キャリアリンク株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFで見るpdf

                                                              EDINET提出書類
                                                       キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                        有価証券届出書(新規公開時)

【表紙】

    【提出書類】                    有価証券届出書
    【提出先】                     関東財務局長
    【提出日】                     平成24年10月12日
    【会社名】                     キャリアリンク株式会社
    【英訳名】                     CAREERLINK Co.,LTD.
    【代表者の役職氏名】                代表取締役社長近藤裕彦
    【本店の所在の場所】                東京都新宿区西新宿二丁目1番1号
    【電話番号】                    03-6311-7321(代表)
    【事務連絡者氏名】                 専務取締役管理本部長平松武洋
    【最寄りの連絡場所】                東京都新宿区西新宿二丁目1番1号
    【電話番号】                    03-6311-7321(代表)
    【事務連絡者氏名】                 専務取締役管理本部長平松武洋
    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】   株式
    【届出の対象とした募集(売出)金額】        募集金額                                  
                             ブックビルディング方式による募集          224,400,000円
                             売出金額                                  
                             (引受人の買取引受による売出し)                      
                             ブックビルディング方式による売出し         343,200,000円
                             (オーバーアロットメントによる売出し)                   
                             ブックビルディング方式による売出し       91,080,000円
                             (注)募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額
                                   (会社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有
                                   価証券届出書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                該当事項はありません。





                                1/146
                                                                 EDINET提出書類
                                                          キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)

第一部【証券情報】
第1【募集要項】
    1【新規発行株式】
         種類          発行数(株)                       内容
                                    1単元の株式数は100株であります。
        普通株式         600,000(注)2.   完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社に
                                    おける標準となる株式であります。
(注)1.平成24年10月12日開催の取締役会決議によっております。
    2.発行数については、平成24年10月26日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
    3.当社は、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4株式の引受け」欄記載の金融商品取引業者(以下、
      「第1募集要項」において「引受人」という。)に対し、上記引受株式数のうち、40,000株を上限として、福
      利厚生及び企業価値の向上を社員と共有することを目的に、当社従業員持株会を当社が指定する販売先(親
      引け先)として要請する予定であります。
       なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に
          従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)でありま
          す。
       4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       5.上記とは別に、平成24年10月12日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
         207,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項2.第三者割当増資とシンジケートカ
         バー取引について」をご参照下さい。

    2【募集の方法】
     平成24年11月6日に決定される予定の引受価額にて、当社と引受人は、買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価
     額(発行価格)で募集(以下、「本募集」という。)を行います。引受価額は平成24年10月26日開催予定の取締役会に
     おいて決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込
     み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支
     払いません。
     なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下、「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
     233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
     件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
     定する価格で行います。
           区分          発行数(株)     発行価額の総額(円)    資本組入額の総額(円)
    入札方式のうち入札による募集          −              −              −
    入札方式のうち入札によらない
                             −                       −             −
    募集
    ブックビルディング方式         600,000             224,400,000   121,440,000
       計(総発行株式)         600,000             224,400,000   121,440,000
(注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
    2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則により規定され
      ております。
    3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
    4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成24年10月12日開催の取締役会決議に基づき、平
      成24年11月6日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
      資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
      あります。
    5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(440円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
      (見込額)は264,000,000円となります。
    6.本募集、ならびに「第2売出要項1売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2売出しの条
      件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
      況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
      なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2売出要項3売出株式(オーバーアロット
      メントによる売出し)」及び「4売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さ

                                    2/146





                                                                      EDINET提出書類
                                                               キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                有価証券届出書(新規公開時)
        い。
      7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出し
        に関する特別記載事項3.ロックアップについて」をご参照下さい。

    3【募集の条件】
    (1)【入札方式】
     ①【入札による募集】
      該当事項はありません。

     ②【入札によらない募集】
      該当事項はありません。

   (2)【ブックビルディング方式】
発行価   引受価   払込金   資本組   申込株                        申込証
格     額     額     入額    数単位          申込期間          拠金          払込期日
 (円)   (円)   (円)   (円)  (株)                         (円)
  未定    未定    未定    未定          自平成24年11月7日(水)      未定
                          100                              平成24年11月14日(水)
(注)1. (注)1. (注)2. (注)3.         至平成24年11月12日(月)   (注)4.
(注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
      発行価格は、平成24年10月26日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
      等を総合的に勘案したうえで、平成24年11月6日に引受価額と同時に決定する予定であります。
      仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力が
      高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
      需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機関
      投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
    2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成24年10月26日開催予定の取締役会において決定される予定で
      あります。また、「2募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成24年11
      月6日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の
      手取金となります。
    3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成24年10月12日開催の取締役会において増
      加する資本金の額は、平成24年11月6日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
      1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
      きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
      する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
    4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込期
      日に新株式払込金に振替充当いたします。
    5.株式受渡期日は、平成24年11月15日(木)(以下、「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
      募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下、「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
      程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
    6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
    7.申込みに先立ち、平成24年10月30日から平成24年11月5日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
        して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
        販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
        の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
        引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
        い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
        ページにおける表示等をご確認下さい。
      8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。

     ①【申込取扱場所】
      後記「4株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。

     ②【払込取扱場所】
              店名                                所在地
    株式会社三菱東京UFJ銀行新宿新都心支店             東京都新宿区西新宿一丁目6番1号
(注)上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。


                                   3/146
                                                                       EDINET提出書類
                                                                キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)
 4【株式の引受け】
                                            引受株式数
  引受人の氏名又は名称              住所                                引受けの条件
                                             (株)
                                                       1.買取引受けによります。
野村證券株式会社         東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                                       2.引受人は新株式払込金と
SMBC日興証券株式会社     東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                                         して、平成24年11月14日
大和証券株式会社         東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                       までに払込取扱場所へ引
三菱UFJモルガン・スタン                                            受価額と同額を払込むこ
                 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
レー証券株式会社                                     未定          とといたします。
                                                       3.引受手数料は支払われま
みずほインベスターズ証券株    東京都中央区日本橋蛎殻町二丁目10番
                                                         せん。ただし、発行価格と
式会社              30号
                                                         引受価額との差額の総額
いちよし証券株式会社       東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
                                                         は引受人の手取金となり
マネックス証券株式会社      東京都千代田区麹町二丁目4番地1                        ます。
       計                   −                 600,000            −
(注)1.平成24年10月26日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
    2.上記引受人と発行価格決定日(平成24年11月6日)に元引受契約を締結する予定であります。
    3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引
      業者に販売を委託する方針であります。

 5【新規発行による手取金の使途】
  (1)【新規発行による手取金の額】
    払込金額の総額(円)           発行諸費用の概算額(円)                  差引手取概算額(円)
         242,880,000            6,000,000                   236,880,000
(注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額の
        総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(440円)を基礎として算出した見込額でありま
        す。
     2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。
     3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。

   (2)【手取金の使途】
      上記の手取概算額236,880千円については、全事業部門共通の投資として平成25年2月期において営業基幹シ
      ステムの改修費に4,000千円、情報処理容量拡充のためサーバー購入費用として18,000千円、管理会計システム
      等に9,000千円、平成26年2月期において営業基幹システムの追加改修費用に117,000千円、平成27年2月期に
      おいて営業基幹システム追加改修費用に10,000千円、営業事務効率化システム構築費用に30,000千円を充当す
      る予定であります。また、事業部門別の投資として平成26年2月期においてBPO事業部門管理システムの構
      築費用に40,000千円を充当する予定であります。残額については、平成27年2月期にCTIシステム(Computer
      Telephony Integration;顧客対応システム)拡充のための費用に充当する予定であります。
      なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。

(注)1.「1新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限83,793千円については、全事業
          部門共通の投資として平成27年2月期においてCTIシステム拡充のための費用に全額充当する予定であ
          ります。
なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
       2.設備資金の内容については、「第二部企業情報第3設備の状況3設備の新設、除却等の計画」の項をご
          参照下さい。







                                 4/146
                                                                        EDINET提出書類
                                                                 キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)

第2【売出要項】
    1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
     平成24年11月6日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2売出しの条件
     (引受人の買取引受による売出し)(2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下、「第2売出
     要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、
     発行価格と同一の価格)で売出し(以下、「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受
     渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受
     人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額 売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
       種類          売出数(株)
                                  (円)   又は名称
              入札方式のうち入札
        −                    −        −          −
              による売出し
               入札方式のうち入札
       −                        −             −              −
               によらない売出し
                                                   東京都渋谷区渋谷三丁目6番2号
                                                   スマートキャピタル株式会社
                                                                  700,000株
               ブックビルディング
    普通株式                   780,000   343,200,000
                                                   東京都武蔵野市
               方式
                                                   前田直典
                                                                  80,000株
    計(総売出株式)       −       780,000   343,200,000             −
(注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
      す。
    2.「第1募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
      ます。
    3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(440円)で算出した見込額であります。
    4.売出数等については今後変更される可能性があります。
    5.振替機関の名称及び住所は、「第1募集要項1新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
      であります。
    6.本募集、ならびに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメント
      による売出しを行う場合があります。
      なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3売出株式(オーバーアロットメントによる売
      出し)」及び「4売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
    7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項3.ロックアップについて」をご参照下さい。
       
    2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)【入札方式】
      ①【入札による売出し】
       該当事項はありません。

      ②【入札によらない売出し】
       該当事項はありません。




                                     5/146
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)
     (2)【ブックビルディング方式】
                                申込株
    売出価格    引受価額                        申込証拠                   引受人の住所及び氏名又は      元引受契
                     申込期間       数単位               申込受付場所
     (円)     (円)                        金(円)                   名称                約の内容
                                (株)
                    自平成24年
      未定                                         引受人の本店        東京都中央区日本橋一丁目
              未定    11月7日(水)             未定                                        未定
    (注)1.                         100            及び全国各支        9番1号
            (注)2.   至平成24年             (注)2.                                    (注)3.
    (注)2.                                        店             野村證券株式会社
                    11月12日(月)
(注)1.売出価格の決定方法は、「第1募集要項3募集の条件(2)ブックビルディング方式」の(注)1.と同
      様であります。
    2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、申
      込証拠金には、利息をつけません。
      引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
    3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出価
      格決定日(平成24年11月6日)に決定する予定であります。
      なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は
      引受人の手取金となります。
    4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
    5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
      の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行
      うことができます。
    6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.上記引受人の販売方針は、「第1募集要項3募集の条件(2)ブックビルディング方式」の(注)7.に
          記載した販売方針と同様であります。

    3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                            売出価額の総額          売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
       種類                売出数(株)
                                              (円)            又は名称
               入札方式のうち入札
       −                                −               −                −
               による売出し
               入札方式のうち入札
       −                                −               −                −
               によらない売出し
               ブックビルディング                                     東京都中央区日本橋一丁目9番1号
    普通株式                          207,000       91,080,000
               方式                                            野村證券株式会社207,000株
    計(総売出株式)         −            207,000       91,080,000               −
(注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集、ならびに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要
      状況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。従って、オーバーアロットメントによる売出しに
      係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少もしくは中止される場合がありま
      す。
    2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は平成24年10月12日開催の取締役会において、野村
      證券株式会社を割当先とする当社普通株式207,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野村
          證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限と
          する当社普通株式の買付け(以下、「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項2.第三者割当増資とシンジケートカ
          バー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        4.「第1募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
          いたします。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(440円)で算出した見込額であります。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1募集要項1新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
          であります。




                                             6/146
                                                                           EDINET提出書類
                                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
    (1)【入札方式】
     ①【入札による売出し】
      該当事項はありません。

     ②【入札によらない売出し】
      該当事項はありません。

     (2)【ブックビルディング方式】
    売出価格             申込株数単     申込証拠金                    引受人の住所及び氏    元引受契約の
             申込期間                              申込受付場所
     (円)             位(株)       (円)                     名又は名称        内容
            自平成24年
                                               野村證券株式
      未定   11月7日(水)             未定
                         100                   会社の本店及       −           −
    (注)1.   至平成24年            (注)1.
                                               び全国各支店
           11月12日(月)
(注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
      れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
    2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
      あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
      に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
    3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
    4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2売出要項2売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)
      (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。





                                       7/146
                                                               EDINET提出書類
                                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)

【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所マザーズへの上場について
      当社は、「第1募集要項」における新規発行株式及び「第2売出要項」における売出株式を含む当社普通株式に
      ついて、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。

    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について
      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
      に、主幹事会社が当社株主であるスマートキャピタル株式会社(以下、「貸株人」という。)より借入れる株式であり
      ます。これに関連して、当社は平成24年10月12日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式
      207,000株の第三者割当増資(以下、「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者
      割当増資の会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
    (1)   募集株式の数           当社普通株式207,000株
    (2)   募集株式の払込金額        未定(注)1.
                           増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に
                           基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果
          増加する資本金及び資本準備金
    (3)                    1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、
          に関する事項
                           増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額
                           を減じた額とする。(注)2.
    (4)   払込期日             平成24年12月14日(金)
(注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、平成24年10月26日開催予定の取締役会において決定される
           予定の「第1募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であ
           ります。
        2.割当価格は、平成24年11月6日に決定される予定の「第1募集要項」における新規発行株式の引受価額と
           同一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、平成24年11月15日から平成24年12月7日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
      て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
      バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じな
      い予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、
      その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない
      場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全
      く行わないかもしくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。

    3.ロックアップについて
      本募集、ならびに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人であるスマートキャピタル株式会
      社、売出人である前田直典、ならびに当社株主である近藤裕彦、森村夏実、成澤素明、森川正志、平松武洋、岸本雅晴、三
      浦一郎、出口誠、森優及び中畠正喜は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)
      後90日目の平成25年2月12日までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による
      同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのた
      めに当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東
      京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)
      等は行わない旨合意しております。
      また、当社は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発
      行、当社株式に転換もしくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得もしくは受領する権利を付与された有価
      証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストック・オプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメン
      トによる売出しに関連し、平成24年10月12日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三
      者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を一
      部もしくは全部につき解除できる権限を有しております。
      上記のほか、当社は取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株
      式等の割当等に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第四部
      株式公開情報第2第三者割当等の概況」をご参照下さい。





                                      8/146
                                                         EDINET提出書類
                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)
第3【その他の記載事項】
    新株式発行、ならびに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項


     (1)表紙に当社のロゴマーク            を記載いたします。


     (2)表紙の次に「1.事業の概況」から「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。





                               9/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




10/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




11/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




12/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




13/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




14/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




15/146
                EDINET提出書類
         キャリアリンク株式会社(E26839)
          有価証券届出書(新規公開時)




16/146
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                                   有価証券届出書(新規公開時)

第二部【企業情報】
第1【企業の概況】
 1【主要な経営指標等の推移】
  提出会社の状況
       回次               第12期           第13期             第14期          第15期            第16期
      決算年月            平成20年2月       平成21年2月           平成22年2月       平成23年2月        平成24年2月
売上高            (千円)    8,629,456     11,306,505        7,184,752     9,204,837      15,372,013
経常利益           (千円)      364,938       114,672            20,800        77,778        568,310
当期純利益又は当期純損失
               (千円)      208,593        18,748          △51,002         62,059        283,330
(△)
持分法を適用した場合の投
               (千円)           −                 −             −             −              −
資利益
資本金            (千円)      210,000       210,000           210,000       210,000        210,000
発行済株式総数         (株)       48,000        48,000            48,000        48,000         48,000
純資産額           (千円)      476,743       495,280           444,327       506,424        789,754
総資産額           (千円)    2,242,567     3,190,981         2,543,621     3,115,547      3,844,121
1株当たり純資産額       (円)     9,932.16     10,318.34          9,256.81     10,550.50      16,453.23
1株当たり配当額
                              −                 −             −             −              −
(うち1株当たり中間配当    (円)
                             (−)               (−)           (−)           (−)            (−)
額)
1株当たり当期純利益金額
又は1株当たり当期純損失    (円)     4,345.69        390.58        △1,062.55       1,292.90       5,902.72
金額(△)
潜在株式調整後1株当たり
                (円)           −                 −             −             −              −
当期純利益金額
自己資本比率          (%)         21.3              15.5          17.5          16.3           20.5
自己資本利益率         (%)         56.0               3.9            −           13.1           43.7
株価収益率           (倍)           −                 −             −             −              −
配当性向            (%)           −                 −             −             −              −
営業活動によるキャッシュ
               (千円)           −                 −             −        109,483      1,177,582
・フロー
投資活動によるキャッシュ
               (千円)           −                 −             −       △41,651        △39,376
・フロー
財務活動によるキャッシュ
               (千円)           −                 −             −       △39,362       △465,287
・フロー
現金及び現金同等物の期末
               (千円)           −                 −             −      1,180,139      1,853,058
残高
従業員数                         142               176           154           242            269
                (人)
(外、平均臨時雇用者数)                 (23)              (59)          (23)          (69)           (58)
(注)1.当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、
      記載しておりません。
    2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
    3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
    4.平成24年6月10日付で株式1株につき100株の株式分割を行い、発行済株式総数は4,800,000株となっており
      ます。




                                     17/146
                                                                             EDINET提出書類
                                                                      キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                       有価証券届出書(新規公開時)
        5.第12期、第13期、第15期及び第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在
           するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。また、第14期
           の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損
           失であるため記載しておりません。
        6.第14期の自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため、記載しておりません。
        7.株価収益率は、当社株式が非上場であるため、記載しておりません。
        8.従業員数は、正社員のほか契約社員を含み、臨時雇用者(パートタイマー)は、年間平均人員を()内に外
           数で記載しております。また、就業スタッフ(登録型有期雇用労働者)は含んでおりません。
        9.第15期及び第16期の財務諸表につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任
           あずさ監査法人の監査を受けておりますが、第12期、第13期及び第14期の財務諸表については当該監査を受
           けておりません。
        10.第13期は、社会保険庁(現日本年金機構)から大型案件を受注したことで売上高は前事業年度に比べ大幅
           に伸びましたが、一方で、アメリカの金融危機に端を発した世界経済の急激な悪化から国内の雇用情勢も急
           速に悪化し、競合他社との競争が激化したため売上総利益率が低下、人材紹介手数料収入も大幅な減少とな
           りました。こうした売上総利益率低下の影響もあり、営業利益は135,217千円(前年同期比56.6%減)、経常
           利益は114,672千円(前年同期比68.6%減)となりました。
        11.第14期は、景気低迷に伴う企業の採用抑制の影響が大きく、売上高が大幅に落ち込んだため、販売費及び一般
           管理費の大幅削減に努めましたが、営業利益は51,285千円(前年同期比62.1%減)、経常利益は20,800千円
           (前年同期比81.9%減)となりました。なお、当社の100%子会社であるファブリンク株式会社の吸収合併に
           伴い、抱合株式消滅差損46,089千円を特別損失に計上したことから、当期純損失51,002千円(前年同期は当
           期純利益18,748千円)となりました。
        12.平成24年6月10日付で株式1株につき100株の株式分割を行っております。そこで、東京証券取引所自主規制
         法人の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点につい
         て」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し
         て算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下のとおりとなります。なお、第12期、第
         13期及び第14期の数値(1株当たりの配当額についてはすべての数値)については、有限責任 あずさ監査
         法人の監査を受けておりません。
            回次            第12期    第13期     第14期    第15期    第16期
           決算年月         平成20年2月 平成21年2月 平成22年2月 平成23年2月 平成24年2月
    1株当たり純資産額      (円)      99.32  103.18    92.57  105.51  164.53
    1株当たり当期純利益金額
    又は1株当たり当期純損失    (円)      43.46            3.91   △10.63   12.93        59.03
    金額(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         −               −        −       −            −
    当期純利益金額
    1株当たり配当額
                                −               −        −       −            −
    (うち1株当たり中間配当    (円)
                               (−)             (−)      (−)     (−)          (−)
    額)





                                     18/146
                                                                  EDINET提出書類
                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                            有価証券届出書(新規公開時)
 2【沿革】
   年月                               概要
 平成8年10月    一般労働者派遣事業の展開を目的に、消費者金融事業を行っているシンキ株式会社の子会社として東
            京都新宿区にキャリアリンク株式会社を設立
 平成9年1月     一般労働者派遣事業許可を取得し、事務機器操作や経理事務職などの派遣(現一般事務事業)及びシ
            ンキ株式会社のコールセンターへの派遣(現CRM関連事業)を開始
 平成11年4月    有料職業紹介事業許可を取得し、紹介事業(現一般事務事業に含む)を開始
 平成15年10月   事業拡大を目的に株式会社エクセル人材派遣センターを吸収合併
 平成16年1月    西日本における製造・物流業務への人材派遣を目的に、当社の100%子会社として兵庫県姫路市にファ
            ブリンク株式会社を設立、製造技術系事業を開始
 平成17年4月    プライバシーマーク(個人情報保護マネジメントシステム)認証を取得
 平成17年9月    有限会社キャリアリンクホールディングス(現スマートキャピタル株式会社)がシンキ株式会社よ
            り当社株式の持分98.3%を取得し、当社の筆頭株主となる
 平成18年7月    首都圏における製造技術系事業の展開を目的に、当社の100%子会社として東京都港区にジョイリンク
            株式会社を設立
 平成19年9月    社会保険庁(現日本年金機構)より年金記録台帳の調査業務(平成19年9月∼平成21年3月)を受
            託し、BPO(注)関連事業を開始
 平成19年11月   株式会社CLH(現スマートキャピタル株式会社)が有限会社キャリアリンクホールディングスを
            吸収合併し、当社の筆頭株主となる
 平成20年12月   東京都新宿区に自社コンタクトセンターを設置
 平成21年3月    経営合理化のため、ファブリンク株式会社がジョイリンク株式会社を吸収合併
 平成21年7月    経営合理化のため、ファブリンク株式会社を吸収合併
 平成22年4月    ⅠSMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得
(注)BPO(Business Process Outsourcing)とは、官公庁及び地方公共団体ならびに企業等の業務プロセスの一部
      について、業務の企画・設計から実施までを含めて外部委託することをいいます。





                                   19/146
                                                                     EDINET提出書類
                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)
    3【事業の内容】
    当社は、人材派遣を中心とした総合人材サービス事業を営む単一セグメント会社であります。
    当社が行っている総合人材サービス事業は、「BPO関連事業」、「CRM関連事業」、「一般事務事業」、及び「製
    造技術系事業」の4つの事業に区分されます。 当社は、東京都新宿区に本社を置き、全国に大阪支店をはじめ4支店、
    ならびに仙台オフィスをはじめとして10オフィスで事業展開をしております(平成24年10月12日現在)。
    なお、総合人材サービス事業は、契約形態によって、「人材派遣」、「請負」、「紹介予定派遣」及び「人材紹介」に
    区分されます。
    (1)各事業の内容
      ①BPO関連事業
      当事業では、BPO事業者(注1)が請け負ったBPO業務への人材派遣、業務効率化等の企画提案を踏まえた
      インセンティブ契約に基づく人材派遣(注2)、官公庁及び地方公共団体ならびに企業等(以下、「官公庁等」
      という。)の業務プロセスの一部についての企画・設計から実施までの業務請負を行っております。
      そのうち、BPO事業者が請け負ったBPO業務への人材派遣では、官公庁等からBPOを請け負ったBPO事
      業者に対し、当社が人材を派遣しております。
      業務効率化等の企画提案を踏まえたインセンティブ契約に基づく人材派遣では、単に人材を派遣するだけの一
      般事務の派遣とは異なり、顧客の業務プロセスの一部について、その業務の効率化等に係る企画提案をしたうえ
      で、その顧客とインセンティブ契約を締結し、人材を派遣しております。
      また、官公庁等からの業務請負では、これまで官公庁等が自身で処理していた事務・入力・窓口業務・発送等の
      業務を当社が請け負っております。
      当社では就業スタッフの募集、試験や面談の調整、勤務シフト組み等に自社開発のWebシステムを活用すること
      によって、業務処理センターの早期稼動開始への対応を図っています。
      当事業において、当社は単に人材を派遣することに留まらず、就業スタッフ(登録型有期雇用労働者)の行う業
      務手順の設計や就業スタッフの勤務シフト管理や教育を徹底することで運営面での効率化を図るほか、就業ス
      タッフにインセンティブ報酬を支給してモチベーションを向上させるなど、派遣先での生産性向上により派遣す
      るスタッフの工数を減らす工夫を進めることで、顧客のコスト削減を実現しています。
      なお、当事業においては、経験豊富なスーパーバイザー(注3)をリーダーとする「チーム派遣」を行っており
      ます。「チーム派遣」とは、事務処理・入力・発送等を中心とした派遣先での業務に対し、業務処理能力が十分に
      あるスーパーバイザーをリーダーとするチームを編成して、当社から顧客へ派遣することをいいます。これによ
      り、顧客の導入時研修や導入後の継続研修、業務指導が軽減され、短期間で大量の業務処理が可能となります。
      また、当社のチーム派遣の特徴は、1,000名を超える大型案件における「受注から、スタッフ供給∼事前研修∼体
      制構築∼業務開始まで」を1ヶ月程度で整えることであり、短期間での稼動開始、大量処理対応力等が当社独自の
      ノウハウであると考えております。
      (注1)BPO事業者とは、官公庁及び地方公共団体から当該業務を受託する者ならびに企業等に対しては業
            務効率化等の企画提案を行ったうえで、当該業務を受託する者をいいます。
      (注2)派遣契約締結に当たり、当社が、顧客に対し業務効率化等の企画提案を行い、インセンティブ契約締結
            に至った派遣についてはBPO関連事業に区分しております。
      (注3)スーパーバイザーとは、派遣先による指揮命令のもと、就業スタッフの研修、指導、作業の取り纏め、作
            成資料のチェック等を行う者をいい、派遣スタッフで構成されたチームのリーダーのことでありま
            す。

