株式会社さいか屋 四半期報告書 第85期第3四半期(平成28年9月1日-平成28年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第85期第3四半期(平成28年9月1日-平成28年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社さいか屋

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年1月11日

     【四半期会計期間】               第85期第3四半期(自            平成28年9月1日          至   平成28年11月30日)

     【会社名】               株式会社さいか屋

     【英訳名】               Saikaya    Department      Store   Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】               取締役社長兼社長執行役員                 岡本    洋三

     【本店の所在の場所】               神奈川県川崎市川崎区日進町1番地

     【電話番号】               044(211)3111(大代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役常務執行役員  古性 武志

     【最寄りの連絡場所】               神奈川県横須賀市大滝町1-13

     【電話番号】               046(845)6803

     【事務連絡者氏名】               経理部長  井瀬  聡

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第84期           第85期

              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第84期
                             累計期間           累計期間
                           自平成27年3月1日           自平成28年3月1日           自平成27年3月1日
             会計期間
                           至平成27年11月30日           至平成28年11月30日           至平成28年2月29日
                               20,502,015           15,610,333           26,461,157
     売上高                (千円)
                                 350,363          △ 62,241          329,564

     経常利益又は経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する
     四半期純利益又は
                                 337,603          △ 29,945        △ 4,578,250
                     (千円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純損失(△)
                                 345,606            25,579        △ 4,569,856
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                                6,792,786           1,892,807           1,861,020

     純資産額                (千円)
                               19,488,427           13,189,669           13,792,058

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額
                                  10.82          △ 0.96         △ 146.67
     又は四半期(当期)純損失                 (円)
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                  8.11
                      (円)                         ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  34.86           14.35           13.49
     自己資本比率                 (%)
     営業活動によるキャッシュ・フ
                                △ 926,634           309,451          △ 899,173
                     (千円)
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                                △ 83,738         △ 147,309          △ 98,186
                     (千円)
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                                △ 386,945          △ 706,407          △ 536,378
                     (千円)
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                1,468,711            788,026          1,332,291
                     (千円)
     (期末)残高
                              第84期           第85期

              回次             第3四半期連結           第3四半期連結
                             会計期間           会計期間
                           自平成27年9月1日           自平成28年9月1日
             会計期間
                           至平成27年11月30日           至平成28年11月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                                 △ 0.68          △ 0.96
                      (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.第84期及び第85期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
          は、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。
        4.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累
          計期間より、「四半期純利益又は四半期(当期)純損失」を「親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会
          社株主に帰属する四半期(当期)純損失」としております。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/21


