       減損損失                                                  -
                                         △ 7,630               381
       固定資産処分損益(△は益)
                                           △ 0            △ 292
       投資有価証券売却損益(△は益)
                                           21
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                  -
                                         △ 9,075
       事業譲渡益                                                  -
                                           △ 5            △ 168
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 1,102               363
       返品調整引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 6,032             △ 9,725
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           △ 5             △ 51
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 647             △ 128
       危険費用引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 990
       構造改革引当金の増減額(△は減少)                                                  -
                                           360             3,927
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                                        △ 81
       環境対策引当金の増減額(△は減少)                                    -
                                          △ 683             △ 690
       受取利息及び受取配当金
                                           401              417
       支払利息
                                                         663
       その他負債の利息                                    -
                                          △ 18             △ 65
       持分法による投資損益(△は益)
                                         10,884              △ 4,297
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 10,437             △ 15,897
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          5,852              11,552
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         △ 1,837              △ 352
       その他
                                         33,308              38,051
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,005               865
                                          △ 423             △ 420
       利息の支払額
                                                       △ 1,003
       その他負債の利息の支払額                                    -
                                         △ 8,168             △ 4,349
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                  25,721              33,143
                                 16/26








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年1月1日              (自 2017年1月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,523             △ 14,478
       定期預金の預入による支出
                                         13,293              12,368
       定期預金の払戻による収入
                                           △ 3
       有価証券の取得による支出                                                  -
                                          △ 413              △ 3
       投資有価証券の取得による支出
                                            9             373
       投資有価証券の売却による収入
                                         11,132
       事業譲渡による収入                                                  -
                                        △ 16,359             △ 20,959
       有形固定資産の取得による支出
                                          8,661               425
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 4,017             △ 4,404
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 2,835             △ 2,993
       長期前払費用の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                                       △ 4,715
                                           -
       る支出
                                           75             △ 134
       その他
                                          △ 980            △ 34,521
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金及びコマーシャル・ペーパーの増減
                                         18,621               2,228
       額(△は減少)
       長期借入れによる収入                                    -            10,000
       長期借入金の返済による支出                                 △ 2,870             △ 2,867
                                         △ 1,123              △ 551
       リース債務の返済による支出
                                                        △ 658
       長期未払金の返済による支出                                    -
                                           △ 3             △ 6
       自己株式の取得による支出
                                           288              443
       自己株式の処分による収入
                                         △ 4,230             △ 3,993
       配当金の支払額
                                         △ 3,186             △ 2,160
       非支配株主への配当金の支払額
                                                         49
                                           -
       その他
                                          7,495              2,482
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 8,453              △ 243
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         23,783                861
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                   104,926              113,122
                                                         △ 0
                                           -
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                      ※1  128,709            ※1  113,983
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/26









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                            当第2四半期連結累計期間
                        (自    2017年1月1日         至   2017年6月30日)
          (1)  連結の範囲の重要な変更
            該当事項はありません。
          (2) 持分法適用の範囲の重要な変更
            該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (財政状態、経営成績又はキャッシュ・フローの状況に関する事項で、企業集団の財政状態、経営成績及びキャッ

        シュ・フローの状況の判断に影響を与えると認められる重要なもの)
          該当事項はありません。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年(2016年)3月28
        日)を第1四半期連結会計期間から適用しています。
        (表示方法の変更)

         「繰延税金の貸借対照表上の分類」(財務会計基準審議会(FASB)                                ASU  2015-17    平成27年(2015年)11月20
        日)を第1四半期連結会計期間より適用し、米国子会社の繰延税金資産及び繰延税金負債は、すべて投資その他
        の資産又は固定負債として表示しています。
         この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組み替えを行っています。この結
        果、前連結会計年度に流動資産の「繰延税金資産」として表示していた11,845百万円は、投資その他の資産の
        「繰延税金資産」へ組み替えを行い、そのうち11,416百万円は、固定負債の「繰延税金負債」と相殺しました。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※1    たな卸資産の内訳
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                              (2016年12月31日)                 (2017年6月30日)
                                    81,432                 90,987
         商品及び製品                              百万円                 百万円
                                     5,657                 6,700
         仕掛品                               〃                 〃
                                    28,583                 33,093
         原材料及び貯蔵品                               〃                 〃
                                 18/26






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりです。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2016年1月1日               (自    2017年1月1日
                             至   2016年6月30日)               至   2017年6月30日)
                                    25,364                 27,468
         媒体費                              百万円                 百万円
                                    22,625                 25,179
         見本品・販売用具費                               〃                 〃
                                    78,299                 81,090
         給料・賞与                               〃                 〃
                                     5,715                 8,981
         退職給付費用                               〃                 〃
         ※2       固定資産売却益

