新華ホールディングス・リミテッド(新華控股有限公司Xinhua Holdings Limited) 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                  新華ホールディングス・リミテッド(新華控股有限公司Xinhua Holdings Limited)(E05951)
                                                              臨時報告書
     【表紙】

      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年9月14日
      【会社名】                    新華ホールディングス・リミテッド
                         (新華控股有限公司 Xinhua              Holdings     Limited)
                         最高経営責任者  レン・イー・ハン(Lian                     Yih  Hann)
      【代表者の役職氏名】
      【本店の所在の場所】                    ケイマン諸島、KY1-1111、グランドケイマン、私書箱2681、ハッチンス
                         ドライブ、クリケットスクウェア
                         (Cricket     Square,    Hutchins     Drive,   P.O.  Box  2681,   Grand   Cayman,    KY1-
                         1111,   Cayman    Islands)
      【代理人の氏名又は名称】                    弁護士  神谷 光弘
      【代理人の住所又は所在地】                    東京都港区六本木1丁目6番1号
                         泉ガーデンタワー21階
                         スキャデン・アープス法律事務所
      【電話番号】                    03(3568)2600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    弁護士  西 理広
      【連絡場所】                    東京都港区六本木1丁目6番1号
                         泉ガーデンタワー21階
                         スキャデン・アープス法律事務所
      【電話番号】                    03(3568)2600(代表)
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/3











                                                           EDINET提出書類
                  新華ホールディングス・リミテッド(新華控股有限公司Xinhua Holdings Limited)(E05951)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社において特定子会社の異動並びに当社及び当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著し
      い影響を与える事象が生じましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第
      2項第3号及び第12号の各規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

      1.特定子会社の異動
       (企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号に基づく報告)
        (1)当該異動に係る特定子会社の名称、住所、代表者の氏名、資本金及び事業の内容
         Ⅰ.
          ① 名称       フォーチュン・チャイナ・パブリック・リレーションズ・リミテッド
          ② 住所       Suite              2103,   21/F.,    Infinitus     Plaza,    199  Des  Voeux   Road   Central,     Hong   Kong
                     (香港、上環、德輔道中)
          ③ 代表者の氏名   取締役  Zhou Zhou Zhen氏
          ④ 資本金      1,000,000香港ドル
          ⑤ 事業の内容    PR及びIRサービスの提供
         Ⅱ.

          ① 名称       フォーチュン・チャイナ・パブリック・リレーションズ(北京)リミテッド
          ② 住所       Room              622,   East   Wing,   Office    Tower   1,  Beijing    Junefield     Plaza,    No.  6 Xuanwumen
                     Waidajie     Beijing    100052,    China
                     (中華人民共和国、北京、宣武区)
          ③ 代表者の氏名   法定代表人  Xie Guang氏
          ④ 資本金      1,000,000香港ドル
          ⑤ 事業の内容    PR及びIRサービスの提供
          (注) フォーチュン・チャイナ・パブリック・リレーションズ(北京)リミテッドは、フォーチュン・チャイ
              ナ・パブリック・リレーションズ・リミテッド(以下、「香港フォーチュン・チャイナ」といいます。)
              の完全子会社です。(以下、両社を総称して「フォーチュン・チャイナ」といいます。)
        (2)当該異動の前後における当社の所有に係る当該特定子会社(香港フォーチュン・チャイナ)の議決権の数及び当該

         特定子会社の総株主等の議決権に対する割合
         ① 当社の所有する議決権の数
           異動前  500,000
           異動後  0
         ② 総株主等の議決権に対する割合
           異動前  50%
           異動後  0%
         (注) 当社の完全子会社である新華ファイナンシャル・ネットワーク・リミテッド(以下、「香港新華財経」とい
             います。)が香港フォーチュン・チャイナに対して所有する議決権の数及び総株主等の議決権に対する割合
             を記載しております。
                                 2/3






                                                           EDINET提出書類
                  新華ホールディングス・リミテッド(新華控股有限公司Xinhua Holdings Limited)(E05951)
                                                              臨時報告書
        (3)当該異動の理由及びその年月日
         ① 異動の理由
           今般、当社はフォーチュン・チャイナより、同社が事業を拡大するための資金を出資等の方法により提供するよ
          う要請を受けましたが、当社としては、今後、モバイル事業に注力する予定であり、また、当社の現在の資金繰り
          から当該資金を提供するのは難しい状況でした。
           一方で、フォーチュン・チャイナの経営陣より、同社が今後も当社の連結子会社であり続ける場合、当社の監査
          手続等に協力する必要があり、これらの手続が同社の経営に大きな負担となっているため、当社が資金面で同社を
          サポートすることが困難な場合、当社グループの連結の範囲からの除外を望む旨の申し出を受けました。
           当社としては、損失を計上している事業を処分し、今後売上を伸ばし利益を計上できると見込んでいるモバイル
          事業の収益性のある事業に注力して行きたいと考えているため、今般、フォーチュン・チャイナの持分を譲渡する
          ことを決定しました。今回、継続して純損失を計上しているフォーチュン・チャイナの持分を譲渡することによ
          り、当社グループの今後の収益性の改善につながると考えております。また、今回の処分の対価により、当社の直
          近のキャッシュ・フローが改善されます。
           そのため、当社は、フォーチュン・チャイナの経営陣と交渉し、今般、香港新華財経が保有する香港フォーチュ
          ン・チャイナの持分の全てをZhou Zhou Zhen氏に譲渡することに合意しました。これに伴い、当社は同社への支配
          権を喪失し、同社は当社の特定子会社ではなくなります。
         ② 異動年月日
           平成28年9月30日(予定)
      2.当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象

       (企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号に基づく報告)
        (1)当該事象の発生年月日
          平成28年9月30日(予定)
        (2)当該事象の内容

          当社の完全子会社である香港新華財経が保有している、当社の連結子会社である香港フォーチュン・チャイナの全
         持分をZhou Zhou Zhen氏に譲渡することによるものであります。
        (3)当該事象の連結損益に与える影響額

          本取引により、当社は対価として正味150千米ドル(約15百万円)を受領し、その結果、2016年12月31日を期末とす
         る会計年度のキャッシュ・フローは、同額分が加算される予定です。一方、この取引により、2016年の第3四半期に
         は、これら連結子会社を処分することにより(香港新華財経が保有する香港フォーチュン・チャイナの持分の譲渡価
         額とフォーチュン・チャイナの純負債額の差額として)、当グループ全体において約800千米ドル(約83百万円)を特
         別損失として計上する予定です。
         (注) 上記の数値は、1米ドル=103.18円(2016年8月31日現在の東京外国為替市場における外国為替相場(仲
             値))にて換算しております。
                                                       以 上

                                 3/3







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。