アスクル株式会社 四半期報告書 第54期第2四半期(平成28年8月21日-平成28年11月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第54期第2四半期(平成28年8月21日-平成28年11月20日)

提出日:

提出者:アスクル株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成28年12月28日

     【四半期会計期間】               第54期第2四半期(自 平成28年8月21日 至 平成28年11月20日)

     【会社名】               アスクル株式会社

     【英訳名】               ASKUL   Corporation

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長      岩田 彰一郎

     【本店の所在の場所】               東京都江東区豊洲三丁目2番3号

     【電話番号】               03(4330)5130

     【事務連絡者氏名】               執行役員 経営企画本部長     玉井 継尋

     【最寄りの連絡場所】               東京都江東区豊洲三丁目2番3号

     【電話番号】               03(4330)5130

     【事務連絡者氏名】               執行役員 経営企画本部長     玉井 継尋

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24









                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第53期           第54期

              回次              第2四半期           第2四半期            第53期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 平成27年5月21日           自 平成28年5月21日           自 平成27年5月21日
             会計期間
                          至 平成27年11月20日           至 平成28年11月20日           至 平成28年5月20日
                                149,944           165,090           315,024
     売上高               (百万円)
                                 4,432           3,585           8,574

     経常利益               (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                 2,775           2,105           5,255
                    (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                 2,818           2,165           4,876
     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)
                                 49,957           50,292           51,242

     純資産額               (百万円)
     総資産額               (百万円)            130,243           145,149           139,552

     1株当たり四半期(当期)
                                 52.68           40.64          100.50
                     (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                                 52.64                     100.46
                     (円)                         ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  38.2           34.5           36.6
     自己資本比率                (%)
     営業活動による
                                 5,750           9,637          13,831
                    (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 7,365          △ 3,004         △ 11,663
                    (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 9,106           1,148         △ 10,606
                    (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 26,520           36,590           28,826
                    (百万円)
     四半期末(期末)残高
                             第53期           第54期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自 平成27年8月21日           自 平成28年8月21日
             会計期間
                          至 平成27年11月20日           至 平成28年11月20日
                                 17.76           28.23
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
     (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 第54期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有
          している潜在株式が存在しないため、記載をしておりません。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)業績の状況
        当第2四半期連結累計期間(平成28年5月21日から平成28年11月20日まで)におけるわが国経済は、雇用環境等
       に改善が見られた一方、国際情勢の変化等により株価や為替の不安定な動向、個人消費の停滞感などにより、景気
       の回復は足踏み状態が続いております。
        このような状況のなか、当社グループは、「イノベーション(新受取りサービスとロボット導入)によりサービ
       ス進化と物流効率化を実現」、主力事業であるeコマース事業において、BtoB事業は「ECテクノロジーと商材拡
       大によりすべての仕事場で圧倒的No.1へ」、BtoC事業の「LOHACO(ロハコ)」は「メーカーとの共創と認知度向
       上で第2世代のeコマースNo.1へ」を方針に掲げ、サービスの強化に取組んでまいりました。
        この方針のもと、生産性の高い最新鋭の物流拠点の新設、当社グループ独自の新受取りサービスの早期立ち上
       げ、および、「LOHACO」の認知度向上のための積極的な販売促進策の実行等が当社グループの成長戦略実現に大き
       く寄与するものと判断し、計画的長期戦略投資を実施してまいりました。
        売上高は、期首の計画対比で若干未達となったものの好調に推移し、前年同期比10.1%の2桁増収となりまし
       た。eコマース事業が、主力分野であるBtoB事業で前年同期比6.0%、成長分野である「LOHACO」で37.2%の増収
       となり、成長を牽引しました。
        営業利益は、将来の収益極大化に向けた物流投資、積極的な販売促進策を実施したため、計画通りの減益となり
       ましたが、当第2四半期連結会計期間(3ヵ月)では前年同期比で増益転換が図られております。eコマース事業の
       「LOHACO」で売上高の成長を加速させるため、販売促進策を強化したことや、「ASKUL                                         Logi   PARK   福岡(平成27年
       12月稼動)」、「ASKUL            Logi   PARK   横浜(平成28年5月稼動)」の物流センターの新設により、売上高の伸長に対
       して減価償却費や地代家賃等の固定費の増加による固定費比率の上昇等で、営業利益は一時的に減少いたしまし
       た。一方、両物流センターともに当初計画を大幅に上回る生産効率で稼動していること、また、経営体質強化のた
       めに全社を挙げて進めている固定費削減活動である「KAIZEN活動プロジェクト」により費用発生の抑制ができたこ
       とで、当第2四半期連結累計期間の営業利益は、期首の業績予測を上回って進捗しました。
        この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高1,650億90百万円(前年同期比10.1%増)、営業利益36億
       41百万円(前年同期比18.2%減)、経常利益35億85百万円(前年同期比19.1%減)となり、親会社株主に帰属する
       四半期純利益は、21億5百万円(前年同期比24.1%減)となりましたが、前述しましたように当第2四半期連結会
       計期間(3ヵ月)では売上高の伸長により前年同期比で増益転換が図られており、通期では期首の業績予測通り増
       収増益を見込んでおります。
        セグメント別の業績につきましては、以下のとおりです。