     ②CRM(注4)関連事業
      当事業では、テレマーケティング(注5)事業者が請け負ったテレマーケティング業務への人材派遣ならびに
      人材紹介、テレマーケティング事業者以外の企業等のコンタクトセンター(注6)への人材派遣ならびに人材紹
      介、テレマーケティング事業者以外の企業等からのテレマーケティング業務の請負を行っております。
      そのうち、テレマーケティング事業者への人材派遣では、テレマーケティング事業者が請け負ったテレマーケ
      ティング業務に対し、BPO関連事業と同様にチーム派遣を中心とした人材派遣を行っております。
      テレマーケティング事業者以外の企業等のコンタクトセンターへの人材派遣では、顧客が独自運営するコンタ
      クトセンターへ当社が人材を派遣しております。
      また、テレマーケティング事業者以外の企業等からのテレマーケティング業務の請負では、顧客から委託された
      テレマーケティング業務を当社内のコンタクトセンターで請け負っております。
      (注4)CRM(Customer Relationship Management)とは、情報システムを応用して企業が顧客と長期的な
            関係を築く手法のことをいいます。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問
            い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客との全てのやり取りを一貫して管理することで、顧客


                                    20/146
                                                         EDINET提出書類
                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)
            の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込むことを目的としています。
      (注5)テレマーケティングとは、消費者からの商品やサービスについての問い合わせ・苦情などの受付、通信
            販売の受注、市場調査等を電話等の手段を使い、企業に代わって行うサービスのことをいいます。
      (注6)コンタクトセンターとは、企業内において、顧客への対応を専門に行う事業所、部門のことをいいます。

     ③一般事務(注7)事業
      当事業では、一般事務職をターゲットとした人材派遣、紹介予定派遣、人材紹介ならびに顧客のニーズに合った
      一般事務の請負を行っております。
      (注7)一般事務とは、テレマーケティング(その付随業務を含む)や製造技術系現場作業以外の、人事・総務
            ・経理業務や伝票集計、パソコン操作等のデスクワークをいいます。

     ④製造技術系事業
      当事業では、製造拠点での製造・物流に関わる業務について、人材派遣もしくは請負を行っております。
      なお、派遣案件については、業務スタート当初から労務管理者を配置し、顧客にとって労務管理面やコスト面で
      メリットのある請負への転換を提案し、顧客満足度の向上を図っております。

    (2)事業系統図




      (注)上記、事業系統図の「派遣」は人材派遣又は紹介予定派遣、「紹介」は人材紹介を指しています。




                              21/146
                                                          EDINET提出書類
                                                   キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)
   (3)参考までに、契約形態別に内容を示すと以下のとおりであります。
      ①人材派遣
       人材派遣とは、「自己の雇用する労働者を当該雇用関係のもとに、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のた
       めに労働に従事させること」(「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関
       する法律」(以下、「労働者派遣法」といいます。)第2条第1号)を業として行うことであります。
       人材派遣の種類には、「一般労働者派遣」と「特定労働者派遣」の2種類があります。
       「特定労働者派遣」は、常用雇用労働者だけを労働者派遣の対象として行う派遣であり、労働者派遣法に基づき
       厚生労働大臣への届出が必要であります。また、「一般労働者派遣」は、「特定労働者派遣」以外の派遣をいい、
       労働者派遣法に基づき厚生労働大臣の許可が必要であります。
       当社は、労働者派遣法に基づき厚生労働大臣の「一般労働者派遣事業許可」を受け、「一般労働者派遣」を行っ
       ております。
       人材派遣は、派遣労働者、派遣先、当社(派遣元)の三者関係によって成り立っており、関係及び契約の仕組みは
       下図のとおりであります。
       人材派遣については、BPO関連事業、CRM関連事業、一般事務事業及び製造技術系事業の全ての事業で行っ
       ております。




      (注)有期雇用契約とは、あらかじめ雇用期間を定めた雇用契約のことであります。
     ②請負
      請負とは、「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(昭和61年労働省告示第37
      号)」及び関連法令の規定に基づき、作業の実施・完了までの一連の業務を請け負い、当社と請負に従事する就
      業スタッフとの間で期間を定めた雇用契約を結ぶものであります。人材派遣契約では労働者への指揮命令は派遣
      先が行うのに対し、請負契約では当社が労働者に指揮命令を行う点が異なります。
      請負は、労働者、当社(受託会社)、委託会社の三者関係によって成り立っており、関係及び契約の仕組みは下図
      のとおりであります。
      請負は、上記人材派遣と同様、全ての事業で行っております。









                               22/146
                                                          EDINET提出書類
                                                   キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)
      ③紹介予定派遣
       紹介予定派遣とは、人材派遣のうち、派遣元が派遣スタッフ・派遣先に対して職業紹介を行い、又は、行うことを
       予定しているものをいい、派遣期間中に、派遣先は派遣スタッフの業務遂行能力等が直接雇用するのに相応しい
       か見定め、派遣スタッフは派遣先における仕事が自分に合うかどうか等を見定めることができます。
       紹介予定派遣は、派遣元が人材派遣としての許可のほか、有料職業紹介事業の許可を受ける必要がありますが、
       当社は労働者派遣法に基づく厚生労働大臣の「一般労働者派遣事業許可」、及び職業安定法に基づく厚生労働大
       臣の「有料職業紹介事業許可」を受け、当該事業を営んでおります。
       紹介予定派遣は、派遣労働者、派遣先、当社(派遣元)の三者関係によって成り立っており、関係及び契約の仕組
       みは下図のとおりであります。
       紹介予定派遣は、CRM関連事業、一般事務事業及び製造技術系事業の各事業で行っております。




   (注)有期効用契約とは、あらかじめ雇用期間を定めた雇用契約のことであります。
      ④人材紹介
       人材紹介とは、求人先及び求職者の申し込みを受けて、求人先と求職者の間における雇用関係の成立を斡旋する
       ことをいいます。人材紹介には、「有料職業紹介事業」「無料職業紹介事業」の2種類があり、当社は職業安定法
       第30条の規定に基づき、厚生労働大臣の許可を受け、「有料職業紹介事業」を行っております。
       人材紹介は、登録スタッフ(求職者)、当社(職業紹介会社)、求人者の三者関係によって成り立っており、関係
       及び契約の仕組みは下図のとおりであります。
       人材紹介は、上記、紹介予定派遣と同様、CRM関連事業、一般事務事業及び製造技術系事業の各事業で行ってお
       ります。









                               23/146
                                                                EDINET提出書類
                                                         キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)
    4【関係会社の状況】
    該当事項はありません。

    5【従業員の状況】
    (1)提出会社の状況
                                                      平成24年9月30日現在
      従業員数(名)            平均年齢(才)         平均勤続年数(年)   平均年間給与(千円)
          281(73)            33.3              2.8         3,493

      当社は、総合人材サービス事業の単一セグメントであるため、事業区分別の従業員数を示すと次のとおりでありま
      す。
              事業区分の名称                    従業員数(名)
    BPO関連事業
    CRM関連事業
                                                        212(52)
    一般事務事業
    製造技術系事業
    全社(共通)                                               69(21)
                    合計                                  281(73)
(注)1.従業員数は、正社員のほか契約社員を含み、臨時雇用者(パートタイマー)は、最近1年間の平均人員を()
         内に外数で記載しております。また、就業スタッフは含んでおりません。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.当社は、事業ごとの組織体制を有しておらず、同一の従業員が複数の事業に従事していますので、従業員数を
         各事業区分別には記載しておりません。
       4.全社(共通)は、人事総務及び経理ならびに企画、営業管理等の管理部門の従業員であります。
       5.従業員数が最近1年間において35名増加しておりますが、主として業容拡大に伴う定期及び期中採用による
         ものであります。

   (2)労働組合の状況
     当社の労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。





                                    24/146
                                                                    EDINET提出書類
                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                              有価証券届出書(新規公開時)

第2【事業の状況】
    1【業績等の概要】
    (1)業績
      当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
      当事業年度におけるわが国経済は、被災に伴うサプライチェーンの混乱、原子力災害に端を発し全国に広がった電
      力供給不足等々、東日本大震災の影響が様々な形で続く中、急速な円高やタイ洪水災害、さらに、欧州危機の影響等
      が重なり、景気の先行きに対する懸念が高まりました。しかしながら、その後、世界的な金融緩和策等が実施された
      こと等から、わが国経済は緩やかな持ち直し傾向で推移致しました。
     人材サービス業界では、企業の雇用情勢は回復基調にあるものの、世界経済の変調に伴う景気の下振れリスクが存
     在し、先行きに対する見通しは、なお不透明な状況にあります。
     そのような経営環境の中、主力のBPO関連事業では、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務への派遣が期初
     から安定して稼働し、当事業年度の業績に大きく貢献しました。
     また、CRM関連事業では、スマートフォン関連や地上デジタル放送への切り替えに関するコンタクトセンターへ
     の人材派遣が好調に推移しました。
     この結果、当事業年度の業績は売上高15,372,013千円(前年同期比67.0%増)、営業利益600,053千円(前年同期
     比466.2%増)、経常利益568,310千円(前年同期比630.7%増)、当期純利益283,330千円(前年同期比356.5%増)
     となりました。
     
     当事業年度の事業区分別の業績は、次のとおりであります。
     ①BPO関連事業
      BPO関連事業は、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務への派遣が当事業年度を通じて安定して稼働し、
      当期の業績に大きく貢献しました。また、同大型案件のほか、地方公共団体等からの案件獲得等も業績に寄与し、
      当事業の売上高は10,136,475千円(前年同期比132.5%増)となりました。
      
     ②CRM関連事業
      CRM関連事業は、スマートフォン関連や地上デジタル放送への切り替えに関するコンタクトセンター業務の
      ほか、テレマーケティング事業者が行う当該事業への人材派遣などが好調に推移し、当事業の売上高は2,722,320
      千円(前年同期比31.7%増)となりました。
      
     ③一般事務事業
      一般事務事業では、首都圏ならびに兵庫県西部地区を中心に顧客開拓に努めましたが、一般事務事業の人材需要
      は長引くデフレ不況の影響により厳しい状況が続き、当事業の売上高は1,308,745千円(前年同期比26.1%減)
      となりました。
      
     ④製造技術系事業
      製造技術系の人材需要は、期初に発生した東日本大震災により、メーカーはサプライチェーンが寸断され、減産
      を余儀なくされましたが、各メーカーのその後の懸命な生産体制整備の取り組みにより、生産は回復してまいり
      ました。
      このような状況の中、製造技術系事業では、新規人材派遣契約先には、業務開始当初から常駐管理者を派遣する
       等、請負契約への切り替えを前提とした受注促進活動を推進するとともに、既存の派遣先企業については、請負契
       約への切り替えを推進したことなどにより、兵庫県西部地区での取引が順調に推移しました。これらの結果、当事
       業の売上高は1,204,471千円(前年同期比19.6%増)となりました。
       
     なお、売上高15,372,013千円の契約形態別の内訳は、人材派遣が全体の94.9%の14,592,650千円(前年同期比
     70.2%増)、請負が全体の4.7%の722,202千円(前年同期比24.1%増)、紹介予定派遣が全体の0.2%の37,399千円
     (前年同期比35.6%増)、人材紹介が全体の0.1%の19,761千円(前年同期比9.6%減)でした。また、当事業年度に
     おける就業スタッフは期中平均で8,352名であり、前年同期比89.5%の増加となりました。

     当第2四半期累計期間(自平成24年3月1日至平成24年8月31日)
      当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、欧州債務問題の長期化、ならびに中国をはじめとする新興国での
     景気減速や円高基調のもと、東日本大震災からの復興に向けての関連需要等により、一部に持ち直しの動きが見ら
     れるものの、依然として先行き不透明な状況で推移致しました。
     人材サービス業界では、雇用情勢は堅調に推移したものの、人材派遣需要の回復力は弱く、当業界における先行きに
      対する見通しは依然として厳しい状況であります。
      このような経営環境の中、当社は、主力のBPO関連事業では、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務への人


                                    25/146
                                                                    EDINET提出書類
                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                              有価証券届出書(新規公開時)
      材派遣が引き続き順調に推移し、また、CRM関連事業では、テレマーケティングの大型人材派遣の案件を新たに獲
      得するなど、業績は堅調に推移致しました。
        この結果、当第2四半期累計期間の業績は、売上高9,231,306千円、営業利益398,249千円、経常利益376,906千円、
      四半期純利益212,780千円となりました。
        
      当第2四半期累計期間の事業区分別の業績は、次のとおりであります。
①BPO関連事業
        BPO関連事業は、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務への人材派遣が引き続き順調に推移し、また、地方
      公共団体からも新規案件等を受注し、当事業の売上高は5,303,345千円となりました。
        
      ②CRM関連事業
        CRM関連事業は、大型派遣案件にかかるテレマーケティング事業者への人材派遣、東京、札幌及び福岡地区等で
      のコンタクトセンターへの人材派遣の案件を新たに受注するなど、当事業の売上高は2,322,471千円となりました。
        
③一般事務事業
      一般事務事業は、大型の事務請負案件を新たに獲得し、当事業の売上高は1,002,954千円となりました。
      
④製造技術系事業
製造技術系事業は、関西地区での軽作業の請負案件等を新規獲得し、当事業の売上高は602,536千円となりました。

    (2)キャッシュ・フローの状況
      当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
    当事業年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、前事業年度末に比べて、672,918
    千円増加の1,853,058千円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の
    とおりであります。
    
    (営業活動によるキャッシュ・フロー)
    営業活動の結果、獲得した資金は1,177,582千円(前年同期比975.6%増)となりました。
    これは、主に税引前当期純利益が554,575千円、ならびに業容拡大に伴い、未払金が239,962千円増加及び未払消費
    税等が253,631千円増加したことによるものであります。

    (投資活動によるキャッシュ・フロー)
    投資活動の結果、使用した資金は39,376千円(前年同期比5.5%減)となりました。
    これは、主に定期預金の払戻による収入が7,000千円、敷金及び保証金の返還による収入が2,535千円あった一方
    で、定期預金の預入による支出が24,000千円、有形及び無形固定資産の取得による支出が13,268千円、地方拠点の増
    床等により敷金及び保証金の差入による支出が9,777千円あったことによるものであります。

    (財務活動によるキャッシュ・フロー)
    財務活動の結果、使用した資金は465,287千円(前年同期比1,082.1%増)となりました。
    これは、主に長期借入れによる収入が330,000千円、社債の発行による収入が98,140千円あった一方で、短期借入金
    の純減額が128,502千円、長期借入金の返済による支出が697,718千円及び社債の償還による支出が62,000千円あっ
    たことによるものであります。
    
    当第2四半期累計期間(自平成24年3月1日至平成24年8月31日)
    当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、前事業年度末に比べ
    て2,091千円減少し、1,850,966千円となりました。
    当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。




                                   26/146
                                                                  EDINET提出書類
                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                            有価証券届出書(新規公開時)
    (営業活動によるキャッシュ・フロー)
    営業活動の結果、使用した資金は86,614千円となりました。
    これは、税引前四半期純利益が376,906千円、減価償却費が19,840千円となったものの、法人税等の支払額が
    295,358千円、未払消費税等が納付により186,743千円減少となったこと等によるものです。

      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
      投資活動の結果、使用した資金は、78,027千円となりました。
これは、本社ビル増床等により敷金及び保証金の差入による支出が49,243千円あったことと、有形固定資産の取得が
      32,592千円あったこと等によるものです。
      
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
    財務活動の結果、獲得した資金は162,550千円となりました。
      これは、短期借入金の減少が61,000千円、長期借入金の返済が326,690千円、社債の償還が42,000千円等あった一方
      で、長期借入れによる収入が300,000千円、新規社債発行による収入が295,281千円あったことによるものです。




                                  27/146
                                                                   EDINET提出書類
                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)
    2【生産、受注及び販売の状況】
     (1)生産実績
       当社は、総合人材サービス事業を営んでおり、提供するサービスの関係上、生産実績の記載に馴染まないため記載
       しておりません。

     (2)受注状況
       当社は、総合人材サービス事業を営んでおり、提供するサービスの関係上、受注状況の記載に馴染まないため記載
       しておりません。

     (3)販売実績
       当社は、総合人材サービス事業の単一セグメントのため、当事業年度の販売実績を事業区分別に示しますと、次の
       とおりであります。
                                当事業年度
          事業区分の名称           (自平成23年3月1日        前年同期比(%)
                             至平成24年2月29日)
    BPO関連事業       (千円)             10,136,475       232.5
    CRM関連事業         (千円)                  2,722,320         131.7
    一般事務事業          (千円)                  1,308,745          73.9
    製造技術系事業         (千円)                  1,204,471         119.6
           合計       (千円)                15,372,013          167.0
(注)1.当事業年度の販売実績を契約形態別に示しますと、次のとおりであります。
                           当事業年度
      契約形態の名称          (自平成23年3月1日                     前年同期比(%)
                        至平成24年2月29日)
 人材派遣         (千円)            14,592,650                    170.2
    請負              (千円)                      722,202       124.1
    紹介予定派遣          (千円)                       37,399       135.6
    人材紹介            (千円)                       19,761        90.4
           合計       (千円)                15,372,013          167.0
         2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであ
           ります。
                                   前事業年度                 当事業年度
                             (自平成22年3月1日          (自平成23年3月1日
                  相手先          至平成23年2月28日)         至平成24年2月29日)
                           販売高(千円)     割合(%)    販売高(千円)      割合(%)
            ㈱もしもしホットライン      4,324,952     47.0   10,128,966     65.9
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。





                                     28/146
                                                          EDINET提出書類
                                                   キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                    有価証券届出書(新規公開時)
    当第2四半期累計期間の販売実績を事業区分別に示しますと、次のとおりであります。
                               当第2四半期累計期間
             事業区分の名称          (自平成24年3月1日
                               至平成24年8月31日)
        BPO関連事業      (千円)             5,303,345
       CRM関連事業       (千円)              2,322,471
       一般事務事業        (千円)              1,002,954
       製造技術系事業       (千円)                602,536
              合計     (千円)              9,231,306
    (注)1.当第2四半期累計期間の販売実績を契約形態別に示しますと、次のとおりであります。
                               当第2四半期累計期間
             契約形態の名称          (自平成24年3月1日
                               至平成24年8月31日)
        人材派遣         (千円)             8,472,577
       請負            (千円)                704,795
       紹介予定派遣        (千円)                 44,863
       人材紹介          (千円)                  9,069
              合計     (千円)              9,231,306
       2.当第2四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次の
          とおりであります。
                          当第2四半期累計期間
                         (自平成24年3月1日
              相手先          至平成24年8月31日)
                       販売高(千円)     割合(%)
        ㈱もしもしホットライン      6,241,292     67.6%
       3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。





                              29/146
                                                           EDINET提出書類
                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3【対処すべき課題】
    今後の経済見通しについては、一部に回復の兆しは見られるものの、世界的な景気後退の長期化により、引き続き厳
    しい状況が続くものと思われます。そのような中、人材サービス業界においては、景気低迷による人件費関連コストの
    抑制による人材派遣需要の減退等により、かつてのような成長、市場拡大は望めない状況であります。しかしながら、
    官公庁においては財政難から財政支出抑制策として公務員業務の外部委託が進展し、さらに民間企業においては経営
    効率化の観点からコア事業への経営資源の集中と周辺業務の外部委託が進み、BPOを利用する動きが加速していく
    ものと予想しております。
    当社は、拡大を期待するBPOに関連した事業を主力事業としている中で、下記の取り組みを重点的に進めてまいり
    ます。
    (1)BPO関連事業の積極展開
      当社が主力事業とするBPO関連事業では、現状、受給者の年金記録に係る台帳調査への派遣業務の占める割合が
      高い状況となっています。当該業務は平成24年度を目途に終了する予定となっておりますが、その後は、被保険者の
      年金紙台帳とコンピュータ記録との突合せ作業の開始が見込まれております。日本年金機構の「年金記録問題への
      対応の実施計画(工程表)」(平成24年3月23日改定)によれば、受給者の年金記録に係る台帳調査作業は平成24
      年度を目途に終了する予定となっており、また、被保険者の年金記録に係る台帳調査作業は「厚生労働省と協議し
      ながら、その対応を進める。」となっています。当社は、これを踏まえ、年金受給者の年金記録に係る台帳調査作業終
      了後に被保険者の年金記録に係る台帳調査作業への人材派遣を計画しております。
      一方、官公庁及び地方公共団体の財政支出抑制策として市場化テストによる公務員業務の外部委託が進展するほ
      か、民間企業のコア事業への経営資源の集中に伴う周辺業務の外部委託が進むものと見込んでおります。
      こうした環境下、年金記録に係る台帳調査業務以外の官公庁向け入札案件等の受注や大手BPO事業者への派遣
      案件獲得により、当社が、BPO関連事業を積極的に拡大展開するためには、運営体制の継続的整備・維持が必要と
      なっております。
      今後は運営管理体制のノウハウや運用スキームを社内に経営資源として蓄積して、高スキルのマネージャーの教
      育・育成に努め、「チーム派遣」などBPO関連事業ノウハウを水平展開することにより、大型案件の運営体制を
      強化してまいります。
      また、BPO市場が拡大傾向にある中で、当社の事業領域を拡大させる必要がありますが、すでに、年金記録に係る
      台帳調査業務以外にも地方公共団体向け案件である「税金滞納者に対する納付促進」業務を開始しているなど実
      績も蓄積しており、今後も、大手BPO事業者との連携を強化することでBPO関連案件の新規受注に取り組んで
      まいります。

    (2)就業スタッフの高付加価値化
      高付加価値人材とは、定型化された業務を運営するだけではなくて、目前の仕事の中から法則性を見出して標準化
      したり、抽象的概念の中から解決方法を創出したりする創造的な仕事ができる人と考えております。BPO関連事
      業やその他の事業において、このような創造的な仕事ができる人材に対するニーズはますます高くなるものと予想
      され、高付加価値人材を供給できる体制を作ることが当社の収益基盤の下支えにつながると考えております。

    (3)登録者及び就業スタッフの確保とスタッフ満足度の向上
      人材サービス業界では人材派遣市場が縮小するなど、先行き厳しい見通しの状況にありますが、一方でBPOは官
      公庁及び地方公共団体ならびに民間企業による利用が進むものと予想しております。当社は、BPOに関連した事
      業を主力事業とし、社会情勢や顧客ニーズの変化に機敏に対応することによって事業拡大を推進してまいります
     が、それを支えるのは高い専門性や豊富な経験を有する高付加価値の登録者及び就業スタッフの確保であります。
     しかしながら、今後、わが国においては労働力人口が減少することから、高付加価値人材の確保が困難になるもの
     と予想しております。そのため、当社は、就業スタッフ重視(本位)を志向し、就業スタッフの満足度向上を推進す
     る専門部署を設け、就業スタッフに対して細やかなフォローを行う就業スタッフ支援システムの充実に努めており
     ます。また、経験の浅い就業スタッフや専門知識の乏しい就業スタッフについては、教育研修制度の充実によって高
     付加価値人材となることを支援してまいります。
     当社は、これらの施策によって就業スタッフの満足度向上を図り、就業スタッフから選ばれる「日本一親身な人材
     サービスカンパニー」となることを目指してまいります。

    (4)経営基盤の強化、成長速度に応じた組織体制の整備
      ①人材の採用と育成
       当社は、BPO関連事業を主力事業とすることにより、今後、事業規模の拡大を見込んでおります。当社は、事業
       規模の拡大に合わせて、適宜、必要な人員を拡充してまいりますが、当社の中長期的な経営戦略を実現するには、
       統制の取れた組織運営を担う人材の育成が欠かせません。
       総合人材サービス事業を営む当社の経営資源は“人”そのものであり、従業員の能力向上なくして当社の成長
       は望めないものと考えております。当社は、人材の採用と育成を重要な経営課題と捉え、優秀な人材を採用し、教


                               30/146
                                                         EDINET提出書類
                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)
      育研修制度の充実によって人材育成に注力し、モチベーションを高めるためにも人事制度の充実を図り、従業員
      の質的向上に努めてまいります。
      また、外部環境、内部環境の変化に応じて組織を機動的に改正するなど、組織の末端まで統制のとれた企業統治、
      経営管理を実現するため、成長速度に応じた組織体制を整備、構築してまいります。

     ②情報システム化の充実
      今後、事業規模の拡大に伴い、業務処理量、管理コストは急激に増加していくものと予想しております。そのよう
      な経営環境の変化に対応して、当社は、情報システムの充実を図ることを重要な経営課題とし、情報システム再構
      築による業務の効率化、就業スタッフ支援システムの高機能化等を実現して、組織のスリム化、管理コストの圧縮
      により、競争力強化を推進してまいります。
      また、インターネットは今後、スマートフォン等の新たなツールの普及により、一層、個人の生活に結びついたメ
      ディアとして成長拡大していくものと予想されます。当社は、当社の事業運営に関連する領域において、インター
      ネットの進化に合わせて、今後とも積極的に新しい技術を取り入れることにより、顧客満足度の向上、就業スタッ
      フの支援システムの充実、業務システムの効率化に取り組んでまいります。

    (5)コンプライアンスの重視
      人材サービス業は“人”を介して役務を提供するものであり、その運営には高い倫理性の保持とコンプライアン
      スの徹底が重要であります。当社は、労働基準法、労働者派遣法等の関連法規の遵守を始めとして、事業運営に係る
      すべての法令・ルールを遵守することが、当社が果たす社会的責任の基本であると認識しております。
      当社は、関係法令に基づいた社内諸規程を整備するとともに代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委
      員会を設置し、法令遵守状況を監視する体制を整えて、コンプライアンスの徹底を図っておりますが、今後もコンプ
      ライアンス体制の実効性を確保するために、適切な運営を継続してまいります。
     
     <コンプライアンス体制図>




                              31/146
                                                           EDINET提出書類
                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     