               前第2四半期連結累計期間                          当第2四半期連結累計期間
                 (自    2016年1月1日                       (自    2017年1月1日
                 至   2016年6月30日)                        至   2017年6月30日)
          主に鎌倉工場の跡地売却によるものです。                          主に八王子オフィスの売却によるものです。
         ※3 商品自主回収関連費用

               前第2四半期連結累計期間                          当第2四半期連結累計期間
                (自    2016年1月1日                       (自    2017年1月1日
                 至   2016年6月30日)                        至   2017年6月30日)
                                   当社の品質基準に達していない商品の自主回収に関
                  ―――――――
                                   連する費用です。
         ※4    構造改革費用

               前第2四半期連結累計期間                          当第2四半期連結累計期間
                (自    2016年1月1日                       (自    2017年1月1日
                 至   2016年6月30日)                        至   2017年6月30日)
          世界全地域で推進中の構造改革に伴う臨時的な費
                                              同左
          用のうち、早期退職者の退職割増金等です。
         ※5 関係会社整理損

               前第2四半期連結累計期間                          当第2四半期連結累計期間
                (自    2016年1月1日                       (自    2017年1月1日
                 至   2016年6月30日)                        至   2017年6月30日)
                  ―――――――

                                   インド子会社の清算に伴う損失です。
         ※6 人事制度改編に伴う一時費用

               前第2四半期連結累計期間                          当第2四半期連結累計期間

                (自    2016年1月1日                       (自    2017年1月1日
                 至   2016年6月30日)                        至   2017年6月30日)
                                   当社の工場に勤務する一部の従業員の人事制度改編
                  ―――――――
                                   に伴う一時費用です。
                                 19/26






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         㯿ᄀ   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、
        次のとおりです。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    2016年1月1日              (自    2017年1月1日
                               至   2016年6月30日)              至   2017年6月30日)
         現金及び預金                           127,972百万円                113,880百万円
                                     14,769     〃            17,011     〃
         有価証券
                                    142,741      〃            130,891      〃
              計
                                    △12,262      〃           △15,067      〃
         預入期間が3か月を超える定期預金
                                    △1,769      〃            △1,840      〃
         償還期限が3か月を超える債券等
                                    128,709      〃            113,983      〃
         現金及び現金同等物
                                 20/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期連結累計期間(自                2016年1月1日         至   2016年6月30日)
      1  配当に関する事項
       (1) 配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
            決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)
                              配当額(円)
        2016年3月25日
                  普通株式         3,991       10.00    2015年12月31日         2016年3月28日        利益剰余金
        定時株主総会
        (2) 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
                               1株当たり
                       配当金の総額
            決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)
                              配当額(円)
        2016年8月9日
                  普通株式         3,992       10.00    2016年6月30日         2016年9月2日        利益剰余金
        取締役会
      2  株主資本の金額の著しい変動

        株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自                2017年1月1日         至   2017年6月30日)

      1  配当に関する事項
       (1) 配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
            決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)
                              配当額(円)
        2017年3月28日
                  普通株式         3,992       10.00    2016年12月31日         2017年3月29日        利益剰余金
        定時株主総会
        (2) 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
                               1株当たり
                       配当金の総額
            決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)
                              配当額(円)
        2017年8月9日
                  普通株式         4,993       12.50    2017年6月30日         2017年9月5日        利益剰余金
        取締役会
      2  株主資本の金額の著しい変動

        株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はありません。
        (金融商品関係)

          金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はあり
         ません。
        (有価証券関係)

          当社グループの所有する有価証券は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省略して
         います。
        (デリバティブ取引関係)

          当社グループにおけるデリバティブ取引は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省
         略しています。
                                 21/26




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2016年1月1日         至   2016年6月30日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                    報告セグメント
                     日本       中国                    欧州事業
                                 アジアパシ                     トラベルリ
                                         米州事業
                                 フィック事業                     テール事業
                     事業       事業                    (注)1
      売上高
                      189,665       60,396       22,404       55,234       43,237       12,023
      外部顧客への売上高
      セグメント間の
                       9,878        82       64     4,627       2,194         0
      内部売上高又は振替高
                      199,543       60,479       22,468       59,862       45,432       12,023
           計
                      25,231       2,218        12    △  4,705     △  2,281       2,854
     セグメント利益又は損失(△)
                   報告セグメン
                                               四半期連結財
                      ト
                            その他              調整額
                                               務諸表計上額
                                    計
                            (注)2              (注)3
                    プロフェッ
                                                (注)4
                   ショナル事業
      売上高
                      22,226       7,091      412,279              412,279
      外部顧客への売上高                                       -
      セグメント間の
                        193     20,078       37,119     △  37,119         -
      内部売上高又は振替高
                      22,419       27,169      449,398      △  37,119      412,279
           計
                        146    △  4,576      18,900       1,042      19,942
     セグメント利益又は損失(△)
     (注)   1   「欧州事業」は、中東及びアフリカ地域を含みます。
       2 「その他」は、本社機能部門、生産事業、フロンティアサイエンス事業(化粧品原料、医療用医薬品、美容医
         療用化粧品、精製・分析機器等の製造・販売)及び飲食業などを含んでいます。
       3   セグメント利益又は損失の調整額は、その全額がセグメント間取引消去の金額です。
       4 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
     2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

