クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク 訂正発行登録書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
     【表紙】
     【提出書類】                    訂正発行登録書

     【提出先】                    関東財務局長

     【提出日】                    平成29年1月6日

     【会社名】                    クレディ・アグリコル・コーポレート

                         ・アンド・インベストメント・バンク
                         (Crédit     Agricole     Corporate      and  Investment       Bank)
     【代表者の役職氏名】                    マネージング・ディレクター・グローバル・マーケット

                         ・ディビジョン
                         (Managing      Director     Global    Market    Division)
                         ベンジャミン・ランベール
                         (Benjamin      LAMBERG)
     【本店の所在の場所】                    フランス国、モンルージュ・セデックス、92547                          CS  70052

                         レ・ゼタジュニ広場           12番地
                         (12,   place    des  Etats-Unis       CS  70052
                         92547    Montrouge      Cedex
                         France)
     【代理人の氏名又は名称】                    弁護士 福 田 直 邦

     【代理人の住所又は所在地】                    東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                         アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                    03-6888-1000

     【事務連絡者氏名】                    弁護士 芳 川 瑛 子

                         弁護士 根 本 伸 毅
                         弁護士 山 﨑 悦 子
     【連絡場所】                    東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                         アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                    03-6888-4745

                         03-6888-4784
                         03-6888-5850
     【発行登録の対象とした                    社債

      売出有価証券の種類】
     【発行登録書の内容】

                         平成28年8月31日

     提出日
                         平成  28年  9月8日
     効力発生日
                         平成  30年  9月7日
     有効期限
                         28-外27
     発行登録番号
                         発行予定額 5,000億円
     発行予定額又は発行残高の上限
                         480,009,426,250円
     発行可能額
     【効力停止期間】                    この訂正発行登録書は、発行登録追補書類提出日以後申込みが確定

                         するときまでの間に提出されているため、発行登録の効力は停止し
                         ない。
     【提出理由】                    発行登録書に一定の記載事項を追加するため、本訂正発行登録書を

                         提出するものである。(訂正内容については、以下を参照のこ
                         と。)
                                  1/34

                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
     【縦覧に供する場所】                    該当事項なし

       (注  ) 本書において、文脈上別段の記載または解釈がなされる場合を除き、「CACIB」および「計算代理
         人」は、クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクを指す。
                                  2/34



















                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
     【訂正内容】

     第一部     【証券情報】

      (以下の記載が、発行登録書の「第一部 証券情報」の見出しと「第1                                     募集要項」の見出しの間に挿入され

     る。)
     <クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク                                        2020年1月30日満期ロシアルーブ

     ル建社債(グリーンボンド)に関する情報>
     第1    【募集要項】

      該当事項なし

     第2    【売出要項】

      以下に記載するもの以外については、有価証券を売出しにより取得させるに当たり、その都度「訂正発行登録

     書」または「発行登録追補書類」に記載する。
     1  【売出有価証券】

     【売出社債(短期社債を除く。)】
                       売出券面額の総額
                                             売出しに係る社債の所有者の
            銘柄          又は売出振替社債          売出価額の総額
                                              住所及び氏名又は名称
                         の総額
     クレディ・アグリコル・コーポ
     レート・アンド・インベストメン
                                          みずほ証券株式会社
     ト・バンク      2020年1月30日満期ロ
                         (未定)          (未定)
                                          東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                       ロシアルーブル          ロシアルーブル
     シアルーブル建社債(グリーンボ
                         ( 注2)         ( 注2)
     ンド)(別段の記載がある場合を
                                          (以下「売出人」という。)
     除き、以下「本社債」という。)
     (注1)
      記名・無記名の別            各社債の金額             利率           利払日           償還期限
                             年率(未定)%
                             (年率5.40%から              1 月30日
         無記名式        100,000    ロシアルーブル                                2020  年1月30日
                            8.40%までを仮条件             および7月30日
                             とする。)(注2)
      ( 注1) 本社債は、ユーロ市場においてCACIBの2016年5月11日付ストラクチャード・デット・インストルメンツ・イ
         シュアンス・プログラムに基づき、2017年1月30日(以下「発行日」という。)に発行される。本社債が証券取
         引所に上場される予定はない。
      ( 注2) 上記の売出券面額の総額および売出価額の総額は、ユーロ市場で発行される本社債の券面総額と同額となる。
         上記の売出券面額の総額および売出価額の総額は、仮条件に基づく本社債の需要状況を勘案した上で決定され
          る。
         本社債に関する予定および未定の発行条件は、需要状況を勘案した上で、2017年1月中旬までに決定される予定
          である。なお、仮条件は市場の状況を勘案して変更されることがあり、また決定される利率は上記の仮条件の
          範囲外の値となる可能性がある。
      ( 注3) 本社債につき、CACIBの依頼により、金融商品取引法第66条の27に基づく登録を受けた信用格付業者(以下「信
         用格付業者」という。)から提供され、または閲覧に供される信用格付(予定を含む。)はない。
         CACIB   は、本社債に関して、格付の付与を、スタンダード&プアーズ・グローバル・レーティングズに属するス
          タンダード&プアーズ・クレジット・マーケット・サービシズ・フランス・エス・エー・エス(スタンダー
          ド&プアーズ・グローバル・レーティングズとあわせて以下「S&P」という。)に依頼しており、本社債の発行
          条件の決定後にかかる格付を取得できる予定である。
                                  3/34

                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
         なお、CACIBは、本社債について、S&PからAの予備格付を取得している。
         S&P  は、信用格付事業を行っているが、本書日付現在、信用格付業者として登録されていない。無登録格付業者
          は、金融庁の監督および信用格付業者が受ける情報開示義務等の規制を受けておらず、金融商品取引業等に関
          する内閣府令第313条第3項第3号に掲げる事項に係る情報の公表も義務付けられていない。
         S&P  については、グループ内に信用格付業者として、スタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会
          社(登録番号:金融庁長官(格付)第5号)が登録されており、信用格付の前提、意義および限界は、スタン
          ダ  ー  ド  &  プ  ア  ー  ズ  ・  レ  ー  テ  ィ  ン  グ  ・  ジ  ャ  パ  ン  株  式  会  社  の  ホ  ー  ム  ペ  ー  ジ
          (http://www.standardandpoors.com/ja_JP/web/guest/home)の「ライブラリ・規制関連」の「無登録格付け
          情報」(http://www.standardandpoors.com/ja_JP/web/guest/regulatory/unregistered)に掲載されている
          「格付けの前提・意義・限界」において、公表されている。
     2  【売出しの条件】

        売出価格          申込期間              申込単位            申込証拠金         申込受付場所

               2017  年1月24日から         額面100,000ロシアルーブル以上                         売出人の日本におけ
                                             な  し
     額面金額の100.00%
                同年1月30日まで          額面100,000ロシアルーブル単位                         る本店および各支店
            売出しの委託を受けた者の住所及び氏名又は名称                                  売出しの委託契約の内容
                     該当事項なし                            該当事項なし

      摘要

      (1)  本社債の発行日は2017年1月30日、受渡期日は、2017年1月31日(日本時間)である。
      (2)  本社債の各申込人は、売出人の本支店において各申込人の名義で外国証券取引口座を開設しなければなら
       ない。本書に別途規定する場合を除き、各申込人が売出人との間で行う本社債の取引に関しては、売出人か
       ら交付される外国証券取引口座約款に基づき、当該外国証券取引口座を通じて処理される。
      (3)  本社債は、合衆国証券法(下記「社債の概要 2                         償還および買入れ (e)            規制償還または強制転売」に定
       義する。)に基づき登録されておらず、今後登録される予定もない。合衆国証券法に基づいて本社債の登録
       を行うかまたは合衆国証券法の登録義務の免除を受ける場合を除き、合衆国内において、または米国人
       (U.S.    Person)に対し、米国人の計算で、もしくは米国人のために、本社債の募集、売出しまたは販売を
       行ってはならない。この「摘要(3)」において使用された用語は、合衆国証券法に基づくレギュレーションS
       により定義された意味を有する。
      (4)  本社債は、合衆国税法の適用を受ける。合衆国の税務規則により認められた一定の取引による場合を除
       き、合衆国もしくはその属領内において、または合衆国人(United                                   States    Person)に対して本社債の募
       集、売出しまたは交付を行ってはならない。この「摘要(4)」において使用された用語は、内国歳入法(下
       記「社債の概要 2          償還および買入れ (d)            FATCA源泉徴収に係る償還」に定義する。)において定義され
       た意味を有する。
                                  4/34






                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
     社債の概要
      1  利息
       (a)  各本社債の利息は、上記利率で、利息発生日である2017年1月30日(当日を含む。)から2020年1月30日
        (当日を含まない。)までこれを付し、毎年1月30日および7月30日(以下、それぞれを「利払日」とい
        う。)に、利息発生日または直前の利払日(当日を含む。)から当該利払日(当日を含まない。)までの
        半年(以下、それぞれを「利息計算期間」という。)分を後払いする。各利払日に支払われる利息は、額
        面金額100,000ロシアルーブルの各本社債につき、(未定)ロシアルーブルである。
         利払日または満期日(下記「2                償還および買入れ (a)             満期償還」に定義する。)が支払営業日(以
        下に定義する。)以外の日にあたる場合には、当該利払日または満期日に係る支払は翌支払営業日に行わ
        れる。ただし、翌支払営業日が翌暦月である場合には、当該利払日または満期日にかかる支払はその直前
        の支払営業日に行われる。当該利払日に支払われるべき利息額の調整は行われない。
         用語の定義

         「社債の概要」において、以下の用語は、以下の意味を有する。
         「支払営業日」とは、代理契約(下記「12                      その他 (2)       代理契約」に定義する。)の規定に従い、商
        業銀行および外国為替市場が、(ⅰ)最終券面の場合、支払のための呈示の場所、(ⅱ)東京、(ⅲ)ロンド
        ン、(ⅳ)ニューヨーク市および(ⅴ)モスクワにおいて、支払決済および一般業務(外国為替および外貨預
        金の取扱いを含む。)を行っている日をいう。
         6ヶ月分以外の期間についての利息を計算する必要がある場合、当該利息は、各本社債の未償還の額面

        金額に上記記載の利率を乗じ、その積に下記記載の算式により計算された当該期間(以下「計算期間」と
        いう。)の日数を360で除して得られた値を乗じた金額とする。
                  [360   ×  (Y2  -  Y1)]   +  [30  ×  (M2  -  M1)]   +  (D2  -  D1)

                                 360
         上記の数式において、

         「Y1」とは、計算期間の初日が属する年を数字で表したものをいう。
         「Y2」とは、計算期間の末日の翌日が属する年を数字で表したものをいう。
         「M1」とは、計算期間の初日が属する暦月を数字で表したものをいう。
         「M2」とは、計算期間の末日の翌日が属する暦月を数字で表したものをいう。
         「D1」とは、計算期間の初日にあたる暦日を数字で表したものをいう。ただし、かかる数字が31の場
        合、D1は30になる。
         「D2」とは、計算期間に含まれる末日の翌日にあたる暦日を数字で表したものをいう。ただし、かか
        る数字が31であり、D1が29より大きい数字の場合、D2は30になる。
         別段の定めがある場合を除き、「社債の概要」におけるすべての計算において、(ⅰ)かかる計算によ

