株式会社アイドママーケティングコミュニケーション 四半期報告書 第39期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第39期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社アイドママーケティングコミュニケーション

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    北陸財務局長
      【提出日】                    平成29年8月10日
      【四半期会計期間】                    第39期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    株式会社アイドママーケティングコミュニケーション
      【英訳名】                    Aidma   Marketing     Communication       Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  蛯谷 貴
      【本店の所在の場所】                    富山県富山市豊田町1丁目3番31号
      【電話番号】                    076-439-7880
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 経営管理部長  中川 強
      【最寄りの連絡場所】                    富山県富山市豊田町1丁目3番31号
      【電話番号】                    076-439-7880
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 経営管理部長  中川 強
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/14













                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第38期           第39期

               回次                                       第38期
                           第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日

              会計期間
                           至平成28年6月30日           至平成29年6月30日           至平成29年3月31日
                      (千円)           1,866,908           1,964,255           7,574,472
     売上高
                      (千円)            218,620           226,214           822,499
     経常利益
                      (千円)            147,602           155,207           564,447
     四半期(当期)純利益
                      (千円)               -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            513,680           513,680           513,680
     資本金
                      (株)          6,760,000           13,520,000           13,520,000
     発行済株式総数
                      (千円)           2,607,526           2,969,795           3,023,248
     純資産額
                      (千円)           3,996,055           4,342,444           4,399,785
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)             10.92           11.48           41.75
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (円)              -           -          15.00
     1株当たり配当額
                      (%)             65.3           68.4           68.7
     自己資本比率
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
          は記載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため、記載しておりません。
        4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        5.当社は、平成28年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
      2【事業の内容】

         当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関
        係会社における異動もありません。
                                  2/14







                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
        した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
        (1)業績の状況
           当第1四半期累計期間における我が国経済は、アジア新興国をはじめとする景気減速などの懸念材料に加
          え、欧米の情勢変化や為替の変動など景気の先行きについては依然として不透明な状況が続いております。
           消費動向に関しては、消費者の節約志向の高まりから個人消費の停滞が続いている一方で、当社の属する
          流通小売業界では業態を超えた競争の激化が進んでおります。
           このような状況の中、当社は、流通小売業におけるクライアントからのニーズにより一層応えるため、
          スーパーマーケット及び食品メーカー等を対象とする独自のマーケティングデータ分析支援システムを用い
          て、POSデータ、気象データ、商圏シェアデータ、独自調査のトレンドデータといった複合的なデータ分析を
          行うことで消費者に対する広告の訴求力、消費者の目線に立ったセールスプロモーションの品質強化に注力
          いたしました。
           既存サービスに関して、平成29年4月には、国内18カ所目となる盛岡支局を開設し新規クライアントへの
          販売促進支援サービスを開始いたしました。今後も新規クライアントの開拓を一層進めることでさらなる事
          業の成長に努めてまいります。
           また、当社では流通小売領域における知見を活かした各種メーカー等と消費者とをつなぐ新たなダイレク
          トマーケティングサービスの提供へ向けて、平成29年3月よりダイレクトマーケティング支援アプリ
          「CASH BACK」のテストマーケティングを実施してまいりました。本サービスは、商品・ブランドの認知、
          販売促進や継続購入等のインセンティブ機能を有するメディアサービスであります。
           テストマーケティングの結果、システムや運用方法等の検証が終わり、本メディアサービスへのニーズを
          把握できたことから、平成29年8月3日に開示いたしました「ダイレクトマーケティングサービスの全国リ
          リースに関するお知らせ」に記載のとおり、全国展開を開始いたしました。今後各種メーカー向けに提供し
          ていく予定であります。
           以上の結果、当第1四半期累計期間の売上高は1,964,255千円(前年同四半期比5.2%増)、営業利益は
          224,802千円(前年同四半期比3.1%増)、経常利益は226,214千円(前年同四半期比3.5%増)、四半期純利
          益は155,207千円(前年同四半期比5.2%増)となりました。
           なお、当社の事業は統合型販促支援事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略してお
          ります。
        (2)財政状態の分析

