株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 四半期報告書 第64期第2四半期(平成26年6月1日-平成26年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第64期第2四半期(平成26年6月1日-平成26年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成26年10月14日
      【四半期会計期間】                    第64期第2四半期(自 平成26年6月1日 至 平成26年8月31日)
      【会社名】                    株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
      【英訳名】                    YAMADA    SXL  HOME   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  松田 佳紀
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区天満橋一丁目8番30号
      【電話番号】                    06(6242)0555(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長兼管理本部長  高橋 千明
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区天満橋一丁目8番30号
      【電話番号】                    06(6242)0555(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長兼管理本部長  高橋 千明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第63期           第64期
               回次               第2四半期           第2四半期            第63期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成25年3月1日           自平成26年3月1日           自平成25年3月1日

              会計期間
                           至平成25年8月31日           至平成26年8月31日           至平成26年2月28日
                     (百万円)             21,798           25,095           49,766

     売上高
     経常損失(△)               (百万円)              △ 701          △ 628          △ 665

     四半期(当期)純損失(△)               (百万円)              △ 731          △ 795          △ 982

                     (百万円)              △ 732          △ 788          △ 976

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             10,068            8,994           9,792

     純資産額
                     (百万円)             38,401           36,300           37,525

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損

                      (円)            △ 3.59          △ 3.90          △ 4.82
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             26.1           24.7           26.0

     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ

                     (百万円)              1,249           △ 826          2,887
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 1,061           △ 573         △ 1,445
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)               125           821         △ 1,198
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)              2,828           2,179           2,758
     (期末)残高
                               第63期           第64期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成25年6月1日           自平成26年6月1日

              会計期間
                           至平成25年8月31日           至平成26年8月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)            △ 0.65          △ 1.94
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第64期第2四半期連結累計期間及び第63期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
           は、1株当たり四半期(当期)純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.第63期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在
           するものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/20


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
      (1)業績の状況

        当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、4月より施行された消費税増税により消費活動の減少などの影
       響があったものの、雇用、所得環境は改善傾向が見られ日経平均株価の上昇と共に全般としては緩やかな回復基調に
       ありました。
        住宅市場におきましては、消費税増税による反動減の影響により、展示場来場者の減少と契約までの検討期間が長
       期化する傾向は続いており、特に戸建て住宅市場は厳しい受注環境でありました。一方で、賃貸住宅市場は投資対象
       として、また相続税対策などにより堅調に推移する状況にありました。
        このような事業環境のもと、当社は、政府が平成32年(2020年)までに標準的な新築住宅において目標に掲げてい
       る「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」商品として、エコロジーとエネルギーの問題に貢献する省エネ、
       創エネ設備を標準装備した「SMART                 eco  STYLE   ZERO(スマート エコ スタイル ゼロ)」シリーズを発売いたしま
       した。
        営業施策面においては、4月より株式会社ヤマダ電機の店舗駐車場に当社展示場を出展するなど、ヤマダ電機との
       シナジー効果を活かすべく「テックランド展示場」として新しい販売チャネルの展開を図りました。
        また、産学協同プロジェクトとして、バイオニクス株式会社、学校法人片柳学園(日本工学院専門学校)ととも
       に、血流認証システム「Fin-Key(フィンキー)」のバージョンアップに向け、関連する技術者の育成、研究開発を
       進めております。
        以上の結果、売上高は250億9千5百万円(前年同期比15.1%増)となりました。営業損益は前年同期比1億4千
       5百万円改善したものの、原価高騰、人件費負担増等を吸収するには至らず、5億7千万円の営業損失となりまし
       た。経常損益は前年同期比7千3百万円改善し、6億2千8百万円の経常損失、四半期純損益は定期借地権の設定に
       よる土地の評価損を計上したこと等により、7億9千5百万円の四半期純損失(前年同期比6千4百万円悪化)とな
       りました。
        セグメントの業績は次のとおりであります。

        [住宅事業]

