株式会社みずほフィナンシャルグループ 発行登録追補書類(株券、社債券等)

このエントリーをはてなブックマークに追加

発行登録追補書類(株券、社債券等)

提出日:

提出者:株式会社みずほフィナンシャルグループ

カテゴリ:発行登録追補書類(株券、社債券等)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     【表紙】
      【発行登録追補書類番号】                         28-関東60-4

      【提出書類】                         発行登録追補書類
      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成29年1月11日
      【会社名】                         株式会社みずほフィナンシャルグループ
      【英訳名】                         Mizuho    Financial     Group,    Inc.
      【代表者の役職氏名】                         執行役社長  佐藤 康博
      【本店の所在の場所】                         東京都千代田区大手町一丁目5番5号
      【電話番号】                         東京 03(5224)1111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                         財務企画部 次長 出口 辰太郎
      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区大手町一丁目5番5号
      【電話番号】                         東京 03(5224)1111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                         財務企画部 次長 出口 辰太郎
      【発行登録の対象とした募集有価証券の種類】                         社債
      【今回の募集金額】
                               第10回無担保社債(実質破綻時免除特約
                                                      81,000百万円
                               および劣後特約付)(10年債)
                               第11回期限前償還条項付無担保社債(実
                               質破綻時免除特約および劣後特約付)                        99,000百万円
                               (10年債)
                                       計              180,000百万円
      【発行登録書の内容】
      提出日                                     平成28年5月24日
      効力発生日                                     平成28年6月1日
      有効期限                                     平成30年5月31日
                                            28-関東60
      発行登録番号
      発行予定額又は発行残高の上限(円)
                                        発行予定額 3,000,000百万円
      【これまでの募集実績】
       (発行予定額を記載した場合)
                             募集金額(円)                       減額金額(円)
         番号         提出年月日                    減額による訂正年月日
       28-関東60-1                                    -           -
                 平成28年6月3日            155,000百万円
       28-関東60-2          平成28年7月15日            460,000百万円              -           -
       28-関東60-3          平成28年7月15日             75,000百万円             -           -
                             690,000百万円
           実績合計額(円)                            減額総額(円)
                                                      なし
                            (690,000百万円)
      (注) 実績合計額は、券面総額または振替社債の総額の合計額(下段( )書きは、発行価額の総額の合計額)に基
          づき算出しております。
      【残額】(発行予定額-実績合計額-減額総額)                          2,310,000百万円
                               (2,310,000百万円)
                               (注) 残額は、券面総額または振替社債の総額の合計額(下段
                                   ( )書きは、発行価額の総額の合計額)に基づき算出
                                   しております。
       (発行残高の上限を記載した場合)
        該当事項なし
      【残高】(発行残高の上限-実績合計額+償還総額-減額総額)                                -円
      【安定操作に関する事項】                         該当事項なし
                                  1/28


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  2/28




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行社債(短期社債を除く。)(第10回無担保社債(実質破綻時免除特約および劣後特約
        付)(10年債))】
                       株式会社みずほフィナンシャルグループ第10回無担保社債(実質破綻時免除特約
     銘柄
                       および劣後特約付)
                       -
     記名・無記名の別
     券面総額又は振替社債の総額(円)
                       金81,000百万円
     各社債の金額(円)
                       金100万円
     発行価額の総額(円)
                       金81,000百万円
     発行価格(円)
                       各社債の金額100円につき金100円
     利率(%)                  年0.650%
     利払日                  毎年1月26日および7月26日
                       1.利息の計算期間
                        (1)本社債の利息は、払込期日の翌日から償還期日(ただし、期限前償還され
                          る場合については期限前償還しようとする日(以下期限前償還期日とい
                          う。)。)までこれをつけ、平成29年7月26日を第1回の利息支払期日と
                          してその日までの分を支払い、その後毎年1月および7月の各26日にその
                          日までの前半か年分を支払う。
                        (2)利息を支払うべき日が東京における銀行休業日にあたるときは、その前銀
                          行営業日にこれを繰り上げる。
     利息支払の方法                   (3)半か年に満たない期間につき利息を支払うときは、その半か年の日割を
                          もってこれを計算する。
                        (4)償還期日(ただし、期限前償還される場合については期限前償還期日。)
                          後は利息をつけない。
                        (5)本社債の利息の支払いについては、本項のほか、別記((注)「6.実質
                          破綻時免除特約」)に定める実質破綻時免除特約および別記((注)
                          「7.劣後特約」)に定める劣後特約に従う。
                       2.利息の支払場所
                         別記((注)「15.元利金の支払い」)記載のとおり。
     償還期限                  平成39年1月26日
                       1.償還金額
                         各社債の金額100円につき金100円
                       2.償還の方法および期限
                        (1)本社債の元金は、平成39年1月26日にその総額を償還する。
                        (2)当社は、払込期日以降、本号①に定める税務事由または本号②に定める資
                          本事由が発生し、かつ当該事由が継続している場合、あらかじめ金融庁長
                          官の確認を受けたうえで、残存する本社債の全部(一部は不可)を、期限
                          前償還期日までの経過利息を付して、各社債の金額100円につき金100円の
                          割合で期限前償還することができる。
     償還の方法
                         ① 「税務事由」とは、日本の税制またはその解釈の変更等により、本社債
                           の利息の損金算入が認められないこととなり、当社が合理的な措置を講
                           じてもかかる損金不算入を回避することができない場合をいう。
                         ② 「資本事由」とは、当社が、金融庁その他の監督当局と協議の結果、本
                           社債が、日本の銀行監督規則に定める自己資本比率規制上の自己資本算
                           入基準に基づき当社のTier2資本に係る基礎項目として扱われないおそ
                           れがあると判断した場合(本社債の金額がTier2資本に係る基礎項目と
                           して認識される金額に関する制限の超過を理由とする場合を除く。)を
                           いう。
                                  3/28



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                        (3)本項第(2)号に基づき本社債を期限前償還しようとする場合、当社は期限
                          前償還期日より前の25日以上60日以内に必要な事項を別記((注)「13.
                          社債権者に通知する場合の公告の方法」)に定める公告またはその他の方
                          法により社債権者に通知する。
                        (4)償還すべき日が東京における銀行休業日にあたるときは、その前銀行営業
                          日にこれを繰り上げる。
                        (5)本社債の買入消却は、別記「振替機関」欄記載の振替機関が別途定める場
                          合を除き、払込期日の翌日以降いつでも、あらかじめ金融庁長官の確認を
                          受けたうえで、これを行うことができる。
                        (6)本社債の償還については、本項のほか、別記((注)「6.実質破綻時免
                          除特約」)に定める実質破綻時免除特約および別記((注)「7.劣後特
                          約」)に定める劣後特約に従う。
                       3.償還元金の支払場所
                         別記((注)「15.元利金の支払い」)記載のとおり。
     募集の方法                  一般募集
                       各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。申込
     申込証拠金(円)
                       証拠金には利息をつけない。
     申込期間                  平成29年1月12日から平成29年1月25日まで
     申込取扱場所                  別項引受金融商品取引業者の本店および国内各支店
     払込期日                  平成29年1月26日
                       株式会社証券保管振替機構
     振替機関
                       東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                       本社債には担保および保証は付されておらず、また本社債のために特に留保され
     担保
                       ている資産はない。
     財務上の特約                  本社債には財務上の特約は付されていない。
      (注)1.信用格付
           本社債について信用格付業者から取得した信用格付および取得日、申込期間中に各信用格付業者が公表する
           情報の入手方法は以下のとおり。(電話番号はシステム障害等により情報が入手できない場合の各信用格付
           業者の連絡先)
          (1)株式会社格付投資情報センター(以下R&Iという。)
            信用格付:A+(取得日 平成29年1月11日)
            入手方法:R&Iのホームページ(http://www.r-i.co.jp/jpn/)の「ニュースリリース/クレジットコ
                 メント」および同コーナー右上の「一覧はこちら」をクリックして表示される「格付ニュース
                 一覧」に掲載されている。
            問合せ電話番号:03-6273-7471
          (2)株式会社日本格付研究所(以下JCRという。)
            信用格付:A+(取得日 平成29年1月11日)
            入手方法:JCRのホームページ(http://www.jcr.co.jp/)の「ニュースリリース」右端「一覧を見
                 る」をクリックして表示される「ニュースリリース」(http://www.jcr.co.jp/release/)に
                 掲載されている。
            問合せ電話番号:03-3544-7013
           信用格付は債務履行の確実性(信用リスク)についての現時点における各信用格付業者の意見であり事実の
           表明ではない。また、信用格付は、投資助言、販売推奨、または情報もしくは債務に対する保証ではない。
           信用格付の評価の対象は信用リスクに限定されており、流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク
           等、信用リスク以外のリスクについて言及するものではない。各信用格付業者の信用格付は信用リスクの評
           価において各信用格付業者が必要と判断した場合に変更され、または情報の不足等により取り下げられる
           (もしくは保留される)ことがある。各信用格付業者は評価にあたり信頼性が高いと判断した情報(発行体
           から提供された情報を含む。)を利用しているが、入手した情報を独自に監査・検証しているわけではな
           い。
         2.社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用
           本社債は、その全部について社債、株式等の振替に関する法律(以下社債等振替法という。)第66条第2号
           の定めに従い社債等振替法の規定の適用を受けることとする旨を定めた社債であり、社債等振替法第67条第
           2項に定める場合を除き、社債券を発行することができない。
         3.同一種類の社債
           当社は、本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。以下同じ。)の社債を発行することがある。
         4.発行代理人および支払代理人
                                  4/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
           野村信託銀行株式会社
         5.期限の利益喪失に関する特約
           当社は、本社債につきいかなる場合といえども期限の利益を喪失しない。
         6.実質破綻時免除特約
          (1)当社について本(1)①に定める実質破綻事由が生じた場合、別記「利息支払の方法」欄第1項および別記
            「償還の方法」欄第2項の規定にかかわらず、実質破綻事由が生じた時点から本(1)②に定める債務免除
            日までの期間中、本社債に基づく元利金(ただし、実質破綻事由が生じた日までに弁済期限が到来したも
            のを除く。以下本(注)6において同じ。)の支払請求権の効力は停止し、本社債に基づく元利金の弁済
            期限は到来せず、債務免除日において、当社は本社債に基づく元利金の支払義務を免除される。
           ① 「実質破綻事由」とは、内閣総理大臣が当社について、預金保険法第126条の2第1項第2号に定める
             措置である特定第二号措置を講ずる必要がある旨の認定を行った場合をいう。
           ② 「債務免除日」とは、実質破綻事由が生じた日後10銀行営業日を超えない範囲で、当社が金融庁その他
             の監督当局との協議のうえ決定する日をいう。
          (2)実質破綻事由が生じた場合、当社はその旨、債務免除日および本社債に基づく元利金の支払義務を免除さ
            れることを、債務免除日の前日までに本(注)13に定める公告またはその他の方法により社債権者に通知
            する。ただし、社債権者に債務免除日の前日までに当該通知を行うことができないときは、債務免除日以
            降すみやかにこれを行う。
          (3)実質破綻時免除特約に反する支払いの禁止
            実質破綻事由が生じた後、本社債に基づく元利金の全部または一部が社債権者に対して支払われた場合に
            は、その支払いは無効とし、社債権者はその受領した元利金を直ちに当社に対して返還する。
          (4)相殺禁止
            実質破綻事由が生じた場合、本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺の対象とすることはできない。
         7.劣後特約
          (1)本社債の償還および利息の支払いは、当社につき破産手続開始、会社更生手続開始または民事再生手続開
            始の決定があり、あるいは日本法によらない破産手続、会社更生手続、民事再生手続またはこれらに準ず
            る手続が外国において行われる場合には、以下の規定に従って行われる。
           ① 破産の場合
             本社債につき定められた元利金の弁済期限以前において、当社について破産手続開始の決定がなされ、
             かつ破産手続が継続している場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、以下の条件が成就し
             たときに発生する。
             (停止条件)
             その破産手続の最後配当のための配当表(更正された場合は、更正後のもの)に記載された配当に加え
             るべき債権のうち、(ⅰ)本社債に基づく債権、(ⅱ)本(1)①乃至④と実質的に同じもしくはこれに劣後
             する条件を付された債権(ただし、本(1)③を除き本(1)と実質的に同じ条件を付された債権は、本(1)
             ①乃至④と実質的に同じ条件を付された債権とみなす。)および(ⅲ)本社債に基づく債権と同順位もし
             くは劣後する、または、その旨規定された債権を除くすべての債権が、各中間配当、最後配当、追加配
             当、その他法令によって認められるすべての配当によって、その債権額につき全額の満足(配当、供託
             を含む。)を受けたこと。
           ② 会社更生の場合
             本社債につき定められた元利金の弁済期限以前において、当社について更生手続開始の決定がなされ、
             かつ更生手続が継続している場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、以下の条件が成就し
             たときに発生する。
             (停止条件)
             当社について更生計画認可の決定が確定したときにおける更生計画に記載された債権のうち、(ⅰ)本社
             債に基づく債権、(ⅱ)本(1)①乃至④と実質的に同じもしくはこれに劣後する条件を付された債権(た
             だし、本(1)③を除き本(1)と実質的に同じ条件を付された債権は、本(1)①乃至④と実質的に同じ条件
             を付された債権とみなす。)および(ⅲ)本社債に基づく債権と同順位もしくは劣後する、または、その
             旨規定された債権を除くすべての債権が、その確定した債権額について全額の弁済を受けたこと。
           ③ 民事再生の場合
             本社債につき定められた元利金の弁済期限以前において、当社について再生手続開始の決定がなされた
             場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、以下の条件が成就したときに発生する。ただし、
             再生手続開始の決定がなされた後、簡易再生の決定もしくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画
             不認可の決定の確定、開始決定の取消もしくは再生手続の廃止により手続が終了したとき、または再生
             計画取消の決定が確定したときは、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、再生手続開始決定時
             に溯って従前の効力に復するものとする。
             (停止条件)
                                  5/28