        <eコマース事業>
        BtoB事業につきましては、取扱商材の拡大や販促効果によりお客様の購入点数が増加したこと等から、売上高
       は前年同期と比較して増収となりました。商品の種類別でみると、取扱商材数の拡大等により工場・建設現場・研
       究所でご利用されるMRO商材(注1)が、また、メディカルサイトとアスクルWebサイトの統合によりお客様の利
       便性が向上したことにより医療・介護施設向け商材の売上高が、それぞれ2桁伸長いたしました。また、店舗等で
       頻繁にご利用される日用消耗品や消耗紙、オフィスでご利用される飲料等の生活用品の売上高が伸張し、BtoB事
       業の成長を牽引しました。従来からご購入いただいていた文具等の商材の売上も堅調に推移したことで、売上高は
       順調に拡大し、前年同期比で80億53百万円増収の1,419億19百万円(前年同期比6.0%増)となりました。
        BtoC事業の「LOHACO」につきましては、テレビCMの放映や積極的な販売促進策による新規ご利用者の獲得
       と、お客様からのご要望の多い商材の取り扱い開始による定期的なご利用の促進や購入点数の増加に注力した結
       果、売上高は順調に拡大いたしました。また、通期の売上目標の達成に向け、今後の取扱商材の拡大の中心となる
                                  3/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
       マーケットプレイス型(注2)の事業の開始、メーカーと連携した「くらしに馴染む」をパッケージデザインの
       テーマとした差別化商品の拡大、「1時間単位の指定」「30分単位のお届け予定」「10分前の直前お知らせ」の3
       つ の時間を約束する自社配送による画期的な新受取りサービス「Happy                                On  Time」の本格展開などに取り組んでまい
       りました。エコな簡易パックでの配送が可能な「Happy                          On  Time」サービスの展開により、お客様からのご要望の多
       かった「荷物到着の待ち時間を減らし、ストレスフリーに商品を受取る」ことと「ダンボール箱の廃棄の負担低
       減」を同時に実現することができ、お客様のご利用頻度の増加が期待できます。
        この結果、売上高は前年同期比で56億27百万円増収の207億62百万円(前年同期比37.2%増)となりました。
        以上の結果、eコマース事業合計の売上高は1,626億82百万円(前年同期比9.2%増)となりました。売上総利益
       は、生活用品やMRO商材等の増収等により、370億47百万円(前年同期比8.9%増)となりました。
        販売費及び一般管理費は、売上高の拡大に伴う配送運賃等の変動費の増加に加え、前述しました当初の計画通り
       に将来の収益極大化に向けた物流投資、積極的な販売促進策を実施したことにより、減価償却費や地代家賃等の固
       定費と広告宣伝費等が増加し、前年同期比12.2%増加の331億29百万円となりました。売上高販管費比率について
       は、固定費等の増加により前年同期比0.6ポイント増加の20.4%となりましたが、新設した両物流センターともに安
       定稼動していることから、今後の取扱い物量の増加を実現することで、生産性は更に改善され、通期では販管費比
       率も低下していくことを見込んでおります。
        これらの結果、当第2四半期連結累計期間のeコマース事業における営業利益は39億17百万円(前年同期比12.5%
       減)となりました。
        <ロジスティクス事業>

