SMT 新興国REITインデックス・オープン 有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 第13期(平成26年2月13日-平成26年8月12日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)-第13期(平成26年2月13日-平成26年8月12日)

提出日:

提出者:SMT 新興国REITインデックス・オープン

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成26年11月11日        提出
      【発行者名】                      三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      取締役社長      鈴木 郁也
      【本店の所在の場所】                      東京都港区芝3丁目33番1号
      【事務連絡者氏名】                      ファンド・レポーティング部長 橋詰 廣志
      【電話番号】                      03-6737-0521
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      SMT 新興国REITインデックス・オープン
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      (1)当初申込額
      信託受益証券の金額】
                             50億円を上限とします。
                            (2)継続申込額
                             10兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/58














                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        SMT  新興国REITインデックス・オープン

     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        ①追加型証券投資信託の振替内国投資信託受益権(以下「受益権」といいます。)です。

        ②三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」又は「委託者」というこ
         とがあります。)の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付
         又は信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
        ③当ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規
         定の適用を受け、受益権の帰属は、下記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関及び当
         該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関
         を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載又は記録されることにより定ま
         ります(以下、振替口座簿に記載又は記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」とい
         います。)。委託会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受
         益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       ①当初申込期間

         50億円を上限とします。
       ②継続申込期間
         10兆円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

       ①当初申込期間

        受益権    1 口当たり     1 円とします。
       ②継続申込期間
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額(※)とします。
         㬰౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰İ픰ꄰ줰溌익⍽쾘䴰䬰覌ꁐ땽쾘䴰鉣Ꞗ搰地徑톘䷿ࡎର౽ᒌ익⍽쾘䴰ര栰䐰䐰縰夰˿र鈰
         計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。基準価額につきましては、販売会社へお問い合わせくだ
         さい。販売会社の詳細につきましては、下記「(                        8 )申込取扱場所」に記載の照会先までお問い合わせくださ
         い。
     (5)【申込手数料】

       取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間においては1口当たり1円)に、3.24%(税抜 

       3.0%)(※)の率を上限として、販売会社が別に定める手数料率を乗じて得た額とします。
       申込手数料の詳細につきましては、販売会社にお問い合わせください。販売会社の詳細につきまして
       は、下記「(8)申込取扱場所」に記載の照会先までお問い合わせください。
                                  2/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ※「税抜」における「税」とは、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)をいいます。
     (6)【申込単位】

       販売会社が定める単位とします。詳細につきましては、販売会社にお問い合わせください。販売会社

       の詳細につきましては、下記「                 (8)  申込取扱場所」に記載の照会先までお問い合わせください。
       「分配金再投資コース」(税金を差し引いた後に自動的に当ファンドの受益権に無手数料で再投資さ
       れるコース)で再投資する場合は                  1円以上1円単位        です。
     (7)【申込期間】

        ①当初申込期間

         平成26年11月27日とします。
        ②継続申込期間
          平成26年11月28日から平成28年                 1月20日までとします。
          継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を関東財務局長に提出することにより更新さ
          れます。
     (8)【申込取扱場所】

       下記の照会先にお問い合わせください。

       (照会先)
        三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
        ホームページ:        http://www.smtam.jp/
        フリーダイヤル:          0120-668001
       (受付時間は営業日の午前              9 時から午後      5 時までとします。)
     (9)【払込期日】

       ①当初申込期間

        取得申込者は、販売会社が定める期日までに、お申込みに係る金額を販売会社に支払うものとしま
        す。当初申込みに係る発行価額の総額は、設定日(                            平成26年11月28日          )に、販売会社により、委託
        会社の指定する口座を経由して、三井住友信託銀行株式会社(以下「受託会社」又は「受託者」と
        いうことがあります。)の指定する当ファンド口座に払い込まれます。
       ②継続申込期間
        取得申込者は、販売会社が定める期日までに、お申込みに係る金額を販売会社に支払うものとしま
        す。継続申込みに係る発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、販売会社により、委託会社の
        指定する口座を経由して、受託会社の指定する当ファンド口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

        取得申込みを受け付けた販売会社とします。販売会社の詳細につきましては、上記「                                              (8)  申込取扱

        場所」に記載の照会先までお問い合わせください。
     (11)【振替機関に関する事項】

                                  3/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        振替機関は、下記の通りです。
        株式会社証券保管振替機構
     (12)【その他】

       <振替受益権について>

        当ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の
        振替機関の振替業に係る業務規程等の規則に従って取り扱われるものとします。
        当ファンドの収益分配金、償還金、一部解約金は、社振法及び上記「(11)振替機関に関する事項」
        に記載の振替機関の業務規程その他の規則に従って支払われます。
       <受益権の取得申込みの方法>
        販売会社所定の方法でお申込みください。
        取得申込みの取扱いは、営業日の午後3時までとさせていただきます。なお、当該時間を過ぎての
        お申込みは翌営業日の取扱いとさせていただきます。
       <申込みコース>
        「分配金受取りコース」(税金を差し引いた後に現金でお受取りになるコース)と「分配金再投資
        コース」(税金を差し引いた後に自動的に当ファンドの受益権に無手数料で再投資されるコース)
        の2つの申込方法があります。
        販売会社により取扱いコースが異なる場合がありますので、詳細につきましては、販売会社までお
        問い合わせください。
       <受益権の取得申込みの受付の中止等>
        収益分配金の再投資をする場合を除き、金融商品取引所等(金融商品取引法第2条第16項に規定す
        る金融商品取引所及び金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場のうち、有
        価証券の売買又は金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは同項第5号の取引を行う市場及び当該
        市場を開設するものをいいます。以下同じ。)における取引の停止、外国為替取引の停止、投資対
        象国における非常事態による市場閉鎖、その他やむを得ない事情があるときは、委託会社は、受益
        権の取得申込みの受付を中止すること、及びすでに受け付けた取得申込みの受付を取り消すことが
        できます。
       <受付不可日>
        分配金再投資コースの収益分配金の再投資の場合を除き、申込日当日が、投資対象国・地域の休日
        等当該日の取得申込みを受け付けることにより投資信託財産の効率的な運用を妨げるおそれがある
        と委託会社が合理的に判断する別に定める日(※)においては、申込みを受け付けないものとしま
        す。
         ※平成26年11月11日現在、以下に該当する日とします。
         ヨハネスブルグ証券取引所の休業日
         メキシコ証券取引所の休業日
         マレーシア証券取引所の休業日
        なお「別に定める日」はベンチマーク構成国の変更等により今後変更となる場合があります。最新
        の情報につきましては販売会社にお問い合わせください。
                                  4/58




                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       <ファンドの目的>

        主として「      新興国REITインデックス              マザーファンド         」の受益証券(以下「マザーファンド受益証
        券」という場合があります。)への投資を通じて、                             S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算ベー
        ス)  と連動する投資成果を目標と                して運用を行います。
       <信託金限度額>
        上限 500億円
        ただし、委託会社は受託会社と合意の上、限度額を変更することができます。
       <基本的性格>
        一般社団法人投資信託協会が定める分類方法における、当ファンドの商品分類及び属性区分は下記
        の通りです。
        商品分類表

                             投資対象資産
        単位型・追加型           投資対象地域                      独立区分           補足分類
                             (収益の源泉)
           単位型           国内          株式          MMF        インデックス型

           追加型           海外          債券          MRF           特殊型

                     内外         不動産投信           ETF

                              その他資産

                             (    )
                              資産複合

       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

       属性区分表

       投資対象資産          決算頻度       投資対象       投資形態        為替       対象        特殊型
                         地域              ヘッジ      インデック
                                               ス
                                  5/58



                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株式          年 1 回     グローバ       ファミリー        あり       日経  225      ブル・ベア型

       一般                ル       ファンド        (  )
       大型株         年 2 回                          TOPIX        条件付運用型
       中小型株                日本       ファンド・        なし
                年 ▶ 回            オブ・ファ              その他        ロ  ン  グ  ・
      債券                 北米       ンズ              (S&P新興国        ショート型      / 絶
       一般         年 6 回                          REIT   指  数  対収益追求型
       公債         (隔月)       欧州                     (  配  当  込
       社債                                     み、円換算        その他
       その他債券         年 12 回     アジア                     ベース))        (   )
       クレジット属         (毎月)
       性                オセアニ
       (    )         日々       ア
      不動産投信          その他       中南米

                (  )
      その他資産                 アフリカ
      (投資信託証券
      (  不  動  産  投         中近東
      信))                 (中東)
      資産複合                 エマージ

      (   )                 ング
       資産配分
       固定型
       資産配分
       変更型
       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

      ファミリーファンド、ファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投資収益の源

      泉となる資産に投資しますので商品分類表と属性区分表の投資対象資産は異なります。
     ※属性区分表に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載してお
      ります。
      上記商品分類表及び属性区分表に係る用語の定義は下記の通りです。

      なお、一般社団法人投資信託協会のホームページ(                            http://www.toushin.or.jp/               )でもご覧いただけま
      す。
     ◆一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類及び属性区

      分は以下の通りです。
     <商品分類表定義>

                                  6/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [単位型投信・追加型投信の区分]
      (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われ
               ないファンドをいう。
      (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに
               運用されるファンドをいう。
     [投資対象地域による区分]

      (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産
            を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産
            を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉と
            する旨の記載があるものをいう。
     [投資対象資産(収益の源泉)による区分]

      (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉
            とする旨の記載があるものをいう。
      (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉
            とする旨の記載があるものをいう。
      (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質
                    的に不動産投資信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする
                    旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記
               (1)から(3)に掲げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、
               その他資産と併記して具体的な収益の源泉となる資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産に
              よる投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
     [独立した区分]

      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
      (3)ETF…     投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定
           する証券投資信託          並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場
           証券投資信託を        いう。
     [補足分類]

      (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の
                 記載があるものをいう。
      (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われ
             る特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊
             型の小分類において「条件付運用型」に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記す
             るものとし、それ以外の小分類に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記できるも
             のとする。
     <属性区分表定義>
                                  7/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [投資対象資産による属性区分]
      (1)株式
       ①一般…次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②大型株…目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをい
             う。
       ③中小型株…目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるもの
              をいう。
      (2)債券

       ①一般…次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②公債…目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府
            保証債、政府機関債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載がある
            ものをいう。
       ③社債…目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載が
            あるものをいう。
       ④その他債券…目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨
               の記載があるものをいう。
       ⑤格付等クレジットによる属性…目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の「発行体」に
                         よる区分のほか、特にクレジットに対して明確な記載があるものに
                         ついては、上記①から④に掲げる区分に加え「高格付債」「低格付
                         債」等を併記することも可とする。
      (3)不動産投信…これ以上の詳細な分類は行わないものとする。

      (4)その他資産…組入れている資産を記載するものとする。

      (5)資産複合…以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。

       ①資産配分固定型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率につい
                 ては固定的とする旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列
                 挙するものとする。
       ②資産配分変更型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率につい
                 ては、機動的な変更を行なう旨の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載
                 がないものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
     [決算頻度による属性区分]

      (1)年1回…目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      (2)年2回…目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      (3)年4回…目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      (4)年6回(隔月)…目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      (5)年12回(毎月)…目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものを
                いう。
      (6)日々…目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      (7)その他…上記属性にあてはまらない全てのものをいう。
     [投資対象地域による属性区分(重複使用可能)]

      (1)グローバル…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉と
               する旨の記載があるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含ま
               ないかを明確に記載するものとする。
                                  8/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)日本…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨
            の記載があるものをいう。
      (3)北米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とす
            る旨の記載があるものをいう。
      (4)欧州…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とす
            る旨の記載があるものをいう。
      (5)アジア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の
             資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (6)オセアニア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資
               産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (7)中南米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉
             とする旨の記載があるものをいう。
      (8)アフリカ…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を
              源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (9)中近東(中東)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産
                を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (10)エマージング…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地
                 域(新興成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     [投資形態による属性区分]