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
      (1)  業績の状況
        当第3四半期連結累計期間(平成28年3月1日~平成28年11月30日)におけるわが国経済は、企業収益について
       は、高い水準にあるものの改善に足踏みがみられ、企業の業況判断は慎重さがみられます。個人消費については、
       総じてみれば底堅い動きとなっており、景気については、このところ弱さもみられますが、緩やかな回復基調が続
       いております。ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。
        百貨店業界におきましては、売上高は9か月連続でマイナスとなったものの、シェアの高い衣料品が徐々に回復
       していることを背景に落込み幅に改善傾向が見られております。また、インバウンドについても、売上高は8か月
       連続で前年を下回っておりますが、購買客数については46か月連続で前年を上回る傾向が続いております。地区別
       では、地方百貨店が厳しい状況は変わりませんが、大都市圏の特に売上規模の大きい東京地区につきましても4か
       月連続のマイナスとなっております。商品別では化粧品が20か月連続前年同月比プラスとなっている一方、富裕層
       の消費マインド低下は継続しており、美術・宝飾・貴金属は厳しい状況が続いております。
        このような状況の下、当社におきましては、最終年度を迎える中期経営計画に基づき、「百貨店事業の強化」、
       「関連事業および新規事業への取り組み」、「財務体質の強化」、「人材育成の強化と組織風土の改革」の4つの
       主要課題に対応するための施策実行に全社を挙げて取り組んでまいりました。
        当第3四半期連結累計期間における営業の状況につきましては、期初の3月より、気温が総じて低かったことか
       ら、春物衣料が振るわず、その後の4月・5月につきましても、厳しい状況となりました。6月はお中元ギフトが
       順調に推移し、7月に入りクリアランスセールが好調にスタートするなど売上の回復傾向が見られたものの、7月
       中旬以降から8月にかけての天候不順により、特に衣料品の売上げが伸び悩みました。その後の9月・10月につき
       ましても、秋物衣料が振るわず厳しい状況が続きましたが、11月は中旬以降の急激な気温の低下により、冬物衣料
       が好調に推移いたしました。更に、11月のお歳暮ギフトおよびおせち料理の受注が前年並みに順調に推移するもの
       の、宝飾品をはじめとする高額品の売上が伸び悩んだため、全体の売上高は前年を下回る状況が続いております。
        当第3四半期連結累計期間において実施した営業施策として、藤沢店におきましては、10月に地下1階食料品フ
       ロアで、化学的な農薬や肥料・合成添加物などを極力含まない、主に国内産の食品を扱う専門店「こだわりや」の
       売場を拡張しリニューアルオープンいたしました。あわせて、隣接する「十勝大名(おはぎ・甘味)」を移設し、
       「サザエ」としてリニューアルオープンいたしました。また、11月には、ショップ内の工房で毎日パン職人が粉か
       ら仕込み、焼き上げる人気のベーカリー「横浜元町ポンパドウル」がイートインコーナーを併設し、装いも新たに
       リニューアルオープンいたしました。いずれのショップも、連日これまで以上のお客様がご来店し、大変ご好評を
       いただいております。横須賀店におきましては、9月に甘味喫茶「茶房                                  紗綾さや」が地下1階食料品フロアに新
       たにオープンいたしました。気軽に立ち寄れる甘味処としてお客様からご好評をいただいております。
        11月に各店にてスタートしたお歳暮ギフトセンターにおきましては、従来のギフト商品に加え、「冬のうれしい
       お買得」としてご自宅用の食料品等を特集し、プラスワン販売による売上高の向上を図りました。
        このほか、人材育成や組織風土改革の観点からは、教育・研修に関する投資を行なうとともに、女性や若手社員
       の登用を積極的に行ない、全社一丸となって当社グループの成長を推進する組織風土の醸成に取り組んでおりま
       す。
        一方、ローコストオペレーションを更に推進するため、各種経費の削減に努めるとともに、費用配分の見直しを
       含めた効果的な経費運用に取り組みました。
                                  3/21


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
        以上のような施策を積極的に展開いたしましたが、藤沢店耐震工事に係る費用計上の影響および前年の第1四半
       期に旧川崎店の閉店セールを展開していたこと等もあり、当第3四半期連結累計期間の連結業績は前年同期比減収
       減益となり、売上高は15,610百万円(前年同期比76.1%)、営業損失は2百万円(前年同期は376百万円の営業利
       益)、経常損失は62百万円(前年同期は350百万円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失は29百万円
       (前年同期は337百万円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。
        セグメントの業績については、当社グループは百貨店業の単一セグメントのため、記載しておりません。

      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当第3四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ544百万円減少し788百万
       円となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、309百万円の収入(前年同期は926百万円の支出)となりました。主な増
       加項目は、減価償却費285百万円および仕入債務の増加額199百万円等であり、主な減少項目は、売上債権の増加額
       159百万円等であります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、147百万円の支出(前年同期比63百万円の支出の増加)となりました。
       主な増加項目は、有形固定資産の売却による収入293百万円等であり、主な減少項目は長期前払費用の取得による
       支出322百万円および有形固定資産の取得による支出74百万円等であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、706百万円の支出(前年同期比319百万円の支出の増加)となりました。
       主な減少項目は、長期借入金の返済による支出615百万円等であります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  4/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     60,000,000