        り生じるすべてのパーセンテージは、必要に応じて0.00001パーセンテージ・ポイント未満を四捨五入
        し、(ⅱ)すべての数値は有効数字7桁に四捨五入(8番目の有効数字が5以上の場合、7番目の有効数字を切
        り上げる。)され、(ⅲ)すべての支払期限の到来した通貨は当該通貨単位(以下に定義する。)未満を四
        捨五入する。本項において、「通貨単位」とは、かかる通貨が使用されている国で、法定通貨として有効
        である最小の単位をいう。
                                  5/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       (b)  利息の発生

         本1項において別段の規定がない限り、各本社債の利息(もしあれば)は、償還日以降はこれを付さな
        い。ただし、正当な呈示の下で元金の支払が不当に留保または拒絶された場合は、この限りでない。この
        場合、(ⅰ)当該本社債に関して支払われるべき金額の全額が支払われた日または(ⅱ)主支払代理人(下記
        「12   その他 (2)       代理契約」に定義する。)が当該本社債に関して支払われるべき金額の全額を受領
        し、かかる旨を本社債の所持人に対して、下記「8                          通知」に従い通知した日の5日後の日のうちいずれか
        早く到来する日まで、利息が付されるものとする。
      2  償還および買入れ

       (a)  満期償還
         下記の規定に従い期限前に償還または買入消却されない限り、各本社債は、CACIBにより、2020年1月30
        日(以下「満期日」という。)にロシアルーブルにより額面金額(以下「満期償還価格」という。)で最
        終的に償還されるものとする。
       (b)  税制変更による繰上償還

         CACIBは、次の場合において、その選択により随時、30日以上60日以内の(取消不能の)通知を主支払
        代理人および下記「8           通知」に従い本社債の所持人に対して行うことにより本社債の全部(一部は不可)
        を償還できる。
          (ⅰ)   本社債の発行が承認された日以後に変更または修正の効力が発生する、課税管轄地域(下記「7
             課税上の取扱い (1)           フランスの租税」に定義する。)の法律もしくは規則の変更もしくは修
             正により、またはかかる法律もしくは規則の適用あるいは公的な解釈の変更により、CACIBに本
             社債に基づく次回の支払期日において、下記「7                         課税上の取扱い (1)           フランスの租税」に規
             定する追加額の支払義務が生じる場合
          (ⅱ)   CACIBが合理的な手段を講じることによっても、かかる義務を回避することができない場合
         ただし、かかる償還の通知はCACIBにかかる追加額の支払義務が生じる最初の日の90日前の日より前に
        は行われないものとする。
         本項(b)に従い償還される本社債は、期限前償還価格(下記「(c)                                 特別税制償還」に定義する。)によ
        り、償還日(当日を含まない。)までに生じた利息(もしあれば)を付して償還される。
       (c)  特別税制償還

         CACIBが、下記「7          課税上の取扱い (1)フランスの租税」記載の追加額の支払に関する取り決めにもか
        かわらず、フランス法に基づき本社債の元利金の次回の支払の際に、期限が到来した金額の全額を本社債
        の所持人に支払うことを禁止される場合、CACIBは、直ちに主支払代理人に対しかかる事実を通知する。
        その上で、CACIBは、本社債の所持人に対し7日以内の事前通知を行うことにより、直ちに、本社債の全部
        (一部は不可。)を期限前償還価格で償還日(当日を含まない。)までに生じた利息(もしあれば)と共
        にCACIBが本社債に関してその時点において期限の到来した金額の全額につき支払を行うことができる最
        終の利払日に、償還しなければならない。ただし、当該通知の期間の経過がかかる利払日の経過後である
        場合、当該通知に基づく本社債の所持人に対する償還期限は、下記のいずれか遅くに到来する日とする。
          (ⅰ)   CACIBが、本社債に関し、その時点で期限が到来している全額の支払を行うことが実務的に可能
             な最終日
          (ⅱ)   上記の主支払代理人に対する通知後14日目の日
                                  6/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
         「期限前償還価格」とは、本社債の額面金額をいう。
         かかる期限前償還価格の支払は「8                  通知」に従い本社債の所持人に通知される方法にて行われる。
       (d)  FATCA源泉徴収に係る償還

         CACIBは、本項(d)の規定に従い、いつでもFATCA関連社債(以下に定義する。)を償還することができ
        る。
         本社債がFATCA関連社債である場合、CACIBは以下に記載する事項を明記するFATCA発行者通知書(以下
        に定義する。)を交付するよう相応な努力をするものとする。
          (ⅰ)   FATCA関連社債となる社債に関するシリーズ番号およびISIN
          (ⅱ)   CACIBがFATCA関連社債を償還するか否か、ならびに
          (ⅲ)   CACIBがFATCA関連社債を償還する選択をする場合、
            a.  CACIBが償還するFATCA関連社債、および
            b.  CACIBによりかかるFATCA関連社債が償還される日付
         FATCA発行者通知書において、CACIBがFATCA関連社債を償還しないと明記する場合、かかるFATCA関連社
        債の所持人は、かかる社債がFATCA関連社債であり続ける場合、FATCA関連社債の公正市場償還価格で早期
        償還を要求し、償還日(かかる通知の発行日から少なくとも10営業日以上後でなければならない。)を明
        記するFATCA投資家通知書(以下に定義する。)を交付することができる。CACIBは、FATCA投資家通知書
        を受領した後、当該FATCA投資家通知書に記載された日にかかるFATCA関連社債を償還する。
         「公正市場償還価格」は、償還日現在(またはその頃)の本社債の公正市場価格に等しいと計算代理人
        のその単独の絶対的な裁量により決定されるロシアルーブルによる金額であり、ヘッジ金額(以下に定義
        する。)の控除を考慮するが、それらに限定されず、二重の控除は行われない。ただし、以下を条件とす
        る。
          (ⅰ)   CACIBに関して、下記「5             債務不履行事由」の(a)項または(c)項に定める債務不履行事由(下記
             「5  債務不履行事由」に定義する。)が発生し、継続している場合、かかる決定は、CACIBの財
             政状況を考慮しないものとする。
          (ⅱ)   公正市場償還価格が下記「5               債務不履行事由」の(a)項または(c)項に定める債務不履行事由の発
             生以外の理由で決定され(このように決定された公正市場償還価格を以下「債務不履行前公正
             市場償還価格」という。)、CACIBに関して下記「5                           債務不履行事由」の(a)項または(c)項に定
             める債務不履行事由が発生した日(以下「債務不履行後公正市場償還価格決定日」という。)
             に支払われなかった場合、債務不履行前公正市場償還価格は、債務不履行後公正市場償還価格
             決定日に決定された公正市場償還価格(以下「債務不履行後公正市場償還価格」という。)に
             相当するとみなされ、「債務不履行後公正市場償還価格」は上記(ⅰ)に従いCACIBの財政状況を
             考慮しないものとする。
          (ⅲ)   公正市場償還価格は、負の金額とならないものとする。
         本社債の公正市場価格を決定する際、計算代理人は自身が関連するとみなすすべての情報(市場環境を
        含むが、これに限定されない。)を考慮する。
         上記の規定に従い決定された公正市場償還価格は、経過利息に係る金額を含むとみなされる。
         本社債の期限前償還に関して、「ヘッジ金額」とは、かかるヘッジング契約がCACIBにより直接保有さ
        れているか関連会社(下記「12                その他 (5)代理人 (b)計算代理人」に定義する。)を通じて間接的に
        保有されているかを問わず、当該本社債に関連して締結された関連するヘッジング契約(例えば、金利ス
        ワップ取引、スワップ・オプション、ベーシス・スワップ、金利先渡取引、商品スワップ、商品オプショ
        ン、株式もしくは株式指数スワップ、利息オプション、通貨取引、アセット・スワップ取引、信用デリバ
                                  7/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
        ティブ取引または資金取引(例えば、内部資金契約またはレポ取引であるが、これらに限定されない。)
        を含むが、これらに限定されない。)の解除をする際に、その時点における一般的な状況下で発生した
        CACIB   もしくはその関連会社の損失もしくは費用(正の数値で表示される。)またはその時点における一
        般的な状況下で実現されたCACIBもしくはその関連会社の収益(負の数値で表示される。)(マーケッ
        ト・ビッド/オファー・スプレッドおよびかかる解除に関する付随費用を含む。)をいう。ただし、ヘッ
        ジ金額の決定は、CACIBに関して下記「5                     債務不履行事由」の(a)項または(c)項に定める債務不履行事由
        が発生し、継続している場合、CACIBの財政状況を考慮しないものとする。
         かかる公正市場償還価格の支払は「8                   通知」に従い本社債の所持人に通知される方法にて行われる。
         CACIBがFATCA関連社債を償還する選択をした場合、本社債は、期限前償還価格により、償還日(当日
        を含まない。)までに生じた利息(もしあれば)を付して償還される。
         本項(d)において、
         「営業日」とは、(ⅰ)東京、(ⅱ)ロンドン、(ⅲ)ニューヨーク市および(ⅳ)モスクワにおいて商業銀
        行および外国為替市場が支払決済および一般業務(外国為替および外貨預金を含む。)を行っている日を
        いう。
         「FATCA関連社債」とは、(ⅰ)当該社債に係る将来における支払についてCACIBがFATCA源泉徴収を行う
        義務を負い、かつ、(ⅱ)CACIBが利用可能な合理的措置を講じてもかかるFATCA源泉徴収を回避することが
        できないすべての社債をいう。
         「FATCA源泉徴収」とは、内国歳入法第1471条(b)に記載の契約に従い要求される源泉徴収もしくは控
        除、または内国歳入法第1471条から第1474条までの規定もしくは当該条項の実施に関連して合意された政
        府間協定に基づき適用される財政上もしくは規制上の制度、規則もしくは慣行に従って課されるその他の
        源泉徴収もしくは控除をいう。
         「FATCA投資家通知書」とは、FATCA関連社債の所持人が、「8                                通知」に従ってCACIBに対して行う通知
        をいう。かかるFATCA投資家通知書の写しは、「8                         通知」に従い主支払代理人に送付されるものとする。
        かかる通知は取消不能であり、かつ、本項(d)に基づき支払が行われる銀行口座(または小切手による支
        払の場合は住所)を指定するものとする。
         「FATCA発行者通知書」とは、CACIBが主支払代理人および、(場合に応じて)「8                                          通知」に従って本
        社債の所持人に行う通知をいう。
         「社債の概要」において、
         「内国歳入法」とは、1986年合衆国内国歳入法(その後の改正を含む。)をいう。
       (e)  規制償還または強制転売

         CACIBは、かかる本社債の購入時に適格購入者(以下に定義する。)でない米国人(以下に定義す
        る。)またはその代理人が保有する本社債の所持人の費用およびリスクで、随時(ⅰ)CACIBが合衆国投資
        会社法(以下に定義する。)に基づく登録を回避することができるようにかかる本社債の一部もしくはす
        べてを償還し、または(ⅱ)かかる所持人に対して、本社債を規則144A(以下に定義する。)に従い適格購
        入者でもある適格機関購入者(以下に定義する。)またはレギュレーションS(以下に定義する。)に従
        い合衆国外に居住する非米国人へ売却するよう請求する権利を有する。特定の場合にいずれの本社債を上
        記(ⅰ)に従い償還するかまたは上記(ⅱ)に従い売却するかは、CACIBがその単独の絶対的な裁量により決
        定するものとする。かかる償還は、公正市場償還価格により行われる。
         本項(e)において、
         「合衆国投資会社法」とは、1940年合衆国投資会社法(その後の改正を含む。)をいう。
         「規則144A」とは、合衆国証券法に基づく規則144Aをいう。
                                  8/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
         「適格機関購入者」とは、規則144Aが規定する適格機関購入者をいう。
         「適格購入者」とは、合衆国投資会社法第2条(a)(51)に定義される適格購入者をいう。
         「米国人」とは、レギュレーションSにおいて定義される米国人(U.S.                                    Person)をいう。
         「レギュレーションS」とは、合衆国証券法に基づくレギュレーションSをいう。
         「社債の概要」において、
         「合衆国証券法」とは、1933年合衆国証券法(その後の改正を含む。)をいう。
       (f)  違法性および不可抗力