      (1)ファミリーファンド…目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファン
                    ズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      (2)ファンド・オブ・ファンズ…「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オ
                       ブ・ファンズをいう。
     [為替ヘッジによる属性区分]

      (1)為替ヘッジあり…目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替の
                 ヘッジを行う旨の記載があるものをいう。
      (2)為替ヘッジなし…目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載がある
                 もの又は為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
     [インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分]

      (1)日経225
      (2)TOPIX
      (3)その他の指数…前記指数にあてはまらない全てのものをいう。
     [特殊型]

      (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に
                投資を行うとともに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しく
                は逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものをいう。
      (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを
                用いることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信
                託終了日等が、明示的な指標等の値により定められる一定の条件によって決定され
                る旨の記載があるものをいう。
                                  9/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右さ
                            れにくい収益の追求を目指す旨若しくはロング・ショート戦
                            略により収益の追求を目指す旨の記載があるものをいう。
      (4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいずれにも該当し
              ない特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
       <ファンドの特色>

                                 10/58


















                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 11/58





















                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】







         平成26年11月28日              当ファンドの投資信託契約締結、設定、運用開始

     (3)【ファンドの仕組み】

     ①当ファンドの仕組み及び関係法人
                                 12/58











                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②委託会社の概況(平成26年9月30日現在)










       イ.資本金の額:3億円
       ロ.委託会社の沿革
         昭和61年11月1日:               住信キャピタルマネジメント株式会社設立
         昭和62年2月20日:               投資顧問業の登録
         昭和62年9月9日:               投資一任契約に係る業務の認可
         平成2年10月1日:               住信投資顧問株式会社に商号変更
         平成11年2月15日:               住信アセットマネジメント株式会社に商号変更
         平成11年3月25日:               証券投資信託委託業の認可
         平成19年9月30日:               金融商品取引法施行に伴う金融商品取引業者の登録(登録番号:関東
                       財務局長(金商)第347号)
         平成24年4月1日:               中央三井アセットマネジメント株式会社と合併し、三井住友トラス
                       ト・アセットマネジメント株式会社に商号変更
       ハ.大株主の状況
             株 主 名                    住   所                持株数      持株比率
        三井住友トラスト・ホール
                         東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                       3,000株         100%
        ディングス株式会社
     2【投資方針】

                                 13/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【投資方針】

      ①基本方針

       当ファンドは、主として「新興国REITインデックス                             マザーファンド」の受益証券(以下「マザー
       ファンド受益証券」という場合があります。)への投資を通じて、S&P新興国REIT指数(配当込み、
       円換算ベース)と連動する投資成果を目標として運用を行います。
      ②投資対象
       マザーファンド受益証券を主要投資対象とします。
      ③投資態度
       イ.主として、マザーファンド受益証券を通じて不動産投資信託証券に投資し、S&P新興国REIT指数
         (配当込み、円換算ベース)と連動する投資成果を目標として運用を行います。
       ロ.マザーファンド受益証券への投資割合は、原則として高位を維持します。
       ハ.実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
       ニ.資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき等並びに投資信託財産の規模によっては、上記の
         運用ができない場合があります。
      ④投資対象ファンドの選定方針
       S&P新興国REIT指数に採用されている銘柄に投資します。
     (2)【投資対象】

      ①投資の対象とする資産の種類

       当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       イ.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
         るものをいいます。以下同じ。)
         1.有価証券
         2.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、投資信託
          約款第21条に定めるものに限ります。)
         3.金銭債権
         4.約束手形
       ロ.次に掲げる特定資産以外の資産
         1.為替手形
      ②有価証券の指図範囲
       委託会社は、信託金を、主として三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社を委託者とし、
       三井住友信託銀行株式会社を受託者として締結された親投資信託「新興国REITインデックス                                                   マザー
       ファンド」(以下「マザーファンド」という場合があります。)の受益証券並びに次に掲げる有価証
       券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きま
       す。)に投資することを指図します。
       1.投資信託又は外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいま
        す。)
       2.投資証券又は外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
       3.コマーシャル・ペーパー及び短期社債等
       4.外国法人が発行する譲渡性預金証書
       5.国債証券、地方債証券、特別の法律により法人の発行する債券及び社債券(新株引受権証券と社債
        券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券及び短期社債等を除きます。)
       なお、第1号の証券及び第2号の証券を以下「投資信託証券」といいます。また、第5号の証券を以下
                                 14/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       「公社債」といい、公社債に係る運用の指図は買い現先取引(売戻し条件付の買い入れ)及び債券貸
       借取引(現金担保付き債券借入れ)に限り行うことができるものとします。
      ③金融商品の指図範囲
       イ.委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法
         第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用
         することを指図することができます。
         1.預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
         3.コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
       ロ.上記②の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委
         託会社が運用上必要と認めるときは、委託会社は、信託金を上記イ.に掲げる金融商品により運
         用することの指図ができます。
      ④当ファンドの主要投資対象である新興国REITインデックス                                  マザーファンドにおいてファンドの純資
        産総額の10%を超えて投資しているファンド(平成26年11月11日現在)
       同マザーファンドは平成26年11月28日から運用を開始する予定であり、該当事項はありません。
     (参考)マザーファンドの概要

     当ファンドが投資対象とする                マザーファンドの概要については下記をご参照ください。
                 新興国REITインデックス              マザーファンド
       ファンド名
        運用会社         三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
                 この投資信託は、新興国の金融商品取引所等(これに準ずるものを含みます。)
                 に上場している不動産投資信託証券(以下「REIT」といいます。)に投資し、S&P
      運用の基本方針
                 新興国REIT指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目標と
                 して運用を行います。
                 新興国の金融商品取引所等(これに準ずるものを含みます。)に上場している不
       主要投資対象
                 動産投資信託証券を主要投資対象とします。
                 ①主として、新興国のREITに投資し、S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算
                  ベース)の動きに連動する投資成果を目標として運用を行います。
                 ②運用に際しては、三井住友信託銀行株式会社から投資助言を受けます。
        投資態度         ③REITへの投資割合は、原則として高位を維持します。
                 ④外貨建資産に対する為替ヘッジは、原則として行いません。
                 ⑤資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき等並びに投資信託財産の規模に
                  よっては、上記の運用ができない場合があります。
                 ①投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
                 ②株式への投資は行いません。
                 ③同一銘柄のREITへの投資割合は、原則として投資信託財産の純資産総額の10%
                  以下とします。ただし、S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算ベース)にお
       主な投資制限
                  ける時価の構成割合が10%を超える銘柄がある場合には、当該銘柄にS&P新興
                  国REIT指数(配当込み、円換算ベース)における構成割合の範囲で投資するこ
                  とができるものとします。
                 ④外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ベンチマーク          S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算ベース)
         決算日        年1回:10月20日(休業日の場合は翌営業日)
                                 15/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       収益の分配          該当事項はありません。
       申込手数料          該当事項はありません。
       換金(解約)          該当事項はありません。
         手数料
        信託報酬         該当事項はありません。
                 一部解約を行う日の前営業日における投資信託財産の純資産総額を受益権総口数
      信託財産留保額
                 で除した金額に0.3%の率を乗じて得た額とします。
         設定日        平成26年11月28日
        信託期間         原則として無期限
        助言会社         三井住友信託銀行株式会社
        受託会社         三井住友信託銀行株式会社
     (3)【運用体制】

       ファンドの運用体制は以下の通りです。記載された体制、委員会等の名称、人員等は、今後変更され

       ることがあります。
       委託会社では社内規定を定めて運用に係る組織及びその権限と責任を明示するとともに、運用を行う









       に当たって遵守すべき基本的な事項を含め、運用とリスク管理を適正に行うことを目的とした運用等
       に係る業務規則を定めています。
       委託会社は、受託会社又は再信託受託会社に対して、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを

       行っています。また、外部監査法人による内部統制の整備及び運用状況の報告書を再信託受託会社よ
       り受け取っております。
                                 16/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【分配方針】

       ・年2回、毎決算時に委託会社が基準価額水準、市況動向などを勘案して分配金額を決定します。た

        だし、分配を行わないことがあります。
       ・分配対象額は、経費控除後の繰越分を含めた配当等収益及び売買益(評価益を含みます。)等の全
        額とします。
       ・留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を
        行います。
         ※将来の分配金の支払い及びその金額について保証するものではありません。
     (5)【投資制限】

      <約款に定める投資制限>

       イ.投資信託証券への投資割合
         投資信託証券への実質投資割合には、制限を設けません。
       ロ.株式への投資割合
         株式への投資は行いません。
       ハ.同一銘柄の投資信託証券への投資割合
         同一銘柄の投資信託証券への実質投資割合は、原則として投資信託財産の純資産総額の10%以下
         とします。ただし、S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算ベース)における時価の構成割合が
         10%を超える銘柄がある場合には、当該銘柄にS&P新興国REIT指数(配当込み、円換算ベース)
         における構成割合の範囲で投資することができるものとします。
       ニ.外貨建資産への投資割合
         外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
       ホ.先物取引等の運用指図、目的及び範囲
         委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、並びに投資信託財産が運
         用対象とする不動産投資信託証券の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所等
         (金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所及び金融商品取引法第2条第8項第3号ロ
         に規定する外国金融商品市場のうち、有価証券の売買又は金融商品取引法第28条第8項第3号もし
         くは同項第5号の取引を行う市場及び当該市場を開設するものをいいます。以下同じ。)におけ
         る有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。)の
         うち不動産投信指数を対象とする先物取引及び委託会社が適当と認める外国の金融商品取引所等
         におけるこれらの取引と類似の取引を行うことを指図することができます。
       ヘ.公社債の借入れの指図、目的及び範囲
        (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすること
           ができます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり、担保の提供が必要と認めたとき
           は、担保の提供の指図を行うものとします。
        (ロ)上記(イ)の借入れの指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が投資信託財産の純資産
           総額の範囲内とします。
        (ハ)投資信託財産の一部解約等の事由により、上記(ロ)の借入れに係る公社債の時価総額が投
           資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える
           額に相当する借り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
        (ニ)上記(イ)の借入れに係る品借料は、投資信託財産中から支弁します。
       ト.特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
                                 17/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
         場合には、制約されることがあります。
       チ.外国為替予約取引の指図、目的及び範囲
        (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、並びに為替変動リスクを回避する
           ため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
        (ロ)上記(イ)の予約取引の指図は、投資信託財産に係る為替の買予約とマザーファンドの投資
            信託財産に係る為替の買予約のうち投資信託財産に属するとみなした額との合計額と投資信
            託財産に係る為替の売予約とマザーファンドの投資信託財産に係る為替の売予約のうち投資
            信託財産に属するとみなした額との合計額との差額につき円換算した額が、投資信託財産の
            純資産総額を超えないものとします。ただし、投資信託財産に属する外貨建資産(マザー
            ファンドの投資信託財産に係る外貨建資産のうち投資信託財産に属するとみなした額を含み
            ます。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限り
            ではありません。
        (ハ)上記(ロ)の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、所定の期間内に、その超
            える額に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をする
            ものとします。
        (ニ)上記(ロ)においてマザーファンドの投資信託財産に係る為替の買予約のうち投資信託財産
            に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産に係る為替の買予約の総額にマ
            ザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属するマザーファンド受
            益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザーファンドの投資信託財産
            に係る為替の売予約のうち投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資
            信託財産に係る為替の売予約の総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める
            投資信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいま
            す。
       リ.資金の借入れ
        (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用並びに運用の安定性に資するため、一部解約に伴
           う支払資金の手当(一部解約に伴う支払資金の手当のために借り入れた資金の返済を含みま
           す。)を目的として、又は再投資に係る収益分配金の支払資金の手当を目的として、資金の
           借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図を行うことができます。なお、当該
           借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
        (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当に係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から投資
           信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間又は受益者への解約代金支払開
           始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への
           解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5
           営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金
           及び有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入指図を行
           う日における投資信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
        (ハ)収益分配金の再投資に係る借入期間は、投資信託財産から収益分配金が支弁される日からそ
           の翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        (ニ)借入金の利息は投資信託財産中より支弁します。
      <関連法令に基づく投資制限>
       デリバティブ取引に係る投資制限
        (金融商品取引法、金融商品取引業等に関する内閣府令)
         委託会社は、運用財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係
         る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社等が定めた合
                                 18/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         理的な方法により算出した額が当該運用財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリ
         バティブ取引(新株予約権証券又はオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引及び選択
         権 付債券売買を含みます。)を行い、又は継続することを内容とした運用を行わないものとしま
         す。
     3【投資リスク】