               A種優先株式                                      1,500,000

                  計                                   60,000,000

      (注)    当社の発行可能種類株式総数は、それぞれ普通株式60,000,000株、A種優先株式1,500,000株であり、合計では
         61,500,000株となりますが、発行可能株式総数は、60,000,000株とする旨定款に規定しております。
       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品                 内容
               (平成28年11月30日)          (平成29年1月11日)            取引業協会名
                                              株主として権利内容に制限
                                    東京証券取引所
                                              のない標準となる株式であ
       普通株式           31,353,142          31,353,142
                                              り、単元株式数は、1,000
                                     (市場第二部)
                                              株であります。
       A種優先株式
     (当該優先株式は
                                              単元株式数は、1株であり
     行使価額修正条項
                   1,483,036          1,483,036         非上場
     付新株予約権付社
                                              ます。(注1~3)
     債券等でありま
     す。)
         計          32,836,178          32,836,178           ―            ―
     (注1)     行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質は以下のとおりであります。
      (1)  A種株式には、当社普通株式を対価とする取得請求権が付与される。A種株式の取得請求権の対価として交付され
       る普通株式の数は、一定の期間における当社株式の株価を基準として決定され、又は修正されることがあり、当社
       の株価の下落により、当該取得請求権の対価として交付される当社普通株式の数は増加する場合がある。
      (2)  A種株式の取得請求権の対価として交付される普通株式の数は、原則として、取得請求が行使されたA種株式に係
       る払込金額の総額を、下記の基準額で除して算出される(小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨て。)。
       また、基準額は、原則として、下記のとおり、平成27年3月1日以降、毎年1回の頻度で修正される。
       当初基準額は、原則として、平成26年3月1日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の各取引日の株式会
       社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値
       (円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額である。但し、当社が、平成
       26年3月1日時点において東京証券取引所に上場していない場合には、東京証券取引所により整理銘柄指定がなさ
       れた日(整理銘柄指定がなされずに上場廃止となった場合には、上場廃止となった日)に先立つ45取引日目に始まる
       連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位未
       満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額とする。
        平成27年3月1日から平成49年2月末日までの期間の毎年3月1日において、当該日に先立つ45取引日目に始ま
       る連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位
       未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額が、当初基準額を下回る場合に
       は、基準額は当該金額に修正される。
      (3)  上記(2)の基準額の修正は、当初基準額の100%に相当する額を上限とし、当初基準額の70%に相当する額を下限
       とする。但し、一定の調整がある場合を除き、基準額は9円を下回らない。
                                  5/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (4)A種株式には、当社が、平成26年3月1日以降、当社の取締役会が別に定める日の到来をもって、金銭(当該日に
       おける分配可能額を限度とする。)を対価としてA種株式を取得することができる取得条項が付されている。なお、
       平成49年2月末日の翌日において、A種株式の総数に500円を乗じて得られる額を当該日に先立つ45取引日目に始ま
       る連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位
       未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額で除して得られる数の普通株式の
       交付と引換えにA種株式の全部を取得することができる取得条項も付されている。
       上記(1)ないし(4)の詳細は、下記(注3)A種優先株式の内容5.、7.及び8.をご参照下さい。
     (注2)     行使価額修正条項付新株予約権付社債券に関する事項は以下のとおりであります。

      (1)  当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等(A種株式)に表示された権利行使に関する事項についての割当先
       との間の合意の有無
        該当事項なし
      (2)  当社の株券の売買に関する事項についての割当先との間の合意の有無
        該当事項なし
      (3)  金融商品取引法施行令第1条の7に規定する譲渡に関する制限その他の制限
        該当事項なし
     (注3)     A種優先株式の内容は次のとおりであります。

      1.  優先配当金
       (1)  A種優先配当金
          当会社は、A種株式について、平成22年2月末日を含む事業年度から平成24年2月末日を含む事業年度に係る
         剰余金の配当を行わない。
          当会社は、平成24年3月1日以降の事業年度に係る剰余金の配当を行うときは、A種株式を有する株主(以下
         「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下「A種登録株式質権者」という。)に対し、普通株
         式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」
         という。)に先立ち、A種株式1株当たりの払込金額(500円。但し、A種株式について、株式の分割、株式の併
         合その他調整が合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会により合理的に調整された額
         とする。)に、剰余金の配当に係る基準日の属する事業年度ごとに下記(2)に定める年率(以下「A種優先配
         当年率」という。)を乗じて算出した額(円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を四捨五入す
         る。)の剰余金(以下「A種優先配当金」という。)の配当を行う。
       (2)  A種優先配当金の額
          A種優先配当年率は、平成25年3月1日以降、次回年率修正日(以下において定義する。)の前日までの各事
         業年度について、下記算式により計算される年率とする。
             A種優先配当年率=日本円TIBOR(12か月物)+1.00%
          A種優先配当年率は、%位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。「年率修正日」は、
         平成25年3月1日以降の毎年3月1日とする。当日が、銀行休業日の場合は前営業日を年率修正日とする。
         「日本円TIBOR(12か月物)」とは、各事業年度の初日(当日が銀行休業日の場合は前営業日)の午前11時にお
         ける日本円12か月物トーキョー・インター・バンク・オファード・レート(日本円12か月物TIBOR)として全国
         銀行協会によって公表される数値を指すものとする。日本円TIBOR(12か月物)が公表されていなければ、同日
         (当日が銀行休業日の場合は前営業日)ロンドン時間午前11時におけるユーロ円12か月物ロンドン・イン
         ター・バンク・オファード・レート(ユーロ円LIBOR12か月物(360日ベース))として英国銀行協会(BBA)に
         よって公表される数値又はこれに準ずるものと認められるものを日本円TIBOR(12か月物)に代えて用いるもの
         とする。
       (3)  非累積条項
          ある事業年度においてA種株主又はA種登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の額がA種優先配当金の額
         に達しないときは、その不足額は、翌事業年度以降に累積しない。
       (4)  非参加条項
          A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、A種優先配当金を超えて配当は行わない。但し、当会社が行う吸
         収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロ若しくは同法第760条第7号ロに規定される剰余金の配当又
         は当会社が行う新設分割手続の中で行われる会社法第763条第12号ロ若しくは同法第765条第1項第8号ロに規
         定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
                                  6/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      2.残余財産の分配
       (1)  残余財産の分配
          当会社は、残余財産を分配するときは、A種株主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式
         質権者に先立ち、A種株式1株につき500円(但し、A種株式について、株式の分割、株式の併合その他調整が合
         理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会により合理的に調整された額とする。)を支払
         う。
       (2)  非参加条項
          A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、上記(1)のほか残余財産の分配は行わない。
      3.議決権

