株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー 有価証券報告書 第33期(平成20年4月1日 ‐ 平成21年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFで見るpdf

                                                            EDINET提出書類
                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                             有価証券報告書

【表紙】

【提出書類】       有価証券報告書
【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
【提出先】        関東財務局長
【提出日】        平成21年6月29日
【事業年度】       第33期(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
【会社名】        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー
【英訳名】        Beacon Information Technology Inc.
【代表者の役職氏名】   代表取締役社長坂本桂一
【本店の所在の場所】   東京都新宿区西新宿一丁目24番1号
【電話番号】       03(3340)2461(代表)
【事務連絡者氏名】    専務執行役員支援本部長及川俊一
【最寄りの連絡場所】   東京都新宿区西新宿一丁目24番1号
【電話番号】       03(3340)2461(代表)
【事務連絡者氏名】    専務執行役員支援本部長及川俊一
【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。




                          1/93
                                                                        EDINET提出書類
                                                   株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                         有価証券報告書

第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
 1【主要な経営指標等の推移】
 (1)連結経営指標等
       回次            第29期          第30期          第31期          第32期          第33期
      決算年月         平成17年3月       平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月
売上高         (千円)    6,407,944     6,807,019     6,208,945     5,036,755     4,585,106
経常利益        (千円)       630,400       912,976       788,272       398,076        53,856
当期純損益(△は損
            (千円)       299,923       646,256       477,716       156,362     △169,837
失)
純資産額        (千円)     2,856,007     5,071,354     4,424,987     4,138,249    3,756,528
総資産額        (千円)     6,558,966    10,499,254     8,000,765     7,299,888     6,792,255
1株当たり純資産額   (円)         737.41      1,296.44      1,098.07      1,023.24        931.28
1株当たり当期純損
            (円)          74.15        148.26        123.95         40.57       △44.06
益金額(△は損失)
潜在株式調整後1株
            (円)             −             −             −             −             −
当たり当期純利益
自己資本比率      (%)           43.5          48.3          52.9          54.0          52.8
自己資本利益率     (%)           10.9          16.3          10.3           3.8         △4.5
株価収益率       (倍)             −             −             −             −             −
営業活動による
            (千円)       244,717       956,422       432,199      △11,208      △304,469
キャッシュ・フロー
投資活動による
            (千円)     △428,920       △34,472      △322,395      △486,268        121,434
キャッシュ・フロー
財務活動による
            (千円)     △238,246       △12,080      △280,650      △127,008        509,072
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
            (千円)     1,539,121     2,449,627     2,278,713     1,652,510     1,974,960
の期末残高
従業員数
                           269           276           319           343           361
(ほか、平均臨時雇   (人)
                           (−)           (−)           (−)           (−)           (−)
用者数)
(注)1.「売上高」には、消費税等は含まれておりません。
    2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しておりますが、当社株式は非上場
      のため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
    3.「株価収益率」については、当社株式は非上場のため、期末株価が把握できませんので、記載しておりませ
      ん。
    4.第31期より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照
      表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しており
      ます。




                                        2/93





                                                                        EDINET提出書類
                                                   株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                         有価証券報告書
 (2)提出会社の経営指標等
       回次            第29期          第30期          第31期          第32期          第33期
      決算年月         平成17年3月       平成18年3月       平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月
売上高        (千円)     5,338,195     5,670,761     5,107,924     3,923,108     3,614,500
経常利益        (千円)       507,778       769,732       562,765       357,043       103,090
当期純損益(△は損
            (千円)       166,339       491,973       426,943       171,356     △164,052
失)
資本金         (千円)       809,250       809,250       809,250       809,250       809,250
発行済株式総数     (千株)         4,150         4,150         4,150         4,150         4,150
純資産額        (千円)     2,958,902     5,021,115     4,160,627     3,892,926     3,548,314
総資産額        (千円)     6,280,260     9,904,081     7,255,174     6,619,267     6,068,753
1株当たり純資産額   (円)         765.15      1,284.82      1,079.55      1,010.09        920.68
1株当たり配当額
                         20.00         50.00         35.00         25.00         15.00
(うち1株当たり中   (円)
                           (−)           (−)           (−)           (−)           (−)
間配当額)
1株当たり当期純損
            (円)          40.54        109.64        110.77         44.46       △42.56
益金額(△は損失)
潜在株式調整後1株
            (円)             −             −             −             −             −
当たり当期純利益
自己資本比率      (%)           47.1          50.7          57.3          58.8          58.4
自己資本利益率     (%)            5.7          12.3           9.3           4.3         △4.4
株価収益率       (倍)             −             −             −             −             −
配当性向        (%)           49.3          45.6          31.6          56.2            −
従業員数
                           215           227           243           248           254
(ほか、平均臨時雇   (人)
                           (−)           (−)           (−)           (−)           (−)
用者数)
(注)1.「売上高」には、消費税等は含まれておりません。
    2.第30期の1株当たり配当額には、創立30周年記念配当10円を含んでおります。
    3.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しておりますが、当社株式は非上場
      のため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
    4.「株価収益率」については、当社株式は非上場のため、期末株価が把握できませんので、記載しておりませ
      ん。
    5.第31期より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照
      表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しており
      ます。




                                        3/93
                                                                 EDINET提出書類
                                            株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                  有価証券報告書
2【沿革】
昭和51年8月    コンピュータソフトウェアに関する技術、製品の開発及び販売等を目的として、東京都中央区に資
           本金5百万円をもって株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイースト(現・株式会社
           ビーコンインフォメーションテクノロジー)を設立。
昭和52年5月    ソフトウェア・エージーユーザ会(現・Beaconユーザ会)を発足。
昭和54年7月    大阪市東区(現・中央区)に大阪営業所(現・大阪事業所)を開設。
昭和56年10月   関西地区ユーザ会を発足。
昭和57年5月    株式会社スリービー(昭和62年10月株式会社ビーエスピーに商号変更)を設立。
     10月   東京都大田区にコンピュータ・センタを開設。
昭和61年3月    株式会社ソフトウェア・パートナーに出資。
     6月    名古屋市中村区に名古屋営業所(現・名古屋事業所)を開設。
平成元年7月     本社を東京都新宿区に移転。
平成2年9月     横浜市神奈川区に横浜営業所を開設。
平成3年6月     ホロン株式会社(現・持分法適用関連会社)に出資。
     8月    コンピュータ・センタを東京ソフトウェア・ラボラトリに改称。
     9月    中部地区ユーザ会を発足。
平成6年4月     商号を株式会社ソフトウェア・エージーに変更。
           運用系プロダクト(ソフトウェアパッケージ)の販売代理権・開発改良権を株式会社ビーエス
           ピーに譲渡。
平成7年4月     福岡市博多区に福岡営業所を開設。
    8月     米国に株式会社ビーエスピーが設立したBSP International Corporationに出資。
平成8年8月     商号を株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジーに変更。
    9月     オーストラリアにおける開発・販売拠点として、Comshare Australia Pty.Limited(平成10年6月
           Beacon IT Solutions Pty.Limitedに社名変更、現・持分法適用関連会社)に出資。
平成9年4月     埼玉県大宮市(現・さいたま市)に大宮営業所を開設。
    9月     情報資源管理を目的としたデータ分析及びデータベース設計に関連したコンサルティング等の事
           業を営む株式会社データ総研(現・連結子会社)の株式取得。
     10月   千葉市中央区に千葉営業所を開設。
           米国における開発・販売拠点として、TimeCube Inc.(現・連結子会社)を設立。
平成10年3月    オーストラリアにおける開発・販売拠点として、Beacon IT Australia Pty.Limitedに出資。
     7月    顧客への技術サポート及び開発の拠点として、札幌市厚別区に札幌テクノセンターを開設。
平成11年7月    東京都立川市に立川営業所を開設。
     12月   Javaを中心としたソフトウェア開発企業、インプローブ・ネットワークス株式会社に出資。
平成12年6月    ASP(アプリケーションサービスプロバイダー;インターネットによるアプリケーションシス
           テムのレンタルサービス)事業を展開するため、株式会社アスペックス(現・連結子会社)を設
           立。
           執行役員制度を導入。
平成13年4月    人事・経理等に特化したアプリケーションパッケージを販売する株式会社アスネットを設立。
           米国Vision社のプロダクトを販売する株式会社ビーティス(現・連結子会社)を設立。
           自社で開発したプロダクト「TimeCube」を販売する株式会社タイムキューブテクノロジーズ(現
           ・連結子会社)を設立。




                                    4/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書
平成13年5月    プロダクトの技術サポートサービスを提供する株式会社ビーアイティ・サポート(現・連結子会
           社)を設立。
           立川営業所を閉鎖し東京事業所に統合。
     8月    大宮営業所及び千葉営業所を閉鎖し東京事業所に統合。
     9月    横浜営業所を閉鎖し東京事業所に統合。
     11月   株式会社ソフトウェア・パートナーの株式売却。
平成15年2月    福岡営業所を閉鎖し大阪事業所に統合。
平成15年4月    横浜市神奈川区に横浜事業所を開設。
平成16年4月    東京都新宿区(現在地)に本社、東京事業所及び東京ソフトウェアラボラトリの一部を本社として
           集約移転。東京ソフトウェアラボラトリを情報センターに改称。
平成17年3月    横浜市西区(現在地)に横浜事業所、名古屋市中村区(現在地)に名古屋事業所をそれぞれ移転及
           び大阪事業所をリニューアル。
平成17年7月    プライバシーマークを取得。
           情報センターを本社に集約移転。
平成18年9月    株式会社アスネットを当社に吸収合併。
平成19年1月    JAの(全国統一版金融コンピュータシステム:JASTEM)業務テンプレート等の開発事業を営む北
           海道ITコンサルティング株式会社(現・株式会社HITC)(現・連結子会社)の株式取得。
平成19年9月    中国への自社プロダクトの販売を目的として必科温信息技術(上海)有限公司(現・連結子会社)
           を設立。
平成20年7月    Beaconユーザ会の上海情報交換会発足。



3【事業の内容】
当社及び関係会社は、当社、子会社8社、関連会社3社及びその他の関係会社1社により構成され、ソフトウェアの開
発、販売を主たる業務としております。
また、事業の内容は、「第5経理の状況1.(1)連結財務諸表注記事項(セグメント情報)」に記載のとおり単
一セグメントに該当しますので、売上区分に準じて「プロダクト」・「プロフェッショナルサービス」別に記載しま
すと次のとおりであります。なお、当社と関係会社の当該事業に係る位置付けについては、各社とも「プロダクト」の
開発、販売を基幹事業と捉え、「プロフェッショナルサービス」を「プロダクト」の付加価値を高める事業として認
識するとともに、各社それぞれが特定のプロダクトに対する専門性を発揮しながら、全体としての事業運営に参画し
ております。


  (プロダクト)
  プロダクトとは、ある機能を果たす目的でプログラムされたソフトウェアのパッケージ製品(汎用品)であり、こ
  のプロダクトの開発、販売を行っております。
  (プロフェッショナルサービス)
  顧客の要望に応じ、システム開発、有償サポート及びコンサルティングを総合的に提供しております。




                              5/93
                                                        EDINET提出書類
                                   株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                         有価証券報告書
   事業の系統図は、概ね次のとおりであります。




(注)※1連結子会社
    ※2関連会社で持分法適用会社
    ※3その他の関係会社




                            6/93
                                                                        EDINET提出書類
                                                   株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                         有価証券報告書
 4【関係会社の状況】
                                                   議決権の所有
                                 資本金  主要な事業の内
         名称              住所                        割合又は被所           関係内容
                                (百万円) 容
                                                   有割合(%)
(連結子会社)
                                         データベース設
㈱データ総研                                                           当社プロダクトの販売
                       東京都中央区       90   計に関連したコ         59.0
注3
                                         ンサルティング
                                                                 当社が子会社のプロダク
                                         ASP事業の運
㈱アスペックス                東京都新宿区       45                   84.5    トを販売
                                         営
                                                                 役員の兼任2名
                                                                 当社が子会社のプロダク
                                         プロダクトの開
㈱ビーティス                 東京都新宿区       25                   66.6    トを販売
                                         発、販売
                                                                 役員の兼任1名
                                                                 当社プロダクトの開発、
㈱タイムキューブテクノ                              プロダクトの開                 販売
                       東京都新宿区       55                   88.9
ロジーズ                                     発、販売                    運転資金の貸付
                                                                 役員の兼任1名
                                                                 当社プロダクトに関する
㈱ビーアイティ・サポー                              プロダクトのサ
                       東京都新宿区       20                  100.0    技術サポートサービス
ト                                        ポートサービス
                                                                 役員の兼任1名
                                                                 当社プロダクトの開発、
㈱HITC                                    プロダクトの開
                       北海道帯広市       77                   50.0    販売、開発案件の請負
注2                                       発、販売

                                                                 米国における当社プロダ
TimeCube Inc.          米国カリフォ   千米ドル     プロダクトの開
                                                         90.0    クトの開発、販売
注3                     ルニア州      1,000   発、販売
                                                                 役員の兼任1名
                                                                 中国における当社プロダ
必科温信息技術(上海)                     千米ドル     プロダクトの販
                       中国上海市                            100.0    クトの販売
有限公司                              200    売
                                                                 役員の兼任1名
(持分法適用関連会社)
                                         プロダクトの開
ホロン㈱                   川崎市麻生区       10                   30.0    当社プロダクトの開発
                                         発、販売
                                                                 オーストラリアにおける
                       オーストラリ
Beacon IT Solutions             千豪ドル     プロダクトの開                 当社プロダクトの開発、
                       アニューサウ                            40.0
Pty.Limited                      2,156   発、販売                    販売
                       スウェルズ州
                                                                 運転資金の貸付
                       オーストラリ                                    オーストラリアにおける
Beacon IT Group Pty.            千豪ドル     プロダクトの開
                       アニューサウ                            22.5    当社プロダクトの開発、
Limited                          7,562   発、販売
                       スウェルズ州                                    販売
(その他の関係会社)
                                         人材・組織開発
㈱ビジネスコンサルタン
                       東京都千代田            のための教育訓          8.0
ト                                  410
                       区                 練及びコンサル        [18.4]
注1
                                         ティング
(注)1.「議決権の所有割合又は被所有割合」欄の[]内は被所有割合であります。また、これに加えて同社と緊密
      な者の被所有割合は6.4%であります。
    2.「議決権の所有割合又は被所有割合」欄の当社の所有割合のほか、当社の従業員が議決権の1.1%を所有して
      おります。
    3.特定子会社に該当しております。




                                          7/93
                                                                  EDINET提出書類
                                             株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                   有価証券報告書
 5【従業員の状況】
  当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社。以下同じ。)の事業は、単一セグメントに該当するため、
  「(1)連結会社の状況」には会社別に従業員数を記載しております。
  (1)連結会社の状況
                                              平成21年3月31日現在
             会社名                       従業員数(人)
 提出会社                                          254
 (株)データ総研                                                 38
 (株)アスペックス                                                 9
 (株)ビーティス                                                 14
 (株)タイムキューブテクノロジーズ                                        0
 (株)ビーアイティ・サポート                                            0
 (株)HITC                                                  41
 TimeCube Inc.                                             0
 必科温信息技術(上海)有限公司                                           5
                  合計                                     361
(注)従業員数は、就業人員(当社グループ外から当社グループへの出向者を含むほか、契約社員を含む。)であります。


  (2)提出会社の状況
                                                        平成21年3月31日現在
     従業員数(人)           平均年齢(歳)         平均勤続年数(年)       平均年間給与(円)
            254              36.5             10.0          6,329,643
(注)1.従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含むほか、契約社員を含
      む。)であります。
    2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。


  (3)労働組合の状況
    当社グループには、労働組合は結成されておりません。なお、労使関係は円満に推移しております。




                                    8/93
                                                               EDINET提出書類
                                          株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                有価証券報告書

第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1)業績
   当連結会計年度におけるわが国経済は、米国サブプライムローン問題に端を発した世界的な金融市場の混乱から、
   製造業をはじめとする主要な産業が急激な設備投資額の減少や生産調整を強いられるなど、企業業績の悪化や景気
   後退の様相が顕著に表れ、それに伴って急速な雇用情勢の悪化が見られるなど、極めて厳しい状況で推移いたしま
   した。足元において、やや生産調整に改善の兆しが見られるものの、当面は厳しい状況が継続するものと考えており
   ます。
   当業界の環境に関しても、企業の設備投資の急激な落ち込みの影響を受け、競争優位性向上・コスト削減に資する
   ものや金融商品取引法(日本版SOX法)に代表されるコンプライアンス対策、情報セキュリティ及び災害等に対す
   るリスク対策等、一部の分野のIT投資は堅調ですが、全体としては先行きの不透明感を拭うことはできない状況で
   あります。
   一方で、ソフトウェアの世界では、Suite化・SaaS化・クラウド化・オープンソース化・アウトソーシング化の流
   れが広がっており、また、顧客から求められるものも、投資効果、価格、品質・付加価値、セキュリティ対策、納期ス
   ピードなど、一層厳しいものとなっているのが現実であります。

  このような環境の中、当社グループは、以下のように従来からのビジョン・ミッション・戦略をベースに、整斉と
  業務を推進してまいりました。

  [従来からのビジョン・ミッション・戦略]

  「ソフトウェアを中心とした、日本発グローバルITカンパニーとして、世界で活躍する」をビジョンとし、そして、
  「Empower Your Data(=お客様の眠っているデータをお客様の戦略や目的を達成するために戦力となるレベルに
  活性化させる) 」をミッションとして、お客様の視点を大切に、積極的にその経営課題に即した、ITによる支援を推
  進してまいりました。そのために「データの収集、整備、管理、統合、活用」の技術をベースとして、優れたIT利用環
  境をお客様に提供してまいりました。

  <事業戦略>
  平成16年度より掲げております「スマイルカーブ戦略」(=<ソフトウェアプロダクト>を基盤に、<サービス>と<
  パーツ>という両翼を押し上げていく戦略)と、「自社商品のブランド化戦略」を一層推進するため、経営資源の集
  中投入により、商品の開発・仕入・販売・サービス体制の強化を図ってまいりました。

  <商品戦略>
  直接販売の面では、「プロダクトの単体商品販売」という考え方から、自社商品をはじめとする当社取り扱いプロ
  ダクトに業務テンプレートやセキュリティ・コンポーネント等の高付加価値をつけ、お客様の業務プロセスの工数
  ・期間を短縮するソリューションパックである「BeaconIT 4 Suites販売」という考え方に転換し、その販売に注
  力するとともに、各商品についてオープンソース等の新技術への対応を推進してまいりました。
  「BeaconIT 4 Suites」とは、
  ○データの管理を中心とした「BeaconIT Data Management Suite」、
  ○データの統合を中心とした「BeaconIT Data Integration Suite」、
  ○データの活用を中心とした「BeaconIT Data Empowerment Suite」、
  ○データの安心・安全を中心とした「BeaconIT Data Assurance Suite」であります。
  また、クラウド化、SaaS化の動きに呼応して「財務分析サービス」に続き、今後人事・マーケティング関連の商品の
  品揃えにも注力していきます。

  <販売戦略>
  直接販売の面では、顧客別役員担当制度「4U4」(フォーユーフォー)を中心に、役員・営業部門・技術部門・支
  援部門による全社一丸での販売活動を続けております。
  間接販売の面では、パートナー企業向けの間接販売ビジネスを成功に導くプログラム「BITAP」(BIT Authorized
  Partner Program)により、活動を続けております。

  <製品開発、技術戦略>
  当社は“Tsunagi”をコンセプトに商品開発を行っております。
  「作らないを創る」をテーマに「人」と「ビジネス」と「システム」を「Plug & Join」でつなぎます。
  「Plug」とは“Tsunagi”をベースとした、ソフトウェアアーキテクチャ「MSD」(Muiti-purpose Software
  Development)を意味し、「Join」とはお客様との共同開発や情報基盤への集成といったソフトウェア開発の新しい
  かたちを意味します。
                                  9/93
                                                                    EDINET提出書類
                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                     有価証券報告書
この“Tsunagi with Plug & Join”によりお客様のビジネス変化におけるITの迅速な対応をサポートする基盤の
構築と、グローバルに対応する情報基盤の整備を行い、お客様のITにおけるスイッチングコストを低減し、企業競争
力の向上を目指していきます。

[中期計画について]
当社は、平成19年度から、新たな中期計画を策定し、目指すべきビジョン、ミッションの実現を図ってまいりまし
た。

中期計画におきましては、以下の5項目を重点戦略として掲げております。
1.<スマイルカーブ>の実現
2.安心・安全の<カスタマーサポート>体制の充実・強化
3.これまでに培ったの活用
4.<根幹となる優良顧客>の深耕・獲得
5.<パートナービジネス>の本格化

また、これらの重点戦略を支える内部体制重点課題として、以下の5項目を掲げております。
1.<人事制度>の見直しと<社員納得性>の向上
2.<財務体質>の強化
3.<コンプライアンス体制>の確立
4.<グループ経営>の強化
5.<企業風土>の改革と<社内業務・システム>の高度化

 中期計画の折り返しの年度である、平成20年度には以下の3つの課題を重点課題とし、上期、下期それぞれで課
題と基本方針を掲げ、業務推進を行ってまいりました。
 [平成20年度重点課題]
 1.販売力の強化
 2.海外進出
 3.人材育成