     (1)ファンドのリスク

       ●当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。従って、投資
        者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元
        本を割り込むことがあります。
       ●信託財産に生じた利益及び損失は、全て投資者の皆様に帰属します。
       ●投資信託は預貯金と異なります。
       当ファンドの主なリスクは以下の通りです。

       ①リートの価格変動リスク
        リートの価格は、不動産市況(不動産稼働率、賃貸料、不動産価格等)、金利変動、社会情勢の変
        化、関係法令・各種規制等の変更、災害等の要因により変動します。また、リート及びリートの運
        用会社の業績、財務状況の変化等により価格が変動し、基準価額の変動要因となります。
       ②為替変動リスク
        為替相場は、各国の経済状況、政治情勢等の様々な要因により変動します。投資先の通貨に対して
        円高となった場合には、基準価額の下落要因となります。
       ③信用リスク
        有価証券の発行体が財政難、経営不振、その他の理由により、利払い、償還金、借入金等をあらか
        じめ決められた条件で支払うことができなくなった場合、又はそれが予想される場合には、有価証
        券の価格は下落し、基準価額の下落要因となる可能性があります。
       ④カントリーリスク
        投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化、外国為替規制、資本規制、税制の変更等の事
        態が生じた場合、又はそれが予想される場合には、方針に沿った運用が困難になり、基準価額の下
        落要因となる可能性があります。また、新興国への投資は先進国に比べ、上記のリスクが高まる可
        能性があります。
       ⑤流動性リスク
        時価総額が小さい、取引量が少ない等流動性が低い市場、あるいは取引規制等の理由から流動性が
        低下している市場で有価証券等を売買する場合、市場の実勢と大きく乖離した水準で取引されるこ
        とがあり、その結果、基準価額の下落要因となる可能性があります。
       ※当ファンドのリスクは、上記に限定されるものではありません。

       <その他の留意点>

       ①ファンドは、S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算ベース)と連動する投資成果を目標として運
        用を行いますが、ファンドへの入出金、個別銘柄の実質組入比率の違い、売買コストや信託報酬等
        の影響等から、ファンドの基準価額騰落率と上記インデックスの騰落率は必ずしも一致しません。
       ②同じマザーファンドに投資する他のベビーファンドの資金変動等に伴いマザーファンドにおいて有
        価証券の売買等が発生した場合、基準価額に影響を与えることがあります。
       ③分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われ
                                 19/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ると、その金額相当分、基準価額は下がります。
        分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益及び評価益を含む売買益)を超え
        て支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落するこ
        とになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すもので
        はありません。
        投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部又は全部が、実質的には元本の一部払戻し
        に相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がり
        が小さかった場合も同様です。
       ④ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
        適用はありません。
     (2)リスクの管理体制

       委託会社におけるリスク管理体制
       ①運用部門から独立したリスク管理部及びコンプライアンス統括部が、運用に関するリスク管理と法
        令等遵守状況のモニタリングを担当し、毎月開催される運用リスク管理委員会及び経営会議に報告
        します。
       ②内部監査部は、業務執行に係る内部管理態勢の適切性・有効性を独立した立場から検証・評価し、
        監査結果等を取締役会に報告するとともに、指摘事項の是正・改善状況の事後点検を行います。
     4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】

       ①取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間においては1口当たり1円)に、3.24%(税

        抜 3.0%)(※1)の率を上限として、販売会社が別に定める手数料率を乗じて得た額とします。
         ※1:「税抜」における「税」とは、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)をいいます(以下同
         じ。)。
       ②「分配金再投資コース」(※2)において収益分配金を再投資する場合は無手数料とします。
         㬀㋿ᩓ칶쩒ڑ䶑터湓흓홥륬픰欰蠰訰İ౒ڑ䶑텓흓혰訰댰ﰰ뤰෿ࡺຑ터鉝坟ᔰ䐰彟谰歳ﺑ터朰䩓흓혰訰欰樰謰댰
         ス)と「分配金再投資コース」(税金を差し引いた後に自動的に当ファンドの受益権に無手数料で再投資される
         コース)の2つの申込方法があります。ただし、販売会社により取扱いコースが異なる場合があります。
       ③上記①及び②の詳細につきましては、販売会社にお問い合わせください。販売会社の詳細につきま
        しては、下記に記載の照会先までお問い合わせください。
       (照会先)

        三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
        ホームページ:http://www.smtam.jp/
        フリーダイヤル:0120-668001
       (受付時間は営業日の午前9時から午後5時までとします。)
     (2)【換金(解約)手数料】

       <解約手数料>

        ありません。
       <信託財産留保額>
                                 20/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ご解約時には、解約請求受付日の翌営業日の基準価額に                              0.3  %の率を乗じて得た額を信託財産留保
        額(※)として当該基準価額から控除します。また、当ファンドが保有するマザーファンドの受益
        証 券の解約に伴う信託財産留保額を、当ファンドが負担します。
         ※「信託財産留保額」とは、償還時まで投資を続ける投資者との公平性の確保やファンド残高の安定的な推移を図
         るため、信託期間満了前の解約に対し解約者から徴収する一定の金額をいい、投資信託財産に繰り入れられま
         す。
     (3)【信託報酬等】

       信託報酬等の額及び支弁の方法

      ①信託報酬の総額は、当ファンドの計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年率 
       0.648%(税抜 0.6%)を乗じて得た額とします。その配分は下記の通りです。
            委託会社           年率 0.2484%                 (税抜 0.23%)
            販売会社           年率 0.3348%                 (税抜 0.31%)
            受託会社           年率 0.0648%                 (税抜 0.06%)
      ②信託報酬は、毎計算期末又は信託終了のときに投資信託財産中から支弁します。
      ③信託報酬に係る消費税等相当額を、信託報酬支弁のときに投資信託財産中から支弁します。
     (4)【その他の手数料等】

      ①投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用及び受託会社の立て替えた立替金の利息

       (「諸経費」といいます。)は、受益者の負担とし、そのつど投資信託財産中から支弁します(マ
       ザーファンドにおいて負担する場合を含みます。)。
      ②借入金の利息は、受益者の負担とし、原則として借入金返済時に投資信託財産中から支弁します。
      ③当ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に対する消費税等
       相当額、先物取引に要する費用、組入資産の保管に要する費用(消費税等相当額を含みます。)等
       は、受益者の負担とし、取引のつど投資信託財産中から支弁します(マザーファンドにおいて負担す
       る場合を含みます。)。
      ④投資信託財産の財務諸表の監査に要する費用(消費税等相当額を含みます。)は、受益者の負担と
       し、毎計算期末又は信託終了のときに投資信託財産中から支弁します。
      ⑤これらの手数料等は、運用状況等により変動するなどの理由により、事前に料率、上限額等を示すこ
       とができません。
     手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、上限額等を事前に示すことができま

     せん。また、上場投資信託は市場の需給により価格形成されるため、上場投資信託の費用は表示しており
     ません。
     (5)【課税上の取扱い】

      課税上は株式投資信託として取り扱われます。

      ①個人の受益者に対する課税
       イ.収益分配金に対する課税
          収益分配金のうち配当所得として課税扱いとなる普通分配金については、以下の税率による源泉
          徴収が行われます。
                                 21/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          なお  原則として確定申告不要ですが、確定申告により、申告分離課税又は総合課税(配当控除の
          適用はありません。)のいずれかを選択することもできます。
                                     税 率    (内 訳)
         平成49年12月31日まで                           20.315%     (所得税15.315%、住民税5%)
         平成50年1月1日以降                             20%   (所得税15%、住民税5%)
         ( 平成49年12月31日までの間は、復興特別所得税の税率が含まれます。)
       ロ.一部解約金及び償還金に対する課税
          一部解約時及び償還時の譲渡益は譲渡所得として課税対象となり、申告分離課税が適用されま
          す(特定口座(源泉徴収選択口座)の利用も可能です。)。その税率は、上記イ.の表の通りで
          す。
       ハ.損益通算について
          一部解約時及び償還時の譲渡損失については、確定申告により、上場株式等の譲渡所得の金額
          及び申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得の金額から控除することが可能となります。
          また、一部解約時及び償還時の差益については、上場株式等の譲渡損失との通算が可能となりま
          す。
       ニ .少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合
          公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適用対象です。
         少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」は、平成26年1月1日以降の非課税制度です。NISAをご利
         用の場合、毎年、年間100万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所
         得及び譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用になれるのは、満20歳以上の方で、販売会社
         で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社
         にお問い合わせください。
      ②法人の受益者に対する課税
       収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金並びに一部解約時及び償還時の個別元本超過額について
       は、以下の税率による源泉徴収が行われます。源泉徴収された税金は、所有期間に応じて法人税額か
       ら控除できます。
        なお、益金不算入制度の適用はありません。
                                     税 率 (所得税のみ)
         平成49年12月31日まで                                     15.315%
         平成50年1月1日以降                                       15%
        (平成49年12月31日までの間は、復興特別所得税の税率が含まれます。)
      ③個別元本について
       イ.追加型株式投資信託について、受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料及び当該申込
         手数料に係る消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)に当たりま
         す。
       ロ.受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行
         うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       ハ.ただし個別元本は、複数支店で同一ファンドの受益権を取得する場合などにより把握方法が異な
         る場合がありますので、詳しくは販売会社へお問い合わせください。
       ニ.受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当
         該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
         (「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の「④普通分配金と元本払戻金(特別分配
         金)について」をご参照ください。)
      ④普通分配金と元本払戻金(特別分配金)について
       追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本
                                 22/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       払戻金(特別分配金)」(受益者ごとの元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
       受益者が収益分配金を受け取る際、
       イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合又は当該受益者の個別元
         本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、
       ロ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る
         部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配
         金)を控除した額が普通分配金となります。
        㭎ઊᠰ漰Ş獢က㈀㙞琀㥧ࠀ㌀づ﹗⠰渰舰渰朰夰渰朰ź๬핻䤰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰Ŏઊᠰ湑蕛뤰䱙

        更される場合があります。
        ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
     5【運用状況】

