スウェーデン輸出信用銀行 訂正発行登録書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正発行登録書

提出日:

提出者:スウェーデン輸出信用銀行

カテゴリ:訂正発行登録書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
      【表紙】

      【提出書類】                           訂正発行登録書

      【提出先】                           関東財務局長

      【提出日】                           平成29年1月5日

      【発行者の名称】                           スウェーデン輸出信用銀行

                                 (AKTIEBOLAGET        SVENSK    EXPORTKREDIT)
      【代表者の役職氏名】                           最高経営責任者  カトリン・フランソン

                                 ( Catrin    Fransson     - Chief   Executive      Officer)
      【代理人の氏名又は名称】                           弁護士 犬島 伸能

      【住所】                           東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー

                                 長島・大野・常松法律事務所
      【電話番号】                           (03)6889-7000

      【事務連絡者氏名】                           弁護士 犬島 伸能

      【住所】                           東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー

                                 長島・大野・常松法律事務所
      【電話番号】                           (03)6889-7000

      【発行登録の対象とした売出有価証券の種類】                           債券

      【発行登録書の内容】

       提出日                           平成27年12月21日

       効力発生日                           平成28年1月4日

       有効期限                           平成30年1月3日

       発行登録番号                           27  - 外債22

       発行予定額又は発行残高の上限                           発行予定額 1兆円

       発行可能額                           8,499億9,882万8,130円

      【効力停止期間】                           この訂正発行登録書は、発行登録追補書類提出日以

                                 後申込みが確定するときまでの間に提出されている
                                 ため、発行登録の効力は停止しない。
      【提出理由】                           発行登録書に一定の記載事項を追加するため、本訂

                                 正発行登録書を提出するものである。(訂正内容につ
                                 いては、本文を参照のこと。)
      【縦覧に供する場所】                           該当なし

     * 本書中の「発行者」または「SEK」とはスウェーデン輸出信用銀行(Aktiebolaget                                         Svensk    Exportkredit)を指

      す。発行者の事業年度は1月1日から同年の12月31日までである。
                                  1/32




                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     * 別段の記載のない限り、本書中の「米ドル」はアメリカ合衆国ドルを、「クローナ」はスウェーデンクローナを、
      「円」は日本円を指す。2017年1月4日現在における株式会社三菱東京UFJ銀行発表の(ⅰ)クローナの日本円に対す
      る対顧客電信売相場は、1クローナ=13.27円および(ⅱ)米ドルの日本円に対する対顧客電信売相場は、1米ドル=
      118.96円であった。
                                  2/32



















                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     【訂正内容】
     第一部【証券情報】

     (発行登録書の「第一部             証券情報」の見出しと「第1               募集要項」の見出しの間に、以下の記載が追

     加・挿入される。)本書(以下「本書」という言葉が用いられるときは、文脈上その他に解釈される場
     合を除き、発行登録書に対する本追加・挿入分をいう。)中の記載内容は、本債券(以下に定義す
     る。)に関する事項を追加・挿入するものであって、本訂正前の発行登録書中の「第2                                            売出要項」以下
     の記載内容に変更を加えるものではない。したがって、今後提出される「訂正発行登録書」または「発
     行登録追補書類」に特に本債券によるものである旨が明記されていなければ、これらは発行登録書(訂
     正発行登録書の記載内容を含む。)中の本債券に関する本書の記載内容以外の関連する記載に基づいて
     いるものとみなされる。
     <スウェーデン輸出信用銀行2022年1月20日満期                               円建   早期償還条項付           ノックイン

     型225連動       デジタル・クーポン債券(満期償還額225連動型)に関する情報>
      以下に記載するもの以外については、本債券を売出しにより取得させるに当たり、本債券に関する

     「訂正発行登録書」または「発行登録追補書類」に記載する。本書中の本債券に関する未定の事項は
     2017年1月中旬頃に決定する。
     第1【募集債券に関する基本事項】

      該当事項なし
     第2【売出債券に関する基本事項】

     1【売出要項】
     (1)     売 出 人
                                     住   所

           会 社 名
                               東京都千代田区大手町一丁目5番1号

         みずほ証券株式会社
                        スウェーデン輸出信用銀行              2022年1月20日満期          円建   早期償還

      (2)      売出債券の名称及び記
          名・無記名の別              条項付    ノックイン型225連動           デジタル・クーポン債券(満期
                        償還額225連動型)(以下「本債券」という。)
                        無記名式
                        (未定)円(注1)

      (3)     券面総額
      (4)     各債券の金額              100万円(各本債券の額面金額および計算基礎額)(注2)

      (5)     売出価格及びその総額              額面金額の      100.00%

                        (未定)円(注1)
                                  3/32




                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
      (6)     利率              各本債券の計算基礎額に対して、
                        (ⅰ)   2017年1月25日(当日を含む。)から2017年4月20日(当

                           日を含まない。)までの期間:
                           年率(未定)%(年1.50%以上年4.50%以下を仮条件と
                           する。)
                        (ⅱ)   2017年4月20日(当日を含む。)から満期償還日または

                           (場合により)早期償還日(いずれも当日を含まな
                           い。)までの期間:
                           利率判定日の日経平均株価終値により以下のとおり変動
                           する。
                          (イ)利率判定日の日経平均株価終値が利率判定水準以

                             上の場合
                             年率(未定)%(年1.50%以上年4.50%以下を仮条
                             件とする。)
                          (ロ)利率判定日の日経平均株価終値が利率判定水準未

                             満の場合
                             年率0.10%
                        (注1)(注2)

      (7)     償還期限              2022年1月20日(ロンドン時間)(注2)(注8)

      (8)     売出期間              2017年1月19日から2017年1月25日まで(注7)

      (9)     受渡期日              2017年1月26日(日本時間)(注7)

      (10) 申込取扱場所                  売出人の本店、日本における各支店および各営業所ならびに

                        (注3)記載の登録金融機関の本店または日本における各支店
                        および各営業所(注3)
     (11)      売出しの委託契約の内容

        該当なし
     (12)      債券の管理会社
        該当なし
        財  務  代  理  人
        ドイチェ・バンク・アーゲー               ロンドン支店(Deutsche             Bank   AG,  London    Branch)
        連合王国     ロンドン市EC2N        2DB  グレート・ウィンチェスター・ストリート                      1
        ウィンチェスター・ハウス
        (Winchester       House,    1 Great   Winchester      Street,    London    EC2N   2DB,   United    Kingdom)
        (以下「財務代理人」といい、財務代理人であるドイチェ・バンク・アーゲーを継承する者を含
        む。)
     (13)      振替機関
                                  4/32



                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        該当なし
     (14)      財務上の特約
        担  保  提  供  制  限
         発行者は、本債券のいずれかが未償還である限り、発行者およびそのいずれの子会社も、現在
        または将来の借入金債務を担保するために、発行者およびかかる子会社の現在または将来の収入
        または資産の上に、いかなる抵当権、先取特権(法律の適用により発生する先取特権を除
        く。)、質権その他の担保権(ただし、発行者またはかかる子会社が購入した財産の購入価格の
        全部または一部を担保するためにかかる財産上に設定された抵当権、先取特権、質権その他の担
        保権を除く。)をも設定せず、また設定することを許容しないことを約束する。ただし、本債券
        の条項に従い同時に同一または同等の担保権によって本債券が担保される場合はこの限りでな
        い。
     (注1) 本債券の券面総額および売出価格の総額は、ユーロ市場における発行総額と同額である。なお、本債券の券面総額および売

        出価格の総額は、需要状況を勘案した上で決定される。上記の仮条件は、市場状況を勘案して変更されることがある。また利
        率は、上記の仮条件と相違する可能性がある。
     (注2) 本債券の最終償還は、満期償還日において、下記「3 償還の方法(1)満期における償還」に従い決定される満期償還額の
        支払によりなされる。満期償還日に係る支払日(下記「2 利息支払の方法」に定義される。)は、下記「4 元利金支払場所
        (7)」に従って調整されることがある。また、下記「3 償還の方法(2)早期自動償還」に記載するとおり、関連ある早期償
        還日に早期償還される可能性がある。なお、その他の早期償還については下記「3 償還の方法」の「(3)税制上の理由によ
        る早期償還」、「(4)日経平均株価調整事由を理由とする早期償還」および「(5)違法性を理由とする早期償還」ならびに
        下記「11 その他(1)債務不履行事由」を参照のこと。
         満期償還日および満期償還額の定義については下記「3 償還の方法(1)満期における償還」、早期償還日の定義について
        は下記「3 償還の方法(2)早期自動償還」、利率判定日の定義については下記「2 利息支払の方法」ならびに日経平均株
        価終値および利率判定水準の定義については下記「売出債券のその他の主要な事項 用語の定義」を参照のこと。
     (注3) 売出人は、金融商品取引法第33条の2に基づく登録を受けた金融機関(以下「登録金融機関」という。)に、本債券の売出し
        の取扱いに関する金融商品仲介業務を一部委託している。
         本債券の申込み、購入および払込みは、各申込人と売出人との間に適用される外国証券取引口座約款に従ってなされる。各
        申込人は売出人から、または登録金融機関を通じてあらかじめ同約款の交付を受け、同約款に基づき外国証券取引口座の開設
        を申し込む旨を記載した申込書を提出しなければならない。
         外国証券取引口座を通じて本債券を取得する場合、同口座約款の規定に従い本債券の券面の交付は行わない。なお、本債券
        の券面に関する事項については下記「11 その他(2)本債券の様式」を参照のこと。
         本債券についての申込単位は、500万円以上100万円の整数倍とする。
     (注4) 本債券は、Aktiebolaget              Svensk   Exportkredit(スウェーデン輸出信用銀行)の金額無制限継続債券発行プログラム(以下
        「プログラム」という。)および本債券に関するプライシング・サプルメント(以下「関連プライシング・サプルメント」と
        いう。)に基づき、2017年1月25日(以下「発行日」という。)(注7)に発行される。本債券はいかなる取引所にも上場され
        ない。
     (注5) 本債券は、アメリカ合衆国1933年証券法(その後の改正を含む。)(以下「証券法」という。)に基づき登録されておら
        ず、今後登録される予定もない。証券法の登録義務を免除されている一定の取引において行われる場合を除き、合衆国内にお
        いて、または合衆国人に対し、もしくは合衆国人のために、本債券の売付けの申込み、買付けの申込みの勧誘または売付けを
        行ってはならない。本段落の用語は、証券法に基づくレギュレーションSにより定義された意味を有する。
         本債券は、合衆国税法上の要件の適用を受ける。合衆国税務規則により許された一定の取引において行われる場合を除き、
        合衆国もしくはその領土において、または合衆国人に対し、本債券の売付けの申込み、買付けの申込みの勧誘、売付けまたは
        交付を行ってはならない。本段落の用語は、1986年合衆国内国歳入法および同法に基づく規則により定義された意味を有す
        る。
     (注6) 本書中の「発行者」または「SEK」とはスウェーデン輸出信用銀行(Aktiebolaget                                    Svensk   Exportkredit)を指す。発行者の
        事業年度は1月1日から同年の12月31日までである。
     (注7) 一定の事情により本書の記載を訂正すべきこととなった場合には、売出期間、受渡期日および発行日を概ね1週間程度の範囲
        で繰り下げることがある。
     (注8) 発行日が変更されたときは、償還期限または利払日についても、変更された発行日を基本としつつ、営業日等を考慮して変
        更されることがある。
     (注9) 本債券に関し、発行者の申込により、金融商品取引法第66条の27に基づく登録を受けた信用格付業者から提供され、もしく
        は閲覧に供された信用格付または当該信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はない。
         本書の日付現在、発行者は、その長期非劣後債券(外貨建)につき、ムーディーズ・インベスターズ・サービス・インク
        (以下「ムーディーズ」という。)よりAa1の格付を、またS&Pグローバル・レーティング(以下「S&P」という。)よりAA+の
        格付を付されている。
                                  5/32




                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
         本債券について、本書の日付現在において個別の格付は取得していない。
         ムーディーズおよびS&Pは、信用格付事業を行っているが、本書の日付現在、金融商品取引法第66条の27に基づく信用格付
        業者として登録されていない。無登録格付業者は、金融庁の監督および信用格付業者が受ける情報開示義務等の規制を受けて
        おらず、金融商品取引業等に関する内閣府令第313条第3項第3号に掲げる事項に係る情報の公表も義務付けられていない。
         ムーディーズおよびS&Pについては、それぞれのグループ内に、金融商品取引法第66条の27に基づく信用格付業者として、
        ムーディーズ・ジャパン株式会社(登録番号:金融庁長官(格付)第2号)およびスタンダード&プアーズ・レーティング・
        ジャパン株式会社(登録番号:金融庁長官(格付)第5号)が登録されており、各信用格付の前提、意義および限界は、イン
        ターネット上で公表されているムーディーズ・ジャパン株式会社のホームページ(ムーディーズ日本語ホームページ
        (https://www.moodys.com/pages/default_ja.aspx))の「信用格付事業」のページにある「無登録業者の格付の利用」の
        「無登録格付説明関連」に掲載されている「信用格付の前提、意義及び限界」およびスタンダード&プアーズ・レーティン
        グ・ジャパン株式会社のホームページ(http://www.standardandpoors.co.jp)の「ライブラリ・規制関連」の「無登録格付
        け情報」(http://www.standardandpoors.com/ja_JP/web/guest/regulatory/unregistered)に掲載されている「格付けの前
        提・意義・限界」において、それぞれ公表されている。
     売出有価証券についてのリスク要因