         CACIBは誠実に以下を決定する場合、本社債の所持人に「8                              通知」に従い通知することにより本社債を
        いかなる時でも早期に償還する権利を有する。
          (ⅰ)   本社債に基づく義務の履行が、あらゆる理由により全部または一部が違法となること
          (ⅱ)   本社債に基づく義務の履行が、該当する取引が完結した日(当日を含まない。)の後に発生した
             不可抗力事由(以下に定義する。)により、実行不可能または不可能となること
         本項(f)において、
         「不可抗力事由」とは、CACIBの合理的コントロールの及ばない事由をいい、以下に掲げる事由が(A)
        CACIBの本社債に基づく債務の履行を阻止、制限、遅延またはその他重大な障害となる場合および/また
        は(B)市場その他における本社債に係る取引の決済を重大な範囲で阻止または制限する場合を含むがこれ
        らに限られない。
          a.  政府当局(以下に定義する。)またはその他の法律、規則、規制、判決、命令、指令、法令または
            重要な法的介入
          b.  戦争(内戦その他)、混乱、軍事行為、騒動、政治的混乱、いかなるテロ行為、暴動、抗議およ
            び/または騒乱の発生または宣言
          c.  サボタージュ、火災、洪水、爆発、地震、気象もしくは地理的要因による大災害、その他の災難ま
            たは危機
          d.  金融上、政治上もしくは経済上の事由(国内外の政治、法律、税金もしくは規制条件の変更を含む
            がこれらに限られない。)またはCACIBのコントロールの及ばないその他の原因もしくは障害
         「政府当局」とは、国家、州または政府、その属州またはその他の行政区画、組織、機関または省、税
        務、金融、外国為替またはその他の当局、法廷、裁判所またはその他の手段、および、政府の執行、立
        法、司法、規制もしくは行政機能を行使するまたは政府に関するその他の事業体を意味する。
         上記本社債の終了後すぐに、CACIBは各本社債について本社債の所持人に対して期限前償還価格を償還
        日(当日を含まない。)までに生じた利息(もしあれば)と共に支払うものとする。支払は「8                                                通知」に
        従い、本社債の所持人に通知される方法で行われる。
       (g)  買入れ

         CACIBおよびその子会社(以下に定義する。)は、市場その他において、いかなる価格ででも、随時本
        社債を(ただし、本社債が              最終券面     の無記名式社債(下記「12              その他 (4)       様式、額面および所有権            」
        に定義する。)(以下「最終無記名券面」という。)である場合は、当該本社債に付されていた支払期日
        未到来のすべての利札と共に)買入れることができる。CACIBによりまたはCACIBのために買入れられた本
        社債は、引渡しおよび消却が行われる。
         「子会社」とは、あらゆる時点における者もしくは法人に関し、フランス商法第L.233-1条に定義され
        るその他の者もしくは法人(現存しているか否かを問わない。)、またはフランス商法第L.233-3条の意
                                  9/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
        味において、CACIBにより直接的もしくは間接的に支配されているその他の者もしくは法人をいう。本書
        の日付現在、フランス商法第L.233-1条の規定は、下記の通りである。
         「会社が他の会社の株式資本の半数超を保有する場合、本章において、後者は前者の子会社であるとみ
        なされる。」
         本書の日付現在、フランス商法第L.233-3条の規定は、下記の通りである。
         「Ⅰ.   フランス商法第2章の第2部および第4部において、下記の場合、ある会社は他の会社を支配して
        いるとみなされる。
         (ⅰ)直接的または間接的に株式資本の一部を保有しており、これにより当該会社の株主総会において議
            決権の過半数を保有することとなる場合
         (ⅱ)会社の利益に反しない株主間契約または出資者間契約に基づき、単独で当該会社の議決権の過半数
            を保有する場合
         (ⅲ)保有する議決権により、当該会社の株主総会における決定を事実上支配する場合
         (ⅳ)会社の株主または出資者であり、当該会社の運営、経営または監督業務上の組織の構成員の過半数
            を選任または解任させる権限を有する場合
         Ⅱ.  ある会社が直接的または間接的に議決権の40%超を保有し、他の株主または出資者が当該会社の議
        決権を直接的または間接的にそれ以上保有しない場合、かかる会社は支配権を行使しているとみなされ
        る。
         Ⅲ.  フランス商法第2章の同部において、共同で行為する2名以上の者が、株主総会での決定を事実上支
        配している場合、同者は共同で支配しているとみなされる。」
       (h)  消却

         CACIBにより償還されたすべての本社債は、償還時に当該本社債に付されていたまたは当該本社債と共
        に引渡された支払期日未到来の利札と共に、直ちに消却されるものとする。消却されたすべての本社債お
        よび上記(g)に基づき買入れおよび消却された本社債は、(当該本社債と共に消却された支払期日未到来
        の利札と共に)主支払代理人に引渡されるものとし、再発行または転売することはできない。
      3  支払

       (a)  支払方法
         本社債に関する支払は(下記の制限の下で)支払受領者がモスクワに所在する銀行に有するロシアルー
        ブル建口座への入金もしくは送金、または支払受領者の選択により、モスクワに所在する銀行を支払場所
        とするロシアルーブル建小切手により行われるものとする。
         一切の支払は、支払地において適用のある財政その他の法令に服するが、「7                                       課税上の取扱い (1)           フ
        ランスの租税」の規定の適用を妨げない。
       (b)  本社債および利札の呈示

         最終無記名券面に関する元金の支払は(下記の制限の下で)最終無記名券面の呈示および引渡し(一部
        支払の場合は裏書き)との引換えのみによって、上記(a)に定める方法で行われ、最終無記名券面に関す
        る利息の支払は、上記の通り(下記の制限の下で)利札の呈示および引渡し(一部支払の場合は裏書き)
        との引換えのみによって行われるものとし、いずれの場合も、支払代理人の合衆国(本項において、アメ
        リカ合衆国(州およびコロンビア特別区およびその属領を含む。)を意味する。)外の所定の事務所にお
        いて行われるものとする。
                                 10/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
         最終無記名券面の様式の本社債の場合、当該本社債は、それに付された支払期日未到来のすべての利札
        と共に支払のために呈示されなければならず、かかる呈示がなされない場合には、欠缺した支払期日未到
        来の利札について支払われるべき金額(一部支払の場合には、支払期日未到来の欠缺利札の総額に、一部
        支 払がなされた金額が支払われるべき金額に占める割合を乗じた額)が支払額から控除される。そのよう
        に控除された元金額は、(下記「9                  消滅時効」に基づき当該利札が無効になっていると否とを問わず)当
        該元金額に係る関連日(下記「7                 課税上の取扱い (1)           フランスの租税」に定義する。)の後10年が経過
        するまでの間いつでも、または(それより遅い場合は)、当該利札の支払期日が到来した日から5年が経
        過するまでの間いつでも、当該欠缺利札と引換えに上記の方法で支払われる(ただし、それ以後はいかな
        る場合においても支払われない。)。
         最終無記名券面の償還期日が利払日でない場合には、直前の利払日(当日を含む。)または(場合によ
        り)利息発生日以降当該本社債について発生した利息(もしあれば)は、当該最終無記名券面と引換えに
        よってのみ支払われるものとする。
         無記名式大券により表章される本社債に関する元金および利息(もしあれば)の支払は、(下記の制限
        の下で)無記名式社債につき上記に定める方法または大券に定める方法により、当該大券の呈示または
        (場合により)引渡しと引換えに、合衆国外の支払代理人の所定の事務所において行われる。各支払は、
        当該大券が呈示された支払代理人により当該大券の券面上にまたは(場合により)ユーロクリア・バン
        ク・エス・エー/エヌ・ブイ(以下「ユーロクリア」という。)およびクリアストリーム・バンキング・
        エス・エー(以下「クリアストリーム」という。)の名簿上に、元金の支払と利息の支払とに分けて記録
        される。
       (c)  支払に関するその他の規定

         大券の所持人は、当該大券により表章された本社債に関する支払を受けることのできる唯一の者であ
        り、CACIBは、当該大券の所持人に対しまたは当該所持人の指図に従い支払をなすことにより、そのよう
        に支払われた各金額について免責される。ユーロクリアまたはクリアストリームの名簿に当該大券により
        表章された本社債の一定の額面金額の実質的な所持人として記載されている者は、当該大券の所持人に対
        しまたは当該所持人の指図に従いCACIBが支払った各金額に関するかかる所持人の持分について、(場合
        により)ユーロクリアまたはクリアストリームに対してのみ支払を請求しなければならない。
         本社債については、CACIBおよびその各支店が単一の法人組織であり、本社債に基づき支払を行う義務
        は、CACIB全体としての義務となる。
       (d)  支払営業日

         本社債または利札に関する金額の支払期日が、支払営業日以外の日にあたる場合には、当該本社債また
        は利札の所持人は代わりに当該場所における翌支払営業日に支払を受けることができる。ただし、翌支払
        営業日が翌暦月である場合には、当該場所におけるその直前の支払営業日に支払を受けることができる。
        本項(d)に従って支払期日についての調整が行われる場合、本社債または利札に関する当該金額は、かか
        る調整による影響を受けないものとする。
       (e)  一般

         計算代理人、CACIBまたは代理人(下記「12                      その他 (2)       代理契約」に定義する。)のいずれも、満期
        償還価格その他いかなる金額の計算の誤りまたは脱漏についても責任を負わないものとする。
                                 11/34



                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       (f)  解釈
         「社債の概要」において、本社債に関する元金には、場合により、以下のものを含むものとみなす。
          (ⅰ)   「7  課税上の取扱い (1)           フランスの租税」に基づき、元金に関し支払われることのある追加額
          (ⅱ)   本社債の満期償還価格
          (ⅲ)   本社債の期限前償還価格または公正市場償還価格
         「社債の概要」において、本社債に関する利息には、場合により、「7                                    課税上の取扱い (1)           フランス
        の租税」に基づき、利息に関し支払われることのある追加額を含むものとみなす。
       (g)  予定支払通貨停止事由