        流通プラットフォームを環境面でより強化する目的で前連結会計年度中に子会社化した株式会社エコ配が当第2
       四半期連結累計期間においては全期間連結対象となったことで、売上高が増加しました。ただし、株式会社エコ配
       は営業損失であり、利益の改善のため全力をあげて事業構造改革に引き続き取り組んでまいります。
        この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は21億17百万円(前年同期比156.7%増)、営業損失は2億57百万
       円(前年同期は営業損失18百万円)となっております。
        <その他>

        前連結会計年度に子会社化した嬬恋銘水株式会社が寄与し、売上高が増加しました。当第2四半期連結累計期間
       において製造ラインを増設したため、売上高は順調に拡大しております。販路の拡大と工場の稼働率を上げること
       で、早期の黒字化に向けて取り組んでまいります。
        この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は3億93百万円(前年同期比188.5%増)、営業損失は24百万円
       (前年同期は営業損失9百万円)となっております。
       (注1)Maintenance,           Repair    and  Operationsの頭文字をとった略称で、工場・建設現場等で使用される、消耗

          品・補修用品等の間接材全般を指します。
       (注2)当社が直接に商品を販売するのではなく、「LOHACO」のシステム(場所)を提供することで、消費者と企
          業とがインターネット上で取引ができるようにするサービス。
     (2)資産、負債及び純資産の状況

        当第2四半期連結会計期間末日が金融機関休業日にあたり、末日期限決済分を翌営業日に決済しておりますた
       め、電子記録債務などの未払債務の末日期限未決済分の負債とそれに対応する現金及び預金が共に両建てで膨らん
       でおり、その影響額は53億44百万円であります。
        (資産の部)
         当第2四半期連結会計期間末における総資産は1,451億49百万円となり、前連結会計年度末と比べ55億97百万円
        増加いたしました。主な増加要因は、電子記録債務等の未決済分、および、セール・アンド・リースバック取引
        に係る売却額の入金等により現金及び預金が77億63百万円増加しました。主な減少要因は前連結会計年度末の繁
        忙期の売掛債権等の回収により受取手形及び売掛金が11億43百万円、セール・アンド・リースバック取引に係る
        債権の入金等により未収入金が22億43百万円減少したことであります。
        (負債の部)

         当第2四半期連結会計期間末における負債は948億56百万円となり、前連結会計年度末と比べ65億47百万円増加
        いたしました。主な増加要因は、前述のとおり当第2四半期連結会計期間末日が金融機関休業日等のため、電子
                                  4/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
        記録債務が57億66百万円、支払手形及び買掛金が23億8百万円、1年内返済予定の長期借入金および長期借入金
        が17億59百万円増加したことであります。また、主な減少要因は、未払金が19億42百万円、未払法人税等が10億
        49 百万円減少したことであります。
        (純資産の部)
         当第2四半期連結会計期間末における純資産は502億92百万円となり、前連結会計年度末と比べ9億50百万円減
        少いたしました。主な増加要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上21億5百万円に対し、配当金の支
        払9億34百万円により、利益剰余金が11億71百万円増加したことであります。また、主な減少要因は、自己株式
        の取得21億82百万円によるものです。
         以上の結果、自己資本比率は34.5%(前連結会計年度末は36.6%)となりました。
     (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は365億90百万円とな
        り、前連結会計年度末に比べ77億63百万円増加いたしました。なお、当第2四半期連結累計期間における各
        キャッシュ・フローの状況と、それらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果獲得した資金は、96億37百万円となり、前年同期と比べ38億87百万円増加いたしました。これ
        は税金等調整前四半期純利益35億41百万円、固定資産の減価償却費とソフトウエア償却費およびのれん償却額の
        合計25億94百万円、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関休業日等の影響による仕入債務の増加80億94百万
        円の増加要因に対し、売上債権の増加11億47百万円、未払金の減少15億95百万円、法人税等の支払19億98百万円
        の減少要因があったこと等によります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、30億4百万円となり、前年同期と比べ43億60百万円減少いたしました。主な
        要因は、有形固定資産の取得による支出14億4百万円、ソフトウエアの取得による支出13億36百万円でありま
        す。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果得られた資金は、11億48百万円(前年同期は91億6百万円の使用)となりました。これは長期
        借入れによる収入26億円、セール・アンド・リースバック取引による収入32億87百万円に対し、借入金の返済に
        よる支出12億5百万円、自己株式の取得による支出21億82百万円、配当金の支払9億34百万円等の減少要因が
        あったことによります。
     (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (5)研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/24







