株式会社ネクスグループ 四半期報告書 第34期第2四半期(平成29年3月1日-平成29年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第34期第2四半期(平成29年3月1日-平成29年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社ネクスグループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東北財務局長
      【提出日】                    平成29年7月14日
      【四半期会計期間】                    第34期第2四半期(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)
      【会社名】                    株式会社ネクスグループ
      【英訳名】                    NCXX   Group   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 秋山 司
      【本店の所在の場所】                    岩手県花巻市椚ノ目第2地割32番地1
      【電話番号】                    0198-27-2851(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部本部長 齊藤 洋介
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区南青山五丁目4番30号
      【電話番号】                    03-5766-9870
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部本部長 齊藤 洋介
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/33













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第33期           第34期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第33期
                               累計期間           累計期間
                            自 平成27年12月1日           自 平成28年12月1日           自 平成27年12月1日

              会計期間
                            至 平成28年5月31日           至 平成29年5月31日           至 平成28年11月30日
                        (千円)          5,499,288           6,563,785          12,231,134
     売上高
     経常損失(△)                  (千円)          △ 395,566          △ 296,567          △ 770,026
     親会社株主に帰属する四半期純利益又
     は親会社株主に帰属する四半期(当                  (千円)          △ 385,313          1,754,547          △ 1,068,435
     期)純損失(△)
                        (千円)          △ 330,345          1,846,149           △ 930,013
     四半期包括利益又は包括利益
                        (千円)          4,479,650           5,573,625           3,800,538
     純資産額
                        (千円)         12,183,194           13,600,075           13,459,907
     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又は1株
     当たり四半期(当期)純損失金額                   (円)          △ 25.87          117.95          △ 71.77
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                        (円)             -         106.62             -
     期)純利益金額
                        (%)            35.6           36.0           26.7
     自己資本比率
                        (千円)           488,642          △ 301,660           341,581
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                        (千円)           283,550          1,954,081            686,866
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                        (千円)         △ 1,392,504           △ 897,684         △ 2,047,010
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末(期
                        (千円)          2,283,736           2,617,532           1,881,667
     末)残高
                                第33期           第34期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                               会計期間           会計期間
                            自 平成28年3月1日           自 平成29年3月1日

              会計期間
                            至 平成28年5月31日           至 平成29年5月31日
     1株当たり四半期純利益金額又は四半
                                              76.11
                        (円)          △ 18.97
     期純損失金額(△)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、                                 第33期第2四半期及び第33期は潜在株式
           は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額であるため、記載しておりません。
                                  2/33





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4経理の状況                                                1四半期連
       結財務諸表      注記事項     ( セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
        当第2四半期連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動は、以下のとおりであります。
        第1四半期連結会計期間において、株式の取得により株式会社バーサタイル、Versatile                                          Milano    S.R.L.、MEC

       S.R.L.SOCIETA'        AGRICOLA、FISCO        International       Limited、FISCO        International       (Cayman)Limited、FISCO
       International       (Cayman)     L.P.、星際富溢(福建)信息諮詢有限公司を連結の範囲に含めております。
        また、株式会社カイカを連結子会社から持分法適用関連会社に変更することとし、同社及び同社連結子会社3
       社 SJ    Asia   Pacific    Limited、Hua       Shen   Trading(International)            Limited、Rapid        Capital    Holdings     Limitedに
       ついては、連結の範囲から除外いたしました。
        当第2四半期連結会計期間においては、連結子会社である株式会社バーサタイルによる株式の取得により、株式

       会社ファセッタズムを連結の範囲に含めております。
        また、連結子会社である星際富通(福建)網絡科技有限公司及び                               星際富溢(福建)信息諮詢有限公司の、清算が
       結了したことから、         連結の範囲から除外いたしました。
        この結果、平成29年5月31日現在では、当社グループは、当社、連結子会社14社及び関連会社1社により、構成

       されることとなりました。
                                  3/33














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
       報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において締結した経営上の重要な契約等は、次のとおりであります。
        (株式取得による子会社化)
          当社連結子会社株式会社バーサタイルは、2017年5月16日開催の取締役会において、株式会社ファセッタズム
         が実施する第三者割当により新たに発行する普通株式4,182,000株(本株式取得後の発行済株式総数に対する所
         有割合51.00%)を取得することを決議し、同月24日に取得いたしました。
          なお、詳細につきましては、「第4経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に
         記載のとおりです。
        (資本業務提携契約締結)

          当社は、2017年4月6日開催の取締役会において、株式会社シーズメン(JASDAQ上場、証券コード「3083」、
         本社:東京都中央区、代表取締役社長:青木 雅夫、以下シーズメン)と資本業務提携を実施し、同社の第三者
         割当による自己株式の処分につき、その全てを引き受けることについて決議し、シーズメンとの間で資本業務提
         携契約を締結いたしました。
         1.資本業務提携の理由
         当社グループはIoT分野を戦略的注力領域にあげ、デバイス製品のハードの提供だけに留まらず、サーバーアプ
        リケーションや、その他のアプリケーションサービスなどのIoT関連サービスを様々な産業分野へ提供することに
        注力してまいりました。また、2016年8月には、エスニック衣料・雑貨の輸入販売を行う株式会社チチカカを子
        会社化し、新たに服飾品の販売、トレードマーク(商標権)のライセンス事業、ファッション業界向けのIoT関連
        サービスの開発(デバイス機器を利用した店舗在庫の管理や、AR(拡張現実)を利用した試着サービスなど)と
        普及に向けた取り組みを行うとともに、ブランドリテールプラットフォーム事業を当社グループの収益の基盤の
        一つとして成長させるために事業を推進しております。
         一方シーズメンは、カジュアルウェア「METHOD」や「流儀圧搾」などのブランドを有し、全国53店舗(2017年

        2月末現在)を展開する衣料品販売を中心とする小売事業社で、昨今では雑貨類やレディースやバッグなどの新
        規分野にも注力しております。
         このたび、シーズメンが今後の成長のために、幅広い分野で協力できるパートナーシップを構築するととも

        に、自己株式を活用した資金調達による財務体質の強化を図ることを検討しており、パートナー及び自己株式の
        引受先を探しているとの話をいただき、具体的な内容を伺い社内で検討いたしました。
         その結果、取得金額は時価を基準としてディスカウントされた妥当なものであることから、まずは投資案件と
        して実行に値するものであると判断いたしました。
         さらに、同社が行っている衣料品販売を中心とする小売事業は、当社子会社のチチカカと同種であるものの、
        ターゲット層が異なるためお互いの顧客を奪うこと無くマーケティング上の協力関係が築けること、また同社
        が、当社グループが目指しているファッション業界向けのIoT関連サービスの開発と普及に向けた取り組みにおい
        ても協力関係を築くことができます。具体的には、前述したデバイス機器を利用したサービス以外に、販売デー
        タやweb上の情報などをビックデータ化しAIと組み合わせることで、お客様の好みに合わせたアイテムをレコメン
        ドしたり商品開発に活かしたり、また衣類そのものに導電性の高い繊維やセンサーを組み込んでウェアラブル端
        末の操作をしたり、生体データの送信をしたりするなど、様々な展開が考えられます。
         上記のとおり、これらが両社の目指す戦略と合致し両社の企業価値向上に繋がることから業務提携を実施する

        ことといたしました。また、本件取り組みを密接かつ確実にすすめていくために、あわせて資本提携も実施する
        ことといたしました。
        2.業務提携の内容等