       当ファンドは、平成26年11月28日に運用を開始する予定であり、該当する記載事項はありません。

     (1)【投資状況】

      該当事項はありません。

     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

      該当事項はありません。

     ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。

     ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

      該当事項はありません。

     ②【分配の推移】

      該当事項はありません。

     ③【収益率の推移】

                                 23/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      該当事項はありません。

     (4)【設定及び解約の実績】

      該当事項はありません。

     ≪参考情報≫

     交付目論見書に記載するファンドの運用実績

     第2【管理及び運営】













     1【申込(販売)手続等】

       <申込手続>

        受益権取得申込者は、販売会社との間で、受益権の取引に関する契約を締結していただきます。
       <申込コース>

                                 24/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当ファンドには、「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」(※)の2つの申込方法があ
        ります。ただし、販売会社により取扱いコースが異なる場合があります。
         㬰౒ڑ䶑텑赢閌윰댰ﰰ뤰ര朰湓흶쩪⤰湓홟靵㎏벀԰漰ƌ꥘᩹㸰栰溕錰朰Œڑ䶑텑赢閌윰殕ꈰ夰譙兽а鉽倰地
         いただきます。
       <申込みの受付>

        お申込みの受付は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、お申込みの受付に係る販売会社
        の所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。なお、当該時間を過ぎてのお申込
        みは翌営業日の取扱いとさせていただきます。
       <申込単位>

        販売会社が定める単位とします(「分配金再投資コース」を選択された受益権の収益分配金を再投
        資する場合は1円以上1円単位とします。)                       。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       <申込価額>

        当初申込期間:受益権1口当たり1円とします。
        継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
       (注)分配金再投資に関する契約に基づいて収益分配金を再投資する場合の受益権の申込価額は、各計算期間終了日
          の基準価額とします。
       <申込手数料>

        前記 第1ファンドの状況              4手数料等及び税金           (1)申込手数料をご覧ください。
       <申込代金の支払い>

        販売会社が定める期日までにお支払いください。
       <受付不可日>

        分配金再投資コースの収益分配金の再投資の場合を除き、申込日当日が、投資対象国・地域の休日
        等当該日の取得申込みを受け付けることにより投資信託財産の効率的な運用を妨げるおそれがある
        と委託会社が合理的に判断する別に定める日(※)においては、申込みを受け付けないものとしま
        す。
         ※平成26年11月11日現在、以下に該当する日とします。
         ヨハネスブルグ証券取引所の休業日
         メキシコ証券取引所の休業日
         マレーシア証券取引所の休業日
        なお「別に定める日」はベンチマーク構成国の変更等により今後変更となる場合があります。最新
        の情報につきましては販売会社にお問い合わせください。
       <申込受付の中止等>

        収益分配金を再投資する場合を除き、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停
        止、投資対象国における非常事態による市場閉鎖、その他やむを得ない事情があるときは、委託会
        社は、受益権の取得申込みの受付を中止すること、及びすでに受け付けた取得申込みの受付を取り
        消すことができます。
       <その他>

                                 25/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時に又はあらかじめ、自己のために開設された当ファン
        ドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に係
        る 口数の増加の記載又は記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと
        引換えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載又は記録を行うことができます。委
        託会社は、分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載又は記録をするた
        め社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替
        機関への通知があった場合、社振法の規定に従い、その備える振替口座簿への新たな記載又は記録
        を行います。受託会社は、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定
        した旨の通知を行います。
       <問い合わせ先>

        上記手続きの詳細につきましては、販売会社にお問い合わせください。販売会社の詳細につきまし
        ては、下記の照会先までお問い合わせください。
        (照会先)
          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
          ホームページ:http://www.smtam.jp/
          フリーダイヤル:0120-668001
        (受付時間は営業日の午前9時から午後5時までとします。)
     2【換金(解約)手続等】

       <一部解約手続>

        受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものとし
        ます。委託会社は、一部解約の実行の請求を受け付けた場合には、この投資信託契約の一部を解約
        します。
       <一部解約の受付>

        一部解約の実行の請求の受付は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、お申込みの受付に
        係る販売会社の所定の事務手続きが完了したものを当日の受付とします。なお、当該時間を過ぎて
        の受付は翌営業日の取扱いとさせていただきます。
       <一部解約単位>

        販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       <解約価額>

        一部解約の実行の請求受付日の翌営業日の基準価額から、当該基準価額に0.3%の率を乗じて得た
        解約時における信託財産留保額を控除した価額(以下「解約価額」といいます。)とします。
        解約価額は委託会社の営業日において日々算出されます。日々の解約価額は、販売会社へお問い合
        わせください。また、解約価額は原則として、委託会社ホームページ(http://www.smtam.jp/)で
        ご覧いただけます。
       <一部解約代金の支払い>

        受益者の請求を受け付けた日から起算して、原則として、7営業日目から販売会社において当該受
        益者に支払われます。
                                 26/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <受付不可日>
        投資対象国・地域の休日等当該日の一部解約の実行の請求を受け付けることにより投資信託財産の
        効率的な運用を妨げるおそれがあると委託会社が合理的に判断する別に定める日(※)において
        は、一部解約の実行の請求を受け付けないものとします。
         ※平成26年11月11日現在、以下に該当する日とします。
         ヨハネスブルグ証券取引所の休業日
         メキシコ証券取引所の休業日
         マレーシア証券取引所の休業日
        なお「別に定める日」はベンチマーク構成国の変更等により今後変更となる場合があります。最新
        の情報につきましては販売会社にお問い合わせください。
       <一部解約受付の中止等>

        委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、投資対象国における非
        常事態による市場閉鎖、その他やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行の請求の受付を中
        止すること、及びすでに受け付けた一部解約の実行の請求の受付を取り消すことができます。
        一部解約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一
        部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場
        合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に
        一部解約の実行の請求を受け付けたものとして上記<解約価額>の規定に準じて計算された価額と
        します。
       <一部解約の制限>

        当ファンドの規模及び商品性格などに基づき、運用上の支障をきたさないようにするため、大口の
        一部解約には受付時間及び金額の制限を行う場合があります。詳細につきましては、販売会社まで
        お問い合わせください。
       <その他>

        一部解約の実行の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者
        の請求に係るこの投資信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解約に係る受
        益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定に従い当該振替機関等の口座にお
        いて当該口数の減少の記載又は記録が行われます。
       <問い合わせ先>

        上記手続きの詳細につきましては、販売会社にお問い合わせください。販売会社の詳細につきまし
        ては、下記の照会先までお問い合わせください。
        (照会先)
          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
          ホームページ:http://www.smtam.jp/
          フリーダイヤル:0120-668001
        (受付時間は営業日の午前9時から午後5時までとします。)
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

                                 27/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <基準価額の算出方法>
        基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券及び借入公社債を除きま
        す。)を法令及び一般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た投資信託財産の資産総
        額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総
        口数で除した金額をいいます。
       <基準価額の算出頻度>

        基準価額は、委託会社の営業日において日々算出されます。
       <主要な投資対象資産の評価方法>

       イ.マザーファンド受益証券の評価方法
         計算日の基準価額で評価します。
       ロ.マザーファンドの主要な投資対象資産の評価方法
          外国上場投資信託受益証券(海外REITを含みます。)、外国上場投資証券(海外REITを含みま
          す。)(上場には店頭登録を含みます。)
          原則として計算日に知りうる直近の日における外国金融商品市場の最終相場(店頭登録銘柄は
          海外店頭市場の最終相場又は最終買気配相場)で評価します。
        外貨建資産の円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値に
        よって計算し、為替予約の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値
        によって計算します。
       <基準価額の照会方法>

        基準価額は、販売会社又は委託会社へお問い合わせください。販売会社の詳細につきましては、下
        記に記載の照会先までお問い合わせください。また、基準価額は原則として、委託会社ホームペー
        ジ(http://www.smtam.jp/)でご覧いただけます。
        (照会先)
          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
          ホームページ:http://www.smtam.jp/
          フリーダイヤル:0120-668001
          (受付時間は営業日の午前9時から午後5時までとします。)
     (2)【保管】

       該当事項はありません            。
     (3)【信託期間】

       無期限とします。(平成26年11月28日設定)

       ただし、下記「(5)その他 <投資信託契約の終了(償還)と手続き>」の事項に該当する場合は、こ
       の投資信託契約を解約し、信託を終了させることがあります。
     (4)【計算期間】

        原則として、毎年4月21日から10月20日まで及び10月21日から翌年4月20日までとします。

        ただし、第1計算期間は平成26年11月28日から平成27年4月20日までとします。
                                 28/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期
        間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただ
        し、  最終計算期間の終了日は、信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

       <投資信託契約の終了(償還)と手続き>

        (1)投資信託契約の終了(ファンドの繰上償還)
         ①委託会社は、以下の場合には法令及び投資信託契約に定める手続きに従い、受託会社と合意の
          うえ、この投資信託契約を解約し信託を終了(繰上償還)させることができます。
         ・受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合
         ・投資信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める場合
         ・やむを得ない事情が発生した場合
         ②委託会社は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従い、
          ファンドを繰上償還させます。
         ③委託会社は、監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したとき又は業務を廃止したとき
          は、原則として、ファンドを繰上償還させます。
         ④委託会社は、上記の場合においてファンドを繰上償還させる場合は、あらかじめ、その旨を監
          督官庁に届け出ます。
        (2)投資信託契約の終了(ファンドの繰上償還)に係る書面決議の手続き
         委託会社は上記(1)①によりファンドの繰上償還を行おうとする場合、以下の手続きで行いま
         す。
         ①委託会社は、ファンドの繰上償還について、書面決議を行います。この場合において、あらか
          じめ、書面決議の日並びにファンドの繰上償還の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週
          間前までに、この投資信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を
          記載した書面決議の通知を発します。
         ②受益者(委託会社及びこの信託の投資信託財産にこの信託の受益権が属するときの当該受益権
          に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は受益権の口数に応じ
          て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使
          しないときは、当該受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         ③上記①の書面決議は議決権を行使することができる受益者の半数以上であって、当該受益者の
          議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行います。
         ④上記①から③までの規定は、委託会社がファンドの繰上償還について提案をした場合におい
          て、当該提案につき、この投資信託契約に係る全ての受益者が書面又は電磁的記録により同意
          の意思表示をしたときには適用しません。また、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得
          ない事情が生じている場合であって、上記①から③までの手続きを行うことが困難な場合にも
          適用しません。
       <平成26年12月1日以降、「投資信託契約の終了(償還)と手続き」は以下の通り変更されます。>

       <投資信託契約の終了(償還)と手続き>
        (1)投資信託契約の終了(ファンドの繰上償還)
         ①委託会社は、以下の場合には法令及び投資信託契約に定める手続きに従い、受託会社と合意の
          うえ、この投資信託契約を解約し信託を終了(繰上償還)させることができます。
         ・受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合
         ・投資信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める場合
                                 29/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ・やむを得ない事情が発生した場合
         ②委託会社は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従い、
          ファンドを繰上償還させます。
         ③委託会社は、監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したとき又は業務を廃止したとき
          は、原則として、ファンドを繰上償還させます。
         ④委託会社は、上記の場合においてファンドを繰上償還させる場合は、あらかじめ、その旨を監
          督官庁に届け出ます。
        (2)投資信託契約の終了(ファンドの繰上償還)に係る書面決議の手続き
         委託会社は上記(1)①によりファンドの繰上償還を行おうとする場合、以下の手続きで行いま
         す。
         ①委託会社は、ファンドの繰上償還について、書面決議を行います。この場合において、あらか
          じめ、書面決議の日並びにファンドの繰上償還の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週
          間前までに、この投資信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を
          記載した書面決議の通知を発します。
         ②受益者(委託会社及びこの信託の投資信託財産にこの信託の受益権が属するときの当該受益権
          に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は受益権の口数に応じ
          て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使
          しないときは、当該受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         ③上記①の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
          をもって行います。
         ④上記①から③までの規定は、委託会社がファンドの繰上償還について提案をした場合におい
          て、当該提案につき、この投資信託契約に係る全ての受益者が書面又は電磁的記録により同意
          の意思表示をしたときには適用しません。また、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得
          ない事情が生じている場合であって、上記①から③までの手続きを行うことが困難な場合にも
          適用しません。
       <投資信託約款の変更等と重大な投資信託約款の変更等の手続き>