                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    169,440,000

                  計                                   169,440,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末

                                      上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                      名または登録認可金               内容
                          (平成28年12月28日)
                                      融商品取引業協会名
               (平成28年11月20日)
                                       東京証券取引所            単元株式数
       普通株式             55,259,400            55,259,400
                                        市場第一部             100株
         計           55,259,400            55,259,400           ―           ―
     (注)    提出日現在の発行数には、平成28年12月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の権利行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
     (2)【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
     (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                      増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成28年8月21日~
                      -   55,259,400           -     21,189         -      23,669
     平成28年11月20日
                                  6/24







                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     (6)【大株主の状況】
                                               平成28年11月20日現在
                                                      発行済株式
                                               所有株式数       総数に対する
             氏名又は名称                       住所
                                               (千株)       所有株式数
                                                     の割合(%)
                            東京都千代田区紀尾井町1-3                     23,028        41.67
     ヤフー株式会社
                            東京都港区虎ノ門4-1-28                      5,935       10.74

     プラス株式会社
                            6803   S.TUCSON     WAY  CENTENNIAL,      CO
     JPMC   OPPENHEIMER      JASDEC    LENDING    ACCOUNT
                            80112,    U.S.A.                  2,196        3.98
     (常任代理人       株式会社三菱東京UFJ銀行)
                            (東京都千代田区丸の内2-7-1)
                            1585   BROADWAY     NEW  YORK,   NEW  YORK
     MSCO   CUSTOMER     SECURITIES               10036,    U.S.A.
     (常任代理人       モルガン・スタンレーMUFG証券                (東京都千代田区大手町1-9-7                      1,992        3.61
     株式会社)                      大手町フィナンシャルシティ              サウス
                            タワー)
                            25  CABOT    SQUARE,     CANARY    WHARF,
     MSIP   CLIENT    SECURITIES                LONDON    E14  4QA,   U.K.
     (常任代理人       モルガン・スタンレーMUFG証券                (東京都千代田区大手町1-9-7                      1,540        2.79
     株式会社)                      大手町フィナンシャルシティ              サウス
                            タワー)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                            東京都中央区晴海1-8-11                      1,478        2.68
     (信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社 
                            東京都港区浜松町2-11-3                      1,207        2.18
     (信託口)
                            25  BANK   STREET,     CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385174            LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                                   964       1.75
     (常任代理人      株式会社みずほ銀行決済営業部)                (東京都港区港南2-15-1             品川イン
                            ターシティーA棟)
                            ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST   COMPANY
                            02111                       906       1.64
     (常任代理人       香港上海銀行東京支店)
                            (東京都中央区日本橋3-11-1)
     岩田   彰一郎                                           902       1.63
                            東京都港区
                                                 40,153        72.66

               計                     ―
     (注)1      上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数
          は、1,459千株であります。
        2      上記日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数
          は、       1,203千株であります。
        3   上記のほか、自己株式が3,869千株あります。
        4 平成28年7月13日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、オッペンハイマーファンズ・イ
          ンクが平成28年7月6日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四
          半期会計期間末における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりませ
          ん。
          なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数          株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                            (千株)          (%)
                       アメリカ合衆国ニューヨーク州
         オッペンハイマーファン
                       ニューヨーク、リバティー・スト                        2,818          5.10
         ズ・インク
                       リート225
                                  7/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     (7)【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成28年11月20日現在
            区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―             ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―            ―

     議決権制限株式(その他)                      ―             ―            ―

                                               権利内容に何ら限定の
                     普通株式       3,869,200
     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―       ない当社における標準
                                               となる株式
                     普通株式      51,385,400
     完全議決権株式(その他)                                     513,854         同上
                     普通株式         4,800

     単元未満株式                                   ―           同上
     発行済株式総数                       55,259,400            ―            ―

     総株主の議決権                      ―               513,854          ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成28年11月20日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都江東区豊洲
     アスクル株式会社                           3,869,200           ―   3,869,200          7.0
                  三丁目2番3号
           計              ―        3,869,200           ―   3,869,200          7.0
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/24