      本債券への投資は、日本国の株式市場の動向により直接的に影響を受ける。株式投資にかかるリスク
     に耐え、かつ、そのリスクを評価し得る経験豊富な投資家のみが、本債券の投資に適している。本債券
     への投資を予定する投資家は、本債券へ投資をすることが適当か否かについて判断する際に、主に以下
     のリスク要因を検討すべきである。下記において使用される用語は下記「売出債券のその他の主要な事
     項 用語の定義」、「2            利息支払の方法」および「3               償還の方法」において定義されている。
     元本リスク

      本債券は、早期償還条項が適用されずに、かつ観察期間中の日経平均株価終値が一度でもノックイン
     判定水準以下となった場合には、満期償還額が日経平均株価に連動するため、満期償還額が額面金額を
     下回るリスクがある。なお、満期償還額は額面金額を上回ることはなく、投資家はキャピタル・ゲイン
     を期待して投資すべきではない。
     利率変動リスク
      本債券の利率は、2017年4月20日の利払日に支払われる利息については固定利率が適用されるが、
     2017年7月20日以降の各利払日については、日経平均株価の水準により適用される利率が変動する。利
     率判定日の日経平均株価終値が利率判定水準未満の場合、関連する連動利払日に支払われる利息につい
     て適用される利率は、年率0.10%となる。
     投資利回りリスク
      上記「利率変動リスク」に記載のとおり、日経平均株価の水準により、本債券の償還期限と信用格付
     の類似する他の普通債券と比較して高い利息が得られる可能性がある。しかし、上記「元本リスク」に
     記載のとおり、満期償還額が額面金額を下回る場合には、本債券の投資利回りがマイナスになる(すな
     わち、投資家が損失を被る)ことがある。また、市場環境の変化により、将来、本債券よりも有利な条
     件の債券が同一の発行者から発行される可能性もある。なお、かかる高い利息が得られる可能性の代わ
     りに、本債券の所持人(以下「本債権者」という。)は、日経平均株価が下落した場合に、額面金額を
     下回る価額で償還がなされるリスクを負担している。
     早期償還リスク
      本債券は早期償還判定日の日経平均株価終値がトリガー判定水準以上の場合、当該早期償還判定日に
     対応する早期償還日において、自動的に額面金額で早期償還される。その際に早期償還された償還額を
     再投資した場合に、早期償還されない場合に得られる本債券の利金と同等の運用成果が得られない可能
     性(再投資リスク)がある。
                                  6/32




                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     配   当
      日経平均株価は構成銘柄の価格のみから計算されるため、各構成銘柄に支払われる配当金およびその
     再投資は反映されない。
     不確実な流通市場
      本債券の活発な流通市場は確立されていない。発行者および日本国における売出しに関連する売出人
     は、本書に基づいて売出された本債券につき買取る義務を負うものではない。したがって、本債券は非
     流動的であるため、本債権者は、本債券をその償還前に売却することができない場合があり得る。仮に
     本債券を売却することができたとしても、その売却価格は、日経平均株価、発行者の財務状況、通常の
     市場状況やその他の要因により、当初の投資元本を割り込む可能性が極めて高い。本債券に投資するこ
     とを予定している投資家は、満期償還日まで保有することができる場合にのみ、本債券への投資を行う
     べきである。
     信用リスク
      発行者の財務・経営状況および信用状況が悪化した場合、発行者の本債券の元利金の支払に悪影響を
     及ぼす可能性がある。
     中途売却価格に影響する要因
      上記「不確実な流通市場」において記述したように、本債券をその償還前に売却することができない
     場合があり得る。また、仮に本債券を売却することができたとしても、その売却価格は、次のような要
     因の影響を受ける。
      本債券の満期償還額は下記「3                償還の方法      (1)  満期における償還」により決定されるが、満期償還
     日以前の本債券の価格は、様々な要因に影響され、ある要因が他の要因を打ち消す場合も、あるいは相
     乗効果をもたらす場合もあり、複雑に影響する。以下に、他の要因が一定の場合に、ある要因だけが変
     動したと仮定した場合に予想される本債券の価格への影響を例示した。
     ① 日経平均株価

       本債券の満期償還額および利率は日経平均株価の水準に応じて連動あるいは変動し、かつ早期償還
       条項の適用も日経平均株価の水準により決定される。一般的に、日経平均株価が上昇した場合の本
       債券の価格は上昇し、日経平均株価が下落した場合の本債券の価格は下落することが予想される。
     ② 日経平均株価の予想変動率
       予想変動率とは、ある期間に予想される価格変動の幅と頻度を表わす。一般的に、日経平均株価の
       予想変動率の上昇は本債券の価格を下げる方向に作用し、逆に予想変動率の下落は本債券の価格を
       上げる方向に作用する。ただし、本債券の価格への影響は日経平均株価の水準やトリガー判定水
       準、利率判定水準、早期償還判定日までの期間などによって変動する。
     ③ 早期償還判定日または満期までの残存期間
       早期償還判定日の前後で本債券の価格が変動する場合が多いと考えられ、早期償還判定日に早期償
       還されないことが決定した場合は本債券の価格が下落する傾向があるものと予想される。ただし、
       日経平均株価の水準、円金利水準、日経平均株価の予想変動率などによってはかかる傾向が変化す
       るため、以上の傾向が逆転する可能性もある。
                                  7/32





                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     ④ 配当利回りと保有コスト
       一般的に、日経平均株価の構成銘柄の配当利回りの上昇、または日経平均株価および日経平均株価
       先物の保有コストの下落は本債券の価格を下落させる方向に作用し、逆に日経平均株価の構成銘柄
       の配当利回りの下落、または日経平均株価および日経平均株価先物の保有コストの上昇は本債券の
       価格を上昇させる方向に作用すると予想される。
     ⑤ 金   利
       一般的に、円金利が下落すると本債券の価格が上昇し、円金利が上昇すると本債券の価格が下落す
       る傾向があると予想されるが、日経平均株価の水準、円金利水準、日経平均株価の予想変動率など
       によってはかかる傾向が変化するため、以上の傾向が逆転する可能性もある。
     ⑥ 発行者に対する外部評価
       本債券の価格は、発行者に対する外部評価の変化(例えば格付会社による信用格付の変更)等によ
       り上下することがある。一般的に、発行者に対する外部評価が改善すると本債券の価格は上昇し、
       外部評価が悪化すると本債券の価格は下落すると予想される。
     本債券に影響を与える市場活動
      発行者、計算代理人またはその関連会社および売出人は、その業務遂行上あるいは発行者の本債券に
     基づく支払債務をヘッジおよびヘッジ解消する目的で、自己勘定で日経平均株価の各構成銘柄および日
     経平均株価先物・オプションを売買することがある。これらの売買は、日経平均株価および本債券の価
     格に影響を及ぼし、それが結果的に本債権者に不利な影響を及ぼすことがあり得る。
     税務上の取扱い
      日本国の税務当局は本債券についての日本国の課税上の取扱いについて明確にしていない。下記「8
     課税上の取扱い         (2)  日本国の租税」を参照のこと。なお、将来、日本国の税務当局が現状の取扱いと
     は異なる新たな取扱いを決めたり、異なる解釈を行う可能性がある。本債券に投資しようとする投資家
     は、各投資家の状況に応じて、本債券に投資することによるリスクや本債券に投資することが適当か否
     かについて各自の会計・税務顧問に相談する必要がある。
     売出債券のその他の主要な事項

     売出有価証券についての要約
     ⅰ)利率
      本債券の利率は、2017年1月25日(当日を含む。)から2017年4月20日(当日を含まない。)までは
     固定利率であるが、それ以降の利率は各利率判定日の日経平均株価終値により計算代理人が決定した利
     率が適用され、各利率判定日に対応する利払日に利息が支払われる。
     ⅱ)早期償還
      本債券は、早期償還条項に基づき、いずれかの早期償還判定日において日経平均株価終値がトリ
     ガー判定水準以上の場合、当該早期償還判定日に対応する早期償還日において、自動的に額面金額
     (100万円)で早期償還される。
      早期償還の場合、早期償還日に本債権者は、利息および額面金額の合計額を受取ることになる。
      なおかかる早期償還は、早期償還より前にノックイン事由(下記「用語の定義」に定義される。)
     が発生したか否かにかかわらず適用され、額面金額で償還される。
     ⅲ)満期償還
      早期償還されない場合、満期償還日に本債権者は、最終利息および満期償還額の合計額を受取るこ
     とになる。
      ノックイン事由が発生しなかった場合、本債券は額面金額で償還される。ノックイン事由が発生した
     場合、額面金額当たりの満期償還額は計算代理人により以下のとおり計算される金額となる。ただし、
                                  8/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     満期償還額は、1円未満は四捨五入されるものとし、0円を下回ることはなく、また各本債券の計算基礎
     額につき100万円を上回ることもない。
                 最終日経平均株価
          額面金額×
                 当初日経平均株価
      「最終日経平均株価」が「当初日経平均株価」を上回った場合および「最終日経平均株価」と「当初
     日経平均株価」が等しい場合、満期償還額は本債券の額面金額となる。「最終日経平均株価」が「当初
     日経平均株価」を下回った場合、満期償還額は本債券の額面金額を下回る。
      利率判定水準とは、当初日経平均株価の85%に相当する値(小数第3位を四捨五入)をいう。
      トリガー判定水準とは、当初日経平均株価の105%に相当する値(小数第3位を四捨五入)をいう。
      ノックイン判定水準とは、当初日経平均株価の65%に相当する値(小数第3位を四捨五入)をいう。
      当初日経平均株価は、条件設定日(下記「用語の定義」に定義される。)の日経平均株価終値をい
     う。
     用語の定義

      本書中において、下記の用語は、以下の意味を有する。
     「当初日経平均株価」とは、                  計算代理人が決定する、条件設定日における日経平均株価終

                       値をいう。
     「条件設定日」とは、                  2017年1月26日をいう。かかる日が取引所営業日(以下に定義

                       される。)でない場合、条件設定日は翌取引所営業日をい
                       う。条件設定日が障害日である場合、「当初日経平均株価」
                       は、日経平均株価に組込まれている各株式銘柄の条件設定日
                       の評価時刻現在の取引所の最終取引価格もしくは取引可能価
                       格(障害日を生じさせる事由が条件設定日に関連株式に関し
                       て生じている場合は、条件設定日の評価時刻現在の関連株式
                       銘柄の価値の誠実な推測値)を用いて、障害日を生じさせる
                       事由の発生直前に有効だった日経平均株価を算出するための
                       計算式および方法に従い、計算代理人が決定する条件設定日
                       の評価時刻現在の日経平均株価の水準とする。
     「計算代理人」とは、                  (未定)または授権されたその後継者をいう。

     「利率判定水準」とは、                  当初日経平均株価の85.00%に相当する値(小数第3位を四捨

                       五入)をいう。
     「カットオフ日」とは、                  (ⅰ)各連動利払日または連動利息期間(下記「2 利息支払

                       の方法 適用利率の決定」に定義される。)に関連するその
                       他の利息の支払期日に関しては、当該各連動利払日またはそ
                       の他の利息の支払期日に関連する支払日の7予定取引所営業日
                       (以下に定義される。)前の日をいい、(ⅱ)各早期償還日
                       に関しては、当該各早期償還日の7予定取引所営業日前の日を
                       いい、(ⅲ)満期償還日に関しては、満期償還日の7予定取引
                       所営業日前の日をいう。
                                  9/32




                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     「障害日」とは、                  計算代理人が決定する、取引所または関係取引所(以下に定
                       義される。)がその通常取引セッションの間に取引を開始で
                       きない、または市場混乱事由(以下に定義される。)が生じ
                       ている予定取引所営業日をいう。下記「拘束力を有する計
                       算」に記載の当事者に対する計算代理人の障害日の通知の懈
                       怠は、障害日の発生および効果の有効性に影響しない。ただ
                       し、これは、計算代理人の当該当事者への通知義務を減免す
                       るものではない。
     「早期終了」とは、                  取引所営業日における予定終了時刻(以下に定義される。)

                       前の取引所または関係取引所の取引終了をいう。ただし、か
                       かる早期終了時刻について、(ⅰ)当該取引所営業日の取引
                       所もしくは関係取引所における通常取引セッションの実際の
                       終了時刻と(ⅱ)当該取引所営業日の評価時刻における執行
                       のために取引所もしくは関係取引所システムに入れられる注
                       文の提出締切時刻のいずれか早い方から少なくとも1時間前ま
                       でに取引所もしくは関係取引所が発表している場合を除く。
     「取引所」とは、                  東京証券取引所もしくはその承継者または日経平均株価を構