         予定支払通貨停止事由(以下に定義する。)が発生した場合、
          (ⅰ)   計算代理人は、本社債に関するCACIBの支払義務の全部を、自らが選択するその他の通貨に随時
             転換することができ、かかる支払義務の全部は、さらなる措置またはいかなる同意なしに、計
             算代理人が決定する為替レートで当該通貨(以下「代替支払通貨」という。)に転換される。
             かかる転換は、下記「8            通知」に従いCACIBが本社債の所持人に対して通知した日時より効力が
             発生するものとする。転換が行われた場合、(ⅰ)本社債に関するCACIBの支払義務の全部は代替
             支払通貨建で支払われ、(ⅱ)本社債の要項はこれに従って解釈され、また(ⅲ)計算代理人はか
             かる転換を実施するために適切とみなす本社債の要項に対するその他の修正を行う権限を有す
             る。
          (ⅱ)   計算代理人が、上記(ⅰ)に従い本社債に関するCACIBの支払義務を転換するまでの間、または計
             算代理人が転換を行わないことを決定した場合、本社債に関するCACIBの支払義務は、さらなる
             措置またはいかなる同意なしに、適用される法律により定まるまたはその他計算代理人が決定
             する為替レートに基づきその時点でフランスにおいて採用されている通貨に転換されるものと
             し、本社債の要項はこれに従って解釈されるものとする(例えば、計算代理人がかかる転換を
             反映するために適切とみなす本社債の要項に対するその他の変更の実施を含むが、これに限定
             されない。)。
          (ⅲ)   CACIBは、下記「8          通知」に従い本社債の所持人に対して通知をした上で、その単独の絶対的な
             裁量により、本社債の全部(一部は不可)を自らが指定する日に早期に償還することができ
             る。各本社債は、代替支払通貨建(適用ある場合)またはその時点でフランスにおいて採用さ
             れている通貨建で、公正市場償還価格にて償還されるものとする。
         CACIBは、予定支払通貨停止事由の発生時に、予定支払通貨停止事由の発生を下記「8                                            通知」に従い本
        社債の所持人に対して可及的速やかに通知し、かかる通知にはその概要およびこれに関連する対応案を記
        載するものとする。
         本項(g)において計算または決定を行う際、計算代理人は自らが関連するとみなすすべての情報を考慮
        するが、その他の点ではその単独の絶対的な裁量により行為するものとする。上記にかかわらず、計算代
        理人は予定支払通貨停止事由の発生後、いかなるシリーズの本社債についてもCACIBの支払義務を代替支
        払通貨に転換する義務を負わない。CACIBおよび計算代理人のいずれも、予定支払通貨停止事由の発生に
        より生じた損失に関して本社債の所持人に対するいかなる責任も負わない。
         本項(g)に従いCACIBが行った支払は、有効な支払となり、本社債の債務不履行を構成しないものとす
        る。
         本項(g)において、
         「予定支払通貨」とは、ロシアルーブルをいう。
                                 12/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
         「予定支払通貨停止事由」とは、計算代理人がその単独の絶対的な裁量により、理由の如何を問わず、
        随時予定支払通貨が法定通貨として存在しなくなったと判断した場合をいう。
      ▶  本社債の地位

        本社債および本社債に関する利札は、CACIBの直接、非劣後かつ無担保の債務であり、現在および将来に
       おいて、本社債相互の間で同順位であり、(上記に従いかつ法律上の一定の例外を除き)CACIBが随時負担
       する他の一切の無担保債務(劣後債務(もしあれば)を除く。)と同順位である。
      5  債務不履行事由

        以下に掲げる事由(以下それぞれを「債務不履行事由」という。)のいずれか1つ以上の事由が発生した
       場合、本社債の所持人は、主支払代理人の所定の事務所に宛ててCACIBに書面で通知することにより(かか
       る通知は主支払代理人が受領した時点で有効となる。)、所持人が保有する本社債が期限の利益を喪失し直
       ちに支払われるべき旨を宣言することができ、当該本社債の期限前償還価格およびその償還日(当日を含ま
       ない。)までに生じた利息(もしあれば)は、呈示、要求、抗議またはその他あらゆる種類の通知を行うこ
       となく、期限の利益を喪失し直ちに支払われるべきものとなる。
       (a)  いずれかの本社債の元金または利息がその支払期日に支払われず、利息の支払についてはかかる不履行
        が、かかる旨の書面による通知を主支払代理人(主支払代理人は、本社債の所持人の要請に応じて直ちに
        かかる通知を行わなければならない。)からCACIBが受領したときから15日間以上継続した場合。ただ
        し、CACIBが当該期間の満了前にかかる不履行を治癒した場合はこの限りではない。
       (b)  CACIBが「社債の概要」に基づくその他の債務の履行または遵守を怠り、かつ、(通知が必要でなく、
        かかる不履行の治癒が不可能な場合を除き)CACIBがかかる不履行を治癒できる場合で、かかる不履行お
        よびかかる不履行の治癒の要求を明記した書面による通知を主支払代理人(主支払代理人は、本社債の所
        持人の要請に応じて直ちにかかる通知を行わなければならない。)からCACIBが受領したときから60日以
        内に治癒しなかった場合。
       (c)  CACIBが全般的に支払期限の到来した債務の支払を中止した場合、CACIBの法律上の清算手続
        (liquidation        judiciaire)もしくは事業全体の譲渡(cession                         totale    de  l'entreprise)について判決
        がなされた場合、CACIBが類似の破産手続もしくは倒産手続の下にある場合、またはCACIBが債権者の利益
        のために資産の全部もしくは重要な部分に関して権利移譲、譲渡もしくはその他の契約を提案した場合、
        またはCACIBが清算もしくは解散の決議を採択した場合(ただし、新設合併、吸収合併、その他の法人へ
        の資産の全部もしくは大部分の譲渡に関するもので、その結果、新設企業、存続企業または譲受企業の信
        用力が、かかる行為の前のCACIBよりも著しく悪化していない場合を除く。)。
      6  社債権者集会、変更および権利放棄

        代理契約は、本社債、利札または代理契約の条項を特別決議(代理契約に定義される。)により修正する
       ことを承認することを含む、本社債の所持人の利益に影響を与える事項について審議するために社債権者集
       会を招集することについて、定めている。CACIBまたは本社債の所持人が社債権者集会を招集することがで
       き、本社債の元本残高の10%以上を有する本社債の所持人により書面による要求があった場合、CACIBは社
       債権者集会を招集するものとする。特別決議を採択するための社債権者集会の定足数は、本社債の元本残高
       の50%以上を保有もしくは代表する1名以上の者、その延会においては、保有もしくは代表される本社債の
       元本金額の如何にかかわらず、本社債の所持人本人もしくはその代理人1名以上の者とする。ただし、本社
       債または利札の特定の規定の修正(本社債の償還期日もしくは利払日の修正、本社債の元金もしくは利率の
       減額もしくは取消、または本社債もしくは利札の支払通貨の変更を含む。)を議題とする集会における定足
                                 13/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       数は、本社債の元本残高の3分の2以上を保有または代表する1名以上の者、その延会においては、本社債の
       元本残高の3分の1以上を保有または代表する1名以上の者とする。社債権者集会で採択された特別決議また
       は 本社債の所持人によりもしくは本社債の所持人のために署名された書面をもって採択された特別決議は、
       出席の有無にかかわらず本社債の所持人すべてを拘束し、また利札の所持人すべてを拘束する。
        CACIBは、本社債の所持人または利札の所持人の同意を得ることなく(またかかる本社債の所持人もしく
       は利札の所持人の個別の事情または特定の法域における税金もしくはかかる修正によるその他の結果を考慮
       することなく)、以下の点について、本社債の要項、利札または代理契約の修正を実施することができる。
       (a)  本社債の所持人の利益に重要な悪影響のない修正および/または
       (b)  形式的、軽微もしくは技術的な修正、または明白な誤記もしくは脱漏を訂正するため、不完全な規定を
        是正、訂正もしくは補足するためもしくは(ⅰ)法律もしくは規制の強行規定、(ⅱ)CACIBを監督する規制
        当局の規則もしくは要求もしくは(ⅲ)本社債が上場されうる証券取引所の要求に従うための修正
        かかる修正は、本社債の所持人および利札の所持人を拘束する。また、かかる修正後は、「8                                               通知」に従
       い本社債の所持人に可及的速やかにその旨通知される。
      7  課税上の取扱い

        本社債に投資しようとする申込人は、各申込人の状況に応じて、本社債に投資することによる課税上の取
       扱いおよびリスクまたは本社債に投資することが適当か否かについて各自の財務・税務顧問に相談する必要
       がある。
       (1)  フランスの租税

         本社債および利札に係る元金および利息の支払はすべて、課税管轄地域によりまたはそれに代わって、
        現在または将来において課されまたは賦課されるあらゆる性質の税金または賦課金を源泉徴収もしくは控
        除することなくまたはそれらを理由にすることなく行われる(ただし、かかる源泉徴収または控除を法に
        より強制される場合(以下「グロスアップ事由」という。)を除く。)。
         グロスアップ事由が発生した場合、CACIBはフランスの法律により認められる最大限の範囲で、本社債
        の所持人または利札の所持人がかかる源泉徴収または控除の後に受領する本社債の元金または利息の純受
        取額が、かかる源泉徴収または控除がなければ本社債または利札について受領したであろう金額と等しく
        なるように必要な追加額を支払うものとする。ただし、かかる追加額は以下の場合には支払われないもの
        とする。
          (ⅰ)   支払のためにフランスで本社債または利札が呈示された場合
          (ⅱ)   本社債または利札を保有する以外に、課税管轄地域と何らかの関連を有することを理由として、
             かかる税金、賦課金を負担する所持人またはかかる所持人を代理する第三者に対する場合
          (ⅲ)   居住申告または非居住申告を含む(これに限定されない。)申告またはその他の表明を行えば、
             源泉徴収または控除を免除されたであろうが、怠った所持人によりまたはその者に代わって支
             払のために本社債または利札が呈示された場合
          (ⅳ)   関連日(以下に定義する。)後30日を過ぎて支払のために本社債または利札が呈示された場合
             (ただし、本社債の所持人または利札の所持人がかかる30日目(かかる日が支払営業日であっ
             たと仮定すれば)に支払のためにこれを呈示していたならば受領することができた当該追加額
             を除く。)
          (ⅴ)   EU加盟国内の別の支払代理人に本社債または利札を呈示したならば、かかる源泉徴収または控除
             を回避できたであろう所持人によりまたはその者に代わって支払のために本社債または利札が
             呈示された場合
                                 14/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
          (ⅵ)   所持人がフランスの一般租税法典(                  Code   général    des  impôts   )第238-0      A条の意義の範囲内にお
             ける非協調国または地域に所在しもしくは設立されているかまたは口座を開設している場合
         本項において(A)「課税管轄地域」とは、フランスまたはその行政区画もしくは課税当局を意味し、(B)
        「関連日」とは、当該支払について最初に支払期日が到来した日、または支払われるべき金員の全額が当
        該期日までに主支払代理人により受領されていない場合は、当該金員の全額が受領され、その旨の通知が
        下記「8    通知」に従い本社債の所持人に対してなされた日を意味する。
         疑義を避けるために付言すると、本社債に係る支払からの控除もしくは源泉徴収または本社債に関連
        する控除もしくは源泉徴収が、内国歳入法第1471条から第1474条までの規定およびこれに基づく合衆国財
        務省規則(以下「FATCA」という。)に関連した合衆国内国歳入庁との協定、合衆国とフランス、ガーン
        ジーその他の法域の間のFATCAに関する政府間協定またはFATCAもしくは政府間協定を実施するもしくはそ
        れらに関連するいずれかの法域における法律、規則もしくはその他公式のガイドラインに基づいて課され
        たものである場合、CACIBまたはいかなる支払代理人も、かかる控除または源泉徴収を理由とする追加額
        の支払を行わないものとする。
         各所持人は、租税の分野における行政協調に関するEU理事会指令2011/16/EU(EU理事会指令
        2014/107/EUにより修正)により主支払代理人に課された確認および報告義務を遵守するために、要求さ
        れる情報を、適時に主支払代理人へ提供する責任を有するものとする。
       (2)  日本国の租税