                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成28年8月21日から平成
      28年11月20日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年5月21日から平成28年11月20日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年5月20日)              (平成28年11月20日)
      資産の部
       流動資産
                                          28,826              36,590
         現金及び預金
                                          36,704              37,848
         受取手形及び売掛金
                                          1,260               420
         有価証券
                                          12,119              12,305
         商品及び製品
                                            120              301
         原材料及び貯蔵品
                                            93              99
         未成工事支出金
                                          8,469              6,226
         未収入金
                                          2,760              1,858
         その他
                                          △ 185             △ 181
         貸倒引当金
                                          90,169              95,468
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          19,885              19,928
           建物及び構築物
                                         △ 3,484             △ 3,792
             減価償却累計額
                                          16,400              16,136
             建物及び構築物(純額)
                                          6,543              6,543
           土地
                                          8,922              9,304
           リース資産
                                         △ 1,980             △ 2,366
             減価償却累計額
                                          6,942              6,937
             リース資産(純額)
           その他                                8,568              8,578
                                         △ 4,561             △ 4,820
             減価償却累計額
                                          4,007              3,757
             その他(純額)
                                            215              270
           建設仮勘定
                                          34,110              33,646
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          3,976              4,163
           ソフトウエア
                                            562              703
           ソフトウエア仮勘定
                                          3,519              3,227
           のれん
                                            10              11
           その他
           無形固定資産合計                                8,068              8,105
         投資その他の資産
                                          1,639              2,518
           投資有価証券
                                          1,668              1,517
           繰延税金資産
                                          4,015              4,009
           その他
                                          △ 120             △ 116
           貸倒引当金
                                          7,203              7,929
           投資その他の資産合計
                                          49,382              49,681
         固定資産合計
       資産合計                                  139,552              145,149
                                 10/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年5月20日)              (平成28年11月20日)
      負債の部
       流動負債
                                         42,202              44,510
         支払手形及び買掛金
                                         15,616              21,383
         電子記録債務
                                           615              250
         短期借入金
                                          1,680              1,623
         1年内返済予定の長期借入金
                                          6,971              5,029
         未払金
                                          2,142              1,093
         未払法人税等
                                           192              573
         未払消費税等
                                           775              863
         引当金
                                          2,166              1,781
         その他
                                         72,362              77,109
         流動負債合計
       固定負債
                                          5,070              6,886
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                 2,304              2,435
         リース債務                                 6,495              6,476
                                          1,237              1,245
         資産除去債務
                                           838              702
         その他
                                         15,946              17,747
         固定負債合計
                                         88,309              94,856
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         21,189              21,189
         資本金
                                         23,669              23,669
         資本剰余金
                                         19,399              20,571
         利益剰余金
                                        △ 13,079             △ 15,261
         自己株式
                                         51,179              50,169
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           △ 0
         その他有価証券評価差額金                                                 ―
                                          △ 19              17
         繰延ヘッジ損益
                                           27              20
         為替換算調整勘定
                                          △ 89             △ 76
         退職給付に係る調整累計額
                                          △ 81             △ 38
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    25              26
                                           119              135
       非支配株主持分
                                         51,242              50,292
       純資産合計
                                         139,552              145,149
      負債純資産合計
                                 11/24







                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年5月21日              (自 平成28年5月21日
                                 至 平成27年11月20日)                至 平成28年11月20日)
                                         149,944              165,090
      売上高
                                         115,895              127,909
      売上原価
                                         34,049              37,181
      売上総利益
                                       ※  29,595             ※  33,539
      販売費及び一般管理費
                                          4,453              3,641
      営業利益
      営業外収益
                                           31              12
       受取利息
                                           12              10
       助成金収入
                                           15              31
       売電収入
                                           15              26
       その他
                                           74              80
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           48              63
       支払利息
                                           21               ▶
       支払手数料
                                            5              28
       為替差損
                                           20              40
       その他
                                           95              136
       営業外費用合計
                                          4,432              3,585
      経常利益
      特別利益
                                           21
       新株予約権戻入益                                                   ―
                                           66
                                                          ―
       債務免除益
                                           87
       特別利益合計                                                   ―
      特別損失
                                                         10
       投資有価証券評価損                                    ―
                                           11              12
       固定資産除却損
                                                          8
       店舗閉鎖損失引当金繰入額                                    ―
                                                          8
       店舗閉鎖損失                                    ―
                                           72
       段階取得に係る差損                                                   ―
                                           11               ▶
       その他
                                           94              43
       特別損失合計
                                          4,425              3,541
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,263               925
                                           381              493
      法人税等調整額
                                          1,644              1,419
      法人税等合計
                                          2,780              2,122
      四半期純利益
                                            ▶              16
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                          2,775              2,105
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年5月21日              (自 平成28年5月21日
                                 至 平成27年11月20日)                至 平成28年11月20日)
                                          2,780              2,122
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           37               0
       その他有価証券評価差額金
                                           △ 1              36
       繰延ヘッジ損益
                                           △ 6             △ 7
       為替換算調整勘定
                                            8              12
       退職給付に係る調整額
                                           38              42
       その他の包括利益合計
                                          2,818              2,165
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          2,814              2,149
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            3              15
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/24