    (6)労働者派遣法規制強化への対応
      労働者派遣法については、改正の修正案が平成24年3月28日に国会で可決され、4年に及んだ法改正の継続審議が
      ようやく決着しました。懸念していた「登録型派遣・製造業務派遣の原則廃止」の条項は削除され、「労働契約申
      込みみなし制度」の施行日が3年経過後に延期されましたが、「日々又は30日以内の期間を定めて雇用する労働者
      派遣の原則禁止」などの事業規制の強化は削除されませんでした。しかしながら、「日々又は30日以内の期間を定
      めて雇用する労働者派遣の原則禁止」については、「適正な雇用管理に支障を及ぼす恐れがないと認められる業務
      の場合」及び「雇用機会の確保が特に困難な場合」等は例外とする規定が設けられました。当社においては、登録
      者・就業スタッフの主力が主婦層、高齢者層であり、これらが上記の例外規定に該当するため、上記の事業規制の強
      化が当社損益に与える影響は軽微であります。当社は、30日以内の短期案件を受注する場合には、これらの例外規定
      を活用するほか、例えば、顧客への派遣ではなく請負化の提案を行うなど、柔軟かつ適正な対応を講じてまいりま
      す。
      




                               32/146
                                                            EDINET提出書類
                                                     キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)
    4【事業等のリスク】
    当社の事業展開に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる事項は以
    下のようなものがあります。また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項についても、投資者の投資判断上、重要
    と考えられる事項については、情報開示の観点から記載しております。当社は、これらのリスクの可能性を認識したう
    えで、発生の回避及び発生した場合の対応に努めてまいりますが、当社株式に対する投資判断は本項以外に記載した
    項目を併せて慎重に判断したうえで行われる必要があると考えております。
    なお、以下の記載のうち将来に関する事項は、特別な記載がない限り、本書提出日(平成24年10月12日)現在におい
    て当社が判断したものであり、不確実性を含んでおりますので、実際の結果と異なる可能性があります。また、以下の
    記載は当社株式への投資リスクを全て網羅しているものではありません。
    (1)法的規制について
      当社は、企業としての社会的責任を遂行するため、関係法令に則った社内諸規程、業務マニュアルの整備、社内研修
      プログラムの充実等、適宜、内部管理体制の整備を図っております。今後とも事業規模の拡大や内外の状況変化に対
      応して適切な内部統制システムの整備や運用を推進してまいりますが、従業員による重大な過失、不正、違法行為等
      が生じ、当社が行政指導・改善命令を受けた場合、又は訴訟や損害賠償等に至った場合には、当社の経営成績に影響
      を及ぼす可能性があります。
      また、当社に関連する主要な法的規制である労働者派遣法及び関係諸法令については、労働市場を取り巻く状況の
      変化等に応じて、派遣対象業務ならびに派遣期間に関しての規制強化を目的とする改正が適宜行われております
      が、改正内容によっては、当社の経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
      ①人材派遣
        人材派遣は、労働者派遣法に基づき厚生労働大臣の「一般労働者派遣事業許可」を受けて行っており、許可の有
        効期間は5年であります。労働者派遣事業の適正な運営を確保するために、「許可の取消し等」を定めている労
        働者派遣法第14条において、派遣元事業主(派遣事業を行う者、法人である場合にはその役員を含む。)が同条第
        1項のいずれかに該当するときは、許可の取消しができる旨を定めております。
        現時点において当社が上記の取消事由に抵触することはありませんが、今後何らかの理由で許可が取り消され
        た場合、当社の事業活動が制限され、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        
      ②請負
        請負は、昭和61年労働省告示第37号により、その判断基準が示されており、請負を行うにはこの基準に準拠する
        必要があります。当社は、労働省告示第37号の遵守を徹底していますが、当社が請負で受託した取引で万一、各都
        道府県労働局により実質的には人材派遣であると認定された場合には、「偽装請負」と見做され、業務停止等の
        処分を受けた場合は、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

     ③紹介予定派遣
      紹介予定派遣は、派遣元が紹介予定派遣を行う人材派遣業としての許可のほか、有料職業紹介事業の許可を受
      け、兼業の体制を整える必要があります。当社は、労働者派遣法に基づく厚生労働大臣の「一般労働者派遣事業許
      可」及び職業安定法に基づく厚生労働大臣の「有料職業紹介事業許可」を受けており、許可の有効期間は5年で
      あります。労働者派遣事業の適正な運営を確保するために、「許可の取消し等」を定めている労働者派遣法第14
      条において、派遣元事業主(派遣事業を行う者、法人である場合にはその役員を含む。)が同条第1項のいずれか
      に該当するときは、許可の取消しができる旨を定めております。また、職業紹介事業等が労働力の需要供給の適正
      かつ円滑な調整に果たすべき役割にかんがみその適正な運営を確保するために、「許可の取消し等」を定めてい
      る職業安定法第32条の9において、有料職業紹介事業者が同条第1項のいずれかに該当するときは、許可の取消
      しができる旨を定めております。
      現時点において当社が上記の取消事由に抵触することはありませんが、今後何らかの理由で許可が取り消され
      た場合、当社の事業活動が制限され、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      
     ④人材紹介
      人材紹介は、職業安定法に基づく厚生労働大臣の「有料職業紹介事業許可」を受けて行っており、許可の有効期
      間は5年であります。職業紹介事業等が労働力の需要供給の適正かつ円滑な調整に果たすべき役割にかんがみそ
      の適正な運営を確保するために、「許可の取消し等」を定めている職業安定法第32条の9において、有料職業紹
      介事業者が同条第1項のいずれかに該当するときは、許可の取消しができる旨を定めております。
      現時点において当社が上記の取消事由に抵触することはありませんが、今後何らかの理由で許可が取り消され
      た場合、当社の事業活動が制限され、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。





                               33/146
                                                               EDINET提出書類
                                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)
    (2)社会保険制度の改定による経営成績への影響について
      社会保険料の料率ならびに対象範囲は、社会保障と税の一体改革など国家的な見直し論議の中で、適宜改定が実施
      されております。
      当社では、現行の社会保険制度において、従業員はもちろんのこと、加入要件を満たす就業スタッフ全員について
      も社会保険加入を徹底しておりますが、今後、社会保険制度の改定が実施され、例えば、加入要件を引き下げられる
      ことにより、社会保険の事業主負担額が増加する場合には、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。厚生
      年金保険においては、平成16年に成立した年金改革関連法により、保険料率は、平成16年10月から平成29年9月まで
      毎年0.354%ずつ段階的に引き上げられ、最終的に保険料率は18.3%と定められております。これにより、標準月額
      報酬に対する厚生年金保険料の事業主負担率は、平成29年まで毎年0.177%ずつ増加していくことが予定されてお
      り、これにより収益を圧迫する要因になることが予想されます。
      また、当社の従業員及び就業スタッフが加入する人材派遣健康保険組合においては、平成20年4月の高齢者医療の
      制度改革に伴う新たな拠出金制度(後期高齢者支援金及び前期高齢者納付金)の発足による拠出金負担、医療費の
      上昇、景気低迷に伴う保険料収入の減少等により、同組合の財政収支は悪化し、平成23年度から健康保険料の事業主
      負担率は前年度の39.75/1000から40.8/1000へと大幅に引き上げられております。同組合では健全な財政維持に
      向けた医療費適正化対策や組合運営費の抑制策等が講じられておりますが、今後も改善が見られない場合は更なる
      保険料率のアップが誘引され、これにより収益を圧迫する要因となることが予想されます。
      雇用保険においては、平成22年度の雇用保険制度改正により、一般の事業における雇用保険料の事業主負担率は
      7/1000から9.5/1000に引き上げられ、また、適用範囲も拡大されました。今後も雇用保険制度が改正され、事業主
      負担率のアップや加入対象者の増加が生じた場合は、今後の収益を圧迫する要因となることが予想されます。

    (3)登録者及び就業スタッフの確保について
      当社は、事業展開するうえで、登録者や就業スタッフの確保が重要な課題であります。
      登録者の募集については、インターネットや新聞、雑誌等の広告等により常時実施しております。登録者の確保に
      ついては、登録者の満足度を高めるために、個々の登録者の希望に合った就業機会を提供する施策を実施しており
      ます。また、就業スタッフについては、教育・研修等の支援を行うなど、就業スタッフのスキル向上の施策を実施し
      ております。加えて、未就業の登録者については、定期的に連絡を取り、登録者の希望を確認するなどしてコミュニ
      ケーションの緊密化を図っております。
      しかしながら、雇用情勢や労働需要の変化により、人材の確保が意図したとおりに進まなかった場合や顧客企業の
      需要に対して十分な人材の確保が実施できなかった場合には、相応しい人材をマッチングできず、当社の経営成績
      に影響を及ぼす可能性があります。

      (4)特定の業務分野への依存について
          当社の主力事業であるBPO関連事業は、平成25年2月期第2四半期累計期間で売上高の57.5%を占めており、
        このうち、93.0%(同期の売上高全体の53.4%)を、株式会社もしもしホットラインが日本年金機構から受託す
        る年金受給者の年金記録に係る台帳調査作業への派遣業務が占めております。
        日本年金機構の「年金記録問題への対応の実施計画(工程表)」(平成24年3月23日改定、以下、「実施計画」と
        いう。)によれば、年金受給者の年金記録に係る台帳調査作業は「優先順位を付けたうえで効率的に実施すること
        とし、平成24年度を目途に受給者の突合せを進める」予定となっております。
    従って、年金受給者の年金記録に係る台帳調査作業の終了後は、被保険者の年金記録に係る台帳調査作業、年
    金記録整理業務、年金督励業務や年金電話相談業務、その他年金記録に関連する業務、地方税督励業務等、官公
    庁向け案件を獲得していくほか、民間大手BPO事業者と今後も連携を強化して年金関連以外の案件も獲得して
    いくことで業務分野を拡大させることを計画しておりますが、当社の目論見どおりに拡大できない場合には、当
    社の経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
    
      (5)特定の取引先への依存について
        当社は、株式会社もしもしホットラインと年金記録台帳調査業務に関して派遣契約を締結しており、平成25年2月
        期第2四半期累計期間売上高に占める同社への売上高比率は67.6%と高くなっております。当社は、今後も同社と
        の取引関係をより強固にして、緊密な連携をもって事業を継続することを計画しております。
        しかしながら、今後、この取引関係に何らかの急激な変化が生じた場合、又は、年金記録台帳調査業務の委託元であ
        る日本年金機構と同社との契約内容に大きな変更が生じた場合には、当社の経営成績に重要な影響を及ぼす可能性
        があります。

    (6)合併、買収などの企業買収(M&A)について
      当社は、今後、事業を拡大させる手段として、関連事業を営む企業買収等を行う可能性があります。買収等を行う場
      合には、対象となる企業の財務内容や事業内容のデューデリジェンスを厳密に実施することにより、事前のリスク
      把握に努めてまいります。


                                 34/146
                                                                   EDINET提出書類
                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)
      しかしながら、国内外の経済環境の変化等から、当社がM&Aを行った企業の経営、事業、資産に対して十分なコン
      トロールができない場合や買収した企業の人材や顧客が流出した場合には、当社が期待した買収効果を得られない
      可能性があります。すなわち、当初の期待どおりに事業を展開できない場合には、当社は投資額を十分に回収できな
      い恐れがあり、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      
    (7)競争の激化について
      当社が属する人材サービス業界は、多くの競合会社が存在しております。当社は、年金記録に係る台帳調査作業へ
      の派遣等の大型案件で培ってきた豊富なノウハウを基に、顧客の業務効率化や合理化を企画提案する人材サービス
      の提供を推進し、競合先との差別化を図ってまいりますが、競争がさらに激化した場合には、当社の経営成績に影響
      を与える可能性があります。
      
    (8)自然災害及びシステム障害等の影響について
      ①システムのトラブル・ダウンについて
        当社は、事業展開をコンピュータシステムやネットワークに大きく依存しており、保有の業務管理情報システム
        内に、登録者及び就業スタッフの個人情報ならびに顧客企業に係る基本情報等を大量に保有しております。これ
        らは顧客企業のニ―ズに対し最適の登録者を選択し、マッチングさせることを可能としております。また、当社
        は、就業スタッフに対する労働債務の管理、給与の支払、顧客企業に対する代金の請求、与信管理の業務等も当該
        システムによって行っております。
        このため大地震等の大規模な災害等が発生し、当該システムのデータを保存しているサーバー等が災害により
        停止した場合には、当社の業務遂行に支障を来たし、引いては当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

     ②情報ネットワークのセキュリティについて
       当社は、業務上、多数の個人情報ならびに機密情報を取り扱っております。情報セキュリティに関しては、その重
       要性及びリスクを十分に認識し、情報セキュリティ規程を整備するとともに、平成22年4月にISO/IEC
       27001(注)の認証を取得して、従業員の教育やセキュリティ管理を組織的かつ継続的に行っております。しかし
       ながら、不測の事態により情報セキュリティ事故が発生した場合には、当社の信用が失墜し、企業イメージの低下
       を招くなどして、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (注)ISO/IEC27001とは、情報セキュリティマネジメントシステム(Information Security
              Management System)の規格のことであり、情報セキュリティマネジメントシステムとは、組織が情報管
              理の有効性を維持するための体制のことで、情報の保管方法やウイルス対策、メール使用のガイドライ
              ン、障害発生時の行動計画などの要素から構成されております。

    (9)個人情報の取り扱い及び個人情報保護法に関するリスクについて
      当社は、登録者や未就業の登録者、従業員等に関する多くの個人情報を保管しております。また、当社は、平成17年
      4月に施行された個人情報保護法が定める個人情報取扱事業者に該当し、個人情報保護法の適用を受けておりま
      す。
      当社は、これらの個人情報の取扱いについて、平成17年4月にプライバシーマーク認証を取得し、「個人情報保護
      要領書」、「個人情報保護マニュアル」等を充実して、その遵守や従業員教育を通して個人情報の厳正な管理を
      行っております。しかしながら、このような取り組みにもかかわらず、個人情報の漏洩や不正使用等の事態が発生し
      た場合には、社会的信用の失墜やイメージの悪化、損害賠償請求の発生等により、当社の経営成績に影響を及ぼす可
     能性があります。

    (10)人材の確保について
       当社は、今後、より高付加価値人材を提供する人材サービス業者になることを目指しています。そのためには高付
       加価値人材を採用し育成する優秀な従業員の採用が欠かせません。今後、必要とする優秀な人材を適時に確保でき
       なかった場合又は社内の有能な人材が流出した場合には、今後の事業拡大に支障を来たすことが考えられ、当社の
       経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

    (11)新株予約権の行使による株式価値の希薄化について
       当社は、役員、従業員に対するインセンティブを目的として、新株予約権(以下、「ストック・オプション」とい
       う。)を付与しております。これらのストック・オプションが権利行使された場合、当社株式が新たに発行され、既
       存の株主が有する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。本書提出日(平成24年10月12日)現
       在、これらのストック・オプションによる潜在株式数は704,900株であり、発行済株式総数4,800,000株の14.7%に
       相当しております。
       
    (12)配当政策について


                                   35/146
                                                                   EDINET提出書類
                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)
      当社は、これまで経営基盤の強化、事業拡大に向けた先行投資を優先し、株主への配当は実施しておりませんでし
      た。今後につきましては、株主に対する利益還元を経営の重要課題と位置づけ、持続的成長のための内部留保の充実
      等を勘案のうえ、株主に対し、配当による利益還元を検討していく所存でありますが、財政状態及び経営成績等に
      よっては無配となる可能性があります。

    (13)資金使途について
       当社の公募増資による資金の使途については、事業拡大に伴う情報システムの拡充等の投資に充当する予定であ
       ります。しかしながらそれらが計画通りに実行できない場合、又は、それらに見合った効果が得られない場合は、当
       社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

    5【経営上の重要な契約等】
         相手先             契約               契約内容            契約期間
    ㈱もしもしホットライン     労働者派遣基本契約         当社が雇用する派遣労働者   平成14年3月18日から平成
                                      を㈱もしもしホットライン   15年3月17日まで。
                                      の業務に従事させるために   以後、契約者どちらかの申
                                      派遣すること         し出がない限り、1年ごと
                                                     の自動更新。

    6【研究開発活動】
     該当事項はありません。

    7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     文中の将来に関する事項は、本書提出日(平成24年10月12日)現在において当社が判断したものであります。
     (1)重要な会計方針及び見積り
       当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されております。財
       務諸表の作成に当たっては、重要な会計方針等に基づき、資産・負債の評価及び収益・費用の認識に影響を与える
       見積り及び判断を行っております。これらの見積り及び判断に関しては、継続して評価を行っておりますが、見積り
       特有の不確実性があるため、実際の結果は見積りと異なる可能性があります。

     (2)財政状態の分析
       当事業年度末(平成24年2月29日)
       (資産の部)
       当事業年度末における総資産は前事業年度末と比べ728,574千円増加し、3,844,121千円となりました。流動資産
       は、716,109千円増加の3,595,993千円、固定資産は12,465千円増加の248,128千円となりました。
       流動資産の増加の主な要因は、売上高及び当期純利益の増加により、現金及び預金が677,918千円増加したことに
       よるものであります。
       固定資産のうち有形固定資産は前事業年度末と比べ、5,029千円減少し、35,689千円となりました。この減少の主な
       要因は、資産除去債務会計基準の適用に伴う増加及び工具、器具及び備品の取得により16,049千円増加した一方で、
       減価償却による減少が16,841千円、除却ならびに減損により4,237千円減少したためであります。
       無形固定資産は、前事業年度末と比べ4,629千円減少し、55,193千円となりました。この減少の主な要因は、減価償
      却費によるものであります。
      投資その他の資産は、前事業年度末と比べ22,123千円増加し、157,245千円となりました。この増加の主な要因は、
      地方拠点の開設等で敷金及び保証金が9,333千円増加、長期性預金が12,000千円増加したこと等によるものであり
      ます。

      (負債の部)
      当事業年度末における負債合計は、前事業年度末と比べ445,243千円増加し、3,054,367千円となりました。流動負
      債は、前事業年度末と比べ628,340千円増加し、2,601,457千円となりました。この増加の主な要因は、業容拡大に伴
      い、未払金が250,357千円、未払法人税等が296,105千円、未払消費税等が253,631千円それぞれ増加し、借入金の約定
      弁済により、短期借入金が128,502千円、1年内返済予定の長期借入金が132,956千円それぞれ減少したこと等によ
      るものであります。
      固定負債は、前事業年度末と比べ183,097千円減少し、452,909千円となりました。この減少の主な要因は、100,000
      千円の社債発行ならびに1年内償還予定の社債への振替64,000千円により、社債が36,000千円増加した一方で、長
      期借入金が約定弁済で234,762千円減少したことによるものであります。

      (純資産の部)

                                    36/146
                                                               EDINET提出書類
                                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)
    当事業年度末における純資産は前事業年度末と比べ283,330千円増加の789,754千円となりました。これは、当期純
    利益が283,330千円となったことにより、繰越利益剰余金が283,330千円増加したことによるものであります。

     当第2四半期会計期間末(平成24年8月31日)
     (資産の部)
当第2四半期会計期間末における総資産は前事業年度末と比べ125,033千円増加し、3,969,155千円となりました。
流動資産は、61,828千円増加の3,657,821千円となりましたが、この増加の主な要因は、大型スポット案件の売上等に
     より売掛金が前事業年度末に比べ78,161千円増加したこと等によるものです。
固定資産は、63,204千円増加の311,333千円となりました。固定資産のうち、有形固定資産は前事業年度末と比べ
     37,489千円増加し、73,179千円となりましたが、この増加の主な要因は、本社事務所の増床に伴い有形固定資産の取
     得があったためであり、無形固定資産は、前事業年度末と比べ6,934千円減少の48,258千円となりました。この減少
     の主な要因は、ソフトウェアの償却によるものです。また、投資その他の資産は、前事業年度末と比べ32,650千円増
     加し、189,895千円となりました。この増加の主な要因は、本社事務所の増床等に伴う敷金及び保証金の増加による
     ものです。

     (負債の部)
当第2四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末と比べ87,572千円減少の2,966,794千円となりました。
     流動負債は、前事業年度末と比べ244,552千円減少の2,356,904千円となりました。これは、主に未払法人税等が納付
     により147,247千円減少したことによるものです。
固定負債は、前事業年度末と比べ156,979千円増加の609,889千円となりました。これは、長期借入金が約定弁済により
     56,094千円減少したものの、社債の新規発行等で198,000千円増加したことと、資産除去債務が資産の取得により
     14,623千円増加したこと等によるものです。

(純資産の部)
当第2四半期会計期間末における純資産は前事業年度末と比べ212,605千円増加の1,002,360千円となりました。これ
      は、四半期純利益212,780千円の計上等によるものです。
      
    (3)経営成績の分析
      当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
      (売上高)
      当事業年度の売上高は15,372,013千円となり、前事業年度に比べ67.0%増加しました。
      売上高増加の主な要因は、主力事業とするBPO関連事業において、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務へ
      の派遣が期初から安定して稼動し、当事業年度の業績に大きく貢献したものであります。

      (売上総利益)
      当事業年度の売上総利益は2,417,469千円となり、前事業年度に比べ47.6%増加しましたが、売上総利益率は
      15.7%となり、前事業年度に比べ2.1ポイント低下となりました。
      売上総利益率が低下した主な要因は、大型案件である年金記録台帳調査業務に携わる就業スタッフの就業期間が
      長くなるにつれ、社会保険等の有資格者の割合が高くなったことや年次有給休暇の取得日数が増加したこと等によ
      り、前事業年度に比べ売上原価が増加したためであります。

    (販売費及び一般管理費)
    当事業年度の販売費及び一般管理費は1,817,415千円となり、前事業年度に比べ18.6%増加しましたが、販管費率
    は11.8%となり、前事業年度と比べ4.8ポイント低下しました。
    販管費率が低下した主な要因は、前事業年度において、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務開始に当たっ
    て、体制構築のための登録者募集費や拠点開設等の先行投資費用が発生していたことによるものであります。

    (営業利益)
    当事業年度の営業利益は600,053千円となり、前事業年度に比べ466.2%増加し、営業利益率は3.9%となり、前事業
    年度に比べ2.7ポイント上昇しました。
    営業利益率が上昇した主な要因は、販管費率が前事業年度に比べ4.8ポイント低下したことによるものでありま
    す。

    (経常利益)
    当事業年度の経常利益は568,310千円となり、前事業年度に比べ630.7%増加し、経常利益率は3.7%となり、前事業
    年度に比べ2.9ポイント上昇しました。
    経常利益率が増加した主な要因は、営業利益率が前事業年度に比べ2.7ポイント上昇したことによるものです。
                                37/146
                                                                  EDINET提出書類
                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                            有価証券届出書(新規公開時)

    (当期純利益)
    以上の結果、法人税等差引後の当事業年度の当期純利益は、前事業年度に比べ221,271千円増加の283,330千円とな
    りました。

    当第2四半期累計期間(自平成24年3月1日至平成24年8月31日)
      当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、欧州債務問題の長期化、ならびに、中国をはじめとする新興国での
    景気減速や円高基調のもと、東日本大震災からの復興に向けての関連需要等により、一部に持ち直しの動きが見ら
    れるものの、依然として先行き不透明な状況で推移致しました。
      人材サービス業界では、雇用情勢は堅調に推移したものの、人材派遣需要の回復力は弱く、当業界における先行き
     に対する見通しは依然として厳しい状況であります。
      このような経営環境の中、当社は、主力のBPO関連事業では、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務への人
     材派遣が引き続き順調に推移し、また、CRM関連事業では、テレマーケティングの大型人材派遣の案件を新たに獲
     得するなど、業績は堅調に推移致しました。
      この結果、当第2四半期累計期間の業績は、売上高9,231,306千円、営業利益398,249千円、経常利益376,906千円、
     四半期純利益212,780千円となりました。
    当第2四半期累計期間の事業区分別の業績は、次のとおりであります。
①BPO関連事業
      BPO関連事業は、大型派遣案件である年金記録台帳調査業務への人材派遣が引き続き順調に推移し、また、地方
    公共団体からも新規案件等を受注し、当事業の売上高は5,303,345千円となりました。
    ②CRM関連事業
      CRM関連事業は、大型派遣案件にかかるテレマーケティング事業者への人材派遣、東京、札幌及び福岡地区等で
      のコンタクトセンターへの人材派遣の案件を新たに受注するなど、当事業の売上高は2,322,471千円となりました。
③一般事務事業
      一般事務事業は、大型の事務請負案件を新たに獲得し、当事業の売上高は1,002,954千円となりました。
④製造技術系事業
製造技術系事業は、関西地区での軽作業の請負案件等を新規獲得し、当事業の売上高は602,536千円となりました。

    (4)経営戦略の現状と見通し
      人材派遣市場は、昭和61年の労働者派遣法の施行以来、右肩上がりに拡大してまいりましたが、リーマン・ショッ
      ク以降、派遣需要は激減し、製造派遣等を中心とした雇い止め、契約未更新による大量離職者の発生が社会問題化し
      た後もデフレ不況が追い打ちをかけ、今後の人材派遣市場は厳しい見通しとなっております。一方、官公庁において
      は財政難を背景とする財政支出削減のための民間への業務委託が一段と進み、また、民間企業においては長期的な
      経済見通しからコア事業への経営資源の集中、バックオフィスの間接業務を中心とした外部委託が進展し、BPO
      市場は今後とも拡大していくものと予想しております。当社は、大型案件である年金記録に係る台帳調査作業への
      派遣を通じてBPO関連事業運営の多くのノウハウを蓄積してきており、これらを経営資源として、ほかの多くの
      BPO関連の潜在需要に応用展開することで、事業領域の拡大を図ってまいります。

    (5)資本の財源及び資金の流動性についての分析
      当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
    当事業年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、前事業年度末に比べて、672,918
    千円増加の1,853,058千円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の
    とおりであります。
    (営業活動によるキャッシュ・フロー)
    営業活動の結果、獲得した資金は1,177,582千円(前年同期比975.6%増)となりました。
    これは、主に税引前当期純利益が554,575千円、未払金の増加が239,962千円、未払消費税等の増加が253,631千円と
    なったことによるものであります。