                       成している株式銘柄の取引が臨時的に場所を移して行われて
                       いる代替の取引所もしくは相場システム(ただし、計算代理
                       人が、かかる臨時の代替取引所もしくは相場システムにおけ
                       る日経平均株価に組込まれている株式銘柄に関して元の取引
                       所における場合に匹敵する程の流動性がある旨決定すること
                       を条件とする。)をいう。
     「取引所営業日」とは、                  取引所および関係取引所においてそれぞれの通常の取引セッ

                       ションにおいて取引が行われる予定取引所営業日をいい、取
                       引所または関係取引所のいずれかにおける取引が予定終了時
                       刻よりも早く終了する予定取引所営業日を含む。
     「取引所障害」とは、                  市場参加者が全般的に(ⅰ)取引所における日経平均株価水

                       準の20%以上を構成する株式銘柄の取引を実行し、もしくは
                       その時価を取得する、または(ⅱ)関係取引所において、日
                       経平均株価に関する先物もしくはオプション契約の取引を実
                       行し、もしくはその時価を取得する機能を失い、もしくは毀
                       損する(計算代理人により決定される)事由(早期終了を除
                       く。)をいう。
     「日経平均株価」とは、                  取引所第一部に上場されている選別された225銘柄の株価指数

                       で、日経平均株価スポンサー(以下に定義される。)により
                       計算及び公表される公式のものをいう。詳細については、下
                       記「日経平均株価に関する情報」を参照のこと。
     「最終日経平均株価」とは、                  満期償還額計算日(以下に定義される。)における日経平均

                       株価終値をいう。
     「日経平均株価終値」とは、                  予定取引所営業日の評価時刻現在の日経平均株価水準をい

                       う。
                                 10/32



                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     「日経平均株価水準」とは、                  日経平均株価スポンサーにより計算および公表され、計算代
                       理人により決定される日経平均株価の水準をいい、必要に応
                       じ、小数第2位まで使用するものとする(小数第3位を四捨五
                       入。)。
     「日経平均株価スポンサー」と                  株式会社日本経済新聞社(以下「日本経済新聞社」とい

     は、                  う。)および/または文脈により、随時、日本経済新聞社が
                       日経平均株価に関する事務を全部又は一部委任している者を
                       いう。
     「ノックイン事由」とは、                  計算代理人がその単独の、かつ完全なる裁量により、観察期

                       間中のいずれかの予定取引所営業日(障害日でない日)に日
                       経平均株価終値が一度でもノックイン判定水準と同額かまた
                       はそれを下回ったと決定した場合に発生したとみなされる。
     「ノックイン判定水準」とは、                  当初日経平均株価の65.00%に相当する値(小数第3位を四捨

                       五入)をいう。
     「トリガー判定水準」とは、                  当初日経平均株価の105.00%に相当する値(小数第3位を四捨

                       五入)をいう。
     「市場混乱事由」とは、                  計算代理人が重大であると判断するものが評価時刻に終了す

                       る1時間の間に、発生もしくは存在している(ⅰ)取引障害
                       (以下に定義される。)もしくは(ⅱ)取引所障害、または
                       (ⅲ)早期終了をいう。いずれかの時点で日経平均株価に関
                       する市場混乱事由が生じているか否かを決定するために、市
                       場混乱事由が日経平均株価に含まれている株式に関して生じ
                       ている場合、日経平均株価の水準に対するかかる株式銘柄の
                       関連寄与率は、(x)かかる株式銘柄に対して帰せられる日経
                       平均株価の水準の割合と(y)包括的な日経平均株価の水準の
                       比較に基づく。いずれも、かかる市場混乱事由の発生直前の
                       水準とする。
     「観察期間」とは、                  条件設定日直後の予定取引所営業日の評価時刻(当該時刻を

                       含む。)から満期償還額計算日の評価時刻(当該時刻を含
                       む。)までをいう。
     「償還金額」とは、                  適宜、下記「3 償還の方法」の「(1)満期における償

                       還」、「(2)早期自動償還」、「(3)税制上の理由による
                       早期償還」、「(4)日経平均株価調整事由を理由とする早期
                       償還」、「(5)違法性を理由とする早期償還」または下記
                       「11 その他(1)債務不履行事由」により償還される日本円
                       による償還金額を意味する。
     「関係取引所」とは、                  大阪取引所もしくはその承継者または日経平均株価に関する

                       先物またはオプション契約の取引が臨時的に場所を移して行
                       われている代替の取引所もしくは相場システム(ただし、計
                       算代理人が、かかる臨時の代替取引所もしくは相場システム
                       における日経平均株価に関する先物またはオプション契約に
                       関して元の関係取引所における場合に匹敵する程の流動性が
                       ある旨決定することを条件とする。)をいう。
                                 11/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     「予定終了時刻」とは、                  取引所または関係取引所、および予定取引所営業日に関し、
                       予定取引所営業日における取引所または関係取引所の週日の
                       予定終了時刻をいう。時間外または通常取引セッション外の
                       他の取引は考慮しない。
     「予定取引所営業日」とは、                  取引所および関係取引所がそれぞれの通常取引セッションで

                       の取引を行う予定の日をいう。
     「取引障害」とは、                  取引所もしくは関係取引所その他による取引の停止もしくは

                       課せられた制限であって、取引所もしくは関係取引所その他
                       が許容する制限を超える株価変動を理由とするか否かを問わ
                       ず、(ⅰ)日経平均株価の水準の20%以上を構成する株式銘
                       柄に関して、取引所におけるもの、または(ⅱ)関係取引所
                       における日経平均株価に関する先物もしくはオプション契約
                       に関するものをいう。
     「判定日」とは、                  (ⅰ)各連動利払日または連動利息期間に関連するその他の

                       利息の支払期日に関しては、当該各連動利払日またはその他
                       の利息の支払期日に関連する支払日の10予定取引所営業日前
                       の日をいい、(ⅱ)各早期償還日に関しては、当該各早期償
                       還日の10予定取引所営業日前の日をいい、(ⅲ)満期償還日
                       に関しては、満期償還日の10予定取引所営業日前の日(以下
                       「満期償還額計算日」という。)をいう。ただし、かかる日
                       が障害日である場合は、当該判定日は、その直後の障害日で
                       ない予定取引所営業日とする。ただし、対応するカットオフ
                       日以前に障害日でない予定取引所営業日がない場合には、か
                       かるカットオフ日は、かかる日が障害日であるか否かに拘ら
                       ず判定日とし、計算代理人は、日経平均株価に組込まれてい
                       る各株式銘柄のカットオフ日の評価時刻現在の取引所の取引
                       価格もしくは相場価格(障害日を生じさせる事由がカットオ
                       フ日に関連株式銘柄に関して生じている場合、かかるカット
                       オフ日の評価時刻現在の関連株式銘柄の価値の誠実な推測
                       値)を使用して、最初の障害日の発生の直前に有効だった日
                       経平均株価を算出するための計算式および方法に従い、かか
                       るカットオフ日の評価時刻現在の日経平均株価の水準を決定
                       する。
     「評価時刻」とは、                  取引所の予定終了時刻をいう。取引所が予定終了時刻より早

                       く終了する場合には、評価時刻は、実際に終了する時刻とす
                       る。
     2【利息支払の方法】

      各本債券の利息は、下記「適用利率の決定」の記載に従い決定される利率(年率)で、2017年1月25
     日(当日を含む。)から2022年1月20日(満期償還日)(当日を含まない。)までこれを付し、2017年
     4月20日を初回とし満期償還日を最終回とする、毎年1月20日、4月20日、7月20日および10月20日(以
     下それぞれ「利払日」という。)に、2017年1月25日または直前の利払日(当日を含む。)から当該利
     払日(当日を含まない。)までの期間(以下それぞれ「利息期間」という。)について、日本円で後
     払いされる。
     適用利率の決定
      本債券の利率は以下に従って決定される。
                                 12/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     (1) 固定利率:2017年1月25日(当日を含む。)から2017年4月20日(当日を含まない。)までの期
        間(以下「固定利息期間」という。)については、年率(未定)%(年1.50%以上年4.50%以下
        を 仮条件とする。)。すなわち、各本債券の計算基礎額につき、2017年4月20日に、その日(当
        日を含まない。)までの利息として、(未定)円が後払いされる。
     (2) 変動利率:2017年4月20日(当日を含む。)から満期償還日(当日を含まない。)までの期間
        (以下「連動利息期間」という。)については、2017年7月20日を初回とし満期償還日を最終回
        とする利払日(以下それぞれ「連動利払日」という。)に、各連動利払日(当日を含まない。)
        までの3ヵ月間の期間についての利息(以下「連動利息額」という。)が後払いされる。各連動
        利息期間に適用される利率および各連動利払日に支払われる各本債券の計算基礎額当たりの利息
        額は、計算代理人の単独の裁量により以下に従って決定される。
        (ⅰ)関連する連動利払日直前の判定日(以下「利率判定日」という。)の日経平均株価終値が
            利率判定水準以上の場合、関連する連動利息期間に適用される利率は、年率(未定)%
            (年1.50%以上年4.50%以下を仮条件とする。)とし、かかる連動利払日に支払われる連
            動利息額は、各本債券の計算基礎額につき、(未定)円とする。
        (ⅱ)利率判定日の日経平均株価終値が利率判定水準未満の場合、関連する連動利息期間に適用
            される利率は、年率0.10%とし、かかる連動利払日に支払われる連動利息額は、各本債券
            の計算基礎額につき、250円とする。
      各本債券につき、利息金額が指定されていない期間に対して支払われるべき利息を計算する必要が

     ある場合には、その利息の額は、各本債券の計算基礎額に、2017年1月25日(当日を含む。)から2017
     年4月20日(当日を含まない。)までの間の期間については本「2 利息支払の方法 適用利率の決定
     (1)」に記載の利率を、また2017年4月20日(当日を含む。)から満期償還日(当日を含まない。)
     までの間の期間については本「2 利息支払の方法 適用利率の決定(2)」の規定に従って得られる
     利率を適用し、その積に下記の算式に基づき当該期間の日数を360で除して算出される商を乗じて得ら
     れた数値(1円未満を四捨五入)に、更に本債券の額面金額を計算基礎額で除した割合を乗ずることに
     より計算される。
                 [360×(Y2-Y1)]+[30×(M2-M1)]+(D2-D1)
         日数計算=
                            360
     上記の数式において、

     「Y1」とは、当該期間の初日が属する年を数字で表したものをいう。
     「Y2」とは、当該期間に含まれる末日の翌日が属する年を数字で表したものをいう。
     「M1」とは、当該期間の初日が属する暦月を数字で表したものをいう。
     「M2」とは、当該期間に含まれる末日の翌日が属する暦月を数字で表したものをいう。
     「D1」とは、当該期間の初日にあたる暦日を数字で表したものをいう。ただし、かかる数字が31の場
     合、D1は30になる。
     「D2」とは、当該期間に含まれる末日の翌日にあたる暦日を数字で表したものをいう。ただし、かか
     る数字が31であり、D1が29より大きい数字の場合、D2は30になる。
      ただし、当該期間の日数は、当該期間の初日(当日を含む。)から当該期間の末日(当日を含まな

     い。)までを計算する。
      本債券に関して支払われるべき金額の支払を要する日を「支払日」といい、かかる日は、「4 元利
     金支払場所(7)」の規定に従って調整されることがある。
      各本債券には、満期償還日以降は利息が付されない。ただし、適法な本債券の呈示がなされたにも
     かかわらず、償還金額の支払が不当に留保または拒絶された場合は、各本債券に対し、(ⅰ)当該本
     債券に関してその日までに支払期日が到来している全額が所持人によりもしくはそのために受領され
     た日、または(ⅱ)財務代理人が所持人に対して、財務代理人が本債券に関して通知から7日後の日ま
                                 13/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     でに支払期日が到来する全額を受領したことを通知した日から7日目の日(ただし、その後の支払に不
     履行があった場合を除く。)のいずれか早い方の日まで(判決の前後を問わず)、本「2 利息支払の
     方 法」に従って、継続して利息が付される。
     3【償還の方法】

     (1) 満期における償還
         期限前に償還または買入消却されない場合、下記「日経平均株価の廃止/計算方法の変更」お
        よび下記「4 元利金支払場所」の規定に従い、各本債券は、2022年1月20日(以下「満期償還
        日」という。)に、各本債券の計算基礎額につき計算代理人が以下の通り決定する金額(以下
        「満期償還額」という。)によって発行者により日本円で償還される。
        (ア)ノックイン事由が発生しなかった場合、
           100万円
        (イ)ノックイン事由が発生した場合、
           以下のとおり計算される金額
                  最終日経平均株価
           100万円×
                  当初日経平均株価
           ただし、満期償還額は、1円未満は四捨五入されるものとし、0円を下回ることはなく、また
         各本債券の計算基礎額につき100万円を上回ることもない。
     (2) 早期自動償還
         計算代理人が、早期償還日(以下に定義される。)に関するいずれかの判定日(以下「早期償
        還判定日」という。)において日経平均株価終値がトリガー判定水準と等しいかそれを上回ると
        決定した場合、関連ある早期償還日において、本債券は、そのすべて(一部のみは不可。)が、
        自動的に100万円(各本債券の計算基礎額当たり)にて、日本円で早期償還される(当該規定を
        「早期償還条項」ともいう。)。なお、かかる早期償還は、早期償還判定日より前にノックイン
        事由が発生したか否かにかかわらず100万円(各本債券の計算基礎額当たり)にて償還される。
         「早期償還日」とは、2017年4月20日(当日を含む。)から2021年10月20日(当日を含む。)
        までの毎年1月20日、4月20日、7月20日および10月20日をいう。かかる早期償還日が営業日(以
        下に定義される。)ではない場合、早期償還日は翌営業日まで延期される。
     ■     日経平均株価の廃止/計算方法の変更