          A種株主は、株主総会において議決権を有しない。
      4.種類株主総会における決議

          当会社が、会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合においては、法令に別段の定めのある場合を除
         き、A種株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
      5.普通株式を対価とする取得請求権

       (1)  取得請求権の内容
          A種株主は、平成26年3月1日から平成49年2月末日までの期間(以下「株式対価取得請求期間」という。)
         中、下記(2)に定める条件で、当会社がA種株式の全部又は一部を取得するのと引換えに当会社の普通株式を
         交付することを請求することができる(以下「株式対価取得請求」という。)。
       (2)  株式対価取得請求により交付する普通株式数の算定方法
          株式対価取得請求に基づき当会社がA種株式の取得と引換えにA種株主に対して交付すべき当会社の普通株式
         の数は、当該A種株式に係る払込金額の総額(但し、A種株式について、株式の分割、株式の併合その他調整が
         合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会により合理的に調整された額の総額とす
         る。)を本号に定める交付価額で除して算出される数(小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨て
         る。)とする。なお、A種株式を取得するのと引換えに交付すべき当会社の普通株式の算出にあたり1株未満の
         端数が生じたときは、会社法第167条第3項に従い金銭を交付する。
         イ   当初交付価額
          当初交付価額は、平成26年3月1日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の各取引日の株式会社東
         京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配
         表示を含む。以下同じ。)の平均値(終値のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2
         位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額(但し、当該金額が9.0円(以下「最大下
         限価額」という。)未満である場合には、当該金額は最大下限価額とする。なお、下記ハに定める交付価額の
         調整が行われた場合には、最大下限価額にも必要な調整が行われる。)とする。但し、当会社が、平成26年3
         月1日時点において東京証券取引所に上場していない場合には、東京証券取引所により整理銘柄指定がなされ
         た日(整理銘柄指定がなされずに上場廃止となった場合には、上場廃止となった日)に先立つ45取引日目に始
         まる連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均
         値(終値のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を
         四捨五入する。)に相当する金額(但し、当該金額が最大下限価額未満である場合には、当該金額は最大下限
         価額とする。)を当初交付価額とする。
         ロ   交付価額の修正
          交付価額は、株式対価取得請求期間中、毎年3月1日(以下、それぞれ「修正基準日」という。)に、当該
         日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当会社の普通株式の普
         通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで
         算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額(以下「修正後交付価額」という。)に修正され
         る。但し、上記計算の結果、修正後交付価額が当初交付価額の100%に相当する額(以下「上限交付価額」と
         いう。但し、下記ハに定める交付価額の調整が行われた場合には上限交付価額にも必要な調整が行われる。)
         を上回る場合には、上限交付価額をもって修正後交付価額という。また、修正後交付価額は修正後交付価額が
         当初交付価額の70%に相当する額(但し、当該金額が最大下限価額未満である場合には、当該金額は最大下限
         価額とする。)(以下「下限交付価額」という。但し、下記ハに定める交付価額の調整が行われた場合には、
         下限交付価額にも必要な調整が行われる。)を下回る場合には、下限交付価額をもって修正後交付価額とす
         る。なお、A種株主が株式対価取得請求を行った日において、当会社が東京証券取引所において上場していな
         い場合には、直前の修正基準日における修正後交付価額(但し、直前の修正基準日が存在しない場合には、当
         初交付価額)をもって交付価額とする。
                                  7/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
         ハ   交付価額の調整
          (a)   当会社は、A種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により当会社の普通株式数に変更を生じる場
          合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「交付価額調整式」という。)をもって交
          付価額(上限交付価額及び下限交付価額を含む。)を調整する。
                                       交付普通株式数        ×  1株当たりの払込金額
                              既発行普通
                                     +
                               株式数
                                             1株当たり時価
           調整後交付価額       = 調整前交付価額       ×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
          交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。
          交付価額調整式で使用する「1株当たり時価」は、調整後の交付価額を適用する日に先立つ45取引日目に始
          まる連続する30取引日の東京証券取引所における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値
          のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五
          入する。)とする。交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ない
          し(ⅳ)の各取引に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合
          は、調整後の交付価額を適用する日の1か月前の日における当会社の発行済普通株式数から、当該日におけ
          る当会社の有する当会社の普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式
          数」は、普通株式について株式の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日
          における当会社の有する普通株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式について株式
          の併合が行われる場合には、株式の併合により減少する普通株式数(効力発生日における当会社の有する普
          通株式に関して減少した普通株式数を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整
          式で使用する「1株当たりの払込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出
          資の目的とする場合には適正な評価額、無償割当ての場合は0円)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は
          0円、下記(b)(ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
          (b)   交付価額調整式によりA種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時期につ
          いては、次に定めるところによる。
          (ⅰ)上記(a)に定める1株当たり時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当て
             の場合を含む。)(但し、当会社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項付
             新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本ハにおいて同じ。)の取得と引換えに
             交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
             む。以下本ハにおいて同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、交換又は行使により交付する場合
             を除く。)      調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間
             の最終日とする。以下同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、当会
             社普通株式に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日がある場合
             は、その日の翌日以降これを適用する。
          (ⅱ)普通株式について株式の分割をする場合                      調整後の交付価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降
             これを適用する。
          (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換えに上
             記(a)に定める1株当たり時価を下回る対価(下記(ⅴ)において定義される。以下同じ。)を
             もって普通株式を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は上記
             (a)に定める1株当たり時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他
             の証券若しくは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)                               調整後の交付価額は、交付される
             取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権、又は新株予約権その他の証券若
             しくは権利(以下「取得請求権付株式等」という。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行
             使され普通株式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付され
             る日又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、当会社の普通株主に取得請求権
             付株式等の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の
             翌日以降これを適用する。
          (ⅳ)普通株式について株式の併合をする場合                        調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを
             適用する。
          (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にある支
             払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場合には、そ
             の行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転換、交換又は行使に
             際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その
             取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
                                  8/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
          (c)   上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当会社は、必要
          な交付価額の調整を行う。
          (ⅰ)当会社を存続会社とする合併、株式交換、会社分割又は株式移転のために交付価額の調整を必要とす
             るとき。
          (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価額の算出
             にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
          (ⅲ)その他当会社が交付価額の調整を必要と認めるとき。
          (d)   交付価額調整式により算出された調整後の交付価額と調整前の交付価額との差額が1円未満の場合は、
          交付価額の調整は行わないものとする。但し、かかる調整後の交付価額は、その後交付価額の調整を必要と
          する事由が発生した場合の交付価額調整式において調整前交付価額とする。
          (e)   交付価額の調整が行われる場合には、当会社は、関連事項決定後直ちに、A種株主又はA種登録株式質権
          者に対して、その旨並びにその事由、調整後の交付価額、適用の日及びその他の必要事項を通知しなければ
          ならない。
      6.金銭を対価とする取得請求権