    (投資活動によるキャッシュ・フロー)
    投資活動の結果、使用した資金は、39,376千円(前年同期比5.5%減)となりました。
    これは、主に定期預金の払戻による収入が7,000千円、敷金及び保証金の返還による収入が2,535千円あった一方
    で、定期預金の預入による支出が24,000千円、有形及び無形固定資産の取得による支出が13,268千円、地方拠点の増
    床等により敷金及び保証金の差入による支出が9,777千円あったことによるものであります。

    (財務活動によるキャッシュ・フロー)
    財務活動の結果、使用した資金は465,287千円(前年同期比1,082.1%増)となりました。
    これは、主に長期借入れによる収入が330,000千円、社債の発行による収入が98,140千円あった一方で、短期借入金
                                  38/146
                                                                 EDINET提出書類
                                                          キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)
     の純減額が128,502千円、長期借入金の返済による支出が697,718千円及び社債の償還による支出が62,000千円あっ
     たことによるものであります。
     
     当第2四半期累計期間(自平成24年3月1日至平成24年8月31日)
     当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、前事業年度末に比べ
     て2,091千円減少し、1,850,966千円となりました。
     当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。
     (営業活動によるキャッシュ・フロー)
     営業活動の結果、使用した資金は86,614千円となりました。
     これは、税引前四半期純利益が376,906千円、減価償却費が19,840千円となったものの、法人税等の支払額が
     295,358千円、未払消費税等が納付により186,743千円減少となったこと等によるものです。

      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
      投資活動の結果、使用した資金は、78,027千円となりました。
これは、本社ビル増床等により敷金及び保証金の差入による支出が49,243千円あったことと、有形固定資産の取得が
      32,592千円あったこと等によるものです。
      
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
    財務活動の結果、獲得した資金は162,550千円となりました。
    これは、短期借入金の減少が61,000千円、長期借入金の返済が326,690千円、社債の償還が42,000千円等あった一方
      で、長期借入れによる収入が300,000千円、新規社債発行による収入が295,281千円あったことによるものです。
    
    (6)経営者の問題意識と今後の方針について
      当社は、BPO関連事業を主力とする事業戦略により、今後、事業規模が拡大していくものと見込んでおりますが、
      事業規模の拡大を着実に達成していくには、営業体制の拡充もさることながら、事業規模拡大のスピードに適した
      経営基盤の強化が重要な課題であると考えております。特に、経営管理面において将来を担う人材の採用、育成なら
      びに膨張する業務処理の効率化に加え、仕事紹介など登録スタッフに対する積極的な情報提供や就業スタッフ支援
      システムの高機能化等、情報システムの充実が重要であると考えております。当社は、持続的成長に向けた戦略投資
      として、これらの経営基盤の強化を重点的に行うことを計画しております。
      また、当社のビジネスモデルは、顧客のニーズに応えるとともに、就業希望者に最適の就業環境を提供することで
      成り立つものであると考えております。そして、当社の顧客に対するサービスは“人”を介して行うものであり、そ
      の運営にはコンプライアンスが欠かせないものであることから、当社は、総合人材サービス事業を展開するうえで
      コンプライアンスが極めて重要なことであると認識しております。
      当社は、今後とも当社の企業理念である「すべての人に働くよろこびを」、行動規範の「日本一親身な人材サー
      ビスカンパニー」の実現に向けて規律ある企業活動を実践してまいります。
      




                                  39/146
                                                      EDINET提出書類
                                               キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                有価証券届出書(新規公開時)
(7)経営成績に重要な影響を与える要因について
  経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載のとおりで
  あります。
  




                          40/146
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)

第3【設備の状況】
    1【設備投資等の概要】
     当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
     当事業年度においては、求職者登録システム改修10,350千円等、事業の拡大及び業務の効率化を目的として総額
      23,663千円の設備投資を行いました。
     なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

     当第2四半期累計期間(自平成24年3月1日至平成24年8月31日)
      当第2四半期累計期間においては、重要な設備投資は行っておりません。
      なお、当第2四半期累計期間において重要な設備等の除却、売却等はありません。

    2【主要な設備の状況】
     当社における主要な設備は、次のとおりであります。
                                                                         平成24年8月31日現在
                                                     帳簿価額(千円)
     事業所名                                                                           従業員数
                事業区分の名称   設備の内容                    工具、器具  ソフトウエ
     (所在地)                                                                           (名)
                                         建物                               合計
                                                   及び備品   ア
    本社
                全社(共通)    本社事務所          29,066      26,054      44,599    99,720    112(63)
    (東京都新宿区)
(注)1.従業員数は、正社員のほか契約社員を含み、臨時雇用者(パートタイマー)は、最近1年間の平均人員を()
      内に外数で記載しております。また、就業スタッフは含んでおりません。
          2.上記のほか、賃借している主要な設備として、次のものがあります。
                                                                        平成24年8月31日現在
                 事業所名(所在地)        設備の内容                               年間賃借料(千円)
              本社
                             本社事務所                                             86,527
              (東京都新宿区)

    3【設備の新設、除却等の計画】(平成24年9月30日現在)
      (1)重要な設備の新設等
        当社における重要な設備の新設の計画は次のとおりであります。
                             投資予定金額                            着手及び完了予定年月
       事業所名   事業区分                         資金調達                                     完成後の
                     設備の内容  総額     既支払額
      (所在地)   の名称                          方法                                       増加能力
                                                                着手        完了
                           (千円) (千円)
                                           増資資金
    本社              営業基幹シス                                                          業務効率
              全部門          143,230  11,840 及び自己               平成24年3月 平成26年3月
    (東京都新宿区)        テムの改修                                                           化
                                           資金
                                                                           就業ス
    同上        BPO関   BPO事業管                                               タッフの
                               40,000    −       増資資金 平成25年10月 平成26年3月
              連事業   理システム                                                シフト管
                                                                           理等
    同上               営業事務効率                                                        業務効率
               全部門            30,000    −       増資資金 平成26年3月 平成27年2月
                     化システム                                                        化
                                                   増資資金
    同上                サーバー購入                                              処理容量
               全部門             20,535    2,280   及び自己 平成24年8月 平成25年2月
                                                                        拡充
                                                   資金
                                                   増資資金
    同上                CTIシステ                                              処理容量
               全部門            100,000    −       及び自己 平成26年3月 平成27年2月
                     ム                                                  拡充
                                                   資金

     (2)重要な設備の除却等
       重要な設備の除却、売却等の計画はありません。




                                          41/146
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                             有価証券届出書(新規公開時)

第4【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】
    (1)【株式の総数等】
     ①【株式の総数】
               種類                                     発行可能株式総数(株)
     普通株式                                                   19,200,000
                 計                                             19,200,000
(注)平成24年5月15日開催の取締役会決議により、平成24年6月10日付で株式分割に伴う定款の一部変更を行い、発
      行可能株式総数は、同日より18,880,000株増加し、19,200,000株となっております。

    ②【発行済株式】
                               上場金融商品取引所名又は登録
      種類         発行数(株)                                    内容
                               認可金融商品取引業協会名
                                                     1単元の株式数は100株で
                                                     あります。
                                                     完全議決権株式であり、権
   普通株式            4,800,000             非上場
                                                     利内容に何ら限定のない当
                                                     社における標準となる株式
                                                     であります。
       計                 4,800,000             −                            −
(注)平成24年5月15日開催の取締役会決議に基づき、平成24年6月10日付をもって1株につき100株の株式分割を
       行っております。これにより、発行済株式数は、4,752,000株増加し、4,800,000株となっております。
       また、平成24年6月10日付で1単元の株式数を10株から100株に変更する定款の一部変更を行っております。

    (2)【新株予約権等の状況】
       会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       ①第3回新株予約権発行(平成19年7月13日取締役会決議)
                                                                        
                                               最近事業年度末現在          提出日の前月末現在
                     
                                              (平成24年2月29日)       (平成24年9月30日)
                                                                        
    新株予約権の数(個)                                       70(注)1            −
    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              −                     −
    新株予約権の目的となる株式の種類                                普通株式                    −
    新株予約権の目的となる株式の数(株)                               70(注)2                     −
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                              6,000(注)3                −
                                              自平成21年4月1日
    新株予約権の行使期間                                                              −
                                              至平成24年7月31日
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発                  発行価格6,000                  −
    行価格及び資本組入額(円)                              資本組入額3,000                   
    新株予約権の行使の条件                                     (注)4                    −
                                          譲渡、担保権の設定、その他
    新株予約権の譲渡に関する事項                                                          −
                                          一切の処分はできない。
    代用払込みに関する事項                                       −                     −
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          −                     −
(注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
   2.当社が普通株式の分割又は併合を行う場合、新株予約権のうち行使されていないものについては、次の算式に
     より対象株式数を調整するものとします。ただし、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨て
     ます。
       調整後株式数=調整前株式数×株式の分割・併合の割合
   3.新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、行使価額は、次の算式により調整されるものと
     し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                              1
       調整後行使価額=調整前行使価額×
                        株式分割・株式併合の比率
     また、当社が時価を下回る払込金額をもってその発行する普通株式又はその処分する当社の保有する普通株
     式を引き受ける者の募集をする場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整の結果生ずる1株未満の端数

                                     42/146
                                                         EDINET提出書類
                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)
   は切り上げます。
                                   新規発行株式数×1株当たり払込金額
                       既発行株式数+
    調整後行使価額=調整前行使価額×                    1株当たり時価
                             既発行株式数+新規発行株式数
4.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
  (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件のすべてを満たすこと。
    ①新株予約権者が、本新株予約権の付与時から行使時点まで、当社又は当社が発行済株式(議決権のあるも
       のに限る。)又は持分の100分の50を超える数の株式(議決権のあるものに限る。)又は持分を直接又は
       間接に保有する会社(以下、「当社の子会社」という。)の取締役、監査役又は使用人(以下、この三者
       を併せて「役員・社員」という。)たる地位を保有していること。ただし、次に掲げる事由により当社又
       は当社の子会社の役員・社員たる地位を失った者は、当社又は当社の子会社の役員・社員たる地位を有
       しているものとみなす。
     a.当社又は当社の子会社の取締役又は監査役:任期満了による退任その他これに準ずる事由
     b.当社又は当社の子会社の使用人:定年退職、当社又は当社の子会社の社命による転籍、業務上の傷病
        を主たる理由とする退職、やむを得ない事業上の都合による解雇(整理解雇)、その他これに準ずる
        事由
    ②新株予約権者が、行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこと。
     a.当社又は当社の子会社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決定があった場合
     b.その他②a.に準ずる事由のある場合
  (2)新株予約権者の相続人については、相続発生の直前において新株予約権者が(1)①及び②の条件をすべて
     満たしていたこと。
  (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から6ヶ月を経過していること。
5.新株予約権の数、新株予約権の目的となる株式の数は、退職及び第4回新株予約権発行に伴う権利放棄等によ
  る権利を喪失した数を控除しております。
6.平成24年7月31日までに新株予約権の権利行使が行われず、行使期間が満了したため、新株予約権は失効して
  おります。




                          43/146
                                                                   EDINET提出書類
                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)
   ②第4回新株予約権発行(平成21年10月23日取締役会決議)
                                                              
                                   最近事業年度末現在           提出日の前月末現在
               
                                  (平成24年2月29日)        (平成24年9月30日)
                                                              
 新株予約権の数(個)                             2,494(注)1       2,479(注)1
 新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                      −                −
 新株予約権の目的となる株式の種類                        普通株式              同左
 新株予約権の目的となる株式の数(株)                     2,494(注)2    247,900(注)2、6
 新株予約権の行使時の払込金額(円)                      6,000(注)3        60(注)6
                                   自平成23年12月1日
 新株予約権の行使期間                                                同左
                                   至平成29年12月31日
 新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発             発行価格6,000   発行価格  60     (注)6
 行価格及び資本組入額(円)                         資本組入額3,000   資本組入額 30       
 新株予約権の行使の条件                             (注)4              同左
                                譲渡、担保権の設定、その他
 新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                                一切の処分はできない。
 代用払込みに関する事項                               −                −
 組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                  −                −
(注)1.最近事業年度末現在は、新株予約権1個につき目的となる株式数は1株であります。提出日の前月末現在は、
      新株予約権1個につき目的となる株式数は100株であります。
    2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式の分割又は併合を行う場合、新株予約権のうち行使されていないも
      のについては、次の算式により対象株式数を調整するものとします。ただし、調整の結果生じる1株未満の端
      数は、これを切り捨てます。
       調整後株式数=調整前株式数×株式の分割・併合の割合
    3.新株予約権の割当日後、当社が普通株式の分割又は普通株式の株式併合を行う場合は、行使価額は、次の算定
      方式により調整されるものとし、調整により生じる1株未満の端数は切り上げます。
                             1
       調整後行使価額=調整前行使価額×
                        株式分割・株式併合の比率
      また、当社が行使価額調整式に使用する時価を下回る払込金額をもってその発行する当社普通株式又はその
      処分する当社の保有する当社普通株式を引き受ける者の募集をする場合は、次の算式により行使価額を調整
      し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り上げます。
                                新規発行株式数×1株当たり払込金額
                        既発行株式数+
       調整後行使価額=調整前行使価額×              1株当たり時価
                               既発行株式数+新規発行株式数
    4.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
     (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
       ①新株予約権者が新株予約権の付与時から行使時点まで、当社の取締役、監査役又は従業員(以下、この三
          者を併せて「役員・社員」という。)たる地位を保有していること。ただし、次に掲げる事由により当社
          の役員・社員たる地位を失った者は、当社の役員・社員たる地位を有しているものとみなす。
        a.当社の取締役又は監査役:任期満了による退任、会社都合により退職した場合、その他正当な事由が
           あると当社取締役会が認めた場合
        b.当社の従業員:定年退職、社命による転籍、その他正当な事由があると当社取締役会が認めた場合
       ②新株予約権者が、行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこと。
        a.当社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決定があった場合
        b.その他②a.に準ずる事由のある場合
     (2)新株予約権者の相続人については、相続発生の直前において新株予約権者が(1)の条件を全て満たしてい
        ること。
     (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から3ヶ月を経過していること。
    5.新株予約権の数、新株予約権の目的となる株式の数は、退職等による権利を喪失した数を控除しております。
    6.当社は、平成24年5月15日開催の当社取締役会決議に基づき、平成24年6月10日付をもって1株につき100株
       の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の
       払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整
       されております。




                              44/146
                                                                     EDINET提出書類
                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)
       ③第5回新株予約権発行(平成23年9月30日取締役会決議)
                                                                 
                                     最近事業年度末現在           提出日の前月末現在
                  
                                    (平成24年2月29日)        (平成24年9月30日)
                                                                 
    新株予約権の数(個)                            4,935(注)1       4,570(注)1
    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                     −                −
    新株予約権の目的となる株式の種類                       普通株式              同左
    新株予約権の目的となる株式の数(株)                    4,935(注)2    457,000(注)2、6
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                     7,000(注)3        70(注)6
                                     自平成25年10月1日
    新株予約権の行使期間                                               同左
                                     至平成31年9月30日
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発            発行価格7,000   発行価格  70     (注)6
    行価格及び資本組入額(円)                        資本組入額3,500   資本組入額 35      
    新株予約権の行使の条件                            (注)4              同左
                                  譲渡、担保権の設定、その他
    新株予約権の譲渡に関する事項                                           同左
                                  一切の処分はできない。
    代用払込みに関する事項                              −                −
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                 −                −
(注)1.最近事業年度末現在は、新株予約権1個につき目的となる株式数は1株であります。提出日の前月末現在は、
      新株予約権1個につき目的となる株式数は100株であります。
    2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式の分割又は併合を行う場合、新株予約権のうち行使されていないも
        のについては、次の算式により対象株式数を調整するものとします。ただし、調整の結果生じる1株未満の端
        数は、これを切り捨てます。
         調整後株式数=調整前株式数×株式の分割・併合の割合
      3.本新株予約権の割当日後、当社が普通株式の分割又は普通株式の株式併合を行う場合は、行使価額は、行使価
        額は、次の算定方式により調整されるものとし、調整により生じる1株未満の端数は切り上げます。
                                1
         調整後行使価額=調整前行使価額×
                          株式分割・株式併合の比率
        また、当社が行使価額調整式に使用する時価を下回る払込金額をもってその発行する当社普通株式又はその
        処分する当社の保有する当社普通株式を引き受ける者の募集をする場合は、次の算式により行使価額を調整
        し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り上げます。
                                  新規発行株式数×1株当たり払込金額
                          既発行株式数+
         調整後行使価額=調整前行使価額×              1株当たり時価
                                既発行株式数+新規発行株式数
      4.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
       (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
         ①a.当社の取締役
            新株予約権発行時において当社の取締役である者は、新株予約権の権利行使時まで当社又は当社の子
            会社の取締役、監査役、顧問又はこれに準ずる地位を保有していること。ただし、株式上場後に任期満
            了や会社都合により退任、退職した場合やその他取締役会が認めた場合はこの限りでない。
          b.当社の従業員
             新株予約権発行時において当社の従業員である者は、新株予約権の権利行使時まで当社又は当社の子
             会社の従業員、取締役、監査役又はこれに準ずる地位を保有していること。ただし、会社都合により退
             職した場合やその他取締役会が認めた場合はこの限りでない。
         ②新株予約権者が行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこと。
          a.当社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決定があった場合
          b.その他②a.に準ずる事由のある場合
       (2)新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続は認めないものとする。ただし、取締役会が認めた場合
          はこの限りではない。
       (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から3ヶ月を経過していること。
      5.新株予約権の数、新株予約権の目的となる株式の数は、退職等による権利を喪失した数を控除しております。
      6.当社は、平成24年5月15日開催の当社取締役会決議に基づき、平成24年6月10日付をもって1株につき100株
         の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の
         払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整
         されております。


                                45/146
                                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                                             有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。

     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総      発行済株式総         資本金増減額              資本金残高       資本準備金増              資本準備金残
        年月日
               数増減数(株) 数残高(株)              (千円)                (千円)       減額(千円)              高(千円)
    平成24年6月10日
                 4,752,000  4,800,000                 −        210,000                 −            56,359
    (注)
(注)株式分割によるものであります。

   (5)【所有者別状況】
                                                                                       平成24年9月30日現在
                                 株式の状況(1単元の株式数100株)                                          単元未満株
                                             外国法人等
      区分                                                                                     式の状況
              政府及び地          金融商品取 その他の法
                      金融機関                                               個人その他          計
                                                                                              (株)
              方公共団体          引業者    人     個人以外      個人
                 −       −       −            −                   −                               −
    株主数(人)                              1                                        20       21
    所有株式数
                 −       −       −                        −       −
                                        32,760                             15,240          48,000        −
    (単元)
    所有株式数の割
                 −       −       −                        −       −                                      −
                                         68.25                                31.75        100.00
    合(%)

      (6)【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                                                     平成24年9月30日現在
                区分                   株式数(株)                   議決権の数(個)                    内容
    無議決権株式                                 −                         −                     −
    議決権制限株式(自己株式等)                               −                        −                    −
    議決権制限株式(その他)                                 −                        −                    −
    完全議決権株式(自己株式等)                               −                        −                    −
                                                                                      1単元の株式数は
                                                                                      100株であります。
                                                                                      完全議決権株式であ
    完全議決権株式(その他)                普通株式4,800,000                      48,000            り、権利内容に何ら
                                                                                      限定のない当社にお
                                                                                      ける標準となる株式
                                                                                      であります。
    単元未満株式                                  −                          −                    −
    発行済株式総数                             4,800,000                         −                    −
    総株主の議決権                                      −                  48,000                     −




                                             46/146
                                                                     EDINET提出書類
                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)
      ②【自己株式等】
                                                         平成24年9月30日現在
                                                           発行済株式総数に
     所有者の氏名又は              自己名義所有株     他人名義所有株    所有株式数の合
                  所有者の住所                                   対する所有株式数
     名称                    式数(株)       式数(株)      計(株)
                                                           の割合(%)
        −           −           −             −         −          −
        計           −           −             −           −         −

     (7)【ストックオプション制度の内容】
        当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき、新
        株予約権を発行する方法によるものであります。
        当該制度の内容は、次のとおりであります。
        ①第4回新株予約権
                                       平成21年10月23日臨時株主総会決議に基づく平成21年10
     決議年月日
                                       月23日取締役会決議
                                       当社取締役4名
     付与対象者の区分及び人数                      当社監査役1名
                                       当社従業員 87名
     新株予約権の目的となる株式の種類                  「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)                                         同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                               同上
     新株予約権の行使期間                                      同上
     新株予約権の行使の条件                                     同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                                  同上
     代用払込みに関する事項                                      −
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         −
(注)本書提出日(平成24年10月12日)現在におきましては、付与対象者は退職等により31名減少し、61名であり、新
   株発行予定数は、102,000株失効し、247,900株であります。
     ②第5回新株予約権
                                       平成23年9月30日臨時株主総会決議に基づく平成23年9
     決議年月日
                                       月30日取締役会決議
                                       当社取締役7名
     付与対象者の区分及び人数
                                       当社従業員162名
     新株予約権の目的となる株式の種類                  「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)                                         同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                               同上
     新株予約権の行使期間                                      同上
     新株予約権の行使の条件                                     同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                                  同上
     代用払込みに関する事項                                      −
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         −
(注)本書提出日(平成24年10月12日)現在におきましては、付与対象者は退職等により18名減少し、151名であり、
   新株発行予定数は、45,500株失効し、457,000株であります。




                                     47/146
                                                         EDINET提出書類
                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)
    2【自己株式の取得等の状況】
    【株式の種類等】該当事項はありません。
    (1)【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。

    (2)【取締役会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。

    (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
       該当事項はありません。

    (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
       該当事項はありません。

    3【配当政策】
    当社は現在、将来に向けての経営基盤の強化を重要な経営課題としているため、配当を行っておりませんが、株主に
    対する利益還元を経営上の重要課題と位置づけており、成長を持続させるための事業展開と経営体質強化のために必
    要な内部留保を確保しつつ、経営成績ならびに経営全般を総合的に判断し、適正で安定した配当を継続実施していく
    ことを基本方針としております。
    内部留保資金の使途につきましては、今後の事業展開に資する設備投資ならびに経営基盤の一層の強化に有効活用
    していく所存であります。
    なお、剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本方針としており、その決定機関は株主総会であります。
    当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款で定めてお
    ります。

    4【株価の推移】
    当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。





                                 48/146
                                                                            EDINET提出書類
                                                                     キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                      有価証券届出書(新規公開時)
    5【役員の状況】
                                                                           所有株式数
    役名    職名      氏名        生年月日                     略歴              任期
                                                                            (株)
                                       昭和59年4月    日本勧業角丸証券株式会社(現
                                                  みずほインベスターズ証券株式会
                                                  社)入社
                                       平成元年4月     スイス・ユニオン・フィリップス
                                                  ・アンド・ドリュー証券会社(現
代表取締役
           −     近藤裕彦   昭和35年7月24日生                                (注)3    490,400
                                                  UBS証券会社)入社
社長
                                       平成8年2月     株式会社エクセル人材派遣セン
                                                  ター入社
                                       平成8年4月     同社神戸支店長
                                       平成8年10月    当社代表取締役社長(現任)
                                       昭和41年4月    不二サッシ工業株式会社(現不
                                                  二サッシ株式会社)入社
                                       平成12年6月    同社常務取締役管理本部長
                                       平成16年9月    日海不二サッシ株式会社代表取
                                                  締役社長
                                       平成18年6月    同社相談役
専務取締役    管理本部長   平松武洋   昭和18年9月6日生                                 (注)3     25,700
                                       平成19年1月    当社常勤監査役
                                       平成20年2月    当社常務取締役管理本部長兼管
                                                  理部長
                                       平成21年7月    当社常務取締役管理本部長
                                       平成24年5月    当社専務取締役管理本部長(現
                                                  任)
                                       昭和62年4月    第一生命保険相互会社(現第一
                                                  生命保険株式会社)入社
                                       平成10年11月   当社入社
                                       平成17年5月    当社取締役法人サービス事業部
                                                  長
                                       平成19年3月    当社取締役営業企画部長
                                       平成20年5月    当社取締役営業本部長兼営業企
                                                  画部長
         営業企画部
                                       平成21年12月   当社取締役営業本部長兼営業企
取締役              森村夏実   昭和41年6月8日生                                 (注)3     78,600
         長
                                                  画部長兼営業管理部長
                                       平成22年7月    当社取締役営業本部長兼営業管
                                                  理部長
                                       平成22年9月    当社取締役営業本部長
                                       平成23年2月    当社取締役営業本部長兼営業企
                                                  画部長
                                       平成24年3月    当社取締役営業企画部長(現
                                                  任)
                                       昭和60年4月    シンキ株式会社入社
                                       平成16年1月    株式会社アルコ営業本部長(出
                                                  向)
                                       平成17年4月    パン信販株式会社代表取締役常
                                                  務(出向)
                                       平成18年10月   当社入社法人サービス本部西日
                                                  本ブロック課長
                                       平成19年4月    当社営業部西日本グループ大阪
取締役      管理部長    森川正志   昭和37年5月10日生                                (注)3     27,600
                                                  支店長
                                       平成19年11月   ファブリンク株式会社入社営業
                                                  部長
                                       平成21年3月    同社取締役管理部長
                                       平成21年7月    当社とファブリンク株式会社の合
                                                  併により、当社管理部長
                                       平成22年5月    当社取締役管理部長(現任)