         (ⅰ)日経平均株価スポンサーが日経平均株価を計算、公表しない場合で計算代理人の承認す

        る承継スポンサー(かかる承継スポンサーを日経平均株価スポンサーとみなす。)が日経平均株
        価を計算し、公表した場合、または(ⅱ)日経平均株価が、日経平均株価の計算で用いられる計
        算式および方法と同様もしくは実質的に同様と計算代理人が判断した計算式または方法を使って
        算出される後継の指数により代替される場合には、いずれの場面においても、かかる承継指数
        (以下「承継日経平均株価」という。)が日経平均株価とみなされる。
         (ⅰ)条件設定日または判定日以前に、日経平均株価スポンサーが、日経平均株価を計算する
        ための計算式もしくは方法の著しい変更、もしくはその他の方法で日経平均株価を著しく変更す
        る(以下「日経平均株価修正」という。構成銘柄や資本構成もしくは契約の変更ならびに他の慣
        例的事由が生じた場合に日経平均株価を維持するために行う計算式もしくは方法における所定の
        修正を除く。)もしくは、日経平均株価が永久的に廃止され、承継日経平均株価も存在しない
        (以下「日経平均株価廃止」という。)場合、または、(ⅱ)条件設定日もしくはいずれかの判
        定日において、日経平均株価スポンサーが日経平均株価を計算、公表しない(以下「日経平均株
        価障害」という。日経平均株価修正および日経平均株価廃止とともに以下それぞれを「日経平均
        株価調整事由」という。)場合、発行者は、計算代理人と協議の上、(a)かかる日経平均株価
        調整事由が本債券に重大な影響を及ぼすか否かの決定を計算代理人に求め、及ぼすと決定した場
        合には、計算代理人は、日経平均株価の公表水準の代わりに、修正、廃止または障害の直前に有
                                 14/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        効だった日経平均株価水準を算出するための計算式および方法に従いかつかかる日経平均株価調
        整事由の直前の日経平均株価を構成した株式銘柄のみを使って計算代理人が決定する、評価時刻
        現 在の日経平均株価水準を使い、関連する指数もしくは価格を計算するか、または(b)下記
        「10 公告の方法」に従って本債権者に対して通知を行い、本債券の全部(一部は不可)を額面
        金額にて早期償還する。下記「(4) 日経平均株価調整事由を理由とする早期償還」を参照の
        こと。
     ■     日経平均株価水準の訂正
         日経平均株価スポンサーにより公表され、本債券に基づきなされた計算もしくは決定のために

        用いられる日経平均株価水準が、その後訂正され、その訂正が、当初の公表日中に日経平均株価
        スポンサーにより公表される場合、計算代理人は、当初公表された日経平均株価水準に代えて、
        訂正された日経平均株価水準を用いる。
     ■     拘束力を有する計算
         計算代理人は、発行者と計算代理人との間で締結された計算代理人契約書(以下「計算代理契

        約」という。)に従い、本債券に基づき支払われる一定の金額に関する計算および本書により詳
        細に明記されている一定の事項に関する決定をその単独の裁量により行うために計算代理人に任
        命された。計算代理人による決定のために付与され、表明され、示され、または取得された証明
        書、交信、意見書、決定、計算および相場は、明白な誤謬がある場合を除き、発行者、財務代理
        人、その他の支払代理人(下記「4 元利金支払場所(1)」に定義される。)および本債権者を
        拘束し、また、明白な誤謬のある場合を除き、計算代理人は、その規定に従ってなしたその権
        限、義務および裁量権の履行および行使に関して、発行者または本債権者に対して何らの義務を
        負わない。計算代理人による通知は、計算代理契約に従ってなされた場合になされたものとみな
        される。
         計算代理人は、本債券の条項に従い行う一切の決定または計算を、決定次第実務上できる限り
        早く、発行者および財務代理人に通知する。財務代理人は、その後実務上できる限り早く、下記
        「10 公告の方法」に従って、本債権者に対し、通知を行う。
     ■     免責
         日経平均株価は、日本経済新聞社の知的財産権である。「日経」、「日経平均株価」および

        「日経225」は、日本経済新聞社のサービスマークである。日本経済新聞社は、著作権を含め、
        日経平均株価に関する全て権利を有している。
         本債券は、いかなる形においても、日経平均株価スポンサーにより後援され、推奨され、また
        は販売促進されているものではない。日経平均株価スポンサーは、明示的、黙示的とを問わず、
        日経平均株価の使用により得られる結果、ある特定の日に日経平均株価を構成している数値また
        はその他についていかなる保証または表明をも行っていない。日経平均株価は、専ら日経平均株
        価スポンサーにより集計および計算される。ただし、日経平均株価スポンサーは、いかなる者に
        対しても日経平均株価の誤りについての責任を負わず、本債券の購入者または販売者を含むいか
        なる者に対してもかかる日経平均株価の誤りを通知する義務を負わない。
         更に、日経平均株価スポンサーは、計算の際に使用される計算方法の修正または変更に関し、
        何ら保証をせず、また日経平均株価の計算、公表および普及を継続して行う義務を負わない。
         発行者、計算代理人およびその他の代理人は、日経平均株価またはその承継指数の計算、維持
        または公表につき責任を負わない。
     日経平均株価に関する情報

     ■     概 略
         別段の定めのない限り、日経平均株価に関する本書の記載は、公表文書に基づくものである。

        かかる公表文書は、当該文書に記載の日付現在における日本経済新聞社の方針を反映するもので
        ある。かかる方針は日本経済新聞社により任意に変更されることがある。
                                 15/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
         日経平均株価は、選択された日本株式銘柄の複合価格の推移を示すために、日本経済新聞社の
        委託を受けて日経平均株価スポンサーが計算し公表する株価指数である。日経平均株価は、現
        在、東京証券取引所第一部に上場する225の株式銘柄によって構成されており、広範な日本の業
        種 を反映している。東京証券取引所第一部に上場する株式銘柄は、同取引所で最も活発に取引が
        行われている。
         日経平均株価スポンサーは、日経平均株価の計算に際し下記の計算方法を用いるが、本債券に
        関連する支払額に影響を与え得るかかる計算方法を、修正または変更しない保証は無い。
         日経平均株価は、修正平均株価加重指数であり(すなわち、日経平均株価における各構成銘柄
        の加重値は発行者の株式の時価総額ではなく1株当りの株価に基づいている。)、その計算方法
        は、(ⅰ)各構成銘柄の1株当りの株価を、当該構成銘柄に対応する加重関数で乗じ、(ⅱ)そ
        の積を合計し、(ⅲ)その数値を除数で除したものである。除数は当初1949年に設定されたとき
        は225であったが、2017年1月4日現在26.062となり、下記のとおり調整される。各加重関数は、
        50円を日本経済新聞社の設定する構成銘柄のみなし額面価格で除して計算され、各構成銘柄の株
        価に加重関数を乗じた額がみなし額面価格を一律50円とした場合の株価に相当するように設定さ
        れている。単位株制度は2001年10月1日をもって廃止され、各構成銘柄の現在のみなし額面価格
        は、その後発生する以下の調整に服するものとするが、2001年10月1日の日本株の額面株式廃止
        直前の額面金額に基づいている。日経平均株価の計算に用いられる株価は、東京証券取引所にお
        いて報告されている株価である。日経平均株価の値は、東京証券取引所の取引時間中15秒毎に計
        算されている。
         構成銘柄に影響する市場外の要因、例えば構成銘柄の追加または除外、株式交換、株式分割な
        どの一定の変化が生じた場合には、日経平均株価の値が継続的に維持されるように、日経平均株
        価を計算するための除数または(場合により)関連ある構成銘柄のみなし額面価格は、日経平均
        株価の値が整合性を欠くような形で変更され継続性を欠くことのないよう修正されている。別の
        変更が生じた結果さらに修正が必要となるまで、除数は一定値に維持されている。構成銘柄に影
        響する各変更の結果、除数は、当該変更の発生した直後の株価に加重関数を乗じたものの合計を
        新たな除数で除した値(すなわち、当該変更直後の日経平均株価の値)がその変更の生じる直前
        の日経平均株価の値に等しくなるよう修正される。
         構成銘柄は、日本経済新聞社により除外または追加される。構成銘柄は、日本経済新聞社の設
        定する定期見直し基準に従い、原則として毎年1回、10月の第一営業日に見直される。定期見直
        しによる入れ替え銘柄数には上限が設けられていない。また、定期見直しとは別に、次のいずれ
        かの事由等により東京証券取引所第一部上場銘柄でなくなったものは、構成銘柄から除外され
        る。
        (ⅰ) 倒産(会社更生法または民事再生法の適用申請や会社清算など)による整理ポスト入り
            または上場廃止
        (ⅱ) 被合併、株式移転、株式交換など企業再編に伴う上場廃止
        (ⅲ) 債務超過またはその他の理由による上場廃止または整理ポスト入り
        (ⅳ) 東京証券取引所第二部への指定替え
         監理ポスト入り銘柄については、原則除外候補となるが、除外の実施は事業の存続可能性や上
        場廃止の可能性など状況を判断の上決定される。構成銘柄からある株式を除外した場合には、日
        本経済新聞社は、自ら設定する基準に従い、その補充銘柄を選択する。銘柄の入れ替えは同一日
        に除外・採用銘柄数を同数として、225銘柄を維持することを原則とする。ただし、特殊な状況
        下においては、該当銘柄を除外してから代替の銘柄を採用するまでの一定短期間、225銘柄に満
        たない銘柄を対象として日経平均株価を計算することがある。この間にあっては、銘柄または銘
        柄数を変更する都度、除数を変更することにより、指数としての継続性を維持する。
     ■     日経225の過去の推移
         下記の表は、2011年1月から2016年12月までの各月末における日経225の終値を示したものであ

        る。これは、様々な経済状況の下で日経225がどのように推移するかの参考のために記載するも
        のであり、この日経225の過去の推移は、日経225の将来の動向を示唆するものではなく、本債券
                                 16/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        の時価の動向を示すものでもない。過去の下記の期間において日経225が下記のように変動した
        ことによって、日経225および本債券の時価が本債券の償還まで同様に推移することを示唆する
        も のではない。
                          日経225の月末の終値

                                                 (単位:円)
                  2011       2012       2013       2014       2015       2016
          1月      10,237.92       8,802.51       11,138.66       14,914.53       17,674.39       17,518.30
          2月      10,624.09       9,723.24       11,559.36       14,841.07       18,797.94       16,026.76
          3月       9,755.10       10,083.56       12,397.91       14,827.83       19,206.99       16,758.67
          4月       9,849.74       9,520.89       13,860.86       14,304.11       19,520.01       16,666.05
          5月       9,693.73       8,542.73       13,774.54       14,632.38       20,563.15       17,234.98
          6月       9,816.09       9,006.78       13,677.32       15,162.10       20,235.73       15,575.92
          7月       9,833.03       8,695.06       13,668.32       15,620.77       20,585.24       16,569.27
          8月       8,955.20       8,839.91       13,388.86       15,424.59       18,890.48       16,887.40
          9月       8,700.29       8,870.16       14,455.80       16,173.52       17,388.15       16,449.84
          10月       8,988.39       8,928.29       14,327.94       16,413.76       19,083.10       17,425.02
          11月       8,434.61       9,446.01       15,661.87       17,459.85       19,747.47       18,308.48
          12月       8,455.35       10,395.18       16,291.31       17,450.77       19,033.71       19,114.37
         2017年1月4日における日経225の終値は、19,594.16円であった。
     ■ 東京証券取引所

         東京証券取引所は、市場規模の観点で世界最大級の証券市場の1つである。取引時間は通常、
        月曜日から金曜日までの東京時間の午前9時から午前11時30分までおよび東京時間の午後0時30分
        から午後3時までである。
         東京証券取引所は、売買注文の不均衡により生じる異常な短期価格変動の防止を企図した方策
        を講じている。かかる方策には個別株価の異常な変動を防止するための毎日の上限および下限を
        含む。原則として、東京証券取引所に上場されている銘柄は、制限値幅を超えて取引することは
        できない。この値幅はパーセントではなく日本円の絶対額で表示され、前取引日の終値に基づい
        て設定されている。さらに、上場株式につき大幅な売買注文の不均衡が生じた場合には、反対注
        文を促して需給関係の均衡を保つため、当該株式の「特別買気配」や「特別売気配」を当該株式
        の直近の売買価格より高くまたは低く設定することがある。東京証券取引所は、一定の限定的な
        異常な事態が発生した場合(例えば、当該株式に関する異常な取引)には、個別株式の取引を中
        止することがあることに留意しなければならない。その結果、日経225の変動は、日経225を構成
        する個別株式の価格の値幅制限または取引中止により制限され、一定の状況において本債券の時
        価に影響を及ぼすことがある。
     (3) 税制上の理由による早期償還