        当社グループの主力事業である住宅事業部門につきましては、創業者小堀林衛氏起草の“住まいの哲学”を再確認
       し、いま一度63年間の歴史を確かめるべく「原点へ、そして本質へ」を合言葉に、当社独自の高い技術力と、優れた
       設計力・デザイン力・提案力を活かした商品戦略を展開しました。
        具体的な商品戦略としましては、消費エネルギーやCO2を削減し、地球に優しく、家計にやさしい商品「SMART                                                   eco
       STYLE   ZERO(スマートエコスタイルゼロ)」シリーズを始めとするアッパーミドル層を対象とした中高級商品「E-
       シェリエ」と、コストパフォーマンスに優れた企画住宅「eスマイル」シリーズを中心に展開してまいりました。
        新商品として、最もコストパフォーマンスに優れた商品「e                            スマイル ファースト」を大幅にリニューアルし、全
       邸に太陽光発電を標準搭載した「eスマイル ファースト                           solar」の販売を開始いたしました。そして、7月には太
       陽光発電の搭載率を高めるべく「サマーキャンペーン」を開催し、受注獲得に向けた取り組みを行いました。
        以上の結果、売上高は188億9千万円(前年同期比4.6%増)となりましたが、原価の高騰(労務費の高止まりと円
       安)の影響により営業損失は4億2千1百万円(前年同期比1億8千4百万円悪化)となりました                                             。
                                  3/20




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        [リフォーム事業]
        リフォーム事業につきましては、オーナー様を対象とした自社物件の受注活動、他社施工物件の受注活動、ヤマダ
       電機店舗内「トータルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の3基軸での事業展開を行いました。
        その結果、売上高は58億6千万円(前年同期比68.6%増)となり、住宅事業と同様(原価の高騰)や競争激化等、
       厳しい環境の下、人員の効果的配置と地域に根ざした販売活動等により、営業利益は1億4千1百万円(前年同期比
       1億9千6百万円改善)となりました。
        [不動産賃貸事業・その他]

        不動産賃貸事業につきましては、賃貸物件のサブリース事業の開始により、売上高は2億3千万円(前年同期比
       18.6%増)となり、営業利益は1億2千3百万円(前年同期比32.3%増)となりました。
        その他につきましては、つくば・山口工場等の売電による売上高は8千2百万円(前年同期比73.1%増)となり、
       営業利益は4千4百万円(前年同期比314.6%増)となりました。また、保険部門において、火災保険加入数の増加
       等により売上高は3千万円(前年同期比37.1%増)となり、営業利益は1千9百万円(前年同期比10.0%減)となり
       ました。
      (2)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ5億7千8百万円減少し、21
       億7千9百万円となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは△8億2千6百万円(前年同期は12億4
       千9百万円)となりました。これは主に、減価償却費(4億2千万円)等の非資金項目の計上、請負物件、分譲物件
       の売上によるたな卸資産の減少(8億4千3百万円)等による収入があったものの、税金等調整前四半期純損失7億
       2千1百万円の計上、仕入債務の減少(△13億6百万円)等の支出によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは△5億7千3百万円(前年同期は△10億
       6千1百万円)となりました。これは主に、展示場等の有形固定資産の取得による支出(△5億6千4百万円)によ
       るものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは8億2千1百万円(前年同期は1億2千
       5百万円)となりました。これは主に、借入金について金融機関からの短期の借入から、親会社である株式会社ヤマ
       ダ電機からの長期の借入へ変更し、その結果、短期借入金の純減(△92億8千5百万円)、長期借入金の増加(100
       億円)があったことによるものであります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は8千6百万円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)生産、受注及び販売の実績

         当第2四半期連結累計期間において、リフォーム事業の販売実績が著しく増加しました。
         これは前連結会計年度より             オーナー様を対象とした自社物件の受注活動、他社施工物件の受注活動、ヤマダ電機
        店舗内「トータルスマニティライフコーナー」を経由した営業活動の3基軸での事業展開を行った結果、前連結会
        計年度   末の受注残高が増加し、当第2四半期連結累計期間の販売実績に寄与したことによります。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 300,000,000