                                         49/146
                                                                             EDINET提出書類
                                                                      キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                       有価証券届出書(新規公開時)
                                                                            所有株式数
    役名    職名      氏名        生年月日                      略歴              任期
                                                                             (株)
                                        平成10年4月    エーシーイー・インターナショナ
                                                   ル株式会社入社
                                        平成12年6月    当社入社
                                        平成18年4月    当社法人サービス本部次長
取締役      営業本部長   成澤素明   昭和50年2月23日生                                 (注)3     38,500
                                        平成19年4月    当社営業部長
                                        平成22年5月    当社取締役営業部長
                                        平成23年3月    当社取締役営業一部長
                                        平成24年3月    当社取締役営業本部長(現任)
                                        平成8年8月     大成建設ハウジング関西株式会社
                                                   入社
                                        平成14年10月   アクサ生命保険株式会社入社
                                        平成16年4月    当社入社
                                        平成19年6月    ファブリンク株式会社入社ファ
                                                   ブリンク事業部姫路支店長
                                        平成21年3月    同社取締役営業部長
取締役      営業二部長   出口誠    昭和47年7月19日生                                 (注)3     16,700
                                        平成21年7月    当社とファブリンク株式会社の合
                                                   併により、当社ファブリンク事業
                                                   部姫路支店長
                                        平成21年9月    当社ファブリンク事業部長
                                        平成22年3月    当社ファブリンク営業部長
                                        平成23年3月    当社営業二部長
                                        平成23年5月    当社取締役営業二部長(現任)
                                        昭和55年4月    立命館大学経営学部助教授
                                        平成6年4月     立命館大学経営学部教授(現
取締役        −     三浦一郎   昭和25年11月19日生                                (注)3     21,000
                                                   任)
                                        平成18年5月    当社取締役(現任)
                                        昭和42年4月    不二サッシ工業株式会社(現不
                                                   二サッシ株式会社)入社
                                        平成14年6月    同社常勤監査役
                                        平成17年2月    不二ロール工機株式会社代表取
常勤監査役      −     岸本雅晴   昭和19年9月23日生                                 (注)4     23,000
                                                   締役社長
                                        平成18年6月    同社相談役
                                        平成20年2月    当社常勤監査役(現任)
                                        昭和53年4月    株式会社森製綿所入社
                                        昭和56年4月    総合情報開発株式会社入社
                                        平成12年3月    社会保険労務士登録
                                        平成15年3月    株式会社ホビーベースイエローサ
                                                   ブマリン取締役
監査役        −      森優    昭和28年6月14日生                                 (注)4     13,000
                                        平成17年6月    同社監査役(現任)
                                        平成19年4月    特定社会保険労務士登録
                                        平成19年5月    当社監査役(現任)
                                        平成22年9月    森社会保険労務士事務所所長就
                                                   任(現任)





                                          50/146
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                             有価証券届出書(新規公開時)
                                                                                  所有株式数
    役名   職名    氏名        生年月日                       略歴                      任期
                                                                                   (株)
                                    昭和44年4月    安宅産業株式会社入社
                                    昭和52年10月   合併により伊藤忠商事株式会社
                                               入社
                                    昭和61年2月    ITOCHU INTERNATIONAL INC.
                                               (ニューヨーク)経理審査部経
                                               理課長(出向)
                                    平成10年5月    伊藤忠産機株式会社(現伊藤忠
                                               マシンテクノス株式会社)取締
監査役      −    中畠正喜   昭和21年2月18日生                                          (注)4      6,000
                                               役
                                    平成15年4月    税理士登録
                                    平成18年6月    同社専務取締役
                                    平成20年6月    伊藤忠ファイナンス株式会社常
                                               勤監査役
                                    平成22年7月    一般社団法人日本養豚協会参与
                                               (現任)
                                    平成23年5月    当社監査役(現任)
                                計                                                  740,500
(注)1.取締役三浦一郎は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
    2.監査役岸本雅晴及び監査役中畠正喜は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
    3.任期は、平成24年2月期に係る定時株主総会終結のときから平成26年2月期に係る定時株主総会終結のとき
      までであります。
    4.任期は、平成24年2月期に係る定時株主総会終結のときから平成28年2月期に係る定時株主総会終結のとき
      までであります。





                                      51/146
                                                            EDINET提出書類
                                                     キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)
    6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
    (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       当社は、関係法令を遵守し、健全で透明な企業活動を行うため、企業倫理の中核をなすものとして、当社役員及
       び従業員全員が遵守・実践すべき「企業理念」及び「行動規範」を定めており、コーポレート・ガバナンスを
       支える基盤としております。
       当社は、経営の健全性、透明性及び効率性を推進し、株主、取引先、就業スタッフ、従業員及び社会の信頼に応
       え、すべてのステークホルダーの利益に適い、将来に向け持続的に発展する会社となるために、コーポレート・
       ガバナンスを重視しております。このような考え方のもと、当社は、企業経営におけるコーポレート・ガバナン
       スの重要性に鑑み、監査役制度を採用するとともに、取締役会、監査役会、経営会議、営業推進会議、コンプライ
       アンス委員会を中心として、当社の事業内容に則したコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。
       ①会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等
         a.会社の機関の基本説明
          (a)取締役会
            取締役会は、社外取締役1名を含む計7名で構成されており、原則月1回の定期開催ならびに必要に応
            じた臨時開催により、会社の経営方針を初めとした重要事項に関する意思決定及び代表取締役社長及び
            取締役の業務執行等経営の監督を行っております。
            なお、取締役会には監査役全員が出席し、監査役は、必要に応じ意見陳述を行っております。
          (b)監査役会
            当社は、監査役制度を採用しており、監査役全員(社外監査役2名及び社内監査役1名の計3名)によ
            る監査役会を設置し、原則月1回、また、必要に応じて臨時に監査役会を開催しております。
            監査役会は、社内各部署に対し少なくとも年1回実地監査を行い、その結果を取り纏めた監査報告書を
            代表取締役社長及び取締役会に報告しております。
            また、監査役会は、月1回、代表取締役社長と懇談会を開催し、経営方針、当社が対処すべき課題、監査上
            の重要課題等について意見交換をしております。
            なお、監査役会は、内部監査室及び会計監査人と随時に意見交換を行い、監査の実効性を高めるよう努
            めております。
          (c)経営会議
            経営会議は、常勤取締役、本部長、部長、経営企画室長、常勤監査役及び代表取締役社長が指名する者で
            構成され、月1回の定期開催ならびに必要に応じて臨時に開催されており、経営方針、経営課題、予算、中
            期経営計画、月次決算の予算差異分析等について審議を行い、必要に応じて審議結果を取締役会に報告
            しております。
          (d)営業推進会議
            営業推進会議は、代表取締役社長、営業本部長、営業本部傘下の部署長、経営企画室長及び代表取締役社
            長が指名する者をもって構成され、月1回定期開催されており、営業本部各部署の予算対比実績分析及
            び対策ならびに営業戦略等について審議しております。
          (e)コンプライアンス委員会
            コンプライアンス委員会は、取締役、本部長、部長、内部監査室長、監査役等で構成され、月1回定期開催
            されており、コンプライアンスに関する施策、教育・研修の実施状況等について検討を行い、必要に応じ
            て審議結果を取締役会に報告しております。
          (f)内部監査室
          内部監査室は、代表取締役社長の直轄組織であり、内部監査室長を含め3名で構成されております。
          内部監査室長は、内部監査終了後、内部監査報告書を作成し、代表取締役社長に報告することにしてお
          り、内部監査結果の改善指示事項については改善確認ができるまでフォロー監査を継続することにして
          おります。
          また、代表取締役社長の指示により、臨時に特別監査を実施することにしております。
          なお、内部監査室長は、監査結果を常勤監査役に報告するなど監査役会と随時に意見交換をし、また、監
          査役会とともに会計監査人から監査方法ならびに監査結果に関する報告を受け、情報を共有し連携を
          図っております。





                               52/146
                                                      EDINET提出書類
                                               キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                有価証券届出書(新規公開時)
    b.会社の機関・内部統制の関係




    


    c.内部統制システム整備の状況
     当社は、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、その他会社の業務の
     適正を確保するための体制について、平成21年5月15日開催の取締役会において「内部統制システムの整
     備に関する基本方針」を決議しました。なお、子会社を合併したこと等により平成22年10月15日開催の取
     締役会決議において一部改訂しておりますが、「内部統制システムの整備に関する基本方針」の概要は次
     のとおりであります。
     (a)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
       イ当社は、取締役、従業員を含め全員に対して定めた企業理念・行動規範を遵守し、それらの実施につ
          いては、取締役が自ら率先垂範し、企業理念・行動規範を社内情報共有システムへ配信するととも
          にクレドカードを配布するなど、従業員に対してその周知徹底を図る。
       ロ代表取締役社長(以下、「社長」という。)を委員長とするコンプライアンス委員会は、コンプライ
          アンス体制の整備・維持・向上を統括するとともに、コンプライアンス委員会事務局を管理部人事
          総務課に設置し、当社のコンプライアンス体制の実効性を確保する。
       ハ当社の内部統制システムを構築・整備・維持・向上するために、管理部を推進部署として設置した
          内部統制改善プロジェクトは、その活動経過及び内容について会計監査人と協議し、社長に報告し
          承認を得る。
       ニ内部監査室は、内部統制システムの整備状況監査を実施し、その結果を社長に報告し、合わせて監査
          役との定期会合において内部統制システムの整備状況について意見交換を行う。
       ホ取締役は、当社における重大な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場
          合には、直ちに監査役に報告するものとし、遅滞なく取締役会において報告する。
       ヘ当社は、内部通報規程に規定している法令違反その他コンプライアンスに関する内部通報制度を活
          用し、その有効性を確保する。
       ト当社は、反社会的勢力対応規程に則り、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団
          体に関しては、毅然とした態度をもって対応し、不当な要求や取引の要請は断固として排除する。
       チ監査役は、当社の法令遵守体制及び内部通報制度の運用に問題があると認めるときは、意見を述べ
          るとともに、改善を求めることができる。





                          53/146
                                                       EDINET提出書類
                                                キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)
    (b)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
     イ 当社は、資金管理、資産活用、個別取引、事故、災害その他企業活動全般に係わる個々のリスクにつ
        いて定めた与信管理規程ならびに危機管理規程等に則り、リスクの認識・識別、分析・評価を行う
        とともに、既存の個別リスクに応じた総括的な形態別事業リスク分類に基づきカテゴリーごとに決
        められた管理責任者により、リスク管理体制を整備・維持・運用する。
     ロ 当社は、不測の事態を想定して定めた危機管理規程に則り、不測の事態が発生した場合には、同規
        程に基づき社長を本部長とした対策本部及び状況に応じた下部組織を設置し、迅速な対応を行い、
        損害を極小化する体制を整える。

    (c)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
     イ当社は、取締役の職務執行に係る情報については、経営情報管理等を行う基幹システム(Staff2000
        ・SuperStream)の適正な運用により厳正に管理するとともに、取締役の職務執行の決定に関わる
        重要文書を保存し、文書管理規程に基づき、次の各号に定める文書を関連資料とともに、その保存媒
        体に応じて適切かつ確実に保存・管理することとし、必要に応じ10年間は閲覧権限を有する者が閲
        覧可能な状態を維持する。
       (ⅰ)株主総会議事録
       (ⅱ)取締役会議事録
       (ⅲ)稟議書
       (ⅳ)重要な契約書
       (ⅴ)会計帳簿、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、事業報告、附属明細書、個別注記表、
           勘定科目明細書、その他決算書類
       (ⅵ)税務署その他の行政機関、金融商品取引所に提出した書類の写し
     ロ当社は、情報セキュリティ規程、個人情報適正管理規程を適正に運用し、会社情報の不正な使用・開
        示・漏洩を防止する。

    (d)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
     イ当社は、取締役会の運営について定めた取締役会規程に則り、取締役会を原則月1回定期的に開催
        するほか、必要に応じて臨時に開催する。また、社外取締役の参加により、経営の透明性と健全性の
        維持に努める。
     ロ当社は、職務権限規程及び各取締役の職務分掌により、取締役の職務執行が効率的かつ適正に行わ
        れることを確保する。
     ハ取締役会の効率的な運営に資することを目的として設置された経営会議は、取締役会から委嘱され
        た範囲内で職務を執行する。
     ニ当社は、中期経営計画及び同計画に基づく各年度事業計画を策定し、予算制度に基づく適正な経営
        管理に努める。

    (e)監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の取締役からの独立性に関する事項
     当社は、監査役がその職務を補助すべき使用人を求めた場合、監査役補助者を置く。なお、監査役補助者
     の任命、解任、人事異動、評価等は監査役と協議の上、取締役会が決定することとし、監査役補助者の取締
     役からの独立性を確保する。

    (f)取締役及び使用人が常勤監査役に報告をするための体制、その他の監査役への報告に関する体制及
     び監査役の必要に応じて顧問弁護士や税理士、社会保険労務士その他の外部専門家に相談できる体制を
     確保するための体制
     イ取締役は、取締役会において、適時、担当する業務の執行状況を報告する。
     ロ取締役及び使用人は、常勤監査役が出席する経営会議のほか、営業推進会議等の業務執行又は業績
        に関する会議において、業務又は業績に影響を与える重要な事項を報告する。なお、監査役はいつで
        も必要に応じて取締役及び使用人に対して報告を求めることができる。
     ハ取締役は、コンプライアンス規程に基づき、当社における重大な法令違反その他のコンプライアン
        ス上の重要な事実を発見した場合には直ちに監査役に報告する。
     ニ監査役は、社長との定期的な協議、内部監査室との意見交換を通じて執行部門との意思疎通を十分
        に図る。




                          54/146
                                                             EDINET提出書類
                                                      キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                       有価証券届出書(新規公開時)
          ホ監査役は、当社の重要な意思決定の文書である稟議書、議事録を閲覧し、常勤監査役は、その他に内
             部統制に関わる各種会議及び主要会議体にオブザーバーとして出席する。
    
         (g)財務報告の信頼性を確保するための体制
          当社は、財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制が有効に行われる体制を整備、維
          持する。

        d.内部監査の状況
         内部監査は、内部監査室長が、毎期末までに、翌年度の内部監査計画を代表取締役社長に提出し、承認を得
         たうえで、社内全部署に対し原則年1回、内部監査規程に則り各部署を実地監査し、その監査結果を内部監
         査報告書として取り纏め、内部監査実施後原則として、2週間以内に代表取締役社長に報告しております。
         内部監査報告書は代表取締役社長の承認を得て、被監査部署長、関係役員及び監査役に回付するととも
         に、必要に応じ、改善指示書を被監査部署長に提出しております。
         内部監査室長は、改善指示書提出後1ヶ月以内に被監査部署長から改善報告書の提出を受け、妥当な時期
         にフォロー監査を実施し、改善状況に不備があれば、改善確認ができるまでフォロー監査を実施すること
         にしております。
         また、内部監査スケジュール以外にも、代表取締役社長の指示により、臨時に特別監査を実施することに
         しており、その結果についても代表取締役社長に速やかに監査報告書を提出することにしております。

        e.監査役監査の状況
         監査役は、それぞれ独立した責務を遂行できる環境にあり、社内各部署から監査に関する重要な事項につ
         いて報告を受け、監査役同士で協議・意見交換を行うことで共通の認識・判断の醸成を深めております。
         取締役会には監査役全員が出席し、取締役の業務執行状況について監査を行い、各議事録閲覧や社内全部
         署への原則年1回の実地監査を実施すること等により、監査役監査の充実を図っております。
         また、監査役は、月1回、代表取締役社長と懇談会を開催し、経営方針、当社が対処すべき課題、監査上の重
         要課題等について意見交換をしており、内部監査室及び会計監査人とも随時に意見交換を行い、監査の実
         効性を高めるよう努めております。
         なお、監査役監査の結果を取り纏めた監査報告書は速やかに代表取締役社長に提出し、適時に取締役会で
         報告しております。

        f.会計監査の状況
         当社は、有限責任 あずさ監査法人との間で、監査契約を締結しております。同監査法人及び当社監査に従
         事する同監査法人の業務執行社員と当社との間には、特別な利害関係はありません。
         会計監査業務に執行した公認会計士は、山本守氏、加藤雅之氏の2名であり、継続監査年数はいずれも公
         認会計士法の規定に定める7年以内ならびに監査法人の自主的な規程により、一定期間を超えて関与する
         ことのないよう措置をとっております。また、会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他4名
         であります。

        g.社外取締役及び社外監査役との関係
         社外取締役三浦一郎は、当社株式21,000株を所有し、当社新株予約権の株式数を8,000株(第4回新株予
         約権の株式数3,000株及び第5回新株予約権の株式数5,000株)所有しております。また、社外監査役岸本
         雅晴は当社株式23,000株、社外監査役中畠正喜は当社株式6,000株をそれぞれ所有しております。それら以
         外について当社と社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の重要な利害
         関係はありません。

    ②リスク管理体制の整備状況
     当社は、危機管理規程を定め、リスク管理体制を整備し、リスクを予防するとともにリスクの低減に努めて
     おります。また、当社は、就業スタッフ等多数の個人情報を取扱う企業でもあり、個人情報を始めとする機密
     情報管理の重要性を強く認識しており、個人情報適正管理規程を設定すると共に、平成17年4月に「プライ
     バシーマーク(JIS Q 15001)」認証を取得し、個人情報の適正管理に努めております。また、平成22年4月
     24日にISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得し、情報セキュリティの適正管理に
     努めております。

    ③役員報酬の内容
     取締役及び監査役に対する報酬の内容は次のとおりであります。



                                55/146
                                                                     EDINET提出書類
                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)
                区分           対象となる役員の員数           報酬額(千円)
           取締役                   7人                85,169
           (うち社外取締役)            (1人)               (1,800)
           監査役                     3人               11,150
           (うち社外監査役)              (2人)              (9,500)
           合計                      10人              96,319
           (うち社外役員)               (3人)             (11,300)

        ④取締役の定数
         当社の取締役は、10名以内とする旨、定款に定めております。

        ⑤責任限定契約の内容の概要
         当社と社外取締役及び社外監査役とは、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠
         償責任を限定することができる旨、定款に定めております。これに基づき、社外取締役及び社外監査役との間
         で責任限定契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定
         める最低限度額としております。

        ⑥取締役の選任決議要件
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
          し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。
        また、取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨、定款に定めております。

        ⑦株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使できる株主の議決
         権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めておりま
         す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものです。

        ⑧中間配当
         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年8月31日を基準日として中間配
         当を行うことができる旨、定款に定めております。
         これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。

        ⑨自己株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得
         することができる旨、定款に定めております。
         これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株
         式を取得することを目的とするものであります。

     (2)【監査報酬の内容等】
      ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
           最近事業年度の前事業年度                       最近事業年度
    監査証明業務に基づく報酬   非監査業務に基づく報酬    監査証明業務に基づく報酬    非監査業務に基づく報酬
        (千円)           (千円)           (千円)            (千円)
            12,000          −             13,000           2,000

      ②【その他重要な報酬の内容】
       該当事項はありません。

      ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
       (最近事業年度の前事業年度)
       該当事項はありません。

       (最近事業年度)
       当社が監査公認会計士等に対して報酬を払っている非監査業務の内容は、公認会計士法第2条第1項の業務以
       外の業務である財務報告に係る内部統制に関する助言・指導業務であります。


                                 56/146
                                                       EDINET提出書類
                                                キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                 有価証券届出書(新規公開時)
    ④【監査報酬の決定方針】
     当社の規模や特性等に照らして監査計画(監査範囲・所要日数等)の妥当性を検討し、双方協議のうえでその
     都度報酬を決定しております。





                            57/146
                                                             EDINET提出書類
                                                      キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                       有価証券届出書(新規公開時)

第5【経理の状況】
    1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
    (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、
      「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、前事業年度(平成22年3月1日から平成23年2月28日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業
      年度(平成23年3月1日から平成24年2月29日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。

    (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
      63号)に基づいて作成しております。

    2.監査証明について
    (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(平成22年3月1日から平成23年2月28
      日まで)及び当事業年度(平成23年3月1日から平成24年2月29日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ
      監査法人により監査を受けております。

    (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第2四半期会計期間(平成24年6月1日から平成
      24年8月31日まで)及び当第2四半期累計期間(平成24年3月1日から平成24年8月31日まで)に係る四半期財
      務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

    3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について
    当社は、子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。

    4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
    当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適
    切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応ができるよう体制整備に努めているほか、監査法人主催ほか各
    種セミナーに参加しております。





                                58/146
                                                           EDINET提出書類
                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)

1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
 ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)

                            前事業年度                当事業年度
                         (平成23年2月28日)         (平成24年2月29日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                         1,186,139            1,864,058
   売掛金                            1,608,396            1,621,388
   仕掛品                               27,527               22,878
   貯蔵品                                1,057                1,135
   前払費用                              20,989               23,707
   繰延税金資産                            30,585               54,927
   未収入金                               2,225                7,041
   その他                                6,067                1,914
                                    △3,104               △1,059
   貸倒引当金
  流動資産合計                          2,879,884            3,595,993
 固定資産
  有形固定資産
    建物                              33,195               42,393
                                   △19,096              △28,501
      減価償却累計額
        建物(純額)                      14,098               13,891
    工具、器具及び備品                       78,239               80,629
                                   △51,617              △58,830
     減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)               26,621               21,798
    有形固定資産合計                        40,719               35,689
  無形固定資産
   ソフトウエア                           56,163               51,534
   その他                               3,659                3,659
    無形固定資産合計                        59,822               55,193
  投資その他の資産
   投資有価証券                            1,124                1,038
   出資金                                  10                   10
   破産更生債権等                           3,019                  518
   長期前払費用                            4,316                3,686
   繰延税金資産                            5,602                5,217
   敷金及び保証金                         111,389              120,723
   長期性預金                             7,000               19,000
   その他                               5,677                7,570
                                   △3,019                 △518
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                     135,121              157,245
  固定資産合計                           235,663              248,128
 資産合計                             3,115,547            3,844,121




                        59/146
                                                      EDINET提出書類
                                               キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                有価証券届出書(新規公開時)
                                               (単位:千円)

                       前事業年度                当事業年度
                    (平成23年2月28日)         (平成24年2月29日)
負債の部
 流動負債
   短期借入金                      199,502                71,000
   1年内償還予定の社債                  62,000                64,000
   1年内返済予定の長期借入金              472,074               339,118
   未払金                        911,795             1,162,153
   未払費用                       102,799               202,639
   未払法人税等                       6,982               303,087
   未払消費税等                     123,778               377,410
   前受金                         49,672                14,158
   預り金                         11,099                22,678
   賞与引当金                       33,412                40,592
   資産除去債務                          −                  4,525
   その他                              0                    94
   流動負債合計                    1,973,116            2,601,457
 固定負債
  社債                           68,000              104,000
  長期借入金                       533,028              298,266
  退職給付引当金                      10,050               11,250
  資産除去債務                           −                14,464
  その他                          24,928               24,928
   固定負債合計                     636,006              452,909
 負債合計                        2,609,123            3,054,367
純資産の部
 株主資本
   資本金                        210,000              210,000
   資本剰余金
    資本準備金                      56,359               56,359
    資本剰余金合計                    56,359               56,359
   利益剰余金
    その他利益剰余金
      繰越利益剰余金                 240,125              523,455
    利益剰余金合計                   240,125              523,455
   株主資本合計                     506,484              789,815
 評価・換算差額等
                                   △60                  △60
  その他有価証券評価差額金
   評価・換算差額等合計                      △60                  △60
 純資産合計                        506,424              789,754
負債純資産合計                      3,115,547            3,844,121




                   60/146
                                                 EDINET提出書類
                                          キャリアリンク株式会社(E26839)
                                           有価証券届出書(新規公開時)

 【四半期貸借対照表】
                            (単位:千円)

                   当第2四半期会計期間
                    (平成24年8月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                     1,855,966
   売掛金                        1,699,550
   仕掛品                           20,090
   貯蔵品                            1,253
   その他                           82,069
                                △1,108
   貸倒引当金
   流動資産合計                     3,657,821
 固定資産
  有形固定資産                        73,179
  無形固定資産                        48,258
  投資その他の資産
    その他                        190,413
                                 △518
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                 189,895
   固定資産合計                      311,333
 資産合計                         3,969,155
負債の部
 流動負債
   短期借入金                         10,000
   1年内償還予定の社債                   124,000
   1年内返済予定の長期借入金                368,522
   未払金                        1,198,693
   未払法人税等                       155,840
   賞与引当金                         46,962
   その他                          452,886
   流動負債合計                     2,356,904
 固定負債
  社債                           302,000
  長期借入金                        242,172
  退職給付引当金                       11,700
  資産除去債務                        29,088
  その他                           24,928
   固定負債合計                      609,889
 負債合計                         2,966,794




                   61/146
                                               EDINET提出書類
                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                         有価証券届出書(新規公開時)
                          (単位:千円)

                 当第2四半期会計期間
                  (平成24年8月31日)
純資産の部
 株主資本
   資本金                       210,000
   資本剰余金                      56,359
   利益剰余金                     736,236
  株主資本合計                    1,002,595
 評価・換算差額等
                               △234
  その他有価証券評価差額金
  評価・換算差額等合計                   △234
 純資産合計                      1,002,360
負債純資産合計                     3,969,155




                 62/146
                                                                  EDINET提出書類
                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                            有価証券届出書(新規公開時)

 ②【損益計算書】
                                                           (単位:千円)

                            前事業年度                        当事業年度
                        (自平成22年3月1日                 (自平成23年3月1日
                       至平成23年2月28日)               至平成24年2月29日)
売上高                                   9,204,837                  15,372,013
                                      7,566,578                  12,954,544
売上原価                            ※1                         ※1

売上総利益                                 1,638,258                   2,417,469
                                      1,532,284                   1,817,415
販売費及び一般管理費                      ※2                          ※2

営業利益                                      105,974                  600,053
営業外収益
 受取利息                                         373                        276
 有価証券利息                                        −                          86
 受取配当金                                         26                         25
 法人税等還付加算金                                                                −
                                            2,251
 その他                                          527                        114
 営業外収益合計                                    3,178                        503
営業外費用
 支払利息                                      27,886                   22,932
 社債利息                                         523                      891
 社債発行費償却                                    1,509                    1,859
 支払手数料                                         −                     3,333
 その他                                        1,454                    3,228
 営業外費用合計                                   31,374                   32,246
経常利益                                       77,778                  568,310
特別利益
 労働保険料還付金                                                                  −
                                           13,182
                                               −
 貸倒引当金戻入額                                                               2,089
 特別利益合計                                    13,182                       2,089
特別損失
                                           35,097                        699
 固定資産除却損                             ※3                            ※3
 減損損失                                         −                      3,538
                                              −
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                                                11,586
 特別損失合計                                    35,097                   15,824
税引前当期純利益                                   55,862                  554,575
法人税、住民税及び事業税                               2,983                   295,109
                                          △9,180                  △23,865
法人税等調整額
法人税等合計                                    △6,196                   271,244
当期純利益                                      62,059                  283,330




