株式会社ネクソン 有価証券報告書 第12期(平成25年1月1日-平成25年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

提出日:

提出者:株式会社ネクソン

カテゴリ:有価証券報告書

PDFで見るpdf

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                          有価証券報告書

      【根拠条文】                          金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                          関東財務局長
      【提出日】                          2014年3月26日
      【事業年度】                          第12期(自 2013年1月1日 至 2013年12月31日)
      【会社名】                          株式会社ネクソン
      【英訳名】                          NEXON   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                          代表取締役社長  オーウェン・マホニー
      【本店の所在の場所】                          東京都中央区新川二丁目3番1号
      【電話番号】                          03(3523)7911(代表)
      【事務連絡者氏名】                          最高財務責任者(CFO)兼経営管理本部長  植村 士朗
      【最寄りの連絡場所】                          東京都中央区新川二丁目3番1号
      【電話番号】                          03(3523)7910
      【事務連絡者氏名】                          最高財務責任者(CFO)兼経営管理本部長  植村 士朗
      【縦覧に供する場所】                          株式会社東京証券取引所
                                (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/198













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                             国際会計基準
              回次
                          第11期       第12期
             決算年月             2012年12月       2013年12月

                    (百万円)        108,393       155,338

     売上収益
                    (百万円)        43,324       48,648

     税引前当期利益
     親会社の所有者に帰属する当
                    (百万円)        28,283       30,132
     期利益
                    (百万円)        39,027       93,019
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する持
                    (百万円)        218,728       308,482
     分
                    (百万円)        320,188       418,851
     総資産額
     1株当たり親会社所有者帰属
                     (円)       502.20       702.14
     持分
                     (円)        65.37       68.83
     基本的1株当たり当期利益
                     (円)        63.68       67.70

     希薄化後1株当たり当期利益
                     (%)        68.3       73.6

     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期利
                     (%)        14.2       11.4
     益率
                     (倍)        13.3       14.1
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        42,451       60,208
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (百万円)       △ 112,155       △ 6,345
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        29,764      △ 13,033
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (百万円)        84,736       138,843
     高
                            4,187       4,661
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 289  )     ( 295  )
      (注)1.第12期より国際会計基準(以下、IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.第11期において普通株式がストック・オプションの行使により9,407,000株増加し、発行済株式総数は
           435,539,900株となっております。
         4.第12期において普通株式がストック・オプションの行使により3,804,000株増加し、発行済株式総数は
           439,343,900株となっております。
                                   2/198










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                        日本基準
              回次
                          第8期       第9期       第10期       第11期       第12期
             決算年月             2009年12月       2010年12月       2011年12月       2012年12月       2013年12月

                    (百万円)        51,572       69,781       87,613       108,448       155,910

     売上高
                    (百万円)        22,351       28,479       36,905       44,542       57,549

     経常利益
                    (百万円)        17,659       21,638       25,755       25,401       27,244

     当期純利益
                    (百万円)          -       -     20,271       34,430       88,224

     包括利益
                    (百万円)        45,895       66,904       177,886       214,925       303,338

     純資産額
                    (百万円)        94,530       123,717       235,765       313,928       405,286

     総資産額
                     (円)      12,937.33       17,714.50         408.28       483.45       675.52

     1株当たり純資産額
                     (円)      5,004.15       6,131.79         71.65       58.71       62.23

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                     (円)         -    6,128.50         68.32       57.18       61.21
     期純利益
                     (%)        48.3       50.5       73.8       67.1       73.2
     自己資本比率
                     (%)        48.7       40.0       21.8       13.2        2.7

     自己資本利益率
                     (倍)         -       -      15.5       14.8       15.6

     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        18,964       34,046       39,762       42,714       59,699
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        △ 6,238      △ 29,366      △ 29,486      △ 113,711       △ 7,729
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        △ 7,236       2,871       83,499       30,903      △ 11,635
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (百万円)        20,894       24,473       117,598        84,399       137,893
     高
                            1,830       2,870       3,420       4,187       4,661
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 189  )     ( 166  )     ( 301  )     ( 289  )     ( 295  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第8期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社株式
           は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         3.第8期から第9期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.2011年7月21日付で株式1株につき100株の分割を行っております。
         5.第10期において次の事由により普通株式が増加したことにより、発行済株式総数は426,132,900株となって
           おります。
           ・2011年7月21日付の普通株式1株につき100株の株式分割による349,360,011株の増加
           ・2011年7月29日付の有償第三者割当増資による2,500,000株の増加
           ・2011年12月14日付で新規上場に伴う公募増資による70,000,000株の増加
           ・ストック・オプションの行使に伴う744,000株の増加
         6.第11期において普通株式がストック・オプションの行使により9,407,000株増加し、発行済株式総数は
           435,539,900株となっております。
         7.第12期において普通株式がストック・オプションの行使により3,804,000株増加し、発行済株式総数は
           439,343,900株となっております。
         8.第12期よりIFRSを適用しているため、第12期の日本基準については、金融商品取引法第193条の2第1項の
           規定に基づく監査を受けておりません。
         9.当社グループは従来、百万円未満を切り捨てておりましたが、第11期より百万円未満を四捨五入して記載し
           ております。
                                   3/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次             第8期       第9期       第10期       第11期       第12期
            決算年月             2009年12月       2010年12月       2011年12月       2012年12月       2013年12月