  [平成20年度上期課題と基本方針]
  1.の販売力強化
  2.の社内認知の徹底と具体化
  3.<海外戦略>の具体化∼上海→中国から
  4.「仕入商品」のメリハリをつけた推進
  5.「5S」推進、人事制度改訂の具体化

  [平成20年度下期課題と基本方針]
  1.「売上・利益」にこだわる
  ①「売上・利益」につながる為の工夫、②既存顧客の活性化、
  ③新規顧客を増やす、④営業活動の「有効性」「効率化」、
  ⑤スピードアップのための「役割分担」「スケジュール化」、
   ⑥過去の好事例に学ぶ
   2.経費に対するメリハリをつける
   ①無駄な経費の見直し・削減、②売上につながる経費は強化
   3.部門の「採算性」と「生産性」の重視
   ①赤字部門の是正化、②ビーコンITグループを含めた適材適所の為の改編

[当連結会計年度の概要]

以上の環境要因及び当社のビジョン、ミッション、戦略と中期計画の課題と方針を踏まえ、当連結会計年度は、具体
的には以下のとおり対応してまいりました。

<スマイルカーブ>の基盤である、「BeaconIT 4 Suites」の中では、データ活用の「BeaconIT Data Empowerment
Suite」が、比較的順調に売上を伸ばしました。また、セキュリティ、コンプライアンス関連の「BeaconIT Data
Assurance Suite for 監査証跡」、データ統合を中心とした「BeaconIT Data Integration Suite」を推進してま
いりました。いずれの「BeaconIT 4 Suites」も当社の主力商品の「Waha! Transformer」が組み込まれておりま
す。さらに、ソフトウェアアーキテクチャ「MSD」を用いた、「フロントエンドでつなぐ」(=ガジェット間通信)

                                       10/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書
を実現した新しい「BeaconIT Data EmpowermentSuite」を本年5月5日に発表いたしました。今後「MSD」アーキ
テクチャをベースにした各種コンポーネントを続々とリリースしていきます。
また、平成19年度に三菱UFJフィナンシャル・グループのUFJIS株式会社様と共同開発いたしました「infoScoop」
(ワークスタイルに合わせて進化する、Web2.0情報ポータル)の販売は付随するコンサルティングも含め、上半期
は堅調に売上を伸ばしましたが、下半期は景気後退の影響もあり苦戦しました。

<スマイルカーブ>の一翼である、パーツビジネスに関しましては、社内に蓄積された部品やメソドロジーを軸
に、業種・業務特化型案件も含め、推進いたしましたが、実績面では今一歩に終わりました。
サービスに関しましては、基幹システムを運用されている顧客向けに、当社の30年間培ったサポート技術を生かし
た、「マイグレーションサポートサービス」、「カスタマーエージェントサービス(略称CAS)」は、引き続きお客
様の支持をいただいております。平成21年度におきましては、「CAS」の発展形として、様々な仕入商品を扱う当社
だからこそ可能となる、「エクステンディットカスタマーエージェントサービス(略称E-CAS)」の提供により、他
社製品を含めたサポートを当社に一元化することで、一層お客様のご要望に応えていこうと考えております。また、
当社サポートで中心的な役割を担っているWebコールセンターが10周年を迎え、新たにリモートサポートサービス
の提供も開始いたしました。

お客様とのリレーション強化の活動では、昨年7月には、「第3回海外先進IT動向研究会」を開催、「Web2.0と
SaaSによる次のシステムモデル」と「インドと中国と連携した米国のグローバルソーシング戦略」をテーマにお
客様とともに、米国の先進的なITの動向について視察・研究を行いました。
昨年10∼11月には、「第19回 BeaconIT Forum」を東京・大阪・名古屋で開催し、「日本のミドルウェアを世界ブラ
ンドへ」と題し、海外も含めたIT業界のトレンド情報及び“Tsunagi”戦略によるビーコンITの取組をご紹介いた
しました。
お客様の経営トップを対象とした活動では「4U4」の活動を発展させ、昨年10月に「経営戦略とIT活用をつなぐ」
をテーマに、エグゼクティブセミナーを開催いたしました。19社20名のお客様にご参加いただき、お客様の経営層へ
の当社の戦略や考え方の理解を深めていただくとともに、親密感の醸成を図りました。
当社設立以来継続しております「ユーザ会」も、活発な活動を続けております。本年3月に開催されました「ユー
ザシンポジウム」は、経済環境悪化の影響を受けることが大変心配されましたが、おかげさまで過去最高の参加者
を記録した昨年度に匹敵する181社606名にご参加いただき、1年間の研究会活動の成果発表を行いました。

社内の環境整備としましては、業務の生産性向上とお客様とのリレーション強化を目的とし、顧客データベースの
整備を行い、タイムリーに、必要かつ十分なお客様宛に、当社からの発信をお届けできるようにいたしました。また、
営業活動の一層の効率化、可視化のために、営業支援システムの再構築に着手いたしました。人材育成としまして
は、全社員を対象に「階層別研修」を実施し、テーマごとに討論を行うことで、社員間のコミュニケーションを図っ
てまいりました。

また当社グループでは、連結経営を意識し、お客様の多岐にわたるビジネスニーズに応えるべく、グループ間の統
制を図り協業を推進してまいりました。各子会社においては、以下のとおり対応してまいりました。
㈱ビーティスは、平成19年6月に設立以来10年間総代理店として商品販売及び技術サービス提供を行ってきた
Vision Solution社と、契約が終了し、昨年以降、売上・利益ともに大幅に減少しました。Ⅴ字回復を図るべく、新た
な競争力ある海外提携先の製品をベースにデータ管理のバックアップ&リカバリーの分野において、「自社ブラン
ド化」を推進しております。
㈱アスペックスは、人材派遣業界において、Webでの勤怠管理効率化サービス「DigiSheet」が順調に売上を伸ばし
ており、企業向けSaaS型事業の先駆けとして連結業績へ寄与しました。
㈱データ総研は、データモデリング要件定義、データ設計と標準化に特化したシステム開発の上流工程のITコンサ
ルティングファームとして活動中です。足元企業の設備投資の冷え込みにより業績は苦戦を強いられております。
㈱HITCも、食・農業に特化したパーツの開発元として、JA関連マーケットに対し業務テンプレート事業を当社
と協働して展開しております。
また、上海現地法人の、必科温信息技術(上海)有限公司は、グローバル展開の足がかりとして、前連結会計年度に設
立しました。実績面ではまだこれからではありますが、既に上海情報交換会を立ち上げる等、パートナービジネス、
日系企業を中心に活動しております。

これらの結果、当連結会計年度の業績は売上高4,585百万円(前年度比451百万円減)、営業損失22百万円(前年度比
335百万円減)、経常利益53百万円(前年度比344百万円減)、当期純損失169百万円(前年度比326百万円減)となりまし
た。自社商品を中心とした販売強化により、前連結会計年度に大幅に減少した売上・利益を拡大する計画しており
ましたが、残念ながらプロダクトの売上不振による減収で、営業利益、当期利益では損失計上を余儀なくされまし
た。




                                11/93
                                                       EDINET提出書類
                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                        有価証券報告書



*スマイルカーブ戦略
ソフトウェア製品の販売を中心軸に、左右にテンプレート等のパーツとシステム開発、BESTサービス等のサービスを
位置づけ、ソフトウェア製品の販売に併せてこれらを提案することでお客様に総合的なIT利用環境を提供し、結果と
してこれらの売上を拡大させることで、3つの事業の業績がスマイルカーブを描く戦略。


(スマイルカーブイメージ図)




                          12/93
                                                                       EDINET提出書類
                                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                        有価証券報告書
  (2)キャッシュ・フローの状況
   当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)については、税金等調整前当期純利益が98
   百万円(前年同期比183百万円減)であったことや、未払金の減少、定期預金の払戻、有形及び無形固定資産の取得、
   社債の発行により当連結会計年度末の資金残高は前連結会計年度末より322百万円増加し、1,974百万円となりまし
   た。
   当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   営業活動の結果、使用した資金は304百万円(前年同期は11百万円使用)となりました。
   主な要因としては、税金等調整前当期純利益が98百万円であったことや、売上債権の回収により86百万円増加した
   ことや、支払に伴い未払金が516百万円減少したことによるものであります。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   投資活動の結果、獲得した資金は121百万円(前年同期は486百万円使用)となりました。
   主な要因としては、定期預金の払戻により711百万円の増加、有形及び無形固定資産の取得に345百万円支出したこ
   とによるものであります。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   財務活動の結果、獲得した資金は509百万円(前年同期は127百万円使用)となりました。
   主な要因としては、短期借入金の純増により60百万円獲得、長期借入による収入により121百万円獲得、社債の発行
   により500百万円の獲得、一方、配当金の支払に及び少数株主への配当金の支払により102百万円支出したことによる
   ものであります。



 2【生産、受注及び販売の状況】
  当社グループは、同一セグメントに属するソフトウェアの開発、販売を行っているため、次のとおり売上区分(プロ
  ダクト、プロフェッショナルサービス及びその他)に準じて記載しております。


  (1)生産実績
    当社グループの事業は、ソフトウェアの開発、販売であり生産実績として表示すべき適当な指標がないため、生産
    実績は記載しておりません。


  (2)受注状況
    「プロダクト」販売については、受注生産には該当しないため記載しておりません。

       区分         受注高(千円)        前年同期比(%)           受注残高(千円)       前年同期比(%)
プロフェッショナルサービス及び
                     1,853,313             105.0          99,408            250.2
その他
(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


  (3)販売実績
            区分                   金額(千円)                    前年同期比(%)
プロダクト                               2,791,481                    84.6
プロフェッショナルサービス及びその他                    1,793,625                     103.2
            合計                        4,585,106                      91.0
(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                   13/93
                                                        EDINET提出書類
                                   株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                         有価証券報告書
3【対処すべき課題】
 前述のように、当社は平成20年度連結決算で平成15年3月期以来の営業損益での赤字計上となりました。取り巻く
 経済環境からも企業の設備投資が当面縮小均衡に陥ると考えるのが妥当であり、当社として、改めて顧客基盤を拡充
 する取組強化や、安定的な収益源を確保、効率化の徹底、技術・商品面での差別化などの対応により、収益が安定的に
 黒字化できる体質を作ることが、対処すべき喫緊の課題となっています。
 顧客基盤の拡充する取組では営業体制の見直しを行い、既存のお客様であるユーザに対しては、役員レベルの
 「4U4」活動や営業担当によるリレーション及び提案力の向上と、技術担当によるキメ細やかなフォローを行ってい
 きます。
 新規のお客様に対しては、中堅企業に対象マーケットを広げ、エリア担当導入により、より効率的かつ定期的な訪問
 活動を実施していきます。安心安全を売る当社への理解を深めていただく中で、案件の大小に関係なく、まずはご縁
 をいただくことを最優先でと考えております。
 また、海外進出の試金石である中国においては、パートナーの商品への当社製品のOEMをベースに地場企業への浸透
 を図るとともに日系企業に対しては、付加価値をつけた提案で対応し、中国市場でのシェア拡大を図っていきます。
 安定的収益源の確保に関しましては、プロダクト販売をベースに技術サービスを強化するとともに、既にお客様の
 ご支持をいただいている「カスタマーエージェントサービス(略称CAS)」に加え、「CAS」の発展形として、様々な
 仕入商品を扱う当社だからこそ可能となる、「エクステンディットカスタマーエージェントサービス(略称
 E-CAS)」の提供により、他社製品を含めたサポートを当社に一元化することで、一層お客様の保守費用の低減のご
 要望に応えていこうと思っております。
 効率化の徹底につきましては、経費はコストパフォーマンスを重視し、売上に結びつく経費は戦略的に配分してい
 きたいと考えています。またパーツ・テンプレートの活用・充実により、「作らないを創る」ことで、お客様のニー
 ズに迅速に応えていきたいと考えています。
 技術・商品面の差別化としましては、「MSD」アーキテクチャをベースにした各種コンポーネントをリリースし、機
 能面での差別化を図っていくとともに、人事系の製品の充実と関連会社である人事コンサルの株式会社ビジネスコ
 ンサルタントとの協業により、新たなマーケットを開拓していきたいと考えています。
 さらに来るべきクラウド化、SaaS化への対応も将来を見据えて加速させていきたいと考えております。




                           14/93
                                                           EDINET提出書類
                                      株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                            有価証券報告書
 4【事業等のリスク】
有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性の
ある事項には、以下のようなものがあります。


  (1)仕入先との代理店契約について
     当社グループは、主な仕入先と「代理店契約」を締結しております。これらの契約は、独占・非独占に拘らず、仕
    入先側の通告により、契約期間の満了により終了することがあります。
     条件の有無、事前の通告の要不要、その期間・手段等、仕入先毎に種々相違はあり、従って当社グループがその対
    抗策・代替手段を検討する期間にも相違が出ますが、当社グループの業績に一定の影響が及ぶ可能性があります。


  (2)紛争・訴訟発生の可能性について
     当社グループの事業及び経営全般に関しまして、他社が当社グループと同様のソフトウェアの研究開発を行って
    いる可能性が皆無でないため、当社グループが開発を推進する中で、今後他社の知的財産権を侵害し、その結果、訴
    えを提起されることがないとはいえません。当社グループといたしましても、このような問題を未然に防止するた
    め、事業展開にあたっては特許事務所を通じ特許調査を実施しております。しかしながら、ソフトウェアの研究開発
    を行う当社グループにとって、このような知的財産権侵害問題の発生を完全に回避することは困難であります。
     また、、既に終了した当社グループとの代理店契約に伴う種々のプロセスにおいて、当該仕入先または、当該製品
    のお客様との間で、紛争・訴訟が発生する可能性がないとはいえません。
     これらの場合、当社グループの経営成績及び今後の事業展開に影響を及ぼす可能性があります。


  (3)「顧客情報」について
     当社グループの事業は、顧客のデータベースを利用して行う際に、顧客情報に触れることがあります。そのため、
    当社では機密情報の管理に十分留意しております。
     しかしながら、万が一、顧客情報の流出等の問題が発生した場合は、当社への損害賠償請求や信用の低下等によ
    り、当社の経営成績及び今後の事業展開に影響を及ぼす可能性があります。


  (4)既付与のストックオプションについて
     当社は、旧商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき、業績向上に対する意欲や士気を高めることを目的
    として、当社の取締役、監査役、執行役員及び従業員並びに顧問等に対し、新株予約権によるストックオプション制
    度を導入しております。
     付与された新株予約権の行使により発行される新株は、将来的に、当社株式公開後の当社株式価値の希薄化や、株
    式売買の需給の影響をもたらし、当社の株価形成に影響を与える可能性があります。


  (5)大口売掛金の長期化について
大口売掛金に関し、平成21年3月に支払を求める訴訟を提起しており、回収が長期化する恐れがあります。




                              15/93
                                                                      EDINET提出書類
                                                 株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                       有価証券報告書
5【経営上の重要な契約等】
  (1) 販売代理店契約(独占販売権あるいは販売権の付与を受けており、ロイヤリティの支払いを伴う契約)
契約会社                    契約品目
         相手方の名称 国名             契約内容    契約締結年月日    契約期間
名                   (プロダクト名)
                             日本国内におけ
                                                3年間以後1年
当社      サイベース㈱  日本 Sybase IQ る(非独占)販 平成20年2月1日
                                                ごとに契約更新
                             売権
                                         日本国内におけ
                                                                 1年間以後1年
当社   日本オラクル㈱    日本    Essbase Plus等      る(非独占)販   平成19年11月1日
                                                                 ごとに契約更新
                                         売権
                                         日本国内におけ
     日本アイ・ビー                                                     1年間以後1年
当社              日本    DB2、Was等           る(非独占)販   平成18年11月30日
     ・エム㈱                                                        ごとに契約更新
                                         売権
     日本インフォア
                                         日本国内におけ                 1年間以後双方
     グローバル・
当社              日本    Infor BPA等         る(非独占)販   平成20年9月1日     合意した場合に限
     ソリューション
                                         売権                      り1年間更新
     ズ㈱
                                         日本国内におけ
                                                                 1年間以後1年
当社   ㈱アプレッソ     日本    DataSpider         る(非独占)販   平成18年6月30日
                                                                 ごとに自動更新
                                         売権
                                         日本国内におけ
                                                                 1年間以後1年
当社   SAPジャパン㈱   日本    Business Objects   る(非独占)販   平成12年9月28日
                                                                 ごとに自動更新
                                         売権
(注)SAPジャパン㈱は、日本ビジネスオブジェクツ㈱を吸収合併しております。

  (2) 販売提携契約(再販売権を付与する販売代理店契約)
契約会社                  契約品目
        相手方の名称  国名             契約内容                契約締結年月日         契約期間
名                   (プロダクト名)
                                                                 1年間以後1年
当社   ㈱タイネット      日本   Waha!Transformer   再販売権の付与   平成19年6月28日
                                                                 ごとに自動更新
     NECネクサソ
                                                                 1年間以後1年
当社   リューションズ     日本   Waha!Transformer   再販売権の付与   平成18年10月16日
                                                                 ごとに自動更新
     ㈱
     ㈱日立システム                                                     1年間以後1年
当社               日本   Waha!Transformer   再販売権の付与   平成13年2月21日
     アンドサービス                                                     ごとに自動更新
     ㈱全農情報サー                                                     1年間以後1年
当社               日本   Waha!Transformer   再販売権の付与   平成10年10月1日
     ビス                                                          ごとに自動更新
                                                                 1年間以後1年
当社   日本電気㈱       日本   Waha!Transformer   再販売権の付与   平成8年7月30日
                                                                 ごとに自動更新



6【研究開発活動】
  当社グループは、同一セグメントに属するソフトウェア業において、常に最先端の技術を追求し、「データの収集、
 整備、管理、統合、活用」をベースに研究開発活動を推進しております。具体的には当社グループの技術・開発部門を
 中心に新規プロダクトの考案、開発及び既存プロダクトの機能性向上を長期的課題として取り組んでおります。
  当連結会計年度においては、ソフトウェアアーキテクチャ「MSD」を用いた、「フロントエンドでつなぐ」(=ガ
 ジェット間通信)を実現した新しい「BeaconIT Data EmpowermentSuite」を開発し、本年5月5日に発表いたしま
 した。今後「MSD」アーキテクチャをベースにした各種コンポーネントを続々とリリースしていきます。なお、当連結
 会計年度の一般管理費に含まれている研究開発費の金額は、49百万円となっております。




                                         16/93
                                                           EDINET提出書類
                                      株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                            有価証券報告書
 7【財政状態及び経営成績の分析】
  (1) 財政状態の分析
(流動資産)
  当連結会計年度末における流動資産の残高は、3,986百万円(前期比42百万円増)となりました。
 主な要因としては、現金及び預金の増加及び繰延税金資産の減少によるものであります。増加の主なものは、現金及び預
 金の残高2,186百万円(前期比323百万円増)によるものであります。減少の主なものは、繰延税金資産の残高280百万円
 (前期比217百万円減)によるものであります。


(固定資産)
   当連結会計年度末における固定資産の残高は、2,806百万円(前期比550百万円減)となりました。
 主な要因としては、長期預金の解約(前期比500百万円減)投資有価証券の時価評価による残高1,336百万円(前期比
 188百万円減)によるものであります。


(流動負債)
  当連結会計年度末における流動負債の残高は、1,340百万円(前期比589百万円減)となりました。
 主な要因としては、短期借入に伴う短期借入金の残高120百万円(前期比60百万円増)、支払に伴う未払金の残高74百万
 円(587百万円減少)によるものであります。


(固定負債)
  当連結会計年度末における固定負債の残高は、1,695百万円(前期比463百万円増)となりました。
 主な要因としては、社債の発行に伴う社債の残高1,000百万円(前期比500百万円増)、繰延税金負債の残高204百万円
 (前期比72百万円減)によるものであります。


(純資産)
  当連結会計年度末における純資産の残高は、3,756百万円(前期比381百万円減)となりました。
 主な要因としては、当期純損失169百万円計上に伴う利益剰余金の残高2,196百万円(前期比266百万円減)、投資有価証
 券の時価評価に伴うその他有価証券評価差額金の残高237百万円(前期比84百万円減)によるものであります。


  (2) 経営成績の分析
 「第2事業の状況、1業績等の概要、(1)業績」をご覧ください。




                              17/93
                                                                    EDINET提出書類
                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                     有価証券報告書

第3【設備の状況】
 1【設備投資等の概要】
  当社及び連結子会社は、急速な技術革新や販売競争の激化に対処するため、当連結会計年度において総額343百万円
  の設備投資を実施いたしました。また、事業の内容は単一セグメントに該当するため、事業の種類別セグメントについ
  ては記載しておりませんが、設備投資等の主な内容は次のとおりであります。
   ① 市場販売目的のソフトウェアの取得及び開発323,094千円
   ② 自社利用のソフトウェアの開発及び購入 6,932千円
   ③ ソフトウェア開発のためのコンピュータその周辺機器の購入                       13,426千円