        (1)投資信託約款の変更等
         委託会社は、以下の場合には法令及び投資信託約款に定める手続きに従い、受託会社と合意のう
         え、この投資信託約款を変更すること又は受託会社を同一とする他のファンドとの併合を行うこ
         とができます。
         ・受益者の利益のため必要と認めるとき
         ・やむを得ない事情が発生したとき
         委託会社は、投資信託約款の変更又はファンドの併合を行う場合は、あらかじめ、その旨及びそ
         の内容を監督官庁に届け出ます。
         委託会社は、監督官庁の命令に基いて、投資信託約款を変更しようとするときは、本手続に従い
         ます。
        (2)重大な投資信託約款の変更等に係る書面決議の手続き
         委託会社はファンドの約款変更のうち重大な内容の変更(以下「重大な約款変更」といいま
         す。)又はファンドの併合について、以下の手続きで行います。
         ①委託会社は、ファンドの重大な約款変更又はファンドの併合について、書面決議を行います。
          この場合において、あらかじめ、書面決議の日並びに重大な約款変更又はファンドの併合の内
          容及びその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託約款に係る
          知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         ②受益者(委託会社及びこの信託の投資信託財産にこの信託の受益権が属するときの当該受益権
                                 30/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は受益権の口数に応じ
          て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使
          し ないときは、当該受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         ③上記①の書面決議は議決権を行使することができる受益者の半数以上であって、当該受益者の
          議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行います。
         ④書面決議の効力は、このファンドの全ての受益者に対してその効力を生じます。
         ⑤上記①から④までの規定は、委託会社が重大な約款変更又はファンドの併合について提案をし
          た場合において、当該提案につき、この投資信託約款に係る全ての受益者が書面又は電磁的記
          録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
         ⑥当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当該併合に係る他のファン
          ドにおいて当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことは
          できません。
       <平成26年12月1日以降、「投資信託約款の変更等と重大な投資信託約款の変更等の手続き」は以下

       の通り変更されます。>
       <投資信託約款の変更等と重大な投資信託約款の変更等の手続き>
        (1)投資信託約款の変更等
         委託会社は、以下の場合には法令及び投資信託約款に定める手続きに従い、受託会社と合意のう
         え、この投資信託約款を変更すること又は受託会社を同一とする他のファンドとの併合を行うこ
         とができます。
         ・受益者の利益のため必要と認めるとき
         ・やむを得ない事情が発生したとき
         委託会社は、投資信託約款の変更又はファンドの併合を行う場合は、あらかじめ、その旨及びそ
         の内容を監督官庁に届け出ます。
         委託会社は、監督官庁の命令に基いて、投資信託約款を変更しようとするときは、本手続に従い
         ます。
        (2)重大な投資信託約款の変更等に係る書面決議の手続き
         委託会社はファンドの約款変更のうち重大な内容の変更(以下「重大な約款変更」といいま
         す。)又はファンドの併合について、以下の手続きで行います。
         ①委託会社は、ファンドの重大な約款変更又はファンドの併合(併合が受益者の利益に及ぼす影
          響が軽微なものに該当する場合を除きます。)について、書面決議を行います。この場合にお
          いて、あらかじめ、書面決議の日並びに重大な約款変更又はファンドの併合の内容及びその理
          由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託約款に係る知れている受
          益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         ②受益者(委託会社及びこの信託の投資信託財産にこの信託の受益権が属するときの当該受益権
          に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は受益権の口数に応じ
          て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使
          しないときは、当該受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         ③上記①の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
          をもって行います。
         ④書面決議の効力は、このファンドの全ての受益者に対してその効力を生じます。
         ⑤上記①から④までの規定は、委託会社が重大な約款変更又はファンドの併合について提案をし
          た場合において、当該提案につき、この投資信託約款に係る全ての受益者が書面又は電磁的記
          録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
         ⑥当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当該併合に係る他のファン
                                 31/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ドにおいて当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことは
          できません。
       <受託会社の辞任及び解任に伴う取扱い>

        ①受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務
         に背いた場合、又はその他重要な事由があるときは、委託会社又は受益者は、裁判所に受託会社
         の解任を申し立てることができます。受託会社が辞任した場合、又は裁判所が受託会社を解任し
         た場合、委託会社は、上記<投資信託約款の変更等と重大な投資信託約款の変更等の手続き>に
         従い、新受託会社を選任します。
        ②委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はファンドを償還させます。
       <反対者の買取請求権>

        ファンドの償還、重大な約款変更又はファンドの併合を行う場合には、書面決議において当該ファ
        ンドの償還、重大な約款変更又はファンドの併合に反対した受益者は、販売会社を経由して受託会
        社に対し、自己に帰属する受益権を、投資信託財産をもって買い取るべき旨を請求することができ
        ます。
       <平成26年12月1日以降、「反対者の買取請求権」は削除されます。>
       <運用報告書>

        委託会社は、毎決算時及び償還時に交付運用報告書及び運用報告書(全体版)を作成し、交付運用
        報告書を販売会社を通じて知れている受益者に対して交付します。
       <関係法人との契約の更改手続き>

        ・委託会社が販売会社と締結している募集・販売等に関する契約
         当該契約の有効期間は、契約満了日の3ヶ月前までに委託会社及び販売会社から別段の意思表示
         のないときは、自動的に1年間延長され、その後も同様とします。
       <公告>

        委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
       <混蔵寄託>

        金融機関又は第一種金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第1項に規定する第一種金融商品
        取引業を行う者及び外国の法令に準拠して設立された法人でこの者に類する者をいいます。以下同
        じ。)から、売買代金及び償還金等について円貨で約定し円貨で決済する取引により取得した外国
        において発行された譲渡性預金証書又はコマーシャル・ペーパーは、当該金融機関又は第一種金融
        商品取引業者等が保管契約を締結した保管機関に当該金融機関又は第一種金融商品取引業者等の名
        義で混蔵寄託することができるものとします。
       <投資信託財産の登記等及び記載等の留保等>

        ①信託の登記又は登録をすることができる投資信託財産については、信託の登記又は登録をするこ
         ととします。ただし、受託会社が認める場合は、信託の登記又は登録を留保することがありま
         す。
        ②上記①ただし書きにかかわらず、受益者保護のために委託会社又は受託会社が必要と認めるとき
         は、速やかに登記又は登録をするものとします。
        ③投資信託財産に属する旨の記載又は記録をすることができる投資信託財産については、投資信託
                                 32/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         財産に属する旨の記載又は記録をするとともに、その計算を明らかにする方法により分別して管
         理するものとします。ただし、受託会社が認める場合は、その計算を明らかにする方法により分
         別 して管理することがあります。
        ④動産(金銭を除きます。)については、外形上区別することができる方法によるほか、その計算
         を明らかにする方法により分別して管理することがあります。
     4【受益者の権利等】

     (1)収益分配金に対する請求権

      ①受益者は、委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
      ②収益分配金は、毎計算期間終了日(決算日)において振替機関等の振替口座簿に記載又は記録されて
       いる受益者(当該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を
       除きます。また、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のた
       め販売会社の名義で記載又は記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)
       に、原則として決算日から起算して5営業日までに支払いを開始します。
      ③上記②の規定にかかわらず、収益分配金を再投資する受益者に対しては、受託会社が委託会社の指定
       する預金口座等に払い込むことにより、原則として、毎決算日の翌営業日に、収益分配金が販売会
       社に交付されます。この場合、販売会社は、分配金再投資に関する契約に基づき、受益者に対し遅
       滞なく収益分配金の再投資に係る受益権の売付を行います。当該売付により増加した受益権は、振
       替口座簿に記載又は記録されます。
      ④上記②に規定する収益分配金の支払いは、販売会社の営業所等において行うものとします。
      ⑤受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
       い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
     (2)償還金に対する請求権
      ①受益者は、持分に応じて償還金を請求する権利を有します。
      ②償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載又は記録されている受益者(償還日以前に
       おいて一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益
       権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載又は記録されている受益権については原則とし
       て取得申込者とします。)に、原則として償還日から起算して5営業日までに支払いを開始します。
      ③償還金の支払いは、販売会社の営業所等において行うものとします。
      ④受益者が償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受
       託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
     (3)換金(解約)請求権
      受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求をすることにより換金する権利を
      有します。
      詳細につきましては、上記「2換金(解約)手続等」をご参照ください。
     (4)帳簿閲覧・謄写請求権
      受益者は委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの投資信託財産に関する帳簿書類の閲覧又は
      謄写を請求することができます。
                                 33/58




                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     (1)当ファンドは、平成26年11月28日から運用を開始する予定であり、該当事項はありません。

       当ファンドの会計監査は、有限責任監査法人トーマツが行います。
     (2)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省

       令第59号)」並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則(平成12年総
       理府令第133号)」に基づいて作成され、監査証明を受けた当ファンドの財務諸表は有価証券報告書
       に記載されます。
     (3)法令の定めるところにより、当ファンドの有価証券報告書の提出は、計算期間の終了毎に行われま

       す。
     1【財務諸表】

      該当事項はありません。

                                 34/58














                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

                                 35/58




















                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【純資産額計算書】

      該当事項はありません。

     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)名義書換等

      該当事項はありません。
     (2)受益者等に対する特典
      該当事項はありません。
     (3)譲渡制限
      該当事項はありません。
     (4)振替受益権について
      当ファンドの受益権は社振法の適用を受けます。
       ①受益証券の不発行
        委託会社は、当ファンドの受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り
        消された場合又は当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存
        在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、振替受益権を表示する受益証券を発行し
        ません。
       ②受益権の譲渡
        イ.受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
          記載又は記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
        ロ.上記イ.の申請のある場合には、上記イ.の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する
          受益権の口数の減少及び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿
          に記載又は記録するものとします。ただし、上記イ.の振替機関等が振替先口座を開設したも
          のでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
          位機関を含みます。)に社振法の規定に従い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記
          載又は記録が行われるよう通知するものとします。
        ハ.上記イ.の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載又は記録
          されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる
          場合等において、委託会社が必要と認めるとき又はやむを得ない事情があると判断したとき
          は、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
       ③受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載又は記録によらなければ、委託会社及び受託会社に対抗する
        ことができません。
      ④受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
       ⑤償還金
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載又は記録されている受益者(償還日以前
        において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
        受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載又は記録されている受益権については原
        則として取得申込者とします。)に支払います。
       ⑥質権口記載又は記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載又は記録されている受益権に係る収益分配金の支払い、一
        部解約の実行の請求の受付、一部解約金及び償還金の支払い等については、約款の規定によるほ
        か、民法その他の法令等に従って取り扱われます。
                                 36/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 37/58





















                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

     (1)資本金の額(平成26年9月30日現在)