        (1)業務提携の内容等
         ①グループの経営機能を活用した事業戦略の再定義
          ⅰ.シーズメンの既存業態「METHOD」「流儀圧搾」のリブランディングの実施。ターゲット顧客及び
           ショッ プコンセプトの明確化と提供価値の再定義。
          ⅱ.新業態の共同開発検討。
                                  4/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
          ⅲ.ICTなどの技術を活用した新サービスの共同開発。
         ②グループシナジーによる具体的な業務改善

          ⅰ.商品力の強化。当社グループのクリエイターを活用した新PBの企画・投入。MD機能の整備・強化によ
           る 商品計画の精緻化。サプライヤーの見直し、戦略的取り組み強化。
          ⅱ.販売力の強化。当社グループ小売業との人材交流・共同トレーニング。VMDや接客に関する共通ナレッ
           ジ マネジメントのインフラ整備。
          ⅲ.Eコマースの強化。当社グループでの専門チームの編成。
          ⅳ.コスト削減策の共同立案。管理機能共同化の検討。物流機能の集約等、ロジスティクスの共同検討。
           出 退店交渉機能の一元化検討。
        (2)資本提携の内容等
         シーズメンが保有する普通株式185,400株(本株式取得後の発行済株式総数に対する所有割合19.01%)を
        91,402,200円(1株当たり493円)で自己株式の処分の引受により当社が取得しました。
                                  5/33
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        3.資本業務提携の相手先の概要

      (1)商号                   株式会社シーズメン
      (2)所在地                   東京都中央区日本橋久松町9番9号

      (3)代表者の役職・氏名                   代表取締役社長 青木 雅夫

      (4)事業内容                   カジュアルウェアを主として扱う小売業

      (5)資本金                   245,000千円

      (6)設立年月日                   1989年3月1日

      (7)大株主及び持ち株比率                   株式会社シーズメン              19.01%

                         日本プリンシパルインベストメント事業組合                           6.73%
                         シーズメン従業員持株会                                    5.80%
                         株式会社大野衣料                                       5.07%
                         ジャパンポケット株式会社                                   5.00%
      (8)上場会社と当該会社との間の                  資本関係           当該事項はありません。
         関係
                        人的関係           当該事項はありません。
                        取引関係           当該事項はありません。

                        関連当事者へ

                                   当該事項はありません。
                        の該当状況
      (9)当該会社の直近3年間の経営成績及び財政状態            (単位:百万円)
                          平成26年2月期            平成27年2月期            平成28年2月期

      純資産                         2,115             2,025            1,772

      総資産                         3,901             4,016            3,564

      1株当たり純資産(円)                        2,678.99             2,565.65            2,245.30

      売上高                         6,749             6,832            6,285

      営業損失(△)                          △59             △6           △87

      経常損失(△)                          △69             △16           △103

      当期純損失(△)                          △83             △93           △259

      1株当たり当期純損失(△)(円)                        △106.09             △118.24            △328.40

      1株当たり配当金(円)                       ―            ―            ―

        4.日程

      (1)    取   締   役   会   決   議
                            平成29年4月6日
       (2)    資  本  業  務  提  携  契  約  締  結
                            平成29年4月6日
      (3)    株  式  取  得  の  払  込  期  日
                            平成29年5月1日
                                  6/33





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、本四半期報告書の提出日(平成29年7月14日)現在において当社グループ(当社及び
      連結子会社)が判断したものであります。
      (1)業績の概況
         文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
        社)が判断したものであります。
         当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、政府による景気対策を背景に緩やかな回復基調が続く一方、
        英国のEU離脱決定や米国新政権の政策運営が世界経済に与える影響等が不安視されており、先行きは一層不透明感
        を増しております。
         いま世界では、いわゆる第4次産業革命を迎えつつあります。第4次産業革命では車や家電などすべてのものが
        インターネットに接続され、そのビッグデータの高度な解析が可能となると言われております。AIやブロック
        チェーンの発展により、現在よりはるかに効率化・省力化された未来が予測され、それらが半ば自律的に現実社会
        を動かすこととなると言われております。現実世界(Physical                             Part)の制御対象の様々な状態を数値化し、仮想
        世界(Cyber      Part)において定量的に分析することで新しい知見を引き出し、さらに現実世界へフィードバック及
        び制御するCyber-Physical             Systemが実現されることが予想されています。
         そのような世界においては、現実世界のビックデータをIoT技術によって収集、保有する能力、それらを仮想世
        界(Cyber     Part)において、AIやブロックチェーンによって管理、分析する能力が重要になっていきます。
         このような環境において当社では、子会社である高付加価値の通信機器デバイスを製造する株式会社ネクス(以

        下ネクス)と、同じく子会社で製造・金融・流通・社会公共などの業種におけるコンサルテーションから設計・構
        築・運用・保守のシステム開発事業を行う株式会社ネクス・ソリューションズ(以下ネクス・ソリューションズ)
        によって、デバイス製品のハードの提供だけに留まらず、サーバーアプリケーションや、その他のアプリケーショ
        ンサービスなどのIoT関連サービスの提供に注力してまいりました。
         また、持分法適用関連会社である株式会社カイカ(以下カイカ)は、40年以上にわたり金融業を中心に製造業・

        公共事業・流通業等のシステム開発を行っており、現在、フィンテック関連ビジネスを戦略的注力領域に掲げ、特
        に重要な要因としてブロックチェーン技術に注目し、様々な取り組みを行っております。
         さらに、前年度には、株式会社チチカカ(以下チチカカ)を子会社化し、新たに服飾品の販売を中心とする「ブ

        ランドリテールプラットフォーム事業                   」を開始いたしました。昨今、ファッション業界にもIT化の動きが出て
                          *1
        おり、デバイス機器を利用した店舗在庫の管理や、AR(拡張現実)を利用した試着サービス、販売データなどを
        ビッグデータ化しAIと組み合わせることで、お客様の好みに合わせたアイテムを推奨するサービス、また衣類その
        ものに導電性の高い繊維やセンサーを組み込んで、ウェアラブル端末の操作をしたり、生体データの送信をしたり
        するなど、様々な展開が考えられます。今後は、ファッション業界向けのIoT関連サービスの開発と普及に向けた
        取り組みを行うとともに、ブランドリテールプラットフォーム事業を当社グループの収益基盤の一つとして成長さ
        せることを目指しております。
        *1「ブランドリテールプラットフォーム事業」とは、雑貨及び衣料などの小売り事業、ブランドのトレードマーク(商標権)を扱うラ

        イセンス事業をいいます。
         2016年12月には、当社の親会社である株式会社フィスコ(以下フィスコ)から、同社の連結子会社である株式会

        社バーサタイル(以下バーサタイル)及びFISCO                       International       Limited(以下FIL)を買収により連結子会社化
        し、イタリアのファッションブランドである「CoSTUME                          NATIONAL」のトレードマーク(商標権)のライセンス事業
        を開始し、服飾品のみならず、ワインその他の小売事業、それを足がかりとしたアジアでの事業展開を目指してお
        ります。また、バーサタイルでは2017年5月に、全国50店舗(平成29年4月末現在)でカジュアルファッションブ
        ランド「ファセッタズム(FACETASM)」を展開する株式会社ファセッタズムの株式の51.00%を取得し、同社を子
        会社化いたしました。
         さらに、前述しました、第4次産業革命で実現されるCyber-Physical                                  Systemでは、多くのプライベートな情報