        該当事項はありません。
                                 22/26









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2017年1月1日         至   2017年6月30日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                    報告セグメント
                     日本       中国                    欧州事業
                                 アジアパシ                     トラベルリ
                                         米州事業
                                 フィック事業                     テール事業
                     事業       事業                    (注)1
      売上高
                      208,585       68,658       25,810       62,109       53,823       23,126
      外部顧客への売上高
      セグメント間の
                      16,431         70      782      7,454       3,515        62
      内部売上高又は振替高
                      225,017       68,729       26,593       69,564       57,338       23,189
           計
                      40,638       5,007       2,285      △ 9,025      △ 3,190       7,544
     セグメント利益又は損失(△)
                   報告セグメン
                                               四半期連結財
                      ト
                            その他              調整額
                                               務諸表計上額
                                    計
                            (注)2              (注)3
                    プロフェッ
                                                (注)4
                   ショナル事業
      売上高
                      23,199       6,795      472,109              472,109
      外部顧客への売上高                                       -
      セグメント間の
                        202     37,941       66,461      △ 66,461
                                                    -
      内部売上高又は振替高
                      23,402       44,736      538,571      △ 66,461      472,109
           計
                       1,169      △ 5,236      39,192      △ 4,521      34,671
     セグメント利益又は損失(△)
     (注)   1   「欧州事業」は、中東及びアフリカ地域を含みます
       2 「その他」は、本社機能部門、生産事業、フロンティアサイエンス事業(化粧品原料、医療用医薬品、美容医
         療用化粧品、精製・分析機器等の製造・販売)及び飲食業などを含んでいます。
       3   セグメント利益又は損失の調整額は、その全額がセグメント間取引消去の金額です。
       4 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
     2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

        該当事項はありません。
     3   報告セグメントの変更等に関する事項

      (報告セグメントの区分方法の変更)
        第1四半期連結会計期間より、当社グループ内の経営管理体制に合わせ、報告セグメントの区分方法を見直して
       います。従来、「日本事業」「中国事業」「アジアパシフィック事業」「米州事業」「欧州事業」及び「トラベル
       リテール事業」としていた報告セグメントを、「日本事業」「中国事業」「アジアパシフィック事業」「米州事
       業」「欧州事業」「トラベルリテール事業」及び「プロフェッショナル事業」に変更しています。
        これに伴い、「日本事業」に計上していた生産事業、フロンティアサイエンス事業、飲食業などについては、
       「その他」へ計上しています。
        また、マトリクス組織の考え方に則り、「米州事業」に計上していたU.K.における「bareMinerals」及び
       「NARS」などについては「欧州事業」へ計上し、「欧州事業」に計上していたラテンアメリカのフレグランス事業
       については、「米州事業」へ計上しています。
        なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成したものを記載し
       ています。
                                 23/26




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上

        の基礎は、以下のとおりです。
                                  前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                   (自    2016年1月1日           (自    2017年1月1日
                   項目
                                   至   2016年6月30日)            至    2017年6月30日)
        (1)1株当たり四半期純利益金額(円)                                    61.37             47.08
         (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                  24,496             18,805
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    ―             ―
         普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           24,496             18,805
         四半期純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                                 399,176             399,410
        (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額(円)                                    61.28             47.02
         (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                              ―             ―
         (百万円)
         普通株式増加数(千株)                                   537             513
         (うち新株予約権方式によるストックオプション
                                            (537)             (513)
         (千株))
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
        り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で                                ―             ―
        前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     2 【その他】

       (中間配当)
        第118期(2017年1月1日から2017年12月31まで)中間配当については、2017年8月9日開催の取締役会において、
       2017年6月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議しまし
       た。
       ①   中間配当金の総額                            4,993百万円
       ②   1株当たり中間配当額                            12.50円
       ③   支払請求権の効力発生日及び支払開始日                            2017年9月5日
                                 24/26










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 25/26



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社資生堂(E00990)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2017年8月10日

     株式会社資生堂
      取締役会  御中
                         有限責任     あずさ監査法人
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士          小      堀      孝      一      印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士          藤  井  亮  司               印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社資生堂


     の2017年1月1日から2017年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2017年4月1日から2017年6月30
     日まで)及び第2四半期連結累計期間(2017年1月1日から2017年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、
     四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及
     び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社資生堂及び連結子会社の2017年6月30日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していな
     いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しています。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 26/26




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。