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
             当社について再生計画認可の決定が確定したときにおける再生計画に記載された債権のうち、(ⅰ)本社
             債に基づく債権、(ⅱ)本(1)①乃至④と実質的に同じもしくはこれに劣後する条件を付された債権(た
             だし、本(1)③を除き本(1)と実質的に同じ条件を付された債権は、本(1)①乃至④と実質的に同じ条件
             を 付された債権とみなす。)および(ⅲ)本社債に基づく債権と同順位もしくは劣後する、または、その
             旨規定された債権を除くすべての債権が、その確定した債権額について全額の弁済を受けたこと。
           ④ 日本法以外による倒産手続の場合
             当社について、日本法によらない破産手続、会社更生手続、民事再生手続またはこれらに準ずる手続が
             外国において本(1)①乃至③に準じて行われる場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、そ
             の手続において本(1)①乃至③に記載の停止条件に準ずる条件が成就したときに、その手続上発生する
             ものとする。ただし、その手続上そのような条件を付すことが認められない場合には、本社債に基づく
             元利金の支払請求権の効力は当該条件にかかることなく発生する。
          (2)上位債権者に対する不利益変更の禁止
            本社債の社債要項の各条項は、いかなる意味においても上位債権者に対して不利益を及ぼす内容に変更さ
            れてはならず、そのような変更の合意はいかなる意味においても、またいかなる者に対しても効力を生じ
            ない。この場合に、上位債権者とは、当社に対し、(ⅰ)本社債に基づく債権、(ⅱ)上記(1)①乃至④と実
            質的に同じもしくはこれに劣後する条件を付された債権(ただし、上記(1)③を除き上記(1)と実質的に同
            じ条件を付された債権は、上記(1)①乃至④と実質的に同じ条件を付された債権とみなす。)および(ⅲ)
            本社債に基づく債権と同順位もしくは劣後する、または、その旨規定された債権を除く債権を有するすべ
            ての者をいう。
          (3)劣後特約に反する支払いの禁止
            本社債に基づく元利金の支払請求権の効力が、上記(1)①乃至④に従って発生していないにもかかわら
            ず、その元利金の全部または一部が社債権者に対して支払われた場合には、その支払いは無効とし、社債
            権者はその受領した元利金を直ちに当社に返還する。
          (4)相殺禁止
            当社について破産手続開始の決定がなされ、かつ破産手続が継続している場合、会社更生手続開始の決定
            がなされ、かつ会社更生手続が継続している場合、民事再生手続開始の決定がなされた場合(ただし、再
            生手続開始の決定がなされた後、簡易再生の決定もしくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画不認
            可の決定の確定、開始決定の取消もしくは再生手続の廃止により手続が終了したとき、または再生計画取
            消の決定が確定したときを除く。)、または日本法によらない破産手続、会社更生手続、民事再生手続ま
            たはこれに準ずる手続が外国において行われている場合には、上記(1)①乃至④にそれぞれ規定されてい
            る条件が成就しない限りは、本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺の対象とすることはできない。
          (5)上記(1)の規定により、当社について破産手続が開始されたとすれば、当該破産手続における本社債の元
            利金の支払請求権の配当の順位は、破産法に規定する劣後的破産債権に後れるものとする。
         8.社債管理者に対する定期報告
          (1)当社は、随時社債管理者にその事業の概況を報告し、また、毎事業年度の決算および剰余金の配当(会社
            法第454条第5項に定める中間配当を含む。)については書面をもって社債管理者にこれを通知する。当
            社が、会社法第441条第1項の定めに従い一定の日において臨時決算を行った場合も同様とする。
          (2)当社は、金融商品取引法に基づき作成する有価証券報告書およびその添付書類の写しを当該事業年度経過
            後3か月以内に、四半期報告書の写しを当該各期間経過後45日以内(第2四半期の場合のみ60日以内)に
            社債管理者に提出する。当社が金融商品取引法第24条の4の2に定める確認書および金融商品取引法第24
            条の4の4に定める内部統制報告書を作成した場合についても上記各書類の取扱いに準ずる。また、当社
            が臨時報告書または訂正報告書を財務局長等に提出した場合には遅滞なくこれを社債管理者に提出する。
          (3)当社は、上記(2)に定める報告書および確認書について金融商品取引法第27条の30の3に基づく電子開示
            手続を行う場合には、電子開示手続を行った旨を社債管理者へ通知することにより、上記(1)および(2)に
            規定する書面の提出を省略することができる。
         9.社債管理者への通知
           当社は、次の各場合には、あらかじめ書面により社債管理者に通知する。
          (1)事業経営に不可欠な資産を譲渡または貸与しようとするとき。
          (2)事業の全部もしくは重要な事業の一部を休止または廃止しようとするとき。
          (3)資本金または準備金の額の減少、組織変更、合併、会社分割、株式交換または株式移転(いずれも会社法
            において定義され、または定められるものをいう。ただし、会社法第784条または会社法第796条が適用さ
            れる場合を除く。)をしようとするとき。
         10.社債管理者の調査権限
          (1)社債管理者は、本社債の管理委託契約(以下管理委託契約という。)の定めに従い社債管理者の権限を行
            使し、または義務を履行するために必要であると認めたときは、当社ならびに当社の連結子会社および持
            分法適用会社の事業、経理、帳簿書類等に関する資料または報告書の提出を請求し、または自らこれらに
            つき調査することができる。
                                  6/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
          (2)上記(1)の場合で、社債管理者が当社の連結子会社および持分法適用会社の調査を行うときは、当社は、
            これに協力する。
         11.債権者の異議手続における社債管理者の権限
           会社法第740条第2項本文の定めは、本社債には適用されず、社債管理者は、会社法第740条第1項に掲げる
           債権者の異議手続において、社債権者集会の決議によらずに社債権者のために異議を述べることはしない。
         12.社債管理者の辞任
          (1)社債管理者は、社債管理者と本社債の社債権者との間で利益が相反する場合または利益が相反するおそれ
            がある場合その他正当な事由がある場合には、社債管理者の事務を承継する者を定めて辞任することがで
            きる。
          (2)上記(1)の場合には、当社ならびに辞任および承継する者は、遅滞なくかかる変更によって必要となる行
            為をしなければならない。
         13.社債権者に通知する場合の公告の方法
           本社債に関し社債権者に対し公告を行う場合は、法令または管理委託契約に別段の定めがあるときを除き、
           当社の定款所定の電子公告(ただし、事故その他のやむを得ない事由によって電子公告による公告をするこ
           とができない場合は、当社の定款所定の新聞紙ならびに東京都および大阪市において発行する各1種以上の
           新聞紙。重複するものがあるときは、これを省略することができる。)または社債管理者が認めるその他の
           方法によりこれを行う。また、社債管理者が社債権者のために必要と認める場合には、社債管理者の定款所
           定の公告の方法によりこれを行う。
         14.社債権者集会に関する事項
          (1)本社債および本社債と同一の種類の社債(以下本種類の社債と総称する。)の社債権者集会は、当社また
            は社債管理者がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前までに社債権者集会を招集する旨
            および会社法第719条各号所定の事項を本(注)13に定める方法により公告する。
          (2)本種類の社債の社債権者集会は、東京都においてこれを行う。
          (3)本種類の社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本種類の社債の金額の合計額は算入しな
            い。)の10分の1以上に当たる本種類の社債を有する社債権者は、当社または社債管理者に対し、社債権
            者集会の目的である事項および招集の理由を記載した書面を当社または社債管理者に提出して本種類の社
            債の社債権者集会の招集を請求することができる。
         15.元利金の支払い
           本社債に係る元利金は、社債等振替法および別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程その他の規則に
           従って支払われる。
                                  7/28











