株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 四半期報告書 第66期第1四半期(平成28年3月1日-平成28年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第66期第1四半期(平成28年3月1日-平成28年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年7月13日
      【四半期会計期間】                    第66期第1四半期(自 平成28年3月1日 至 平成28年5月31日)
      【会社名】                    株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
      【英訳名】                    YAMADA    SXL  HOME   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  長野 純一
      【本店の所在の場所】                    群馬県高崎市栄町1番1号
      【電話番号】                    027(330)5750(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部長  角田 仁
      【最寄りの連絡場所】                    群馬県高崎市栄町1番1号
      【電話番号】                    027(330)5750(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部長  角田 仁
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第65期           第66期
               回次               第1四半期           第1四半期            第65期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成27年3月1日           自平成28年3月1日           自平成27年3月1日
              会計期間
                           至平成27年5月31日           至平成28年5月31日           至平成28年2月29日
                     (百万円)              9,770           9,800           47,723

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)              △ 338          △ 466           423

     親会社株主に帰属する四半期純

                     (百万円)              △ 328          △ 545           278
     損失(△)又は親会社株主に帰
     属する当期純利益
                     (百万円)              △ 316          △ 537           294

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              3,770           3,842           4,380

     純資産額
     総資産額               (百万円)             29,783           26,154           28,047

     1株当たり四半期純損失金額

                      (円)            △ 1.61          △ 2.68           1.36
     (△)又は1株当たり当期純利
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             12.5           14.5           15.5

     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第65期第1四半期          連結累計期間及び        第66期第1四半期        連結累計期間の       潜在株式調整後1株当たり四半期純利
           益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため、                                           第65期の    潜在
           株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
      (1)業績の状況

        当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府による経済政策等により、緩やかな景気回復基調にあるも
       のの、新興国経済の減速などから内需への影響も懸念され、先行き不透明感が増しました。
        住宅市場におきましては、マイナス金利などの影響で集客はやや活性化したものの、消費税率10%への増税時期の
       延期などを要因として、商談は長期化する傾向にありました。このような事業環境のもと、当社は、親会社である株
       式会社ヤマダ電機の本社所在地である高崎市へ本社を移転し、親会社とのグループシナジーを一層発揮するため、販
       売戦略をはじめとして、様々な改善、改革への取り組みを開始いたしました。また、「納得価格と永久保証、伝統小
       堀の高級注文住宅」をコンセプトにお客様へ訴求してまいりました。
        また、オーナー様の満足度向上に向けた新たな取り組みとして、株式会社ジャックスと共同で、「すまいりんぐ倶
       楽部 エスメンバーズカード」会員制度を構築・運用を開始いたしました。本制度は、マンションの修繕積立金など
       のように、将来において発生するメンテナンスなどの費用を、当社が発行するポイント付与などによって、優位にご
       準備いただける制度となっております。
        以上の結果、当第1四半期連結累計期間における売上高は98億円(前年同期比0.3%増)となりましたが、低利益
       率の事業割合が増加したことなどにより、営業損失は4億5千7百万円(前年同期                                       営業損失3億2千6百万円)、
       経常損失は4億6千6百万円(前年同期                   経常損失3億3千8百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失は5億
       4千5百万円(前年同期            親会社株主に帰属する四半期純損失3億2千8百万円)となりました                                。
        セグメント別の業績は次のとおりであります。

       [住宅事業]

        当社グループの主力事業である住宅事業部門につきましては、創業者小堀林衛氏の“住まいの哲学”による思いを
       全社員が共有し、「伝統小堀の高品質デザイン」、「大震災に強い耐震性」、「鉄骨より強い耐火性」、「カビが発
       生しにくい壁内換気システム」、「ヤマダグループのネットワークでZEH(ゼロエネ)」の5つの特徴を活かした
       営業戦略により拡販を図りました。以上の結果、売上高は79億3千万円(前年同期比7.4%増)となり、営業損失は
       1億7千6百万円(前年同期              営業損失2億3千8百万円)となりました。
       [リフォーム事業]

        リフォーム事業につきましては、オーナー様を対象とした自社物件の受注活動、他社施工物件の受注活動、ヤマダ
       電機店舗内「トータルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の3基軸での事業展開を行いましたが、オー
       ナー様向け太陽光発電の販売が減少したことなどにより、売上高は16億8千3百万円(前年同期比22.8%減)、営業
       損失は1億5千万円(前年同期               営業利益2千4百万円)となりました。
       [不動産賃貸事業・その他]

