株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 四半期報告書 第65期第3四半期(平成27年9月1日-平成27年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第65期第3四半期(平成27年9月1日-平成27年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年1月14日
      【四半期会計期間】                    第65期第3四半期(自 平成27年9月1日 至 平成27年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
      【英訳名】                    YAMADA    SXL  HOME   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  長野 純一
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区天満橋一丁目8番30号
      【電話番号】                    06(6242)0555(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部副本部長  角田 仁
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区天満橋一丁目8番30号
      【電話番号】                    06(6242)0555(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部副本部長  角田 仁
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第64期           第65期
               回次               第3四半期           第3四半期            第64期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成26年3月1日           自平成27年3月1日           自平成26年3月1日
              会計期間
                           至平成26年11月30日           至平成27年11月30日           至平成27年2月28日
                     (百万円)             37,304           33,536           51,650

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)              △ 875            92         △ 1,369

     四半期純利益又は四半期(当

                     (百万円)             △ 4,996             26         △ 5,697
     期)純損失(△)
                     (百万円)             △ 4,987             41         △ 5,695

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              4,794           4,127           4,086

     純資産額
                     (百万円)             32,555           29,280           30,817

     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又

     は1株当たり四半期(当期)純                (円)            △ 24.50            0.13          △ 27.94
     損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             14.6           14.0           13.1

     自己資本比率
                               第64期           第65期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成26年9月1日           自平成27年9月1日
              会計期間
                           至平成26年11月30日           至平成27年11月30日
     1株当たり四半期純利益金額又
                                               1.42
     は1株当たり四半期純損失金額                (円)            △ 20.60
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第65期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在
           しないため記載しておりません。
         4.第64期及び第64期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
           は、1株当たり四半期(当期)純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
      (1)業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府及び日銀の経済政策を背景に、企業業績の緩やかな回復基
       調とともに雇用・所得に改善の動きが表れました。一方で、中国をはじめとしたアジア経済が減速傾向にある影響か
       ら、今後の先行きは不透明な状況にありました。
        住宅市場におきましては、住宅取得資金贈与の非課税枠拡充、省エネ住宅ポイント制度の施行など、政府による住
       宅取得支援策の効果が表れ、需要は消費増税後の反動減から回復傾向にあり、比較的堅調に推移いたしました。
        このような事業環境のもと、経営構造改革「Reborn                        SxL  Plan」を基軸に各種業務の改善に取り組み、人と環境の
       未来に向け、「SMART          eco  STYLE   ZERO」をはじめとするZEH商品の販売を推進してまいりました。営業施策面におき
       ましては、住まいと健康を結び付ける新たなアプローチとして、「Wellness                                    Air  (ウェルネスエアー)」を川崎医科
       大学、アーテック工房株式会社とともに産学共同研究を行ってまいりました。その結果、「Wellness                                               Air」を設置し
       た空間で生活することによりNK細胞が活性化することが実証され、学術論文が国際学術誌「PLOS                                               ONE(プロスワ
       ン)」にて掲載されました。また、「美健空間のある暮らし                            Beauty    & Wellness」フェア、「工場見学会」等の販売
       促進イベントを開催するなど、受注拡大に向けた取り組みを行いました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間における受注高(単体)は、前年同期と比較し、全体で約106%となり順

       調に推移いたしました。しかしながら、期初受注残が前年度より減少していたことから、売上高は335億3千6百万
       円(前年同期 373億4百万円)となりました。営業利益につきましては、前年度より取り組んでいる経営構造改革
       が奏功し、前年同期より9億5百万円の改善となる1億円の営業利益(同 営業損失8億5百万円)となりました。
       経常利益は9千2百万円(同 経常損失8億7千5百万円)、四半期純利益は2千6百万円(同 四半期純損失49億9
       千6百万円)となりました。
        セグメント別の業績は、次のとおりであります。

       [住宅事業]

        当社グループの主力事業である住宅事業部門につきましては、創業者小堀林衛氏の“住まいの哲学”による思いを
       全社員が共有し、設計力・デザイン力・提案力を活かした商品戦略により拡販を図りました。「小堀ブランド」の構
       築に向けた、ブランドイメージの向上に努め、研究を重ねて心で築く「研築」の精神に基づくコンサルティングサー
       ビスを強化してまいりました。
        主力商品であるパネル住宅では、2階建て住宅「New                         Authent(ニューオーセント)」、3階建て住宅「yutoRino
       (ユトリノ)」を主軸として各種キャンペーンの実施とともに受注強化を図り、当社のメインターゲットである中高
       級層への訴求を強化してまいりました。
        また、住宅メーカー初の保証制度として「SxL住宅設備延長保証システム(10年)」を開始いたしました。この保
       証制度の導入により、対象の住宅設備機器を引渡日から10年間に延長して保証することで、お客様に一層ご安心頂け
       る体制を整えました。以上の結果、住宅事業の受注は前年同期と比較し順調に推移いたしましたが、期初受注残の不
       足などの影響により、売上高は261億3千8百万円(前年同期比6.6%減)となりました。経営構造改革における原価
       低減や各種経費削減の効果が表れた結果、営業利益は3億3千2百万円(前年同期比 9億5千9百万円改善)とな
       りました。
                                  3/17