        を含むビックデータをやり取りするため、全体を通じて情報セキュリティが非常に重要な技術となってまいりま
        す。我が国では、2014年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立し、国や各機関などの責務や戦略、基本的施策
        が明確化されましたが、内部犯行による情報漏えいや標的型サイバー攻撃の増加など、企業が負担するセキュリ
        ティ対策コストは増加の一途をたどっております。国内情報セキュリティ市場(ツール/サービス)も当面は持続
        的に成長が続く傾向でもあります。国内の上場会社にとって、セキュリティ対策の品質向上とコスト負担の軽減
        は、企業価値を高める上での大きな課題となっていると言えます。
                                  7/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
         その様な環境下で、2017年1月には、様々なネットワーク上の脅威から機器・システム・重要な情報を守り、安
        全にIoT機器の利用を実現するために、国内大手企業向けにネットワークセキュリティ分野の最先端ソリューショ
        ン を提供している株式会社テリロジー(JASDAQ上場、証券コード「3356」、本社:東京都千代田区、代表取締役社
        長:津吹 憲男、以下テリロジー)と資本業務提携を締結し、当社グループの持つIoT機器開発技術とテリロジー
        の持つセキュリティ技術を併せた製品の共同開発を行うことといたしました。
         また、議決権保有割合が50%を下回ったカイカにつきましては、連結子会社から持分法適用関連会社とすること

        といたしました。これは、平成27年6月1日付け「株式会社SJIとの資本業務提携契約の締結及び三者割当増資、
        新株予約権の引受による子会社化及び借入金に関するお知らせ」に記載の業務提携の内容については、すでに当社
        子会社であるチチカカが運営するチチカカオンラインショップへのビットコイン決済の導入や、同じく子会社であ
        るネクスとのブロックチェーン技術を適用した勤怠管理システムの開発における協力など実績を残しており、様々
        なプロジェクトベースでの人材交流なども積極的に実施するなど、資本業務提携に基づく協力関係は十分に築かれ
        ています。今後も資本業務提携契約自体は変更無く継続する事から、カイカが当社の連結子会社でなくとも、グ
        ループ会社として、当社子会社であるネクスのIoT技術とカイカの持つブロックチェーン、AIの技術をあわせた共
        同開発など、当社グループが目指す第4次産業革命におけるCyber-Physical                                   Systemの実現に向けた新たなサービス
        への取り組みを引き続きおこなうことができると判断したためです。
         一方、規模を拡大した農業ICT事業(NCXX                     FARM)につきましては、昨年度に引き続き農作物の生産、加工、販売

        を行う「6次産業化事業」と、特許農法による「化学的土壌マネジメント」+ICTシステムによる「デジタル管
        理」のパッケージ販売を行う「フランチャイズ事業」の事業化を推進しております。
         「6次産業化事業」では、第1四半期に定植したミニトマトが収穫時期を迎えて、地元の                                          取引先~    都内の取引先
        への出荷を予定通り開始しております。
         「フランチャイズ事業」では、企業向けにパッケージ販売活動を続けております。また、自社圃場におきまして




        定期的に、特許農法と農業ICTの説明会を開催しており、地方自治体や農業関係者をはじめ観光関係者や福祉関係
        者、一般企業様まで広く研修の一環として、あるいは新事業検討のため全国各地からの見学や問い合わせをいただ
        いております。
         また、「安全」な食材を「安定」して「効率」よく収穫するためにICTシステムの改良とオプション機能の開発
        などを進めております。
         連結業績につきましては、2016年8月にグループ入りしたチチカカ、2016年10月にグループ入りした株式会社グ

        ロリアツアーズ(以下グロリアツアーズ)の業績を取り込んだことにより、売上高は大幅に増加いたしました。一
        方で、2017年4月14日付「連結子会社の異動に関するお知らせ」のとおり、カイカが持分法適用関連会社となった
        ため、売上高が減少しております。
         営業損益につきましては、バーサタイル、FILにおいてまだ本格的な売上が無いなかで販管費が先行して発生し
        たことと、子会社化によるのれん代償却199百万円を含め営業損失を計上しております。
         上記の結果、売上高においては、6,563百万円(対前期比19.4%増)となりました。営業損失は236百万円(前期

        は営業損失293百万円)、経常損失は296百万円(前期は経常損失395百万円)、税金等調整前四半期純利益は1,934
        百万円(前期は税金等調整前四半期純損失326百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は子会社の株式売却
        益が計上されたこともあり1,754百万円(前期は親会社株主に帰属する四半期純損失385百万円)となりました。
         また、子会社化によるのれん償却額は現預金の流出を伴わない費用であるため、キャッシュフローの増減と、営
        業利益以下の利益項目の増減に大きな乖離が発生します。この点を考慮した参考指標である「EBITDA」は、75百万
        円(前期はEBITDA、△3百万円)となっております。
                                  8/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        「EBITDA」=営業利益         + 減価償却費     + のれん償却額(販売費及び一般管理費)
         当第2四半期連結累計期間におけるセグメントごとの業績は以下のとおりであります。

        (ICT・IOT・デバイス事業)
         ネクスでは、第1四半期連結累計期間に引き続き、2015年より販売を開始しております、OBDⅡ型自動車テレマ
        ティクスデータ収集ユニット「GX410NC/GX420NC」を使用したソリューションの提供に注力してまいりました。
         OBDⅡ送迎車用ソリューションである安全運転支援サービス「Drive                                Care」(    http://www.care-
        dynamics.jp/obd2/         )は、介護施設や幼稚園をはじめとする送迎業務を行う様々な事業者の管理者や指導者にとっ
        て、同時に運行される複数の車両の運行中に発生した危険運転(急加速、急減速、急ハンドル)を全て把握でき、
        運転手の運転の特性の把握と個々に応じた適切な指導を行うことができます。また、グラフなどによって時系列に
        そった運転データを確認することにより、それぞれの運転手の改善度合いや適切なフォローを継続して行うことが
        可能となります。導入いただいた大規模介護施設様では危険運転を大幅に改善させたことにより、送迎サービスに
        対して施設利用者様の満足度が向上するなどの効果が得られています。
         引き続き高付加価値通信デバイスとソフトウェアの融合により自動車テレマティクスソリューションをはじめ










        様々なM2M/IoTソリューションの提供を行ってまいります。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は461百万円(対前期比34.4%減)、営業利益は25百万円(前期
        は営業損失232百万円)となりました。
        (フィンテックシステム開発事業)

         ネクス・ソリューションズでは、既存顧客からの都市銀行や大手自動車関連会社のシステム開発、大手ガス会社
        のエネルギーの自由化に伴うシステム開発、大手陶器製造会社の人事・給与・生産管理システム開発などを中心に
        安定した受注ができております。
         また、グループ会社との連携といたしましては、親会社であるフィスコに提供している、無料スマートフォンア
        プリ「FISCO      (FISCOアプリ)」及びPCブラウザ版「FISCO(FISCOウェブ)」の、検索の高速化やお気に入り連携、
        アラート機能などの機能追加を行ったバージョンアップ版を随時リリースするなどサービス向上に引き続き努めて
        おります。新たな機能として学生の就活向けサービス機能の開発に着手いたしました。
         ネクスのOBDⅡ型自動車テレマティクスデータ収集ユニット「GX410NC/GX420NC」を利用したソリューション開発
        に注力しております。新たなテレマティクスサービスとして「バスのり(自動車学校や幼稚園などの送迎バスの現
                                  9/33

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        在位置、遅延状況などが一目でわかるスマホ版サービス)」、「ヒヤリハットマップ(事故につながるヒヤリハッ
        ト(急ブレーキ、急発進、急ハンドル)をIoTでデータ化するサービス)」の開発と、サービス提供を開始してお
        り ます。
         さらに、「農業ICT」に関しましては、蓄積された膨大なリレー(灌水)、センサーデータ(温度、湿度、CO2
        等)の解析を行い生産性向上につなげる仕組みの構築を進めております。
         これらグループ会社との連携したソリューション開発により、新たなサービスの売上の拡大を目指してまいりま
        す。
         カイカでは、引き続き有利子負債の圧縮や徹底した経費削減等、様々な財務改善策を着実に進めました。2017年