 2【主要な設備の状況】
  当社及び連結子会社における主要な設備は次のとおりであります。なお、投下資本は有形固定資産のみ対象としてお
  ります。
  (1)提出会社
                                                                  平成21年3月31日現在
                                             帳簿価額(千円)
     事業所名                                                                   従業員数
                     設備の内容   建物及び構築                    土地
    (所在地)                                                                    (人)
                                          器具及び備品                  合計
                             物                       (面積㎡)
本社             統括業務、ソフトウェア                                −
                                 37,351       15,258               52,609      200
(東京都新宿区)       の販売施設                                       −
札幌テクノセンター      ソフトウェアの開発、顧                             204,653
                                323,290        7,371              535,316       22
(札幌市厚別区)       客サポート施設                                  (4,368)
名古屋事業所         ソフトウェアの開発・販                                  −
                                    874        1,702                2,577       10
(名古屋市中村区)      売施設
大阪事業所          ソフトウェアの開発・販                                  −
                                  4,407        2,353                6,760       17
(大阪市中央区)       売施設
横浜事業所          ソフトウェアの開発・販                                  −
                                    479        1,528                2,007          5
(横浜市神奈川区)      売施設
(注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
    2.「札幌テクノセンター」を除く建物は全て連結会社以外から賃借しており、年間賃借料の総額は171,764千
       円であります。
    3.上記のほか、連結会社以外からのリース契約による主な賃借設備は、次のとおりであります。
                                 年間リース料     リース契約残高
         設備の内容         リース期間(年)
                                  (千円)        (千円)
 事務機器等
                              5       1,348      3,749
 (所有権移転外ファイナンス・リース)
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
    4.従業員数は、当社から社外への出向者を除き社外から当社への出向者を含むほか、契約社員を含めた就業人
      員であります。




                                  18/93
                                                 EDINET提出書類
                            株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                  有価証券報告書
    (2) 国内子会社
主要な設備はありません。


  (3)在外子会社
    主要な設備はありません。


 3【設備の新設、除却等の計画】
  該当事項はありません。




                    19/93
                                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                             有価証券報告書

第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
 (1)【株式の総数等】
  ①【株式の総数】

              種類                                        発行可能株式総数(株)
 普通株式                                                            14,400,000
              計                                                        14,400,000
  ②【発行済株式】
         事業年度末現在発行数                                    上場金融商品取引所名
                               提出日現在発行数(株)
  種類         (株)                                       又は登録認可金融商品                   内容
                                (平成21年6月29日)
         (平成21年3月31日)                                  取引業協会名
                                                                              単元株式数
普通株式               4,150,000           4,150,000            非上場
                                                                               100株
   計               4,150,000           4,150,000              −                     −
(注)1.当社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要する旨を定款に定めております。
 2. 「提出日現在発行数」欄には、平成21年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使に
より発行された株式数は含んでおりません。


 (2)【新株予約権等の状況】
    旧商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
  ①平成15年6月23日定時株主総会決議
                                         事業年度末現在                    提出日の前月末現在
                                       (平成21年3月31日)                (平成21年5月31日)
新株予約権の数(個)                                                   43                          43
新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                               −                          −
新株予約権の目的となる株式の種類                  普通株式                            同左
新株予約権の目的となる株式の数(株)                43,000注1                       43,000注1
新株予約権の行使時の払込金額(円)                 990 注2                        同左
新株予約権の行使期間                        注3                              同左
新株予約権の行使により株式を発行する場合の             発行価格990
                                                                  同左
株式の発行価格及び資本組入額(円)                 資本組入額495
新株予約権の行使の条件                       注4                              同左
                                  新株予約権の譲渡については取締
新株予約権の譲渡に関する事項                                                    同左
                                  役会の承認を要する
代用払込みに関する事項                                        −                          −
組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                                   −                          −

(注)1.当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により調整する。ただし、かかる調整は、新株予約権のう
     ち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株
     未満の端数については、これを切り捨てる。
      調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
     また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い本件新株予約権が承継される場合、又は当社が新設分
     割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
   2.新株予約権1個当たりの払込みをすべき金額は、1株当たりの払込価額(以下、払込価額とする。)に新株予
     約権1個につき割り当てられる株式数を乗じた金額とし、発行当初は金990,000円とする。また、払込価額は
     金990円とする。




                                       20/93
                                                                   EDINET提出書類
                                              株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                    有価証券報告書
      なお、当社が時価を下回る払込金額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込価
      額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                          新規発行又は処分株式数× 1株当たり払込金額又は処分価額
                  既発行株式数+
                                    1株当たりの時価
調整後払込価額=調整前払込価額
                         既発行株式数+新規発行株式数又は処分株式数
        (注)「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した数とす
              る。
      また、株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により払込価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                       1
調整後払込価額=調整前払込価額×
                   分割・併合の比率
      さらに、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い本件新株予約権が承継される場合、又は当社が新設
      分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める払込価額の調整を行う。
    3.平成15年8月1日から平成25年7月31日までとする。
      (なお、契約書に基づく行使期間は、平成15年9月8日から平成25年6月21日までである。)
      ただし、当社の株式に係る株券(以下、「当社株券」という。)が証券取引所に上場(以下、「上場」とい
      う。)された後1年を経過するまでは、本件新株予約権は行使することができない。
    4.新株予約権の行使の条件
     ①新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても当社の取締役、監査役、執行役員及び従業員なら
        びに顧問等の地位にあることを要す。ただし、前記3.に定める上場後に、任期満了による退任、定年退職
        及び特に取締役会が認めた場合はこの限りではない。
     ②新株予約権の質入れその他の処分は認めない。
     ③その他の条件は、当定時株主総会及びその後の取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結す
        る「新株予約権割当契約」に定めるところによる。


  (3)【ライツプランの内容】
     該当事項はありません。


  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
             発行済株式総 発行済株式総
                                  資本金増減額      資本金残高      資本準備金増     資本準備金残
    年月日      数増減数     数残高
                                   (千円)        (千円)      減額(千円)     高(千円)
              (千株)     (千株)
 平成11年12月28日      100     4,150      75,000    809,250     75,000     659,250
(注)   有償第三者割当     100千株
       発行価格      1,500円
       資本組入額       750円
       割当先は、当社社員持株会であります。




                                    21/93
                                                                             EDINET提出書類
                                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                              有価証券報告書
  (5)【所有者別状況】
                                                                           平成21年3月31日現在
                                 株式の状況(1単元の株式数100株)                               単元未満株
                                              外国法人等
  区分                                                                              式の状況
         政府及び地               金融商品取 その他の法
                  金融機関                                        個人その他         計
                                                                                   (株)
         方公共団体               引業者    人      個人以外     個人
株主数(人)     −             4              8                             78       90   −
所有株式数
           −        4,660             20,840                    15,999     41,499          100
(単元)
所有株式数の
           −        11.23               50.22                    38.55     100.00     −
割合(%)
(注)自己株式295,995 株は、「個人その他」に2,959単元及び「単元未満株式の状況」に95株を含めて記載しており
       ます。


  (6)【大株主の状況】
                                                                    平成21年3月31日現在
                                                                     発行済株式総数に
                                                             所有株式数
         氏名又は名称                            住所                        対する所有株式数
                                                              (千株)
                                                                     の割合(%)
株式会社ビジネスコンサルタント                東京都千代田区丸の内1−7−12                 712        17.1
株式会社リンクレア                      東京都港区港南2−16−4                    504                 12.1
レクチャーサービス株式会社                  東京都千代田区丸の内1−7−12                 250                  6.0
三信株式会社                         東京都新宿区西新宿1−6−1                   202                  4.8
三菱UFJキャピタル株式会社                 東京都中央区京橋2−14−1                   200                  4.8
株式会社三菱東京UFJ銀行                  東京都千代田区丸の内2−7−1                  192                  4.6
株式会社ビーエスピー                     東京都港区港南2−15−1                    150                  3.6
坂本桂一                          千葉県松戸市                           140                  3.3
UFJキャピタル投資事業
                               東京都中央区京橋2−14−1                   120                  2.8
有限責任組合一号
日本生命保険相互会社                     東京都千代田区丸の内1−6−6                  119                  2.8
           計                                −                 2,589                 62.3


(注)上記のほか、自己株式が295,995株あります。




                                                22/93
                                                                     EDINET提出書類
                                                株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                      有価証券報告書
 (7)【議決権の状況】
  ①【発行済株式】
                                                                  平成21年3月31日現在
           区分               株式数(株)             議決権の数(個)               内容
無議決権株式                                    −            −               −
議決権制限株式(自己株式等)                            −                −          −
議決権制限株式(その他)                              −                −          −
完全議決権株式(自己株式等)           普通株式295,900                     −          −
完全議決権株式(その他)             普通株式3,854,000               38,540          −
単元未満株式                   普通株式100                       −          −
発行済株式総数                           4,150,000                −          −
総株主の議決権                                   −           38,540          −


  ②【自己株式等】
                                                            平成21年3月31日現在
                                                             発行済株式総数に
所有者の氏名又は                 自己名義所有株        他人名義所有株     所有株式数の合
                所有者の住所                                       対する所有株式数
名称                       式数(株)          式数(株)       計(株)
                                                             の割合(%)
株式会社ビーコン
            東京都新宿区西新
インフォメーショ                     295,900            −       295,900           7.13
            宿1−24−1
ンテクノロジー
   計              −          295,900            −       295,900           7.13


 (8)【ストックオプション制度の内容】
   当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。
   当該制度は、旧商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき、当社の取締役、監査役、執行役員及び従業員並
   びに顧問等に対して特に有利な条件をもって新株予約権を発行することを平成15年6月23日の定時株主総会に
   おいて特別決議されたものであります。
   当該制度の内容は、次のとおりであります。
決議年月日                           平成15年6月23日
付与対象者の区分及び人数                    取締役、監査役、執行役員及び従業員並びに顧問等35名
新株予約権の目的となる株式の種類                普通株式
株式の数                            100,000株注1
新株予約権の行使時の払込金額                  注2
新株予約権の行使期間                      注3
新株予約権の行使の条件                     注4
新株予約権の譲渡に関する事項                  新株予約権の譲渡については取締役会の承認を要する
代用払込みに関する事項                                            −
組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                                       −
事項




                                       23/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書
(注)1.当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により調整する。ただし、かかる調整は、新株予約権のう
      ち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株
      未満の端数については、これを切り捨てる。
        調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
      また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い本件新株予約権が承継される場合、又は当社が新設分
      割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
    2.新株予約権1個当たりの払込みをすべき金額は、1株当たりの払込価額(以下、払込価額とする。)に新株予
      約権1個につき割り当てられる株式数を乗じた金額とし、発行当初は金990,000円とする。また、払込価額は
      金990円とする。
      なお、当社が時価を下回る払込金額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込価
      額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                           新規発行又は処分株式数× 1株当たり払込金額又は処分価額
                  既発行株式数+
                                     1株当たりの時価
調整後払込価額=調整前払込価額×
                          既発行株式数+新規発行株式数又は処分株式数
        (注)「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した数とす
              る。
      また、株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により払込価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                       1
調整後払込価額=調整前払込価額×
                   分割・併合の比率
      さらに、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い本件新株予約権が承継される場合、又は当社が新設
      分割もしくは吸収分割を行う場合、当社は必要と認める払込価額の調整を行う。
    3.平成15年8月1日から平成25年7月31日までとする。
      (なお、契約書に基づく行使期間は、平成15年9月8日から平成25年6月21日までである。)
      ただし、当社の株式に係る株券(以下、「当社株券」という。)が証券取引所に上場(以下、「上場」とい
      う。)された後1年を経過するまでは、本件新株予約権は行使することができない。
    4.新株予約権の行使の条件
     ①新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても当社の取締役、監査役、執行役員及び従業員なら
        びに顧問等の地位にあることを要す。ただし、前記3.に定める上場後に、任期満了による退任、定年退職
        及び特に取締役会が認めた場合はこの限りではない。
     ②新株予約権の質入れその他の処分は認めない。
     ③その他の条件は、当定時株主総会及びその後の取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結す
        る「新株予約権割当契約」に定めるところによる。




                             24/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書
2【自己株式の取得等の状況】
 【株式の種類等】該当事項はありません。


 (1)【株主総会決議による取得の状況】
   該当事項はありません。


 (2)【取締役会決議による取得の状況】
   該当事項はありません。


 (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
   該当事項はありません。


 (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                当事業年度                  当期間
           区分                      処分価額の総額              処分価額の総額
                            株式数(株)               株式数(株)
                                     (円)                   (円)
引き受ける者の募集を行った取得自己株式              −       −            −        −
消却の処分を行った取得自己株式                      −       −          −       −
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得
                                     −       −          −       −
自己株式
その他
                                     −       −          −       −
(−)
保有自己株式数                       295,995        −     295,995      −


3【配当政策】
   当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題のひとつと位置付けたうえで、財務体質の強化と積極的
 な事業展開に必要な内部留保の充実を勘案し、安定した配当政策を実施することを基本方針としています。
 当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としております。
 当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、1株当たり15円としております。
 なお、当社は「会社法第459条第1項の規定に基づき取締役会決議をもって剰余金の配当等を行なうことができ
 る。」旨の定款に定めております。また、併せて「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行
 なうことができる。」旨も定めております。
 (注) 基準日が当事業年度に属する取締役会決議による剰余金の配当は、以下の通りであります。
  決議年月日    配当金の総額(千円)    1株当たり配当額(円)
平成21年5月22日
                  57,810          15
 取締役会決議


4【株価の推移】
 当社株式は非上場のため、該当事項はありません。




                             25/93
                                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                            有価証券報告書
5【役員の状況】
                                                                                  所有株式数
     役名    職名      氏名        生年月日                        略歴                 任期
                                                                                   (千株)
                                         昭和56年9月株式会社ソフトウェア・エージー
                                                    ・オブ・ファーイースト(現・
                                                    株式会社ビーコンインフォメー
                                                 ションテクノロジー)入社
                                         平成7年6月当社取締役
取締役社長
          最高経営責                          平成10年6月当社常務取締役                    (注)
(代表取締             坂本桂一   昭和31年8月25日生                                                140
          任者                             平成12年6月当社専務執行役員                    3
役)
                                         平成13年10月株式会社アスペックス
                                                  代表取締役
                                         平成16年2月当社取締役
                                         平成16年4月当社代表取締役社長
                                                    兼最高経営責任者(現任)
                                         昭和46年7月ビーコンシステム株式会社
                                                  (現・株式会社リンクレア)
                                                  入社
                                         昭和61年5月同社取締役
                                         平成3年6月同社常務取締役
                                         平成5年6月同社専務取締役
取締役副社長                                   平成8年6月同社代表取締役専務
          最高執行責                                                             (注)
(代表取締             望月成宏   昭和21年10月23日生   平成16年2月当社取締役                                77
          任者                                                                 3
役)                                       平成16年4月当社代表取締役副社長
                                                 兼最高執行責任者(現任)
                                         平成19年6月株式会社ビーアイティ・サポート
                                                  代表取締役社長(現任)
                                         平成20年6月株式会社タイムキューブテクノロ
                                                  ジーズ代表取締役社長
                                                    (現任)
                                         昭和48年4月日本アイ・ビー・エム株式会社入
                                                  社
                                         昭和52年10月米国IBM Corporation入社
                                         昭和59年4月日本ストレージテクノロジー株式
                                                    会社
                                                    代表取締役社長
                                         昭和61年7月米国California Peripherals
                                                  Corporation
                                                   President & CEO
                                                                            (注)
取締役               野口芳延   昭和24年12月12日生   昭和63年11月米国Ray & Berndtson, Inc.              5
                                                                             3
                                                  Managing Partner
                                         平成9年7月米国InfoSpinner Inc.(現・
                                                  epicRealm Inc.)
                                                  President & CEO
                                         平成11年3月同社Chairman & CEO
                                         平成11年5月米国InterBusiness
                                                  Corporation
                                                  President & CEO(現任)
                                         平成12年6月当社取締役(現任)




                                         26/93
                                                                  EDINET提出書類
                                             株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                   有価証券報告書
                                                                    所有株式数
  役名    職名    氏名         生年月日                  略歴             任期
                                                                     (千株)
                                    昭和40年4月株式会社三和銀行(現・株式会社
                                             三菱東京UFJ銀行)入行
                                    平成5年6月同行取締役ロンドン支店長
                                    平成8年6月三和証券株式会社専務取締役
                                    平成11年6月株式会社三和銀行(現・株式会社
                                            三菱東京UFJ銀行)専務取締役
                                    平成13年4月三和証券株式会社代表取締役会長
                                    平成13年7月UFJキャピタルマーケッツ証券
                                             株式会社代表取締役社長
                                                              (注)
取締役          藤本公亮    昭和17年9月24日生   平成14年6月UFJつばさ証券株式会社                9
                                                               3
                                             代表取締役副社長
                                    平成15年4月同社代表取締役社長
                                    平成17年10月三菱UFJ証券株式会社
                                             代表取締役社長
                                    平成18年6月三菱UFJ証券株式会社相談役
                                             UFJニコス株式会社監査役
                                    平成19年4月三菱UFJニコス株式会社
                                            社外監査役
                                    平成20年6月当社取締役(現任)
                                    昭和37年4月日産自動車株式会社入社
                                    昭和61年2月同社情報システム部長
                                    昭和63年3月同社横浜工場総務部長
                                    平成3年2月同社移動通信事業室長
                                    平成6年10月株式会社デジタルツーカー中国
                                      代表取締役副社長
                                    平成11年1月日本テレコム株式会社顧問      (注)
取締役          吉澤吾一    昭和14年1月11日生                                       ―
                                    平成11年6月ジェイフォン株式会社常勤監査役    3
                                    平成12年6月同社取締役副社長
                                    平成13年4月株式会社ボーダフォン専務取締役
                                    平成15年5月株式会社産業再生機構執行役員
                                    平成19年6月株式会社経営共創基盤常勤監査役
                                             (現任)
                                    平成20年6月当社取締役(現任)
                                    昭和45年4月株式会社ビジネスコンサルタント
                                            入社
                                    平成6年6月同社取締役              (注)
常勤監査役        中尾根章宣   昭和23年3月2日生                                        5
                                    平成12年6月同社常務取締役            4
                                    平成15年6月同社監査役
                                    平成19年6月当社常勤監査役(現任)




                                    27/93
                                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                               有価証券報告書
                                                                              所有株式数
  役名      職名        氏名          生年月日                       略歴            任期
                                                                               (千株)
                                            昭和53年4月ビーコンシステム株式会社入社
                                                     (現・株式会社リンクレア)
                                            平成12年6月同社取締役
                                                                        (注)
監査役                小坂克典     昭和31年2月26日生    平成16年6月同社常務取締役(現任)                    2
                                                                         5
                                            平成18年10月株式会社エスエルシー取締役(現
                                                      任)
                                            平成20年6月当社監査役(現任)
                                            昭和44年4月不動建設株式会社入社
                                            昭和56年7月株式会社ニチイ入社
                                            平成2年9月株式会社ソフトウェア・エージー
                                                    ・オブ・ファーイースト(現・
                                                                        (注)
監査役                汐﨑隆利     昭和25年11月1日生             株式会社ビーコンインフォメー              26
                                                                         5
                                                     ションテクノロジー)入社
                                            平成12年6月当社執行役員
                                            平成19年4月当社参与
                                            平成20年6月当社監査役(現任)
                                     計                                           264
(注)1.取締役野口芳延、藤本公亮及び吉澤吾一は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
    2.監査役中尾根章宣及び小坂克典は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
    3. 平成21年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
    4. 平成19年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
    5. 平成20年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
    6.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各部門の業務執行
       機能を明確に区分し、コーポレートガバナンスの有効的な機能の確保及び経営効率の向上を図るために執行
       役員制度を導入しております。
       執行役員は、以下のとおり11名で構成されております。
   地位          氏名                                   担当
最高経営責任者    坂本桂一           (代表取締役兼務)
最高執行責任者    望月成宏           (代表取締役兼務)
専務執行役員     及川俊一           支援本部担当
常務執行役員     戌亥稔            技術全般、海外兼SaaS担当
常務執行役員     辻康孝            営業全般担当
常務執行役員     秋山泰            カスタマーサービス兼エンタープライズ・サービス担当
執行役員       北川正美           プロキュアメント担当
執行役員       新藤匡浩           ITプロデュース担当
執行役員       湊谷政洋           グローバルビジネス担当
執行役員       野村剛一           マーケティング担当
執行役員       朝倉敏文           支援本部及びコンプライアンス担当




                                            28/93
                                                            EDINET提出書類
                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                             有価証券報告書
6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
当社は、継続的な企業価値向上のためには、経営の健全性、公正性及び透明性の確保と経営におけるリスク管理の強
化が重要であるとの認識から、コンプライアンス、リスク管理、情報セキュリティ強化をコーポレート・ガバナンスの
基本と考えております。当社は監査役制度を採用しており、取締役会、監査役会を通じて経営リスクに関するモニタリ
ングを行い、内部監査では会計監査及びコンプライアンス担当による業務監査を実施し、コーポレート・ガバナンス
の実効性を確保しております。