                  (百万円)         12,097       11,893       13,033       11,657       11,236
     売上高
                  (百万円)          4,161       3,841       2,521        522      12,715
     経常利益
     当期純利益又は当期純損失
                  (百万円)          1,933       2,210       1,521      △ 2,153       7,539
     (△)
                  (百万円)          4,245       4,245       50,300       51,342       51,868
     資本金
                   (千株)         3,528       3,528      426,132       435,539       439,343
     発行済株式総数
                  (百万円)         12,184       14,200       106,459        97,174       127,896
     純資産額
                  (百万円)         28,769       36,228       128,005       151,707       180,643
     総資産額
                   (円)       3,387.23       3,919.50        248.76       221.31       286.81
     1株当たり純資産額
                              -       300        -        5       10
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( 5 )
     額)
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失              (円)        547.88       626.31        4.23      △ 4.98       17.22
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -      4.04        -      16.94
     当期純利益金額
                   (%)         41.5       38.2       82.8       63.5       69.8
     自己資本比率
                   (%)         18.2       17.1        2.5        -       6.8
     自己資本利益率
                   (倍)          -       -      261.7         -      56.4
     株価収益率
                   (%)          -      47.9        -       -      58.1
     配当性向
                             137       186       227       251       266
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( ▶ )      ( - )      ( 0 )      ( 2 )      ( 1 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第8期及び第9期は、新株予約権の残高はあります
           が、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。第11期は、新
           株予約権の残高はありますが、当期純損失が計上されているため記載しておりません。
         3.第8期から第9期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.2011年7月21日付で株式1株につき100株の分割を行っております。
         5.第10期において普通株式が次の事由により増加し、発行済株式総数は426,132,900株となっております。
           ・2011年7月21日付の普通株式1株につき100株の株式分割による349,360,011株の増加
           ・2011年7月29日付の有償第三者割当増資による2,500,000株の増加
           ・2011年12月14日付で新規上場に伴う公募増資による70,000,000株の増加
           ・ストック・オプションの行使に伴う744,000株の増加
         6.第11期において普通株式がストック・オプションの行使により9,407,000株増加し、発行済株式総数は
           435,539,900株となっております。
         7.  第12期において普通株式がストック・オプションの行使により3,804,000株増加し、発行済株式総数は
           439,343,900株となっております。
         8.第11期の自己資本利益率については、当期純損失が計上されているため記載しておりません。
         9.第11期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失が計上されているため記載しておりません。
         10.  当社は従来、百万円未満を切り捨てておりましたが、第11期より百万円未満を四捨五入して記載しておりま
           す。
                                   4/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
      キム ジョンジュが1994年12月に韓国ソウル市において、旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コー
     ポレーション)を創業し、オンラインゲーム事業をスタートしたことが当社グループの始まりです。
      日本への進出は、2000年9月に旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)がソリッド
     ネットワークス株式会社(旧株式会社ネクソンジャパン)の発行済株式の50%を取得したことから始まっております。
      その後、日本におけるオンラインゲームへの本格的参入を目的に、2002年12月に当社(当時新株式会社ネクソンジャパ
     ン)を設立しました。当社設立後は下記のとおりです。
      (注)ソリッドネットワークス株式会社は、2000年10月に旧株式会社ネクソンジャパンへ、2002年10月にソリッドネッ
         トワークス株式会社へそれぞれ商号を変更しております。
     <当社設立後>