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       [リフォーム事業]
        リフォーム事業につきましては、オーナー様を対象とした自社物件の受注活動、他社施工物件の受注活動、ヤマ
       ダ電機店舗内「トータルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の3基軸での事業展開を行いました。一方
       で、前年同期において消費増税の駆け込みによって売上が集中したこと、オーナー様への太陽光発電の販売が一巡し
       たことなどの影響から、売上高は68億7百万円(前年同期比22.3%減)となり、営業利益は9千万円(前年同期比
       56.9%減)となりました。
       [不動産賃貸事業・その他]

        不動産賃貸事業につきましては、サブリース案件の増加や入居率の改善により、売上高は4億6百万円(前年同期
       比6.1%増)となり、営業利益は2億1千2百万円(前年同期比0.9%減)となりました。
        その他につきましては、つくば工場、山口工場のメガソーラーシステムに加え、一部の拠点に太陽光パネルを設置
       したことなどにより、売電部門の売上高は1億1千9百万円(前年同期比3.9%増)、営業利益は6千4百万円(前年同
       期比15.4%増)となりました。また、保険部門において、火災保険加入数の増加などにより売上高は6千4百万円
       (前年同期比23.5%増)となり、営業利益は5千4百万円(前年同期比54.9%増)となりました。
      (2)財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末における資産総額は、前連結会計年度末に比べて15億3千7百万円減少し、292億8
       千万円となりました。その主な要因は、分譲物件の販売等により、販売用不動産及び仕掛販売用不動産が合わせて12
       億2百万円減少したこと等によります。
        負債総額は、前連結会計年度末に比べて15億7千8百万円減少し、251億5千3百万円となりました。その主な要
       因は、未成工事受入金が7億6千9百万円増加したものの、支払手形・工事未払金等が12億5千9百万円減少し、短
       期借入金が4億4千万円減少したこと等によります。
        純資産合計は四半期純利益2千6百万円の計上等により、前連結会計年度末に比べて4千万円増加し、41億2千7
       百万円となりました。自己資本比率は14.0%となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は1億円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 300,000,000

                  計                               300,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成28年1月14日)
               (平成27年11月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数 
       普通株式           204,018,184             204,018,184
                                        市場第一部               1,000株
         計          204,018,184             204,018,184              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                数増減数                              減額
        年月日               数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      平成27年9月1日
         ~           -   204,018,184            -      9,068         -      1,100
      平成27年11月30日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成27年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                 平成27年11月30日現在
                                      議決権の数
             区分              株式数(株)                         内容
                                       (個)
      無議決権株式                       -           -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -
      議決権制限株式(その他)                       -           -            -
                        普通株式           76,000
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
      完全議決権株式(その他)                  普通株式 203,567,000                203,567            -
      単元未満株式                  普通株式   375,184                -            -
      発行済株式総数                       204,018,184           -            -
      総株主の議決権                       -           203,567            -
        ②【自己株式等】

                                                  平成27年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
      名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社ヤマダ・           大阪市北区天満橋
                              76,000          -      76,000           0.04
     エスバイエルホーム           一丁目8番30号
          計           -          76,000          -      76,000           0.04
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動

        新役名         新職名         旧役名         旧職名          氏名        異動年月日
               生産本部長兼施
      取締役         工統括部長兼特         専務取締役         営業本部長         宮原 年明         平成27年7月1日
               建統括部長
               営業本部 分譲

      取締役         部長兼不動産管         常務取締役         営業副本部長         佐藤 利幸         平成27年7月1日
               理部長
                                  6/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年9月1日から平
       成27年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年3月1日から平成27年11月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年2月28日)              (平成27年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,091              2,410
         現金預金
                                         6,677              6,165
         受取手形・完成工事未収入金等
                                           679              885
         未成工事支出金
                                         8,876              7,649
         販売用不動産
                                           290              315
         仕掛販売用不動産
                                           317              312
         材料貯蔵品
                                           482              550
         その他
                                          △ 78             △ 88
         貸倒引当金
                                         19,337              18,200
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         8,303              8,002
          建物及び構築物
                                         6,813              6,634
          土地
                                         2,318              2,272
          その他
                                        △ 7,109             △ 7,031
          減価償却累計額
                                         10,325               9,878
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  14              58
         投資その他の資産
                                         1,785              1,784
          その他
                                         △ 645             △ 642
          貸倒引当金
                                         1,140              1,142
          投資その他の資産合計
                                         11,480              11,079
         固定資産合計
                                         30,817              29,280
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         7,059              5,800
         支払手形・工事未払金等
                                         2,890              2,450
         短期借入金
                                           108               63
         未払法人税等
                                         1,403              2,173
         未成工事受入金
                                           61              85
         賞与引当金
                                           233              204
         完成工事補償引当金
                                            3              3
         工事損失引当金
                                         2,074              1,618
         その他
                                         13,836              12,399
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,000              10,000
         関係会社長期借入金
                                           332              372
         退職給付に係る負債
                                           241              225
         資産除去債務
                                         2,320              2,156
         その他
                                         12,894              12,753
         固定負債合計
                                         26,731              25,153
       負債合計
                                  8/17