(2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
①管理体制及び社外役員について
  当社は監査役制度を採用しており、取締役5名のうち社外取締役は3名、監査役3名のうち社外監査役は2名と
    なっております。(平成21年3月31日現在)
  ②業務執行及び監査の仕組み
  取締役会は、取締役5名と監査役3名により、毎月開催しており、経営の健全性、公正性、透明性の確保とともに、経
  営の効率性を追求する経営体制を構築しております。また、重要事項の決定、審議及び業務執行状況の監督を行なっ
  ております。
    当社は、執行役員制度を平成12年6月に導入し、取締役会の意思決定及び経営監視機能と業務執行機能を分離し、
  権限と責任の明確化を図っております。執行役員会は、執行役員全員により毎月開催し、部門別執行状況の報告、確
  認を行い、効率的な業務執行に努めております。
    業務執行における重要な契約、法的課題並びにコンプライアンスにかかる事象については、顧問弁護士から意見
  聴取を行う等によりリスク管理を行っております。
    当社の内部統制として、各部門の業務プロセスの適正性、業務執行の妥当性及び法令、各種社内規程の遵守状況に
  ついては、コンプライアンス担当1名が監査する体制としております。また、引き続き、会社法施行を踏まえた内部
  統制システムの構築を具体化することにより、コーポレート・ガバナンスの強化を図って参ります。
  監査役は月次の取締役会及びその他社内の重要会議にも出席し、取締役による経営状況並びに各部門の執行状況、
  取締役会の意思決定及びその運営手続き等について監査しております。監査役会は、毎月開催しており、監査の独立
  性を確保し、監査体制の強化を図っております。また、会計監査人とは必要の都度相互の情報交換・意見交換を行う
  などの連携を密にして監査の実効性と効率性の向上をめざしております。
  関係会社の運営については、各社の代表者が参加する会議を設け、関係会社各社の連絡会を毎月開催しておりま
  す。
  ③情報セキュリティの強化
  当社ならびに子会社であります株式会社アスペックス及び株式会社データ総研の3社がプライバシーマークを取
  得し、株式会社ビーティスがISMSを取得してております。各社ともコンプライアンス担当を委員長とする情報セ
  キュリティに関する委員会を定期的に開催することにより、情報セキュリティ管理に関するコンプライアンス・プ
  ログラムのPDCA(Plan・Do・Check・Action)のサイクルを確実に回し、より一層情報セキュリティ体制の強化を
  図っております。
  ④会計監査の状況
  当社は、会社法に基づく会計監査人及び金融商品取引法に基づく監査法人に東陽監査法人を起用しておりますが、
  同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当社の間には、特別な利害関係はありません。
 当期において監査業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成については以下のとおりです。
   ・監査業務を執行した公認会計士の氏名及び継続監査年数
   業務執行社員:小杉真剛(継続監査年数1年)
   業務執行社員:奥田基樹(継続監査年数11年)
   業務執行社員:辻村茂樹(継続監査年数3年)
   ・監査業務に係る補助者の構成
   公認会計士2名




                              29/93
                                                             EDINET提出書類
                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                              有価証券報告書
 ⑤会社と会社の社外取締役及び社外監査役の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要
 社外取締役野口芳延は、期末現在にて当社株式を5,000株、藤本公亮は9,000株を保有しております。
 社外取締役野口芳延は、InterBusiness Corporationの代表取締役であり、当社は、同社より米国ソフトウェア業界
 最新動向等のコンサルティングを受けております。
 社外監査役中尾根章宣は、期末現在にて当社株式を5,000株、小坂克典は2,000株を保有しております。
 社外監査役中尾根章宣は、大株主である株式会社ビジネスコンサルタント出身であり、社外監査役小坂克典は、大
 株主である株式会社リンクレアの取締役を兼任しておりますが、いずれの会社も社外監査役個人が直接利害関係を
 有する取引を行なっておりません。
 その他の社外取締役については、当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありませ
 ん。


(3)役員報酬(役員賞与を含む)の内容
社内取締役に対する報酬 75,123千円
  社外取締役に対する報酬 12,726千円
監査役に対する報酬 16,594千円


(4)責任限定契約の内容の概要
当社と社外取締役3名及び社外監査役2名は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令が定める範囲内とするとしてお
ります。


(5)取締役の定数
当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。


(6)取締役の選解任の決議要件
当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
  席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また累積投票によらない旨定款に定めております。
また、解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
  議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。


(7)剰余金の配当等の決定機関
当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めのある場合を除き、株主
  総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会
  の権限とすることにより、機動的な配当政策及び資本政策を図ることを目的とするものであります。


(8)取締役及び監査役の責任免除
当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取
  締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することが
  できる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が期待される役割を十分に果たしえる環境を整備す
  ることを目的とするものであります。


(9)株主総会の特別決議要件
当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議
  決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。こ
  れは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とする
  ものであります。




                                30/93
                                                            EDINET提出書類
                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                             有価証券報告書
 (2)【監査報酬の内容等】
  ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                 前連結会計年度                      当連結会計年度
   区分    監査証明業務に基づく 非監査業務に基づく報        監査証明業務に基づく 非監査業務に基づく報
         報酬(千円)        酬(千円)          報酬(千円)        酬(千円)
提出会社            16,200       ―               16,200       ―
連結子会社              ―              ―              ―            ―
   計           16,200             ―          16,200           ―


 ②【その他重要な報酬の内容】
  該当事項はありません。


 ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
  該当事項はありません。


 ④【監査報酬の決定方針】
  該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。




                          31/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
 (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
   以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
   なお、前連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づ
   き、当連結会計年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づい
   て作成しております。


 (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
   「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
   なお、前事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当
   事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成してお
   ります。


2.監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年
 3月31日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の財務諸表に
 ついては三興監査法人により監査を受け、また、当連結会計年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日ま
 で)の連結財務諸表及び当事業年度(平成20年4月1日から平成21年3月31日まで)の財務諸表については東
 陽監査法人により監査を受けております。
 なお、当社の監査人は次のとおり異動しております。
 前連結会計年度及び前事業年度三興監査法人
 当連結会計年度及び当事業年度東陽監査法人


 臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。
 (1)異動に係る監査公認会計士等の名称
     東陽監査法人
 (2)異動の年月日
     平成20年6月27日




                             32/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書

1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                                                             (単位:千円)

                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                         (平成20年3月31日)             (平成21年3月31日)
資産の部
 流動資産
                                      1,863,510               2,186,760
  現金及び預金                        ※2                      ※1
  受取手形及び売掛金                           1,230,974               1,144,867
  たな卸資産                                                              −
                                         39,690
  商品                                         −                    7,975
  仕掛品                                        −                   53,470
  貯蔵品                                        −                    1,980
  前払費用                                  155,827                 185,301
  繰延税金資産                                498,186                 280,986
  その他                                   175,037                 143,479
                                       △20,188                 △18,818
  貸倒引当金
  流動資産合計                              3,943,038               3,986,002
 固定資産
  有形固定資産
    建物及び構築物                            639,666                640,575
                                      △248,439               △268,782
      減価償却累計額
        建物及び構築物(純額)                    391,226                 371,792
    車両運搬具                               2,021                   2,021
                                       △1,382                  △1,586
     減価償却累計額
        車両運搬具(純額)                          639                     435
    工具、器具及び備品                          229,026                241,192
                                      △180,752               △196,950
     減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)                   48,274                  44,242
    土地                                 204,653                 204,653
    リース資産                                   −                    5,338
                                            −                    △897
     減価償却累計額
        リース資産(純額)                           −                    4,441
    有形固定資産合計                           644,793                 625,564
  無形固定資産
   ソフトウエア                              416,642                 591,703
   その他                                  24,318                  23,745
    無形固定資産合計                           440,960                 615,448
  投資その他の資産
                                      1,524,595
    投資有価証券                                                    1,336,258
                                ※1
                                       500,000
    長期預金                                                            −
                                 ※2
    敷金及び保証金                            168,001                 184,615
    繰延税金資産                                                          −
                                        46,555
    その他                                 31,942                  44,366
    投資その他の資産合計                        2,271,095               1,565,239
  固定資産合計                              3,356,850               2,806,253
 資産合計                                 7,299,888               6,792,255




                        33/93
                                                 EDINET提出書類
                            株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                  有価証券報告書
                                                 (単位:千円)

                      前連結会計年度              当連結会計年度
                    (平成20年3月31日)         (平成21年3月31日)
負債の部
 流動負債
   買掛金                         244,982              250,008
   短期借入金                        60,000              120,000
   1年内返済予定の長期借入金                59,804               53,972
   未払金                         661,946               74,425
   リース債務                            −                 1,285
   未払法人税等                       73,195               24,732
   未払消費税等                       14,638                3,439
   前受金                          91,735              118,544
   前受収益                        453,010              475,963
   賞与引当金                       115,290               92,814
   役員賞与引当金                                               −
                                15,000
   その他                         140,860              125,518
   流動負債合計                    1,930,463            1,340,703
 固定負債
  社債                           500,000            1,000,000
  長期借入金                         58,512              116,856
  リース債務                             −                 3,521
  繰延税金負債                       277,458              204,790
  退職給付引当金                      241,257              249,768
  役員退職慰労引当金                    119,367              102,885
  長期前受収益                        31,644               15,641
  その他                            2,934                1,559
   固定負債合計                    1,231,175            1,695,023
 負債合計                        3,161,639            3,035,726
純資産の部
 株主資本
   資本金                         809,250              809,250
   資本剰余金                       659,250              659,250
   利益剰余金                     2,463,067            2,196,879
                             △301,697             △301,697
   自己株式
   株主資本合計                    3,629,870            3,363,682
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                 321,324              237,114
                               △7,588              △11,611
  為替換算調整勘定
   評価・換算差額等合計                  313,736              225,502
 少数株主持分                        194,642              167,342
 純資産合計                       4,138,249            3,756,528
負債純資産合計                      7,299,888            6,792,255




                   34/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書

 ②【連結損益計算書】
                                                                   (単位:千円)

                       前連結会計年度                         当連結会計年度
                     (自平成19年4月1日                    (自平成20年4月1日
                    至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
売上高                                   5,036,755                     4,585,106
売上原価                                  1,745,622                     1,703,273
売上総利益                                 3,291,132                     2,881,832
                                      2,977,812                     2,904,493
販売費及び一般管理費                  ※1, ※2                        ※1, ※2

営業利益又は営業損失(△)                                                       △22,660
                                          313,319
営業外収益
 受取利息                                       8,728                      9,083
 受取配当金                                    102,804                    103,324
 受取保険金                                         −                      32,021
 為替差益                                                                     −
                                            4,479
 その他                                       25,485                     37,827
 営業外収益合計                                  141,497                    182,257
営業外費用
 支払利息                                      13,398                     19,597
 社債発行費                                         −                      23,539
 貸倒引当金繰入額                                                                 −
                                           16,513
 持分法による投資損失                                26,657                     55,089
 為替差損                                          −                       7,499
 その他                                          171                         15
 営業外費用合計                                   56,741                    105,740
経常利益                                      398,076                     53,856
特別利益
 投資有価証券売却益                                                                −
                                             100
 貸倒引当金戻入額                                     −                        1,389
 退職給付引当金戻入額                                   −                       78,081
                                              −
 役員退職慰労引当金戻入額                                                            930
 特別利益合計                                      100                      80,401
特別損失
                                             448
 固定資産売却損                                                                  −
                                       ※3
                                            1,026
 固定資産除却損                                                                  −
                                     ※4
 関係会社株式売却損                                                                −
                                           35,423
 投資有価証券評価損                                                                −
                                            9,264
 契約解除費用                                    70,612                     36,124
 特別損失合計                                   116,775                     36,124
税金等調整前当期純利益                               281,401                     98,133
法人税、住民税及び事業税                           150,464                        40,668
                                      △36,831
法人税等調整額                                                              248,338
法人税等合計                                    113,633                    289,006
少数株主利益又は少数株主損失(△)                                                   △21,035
                                           11,404
当期純利益又は当期純損失(△)                                                    △169,837
                                          156,362




                    35/93
                                                    EDINET提出書類
                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                     有価証券報告書

 ③【連結株主資本等変動計算書】
                                                     (単位:千円)

                         前連結会計年度               当連結会計年度
                       (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)        至平成21年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                         809,250               809,250
   当期変動額
                                       −                     −
     当期変動額合計
   当期末残高                         809,250               809,250
 資本剰余金
  前期末残高                          659,250               659,250
  当期変動額
                                       −                     −
    当期変動額合計
   当期末残高                         659,250               659,250
 利益剰余金
  前期末残高                         2,441,595             2,463,067
  当期変動額
    剰余金の配当                      △134,890               △96,350
                                                      △169,837
    当期純利益又は当期純損失(△)              156,362
    当期変動額合計                                           △266,187
                                  21,472
   当期末残高                        2,463,067             2,196,879
 自己株式
  前期末残高                         △301,697              △301,697
  当期変動額
                                       −                     −
    当期変動額合計
   当期末残高                        △301,697              △301,697
 株主資本合計
  前期末残高                         3,608,398             3,629,870
  当期変動額
    剰余金の配当                      △134,890               △96,350
                                                      △169,837
    当期純利益又は当期純損失(△)              156,362
    当期変動額合計                                           △266,187
                                  21,472
   当期末残高                        3,629,870             3,363,682




                      36/93
                                                       EDINET提出書類
                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                        有価証券報告書
                                                        (単位:千円)

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                          (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)        至平成21年3月31日)
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                            625,491               321,324
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   △304,167              △84,209
    額)
    当期変動額合計                        △304,167              △84,209
  当期末残高                             321,324               237,114
 為替換算調整勘定
  前期末残高                             △1,910                △7,588
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                    △5,677                △4,023
    額)
    当期変動額合計                         △5,677                △4,023
  当期末残高                             △7,588               △11,611
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                             623,581               313,736
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   △309,845              △88,233
    額)
    当期変動額合計                        △309,845              △88,233
  当期末残高                             313,736               225,502
少数株主持分
 前期末残高                              193,008               194,642
 当期変動額
                                                         △27,300
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                1,634
  当期変動額合計                                                △27,300
                                      1,634
 当期末残高                              194,642               167,342
純資産合計
 前期末残高                             4,424,987             4,138,249
 当期変動額
   剰余金の配当                          △134,890               △96,350
   当期純利益又は当期純損失(△)                                       △169,837
                                    156,362
                                   △308,210              △115,533
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                          △286,737              △381,721
 当期末残高                             4,138,249             3,756,528




                         37/93
                                                    EDINET提出書類
                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                     有価証券報告書

 ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)

                         前連結会計年度               当連結会計年度
                       (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)        至平成21年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前当期純利益                      281,401                98,133
 減価償却費                            160,222               196,117
 引当金の増減額(△は減少)                                         △46,816
                                   36,892
 固定資産売却損益(△は益)                                               −
                                      448
 固定資産除却損                                                     −
                                    1,026
 投資有価証券売却損益(△は益)                    △100                     −
 関係会社株式売却損益(△は益)                                             −
                                   35,423
 投資有価証券評価損益(△は益)                                             −
                                    9,264
 退職給付引当金戻入額                            −               △78,081
 契約解除費用                            70,612                36,124
 受取利息及び受取配当金                    △111,533              △112,408
 受取保険金                                 −               △32,021
 支払利息                              13,398                19,597
 社債発行費                                 −                 23,539
 持分法による投資損益(△は益)                   26,657                55,089
 為替差損益(△は益)                         1,473                 6,052
 売上債権の増減額(△は増加)                 △276,603                 86,107
 たな卸資産の増減額(△は増加)                                       △23,734
                                   41,824
 前払費用の増減額(△は増加)                                        △25,230
                                   48,410
 その他の流動資産の増減額(△は増加)                 1,144                16,457
 仕入債務の増減額(△は減少)                  △57,459                  5,026
 未払金の増減額(△は減少)                                        △516,278
                                  484,072
 前受金の増減額(△は減少)                  △505,775                 26,808
 前受収益の増減額(△は減少)                  △64,884                  6,950
 その他の流動負債の増減額(△は減少)              △96,909               △15,709
                                  △5,188               △11,199
 未払消費税等の増減額(△は減少)
 小計                                                   △285,476
                                   93,818
 利息及び配当金の受取額                      114,002               115,498
 保険金の受取額                               −                 32,021
 利息の支払額                          △13,397               △22,251
 社債発行費の支払額                             −               △23,539
 年金資産の返還額                              −                 78,081
 契約解除費用の支払額                            −              △106,737
                                △205,633               △92,066
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                △11,208              △304,469




                      38/93
                                                    EDINET提出書類
                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                     有価証券報告書
                                                     (単位:千円)

                         前連結会計年度               当連結会計年度
                       (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)        至平成21年3月31日)
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の預入による支出                   △413,400              △211,800
 定期預金の払戻による収入                     212,400               711,000
 貸付けによる支出                              −                  △500
 貸付金の回収による収入                        2,083                 2,766
 有形及び無形固定資産の取得による支出             △268,452              △345,166
 有形固定資産の売却による収入                                              −
                                      810
 投資有価証券の取得による支出                     △392                △8,733
 投資有価証券の売却による収入                        −                    100
 敷金及び保証金の差入による支出                 △14,034               △17,692
 敷金及び保証金の回収による収入                      828                 1,071
                                  △6,110                △9,612
 その他
 投資活動によるキャッシュ・フロー               △486,268                121,434
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                  25,000                60,000
 長期借入れによる収入                        55,000               121,000
 長期借入金の返済による支出                   △62,348               △68,488
 リース債務の返済による支出                         −                  △824
 社債の発行による収入                            −                500,000
 配当金の支払額                        △134,890               △96,350
                                  △9,770                △6,265
 少数株主への配当金の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー               △127,008                509,072
現金及び現金同等物に係る換算差額                  △1,717                △3,587
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             △626,203                322,450
現金及び現金同等物の期首残高                  2,278,713             1,652,510
現金及び現金同等物の期末残高                  1,652,510             1,974,960




                      39/93
                                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                             有価証券報告書

  【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
                    前連結会計年度                                    当連結会計年度
      項目          (自平成19年4月1日                              (自平成20年4月1日
                   至平成20年3月31日)                             至平成21年3月31日)
1.連結の範囲に関する事項 子会社は、全て連結しております。                          子会社は、全て連結しております。
                連結子会社の数8社                            連結子会社の数8社
                連結子会社の名称                                  連結子会社の名称
                 ㈱データ総研                                    ㈱データ総研
                 ㈱アスペックス                                   ㈱アスペックス
                 ㈱ビーティス                                    ㈱ビーティス
                     ㈱タイムキューブテクノロジーズ                      ㈱タイムキューブテクノロジーズ
                    ㈱ビーアイティ・サポート                           ㈱ビーアイティ・サポート
                    北海道ITコンサルティング㈱                         ㈱HITC
                    TimeCube Inc.                          TimeCube Inc.
                    必科温信息技術(上海)有限公司                        必科温信息技術(上海)有限公司
                   ㈱アスネットについては、平成18年9                     ㈱HITCについては、平成20年7月
                   月1日付で当社と合併しているため、                      1日付で北海道ITコンサルティン
                   当連結会計年度より連結の範囲から                       グ㈱より社名を変更しております。
                   除いております。
                   また、必科温信息技術(上海)有限公
                   司については、新たに設立され当社の
                   子会社となったため、当連結会計年度
                   より連結の範囲に含めております。
2.持分法の適用に関する事   (1) 持分法適用の関連会社数3社                      (1) 持分法適用の関連会社数3社
  項                 会社名                                     会社名
                     ホロン㈱                                    ホロン㈱
                     Beacon IT Solutions Pty.Limited       Beacon IT Solutions Pty.Limited
                     Beacon IT Group Pty.Limited           Beacon IT Group Pty.Limited
                   Beacon IT Australia Pty. Limited
                   については、株式の交換によりBeacon
                   IT Group Pty.Limited の
                   子会社となっております。
                (2) 持分法を適用していない関連会社                     (2) 持分法を適用していない関連会社
                    Beacon IT Asia Pte.Limitedほか            該当する会社はありません。
                    1社については、全ての株式を売却し
                    たため当社の関連会社ではなく
                    なっております。




                                          40/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書
                         前連結会計年度                 当連結会計年度
      項目              (自平成19年4月1日            (自平成20年4月1日
                       至平成20年3月31日)           至平成21年3月31日)
3.連結子会社の事業年度等     連結子会社のうち、必科温信息技術(上                同左
  に関する事項          海)有限公司の決算日は12月31日であり
                  ます。
                  連結財務諸表の作成に当たっては、決算日
                  現在の財務諸表を使用しております。ただ
                  し、連結決算日までの期間に発生した重要
                  な取引については、連結上必要な調整を
                  行っております。
4.会計処理基準に関する事
   項
 (1) 重要な資産の評価基準   イ.有価証券                  イ.有価証券
     及び評価方法        その他有価証券                 その他有価証券
                    時価のあるもの                 時価のあるもの
                     連結決算日の市場価格等に基づく               同左
                     時価法(評価差額は全部純資産直
                     入法により処理し、売却原価は移
                     動平均法により算定)
                    時価のないもの                 時価のないもの
                     移動平均法による原価法                   同左
                  ロ.たな卸資産                 ロ.たな卸資産
                                            評価基準は原価法(収益性の低下によ
                                            る簿価切下げの方法)によっておりま
                                            す。
                  (イ) 商品                   (イ) 商品
                       個別法による原価法                個別法による原価法
                  (ロ) 仕掛品                  (ロ) 仕掛品
                       個別法による原価法                個別法による原価法
                  (ハ) 貯蔵品                  (ハ) 貯蔵品
                       最終仕入原価法による原価法            最終仕入原価法による原価法
                                            (会計方針の変更)
                                            当連結会計年度より、「棚卸資産の評価
                                            に関する会計基準」(平成18年7月5
                                            日企業会計基準委員会企業会計基準
                                            第9号)を適用し、評価基準について
                                            は、原価法から原価法(収益性の低下に
                                            よる簿価切下げの方法)に変更してお
                                            ります。これによる損益に与える影響は
                                            ありません。