       (1)  金銭を対価とする取得請求権の内容
          A種株主は、当会社に対し、平成47年3月1日以降いつでも、A種株式の全部又は一部の取得と引換えに金銭
         を交付することを請求(以下「金銭対価取得請求」という。)することができる。当会社は、かかる金銭対価
         取得請求がなされた場合には、当該金銭対価取得請求が効力を生じた日(以下「金銭対価取得請求日」とい
         う。)における取得上限額(下記(2)において定義される。)を限度として法令上可能な範囲で、金銭対価取
         得請求日に、A種株式の全部又は一部の取得と引換えに、金銭の交付を行うものとする。この場合において、取
         得上限額を超えて金銭対価取得請求がなされた場合には、当会社が取得すべきA種株式は金銭対価取得請求がな
         された株数に応じた比例按分の方法により決定する。
       (2)  取得価額
          金銭対価取得請求が行われた場合におけるA種株式1株当たりの取得価額は、500円(但し、A種株式につい
         て、株式の分割、株式の併合その他調整が合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会に
         より合理的に調整された額とする。)とする。
         「取得上限額」は、金銭対価取得請求がなされた事業年度の直前の事業年度末日(以下「分配可能額計算日」
         という。)における分配可能額(会社法第461条第2項に定めるものをいう。以下同じ。)を基準とし、分配可
         能額計算日の翌日以降当該金銭対価取得請求日(同日を含まない。)までの間において、(ⅰ)当会社株式に
         対してなされた剰余金の配当、並びに(ⅱ)本第6項又は第8項若しくは取得することを当会社取締役会にお
         いて決議されたA種株式の取得価額の合計を減じた額とする。但し、取得上限額がマイナスの場合は0円とす
         る。
      7.普通株式を対価とする取得条項

          当会社は、株式対価取得請求期間中に取得請求のなかったA種株式の全部を、株式対価取得請求期間の末日の
         翌日(以下、本条において「一斉取得日」という。)をもって普通株式の交付と引換えに取得するものとし、
         かかるA種株式の総数に500円を乗じて得られる額を一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日
         の東京証券取引所における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。な
         お、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。また、当該平均
         値が上限交付価額を上回る場合には、上限交付価額とし、下限交付価額を下回る場合には、下限交付価額とす
         る。)で除して得られる数の普通株式をA種株主に対して交付するものとする。A種株式の取得と引換えに交付
         すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取り扱う。
      8.金銭を対価とする取得条項

       (1)  金銭を対価とする取得条項の内容
          当会社は、平成26年3月1日以降いつでも、当会社の取締役会が別に定める日(以下「金銭対価強制取得
         日」という。)の到来をもって、当会社がA種株式の全部又は一部を取得するのと引換えに、当該金銭対価強制
         取得日における分配可能額を限度として、A種株主又はA種登録株式質権者に対して金銭を交付することができ
         る(以下「金銭対価強制取得」という。)。なお、一部取得を行う場合において取得するA種株式は、比例按分
         その他当会社の取締役会が定める合理的な方法によって決定されるものとする。
       (2)  取得価額
          金銭対価強制取得が行われる場合におけるA種株式1株当たりの取得価額は、500円(但し、A種株式につい
         て、株式の分割、株式の併合その他調整が合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会に
         より合理的に調整された額とする。)とする。
                                  9/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      9.取得請求受付場所
          三井住友信託銀行株式会社
      10.詳細の決定

          上記に記載の条件の範囲内において、A種株式に関し必要なその他一切の事項は、代表取締役又は代表取締役
         の指名する者に一任する。
      11.会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無

          会社法第322条第2項に規定する定款の定めをしております。
      12.株式の種類ごとの異なる単元株式数の定め及びその理由

          当社の普通株式の単元株式数は1,000株であるのに対し、A種株式は下記13.のとおり当社株主総会における
         議決権がないため、A種株式については単元株式数は1株とする。
      13.  議決権の有無及びその理由

          当社は、A種株式とは異なる種類の株式である普通株式を発行している。普通株式は、株主としての権利内容
         に制限のない株式であるが、A種株主は、上記3.記載のとおり、株主総会において議決権を有しない。これは、
         A種株式を配当金や残余財産の分配について優先権を持つ代わりに議決権がない内容としたものである。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金

                                      資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高        増減額              増減額        残高
                                       (千円)
                  (株)       (株)      (千円)              (千円)       (千円)
     平成28年9月1日~
                      ―  32,836,178            ―   1,945,290           ―    969,469
     平成28年11月30日
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 10/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (7) 【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                 平成28年11月30日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
                                          「1株式等の状況」「(1)株式の総数
                     A種優先株式
     無議決権株式                               ―      等」「②発行済株式」の「内容」欄
                          1,483,036
                                          の記載参照
     議決権制限株式(自己株式等)                    ―           ―              ―
     議決権制限株式(その他)                    ―           ―              ―