        年月                            事項
      2002年12月       旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)が、東京都中央区に当社
             (新株式会社ネクソンジャパン)を設立。
             旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)が、ソリッドネットワー
             クス株式会社(旧株式会社ネクソンジャパン)株式を売却。
      2003年1月       旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)とソリッドネットワーク
             ス株式会社(旧株式会社ネクソンジャパン)が資本提携を解消したことにより、当社がソリッドネッ
             トワークス株式会社(旧株式会社ネクソンジャパン)からオンラインゲーム事業を譲り受けし、日本
             におけるオンラインゲーム事業を本格的にスタート。
      2003年11月       当社が、現在の東京都中央区新川二丁目3番1号に本社を移転。
      2004年1月       旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)が、中国上海市にルシア
             ン・ソフトウェア・デベロップメント・カンパニー・リミテッドを設立。
      2005年9月       当社が、米国にNXゲームズ・インク(現ネクソン・アメリカ・インク)を設立。
      2005年10月       旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)が、新ネクソン・コーポ
             レーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)を会社分割により設立。旧ネクソン・コーポ
             レーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)が、ネクソン・ホールディングス・コーポ
             レーションに商号変更。
             当社が、新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)をネクソン・
             ホールディングス・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)より買収し、子会
             社化。(注)
             新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ネクソン・ホール
             ディングス・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)よりネクソン・モバイ
             ル・コーポレーションを買収し、子会社化(2012年5月にネクソン・コリア・コーポレーションによ
             り吸収合併)。
      2005年12月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ウィゼット・コーポ
             レーション(現エヌエックスプロパティーズ・コーポレーション)からメイプルストーリーを譲受。
      2006年3月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ネクソン・SD・コー
             ポレーション(現ネクソン・ネットワークス・コーポレーション)を買収し、子会社化。
      2006年4月       当社が、ルシアン・ソフトウェア・デベロップメント・カンパニー・リミテッドをネクソン・ホール
             ディングス・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)より買収し、子会社化。
             NXゲームズ・インクが、ネクソン・アメリカ・インクに商号変更。
      2006年7月       当社が、カナダにネクソン・パブリッシング・ノースアメリカ・インクを設立(2009年3月清算)。
             新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ドゥービック・エン
             ターテインメント・カンパニー・リミテッドを買収し、子会社化(2007年12月清算)。
      2006年8月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、エムプレイゲーム
             ズ・コーポレーションからカートライダー及びBnBを譲受。
      2006年9月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ネクソン・DD・コー
             ポレーションを設立(2013年1月清算)。
      2007年3月       当社が、英国にネクソン・ヨーロッパ・リミテッドを設立(2012年4月清算)。
      2008年7月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ジオゼン・インクを
             買収し、子会社化(2009年4月に一部売却し、関連会社化)。
                                   5/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        年月                            事項
      2008年8月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ネオプル・インクを
             買収し、子会社化。
      2008年10月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、シルバーポーショ
             ン・カンパニー・リミテッドを買収し、子会社化(2010年6月清算)。
      2009年3月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、韓国にネクストリッ
             ク・コーポレーションを設立(2014年2月にネクソン・ジーティー・カンパニー・リミテッドにより
             吸収合併)。
             ネクソン・ホールディングス・コーポレーションが、エヌエックスシー・コーポレーションに商号変
             更。
      2009年4月       当社が、株式会社ネクソンジャパンから株式会社ネクソンに商号変更。
      2009年5月       ネクソン・DD・コーポレーションが、ノヴァ・スタジオ・コーポレーション(現レッドカード・スタ
             ジオ・カンパニー・リミテッド)に商号変更(2013年1月清算)。
      2009年7月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、コパーソンズ・コー
             ポレーション(現ユビファン・コーポレーション)を買収し、子会社化。
      2009年8月       ノヴァ・スタジオ・コーポレーションが、ネクソン・ノヴァ・コーポレーションに商号変更(2013年
             1月清算)。
             新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、シメトリック・ス
             ペース・コーポレーションを買収し、子会社化。(2011年12月ネクストリック・コーポレーションに
             より吸収合併)
      2009年10月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、韓国にイーエックス
             シー・ゲームズ・コーポレーション(現ネオン・スタジオ・コーポレーション)を設立。
      2010年1月       当社が、ファンテージ・ドットコム・インクを買収し、子会社化。
      2010年4月       ネクソン・SD・コーポレーションが、ネクソン・ネットワークス・コーポレーションに商号変更。
             新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、韓国にセンタム・イ
             ンタラクティブ・カンパニー・リミテッドを設立(2013年1月清算)。
      2010年5月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、エヌドアーズ・コー
             ポレーションを買収し、子会社化。
      2010年7月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ゲームハイ・カンパ
             ニー・リミテッド(現ネクソン・ジーティー・カンパニー・リミテッド)を買収し、子会社化。
      2010年10月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、エヌクリップス・
             コーポレーションを買収し、子会社化。(2011年12月ネクストリック・コーポレーションにより吸収
             合併)
             ファンテージ・ドットコム・インクが、米国にワワゲームズ・インクを設立(2012年4月清算)。
      2010年11月       当社が、ルクセンブルクにネクソン・ヨーロッパ・SARLを設立。
      2010年12月       当社が、クアッド・ディメンションズ・カンパニー・リミテッド(現ロシモ・カンパニー・リミテッ
             ド)をエヌエックスシー・コーポレーションより買収し、子会社化。
      2011年2月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、ネクソン・コリア・
             コーポレーションに商号変更。
      2011年8月       センタム・インタラクティブ・カンパニー・リミテッドがキュービアス・カンパニー・リミテッドに
             商号変更(2013年1月清算)。
      2011年10月       新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)が、韓国にネクソン・コ
             ミュニケーションズ・カンパニー・リミテッドを設立。
      2011年12月       東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
      2012年3月       ネクソン・ノヴァ・コーポレーションがレッドカード・スタジオ・カンパニー・リミテッドに商号変
             更(2013年1月清算)。
      2012年6月       キュービアス・カンパニー・リミテッドがウィゼット・コーポレーションに商号変更(2013年1月清
             算)。
      2012年6月       当社が、株式会社インブルーを買収し、子会社化。
      2012年7月       クアッド・ディメンションズ・カンパニー・リミテッドがロシモ・カンパニー・リミテッドに商号変
             更。
      2012年10月       当社が、株式会社gloopsを買収し、子会社化。
                                   6/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        年月                            事項
      2012年12月       イーエックスシー・ゲームズ・コーポレーションがネオン・スタジオ・コーポレーションに商号変
             更。
      2013年7月       ネクソン・コリア・コーポレーションが、韓国にネクソン・スペース・カンパニー・リミテッドを設
             立。
      2013年9月       当社がグループス・インターナショナル・インク(現ネクソン・エム・インク)を株式会社gloopsよ
             り買収し、子会社化。
      2013年9月       ネオプル・インクがシング・ソフト・インクを買収し、子会社化。
      2013年10月       ネクソン・コリア・コーポレーションがウィクレイ・インクを買収し、子会社化。
      2014年3月       ゲームハイ・カンパニー・リミテッドがネクソン・ジーティー・カンパニー・リミテッドに商号変
             更。
      (注)旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)は、2005年10月11日に、PCオンライ
         ンゲーム事業を会社分割により韓国の新ネクソン・コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーショ
         ン)に移管するとともに、同年10月28日に、同社の全株式を当社に譲渡いたしました。以降、同社は当社の親会
         社としてゲーム事業以外の投資事業を行い、PCオンラインゲーム事業については、当社が事業持株会社として、
         日本国内のゲーム事業を行うとともに、海外の関係会社を管理しています。
         なお、2002年12月の旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)による当社設立
         以降の旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)及び当社並びに新ネクソン・
         コーポレーション(現ネクソン・コリア・コーポレーション)の資本関係を図によって示すと、以下のとおりで
         あります。
                                   7/198














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     <図>
                                   8/198