        10月期第2四半期連結会計期間末においては、有利子負債の返済が順調に進むとともに、新株予約権行使、利益の
        積上げにより、自己資本比率が前連結会計年度末の21.7%から40.3%へと大きく改善しております。また、2016
        年 10月に開示した5ヵ年の中期経営計画の初年度目標を必達すべく、受注拡大に向け、以下の取組みを行いまし
        た。
         金融機関向けシステム開発分野においては、引き続き、顧客の需要の把握・案件情報の収集に注力し、精緻な分
        析を行った上で、最適なシステム構築の提供についての提案活動を推進し、顧客満足度の向上を図りました。カイ
        カは、創業時より金融機関のシステム開発において多くの実績を上げており、金融業界のハードウェアやインフラ
        に対する深い知見を有し、この数十年の金融システムの成長とともに育った技術者が多数在籍しております。
         非金融向けシステム開発分野においては、特に基盤・インフラ系の技術力の強化に注力いたしました。また、株
        式会社東京テック(以下東京テック)の子会社化による事業規模の拡大や営業体制の強化など、シナジー創出を
        図っております。さらに、グループ会社とコラボレーションした営業活動を展開し、新規顧客の獲得に努めまし
        た。大手システムインテグレーターとの取引を拡大するとともに、今後はエンドユーザー企業との取引の拡大も目
        指してまいります。
         フィンテック関連分野におきましては、カイカのフィンテック分野の見識・技術力を営業面・広報面でアピール
        することで、認知度の向上を図り、ブロックチェーン実証実験サポートの案件や、勤怠管理にブロックチェーン技
        術を適用したシステム「ブロックログ」の開発、ビットコイン決済にかかる開発、AI株価予想システムの開発等、
        着実に実績を積み重ねております。また、2017年1月、テリロジーとブロックチェーン技術を応用した商品の共同
        開発にかかる業務提携契約を締結いたしました。フィンテック関連分野は、カイカが長年携わってきた金融向けの
        システム開発技術と非常に親和性の高い分野であるとともに、非金融分野である不動産業界や物流業界などへの活
        用も注目されております。
         2016年9月の特設注意市場銘柄指定解除後、売上・利益ともに回復基調にあるものの、新規案件の獲得が想定ど
        おりに進まなかったことから、2017年第2四半期連結累計期間における売上高は、計画を若干下回るペースで進捗
        いたしましたが、カイカの顧客の多くが3月末決算の会社であり、顧客の新年度にあたる本年4月以降は、既存の
        上位顧客を中心に引き合いが増加傾向にあることから、受注に向けた積極的な提案活動を強化しております。
         なお、カイカの2017年10月期の連結業績予想は下期に売上高が伸長する計画となっております。
         また、2017年第2四半期より、東京テックの3月及び4月分の業績が連結業績に反映されております。東京テッ
        クにおいては、卸売・小売業向け案件を中心に、売上・利益ともに計画を上まわるペースで進捗しております。引
        き続き、既存顧客の深耕に加え、新規顧客の開拓も進めてまいります。
         カイカは、事業規模の拡大を目的として、引き続き積極的にM&Aを行う方針であります。フィンテック関連分
        野の急速な拡大のチャンスを活かすとともに、システムインテグレーター企業としてのさらなる成長を図り、5ヵ
        年の中期経営計画の達成を目指してまいります。
         なお、かねてより清算手続きを進めておりました、星際富通(福建)網絡科技有限公司及び星際富溢(福建)信
        息諮詢有限公司の清算が2017年4月21日付で結了したことから、2017年10月期第2四半期連結会計期間より連結の
        範囲から除外いたしましたが、業績に与える影響は軽微であります。
         株式会社ケア・ダイナミクス(以下ケア・ダイナミクス)では、介護事業者向けASPシステムの提供を行い、既

        に400以上の介護施設にシステムの導入実績が有りますが、前年度より介護ロボットの導入支援や介護ICTの提供な
        どのサービスを開始し「総合介護事業支援企業」として展開をしております。
         介護事業者支援サービスとして、様々な介護ロボットの販売代理を行い、マンガを使った法人案内リーフレッ
        ト、広告作成サービスの提供を行っております。また、前述した介護送迎車用のOBDⅡソリューション「ドライブ
        ケア」の導入先施設での見学会を継続開催し、新たに無料トライアルを開始いたしました。
         また、新たなサービスとして介護施設の電気代削減を支援するための電力会社見直し及び、切り替えサポート
        サービスを開始いたしました。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は2,424百万円(対前期比41.4%減)、営業損失は41百万円(前
        期は営業利益73百万円)となりました。
                                 10/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
                         (マンガを使った法人案内リーフレットと広告)






        (インターネット旅行事業)

         イー・旅ネット・ドット・コム株式会社及びその子会社では、旅行商材が氾濫する中、多様化・高度化する消費
        者ニーズに対応できるサービスとして、お客様から満足度の高いコメントを多数いただいております。これは、と
        りわけ、株式会社ウェブトラベルにおいて、厳選された経験豊富な「トラベルコンシェルジュ」(旅行コンサルタ
        ント)の登録により、日本で唯一のインターネットによるオーダーメイド旅行会社としての体制を構築できたこと
        に他なりません。
         2015年より、訪日外国人向け専用サイトをオープンし、アジアを中心とした検索エンジン対策を実施して、さら
        なる旅行サービスを展開してまいりました。今期も引き続き、ウェブトラベルのイメージ動画をサイト内に配置
        し、安心度を高める施策も行うなど、インバウンドサイトの一層の充実を図ってまいります。
         2016年10月にグループ入りいたしましたグロリアツアーズは、障がい者スポーツの選手団派遣や国際大会関連の
        渡航を中心に取り扱っております。障がい者スポーツは、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて年々
        関心が高まっており、今後も一層力を入れてまいります。また、その取組みの一環として、パラアスリート協会及
        び株式会社実業之日本社(以下実業之日本社)の協力のもと、パラスポーツ専門誌の発刊を予定しており、障がい
        者スポーツの認知の拡大と普及に注力をしてまいります。
               (ウェブトラベルのインバウンド用ウェブサイト)                                     (こだわる人の旅「今のうちにキューバの旅」)






         また、ここ数年継続中の「トラベルコンシェルジュ」が中心となり企画した「こだわる人の旅」では、毎月新し

        い「こだわりの旅」を発表しております。2017年3月には「両親にプレゼントするなら、こんな旅」をリリース
        し、安全安心の旅にプラスして、一味違った演出が出来るウェブトラベルらしさを強調、4月には絶滅危惧種に指
        定されているウガンダのマウンテンゴリアに逢う「アフリカさらに奥地へ」、5月にはアメリカとの国交回復が現
                                 11/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        実的となってきたキューバを堪能する「今のうちにキューバの旅」をリリースいたしました。これからも継続して
        こだわりの旅をご案内してまいります。
         売上高は、昨年から続くイスラム国によるテロの影響からゆるやかに回復し、安全とされるオーストラリアのハ