                     (自己保有株式)                     株主として権利内容に制限のない
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                     普通株式      141,000
                                          標準となる株式
                     普通株式     30,991,000
     完全議決権株式(その他)                                30,991            同上
                                                  同上
                     普通株式      221,142
     単元未満株式                               ―
                                            一単元(1,000株)未満の株式
     発行済株式総数                    32,836,178           ―              ―
     総株主の議決権                    ―            30,991             ―

      (注)   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式                           785株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成28年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数の
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     割合(%)
                  神奈川県川崎市川崎区
     (自己保有株式)
                                  141,000          ―    141,000        0.43
     株式会社さいか屋
                  日進町1番地
           計              ―         141,000          ―    141,000        0.43
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 11/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりま
      す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成28年9月1日から平成
      28年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年11月30日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 12/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年2月29日)              (平成28年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,332,291               858,026
         現金及び預金
                                         498,392              658,170
         売掛金
                                         838,413              817,086
         商品
                                          33,859              34,310
         貯蔵品
                                         270,740              247,164
         その他
                                           △ 10             △ 40
         貸倒引当金
                                        2,973,688              2,614,718
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        2,797,040              3,473,803
           建物及び構築物(純額)
                                        4,828,822              4,564,020
           土地
                                         103,168              149,355
           リース資産(純額)
                                          27,255              25,459
           その他(純額)
                                        7,756,287              8,212,639
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          75,443              60,349
           その他
                                          75,443              60,349
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         389,103              467,743
           投資有価証券
                                        1,645,716              1,615,642
           敷金及び保証金
                                          14,883              13,117
           破産更生債権等
                                         888,455              155,409
           長期前払費用
                                          61,970              61,970
           その他
                                         △ 13,490             △ 11,920
           貸倒引当金
                                        2,986,638              2,301,962
           投資その他の資産合計
                                        10,818,370              10,574,950
         固定資産合計
                                        13,792,058              13,189,669
       資産合計
                                 13/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年2月29日)              (平成28年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         38,416              40,120
         支払手形
         買掛金                               1,662,328              1,860,312
                                         473,430              144,750
         1年内返済予定の長期借入金
                                          3,372              6,213
         未払法人税等
                                         895,831              812,042
         商品券
                                         16,310              55,736
         賞与引当金
                                         631,107              646,867
         商品券回収損引当金
                                         43,673              58,760
         ポイント引当金
                                         790,757              695,023
         その他
                                        4,555,225              4,319,826
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                               6,120,129              5,833,309
                                         187,775              195,855
         繰延税金負債
                                         386,210              379,650
         退職給付に係る負債
                                         222,836              145,733
         資産除去債務
                                         207,718              176,206
         リース債務
                                         251,140              246,279
         その他
                                        7,375,811              6,977,035
         固定負債合計
                                       11,931,037              11,296,861
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,945,290              1,945,290
         資本金
                                        1,637,078              1,637,078
         資本剰余金
                                       △ 1,736,731             △ 1,760,382
         利益剰余金
                                        △ 42,398             △ 42,485
         自己株式
                                        1,803,239              1,779,501
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         57,780              113,305
         その他有価証券評価差額金
                                         57,780              113,305
         その他の包括利益累計額合計
                                        1,861,020              1,892,807
       純資産合計
                                       13,792,058              13,189,669
      負債純資産合計
                                 14/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                 至 平成27年11月30日)               至 平成28年11月30日)
                                       20,502,015              15,610,333
      売上高
                                       16,128,791              12,258,061
      売上原価
                                        4,373,223              3,352,271
      売上総利益
                                        3,996,308              3,354,801
      販売費及び一般管理費
                                         376,914              △ 2,529
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           739              630
       受取利息
                                          3,150              3,218
       受取配当金
                                          8,512              7,700