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
      2【社債の引受け及び社債管理の委託(第10回無担保社債(実質破綻時免除特約および劣後特約付)
        (10年債))】
       (1)【社債の引受け】
                                         引受金額
        引受人の氏名又は名称                      住所                     引受けの条件
                                         (百万円)
                                                1.引受人は、本社債の全
     みずほ証券株式会社                 東京都千代田区大手町一丁目5番1号                      62,000
                                                  額につき、共同して買
     大和証券株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                      10,000
                                                  取引受を行う。
                                                2.本社債の引受手数料は
     野村證券株式会社                 東京都中央区日本橋一丁目9番1号                      7,000
                                                  各社債の金額100円に
     岡三証券株式会社                 東京都中央区日本橋一丁目17番6号                      2,000
                                                  つき金50銭とする。
                              -                       -
             計                               81,000
      (注)1.本社債は金融商品取引業等に関する内閣府令(以下金商業等府令という。)第153条第1項第4号ニに掲げ
           る社債券に該当し、金商業等府令第147条第3号に規定する本社債の主幹事会社であるみずほ証券株式会社
           は当社の子法人等に該当する。みずほ証券株式会社は、当社が95.80%出資する連結子会社である。本社債
           の発行価格および利率(以下発行価格等という。)の決定を公正かつ適切に行うため、大和証券株式会社を
           本社債の独立引受幹事会社(以下独立引受幹事という。)とし、独立引受幹事が主幹事会社と事務遂行上で
           同等の権限をもって引受審査内容の妥当性を確認し、独立引受幹事が主幹事会社から発行価格等の決定に関
           する情報提供を受けて本社債の発行価格等の決定に関与する等、日本証券業協会の定める「『有価証券の引
           受け等に関する規則』に関する細則」第2条に定める措置を講じた。また、本社債の発行価格等は日本証券
           業協会の定める「有価証券の引受け等に関する規則」第25条の2に規定されるプレ・マーケティングの方式
           により決定した。
         2.引受人のうちみずほ証券株式会社は、以下の金融商品仲介業務を行う登録金融機関に、本社債の募集の取扱
           いを一部委託する。
           金融商品仲介業務を行う登録金融機関の名称:株式会社みずほ銀行
           住所:東京都千代田区大手町一丁目5番5号
       (2)【社債管理の委託】

          社債管理者の名称                      住所                 委託の条件
                                          1.社債管理者は、本社債の管理を受
                                             託する。
                                          2.本社債の管理手数料については、
     野村信託銀行株式会社                   東京都千代田区大手町二丁目2番2号
                                             社債管理者に、期中において年間
                                             各社債の金額100円につき金1銭
                                             を支払うこととしている。
                                  8/28








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
      3【新規発行社債(短期社債を除く。)(第11回期限前償還条項付無担保社債(実質破綻時免除特約
        および劣後特約付)(10年債))】
                       株式会社みずほフィナンシャルグループ第11回期限前償還条項付無担保社債                                   (実
     銘柄
                       質破綻時免除特約および劣後特約付)
                       -
     記名・無記名の別
     券面総額又は振替社債の総額(円)
                       金99,000百万円
     各社債の金額(円)
                       金100万円
     発行価額の総額(円)
                       金99,000百万円
     発行価格(円)
                       各社債の金額100円につき金100円
                       1.平成29年1月26日の翌日から平成34年1月26日まで
                         年0.50%
                       2.平成34年1月26日の翌日以降
     利率(%)
                         別記「利息支払の方法」欄第2項の規定に基づき定められる5年物円スワッ
                         プのミッド・レートに0.43%を加算し、小数点以下第3位を切り上げたもの
                         とする。
     利払日                  毎年1月26日および7月26日
                       1.利息の計算期間
                        (1)本社債の利息は、払込期日の翌日から償還期日(ただし、期限前償還され
                          る場合については期限前償還しようとする日(以下期限前償還期日とい
                          う。)。)までこれをつけ、平成29年7月26日を第1回の利息支払期日と
                          してその日までの分を支払い、その後毎年1月および7月の各26日にその
                          日までの前半か年分を支払う。
                        (2)利息を支払うべき日が東京における銀行休業日にあたるときは、その前銀
                          行営業日にこれを繰り上げる。
                        (3)半か年に満たない期間につき利息を支払うときは、その半か年の日割を
                          もってこれを計算する。
                        (4)償還期日(ただし、期限前償還される場合については期限前償還期日。)
                          後は利息をつけない。
                        (5)本社債の利息の支払いについては、本項のほか、別記((注)「6.実質
                          破綻時免除特約」)に定める実質破綻時免除特約および別記((注)
                          「7.劣後特約」)に定める劣後特約に従う。
                       2.適用利率の決定
                        (1)別記「利率」欄第2項の規定に基づき決定される本社債の利率は、平成34
                          年1月26日の2銀行営業日前(以下利率基準日という。)の午前10時(東
     利息支払の方法                     京時間)にロイター58376頁(東京市場における円スワップのオファー
                          ド・レートおよびビッド・レートを表示するロイターの58376頁またはそ
                          の承継頁をいう。以下同じ。)に表示されている5年物円スワップのオ
                          ファード・レートおよびビッド・レートの算術平均値(小数点以下第5位
                          を四捨五入する。本項において以下同じ。)(以下5年物円スワップの
                          ミッド・レートという。)に0.43%を加算し、小数点以下第3位を切り上
                          げたものとする。
                        (2)利率基準日の午前10時(東京時間)に、ロイター58376頁に5年物円ス
                          ワップのオファード・レートもしくはビッド・レートが表示されていない
                          場合またはロイター58376頁が利用不能となった場合には、利率基準日に
                          当社は本項第(5)号に定めるマーケット・メーカーに対し、利率基準日の
                          午前10時(東京時間)現在提示可能であった5年物円スワップのオファー
                          ド・レートおよびビッド・レート(以下提示レートという。)の提示を求
                          めるものとし、提示レートの算術平均値を本項第(1)号に定める5年物円
                          スワップのミッド・レートとする。
                          提示レートが4つ以上のマーケット・メーカーから提示された場合には、
                          その最も高い値と低い値をそれぞれ1つずつ除き、残りの提示レートの算
                          術平均値を本項第(1)号に定める5年物円スワップのミッド・レートとす
                          る。
                                  9/28


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                        (3)本項第(2)号の場合で、提示レートが2つあるいは3つのマーケット・
                          メーカーから提示された場合には、それらの算術平均値を本項第(1)号に
                          定める5年物円スワップのミッド・レートとする。
                        (4)本項第(2)号の場合で、提示レートが2つに満たなかった場合には、当社
                          は本項第(6)号に定めるスワップ・ブローカーに提示レートの提示を求
                          め、これらと合わせた提示レートの算術平均値を本項第(1)号に定める5
                          年物円スワップのミッド・レートとする。ただし、マーケット・メーカー
                          とスワップ・ブローカーを合わせて提示レートが2つに満たなかった場合
                          には、当社は、当該利率基準日の直前の銀行営業日の午前10時(東京時
                          間)にロイター58376頁に表示されていた5年物円スワップのオファー
                          ド・レートおよびビッド・レートの算術平均値を本項第(1)号に定める5
                          年物円スワップのミッド・レートとする。
                        (5)マーケット・メーカーとは、当該利率基準日にロイター17143頁またはそ
                          の承継頁に東京スワップ・レファレンス・レート(T.S.R.)として表示さ
                          れるスワップ・レートを提示する金融機関とする。
                        (6)スワップ・ブローカーとは、東短ICAP株式会社およびタレットプレボ
                          ン株式会社の主たる店舗をいう。
                        (7)当社は社債管理者に本項第(1)号乃至第(4)号に定める利率確認事務を委託
                          し、社債管理者は利率基準日に当該利率を確認する。
                        (8)当社および社債管理者はそれぞれその本店において、平成34年1月26日の
                          翌日から5銀行営業日以内に、上記により決定された本社債の利率を、そ
                          の営業時間中、一般の閲覧に供する。ただし、当社については、当該利率
                          を自らのホームページ上に掲載することをもって、これに代えることがで
                          きるものとする。
                       3.利息の支払場所
                         別記((注)「15.元利金の支払い」)記載のとおり。
     償還期限                  平成39年1月26日
                       1.償還金額
                         各社債の金額100円につき金100円
                       2.償還の方法および期限
                        (1)本社債の元金は、平成39年1月26日にその総額を償還する。
                        (2)本社債の元金は、平成34年1月26日に、あらかじめ金融庁長官の確認を受
                          けたうえで、残存する本社債の全部(一部は不可)を、期限前償還期日ま
                          での経過利息を付して、各社債の金額100円につき金100円の割合で期限前
                          償還することができる。
                        (3)当社は、払込期日以降、本号①に定める税務事由または本号②に定める資
                          本事由が発生し、かつ当該事由が継続している場合、あらかじめ金融庁長
                          官の確認を受けたうえで、残存する本社債の全部(一部は不可)を、期限
                          前償還期日までの経過利息を付して、各社債の金額100円につき金100円の
                          割合で期限前償還することができる。
     償還の方法
                         ① 「税務事由」とは、日本の税制またはその解釈の変更等により、本社債
                           の利息の損金算入が認められないこととなり、当社が合理的な措置を講
                           じてもかかる損金不算入を回避することができない場合をいう。
                         ② 「資本事由」とは、当社が、金融庁その他の監督当局と協議の結果、本
                           社債が、日本の銀行監督規則に定める自己資本比率規制上の自己資本算
                           入基準に基づき当社のTier2資本に係る基礎項目として扱われないおそ
                           れがあると判断した場合(本社債の金額がTier2資本に係る基礎項目と
                           して認識される金額に関する制限の超過を理由とする場合を除く。)を
                           いう。
                        (4)本項第(2)号または第(3)号に基づき本社債を期限前償還しようとする場
                          合、当社は期限前償還期日より前の25日以上60日以内に必要な事項を別記
                          ((注)「13.社債権者に通知する場合の公告の方法」)に定める公告ま
                          たはその他の方法により社債権者に通知する。
                                 10/28