        ネムーンを中心とした海外旅行事業売上が658百万円、国内旅行事業売上が59百万円となりました。また、お客様
        からの見積もり依頼件数はゴールデンウイークの依頼が昨年に比べ勢いが若干弱く、イー旅ネットとウェブトラベ
        ル合わせて前年比90%となっております、また、受注件数は、第2四半期累計で前年比95%となりましたが、売上
        高総利益率は昨年より0.4%高い17.5%を維持しております。また、ヨーロッパ情勢もイスラム国問題が沈静化し
        安定してきていることから徐々に回復してくるものと思われます。
         グロリアツアーズでは、2020東京オリンピック・パラリンピックの影響も大きく、海外遠征などの見積もり依頼
        も増えていることから、諸団体の海外遠征が、確実に下期の業績に結び付くものと思われます。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は965百万円(対前期比46.1%増)、営業損失は11百万円(前期
        は営業利益1百万円)となりました。
        (ブランドリテールプラットフォーム事業)

         チチカカでは、不採算店舗の閉店を順次進めており、2016年10月末時点の111店舗から6ヶ月間で13店舗を閉店
        し2017年2月末時点で98店舗体制となっております。不採算店舗の閉店や人員体制の見直しなどによる構造改革を
        進めてきた結果、当第2四半期も営業黒字の結果となりました。
         新たな取り組みとして、実業之日本社と連携し、ファミリーキャンプやアウトドアファン人気の情報誌「GAR
        VY」へタイアップとして広告記事を掲載。5月には、ワークショップをGARVY主催キャンプで実施しチチカ
        カ利用イメージにある顧客層への訴求を行いました(下記画像参照)。今後も「GARVY」と連携しブランドの認
        知の拡大と、店舗・ECへの誘致、また今後マーケティングテーマとしてさらなる活用を検討しております。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は2,701百万円、営業損失は54百万円となりました。
        (情報サービスコンサルティング事業)







         2016年12月に子会社化したバーサタイルが主に当社グループ内の業務効率化のためのコンサルティング業務を実
        施いたしました。バーサタイルは、海外子会社であるMEC                           S.R.L.SOCIETA'        AGRICOLAから輸入したワインの販売、
        飲食事業に加え、「CoSTUME             NATIONAL」の全世界に向けたライセンス事業の開始、拡大のため、既に所有している
        アジア向けトレードマークに加え、欧米向けトレードマークの取得を目指しております。当第2四半期連結累計期
        間においては、本格的な売上が無いなかで販管費が先行して発生したため営業損失を計上しております。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は8百万円、営業損失は56百万円となりました。
         また、当第2四半期連結会計期間末における財政状態は、以下のとおりであります。

        (資産)
         資産の残高は、前連結会計年度末と比較して140百万円増加し、13,600百万円となりました。この主な要因は、
        現金及び預金が735百万円増加、受取手形及び売掛金が892百万円減少、前渡金が403百万円増加、仮払金が511百万
        円増加、主にカイカが持分法適用会社になったことによりのれんが3,033百万円減少、主にバーサタイルの子会社
                                 12/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        化に伴い商標権が768百万円増加、カイカが持分法適用会社になったことにより投資有価証券が3,286百万円増加、
        バーサタイル子会社化に伴い内部相殺により長期貸付金が1,517百万円減少したことによります。
        (負債)
         負債の残高は、前連結会計年度末と比較して1,632百万円減少し、8,026百万円となりました。この主な要因は、
        支払手形及び買掛金が140百万円減少、未払金が148百万円減少、未払費用が149百万円減少、借入金残高                                                (※注)
        が1,213百万円減少したことによります。
        (純資産)
         純資産の残高は、前連結会計年度末と比較して1,773百万円増加し、5,573百万円となりました。この主な要因
        は、資本剰余金が631百万円減少、バーサタイル及びFILの子会社化及びカイカ株式売却により、利益剰余金が
        1,754百万円増加、その他有価証券評価差額が123百万円増加、非支配株主持分が488百万円増加したことによりま
        す。
        (※注)短期借入金、1年内返済予定の長期借入金、長期借入金の合計

      (2)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における                   現金及び現金同等物(以下資金)の期末残高は、前連結会計年度末と比べ
        て735百万円増加し、2,617百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により支出した金額は301百万円(前年同四半期は488百万円の資金獲得)となりました。これは主に、
        資金の増加要因として税金等調整前四半期純利益1,934百万円、のれん償却額199百万円があり、減少要因として                                                    当
        社のカイカ株式売却により            投資有価証券売却益1,327百万円、子会社株式売却益888百万円があったことによりま
        す。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により獲得した金額は1,954百万円(前年同四半期は283百万円の資金獲得)となりました。これは主
        に、資金の増加要因として投資有価証券の売却による収入2,559百万円、長期貸付金の回収による収入610百万円が
        あり、減少要因として投資有価証券の取得による支出738百万円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
        る支出490百万円があったことによります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により支出した金額は897百万円(前年同四半期は1,392百万円の資金支出)となりました。これは主
        に、資金の増加要因として新株予約権の行使による株式の発行による収入244百万円があり、減少要因として長期
        借入金の返済による支出1,038百万円があったことによります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について、重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、受託開発も含め25,871千円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 13/33







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      30,000,000
                  計                                     30,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間             提出日現在          上場金融商品取引所
        種類      末現在発行数(株)             発行数(株)          名又は登録認可金融                内容
              (平成29年5月31日)           (平成29年7月14日)             商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
       普通株式            15,030,195           15,030,195      JASDAQ            単元株式数100株
                                    (スタンダード)
        計          15,030,195           15,030,195           -            -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により、発
        行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成29年3月1日~
                       -   15,030,195           -    1,819,748           -    1,301,442
     平成29年5月31日
                                 14/33







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年5月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                   対する所有株式数
           氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   の割合(%)
                                             4,229,700          28.14
      株式会社フィスコ                   大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号
      株式会社フィスコダイヤモンドエー
                                             3,000,000          19.95
                         東京都港区南青山五丁目4番30号
      ジェンシー
      株式会社シークエッジ・インベスト
                                              512,400          3.40
                         東京都港区南青山五丁目4番30号
      メント
                         東京都港区虎ノ門五丁目3-20 仙石
      投資事業有限責任組合デジタルア
                                              450,400          2.99
                         山アネックス306
      セットファンド
                         岩手県花巻市椚ノ目第2地割32番地1                      125,816          0.83
      株式会社ネクスグループ
                         東京都目黒区大橋一丁目5-1                      125,008          0.83
      株式会社カイカ
                         横浜市神奈川区栄町10番地35号 ザ・
                                              102,000          0.67
      へリング・ハンデル株式会社
                         ヨコハマタワーズタワーウエスト402
                         Room   1135-1139,      Sun  Hung   Kai
      SEQUEDGE     INVESTMENT      INTERNATIONAL
                         Centre,    30  Harbour    Road,Wanchai            97,000         0.64
      LIMITED
                         Hong   Kong
                         東京都中央区日本橋茅場町一丁目13番
                                               74,900         0.49
      立花証券株式会社
                         14号
                         三重県津市片田志袋町300-113                      74,100         0.49
      岡 秀朋
                                 -            8,791,324          58.49
              計
     (注)株式会社カイカ(旧:株式会社SJI)が所有している株式については、会社法施行規則第67条第1項の規定によ
        り議決権を有しておりません。
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成29年5月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -

     議決権制限株式(その他)                      -             -             -

                     (自己保有株式)
                       普通株式       125,800
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                     (相互保有株式)
                       普通株式       125,000
     完全議決権株式(その他)                  普通株式 14,777,700                    147,777          -
                       普通株式        1,695

     単元未満株式                                   -             -
     発行済株式総数                       15,030,195             -             -