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社、連結子会社21社及び持分法適用の関連会社7社(2013年12月31日現在)より構成されてお
       り、PCオンラインゲーム及びモバイルゲームの制作・開発、配信に関連した事業を行っております。取り扱う商品・
       サービスについて国内においては当社、株式会社インブルー、株式会社gloopsが、海外においては現地連結子会社
       が、それぞれ独立した経営単位として各地域における包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        したがって、当社グループは、PCオンラインゲーム及びモバイルゲームの制作・開発、配信を基礎とした各社の所
       在地別のセグメントから構成されております。報告セグメントは「日本」、「韓国」、「中国」、「北米」、「その
       他」の5つとしており、「その他」の区分には欧州及びアジア諸国が含まれております。
        各社の事業の内容等につきましては、後述「(4)当社グループについて」における「<当社及び連結子会社の事業
       内容並びにその位置付け>」をご参照下さい。
        日本:当社、株式会社インブルー、株式会社gloops、コムリエ株式会社
        韓国:ネクソン・コリア・コーポレーション、ロシモ・カンパニー・リミテッド、ネオプル・インク、ネクソン・
           ネットワークス・コーポレーション、ネオン・スタジオ・コーポレーション、ネクストリック・コーポレー
           ション、エヌドアーズ・コーポレーション、ゲームハイ・カンパニー・リミテッド、ネクソン・コミュニ
           ケーションズ・カンパニー・リミテッド、ネクソン・スペース・カンパニー・リミテッド、シング・ソフ
           ト・インク、ウィクレイ・インク
        中国:ルシアン・ソフトウェア・デべロップメント・カンパニー・リミテッド
        北米:ネクソン・アメリカ・インク、ファンテージ・ドットコム・インク、ネクソン・エム・インク
        その他:ネクソン・ヨーロッパ・SARL、グループス・ベトナム・インク
        当社グループでは事業部門では、①PCオンライン事業、②モバイル事業に区分しております。

       (1)事業部門について

        (a)PCオンライン事業
          PCオンライン事業部門では、主にPCオンラインゲームの制作・開発、配信を行っています。また、付随してPC
         オンラインゲーム配信に係るコンサルティング事業及びゲーム内広告事業並びにマーチャンダイジング事業など
         の業務も行なっています。
          PCオンラインゲームでは、インターネットで繋がった多数のゲームプレーヤーがゲームサーバーに接続して同
         時にプレイをします。
          当社グループは、1996年に旧ネクソン・コーポレーション(現エヌエックスシー・コーポレーション)がグラ
         フィックオンラインゲーム「風の王国」の配信を開始して以来、数々のゲームタイトルの制作・開発、配信を
         行ってまいりました。現在はMORPG(注1)、MMORPG(注2)、FPS(注3)、カジュアルゲーム(注4)等、多
         彩なジャンルのPCオンラインゲームを世界各国で提供しております。
          当社グループが配信する代表的なゲームタイトルには、『メイプルストーリー』(                                       Maple   Story   )、『アラド
         戦記』(    Dungeon&Fighter        )、『サドンアタック』(            Sudden    Attack   )、『カウンターストライクオンライン』
         ( Counter-Strike        Online   )、などがあります。新規ゲームタイトルのサービス化にあたっては、地域ごとの
         ユーザー特性やその嗜好、配信するゲームのジャンルを考慮した上で試験的な配信を行い、市場の変化に柔軟に
         対応した選定を行っております。
          また、当社グループが開発したPCオンラインゲームは、当社グループ会社を通じて市場が大きな地域では直接
         的に配信を行っており、PCオンラインゲームの制作・開発、配信をグループ内で連携することで、相乗効果の最
         大化に努めております。加えて、他社開発のPCオンラインゲームについても、当社グループがパブリッシングす
         ることにより、より多数のユーザーへ配信することで収益の最大化を図り、開発会社と良好な関係を構築してお
         ります。当社グループが直接配信を行っていない地域では、現地のパブリッシャーを通じて当社グループが制作
         したPCオンラインゲームを配信しており、世界中のユーザーへ配信できるよう鋭意努力しております。
          コンサルティング事業は、ルシアン・ソフトウェア・デベロップメント・カンパニー・リミテッドが中国国内
         の配信会社に対して、ビリングシステム(注5)及び会員システムの構築及び管理業務、事業戦略、ゲーム運
         営、マーケティングに係るコンサルティングサービスを提供しています。
                                   9/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         (注1)MORPG:                  複数プレーヤー参加型オンラインRPG。実際にゲーム世界でプレイするプレーヤー
                      の数においてMMORPGと異なる。
         (注2)MMORPG:     多人数同時接続型オンラインRPG
         (注3)FPS:                   ゲームの主人公の視点が3次元グラフィックスでそのまま表示される「一人称視
                      点」のシューティングゲームのこと。主人公が銃等の武器を持って敵と戦うゲー
                      ムで採用されることが多く、主人公の姿を見ながら操作する従来のアクション
                      ゲームと比較して、あたかも自分がその場にいるような臨場感や緊迫感が味わえ
                      ることが特徴
         (注4)カジュアルゲーム:簡単な操作と短い時間で気軽に楽しめるゲーム
         (注5)ビリングシステム:企業が提供するインターネットや電子メール等のサービスに係る電子的な利用明細
                      確認サービス
                                  10/198