           当第1四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末と比較して57,341千円減少し、4,342,444千円と
          なりました。これは主に、現金及び預金が166,614千円減少した一方で、受取手形及び売掛金が24,840千円、
          投資有価証券が61,654千円増加したことによるものであります。
           また、負債は、前事業年度末と比較して3,887千円減少し、1,372,649千円となりました。これは主に、未
          払法人税等が112,702千円減少した一方で、支払手形及び買掛金が68,946千円、未払費用が18,064千円増加し
          たことによるものであります。
           純資産は、前事業年度末と比較して53,453千円減少し、2,969,795千円となりました。これは主に、四半期
          純利益155,207千円の計上及び期末配当金202,800千円の支払によるものであります。
        (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

           当第1四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
        (4)研究開発活動

           該当事項はありません。
                                  3/14


                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  48,480,000
                 普通株式
                                                  48,480,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年8月10日)
               (平成29年6月30日)                        取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                                   限定のない当社にお
                                         東京証券取引所
       普通株式             13,520,000            13,520,000                  ける標準となる株式
                                         (市場第一部)
                                                   であります。なお、
                                                   単元株式数は100株
                                                   であります。
                                            -           -
         計           13,520,000            13,520,000
       (2)【新株予約権等の状況】

            該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

            該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

            該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済       発行済
                                  資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
                   株式総数       株式総数
                                  増減額        残高       増減額        残高
         年月日
                   増減数        残高
                                 (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                   (株)       (株)
      平成29年4月1日~
                       -              -     513,680          -     463,680
                          13,520,000
      平成29年6月30日
       (6)【大株主の状況】

            当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  4/14






                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
                                                  平成29年6月30日現在
                    区分              株式数(株)         議決権の数(個)            内容

           無議決権株式                          -          -         -

           議決権制限株式(自己株式等)                          -          -         -

           議決権制限株式(その他)                          -          -         -

           完全議決権株式(自己株式等)                          -          -         -

                                普通株式     13,519,400
           完全議決権株式(その他)                                    135,194      (注)1、2
           単元未満株式                     普通株式    600               -         -

           発行済株式総数                          13,520,000          -         -
           総株主の議決権                          -          135,194        -

          (注)1.完全議決権株式であり、株主としての権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であ
               ります。
             2.単元株式数は100株であります。
        ②【自己株式等】

           該当事項はありません。
      2【役員の状況】

         該当事項はありません。
                                  5/14











                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
       1.四半期財務諸表の作成方法について
          当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
         令第63号)に基づいて作成しております。
       2.監査証明について

          当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成29年4月1日から平
         成29年6月30日まで)及び第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期
         財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
       3.四半期連結財務諸表について

          四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項によ
         り、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当
         企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性
         が乏しいものとして、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                  6/14















                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,670,852              2,504,238
         現金及び預金
                                        722,852              747,692
         受取手形及び売掛金
                                            -            30,000
         有価証券
                                         20,227              23,433
         仕掛品
                                         4,809              4,510
         原材料
                                         53,675              46,955
         前渡金
                                         23,727              20,361
         繰延税金資産
                                         18,389              20,308
         その他
                                       3,514,534              3,397,499
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              213,454              210,736
          構築物(純額)                               20,562              20,150
          車両運搬具(純額)                               2,267              1,914
          工具、器具及び備品(純額)                               50,757              52,399
          リース資産(純額)                               35,041              32,211
                                        228,267              228,267
          土地
                                        550,350              545,679
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         73,866              75,069
          ソフトウエア
                                         3,685              3,386
          リース資産
                                           906              906
          その他
                                         78,458              79,361
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        170,211              231,865
          投資有価証券
                                         3,762              3,762
          関係会社出資金
                                         33,622              33,434
          敷金
                                            -            1,771
          繰延税金資産
                                         48,846              49,070
          その他
                                        256,441              319,904
          投資その他の資産合計
                                        885,251              944,945
         固定資産合計
                                       4,399,785              4,342,444
       資産合計
                                  7/14