     総株主の議決権                      -                147,777          -

     (注)単元未満株式には自己株式16株及び相互保有株式8株を含めております。
                                 15/33





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                  平成29年5月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                           自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
       所有者の氏名
                                                    対する所有株式数
                  所有者の住所
                           式数(株)        式数(株)        計(株)
        又は名称
                                                    の割合(%)
       (自己株式)         岩手県花巻市椚ノ目
                              125,800        -         125,800           0.83
                 第2地割32番地1
     株式会社ネクスグループ
      (相互保有株式)
                 東京都目黒区大橋
                              125,000        -         125,000           0.83
       株式会社カイカ
                  一丁目5番1号
      (旧:株式会社SJI)
                     -         250,800        -         250,800           1.66
          計
     (注)上記の他に単元未満株式として自己保有株式が16株、相互保有株式が8株存在しております。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 16/33















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第2四半期連結会計期間(平成29年3月1日から
       平成29年5月31日まで)及び当第2四半期連結累計期間(平成28年12月1日から平成29年5月31日まで)に係る四半
       期連結財務諸表について、東光監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 17/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年11月30日)              (平成29年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,881,667              2,617,532
         現金及び預金
                                       1,736,837               844,134
         受取手形及び売掛金
                                        884,860              921,930
         商品
                                        208,295              219,181
         仕掛品
                                         7,717              3,785
         原材料
                                           29              30
         貯蔵品
                                         46,995              65,760
         未収入金
                                        202,436              606,107
         前渡金
                                        365,760               65,000
         短期貸付金
                                                      ※ 520,090
                                         8,573
         仮払金
                                         5,770              2,052
         繰延税金資産
                                        165,982               94,207
         その他
                                       △ 162,362              △ 43,000
         貸倒引当金
                                       5,352,563              5,916,813
         流動資産合計
       固定資産
                                       1,085,626              1,153,623
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        135,289               89,629
          ソフトウエア
                                       4,371,717              1,338,191
          のれん
                                           -            768,967
          商標権
                                         22,916              22,975
          その他
                                       4,529,923              2,219,763
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        153,872             3,439,953
          投資有価証券
                                       1,551,743               161,443
          長期未収入金
                                       1,739,624               222,620
          長期貸付金
                                        847,021              699,011
          その他
                                      △ 1,800,467              △ 213,154
          貸倒引当金
                                       2,491,794              4,309,874
          投資その他の資産合計
                                       8,107,344              7,683,261
         固定資産合計
                                       13,459,907              13,600,075
       資産合計
                                 18/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年11月30日)              (平成29年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        586,979              446,077
         支払手形及び買掛金
                                        249,334              351,700
         短期借入金
                                        300,000              300,000
         1年内償還予定の社債
                                       1,844,650               973,218
         1年内返済予定の長期借入金
                                        338,608              190,030
         未払金
                                        283,738              134,186
         未払費用
                                         51,059              244,225
         未払法人税等
                                         86,999              40,021
         未払消費税等
                                        258,231              301,655
         前受金
                                         63,815              30,520
         資産除去債務
                                           -             3,087
         繰延税金負債
                                        186,659              164,907
         賞与引当金
                                         92,000              71,000
         製品保証引当金
                                         64,284              23,399
         店舗閉鎖損失引当金
                                         93,844              51,162
         その他
                                       4,500,206              3,325,194
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,165,000              1,165,000
         転換社債型新株予約権付社債
                                       2,719,875              2,275,500
         長期借入金
                                         29,724              28,413
         退職給付に係る負債
                                        335,224              325,396
         資産除去債務
                                        703,564              759,991
         繰延税金負債
                                        205,774              146,952
         その他
                                       5,159,163              4,701,255
         固定負債合計
                                       9,659,369              8,026,450
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,819,748              1,819,748
         資本金
                                       1,776,350              1,144,682
         資本剰余金
                                         33,104             1,787,651
         利益剰余金
                                       △ 107,897              △ 78,869
         自己株式
                                       3,521,304              4,673,212
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         14,695              138,384
         その他有価証券評価差額金
                                         1,131              △ 675
         繰延ヘッジ損益
                                         56,533              83,896
         為替換算調整勘定
                                         72,359              221,604
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  37,539              21,167
                                        169,334              657,640
       非支配株主持分
                                       3,800,538              5,573,625
       純資産合計
                                       13,459,907              13,600,075
      負債純資産合計
                                 19/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日              (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
      売上高                                  5,499,288              6,563,785
                                       4,728,674              4,195,091
      売上原価
                                        770,614             2,368,693
      売上総利益
                                       ※ 1,064,446              ※ 2,605,375
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 293,832             △ 236,681
      営業外収益
                                         18,359               9,553
       受取利息
                                           -             3,134
       受取家賃
                                           -            37,645
       為替差益
                                         11,864                -
       雑収入
                                           70            10,886
       その他
                                         30,294              61,220
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        100,194               41,050
       支払利息
                                         25,067                -
       為替差損
                                           -            23,802
       持分法による投資損失
                                           -            49,250
       支払手数料
                                         6,766              7,002
       その他
                                        132,028              121,105
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 395,566             △ 296,567
      特別利益
                                           -            888,152
       子会社株式売却益
                                           933              553
       固定資産売却益
                                           274               -
       新株予約権戻入益
                                         58,586                -
       見積遅延損害金戻入益
                                         13,760               2,968
       貸倒引当金戻入額
                                           -             7,499
       持分変動利益
                                           -           1,327,902
       投資有価証券売却益
                                           -             4,889
       子会社清算益
                                         73,555             2,231,966
       特別利益合計
      特別損失
                                           876               -
       投資有価証券評価損
                                           -               8
       有形固定資産除却損
                                         3,761               450
       有形固定資産売却損
                                         4,637               458
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                  △ 326,648             1,934,940
      法人税、住民税及び事業税                                   19,873              236,461
                                        △ 1,002              1,574
      法人税等調整額
                                         18,870              238,036
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 345,519             1,696,904
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         39,794             △ 57,642
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △ 385,313             1,754,547
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 20/33




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日              (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 345,519             1,696,904
      その他の包括利益
                                         1,138             123,689
       その他有価証券評価差額金
                                           872            △ 1,806
       繰延ヘッジ損益
                                         13,162              27,369
       為替換算調整勘定
                                           -              △ 6
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         15,173              149,245
       その他の包括利益合計
                                       △ 330,345             1,846,149
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 364,251             1,903,429
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         33,906             △ 57,279
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 21/33















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日              (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                       △ 326,648             1,934,940
       期純損失(△)
                                         32,103              112,179
       減価償却費
                                        258,684              199,638
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 13,768              123,919
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  38,487               3,474
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                 △ 4,000             △ 21,000
       店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 40,885
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    -            △ 1,310
                                           -             1,044
       株式報酬費用
                                        △ 18,359              △ 9,553
       受取利息及び受取配当金
                                        100,194               41,050
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  17,421              △ 3,630
       持分法による投資損益(△は益)                                    -            23,802
       投資有価証券評価損益(△は益)                                   876               -
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -          △ 1,327,902
       子会社株式売却損益(△は益)                                    -           △ 888,152
                                           -               8
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                    -             △ 103
                                           -            △ 6,681
       資産除去債務履行差額
                                        △ 58,586                -
       見積遅延損害金戻入益
                                         △ 274               -
       新株予約権戻入益
       持分変動損益(△は益)                                    -            △ 7,499
       売上債権の増減額(△は増加)                                 446,188               86,334
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 133,462              △ 12,542
       前渡金の増減額(△は増加)                                  4,133            △ 105,651
       未収入金の増減額(△は増加)                                 349,123             △ 116,662
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 298,090              △ 70,461
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 70,563             △ 117,556
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  29,279               9,356
       未払費用の増減額(△は減少)                                △ 121,440              △ 91,496
       前受金の増減額(△は減少)                                  73,637              44,734
                                        △ 10,971             △ 13,126
       その他
                                        560,889             △ 253,734
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  47,815               7,906
                                        △ 97,274             △ 36,309
       利息の支払額
                                        △ 35,715             △ 19,522
       法人税等の支払額
                                         12,926                -
       法人税等の還付額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 488,642             △ 301,660
                                 22/33