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        <代表的なゲームタイトル一覧>
        タイトル                内      容                  ジャンル     主要配信地域        配信開始
                可愛らしいキャラクター、簡単な操作方法及び低ス
               ペックのパソコンによるゲームプレーの実現を特徴と
               した横スクロール2DアクションタイプのMMORPGです。
                「メイプルストーリー」の配信開始時は、「MMORPG
               =ハードコアゲーム」というイメージが定着していま
               したが、本タイトルの成功により、MMORPGに対する従                                 日 本      2003年12月
               来のイメージを変えることに成功しました。                                 韓 国      2003年5月
     メイプルストーリー           また、2003年に韓国で配信を開始して以来、ファッ                           MMORPG      中 国      2004年12月
               ション性の高いアイテムを積極的に導入することによ                                 北 米      2005年10月
               り、アイテム課金制度のビジネスモデル確立の一翼を                                 欧 州      2007年5月
               担い、オンラインゲーム業界においてアイテム課金制
               度を定着させる大きな推進力としての役割を果たしま
               した。
                本タイトルのIP(注1)はネクソン・コリア・コー
               ポレーションが保有しております。
                アルバイトや作曲、裁縫等、ゲーム内世界で「生
               活」することが可能なMMORPGで、冒険と戦闘を中心と
               したその他のMMORPGとは一味違った世界観とゲームシ
               ステムが特徴です。
                セルシェーディング(Cell              Shading)、カートゥー
                                                 日 本      2005年4月
               ンレンダリング(Cartoon            Rendering)技術を用いたア                     韓 国      2004年6月
        マビノギ                                   MMORPG
                                                 中 国      2005年11月
               ニメーションのような滑らかなビジュアルも特徴のひ
                                                 北 米      2008年3月
               とつであり、これらの技術は、古代ケルト神話や民話
               を基調とした「マビノギ」の牧歌的世界観をさらに引
               き立てています。
                本タイトルのIPはネクソン・コリア・コーポレー
               ションが保有しております。
                横スクロールタイプのアクションRPGで、簡単な操作
               で発動する多彩なスキルや武器の使用及び多様な効果
               音による、豪快でスピード感あるゲームプレーが特徴
               です。
      ダンジョン・アン                                           日 本      2009年3月
                ステージクリア方式を採用することでダンジョン
      ド・ファイター                                           韓 国      2005年11月
               (注2)をクリアする度にプレイが完結する手軽さを                           MORPG
     (日本名:                                           中 国      2008年6月
               実現し、アーケードゲーム感覚の戦闘方法による臨場
      アラド戦記)                                          北 米      2009年10月
               感との相乗効果もあり、各配信地域において人気を博
               しております。
                本タイトルのIPはネオプル・インクが保有しており
               ます。
                                  11/198







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        タイトル                内      容                  ジャンル     主要配信地域        配信開始
                当社グループ外のヴァルヴ・コーポレーションが開
               発したPC用ゲーム「カウンターストライク」を同社と
               ネクソン・コリア・コーポレーションの共同開発によ
               りオンラインゲーム化したものです。
                「カウンターストライク」は、1999年にヴァルヴ・
               コーポレーションによって開発及び発売されたPC用
               ゲーム「ハーフライフ(Half-Life)」の変形バージョ
               ンとしてリリースされ、テロリストとカウンターテロ
       カウンター                                          日 本      2009年8月
               リストとの戦いを痛快な打撃感とスピーディなゲーム
       ストライク                                    FPS      韓 国      2008年4月
               展開により体験できることが特徴です。
       オンライン                                          中 国      2008年12月
                カウンターストライクオンラインでは、実在する特
               殊部隊も登場し、最大32名で臨場感ある戦闘を楽しむ
               ことができます。
                オンラインゲーム化により、他のプレーヤーとの協
               力・連携がゲームの重要な要素となり、PC用ゲームと
               は異なるゲーム性の提供を実現しています。
                なお、本タイトルのIPはヴァルヴ・コーポレーショ
               ンが保有しております。
      (注)1.IP:特許権、商標権、著作権等を総称する知的財産権
         2.ダンジョン:ゲームにて冒険の舞台として多様な謎が埋もれている領域、迷宮、経験値等が取得できる場所
           を指します。
        (b)モバイル事業

          モバイル事業部門では、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット等の端末でプレイするモバイル
         ゲームの開発、配信を行っています。当社グループではモバイルゲームを、株式会社インブルー、株式会社
         gloops及びネクソン・コリア・コーポレーションで開発、配信しております。
       (2)PCオンラインゲームのビジネスモデルについて

         PCオンラインゲームにおいて当社が採用しているビジネスモデルは、以下の3種類に区分することができます。
        (a)自社配信モデル
          自社配信モデルは、当社グループで開発したゲームを当社グループ会社が直接にゲームサービス(ネットワー
         ク環境の構築、マーケティング、ユーザーサポート等を含む)を行うモデルです。
          配信開始後は、課金方法に応じてユーザーから利用料を回収しますが、多くの場合は決済代行会社に手数料を
         支払い、ユーザーの利用料金回収業務を委託しています。
        (b)ライセンス供与モデル

          ライセンス供与モデルにおいて当社グループは、製品化したゲームの著作権者として、グループ外の配信会社
         とライセンス契約を締結し、その配信権を供与します。
          配信権を得た配信会社は、サービスを行うにあたって必要なネットワーク環境の構築、マーケティング、ユー
         ザーサポートを主体となって行います。また、ゲーム著作権を持つ当社グループ各社は、配信会社の収益拡大の
         ために、これらの活動を支援いたします。 当社グループでは、直接ゲームを開発しているネクソン・コリア・
         コーポレーションやネオプル・インク等において行われているモデルです。
          なお、ライセンスの供与契約は原則として1つのゲームタイトルにつき、1か国1社を原則とし、配信会社の
         現地独占配信権を許諾しております。これに対し、ゲーム著作権を持つ当社グループ各社は継続的なゲーム内容
         のアップデートや、テクニカルサポートを提供し、配信会社との契約締結時には契約金を、配信開始後は配信会
         社がユーザーから回収するサービス利用料に応じて、その一定率をロイヤリティとして受け取ります。
          なお、ロイヤリティ等の支払い条件については、配信会社が所在する現地の実情を踏まえながら個別の契約に
         基づいて定めております。
        (c)ライセンス配信モデル

          ライセンス配信モデルでは、当社グループはグループ外のPCオンラインゲーム開発会社とライセンス契約を締
         結し、特定の地域の独占配信権を取得し、当社グループでサービスを提供するネットワーク環境を構築し、マー
         ケティング及びユーザーサポートを行い、サービスを提供いたします。
          当社はユーザーからサービス利用料を回収いたしますが、そこから一定のロイヤリティをPCオンラインゲーム
         開発会社に支払います。
                                  12/198

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
          当社グループにおいては、ヴァルヴ・コーポレーションとの取引がライセンス配信モデルに該当します(『カ
         ウンターストライクオンライン』(                Counter-Strike        Online   ))。
       (3)PCオンラインゲームの収益モデルについて