       資本金の額           :3億円
       発行可能株式総数          :12,000株
       発行済株式総数           :3,000株
       最近5年間における資本金の額の増減:該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構
      ①会社の意思決定機構
       会社に取締役3名以上、監査役2名以内をおきます。取締役及び監査役は、株主総会において選任さ
       れ、又は解任されます。
       取締役及び監査役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
       株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、取締役の選任決議は、累積投票によらないものと
       します。
       また、取締役の解任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
       が出席し、その議決権の過半数をもって行い、監査役の解任決議は、議決権を行使することができる
       株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行います。
       取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の
       時までとします。
       監査役の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の
       時までとします。
       取締役会は、その決議をもって、取締役の中から、代表取締役若干名を選定します。また、代表取締
       役の中から社長1名を選定し、必要あるときは、取締役の中から、副社長、専務取締役、常務取締役
       若干名を選定することができます。
       取締役会は、社長が招集し、議長となります。
       社長にさしつかえあるときは、取締役会においてあらかじめ定めた順位にしたがい、ほかの取締役が
       その職務を代行します。
       取締役会を招集するには、各取締役及び各監査役に対して会日の3日前までに招集通知を発します。
       ただし、緊急の必要あるときは、この期間を短縮することができ、取締役及び監査役の全員の同意が
       あるときは、招集の手続を経ずに取締役会を開催することができます。
       取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役の過半数が出席し、出席した取締役
       の過半数をもって行います。
      ②投資運用の意思決定機構
       [PLAN(計画)]
        運用企画部担当役員を委員長とする運用委員会において、ファンドの運用の基本方針や運用ガイド
        ラインなどを決定します。運用委員会で決定された運用の基本方針等に基づき、各運用部におい
        て、ファンドマネジャーが資産配分や個別資産の運用に係る運用計画を月次で策定し、部長が承認
        します。
       [DO(実行)]
        各運用部のファンドマネジャーは、運用計画に沿った運用の実行指図を通じてポートフォリオを構
        築し、ファンドの運用状況を管理します。
                                 38/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        各運用部の部長は、ファンドの運用が運用計画に沿って行われていることを確認します。
        売買発注の執行は、各運用部からの運用の実行指図に基づき、各運用部から独立したトレーディン
        グ部のトレーダーが行います。
       [CHECK(検証・評価)]
        運用企画部は、運用部門において各運用部から独立した立場で、毎月開催される運用委員会(委員
        長は運用企画部担当役員)に運用パフォーマンスに係るモニタリング状況を報告します。
        このモニタリング状況や討議内容は、各運用部の部長(委員会の構成員)からファンドマネジャー
        に速やかにフィードバックされ、ファンドの運用に反映させています。
        また、運用に関するリスク管理と法令等遵守状況のモニタリングについては、運用部門から独立し
        たリスク管理部及びコンプライアンス統括部が担当します。このモニタリング結果は、毎月開催さ
        れる運用リスク管理委員会(委員長はリスク管理部担当役員)及び経営会議(議長は社長)に報告
        されます。
        こうした牽制態勢のもと、PLAN-DO-CHECKのPDCサイクルによる一貫した運用プロセスにより、適
        切な運用体制を維持するよう努めています。
        さらに、内部監査部は、業務執行に係る内部管理態勢の適切性・有効性を独立した立場から検証・
        評価します。この監査結果等を取締役会に報告するとともに、指摘事項の是正・改善状況の事後点
        検を行います。
       委託会社の機構は平成26年11月11日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

     2【事業の内容及び営業の概況】

      投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行

      うとともに金融商品取引法に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っています。ま
      た、金融商品取引法に定める投資助言業務等の関連する業務を行っています。
      平成26年9月30日現          在、委託会社が運用の指図を行っている証券投資信託(マザーファンドを除きます。)
      は次の通りです。
                                   本数(本)           純資産総額(百万円)

       追加型株式投資信託                              384              5,518,077
       追加型公社債投資信託                               0                 0
       単位型株式投資信託                               ▶              17,166
       単位型公社債投資信託                               0                 0
                  合計                   388              5,535,243
     3【委託会社等の経理状況】

     (1)委託者である三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(以下「委託者」という。)の財務諸表

      は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等
      規則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内
      閣府令第52号)に基づいて作成しております。
      なお、財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
     (2)委託者は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成

      26年3月31日)の財務諸表について、有限責任                        あずさ監査法人により監査を受けております。
                                 39/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:千円)
                             前事業年度                   当事業年度
                          (平成25年3月31日現在)                   (平成26年3月31日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                   8,192,444                   10,457,599
       前払費用                             81,751                   114,325
       未収委託者報酬                            2,210,605                   2,735,763
       未収運用受託報酬                             31,051                   15,268
       未収入金                               676                    -
       繰延税金資産                             61,743                   144,183
                                    19,263                    3,448
       その他
       流動資産合計                           10,597,535                   13,470,589
      固定資産
       有形固定資産       
        建物                    ※1        79,281           ※1        67,359
        器具備品                    ※1        103,209           ※1        87,378
        有形固定資産合計                            182,491                   154,737
        無形固定資産
        ソフトウェア                            168,561                   203,360
        その他                            1,770                   4,686
        無形固定資産合計                            170,332                   208,046
       投資その他の資産
        投資有価証券                            47,112                   69,583
        長期前払費用                              -                 34,773
        長期貸付金                            31,838                   28,838
        会員権
                                    25,000                   25,000
        繰延税金資産                              -                 117,743
        その他                              633                   553
                                   △31,838                   △28,838
        貸倒引当金
        投資その他の資産合計                            72,746                   247,653
       固定資産合計                             425,570                   610,437
      資産合計                            11,023,105                   14,081,027
                                                     (単位:千円)

                             前事業年度                   当事業年度
                         (平成25年3月31日現在)                   (平成26年3月31日現在)
     負債の部
      流動負債
       預り金                             19,992                   13,353
       未払金                           1,459,757                   1,723,999
        未払手数料                           942,503                  1,169,997
        その他未払金                           517,254                   554,001
       未払費用                             82,209                   44,167
       未払法人税等                            204,363                  1,467,469
                                 40/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       未払消費税等                             11,940                   129,007
       賞与引当金                             92,832                   94,659
       その他                             21,231                   14,376
       流動負債合計                           1,892,326                   3,487,033
      固定負債
       資産除去債務                             12,281                   12,492
       退職給付引当金                            268,531                   313,992
       繰延税金負債                            303,555                      -
       固定負債合計                            584,368                   326,485
      負債合計                            2,476,694                   3,813,518
     純資産の部

      株主資本
        資本金                            300,000                   300,000
       資本剰余金
        その他資本剰余金                           350,000                   350,000
        資本剰余金合計
                                    350,000                   350,000
        利益剰余金
        利益準備金                            59,500                   62,500
        その他利益剰余金
          別途積立金                         2,100,000                   2,100,000
          繰越利益剰余金                         5,731,912                   7,452,293
        利益剰余金合計                          7,891,412                   9,614,793
        株主資本合計                           8,541,412                   10,264,793
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                              4,998                   2,715
       評価・換算差額等合計                             4,998                   2,715
      純資産合計                            8,546,410                   10,267,508
     負債・純資産合計                             11,023,105                   14,081,027
     (2)【損益計算書】


                                                     (単位:千円)
                             前事業年度                    当事業年度
                         (自    平成24年4月1日                  (自    平成25年4月1日
                          至   平成25年3月31日)                   至   平成26年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                            19,128,296                    22,773,831
                                    94,659                    55,511
      運用受託報酬
      営業収益合計                            19,222,955                    22,829,342
     営業費用
      支払手数料                            9,030,246                   10,451,296
      広告宣伝費                              73,287                    76,961
      公告費                              2,244                     -
      調査費                            4,132,154                    5,091,105
       調査費                            207,030                    259,236
       委託調査費                           3,922,394                    4,830,390
                                 41/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       図書費                             2,729                    1,479
      営業雑経費                            1,294,879                    1,264,334
       通信費                             21,905                    17,246
       印刷費                            330,735                    327,214
       協会費                             21,939                    22,524
       諸会費                              757                    773
       情報機器関連費                            874,151                    837,859
       その他営業雑経費                             45,391                    58,716
        営業費用合計                         14,532,812                    16,883,698
     一般管理費
      給料                            2,259,238                    2,201,964
       役員報酬                             78,205                   102,330
       給料・手当                           1,967,177                    1,846,450
       賞与                            213,855                    253,183
      退職給付費用                              64,787                    72,029
      役員退職慰労金                               -                  1,070
      福利費                             190,716                    207,122
      交際費                               879                   2,758
      旅費交通費                              45,160                    45,973
      租税公課                              25,420                    42,862
      不動産賃借料                             129,096                    130,938
      寄付金                                -                  3,385
      減価償却費                             129,966                    119,445
      諸経費                     ※1        257,947            ※1        219,615
        一般管理費合計                          3,103,213                    3,047,165
     営業利益
                                  1,586,929                    2,898,479
                                                        (単位:千

                                                         円)
                             前事業年度                    当事業年度
                         (自    平成24年4月1日                   (自    平成25年4月1日
                          至   平成25年3月31日)                    至   平成26年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                             1,919                      -
      受取利息                             6,475                     7,464
      収益分配金                              -                   3,234
      投資有価証券売却益                              924                     553
      貸倒引当金戻入                             3,000                     3,000
      その他                             2,552                     1,775
      営業外収益合計                             14,873                     16,027
     営業外費用
      長期前払費用償却                              -          ※1        23,222
      支払補償費                               -                   14,648
      投資有価証券売却損                             14,182                      284
      その他                              361                    2,112
      営業外費用合計                             14,544                     40,268
     経常利益                            1,587,257                     2,874,238
     特別利益
      投資有価証券売却益                             30,000                       -
                                 42/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      特別利益合計                             30,000                       -
     特別損失
      統合関連損失                            484,725                       -
      特別損失合計                            484,725                       -
     税引前当期純利益                            1,132,532                     2,874,238
     法人税、住民税及び事業税
                                  369,828                    1,623,332
                                   56,358                   △502,474
     法人税等調整額
     法人税等合計                             426,187                    1,120,857
     当期純利益                             706,344                    1,753,381
     (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                                             資本剰余金
                        資本金
                                    その他資本剰余金               資本剰余金合計
     当期首残高                      300,000                 -              -
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      合併による増加                                   350,000              350,000
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                         -            350,000              350,000
     当期末残高                      300,000              350,000              350,000
                                     株主資本

                                利益剰余金
                              その他利益剰余金
                                                      株主資本合計
                                             利益剰余金
                   利益準備金                  繰越利益
                           別途積立金                   合計
                                     剰余金
     当期首残高               56,500       2,100,000         2,516,273         4,672,773         4,972,773
     当期変動額
      剰余金の配当               3,000                △33,000         △30,000         △30,000
      当期純利益                                706,344         706,344         706,344
      合併による増加                               2,542,294         2,542,294         2,892,294
      株主資本以外の項目
      の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                3,000          -     3,215,638         3,218,638         3,568,638
     当期末残高               59,500       2,100,000         5,731,912         7,891,412         8,541,412
                             評価・換算差額等

                                                    純資産合計
                    その他有価証券評価差額金                評価・換算差額等合計
     当期首残高                       △9,859              △9,859            4,962,913
     当期変動額
                                 43/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      剰余金の配当                                                 △30,000
      当期純利益                                                 706,344
      合併による増加                                                2,892,294
      株主資本以外の項目の
                             14,857              14,857             14,857
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                        14,857              14,857           3,583,496
     当期末残高                         4,998              4,998           8,546,410
     当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                                             資本剰余金
                        資本金
                                    その他資本剰余金               資本剰余金合計
     当期首残高                      300,000              350,000              350,000
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                         -              -              -
     当期末残高                      300,000              350,000              350,000
                                     株主資本

                                利益剰余金
                              その他利益剰余金
                                                      株主資本合計
                                             利益剰余金
                   利益準備金
                                     繰越利益
                                               合計
                           別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高               59,500       2,100,000         5,731,912         7,891,412         8,541,412
     当期変動額
      剰余金の配当               3,000                △33,000         △30,000         △30,000
      当期純利益                              1,753,381         1,753,381         1,753,381
      株主資本以外の項目
      の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                3,000          -     1,720,381         1,723,381         1,723,381
     当期末残高               62,500       2,100,000         7,452,293         9,614,793         10,264,793
                             評価・換算差額等