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日              (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 119,525              △ 35,544
       有形固定資産の取得による支出
                                         41,578              10,215
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 5,629             △ 26,471
       無形固定資産の取得による支出
                                           -             3,243
       無形固定資産の売却による収入
                                           -           △ 51,446
       資産除去債務の履行による支出
                                        △ 10,000             △ 738,727
       投資有価証券の取得による支出
                                           -           2,559,581
       投資有価証券の売却による収入
                                        359,195                 -
       子会社株式の売却による収入
                                          △ 10              -
       出資金の払込による支出
                                         47,090                -
       出資金の売却による収入
                                           905               -
       出資金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -           △ 490,371
       支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による
                                           -            577,075
       収入
       短期貸付けによる支出                                △ 185,000              △ 20,000
                                         31,117              280,000
       短期貸付金の回収による収入
                                           -           △ 296,180
       長期貸付けによる支出
                                         6,470             610,278
       長期貸付金の回収による収入
                                        △ 1,316             △ 11,222
       差入保証金の差入による支出
                                        111,491               87,691
       差入保証金の回収による収入
                                           -           △ 509,642
       分配金の仮払による支出
                                         7,182              5,601
       その他
                                        283,550             1,954,081
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 313,031             △ 135,300
                                        229,000               44,504
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,349,787             △ 1,038,058
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 100,000                 -
       社債の償還による支出
       割賦未払金の増減額(△は減少)                                  55,026                -
                                           -             △ 847
       リース債務の返済による支出
                                           -            244,999
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                           -           △ 12,982
       自己株式の取得による支出
                                         86,311                -
       非支配株主からの払込みによる収入
                                          △ 24              -
       非支配株主への配当金の支払額
                                      △ 1,392,504              △ 897,684
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,092             △ 18,870
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 621,404              735,865
                                       2,905,141              1,881,667
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 2,283,736              ※ 2,617,532
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 23/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (1)   連結の範囲の重要な変更
          第1四半期連結会計期間より、株式会社バーサタイルの発行済株式の93.68%及びFISCO                                          International
         Limitedの発行済株式の100%を取得(子会社化)いたしましたため、同社及び同社連結子会社5社                                             Versatile
         Milano    S.R.L.、MEC      S.R.L.SOCIETA'        AGRICOLA、FISCO        International       (Cayman)Limited、FISCO            International
         (Cayman)     L.P.、星際富溢(福建)信息諮詢有限公司を連結の範囲に含めております。
          第1四半期連結会計期間より、株式会社カイカを連結子会社から持分法適用関連会社に変更することとし、同
         社及び同社連結子会社3社 SJ               Asia   Pacific    Limited、Hua       Shen   Trading(International)            Limited、Rapid
         Capital    Holdings     Limitedについては、連結の範囲から除外いたしました。
         当第2四半期連結会計期間より、連結子会社バーサタイルが、株式会社ファセッタズムの発行する普通株式
        4,182,000株(発行済株式総数に対する所有割合51.00%)を取得したため、同社を連結の範囲に含めておりま
        す。  また、連結子会社である星際富通(福建)網絡科技有限公司及び                              星際富溢(福建)信息諮詢有限公司の、清
        算が結了したことから、           連結の範囲から除外いたしました。
        (2)持分法適用の範囲の重要な変更

          第1四半期連結会計期間より、株式会社カイカ及び同社連結子会社3社 SJ                                     Asia   Pacific    Limited、Hua
         Shen   Trading(International)            Limited、Rapid        Capital    Holdings     Limitedについては、持分法適用の範囲に含
         めております。
        (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1
        四半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※ 仮払金の主な内容は、連結子会社である投資事業組合にかかる分配金の一部支払いによるものであります。
        (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                        前第2四半期連結累計期間                     当第2四半期連結累計期間

                        (自    平成27年12月1日                 (自    平成28年12月1日
                         至     平成28年5月31日)                 至     平成29年5月31日)
        役員報酬                        71,556   千円                 63,591   千円
        給与諸手当                        234,295                    757,351
        退職給付費用                         5,275                    4,837
        支払手数料                        128,287                    304,211
        減価償却費                        26,014                    90,742
        アフターサービス費                         3,622                   10,963
        業務委託費                        76,850                    63,049
        のれん償却額                        258,684                    199,638
                                 24/33





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとお
        りであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自   平成27年12月1日              (自   平成28年12月1日
                              至  平成28年5月31日)               至  平成29年5月31日)
                                  2,283,736千円                 2,617,532千円
         現金及び預金勘定
         現金及び現金同等物                        2,283,736                 2,617,532
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年12月1日 至 平成28年5月31日)
         1 配当に関する事項
          (1)配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発

            生日が当四半期連結会計期間の末日後となるもの
            該当事項はありません。
         2 株主資本の著しい変動に関する事項

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年5月31日)

         1 配当に関する事項
          (1)配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発

            生日が当四半期連結会計期間の末日後となるもの
            該当事項はありません。
         2 株主資本の著しい変動に関する事項

            当社は、FISCO International Limited(以下FIL社)を当期に連結子会社化したことにともない、FIL
           社が保有していたカイカ株式を追加取得いたしました。これにより、当第2四半期連結累計期間において、
           資本剰余金が631百万円減少し、当第2四半期連結会計期間末日の資本剰余金は1,144百万円となっておりま
           す。
        (金融商品関係)

        前連結会計年度末日に比べて著しい変動がないため、記載しておりません。
                                 25/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年12月1日 至 平成28年5月31日)
          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                        四半期
                              ブランド
                                                       連結財務諸
                                  情報サー
             ICT・IOT・     フィンテッ      インター     リテール                     調整額
                                                         表
                                  ビスコン
             デバイス事     クシステム      ネット旅     プラット          その他      計
                                                        計上額
                                  サルティ
                業    開発事業      行事業    フォーム
                                  ング事業
                               事業
     売上高
      外部顧客への
              703,004    4,135,009      661,184        -     -     -  5,499,288         -  5,499,288
      売上高
      セグメント間
                  5   4,266       -     -     -     -    4,271    △ 4,271        -
      の内部売上高
      又は振替高
              730,009    4,139,366      661,184        -     -     -  5,503,560      △ 4,271    5,499,288
         計
     セグメント利益
             △ 232,749      73,023      1,029       -     -     -  △ 158,695    △ 135,136     △ 293,832
     又は損失(△)
     (注)セグメント利益又はセグメント損失は四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っており、調整額は主に報告
        セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年5月31日)

         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                        四半期
                             ブランドリ
                                                       連結財務諸
                                   情報サー
             ICT・IOT・     フィンテッ      インター     テールプ                     調整額
                                                         表
                                   ビスコン
             デバイス事     クシステム      ネット旅      ラット          その他      計
                                                        計上額
                                   サルティ
               業    開発事業      行事業    フォーム事
                                   ング事業
                               業
     売上高
      外部顧客への
              461,292    2,424,371      965,881    2,701,953       8,870     1,414   6,563,785         - 6,563,785
      売上高
      セグメント間
               25,186      10,591       381       -     -    184    36,344    △ 36,344        -
      の内部売上高
      又は振替高
              486,479    2,434,963      966,263    2,701,953       8,870     1,599   6,600,130      △ 36,344    6,563,785
        計
     セグメント利益
               26,833    △ 41,894    △ 11,960    △ 54,947    △ 56,649    △ 1,710   △ 140,329     △ 96,352    △ 236,681
     又は損失(△)
     (注)セグメント利益又はセグメント損失は四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っており、調整額は主に報告
        セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          2.報告セグメントの変更等に関する事項