         現在のPCオンラインゲームにおける課金方法は以下の3種類があります。なお、当社グループでは(a)の方法
        (ゲーム内の有料アイテム購入時に課金するアイテム課金制)で課金を行なっております。
        (a)ゲーム内の有料アイテム購入時に課金するアイテム課金制
          基本的なゲームの利用料は無料ですが、これに必要なアイテム(衣装や武器等)の購入や特定のサービスを利
         用する際に課金する方式をいいます。
          PCオンラインゲームを始めようとする際の意識的ハードルは低くなり、新規ユーザーが気軽にゲームを始めら
         れる反面、売上高がアイテム等の魅力に影響されることがあります。近年では市場の認知度が向上したことに伴
         い、新規ユーザーの確保を目的にこの方式を採用するPCオンラインゲームが増加しております。
          当社グループでは、より多くのユーザーに当社グループが提供するサービスを楽しんでいただくことを目的
         に、アイテム課金制度をいち早くPCオンラインゲームに取り入れております。
        (b)利用期間に応じた従量課金制(定額課金制)

          従量課金制(定額課金制)とは、ゲームを行うための利用料金を、月数や日数、時間数単位で定額の固定利用
         料金をユーザーに対し課金する方法を指します。
          この方法の場合、ユーザー数を確保することで一定の売上高が発生するものの、新規ユーザーがゲームを始め
         る際に毎月一定額の支出を負担に感じる可能性もあります。
        (c)広告収入モデル

          ゲームの利用料は無料ですが、ゲームの前後やゲーム中に画面に表示される広告により収入を得るモデルで
         す。
          このモデルの広告は、一般に企業広告によるものが多いため、上記の(a)又は(b)と組み合わせる方式が多
         く、ゲームそのものの人気(集客度)に影響を受けます。
       (4)当社グループについて

         当社は、事業持株会社であり、日本国内でPCオンラインゲームの配信を中心としたゲーム関連事業を行うととも
        に、海外の関係会社の管理を行っています。
         当社グループは海外の主要市場にPCオンラインゲーム配信事業を行う子会社(韓国では、ネクソン・コリア・
        コーポレーション、米国ではネクソン・アメリカ・インク、欧州ではネクソン・ヨーロッパ・SARL)を置き、当社
        が直接株式を100%保有し、連結子会社としています。
         PCオンラインゲームの制作・開発については、韓国のネクソン・コリア・コーポレーションとその傘下にある開
        発会社が担当するとともに、開発したゲームの著作権を中心とするIPを保有し、グループ内外のオンラインゲーム
        配信会社に、ゲームごとに各地域における独占配信契約を締結(ライセンスを供与)し、ロイヤリティの支払いを
        受けています。
         中国では同国の法規制により、海外資本の会社が直接PCオンラインゲームの配信事業を行うことができないた
        め、連結子会社であるルシアン・ソフトウェア・デベロップメント・カンパニー・リミテッド(中国法人)が、中
        国の配信会社に必要なインフラの提供及びゲーム配信に必要なコンサルティング(事業戦略、ゲーム運営、マーケ
        ティング)を行っています。一方、PCオンラインゲーム運営に必要なインフラ及びノウハウを持っている配信会社
        に対するライセンス供与は、PCオンラインゲームのIPを保有しているネクソン・コリア・コーポレーションをはじ
        めとする韓国の子会社が直接行っています。ネオプル・インクはテンセント・テクノロジー・カンパニー・リミ
        テッドを通じてダンジョン・アンド・ファイター(日本名:アラド戦記)を配信しております。
         当社グループは、当社グループ内の開発チームにより世界市場で通用するPCオンラインゲームのタイトルを開発
        するとともに、他社と共同開発をしたり、開発会社に出資又は買収することでPCオンラインゲームのIPを獲得する
        などしています。当社グループの代表的なゲームタイトルである『アラド戦記』(                                      Dungeon&Fighter        )は、2008年
        8月に買収したネオプル・インクがIPを保有し、配信会社と独占配信契約を締結し、ロイヤリティの支払いを受け
        ています。
         なお、モバイルゲームの開発・配信については、主に株式会社インブルー及び株式会社gloops、他ネクソン・コ
        リア・コーポレーションなどで開発、配信しております。
         当社及び連結子会社の事業内容並びにその位置付けは、次のとおりであります。
        <当社及び連結子会社の事業内容並びにその位置付け>