         以下の場合、本債券は、発行者の選択により、30日以上60日以下の事前の通知(かかる通知は
        取消不能とする。)を所持人に対して行った後、市場価値償還額をもって、その全部(一部は不
        可。)を(i)固定利息期間については随時、(ⅱ)固定利息期間以外の期間については関連あ
        る利払日に償還することができる。本書において、「市場価値償還額」とは、経過利子(もしあ
        れば)を含む計算代理人の単独かつ完全なる裁量で決定される本債券の市場価値(市場実勢金利
        および本債券に含有される信用リスクを参照するが、それらに限らない。)から、早期償還の結
        果、発行者が負担することとなった裏付となる、および/または関連するヘッジの取決めの清算
        の為の合理的な費用を控除した金額をいう。
                                 17/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        (イ) 発行者が、スウェーデン王国またはスウェーデン王国のもしくはスウェーデン王国内の
            下部行政主体もしくは課税当局の法令に対する変更または修正、またはかかる法令(管轄
            裁 判所の判決を含む。)の適用もしくは公的解釈における変更(発行日以後に生じたもの
            に限る。)が生じたことにより、下記「8 課税上の取扱い (1)スウェーデン王国の租
            税」に定められたまたは記載された追加額を支払わなければならないかまたは支払う義務
            を負うことになる場合であって、かつ
        (ロ) 発行者が、発行者に対して利用可能な合理的な措置を講じても、当該義務を回避するこ
            とができない場合。
         ただし、かかる償還通知は、もしその時点で本債券に関する支払期日が到来しているとしたな
        らば、発行者が当該追加額の支払義務を負うことになる最も早い日の(i)90日以上前(固定利
        息期間について)、(ⅱ)直前の利払日の60日以上前(固定利息期間以外の期間について)には
        なされないものとする。
         本段落に基づく償還通知に先立ち、発行者は財務代理人に対して、発行者がかかる償還を有効
        になす権利を有することを記載し、かかる償還をなすための発行者の権利の前提条件が発生して
        いることを示す事実を表明した、発行者の執行委員会(Executive                                  Committee)の2名の委員によ
        り署名された証明書を交付する。本項において述べているかかる通知の期間の満了により、発行
        者は、本項に従って本債券を償還する義務を負う。
     (4) 日経平均株価調整事由を理由とする早期償還
         日経平均株価調整事由が生じ、計算代理人が日経平均株価水準を決定できないか、またはかか
        る決定を行う将来の日において日経平均株価水準を決定できなくなると判断する場合、計算代理
        人は、発行者に対して満期償還日以前に本債券を償還するよう要求し、発行者は、「10                                            公告の方
        法」に従い3日以上30日以下の事前の通知(かかる通知は取消不能とする。)を所持人に対して
        行った後、本債券の全部(一部は不可)を市場価値償還額で償還するものとする。
     (5)    違法性を理由とする早期償還
         本債券に基づく発行者の義務の履行または本債券に基づく発行者のポジションをヘッジするた
        めのあらゆる取り決めが、全部または一部を問わず、現在または将来において適用ある、政府、
        行政、立法もしくは司法に関する権限を有する者による法、規則、規制、判断、命令もしくは通
        達を遵守した結果またはそれらの解釈により、非合法、違法もしくは禁止事項となった、または
        そうなるであろうと計算代理人が誠意をもって決定した場合には、発行者は、下記「10                                             公告の
        方法」に従い3日以上30日以下の事前の通知(かかる通知は取消不能とする。)を所持人に対し
        て行った後、本債券の全部(一部は不可)を市場価値償還額で償還することができる。
     (6)    買 入 消 却
         発行者は、公開市場その他において、随時いかなる価格でも本債券を買入れることができる。
        買入れられた本債券は、保有、再販売、または消却のために提出できる。
         本項に基づき消却のために提出されたすべての本債券は、(期限未到来の利札すべてが付され
        ているか、共に提出されたことを条件として)即時に消却されるものとし、再販売または再発行
        することはできない。
     4【元利金支払場所】

     (1)    当初の支払代理人およびその指定事務所:
        ドイチェ・バンク・アーゲー               ロンドン支店(Deutsche             Bank   AG,  London    Branch)
        連合王国 ロンドン市 EC2N               2DB グレート・ウィンチェスター・ストリート 1 
        ウィンチェスター・ハウス
        (Winchester       House,    1 Great   Winchester      Street,    London    EC2N   2DB,   United    Kingdom)
        ドイチェ・バンク・ルクセンブルク・エス・アー(Deutsche                               Bank   Luxembourg      S.A.)
        ルクセンブルク市 L–1115 ブールバール・コンラート・アデナウアー 2
                                 18/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        (2  Boulevard      Konrad    Adenauer,      L–1115    Luxembourg)
        ドイチェ・インターナショナル・コーポレート・サービシズ(アイルランド)リミテッド
        (Deutsche      International        Corporate      Services     (Ireland)      Limited)
        アイルランド ダブリン3 イーストポイント・ビジネス・パーク ピナクル2 6階
        (Sixth    Floor,    Pinnacle     2,  Eastpoint      Business     Park,   Dublin    3,  Ireland)
        (以下「支払代理人」といい、財務代理人契約(下記「6 債券の管理会社の職務」に定義され
        る。)に従って選任された代替または追加の支払代理人を含む。)
         発行者は、いつでも、支払代理人(財務代理人を含む。)の指名を変更もしくは終了する権利
        および追加のもしくはその他の支払代理人もしくは計算代理人を指名する権利を有する。ただ
        し、発行者は、常に(ⅰ)財務代理人を維持し、(ⅱ)FATCA源泉徴収(以下に定義される。)
        を控除されることなく本債券に基づく支払を受領する権利を有する支払代理人を維持し、また
        (ⅲ)計算代理人を維持する。支払代理人は、いつでも、その指定事務所を、同一の都市にある
        他の事務所に変更する権利を有する。計算代理人、支払代理人またはそれらの指定事務所の変更
        の通知は、下記「10 公告の方法」に従って所持人に対して速やかに行われる。
     (2)    元本: 元本の支払は、東京に所在する銀行宛振出の円建小切手により、または受取人が東京
        に所在する銀行に維持する円建の口座への送金により、米国外に所在する関連ある支払代理人の
        指定事務所において本債券の呈示および(全額が支払われる場合は)提出と引換えによってのみ
        なされる。
         利息: 利息の支払は、下記(3)を条件として、上記元本の場合と同じ方法により、米国外
        に所在する関連ある支払代理人の指定事務所においてしかるべき利札の呈示および(全額が支払
        われる場合は)提出と引換えによってのみなされる。
         ニューヨークにおける支払: (ⅰ)発行者が、支払期日到来時に支払われるべき通貨により
        本債券に関する利息の全額を支払代理人が支払うことができると合理的に予測して、米国外の支
        払代理人を指名する場合、(ⅱ)当該支払代理人すべての事務所におけるかかる利息の全額の支
        払が違法であるか、または為替管理もしくはその他同様の制限により妨げられる場合、および
        (ⅲ)支払が適用ある米国法により許容される場合には、元本または利息の支払はニューヨーク
        における支払代理人の指定事務所でなされる。
     (3)    支払期限の到来した利札に関する以外の利息の支払は、米国外(または上記(2)の第3段落に
        より許容される場合にはニューヨーク)に所在する支払代理人の指定事務所において、関連ある
        本債券を呈示することによってのみなされる。
     (4)    財務法に従った支払: 本債券に関する支払はすべて、いかなる場合においても、(ⅰ)支払
        場所において適用ある財務またはその他の法令に従うものとするが、下記「8 課税上の取扱
        い (1)スウェーデン王国の租税」の規定を害しないものとし、また、(ⅱ)下記「8 課税上
        の取扱い (1)スウェーデン王国の租税」の規定にかかわらず、1986年合衆国内国歳入法第
        1471条(b)項に記載された契約に従って要求される源泉徴収もしくは控除、またはその他の同歳
        入法第1471条から第1474条、同歳入法に基づく規定もしくは契約、その正式な解釈、もしくはこ
        れらに対する政府間の提案を実施するあらゆる法律に従って課税される源泉徴収もしくは控除に
        従うものとする(以下「FATCA源泉徴収」という。)。かかる支払につき、本債券または利札の
        所持人に対して、いかなる手数料または費用も課せられない。
     (5)    固定利息の利札については、本債券が、これに関するすべての期限未到来の利札が付されずに
        呈示された場合は、欠缺利札の総額に等しい金額が支払われるべき元本金額から差し引かれる。
        ただし、支払可能な総額が支払われるべき元本金額に満たない場合は、当該欠缺利札の総額のう
        ち、実際に支払可能な総額の支払われるべき元本金額に対する割合に相当する金額が差し引かれ
        る。
         このようにして差し引かれた元本金額はそれぞれ、関連ある欠缺利札の呈示および(全額が支
        払われる場合は)提出と引換えに支払われる。
     (6)    変動利息の利札については、上記「3 償還の方法」の「(2)早期自動償還」、「(3)税制
        上の理由による早期償還」、「(4)日経平均株価調整事由を理由とする早期償還」および
                                 19/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        「(5)違法性を理由とする早期償還」ならびに下記「11 その他 (1)債務不履行事由」によ
        る早期償還日に、当該本債券に関連ある期限未到来の利札(本債券に付されているか否かを問わ
        な い。)はすべて無効となり、当該利札に関する支払はなされない。
     (7)    本債券または利札のいずれかに関するある金額の支払期日が、支払に関する営業日でない場
        合、かかる支払期日は翌営業日まで延長され、その所持人は、かかる期日まで当該金額の支払を
        受ける権利を有しない。かかる調整によりいかなる追加利息その他一切の支払も行われることは
        ない。
         「営業日」とは、(A)            支払に関しては、(a)商業銀行および外国為替市場がロンドン、
        ニューヨークおよび東京において一般に支払の決済を行う日であり、(b)(ⅰ)呈示または提
        出場所において、持参人払式証券の呈示および支払のためまたは債券の券面の提出のために、お
        よび外国為替取引のために、銀行が営業を行う日であり、また(ⅱ)口座への送金による支払の
        場合は、ロンドン、ニューヨークおよび東京において外国為替取引が行われる日であり、また
        (B)  本書に基づいて必要とされるその他の計算、決定および評価を行うこと、または通知勧告を
        行うことに関連する事項については、ロンドン、ニューヨークおよび東京において営業を行って
        いる日をいう。
     (8)    支払代理人が、支払のために支払代理人に対して呈示された本債券または利札のいずれかにつ
        き、その一部を支払う場合、当該支払代理人は、その支払金額と日付を含む記載を当該本債券ま
        たは利札に裏書する。
     (9)    大券に関するすべての支払は、支払代理人または支払代理人が指図する者に対する大券の呈
        示、また(すべての経過利息とともに元本を完済する場合には)大券の提出によりなされ、本債
        券に関する発行者の対応する債務を弁済および免責する効果を有する。大券に関する元利金の支
        払がなされる各場合において、発行者はかかる支払の旨が大券付属の別紙に記入されるようにす
        る。
     (10)     計算代理人が、誠実に、その単独かつ完全なる裁量により、発行者の支配の及ばない事由に
        より円で支払うことができないと判断する場合(以下「通貨障害事由」という。)、通貨障害事
        由の発生後に本債券または利札に関して支払われるべき金額の支払は、計算代理人がその単独か
        つ完全なる裁量により決定する、米ドルまたはユーロ(円建の当該支払われるべき金額と同等の
        金額)で行われるものとする。通貨障害事由の通知(かかる通知は取消不能とする。)は、下記
        「10   公告の方法」に従って所持人になされるものとする。
     5【担保又は保証に関する事項】

      法律により(ただし、契約にはよらない。)強制的に優先される債務を除き、本債券は、発行者の
     直接、無条件、無担保かつ非劣後の債務であり、その間に優先関係はなく、発行者のその他のすべて
     の現在および将来における未履行の無担保かつ非劣後の借入金債務と同順位である。
      発行者は、本債券のいずれかが未償還である限り、発行者およびそのいずれの子会社も、現在また
     は将来の借入金債務を担保するために、発行者およびかかる子会社の現在または将来の収入または資
     産の上に、いかなる抵当権、先取特権(法律の適用により発生する先取特権を除く。)、質権その他
     の担保権(ただし、発行者またはかかる子会社が購入した財産の購入価格の全部または一部を担保す
     るためにかかる財産上に設定された抵当権、先取特権、質権その他の担保権を除く。)も設定せず、
     また設定することを許容しないことを約束する。ただし、本債券の条項に従い同時に同一または同等
     の担保権によって本債券が担保される場合はこの限りでない。
     6【債券の管理会社の職務】