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                        (5)償還すべき日が東京における銀行休業日にあたるときは、その前銀行営業
                          日にこれを繰り上げる。
                        (6)本社債の買入消却は、別記「振替機関」欄記載の振替機関が別途定める場
                          合を除き、払込期日の翌日以降いつでも、あらかじめ金融庁長官の確認を
                          受けたうえで、これを行うことができる。
                        (7)本社債の償還については、本項のほか、別記((注)「6.実質破綻時免
                          除特約」)に定める実質破綻時免除特約および別記((注)「7.劣後特
                          約」)に定める劣後特約に従う。
                       3.償還元金の支払場所
                         別記((注)「15.元利金の支払い」)記載のとおり。
     募集の方法                  一般募集
                       各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。申込
     申込証拠金(円)
                       証拠金には利息をつけない。
     申込期間                  平成29年1月12日から平成29年1月25日まで
     申込取扱場所                  別項引受金融商品取引業者の本店および国内各支店
     払込期日                  平成29年1月26日
                       株式会社証券保管振替機構
     振替機関
                       東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                       本社債には担保および保証は付されておらず、また本社債のために特に留保され
     担保
                       ている資産はない。
     財務上の特約                  本社債には財務上の特約は付されていない。
      (注)1.信用格付
           本社債について信用格付業者から取得した信用格付および取得日、申込期間中に各信用格付業者が公表する
           情報の入手方法は以下のとおり。(電話番号はシステム障害等により情報が入手できない場合の各信用格付
           業者の連絡先)
          (1)株式会社格付投資情報センター(以下R&Iという。)
            信用格付:A+(取得日 平成29年1月11日)
            入手方法:R&Iのホームページ(http://www.r-i.co.jp/jpn/)の「ニュースリリース/クレジットコ
                 メント」および同コーナー右上の「一覧はこちら」をクリックして表示される「格付ニュース
                 一覧」に掲載されている。
            問合せ電話番号:03-6273-7471
          (2)株式会社日本格付研究所(以下JCRという。)
            信用格付:A+(取得日 平成29年1月11日)
            入手方法:JCRのホームページ(http://www.jcr.co.jp/)の「ニュースリリース」右端「一覧を見
                 る」をクリックして表示される「ニュースリリース」(http://www.jcr.co.jp/release/)に
                 掲載されている。
            問合せ電話番号:03-3544-7013
           信用格付は債務履行の確実性(信用リスク)についての現時点における各信用格付業者の意見であり事実の
           表明ではない。また、信用格付は、投資助言、販売推奨、または情報もしくは債務に対する保証ではない。
           信用格付の評価の対象は信用リスクに限定されており、流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク
           等、信用リスク以外のリスクについて言及するものではない。各信用格付業者の信用格付は信用リスクの評
           価において各信用格付業者が必要と判断した場合に変更され、または情報の不足等により取り下げられる
           (もしくは保留される)ことがある。各信用格付業者は評価にあたり信頼性が高いと判断した情報(発行体
           から提供された情報を含む。)を利用しているが、入手した情報を独自に監査・検証しているわけではな
           い。
         2.社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用
           本社債は、その全部について社債、株式等の振替に関する法律(以下社債等振替法という。)第66条第2号
           の定めに従い社債等振替法の規定の適用を受けることとする旨を定めた社債であり、社債等振替法第67条第
           2項に定める場合を除き、社債券を発行することができない。
         3.同一種類の社債
           当社は、本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。以下同じ。)の社債を発行することがある。
         4.発行代理人および支払代理人
           野村信託銀行株式会社
         5.期限の利益喪失に関する特約
           当社は、本社債につきいかなる場合といえども期限の利益を喪失しない。
         6.実質破綻時免除特約
                                 11/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
          (1)当社について本(1)①に定める実質破綻事由が生じた場合、別記「利息支払の方法」欄第1項および別記
            「償還の方法」欄第2項の規定にかかわらず、実質破綻事由が生じた時点から本(1)②に定める債務免除
            日 までの期間中、本社債に基づく元利金(ただし、実質破綻事由が生じた日までに弁済期限が到来したも
            のを除く。以下本(注)6において同じ。)の支払請求権の効力は停止し、本社債に基づく元利金の弁済
            期限は到来せず、債務免除日において、当社は本社債に基づく元利金の支払義務を免除される。
           ① 「実質破綻事由」とは、内閣総理大臣が当社について、預金保険法第126条の2第1項第2号に定める
             措置である特定第二号措置を講ずる必要がある旨の認定を行った場合をいう。
           ② 「債務免除日」とは、実質破綻事由が生じた日後10銀行営業日を超えない範囲で、当社が金融庁その他
             の監督当局との協議のうえ決定する日をいう。
          (2)実質破綻事由が生じた場合、当社はその旨、債務免除日および本社債に基づく元利金の支払義務を免除さ
            れることを、債務免除日の前日までに本(注)13に定める公告またはその他の方法により社債権者に通知
            する。ただし、社債権者に債務免除日の前日までに当該通知を行うことができないときは、債務免除日以
            降すみやかにこれを行う。
          (3)実質破綻時免除特約に反する支払いの禁止
            実質破綻事由が生じた後、本社債に基づく元利金の全部または一部が社債権者に対して支払われた場合に
            は、その支払いは無効とし、社債権者はその受領した元利金を直ちに当社に対して返還する。
          (4)相殺禁止
            実質破綻事由が生じた場合、本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺の対象とすることはできない。
         7.劣後特約
          (1)本社債の償還および利息の支払いは、当社につき破産手続開始、会社更生手続開始または民事再生手続開
            始の決定があり、あるいは日本法によらない破産手続、会社更生手続、民事再生手続またはこれらに準ず
            る手続が外国において行われる場合には、以下の規定に従って行われる。
           ① 破産の場合
             本社債につき定められた元利金の弁済期限以前において、当社について破産手続開始の決定がなされ、
             かつ破産手続が継続している場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、以下の条件が成就し
             たときに発生する。
             (停止条件)
             その破産手続の最後配当のための配当表(更正された場合は、更正後のもの)に記載された配当に加え
             るべき債権のうち、(ⅰ)本社債に基づく債権、(ⅱ)本(1)①乃至④と実質的に同じもしくはこれに劣後
             する条件を付された債権(ただし、本(1)③を除き本(1)と実質的に同じ条件を付された債権は、本(1)
             ①乃至④と実質的に同じ条件を付された債権とみなす。)および(ⅲ)本社債に基づく債権と同順位もし
             くは劣後する、または、その旨規定された債権を除くすべての債権が、各中間配当、最後配当、追加配
             当、その他法令によって認められるすべての配当によって、その債権額につき全額の満足(配当、供託
             を含む。)を受けたこと。
           ② 会社更生の場合
             本社債につき定められた元利金の弁済期限以前において、当社について更生手続開始の決定がなされ、
             かつ更生手続が継続している場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、以下の条件が成就し
             たときに発生する。
             (停止条件)
             当社について更生計画認可の決定が確定したときにおける更生計画に記載された債権のうち、(ⅰ)本社
             債に基づく債権、(ⅱ)本(1)①乃至④と実質的に同じもしくはこれに劣後する条件を付された債権(た
             だし、本(1)③を除き本(1)と実質的に同じ条件を付された債権は、本(1)①乃至④と実質的に同じ条件
             を付された債権とみなす。)および(ⅲ)本社債に基づく債権と同順位もしくは劣後する、または、その
             旨規定された債権を除くすべての債権が、その確定した債権額について全額の弁済を受けたこと。
           ③ 民事再生の場合
             本社債につき定められた元利金の弁済期限以前において、当社について再生手続開始の決定がなされた
             場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、以下の条件が成就したときに発生する。ただし、
             再生手続開始の決定がなされた後、簡易再生の決定もしくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画
             不認可の決定の確定、開始決定の取消もしくは再生手続の廃止により手続が終了したとき、または再生
             計画取消の決定が確定したときは、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、再生手続開始決定時
             に溯って従前の効力に復するものとする。
             (停止条件)
             当社について再生計画認可の決定が確定したときにおける再生計画に記載された債権のうち、(ⅰ)本社
             債に基づく債権、(ⅱ)本(1)①乃至④と実質的に同じもしくはこれに劣後する条件を付された債権(た
             だし、本(1)③を除き本(1)と実質的に同じ条件を付された債権は、本(1)①乃至④と実質的に同じ条件
                                 12/28


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
             を付された債権とみなす。)および(ⅲ)本社債に基づく債権と同順位もしくは劣後する、または、その
             旨規定された債権を除くすべての債権が、その確定した債権額について全額の弁済を受けたこと。
           ④ 日本法以外による倒産手続の場合
             当社について、日本法によらない破産手続、会社更生手続、民事再生手続またはこれらに準ずる手続が
             外国において本(1)①乃至③に準じて行われる場合、本社債に基づく元利金の支払請求権の効力は、そ
             の手続において本(1)①乃至③に記載の停止条件に準ずる条件が成就したときに、その手続上発生する
             ものとする。ただし、その手続上そのような条件を付すことが認められない場合には、本社債に基づく
             元利金の支払請求権の効力は当該条件にかかることなく発生する。
          (2)上位債権者に対する不利益変更の禁止
            本社債の社債要項の各条項は、いかなる意味においても上位債権者に対して不利益を及ぼす内容に変更さ
            れてはならず、そのような変更の合意はいかなる意味においても、またいかなる者に対しても効力を生じ
            ない。この場合に、上位債権者とは、当社に対し、(ⅰ)本社債に基づく債権、(ⅱ)上記(1)①乃至④と実
            質的に同じもしくはこれに劣後する条件を付された債権(ただし、上記(1)③を除き上記(1)と実質的に同
            じ条件を付された債権は、上記(1)①乃至④と実質的に同じ条件を付された債権とみなす。)および(ⅲ)
            本社債に基づく債権と同順位もしくは劣後する、または、その旨規定された債権を除く債権を有するすべ
            ての者をいう。
          (3)劣後特約に反する支払いの禁止
            本社債に基づく元利金の支払請求権の効力が、上記(1)①乃至④に従って発生していないにもかかわら
            ず、その元利金の全部または一部が社債権者に対して支払われた場合には、その支払いは無効とし、社債
            権者はその受領した元利金を直ちに当社に返還する。
          (4)相殺禁止
            当社について破産手続開始の決定がなされ、かつ破産手続が継続している場合、会社更生手続開始の決定
            がなされ、かつ会社更生手続が継続している場合、民事再生手続開始の決定がなされた場合(ただし、再
            生手続開始の決定がなされた後、簡易再生の決定もしくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画不認
            可の決定の確定、開始決定の取消もしくは再生手続の廃止により手続が終了したとき、または再生計画取
            消の決定が確定したときを除く。)、または日本法によらない破産手続、会社更生手続、民事再生手続ま
            たはこれに準ずる手続が外国において行われている場合には、上記(1)①乃至④にそれぞれ規定されてい
            る条件が成就しない限りは、本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺の対象とすることはできない。
          (5)上記(1)の規定により、当社について破産手続が開始されたとすれば、当該破産手続における本社債の元
            利金の支払請求権の配当の順位は、破産法に規定する劣後的破産債権に後れるものとする。
         8.社債管理者に対する定期報告
          (1)当社は、随時社債管理者にその事業の概況を報告し、また、毎事業年度の決算および剰余金の配当(会社
            法第454条第5項に定める中間配当を含む。)については書面をもって社債管理者にこれを通知する。当
            社が、会社法第441条第1項の定めに従い一定の日において臨時決算を行った場合も同様とする。
          (2)当社は、金融商品取引法に基づき作成する有価証券報告書およびその添付書類の写しを当該事業年度経過
            後3か月以内に、四半期報告書の写しを当該各期間経過後45日以内(第2四半期の場合のみ60日以内)に
            社債管理者に提出する。当社が金融商品取引法第24条の4の2に定める確認書および金融商品取引法第24
            条の4の4に定める内部統制報告書を作成した場合についても上記各書類の取扱いに準ずる。また、当社
            が臨時報告書または訂正報告書を財務局長等に提出した場合には遅滞なくこれを社債管理者に提出する。
          (3)当社は、上記(2)に定める報告書および確認書について金融商品取引法第27条の30の3に基づく電子開示
            手続を行う場合には、電子開示手続を行った旨を社債管理者へ通知することにより、上記(1)および(2)に
            規定する書面の提出を省略することができる。
         9.社債管理者への通知
           当社は、次の各場合には、あらかじめ書面により社債管理者に通知する。
          (1)事業経営に不可欠な資産を譲渡または貸与しようとするとき。
          (2)事業の全部もしくは重要な事業の一部を休止または廃止しようとするとき。
          (3)資本金または準備金の額の減少、組織変更、合併、会社分割、株式交換または株式移転(いずれも会社法
            において定義され、または定められるものをいう。ただし、会社法第784条または会社法第796条が適用さ
            れる場合を除く。)をしようとするとき。
         10.社債管理者の調査権限
          (1)社債管理者は、本社債の管理委託契約(以下管理委託契約という。)の定めに従い社債管理者の権限を行
            使し、または義務を履行するために必要であると認めたときは、当社ならびに当社の連結子会社および持
            分法適用会社の事業、経理、帳簿書類等に関する資料または報告書の提出を請求し、または自らこれらに
            つき調査することができる。
          (2)上記(1)の場合で、社債管理者が当社の連結子会社および持分法適用会社の調査を行うときは、当社は、
            これに協力する。
         11.債権者の異議手続における社債管理者の権限
                                 13/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
           会社法第740条第2項本文の定めは、本社債には適用されず、社債管理者は、会社法第740条第1項に掲げる
           債権者の異議手続において、社債権者集会の決議によらずに社債権者のために異議を述べることはしない。
         12.社債管理者の辞任
          (1)社債管理者は、社債管理者と本社債の社債権者との間で利益が相反する場合または利益が相反するおそれ
            がある場合その他正当な事由がある場合には、社債管理者の事務を承継する者を定めて辞任することがで
            きる。
          (2)上記(1)の場合には、当社ならびに辞任および承継する者は、遅滞なくかかる変更によって必要となる行
            為をしなければならない。
         13.社債権者に通知する場合の公告の方法
           本社債に関し社債権者に対し公告を行う場合は、法令または管理委託契約に別段の定めがあるときを除き、
           当社の定款所定の電子公告(ただし、事故その他のやむを得ない事由によって電子公告による公告をするこ
           とができない場合は、当社の定款所定の新聞紙ならびに東京都および大阪市において発行する各1種以上の
           新聞紙。重複するものがあるときは、これを省略することができる。)または社債管理者が認めるその他の
           方法によりこれを行う。また、社債管理者が社債権者のために必要と認める場合には、社債管理者の定款所
           定の公告の方法によりこれを行う。
         14.社債権者集会に関する事項
          (1)本社債および本社債と同一の種類の社債(以下本種類の社債と総称する。)の社債権者集会は、当社また
            は社債管理者がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前までに社債権者集会を招集する旨
            および会社法第719条各号所定の事項を本(注)13に定める方法により公告する。
          (2)本種類の社債の社債権者集会は、東京都においてこれを行う。
          (3)本種類の社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本種類の社債の金額の合計額は算入しな
            い。)の10分の1以上に当たる本種類の社債を有する社債権者は、当社または社債管理者に対し、社債権
            者集会の目的である事項および招集の理由を記載した書面を当社または社債管理者に提出して本種類の社
            債の社債権者集会の招集を請求することができる。
         15.元利金の支払い
           本社債に係る元利金は、社債等振替法および別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程その他の規則に
           従って支払われる。
                                 14/28