                                  13/198


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                                     主たる業務
                                            グループ内
      名称                  事業の内容
                                                      制作・    左記
                                             資本関係
                                                   配信
                                                      開発    以外
                ゲーム関連事業の中核をなし、オンラインゲーム、モバイ
               ルゲーム等のゲーム関連事業において、海外進出での中心的
     株式会社ネクソン          役割と、日本国内でのPCオンラインゲーム及びモバイルゲー
     (当社)          ム関連事業及び子会社の管理を行っております。                             当社       ○
     (日本)           また、国内の同業他社及びその他の会社との業務提携や、
               国内の他社開発ゲームを、当社グループを通じて各国市場に
               展開する際の提携推進の役割を担当しております。
                韓国において、PCオンラインゲーム及びモバイルゲーム関
               連事業を展開・管理するほかに、PCオンラインゲーム及びモ
               バイルゲームタイトルの独自開発を行っております。
                また、韓国内の他社開発ゲームを、当社グループを通じて
               各国市場に展開する際の提携業務や、韓国内のゲーム開発会
     ネクソン・コリア・
               社に対する投資や管理も担当しております。
     コーポレーション                                       当社子会社       ○    ○
                なお、ネクソン・コリア・コーポレーションがIPを保有す
     (韓国)
               るPCオンラインゲームについてPCオンラインゲーム配信会社
               が配信を行う際は、各地域における独占配信契約を締結(ラ
               イセンスの供与)し、ロイヤリティの支払いを受けておりま
               す。
                代表的な開発タイトルは「メイプルストーリー」です。
     ルシアン・ソフト
     ウェア・デベロップ           中国において、配信会社に対する必要なインフラの提供及
     メント・カンパ          びゲーム配信に必要なコンサルティング(事業戦略、ゲーム                             当社子会社              ○
     ニー・リミテッド          運営、マーケティング)を行っております。
     (中国)
     ネクソン・アメリ
                北米において、オンラインゲームの配信事業を行っており
     カ・インク                                       当社子会社       ○
               ます。
     (北米・米国)
     ネクソン・ヨーロッ
     パ・SARL           欧州における主力処点として、オンラインゲームの配信事
                                            当社子会社       ○
     (その他・ルクセン          業を行っております。
     ブルク)
     ロシモ・カンパ
                韓国において、オンラインカードゲームソフトウエアの開
     ニー・リミテッド                                       当社子会社           ○
               発事業を行っております。
     (韓国)
     ファンテージ・ドッ           北米において、オンラインゲーム及びオンラインコミュニ
     トコム・インク          ティサービスに関連する事業を行っております。                             当社子会社       ○    ○
     (北米・米国)           代表的な開発タイトルは「ファンテージ」です。
     株式会社インブルー           日本において、モバイルゲームの制作・開発・配信を行
                                            当社子会社       ○    ○
     (日本)          なっております。
     株式会社gloops           日本において、モバイルゲームの制作・開発・配信を行
                                            当社子会社       ○    ○
     (日本)          なっております。
                                  14/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                                     主たる業務
                                            グループ内
      名称                 事業の内容
                                                      制作・    左記
                                             資本関係
                                                   配信
                                                      開発    以外
                                            ネクソン・
                韓国において、オンラインゲームの開発事業を行ってお
                                            コリア・
     ネオプル・インク          り、当社を代表するゲームタイトルである『アラド戦記』
                                            コーポレー       ○    ○
     (韓国)          ( Dungeon&Fighter        )を開発し、そのIPを保有しておりま
                                            ション子会
               す。
                                            社
                                            ネクソン・
     ネクソン・ネット                                       コリア・
                韓国において、オンラインゲームを提供する際の顧客支援
     ワークス・コーポ                                       コーポレー              ○
               及びネットカフェ運営事業を行っております。
     レーション(韓国)                                       ション子会
                                            社
                                            ネクソン・
     ネオン・スタジオ・           韓国において、ネクソン・コリア・コーポレーションと                             コリア・
     コーポレーション          ゲーム開発委託契約を締結し、オンラインゲーム開発を行っ                             コーポレー           ○
     (韓国)          ております。                             ション子会
                                            社
                                            ネクソン・
                韓国でオンラインゲームの開発事業を行っております。代
     ネクストリック・                                       コリア・
               表的なタイトルは「テイルズウィーバー」、「アスガル
     コーポレーション                                       コーポレー           ○
               ド」、「風の王国」等のクラシカルRPGのほか、「テン
     (韓国)                                       ション子会
               ビ」、「エバープラネット」です。
                                            社
                                            ネクソン・
     エヌドアーズ・コー                                       コリア・
                韓国において、オンラインゲームの開発・配信事業を行っ
     ポレーション                                       コーポレー       ○    ○
               ております。
     (韓国)                                       ション子会
                                            社
                                            ネクソン・
     ゲームハイ・カンパ                                       コリア・
                韓国において、オンラインゲームの開発・配信事業を行っ
     ニー・リミテッド                                       コーポレー       ○    ○
               ております。
     (韓国)                                       ション子会
                                            社
                                            ネクソン・
     ネクソン・コミュニ
                                            コリア・
     ケーションズ・カン           韓国において、障がい者雇用を目的としたオンラインゲー
                                            コーポレー              ○
     パニー・リミテッド          ム開発事業を行っております。
                                            ション子会
     (韓国)
                                            社
                                            ネクソン・
     ネクソン・スペー                                       コリア・
                韓国において、当社が保有するオフィスを含める不動産資
     ス・カンパニー・リ                                       コーポレー              ○
               産の管理を行っております。
     ミテッド(韓国)                                       ション子会
                                            社
                韓国において、オンラインゲームの開発事業を行ってお                             ネオプル・
     シング・ソフト・イ
               り、当社は『ペリア・クロニクルズ』の開発を行っておりま                             インク子会           ○
     ンク(韓国)
               す。                             社
                                            ネクソン・
                                            コリア・
     ウィクレイ・インク           韓国において、ゲーム内通信機能の開発を行っておりま
                                            コーポレー              ○
     (韓国)          す。
                                            ション子会
                                            社
                                  15/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     [事業系統図]
         以上述べた事項を報告セグメントに基づく事業系統図によって示すと、<図1>のとおりであります。
        <図1>
         また、当社グループにおけるロイヤリティ収入の流れは<図2>のとおりであり、当社及び主な子会社について







        記載しております。なお、太線は主要な流れを示しております。
        <図2>
                                  16/198












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                                   2013年12月31日現在
                                         議決権の所
                                         有割合又は
         名称           住所        資本金     主要な事業の内容                   関係内容
                                         被所有割合
                                           (%)
     (親会社)