                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        889,039              957,985
         支払手形及び買掛金
                                         28,692              28,692
         1年内返済予定の長期借入金
                                         13,519              13,519
         リース債務
                                         84,707              63,690
         未払金
                                         36,449              54,514
         未払費用
                                        186,363               73,660
         未払法人税等
                                         9,255              18,510
         賞与引当金
                                         42,950              88,185
         その他
                                       1,290,977              1,298,758
         流動負債合計
       固定負債
                                         48,153              40,980
         長期借入金
                                         28,305              24,925
         リース債務
                                         1,115                -
         繰延税金負債
                                         7,985              7,985
         その他
                                         85,559              73,891
         固定負債合計
                                       1,376,537              1,372,649
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        513,680              513,680
         資本金
         資本剰余金
                                        463,680              463,680
          資本準備金
                                        463,680              463,680
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         12,500              12,500
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       2,013,979              1,966,387
            繰越利益剰余金
                                       2,026,479              1,978,887
          利益剰余金合計
                                       3,003,839              2,956,247
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         19,408              13,547
         その他有価証券評価差額金
                                         19,408              13,547
         評価・換算差額等合計
                                       3,023,248              2,969,795
       純資産合計
                                       4,399,785              4,342,444
      負債純資産合計
                                  8/14








                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                       1,866,908              1,964,255
      売上高
                                       1,400,259              1,477,232
      売上原価
                                        466,648              487,022
      売上総利益
                                        248,541              262,219
      販売費及び一般管理費
                                        218,107              224,802
      営業利益
      営業外収益
                                           303              303
       受取利息
                                           316              969
       受取配当金
                                           105              324
       その他
                                           724             1,596
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           211              153
       支払利息
                                            -              32
       為替差損
                                           211              185
       営業外費用合計
                                        218,620              226,214
      経常利益
                                        218,620              226,214
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   75,814              67,961
                                        △ 4,796              3,045
      法人税等調整額
                                         71,017              71,006
      法人税等合計
                                        147,602              155,207
      四半期純利益
                                  9/14












                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
          該当事項はありません。
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (追加情報)

          該当事項はありません。
        (四半期貸借対照表関係)

          該当事項はありません。
        (四半期損益計算書関係)

          該当事項はありません。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累
          計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のと
          おりであります。
                              前第1四半期累計期間                 当第1四半期累計期間
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                              至 平成28年6月30日)                 至 平成29年6月30日)
          減価償却費                            10,890千円                 14,011千円
                                        -                 -
          のれんの償却額
        (株主資本等関係)

          Ⅰ 前第1四半期累計期間(             自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           1.配当金支払額
                            配当金の総額              1株当たり
               (決議)
                      株式の種類              配当の原資               基準日     効力発生日
                             (千円)             配当額(円)
            平成28年6月28日                                     平成28年      平成28年
                      普通株式        101,400      利益剰余金          15.00
            定時株主総会                                     3月31日      6月29日
           2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日

             後となるもの
              該当事項はありません。
          Ⅱ 当第1四半期累計期間(             自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

           1.配当金支払額
                            配当金の総額              1株当たり
               (決議)
                      株式の種類              配当の原資               基準日     効力発生日
                             (千円)             配当額(円)
            平成29年6月28日                                     平成29年      平成29年
                      普通株式        202,800      利益剰余金          15.00
            定時株主総会                                     3月31日      6月29日
           2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日

             後となるもの
              該当事項はありません。
                                 10/14



                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
        (金融商品関係)
           四半期財務諸表等規則第10条の2により注記を省略しております。
        (有価証券関係)

           四半期財務諸表等規則第10条の2により注記を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

           該当事項はありません。
        (持分法損益等)

           当社には関連会社が存在しないため、該当事項はありません。
        (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           Ⅰ 前第1四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           当社は、統合型販促支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           Ⅱ 当第1四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

           当社は、統合型販促支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間
                                  (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                      項目
                                   至 平成28年6月30日)             至 平成29年6月30日)
            1株当たり四半期純利益金額                             10円92銭             11円48銭

            (算定上の基礎)
             四半期純利益金額(千円)                             147,602             155,207