                       63/146
                                                                                EDINET提出書類
                                                                         キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                          有価証券届出書(新規公開時)

      【売上原価明細書】
                                   前事業年度                     当事業年度
                             (自平成22年3月1日              (自平成23年3月1日
                                至平成23年2月28日)             至平成24年2月29日)
                       注記                   構成比                       構成比
            区分                 金額(千円)                    金額(千円)
                       番号                   (%)                       (%)
    Ⅰ労務費                        7,460,741   98.4         12,829,128   99.1
                                    118,776                   120,766
    Ⅱ経費               ※1                      1.6                       0.9
      当期総費用                                     100.0                         100.0
                                  7,579,517                 12,949,894
                                     14,588                     27,527
      期首仕掛品たな卸高        
      合計                         7,594,106                 12,977,422
                                     27,527                     22,878
      期末仕掛品たな卸高        ※2
      当期売上原価                     7,566,578                 12,954,544

                  前事業年度                                 当事業年度
              (自平成22年3月1日                          (自平成23年3月1日
               至平成23年2月28日)                         至平成24年2月29日)
    原価計算の方法                             原価計算の方法
    原価計算の方法は、個別原価計算による実際原価計算であ         原価計算の方法は、個別原価計算による実際原価計算であ
    ります。                                ります。
    ※1.経費の主な内訳は、次のとおりであります。             ※1.経費の主な内訳は、次のとおりであります。
        通信費               30,730千円          通信費               27,646千円
        賃借料               19,158千円          賃借料               13,355千円
    ※2.期末仕掛品たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下 ※2.期末仕掛品たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下
      げ後の金額であり、たな卸資産評価損8,818千円が当期 げ後の金額であり、たな卸資産評価損2,331千円が
      売上原価に含まれております。              当期売上原価に含まれております。





                                        64/146
                                                EDINET提出書類
                                         キャリアリンク株式会社(E26839)
                                          有価証券届出書(新規公開時)

 【四半期損益計算書】
  【第2四半期累計期間】
                         (単位:千円)

                当第2四半期累計期間
                 (自平成24年3月1日
                至平成24年8月31日)
売上高                          9,231,306
売上原価                         7,792,012
売上総利益                        1,439,294
                             1,041,044
販売費及び一般管理費               ※

営業利益                          398,249
営業外収益
 受取利息                             312
 受取配当金                             22
 その他                              140
 営業外収益合計                          475
営業外費用
 支払利息                           9,245
 社債発行費償却                        4,719
 株式公開費用                         4,106
 その他                            3,746
 営業外費用合計                       21,817
経常利益                          376,906
税引前四半期純利益                     376,906
法人税、住民税及び事業税                  148,992
法人税等調整額                        15,134
法人税等合計                        164,126
四半期純利益                        212,780




                65/146
                                                            EDINET提出書類
                                                     キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)

 ③【株主資本等変動計算書】
                                                     (単位:千円)

                             前事業年度                 当事業年度
                         (自平成22年3月1日          (自平成23年3月1日
                        至平成23年2月28日)        至平成24年2月29日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                           210,000               210,000
  当期末残高                            210,000               210,000
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                           56,359                56,359
    当期末残高                           56,359                56,359
  資本剰余金合計
   前期末残高                            56,359                56,359
    当期末残高                           56,359                56,359
 利益剰余金
  その他利益剰余金
    繰越利益剰余金
     前期末残高                         178,066               240,125
     当期変動額
       当期純利益                        62,059               283,330
       当期変動額合計                      62,059               283,330
     当期末残高                         240,125               523,455
  利益剰余金合計
   前期末残高                           178,066               240,125
   当期変動額
     当期純利益                          62,059               283,330
     当期変動額合計                        62,059               283,330
    当期末残高                          240,125               523,455
 株主資本合計
  前期末残高                            444,425               506,484
  当期変動額
    当期純利益                           62,059               283,330
    当期変動額合計                         62,059               283,330
  当期末残高                            506,484               789,815
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                             △98                   △60
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                         37                    0
    額)
    当期変動額合計                              37                    0
  当期末残高                              △60                   △60
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                              △98                   △60
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                         37                    0
    額)
    当期変動額合計                              37                    0
  当期末残高                              △60                   △60




                        66/146
                                                            EDINET提出書類
                                                     キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                      有価証券届出書(新規公開時)
                                                     (単位:千円)

                              前事業年度                当事業年度
                          (自平成22年3月1日         (自平成23年3月1日
                         至平成23年2月28日)       至平成24年2月29日)
純資産合計
 前期末残高                              444,327              506,424
 当期変動額
   当期純利益                             62,059              283,330
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                   37                    0
  当期変動額合計                            62,097              283,330
 当期末残高                              506,424              789,754




                         67/146
                                                               EDINET提出書類
                                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)

 ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                        (単位:千円)

                             前事業年度                    当事業年度
                         (自平成22年3月1日             (自平成23年3月1日
                        至平成23年2月28日)           至平成24年2月29日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税引前当期純利益                               55,862                 554,575
 減価償却費                                  40,221                  36,103
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                         △282                  △4,547
 賞与引当金の増減額(△は減少)                         6,898                   7,179
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                         150                   1,200
 受取利息及び受取配当金                             △399                    △388
 支払利息                                   27,886                  22,932
 社債利息                                      523                     891
 社債発行費償却                                 1,509                   1,859
 支払手数料                                      −                    3,333
 固定資産除却損                                35,097                     699
 減損損失                                       −                    3,538
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                        −                   11,586
 売上債権の増減額(△は増加)                      △743,377                 △12,991
 たな卸資産の増減額(△は増加)                      △10,891                    4,570
 未払金の増減額(△は減少)                         379,143                 239,962
 未払消費税等の増減額(△は減少)                      257,445                 253,631
 その他                                    84,013                  78,700
 小計                                    133,800               1,202,838
 利息及び配当金の受取額                              399                     388
 利息の支払額                               △30,662                 △22,800
                                                               △2,844
 法人税等の支払額又は還付額(△は還付額)                   5,945
 営業活動によるキャッシュ・フロー                      109,483               1,177,582
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の預入による支出                         △13,000                 △24,000
 定期預金の払戻による収入                               −                   7,000
 有形固定資産の取得による支出                       △17,729                  △9,031
 無形固定資産の取得による支出                       △16,887                  △4,237
 固定資産の除却による支出                         △23,088                      −
 敷金及び保証金の差入による支出                      △42,844                  △9,777
 敷金及び保証金の返還による収入                        73,802                  2,535
                                       △1,902                  △1,865
 その他
 投資活動によるキャッシュ・フロー                     △41,651                 △39,376
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                                            △128,502
                                        95,502
 長期借入れによる収入                            350,000                 330,000
 長期借入金の返済による支出                       △523,355                △697,718
 社債の発行による収入                             98,490                  98,140
 社債の償還による支出                           △60,000                 △62,000
                                            −                  △5,207
 その他
 財務活動によるキャッシュ・フロー                     △39,362                △465,287
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                     28,469                 672,918
現金及び現金同等物の期首残高                       1,151,669               1,180,139
                                     1,180,139               1,853,058
現金及び現金同等物の期末残高                   ※                       ※




                        68/146
                                                      EDINET提出書類
                                               キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                有価証券届出書(新規公開時)

 【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                               (単位:千円)

                      当第2四半期累計期間
                       (自平成24年3月1日
                      至平成24年8月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税引前四半期純利益                           376,906
 減価償却費                                19,840
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                          49
 賞与引当金の増減額(△は減少)                       6,370
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                       450
 受取利息及び受取配当金                           △335
 支払利息                                  9,245
 社債発行費償却                               4,719
 株式公開費用                                4,106
 売上債権の増減額(△は増加)                     △78,161
 たな卸資産の増減額(△は増加)                       2,669
 未払金の増減額(△は減少)                        44,464
 未払又は未収消費税等の増減額                    △186,743
 その他                                  12,610
 小計                                  216,192
 利息及び配当金の受取額                            335
 利息の支払額                             △7,783
                                   △295,358
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                   △86,614
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の預入による支出                       △12,000
 定期預金の払戻による収入                        12,000
 有形固定資産の取得による支出                     △32,592
 無形固定資産の取得による支出                     △11,307
 敷金及び保証金の差入による支出                    △49,243
 敷金及び保証金の回収による収入                     15,115
 投資活動によるキャッシュ・フロー                   △78,027
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                   △61,000
 長期借入れによる収入                          300,000
 長期借入金の返済による支出                     △326,690
 社債の発行による収入                          295,281
 社債の償還による支出                         △42,000
                                     △3,040
 その他
 財務活動によるキャッシュ・フロー                    162,550
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                  △2,091
現金及び現金同等物の期首残高                     1,853,058
                                   1,850,966
現金及び現金同等物の四半期末残高               ※




                      69/146
                                                                    EDINET提出書類
                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                              有価証券届出書(新規公開時)

        【重要な会計方針】
                               前事業年度                    当事業年度
           項目              (自平成22年3月1日             (自平成23年3月1日
                            至平成23年2月28日)            至平成24年2月29日)
    1.有価証券の評価基準及び評   (1)その他有価証券                (1)その他有価証券
      価方法              時価のあるもの                  時価のあるもの
                         決算日の市場価格等に基づく時価         同左
                         法(評価差額は全部純資産直入法に
                         より処理し、売却原価は移動平均法
                         により算定)
    2.たな卸資産の評価基準及び   (1)仕掛品                    (1)仕掛品
      評価方法             個別法による原価法(収益性の低下          同左
                       に基づく簿価切下げの方法)
                    (2)貯蔵品                    (2)貯蔵品
                       最終仕入原価法による原価法(収益          同左
                       性の低下に基づく簿価切下げの方法)
    3.固定資産の減価償却の方法   (1)有形固定資産(リース資産を除く)       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
                       定率法を採用しております。             同左
                       ただし、平成10年4月1日以降に取得
                       した建物(建物付属設備は除く)につ
                       いては、定額法を採用しております。
                       なお、主な耐用年数は次のとおりであ
                       ります。
                        建物           8年∼15年   
                         工具、器具及び備品    4年∼15年
                      また、平成19年3月31日以前に取得し    
                       たものについては、償却可能限度額ま
                       で償却が終了した事業年度の翌事業年
                       度から5年間で均等償却する方法に
                       よっております。
                    (2)無形固定資産(リース資産を除く)       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                       定額法を採用しております。             同左
                       ただし、ソフトウエア(自社利用分)
                       については、社内における利用可能期
                       間(5年)に基づいております。
                    (3)リース資産                  (3)リース資産
                       リース期間を耐用年数とし、残存価額         同左
                       を零とする定額法を採用しておりま
                       す。
                       なお、所有権移転外ファイナンス・
                      リース取引のうち、リース取引開始日
                      が平成21年2月28日以前のリース取引
                      については、通常の賃貸借取引に係る
                      方法に準じた会計処理によっておりま
                      す。
    4.繰延資産の処理方法      社債発行費                     社債発行費
                     支出時に全額費用として処理しており         同左
                     ます。





                                   70/146
                                                                        EDINET提出書類
                                                                 キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)
                                前事業年度                       当事業年度
              項目            (自平成22年3月1日               (自平成23年3月1日
                             至平成23年2月28日)               至平成24年2月29日)
    5.引当金の計上基準         (1)貸倒引当金                    (1)貸倒引当金
                         債権の貸倒れによる損失に備えるた            同左
                         め、一般債権については貸倒実績率に
                         より、貸倒懸念債権等特定の債権につ
                         いては個別に回収可能性を検討し、回
                         収不能見込額を計上しております。
                      (2)賞与引当金                    (2)賞与引当金
                         従業員に対して支給する賞与の支出            同左
                         に充てるため、支給見込額のうち当事
                         業年度負担額を計上しております。
                      (3)退職給付引当金                  (3)退職給付引当金
                         従業員の退職給付に備えるため、当事           同左
                         業年度末における退職給付債務の見込
                         額に基づき計上しております。
    6.キャッシュ・フロー計算書     手許現金、要求払預金及び取得日から          同左
      における資金の範囲        3ヶ月以内に満期日又は償還日の到来す
                       る流動性の高い、容易に換金可能であり、
                       かつ、価値の変動について僅少なリスク
                       しか負わない短期的な投資であります。
    7.その他財務諸表作成のため     消費税等の会計処理                   消費税等の会計処理
      の基本となる重要な事項      消費税及び地方消費税の会計処理は、税         同左
                       抜方式によっております。

        【会計処理方法の変更】
                 前事業年度                                当事業年度
             (自平成22年3月1日                         (自平成23年3月1日
              至平成23年2月28日)                        至平成24年2月29日)
                ──────                  (資産除去債務に関する会計基準等)
                                        当事業年度より、「資産除去債務に関する会計基準」(企
                                        業会計基準第18号平成20年3月31日)及び「資産除去債
                                        務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針
                                        第21号平成20年3月31日)を適用しております。
                                        これにより、当事業年度の営業利益、経常利益はそれぞれ
                                        2,007千円減少し、税引前当期純利益は13,594千円減少して
                                        おります。また、当会計基準等の適用開始による資産除去債
                                        務の変動額は18,990千円であります。

       【注記事項】
        (貸借対照表関係)
                前事業年度                         当事業年度
             (平成23年2月28日)                  (平成24年2月29日)
    当社においては運転資金の効率的な調達を行うため、取 当社においては運転資金の効率的な調達を行うため、取
      引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。当事業     引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。当事業
      年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高等     年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高等
      は次のとおりであります。                  は次のとおりであります。
       当座貸越極度額の総額         848,000千円  当座貸越極度額の総額         520,000千円
       借入実行残高              54,640    借入実行残高              12,000
        差引額                   793,360        差引額                   508,000

        (損益計算書関係)
                 前事業年度                               当事業年度
             (自平成22年3月1日                        (自平成23年3月1日
              至平成23年2月28日)                       至平成24年2月29日)
    ※1期末仕掛品たな卸高の収益性の低下に伴う簿価切下          ※1期末仕掛品たな卸高の収益性の低下に伴う簿価切下
      額                                   額
        売上原価                8,818千円         売上原価                2,331千円

                                        71/146
                                                                         EDINET提出書類
                                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                   有価証券届出書(新規公開時)
                 前事業年度                             当事業年度
             (自平成22年3月1日                      (自平成23年3月1日
              至平成23年2月28日)                     至平成24年2月29日)
    ※2販売費に属する費用のおおよその割合は64%、一般管 ※2販売費に属する費用のおおよその割合は50%、一般管
      理費に属する費用のおおよその割合は36%でありま          理費に属する費用のおおよその割合は50%でありま
      す。                                す。
      主要な費目及び金額は次のとおりであります。            主要な費目及び金額は次のとおりであります。
        給与及び賞与              587,145千円     給与及び賞与              801,570千円
        法定福利費                83,403       法定福利費               113,961
        賃借料                 121,613       賃借料                 133,089
        登録者募集費              338,758       登録者募集費              271,110
        減価償却費                30,580       減価償却費                29,164
        貸倒引当金繰入額              1,961       賞与引当金繰入額             33,061
        賞与引当金繰入額             26,104       退職給付費用                9,536
        退職給付費用                8,967
    ※3固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。         ※3固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
        建物                    8,963千円     建物                      131千円
        工具、器具及び備品             3,045       工具、器具及び備品               568
        原状回復費用等              23,088        計                      699
         計                   35,097

        (株主資本等変動計算書関係)
         前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)
          1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  前事業年度末株式数      当事業年度増加          当事業年度減少       当事業年度末株式数
        株式の種類
                      (株)         株式数(株)           株式数(株)          (株)
    普通株式                  48,000         −                  −          48,000
          合計                48,000            −             −           48,000

          2.自己株式の種類及び株式数に関する事項
           該当事項はありません。

          3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
           該当事項はありません。

          4.配当に関する事項
           該当事項はありません。

         当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
          1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  前事業年度末株式数      当事業年度増加          当事業年度減少       当事業年度末株式数
        株式の種類
                      (株)         株式数(株)           株式数(株)          (株)
    普通株式                  48,000         −                  −          48,000
          合計                48,000            −             −           48,000




                                     72/146
                                                                           EDINET提出書類
                                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              2.自己株式の種類及び株式数に関する事項
               該当事項はありません。

              3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
               該当事項はありません。

              4.配当に関する事項
               該当事項はありません。

        (キャッシュ・フロー計算書関係)
                前事業年度                               当事業年度
            (自平成22年3月1日                        (自平成23年3月1日
             至平成23年2月28日)                       至平成24年2月29日)
    ※現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記さ ※現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記さ
     れている科目の金額との関係                       れている科目の金額との関係
                    (平成23年2月28日現在)                      (平成24年2月29日現在)
     現金及び預金                1,186,139 千円  現金及び預金                1,864,058 千円
     預入期間が3か月を超える定                      預入期間が3か月を超える定                     
                             △6,000                             △11,000
     期預金                                 期預金
                                                                                
        現金及び現金同等物             1,180,139            現金及び現金同等物        1,853,058
                                              

        (リース取引関係)
                前事業年度                                      当事業年度
            (自平成22年3月1日                               (自平成23年3月1日
             至平成23年2月28日)                              至平成24年2月29日)
    オペレーティング・リース取引                             オペレーティング・リース取引
    (借手側)                                      (借手側)
    オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに                 オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに
    係る未経過リース料                                  係る未経過リース料
       1年以内                2,146千円                1年以内                1,073千円
       1年超                 1,073                  1年超                    −
         合計                        3,220                合計               1,073

          (金融商品関係)
           前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)
            1.金融商品の状況に関する事項
             (1)金融商品に対する取組方針
               当社では、資金調達については、必要な資金を主に銀行借入、社債発行により調達しております。
               また、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。なお、デリバティブ取引は行ってお
               りません。

               (2)金融商品の内容及びそのリスク
                 営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券はその他有価証券であ
                 るため、市場価格の変動リスクに晒されております。また、敷金及び保証金は貸主の信用リスクに晒され
                 ております。短期借入金、未払金、未払消費税等、社債、長期借入金については流動性リスクに、また、短期
                 借入金、社債、長期借入金については、支払金利の変動リスクにも晒されております。

               (3)金融商品に係るリスク管理体制
                 ①信用リスクの管理
                  営業管理規程、与信管理規程に従い、営業債権について、担当部門が主要な取引先の状況を定期的に
                  モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等による回収懸
                  念の早期把握や軽減を図っております。

                ②市場リスクの管理
                 投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、また、市況や発行体との関
                 係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。


                                               73/146
                                                                 EDINET提出書類
                                                          キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)
            ③流動性リスクの管理
             借入金、社債、未払金に係る流動性リスクについては、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に
             資金繰計画を作成、更新するとともに、十分な手許現預金と未使用の当座貸越契約で十分に備えてお
             ります。

           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
             が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
             採用することにより、当該価額が変動することもあります。

           (5)信用リスクの集中
             当事業年度の決算日現在における営業債権のうち、57.8%が特定の大口顧客に対するものであります。

            2.金融商品の時価等に関する事項
             平成23年2月28日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
             す。
                              貸借対照表計上額
                                           時価(千円)       差額(千円)
                                (千円)
      (1)現金及び預金                   1,186,139    1,186,139        −
      (2)売掛金                      1,608,396    1,608,396        −
      (3)投資有価証券                                                
         その他有価証券                      1,124        1,124        −
    (4)敷金及び保証金                     111,389      108,854       △2,534
     資産計                         2,907,050    2,904,515       △2,534
    (1)短期借入金                       199,502      199,502           −
    (2)未払金                         911,795      911,795           −
    (3)未払消費税等                      123,778      123,778           −
    (4)社債(1年内償還予定の社債を含
                                   130,000      129,225        △774
       む)
    (5)長期借入金(1年内返済予定の長
                                 1,005,102      994,651      △10,450
       期借入金を含む)
     負債計                         2,370,178    2,358,952      △11,225
(注)1.金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券に関する事項
    資産
     (1)現金及び預金、(2)売掛金
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
     (3)投資有価証券
        これらの時価については、株式は取引所の価格によっております。
     (4)敷金及び保証金
        敷金及び保証金の時価については、将来キャッシュ・フローを、安全性の高い長期の債券の利回りで割り
           引いた現在価値により算定しております。




                                    74/146
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)
                 負債
              (1)短期借入金、(2)未払金、(3)未払消費税等
                 これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
                 よっております。
              (4)社債
                 社債の時価については元利金の合計額を、同様の新規発行を行った場合に想定される利率で割り引いた現
                 在価値により算定しております。
              (5)長期借入金
                 長期借入金の時価については、一定の期間ごとに区分した元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場
                 合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
          
          2.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                                                            (単位:千円)
                               1年以内            1年超5年以内      5年超10年以内         10年超
    現金及び預金                        1,186,139            −             −             −
    売掛金                            1,608,396             −           −                −
                合計                 2,794,536             −           −                −
(注)敷金及び保証金は償還予定を見積もっているため、上表には含めておりません。
      
      3.短期借入金、社債及び長期借入金の決算日後の返済予定額
                                                                            (単位:千円)
           1年以内      1年超2年以内 2年超3年以内 3年超4年以内 4年超5年以内                          5年超
  短期借入金       199,502       −       −       −       −                              −
    社債                62,000    32,000          36,000       −           −            −
    長期借入金            472,074   295,654         157,294   14,652     17,316        48,112
         合計          733,576   327,654         193,294   14,652     17,316        48,112

(追加情報)
当事業年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及び「金融商品の時価等の
開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日)を適用しております。

     当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社では、資金調達については、必要な資金を主に銀行借入、社債発行により調達しております。
         また、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。なお、デリバティブ取引は行ってお
         りません。

       (2)金融商品の内容及びそのリスク
         営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券はその他有価証券であ
         るため、市場価格の変動リスクに晒されております。また、敷金及び保証金は貸主の信用リスクに晒され
                 ております。短期借入金、未払金、未払法人税等、未払消費税等、社債、長期借入金については流動性リス
                 クに、また、短期借入金、社債、長期借入金については、支払金利の変動リスクにも晒されております。

                (3)金融商品に係るリスク管理体制
                  ①信用リスクの管理
                   営業管理規程、与信管理規程に従い、営業債権について、担当部門が主要な取引先の状況を定期的に
                   モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等による回収懸
                   念の早期把握や軽減を図っております。

                 ②市場リスクの管理
                  投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、また、市況や発行体との関
                  係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。

                 ③流動性リスクの管理
                  借入金、社債、未払金に係る流動性リスクについては、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に
                  資金繰計画を作成、更新するとともに、十分な手許現預金と未使用の当座貸越契約で十分に備えてお
                                               75/146
                                                                  EDINET提出書類
                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                            有価証券届出書(新規公開時)
               ります。

           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
             が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
             採用することにより、当該価額が変動することもあります。

           (5)信用リスクの集中
             当事業年度の決算日現在における営業債権のうち、66.4%が特定の大口顧客に対するものであります。

            2.金融商品の時価等に関する事項
             平成24年2月29日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
             す。
                              貸借対照表計上額
                                           時価(千円)       差額(千円)
                                (千円)
      (1)現金及び預金                   1,864,058    1,864,058         −
      (2)売掛金                      1,621,388    1,621,388         −
      (3)投資有価証券                                                 
         その他有価証券                      1,038        1,038         −
      (4)敷金及び保証金                    120,723      119,381     △1,341
     資産計                         3,607,208     3,605,867       △1,341
    (1)短期借入金                        71,000        71,000           −
    (2)未払金                       1,162,153     1,162,153           −
    (3)未払法人税等                      303,087       303,087           −
    (4)未払消費税等                      377,410       377,410           −
    (5)社債(1年内償還予定の社債を含
                                   168,000       166,157       △1,842
       む)
    (6)長期借入金(1年内返済予定の長
                                   637,384       633,202       △4,181
       期借入金を含む)
     負債計                         2,719,034     2,713,010       △6,024
(注)1.金融商品の時価の算定方法、ならびに有価証券に関する事項
    資産
     (1)現金及び預金、(2)売掛金
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
     (3)投資有価証券
        これらの時価については、株式は取引所の価格によっております。




                                    76/146
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                            有価証券届出書(新規公開時)
       (4)敷金及び保証金
          敷金及び保証金の時価については、将来キャッシュ・フローを、安全性の高い長期の債券の利回りで割り
          引いた現在価値により算定しております。
     負債
       (1)短期借入金、(2)未払金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
       (5)社債
          社債の時価については元利金の合計額を、同様の新規発行を行った場合に想定される利率で割り引いた現
          在価値により算定しております。
       (6)長期借入金
          長期借入金の時価については、一定の期間ごとに区分した元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場
          合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     
     2.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                                        (単位:千円)
                         1年以内        1年超5年以内  5年超10年以内   10年超
  現金及び預金                    1,864,058        −         −       −
    売掛金                             1,621,388            −         −                −
                 合計                 3,485,447            −         −                −
(注)敷金及び保証金は償還予定を見積もっているため、上表には含めておりません。

          3.短期借入金、社債及び長期借入金の決算日後の返済予定額
                                                                          (単位:千円)
                  1年以内     1年超2年以内 2年超3年以内 3年超4年以内 4年超5年以内                  5年超
    短期借入金            71,000       −       −       −       −                      −
    社債                 64,000    68,000         36,000       −         −            −
    長期借入金             339,118   200,758         33,412   15,984   15,984        32,128
         合計           474,118   268,758         69,412   15,984   15,984        32,128