                  計                               300,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成26年10月14日)
               (平成26年8月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所              単元株式数

       普通株式           204,018,184             204,018,184
                                        市場第一部               1,000株
         計          204,018,184             204,018,184              -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      平成26年6月1日
         ~           -   204,018,184            -      9,068         -      1,100
      平成26年8月31日
                                  5/20







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成26年8月31日現在
                                                    発行済株式総数
                                            所有株式数        に対する所有株
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)       式数の割合
                                                    (%)
                                             105,650          51.78

     株式会社ヤマダ電機                群馬県高崎市栄町1番1号
     日本マスタートラスト信託銀行株

                                              4,535          2.22
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     式会社(信託口)
     株式会社KBT                                         4,000          1.96

                     兵庫県西宮市与古道町2番30号
     日本トラスティ・サービス信託銀

                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         3,307          1.62
     行株式会社(信託口)
     株式会社LIXIL                東京都江東区大島2丁目1-1                         2,498          1.22

                                              1,268          0.62

     岩澤 一義                北海道函館市
     日本トラスティ・サービス信託銀

                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         1,144          0.56
     行株式会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託銀
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         1,079          0.53
     行株式会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託銀
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         1,049          0.51
     行株式会社(信託口2)
     日本トラスティ・サービス信託銀
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         1,045          0.51
     行株式会社(信託口3)
                               -              125,575          61.55

             計
     (注)上記日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は1,665千株

        であります。また、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る
        株式数は3,266千株であります。
                                  6/20










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成26年8月31日現在
                                        議決権の数
             区分              株式数(株)                         内容
                                         (個)
      無議決権株式                        -            -           -
      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -           -

      議決権制限株式(その他)                        -            -           -

                        普通株式           70,000

      完全議決権株式(自己株式等)                                    -           -
      完全議決権株式(その他)                  普通株式 203,565,000                  203,565            -

      単元未満株式                  普通株式   383,184                  -           -

      発行済株式総数                       204,018,184             -           -

      総株主の議決権                        -            203,565            -

        ②【自己株式等】

                                                  平成26年8月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
      名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社ヤマダ・           大阪市北区天満橋
                              70,000          -      70,000           0.03
      エスバイエルホーム            一丁目8番30号
          計           -          70,000          -      70,000           0.03
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/20










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
        なお、第2四半期連結会計期間(平成26年6月1日から平成26年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平
       成26年3月1日から平成26年8月31日まで)については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の
       一部を改正する内閣府令」(平成24年9月21日内閣府令第61号)附則第5条第1項ただし書きにより、改正後の四半
       期連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成26年6月1日から平
       成26年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成26年3月1日から平成26年8月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/20
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成26年2月28日)              (平成26年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,758              2,179
         現金預金
                                         5,621              5,229
         受取手形・完成工事未収入金等
                                         1,254               754
         未成工事支出金
                                         10,490              10,474
         販売用不動産
                                         1,244               646
         仕掛販売用不動産
                                           492              431
         材料貯蔵品
                                           485              768
         その他
                                          △ 72              △ 9
         貸倒引当金
                                         22,276              20,476
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         9,393              9,535
          建物及び構築物
                                         8,197              8,421
          土地
                                         2,824              3,381
          その他
                                        △ 6,688             △ 7,023
          減価償却累計額
                                         13,727              14,315
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  274              260
         投資その他の資産
                                         2,045              1,893
          その他
                                         △ 798             △ 644
          貸倒引当金
                                         1,247              1,249
          投資その他の資産合計
                                         15,248              15,824
         固定資産合計
                                         37,525              36,300
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,820              5,513
         支払手形・工事未払金等
                                         13,710               4,425
         短期借入金
                                           113               77
         未払法人税等
                                         2,269              1,651
         未成工事受入金
                                           62              57
         賞与引当金
                                           243              272
         完成工事補償引当金
                                            6              3
         工事損失引当金
                                         1,543              1,770
         その他
                                         24,769              13,771
         流動負債合計
       固定負債
                                           -            10,000
         長期借入金
                                           259               -
         退職給付引当金
                                           -              297
         退職給付に係る負債
                                           259              282
         資産除去債務
                                         2,444              2,954
         その他
                                         2,963              13,534
         固定負債合計
                                         27,732              27,306
       負債合計
                                  9/20