             普通株主に帰属しない金額(千円)                               -             -

             普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                             147,602             155,207

             普通株式の期中平均株式数(株)                           13,520,000             13,520,000

            希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
            株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
                                            -             -
            た潜在株式で、前事業年度末から重要な変動が
            あったものの概要
           (注)1.     当社は、    平成28年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で                          株式分割を行っておりますが、
                前事業年度の期首に当該分割が行               われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額を算定しており
                ます。
              2.  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、                           潜在株式が存在しないため記載してお
                りません。
                                 11/14



                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         (第三者割当による新株予約権の発行及び時価発行新株予約権信託の導入について)
           当社は平成29年7月18日開催の取締役会において、第三者割当により発行される第1回新株予約権(以下
          「本新株予約権」といいます。)の発行及び時価発行新株予約権信託について決議し、平成29年8月3日に付
          与いたしました。
          新株予約権の割当日                           平成29年8月3日
          新株予約権の数                           5,000個

          新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

          新株予約権の目的となる株式の数                           500,000株

          新株予約権の発行総額                           7,500,000円(1個当たり1,500円)

          新株予約権の行使時の払込金額                           1株当たり732円

                                     自 平成31年7月1日
          新株予約権の行使期間
                                     至 平成34年8月2日
          新株予約権の行使により新株式を発行する場合の株式の                           発行価格  732円
          発行価格及び資本組入額                           資本組入額 366円
          新株予約権の行使の条件                           (注)1
                                     新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を要
          新株予約権の譲渡に関する事項
                                     するものとする。
          新株予約権の割当対象者及び割当個数                           受託者 木林      實  5,000個(注)2
         (注)1.     新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
               ①本新株予約権の割当を受けた者(以下、「受託者」といいます。)は、本新株予約権を行使する
                ことができず、受託者より本新株予約権の付与を受けた者(以下、「受益者」または「本新株予
                約権者」といいます。)のみが本新株予約権を行使できることとする。
               ②受益者は、平成31年3月期または平成32年3月期の有価証券報告書に記載される損益計算書(連
                結損益計算書を作成している場合は、連結損益計算書とする。以下同じ。)における経常利益
                が、下記(a)または(b)に掲げる各金額を超過した場合、各受益者に割り当てられた新株予約
                権のうち、それぞれ定められた割合の個数(以下、「行使可能割合」といいます。)を限度とし
                て、本新株予約権を行使することができる。なお、国際財務報告基準の適用等により参照すべき
                指標の概念に重要な変更があった場合には、当該指標に相当する指標で別途参照すべき指標を当
                社取締役会にて定めるものとする。また、行使可能割合の計算の結果、行使可能な本新株予約権
                の数に1個未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てた数とする。
                (a)平成31年3月期の経常利益が1,000百万円を超過した場合 行使可能割合: 50%
                (b)平成32年3月期の経常利益が1,200百万円を超過した場合 行使可能割合:                                     100%
               ③受益者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、従業員であ
                ることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会
                が認めた場合は、この限りではない。
               ④受益者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
               ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超
                過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
               ⑥各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
               ⑦金融商品取引法に基づく届出の効力が発生することを条件とする。
             2.本新株予約権は、木林實を受託者とする信託に割り当てられ、信託期間満了日時点の当社役職員の
               うち受益者として指定された者に分配されます。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 12/14



                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
            該当事項はありません。
                                 13/14




















                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社アイドママーケティングコミュニケーション(E32198)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月10日

     株式会社アイドママーケティングコミュニケーション
      取締役会 御中
                              PwCあらた有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                          公認会計士        仲澤 孝宏
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                          公認会計士        小沢 直靖
                               業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アイ

      ドママーケティングコミュニケーションの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第39期事業年度の第1四半期
      会計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)及び第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6
      月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レ
      ビューを行った。
      四半期財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
      を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
      正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
      論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
      て四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
      問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
      認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
      れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アイドママーケティングコミュニケーションの平成29年6月30日
      現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
      すべての重要な点において認められなかった。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 14/14




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。