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
      4【社債の引受け及び社債管理の委託(第11回期限前償還条項付無担保社債(実質破綻時免除特約お
        よび劣後特約付)(10年債))】
       (1)【社債の引受け】
                                         引受金額
        引受人の氏名又は名称                      住所                     引受けの条件
                                         (百万円)
                                                1.引受人は、本社債の全
     みずほ証券株式会社                 東京都千代田区大手町一丁目5番1号                      80,000
                                                  額につき、共同して買
     野村證券株式会社                 東京都中央区日本橋一丁目9番1号                      8,000
                                                  取引受を行う。
                                                2.本社債の引受手数料は
     大和証券株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                      6,000
                                                  各社債の金額100円に
     岡三証券株式会社                 東京都中央区日本橋一丁目17番6号                      5,000
                                                  つき金50銭とする。
                              -                       -
             計                               99,000
      (注)1.本社債は金融商品取引業等に関する内閣府令(以下金商業等府令という。)第153条第1項第4号ニに掲げ
           る社債券に該当し、金商業等府令第147条第3号に規定する本社債の主幹事会社であるみずほ証券株式会社
           は当社の子法人等に該当する。みずほ証券株式会社は、当社が95.80%出資する連結子会社である。本社債
           の発行価格および利率(以下発行価格等という。)の決定を公正かつ適切に行うため、大和証券株式会社を
           本社債の独立引受幹事会社(以下独立引受幹事という。)とし、独立引受幹事が主幹事会社と事務遂行上で
           同等の権限をもって引受審査内容の妥当性を確認し、独立引受幹事が主幹事会社から発行価格等の決定に関
           する情報提供を受けて本社債の発行価格等の決定に関与する等、日本証券業協会の定める「『有価証券の引
           受け等に関する規則』に関する細則」第2条に定める措置を講じた。また、本社債の発行価格等は日本証券
           業協会の定める「有価証券の引受け等に関する規則」第25条の2に規定されるプレ・マーケティングの方式
           により決定した。
         2.引受人のうちみずほ証券株式会社は、以下の金融商品仲介業務を行う登録金融機関に、本社債の募集の取扱
           いを一部委託する。
           金融商品仲介業務を行う登録金融機関の名称:株式会社みずほ銀行
           住所:東京都千代田区大手町一丁目5番5号
       (2)【社債管理の委託】

          社債管理者の名称                      住所                 委託の条件
                                          1.社債管理者は、本社債の管理を受
                                             託する。
                                          2.本社債の管理手数料については、
     野村信託銀行株式会社                   東京都千代田区大手町二丁目2番2号
                                             社債管理者に、期中において年間
                                             各社債の金額100円につき金1銭
                                             を支払うこととしている。
                                 15/28








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(百万円)                  発行諸費用の概算額(百万円)                    差引手取概算額(百万円)
                180,000                    1,020                  178,980

      (注) 上記金額は、第10回無担保社債(実質破綻時免除特約および劣後特約付)および第11回期限前償還条項付無担
          保社債(実質破綻時免除特約および劣後特約付)の合計金額であります。
       (2)【手取金の使途】

           上記差引手取概算額178,980百万円は、当社の連結子会社である株式会社みずほ銀行に対する劣後融資金と
          して、平成28年度下期中を目途に充当する予定であります。
     第2【売出要項】

       該当事項なし
                                 16/28
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
       本社債に対する投資の判断にあたっては、発行登録書、訂正発行登録書および発行登録追補書類その他の内容の他
      に、以下に示すような様々なリスクおよび留意事項を特に考慮する必要があります。ただし、本社債に対する投資に係
      るすべてのリスクおよび留意事項を網羅したものではありません。
       以下に示すリスクおよび留意事項は、「第三部 参照情報 第2 参照書類の補完情報」に記載された「事業等のリ
      スク」と併せて読む必要があります。
       なお、以下に示すリスクおよび留意事項に関し、本社債の社債要項の内容の詳細については、「第一部 証券情報 
      第1 募集要項」をご参照下さい。また、本「募集又は売出しに関する特別記載事項」中で使用される用語は、以下で
      別途定義される用語を除き、それぞれ「第一部 証券情報 第1 募集要項」中で定義された意味を有します。
      (1)本社債に付された信用格付に関するリスク
        本社債に付与される信用格付は、債務履行の確実性(信用リスク)についての現時点における信用格付業者の意見
       であり事実の表明ではありません。また、信用格付は、投資助言、販売推奨、または情報もしくは債務に対する保証
       ではありません。信用格付の評価の対象は信用リスクに限定されており、流動性リスク、市場価値リスク、価格変動
       リスク等、信用リスク以外のリスクについて言及するものではありません。信用格付業者の信用格付は信用リスクの
       評価において信用格付業者が必要と判断した場合に変更され、または情報の不足等により取り下げられる(もしくは
       保留される)ことがあります。信用格付業者は評価にあたり信頼性が高いと判断した情報(発行体から提供された情
       報を含む。)を利用していますが、入手した情報を独自に監査・検証しているわけではありません。本社債に付与さ
       れる信用格付について、当社の経営状況または財務状況の悪化、当社に適用される規制の変更や信用格付業者による
       将来の格付基準の見直し等により格下げがなされた場合、償還前の本社債の価格および市場での流動性に悪影響を及
       ぼす可能性があります。
      (2)価格変動リスク
        償還前の本社債の価格は、市場金利の変動、当社の経営状況または財務状況および本社債に付与された格付の状況
       等により変動する可能性があります。
      (3)本社債の流動性に関するリスク
        本社債の発行時においてその活発な流通市場は形成されておらず、またかかる市場が形成される保証はありませ
       ん。したがって、本社債の社債権者は、本社債を売却できないか、または希望する条件では本社債を売却できず、金
       利水準や当社の経営状況または財務状況および本社債に付与された格付の状況等により、投資元本を割り込む可能性
       があります。
      (4)元利金免除に関するリスク
        当社について実質破綻事由が生じた場合、当社は、債務免除日において、本社債に基づく元利金(ただし、実質破
       綻事由が生じた日までに弁済期限が到来したものを除く。本(4)において以下同じ。)の全部の支払義務を免除され
       ます。支払義務を免除された元利金が、その後に回復することはありませんし、また、その免除の対価として当社の
       株式その他の有価証券が交付されることもありません。したがって、この場合、清算手続において本社債に実質的に
       劣後することとなる当社の株式または海外特別目的会社等の発行する優先出資証券ないしは当社が発行するその他
       Tier1資本調達手段につき、実質破綻事由の発生により損失が生じるか否かおよびその損失の程度にかかわらず、本
       社債の社債権者は、本社債に基づく元利金の全部について、支払を受けられないことが確定します。
        実質破綻事由の発生の有無は内閣総理大臣の判断に委ねられており、当社の意図にかかわらず発生する可能性があ
       ります。金融庁が平成28年4月に公表した「金融システムの安定に資する総損失吸収力(TLAC)に係る枠組み整備の
       方針について」と題する文書(以下金融庁方針という。)によれば、当社グループを含む本邦のグローバルなシステ
       ム上重要な銀行(G-SIBs)の秩序ある処理の方法としては、原則として銀行持株会社に対して単一の当局が破綻処理
       権限を行使し、当該銀行グループを一体として処理する方法(SPE(Single                                   Point   of  Entry)アプローチ)が望まし
       いと考えられており、その具体例として、当局の関与の下、銀行持株会社がシステム上の重要性を有するとして金融
       庁が別途指定する銀行持株会社の子会社(以下主要子会社という。)の損失を吸収するための措置が当該主要子会社
       に係る予め当該主要子会社が調達し、銀行持株会社が引き受けている損失吸収力等を有すると認められる資本・負債
       (以下内部TLACという。)について講じられ、その後、銀行持株会社が預金保険法第126条の2第1項第2号に定め
       る特定第二号措置の適用要件を満たす場合には、当該銀行持株会社に対して特定第二号措置に係る特定認定および特
       定管理を命ずる処分が行われることが想定されています。かかる秩序ある処理が当社グループに適用される場合に
       は、特定第二号措置に係る特定認定により、本社債に基づく元利金のその時点における残額の全額について、債務免
       除が行われることとなります。
        また、当社は当社の子会社とは別個の法人格を有する銀行持株会社であり、当社の子会社に対する株式および債権
       以外に重要な資産を有しておらず、その収入の大部分を当該子会社からの配当その他の支払に依存しています。当社
       および当社の子会社に適用され得る銀行法や預金保険法等に基づく法令上の規制または契約上の制限等により、当社
       の主要子会社について内部TLACの所要水準を充足することや当該子会社の損失を当社が吸収することを目的として、
       本社債およびこれと同順位のTier2資本調達手段ならびに当社のその他Tier1資本調達手段を含む当社のTLAC適格負
       債等の発行代わり金により当社が当該子会社に対して有することとなる貸付債権等について、債務免除または普通株
       式への転換等がなされる可能性があります。
                                 17/28