                               41/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書
                       前連結会計年度                   当連結会計年度
     項目              (自平成19年4月1日              (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)             至平成21年3月31日)
(2) 重要な減価償却資産の   イ.有形固定資産                 イ.有形固定資産(リース資産を除く)
    減価償却の方法       定率法を採用しております。            当社及び国内連結子会社は定率法を、ま
                  ただし、建物(建物附属設備を除く)に       た、在外連結子会社は当該国の会計基準
                  ついては、定額法によっております。        の規定に基づく定額法を採用しており
                  なお、耐用年数及び残存価額は、法人税       ます。
                  法に規定する方法と同一の基準に基づ        ただし、当社及び国内連結子会社におい
                  いております。                  て、建物(建物附属設備を除く)につい
                                           ては、定額法によっております。
                                           なお、主な耐用年数は、以下のとおりで
                                           あります。
                                            建物及び構築物 8∼50年
                                            工具、器具及び備品 3∼15年
                  (会計方針の変更)
                  法人税法の改正に伴い、当連結会計年度
                  より、平成19年4月1日以降に取得した
                  有形固定資産について、改正後の法人税
                  法に基づく減価償却の方法に変更して
                  おります。この変更による影響額は軽微
                  であります。
                  (追加情報)
                  法人税法の改正に伴い、平成19年3月31
                  日以前に取得した資産については、改正
                  前の法人税法に基づく減価償却の方法
                  の適用により取得価額の5%に到達し
                  た連結会計年度の翌連結会計年度より、
                  取得価額の5%相当額と備忘価額との
                  差額を5年間にわたり均等償却し、減価
                  償却費に含めて計上しております。この
                  変更による影響額は軽微であります。
                 ロ.無形固定資産                 ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
                  定額法を採用しております。            市場販売目的のソフトウエアについて
                  なお、耐用年数については、法人税法に       は市場における見込有効期間(3年)、
                  規定する方法と同一の基準に基づいて        自社利用のソフトウエアについては社
                  おります。                    内における利用可能期間(5年)に基
                  ただし、市場販売目的のソフトウエアに       づく定額法によっております。
                  ついては市場における見込有効期間
                  (3年)、自社利用のソフトウエアにつ
                  いては社内における利用可能期間(5
                  年)によっております。
                                          ハ.リース資産
                                           所有権移転外ファイナンス・リース取
                                           引に係るリース資産については、リース
                                           期間を耐用年数とし、残存価額を零とす
                                           る定額法を採用しております。
                                           なお、リース取引開始日が平成20年3月
                                           31日以前の所有権移転外ファイナンス
                                           ・リース取引については、通常の賃貸借
                                           取引に係る方法に準じた会計処理に
                                           よっております。




                              42/93
                                                            EDINET提出書類
                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                             有価証券報告書
                        前連結会計年度                当連結会計年度
     項目              (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                       至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
                 ハ.長期前払費用               ニ.長期前払費用
                  長期前払費用(ロイヤリティを除く)     長期前払費用(ロイヤリティを除く)
                  については、定額法を採用しており、ま     については、効果の及ぶ期間内で均等償
                  た、償却期間については、法人税法に規     却しております。
                  定する方法と同一の基準に基づいてお
                  ります。
(3) 重要な繰延資産の処理            ─────         社債発行費
    方法                                   支出時に全額費用として処理しており
                                         ます。
(4) 重要な引当金の計上基   イ.貸倒引当金                イ.貸倒引当金
    準             債権の貸倒れによる損失に備えるため、             同左
                  一般債権については貸倒実績率により、
                  貸倒懸念債権及び破産更生債権につい
                  ては、個別に回収可能性を勘案し、回収
                  不能見込額を計上しております。
                 ロ.賞与引当金                ロ.賞与引当金
                  従業員の賞与の支給に備えるため、実際              同左
                  支給見込額基準により計上しておりま
                  す。
                 ハ.役員賞与引当金              ハ.役員賞与引当金
                  役員の賞与の支出に備えるため、支給見            同左
                  込額に基づき計上しております。
                 ニ.退職給付引当金              ニ.退職給付引当金
                  従業員の退職給付に備えるため、当連結            同左
                  会計年度末における退職給付債務及び
                  年金資産の見込額に基づき、当連結会計
                  年度末において発生していると認めら
                  れる額を計上しております。
                  また、数理計算上の差異は、各連結会計
                  年度の発生時における従業員の平均残
                  存勤務期間以内の一定の年数(7年)
                  による定額法により按分した額をそれ
                  ぞれ発生の翌連結会計年度から費用処
                  理することとしております。
                 ホ.役員退職慰労引当金            ホ.役員退職慰労引当金
                  役員の退職慰労金の支出に備えるため、            同左
                  内規に基づく期末要支給額の全額を計
                  上しております。
(5) 連結財務諸表の作成の   外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物              同左
    基礎となった連結会社   為替相場により円貨に換算し、換算差額は
    の財務諸表の作成に当   損益として処理しております。
    たって採用した重要な   なお、在外子会社等の資産及び負債は、連
    外貨建の資産又は負債   結決算日の直物為替相場により円貨に換
    の本邦通貨への換算の   算し、収益及び費用も連結決算日の直物為
    基準           替相場により円貨に換算し、換算差額は
                 「純資産の部」における為替換算調整勘
                 定に含めております。




                             43/93
                                                             EDINET提出書類
                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                              有価証券報告書
                         前連結会計年度                当連結会計年度
      項目               (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                        至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
                                                 ─────
 (6) 重要なリース取引の処   リース物件の所有権が借主に移転すると
     理方法          認められるもの以外のファイナンス・
                  リース取引については、通常の賃貸借取引
                  に係る方法に準じた会計処理によってお
                  ります。
 (7) その他連結財務諸表作   消費税等の会計処理              消費税等の会計処理
     成のための重要な事項    税抜方式によっております。                 同左
5.連結子会社の資産及び負     全面時価評価法を採用しております。                同左
  債の評価に関する事項
6.のれん及び負ののれんの     5年間の定額法により償却を行っており               同左
  償却に関する事項        ます。
7.連結キャッシュ・フロー     手許現金、随時引き出し可能な預金及び容              同左
  計算書における資金の範     易に換金可能であり、かつ、価値の変動に
  囲               ついて僅少なリスクしか負わない取得日
                  から3ヵ月以内に償還期限の到来する短
                  期投資からなっております。



  【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
          前連結会計年度                     当連結会計年度
       (自平成19年4月1日                (自平成20年4月1日
        至平成20年3月31日)               至平成21年3月31日)
           ─────          (リース取引に関する会計基準)
                          所有権移転外ファイナンス・リース取引については、従
                          来、賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており
                          ましたが、当連結会計年度より「リース取引に関する会計
                          基準」(平成5年6月17日企業会計審議会第一部会、平
                          成19年3月30日改正企業会計基準委員会企業会計基準
                          第13号)及び「リース取引に関する会計基準の適用指
                          針」(平成6年1月18日日本公認会計士協会会計制度
                          委員会、平成19年3月30日改正企業会計基準委員会企業
                          会計基準適用指針第16号)が適用されたことに伴い、通常
                          の売買取引に係る方法に準じた会計処理によっておりま
                              す。この変更による影響額は軽微であります。
                              なお、リース取引開始日が適用初年度前の所有権移転外
                              ファイナンス・リース取引については、引き続き通常の賃
                              貸借取引に係る方法に準じた会計処理を適用しておりま
                              す。
                              (連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関
                                する当面の取扱い)
                              当連結会計年度より、「連結財務諸表作成における在外子
                              会社の会計処理に関する当面の取扱い」(平成18年5月
                              17日企業会計基準委員会実務対応報告第18号)を適用
                              しております。これによる損益に与える影響はありませ
                              ん。




                              44/93
                                                             EDINET提出書類
                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                              有価証券報告書
   【表示方法の変更】
           前連結会計年度                           当連結会計年度
        (自平成19年4月1日                      (自平成20年4月1日
         至平成20年3月31日)                     至平成21年3月31日)
(連結貸借対照表)                       (連結貸借対照表)
前連結会計年度において、投資その他の資産の「その他」      「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の
に含めて表示しておりました「長期預金」については、当      一部を改正する内閣府令」(平成20年8月7日内閣府令
連結会計年度において資産の総額の100分の5を         第50号)が適用となることに伴い、前連結会計年度におい
超えたため、区分掲記しております。               て、「たな卸資産」として掲記されていたものは、当連結
なお、前連結会計年度の投資その他の資産の「その他」に      会計年度から「商品」「仕掛品」「貯蔵品」に区分掲記
含まれている「長期預金」は、300,000千円であります。   しております。
                                なお、前連結会計年度の「たな卸資産」に含まれる「商
                                品」「仕掛品」「貯蔵品」は、それぞれ8,677千円、27,785
                                千円、3,227千円であります。
(連結キャッシュ・フロー計算書)
前連結会計年度において、営業活動によるキャッシュ・フ
ローの「その他」に含めて表示しておりました「未払金
の増加額」は、金額的な重要性が増したため区分掲記して
おります。
なお、前連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フ
ローの「その他」に含まれている未払金の減少は、43,129
千円であります。




                                45/93
                                                               EDINET提出書類
                                          株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                有価証券報告書
   【注記事項】
    (連結貸借対照表関係)
          前連結会計年度                             当連結会計年度
         (平成20年3月31日)                       (平成21年3月31日)
 ※1.関連会社に対するものは次のとおりであります。                        ─────
投資有価証券(株式)      383,022 千円

 ※2.担保に供している資産及びこれに対応する債務は        ※1.担保に供している資産及びこれに対応する債務は
     次のとおりであります。                      次のとおりであります。
   (イ) 担保に供している資産                   (イ) 担保に供している資産
     ① 共済会関連                          ① 共済会関連
       当社グループの役員及び従業員等の相互扶助を            当社グループの役員及び従業員等の相互扶助を
       目的として設立した当社共済会の金融機関から            目的として設立した当社共済会の金融機関から
       の借入金に対する担保資産                     の借入金に対する担保資産
長期預金            500,000 千円       現金及び預金          500,000 千円

   ② その他                            ② その他
    当社が取引銀行1行と締結している当座貸越契            当社が取引銀行1行と締結している当座貸越契
    約(極度額;10,000千円)に基づく担保資産          約(極度額;10,000千円)に基づく担保資産
現金及び預金           10,000 千円       現金及び預金           10,000 千円

  (ロ) 上記に対応する債務                      (ロ) 上記に対応する債務
    ① 共済会関連                            ① 共済会関連
     平成20年3月31日現在において、担保資産に対          平成21年3月31日現在において、担保資産に対
     応する債務残高は423,611千円であり、「保証債        応する債務残高は420,748千円であり、「保証債
     務」に含まれております。                     務」に含まれております。
    ② その他                            ② その他
     平成20年3月31日現在において、当該契約による         平成21年3月31日現在において、当該契約による
     借入れは実行されておりませんので、担保資産に           借入れは実行されておりませんので、担保資産に
     対応する債務残高はありません。                  対応する債務残高はありません。
  3.保証債務                           2.保証債務
    当社従業員及び共済会の金融機関からの借入金に           当社従業員及び共済会の金融機関からの借入金に
    対して債務保証を行っており、内訳は次のとおりで          対して債務保証を行っており、内訳は次のとおりで
    あります。                            あります。
従業員                11,597 千円     従業員                10,843 千円
共済会               423,611        共済会               420,748
 計                435,209         計                  431,592




                                 46/93
                                                                      EDINET提出書類
                                                 株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                       有価証券報告書
    (連結損益計算書関係)
          前連結会計年度                               当連結会計年度
        (自平成19年4月1日                         (自平成20年4月1日
         至平成20年3月31日)                        至平成21年3月31日)
 ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額            ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額
    は次のとおりであります。                         は次のとおりであります。
貸倒引当金繰入額             779 千円          貸倒引当金繰入額              20 千円
給料手当           1,369,459             給料手当           1,288,817
賞与引当金繰入額          85,470             賞与引当金繰入額          69,271
役員賞与引当金繰入額        15,000             退職給付引当金繰入額        50,962
退職給付引当金繰入額        66,171             役員退職慰労引当金繰入額      21,498
役員退職慰労引当金繰入額      23,974             減価償却費             42,357
減価償却費             48,521             長期前払費用償却           1,931
長期前払費用償却           1,276

 ※2.一般管理費に含まれている研究開発費の金額は            ※2.一般管理費に含まれている研究開発費の金額は
    28,062千円であります。                      49,509千円であります。
 ※3.固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。                            ─────
車両運搬具              412 千円
工具、器具及び備品           36
 計                 448

※4.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。                               ─────
工具、器具及び備品       1,026 千円



   (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 前連結会計年度末 当連結会計年度増      当連結会計年度減                当連結会計年度末
     株式の種類
                 株式数         加株式数       少株式数                    株式数
発行済株式
 普通株式        (株)         4,150,000           ―             ―       4,150,000
        合計               4,150,000           ―             ―       4,150,000
自己株式
 普通株式        (株)           295,995           ―             ―         295,995
        合計                 295,995           ―             ―         295,995




                                     47/93
                                                                              EDINET提出書類
                                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                               有価証券報告書
       2.配当に関する事項
        (1) 配当金支払額

                               配当金の総額        1株当たり配当
       決議           株式の種類                                       基準日        効力発生日
                               (千円)          額(円)
平成19年5月18日
              普通株式        134,890     35 平成19年3月31日 平成19年6月25日
取締役会
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額                  1株当たり配
    決議           株式の種類               配当の原資                     基準日         効力発生日
                          (千円)                    当額(円)
平成20年5月21日
                 普通株式       96,350   利益剰余金                25 平成20年3月31日 平成20年6月30日
取締役会

        当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                          前連結会計年度末       当連結会計年度増          当連結会計年度減      当連結会計年度末
       株式の種類
                          株式数            加株式数              少株式数          株式数
発行済株式
 普通株式               (株)      4,150,000               ―               ―      4,150,000
            合計               4,150,000               ―               ―      4,150,000
自己株式
 普通株式               (株)        295,995               ―               ―        295,995
            合計                 295,995               ―               ―        295,995
       2.配当に関する事項
        (1)配当金支払額

                               配当金の総額        1株当たり配当
       決議           株式の種類                                       基準日        効力発生日
                               (千円)          額(円)
平成20年5月21日
              普通株式             96,350         25 平成20年3月31日 平成20年6月30日
取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                   配当金の総額             1株当たり配
    決議      株式の種類            配当の原資                 基準日       効力発生日
                   (千円)               当額(円)
平成21年5月22日
            普通株式      57,810 利益剰余金          15 平成21年3月31日 平成21年6月29日
取締役会




                                          48/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書
    (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
           前連結会計年度                          当連結会計年度
        (自平成19年4月1日                     (自平成20年4月1日
         至平成20年3月31日)                    至平成21年3月31日)
 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記        現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記
 されている科目の金額との関係                   されている科目の金額との関係
                 (平成20年3月31日現在)                   (平成21年3月31日現在)
現金及び預金勘定            1,863,510 千円 現金及び預金勘定            2,186,760 千円
預入期間が3ヵ月を超える定期預金 △211,000        預入期間が3ヵ月を超える定期預金 △211,800
現金及び現金同等物           1,652,510   現金及び現金同等物             1,974,960




                                49/93
                                                                                 EDINET提出書類
                                                            株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                                  有価証券報告書
      (リース取引関係)
             前連結会計年度                                         当連結会計年度
          (自平成19年4月1日                                    (自平成20年4月1日
           至平成20年3月31日)                                   至平成21年3月31日)
              ─────                             所有権移転外ファイナンス・リース取引
                                                (借主側)
                                                1.リース資産の内容
                                                   有形固定資産
                                                   パーソナルコンピュータ等の事務機器(工具、器具
                                                   及び備品)であります。
                                                2.リース資産の減価償却の方法
                                                   「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
                                                   4.会計処理基準に関する事項 (2) 重要な減価償却
                                                   資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの                       なお、リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権
以外のファイナンス・リース取引                                 移転外ファイナンス・リース取引については、通常の賃貸
(借主側)                                           借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内
                                                容は次のとおりであります。
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                       (1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額                             額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
          取得価額相 減価償却累          減損損失累     期末残高相              取得価額相 減価償却累           減損損失累      期末残高相
  区分      当額       計額相当額       計額相当額     当額          区分     当額       計額相当額        計額相当額      当額
           (千円)     (千円)        (千円)      (千円)               (千円)     (千円)         (千円)       (千円)
車両運搬具        5,719    3,050          ―      2,669 車両運搬具        5,719    4,194           ―       1,525
工具、器具及び                                           工具、器具及び
            10,558     3,186        ―       7,371             10,558     5,298           ―      5,260
備品                                                備品
   合計       16,278     6,237        ―      10,041    合計       16,278     9,492           ―      6,785

 2.未経過リース料期末残高相当額等                              (2) 未経過リース料期末残高相当額等
   未経過リース料期末残高相当額                                   未経過リース料期末残高相当額
1年内               3,285 千円                     1年内                 3,442 千円
1年超               7,187                        1年超                 3,745
 合計                        10,473                合計                              7,187

リース資産減損勘定の残高        ― 千円                       リース資産減損勘定の残高          ― 千円
 3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償                     (3) 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償
   却費相当額、支払利息相当額及び減損損失                              却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料                3,650 千円                 支払リース料                  3,650 千円
リース資産減損勘定の取崩額                                  リース資産減損勘定の取崩額
                         ―                                                ―
減価償却費相当額              3,255                    減価償却費相当額                3,255
支払利息相当額                 511                    支払利息相当額                   364
減損損失                     ―                     減損損失                       ―
 4.減価償却費相当額の算定方法                                (4) 減価償却費相当額の算定方法
   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額                         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額
  法によっております。                                        法によっております。
5.利息相当額の算定方法                                    (5) 利息相当額の算定方法
  リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差                           リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差
  額を利息相当額とし、各期への配分方法については、                          額を利息相当額とし、各期への配分方法については、
  利息法によっております。                                      利息法によっております。




                                                50/93
                                                                    EDINET提出書類
                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                     有価証券報告書
    (有価証券関係)
      前連結会計年度(平成20年3月31日)
     1.その他有価証券で時価のあるもの
                                              連結貸借対照表計上
    区分           種類         取得原価(千円)                           差額(千円)
                                              額(千円)
            (1) 株式                 124,117          665,887       541,770
            (2) 債券
              ①国債・地方債等                 ―                ―            ―
連結貸借対照表計上
              ②社債                      ―                ―            ―
額が取得原価を超え
るもの           ③その他                     ―                ―            ―
            (3) その他                     ―                ―            ―
                 小計                124,117           665,887      541,770
            (1) 株式                      ―                ―            ―
            (2) 債券
              ①国債・地方債等                 ―                ―            ―
連結貸借対照表計上
              ②社債                      ―                ―            ―
額が取得原価を超え
ないもの          ③その他                     ―                ―            ―
            (3) その他                     ―                ―            ―
                 小計                     ―                ―            ―
            合計                     124,117           665,887      541,770
(注)上記「取得原価」は減損後の帳簿価額であります。


     2.当連結会計年度中に売却したその他有価証券(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)

     売却額(千円)              売却益の合計額(千円)                売却損の合計額(千円)
                 100                         100                     ―
     3.時価評価されていない有価証券
          内容                  連結貸借対照表計上額(千円)
 その他有価証券
  非上場株式                                              475,685




                                51/93
                                                                    EDINET提出書類
                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                     有価証券報告書
      当連結会計年度(平成21年3月31日)
     1.その他有価証券で時価のあるもの
                                               連結貸借対照表計上
    区分           種類         取得原価(千円)                            差額(千円)
                                               額(千円)
            (1) 株式                128,575            528,916       400,340
            (2) 債券
              ①国債・地方債等                   ―               ―            ―
連結貸借対照表計上
              ②社債                        ―               ―            ―
額が取得原価を超え
るもの           ③その他                       ―               ―            ―
            (3) その他                       ―               ―            ―
                 小計               128,575             528,916      400,340
            (1) 株式                     4,275            3,723        △552
            (2) 債券
              ①国債・地方債等                   ―                ―             ―
連結貸借対照表計上
              ②社債                        ―                ―             ―
額が取得原価を超え
ないもの          ③その他                       ―                ―             ―
            (3) その他                       ―                ―             ―
                 小計                    4,275            3,723        △552
            合計                    132,850             532,639      399,788
(注)上記「取得原価」は減損後の帳簿価額であります。


     2.時価評価されていない有価証券
          内容                  連結貸借対照表計上額(千円)
 その他有価証券
  非上場株式                                               475,685



    (デリバティブ取引関係)
      前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20年4月
      1日至平成21年3月31日)
      当社グループはデリバティブ取引を全く利用しておりませんので、該当事項はありません。