        不動産賃貸事業につきましては、売上高は1億3千7百万円(前年同期比2.3%増)となり、営業利益は6千7百
       万円(前年同期比0.9%減)となりました。
        その他につきましては、           天候の影響による売電の減少や長期火災保険の廃止などによる保険料収入の減少のため、
       売上高は5千万円(前年同期比29.3%減)、営業利益は2千9百万円(前年同期比40.5%減)となりました。
                                  3/16





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の分析
        当第1四半期連結会計期間末における資産総額は、前連結会計年度末に比べて18億9千2百万円減少し、261億5
       千4百万円となりました。その主な要因は、分譲物件の販売の進捗等により販売用不動産及び仕掛販売用不動産が合
       わせて10億9千万円減少したこと等によります。
        負債総額は、前連結会計年度末に比べて13億5千5百万円減少し、223億1千2百万円となりました。その主な要
       因は、支払手形・工事未払金等が16億8千2百万円減少したこと等によります。
        純資産合計は親会社株主に帰属する四半期純損失の計上等により、前連結会計年度末に比べて5億3千7百万円減
       少し、38億4千2百万円となり、自己資本比率は14.5%となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は3千6百万円であります。
       なお、当第1四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/16
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 300,000,000

                  計                               300,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成28年7月13日)
               (平成28年5月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数 
       普通株式           204,018,184             204,018,184
                                        市場第一部               1,000株
         計          204,018,184             204,018,184              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                数増減数                              減額
        年月日               数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      平成28年3月1日
         ~           -   204,018,184            -      9,068         -      1,100
      平成28年5月31日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成28年2月29日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                 平成28年5月31日現在
                                      議決権の数
             区分              株式数(株)                         内容
                                       (個)
      無議決権株式                       -           -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -
      議決権制限株式(その他)                       -           -            -
                        普通株式        79,000
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
      完全議決権株式(その他)                  普通株式 203,563,000                203,563            -
      単元未満株式                  普通株式   376,184                -            -
      発行済株式総数                       204,018,184           -            -
      総株主の議決権                       -           203,563            -
        ②【自己株式等】

                                                  平成28年5月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
      名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社ヤマダ・           群馬県高崎市栄町1
                              79,000          -      79,000           0.04
      エスバイエルホーム           番1号
          計           -          79,000          -      79,000           0.04
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/16










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28年3月1日から平
       成28年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年5月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年2月29日)              (平成28年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,824              4,747
         現金預金
                                         6,774              3,634
         受取手形・完成工事未収入金等
                                           506              828
         未成工事支出金
                                         6,030              4,810
         販売用不動産
                                           267              396
         仕掛販売用不動産
                                           281              314
         材料貯蔵品
                                           444              570
         その他
                                         △ 100              △ 99
         貸倒引当金
                                         17,029              15,204
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         7,941              7,969
          建物及び構築物
                                         6,567              6,597
          土地
                                         2,313              2,251
          その他
                                        △ 7,032             △ 7,024
          減価償却累計額
                                         9,790              9,793
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  102              105
         投資その他の資産
                                         1,732              1,657
          その他
                                         △ 607             △ 606
          貸倒引当金
                                         1,125              1,051
          投資その他の資産合計
                                         11,018              10,950
         固定資産合計
                                         28,047              26,154
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,484              4,801
         支払手形・工事未払金等
                                           -             1,020
         短期借入金
                                           900               -
         関係会社短期借入金
                                           91              34
         未払法人税等
                                         1,605              2,011
         未成工事受入金
                                           56              85
         賞与引当金
                                           192              185
         完成工事補償引当金
                                           14              14
         工事損失引当金
                                         1,569              1,447
         その他
                                         10,915               9,601
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,000              10,000
         関係会社長期借入金
                                           395              406
         退職給付に係る負債
                                           234              231
         資産除去債務
                                         2,122              2,073
         その他
                                         12,752              12,711
         固定負債合計
                                         23,667              22,312
       負債合計
                                  8/16





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年2月29日)              (平成28年5月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         9,068              9,068
         資本金
                                         1,100              1,100
         資本剰余金
                                        △ 6,038             △ 6,584
         利益剰余金
                                           △ 9             △ 10
         自己株式
                                         4,120              3,574
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           18              18
         その他有価証券評価差額金
                                           220              225
         土地再評価差額金
                                          △ 19             △ 17
         退職給付に係る調整累計額
                                           219              226
         その他の包括利益累計額合計
                                           40              41
       非支配株主持分
                                         4,380              3,842
       純資産合計
      負債純資産合計                                   28,047              26,154
                                  9/16