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
        そのため、かかる秩序ある処理が当社グループに適用される場合、当該子会社の預金債権およびデリバティブ取引
       上の債権を含む一般債権および劣後債権の債権者は、その債権につきその条件に従って弁済を受けられることとなる
       可 能性がある一方で、当該本社債の社債権者は、その本社債に基づく元利金の全部につき弁済を受けられないことと
       なります。
        また、金融庁方針においては、今後の国際的な議論の動向等によって、当該方針の内容が変更される可能性がある
       とされており、その場合には、変更後の具体的な内容により、当社による本社債の元利金の返済能力や本社債の市場
       価値に悪影響が生じる可能性があります。
      (5)償還に関するリスク
        当社は、払込期日以降、税務事由または資本事由が発生し、かつ当該事由が継続している場合、あらかじめ金融庁
       長官の確認を受けたうえで、残存する本社債の全部(一部は不可)を、期限前償還期日までの経過利息を付して、各
       社債の金額100円につき金100円の割合で期限前償還することができます。また、当社は、株式会社みずほフィナン
       シャルグループ第11回期限前償還条項付無担保社債(実質破綻時免除特約および劣後特約付)について、平成34年1
       月26日に、あらかじめ金融庁長官の確認を受けたうえで、残存する当該本社債の全部(一部は不可)を、期限前償還
       期日までの経過利息を付して、各社債の金額100円につき金100円の割合で期限前償還することができます。これらの
       償還がなされた場合、本社債の社債権者は予定した将来の金利収入を得られなくなり、また、その時点で再投資した
       ときに、予定した金利と同等の利回りを達成できない可能性があります。
      (6)本社債の劣後性に関するリスク
        本社債には劣後特約が付されており、当社につき当該劣後特約に定める一定の法的倒産手続に係る事由(以下劣後
       事由という。)が発生し、かつ当該劣後事由が継続している場合には、当社の一般債務が全額弁済されるまで、本社
       債に基づく元利金の支払は行われません。したがって、当社につき劣後事由が発生し、かつ当該劣後事由が継続して
       いる場合、本社債の社債権者は、その投資元本の全部または一部の支払を受けられない可能性があります。
        本社債には期限の利益喪失に関する特約は付されていません。また、本社債の社債権者は、会社法第739条に定め
       る決議を行う権利を有さず、本社債が同条に基づき期限の利益を喪失せしめられることはありません。
      (7)信用リスク
        本社債は無担保の債務であり、当社が倒産等の事態に陥った場合、本社債に関する元利金の支払の一部または全部
       が行われない可能性があります。
     第3【第三者割当の場合の特記事項】

       該当事項なし
                                 18/28











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     第4【その他の記載事項】
       発行登録追補目論見書に記載しようとする事項は次のとおりであります。
       表紙の裏面に以下の内容を記載します。
      [投資に際してのご留意事項]
       本社債に投資するにあたって投資家が特に留意すべきと思われる事項およびリスクについては、以下の事項に加え、
      「第一部 証券情報 募集又は売出しに関する特別記載事項」をお読みください。ただし、これらに示される留意事項
      およびリスクは、本社債に対する投資に係るすべての留意事項およびリスクを網羅したものではありません。
       また、以下の事項は、「第三部 参照情報 第2 参照書類の補完情報」に記載された「事業等のリスク」と併せて
      お読みください。
       本社債について

        本社債は、当社の連結子会社であり本社債の募集の取扱いを行う登録金融機関である、株式会社みずほ銀行に対す
       る預金ではありません。また、いわゆる金融債(長期信用銀行法に基づく長期信用銀行債)ではありません。
       課税上の取扱い
        本社債のような特定公社債等の利子および譲渡(償還)損益に対する課税は、平成28年から上場株式等の配当・分
       配金および譲渡損益に対する課税と一体化されており、おおむね以下のとおりと考えられますが、将来において、本
       社債について課税上の取扱いが変更される可能性があります。また、取扱いの詳細につきましては、税理士等の専門
       家にご相談頂き、ご自身でご判断頂きますようお願い申し上げます。
        ① 利子に対する税金
          20.315%の源泉徴収が行われた後、申告不要または申告分離課税のいずれかを選択できます。
        ② 譲渡(償還)益に対する税金(譲渡益・償還差益が発生した場合)
          上場株式等(特定公社債等を含みます、以下同じ)の譲渡所得等として申告分離課税の対象になります。
        ③ 譲渡(償還)損の取り扱い(譲渡損・償還差損が発生した場合)
          上場株式等の譲渡益および申告分離課税を選択した上場株式等の利子・配当所得との損益通算、または翌年以
         後3年間の繰越控除の適用ができます。
        ④ 特定口座の利用
          特定口座の利用が可能です。利子についても源泉徴収ありの特定口座に受け入れることができます。
                                 19/28











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     第二部【公開買付けに関する情報】
     第1【公開買付けの概要】
       該当事項なし
     第2【統合財務情報】

       該当事項なし
     第3【発行者(その関連者)と対象者との重要な契約】

       該当事項なし
                                 20/28

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     第三部【参照情報】
     第1【参照書類】
       会社の概況および事業の概況等金融商品取引法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参
      照すること。
      1【有価証券報告書及びその添付書類】

        事業年度 第14期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日) 平成28年6月27日関東財務局長に提出
      2【四半期報告書又は半期報告書】

        事業年度 第15期第1四半期(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日) 平成28年8月12日関東財務局長
       に提出
      3【四半期報告書又は半期報告書】

        事業年度 第15期第2四半期(自 平成28年7月1日 至 平成28年9月30日) 平成28年11月28日関東財務局長
       に提出
      4【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本発行登録追補書類提出日(平成29年1月11日)までに、金融商品取引法第24条の5
       第4項および企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づく臨時報告書を平成28年6月
       29日に関東財務局長に提出
      5【訂正報告書】

        訂正報告書(上記1の有価証券報告書の訂正報告書)を平成28年11月28日に関東財務局長に提出
                                 21/28












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     第2【参照書類の補完情報】
       上記に掲げた参照書類としての有価証券報告書及び四半期報告書(以下有価証券報告書等という。)に記載された
      「事業等のリスク」について、当該有価証券報告書等の提出日以後本発行登録追補書類提出日(平成29年1月11日)ま
      での間において変更その他の事由は生じておりません。以下の内容は、当該有価証券報告書等に記載された「事業等の
      リスク」を一括して記載したものであります。
       なお、当該有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されておりますが、かかる将来に関する事項については、
      本発行登録追補書類提出日(平成29年1月11日)現在においても、その判断に変更はなく、新たに記載すべき将来に関
      する事項もありません。
      「事業等のリスク」
       当社グループの事業等において、投資者の投資判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は以下の通りです。本項
      に含まれている将来に関する事項は、有価証券報告書等提出日現在において判断したものです。
       なお、各種リスクの管理態勢等につきましては、有価証券報告書「第4 提出会社の状況 6.コーポレートガバナ
      ンスの状況等」をご覧ください。
       1.財務面に関するリスク
        (1)不良債権処理等に係るリスク
         ① 与信関係費用の増加等による追加的損失の発生
           当社グループは、多くの与信先についてメインバンクとなっているとともに、相当程度大口の与信先があり
          ます。また、与信先の業種については分散に努めておりますが、不動産業及び建設業、金融・保険業、卸売・
          小売業向けの与信の割合が相対的に高い状況にあります。
           当社グループは、個々の与信先の信用状態や再建計画の進捗状況を継続的にモニタリングするとともに、個
          別企業、企業グループや特定業種への与信集中状況等を定期的にモニタリングするポートフォリオ管理を実施
          しているほか、クレジットデリバティブの活用によるヘッジ及び信用リスクの減殺を行っております。また、
          与信先から差入れを受けている担保や保証の価値についても定期的に検証しております。
           しかしながら、国内外の景気動向、特定の業界における経営環境変化等によっては、想定を超える新たな不
          良債権の発生、メインバンク先や大口与信先の信用状態の急激な悪化、特定の業界の与信先の信用状態の悪
          化、担保・保証の価値下落等が生じる可能性があります。こうした事象によって、与信関係費用が増加する等
          追加的損失が発生し、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ② 貸倒引当金の状況
           当社グループは、自己査定基準、償却・引当基準に基づき、与信先の状況、差入れられた担保の価値及び経
          済動向を考慮した上で、貸倒引当金を計上しております。
           償却・引当の計上にあたっては、貸出資産を適正に評価し、市場売却を想定した厳正な担保評価を行ってお
          りますが、国内外の経済情勢の悪化、与信先の業況の悪化、担保価値の下落等により、多くの与信先で貸倒引
          当金及び貸倒償却等の与信関係費用や不良債権残高が増加する可能性があり、その結果、当社グループの経営
          成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        (2)保有資産等の価格変動等に係るリスク
         ① 株価下落による追加的損失の発生
           当社グループは、国内上場企業の普通株式を中心に、市場性のある株式を大量に保有しております。当社グ
          ループでは、「上場株式の政策保有に関する方針」を掲げ、株価変動リスクが財務状況に大きな影響を与えう
          ることに鑑み、その保有の意義が認められる場合を除き、上場株式を政策保有しないことを基本方針としてお
          り、売却を計画的に進めております。また、必要に応じて部分的にヘッジを行うことによりリスク削減にも努
          めております。しかしながら、これらの保有株式の株価が下落した場合には評価損や売却損が発生する可能性
          があります。
           また、当社グループの自己資本比率の計算においては、自己資本の算出にあたり、保有株式の含み損益を勘
          案していることから、株価が下落した場合には、自己資本比率が低下する可能性があります。
           その結果、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
           「上場株式の政策保有に関する方針」及び政策保有株式の保有意義検証等の概要については、当社「コーポ
          レートガバナンスに関する報告書」をご覧ください。
          http://www.mizuho-fg.co.jp/company/structure/governance/pdf/g_report.pdf
         ② 金利の変動による追加的損失の発生
           当社グループは、投資等を目的として国債をはじめとする市場性のある債券等を大量に保有しているため、
          金利上昇に伴う価格の下落により、評価損や売却損が発生する可能性があります。また、当社グループの金融
          資産と負債の間では満期等に違いがあるため、金利変動により損失が発生する可能性があります。当社グルー
          プは、厳格なリスク管理体制の下、必要に応じて債券の売却や銘柄の入れ替え、デリバティブ取引等による
          ヘッジを行う等、適切な管理を行っておりますが、金融政策の変更や、財政悪化等によるソブリンリスク顕在
          化、その他市場動向等により大幅に金利が変動した場合には、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及
          ぼす可能性があります。
                                 22/28