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成26年2月28日)              (平成26年8月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         9,068              9,068
         資本金
                                         1,100              1,100
         資本剰余金
                                         △ 938            △ 1,733
         利益剰余金
                                           △ 8             △ 9
         自己株式
                                         9,221              8,425
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           13              13
         その他有価証券評価差額金
                                           528              528
         土地再評価差額金
                                           -              △ 8
         退職給付に係る調整累計額
                                           541              532
         その他の包括利益累計額合計
                                           29              35
       少数株主持分
                                         9,792              8,994
       純資産合計
      負債純資産合計                                   37,525              36,300
                                 10/20














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年8月31日)               至 平成26年8月31日)
      売上高                                   21,798              25,095
                                         16,931              20,135
      売上原価
                                         4,867              4,959
      売上総利益
                                         ※ 5,582              ※ 5,529
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 715             △ 570
      営業外収益
                                            2              3
       受取利息
                                           17              25
       受取賃貸料
                                           18               2
       解約金収入
                                           38              -
       補助金収入
                                           27              20
       その他
                                           105               52
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           75              73
       支払利息
                                           15              36
       その他
                                           91              110
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 701             △ 628
      特別利益
                                           31               0
       固定資産売却益
                                           31               0
       特別利益合計
      特別損失
                                           18              -
       固定資産売却損
                                           -               0
       固定資産除却損
                                           -              86
       減損損失
                                           -               6
       その他
                                           18              93
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                    △ 688             △ 721
      法人税、住民税及び事業税                                     40              60
                                            1              8
      法人税等調整額
                                           42              68
      法人税等合計
      少数株主損益調整前四半期純損失(△)                                    △ 730             △ 789
                                            1              5
      少数株主利益
      四半期純損失(△)                                    △ 731             △ 795
                                 11/20








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年8月31日)               至 平成26年8月31日)
      少数株主損益調整前四半期純損失(△)                                    △ 730             △ 789
      その他の包括利益
                                           △ 2              0
       その他有価証券評価差額金
                                           -               1
       退職給付に係る調整額
                                           △ 2              1
       その他の包括利益合計
                                         △ 732             △ 788
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 733             △ 794
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            1              5
       少数株主に係る四半期包括利益
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年8月31日)               至 平成26年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 688             △ 721
                                           406              420
       減価償却費
                                           -              86
       減損損失
       引当金の増減額(△は減少)                                    29             △ 13
                                           △ ▶             △ 5
       受取利息及び受取配当金
                                           75              73
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 103              392
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   326              843
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 7           △ 1,306
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                   661             △ 616
                                           698              130
       その他
                                         1,394              △ 715
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    ▶              ▶
                                          △ 74             △ 69
       利息の支払額
                                          △ 74             △ 47
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         1,249              △ 826
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           100               -
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 1,306              △ 564
       有形固定資産の取得による支出
                                           192               ▶
       有形固定資産の売却による収入
                                            ▶              ▶
       長期貸付金の回収による収入
                                          △ 51             △ 17
       その他
                                        △ 1,061              △ 573
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 790            △ 9,285
                                           -            10,000
       長期借入れによる収入
                                            2              -
       株式の発行による収入
                                           933              186
       セール・アンド・リースバックによる収入
                                          △ 19             △ 79
       リース債務の返済による支出
                                           △ 0             △ 0
       その他
                                           125              821
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     313             △ 578
                                         2,514              2,758
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 2,828              ※ 2,179
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/20