                               52/93
                                                                    EDINET提出書類
                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                     有価証券報告書
     (退職給付関係)
             前連結会計年度                          当連結会計年度
          (自平成19年4月1日                     (自平成20年4月1日
           至平成20年3月31日)                    至平成21年3月31日)
1.採用している退職給付制度の概要               1.採用している退職給付制度の概要
   当社及び国内連結子会社の一部は、次のとおり確定給         当社及び国内連結子会社の一部は、次のとおり確定給
   付型の制度を設定しております。                  付型の制度を設定しております。
 (1) 退職一時金                        (1) 退職一時金
     退職金規程に基づく退職一時金制度を採用してお           退職金規程に基づく退職一時金制度を採用してお
     ります。                             ります。
 (2) 適格退職年金                       (2) 適格退職年金
     当社は、昭和51年8月18日から従業員退職金の75%       当社は、昭和51年8月18日から従業員退職金の
     について、適格退職年金制度を採用しております。          75%について、適格退職年金制度を採用しておりま
                                      す。
 (3) 厚生年金基金                       (3) 厚生年金基金
     当社は、昭和57年2月1日から従来の退職金制度に         当社は、昭和57年2月1日から従来の退職金制度に
     上乗せして、全国情報サービス産業厚生年金基金           上乗せして、全国情報サービス産業厚生年金基金
     (総合設立型)に加入しております。                (総合設立型)に加入しております。
   なお、要拠出額を退職給付費用として処理している複         なお、要拠出額を退職給付費用として処理している複
   数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。         数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
   ① 制度全体の積立状況に関する事項                ① 制度全体の積立状況に関する事項
                   (平成19年3月31日現在)                    (平成20年3月31日現在)
年金資産の額          414,972,369 千円    年金資産の額                392,848,769 千円
年金財政計算上の給付債務                      年金財政計算上の給付債務
                358,004,290                             406,325,318
の額                                の額
差引額              56,968,079       差引額                   △13,476,548

  ② 制度全体に占める当社及び一部子会社の掛金拠                 ② 制度全体に占める当社及び一部子会社の掛金拠
    出割合                                     出割合
                     (平成19年3月31日現在)                          (平成20年3月31日現在)
                           0.2 %                                  0.2 %
  ③ 補足説明                                  ③ 補足説明
   上記①の差引額の主な要因は、年金財政計算上の剰                 上記①の差引額の主な要因は、年金財政計算上の不
   余金58,044,804千円であります。                    足金11,811,351千円であります。
   なお、上記②の割合は実際の負担割合とは一致して                 なお、上記②の割合は実際の負担割合とは一致して
   おりません。                                  おりません。




                                  53/93
                                                                        EDINET提出書類
                                                   株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                         有価証券報告書
           前連結会計年度                                    当連結会計年度
        (自平成19年4月1日                               (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)                             至平成21年3月31日)
2.退職給付債務に関する事項(平成20年3月31日)                2.退職給付債務に関する事項(平成21年3月31日)
                 退職一時金      適格退職年金                         退職一時金      適格退職年金
     項目                                         項目
                  (千円)       (千円)                           (千円)       (千円)
①退職給付債務           △203,183   △309,953    ①退職給付債務           △183,411   △250,393
②年金資産                   ―      404,566   ②年金資産                   ―      319,996
③小計(①+②)          △203,183      94,612   ③小計(①+②)          △183,411      69,602
④未認識数理計算上の差                              ④未認識数理計算上の差
                      3,466   △136,153                        △22,860   △113,098
  異                                          異
⑤合計(③+④)          △199,716    △41,540    ⑤合計(③+④)          △206,271    △43,496
⑥前払年金費用                 ―           ―    ⑥前払年金費用                 ―           ―
⑦退職給付引当金                                 ⑦退職給付引当金
                   △199,716    △41,540                       △206,271    △43,496
  (⑤−⑥)                                      (⑤−⑥)
 (注)一部の子会社は、退職給付債務の算定にあた                   (注)一部の子会社は、退職給付債務の算定にあた
                                               り、簡便法を採用しております。
    り、簡便法を採用しております。
3.退職給付費用に関する事項                            3.退職給付費用に関する事項
         項目               金額(千円)                   項目        金額(千円)
①勤務費用                       55,430       ①勤務費用                55,119
②利息費用                        8,511       ②利息費用                 8,261
③期待運用収益                    △10,439       ③期待運用収益             △16,991
④数理計算上の差異の費用処理額             30,270       ④数理計算上の差異の費用処理額      20,379
⑤退職給付費用(①+②+③+④)            83,773       ⑤退職給付費用(①+②+③+④)     66,768
 (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費                  (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費
    用は、「①勤務費用」に含めております。                      用は、「①勤務費用」に含めております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項                     4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
(1)割引率                   2.0 %            (1)割引率                  2.0 %
(2)期待運用収益率               2.5 %            (2)期待運用収益率              4.2 %
(3)退職給付見込額の期間配分方法    期間定額基準               (3)退職給付見込額の期間配分方法   期間定額基準
(4)その他の退職給付債務等の計算の基礎に関する事項                (4)その他の退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
     数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時に                   数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時に
     おける従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年                   おける従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
     数(7年)による定額法により按分した額をそれ                   数(7年)による定額法により按分した額をそれ
     ぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理すること                   ぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理すること
     としております。                                 としております。
 (追加情報)
 当連結会計年度より、「『退職給付に係る会計基準』の一
 部改正(その2)」(平成19年5月15日企業会計基準第
 14号)を適用しております。




                                          54/93
                                                                  EDINET提出書類
                                             株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                   有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
         前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
       ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
        (1) ストック・オプションの内容
会社名                  当社
決議年月日                平成15年6月23日
                     役員 6名
付与対象者の区分及び人数         従業員等29名
株式の種類別のストック・オプショ
                     普通株式100,000株
ンの数(注)
付与日               平成15年9月8日
                  ① 新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても当社の取締役、監
                    査役、執行役員及び従業員並びに顧問等の地位にあることを要す。ただし、後
                    述の権利行使期間に定める店頭登録あるいは上場後に、任期満了による退
                    任、定年退職及び特に取締役会が認めた場合はこの限りではない。
 権利確定条件
                  ② 新株予約権の質入れその他の処分は認めない。
                  ③ その他の条件は、平成15年6月23日開催の定時株主総会及びその後の取締役
                    会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契
                    約」に定めるところによる。
 対象勤務期間                             ─────
                  平成15年9月8日から平成25年6月21日までとする。
                  ただし、当社の株式に係る株券が店頭登録有価証券として日本証券業協会に登
 権利行使期間
                  録された後又は当社株券が日本国内の証券取引所に上場された後1年を経過
                  するまでは、本件新株予約権は行使することができない。
(注)株式数に換算して記載しております。




                                     55/93
                                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                             有価証券報告書
      (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につい
        ては、株式数に換算して記載しております。
        ①ストック・オプションの数


会社名                     当社
決議年月日                   平成15年6月23日
権利確定前             (株)
 前連結会計年度末                                     63,000
 付与                                               ―
 失効                                               ―
 権利確定                                             ―
 未確定残                                         63,000
権利確定後             (株)
 前連結会計年度末                                         ―
 権利確定                                             ―
 権利行使                                             ―
 失効                                               ―
 未行使残                                             ―
         ②単価情報
会社名                      当社
決議年月日                    平成15年6月23日
権利行使価格             (円)                                 990
行使時平均株価        (円)                                      ―
付与日における公正な評価単価 (円)                                      ―




                                      56/93
                                                                 EDINET提出書類
                                            株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                  有価証券報告書
        当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
      ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
       (1) ストック・オプションの内容
会社名                 当社
決議年月日               平成15年6月23日
                    役員 6名
付与対象者の区分及び人数        従業員等29名
株式の種類別のストック・オプショ
                    普通株式100,000株
ンの数(注)
付与日               平成15年9月8日
                  ① 新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても当社の取締役、監
                    査役、執行役員及び従業員並びに顧問等の地位にあることを要す。ただし、後
                    述の権利行使期間に定める店頭登録あるいは上場後に、任期満了による退
                    任、定年退職及び特に取締役会が認めた場合はこの限りではない。
 権利確定条件
                  ② 新株予約権の質入れその他の処分は認めない。
                  ③ その他の条件は、平成15年6月23日開催の定時株主総会及びその後の取締役
                    会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契
                    約」に定めるところによる。
 対象勤務期間                             ─────
                  平成15年9月8日から平成25年6月21日までとする。
                  ただし、当社の株式に係る株券が店頭登録有価証券として日本証券業協会に登
 権利行使期間
                  録された後又は当社株券が日本国内の証券取引所に上場された後1年を経過
                  するまでは、本件新株予約権は行使することができない。
(注)株式数に換算して記載しております。




                                    57/93
                                                                            EDINET提出書類
                                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                             有価証券報告書
      (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につい
        ては、株式数に換算して記載しております。
        ①ストック・オプションの数


会社名                     当社
決議年月日                   平成15年6月23日
権利確定前             (株)
 前連結会計年度末                                     63,000
 付与                                               ―
 失効                                           20,000
 権利確定                                             ―
 未確定残                                         43,000
権利確定後             (株)
 前連結会計年度末                                         ―
 権利確定                                             ―
 権利行使                                             ―
 失効                                               ―
 未行使残                                             ―
         ②単価情報
会社名                      当社
決議年月日                    平成15年6月23日
権利行使価格             (円)                                 990
行使時平均株価        (円)                                      ―
付与日における公正な評価単価 (円)                                      ―




                                      58/93
                                                                EDINET提出書類
                                           株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                 有価証券報告書
     (税効果会計関係)
           前連結会計年度                           当連結会計年度
          (平成20年3月31日)                     (平成21年3月31日)
 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
   の内訳                               の内訳
繰延税金資産                           繰延税金資産
  流動資産                             流動資産
   収益計上繰延           329,134 千円      収益計上繰延           161,496 千円
   賞与引当金             46,911         賞与引当金             37,766
   その他              122,139         その他               81,723
    計                                 計
                    498,186                          280,986
  固定資産                             固定資産
   ソフトウエア           128,817         繰越欠損金            273,520
   退職給付引当金           97,481         ソフトウエア           121,229
   役員退職慰労引当金         48,570         退職給付引当金          101,116
   その他               87,516         その他               96,177
    小計                                小計
                    362,386                          592,043
   評価性引当額         △315,830          評価性引当額         △592,043
    計                                 計
                     46,555                               ―
繰延税金資産合計                         繰延税金資産合計
                   544,742                             280,986
繰延税金負債                           繰延税金負債
 固定負債                             固定負債
                  △220,446                            △162,674
  その他有価証券評価差額金                       その他有価証券評価差額金
  その他              △57,011           その他               △42,116
   計                                  計
                  △277,458                            △204,790
繰延税金負債合計                         繰延税金負債合計
                  △277,458                            △204,790
繰延税金資産の純額                        繰延税金資産の純額
                   267,283                              76,195

 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
   率との差異の原因となった主な項目別の内訳             率との差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率                 40.7 %    法定実効税率                  40.7 %
(調整)                             (調整)
交際費損金不算入額               5.6      交際費損金不算入額               21.4
受取配当金益金不算入額           △10.0      受取配当金益金不算入額           △28.6
住民税均等割額                 3.0      住民税均等割額                  9.0
税率差異                    0.1      税率差異                     1.2
評価性引当額                △10.4      評価性引当額                 221.4
その他                    11.4      その他                     29.4
税効果会計適用後の法人税等の負担率                税効果会計適用後の法人税等の負担率
                       40.4                             294.5




                                 59/93
                                                       EDINET提出書類
                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                        有価証券報告書
(企業結合等関係)
  前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
  該当事項はありません。


  当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
  該当事項はありません。



(セグメント情報)
 【事業の種類別セグメント情報】
  前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20年4月1
  日至平成21年3月31日)
  当社グループは、同一セグメントに属するソフトウエアの開発、販売を行っており、当該事業以外に事業の種
  類がないため該当事項はありません。


 【所在地別セグメント情報】
  前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20年4月1
  日至平成21年3月31日)
  本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占
  める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。


 【海外売上高】
  前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)及び当連結会計年度(自平成20年4月1
  日至平成21年3月31日)
  海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。




                          60/93
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                                              有価証券報告書
       【関連当事者情報】
        前連結会計年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     役員及び個人主要株主等
                                                議決権等の          関係内容
                      資本金又
                                事業の内容又は         所有(被所                                        取引金額           期末残高
    属性    氏名    住所    は出資金                                                    取引の内容                    科目
                                                           役員の         事業上
                                職業              有)割合                                         (千円)           (千円)
                      (千円)                                 兼任等         の関係
                                                 (%)
                                当社取締役及び
                                                                             InterBusiness
                                                (被所有)
                                InterBusiness
役員       野口芳延    −         −                                   −        −    Corporationへ     16,125   −      −
                                Corporation      直接0.1
                                                                             の支払手数料
                                President&CEO
(注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
    2.取引条件及び取引条件の決定方針等
     支払手数料については、契約期間ごとにその都度交渉のうえ、一般的取引条件と同様に決定しております。


        当連結会計年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
      (追加情報)
       当連結会計年度より、「関連当事者の開示に関する会計基準」(平成18年10月17日企業会計基準第11号)及び
       「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(平成18年10月17日企業会計基準適用指針第13号)を適用
       しております。
       この結果、従来の開示対象範囲に加えて、連結財務諸表提出会社の重要な子会社の役員が開示対象に追加されてお
       ります。
     関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
     (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                                                議決権等の
         会社等の         資本金又
                                                           関連当事者との
                                事業の内容又は         所有(被所                                        取引金額           期末残高
         名称又は
    種類          所在地   は出資金                                                    取引の内容                    科目
                                職業              有)割合                                         (千円)           (千円)
                                                           関係
         氏名           (千円)
                                                 (%)
                                                (所有)
その他      ㈱ビジネ   東京都                               直接8.0
                                コンサルティン
の関係      スコンサ   千代田   410,000                                      −         配当金の受取          32,832    −      −
                                グ業              (被所有)
会社       ルタント   区
                                                 直接 18.4
(注)上記議決権等の被所有割合に加え、同社と緊密な者の被所有割合は6.4%(直接)であります。


     (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                                                議決権等の
         会社等の         資本金又
                                                           関連当事者との
                                事業の内容又は         所有(被所                                        取引金額           期末残高
         名称又は
    種類          所在地   は出資金                                                    取引の内容                    科目
                                職業              有)割合                                         (千円)           (千円)
                                                           関係
         氏名           (千円)
                                                 (%)
                                当社取締役及び                    InterBusiness
                                                                             コンサルティ
                                                (被所有)
                                InterBusiness              Corporationとの
役員       野口芳延    −     −                                                     ング契約に伴           14,035   −      −
                                Corporation      直接0.1    コンサルティン
                                                                             う支払手数料
                                President&CEO              グ契約
                                                           ㈱HITCの金
                                                                             子会社の借入
子会社                             ㈱HITC                      融機関からの借
         工藤祐一    −     −                           −                         に対する債務          289,828   −      −
の役員                             代表取締役                      入に対する債務
                                                                             保証
                                                           保証
(注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
   2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          支払手数料については、契約期間ごとにその都度交渉のうえ、一般的取引条件と同様に決定しております。







                                                       61/93
                                                                       EDINET提出書類
                                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                        有価証券報告書
    (1株当たり情報)
          前連結会計年度                                      当連結会計年度
        (自平成19年4月1日                                (自平成20年4月1日
         至平成20年3月31日)                               至平成21年3月31日)
1株当たり純資産額                             1株当たり純資産額
                         1,023.24 円                                  931.28 円

1株当たり当期純利益                            1株当たり当期純損失(△)
                     40.57 円                              △44.06 円
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、
潜在株式が存在しておりますが、当社株式は非上場のた             潜在株式が存在しておりますが、当社株式は非上場のた
め、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりま            め、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりま
せん。                                   せん。
(注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前連結会計年度                           当連結会計年度
           項目
                         (平成20年3月31日)                      (平成21年3月31日)
 純資産の部の合計額       (千円)            4,138,249                         3,756,528
 純資産の部の合計額から控除す
                 (千円)              194,642                             167,342
 る金額
 (うち少数株主持分)                       (194,642)                           (167,342)
 普通株式に係る期末の純資産額  (千円)            3,943,606          3,589,185
 1株当たり純資産額の算定に用
                  (千株)               3,854              3,854
 いられた期末の普通株式の数
(注)2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前連結会計年度            当連結会計年度
          項目            (自平成19年4月1日       (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)      至平成21年3月31日)
 当期純利益又は当期純損失(△) (千円)              156,362          △169,837
普通株主に帰属しない金額    (千円)                               ―                        ―
普通株式に係る当期純利益又は
                (千円)                          156,362                △169,837
普通株式に係る当期純損失(△)
期中平均株式数         (千株)                            3,854                    3,854
潜在株式の概要                     新株予約権1種類(新株予約権の             新株予約権1種類(新株予約権の
                            数 63個)。                     数 43個)。
                            これらの詳細については、「第4             これらの詳細については、「第4提
                            提出会社の状況1 株式等の状況            出会社の状況1 株式等の状
                            (2) 新株予約権等の状況」に記           況(2) 新株予約権等の状況」に記
                            載のとおりであります。                 載のとおりであります。



     (重要な後発事象)
   該当事項はありません。




                                      62/93
                                                                                   EDINET提出書類
                                                              株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                                    有価証券報告書
     ⑤【連結附属明細表】
      【社債明細表】
                                       前期末残高         当期末残高
  会社名           銘柄          発行年月日                                    利率(%)          担保          償還期限
                                        (千円)          (千円)
当社          第12回無担保社債     平成17年9月30日     500,000       500,000           0.89       なし    平成22年9月30日
当社          第13回無担保社債     平成20年8月29日          ―          500,000         0.82       なし    平成27年8月28日
     合計          −             −         500,000      1,000,000              −      −            −
(注)連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額は次のとおりであります。
   1年以内     1年超2年以内     2年超3年以内  3年超4年以内                                          4年超5年以内
   (千円)       (千円)        (千円)     (千円)                                             (千円)
        ―       500,000        ―        ―                                                ―



          【借入金等明細表】
                                          前期末残高              当期末残高               平均利率
                     区分                                                                    返済期限
                                           (千円)               (千円)                (%)
短期借入金                                        60,000            120,000             3.68         ―
1年以内に返済予定の長期借入金                                59,804               53,972         2.86         ―
1年以内に返済予定のリース債務                                      ―               1,285         3.89       ―
                                                                                          平成22年6月∼
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                        58,512              116,856         3.31
                                                                                          平成26年7月
                                                                                          平成24年5月∼
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              ―               3,521         3.91
                                                                                          平成25年9月
その他有利子負債                                             ―                  ―            ―        ―
                     合計                       178,316              295,634           ―          ―
(注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
    2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ご
       との返済予定額は次のとおりであります。
              1年超2年以内     2年超3年以内     3年超4年以内     4年超5年以内
     区分
                (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
 長期借入金             39,752      29,662      27,240      19,522
リース債務                       1,274           1,325                      631                290




  (2)【その他】
      重要な訴訟事件等
       当社は、フクダ電子㈱に対する売掛残金(322,350千円)及び商事法定利率年6分の遅延損害金の支払を求
      め、平成21年3月24日に東京地方裁判所に同社を提訴しており、現在係争中であります。




                                             63/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書

2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                                                             (単位:千円)

                            前事業年度                    当事業年度
                         (平成20年3月31日)             (平成21年3月31日)
資産の部
 流動資産
                                      1,307,671               1,779,349
  現金及び預金                        ※2                      ※2
  受取手形                                                                 −
                                        12,600
                                                                  987,355
  売掛金                                 1,045,897          ※1
  仕掛品                                   15,180                     23,428
  貯蔵品                                    1,149                        856
  前払費用                                 145,977                    165,231
  繰延税金資産                               467,914                    256,604
  短期貸付金                                 31,604                     23,100
  未収入金                                 114,016                     93,761
                                                                   51,729
  その他                                   42,371               ※1
                                      △19,179                     △17,818
  貸倒引当金
  流動資産合計                              3,165,205               3,363,598
 固定資産
  有形固定資産
    建物                                 608,390                 609,299
                                      △228,994                △247,951
      減価償却累計額
        建物(純額)                         379,396                    361,348
    構築物                                21,472                      21,472
                                      △15,718                     △16,417
     減価償却累計額
        構築物(純額)                          5,753                      5,054
    工具、器具及び備品                          181,332                 182,128
                                      △145,112                △153,913
     減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)                   36,220                     28,214
    土地                                 204,653                    204,653
    有形固定資産合計                           626,024                    599,271
  無形固定資産
   特許権                                   9,772                      9,772
   ソフトウエア                              279,775                    278,265
   電話加入権                                13,496                     13,496
    無形固定資産合計                           303,044                    301,534
  投資その他の資産
   投資有価証券                             1,141,573               1,008,325
   関係会社株式                               891,475                 811,811
   長期前払費用                                14,127                  14,612
                                        500,000
    長期預金                                                               −
                                 ※2
    敷金及び保証金                            139,527                 155,555
    その他                                     −                      495
                                      △161,711                △186,452
    投資損失引当金
    投資その他の資産合計                        2,524,993               1,804,348
  固定資産合計                              3,454,062               2,705,154
 資産合計                                 6,619,267               6,068,753




                        64/93
                                               EDINET提出書類
                          株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                有価証券報告書
                                                  (単位:千円)