         以下は本社債に関する日本国の租税上の取扱いの概略を述べたにすぎず、本社債に投資しようとする投
        資家は、各投資家の状況に応じて、本社債に投資することによるリスクや本社債に投資することが適当か
        否かについて各自の会計・税務顧問に相談する必要がある。
         本社債の利息は、日本国の租税に関する現行法令(以下「日本国の税法」という。)の定めるところに
        より、一般的に利息として取り扱われるものと考えられる。日本国の居住者が支払を受ける本社債の利息
        は、それが国内における支払の取扱者を通じて支払われる場合には、日本国の税法上、国税と地方税が源
        泉所得税として課される。さらに、日本国の居住者は、申告不要制度または申告分離課税を選択すること
        ができる。日本国の内国法人が支払を受ける本社債の利息は、それが国内における支払の取扱者を通じて
        支払われる場合には、日本国の税法上、国税と地方税が源泉所得税として課される。当該利息は当該法人
        の課税所得に含められ、日本国の所得に関する租税の課税対象となる。ただし、当該法人は当該源泉所得
        税額を、一定の制限の下で、日本国の所得に関する租税から控除することができる。
         本社債の譲渡または償還による損益のうち、日本国の居住者に帰属する譲渡益または償還差益は、申告
        分離課税の対象となる。ただし、特定口座のうち当該口座内で生じる所得に対する源泉徴収を日本国の居
        住者が選択したもの(源泉徴収選択口座)における本社債の譲渡または償還による所得は、確定申告を不
        要とすることができる。また、日本国の内国法人に帰属する譲渡損益または償還差損益は、当該法人のそ
        の事業年度の日本国の所得に関する租税の課税対象となる所得の金額を構成する。
         なお、日本国の居住者は、本社債の利息、譲渡損益および償還差損益について、一定の条件で、他の社
        債や上場株式等の譲渡所得、利子所得および配当所得と損益通算および繰越控除を行うことができる。
         本社債の利息、譲渡益および償還差益で、日本国に恒久的施設を持たない日本国の非居住者および外国
        法人に帰属するものは、日本国の所得に関する租税は課されないと考えられる。
      8  通知

        本社債に関するすべての通知は、ロンドンで講読される代表的な英語の日刊新聞に掲載された場合に有効
       になされたものとみなされる。かかる新聞への掲載はロンドンのフィナンシャル・タイムズ紙になされる予
                                 15/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       定である。かかる通知は、最初に掲載された日付、または複数の新聞紙での掲載を要求される場合には、掲
       載を要求されるすべての新聞紙に最初に掲載された時点での日付をもって、なされたものとみなされる。
        最終券面が発行されるまでは、ユーロクリアおよび/またはクリアストリームのために本社債を表章して
       いる大券が全部保管されている限り、かかる新聞への掲載の方法に代えて、本社債の所持人に対する連絡の
       ためユーロクリアおよび/またはクリアストリームへ通知を交付するという方法をとることができる。かか
       る通知は、ユーロクリアおよび/またはクリアストリームに通知がなされた日からユーロクリアおよび/ま
       たはクリアストリームにおける1営業日後に本社債の所持人になされたものとみなされる。
        本社債の所持人による通知は書面によるものとし、これを関連する本社債と共に主支払代理人に預託する
       ものとする。大券が各本社債を表章している間も、本社債の所持人は、(場合により)主支払代理人およ
       び/またはユーロクリアおよび/またはクリアストリームが認める方法で、(場合により)主支払代理人お
       よび/またはユーロクリアおよび/またはクリアストリームにかかる通知を行うことができる。
      9  消滅時効

        本社債および利札は、それぞれの関連日から元本の支払については10年、利息については5年の期間内に
       元本および/または利息に関して請求がなされない場合は失効する。
      10  情報開示の誓約

        各本社債の所持人(本社債が名義人によりまたは決済機関において保有されている場合は、本社債の実質
       所有者)は、本社債もしくは本社債に係る権利を引き受けることまたは本社債もしくは本社債に係る権利を
       購入することにより、以下の事項に同意する。
       (a)  法務、税務または規制上の事項に関して、CACIB(またはCACIBのために行為する代理人)が合理的に要
        求する自らが入手可能なあらゆる情報および書類(CACIBに随時適用される法務、税務および規制上の要
        件にCACIBが従うために必要な情報または望ましい情報を含む。)をCACIB(またはCACIBのために行為す
        る代理人)に対して提供すること。
       (b)  本社債の所持人の身元および当該所持人またはその後継の譲受人が本社債の購入にあたり使用する支払
        源を確認するためにCACIB(またはCACIBのために行為する代理人)が合理的に要求する自らが入手可能な
        あらゆる情報および書類をCACIB(またはCACIBのために行為する代理人)に対して提供すること。
       (c)  CACIB(またはCACIBのために行為する代理人)が、適用される銀行秘密法および関連する秘密保持規定
        に従い、(1)かかる情報および書類ならびに本社債に対する投資に関するその他の情報を関連する政府当
        局、銀行監督当局、税務当局その他の規制当局に提供し、(2)適用される法律または規制に従うために
        (あらゆる場合において、CACIBまたはその個別の代理人の単独の裁量により)必要または有用と考えら
        れるその他の措置を講じ得ること。
      11  準拠法および裁判管轄

        本社債、利札およびこれらに起因してまたはこれらに関連して生じる非契約的債務は英国法に準拠するも
       のとし、これに従って解釈される。
        CACIBは、本社債の所持人および利札の所持人のために、英国の裁判所が本社債および/もしくは利札か
       ら生じ、または本社債および/もしくは利札に関して生ずるあらゆる紛争(本社債および/もしくは利札に
       起因してまたは本社債および/もしくは利札に関連して生じる非契約的債務に関する紛争を含む。)を解決
       する管轄権を有すること、したがって本社債および利札から生じ、または本社債および利札に関して生じる
       訴訟または手続(以下総称して「訴訟手続」という。)(本社債および/もしくは利札に起因してまたは本
                                 16/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       社債および/もしくは利札に関連して生じる非契約的債務に関する訴訟手続を含む。)をかかる裁判所に提
       起しなければならないことに合意する。
        CACIBは、かかる訴訟手続の裁判管轄をかかる裁判所に置くことに対する現在または将来における異議申
       立ておよびかかる訴訟手続が不都合な法廷地で提起されたとの主張を、ここに取消不能の形で英国の管轄裁
       判所に提出し、放棄すると共に、英国の裁判所に提起されたかかる訴訟手続における判決が終局的なもので
       あり、CACIBに対して拘束力を有し、他の法域における裁判所においても執行可能であることに関し、ここ
       に取消不能の形で合意する。
        本社債の条項を実施するための1999年契約(第三者の権利)法に基づくいかなる権利も付与されないが、
       同法とは無関係に存在しまたは行使可能な第三者の権利または救済手段に影響を及ぼすものではない。
        CACIBは、現在英国ロンドン市                EC2A   2DA、アポルド・ストリート5、ブロードウォーク・ハウスに事務所
       を有するCACIB、ロンドン支店を送達代理人に任命し、CACIB、ロンドン支店が送達代理人としての職務の遂
       行を停止したときまたは英国に事務所を有さなくなったときは訴訟手続に関する英国における送達代理人と
       して他の者を任命することを約束する。本項の内容は、法律により認められる他の方法で訴状等の送達を行
       う権利に影響を及ぼすものではない。
        CACIBは、代理契約、捺印証書およびディード・オブ・コべナントに関して、英国の裁判所の管轄に服し
       ており、かつ、上記と実質的に同様の条件で送達代理人を任命している。
        「社債の概要」の規定が無効となった場合であっても、その他の規定の有効性に何らの影響を及ぼすもの
       ではない。
      12  その他

       (1)  代わり社債券および代わり利札
         本社債または利札が紛失、盗失、毀損、汚損または滅失した場合、主支払代理人の所定の事務所におい
        て、これにつき生じる費用を請求者が支払い、かつ、CACIBが合理的に要求する証拠および補償の提出を
        条件として、代わり券を発行することができる。毀損または汚損した本社債または利札については、代わ
        り券が発行される前にこれを提出しなければならない。
       (2)  代理契約

         本社債および利札は、CACIB、発行代理人兼主支払代理人兼銀行代理人としてのCACEISバンク・ルクセ
        ンブルグ(以下「主支払代理人」(承継者たる主支払代理人を含む。)および契約に記載されるその他支
        払代理人(主支払代理人と共に、以下「支払代理人」または「代理人」と総称され、追加のまたは承継者
        たる支払代理人を含む。))およびその他の当事者との間の2016年5月11日付の改定代理契約(かかる代
        理契約は随時改訂および/または補足および/または修正される。以下「代理契約」という。)に従い、
        その利益を享受する。
       (3)  承継

        (a)  承継に関する前提条件
          本社債に関連して、CACIB(かかる用語は、本項においてのみ、本項に基づき承継した前任者を含
         む。)は、本社債の所持人の同意なしに、主要な債務者としてCACIBに指名された他の会社(以下「承
         継債務会社」という。)に代替および承継することができる。ただし、以下の事項を条件とする。
          (ⅰ)   (A)承継債務会社は、代理契約の別紙の様式または実質的にその様式と同じ様式の捺印証書を作
             成するものとし、当該書類の下で、承継債務会社は、CACIBに代わり、本社債の主要な債務者と
             して、本社債、代理契約およびディード・オブ・コベナントにその名称が記載されていたかの
                                 17/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
             ように、各本社債の所持人(かかる用語は、本項においてのみ、利札の所持人を含む。)のた
             めに、「社債の概要」ならびに代理契約およびディード・オブ・コベナントの規定に従うこと
             を 約束し、(B)CACIBは、代理契約の別紙の様式または実質的にその様式と同じ様式の保証状を
             作成するものとし、それに基づきCACIBは、主要な債務者として承継債務会社の支払うべき金額
             の全額の支払を、各本社債の所持人に対して無条件かつ取消不能の形で保証し、また(C)承継債
             務会社およびCACIBは、承継が完全な効力を有するために必要なその他の書類(もしあれば)
             (上記捺印証書および保証状とあわせて以下「書類」という。)を作成する。
          (ⅱ)   上記(ⅰ)または下記(ⅲ)の一般性を害することなく、承継債務会社が、フランス以外の領土にお
             いて税務の観点から設立、所在または居住している場合、本社債の所持人が、承継により、か
             かる承継が行われなかった場合よりも不利な立場とならないために、書類は、承継債務会社に
             よる誓約および/または各本社債の所持人が誓約による利益を確実に受けるために必要な「7
             課税上の取扱い (1)           フランスの租税」の条項(フランスに関する内容については、承継債務
             会社が税務の観点から設立、所在または居住する1つまたは複数の領土に関する内容に承継する
             ことができる。)に相当する表現のその他の条項を含むものとする。
          (ⅲ)   書類は、承継債務会社およびCACIBによる以下の表明および保証を含むものとする。(A)承継債務
             会社およびCACIBは、かかる承継ならびに承継債務会社およびCACIBの義務に関するCACIBによる
             保証の付与ならびに書類に基づく承継債務会社およびCACIBのそれぞれの義務の履行に必要な一
             切の政府および規制当局による許可および同意を取得しており、かかる許可および同意がすべ
             て完全に有効であること。(B)書類に基づいて各承継債務会社およびCACIBが各々負う義務は、
             いずれもそれぞれの条項に従って適法であり、有効かつ拘束力を有していること。
          (ⅳ)   承継債務会社は、主支払代理人に対し、主要な法律事務所から承継債務会社を代理して提出され
             る、法律意見書を交付しまたは交付させるものとするが、かかる意見書は、書類が作成された
             場合、書類は適法であり、有効かつ拘束力を有する承継債務会社の義務を構成する旨の意見書
             であり、CACIBから承継債務会社への承継の日付の前7日以内の日付で作成され、主支払代理人
             の所定の事務所において本社債の所持人による閲覧に供されることを要する。
          (ⅴ)   CACIBは、主支払代理人に対し、主要な法律事務所からCACIBを代理して提出される、法律意見書
             を交付しまたは交付させるものとするが、かかる意見書は、書類(該当する場合、承継債務会
             社に関してCACIBにより付与された保証を含む。)が作成された場合、書類は適法であり、有効
             かつ拘束力を有するCACIBの義務を構成する旨の意見書であり、CACIBから承継債務会社への承
             継の日付の前7日以内の日付で作成され、主支払代理人の所定の事務所において本社債の所持人
             による閲覧に供されることを要する。
          (ⅵ)   CACIBは、主支払代理人に対し、英国の主要な法律事務所から提出される、法律意見書を交付し
             または交付させるものとするが、かかる意見書は、書類(該当する場合、承継債務会社に関し
             てCACIBにより付与された保証を含む。)が作成された場合、書類は英国法上適法であり、有効
             かつ拘束力を有する当事者らの義務を構成する旨の意見書であり、CACIBから承継債務会社への
             承継の日付の前7日以内の日付で作成され、主支払代理人の所定の事務所において本社債の所持
             人による閲覧に供されることを要する。
          (ⅶ)   承継債務会社は、本社債に起因しまたはこれらに関連して生じる訴訟または法的手続に関して、
             承継債務会社に代わり送達を受ける英国の代理人として、「11                                準拠法および裁判管轄」におい
             てCACIBにより任命された送達代理人または英国に事務所を有する他の者を任命していること。
                                 18/34