                                                    純資産合計
                    その他有価証券評価差額金                評価・換算差額等合計
     当期首残高                        4,998               4,998           8,546,410
     当期変動額
      剰余金の配当                                                 △30,000
      当期純利益                                                1,753,381
      株主資本以外の項目の
                            △2,283               △2,283             △2,283
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                       △2,283               △2,283            1,721,098
     当期末残高                        2,715               2,715          10,267,508
                                 44/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針

     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
       時価のあるもの
         決算末日の市場価格等に基づく時価法によっております。(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却
        原価は、移動平均法により算定しております。)
     2.固定資産の減価償却の方法
     (1)有形固定資産
        定率法によっております。
     (2)無形固定資産
        定額法によっております。
        ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、原則として社内における利用可能期間(5年)に基づいて償却
        しております。
     3.引当金の計上基準
     (1)貸倒引当金
        一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収
        不能見込額を計上しております。
     (2)賞与引当金
        従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき当事業年度の負担額を計上しております。
     (3)退職給付引当金
        従業員の退職に伴う退職金の支給に備えるため、当事業年度末における簡便法による退職給付債務の見込額に基づ
        き、当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。
     4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1有形固定資産の減価償却累計額
                                    前事業年度                当事業年度
                                 (平成25年3月31日)                (平成26年3月31日)
      建      物                            23,594               35,517
                                            千円               千円
      器具備品                               235,212      〃         188,630      〃
        計                             258,807      〃         224,147      〃
     (損益計算書関係)

     ※1関係会社に対するものは次のとおりであります。
                                    前事業年度                当事業年度
                               (自   平成24年4月1日             (自   平成25年4月1日
                                至  平成25年3月31日)              至  平成26年3月31日)
       諸経費                              97,199      千円         73,276      千円
       長期前払費用償却                                -    〃          23,222      〃
                                 45/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自        平成24年4月1日 至          平成25年3月31日)

     1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

       株式の種類         当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
      普通株式(株)                3,000            -          -         3,000
     2.  自己株式の種類及び株式数に関する事項

      該当事項はありません。
     3.剰余金の配当に関する事項

                        配当金の        1株当たり
         決議        株式の種類                         基準日          効力発生日
                        総額(千円)        配当額(円)
     平成24年6月29日
                 普通株式          30,000        10,000     平成24年3月31日           平成24年6月29日
     定時株主総会
     4.  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の             1株当たり
                             配当金の
        決議      株式の種類      総額(千             配当額          基準日        効力発生日
                              原資
                     円)             (円)
     平成25年6月28日
               普通株式         30,000    利益剰余金         10,000     平成25年3月31日         平成25年6月28日
     定時株主総会
     当事業年度(自        平成25年4月1日 至          平成26年3月31日)

     1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

       株式の種類         当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
      普通株式(株)                3,000            -          -         3,000
     2.  自己株式の種類及び株式数に関する事項

      該当事項はありません。
     3.剰余金の配当に関する事項

                        配当金の        1株当たり
         決議        株式の種類                         基準日          効力発生日
                        総額(千円)        配当額(円)
     平成25年6月28日
                 普通株式          30,000        10,000     平成25年3月31日           平成25年6月28日
     定時株主総会
     4.  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

      平成26年6月30日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとおり提案しております。
                     配当金の             1株当たり

                             配当金の
        決議      株式の種類      総額(千             配当額          基準日        効力発生日
                              原資
                     円)             (円)
                                 46/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     平成26年6月30日
               普通株式         30,000    利益剰余金         10,000     平成26年3月31日         平成26年6月30日
     定時株主総会
     (リ-ス取引関係)

      該当事項はありません。
     (金融商品関係)

     1.  金融商品の状況に関する事項

      (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、資金運用については短期的な預金を中心とする安全性の高い金融資産で運用し、必要な資金については内
       部留保を充てております。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク

        未収委託者報酬については、ファンドという相手方の性質上、信用リスク及び流動性リスクはきわめて低いものと
       考えております。また、投資有価証券は投資信託であり、投資信託については四半期ごとに時価を把握し、保有状況
       を継続的に見直しております。
        未払金については、全て1年以内の支払期日であります。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行に係るリスク)の管理
         売上債権の管理については、社内規程を定め、随時確認を行うなどの管理を行っております。なお、未収委託者
        報酬については、ファンドという相手方の性質上、信用リスクはきわめて低いものと考えております。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

         有価証券投資については、社内ガイドラインにて投資限度額や運用ルール(処分基準)を定めており、投資後も
        適宜時価を把握し、保有状況を継続的に見直しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理

         当社は、年度事業計画を策定し、これに基づいて必要となる資金を検討し、充足する十分な手元流動性を維持す
        ることで、流動性リスクを管理しております。
     2.  金融商品の時価に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難
     と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください)。 
      前事業年度(平成25年3月31日)                  (単位:千円)

                 貸借対照表計上額(*)               時価(*)            差額
                        8,192,444           8,192,444
     (1)現金及び預金                                           -
                        2,210,605           2,210,605
     (2)未収委託者報酬                                           -
     (3)投資有価証券
                          47,112           47,112
        その他有価証券                                         -
     (4)未払金                  (1,459,757)           (1,459,757)              -
     (*)負債に計上されているものについては、(  )で示しております。
      当事業年度(平成26年3月31日)                  (単位:千円)

                 貸借対照表計上額(*)               時価(*)            差額
                                 47/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        10,457,599           10,457,599
     (1)現金及び預金                                           -
                        2,735,763           2,735,763
     (2)未収委託者報酬                                           -
     (3)投資有価証券
                          69,583           69,583
        その他有価証券                                         -
     (4)未払金                  (1,723,999)           (1,723,999)              -
     (5)未払法人税等                  (1,467,469)           (1,467,469)              -
     (*)負債に計上されているものについては、(  )で示しております。
      (注1)    金融商品の時価の算定方法

      (1)現金及び預金、並びに(2)未収委託者報酬

         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (3)投資有価証券

         これらの時価について、投資信託は取引金融機関から提示された価格によっております。
      (4)未払金、並びに(5)未払法人税等

         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (注2)    金銭債権等の決算日後の償還予定額

      前事業年度(平成25年3月31日)                      (単位:千円)

                      1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
     現金及び預金                  8,192,444            -         -         -
     未収委託者報酬                  2,210,605            -         -         -
      当事業年度(平成26年3月31日)                      (単位:千円)

                      1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
     現金及び預金                  10,457,599             -         -         -
     未収委託者報酬                  2,735,763            -         -         -
     投資有価証券
                           -       7,743        21,044           -
      投資信託
     (有価証券関係)

     1.その他有価証券

     前事業年度(平成25年3月31日現在)                 (単位:千円)

                       貸借対照表
           区分                        取得原価             差額
                        計上額
     貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
      その他                     45,159            37,315            7,843
           小計                 45,159            37,315            7,843
     貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
                                                    △  77
      その他                      1,952            2,030
                                 48/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    △  77
           小計                 1,952            2,030
           合計                 47,112            39,345            7,766
     当事業年度(平成26年3月31日現在)                 (単位:千円)

                       貸借対照表
           区分                        取得原価             差額
                        計上額
     貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
      その他                     61,633            57,226            4,406
           小計                 61,633            57,226            4,406
     貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
                                                   △  188
      その他                      7,950            8,138
                                                   △  188
           小計                 7,950            8,138
           合計                 69,583            65,365            4,218
     2.事業年度中に売却したその他有価証券

     前事業年度(自        平成24年4月1日 至          平成25年3月31日)  (単位:千円)

          売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
               114,040               30,924              14,182
     当事業年度(自        平成25年4月1日 至          平成26年3月31日)  (単位:千円)

          売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
               23,757                553              284
     (デリバティブ取引関係)

      該当事項はありません。

     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要

       当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を、また、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を採用してお
      ります。
     2.退職給付債務に関する事項                     (単位:千円)

                               前事業年度             当事業年度
                            (平成25年3月31日)             (平成26年3月31日)
        (1)退職給付債務                            268,531             313,992
        (2)退職給付引当金                            268,531             313,992
        (注)1.当社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
           2.当社の退職給付債務は退職一時金のみです。
     3.退職給付費用に関する事項                     (単位:千円)

                               前事業年度             当事業年度
                            (平成25年3月31日)             (平成26年3月31日)
                                 49/58

                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (1)退職給付費用                            64,787             72,029
        (注)1.当社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
           2.金額には確定拠出年金への掛金支払額を含んでおり、前事業年度で13,971千円、当事業年度で
              13,998千円であります。
     4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項

       当社は簡便法を採用しておりますので、基礎率等については、記載しておりません。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度
                                                   当事業年度
                                 (平成25年3月31日)               (平成26年3月31日)
     繰延税金資産
      未払事業税                                16,142     千円         102,368     千円
      貸倒引当金繰入限度超過額                                11,347      〃         10,277     〃
      賞与引当金損金算入限度超過額                                35,285      〃         33,736     〃
      退職給付引当金損金算入限度超過額                                95,704      〃         111,906      〃
      減価償却超過額                                1,067     〃           -   〃
      その他                                11,680      〃         13,094     〃
      繰延税金資産 小計                                     〃              〃
                                     171,228               271,384
      評価性引当額                               △11,347       〃           -   〃
     繰延税金資産       合計                               〃              〃
                                     159,881               271,384
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                               △2,767      〃         △1,503      〃
      投資有価証券売却益益金不算入額                              △398,925       〃         △7,953      〃
     繰延税金負債       合計                               〃              〃
                                    △401,693                △9,457
     繰延税金資産(負債)の純額                                      〃              〃
                                    △241,812                261,926
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため、注記
      を省略しております。
     3.法定実効税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)の施行に伴い、「復興特別法人税に関する政令の一部
      を改正する政令」(平成26年政令第151号)が平成26年3月31日に公布され、平成26年4月1日以後に開始する事業年度か
      ら復興特別法人税が課されないこととなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用した法定
      実効税率は、平成26年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については従来の38.01%から35.64%に
      変更されております。
       その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が9,649千円減少し、当事業年度に費用計上され
      た法人税等の金額が9,649千円増加しております。
     (持分法損益等)

      該当事項はありません。
     (セグメント情報等)

     (セグメント情報)
      当社は資産運用に関する事業の単一セグメントであるため記載を省略しております。
     (関連情報)

     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
                                 50/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.地域ごとの情報
      (1)  営業収益
       内国籍投資信託又は本邦顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しておりま
      す。
      (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略してお
      ります。
     3.主要な顧客ごとの情報

       前事業年度(自        平成24年4月1日 至          平成25年3月31日)
                  顧客の名称                     営業収益
        PIMCO   米国ハイイールド債券           通貨選択型ファンド
                                      2,429,898千円
        (ブラジル・レアルコース)
       (注)当社は約款に基づき投資信託財産から委託者報酬を得ているため、当該投資信託を顧客として上表は記載して
          おります。
       当事業年度(自        平成25年4月1日 至          平成26年3月31日)

                  顧客の名称                     営業収益
        PIMCO   米国ハイイールド債券           通貨選択型ファンド
                                      3,172,592千円
        (ブラジル・レアルコース)
       (注)当社は約款に基づき投資信託財産から委託者報酬を得ているため、当該投資信託を顧客として上表は記載して
          おります。
     (報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報)

      該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

      該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

      該当事項はありません。
     (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引

      財務諸表提出会社と関連当事者の取引

     (ア)財務諸表提出会社の親会社

      前事業年度(自        平成24年4月1日 至          平成25年3月31日)