       固定資産受贈益
                                         60,729              39,323
       補助金収入
                                         26,901              10,647
       その他
                                         100,032               61,519
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         112,601              103,672
       支払利息
                                         13,982              17,558
       その他
                                         126,583              121,231
       営業外費用合計
                                         350,363              △ 62,241
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                                       28,705
                                           -
       固定資産売却益
                                                       28,705
       特別利益合計                                    -
      特別損失
                                         18,957               1,031
       固定資産除却損
                                         18,957               1,031
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は
                                         331,406              △ 34,567
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    8,545              3,521
                                        △ 14,742              △ 8,143
      法人税等調整額
                                         △ 6,196             △ 4,622
      法人税等合計
                                         337,603              △ 29,945
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -              -
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                         337,603              △ 29,945
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 15/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                 至 平成27年11月30日)               至 平成28年11月30日)
                                         337,603              △ 29,945
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                          8,003              55,525
       その他有価証券評価差額金
                                          8,003              55,525
       その他の包括利益合計
                                         345,606               25,579
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         345,606               25,579
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 16/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                 至 平成27年11月30日)               至 平成28年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は
                                         331,406              △ 34,567
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                         487,697              285,604
       減価償却費
                                          △ 250            △ 1,540
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          2,775              15,760
       商品券回収損引当金の増減額(△は減少)
                                           197             39,426
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 27,932              △ 6,560
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         14,159              15,087
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 3,889             △ 3,848
       受取利息及び受取配当金
                                         112,601              103,672
       支払利息
                                                      △ 28,705
       固定資産売却損益(△は益)                                    -
                                         18,957               1,031
       固定資産除却損
                                         50,573             △ 159,777
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         478,956               20,875
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 723,295              199,688
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 273,957               3,838
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                        △ 195,654               28,308
       未払費用の増減額(△は減少)
                                        △ 406,379             △ 178,437
       その他
                                        △ 134,036              299,856
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  3,797              3,842
                                        △ 132,051             △ 103,824
       利息の支払額
                                        △ 280,183
       店舗閉鎖損失の支払額                                                  -
                                        △ 384,159              △ 4,902
       法人税等の支払額
                                                       114,479
                                           -
       法人税等の還付額
                                        △ 926,634              309,451
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 70,000             △ 70,000
       定期預金の預入による支出
                                        △ 227,373              △ 74,872
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 1,520             △ 1,794
       無形固定資産の取得による支出
                                                       293,507
       有形固定資産の売却による収入                                    -
                                          △ 579             △ 597
       投資有価証券の取得による支出
                                         412,537               29,074
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 228,036             △ 322,626
       長期前払費用の取得による支出
                                         31,233
                                                         -
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 83,738             △ 147,309
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 12,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                                  -
                                         283,166
       長期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 556,046             △ 615,500
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 101,655              △ 90,820
       リース債務の返済による支出
                                          △ 409              △ 87
       その他
                                        △ 386,945             △ 706,407
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,397,317              △ 544,265
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        2,866,029              1,332,291
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  1,468,711              ※  788,026
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更等)
                         当第3四半期連結累計期間
                    (自    平成28年3月1日          至   平成28年11月30日)
      (会計方針の変更)
      「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)、「連結財務諸表に関する会計基
     準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 
     平成25年9月13日)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分
     から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第3四半期連結累
     計期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対