      該当なし
     財務代理人の職務

                                 20/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     (1)    発行者は、支払期日が到来した本債券に関する利息および元本、または償還金額(場合によ
         る。)を支払うために、財務代理人に対してかかる支払期日以前に、当該本債券に関してその
         時点で支払われるべき元本、償還金額または利息(場合による。)に相当する金額を支払う。
          発行者が前段落の義務を遵守することを条件として、かつ、その限度において(ただし、期
         限が到来しているか否かを問わない。)、財務代理人は、当該支払代理人に対し、財務代理人
         が前段落の記載に基づき受領した資金から、上記「4 元利金支払場所」の記載に従い、当該支
         払代理人により支払われた金額と同額を当該支払代理人が財務代理人に対する通知により指定
         した銀行への振込の方法により支払う。
     (2)    本債券または利札を喪失、盗失、汚損、毀損または滅失した場合、すべての適用ある法律に
         従い、請求者が再発行におけるすべての費用を支払い、かつ、発行者および財務代理人が要求
         する証拠、担保、補償およびその他の条件を満たした場合、財務代理人の指定事務所におい
         て、かかる本債券または利札は再発行される。汚損または毀損した本債券または利札は、再発
         行される前に提出されなければならない。
     (3)    財務代理人は、発行者、ドイチェ・バンク・アーゲー                             ロンドン支店、ドイチェ・バンク・ル
         クセンブルク・エス・アー、ドイチェ・バンク・トラスト・カンパニー・アメリカズおよびド
         イチェ・インターナショナル・コーポレート・サービシズ(アイルランド)リミテッドとの間
         で締結された2016年4月1日付財務代理人契約(その後の修正または補足を含み、以下「財務代
         理人契約」という。)に定めるその他の義務および職務を遂行する。
     7【債権者集会に関する事項】

      財務代理人契約は、本債券に適用される要項の修正または放棄を含め、本債権者の利益に影響を及
     ぼす事項を審議するための債権者集会を開催するための規定を有する。
      発行者は、何時にても債権者集会を招集することができ、または本債券の元本残高の10分の1以上を
     有する本債権者の書面による要求があった場合には、本債券の債権者集会を招集しなければならな
     い。招集の日時および場所を記載した少なくとも21日前の通知が本債権者に付与される。
      かかる集会において、本債券もしくは議決権証書を保有しているか、または代理人であり、かつ本
     債券の元本残高の過半数を保有し、もしくは代表する1名以上の者(発行者およびそのノミニーを除
     く。)が出席した場合には、議題の審議のための定足数を構成する。
      集会に提出された各議案は、先ず挙手により決定されるものとし、可否同数の場合には、議長が挙
     手および投票の双方に関して、本債権者として有する議決権(もしあれば)に加えて、決定票を有す
     る。
      債権者集会は、本債券に関して、要項中の規定に従うことを条件として、財務代理人契約書添付の
     「債権者集会に関する規定」第17項以前に記載されている規定により付与される権限に加えて、当該
     「債権者集会に関する規定」により第三者に付与される権限を損なうことなく、特別決議(以下に定
     義される。)により行使可能な次の権限を有する。
     (a)    本債権者または利札の所持人の発行者に対する権利に関して、かかる権利が本債券その他に基
         づき生じるかどうかにかかわらず、変更、廃止、修正、和解または調整につき、発行者の提案
         を承認する権限。
     (b)    本債券を、発行者もしくは設立済もしくは設立予定のその他の法人の他の債務証書もしくは証
         券に交換、代替または転換することを承認する権限。
     (c)    本債券もしくは利札、要項、財務代理人契約書添付の「債権者集会に関する規定」または財務
         代理人契約に記載されている条項に関して、発行者が提案する変更に同意する権限。
     (d)    本債券に適用される要項に基づく義務の発行者による違反もしくはそのおそれ、または本債券
         に適用される要項に基づき債務不履行事由を構成することになる作為もしくは不作為に関し
         て、権利を放棄し、または容認する権限。
     (e)    財務代理人またはその他の者に対して、特別決議を実行し、その効力を発生させるために必要
         な一切の書類、行為および事項の協力、作成および実施を授権する権限。
                                 21/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     (f)    本債券に適用される要項に基づき特別決議により付与されることが必要な権能、指図または承
         認を付与する権限。
     (g)    本債券に関して、本債権者の権利を代表する受任者として、何人(本債権者であるかどうかを問
         わない。)かを任命し、またかかる本債権者が特別決議により自ら行使することができる権能ま
         たは裁量権を、当該受任者に付与する権限。
      適法に招集され、開催された本債券に関する債権者集会で可決された特別決議は、当該集会への出
     席の有無を問わず、すべての本債権者を拘束し、また本債券に関するすべての利札所持人を拘束する
     ものとし、かつこれに応じて、本債券および利札の各所持人は、本債券に関して、かかる決議の効力
     を承認することを義務づけられるものとする。かかる決議の可決は、当該決議がなされた状況が可決
     を正当化するものであったことの確定的な証拠であるものとする。
      「特別決議」とは、財務代理人契約書添付の「債権者集会に関する規定」の条項に従い適法に招集
     され、開催された本債券の債権者集会において、行使された議決権の4分の3以上の多数により可決さ
     れた決議を意味する。
     8【課税上の取扱い】

     (1)    スウェーデン王国の租税
      (ⅰ) 追加額支払
           本債券に関する元本および利息の一切の支払は、スウェーデン王国またはスウェーデン王国
         内の課税当局によりまたはそのために現在または将来賦課される一切の種類の税金その他の課
         徴金を源泉徴収または控除されることなく行われる。ただし、法律により、かかる源泉徴収ま
         たは控除が要求される場合はこの限りでない。かかる場合、発行者は、かかる源泉徴収または
         控除の後に本債券または利札の所持人(場合による。)が受領する純額が、かかる源泉徴収ま
         たは控除がなければ本債券または利札(場合による。)に関して受領するはずであった元本お
         よび利息の額と等しくなるように、それぞれ必要な追加額を支払う。ただし、以下の場合にお
         いては、支払のために呈示される本債券または利札に関してかかる追加額は支払われない。
         (イ) 本債券または利札の所持以外にスウェーデン王国と関連を有することを理由として、
             本債券または利札に関する税金または課徴金が賦課される本債券または利札の所持人に
             よるまたはそのための呈示である場合。
         (ロ) 所持人が、非居住者である旨の宣言その他類似の免除請求を関連課税当局に行うこと
             によりかかる源泉徴収または控除を回避することが可能である場合。
         (ハ) 関連日(以下に定義される。)後30日を超える期間を経過した場合。ただし、所持人
             がかかる30日目の日に支払のために呈示をしていたならば受領する権利を有していた追
             加額を除く。
           本書における「関連日」とは、(a)かかる支払に関して支払期日が最初に到来する日、ま
         たは(b)財務代理人がかかる支払期日以前に支払われるべき金額の全額を受領しなかった場
         合は、「10 公告の方法」に従いかかる金額の全額が受領された旨の通知が所持人に対してな
         された日、のいずれか遅い方の日を指す。
           本債券に関する元本および利息には、本「8 課税上の取扱い (1)スウェーデン王国の租
         税」に基づいて支払われる追加額が含まれる。
      (ⅱ) 課税管轄
           発行者がスウェーデン王国以外の課税管轄に服することとなる場合、本書中のスウェーデン
         王国には、スウェーデン王国およびかかるその他の管轄が含まれると解される。
     (2)    日本国の租税
     (a)はじめに
        日本国の租税に関する以下の記載は、2017年1月5日現在施行されている日本国の所得に係る租税
       に関する法令(以下「日本の税法」という。)に基づくものである。
                                 22/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        日本の税法上、本債券は普通社債として取り扱われるべきものと考えられるが、その取扱いが確
       定しているわけではない。仮に日本の税法上、本債券が普通社債として取り扱われなかった場合に
       は、本債券に対して投資した者に対する課税上の取扱いは、以下に述べるものと著しく異なる可能
       性 がある。
        さらに、日本の税法上、デリバティブ取引が組み込まれているために売出時において元本および
       利息の双方またはいずれかの支払額を確定することができない社債に関して、その取扱いを明確に
       規定したものはない。本債券のようなデリバティブ取引が組み込まれた普通社債については、本債
       券に投資しようとする者が内国法人である場合、法人税法上は原則として組込デリバティブ取引を
       普通社債部分から区分することは求められないと考えられる。ただし、法人税基本通達により、継
       続的に組込デリバティブ取引を普通社債部分から区分するときはこれを認めるものとされている。
       組込デリバティブ取引を普通社債部分から区分しない場合(以下においてはこの場合のみを前提と
       する。)には、本債券の有価証券の区分に従い一体として評価する。本債券に投資しようとする者
       が日本国の居住者である個人である場合の所得税法上の取扱いは明らかではなく、原則としては組
       込デリバティブ取引を普通社債部分から区分しないで一体として取り扱うべきものと考えられる
       が、この点については全く疑義なしとはしないことに留意されたい。なお、将来、日本の税務当局
       がデリバティブ取引が組み込まれているために売出時において元本および利息の双方またはいずれ
       かの支払額を確定することができない社債に関する取扱いを新たに取り決めたり、あるいは日本の
       税務当局が日本の税法について異なる解釈をし、その結果本債券に対して投資した者の課税上の取
       扱いが、本書に述べるものと著しく異なる可能性がある。
        下記では、本債券について上記で述べた原則的取扱いが適用されることを前提として、日本国の
       居住者である個人の本債券に関する課税上の取扱いの概略(下記(b))および内国法人についての
       本債券に関する課税上の取扱いの概略(下記(c))について、それぞれ述べる。ただし、今後の日
       本の税法の改正等により下記内容に変更が生じる可能性があること、また、以下の記載の内容は、
       あくまでも一般的な課税上の取扱いについて述べるものであって、全ての課税上の取扱いを網羅的
       に述べるものではなく、かつ、例外規定の適用によって記載されている内容とは異なる取扱いがな
       される場合もあることに留意されたい。本債券に投資しようとする投資家は、各投資家の状況に応
       じて、本債券に投資することによるリスクや本債券に投資することが適当か否かについて各自の会
       計・税務顧問に相談する必要がある。
     (b)日本国の居住者である個人
        日本国の居住者である個人が支払いを受けるべき本債券の利息は、一般的に利息として取扱わ
       れ、それが国内における支払の取扱者を通じて支払われる場合には、日本の税法上20.315%(15%
       の所得税、復興特別所得税(所得税額の2.1%)および5%の地方税の合計)の源泉徴収税が課され
       る。日本国の居住者である個人が保有する本債券の利息に係る利子所得は、原則として、20.315%
       (15%の所得税、復興特別所得税(所得税額の2.1%)および5%の地方税の合計)の申告分離課税
       の対象となり、上記で述べた支払の取扱者を通じて本債券の利息の交付を受ける際に源泉徴収され
       るべき所得税額がある場合には、申告納付すべき所得税の額から控除される。ただし、一回に支払
       いを受けるべき利息の金額ごとに確定申告を要する所得に含めないことを選択することもでき、そ
       の場合には上記の源泉徴収のみで日本における課税関係を終了させることができる。
        日本国の居住者である個人が本債券を譲渡した場合の譲渡損益は、譲渡所得等として、20.315%
       (15%の所得税、復興特別所得税(所得税額の2.1%)および5%の地方税の合計)の申告分離課税
       の対象となる。
        日本国の居住者である個人が本債券の元本の償還により交付を受ける金額に係る償還差損益は、
       譲渡所得等とみなされ、20.315%(15%の所得税、復興特別所得税(所得税額の2.1%)および5%
       の地方税の合計)の申告分離課税の対象となる。
        申告分離課税の対象となる、本債券の利息、譲渡損益、および償還差損益については、一定の条
       件および限度で、他の上場株式等(特定公社債を含む。)の利子所得、配当所得、および譲渡所得
       等との間で損益通算を行うことができ、                    かかる損益通算においてなお控除しきれない部分の上場株
       式等の譲渡損失(償還差損を含む。)については、一定の条件および限度で、翌年以後                                            3 年間にわ
                                 23/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
       たって、上場株式等(特定公社債を含む。)に係る利子所得、配当所得および譲渡所得等からの繰
       越控除を行うことができ            る。
        なお、本債券は、金融商品取引業者等に開設された特定口座において取り扱うことができるが、
       その場合には、上記と異なる手続および取扱いとなる点があるため、注意されたい。
     (c)内国法人
        内国法人が支払いを受けるべき本債券の利息は、一般的に利息として取扱われ、それが国内にお
       ける支払の取扱者を通じて支払われる場合には、一定の公共法人等および金融機関等を除き、日本
       の税法上、15.315%(15%の所得税および復興特別所得税(所得税額の2.1%)の合計)の源泉徴
       収税が課される。当該利息は課税所得に含められ、日本国の所得に関する租税の課税対象となる。
       なお、本債券の利息の交付を支払の取扱者を通じて受ける場合には、当該内国法人は当該源泉徴収
       税額を、一定の制限の下で、日本国の所得に関する租税から控除することができる。
        内国法人が本債券を譲渡した場合には、その譲渡による譲渡益は益金の額として、譲渡損は損金
       の額として、法人税および地方税の課税所得の計算に算入される。
        内国法人が本債券の償還を受けた場合には、償還差益は益金の額として、償還差損は損金の額と
       して、法人税および地方税の課税所得の計算に算入される。
     9【準拠法及び管轄裁判所】