                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年5月21日              (自 平成28年5月21日
                                 至 平成27年11月20日)                至 平成28年11月20日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          4,425              3,541
       税金等調整前四半期純利益
                                           985             1,394
       減価償却費
                                           740              816
       ソフトウエア償却費
                                           45              44
       長期前払費用償却額
                                           301              383
       のれん償却額
                                          △ 21
       新株予約権戻入益                                                   ―
                                          △ 24              △ 7
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                           39             △ 113
       引当金の増減額(△は減少)
                                           78              149
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 31             △ 12
       受取利息及び受取配当金
                                           48              63
       支払利息
                                            8              12
       固定資産除却損
                                           72
       段階取得に係る差損益(△は益)                                                   ―
                                          △ 66
       債務免除益                                                   ―
                                          △ 624            △ 1,147
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          △ 781             △ 372
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          △ 659             △ 762
       未収入金の増減額(△は増加)
                                          4,028              8,094
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           626            △ 1,595
       未払金の増減額(△は減少)
                                         △ 1,488               948
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                           501              249
       その他
                                          8,205              11,687
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    31              12
                                          △ 41             △ 63
       利息の支払額
                                         △ 2,445             △ 1,998
       法人税等の支払額
                                          5,750              9,637
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 5,977             △ 1,404
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 911            △ 1,336
       ソフトウエアの取得による支出
       長期前払費用の取得による支出                                   △ 35             △ 70
                                          △ 331              △ 43
       差入保証金の差入による支出
                                            5             100
       差入保証金の回収による収入
                                           500
       有価証券の償還による収入                                                   ―
                                                        △ 50
       投資有価証券の取得による支出                                    ―
                                                        △ 94
       事業譲受による支出                                    ―
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                       ※2  △  1,074
                                                          ―
       る支出
                                          △ 42             △ 14
       貸付けによる支出
                                           501               13
       貸付金の回収による収入
                                           △ 0            △ 104
       その他
                                         △ 7,365             △ 3,004
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 14/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年5月21日              (自 平成28年5月21日
                                 至 平成27年11月20日)                至 平成28年11月20日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 56             △ 365
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                          6,500              2,600
       長期借入れによる収入
                                         △ 1,400              △ 840
       長期借入金の返済による支出
                                          △ 260             △ 418
       リース債務の返済による支出
                                                        3,287
       セール・アンド・リースバックによる収入                                    ―
                                           105
       株式の発行による収入                                                   ―
                                                          1
       新株予約権の発行による収入                                    ―
                                           114
       自己株式の処分による収入                                                   ―
                                        △ 13,281              △ 2,182
       自己株式の取得による支出
                                          △ 827             △ 934
       配当金の支払額
                                         △ 9,106              1,148
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 3             △ 17
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        △ 10,725               7,763
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                    37,246              28,826
                                       ※1  26,520            ※1  36,590
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/24














                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
      (会計方針の変更等)
        該当事項はありません。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
       (追加情報)

        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を
       第1四半期連結会計期間から適用しております。
      (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 販売費及び一般管理費の主要な費目および金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成27年5月21日              (自    平成28年5月21日
                            至   平成27年11月20日)               至   平成28年11月20日)
                                 7,254                 8,422
       配送運賃                            百万円                 百万円
                                  248                 304
       販売促進引当金繰入額
                                 5,617                 5,975
       給与手当
                                   28                 30
       賞与引当金繰入額
       退職給付費用                           168                 184
                                  △ 5                 6
       貸倒引当金繰入額
                                 16/24