                     前事業年度                   当事業年度
                  (平成20年3月31日)            (平成21年3月31日)
負債の部
 流動負債
                                                       239,969
  買掛金                          209,546           ※1
                               676,069
  未払金                                                   71,472
                         ※1
  未払法人税等                        40,485                   8,289
  未払費用                          94,080                  81,637
  前受金                           86,656                 107,259
  預り金                           17,282                  17,207
  前受収益                         430,364                 442,600
  賞与引当金                         80,291                  73,383
                                                            −
  役員賞与引当金                       15,000
  流動負債合計                      1,649,776               1,041,819
 固定負債
  社債                           500,000                1,000,000
  繰延税金負債                       277,458                  204,790
  退職給付引当金                      202,639                  205,209
  役員退職慰労引当金                     65,106                   53,880
  長期前受収益                        31,361                   14,738
  固定負債合計                      1,076,564               1,478,618
 負債合計                         2,726,341               2,520,438
純資産の部
 株主資本
   資本金                         809,250                 809,250
   資本剰余金
    資本準備金                      659,250                 659,250
    資本剰余金合計                    659,250                 659,250
  利益剰余金
   利益準備金                       186,950                 186,950
   その他利益剰余金
     プログラム等準備金                   52,548                  31,493
     固定資産圧縮積立金                   30,552                  29,895
     別途積立金                    1,400,000               1,400,000
     繰越利益剰余金                    734,748                 496,057
    利益剰余金合計                   2,404,799               2,144,397
  自己株式                        △301,697                △301,697
  株主資本合計                      3,571,602               3,311,200
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                 321,324                 237,114
  評価・換算差額等合計                   321,324                 237,114
 純資産合計                        3,892,926               3,548,314
負債純資産合計                       6,619,267               6,068,753




                 65/93
                                                               EDINET提出書類
                                          株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                有価証券報告書

 ②【損益計算書】
                                                                      (単位:千円)

                              前事業年度                         当事業年度
                          (自平成19年4月1日                  (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)                至平成21年3月31日)
売上高
 プロダクト売上高                                  2,932,389                   2,531,038
 プロフェッショナルサービス及びその他売上高                       990,719                   1,083,461
 売上高合計                                     3,923,108                   3,614,500
売上原価
 プロダクト売上原価                                  775,581                     812,084
 プロフェッショナルサービス及びその他売上原
                                            602,631                     609,717
 価
 売上原価合計                                    1,378,212                   1,421,802
売上総利益                                      2,544,895                   2,192,698
                                           2,339,908                   2,273,081
販売費及び一般管理費                       ※2, ※3                      ※2, ※3

営業利益又は営業損失(△)                                                          △80,383
                                            204,987
営業外収益
 受取利息                                         7,728                       8,443
                                            121,351                     122,296
 受取配当金                                ※1                          ※1
 受取保険金                                           −                       32,021
 関係会社受取手数料                                   23,807                      26,217
 雑収入                                         24,013                      36,578
 営業外収益合計                                    176,900                     225,558
営業外費用
 社債利息                                         7,466                      11,455
 社債発行費                                           −                       23,539
 貸倒引当金繰入額                                                                    −
                                             16,513
 為替差損                                           755                       7,089
                                                                             −
 雑損失                                            109
 営業外費用合計                                     24,844                      42,085
経常利益                                        357,043                     103,090
特別利益
 投資有価証券売却益                                                                   −
                                                 100
 貸倒引当金戻入額                                         −                       1,389
                                                  −
 退職給付引当金戻入額                                                              74,412
 特別利益合計                                          100                     75,801
特別損失
                                                 448
 固定資産売却損                                                                     −
                                            ※4
                                                 917
 固定資産除却損                                                                     −
                                            ※5
 関係会社株式売却損                                                                   −
                                             35,423
 投資有価証券評価損                                                                   −
                                              9,264
 関係会社株式評価損                                   10,475                      79,663
 投資損失引当金繰入額                                      −                       24,741
 契約解除費用                                      70,612                      36,124
 特別損失合計                                     127,142                     140,529
税引前当期純利益                                    230,001                      38,363
法人税、住民税及び事業税                                100,000                       6,000
                                           △41,354
法人税等調整額                                                                 196,415
法人税等合計                                       58,645                     202,415
当期純利益又は当期純損失(△)                                                        △164,052
                                            171,356




                         66/93
                                                                  EDINET提出書類
                                             株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                   有価証券報告書

   【プロダクト売上原価明細書】
                            前事業年度                            当事業年度
                        (自平成19年4月1日                     (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)                    至平成21年3月31日)
                   注記                   構成比                              構成比
      区分                 金額(千円)                           金額(千円)
                   番号                   (%)                              (%)
Ⅰ労務費                           158,827  51.5                    195,675  63.3
Ⅱ外注費                           102,024  33.1                     63,380  20.5
Ⅲ経費
 1.資料費                      69                               ―
 2.地代家賃                 10,332                           14,897
 3.減価償却費                 5,383                            6,102
 4.長期前払費用償却                130                              245
                        31,682     47,598    15.4        28,754    50,000    16.2
 5.その他
  当期総製造費用                         308,450   100.0                 309,055   100.0
  他勘定振替高                          148,146                         176,855
                                  522,195                         563,084
Ⅳロイヤリティ
  当期プロダクト制作原価                     682,499                         695,285
Ⅴソフトウエア償却費                        93,081                         116,799
当期プロダクト売上原価                       775,581                         812,084
(原価計算の方法)
プロダクト自社開発については、実際原価に基づいて個別法による原価法を実施しております。


(注)他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
                                      前事業年度                     当事業年度
              項目                  (自平成19年4月1日              (自平成20年4月1日
                                   至平成20年3月31日)             至平成21年3月31日)
前払金への振替高(千円)                                  ―                      2,795
ソフトウエア(無形固定資産)への振替高
                                               120,083                124,550
(千円)
研究開発費(販売費及び一般管理費)への振替高(千円)                      28,062                 49,509
          合計(千円)                               148,146                176,855




                                 67/93
                                                                    EDINET提出書類
                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                     有価証券報告書
   【プロフェッショナルサービス及びその他売上原価明細書】
                             前事業年度                        当事業年度
                     (自平成19年4月1日                     (自平成20年4月1日
                        至平成20年3月31日)                  至平成21年3月31日)
                注記                      構成比                         構成比
       区分              金額(千円)                          金額(千円)
                番号                      (%)                         (%)
(プロフェッショナルサービス
 売上原価)
Ⅰ労務費                           247,508  43.5                  241,352    41.3
Ⅱ外注費                           268,566  47.2                  288,309    49.3
Ⅲ経費
 1.地代家賃               19,638                          21,326
 2.減価償却費               4,379                           4,034
 3.長期前払費用償却              210                             314
                      28,855     53,084   9.3         29,360    55,035     9.4
 4.その他
  当期総製造費用                           569,159   100.0            584,698   100.0
  期首仕掛品たな卸高                           6,636                     15,180
  期末仕掛品たな卸高                          15,180                     23,428
当期プロフェッショナルサービ
                                    560,616                    576,450
ス売上原価
(その他売上原価)
Ⅰ商品売上原価
 1.期首商品たな卸高                   ―                           ―
                          19,236                      14,293
 2.当期商品仕入高
     小計                   19,236                      14,293
                              ―                           ―
 3.期末商品たな卸高                          19,236    45.8             14,293    43.0
Ⅱ公開講座経費                              1,840     4.4              1,207     3.6
Ⅲその他                                20,937    49.8             17,766    53.4
 当期その他売上原価                    42,015 100.0      33,267                   100.0
 当期プロフェッショナルサービ
                             602,631           609,717
 ス及びその他売上原価
(原価計算の方法)
プロフェッショナルサービスについては、実際原価に基づいて個別法による原価法を実施しております。




                                   68/93
                                                    EDINET提出書類
                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                     有価証券報告書

 ③【株主資本等変動計算書】
                                                    (単位:千円)

                           前事業年度                当事業年度
                       (自平成19年4月1日         (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)       至平成21年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                         809,250              809,250
   当期変動額
                                       −                    −
     当期変動額合計
   当期末残高                         809,250              809,250
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                        659,250              659,250
    当期変動額
                                       −                    −
     当期変動額合計
    当期末残高                        659,250              659,250
   資本剰余金合計
    前期末残高                        659,250              659,250
    当期変動額
                                       −                    −
      当期変動額合計
    当期末残高                        659,250              659,250
 利益剰余金
  利益準備金
    前期末残高                        186,950              186,950
    当期変動額
                                       −                    −
     当期変動額合計
    当期末残高                        186,950              186,950
   その他利益剰余金
    プログラム等準備金
      前期末残高                       73,603               52,548
      当期変動額
                                △21,055              △21,055
       プログラム等準備金の取崩
       当期変動額合計                  △21,055              △21,055
      当期末残高                       52,548               31,493
    特別償却準備金
     前期末残高                                                  −
                                   1,034
     当期変動額
                                 △1,034                     −
       特別償却準備金の取崩
       当期変動額合計                   △1,034                     −
      当期末残高                            −                    −
    固定資産圧縮積立金
     前期末残高                        31,208               30,552
     当期変動額
                                  △656                 △656
       固定資産圧縮積立金の取崩
       当期変動額合計                    △656                 △656
      当期末残高                       30,552               29,895




                      69/93
                                                     EDINET提出書類
                                株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                      有価証券報告書
                                                      (単位:千円)

                            前事業年度                 当事業年度
                        (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                       至平成20年3月31日)        至平成21年3月31日)
  別途積立金
   前期末残高                         1,400,000             1,400,000
   当期変動額
                                        −                     −
     当期変動額合計
    当期末残高                        1,400,000             1,400,000
  繰越利益剰余金
   前期末残高                          675,536               734,748
   当期変動額
     剰余金の配当                      △134,890               △96,350
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   △164,052
                                  171,356
     プログラム等準備金の取崩                  21,055                21,055
     特別償却準備金の取崩                                              −
                                    1,034
     固定資産圧縮積立金の取崩                     656                   656
     当期変動額合計                                           △238,690
                                   59,211
    当期末残高                         734,748               496,057
 利益剰余金合計
  前期末残高                          2,368,333             2,404,799
  当期変動額
    剰余金の配当                       △134,890               △96,350
    当期純利益又は当期純損失(△)                                    △164,052
                                  171,356
    プログラム等準備金の取崩                       −                     −
    特別償却準備金の取崩                         −                     −
                                       −                     −
    固定資産圧縮積立金の取崩
    当期変動額合計                                            △260,402
                                   36,466
  当期末残高                          2,404,799             2,144,397
自己株式
 前期末残高                           △301,697              △301,697
 当期変動額
                                        −                     −
   当期変動額合計
 当期末残高                           △301,697              △301,697
株主資本合計
 前期末残高                           3,535,136             3,571,602
 当期変動額
   剰余金の配当                        △134,890               △96,350
                                                       △164,052
   当期純利益又は当期純損失(△)                171,356
  当期変動額合計                                              △260,402
                                   36,466
 当期末残高                           3,571,602             3,311,200




                       70/93
                                                       EDINET提出書類
                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                        有価証券報告書
                                                        (単位:千円)

                              前事業年度                 当事業年度
                          (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)        至平成21年3月31日)
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                            625,491               321,324
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   △304,167              △84,209
    額)
    当期変動額合計                        △304,167              △84,209
  当期末残高                             321,324               237,114
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                             625,491               321,324
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   △304,167              △84,209
    額)
    当期変動額合計                        △304,167              △84,209
  当期末残高                             321,324               237,114
純資産合計
 前期末残高                             4,160,627             3,892,926
 当期変動額
   剰余金の配当                          △134,890               △96,350
   当期純利益又は当期純損失(△)                                       △164,052
                                    171,356
                                   △304,167               △84,209
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                          △267,701              △344,611
 当期末残高                             3,892,926             3,548,314




                         71/93
                                                           EDINET提出書類
                                      株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                            有価証券報告書

  【重要な会計方針】
                        前事業年度                 当事業年度
     項目             (自平成19年4月1日          (自平成20年4月1日
                     至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び   子会社株式及び関連会社株式         子会社株式及び関連会社株式
  評価方法           移動平均法による原価法                    同左
                その他有価証券               その他有価証券
                 時価のあるもの               時価のあるもの
                  決算日の市場価格等に基づく時価               同左
                  法(評価差額は全部純資産直入法に
                  より処理し、売却原価は移動平均法に
                  より算定)
                 時価のないもの                時価のないもの
                  移動平均法による原価法                     同左
2.たな卸資産の評価基準及                         評価基準は原価法(収益性の低下による簿
  び評価方法                               価切下げの方法)によっております。
                商品                    商品
                 個別法による原価法             個別法による原価法
                仕掛品                   仕掛品
                 個別法による原価法             個別法による原価法
                貯蔵品                   貯蔵品
                 最終仕入原価法による原価法         最終仕入原価法による原価法
                                       (会計方針の変更)
                                       当事業年度より、「棚卸資産の評価に関
                                       する会計基準」(平成18年7月5日企
                                       業会計基準委員会企業会計基準第9
                                       号)を適用し、評価基準については、原価
                                       法から原価法(収益性の低下による簿価
                                       切下げの方法)に変更しております。こ
                                       れによる損益に与える影響はありませ
                                       ん。




                            72/93
                                                             EDINET提出書類
                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                              有価証券報告書
                        前事業年度                      当事業年度
     項目             (自平成19年4月1日             (自平成20年4月1日
                     至平成20年3月31日)            至平成21年3月31日)
3.固定資産の減価償却の方   有形固定資産                   有形固定資産(リース資産を除く)
  法              定率法を採用しております。            定率法を採用しております。
                 ただし、建物(建物附属設備を除く)に       ただし、建物(建物附属設備を除く)に
                 ついては、定額法によっております。        ついては、定額法によっております。
                 なお、耐用年数及び残存価額は、法人税       なお、主な耐用年数は、以下のとおりで
                 法に規定する方法と同一の基準に基づ        あります。
                                           建物 8∼50年
                 いております。
                                           工具、器具及び備品 4∼15年
                 (会計方針の変更)
                 法人税法の改正に伴い、当事業年度よ
                 り、平成19年4月1日以降に取得した有
                 形固定資産について、改正後の法人税法
                 に基づく減価償却の方法に変更してお
                 ります。この変更による影響額は軽微で
                 あります。
                 (追加情報)
                 法人税法の改正に伴い、平成19年3月31
                 日以前に取得した資産については、改正
                 前の法人税法に基づく減価償却の方法
                 の適用により取得価額の5%に到達し
                 た事業年度の翌事業年度より、取得価額
                 の5%相当額と備忘価額との差額を5
                 年間にわたり均等償却し、減価償却費に
                 含めて計上しております。この変更によ
                 る影響額は軽微であります。
                無形固定資産                   無形固定資産(リース資産を除く)
                 定額法を採用しております。            市場販売目的のソフトウエアについて
                 なお、耐用年数については、法人税法に       は市場における見込有効期間(3年)、
                 規定する方法と同一の基準に基づいて        自社利用のソフトウエアについては社
                 おります。                    内における利用可能期間(5年)に基
                 ただし、市場販売目的のソフトウエアに       づく定額法によっております。
                 ついては市場における見込有効期間
                 (3年)、自社利用のソフトウエアにつ
                 いては社内における利用可能期間(5
                 年)によっております。
                                         リース資産
                                          所有権移転外ファイナンス・リース取
                                          引に係るリース資産については、リース
                                          期間を耐用年数とし、残存価額を零とす
                                          る定額法を採用しております。
                                          なお、リース取引開始日が平成20年3月
                                          31日以前の所有権移転外ファイナンス
                                          ・リース取引については、通常の賃貸借
                                          取引に係る方法に準じた会計処理に
                                          よっております。




                             73/93
                                                            EDINET提出書類
                                       株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                             有価証券報告書
                         前事業年度                  当事業年度
     項目             (自平成19年4月1日            (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)          至平成21年3月31日)
                長期前払費用                  長期前払費用
                 長期前払費用(ロイヤリティを除く)       長期前払費用(ロイヤリティを除く)
                 については、定額法を採用しており、ま      については、効果の及ぶ期間内で均等償
                 た、償却期間については、法人税法に規      却しております。
                 定する方法と同一の基準に基づいてお
                 ります。
4.繰延資産の処理方法            ─────            社債発行費
                                         支出時に全額費用として処理しており
                                         ます。
5.外貨建の資産及び負債の   外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替                 同左
  本邦通貨への換算基準    相場により円貨に換算し、換算差額は損益
                として処理しております。
6.引当金の計上基準      (1) 貸倒引当金               (1) 貸倒引当金
                  債権の貸倒れによる損失に備えるため、                同左
                  一般債権については貸倒実績率により、
                  貸倒懸念債権及び破産更生債権につい
                  ては、個別に回収可能性を勘案し、回収
                  不能見込額を計上しております。
                (2) 投資損失引当金             (2) 投資損失引当金
                  関係会社等への投資について、実質価額                同左
                  の下落による損失に備えるため、当該会
                  社の財政状態等を勘案して必要と認め
                  られる額を計上しております。
                (3) 賞与引当金               (3) 賞与引当金
                  従業員の賞与の支給に備えるため、実際                同左
                  支給見込額基準により計上しておりま
                  す。
                (4) 役員賞与引当金             (4) 役員賞与引当金
                  役員の賞与の支出に備えるため、支給見              同左
                  込額に基づき計上しております。
                (5) 退職給付引当金             (5) 退職給付引当金
                  従業員の退職給付に備えるため、当期末              同左
                  における退職給付債務及び年金資産の
                  見込額に基づき、当期末において発生し
                  ていると認められる額を計上しており
                  ます。
                  また、数理計算上の差異は、各期の発生
                  時における従業員の平均残存勤務期間
                  以内の一定の年数(7年)による定額
                  法により按分した額をそれぞれ発生の
                  翌期から費用処理することとしており
                  ます。
                (6) 役員退職慰労引当金           (6) 役員退職慰労引当金
                  役員の退職慰労金の支出に備えるため、              同左
                  内規に基づく期末要支給額の全額を計
                  上しております。




                               74/93
                                                           EDINET提出書類
                                      株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                            有価証券報告書
                         前事業年度                 当事業年度
     項目             (自平成19年4月1日           (自平成20年4月1日
                      至平成20年3月31日)         至平成21年3月31日)
7.リース取引の処理方法    リース物件の所有権が借主に移転すると             ─────
                認められるもの以外のファイナンス・
                リース取引については、通常の賃貸借取
                引に係る方法に準じた会計処理によって
                おります。
8.その他財務諸表作成のた   消費税等の会計処理              消費税等の会計処理
  めの基本となる重要な事    税抜方式によっております。                 同左
  項



  【会計処理方法の変更】
           前事業年度                           当事業年度
       (自平成19年4月1日                   (自平成20年4月1日
        至平成20年3月31日)                   至平成21年3月31日)
           ─────             (リース取引に関する会計基準)
                             所有権移転外ファイナンス・リース取引については、従
                             来、賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており
                             ましたが、当事業年度より「リース取引に関する会計基
                             準」(平成5年6月17日企業会計審議会第一部会、平成
                             19年3月30日改正企業会計基準委員会企業会計基準第
                             13号)及び「リース取引に関する会計基準の適用指針」
                             (平成6年1月18日日本公認会計士協会会計制度委員
                             会、平成19年3月30日改正企業会計基準委員会企業会計
                             基準適用指針第16号)が適用されたことに伴い、通常の売
                             買取引に係る方法に準じた会計処理によっております。こ
                             の変更による損益に与える影響はありません。
                             なお、リース取引開始日が適用初年度前の所有権移転外
                             ファイナンス・リース取引については、引き続き通常の賃
                             貸借取引に係る方法に準じた会計処理を適用しておりま
                             す。




                            75/93
                                                                   EDINET提出書類
                                              株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                    有価証券報告書
   【注記事項】
     (貸借対照表関係)
            前事業年度                              当事業年度
         (平成20年3月31日)                       (平成21年3月31日)
 ※1.関係会社に係る注記                       ※1.関係会社に係る注記
    区分掲記されたもの以外で、各科目に含まれている            区分掲記されたもの以外で、各科目に含まれている
    関係会社に対する主なものは次のとおりでありま             関係会社に対する主なものは次のとおりでありま
    す。                                 す。
未払金              30,250 千円         売掛金              22,637 千円
                                   その他(流動資産)        21,122
                                   買掛金              31,939
 ※2.担保に供している資産及びこれに対応する債務は          ※2.担保に供している資産及びこれに対応する債務は
     次のとおりであります。                        次のとおりであります。
   (イ) 担保に供している資産                     (イ) 担保に供している資産
     ① 共済会関連                            ① 共済会関連
       当社グループの役員及び従業員等の相互扶助を              当社グループの役員及び従業員等の相互扶助を
       目的として設立した当社共済会の金融機関から              目的として設立した当社共済会の金融機関から
       の借入金に対する担保資産                       の借入金に対する担保資産
長期預金            500,000 千円         現金及び預金          500,000 千円

     ② その他                                 ② その他
      取引銀行1行と締結している当座貸越契約(極                 取引銀行1行と締結している当座貸越契約(極
    度額;10,000千円)に基づく担保資産               度額;10,000千円)に基づく担保資産
現金及び預金           10,000 千円         現金及び預金           10,000 千円

   (ロ) 上記に対応する債務                      (ロ) 上記に対応する債務
     ① 共済会関連                            ① 共済会関連
       平成20年3月31日現在において、担保資産に対            平成21年3月31日現在において、担保資産に対
       応する債務残高は423,611千円であり、「保証債          応する債務残高は420,748千円であり、「保証債
       務」に含まれております。                       務」に含まれております。
     ② その他                              ② その他
       平成20年3月31日現在において、当該契約による           平成21年3月31日現在において、当該契約による
       借入れは実行されておりませんので、担保資産に             借入れは実行されておりませんので、担保資産に
       対応する債務残高はありません。                    対応する債務残高はありません。
  3.保証債務                             3.保証債務
     当社従業員及び共済会の金融機関からの借入金に             当社従業員及び共済会の金融機関からの借入金に
     対して債務保証を行っており、内訳は次のとおりで            対して債務保証を行っており、内訳は次のとおりで
     あります。                              あります。
従業員                  11,597 千円     従業員                  10,843 千円
共済会                 423,611        共済会                 420,748
 計                435,209           計                   431,592