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
         ③ 外国為替相場の変動による追加的損失の発生
           当社グループは、資産及び負債の一部を米ドル等の外貨建てで有しております。外貨建ての資産と負債が通
          貨毎に同額ではなく互いに相殺されない場合には、その資産と負債の差額について、為替相場の変動により円
          貨換算額が変動し、評価損や実現損が発生する可能性があります。当社グループでは、必要に応じ適切なヘッ
          ジを行っておりますが、予想を超える大幅な為替相場の変動が発生した場合には、当社グループの業績及び財
          務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ④ 保有資産の市場流動性低下による追加的損失の発生
           当社グループは、市場で取引される様々な資産を保有しておりますが、金融市場の混乱等により保有資産の
          市場流動性が著しく低下し、その結果、保有資産の価値が下落する可能性があります。グローバルな金融市場
          混乱や経済・金融環境の悪化等により、保有資産の市場流動性が著しく低下した場合には、当社グループの業
          績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑤ 退職給付債務等の変動による追加的損失の発生
           当社グループの退職給付費用及び債務は、年金資産の期待運用利回りや将来の退職給付債務算出に用いる年
          金数理上の前提条件に基づいて算出しておりますが、株式相場並びに金利環境の急変等により、実際の結果が
          前提条件と異なる場合、又は前提条件に変更があった場合には、退職給付費用及び債務が増加する可能性があ
          ります。また、当社グループの退職給付制度を改定した場合にも、追加的負担が発生する可能性があります。
          その結果、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑥ 繰延税金資産に係る財務上の影響
           繰延税金資産については、現行の会計基準に従い、将来の課税所得見積りを合理的に行った上で計上してお
          りますが、将来の課税所得見積額の変更や税制改正に伴う税率の変更等により、繰延税金資産が減少し、当社
          グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑦ ヘッジ目的等の金融取引に係る財務上の影響
           ヘッジ目的等で利用するクレジットデリバティブや株式関連デリバティブ等の金融取引については、ヘッジ
          対象資産と会計上の取扱いや評価方法が異なる場合があります。そのため、市場の変動等により、ある特定の
          期間において、ヘッジ対象資産の評価が上昇しても、当該金融取引から損失のみが発生する場合があり、当社
          グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (3)自己資本比率に係るリスク
         ① 各種リスクの顕在化や自己資本比率規制の変更による自己資本比率への悪影響
           当社グループは、事業戦略と一体となったリスクアセット運用計画、資本の効率性ならびに本項に示した各
          種リスクの状況等を踏まえ、適正かつ十分な水準の自己資本比率を維持することに努めておりますが、本項に
          示した各種リスクの顕在化や自己資本比率算出における計測手法の変更等により自己資本比率が低下する可能
          性があります。なお、自己資本比率規制において、のれん及びその他の無形固定資産、繰延税金資産、金融機
          関等の資本調達手段の保有等、調整項目については所定の要件のもとで自己資本から控除されます。かかる規
          制等により、当社や銀行子会社の自己資本の額が減少し、自己資本比率が低下する可能性があります。
           また、日本の銀行の自己資本比率規制はバーゼル銀行監督委員会が設定した枠組みに基づいておりますが、
          当該枠組みの内容が変更された場合、もしくは金融庁による日本の銀行への規制内容が変更された場合に、そ
          の結果として自己資本比率が要求される水準を充足できなくなる可能性があります。例えば、平成22年12月に
          バーゼル銀行監督委員会は、金融庁が新たに定める自己資本比率規制等の基となるバーゼルⅢテキスト(銀行
          の自己資本と流動性に係る国際的な基準の詳細を示すもの)を公表し、その枠組みに基づき、金融庁は平成24
          年3月に自己資本比率規制に関する告示を一部改正しました。この新たな規制は平成25年3月31日から段階的
          に適用されております。さらに当社グループは、グローバルなシステム上重要な銀行(G-SIBs)として選定さ
          れており、より高い水準の自己資本比率が求められることとなります。G-SIBsのグループは年次で更新され、
          毎年11月に金融安定理事会(FSB)により公表されます。また、平成27年11月にFSBは、G-SIBsに対して、破綻
          時の総損失吸収力(TLAC)を求める最終文書を公表しており、平成28年4月には金融庁が本邦における当該規
          制に係る枠組みの整備の方針を公表しました。これにより当社グループは、平成31年より当該規制の適用を受
          ける可能性があります。
           仮に当社や銀行子会社の自己資本比率が一定基準を下回った場合には、自己資本比率の水準に応じて、金融
          庁から、資本の増強を含む改善計画や社外流出の制限、さらには総資産の圧縮又は増加の抑制、一部の業務の
          縮小等の是正措置を求められる可能性があります。加えて、当社グループの一部銀行子会社は、米国その他の
          事業を行う諸外国において、自己資本比率規制を受けており、当該規制に抵触した場合には、当社グループの
          業務運営に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 23/28



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
        (4)格付に係るリスク
         ① 格付引き下げによる悪影響
           当社や銀行子会社等、当社グループの一部の会社は、格付機関から格付を取得しております。格付の水準
          は、当社グループから格付機関に提供する情報のほか、格付機関が独自に収集した情報に基づいています。ま
          た、日本国債の格付や日本の金融システム全体に対する評価等の影響も受けているため、常に格付機関による
          見直し・停止・取下げが行われる可能性があります。
           仮に格付が引き下げられた場合には、資金調達コストの上昇や資金調達の困難化、市場関連取引における追
          加担保の提供、既存取引の解約等が発生する可能性があり、当社グループの業務運営や、業績及び財務状況に
          悪影響を及ぼす可能性があります。
           例えば、当社グループのデリバティブ契約に基づき格下げによる追加担保の金額を試算すると、他の条件が
          不変であれば、平成28年3月末に1ノッチの格下げがあった場合は約203億円、2ノッチの格下げの場合は約
          238億円です。
        (5)資金調達に係るリスク
         ① 資金調達が困難となることによる追加的損失の発生
           当社グループの資金調達は、主に預金及び債券発行に依存しておりますが、市場からの調達も行っておりま
          す。当社グループでは、資金調達の安定性の観点から、市場からの調達上限額の設定や資金繰りの状況に応じ
          た対応方針の策定等、厳格な管理を行っております。
           しかしながら、当社グループの業績や財務状況の悪化、格付の低下や風説・風評の流布等が発生した場合、
          あるいは国内外の景気悪化、金融システム不安や金融市場の混乱等により資金調達市場そのものが縮小した場
          合には、通常より著しく高い金利による資金調達を余儀なくされる、あるいは必要な資金を市場から確保でき
          ず資金繰りが困難になる可能性があります。その結果、資金調達コストが増加したり、外貨資金調達等に困難
          が生じたりすることにより、当社グループの業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま
          す。
       2.業務面等に関するリスク