     応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間から適用し、平成28年4月1日以後に取得した建
     物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を、横須賀店を除き定率法から定額法に変更しております。なお、当
     第3四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表への影響は軽微であります。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      であります。
                             前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                             (自    平成27年3月1日             (自    平成28年3月1日
                              至   平成27年11月30日)             至   平成28年11月30日)
       現金及び預金勘定                          1,538,711千円                858,026千円
       預入期間が3ヶ月を越える定期預金                          △70,000千円               △70,000千円
       現金及び現金同等物                          1,468,711千円                788,026千円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自               平成27年3月1日         至  平成27年11月30日)
       配当に関する事項
        該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自               平成28年3月1日         至  平成28年11月30日)

       配当に関する事項
        該当事項はありません。
                                 18/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自               平成27年3月1日         至  平成27年11月30日)
       当社グループは、百貨店業単一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 平成28年3月1日         至  平成28年11月30日)

       当社グループは、百貨店業単一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半
      期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成27年3月1日            (自    平成28年3月1日
                                 至   平成27年11月30日)             至   平成28年11月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                         10.82円              △0.96円
       又は四半期純損失金額(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                                   337,603              △29,945
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―               ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         337,603              △29,945
      四半期純利益金額又は普通株式に係る親会社株主
      に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   31,214               31,212
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                  8.11   円

                                                          ―円
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                            ―               ―
      (千円)
      普通株式増加数(千株)                                   10,414                 ―
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                            ―               ―
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
      (注) 当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するも
         のの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2 【その他】

       該当事項はありません。
                                 19/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年1月11日

     株式会社さいか屋
      取締役会     御中
                          新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士          野      口      和      弘      印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士          垂  井          健        印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社さいか

     屋の平成28年3月1日から平成29年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成28年9月1日から平成
     28年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社さいか屋及び連結子会社の平成28年11月30日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。