                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
        (b)  承継債務会社による引受け
          上記(ⅰ)に定める書類が作成された場合で、かかる条項のその他の要件が満たされた場合、(A)承継
         債務会社は、CACIBに代わり、主要な債務者として本社債にその名称が記載されたものとみなされ、(B)
         こ れに基づき、本社債、ディード・オブ・コベナントおよび代理契約は、承継が効力を有するよう修正
         されたものとみなされ(文脈上、許される場合、フランスに関する内容については、承継債務会社が設
         立された地域に関する内容に承継させることを含む。)、(C)CACIBは、本社債について主要な債務者と
         しての一切の義務を免除される。
        (c)  書類の預託

          本社債が未償還であり、かつ承継債務会社またはCACIBに対して本社債または書類に関し本社債の所
         持人によりなされた請求につき終局判決、和解または免責がなされていない限り、書類は、主支払代理
         人に預託され保管される。書類において承継債務会社およびCACIBは、各本社債の所持人が、本社債ま
         たは書類につき強制執行するため、書類を作成する権利を認めるものとする。
        (d)  承継通知

          書類の作成後15日以内に、承継債務会社は、かかる承継について上記「8                                     通知」に従って、本社債の
         所持人に対して通知するものとする。疑義を避けるため付言すると、かかる通知が送付されなかった場
         合も、承継は無効とはならない。
        (e)  税効果

          かかる変更または承継のかかる権利に関連して、CACIBは、目的を問わず、特定の地域に住所を置く
         もしくは居住しているもしくはその他特定の地域と関係を有しているまたは特定の地域の裁判管轄に服
         することにより生じる本社債の所持人である個人に対するかかる権利の行使の効果を考慮する義務を負
         わず、また本社債の所持人は、かかる変更または承継によるかかる本社債の所持人に対する税効果に関
         するいかなる補償または支払もCACIBに要求する権利を有しないものとする。
       (4)  様式、額面および所有権

         本社債は無記名式(以下「無記名式社債」という。)であり、(最終券面の場合は)社債券番号が付さ
        れ、ロシアルーブル建で、各社債券の額面金額は100,000ロシアルーブルである。最終無記名券面は、利
        札付で発行される。
         以下に記載される条件に従って、本社債および利札の所有権は、受渡により移転する。CACIBおよびい
        ずれの代理人も(支払期日が到来しているか否かを問わず、また、本社債もしくは利札の所有に係る注
        記、券面上の記載または本社債もしくは利札の以前の紛失もしくは盗失の注記にかかわらず)本社債また
        は利札の持参人を(法律に別段の定めがない限り)その完全な権利者とみなして取り扱うことができる。
        ただし、大券の場合には、次の段落に定める規定の適用を妨げない。
         いずれかの本社債がユーロクリアおよび/またはクリアストリームのために保有されている無記名式大
        券により表章されている間は、当該時点においてユーロクリアまたはクリアストリームの名簿に特定の額
        面金額の当該本社債の所持人として登録されている者(ユーロクリアおよびクリアストリームを除く。)
        (この場合、いずれかの者の口座に貸記されているかかる本社債の額面金額に関してユーロクリアまたは
        クリアストリームが発行した証明書その他の書類は、明白な誤りまたは立証された誤りがある場合を除
        き、すべての点において最終的で拘束力を有する。)は、CACIBおよび代理人によりすべての点(本社債
        の額面金額に係る元利金の支払に関する事項を除く。かかる事項については、大券の条項に従い、無記名
                                 19/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
        式大券の所持人が、CACIBおよび代理人により額面金額の当該本社債の所持人として取り扱われるものと
        し、「本社債の所持人」およびこれに関連する用語はこれに従って解釈される。)において当該額面金額
        の 本社債の所持人として取り扱われる。
         無記名式社債は、合衆国証券法に基づくレギュレーションSに依拠して米国外で発行される。
         本社債は、無記名式、かつ当初仮大券の形態で発行され(以下「仮無記名大券」という。)、当該仮無
        記名大券はトランシェの当初の発行日以前にユーロクリアおよびクリアストリームの共通保管機関に引き
        渡される。
         無記名式社債が仮無記名大券によって表章されている間は、交換日(以下に定義する。)より前に支払
        期日の到来する本社債に係る元金、利息(もしあれば)およびその他の支払は、合衆国財務省規則により
        定められている通り、かかる無記名式社債の持分の実質所有者が米国人でなくかつ米国人に転売するため
        に購入した者でないことの証明書(様式は後に提供される)をユーロクリアおよび/またはクリアスト
        リームが受領し、さらに場合により、ユーロクリアおよび/またはクリアストリームが(受領した証明書
        に基づく)かかる証明書を主支払代理人に交付した場合に限り行われる。
         仮無記名大券発行後40日目の日(以下「交換日」という。)以後、かかる仮無記名大券の持分は、証明
        書が既に交付されている場合を除き、上記の証明書と引き換えに、同シリーズの恒久無記名大券の持分と
        (手数料なしで)要求に応じて交換される。ただし、米国における購入者および一定の米国人は、最終無
        記名券面を受領することはできない。仮無記名大券の所持人は、正当な証明を行ったにもかかわらず、仮
        無記名大券の恒久無記名大券の持分または最終無記名券面との交換が不当に留保または拒絶された場合を
        除き、交換日以降、支払期日を迎えた利息、元金またはその他の金額の支払を受ける権利を有しない。
         恒久無記名大券の元金、利息(もしあれば)またはその他の金額の支払は、証明書を要さずに、ユーロ
        クリアおよび/またはクリアストリームを通じて行われる。
         恒久無記名大券は、交換事由(以下に定義する。)が発生した場合にのみ、その全部(一部は不可)を
        利札付の最終無記名券面と(手数料なしで)交換される。「交換事由」とは、(ⅰ)債務不履行事由が発生
        し、継続しているとき、(ⅱ)ユーロクリアおよびクリアストリームの双方が、連続する14日間業務を停止
        し(法律等に基づく休日を理由とする場合を除く。)、恒久的に業務を停止する意向を表明し、もしくは
        実際に恒久的に業務を停止した旨の通知をCACIBが受け、かつ、いずれの場合も後継の決済機関がないと
        き、または(ⅲ)CACIBの所在地における法改正により、本社債が最終券面の形態の本社債により表章され
        ていたなら被らなかったであろう、不利益な税務効果をCACIBが被るかもしくは被ることとなるときをい
        う。CACIBは、交換事由が発生した場合、本社債の所持人に対し、「8                                    通知」に従い直ちに通知を行う。
        交換事由が発生した場合、(かかる恒久無記名大券の持分の所持人の指示に従い行為する)ユーロクリア
        および/またはクリアストリームは、主支払代理人に対し交換請求の通知を行うことができ、上記(ⅲ)に
        規定される交換事由が発生した場合には、CACIBも主支払代理人に対し交換請求の通知を行うことができ
        る。かかる交換は、主支払代理人が最初の当該通知を受領した日から45日以内に行われる。
         次の文言が、すべての無記名式社債およびかかる無記名式社債に関連するすべての利札に記載される。
         「本証券を保有する合衆国人は、内国歳入法(その後の改正を含む。)第165(j)条および第1287(a)条
        に定める制限を含む合衆国所得税法上の制限に服する。」
         上記文言に言及された条文は、米国の本社債の所持人が、一定の例外を除き、無記名式社債または利札
        に関する損失を税務上控除することができず、また、かかる社債または利札に係る売却、処分、償還また
        は元金の支払による利益について譲渡益課税の適用を受けることができない旨を定めている。
         恒久無記名式の大券により表章される本社債はその時点におけるユーロクリアまたは(場合により)ク
        リアストリームの規則および手続に従ってのみ、これを譲渡することができる。
                                 20/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       (5)  代理人
        (a)  一般事項
          支払代理人およびその当初の所定の事務所は、以下の通りである。
          支払代理人
            CACEISバンク・ルクセンブルグ
            (CACEIS     Bank   Luxembourg)
            ルクセンブルグ        L-2520、アレ・シャファー5番
            (5,   Allée   Scheffer,      L-2520    Luxembourg)
          CACIBは、以下のすべての条件を満たす場合には、代理人の指名を変更もしくは終了させる権利およ
         び/または追加のもしくはその他の代理人を指名する権利および/または代理人の所定の事務所の変更
         を承認する権利を有する。
          (ⅰ)   主支払代理人を常置すること
          (ⅱ)   EU理事会指令2015/2060/EUの適用によるEU理事会指令2003/48/ECの残存条項、または当該指令の
             実施もしくは遵守のための法律もしくは当該指令に適合させるために制定された法律に基づく
             公租公課の源泉徴収または控除を行う義務を負うことのないEUの加盟国内に支払代理人を維持
             すること
          (ⅲ)   フランスを除くヨーロッパ大陸内の管轄区域に支払代理人を常置すること
          変更、終了、指名または移行は、「8                   通知」に従って、本社債の所持人に対する30日以上の事前の通
         知がなされた後にのみ(支払不能の場合には直ちに)効力を生じるものとする。
          代理人は、代理契約に基づき職務を行う際に、CACIBの代理人としてのみ職務を行い、本社債の所持
         人または利札の所持人に対して義務を負わず、また、本社債の所持人または利札の所持人と代理または
         信託の関係を有しない。代理契約には、代理人が合併もしくは変更した事業体、代理人が統合した事業
         体または代理人が承継者たる代理人となるためその資産のほぼすべてを譲渡した事業体を許可する条項
         も含まれている。
        (b)  計算代理人