        (1)業務面に関するリスク
         ① 当社グループの戦略、施策が奏効しないリスク
           当社グループは、様々な戦略や施策を実行しております。平成28年5月、当社は、平成28年度から平成30年
          度までの3年間を対象期間とする当社グループの新しい中期経営計画を発表しました。この中で、平成30年度
          末の数値目標についても併せて発表しております。
           しかしながら、こうした戦略や施策が実行できない、あるいは、たとえ戦略や施策が実行できた場合でも当
          初想定した成果の実現に至らない可能性、本項に示した各種リスクの顕在化又は新しい中期経営計画の前提と
          なる経済環境の変化等により新しい中期経営計画で発表した数値目標を達成できない可能性があります。
           なお、当社グループの中期経営計画の内容につきましては、有価証券報告書「第2 事業の状況 3.対処
          すべき課題」をご覧ください。
         ② 業務範囲の拡大等に伴う新たなリスクの発生による悪影響
           当社グループは、総合金融コンサルティンググループとして、銀行業・信託業・証券業をはじめとする様々
          な業務を行っております。さらに、お客さまのニーズの高度化や多様化、ないしは規制緩和の進展等に応じた
          新たな業務分野への進出や各種業務提携、資本提携を実施しております。当社グループは、こうした新たな業
          務等に伴って発生する種々のリスクについても適切に管理する体制を整備しております。しかしながら、想定
          を超えるリスクが顕在化すること等により、当社グループの業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす
          可能性があります。
         ③ 法令違反等の発生による悪影響
           当社グループは、国内において事業活動を行う上で、会社法や独占禁止法等、会社経営に係る一般的な法令
          諸規制や、銀行法、金融商品取引法、信託業法等の金融関連法令諸規制の適用、さらには金融当局の監督を受
          けております。また、海外での事業活動については、それぞれの国や地域の法令諸規制の適用とともに金融当
          局の監督を受けております。
           当社グループは、法令諸規制が遵守されるよう、役職員に対するコンプライアンスの徹底や法務リスク管理
          等を行っておりますが、こうした対策が必ずしも有効に機能するとは限りません。
           今後、仮に法令違反等が発生した場合には、行政処分やレピュテーションの毀損等により、当社グループの
          業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ④ 事務リスクの顕在化による悪影響
           当社グループは、幅広い金融業務において大量の事務処理を行っております。これらの多様な業務の遂行に
          際して、役職員による過失等に起因する不適切な事務が行われることにより、損失が発生する可能性がありま
          す。
           当社グループは、各業務の事務取扱を明確に定めた事務手続を制定するとともに、事務処理状況の定期的な
          点検を行っており、さらに本部による事務指導の強化や管理者の育成、システム化等を推進しておりますが、
                                 24/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
          こうした対策が必ずしも有効に機能するとは限りません。今後、仮に重大な事務リスクが顕在化した場合に
          は、損失の発生、行政処分、レピュテーションの毀損等により、当社グループの業務運営や、業績及び財務状
          況 に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑤ システムリスクの顕在化による悪影響
           当社グループは、勘定系・決済系等の巨大なコンピュータシステムを保有しており、国内外の拠点をはじ
          め、お客さまや各種決済機構等のシステムとグローバルなネットワークで接続されています。当社グループ
          は、日頃よりシステムの安定稼動の維持に努めるとともに、重要なシステムについては、原則としてバック
          アップを確保する等、不測の事態に備えたコンティンジェンシープランを策定しております。また、近年はサ
          イバー攻撃による脅威の高まりを踏まえ、不正送金・標的型攻撃等からお客さまや当社グループを守るための
          セキュリティー対策の強化やモニタリング、人材育成や訓練を通じた対応態勢の強化等に取り組んでおりま
          す。
           しかしながら、過失、事故、サイバー攻撃、システムの新規開発・更新等により重大なシステム障害が発生
          し、こうした対策が有効に機能しない可能性があります。システムリスクの顕在化が発生した場合には、情報
          の流出、誤作動、業務の停止及びそれに伴う損害賠償、行政処分、レピュテーションの毀損等により、当社グ
          ループの業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑥ 個人情報等の漏洩等の発生による悪影響
           当社グループは、多数の法人・個人のお客さまの情報を保有しているほか、様々な内部情報を有しておりま
          す。特に、個人情報については、情報の漏洩や不正なアクセスを防止するため、個人情報保護法の下で、より
          厳格な管理が要求されております。当社においても情報管理に関するポリシーや事務手続等を策定しており、
          役職員等に対する教育・研修等により情報管理の重要性の周知徹底、システム上のセキュリティ対策等を行
          い、外部委託先についても同様に情報管理態勢を監督しておりますが、こうした対策が必ずしも有効に機能す
          るとは限りません。今後、仮に重要な情報が外部に漏洩した場合には、損害賠償、行政処分、レピュテーショ
          ンの毀損等により、当社グループの業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑦ 人事上のリスクの顕在化による悪影響
           当社グループは、多数の従業員を雇用しており、日頃より有能な人材の確保や育成等に努めております。し
          かしながら、十分な人材を確保・育成できない場合には、当社グループの競争力や効率性が低下し、業務運営
          や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (2)その他のリスク
         ① 財務報告に係る内部統制の構築等に関するリスク
           当社は、ニューヨーク証券取引所上場企業であり、当社グループは、米国サーベンス・オクスリー法に準拠
          した開示体制及び内部統制の強化を行っております。同法により、当社経営者及び監査法人はそれぞれ当社の
          財務報告に係る内部統制の有効性を評価し、その評価結果をForm20-Fにより報告することが求められていま
          す。
           また、金融商品取引法においても、当社経営者による財務報告に係る内部統制の有効性の評価、及び経営者
          評価に対する監査法人の意見を内部統制報告書及び内部統制監査報告書により報告することが求められていま
          す。
           当社グループは、上記に従い財務報告に係る内部統制の構築を行っており、評価の過程で発見された問題点
          は速やかに改善するべく努力しております。しかしながら、改善が間に合わない場合や、経営者が内部統制を
          適正と評価したとしても監査法人は不適正とする場合があり、その場合、当社グループの財務報告の信頼性に
          悪影響を及ぼす可能性があります。
         ② 訴訟に関するリスク
           当社グループは、国内外において銀行業務を中心に様々な金融業務を行っておりますが、こうした業務を行
          うにあたり、損害賠償請求訴訟等の提起を受ける可能性があります。
           なお、当社海外連結子会社は、インドネシアにおいて、現地企業グループが過去に発行した社債の担保管理
          人に就任していたため、当該現地企業グループより社債権者等と共に訴訟の提起を受けております。これまで
          の担保管理に係る手続に問題はなく、本件訴訟は法的妥当性を全く欠く不当訴訟であるとの主張を裁判手続に
          おいて行っておりますが、訴訟の動向によっては、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性
          があります。
         ③ リスク管理の方針及び手続が有効に機能しないリスク
           当社グループは、リスク管理の方針及び手続に則りリスク管理の強化に注力しております。しかしながら、
          急速な業務展開に伴い、リスクを特定・管理するための方針及び手続が、必ずしも有効に機能するとは限りま
          せん。また、当社グループのリスク管理手法は、過去の市場動向に基づいている部分があることから、将来発
          生するリスクを正確に予測できるとは限りません。当社グループのリスク管理の方針及び手続が有効に機能し
          ない場合、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ④ 米国国務省によりテロ支援国家と指定された国に所在する者との取引に関するリスク
           米国法上、米国人は、米国国務省によりテロ支援国家と指定された国(イラン、スーダン、シリア。以下、
          「指定国」という。)と事業を行うことが一般的に禁止されており、当社グループは、関係する米国法を遵守
                                 25/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
          する態勢を整備しております。但し、米国外の拠点において、関係法令の遵守を前提に、顧客による輸出入取
          引に伴う貿易金融やコルレス口座の維持等、指定国に関連する業務を限定的に行っております。なお、イラン
          に は、駐在員事務所を設置しています。指定国に関係するこれらの業務は、当社グループ全体の事業、業績及
          び財務状態に比し小規模であり、また、関係する日本及び米国の法令を遵守する態勢を整備しております。
           指定国が関与する取引に関わる規制は今後強化もしくは改定されていく可能性があり、当社グループの法令
          遵守態勢が米国における規制に十分対応できていないと米国政府に判断された場合には、当社グループの業務
          運営に悪影響を及ぼすような、米国政府による何らかの規制上の措置の対象となる可能性があります。また、
          顧客や投資家を失う、ないしは当社グループのレピュテーションが毀損することで、当社グループの事業又は
          当社の株価に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑤ 分配可能額等に関するリスク
           持株会社である当社は、その収入の大部分を傘下の銀行子会社等から受領する配当金に依存しております
          が、会社法の制限等により、当該銀行子会社等が当社に対して配当金を支払わない可能性があります。また、
          当社の業績及び財務状況の悪化や、会社法の制限や銀行の自己資本規制の強化に伴う配当制限等により、当社
          株主への配当の支払や当社グループが発行する一部の資本性証券の配当又は利払いが困難もしくは不可能とな
          る可能性があります。
       3.金融諸環境等に関するリスク

        ① 金融経済環境の変化による悪影響
          当社グループは、日本国内の各地域及び米国や欧州、アジアなどの海外諸国において幅広く事業を行っており
         ます。日本やこれらの国、地域における経済状況が悪化した場合、あるいは、金融市場の著しい変動等が生じた
         場合には、当社グループの事業の低迷や資産内容の悪化等が生じる可能性があります。昨今、米国の利上げや、
         日銀のマイナス金利導入、英国のEU離脱や、米国大統領選挙の結果に伴う各種動向、資源価格の下落など、金
         融経済環境は激しい変化が続いておりますが、今後、各国の金融政策の変更、政治的混乱、各種地政学的リスク
         の顕在化などの影響により経済状況の悪化や金融市場の著しい変動等が生じた場合には、当社グループの業績及
         び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ② 法令諸規制の改正等による悪影響
          当社グループは、国内において事業活動を行う上で、会社法、独占禁止法や会計基準等、会社経営に係る一般
         的な法令諸規制や、自己資本比率規制を含む銀行法、金融商品取引法、信託業法等の金融関連法令諸規制の適用
         を受けております。また、海外での事業活動については、それぞれの国や地域の法令諸規制の適用も受けており
         ます。
          これらの法令諸規制は将来において新設・変更・廃止される可能性があり、その内容によっては、商品・サー
         ビスの提供が制限される等、当社グループの業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま
         す。
          現在バーゼル銀行監督委員会等において、自己資本比率算定における各種標準的手法や内部格付手法、資本フ
         ロアの見直し等が議論されております。当該見直しの結果として、自己資本比率算定上の分母が増加する場合に
         は、当社グループの自己資本比率が低下するリスクがあります。
          さらに、その他にも多くの金融規制見直しの議論が続けられており、例えば、長期安定調達比率(NSFR)等の
         流動性規制や、レバレッジ比率規制が今後適用・変更された場合には、当社グループのビジネスにおける一定の
         制約要因となる惧れや、追加でのシステム開発負担等につながる惧れがあります。
        ③ 金融業界の競争激化による悪影響
          当社グループは、「銀行・信託・証券」を中心にグローバルに総合金融サービスを提供しており、国内外の大
         手金融機関やノンバンク等との激しい競争環境に晒されています。また、昨今は様々なテクノロジー(いわゆる
         FinTech)の進展により業種の垣根を越えて多くの企業による金融領域への新規参入が相次ぐなど、当社グルー
         プを取り巻く競争環境はますます激化する可能性があります。さらに、先の金融危機以降進められてきた金融規
         制改革により、競合他社との戦略の差別化が難しくなり、特定のビジネスにおける競争環境が激化していく惧れ
         もあります。当社グループが、競争に十分対応することができない場合には、当社グループの業務運営や、業績
         及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。また、競争激化等に伴い、金融業界において金融機関の再編
         が進み、当社グループの競争力や当社の株価に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ④ 災害等の発生による悪影響
          当社グループは、国内外において店舗、事務所や電算センター等の施設等を保有しておりますが、このような
         施設等は常に地震や台風等の災害や犯罪等の発生による被害を受ける可能性があります。また、新型インフルエ
         ンザ等感染症の流行により、当社グループの業務運営に支障が生じる可能性があります。当社グループは、各種
         緊急事態を想定したコンティンジェンシープランを策定し、バックアップオフィスの構築等、緊急時における態
         勢整備を行っておりますが、被害の程度によっては、当社グループの業務の一部が停止する等、当社グループの
         業務運営や、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。また、平成23年3月に発生した東日本大震
         災のような大規模な災害に起因して、景気の悪化、多数の企業の経営状態の悪化、株価の下落等が生じる可能性
         があります。その結果、当社グループの不良債権及び与信関係費用が増加したり、保有株式や金融商品等におい
                                 26/28

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
         て売却損や評価損が生じること等により、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま
         す。
        ⑤ 風説・風評の発生による悪影響
          当社グループの事業は預金者等のお客さまや市場関係者からの信用に大きく依存しております。そのため、当
         社グループや金融業界等に対する風説・風評が、マスコミ報道・市場関係者への情報伝播・インターネット上の
         掲示板への書き込み等により発生・拡散した場合には、お客さまや市場関係者が当社グループについて事実と異
         なる理解・認識をされる可能性があります。当社グループは、こうした風説・風評の早期発見に努めるととも
         に、その影響度・拡散度等の観点から適時かつ適切に対応することで、影響の極小化を図るよう努めております
         が、悪質な風説・風評が拡散した場合には、当社グループの業務運営や、業績及び財務状況、ないしは当社の株
         価に悪影響を及ぼす可能性があります。
     第3【参照書類を縦覧に供している場所】

       株式会社みずほフィナンシャルグループ本店
       (東京都千代田区大手町一丁目5番5号)
       株式会社東京証券取引所
       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 27/28















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社みずほフィナンシャルグループ(E03615)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     第四部【保証会社等の情報】
       該当事項なし
                                 28/28




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。

2016年07月24日

企業・投資家の注目ランキング推移表示を追加しました。企業・投資家ページの下部から閲覧いただけます。

2016年07月18日

変更報告書に「増加」「減少」などのラベルを追加しました。