     (1)    準拠法
         本債券、財務代理人契約およびプログラムに基づき発行される債券に関して発行者によって作
        成された誓約証書(その変更または補足を含む。)ならびにそれらに起因もしくは関連して生じ
        る契約外の義務は、英国法に準拠する。
     (2)    英国の裁判所
         英国の裁判所は、本債券に起因もしくは関連して生じる紛争(以下「紛争」という。)を解決
        するための専属的な管轄権を有する。
     (3)    適切な法廷
         発行者は、英国の裁判所が紛争を解決する最も適した都合の良い裁判所であり、したがって、
        英国の裁判所が不都合または不適切な法廷であると主張しないことに合意する。
     (4)    英国外で訴訟手続を行う所持人の権利
         上記(2)の規定は、所持人のみのためのものである。したがって、本「9 準拠法及び管轄裁
        判所」に記載されている事項により、所持人が管轄権を有するその他の裁判所で紛争に関連する
        訴訟手続(以下「訴訟手続」という。)を行うことを妨げられるものではない。所持人は、法律
        により許容される範囲において、複数の管轄地で同時に訴訟手続を行うことができる。
     (5)    送達受領代理人
         発行者は、訴訟手続を開始させる書面およびかかる訴訟手続に関連して送達を要するその他の
        書面が現在はロンドン市 W1H 2AG、アッパー・モンタギュー・ストリート5(5                                         Upper   Montagu
        Street,    London    W1H  2AG)(またはその時々の英国における住所)に所在するビジネススウェー
        デン‐スウェーデン貿易投資公団(Business                          Sweden    - The  Swedish     Trade    and  Invest
        Council)のその時々における商務参事官(Trade                          Commissioner)に交付されることによって発
        行者に送達されうることに合意する。上記の者の選任の効力が消滅する場合には、発行者は、い
        ずれかの本債権者の書面による請求により英国における発行者の代理人として召喚状の送達を受
        ける者を英国に所在する者からさらに選任する。かかる選任が15日以内に行われないときには上
        記の本債権者は発行者へ通知することによりかかる者を選任する権限を与えられる。本段落の規
        定は、法律により認められたその他の方法で訴状を送達する所持人の権利に影響を与えるもので
        はなく、英国およびその他の管轄地における訴訟手続に適用される。
     10【公告の方法】

                                 24/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
      すべての本債券が恒久大券(または恒久大券および仮大券)により表章され、かかる恒久大券(ま
     たは恒久大券および仮大券)がユーロクリアまたはクリアストリーム(各々、下記「11 その他(2)
     本 債券の様式」に定義される。)またはその他の関連決済機関に代わって預託機関または共通預託機
     関に預託されている間は、所持人への通知は関連する通知をユーロクリアまたはクリアストリームま
     たはその他の関連決済機関に交付することによりなすことができ、この場合、当該通知は、ユーロク
     リアまたはクリアストリームまたはその他の関連決済機関に交付された日に所持人になされたものと
     みなされる。
      発行者に対する通知は、発行者に対して、Klarabergsviadukten                                 61-63,    P.O.   BOX  194,   SE-101    23
     Stockholm,      Sweden(または本段落に従って通知されたその他の住所および/もしくは宛先)宛に交付
     され、かつその外側に「Urgent:                  Attention:       Back   Office」と明記されていた場合に、有効になさ
     れたものとみなされ、かかる交付の時点をもって有効になされたものとみなされる。ただし、当該交
     付日がストックホルム市において営業が行われる日ではない場合、通知はストックホルム市における
     直後の営業が行われる日において有効になされたものとみなされる。
     11【その他】

     (1)    債務不履行事由
         以下に掲げる事由(以下「債務不履行事由」という。)のいずれかが発生し、継続している場
        合、本債権者は、発行者に対する書面による通知を行うことにより(かかる通知は、発行者の受
        領により効力を生じ、かかる効力発生の日を以下「通知日」という。)、当該本債券が直ちに期
        限が到来し支払われるべき旨を宣言することができ、かかる宣言をもって、当該本債券は支払期
        日までの経過利息とともに、かかる通知日より前に当該債務不履行事由が治癒されない限り、直
        ちに期限が到来し、各本債券の額面金額(100万円)にて償還される。
        (ⅰ) 発行者が本債券のいずれかに関する支払期日が到来したいずれかの支払を15日を超えて
            怠った場合。
        (ⅱ) 発行者がいずれかの本債券に基づく発行者のその他の義務の履行または遵守を怠り、か
            つ、本債権者が発行者に対し当該懈怠の治癒を要求する書面による通知をなした後30日間
            当該懈怠が継続した場合。
        (ⅲ) いずれかの者が、発行者の借入金債務に関する債務不履行によって発行者の当該借入金
            債務の期限前の返済を正当に要求する権利を付与され、かつ、実際にそれを要求し、また
            は当該借入金債務のための担保権を正当に実行する権利を付与され、かつ、実際にそれを
            実行し、または発行者が当該債務の返済をその履行期日もしくはその適用ある猶予期間の
            終了時において返済することを怠り、または借入金債務に関し発行者により与えられた保
            証の期限が到来し、かつ、請求を受けたにもかかわらず履行されなかった場合。ただし、
            本(ⅲ)記載のいずれかの事由が発生しても、当該債務または当該保証に基づく発行者の
            責任が1,000万米ドルまたは当該発生事由に係る義務の表示通貨におけるその相当額を超
            えない場合は、債務不履行事由を構成しない。
        (ⅳ) いずれかの管轄裁判所において、発行者に対し破産または支払不能の手続が提起され、
            その開始から60日間却下または停止されなかった場合、または発行者が清算された場合、
            または発行者が自己もしくはその資産の重要な一部について管理人、管財人、清算人、受
            託者、仲裁人の選任を仲裁機関もしくは当局に申請し、もしくはそれらの指名がなされた
            場合、またはその他の方法により、会社更生、会社整理、その債務の再調整、解散もしく
            は清算に関する適用ある管轄地の法律、規則もしくは命令に基づく和解をし、もしくは手
            続を開始した場合、または期限の到来した自己の債務を支払うことができず、もしくはそ
            の支払不能を認めた場合。
         本書において、「者」とは、法人格を有するか否かにかかわらず、個人、会社、法人、企業、
        パートナーシップ、ジョイント・ベンチャー、組合、団体、国家または国家機関その他のいずれ
        かとする。
     (2)    本債券の様式
                                 25/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
         本債券は、当初、無利札の仮大券(以下「仮大券」という。)の様式とする。仮大券は、発行
        日頃にユーロクリア・バンク・エスエー/エヌブイ(本書において「ユーロクリア」という。)
        お よびクリアストリーム・バンキング・ソシエテ・アノニム(本書において「クリアストリー
        ム」という。)およびその他の関連決済機関に代わって預託機関または共通預託機関に預託され
        る。
         本債券の仮大券は、発行日から少なくとも40日目の日(以下「交換日」という。)以後、非米
        国人実質所有証明書により、その全部または一部を、利札が付されていない恒久大券の持分に交
        換することができる。恒久大券の持分への交換が不当に保留または拒否される場合を除き、交換
        日以後は、仮大券に基づく利息の支払は一切なされない。さらに、本債券に関する利息は、非米
        国人実質所有証明書なしにその支払を受けることはできない。
         発行者は、仮大券の所持人の交換請求から7日以内に、
         (ⅰ) 財務代理人の指定事務所における仮大券の呈示および(最終交換の場合は)提出、お
             よび
         (ⅱ) 財務代理人による非米国人実質所有証明書の受領
        と引換えに、当該所持人に対して(当該所持人に費用を請求することなく)、かかる恒久大券を
        その条項に従って、直ちに交付することを保証する。
         恒久大券の元本金額は、非米国人実質所有証明書において特定された元本金額の総額に等しい
        ものとする。ただし、いかなる場合でも、恒久大券の元本金額は、仮大券の当初の元本金額を超
        えないものとする。
         恒久大券の元利金は、証明書が要求されることなく支払われる。
         恒久大券は、(a)ユーロクリアまたはクリアストリームまたはその他の関連決済機関が14日
        間継続して休業している場合(ただし、法律で定める休日による場合を除く。)または業務を永
        久に中止する旨を発表した場合、または(b)上記「(1)債務不履行事由」に記載するいずれか
        の状況が発生した場合は、その全部(一部のみは不可。)が確定様式の本債券(以下「確定債
        券」という。)に交換される。
         恒久大券が確定債券に交換される場合はいつでも、発行者は、恒久大券の所持人の交換請求か
        ら30日以内に、財務代理人または財務代理人が指図する者への恒久大券の提出と引換えに、当該
        所持人に対して(当該所持人に費用を請求することなく)、適式に認証され利札が付されたかか
        る確定債券を恒久大券により表章される本債券の元本金額と等しい元本総額で、直ちに交付する
        ことを保証する。
         各大券は無記名式であり、大券により表章される本債券については、本債券の要項中の「所持
        人」は、関連する大券の所持人をいう。かかる大券の所持人とは、ユーロクリアまたはクリアス
        トリームまたはその他の関連決済機関に代わって預託機関または共通預託機関がかかる大券を保
        有している限り、当該預託機関または共通預託機関をいう。
         ユーロクリアまたはクリアストリームまたはその他の関連決済機関の記録に大券の権利を有す
        るとされている各々の者(以下「口座保有者」という。)は、発行者が当該大券の所持人になし
        た各支払の当該口座保有者の取り分および大券に基づいて生じるその他一切の権利に関しては
        ユーロクリアまたはクリアストリームまたはその他の関連決済機関のみを相手とせねばならな
        い。口座保有者が大券に基づいて生じる権利を行使する範囲および方法については、ユーロクリ
        アまたはクリアストリームまたはその他の関連決済機関のその時々のそれぞれの規則と手続によ
        り定められる。本債券が大券により表章されている限り、口座保有者は、本債券に基づき期日の
        到来した支払に関して発行者に対して直接請求する権利は有しておらず、発行者の当該義務は、
        大券の所持人に支払うことにより、免責される。
     (3)    権    利
         本債券および利札に関する権利は交付により移転する。
         本債券または利札の所持人は、すべての点において、(本債券が支払期日を経過しているか否
        か、および本債券の所有権もしくは信託もしくは本債券のその他の権利の知・不知、本債券上の
        記載、または以前の本債券の喪失もしくは盗難の知・不知にかかわらず)その完全な所有者とし
                                 26/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
        て扱われ(法律によりその他の取扱いを要求される場合を除く。)、いかなる者も当該所持人を
        そのように扱ったことについて責任を負わない。
     (4)    時    効
         本債券は本債券の支払の関連日後、10年以内に支払のための呈示がなされなかった場合は無効
        となる。本債券に付属する利札は利札の支払の関連日後、5年以内に支払のための呈示がなされ
        なかった場合は無効となる。
     (5)    その後の発行
         発行者は、本債権者の同意なしに、本債券と同じ条項を有するか、または初回の利息の支払額
        だけが異なる債券を随時発行することができ、かかる債券は、残存する本債券と併せて単一のシ
        リーズを構成することができる。
     (6)    切り上げ、切り下げ
         本書における計算については、(本書において他に定める場合を除き)(a)かかる計算から
        生じるすべての百分率につき、(必要であれば)0.00001%未満を四捨五入し、(b)かかる計算
        において用いられる、またはかかる計算から生じる円貨額につき、1円未満を切り上げるものと
        する。
     (7)    本債券および財務代理人契約の修正
         本債券の要項を含む本債券は、明白な誤謬を正すため、本債券または利札の所持人の同意を得
        ずに修正されることがある。更に、財務代理人契約の当事者は、その規定のいずれかを修正する
        ことに合意することができる。ただし、発行者は、かかる修正が形式的、些細なもの、もしくは
        技術的なものであるか、明白な誤謬を正すためになすものであるか、またはかかる当事者の意見
        において、本債権者の利益に重大な害を及ぼさないものでない限り、本債権者の同意なしにかか
        る修正に同意しないものとする。
     (8)    いかなる者も、本債券の要項のいずれかを実行するための、契約(第三者の権利)法(1999)
        に基づく権利を有さないものとする。
     (9)    計算代理人
        (イ) 義務:本債券の条項および関連プライシング・サプルメントによる計算代理人の義務の
            遂行に際し、計算代理人は、別段の定めがない限り、その単独かつ完全なる裁量により行
            為する。本債券の条項および/もしくは関連プライシング・サプルメントに基づくまたは
            本債券の条項および/もしくは関連プライシング・サプルメントによる計算代理人のいか
            なる義務または裁量権の履行または行使(計算代理人によるその他の者に対する通知の交
            付を含むが、これに限定されない。)における、計算代理人によるいかなる遅延、繰延、
            猶予も、かかる義務または裁量権のその後の遂行または行使の有効性または拘束力に影響
            を与えないものとし、計算代理人および発行者は、かかる遅延、繰延、猶予に関し、また
            はその結果として生じた責任を負わない。
        (ロ) 決定、通知等:関連プライシング・サプルメントに基づきまたは関連プライシング・サ
            プルメントにより、計算代理人による決定、構成、行使が要求または許可されたすべての
            金額または状態、状況、事由もしくはその他の事態または意見の形成または裁量の行使に
            ついて、計算代理人により本債券の要項のために付与され、表明され、なされ、または取
            得されたすべての通知、意見、決定、証明、計算および相場は、(故意による不正行為、
            悪意または明白な誤りがない場合)最終的であり、発行者、財務代理人、本債権者および
            本債券に関連するその他の者を拘束し、(上記に従い)計算代理人は、かかる目的のため
            のその権限、義務および裁量権の行使に関して、本債権者に対して責任を負わない。
     募集または売出しに関する特別記載事項