                                   76/93
                                                          EDINET提出書類
                                     株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                           有価証券報告書
     (損益計算書関係)
             前事業年度                        当事業年度
         (自平成19年4月1日                 (自平成20年4月1日
          至平成20年3月31日)                至平成21年3月31日)
 ※1.関係会社に係る注記                 ※1.関係会社に係る注記
    区分掲記されたもの以外で、各科目に含まれている      区分掲記されたもの以外で、各科目に含まれている
    関係会社に対する主なものは次のとおりでありま       関係会社に対する主なものは次のとおりでありま
    す。                           す。
受取配当金              51,382 千円 受取配当金              51,807 千円
 ※2.販売費及び一般管理費のうち販売費に属する費用    ※2.販売費及び一般管理費のうち販売費に属する費用
    のおおよその割合は73%であり、一般管理費に       のおおよその割合は72%であり、一般管理費に
    属する費用のおおよその割合は27%であります。      属する費用のおおよその割合は28%であります。
    なお、主要な費目及び金額は次のとおりであります。     なお、主要な費目及び金額は次のとおりでありま
                                 す。
貸倒引当金繰入額              767 千円 貸倒引当金繰入額               29 千円
給料手当            1,103,606    給料手当            1,027,549
賞与引当金繰入額           60,823    賞与引当金繰入額           55,438
役員賞与引当金繰入額         15,000    退職給付引当金繰入額         47,012
退職給付引当金繰入額         61,859    役員退職慰労引当金繰入額       13,404
役員退職慰労引当金繰入額       14,784    法定福利費             151,308
法定福利費             165,035    支払手数料             172,211
支払手数料             147,275    地代家賃              140,350
地代家賃              130,658    減価償却費              28,812
減価償却費              34,432    長期前払費用償却            1,808
長期前払費用償却            1,332

 ※3.一般管理費に含まれている研究開発費の金額は    ※3.一般管理費に含まれている研究開発費の金額は
    28,062千円であります。              49,509千円であります。
 ※4.固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。                ─────
車両運搬具              412 千円
工具、器具及び備品           36
 計               448

 ※5.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。                ─────
工具、器具及び備品        917 千円




                             77/93
                                                                   EDINET提出書類
                                              株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                    有価証券報告書
    (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
     自己株式の種類及び株式数に関する事項

                     前事業年度末株式        当事業年度増加株     当事業年度減少株   当事業年度末株式
       株式の種類
                     数               式数           式数         数
普通株式           (株)       295,995            ―            ―       295,995
        合計                 295,995            ―         ―          295,995
       当事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
     自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   前事業年度末株式 当事業年度増加株              当事業年度減少株   当事業年度末株式
      株式の種類
                   数           式数                 式数         数
普通株式         (株)       295,995         ―                 ―       295,995
        合計                 295,995            ―         ―          295,995




                                      78/93
                                                                                    EDINET提出書類
                                                               株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                                     有価証券報告書
      (リース取引関係)
              前事業年度                                             当事業年度
          (自平成19年4月1日                                      (自平成20年4月1日
           至平成20年3月31日)                                     至平成21年3月31日)
              ─────                               所有権移転外ファイナンス・リース取引
                                                  (借主側)
                                                  平成20年4月1日以降に開始した所有権移転外ファイナ
                                                  ンス・リース取引はありません。
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの                         なお、リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権
以外のファイナンス・リース取引                                   移転外ファイナンス・リース取引については、通常の賃貸
(借主側)                                             借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内
                                                  容は次のとおりであります。
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                         (1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額                               額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
          取得価額相 減価償却累        減損損失累      期末残高相                  取得価額相 減価償却累        減損損失累      期末残高相
  区分      当額    計額相当額        計額相当額      当額                区分   当額    計額相当額        計額相当額      当額
           (千円)  (千円)         (千円)       (千円)                   (千円)  (千円)         (千円)       (千円)
工具、器具及び                                           工具、器具及び
            6,847   1,826           ―     5,021                  6,847   3,195           ―     3,652
備品                                                備品

 2.未経過リース料期末残高相当額等                                 (2) 未経過リース料期末残高相当額等
   未経過リース料期末残高相当額                                      未経過リース料期末残高相当額
1年内               1,348 千円                        1年内                 1,379 千円
1年超               3,749                           1年超                 2,370
 合計                         5,097                  合計                            3,749

リース資産減損勘定の残高                    ― 千円              リース資産減損勘定の残高                       ― 千円

 3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償                        (3) 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償
   却費相当額、支払利息相当額及び減損損失                                 却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料               1,450 千円                     支払リース料                 1,450 千円
リース資産減損勘定の取崩額                                     リース資産減損勘定の取崩額
                        ―                                                   ―
減価償却費相当額             1,369                        減価償却費相当額               1,369
支払利息相当額                133                        支払利息相当額                  102
減損損失                    ―                         減損損失                      ―
 4.減価償却費相当額の算定方法                                   (4) 減価償却費相当額の算定方法
   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額                            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額
   法によっております。                                          法によっております。
 5.利息相当額の算定方法                                      (5) 利息相当額の算定方法
   リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差                             リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差
   額を利息相当額とし、各期への配分方法については、                            額を利息相当額とし、各期への配分方法については、
   利息法によっております。                                        利息法によっております。



      (有価証券関係)
        前事業年度(平成20年3月31日)及び当事業年度(平成21年3月31日)のいずれにおいても子会社株式及
        び関連会社株式で時価のあるものはありません。




                                                  79/93
                                                                EDINET提出書類
                                           株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                 有価証券報告書
     (税効果会計関係)
            前事業年度                             当事業年度
          (平成20年3月31日)                     (平成21年3月31日)
 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
   の内訳                               の内訳
繰延税金資産                           繰延税金資産
  流動資産                             流動資産
   収益計上繰延           320,381 千円      収益計上繰延           150,618 千円
   賞与引当金             32,670         賞与引当金             29,859
   その他              114,863         その他               76,126
    計                                 計
                    467,914                          256,604
  固定資産                             固定資産
   ソフトウエア           100,005         繰越欠損金            174,047
   退職給付引当金           82,454         退職給付引当金           83,499
   投資損失引当金           65,800         ソフトウエア            83,210
   その他               92,662         その他              188,668
    小計                                小計
                    340,922                          529,426
   評価性引当額         △340,922          評価性引当額         △529,426
    計                                 計
                         −                                −
繰延税金資産合計                         繰延税金資産合計
                      467,914                          256,604
繰延税金負債                           繰延税金負債
 固定負債                             固定負債
                   △220,446                           △162,674
  その他有価証券評価差額金                       その他有価証券評価差額金
  その他               △57,011          その他               △42,116
   計                                  計
                   △277,458                           △204,790
繰延税金負債合計                         繰延税金負債合計
                   △277,458                           △204,790
繰延税金資産の純額                        繰延税金資産の純額
                      190,456                           51,813

 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
   率との差異の原因となった主な項目別の内訳             率との差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率                 40.7 %    法定実効税率                  40.7 %
(調整)                             (調整)
交際費損金不算入額               6.9      交際費損金不算入額               52.3
受取配当金益金不算入額           △12.2      受取配当金益金不算入額           △73.2
住民税均等割額                 2.9      住民税均等割額                 17.3
評価性引当額                △15.4      評価性引当額                 491.4
その他                     2.6      その他                    △0.9
税効果会計適用後の法人税等の負担率                税効果会計適用後の法人税等の負担率
                       25.5                             527.6



    (企業結合等関係)
      前事業年度(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)
        該当事項はありません。


        当事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)
        該当事項はありません。




                                 80/93
                                                                       EDINET提出書類
                                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                        有価証券報告書
    (1株当たり情報)
            前事業年度                                      当事業年度
        (自平成19年4月1日                               (自平成20年4月1日
         至平成20年3月31日)                              至平成21年3月31日)
1株当たり純資産額                1,010.09 円   1株当たり純資産額                     920.68 円

1株当たり当期純利益            44.46 円         1株当たり当期純損失(△)         △42.56円
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、
 潜在株式が存在しておりますが、当社株式は非上場のた             潜在株式が存在しておりますが、当社株式は非上場のた
 め、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりま            め、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりま
 せん。                                   せん。
(注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前事業年度              当事業年度
           項目
                         (平成20年3月31日)       (平成21年3月31日)
 純資産の部の合計額       (千円)            3,892,926           3,548,314
 純資産の部の合計額から控除す
                 (千円)                    ―                  ―
 る金額
 普通株式に係る期末の純資産額  (千円)            3,892,926           3,548,314
 1株当たり純資産額の算定に用
                 (千株)                 3,854              3,854
 いられた期末の普通株式の数
(注)2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前事業年度               当事業年度
           項目           (自平成19年4月1日        (自平成20年4月1日
                         至平成20年3月31日)       至平成21年3月31日)
 当期純利益又は当期純損失(△) (千円)               171,356           △164,052
普通株主に帰属しない金額        (千円)                           ―                      ―
普通株式に係る当期純利益又は
                    (千円)                      171,356               △164,052
普通株式に係る当期純損失(△)
期中平均株式数             (千株)                        3,854                  3,854
潜在株式の概要                     新株予約権1種類(新株予約権の             新株予約権1種類(新株予約権の
                            数 63個)。                     数 43個)。
                            これらの詳細については、「第4提            これらの詳細については、「第4提
                            出会社の状況1 株式等の状況            出会社の状況1 株式等の状況
                            (2) 新株予約権等の状況」に記載           (2) 新株予約権等の状況」に記載
                            のとおりであります。                  のとおりであります。



    (重要な後発事象)
    該当事項はありません。




                                      81/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書
  ④【附属明細表】
   【有価証券明細表】
    【株式】
                                                        貸借対照表計上額
                 銘柄                      株式数(株)
                                                          (千円)
               ㈱ビーエスピー                        635,000        497,840
               三信㈱                              8,300          215,800
               ㈱リンクレア                         609,000          158,560
               ㈱静岡中央銀行                        325,000          101,075
                                               54,720           26,046
               ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
投資有価証   その他有
券       価証券    ㈱ムトウ                            10,792            5,029
               ㈱T&Dホールディングス                     1,500            3,532
                                                   20              250
               ㈱ローレル インテリジェント システムズ
               日本精線㈱                            1,000              191
                         小計                 1,645,332        1,008,325
                  計                         1,645,332        1,008,325




                                 82/93
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                  株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                                        有価証券報告書
       【有形固定資産等明細表】
                                                               当期末減価償
                                                                      当期末減損損                        差引当期末
                前期末残高       当期増加額      当期減少額      当期末残高        却累計額又は                 当期償却額
  資産の種類                                                               失累計額                          残高
                 (千円)       (千円)        (千円)       (千円)        償却累計額                   (千円)
                                                                       (千円)                          (千円)
                                                                (千円)
有形固定資産
 建物               608,390        908         ―       609,299      247,951         ―      18,956      361,348
 構築物               21,472         ―          ―        21,472       16,417         ―         698        5,054
 工具、器具及び備品        181,332        796         ―       182,128      153,913         ―         8,801     28,214
 土地               204,653         ―          ―       204,653           ―          ―            ―     204,653
 有形固定資産計        1,015,849      1,704         ―     1,017,553      418,282         ―      28,457      599,271
無形固定資産
 特許権                9,772        ―           ―         9,772           ―          ―            ―       9,772
 ソフトウエア         1,496,558    125,842         ―     1,622,400    1,344,135         ―     127,352      278,265
                                            ―
 電話加入権             13,496         ―                   13,496           ―          ―          ―        13,496
 無形固定資産計        1,519,827    125,842         ―     1,645,669    1,344,135         ―     127,352      301,534
長期前払費用          1,077,508      5,339      2,482    1,080,365    1,065,753         ―         2,372     14,612
繰延資産
       ―               ―         ―           ―             ―           ―          ―            ―          ―
  繰延資産計                ―         ―           ―             ―           ―          ―            ―          ―
(注)当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
ソフトウエア     市場販売目的のソフトウエア取得                                      124,550 千円
           自社利用のソフトウエア取得                                          1,291



       【引当金明細表】
                                                                当期減少額           当期減少額
                            前期末残高         当期増加額                                                当期末残高
           区分                                                  (目的使用)           (その他)
                             (千円)          (千円)                                                 (千円)
                                                                 (千円)            (千円)
 貸倒引当金                           19,179               29                            1,389            17,818
                                                                            ―
 投資損失引当金                        161,711           24,741                ―              ―            186,452
 賞与引当金                           80,291           73,383           80,291              ―             73,383
 役員賞与引当金                         15,000               ―            15,000              ―                 ―
 役員退職慰労引当金                       65,106           13,404           24,630              ―             53,880
(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、個別債権の回収による戻入額であります。




                                                   83/93
                                                                         EDINET提出書類
                                                    株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                          有価証券報告書
  (2)【主な資産及び負債の内容】
    a.資産の部
     イ.現金及び預金

                 区分                                     金額(千円)
 現金                                                                       428
 預金
  当座預金                                                                 60,531
  普通預金                                                                  8,389
  通知預金                                                              1,000,000
  定期預金                                                                710,000
                 小計                                                 1,778,920
                 合計                                                 1,779,349


       ロ.売掛金
        (イ) 相手先別内訳

                相手先                                     金額(千円)
 フクダ電子㈱                                                               319,725
 ㈱タイネット                                                                55,740
 ㈱スギ薬局                                                                 26,250
 ㈱ウィルコム                                                                26,207
 サッポロビール㈱                                                              25,725
 その他                                                                  533,707
                 合計                                                   987,355


    (ロ) 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
 前期繰越高     当期発生高   当期回収高               次期繰越高
                                                      回収率(%)            滞留期間(日)
  (千円)      (千円)    (千円)                (千円)
                                                                         (A) + (D)
                                                                          ─────
                                                       (C)                   2
      (A)       (B)        (C)           (D)         ───── × 100         ──────
                                                    (A) + (B)               (B)
                                                                          ─────
                                                                             365
  1,045,897    3,794,764   3,853,306      987,355            79.6                97.7
(注)消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。



       ハ.仕掛品
            区分                                          金額(千円)
 プロフェッショナルサービス                                                         23,428
                 合計                                                    23,428




                                       84/93
                                                 EDINET提出書類
                            株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                  有価証券報告書
   ニ.貯蔵品
              区分                金額(千円)
出荷用資材                                        568
医療用備品                                        262
マニュアル類                                        25
              合計                             856



   ホ.関係会社株式

              会社名               金額(千円)
㈱データ総研                                   123,200
㈱アスペックス                                   60,000
㈱ビーティス                                    20,000
㈱タイムキューブ テクノロジーズ                          80,000
㈱ビーアイティ・サポート                              20,000
㈱HITC                                     49,284
TimeCube Inc.                            106,995
必科温信息技術(上海)有限公司                           24,400
㈱ビジネスコンサルタント                             327,932
              合計                         811,811




                    85/93
                                                           EDINET提出書類
                                      株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                            有価証券報告書
   b.負債の部
    イ.買掛金

            相手先                           金額(千円)
 日本オラクル㈱                                             61,277
 日本アイ・ビー・エム㈱                                         44,230
 SAPジャパン㈱                                            18,538
 ㈱HITC                                               16,758
 ウイングアーク テクノロジーズ㈱                                    10,885
 その他                                                 88,278
             合計                                     239,969


    ロ.前受収益
             相手先                          金額(千円)
 あいおい損害保険㈱                                           11,559
 稲畑産業㈱                                               10,629
 宗教法人真如苑                                              9,599
 ㈱スギ薬局                                                8,115
 ゼリア新薬工業㈱                                             6,804
 その他                                                395,891
             合計                                     442,600



    ハ.社債
             銘柄                           金額(千円)
 第12回無担保社債                                          500,000
 第13回無担保社債                                          500,000
             合計                                   1,000,000
(注)発行年月日、利率等については、「1連結財務諸表等(1) 連結財務諸表⑤連結附属明細表社債明細表」に記
    載しております。



  (3)【その他】
      重要な訴訟事件等
       当社は、フクダ電子㈱に対する売掛残金(322,350千円)及び商事法定利率年6分の遅延損害金の支払を求
      め、平成21年3月24日に東京地方裁判所に同社を提訴しており、現在係争中であります。




                              86/93
                                                                   EDINET提出書類
                                              株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                                    有価証券報告書

第6【提出会社の株式事務の概要】
 事業年度              4月1日から3月31日まで
 定時株主総会            6月中
 基準日               3月31日
 株券の種類             10,000株券5,000株券1,000株券
 剰余金の配当の基準日        9月30日、3月31日
 1単元の株式数           100株
 株式の名義書換え
                   東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
  取扱場所
                   三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部
                   東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
  株主名簿管理人
                   三菱UFJ信託銀行株式会社
  取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社本店及び全国各支店
  名義書換手数料          無料
  新券交付手数料          無料
 単元未満株式の買取り
                   東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
  取扱場所
                   三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部
                   東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
  株主名簿管理人
                   三菱UFJ信託銀行株式会社
  取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社本店及び全国各支店
  買取手数料            無料
 公告掲載方法            官報に掲載する。
 株主に対する特典          該当事項はありません。
 株式の譲渡制限           定款の規定により株式の譲渡制限を行っております。
(注)当社は、単元未満株式についての権利に関し、以下のとおり定款に定めております。
  当会社の単元未満株式を有する株主(実質株主を含む。)は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以
  外の権利を行使することができない。
  (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
  (2)株主の有する株式数に応じて募集株式又は募集新株予約権の割当を受ける権利




                                 87/93
                                                         EDINET提出書類
                                    株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                          有価証券報告書
第7【提出会社の参考情報】
1【提出会社の親会社等の情報】
 当社は非上場であるため該当事項はありません。


2【その他の参考情報】
 当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
 (1)有価証券報告書及びその添付書類
 事業年度(第32期)(自平成19年4月1日至平成20年3月31日)平成20年6月27日関東財務局長に提出
 (2)半期報告書
 (第33期中)(自平成20年4月1日至平成20年9月30日)平成20年12月18日関東財務局長に提出
 (3)臨時報告書
 平成20年6月11日関東財務局長に提出
 企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(監査公認会計士等の異動)の規定に基づく臨時報告
 書であります。




                            88/93
                                                  EDINET提出書類
                             株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                   有価証券報告書

第二部【提出会社の保証会社等の情報】
   該当事項はありません。




                     89/93
                                                             EDINET提出書類
                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                              有価証券報告書

                       独立監査人の監査報告書

                                                        平成20年6月27日


株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー



 取締役会御中

                      三興監査法人
 代表社員
           公認会計士   奥田基樹㊞
 業務執行社員

 代表社員
           公認会計士   辻村茂樹㊞
 業務執行社員
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
る株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーの平成19年4月1日から平成20年3月31日までの連結会計年度の
連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書
及び連結附属明細表について監査を行った。この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の
立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監
査法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基
礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体
としての連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的
な基礎を得たと判断している。
当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
会社ビーコンインフォメーションテクノロジー及び連結子会社の平成20年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって
終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているも
のと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                             以上


(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
     ます。
   2.連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                                90/93
                                                             EDINET提出書類
                                        株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                              有価証券報告書

                       独立監査人の監査報告書

                                                        平成21年6月29日

株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー


 取締役会御中

                      東陽監査法人
 指定社員
           公認会計士   小杉真剛㊞
 業務執行社員

 指定社員
           公認会計士 奥田基樹㊞
 業務執行社員

 指定社員
           公認会計士 辻村茂樹㊞
 業務執行社員
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
る株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーの平成20年4月1日から平成21年3月31日までの連結会計年度の
連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書
及び連結附属明細表について監査を行った。この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の
立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監
査法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基
礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体
としての連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的
な基礎を得たと判断している。
当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
会社ビーコンインフォメーションテクノロジー及び連結子会社の平成21年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって
終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているも
のと認める。

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                             以上

(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
     ます。
   2.連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                                91/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書

                         独立監査人の監査報告書


                                                         平成20年6月27日


株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー



 取締役会御中

                        三興監査法人

代表社員
            公認会計士   奥田基樹㊞
業務執行社員

代表社員
            公認会計士   辻村茂樹㊞
業務執行社員
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている

株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーの平成19年4月1日から平成20年3月31日までの第32期事業年度の財

務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の

作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査

法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として

行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財

務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判

断している。

当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、

株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーの平成20年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業

年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                              以上

 (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
         ます。
    2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                                 92/93
                                                              EDINET提出書類
                                         株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(E05125)
                                                               有価証券報告書

                         独立監査人の監査報告書


                                                         平成21年6月29日


株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー



 取締役会御中

                        東陽監査法人

指定社員
            公認会計士   小杉真剛㊞
業務執行社員

指定社員
            公認会計士   奥田基樹㊞
業務執行社員

指定社員
            公認会計士   辻村茂樹㊞
業務執行社員
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーの平成20年4月1日から平成21年3月31日までの第33期事業年度の財
務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書及び附属明細表について監査を行った。この財務諸表の
作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査
法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎として
行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財
務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判
断している。
当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーの平成21年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。


                                                              以上

 (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
         ます。
    2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                                 93/93

このエントリーをはてなブックマークに追加