           第1四半期連結会計期間より、連結子会社の増加に伴い、報告セグメントを従来の「デバイス事業」及び
          「インターネット旅行事業」の2区分から、                     「 ICT・IOT・デバイス事業           」、「フィンテックシステム開発事
          業」、「インターネット旅行事業」、「ブランドリテールプラットフォーム事業」、「情報サービスコンサル
          ティング事業」及び「その他」の6区分に変更しております。
           なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、会社組織変更後の報告セグメントの区分に基づき作
          成したものを開示しております。
                                 26/33




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        当社連結子会社バーサタイルは、平成29年5月16日の取締役会において、株式会社ファセッタズムが実施する第三
       者割当により新たに発行する普通株式4,182,000株(本株式取得後の発行済株式総数に対する所有割合51.00%)を取
       得することを決議し、同月24日に取得しました。
       (株式会社ファセッタズム)
       1.企業結合の概要
       (1)被取得企業の名称及びその事業の概要
         被取得企業の名称 株式会社ファセッタズム
         事業の内容             カジュアルウェアを主として扱う小売業
       (2)企業結合を行った主な理由
         当社グループが今後注力していくブランドリテールプラットフォーム事業の事業展開のため。
       (3)企業結合日
         平成29年5月24日
       (4)企業結合の法的形式
         株式取得
       (5)結合後企業の名称
         結合後の企業の名称に変更はありません。
       (6)取得した議決権比率
         51.00%
       (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
         第三者割当により新たに発行された普通株式取得により、議決権の51.00%を取得したためであります。
       2.四半期累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
        なし
       3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
        取得の対価           現金等による支出                                  41,820千円
        取得原価                                             41,820千円

       4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間
        (1)発生したのれんの金額
         213百万円
        (2)発生原因
         主として株式会社ネクスグループがブランドリテール事業を展開する地域における間接業務の効率化によって
        期待される超過収益力であります。
        (3)償却方法および償却期間
         10年間にわたる均等償却
       5.取得原価の配分
        当第2四半期連結会計期間末において、資産及び負債の時価評価が未了であるため、取得原価の配分が完了して
        おりません。よって、その時点で入手可能な合理的情報に基づき暫定的な会計処理を行っております。
                                 27/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成27年12月1日               (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半
                                      △25円87銭                117円95銭
        期純損失金額(△)
        (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
        親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                      △385,313               1,754,547
        (△)(千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
        純利益金額又は普通株式に係る親会社株主に                              △385,313               1,754,547
        帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                              14,894,325               14,875,254
                                          -
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                                 106円62銭
        (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               16
        (千円)
        (うち支払利息(税額相当額控除後)(百万
                                         (-)               (16)
        円)
        (うち事務手数料(税額相当額控除後)(百
                                         (-)                (0)
        万円)
        普通株式の増加数(株)                                  -            1,732,350
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、                          前第2四半期連結累計期間においては                  潜在株式は存在するものの
       1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
                                 28/33









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
     Ⅰ .持分法適用関連会社の株式譲渡による特別利益計上
        当社は、平成29年6月8日、6月23日、7月6日、持分法適用関連会社であるカイカの株式の一部を譲渡いたしま

      した。
        これに伴い、特       別利益を計上する見込みとなりまし                 た。概要は以下のとおりです。
     1 株式譲渡の目的

       当社グループ全体としての成長戦略、今後の資金需要等を総合的に検討した結果、資金調達のためカイカ株式の一部
     譲渡を行うことを決定いたしました。
     2 譲渡株式数、相手方及び特別利益の状況

      平成29年6月8日
     譲渡株式数            12,500,000     株
     相手方            譲渡人、譲受人ともに異なる証券会社を仲介しているため不明

     特別利益            約346百万円

      平成29年6月23日

     譲渡株式数            12,500,000     株
     相手方            譲渡人、譲受人ともに異なる証券会社を仲介しているため不明

     特別利益            約288百万円

      平成29年7月6日

     譲渡株式数            15,000,000     株
     相手方            譲渡人、譲受人ともに異なる証券会社を仲介しているため不明

     特別利益            約299百万円

     3 譲渡後の議決権所有割合(平成29年7月14日現在)

       27.62%
                                 29/33









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ.  持分法適用関連会社の          新株予約権の行使
       当社は、平成29年6月29日、持分法適用関連会社である株式会社カイカの第5回新株予約権につき保有新株予約権全
      部を行使しました。概要は以下のとおりです。
     行使日              平成29年6月29日

     新株予約権等の内容              第5回新株予約権

     行使する新株予約権等の数              51,428個

     行使請求株式数              普通株式 51,428,000株

     1株当たりの権利行使価額              35円

     合計払込金額              1,799,980,000円

     Ⅲ.子会社等の異動を伴う株式の取得

      当社は、平成29年7月7日開催の取締役会決議に基づき株式会社イーフロンティアの株式を取得し子会社化しました。
      概要は以下のとおりです。
                  株式会社イーフロンティアの持つソフトウェア開発・販売力を利用した新たなサービスの開

                  発。および、株式会社イーフロンティアの顧客ネットワークを活用することで、ネクスグ
                  ループの既存事業の顧客ネットワーク(特にBtoC)拡大に大きく寄与する事。また,株式会
     目的
                  社イーフロンティアにおいても、新たな顧客層の開拓や、新商品開発による売上の増加、人
                  員の流動的な活用によるコストカット等の効果が見込まれるため、株式を取得し、子会社化
                  しました。
     株式取得の相手先             株式会社シークエッジ・ジャパン・ホールディングス
                  株式会社イーフロンティア
     特別利益異動する子会社              事業内容:       PCソフトウェアの開発及び販売、
                         3DCGソフトウェアの販売及びサービスの提供
     株式取得の時期             平成29年7月7日
     株式数             普通株式 20,002,670株

     株式取得価額             20,002,670円

     株式取得後の      発行済株式
                  99.9%
     総数に対する      所有割合
     その他重要な特約             当社からの貸付金        25,000,000円
                                 30/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       該当事項はありません。
                                 31/33




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 32/33




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ネクスグループ(E05702)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年7月14日

     株式会社ネクスグループ
      取  締  役  会    御  中
                         東光監査法人
                          指定社員

                                   公認会計士        鈴木 昌也    印
                          業務執行社員
                          指定社員

                                   公認会計士        早川 和志    印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ネク

     スグループの平成28年12月1日から平成29年11月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成2
     9年3月1日から平成29年5月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年12月1日から平成29年5月
     31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利
     益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ネクスグループ及び連結子会社の平成29年5月31日現在
     の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      ①重要な後発事象に記載のとおり、会社は、平成29年6月8日から平成29年7月6日までに、持分法適用会社で
     あ  る株式会社カイカの株式の一部を譲渡した。
      ②重要な後発事象に記載のとおり、会社は、平成29年6月29日に、持分法適用会社である株式会社カイカの第5
     回  新株予約権につき保有新株予約権全部を行使した。
      ③重要な後発事象に記載のとおり、会社は、平成29年7月7日開催の取締役会決議に基づき、同日株式会社イーフ
     ロ  ンティアの株式を取得し、子会社化した。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 33/33


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。