     SEKが破綻に瀕しているまたは破綻に陥る可能性がある場合の規制措置
      金融機関の再生および破綻処理に関する指令(以下「BRRD」という。)は、金融機関および投資会
     社、それらの子会社および一定の持株会社の再生および破綻処理のための欧州連合全体に及ぶ枠組みを
                                 27/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     規定している。BRRDは、ある機関の破綻がより広範な経済および金融システムへ及ぼす影響を最小限に
     抑える一方で、機関の重要な金融および経済機能の継続性を確保するために、すべての欧州経済地域の
     加 盟国が自国の関連破綻処理当局に対して、健全ではないまたは破綻に瀕した機関に十分に早期かつ迅
     速に介入するための一連の手法を提供することを義務づけている。
      スウェーデンでは、BRRDの要件が2016年破綻処理法(以下「破綻処理法」という。)により国内法に
     制定されている。スウェーデンによるBRRDの実施には、2016年2月1日からのベイルイン手法の導入が含
     まれている。
     破綻処理法により、スウェーデンの破綻処理当局には、破綻するリスクがあるとみなされるスウェーデ

     ンの金融機関に関して様々な措置を講じることができるよう実質的な権限が付与されている。SEKに関
     連していずれかの当該措置が行使されることにより、本債券の価値に重大な悪影響が及ぶ可能性があ
     る。
      破綻処理法に基づき、実質的な権限はスウェーデン国債局(以下「国債局(Riksgälden)」とい
     う。)に付与される(特定の状況においては、スウェーデン金融監督庁(以下「SFSA」という。)と協
     議がなされる)。国債局が関連事業体の破綻の可能性が非常に高くなってきており、かつ公益に脅威を
     与えるとみなす場合、当該権限により国債局は関連するスウェーデンの事業体(SEKなど)に対して破
     綻処理の措置を講じることが可能になる。国債局が利用可能な安定化オプション(スウェーデン政府が
     利用可能な以下の(v)を除くすべて)として、以下が規定されている。
      (ⅰ) 関連事業体の事業の全部または一部の民間事業体への移転
      (ⅱ) 関連事業体の事業の全部または一部の「承継機関」への移転
      (ⅲ) 資産管理ビークルへの移転
      (ⅳ) ベイルイン手法
      (ⅴ) 関連事業体の暫定的な公的保有(国有化)
      これらの各安定化オプションは、1つ以上の「安定化権限」を行使することにより達成される。当該
     権限には、(ⅰ)株式譲渡命令を実施する権限(当該命令に従いスウェーデンの事業体が発行した証券
     の全部または一部が商業購入者、承継銀行またはスウェーデン政府に譲渡される可能性がある。)、
     (ⅱ)ベイルイン手法の行使を含む破綻処理証券権限、(ⅲ)スウェーデンの事業体の財産、権利およ
     び債務の全部または一部を商業購入者または国債局に譲渡する権限、(ⅳ)欧州連合以外の国の法律に
     基づいて講じられる類似の特別破綻処理措置の影響を認識する第三国による証券権限が含まれる。
      株式譲渡命令は、幅広い証券(スウェーデンの事業体が発行した株式および債券ならびに当該株式お
     よび債券の予約権を含む。)に拡大適用が可能であるため、本債券に対しても適用され得る。さらに、
     破綻処理法は、特定の状況において契約上の取り決めを修正する権限(例えば本債券の償還の変更のよ
     うに要項の変更を含むことがある。)、および破綻処理権限を行使した結果生じる可能性のある権利の
     行使または解除を停止する権限を付与する。
      さらに、破綻処理法の第22章によれば、破綻処理の状況において、公的財政支援は、国債局(および
     スウェーデン政府(適用ある場合))が実行可能な限り最大限にベイルイン手法を含む破綻処理手法を
     評価かつ利用した後になって初めて関連事業体(SEKなど)が最後の手段として利用できることとされ
     ている。
      破綻処理権限の行使またはかかる行使の提案により、本債券の価値に重大な悪影響が及ぶ可能性があ
     り、また本債券の所持人が本債券への投資分の価値の一部または全部を失うおそれがある。
     破綻処理権限は、SEKが破綻する前に発動されることを目的としており、本債券の所持人は国債局(お

     よび国有化に関してはスウェーデン政府)によるいかなる破綻処理権限(ベイルイン手法を含む。)の
     行使も予測できない可能性がある。
      安定化オプションは、関連事業体に係る倒産手続が開始される可能性がある時点より前に利用される
     ことを目的としている。安定化オプションの目的は、関連事業体の事業の全部または一部が直面してい
     る、または直面する可能性のある、公益面で幅広い懸念が生じる財政上の困難な状況に対応することで
     ある。したがって、安定化オプションは、国債局が、(ⅰ)関連事業体(SEKなど)が破綻に瀕してい
     るまたは破綻に陥る可能性があると確信している場合、(ⅱ)関連事業体により、または関連事業体に
                                 28/32

                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     関して(安定化権限を考慮しないとすれば)上記の条件(ⅰ)を満たさないことになる措置が講じられ
     る可能性が合理的にないと判断する場合、(ⅲ)一定の公益(特別破綻処理の目的の一部である、ス
     ウェー   デンの金融システムの安定、スウェーデンの破綻処理制度に対する国民の信頼および預金者の保
     護等(SFSAによっても統制されている。))を考慮した上で、安定化権限の行使が必要であると判断す
     る場合、ならびに(ⅳ)関連事業体を解散することによっては特別破綻処理の目的が同程度まで達成さ
     れないだろうと判断する場合に行使される可能性がある。異なる安定化権限の利用は、利用されている
     当該安定化権限に従って変化する追加の「特定条件」にも服する。
      破綻処理法は、上記に記載した破綻処理権限の行使の条件を規定しているが、SEKに影響を与える
     様々な破綻前のシナリオにおいて、および破綻処理権限を行使するか否かを決定する際に国債局がどの
     ようにして当該条件を評価するのかは不確定である。また、国債局には、破綻処理権限の行使を決定し
     た場合に本債券の所持人に対して事前に通知する義務はない。したがって、本債券の所持人は、当該権
     限の潜在的な行使、または当該権限の行使がSEKおよび本債券に与える潜在的な影響のいずれも予測で
     きない可能性がある。
      本債券の所持人は、国債局による破綻処理権限(ベイルイン権限を含む。)の行使に対して異議を唱
     えること、および/または当該国債局がその破綻処理権限(ベイルイン権限を含む。)を行使すること
     に係る決定の停止を求めること、もしくはかかる決定を司法手続もしくは行政手続その他により再審理
     してもらうことについては、非常に限定された権利しか有していない可能性がある。
     国債局はSEKおよび本債券に関してベイルイン手法を行使する可能性があり、その結果、本債券の所持

     人が投資分の一部または全部を失うおそれがある。
      国債局は、(ⅰ)通常の破綻における債権の階層を尊重し、(ⅱ)関連事業体の通常の破綻手続で
     あったとしたならば受けたであろう処遇よりも不利な処遇を受けないような方法で、株主および無担保
     債権者(本債券の所持人を含む。)に損失を割り当てることにより、破綻機関の資本再生を可能にする
     ためにベイルイン手法を行使する可能性がある。
      ベイルイン手法には、債務をなくす権限、または破綻処理下にある関連事業体の債務を減額もしくは
     延期するために契約条件を修正する権限、および債務を1つの形式または種類から別のものに転換する
     権限が含まれる。かかる権限の行使により、本債券の元本金額、利息もしくはその他の支払うべき金額
     の全部もしくは一部がなくなる可能性、および/または本債券の元本金額、利息もしくはその他の支払
     うべき金額の全部もしくは一部が株式、その他の証券またはSEKもしくはその他の者に係るその他の債
     務(本債券の条件の変更によるものを含む。)に転換される可能性があるが、いずれの場合において
     も、国債局が当該権限を行使することにより有効になる。
     第3【資金調達の目的及び手取金の使途】

      該当なし
     第4【法律意見】

      発行者の法律顧問であるマリア・アフ・エケンスタム氏により以下の趣旨の法律意見書が提出されて
     いる。
     (1)    訂正発行登録書および発行登録追補書類に記載された本債券の売出しは発行者により適法に授
        権され、スウェーデン王国法上適法である。
     (2)    本債券の発行および売出しならびに関東財務局長への訂正発行登録書および発行登録追補書類
        の提出のため発行者に要求されるスウェーデン王国の政府機関のすべての同意、許可、承認、授
        権は取得されている。
     (3)    発行者またはその代理人による訂正発行登録書および発行登録追補書類の関東財務局長への提
        出は2005年スウェーデン会社法(その後の改正を含む。)および発行者の定款に従い発行者によ
        り適法かつ有効に授権されており、スウェーデン王国法上適法である。
     (4)    訂正発行登録書および発行登録追補書類(参照書類を含む。)中のスウェーデン王国法に関す
        るすべての記載は、真実かつ正確である。
                                 29/32


                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
      以上の法律意見はスウェーデン王国法に関してのみ限定して述べられている。
     第5【その他の記載事項】

      発行者の名称およびロゴ、売出人の名称ならびに以下の文言が発行登録目論見書の表紙に印刷され
     る。
     「スウェーデン輸出信用銀行2022年1月20日満期                         円建   早期償還条項付         ノックイン型225連動            デジタ
     ル・クーポン債券(満期償還額225連動型)」
      また、発行登録目論見書の表紙の裏面には次の文章が記載される。
     「本債券の満期償還額および償還時期は、日経平均株価水準の変動により影響を受けます。また、本債
     券に適用される利率についても、日経平均株価水準の変動により差異が生じます。詳細につきまして
     は、本書「第一部 証券情報 第2 売出債券に関する基本事項」をご参照下さい。
      本債券に投資しようとする投資家は、本債券の仕組みやリスクについて十分に把握するとともに、投
     資家自身の資力、投資目的および投資経験に照らして適切であると、自己責任において判断する場合に
     のみ、本債券に対する投資を行って下さい。
      (注)発行者は、平成28年12月8日付で他の債券の売出しについて、訂正発行登録書を関東財務局長
     に提出しております。当該債券の売出しに係る目論見書は、本発行登録目論見書とは別に作成および交
     付されますので、当該債券の内容は本発行登録目論見書には記載されておりません。」
      さらに、本債券の売出人が交付する「契約締結前交付書面」および「無登録格付に関する説明書」が
     発行登録目論見書の冒頭に掲載される。
     <本債券以外の債券に関する情報>

                                 30/32












                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     (発行登録書の「第二部 参照情報」の記載内容の直下に、本債券に関する以下の記載が追加・挿入さ
     れる。)
     <スウェーデン輸出信用銀行2022年1月20日満期                               円建   早期償還条項付           ノックイン

     型225連動       デジタル・クーポン債券(満期償還額225連動型)に関する情報>
     第三部【提出会社の保証会社等の情報】

     第1【保証会社情報】

      該当事項なし
     第2【保証会社以外の会社の情報】

      該当事項なし
     第3【指数等の情報】

     1【当該指数等の情報の開示を必要とする理由】
      本債券は、2017年4月20日以降の利息期間に適用される利率、早期償還の有無および満期償還額が日
     経平均株価の水準により決定されるため、日経平均株価についての開示を必要とする。
     2【当該指数等の推移】

                                                  (単位:円)
                日経平均株価終値の過去の推移(終値ベース)
                 年     2012年        2013年        2014年        2015年        2016年
       最近  5年間の
                最高     10,395.18        16,291.31        17,935.64        20,868.03        19,494.53
       年別最高・最低
       値
                最低      8,295.63       10,486.99        13,910.16        16,795.96        14,952.02
                     2016年      2016年      2016年      2016年      2016年      2016年
                月別
                      7月      8月      9月      10月      11月      12月
       最近  6ヶ月間の
       月別  最高・最低
                最高    16,810.22      16,919.92      17,081.98      17,446.41      18,381.22      19,494.53
       値
                最低    15,106.98      16,083.11      16,405.01      16,598.67      16,251.54      18,274.99
     出典:ブルームバーグ・エルピー
     日経平均株価終値の過去の推移は日経平均株価の将来の動向を示唆するものではなく、本債券の時価の動向を示すものでもない。過去
     の上記の期間において日経平均株価が上記のように変動したことによって、日経平均株価および本債券の時価が本債券の償還まで同様
     に推移することも示唆するものではない。
                                 31/32







                                                           EDINET提出書類
                                                    スウェーデン輸出信用銀行(E06020)
                                                            訂正発行登録書
     出典:ブルームバーグ・エルピー







     日経平均株価の月次グラフは日経平均株価の将来の動向を示唆するものではなく、本債券の時価の動向を示すものでもない。過去の上
     記の期間において日経平均株価が上記のように変動したことによって、日経平均株価および本債券の時価が本債券の償還まで同様に推
     移することも示唆するものではない。
                                 32/32












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。