          CACIBは、本社債が未償還である限り、1名以上の計算代理人を常置するものとする。本社債に複数の
         計算代理人が選任される場合、本社債の要項における計算代理人に関する言及は、各計算代理人が本社
         債の要項の規定に従いそれぞれ職務を果たすものと解釈される。
           計算代理人が代理人として行為できないもしくはそのつもりがない場合、または計算代理人が本社
         債の要項もしくは計算代理契約により課される職務もしくは義務の遂行に失敗した場合、計算代理人は
         速やかにCACIBおよび代理人に通知するものとし、CACIBは、(下記記載の市場に積極的に参入している
         事務所を通じて活動している)計算代理人により行われる計算または決定に最も密接に関連している銀
         行間市場(または適切な場合、金融、スワップもしくは店頭指数オプション市場)に従事している大手
         銀行または金融機関をその代理として指名するものとする。計算代理人は、承継者を指名することなし
         にその職務を退くことはできない。
          疑義を避けるため付言すると、上記規定は、あらゆる社債に関して、CACIBが計算代理人として行為
         するよう関連会社を指名することを妨げるものではない。
          計算代理人が何らかの理由で利息計算期間における利率または利息を決定または計算しない場合、
         CACIBがその行為を行う(またはそれに代わり代理人を指名する)ものとし、かかる決定および計算
         は、計算代理人によりなされたものとみなされる。その際、CACIBは、すべての状況において、自らの
         判断でその行為を行うことができ、また他のあらゆる点において誠実かつ合理的とみなされる方法によ
                                 21/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
         り行為する範囲において、「1                利息」および「3         支払」の規定を、必要な修正を加えて適用するものと
         する。
          CACIBは、計算代理契約に従いあらゆる時点において計算代理人の指名を変更または取り消す権利を
         留保する。ただし、本社債の要項により必要とされる場合で、計算代理人が常に存在するときに限る。
         計算代理人の指名の取消に係る通知は、「8                      通知」に従い本社債の所持人に通知される。
          社債の各シリーズに関連して、計算代理人(それがCACIB、関連会社またはその他の事業体であるか
         を問わない。)は、CACIBの代理人としてのみ職務を行い、本社債の所持人または利札の所持人に対し
         て義務を負わず、また、本社債の所持人もしくは利札の所持人と代理または信託の関係を有しない。
          計算代理人は、CACIBの同意を得て、適切と認められる第三者に義務または職務を委任することがで
         き、かかる委任による決定または計算は、計算代理人による決定または計算とみなされる。
          本書において「関連会社」とは、ある事業体(以下「第一事業体」という。)に関して、第一事業体
         により直接的もしくは間接的に支配(以下に定義する。)されている事業体、第一事業体を直接的もし
         くは間接的に支配している事業体または第一事業体と共通の支配下にある事業体をいう。「支配」と
         は、事業体の議決権の過半数の所有を意味する。
        (c)  決定

          別段の記載がある場合を除き、本社債の要項におけるすべての決定および計算は計算代理人によって
         なされる。
          本社債の要項に従ってCACIBおよび/または計算代理人によってなされた決定、判断または修正は、
         明確な定めがない限り、(明白な誤りがある場合を除き)最終的で、CACIB、代理人および本社債の所
         持人を拘束するものである。
          とりわけ、「1        利息」および「2         償還および買入れ」に記載される規定のために、付与、表示、行為
         または取得される証明書、連絡、意見、決定、計算、引用および判定は、代理人もしくは(該当する場
         合)計算代理人またはCACIBにより成されたか否かにかかわらず、(明白な誤りがある場合を除き)
         CACIB、主支払代理人、計算代理人(該当する場合)、その他支払代理人ならびにすべての本社債の所
         持人および利札の所持人に対して拘束力を有し、また、かかる規定に従った権限、義務および裁量の行
         使または不行使に関して、CACIB、本社債の所持人または利札の所持人に対して負う責任は、(明白な
         誤りがある場合を除き)主支払代理人または(該当する場合)計算代理人に対しては帰属しない。
          本社債の要項に従い決定、判断または修正を行う際、CACIBおよび/または計算代理人は、個別の本
         社債の所持人(その数を問わない。)に特有の状況により発生する利益を考慮せず、とりわけ、特定の
         地域もしくはその政治的地域区分における裁判管轄にいかなる目的により住居を定めもしくは居住し、
         またはそうでなければ関係もしくは属することに起因する個別の本社債の所持人(その数を問わな
         い。)についての決定の結果を考慮しないが、考慮しない要素はこれに限られない。また、計算代理人
         または本社債の所持人は、CACIB、計算代理人またはその他の者より、個別の本社債の所持人に対する
         課税上の取扱いに係る決定に関する補償または支払を請求する権利を有しない。
          別段の記載がある場合を除き、CACIBまたは計算代理人は、その単独の絶対的な裁量により行為する
         権利を有し、誠実に行為をするものとする。
       (6)  追加発行

         CACIBは、本社債の所持人または利札の所持人の同意を得ることなく、本社債と同じ要項の社債、また
        は初回の利息額および利払日を除くすべての点において本社債と同じである社債を随時成立させ発行し、
        かかる社債を未償還の本社債と統合して単一のシリーズとすることができる。
                                 22/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
      13  代替通貨条件

       (a)  代替通貨事由(以下に定義する。)が本社債に係る金額の支払の日に存在するまたは存在する見込みで
        あると計算代理人がその単独の絶対的な裁量により基準日(以下に定義する。)までに判断した場合、
        「社債の概要」に基づき予定支払通貨(以下に定義する。)により当該支払日に支払を行うCACIBの義務
        は、計算代理人が当該市場慣行を考慮して、誠実にかつ商取引上の合理的な態様で選択した時点で、計算
        代理人が基準日に決定する代替決済レート(以下に定義する。)で交換される代替通貨(以下に定義す
        る。)による該当金額を同一の支払日に支払う義務に置き換えられるものとする。
       (b)  代替通貨事由が本社債に係る金額の支払の日に存在するまたは存在する見込みであると計算代理人がそ
        の単独の絶対的な裁量により基準日後かつ当該支払日までに判断した場合、「社債の概要」に基づき予定
        支払通貨により当該支払日に支払を行うCACIBの義務は、計算代理人が誠実に選択した日時に、計算代理
        人が決定する代替決済レートで交換される代替通貨による該当金額を合理的に可能な限り速やかに、ま
        た、いかなる場合においても、当該支払日から10ニューヨーク営業日以内に支払う義務に置き換えられる
        ものとする。本13項に基づき支払を延期した場合、かかる延期した日に行われた当該支払は、かかる金額
        の支払の延期に係る利息またはその他の追加額なしに行われる。
        CACIBは、代替通貨事由の決定時に、代替通貨事由の発生を下記「8                                  通知」に従い本社債の所持人に対し
       て合理的に可能な限り速やかに通知し、かかる通知にはその概要およびこれに関連する対応案を記載するも
       のとする。
        本13項に従いCACIBが代替通貨により行った支払は、有効な支払となり、本社債の債務不履行を構成しな
       いものとする。
        本13項において、
        「基準日」とは、関連する支払日の2ニューヨーク営業日前の日をいう。
        「流動性欠如事由」とは、計算代理人が誠実にかつ商取引上の合理的な態様で判断したところにおいて、
       予定支払通貨管轄地域における予定支払通貨に係る一般的な為替市場が非流動的になることであって、これ
       により、CACIBおよび/またはその関係会社による支払または本社債に基づくその他の債務の履行のために
       十分な予定支払通貨の入手を不可能にするものをいう。
        「送金可能性欠如事由」とは、それによりCACIBおよび/またはその関係会社が、予定支払通貨管轄地域
       内の口座間において、または予定支払通貨管轄地域内の口座から予定支払通貨管轄地域外の口座に予定支払
       通貨を移動させることが不可能、非現実的または違法となる事由の発生をいう。ただし、かかる不可能性、
       非現実性または違法性が、専らCACIBおよび/または当該関係会社が、政府機関により制定された法律、規
       制または規則を遵守することができなかったことのみによる場合は、この限りでない(もっとも、かかる法
       律、規制または規則が、発行日以降に制定され、CACIBおよび/またはその関係会社のコントロールの及ば
       ない事由により、CACIBおよび/または当該関係会社がかかる法律、規制または規則を遵守することが不可
       能である場合を除く。)。
        「交換可能性欠如事由」とは、それによりCACIBおよび/またはその関係会社が、本社債に基づきCACIBが
       支払日に支払を要する金額または計算代理人がその単独の絶対的な裁量により決定するその他の金額を、予
       定支払通貨管轄地域の予定支払通貨に係る一般的な為替市場において、予定支払通貨にまたは予定支払通貨
       から交換することが不可能、非現実的または違法となる事由の発生をいう。ただし、かかる不可能性、非現
       実性または違法性が、専ら当該当事者が、政府機関により制定された法律、規制または規則を遵守すること
       ができなかったことのみによる場合は、この限りでない(もっとも、かかる法律、規制または規則が、本社
       債の当該シリーズの発行日以降に制定され、CACIBまたはその関係会社のコントロールの及ばない事由によ
                                 23/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
       り、CACIBおよび/または当該関係会社がかかる法律、規制または規則を遵守することが不可能である場合
       を除く。)。
        「政府機関」とは、予定支払通貨管轄地域における金融市場の規制を担う事実上または法律上の政府(ま
       たは機関もしくは代理機関)、法廷、裁判所、行政機関もしくはその他の政府当局またはその他の(私的も
       しくは公的)主体(中央銀行を含む。)をいう。
        「代替決済レート」とは、計算代理人が関連するとみなすすべての入手可能な情報を考慮して決定する、
       予定支払通貨および代替通貨との間のスポット・レートをいう。
        「代替通貨」とは、米ドルをいう。
        「代替通貨事由」とは、流動性欠如事由、送金可能性欠如事由および交換可能性欠如事由のいずれかが発
       生することをいう。
        「ニューヨーク営業日」とは、ニューヨーク市において商業銀行および外国為替市場が支払決済および一
       般業務(外国為替および外貨預金を含む。)を行っている日(土曜日および日曜日を除く。)をいう。
        「予定支払通貨」とは、ロシアルーブルをいう。
        「予定支払通貨管轄地域」とは、ロシア連邦をいう。
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】