                                議決権等      関連
          会社等の名           資本金又      事業の内
                                の所有     当事者    取引の内     取引金額          期末残高
      種類    称      所在地     は出資金       容                        科目
                                (被所有)     との関      容    (千円)          (千円)
          又は氏名          (百万円)      又は職業
                                割合(%)      係
                                 51/58




                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          三井住友

       親会社
          トラスト・      東京都                (直接)     役員の    経営指導
                      261,608     持株会社                     97,199     -     -
          ホールディ      千代田区                 100%     兼任    料の支払
          ングス㈱
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。

         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           ①経営指導料
            取引条件については、一般取引条件を勘案して決定しております。
      当事業年度(自        平成25年4月1日 至          平成26年3月31日)

                               議決権等      関連
          会社等の名           資本金又      事業の内
                                の所有     当事者    取引の内     取引金額          期末残高
      種類    称      所在地     は出資金       容                        科目
                               (被所有)     との関      容    (千円)          (千円)
          又は氏名          (百万円)      又は職業
                               割合(%)      係
          三井住友

       親会社
          トラスト・      東京都                (直接)     役員の    経営指導
                      261,608     持株会社                     73,276     -     -
          ホールディ      千代田区                 100%     兼任    料の支払
          ングス㈱
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。

         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           ①経営指導料
            取引条件については、一般取引条件を勘案して決定しております。
     (イ)財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

        該当事項はありません。
     (ウ)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

      前事業年度(自        平成24年4月1日 至          平成25年3月31日)

                             議決権等      関連
         会社等の名          資本金又     事業の内
                              の所有     当事者           取引金額          期末残高
     種類     称    所在地     は出資金       容             取引の内容             科目
                             (被所有)     との関           (千円)          (千円)
         又は氏名          (百万円)      又は職業
                             割合(%)      係
                                       投信販売
                                       代行手数料            未払手数
                                  営業上
                                             6,006,973           613,819
                                         等           料
         三井住友信      東京都          信託業務           の
     兄弟
                                        の支払
          託    千代田     342,037     及び     -    取引
     会社
          銀行㈱      区         銀行業務          役員の
                                       投資助言費
                                                   その他
                                   兼任
                                         用     2,226,006           221,229
                                                   未払金
                                        の支払
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          ①  投信販売代行手数料
           ファンド毎の手数料率については、一般取引先に対する取引条件と同様に決定されております。
          ②  投資助言費用
                                 52/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           各助言案件について、それぞれ合理的な水準にて助言料率を決定しております。
      当事業年度(自        平成25年4月1日 至          平成26年3月31日)

                             議決権等      関連
         会社等の名          資本金又     事業の内
                              の所有     当事者          取引金額          期末残高
     種類     称    所在地     は出資金       容             取引の内容             科目
                             (被所有)     との関          (千円)          (千円)
         又は氏名          (百万円)     又は職業
                             割合(%)      係
                                       投信販売
                                                  未払手数
                                   営業上
                                       代行手数料       6,745,672           794,830
                                                    料
         三井住友信      東京都          信託業務           の
                                       等の支払
     兄弟
          託    千代田     342,037     及び     -    取引
     会社
                                       投資助言費
          銀行㈱      区         銀行業務          役員の
                                                   その他
                                         用     2,631,233           239,120
                                   兼任
                                                   未払金
                                        の支払
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           ①  投信販売代行手数料
            ファンド毎の手数料率については、一般取引先に対する取引条件と同様に決定されております。
           ②  投資助言費用
            各助言案件について、それぞれ合理的な水準にて助言料率を決定しております。
     (エ)財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

        該当事項はありません。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
      前事業年度(平成25年3月31日)

       三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
      当事業年度(平成26年3月31日)

       三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
     (企業結合等関係) 

     前事業年度(自        平成24年4月1日 至          平成25年3月31日)
      当社は、平成24年1月24日開催の取締役会における決議に基づき、中央三井アセットマネジメント株式会社と平成24年4月

     1日を効力発生日として合併する旨の「合併契約書」を平成24年1月31日付で締結いたしました。上記契約に基づき、当社及
     び中央三井アセットマネジメント株式会社は、平成24年4月1日付で合併いたしました。
     1.企業結合の概要

      (1)結合当事企業の名称及び当該事業の内容
        結合企業
         名称     当社
         事業の内容  投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業
        被結合企業
         名称     中央三井アセットマネジメント株式会社
         事業の内容  投資運用業、第二種金融商品取引業
      (2)企業結合日

        平成24年4月1日
      (3)企業結合の法的形式

                                 53/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当社を吸収合併存続会社、中央三井アセットマネジメント株式会社を吸収合併消滅会社とする吸収合併
        合併による新株の発行、金銭の交付および資本金の増加はありません。
      (4)結合後企業の名称

        三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
      (5)その他取引の概要に関する事項

        旧住友信託銀行グループと旧中央三井トラスト・グループは、平成23                                年4月1日に経営統合を行い、三井住友ト
        ラスト・ホールディングス株式会社(平成23                     年4月1日付で中央三井トラスト・ホールディングス株式会社が商号
        変更しております。)が誕生しました。今般、三井住友トラスト・ホールディングス株式会社のグループ会社とし
        て、経営統合の目的に鑑み、統合効果を最大化する一環として、当社及び中央三井アセットマネジメント株式会社が
        合併し「三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社」として発足しました。
     2.実施した会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等
      会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下の取引として
      処理いたしました。
     当事業年度(自        平成25年4月1日 至          平成26年3月31日)

      該当事項はありません。
     (1株当たり情報)

                                 前事業年度                 当事業年度
                               (平成25年3月31日)                 (平成26年3月31日)
     1株当たり純資産額                         2,848,803円51銭                  3,422,502円93銭
     1株当たり当期純利益金額                          235,448円31銭                  584,460円49銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自    平成24年4月      1日        (自    平成25年4月      1日
                              至   平成25年3月31日)                至   平成26年3月31日)
     当期純利益                           706,344千円                 1,753,381千円

     普通株主に帰属しない金額                                -                  -
     普通株式に係る当期純利益                           706,344千円                 1,753,381千円
     普通株式の期中平均株式数                             3,000株                  3,000株
     4【利害関係人との取引制限】


       委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為

       が禁止されています。
       (1)自己又はその役員との取引
         自己又はその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと
         (投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるお
         それのないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       (2)運用財産相互間の取引
                                 54/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
         しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのないものとして内閣
         府 令で定めるものを除きます。)。
       (3)通常の取引条件と異なる条件での親法人等又は子法人等との取引
         通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
         法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
         者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
         下同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当
         該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する
         者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこ
         と。
       (4)親法人等又は子法人等の利益を図るためにする不必要な取引
         委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、
         運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこ
         と。
       (5)その他親法人等又は子法人等が関与する不適切な行為
         上記(3)及び(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって
         投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
         れのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

     (1)定款の変更

       委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
       平成26年11月11日現在、訴訟事件その他委託会社及びファンドに重要な影響を及ぼした事実及び重要
       な影響を及ぼすことが予想される事実は生じておりません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)受託会社

      ①名称   :三井住友信託銀行株式会社
      ②資本金の額:342,037百万円(平成26年3月末日現在)
      ③事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基
              づき信託業務を営んでいます。
     (2)販売会社
                         資本金の額(百万円)
             名称                                  事業の内容
                         (平成26年3月末日現在)
                                         銀行法に基づき銀行業を営むとと
                                         もに、金融機関の信託業務の兼営
      三井住友信託銀行株式会社                         342,037
                                         等に関する法律に基づき信託業務
                                         を営んでいます。
                                 55/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                         金融商品取引法に定める第一種金
      マネックス証券株式会社※1                          12,200
                                         融商品取引業を営んでいます。
                                         金融商品取引法に定める第一種金
      株式会社SBI証券※2                          47,937
                                         融商品取引業を営んでいます。
       ※1:   マネックス証券株式会社は、平成26年11月28日より募集・販売等の取扱いを行います。
       ※2:   株式会社SBI証券は、平成26年12月4日より募集・販売等の取扱いを行います。
     2【関係業務の概要】

     (1)受託会社

      当ファンドの受託会社として、投資信託財産の保管・管理等を行います。
     (2)販売会社
      当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、一部解約の実行の請求の受付、収益分配金・
      償還金及び一部解約金の支払い、収益分配金の再投資、運用報告書の交付並びに口座管理機関として
      の業務等を行います。
     3【資本関係】

     (1)  受託会社

      該当事項はありません。
     (2)  販売会社
      該当事項はありません。
      ( 参考  ) 再信託受託会社

          ①名称    :日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
          ②設立年月日 :平成            12 年 6 月 20 日
          ③資本金の額 :          51,000    百万円(平      成26年3月     末日現在)
          ④事業の内容 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関す
                   る法律に基づき信託業務を営んでいます。
          ⑤再信託の目的:原信託契約に係る信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から
                   再信託受託会社(日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社)へ委託するた
                   め、原信託財産の全てを再信託受託会社へ移管することを目的とします。
     第3【その他】

     (1)金融商品取引法第15条第2項本文に規定するあらかじめ又は同時に交付しなければならない目論見書

       (以下「交付目論見書」といいます。)の名称を「投資信託説明書(交付目論見書)」、また、金融
       商品取引法第15条第3項本文に規定する交付の請求があった時に直ちに交付しなければならない目論
       見書(以下「請求目論見書」といいます。)の名称を「投資信託説明書(請求目論見書)」と記載す
       ることがあります。
     (2)目論見書の表紙等に委託会社又は受託会社のロゴ・マーク、ファンドの図案及びキャッチコピーを記
       載することがあります。また、本ファンドの名称とは別に、「SMT                                    インデックスシリーズ」の表記を
       行うことがあります。
     (3)目論見書の表紙等に以下の趣旨の事項を記載することがあります。
       ①ファンドの信託財産は、信託法に基づき受託会社において分別管理されています。
                                 56/58


                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ②本書は、金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書です。
       ③交付目論見書にはファンドの約款の主な内容が含まれておりますが、約款の全文は請求目論見書に
        掲載されております。
       ④ファンドに関する請求目論見書は、委託会社のホームページで閲覧、ダウンロードできます。
       ⑤ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。
     (4)目論見書の表紙に目論見書の使用開始日を記載します。
     (5)目論見書の表紙等にファンドの管理番号等を記載することがあります。
     (6)交付目論見書の表紙等に委託会社のインターネットホームページのアドレスに加え、他のインター
       ネットのアドレス(当該アドレスをコード化した図形等も含みます。)を掲載し、これらのアドレス
       にアクセスすることにより基準価額等の情報を入手できる旨を記載することがあります。
     (7)有価証券届出書に記載された内容を明瞭に表示するため、目論見書にグラフ、図表等を使用すること
       があります。
     (8)目論見書は電子媒体などとして使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
     (9)目論見書に投信評価機関、投信評価会社等によるレーティング、評価情報及び評価分類等を表示する
       ことがあります。また、投資対象の投資信託証券等に関して、投信評価機関、投信評価会社等による
       レーティング、評価情報及び評価分類等を表示することがあります。
     (10)有価証券届出書に記載された運用実績の参考情報のデータを適時更新し、目論見書に記載することが
       あります。
                                 57/58













                                                           EDINET提出書類
                                          三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社(E12444)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の監査報告書

                                                    平成26年6月11日

     三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                       公認会計士       白 川 芳 樹  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                       公認会計士       伊 藤 浩 之  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

     状況」に掲げられている三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社の平成25年4月1日から平成26年
     3月31日までの第28期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重
     要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し
     適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
     示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
     することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
     は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択
     及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当
     監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と
     適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並
     びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て、三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社の平成26年3月31日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上

      ※1.上記は、当社が、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

         しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 58/58



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。