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更等)
         「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
        う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日)が平
        成25年4月1日以降開始する連結会計年度の期首から適用できるようになったことに伴い、第1四半期連結会計
        期間よりこれらの会計基準を適用し、退職給付債務を退職給付に係る負債として計上する方法に変更し、未認識
        数理計算上の差異を退職給付に係る負債に計上しました。また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し
        を行っております。
         退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、第1四半
        期連結会計期間の期首において、退職給付債務の額を退職給付に係る負債として計上したことに伴う影響額をそ
        の他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に加減しております。この結果、第1四半期連結会計期間の
        期首のその他の包括利益累計額が9百万円減少しております。
         また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の見直しを行った結果、従来の計算方法から変更が生じなかった
        ため、当第2四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
        (追加情報)

        (法人税率の変更等による影響)
        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)が平成26年3月31日に公布され、平成26年4月1日
        以後に開始する連結会計年度から復興特別法人税が課されないことになりました。
         なお、これによる当第2四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
                                 14/20














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
       保証債務
               前連結会計年度                         当第2四半期連結会計期間
              (平成26年2月28日)                            (平成26年8月31日)
      住宅購入者等のための保証債務                      676百万円      住宅購入者等のための保証債務                      494百万円

        (四半期連結損益計算書関係)

      ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                             至 平成25年8月31日)                   至 平成26年8月31日)
      広告宣伝費                                987  百万円                869  百万円
                                     △ 28                △ 42
      貸倒引当金繰入額
                                     2,167                 2,314
      従業員給与手当
                                      19                 15
      賞与引当金繰入額
                                      88                 91
      退職給付費用
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおり
        であります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自   平成25年3月1日              (自   平成26年3月1日
                              至  平成25年8月31日)               至  平成26年8月31日)
       現金預金勘定                              2,828   百万円              2,179   百万円
       預入期間が3か月を超える定期預金                               -                 -
       現金及び現金同等物                              2,828                 2,179

                                 15/20










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                 平成25年3月1日         至  平成25年8月31日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2     計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業      賃貸事業
                                                       (注)3
     売上高
                  18,057      3,476       194    21,728        69   21,798        -   21,798
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    15      -      1     17      -      17    △ 17      -
      売上高又は振替高
                  18,073      3,476       196    21,746        69   21,816       △ 17   21,798
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 237     △ 54      93    △ 197      32    △ 165    △ 550    △ 715
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、売電部門及び保険部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△550百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
       Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                 平成26年3月1日         至  平成26年8月31日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2     計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業      賃貸事業
                                                       (注)3
     売上高
                  18,890      5,860       230    24,982       113    25,095        -   25,095
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    10      -      1     11      -      11    △ 11      -
      売上高又は振替高
          計        18,901      5,860       232    24,994       113    25,107       △ 11   25,095
     セグメント利益又は損
                   △ 421     141      123    △ 156      64    △ 91    △ 478    △ 570
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、売電部門及び保険部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△478百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          「不動産賃貸事業」セグメントにおいて、帳簿価額に対して時価が著しく下落している一部の賃貸用資産に対
         して帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、当
         該減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間においては86百万円であります。
                                 16/20




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成25年3月1日               (自 平成26年3月1日
                                至 平成25年8月31日)               至 平成26年8月31日)
      1株当たり四半期純損失金額                                  3円59銭               3円90銭
      (算定上の基礎)

       四半期純損失金額(百万円)                                  731               795

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る四半期純損失金額(百万円)                                  731               795

       普通株式の期中平均株式数(千株)                                203,844               203,949

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注)当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損
        失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。なお、前第2四半期連結累計期間の潜在
        株式調整後1株当たり四半期純利益金額については潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失金額であ
        るため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 17/20












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成26年10月10日

     株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              原田 大輔  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              堀内 計尚  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヤマ

     ダ・エスバイエルホームの平成26年3月1日から平成27年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成
     26年6月1日から平成26年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成26年3月1日から平成26年8月31日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四
     半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び連結子会社の平成26年8月
     31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適
     正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は四半期報告書提

          出会社が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。