     金融機関の破綻処理に関するフランス法および欧州法令

      2014年7月2日、金融機関および投資会社の再生および破綻処理に関する枠組みを設定する、欧州議会および理
     事会による2014年5月15日付指令第2014/59/EU(以下「BRRD」という。)が施行された。
      BRRDならびに欧州議会および理事会による2014年7月15日付(EU)規則第806/2014号(以下「SRM規則」とい
     う。)に定められた目的は、金融機関および投資会社の再建および破綻処理に関するEU全体にわたる枠組みを設
     定することである。BRRDにより設定される枠組みは、特に、金融機関の破綻による経済および金融システムに対
     する影響(納税者の損失エクスポージャーを含む。)を最小限にする一方で、その重要な金融機能および経済機
     能を確実に継続させるために、不安定かつ経営難の金融機関に十分早くかつ迅速に介入する、信頼できる手法一
     式を各EU加盟国に指定された当局(以下「破綻処理当局」という。)に提供するために必要とされると定められ
     ている。SRM規則に基づき、集中的な破綻処理の権限が設定され、単一破綻処理委員会(以下「SRB」という。)
     および国家の破綻処理当局に委託された。
      BRRDおよびSRM規則において破綻処理当局に与えられる権限は、資本調達商品(劣後債を含む。)および適格
     債務(ジュニア債ではすべての損失を吸収するには不十分と判明した場合、本社債等の優先債を含む。)を、設
     定された優先順位に従い破綻処理中の発行機関の損失を吸収することを確実にするために、削減/転換する権限
     (以下「ベイルイン手法」という。)を含んでいる。BRRDを実施するフランス通貨金融法典において、破綻処理
     の条件は、(ⅰ)破綻処理当局または関連する監督当局が、当該機関が破綻に陥っているかもしくは陥るおそれが
     あると判断した場合、(ⅱ)破綻処理措置以外の方策により破綻が回避されることを合理的な時間枠で合理的に見
     込めない場合、かつ(ⅲ)破綻処理措置が破綻処理の目的を達成するために必要であり、通常の倒産手続に基づく
     機関の清算がこれらの破綻処理の目的を同程度に満たしていない場合に満たされたとみなされる。
      破綻処理当局はまた、かかる削減もしくは転換の権限を行使しない限り、当該金融機関もしくは当該グループ
     がもはや存続不可能であると判断した場合、または当該金融機関が特別な公的財政支援を必要とする場合(特別
     な公的財政支援が、フランス通貨金融法典第L.613-48条第3項第3号に定義される形式で提供される場合を除
     く。)、破綻処理措置とは無関係に、または破綻処理の条件が満たされているときには破綻処理と組み合わせ
     て、資本調達商品(劣後債を含む。)を削減または株式へ転換する可能性がある。
                                 24/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
      ベイルイン手法は、結果として、本社債の完全な(すなわちゼロへの)もしくは部分的な削減もしくは普通株
     式もしくは持分証券への転換、または本社債の条項の変更(例えば、満期および/もしくは支払われる利息が変
     更になる可能性があり、支払の一時停止が命令される可能性もある。)を生じさせる可能性がある。特別な公的
     財 政支援は、ベイルイン手法を含む破綻処理措置を可能な限り最大限評価および適用した後においてのみ、最後
     の手段として用いられるべきである。さらに、CACIBの財務状態が悪化した場合には、ベイルイン手法が存在す
     ることにより、かかる権限が存在しなかった場合よりも急速に本社債の市場価格または価値が下落する可能性が
     ある。
      ベイルイン手法に加え、BRRDは、破綻処理の条件を満たす金融機関に関し、その他の破綻処理手法を実施する
     ため、より広範な権限を破綻処理当局に付与する。かかる権限は、金融機関の事業の売却、承継機関の設立、資
     産の分割、社債に関する債務者としての金融機関の代替または承継、社債の条件の修正(満期および/もしくは
     支払われる利息額の変更ならびに/もしくは支払の一時停止の命令)、経営陣の解任、暫定管財人の任命ならび
     に金融商品の上場および取引許可の廃止を含む可能性があるが、これらに限定されない。
      指令であるBRRDは、フランスにおいては直接適用されず、国の法令に置き換えられなければならなかった。フ
     ランスの2015年8月20日付命令第2015-1024号は、かかる目的のために、BRRDをフランス法に置き換え、フランス
     通貨金融法典を修正したものである。
      破綻処理手法の実施または関連する資本調達商品の削減または転換を行う権限の行使の前に、破綻処理当局
     は、金融機関の資産および負債の公正、慎重かつ現実的な評価が、いかなる公的機関からも独立した者により実
     施されていることを確認しなければならない。
      2016年1月1日以降、フランスの与信機関、投資会社および金融機関は、フランス通貨金融法典第L.613-44条に
     従い、自己資本および適格債務の最低基準(以下「MREL」という。)を常に満たしていなければならない。MREL
     は、金融機関の負債および自己資本に対する割合として表示され、金融機関がベイルイン手法の有効性を阻害す
     る形で負債を構成することを避けることを目的としている。
      SRM規制の規定に従い、適用ある場合、SRBは、BRRDにより指定された国家の破綻処理当局を、意思決定過程に
     関するすべての面について代替し、BRRDにより指定された国家の破綻処理当局は、SRBにより適用された破綻処
     理スキームの実施に関し、継続して事業を行う。銀行の破綻処理計画の準備に係るSRBおよび国家の破綻処理当
     局の協力に関する規定は2015年1月1日より適用され、SRMは2016年1月1日以降に完全稼動する。
      フランスのBRRDを実施する規定に基づく破綻処理手法の適用またはCACIBに関するかかる適用の提案は、本社
     債の所持人の権限、本社債への投資に係る価格もしくは価値および/またはCACIBが本社債に基づく債務を満足
     させるという能力に重大な悪影響を与える可能性がある。
     第3【その他の記載事項】

      目論見書の表紙には、CACIBの名称およびロゴ、本社債の名称ならびに売出人の名称を記載する。また、目論

     見書の表紙裏に以下の記述を記載する。
      「クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(以下「CACIB」という。)

     は、本社債発行による調達資金(以下「社債調達資金」という。)に相当する額を同通貨で、または他のいずれ
     かの通貨における相当額で、グリーン・ローン・ポートフォリオ(以下「グリーン・ローン・ポートフォリオ」
     という。)に充当することを意図しております。グリーン・ローン・ポートフォリオは、CACIBまたはCACIBの関
     連会社による貸付金であって、その借り手が以下の点を満たす企業・プロジェクトであるものによってのみ構成
     されます。
                                 25/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
      (A)     厳格なESG格付評価手法(環境、社会およびガバナンス分析を専門とする外部格付機関からの情報提供
          を求めた上でCACIBが開発し所有しております。)を経た、環境、社会およびガバナンス面において優
          れたパフォーマンスを示す企業・プロジェクトであり、かつ
      (B)     CACIBが「グリーン」と分類する分野に属する企業・プロジェクト。かかる分野とは、気候変動の緩和
          への多大な貢献により選別された分野を広く意味し、かつ(ⅰ)再生エネルギー、(ⅱ)エコ効率技術、
          (ⅲ)水資源・廃棄物の管理等を含んでおります。
      CACIBは、残存する本社債および現在または過去のストラクチャード・ユーロ・ミディアム・ターム・ノー

     ト・プログラムに基づき発行された他の類似のグリーンボンドの双方の額面金額合計額の総額が、グリーン・
     ローン・ポートフォリオの残高を超えないものとなることに配慮します。
      グリーン・ローン・ポートフォリオの構成および選別方法は、通常、CACIBの監査人により毎年監査されま

     す。
      CACIBによる(上記の)充当が万が一なされなかった場合、社債調達資金は一般事業目的に使用されます。

      本社債の元利金の支払は、グリーン・ローン・ポートフォリオのパフォーマンスに直接に連動するものではあ

     りません。」
      さらに、目論見書の上記記載の直後に、以下の記載が挿入される。

                                 26/34












                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
                                 27/34





















                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
                                 28/34





















                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
                                 29/34





















                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
                                 30/34





















                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
                                 31/34





















                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
      また、以下の「本社債への投資にあたっての留意事項」が目論見書の上記記載の直後に記載される。

















      「 本社債への投資にあたっての留意事項

                                 32/34


                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
      各投資家は、本社債に投資を行う前に、下記の投資上考慮すべき事項を、本書に含まれるその他の情報と同様
     に留意すべきである。投資に関する決定を行う場合、本社債に関する長所とリスクを含む、本社債の発行者およ
     び本社債の売出しの条件に関して自分自身で検討し、それのみに依拠しなければならない。以下に記載されてい
     る リスクのみが、本社債に影響を与えうるものではない。同様に、発行者が本書日付現在において知るところで
     はない別のリスクが発行者の業務、財務状態、業績に悪影響を与える可能性がある。本社債の市場価格は、一つ
     または複数のそれらのリスクまたは要因によって下落する可能性があり、本社債への投資の全部または一部が失
     われる可能性がある。
      <本社債に関するリスク要因>

      本社債の市場価格が変動するリスク

      本社債の市場価格は、金利の動向およびその水準の変化ならびに金利の変動性(ボラティリティ)によって変
     動する。このため、本社債を途中売却する場合の価格が購入時の価格を下回るおそれがある。
      為替相場が変動するリスク

      本社債は、ロシアルーブル貨をもって表示されるため、日本円/ロシアルーブル間の外国為替相場の変動によ
     り影響を受けることがある。
      信用リスク

      本社債の発行者等の信用状況に変化が生じた場合、本社債の市場価格が変動することにより売却損が生じるお
     それがある。本社債の発行者等の信用状況の悪化等により、償還金額や利息の支払が滞ったり、支払不能が生
     じ、投資額の一部または全部を失うおそれがある。
      本社債の流動性に関するリスク

      本社債は、市場環境の変化により本社債の流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができな
     い可能性がある。また本社債を売買する流通市場が十分に整備されていないため、売却することができない、ま
     たは購入時の価格を大きく下回る価格での売却となるおそれがある。
      税務・会計リスク

      本社債を購入したときの税務・会計処理方法に関して、新たな解釈・法令等の改正等が行われた場合、当初予
     定していた経済効果が得られないことがある。
      カントリー・リスク

      本社債が発行される国や発行通貨の政治・経済・社会情勢の混乱等により本社債の売買が制限される場合があ
     る。」
      さらに、目論見書の冒頭に「契約締結前交付書面」および「無登録格付に関する説明書」が挿入される。

     <本社債以外の社債に関する情報>

                                 33/34



                                                           EDINET提出書類
                                クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク(E25830)
                                                            訂正発行登録書
     第二部     【参照情報】
     第2    【参照書類の補完情報】

     <訂正前>

      上記に掲げた参照書類としての有価証券報告書および半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)の

     「事業等のリスク」に記載された事項について、当該有価証券報告書等の提出日以後、本訂正発行登録書提出日
     (平成28年10月28日)までの間において重大な変更は生じておらず、また、追加で記載すべき事項も生じていな
     い。
      また、当該有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されているが、本訂正発行登録書提出日(平成28年
     10月28日)現在、当該事項に係るCACIBの判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もない。
     <訂正後>

      上記に掲げた参照書類としての有価証券報告書および半期報告書(訂正報告書を含む。)(以下「有価証券報

     告書等」という。)の「事業等のリスク」に記載された事項について、当該有価証券報告書等の提出日以後、本
     訂正発行登録書提出日(平成29年1月6日)までの間において重大な変更は生じておらず、また、追加で記載すべ
     き事項も生じていない。
      また、当該有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されているが、本訂正発行登録書提出日(平成29年
     1月6日)現在、当該事項に係るCACIBの判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もない。
                                 34/34












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。

2016年10月11日

企業・投資家の報告書提出をメール通知する機能(β版)を追加いたしました。ユーザー登録後、ご使用いただけます。

2016年07月24日

企業・投資家の注目ランキング推移表示を追加しました。企業・投資家ページの下部から閲覧いただけます。

2016年07月18日

変更報告書に「増加」「減少」などのラベルを追加しました。