                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成27年5月21日              (自    平成28年5月21日
                            至   平成27年11月20日)               至   平成28年11月20日)
       現金及び預金勘定                         26,520   百万円              36,590   百万円
       現金及び現金同等物                         26,520                 36,590
       ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産および負債の主な内訳

       前第2四半期連結累計期間(自 平成27年5月21日 至 平成27年11月20日)
        株式の取得により新たに株式会社エコ配を連結したことに伴う連結開始時の資産および負債の内訳ならびに株式
       会社エコ配の取得価額と株式会社エコ配取得のための支出(純額)との関係は以下のとおりであります。
       流動資産                        1,069   百万円

       固定資産                         105
       流動負債                        △845
       固定負債                         △1
       のれん                        1,443
       非支配株主持分                        △103
       支配獲得前の既取得価額                        △90
       段階取得に係る差損                         72
       株式会社エコ配の取得価額                        1,650
       株式会社エコ配の現金及び現金同等物                        △559
       差引:株式会社エコ配取得のための支出
                               1,090
        また、その他当第2四半期連結累計期間において株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負

       債の金額は、重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       当第2四半期連結累計期間(自 平成28年5月21日 至 平成28年11月20日)

        該当事項はありません。
                                 17/24










                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年5月21日 至 平成27年11月20日)
      1.配当に関する事項
      (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成27年8月5日
               普通株式          827        15  平成27年5月20日         平成27年8月6日         利益剰余金
     定時株主総会
      (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後

         となるもの
                     配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成27年12月15日
               普通株式          778        15  平成27年11月20日         平成28年1月22日         利益剰余金
     取締役会
      2.株主資本の金額の著しい変動

        当社は、平成27年5月19日開催の取締役会決議に基づき、自己株式3,400,000株の取得を行いました。この結果、
       当第2四半期連結累計期間において自己株式が13,281百万円増加し、また、新株予約権の行使による自己株式の処
       分を行い自己株式が251百万円減少したため、当第2四半期連結会計期間末において自己株式が13,079百万円となっ
       ております。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年5月21日 至 平成28年11月20日)

      1.配当に関する事項
      (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成28年8月3日
               普通株式          934        18  平成28年5月20日         平成28年8月4日         利益剰余金
     定時株主総会
      (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後

         となるもの
                     配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成28年12月14日
               普通株式          925        18  平成28年11月20日         平成29年1月23日         利益剰余金
     取締役会
      2.株主資本の金額の著しい変動

        当社は、平成28年10月5日開催の取締役会決議に基づき、自己株式504,700株の取得を行いました。この結果、当
       第2四半期連結累計期間において自己株式が2,182百万円増加し、当第2四半期連結会計期間末において自己株式が
       15,261百万円となっております。
                                 18/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年5月21日 至 平成27年11月20日)
       報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連
                      報告セグメント
                                     その他            調整額      結損益計
                                            合計
                  eコマース      ロジスティ             (注)1            (注)2      算書計上
                                計
                   事業     クス事業
                                                       額(注)3
     売上高
                   149,001        824    149,826        117    149,944            149,944

       外部顧客への売上高                                                ―
       セグメント間の内部
                                        18      18     △ 18
                      ―      ―      ―                         ―
       売上高又は振替高
                   149,001        824    149,826        136    149,963        △ 18    149,944
          計
     セグメント利益
                    4,480       △ 18     4,461       △ 9    4,452        1    4,453
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、製造事業を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額1百万円は、セグメント間取引消去になります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年5月21日 至 平成28年11月20日)

       報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連
                      報告セグメント
                                     その他            調整額      結損益計
                                            合計
                  eコマース      ロジスティ             (注)1            (注)2      算書計上
                                計
                   事業     クス事業
                                                       額(注)3
     売上高
                   162,682       2,117     164,799        290    165,090            165,090
       外部顧客への売上高                                                ―
       セグメント間の内部
                                       103      103     △ 103
                      ―      ―      ―                         ―
       売上高又は振替高
                   162,682       2,117     164,799        393    165,193       △ 103    165,090
          計
     セグメント利益
                    3,917      △ 257     3,660       △ 24     3,635        6    3,641
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、製造事業を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額6百万円は、セグメント間取引消去になります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      (金融商品関係)