          (有価証券関係)
           前事業年度(平成23年2月28日)
            その他有価証券
              重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                
           当事業年度(平成24年2月29日)
            その他有価証券
              重要性が乏しいため、記載を省略しております。

          (デリバティブ取引関係)
           前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)
              該当事項はありません。

              当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
              該当事項はありません。





                                                77/146
                                                                   EDINET提出書類
                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                             有価証券届出書(新規公開時)
        (退職給付関係)
                 前事業年度                            当事業年度
            (自平成22年3月1日                     (自平成23年3月1日
              至平成23年2月28日)                    至平成24年2月29日)
    1.採用している退職給付制度の概要                1.採用している退職給付制度の概要
     当社は、退職一時金制度と特定退職金共済制度を併用し       当社は、退職一時金制度と特定退職金共済制度を併用し
     ております。                           ております。
    2.退職給付債務に関する事項                   2.退職給付債務に関する事項
       退職給付債務               10,050千円    退職給付債務               11,250千円
      退職給付引当金             10,050千円   退職給付引当金             11,250千円
      (注)退職給付債務の算定については、簡便法を採用      (注)退職給付債務の算定については、簡便法を採用
           しております。                        しております。
    3.退職給付費用に関する事項                 3.退職給付費用に関する事項
      勤務費用                 8,967千円   勤務費用                 9,536千円
       退職給付費用              8,967千円    退職給付費用              9,536千円
       (注)1.退職給付費用の算定については、簡便法を       (注)1.退職給付費用の算定については、簡便法を
            採用しております。                      採用しております。
          2.特定退職金共済制度に係る拠出金について          2.特定退職金共済制度に係る拠出金について
            は、「勤務費用」に含めて表示しておりま            は、「勤務費用」に含めて表示しておりま
            す。                             す。
    4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項          4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
     簡便法を採用しておりますので、基礎率等について、記     簡便法を採用しておりますので、基礎率等について、記
     載しておりません。                         載しておりません。





                                    78/146
                                                              EDINET提出書類
                                                       キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                        有価証券届出書(新規公開時)
          (ストック・オプション等関係)
           前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)
            1.当事業年度(平成23年2月期)における費用計上額及び科目名
             当社は未公開企業であり、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値は0円であるため、費用計上
             はしておりません。

         2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
          (1)ストック・オプションの内容
                                 平成19年8月ストック・オプション
                      当社取締役 3名
                      当社監査役 2名
    付与対象者の区分及び人数
                      子会社取締役 2名
                      当社従業員214名
    株式の種類別のストック・オプショ
                        普通株式6,205株
    ンの数(注)
    付与日                 平成19年8月1日
                        (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
                          ①新株予約権者が新株予約権の付与時から行使時点まで、当社又は当社が発
                           行済株式(議決権のあるものに限る。)又は持分の100分の50を超える数の
                           株式(議決権のあるものに限る。)又は持分を直接又は間接に保有する会
                           社(以下、「当社の子会社」という。)の取締役、監査役又は使用人(以下、
                           この三者を併せて「役員・社員」という。)たる地位を保有していること。
                           ただし、次に掲げる事由により当社又は当社の子会社の役員・社員たる地
                           位を失った者は、当社又は当社の子会社の役員・社員たる地位を有してい
                           るものとみなす。
                           a.当社又は当社の子会社の取締役又は監査役:
                             任期満了による退任その他これに準ずる事由
                           b.当社又は当社の子会社の使用人:
    権利確定条件
                             定年退職、当社又は当社の子会社の社命による転籍、業務上の傷病を主
                             たる理由とする退職、やむを得ない事業上の都合による解雇(整理解
                             雇)、その他これに準ずる事由
                          ②新株予約権者が行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこ
                           と。
                           a.当社又は当社の子会社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決
                             定があった場合
                           b.その他②a.に準ずる事由のある場合
                        (2)新株予約権者の相続人については、相続発生の直前において新株予約権者
                          が(1)①及び②の条件を全て満たしていること。
                        (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から6ヶ月を経過しているこ
                          と。
    対象勤務期間              対象期間の定めはありません。
                        自平成21年4月1日
    権利行使期間
                        至平成24年7月31日
(注)株式数に換算して記載しております。




                                      79/146
                                                                EDINET提出書類
                                                         キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                          有価証券届出書(新規公開時)
                                   平成21年11月ストック・オプション
                    当社取締役4名
付与対象者の区分及び人数        当社監査役1名
                    当社従業員87名
株式の種類別のストック・オプショ
                    普通株式3,499株
ンの数(注)
付与日                 平成21年11月13日
                    (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
                      ①新株予約権者が新株予約権の付与時から行使時点まで、当社の取締役、監
                       査役又は従業員(以下、この三者を併せて「役員・社員」という。)たる地
                       位を保有していること。ただし、次に掲げる事由により当社の役員・社員た
                       る地位を失った者は、当社の役員・社員たる地位を有しているものとみな
                       す。
                       a.当社の取締役又は監査役:
                         任期満了による退任、会社都合により退職した場合、その他正当な事由
                         があると当社取締役会が認めた場合
                       b.当社の従業員:
権利確定条件
                         定年退職、社命による転籍、その他正当な事由があると当社取締役会が
                         認めた場合
                      ②新株予約権者が行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこ
                       と。
                       a.当社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決定があった場合
                       b.その他②a.に準ずる事由のある場合
                    (2)新株予約権者の相続人については、相続発生の直前において新株予約権者
                      が(1)の条件を全て満たしていること。
                    (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から3ヶ月を経過しているこ
                      と。
対象勤務期間              対象期間の定めはありません。
                    自平成23年12月1日
権利行使期間
                    至平成29年12月31日
(注)株式数に換算して記載しております。




                                  80/146
                                                                 EDINET提出書類
                                                          キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                           有価証券届出書(新規公開時)
          (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
            ①ストック・オプションの数
                             平成19年8月                平成21年11月
    
                           ストック・オプション             ストック・オプション
    権利確定前(株)                                                     
        前事業年度末                               70               3,336
        付与                                   −                   −
        失効                                   −                  632
        権利確定                                 −                   −
        未確定残                                 70               2,704
    権利確定後(株)                                                     
        前事業年度末                               −                   −
        権利確定                                 −                   −
        権利行使                                 −                   −
        失効                                   −                   −
        未行使残                                 −                   −

                 ②単価情報
                                平成19年8月             平成21年11月
    
                              ストック・オプション          ストック・オプション
    権利行使価格(円)                           6,000                6,000
    行使時平均株価(円)                               −                   −
    付与日における公正な評価単価
                                             −                   −
    (円)

               3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
                該当事項はありません。

               4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
                基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
                しております。

               5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合計
                額及び権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                (1)当事業年度末における本源的価値の合計額−円
                (2)当事業年度末において権利行使された本源的価値の合計額−円





                                    81/146
                                                             EDINET提出書類
                                                      キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                       有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
           1.当事業年度(平成24年2月期)における費用計上額及び科目名
            当社は未公開企業であり、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値は0円であるため、費用計上
            はしておりません。

         2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
          (1)ストック・オプションの内容
                                 平成19年8月ストック・オプション
                      当社取締役 3名
                      当社監査役 2名
    付与対象者の区分及び人数
                      子会社取締役 2名
                      当社従業員214名
    株式の種類別のストック・オプショ
                       普通株式6,205株
    ンの数(注)
    付与日                平成19年8月1日
                       (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
                         ①新株予約権者が新株予約権の付与時から行使時点まで、当社又は当社が発
                          行済株式(議決権のあるものに限る。)又は持分の100分の50を超える数の
                          株式(議決権のあるものに限る。)又は持分を直接又は間接に保有する会
                          社(以下、「当社の子会社」という。)の取締役、監査役又は使用人(以下、
                          この三者を併せて「役員・社員」という。)たる地位を保有していること。
                          ただし、次に掲げる事由により当社又は当社の子会社の役員・社員たる地
                          位を失った者は、当社又は当社の子会社の役員・社員たる地位を有してい
                          るものとみなす。
                          a.当社又は当社の子会社の取締役又は監査役:
                            任期満了による退任その他これに準ずる事由
                          b.当社又は当社の子会社の使用人:
    権利確定条件
                            定年退職、当社又は当社の子会社の社命による転籍、業務上の傷病を主
                            たる理由とする退職、やむを得ない事業上の都合による解雇(整理解
                            雇)、その他これに準ずる事由
                         ②新株予約権者が行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこ
                          と。
                          a.当社又は当社の子会社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決
                            定があった場合
                          b.その他②a.に準ずる事由のある場合
                       (2)新株予約権者の相続人については、相続発生の直前において新株予約権者
                         が(1)①及び②の条件を全て満たしていること。
                       (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から6ヶ月を経過しているこ
                         と。
    対象勤務期間             対象期間の定めはありません。
                       自平成21年4月1日
    権利行使期間
                       至平成24年7月31日
(注)株式数に換算して記載しております。





                                     82/146
                                                               EDINET提出書類
                                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                         有価証券届出書(新規公開時)
                                  平成21年11月ストック・オプション
                   当社取締役4名
付与対象者の区分及び人数       当社監査役1名
                   当社従業員87名
株式の種類別のストック・オプショ
                   普通株式3,499株
ンの数(注)
付与日                平成21年11月13日
                   (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
                     ①新株予約権者が新株予約権の付与時から行使時点まで、当社の取締役、監
                      査役又は従業員(以下、この三者を併せて「役員・社員」という。)たる地
                      位を保有していること。ただし、次に掲げる事由により当社の役員・社員た
                      る地位を失った者は、当社の役員・社員たる地位を有しているものとみな
                      す。
                      a.当社の取締役又は監査役:
                        任期満了による退任、会社都合により退職した場合、その他正当な事由
                        があると当社取締役会が認めた場合
                      b.当社の従業員:
権利確定条件
                        定年退職、社命による転籍、その他正当な事由があると当社取締役会が
                        認めた場合
                     ②新株予約権者が行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこ
                      と。
                      a.当社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決定があった場合
                      b.その他②a.に準ずる事由のある場合
                   (2)新株予約権者の相続人については、相続発生の直前において新株予約権者
                     が(1)の条件を全て満たしていること。
                   (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から3ヶ月を経過しているこ
                     と。
対象勤務期間             対象期間の定めはありません。
                   自平成23年12月1日
権利行使期間
                   至平成29年12月31日
(注)株式数に換算して記載しております。





                                 83/146
                                                              EDINET提出書類
                                                       キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                        有価証券届出書(新規公開時)
                                 平成23年10月ストック・オプション
                   当社取締役 7名
付与対象者の区分及び人数
                   当社従業員162名
株式の種類別のストック・オプショ
                   普通株式5,025株
ンの数(注)
付与日                平成23年10月7日
                   (1)新株予約権者については、以下に掲げる条件の全てを満たすこと。
                     ①当社の取締役:
                      新株予約権発行時において当社の取締役である者は、新株予約権の権利行
                      使時まで当社又は当社の子会社の取締役・監査役・顧問又はこれに準ずる
                      地位を保有していること。ただし、株式上場後に任期満了や会社都合により
                      退任・退職した場合やその他取締役会が認めた場合はこの限りでない。
                     ②当社の従業員:
                      新株予約権発行時において当社の従業員である者は、新株予約権の権利行
                      使時まで当社又は当社の子会社の従業員・取締役・監査役又はこれに準ず
権利確定条件                る地位を保有していること。ただし、会社都合により退職した場合やその他
                      取締役会が認めた場合はこの限りでない。
                     ③新株予約権者が行使時点で、次に掲げる場合のいずれにも該当しないこ
                      と。
                      a.当社の就業規則に基づく諭旨解雇又は懲戒解雇の決定があった場合
                      b.その他③a.に準ずる事由のある場合
                   (2)新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続は認めないものとする。
                     ただし、取締役会が認めた場合はこの限りではない。
                   (3)当社普通株式が証券取引所に上場された日から3ヶ月を経過しているこ
                     と。
対象勤務期間             対象期間の定めはありません。
                   自平成25年10月1日
権利行使期間
                   至平成31年9月30日
(注)株式数に換算して記載しております。





                                 84/146
                                                                            EDINET提出書類
                                                                     キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                      有価証券届出書(新規公開時)
          (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
            ①ストック・オプションの数
                    平成19年8月       平成21年11月                       平成23年10月
    
                  ストック・オプション    ストック・オプション                     ストック・オプション
    権利確定前(株)                                                            
        前事業年度末                        70               2,704                 −
        付与                            −                   −               5,025
        失効                            −                  210                 90
        権利確定                          −                   −                  −
        未確定残                          70               2,494              4,935
    権利確定後(株)                                                                
        前事業年度末                        −                   −                  −
        権利確定                          −                   −                  −
        権利行使                          −                   −                  −
        失効                            −                   −                  −
        未行使残                          −                   −                  −

                 ②単価情報
                            平成19年8月           平成21年11月           平成23年10月
    
                          ストック・オプション        ストック・オプション         ストック・オプション
    権利行使価格(円)                      6,000              6,000              7,000
    行使時平均株価(円)                        −                   −                  −
    付与日における公正な
                                      −                   −                  −
    評価単価(円)

               3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
                平成23年10月7日に付与したストック・オプションについては、当社は未公開企業であるため、公正な評
                価単価を本源的価値により算定しております。なお、単位当たりの本源的価値の算出基礎となった算定時
                点における自社の株式の評価方法は、類似上場会社法により算出した価格をもって決定しており、その本
                源的価値はゼロであります。

               4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
                基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
                しております。

               5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合計
                額及び権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                (1)当事業年度末における本源的価値の合計額−円
                (2)当事業年度末において権利行使された本源的価値の合計額−円




                                           85/146
                                                                       EDINET提出書類
                                                                キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)
        (税効果会計関係)
                前事業年度                          当事業年度
             (平成23年2月28日)                   (平成24年2月29日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
     内訳                              内訳
      繰延税金資産                        繰延税金資産                     
      賞与引当金               13,596 千円   賞与引当金              16,517 千円
      未払事業所税               6,527     未払事業所税             11,800   
      未払事業税                1,665     未払事業税              21,320   
      退職給付引当金              4,089     退職給付引当金             4,174   
      未払役員退職慰労金           10,143     未払役員退職慰労金           8,885   
      その他有価証券評価差額金            41     その他有価証券評価差額金          133   
      仕掛品                  3,588     仕掛品                   949   
      その他                  6,681     資産除去債務              7,218   
                                      その他                 7,664   
      繰延税金資産小計                     
                          46,331
                                              繰延税金資産小計                     
      評価性引当額               △10,143                               78,660
                                              評価性引当額             △16,979   
      繰延税金資産合計                       
                            36,187
                                              繰延税金資産合計                     
                                                                  61,681
                                              繰延税金負債                      
                                              その他                △1,537    
                                              繰延税金負債合計                     
                                                                 △1,537
                                              繰延税金資産の純額                    
                                                                  60,144
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率
     との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と     との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
     なった主要な項目別の内訳                 なった主要な項目別の内訳
                            (%)                          (%)
     法定実効税率               40.69    法定実効税率               40.69
     (調整)                         (調整)                     
     住民税均等割等               5.04    住民税均等割等               0.71
     交際費等の損金不算入額           4.16    交際費等の損金不算入額           0.63
     評価性引当額の増減           △65.40    留保金課税                 4.40
     その他                   4.42    評価性引当額の増減             1.49
                                  その他                   0.99
     税効果会計適用後の法人税等の負担率   △11.09    
                                  税効果会計適用後の法人税等の負担率    48.91
                                   
                                3.法人税率の変更等による繰延税金資産及び繰延税金負
                                  債の金額の修正
                                  「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図る
                                  ための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法
                                  律第114号)及び「東日本大震災からの復興のための施
                                  策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置
                                            法」(平成23年法律第117号)が平成23年12月2日に公
                                            布され、平成24年4月1日以後に開始する事業年度から
                                            法人税率の引下げ及び復興特別法人税の課税が行われる
                                            こととなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税
                                            金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の40.69%
                                            から、平成25年3月1日に開始する事業年度から平成27
                                            年3月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時
                                            差異については38.01%に、平成28年3月1日に開始する
                                            事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については
                                            35.64%となります。この税率変更により、繰延税金資産
                                            の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は380千
                                            円増加し、法人税等調整額が376千円減少しております。

        (持分法損益等)
        前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)及び当事業年度(自平成23年3月1日至平成24
        年2月29日)
                                         86/146
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                            有価証券届出書(新規公開時)
       当社は関連会社がないため、該当事項はありません。

      (企業結合等関係)
      前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)及び当事業年度(自平成23年3月1日至平成24
      年2月29日)
        該当事項はありません。

      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
        当社は総合人材サービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

       【関連情報】
        当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
         1.製品及びサービスごとの情報
                                                                          (単位:千円)
               BPO関連事業        CRM関連事業        一般事務事業        製造技術系事業          合計
    外部顧客への売上高     10,136,475      2,722,320     1,308,745      1,204,471    15,372,013

         2.地域ごとの情報
          (1)売上高
            本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
          (2)有形固定資産
            本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

         3.主要な顧客ごとの情報
          顧客の名称又は氏名                     売上高             関連するセグメント(注)
       株式会社もしもしホットライン                 10,128,966千円           −
     (注)当社は単一セグメントであるため、関連するセグメント名の記載を省略しております。

       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
        当社は単一セグメントであるため、記載を省略しております。

       【報告セグメントごとののれんの償却及び未償却残高に関する情報】
        当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
        該当事項はありません。

       【報告セグメントごとの負のれんの償却及び未償却残高に関する情報】
        当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
        該当事項はありません。

      (追加情報)
      当事業年度より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号平成21年3月27日)及
      び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号平成20年3月21
      日)を適用しております。
      なお、当社は総合人材サービス事業の単一セグメントであるため、前事業年度のセグメント情報の記載を省略し
      ております。




                                         87/146
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)
      【関連当事者情報】
       前事業年度(自平成22年3月1日至平成23年2月28日)
        関連当事者との取引
         財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                                    議決権等の
                     資本金又
      会社等の名                 事業の内容   所有(被所        関連当事者           取引金額             期末残高
 種類            所在地   は出資金                                取引の内容               科目
      称又は氏名                 又は職業    有)割合         との関係            (千円)             (千円)
                     (千円)
                                     (%)
                            当社      (被所有)
                                                         債務被保証   1,271,404
 役員    近藤裕彦    −     −     代表取締役     直接         債務被保証                       −     −
                                                          (注2)   (注1)
                            社長       9.9
(注)1.取引金額については、債務被保証は債務被保証残高を記載しております。
    2.取引条件及び取引条件の決定方針等
      債務保証は銀行からの借入金及び社債に対するものであります。なお、当該債務保証に対して保証料の支払
      及び担保提供は行っておりません。

     当事業年度(自平成23年3月1日至平成24年2月29日)
      関連当事者との取引
       財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                                    議決権等の
                     資本金又
      会社等の名                 事業の内容   所有(被所        関連当事者           取引金額             期末残高
 種類            所在地   は出資金                                取引の内容               科目
      称又は氏名                 又は職業    有)割合         との関係            (千円)             (千円)
                     (千円)
                                     (%)
                            当社      (被所有)
                                                         債務被保証   817,584
 役員    近藤裕彦    −     −     代表取締役    直接          債務被保証                       −     −
                                                          (注2)   (注1)
                            社長       10.2
(注)1.取引金額については、債務被保証は債務被保証残高を記載しております。
    2.取引条件及び取引条件の決定方針等
      債務保証は銀行からの借入金及び社債に対するものであります。なお、当該債務保証に対して保証料の支払
      及び担保提供は行っておらず、平成24年6月15日をもって債務保証は解消しております。





                                            88/146
                                                                        EDINET提出書類
                                                                 キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)
        (1株当たり情報)
                前事業年度                            当事業年度
            (自平成22年3月1日                     (自平成23年3月1日
             至平成23年2月28日)                    至平成24年2月29日)
      1株当たり純資産額            10,550.50円  1株当たり純資産額            16,453.23円
      1株当たり当期純利益金額          1,292.90円  1株当たり当期純利益金額          5,902.72円
    なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
    は、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、 は、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
    期中平均株価が把握できないため記載しておりません。         期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                             前事業年度                           当事業年度
                        (自平成22年3月1日                    (自平成23年3月1日
                          至平成23年2月28日)                   至平成24年2月29日)
 当期純利益(千円)                       62,059                          283,330
    普通株主に帰属しない金額(千円)                              −                   −
    普通株式に係る当期純利益(千円)                          62,059             283,330
    期中平均株式数(株)                                48,000              48,000
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後      新株予約権2種類(新株予約権の          新株予約権3種類(新株予約権の
    1株当たり当期純利益の算定に含めなかった      数2,774個)。新株予約権の概要は       数7,499個)。新株予約権の概要は
    潜在株式の概要                   「第4提出会社の状況1株式         「第4提出会社の状況1株式
                              等の状況(2)新株予約権等の状         等の状況(2)新株予約権等の状
                              況」に記載のとおりであります。          況」に記載のとおりであります。





                                     89/146
                                                              EDINET提出書類
                                                       キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                        有価証券届出書(新規公開時)
        (重要な後発事象)
                前事業年度                         当事業年度
            (自平成22年3月1日                  (自平成23年3月1日
             至平成23年2月28日)                 至平成24年2月29日)
               ──────        当社は、平成24年5月15日開催の取締役会決議において、
                             株式分割及び単元株式数の変更を行っております。
                            1.株式分割の概要
                               (1)株式分割の方法
                                 平成24年6月10日付で、平成24年6月9日の株主名簿
                                 に記載又は記録された株主の所有株式数を、1株につ
                                 き100株の割合をもって分割する。
                              (2)分割により増加する株式数
                                   普通株式4,752,000株
                              (3)分割後の発行済株式総数
                                   普通株式4,800,000株
                              (4)株式分割後の発行可能株式総数
                                  普通株式19,200,000株
                              上記株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基
                               づき、平成24年6月10日付をもって、定款第5条を変更
                               し、発行可能株式総数を18,880,000株増加させ、
                               19,200,000株とする。
                            2.単元株式数の変更
                               会社法第191条の規定に基づき、平成24年6月10日付を
                               もって、定款第6条を変更し、単元株式数を100株とする。
                               
                            当該株式分割が前事業年度の開始の日に行われたと仮定
                             した場合の前事業年度及び当事業年度の1株当たり情報
                             は、以下のとおりであります。
                                    前事業年度            当事業年度
    
                               (自平成22年3月1日      (自平成23年3月1日
                                 至平成23年2月28日)    至平成24年2月29日)
                             1株当たり純資産額           1株当たり純資産額
                                         105.51円          164.53円
                             1株当たり当期純利益金額 1株当たり当期純利益金額
                                          12.93円           59.03円
                             なお、潜在株式調整後1株 なお、潜在株式調整後1株
                             当たり当期純利益金額につ 当たり当期純利益金額につ
                             いては、潜在株式は存在す        いては、潜在株式は存在す
                             るものの、当社株式は非上        るものの、当社株式は非上
                             場であり、期中平均株価が        場であり、期中平均株価が
                             把握できないため記載して 把握できないため記載して
                             おりません。              おりません。
                             





                             90/146
                                                           EDINET提出書類
                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【会計方針の変更等】
                            当第2四半期累計期間
                           (自平成24年3月1日
                            至平成24年8月31日)
    1.1株当たり当期純利益に関する会計基準等の適用
    第1四半期会計期間より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号平成22年6月30日)、
    「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号平成22年6月30日公表分)及
    び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号平成22年6月30日)を適用しております。
    
    2.減価償却方法の変更
    法人税法の改正に伴い、平成24年4月1日以降に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償
    却の方法に変更しております。
    なお、この変更に伴う損益への影響は軽微であります。

      【追加情報】
                            当第2四半期累計期間
                          (自平成24年3月1日
                            至平成24年8月31日)
    (会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準等の適用)
    第1四半期会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤謬の訂正に
    関する会計基準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の
    適用指針」(企業会計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用しております。





                                91/146
                                                                        EDINET提出書類
                                                                 キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)
    【注記事項】
     (四半期貸借対照表関係)
                        当第2四半期会計期間
                         (平成24年8月31日)
         
              運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行4行と当座貸越契約を
             締結しております。当第2四半期会計期間末における当座貸越契約に係
             る借入金未実行残高等は次のとおりであります。


               当座貸越極度額の総額                 520,000千円
               借入実行残高                      10,000
               差引額                        510,000
         


     (四半期損益計算書関係)
                      当第2四半期累計期間
                     (自平成24年3月1日
                      至平成24年8月31日)
          ※販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであり
           ます。
          給与及び賞与                     448,420千円
          法定福利費                       66,914
             登録者募集費                                    133,128
             賃借料                                        74,369
             賞与引当金繰入額                                   38,262
             減価償却費                                      17,926
             退職給付費用                                      4,604

     (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
                      当第2四半期累計期間
                     (自平成24年3月1日
                      至平成24年8月31日)
          ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されて
           いる科目の金額との関係は下記のとおりであります。
             現金及び預金勘定             1,855,966千円
             預入期間が3か月を超える定期預金        △5,000
               現金及び現金同等物                 1,850,966



     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       当第2四半期累計期間(自平成24年3月1日至平成24年8月31日)
           当社は総合人材サービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        




                                 92/146
                                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                                               有価証券届出書(新規公開時)
          (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                         当第2四半期累計期間
                         項目           (自平成24年3月1日
                                         至平成24年8月31日)
              1株当たり四半期純利益金額(円)                    44.33
                (算定上の基礎)                                                               
                   四半期純利益金額(千円)                                               212,780
                   普通株主に帰属しない金額(千円)                                                  −
                   普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                        212,780
                   普通株式の期中平均株式数(千株)                                               4,800
                希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                                 −
                たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
                概要
(注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在しますが、当社株式は非上場であ
        り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
2.平成24年6月10日付で1株につき100株の割合をもって株式分割を行っております。

      (会計方針の変更)
      第1四半期会計期間より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号平成22年6月30
      日)、「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号平成22年6月30
          日公表分)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号平成22年6月30日)
          を適用しております。