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年2月28日)              (平成27年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                         9,068              9,068
         資本金
                                         1,100              1,100
         資本剰余金
                                        △ 6,315             △ 6,289
         利益剰余金
                                           △ 9             △ 9
         自己株式
                                         3,844              3,869
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           14              14
         その他有価証券評価差額金
                                           207              218
         土地再評価差額金
                                          △ 17             △ 13
         退職給付に係る調整累計額
                                           205              219
         その他の包括利益累計額合計
                                           37              38
       少数株主持分
                                         4,086              4,127
       純資産合計
      負債純資産合計                                   30,817              29,280
                                  9/17














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                至 平成26年11月30日)               至 平成27年11月30日)
      売上高                                   37,304              33,536
                                         29,936              26,600
      売上原価
                                         7,368              6,935
      売上総利益
                                         8,173              6,835
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                    △ 805              100
      営業外収益
                                            5              ▶
       受取利息
                                           39              38
       受取賃貸料
                                            ▶              13
       解約金収入
                                           33              59
       その他
                                           83              115
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           107               98
       支払利息
                                           46              26
       その他
                                           153              124
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                    △ 875               92
      特別利益
                                            1              41
       固定資産売却益
                                            1              41
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              -
       固定資産除却損
                                         4,320                5
       減損損失
                                           -              25
       事業構造改善費用
                                            6              0
       その他
                                         4,327                31
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 5,202               102
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                     90              71
                                         △ 302               3
      法人税等調整額
                                         △ 211               74
      法人税等合計
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 4,990                27
      調整前四半期純損失(△)
                                            5              1
      少数株主利益
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   △ 4,996                26
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                至 平成26年11月30日)               至 平成27年11月30日)
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 4,990                27
      調整前四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                            1             △ 0
       その他有価証券評価差額金
                                           -              10
       土地再評価差額金
                                            1              3
       退職給付に係る調整額
                                            2              13
       その他の包括利益合計
                                        △ 4,987                41
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 4,993                39
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            5              1
       少数株主に係る四半期包括利益
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
       ( 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正                                  )
        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成27
       年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率等の引
       下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率
       は、従来の35.6%から平成28年3月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については33.0%に、
       平成29年3月1日に開始する連結会計年度以後に解消が見込まれる一時差異については32.2%になります。
        なお、これによる当第3四半期連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (平成27年2月28日)                            (平成27年11月30日)
      住宅購入者等のための保証債務                      744百万円      住宅購入者等のための保証債務                      724百万円

        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成26年3月1日                 (自 平成27年3月1日
                             至 平成26年11月30日)                 至 平成27年11月30日)
        減価償却費                             630百万円                 175百万円
                                 12/17












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                 平成26年3月1日         至  平成26年11月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                  27,990      8,764       383    37,137       167    37,304        -   37,304
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    14      -      2     16      -      16    △ 16      -
      売上高又は振替高
                  28,004      8,764       385    37,154       167    37,321       △ 16   37,304
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 626     209      214    △ 202      90    △ 111    △ 693    △ 805
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△693百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          当社グループは、営業活動から生じる損益が継続してマイナスとなっていることから、減損の兆候を共用資産
         を含む全社単位で検討し、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上し
         ております。なお、当第3四半期連結累計期間における当該減損損失の計上額は「住宅事業」においては36億2
         千1百万円、「不動産賃貸事業」においては6億8百万円であり、他に各セグメントに配分していない全社資産
         において9千1百万円計上しております。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 平成27年3月1日         至  平成27年11月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                  26,138      6,807       406    33,353       183    33,536        -   33,536
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     9     -      2     11      -      11    △ 11      -
      売上高又は振替高
                  26,148      6,807       409    33,364       183    33,548       △ 11   33,536
          計
                    332      90     212      634      118      753    △ 653      100
     セグメント利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益の調整額△653百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグ
           メントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 13/17



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成26年3月1日               (自 平成27年3月1日
                                至 平成26年11月30日)               至 平成27年11月30日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期

                                      △24円50銭                 0円13銭
     純損失金額(△)
      (算定上の基礎)

       四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)

                                       △4,996                  26
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る四半期純利益金額又は四半期純

                                       △4,996                  26
       損失金額(△)(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                203,948               203,942

      (注)当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないた
         め記載しておりません。また、前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額につい
         ては、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 14/17













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年1月14日

     株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              原田 大輔        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              堀内 計尚        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヤマ

     ダ・エスバイエルホームの平成27年3月1日から平成28年2月29日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成
     27年9月1日から平成27年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年3月1日から平成27年11月30日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び連結子会社の平成27年11
     月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
     る事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は四半期報告書提

          出会社が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                     含まれておりません。
                                 17/17





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。