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      売上高                                    9,770              9,800
                                         7,793              8,009
      売上原価
                                         1,976              1,791
      売上総利益
                                         2,303              2,248
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 326             △ 457
      営業外収益
                                            0              1
       受取利息
                                           10              14
       受取賃貸料
                                            9              0
       受取手数料
                                            2              ▶
       解約金収入
                                            8              5
       その他
                                           31              26
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           33              27
       支払利息
       賃貸収入原価                                    6              7
                                            3              0
       その他
                                           43              35
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 338             △ 466
      特別利益
                                           39               0
       固定資産売却益
                                           39               0
       特別利益合計
      特別損失
                                            5              -
       減損損失
                                           -              56
       本社移転費用
                                            0              -
       その他
                                            5              56
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                    △ 304             △ 522
                                           20              26
      法人税、住民税及び事業税
                                            2             △ ▶
      法人税等調整額
                                           23              22
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                    △ 327             △ 544
                                            0              1
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 328             △ 545
                                 10/16








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      四半期純損失(△)                                    △ 327             △ 544
      その他の包括利益
                                           △ 0             △ 0
       その他有価証券評価差額金
                                           10               5
       土地再評価差額金
                                            1              1
       退職給付に係る調整額
                                           11               6
       その他の包括利益合計
                                         △ 316             △ 537
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 316             △ 539
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            0              1
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
        (企業結合に関する会計基準等の適用)
         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                          平成25年9月13日、以下「企業結合会計基準」とい
        う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                               平成25年9月13日、以下「連結会計基準」と
        いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                平成25年9月13日、以下「事業分離等会計
        基準」という。)等を当第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持
        変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上す
        る方法に変更しています。また、当第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定的な
        会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表
        に反映させる方法に変更しています。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分
        への表示の変更を行っています。当該表示の変更を反映させるため、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年
        度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っています。
         企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事業
        分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当第1四半期連結会計期間の期首時点から
        将来にわたって適用しています。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表に与える影響額はありません。
        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
        報告第32号      平成28年6月17日)を当第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以降に取得した建物附
        属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         なお、これによる当第1四半期連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
        (追加情報)

        (法人税率の変更等による影響)
         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」平
        成28年法律第13号)が平成28年3月31日に公布され、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率
        等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実
        効税率は、従来の32.1%から平成29年3月1日に開始する連結会計年度及び平成30年3月1日に開始する連結会計
        年度に解消が見込まれる一時差異については30.7%に、平成31年3月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見
        込まれる一時差異については30.5%に変更となります。
         なお、上記は平成28年5月に実施した大阪府大阪市から群馬県高崎市への本社移転後の繰延税金資産及び繰延税
        金負債の計算に使用する法定実効税率であり、これによる当第1四半期連結財務諸表に与える影響は軽微でありま
        す。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務
               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間
              (平成28年2月29日)                            (平成28年5月31日)
      住宅購入者等のための保証債務                      823百万円      住宅購入者等のための保証債務                      420百万円

        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自 平成27年3月1日                 (自 平成28年3月1日
                             至 平成27年5月31日)                 至 平成28年5月31日)
        減価償却費                              58百万円                 60百万円
                                 12/16




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自                 平成27年3月1日         至  平成27年5月31日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                   7,384      2,180       133    9,699       70    9,770       -    9,770
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     ▶     -      0      5     -      5    △ 5     -
      売上高又は振替高
                   7,389      2,180       134    9,704       70    9,775       △ 5   9,770
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 238      24      67    △ 146      49    △ 96    △ 230    △ 326
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険部門及び売電部門を含んで
           おります。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△230百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          「不動産賃貸事業」セグメントにおいて、使用目的の変更により回収可能性が低下した一部の賃貸用資産に対
         して帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、当
         該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては5百万円であります。
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自                 平成28年3月1日         至  平成28年5月31日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                   7,930      1,683       137    9,750       50    9,800       -    9,800
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     5     -      1      7     -      7    △ 7     -
      売上高又は振替高
                   7,936      1,683       138    9,758       50    9,808       △ 7   9,800
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 176    △ 150      67    △ 260      29    △ 230    △ 226    △ 457
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、保険部門及び売電部門を含んで
           おります。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△226百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 13/16




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日               (自 平成28年3月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
     1株当たり四半期純損失金額                                  1円61銭               2円68銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                         328               545
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         328               545
       損失金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                203,945               203,937
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株
         式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年7月13日

     株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              小野 純司        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              宮一 行男        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヤマ

     ダ・エスバイエルホームの平成28年3月1日から平成29年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成
     28年3月1日から平成28年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年5月31日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び連結子会社の平成28年5月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

          しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。