          (重要な後発事象)
          該当事項はありません。
          
         ⑤【附属明細表】
          【有価証券明細表】
          有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
          ております。

          【有形固定資産等明細表】
                                                                      当期末減価償
                      前期末残高       当期増加額      当期減少額        当期末残高       却累計額又は       当期償却額            差引当期末残
          資産の種類
                       (千円)        (千円)       (千円)        (千円)        償却累計額         (千円)            高(千円)
                                                                       (千円)
                                                                                                       
有形固定資産
                                                11,111
    建物                   33,195     20,309                   42,393      28,501             3,980        13,891
                                                (3,113)
                                                 6,641
    工具、器具及び備品            78,239      9,031                   80,629      58,830            12,861        21,798
                                                  (424)
                                                17,752
         有形固定資産計        111,434     29,340                  123,022      87,332            16,841        35,689
                                                (3,538)
                                                                                                       
無形固定資産
 ソフトウエア                 151,977     14,632      34,229      132,381      80,846            19,261        51,534
 その他                      3,659         −           −         3,659          −                 −          3,659
         無形固定資産計        155,637     14,632      34,229      136,040      80,846            19,261        55,193
長期前払費用                    4,316         −           630       3,686          −                 −          3,686
(注)1.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
      建物本社ほか資産除去債務会計基準の適用に伴う増加額20,309千円
      ソフトウエア求職希望者登録システム(Visionary) 10,350千円
    2.当期減少額のうち、()内は、内書きで減損損失の計上額であります。

    【社債明細表】
                                      前期末残高          当期末残高
           銘柄           発行年月日                                     利率(%)           担保                償還期限
                                       (千円)           (千円)
                                          30,000
第1回無担保社債               平成18年3月13日                            −           −         −                 −
                                         (30,000)



                                                93/146
                                                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                                            キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                                                             有価証券届出書(新規公開時)
                                          前期末残高             当期末残高
         銘柄                発行年月日                                              利率(%)              担保            償還期限
                                           (千円)              (千円)
                                             100,000            68,000
第2回無担保社債                  平成23年1月31日                                                   0.65      無し         平成26年1月31日
                                               (32,000)           (32,000)
                                                                  100,000
第3回無担保社債                  平成23年9月26日                −                                  0.72      無し         平成26年9月22日
                                                                  (32,000)
                                               130,000            168,000
         合計                   −                                                  −                −             −
                                               (62,000)           (64,000)
(注)1.()内書は1年以内の償還予定であります。
    2.決算日後5年間の償還予定額は次のとおりであります。
                    1年超2年以内     2年超3年以内                                        3年超4年以内                  4年超5年以内
        1年以内(千円)
                      (千円)        (千円)                                           (千円)                     (千円)
             64,000      68,000      36,000                                           −                        −

       【借入金等明細表】
                                                  前期末残高               当期末残高               平均利率
                     区分                                                                                      返済期限
                                                   (千円)                (千円)                (%)
    短期借入金                                            199,502             71,000              1.69              −
    1年以内に返済予定の長期借入金                                       472,074            339,118             2.28          −
    長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                               533,028            298,266             2.18   平成29年2月28日
    その他の有利子負債                                                    −                −                −           −
                     計                              1,204,604                708,384               −           −
(注)1.平均利率については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
    2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年間の返済予定額は次のとおりでありま
            す。
                                          1年超2年以内                2年超3年以内               3年超4年以内              4年超5年以内
            
                                            (千円)                   (千円)                  (千円)                 (千円)
                長期借入金                         200,758                33,412                15,984               15,984

       【引当金明細表】
                                                                      当期減少額                   当期減少額
                               前期末残高            当期増加額                                                        当期末残高
                区分                                                   (目的使用)                   (その他)
                                (千円)             (千円)                                                         (千円)
                                                                       (千円)                    (千円)
    貸倒引当金                              6,124              1,059           2,457                   3,148             1,577
    賞与引当金                          33,412               40,592               33,412                     −          40,592
(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。

     【資産除去債務明細表】
     当事業年度末における資産除去債務の金額が、当該事業年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以
     下であるため、財務諸表等規則第125条の2の規定により記載を省略しております。





                                                        94/146
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                            有価証券届出書(新規公開時)
     (2)【主な資産及び負債の内容】
       ①現金及び預金
                区分                                            金額(千円)
    現金                                                                          332
    預金                                                                            
     普通預金                                                                 1,742,691
     定期預金                                                                   121,034
                   預金計                                                    1,863,725
                    合計                                                    1,864,058

       ②売掛金
          a.相手先別内訳
                 相手先                                          金額(千円)
    株式会社もしもしホットライン                                                        1,077,118
    株式会社NEXCOシステムズ                                                           39,989
    キューアンドエー株式会社                                                             39,956
    株式会社KDDIエボルバ                                                             35,107
    株式会社ベルシステム24                                                             24,266
    その他                                                                     404,951
                    合計                                                    1,621,388

        b.売掛金の発生及び回収、ならびに滞留状況
    前期繰越高     当期発生高    当期回収高                 次期繰越高
                                                             回収率(%)       滞留期間(日)
    (千円)       (千円)     (千円)                  (千円)
                                                                            (A) + (D)
                                                                            ─────
                                                                (C)             2
      (A)          (B)          (C)                  (D)    ───── × 100    ──────
                                                            (A) + (B)          (B)
                                                                            ─────
                                                                               366
      1,608,396   16,140,598   16,127,606       1,621,388          90.9            36.6
(注)消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。

     ③仕掛品
              品目                       金額(千円)
   BPO関連事業                                      22,878
                    合計                                                       22,878

       ④貯蔵品
                    品目                                        金額(千円)
     販促物貯蔵品                                                                     860
     その他貯蔵品                                                                     274
                    合計                                                        1,135

       ⑤未払金
                    区分                                        金額(千円)
     派遣スタッフ給与                                                             1,052,399
     登録者募集費                                                                  59,624
     その他諸経費                                                                  50,129
                    合計                                                    1,162,153

       ⑥未払費用
                    区分                                        金額(千円)
     社会保険料                                                                   80,563
     労働保険料                                                                   64,246
     社員給与                                                                    15,838
     その他諸経費                                                                  41,990
                    合計                                                      202,639

                                            95/146
                                               EDINET提出書類
                                        キャリアリンク株式会社(E26839)
                                         有価証券届出書(新規公開時)

      ⑦未払法人税等
                 区分            金額(千円)
    法人税                                 206,284
    事業税                                  52,395
    住民税                                  44,407
                 合計                     303,087

      ⑧未払消費税等
                 区分            金額(千円)
    消費税及び地方消費税                          377,410
                 合計                     377,410

    (3)【その他】
       該当事項はありません。





                      96/146
                                                           EDINET提出書類
                                                    キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)

第6【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度           毎年3月1日から翌年2月末日まで
    定時株主総会         毎事業年度終了後3ヶ月以内
    基準日            毎年2月末日
    株券の種類          −
                   毎年8月31日
    剰余金の配当の基準日
                   毎年2月末日
    1単元の株式数        100株
    株式の名義書換え       
     取扱場所          −
     株主名簿管理人       −
     取次所           −
     名義書換手数料       −
     新券交付手数料       −
    単元未満株式の買取り     
     取扱場所          東京都千代田区丸の内一丁目4番5号三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部
     株主名簿管理人       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号三菱UFJ信託銀行株式会社
     取次所           −
     買取手数料         無料(注)1
                   当社の公告方法は、電子公告としております。ただし、やむを得ない事由により、電子公
                   告によることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行うこととして
    公告掲載方法         おります。
                   当社の公告掲載URLは、次のとおりであります。
                   http://www.careerlink.co.jp/
    株主に対する特典       該当事項はありません。
(注)1.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所マザーズに上場された日から、「株式の売買の委託
      に係る手数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
    2.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
      ものと定款で定めております。
      (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
      (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
      (3)募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
第7【提出会社の参考情報】
    1【提出会社の親会社等の情報】
    当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    
    2【その他の参考情報】
    該当事項はありません。





                                 97/146
                                                         EDINET提出書類
                                                  キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                   有価証券届出書(新規公開時)

第三部【特別情報】
第1【提出会社及び連動子会社の最近の財務諸表】
当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、「財務諸表
等規則」という。)に基づいて作成しております。なお、財務諸表間の比較可能性を向上させるため、財務諸表の様式につ
いては、第二部に記載の財務諸表に準じて記載しております。また、連動子会社はありません。





                             98/146
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                             キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                              有価証券届出書(新規公開時)
    1【貸借対照表】
                                                                              (単位:千円)
                             第12期                    第13期                    第14期
         
                         (平成20年2月29日)            (平成21年2月28日)            (平成22年2月28日)
資産の部                                                                                    
 流動資産                                                                                   
  現金及び預金                           340,881               1,009,196                1,151,669
  売掛金                            1,269,168               1,514,306                  865,019
  仕掛品                                   −                       −                    14,588
  貯蔵品                                  454                   3,201                    3,103
  前払費用                              40,946                  28,269                   57,335
  関係会社短期貸付金                        100,000                  90,000                       −
  繰延税金資産                            36,067                  26,859                   21,001
  未収入金                                  −                   47,232                   18,219
  未収還付法人税等                              −                   58,403                       −
  未収消費税等                                −                       −                   133,667
  その他                               12,071                   5,221                    6,999
                                   △6,790                  △3,538                   △2,557
  貸倒引当金
  流動資産合計                         1,792,798               2,779,152                2,269,047
 固定資産                                                                                   
  有形固定資産                                                                                
   建物                               60,588                  47,563                   54,202
                                  △26,285                 △25,021                  △30,160
     減価償却累計額
     建物(純額)                         34,302                  22,542                   24,042
   工具、器具及び備品                        31,518                  38,028                   72,716
                                  △19,114                 △18,064                  △43,263
     減価償却累計額
     工具、器具及び備品(純額)                  12,404                  19,964                   29,453
   有形固定資産合計                         46,707                  42,506                   53,496
  無形固定資産                                                                                
   ソフトウエア                           31,379                  51,441                   61,435
                                     3,659                   3,659                    3,659
   その他
   無形固定資産合計                         35,039                  55,100                   65,094
  投資その他の資産                                                                              
   投資有価証券                            1,667                     838                      921
   関係会社株式                          190,000                 180,000                       −
   関係会社長期貸付金                        10,000                      −                        −
   破産更生債権等                           3,506                   3,467                    4,020
   長期前払費用                              407                   1,120                    4,915
   繰延税金資産                            4,883                   7,299                    6,032
   敷金及び保証金                         159,764                 123,475                  140,158
   その他                                  −                    1,261                    3,785
                                   △2,205                  △3,240                   △3,849
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                      368,023                 314,222                  155,983
  固定資産合計                           449,769                 411,829                  274,574
 資産合計                            2,242,567               3,190,981                2,543,621





                                        99/146
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                           キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                            有価証券届出書(新規公開時)
                                                                           (単位:千円)
                          第12期                     第13期                    第14期
        
                      (平成20年2月29日)             (平成21年2月28日)            (平成22年2月28日)
負債の部                                                                                  
 流動負債                                                                                 
  短期借入金                         300,000                  106,667                  104,000
  1年内償還予定の社債                     60,000                   60,000                   60,000
  1年内返済予定の長期借入金                  42,900                  323,960                  473,353
  未払金                           563,076                  900,689                  533,088
  未払費用                           92,735                   91,397                   78,453
  未払法人税等                        155,541                       −                        −
  未払消費税等                         66,321                  143,301                       −
  前受金                                −                        −                     8,075
  預り金                            20,565                   63,218                   43,474
  賞与引当金                          35,428                   39,091                   26,514
                                     27                      218                    2,402
  その他
  流動負債合計                      1,336,596                1,728,544                1,329,361
 固定負債                                                                                 
  社債                            150,000                   90,000                   30,000
  長期借入金                         242,700                  838,680                  705,104
  退職給付引当金                         9,791                   11,175                    9,900
  役員退職慰労引当金                      26,734                       −                        −
                                     −                    27,301                   24,928
  その他
  固定負債合計                        429,226                  967,156                  769,932
 負債合計                         1,765,823                2,695,701                2,099,294
純資産の部                                                                                 
 株主資本                                                                                 
  資本金                           210,000                  210,000                  210,000
  資本剰余金                                                                               
                                 56,359                   56,359                   56,359
   資本準備金
   資本剰余金合計                       56,359                   56,359                   56,359
  利益剰余金                                                                               
   その他利益剰余金                                                                           
                                210,320                  229,068                  178,066
     繰越利益剰余金
   利益剰余金合計                      210,320                  229,068                  178,066
  株主資本合計                        476,679                  495,427                  444,425
 評価・換算差額等                                                                             
                                     64                    △147                      △98
  その他有価証券評価差額金
  評価・換算差額等合計                         64                    △147                      △98
 純資産合計                          476,743                  495,280                  444,327
負債純資産合計                       2,242,567                3,190,981                2,543,621





                                     100/146
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                       キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                                        有価証券届出書(新規公開時)
    2【損益計算書】
                                                                                       (単位:千円)
                              第12期                        第13期                        第14期
                        (自平成19年3月1日                (自平成20年3月1日                (自平成21年3月1日
                          至平成20年2月29日)               至平成21年2月28日)               至平成22年2月28日)
売上高                                 8,629,456                  11,306,505                   7,184,752
                                    6,863,782                   9,441,959                   6,029,612
売上原価
売上総利益                               1,765,674                   1,864,545                   1,155,139
販売費及び一般管理費                      ※21,454,163               ※21,729,327               ※21,103,854
営業利益                                  311,510                     135,217                      51,285
営業外収益                                                                                             
 受取利息                                   2,496                   ※13,878                         576
 有価証券利息                                    −                           −                        1,014
 受取配当金                                     31                          34                          22
 受取手数料                             ※168,000                          −                           −
 法人税等還付加算金                                 −                           −                        1,843
                                        1,335                         509                         940
 その他
 営業外収益合計                               71,864                       4,422                       4,397
営業外費用                                                                                             
 支払利息                                  13,139                      22,450                      31,497
 社債利息                                   2,531                       1,642                       1,048
                                        2,764                         874                       2,337
 その他
 営業外費用合計                               18,436                      24,967                      34,883
経常利益                                  364,938                     114,672                      20,800
特別利益                                                                                              
 貸倒引当金戻入額                                  −                           11                       1,733
                                           −                           −                          380
 投資有価証券売却益
 特別利益合計                                    −                           11                       2,113
特別損失                                                                                              
 投資有価証券評価損                              1,712                         471                          −
 固定資産除却損                            ※37,109                  ※323,978                  ※316,540
 貸倒損失                                      −                       25,000                          −
 関係会社株式評価損                                 −                       23,000                          −
                                           −                           −                       46,089
 抱合株式消滅差損
 特別損失合計                                 8,821                      72,449                      62,630
税引前当期純利益又は税引前当期純損失
                                       356,117                      42,234                   △39,717
(△)
法人税、住民税及び事業税                           152,035                      16,549                     2,841
                                       △4,511                        6,937                     8,443
法人税等調整額
法人税等合計                                 147,524                      23,486                    11,285
当期純利益又は当期純損失(△)                        208,593                      18,748                   △51,002





                                           101/146
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                               有価証券届出書(新規公開時)
    3【株主資本等変動計算書】
                                                                              (単位:千円)
                              第12期                    第13期                    第14期
                        (自平成19年3月1日            (自平成20年3月1日            (自平成21年3月1日
                          至平成20年2月29日)           至平成21年2月28日)           至平成22年2月28日)
株主資本                                                                                    
 資本金                                                                                    
                                   210,000                 210,000                  210,000
  前期末残高
  当期末残高                            210,000                 210,000                  210,000
 資本剰余金                                                                                  
  資本準備金                                                                                 
                                    56,359                  56,359                   56,359
   前期末残高
   当期末残高                            56,359                  56,359                   56,359
  資本剰余金合計                                                                               
                                    56,359                  56,359                   56,359
   前期末残高
   当期末残高                            56,359                  56,359                   56,359
 利益剰余金                                                                                  
  その他利益剰余金                                                                              
   繰越利益剰余金                                                                              
     前期末残高                           1,727                 210,320                  229,068
     当期変動額                                                                              
      当期純利益又は当期純損失
                                   208,593                  18,748                  △51,002
      (△)
      当期変動額合計                      208,593                  18,748                  △51,002
     当期末残高                         210,320                 229,068                   178,066
   利益剰余金合計                                                                               
     前期末残高                           1,727                 210,320                   229,068
     当期変動額                                                                               
      当期純利益又は当期純損失
                                   208,593                  18,748                  △51,002
      (△)
      当期変動額合計                      208,593                  18,748                  △51,002
     当期末残高                         210,320                 229,068                   178,066
 株主資本合計                                                                                  
  前期末残高                            268,086                 476,679                   495,427
  当期変動額                                                                                  
                                   208,593                  18,748                  △51,002
   当期純利益又は当期純損失(△)
   当期変動額合計                         208,593                  18,748                  △51,002
  当期末残高                            476,679                 495,427                   444,425





                                       102/146
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                               有価証券届出書(新規公開時)
                                                                              (単位:千円)
                              第12期                    第13期                    第14期
                        (自平成19年3月1日            (自平成20年3月1日            (自平成21年3月1日
                          至平成20年2月29日)           至平成21年2月28日)           至平成22年2月28日)
評価・換算差額等                                                                              
 その他有価証券評価差額金                                                                         
  前期末残高                              △376                       64                   △147
  当期変動額                                                                               
   株主資本以外の項目の当期変動額
                                       440                   △211                        48
   (純額)
   当期変動額合計                            440                    △211                       48
  当期末残高                                64                    △147                      △98
 評価・換算差額等合計                                                                            
  前期末残高                              △376                      64                     △147
  当期変動額                                                                                
   株主資本以外の項目の当期変動額
                                       440                   △211                        48
   (純額)
   当期変動額合計                             440                   △211                        48
  当期末残高                                 64                   △147                      △98
 純資産合計                                                                                  
  前期末残高                            267,710                 476,743                  495,280
  当期変動額                                                                                 
   当期純利益又は当期純損失(△)                 208,593                  18,748                 △51,002
   株主資本以外の項目の当期変動額
                                       440                   △211                        48
   (純額)
   当期変動額合計                         209,033                  18,536                 △50,953
  当期末残高                            476,743                 495,280                  444,327





                                       103/146
                                                                        EDINET提出書類
                                                                 キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                  有価証券届出書(新規公開時)
        【重要な会計方針】
                          第12期                第13期              第14期
         項目         (自平成19年3月1日         (自平成20年3月1日      (自平成21年3月1日
                      至平成20年2月29日)       至平成21年2月28日)     至平成22年2月28日)
    1.有価証券の評価基    (1)子会社株式             (1)子会社株式               ──────
      準及び評価方法       移動平均法による原価法          同左
                    を採用しております。
                 (2)その他有価証券           (2)その他有価証券         (1)その他有価証券
                    時価のあるもの            時価のあるもの          時価のあるもの
                      決算日の市場価格等に           同左                 同左
                      基づく時価法(評価差額
                      は全部純資産直入法によ
                      り処理し、売却原価は移
                      動平均法により算定)
    2.たな卸資産の評価    貯蔵品                  貯蔵品                (1)仕掛品
      基準及び評価方法    最終仕入原価法による原価         同左                  個別法による原価法(収
                  法                                         益性の低下に基づく簿価切
                                                            下げの方法)
                                                       (2)貯蔵品
                                                            最終仕入原価法による原
                                                            価法(収益性の低下に基づ
                                                            く簿価切下げの方法)
                                                       (会計方針の変更)
                                                          当事業年度より、「棚卸資産
                                                          の評価に関する会計基準」
                                                          (企業会計基準第9号平成
                                                          18年7月5日公表分)を適用
                                                          し、評価基準については、原価
                                                          法から原価法(収益性の低下
                                                          による簿価切下げの方法)に
                                                          変更しております。
                                                          これによる損益に与える影
                                                          響はありません。





                                          104/146
                                                                       EDINET提出書類
                                                                キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                 有価証券届出書(新規公開時)
                           第12期                第13期                第14期
        項目         (自平成19年3月1日        (自平成20年3月1日        (自平成21年3月1日
                    至平成20年2月29日)       至平成21年2月28日)       至平成22年2月28日)
    3.固定資産の減価償   (1)有形固定資産           (1)有形固定資産           (1)有形固定資産(リース資
      却の方法         定率法を採用しておりま        定率法を採用しておりま        産を除く)
                   す。ただし、平成10年4月1      す。ただし、平成10年4月1      定率法を採用しておりま
                   日以降に取得した建物(建        日以降に取得した建物(建        す。ただし、平成10年4月1
                   物付属設備は除く)につい        物付属設備は除く)につい        日以降に取得した建物(建
                   ては、定額法を採用してお        ては、定額法を採用してお        物付属設備は除く)につい
                   ります。                ります。                ては、定額法を採用してお
                   なお、主な耐用年数は次の       なお、主な耐用年数は次の       ります。
                   とおりであります。           とおりであります。           なお、主な耐用年数は次の
                     建物8年∼15年        建物8年∼15年      とおりであります。
                     工具、器具及び備品           工具、器具及び備品           建物8年∼15年
                     3年∼15年        3年∼15年        工具、器具及び備品
                                                            3年∼15年
                                                       また、平成19年3月31日以前
                                                       に取得したものについては、
                                                       償却可能限度額まで償却が終
                                                       了した事業年度の翌事業年度
                                                       から5年間で均等償却する方
                                                       法によっております。
                  (会計方針の変更)               ──────             ──────
                  当事業年度から、法人税法の                       
                  改正((所得税法等の一部を                        
                  改正する法律平成19年3月                       
                  30日法律第6号)及び(法                       
                  人税法施行令の一部を改正に                        
                  する政令平成19年3月30日                     
                  政令第83号))に伴い、平成                       
                  19年4月1日以降に取得した                       
                  ものについては、改正後の法                        
                  人税法に基づく方法に変更し                        
                  ております。                               
                 これによる損益に与える影響                        
                 は軽微であります。                             
                       ──────       (追加情報)                  ──────
                                    当事業年度から、法人税法の     
                                     改正((所得税法等の一部を
                                     改正する法律平成19年3月
                                     30日法律第6号)及び(法
                                     人税法施行令の一部を改正に
                                     する政令平成19年3月30日
                                     政令第83号))に伴い、平成
                                     19年3月31日以前に取得した
                                     ものについては、償却可能限
                                     度額まで償却が終了した事業
                                     年度の翌事業年度から5年間
                                     で均等償却する方法によって
                                     おります。
                                     これによる損益に与える影
                                     響は軽微であります。





                                     105/146
                                                                     EDINET提出書類
                                                              キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                               有価証券届出書(新規公開時)
                        第12期               第13期               第14期
        項目         (自平成19年3月1日       (自平成20年3月1日       (自平成21年3月1日
                    至平成20年2月29日)      至平成21年2月28日)      至平成22年2月28日)
    3.固定資産の減価償   (2)無形固定資産          (2)無形固定資産          (2)無形固定資産(リース資
      却の方法         定額法を採用しておりま        同左                産を除く)
                   す。ただし、ソフトウエア                           同左
                   (自社利用分)について
                   は、社内における利用可能
                   期間(5年)に基づいてお
                   ります。
                     ──────              ──────       (3)リース資産
                                                         リース期間を耐用年数と
                                                         し、残存価額を零とする定
                                                         額法を採用しております。
                                                         なお、所有権移転外ファイ
                                                         ナンス・リース取引のう
                                                         ち、リース取引開始日が平
                                                         成21年2月28日以前のリー
                                                         ス取引については、通常の
                                                         賃貸借取引に係る方法に準
                                                         じた会計処理によっており
                                                         ます。
    4.引当金の計上基準   (1)貸倒引当金           (1)貸倒引当金           (1)貸倒引当金
                   債権の貸倒れによる損失        同左                 同左
                   に備えるため、一般債権に
                   ついては貸倒実績率によ
                   り、貸倒懸念債権等特定の
                   債権については個別に回収
                   可能性を検討し、回収不能
                   見込額を計上しておりま
                   す。
                (2)賞与引当金           (2)賞与引当金           (2)賞与引当金
                   従業員に対して支給する        同左                 同左
                   賞与の支出に充てるため、
                   支給見込額のうち当事業年
                   度負担額を計上しておりま
                   す。
                (3)退職給付引当金         (3)退職給付引当金         (3)退職給付引当金
                   従業員の退職給付に備え        同左                 同左
                   るため、当事業年度末にお
                   ける退職給付債務の見込額
                  に基づき計上しておりま
                  す。





                                    106/146
                                                                      EDINET提出書類
                                                               キャリアリンク株式会社(E26839)
                                                                有価証券届出書(新規公開時)
                         第12期               第13期              第14期
        項目          (自平成19年3月1日       (自平成20年3月1日      (自平成21年3月1日
                     至平成20年2月29日)      至平成21年2月28日)     至平成22年2月28日)
                 (4)役員退職慰労引当金       (4)役員退職慰労引当金           ──────
                    役員の退職慰労金の支出          ──────
                    に備えるため、内規に基づ
                    く期末要支給額を計上して
                    おります。
                                   (追加情報)          
                                     従来、役員の退職慰労金の支
                                     給に備えるため、内規に基づ
                                     く期末要支給額を計上してお
                                     りましたが、平成20年4月開
                                     催の取締役会において、役員
                                     退職慰労金制度の廃止を決議
                                     しました。この制度の廃止に
                                     伴い、平成20年5月29日開催
                                     の定時株主総会において、役
                                     員退職慰労金制度廃止に伴う
                                     打ち切り支給を決議しまし
                                     た。これにより、決議時点での
                                     「役員退職慰労引当金」計上
                                     額、27,301千円を固定負債
                                     「その他」に振り替えており
                                     ます。
    5.リース取引の処理    リース物件の所有権が借主       同左                   &nb