        金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動はありま
       せん。
      (有価証券関係)

        有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動はありま
       せん。
      (デリバティブ取引関係)

        デリバティブ取引は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 19/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
       は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                (自 平成27年5月21日             (自 平成28年5月21日
                                 至 平成27年11月20日)             至 平成28年11月20日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    52円68銭             40円64銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                          2,775             2,105
       普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                            ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          2,775             2,105
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         52,688             51,813
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    52円64銭                 ―

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)

                                            ―             ―
       普通株式増加数(千株)

                                           43              ―
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―             ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有してい
         る潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
                                 20/24











                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
      (重要な後発事象)
      当社は、平成28年12月6日開催の取締役会において、会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき、当社及び
     当社子会社の取締役、監査役及び従業員に対して発行する業績条件付新株予約権の募集事項を決定し、当該新株予約権
     を引き受ける者の募集をすることにつき決議いたしました。
      その概要は次のとおりであります。
      1 新株予約権の内容
       (1)新株予約権の総数
        5,100個(新株予約権1個当たりの目的となる株式数                         100株)
       (2)新株予約権の発行価額
        本新株予約権1個あたりの発行価格は500円とします。(新株予約権の目的である株式1株あたり5円)
       (3)新株予約権の行使により発行する株式の発行価額の総額
        2,006,850,000円
       (4)新株予約権の目的となる株式の種類、内容および数
        当社普通株式 510,000株
       (5)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
        本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株あたりの払込金額(以下「行使価額」という。)
       に、付与株式数を乗じた金額とします。
        行使価額は、金3,930円とします。
       (6)新株予約権の行使期間
        平成30年9月3日から平成36年2月14日までとします。
       (7)新株予約権の権利行使の条件
        ①新株予約権者は、平成30年5月期から平成33年5月期までの4事業年度のいずれかの期において、当社が下記
         (a)及び(b)に掲げる条件を同時に達成することができた場合に限り、当該条件を最初に充たした期の有価証券
         報告書の提出日の翌々月第1営業日から権利行使期間の末日までの期間において本新株予約権を行使すること
         ができるものとする。
          (a)EBITDAが145億円を超過していること
          (b)BtoC事業に係る売上高が1,000億円を超過していること
        ②上記①におけるEBITDAの判定においては、当社の有価証券報告書に記載された連結損益計算書における営業利
         益に、連結キャッシュ・フロー計算書に記載された減価償却費、のれん償却額及びソフトウェア償却費を加算
         した金額を参照するものとし、連結財務諸表を作成していない場合、それぞれ損益計算書及びキャッシュ・フ
         ロー計算書とするものとする。また、BtoC事業に係る売上高の判定においては、当社の有価証券報告書の
         「事業の状況       業績等の概要       業績」のeコマース事業セグメント内に記載されたBtoC事業の売上高を参照す
         るものとする。なお、適用される会計基準の変更及びセグメントの変更等により参照すべき各指標の概念に重
         要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標及び数値を取締役会
         にて定めるものとする。
        ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することと
         なるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ④各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       (8)新株予約権の行使により株式を発行する場合の当該株式の発行価格のうちの資本組入額
        ①本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたときは、そ
         の端数を切り上げるものとする。
        ②本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増
         加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
      2 新株予約権の取得の申込みの勧誘の相手方の人数およびその内訳
        当社及び当社子会社の取締役、監査役及び従業員1,798名に対し5,100個
      3 新株予約権の割当日
        平成29年2月15日
                                 21/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       平成28年12月14日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)配当金の総額………………………………………925百万円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………18円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成29年1月23日
        (注)    平成28年11月20日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 22/24


















                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。
                                 23/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                       アスクル株式会社(E03363)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年12月28日

     アスクル株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             寺田 昭仁  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             宍戸 通孝  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているアスクル株式会

     社の平成28年5月21日から平成29年5月20日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成28年8月21日から平
     成28年11月20日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年5月21日から平成28年11月20日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、アスクル株式会社及び連結子会社の平成28年11月20日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。

2016年07月24日

企業・投資家の注目ランキング推移表示を追加しました。企業・投資家ページの下部から閲覧いただけます。

2016年07月18日

変更報告書に「増加」「減少」などのラベルを追加しました。