                                         被所有
     エヌエックスシー・
                韓国           2,024百万                 61.7
     コーポレーション                            投資事業               役員の兼任あり。
                済州特別自治道           韓国ウォン                 (16.5)
     (注)1.2
                                            [0.6]
     (連結子会社)
                                                当社にオンラインゲーム
     ネクソン・コリア・                            オンラインゲー
                           32,000百万                     のライセンスを提供して
     コーポレーション           韓国京畿道城南市                 ム開発及び配信           100.0
                           韓国ウォン                     いる。
     (注)3.4                            事業
                                                役員の兼任あり。
     ルシアン・ソフト
     ウェア・デベロップ                       4,100千     コンサルティン
                中国上海市                           100.0    役員の兼任あり。
     メント・カンパ                        米ドル    グ事業
     ニー・リミテッド
     ネクソン・アメリ           米国              210   オンラインゲー
                                            100.0    役員の兼任あり。
     カ・インク           カリフォルニア州             米ドル    ム配信事業
                ルクセンブルク
     ネクソン・ヨーロッ                       1,500千     オンラインゲー
                ルクセンブルク広域                           100.0    役員の兼任あり。
     パ・SARL                        ユーロ    ム配信事業
                行政区
     ロシモ・カンパ                       400百万     オンラインゲー
                韓国ソウル市                           100.0    該当事項なし。
     ニー・リミテッド                     韓国ウォン      ム開発事業
     ファンテージ・ドッ           米国            3,407千     オンラインゲー
                                            58.6    資金援助あり。(注)6
     トコム・インク           ニュージャージー州             米ドル    ム開発事業
                                                当社にオンラインゲーム
     ネオプル・インク                       181百万     オンラインゲー           100.0    のライセンスを提供して
                韓国ソウル市
     (注)1.3                     韓国ウォン      ム開発事業          (100.0)     いる。
                                                役員の兼任あり。
     ネクソン・ネット                            顧客支援及び

                韓国            500百万               100.0
     ワークス・コーポ                            ネットカフェ運               該当事項なし。
                済州特別自治道           韓国ウォン                (100.0)
     レーション(注)1                            営事業
     ネオン・スタジオ・

                           1,085百万      オンラインゲー           100.0
     コーポレーション           韓国京畿道城南市                                該当事項なし。
                           韓国ウォン      ム開発事業          (100.0)
     (注)1
     ネクソン・コミュニ                            障がい者雇用を
     ケーションズ・カン                      2,500百万      目的としたオン           100.0
                韓国釜山広域市                                該当事項なし。
     パニー・リミテッド                     韓国ウォン      ラインゲーム開          (100.0)
     (注)1                            発事業
     ネクストリック・
                            124百万     オンラインゲー           91.9
     コーポレーション           韓国京畿道城南市                                該当事項なし。
                           韓国ウォン      ム開発事業           (91.9)
     (注)1
     エヌドアーズ・コー                            オンラインゲー               当社にオンラインゲーム
                           9,400百万                 97.7
     ポレーション           韓国ソウル市                 ム開発及び配信               のライセンスを提供して
                           韓国ウォン                 (97.7)
     (注)1                            事業               いる。
     ゲームハイ・カンパ                            オンラインゲー               当社にオンラインゲーム
                           17,050百万                 62.1
     ニー・リミテッド           韓国京畿道城南市                 ム開発及び配信               のライセンスを提供して
                           韓国ウォン                 (62.1)
     (注)1.5                            事業               いる。
                                  17/198


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                         議決権の所
                                         有割合又は
         名称           住所        資本金     主要な事業の内容                   関係内容
                                         被所有割合
                                           (%)
                                 モバイルソー
     株式会社インブルー
                東京都港区            10百万円     シャルアプリの          100.0    役員の兼任あり。
     (注)3
                                 開発運営
                                 ソーシャルアプ
     株式会社gloops                                           役員の兼任あり。
                東京都港区            26百万円     リケーション事          100.0
     (注)7                                           資金援助あり。(注)6
                                 業
     ネクソン・スペー
                           1,600百万      ビルの施設管理          100.0
     ス・カンパニー・リ           韓国京畿道城南市                                該当事項なし。
                           韓国ウォン      及び資産管理業          (100.0)
     ミテッド(注)1
     シング・ソフト・イ                       146百万     ゲームソフト          100.0
                韓国ソウル市                                該当事項なし。
     ンク(注)1                      韓国ウォン      ウェア開発事業          (100.0)
                                 ネットワークシ
     ウィクレイ・インク                       225百万     ステムとセキュ          100.0
                韓国大田広域市                                該当事項なし。
     (注)1                      韓国ウォン      リティサービス          (100.0)
                                 業
     その他3社

     (持分法適用関連会

     社)
     ファイブ・アンツ・           スペイン              76千   ソフトウエア開               役員の兼任あり。

                                            31.8
     ゲームズ・SL           バルセロナ市             ユーロ    発事業               資金援助あり。(注)6
                                 インターネット

     ジオゼン・インク                       600百万                31.7
                韓国市ソウル市                 ソリューション               該当事項なし。
     (注)1                      韓国ウォン                 (31.7)
                                 サービス事業
     インティブソフト・

                            276百万     オンラインゲー           40.3
     カンパニー・リミ           韓国釜山広域市                                該当事項なし。
                           韓国ウォン      ム開発事業          (40.3)
     テッド(注)1
     ヒューマンワーク                            オンラインゲー

                            159百万                35.0
     ス・カンパニー・リ           韓国ソウル市                 ム開発・配信事               該当事項なし。
                           韓国ウォン                 (35.0)
     ミテッド(注)1                            業
     シックス・ウェイブ           中国            74,721千     ソーシャルゲー

                                            25.0    役員の兼任あり。
     ス・インク           香港特別行政区             米ドル    ムの開発事業
                                 スマートデバイ
     エヌファン・コーポ                       167百万                40.0
                韓国京畿道城南市                 スコンテンツ開               該当事項なし。
     レーション(注)1                      韓国ウォン                 (40.0)
                                 発業
     ユビファン・コーポ                       100百万     ウェブゲーム関           35.0
                韓国ソウル市                                該当事項なし。
     レーション(注)1                      韓国ウォン      連事業          (35.0)
      (注)1.議決権の所有割合及び被所有割合の( )内は、間接所有割合及び間接被所有割合で内数であります。
         2.議決権の所有割合の[              ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。
         3.特定子会社に該当しております。
                                  18/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         4.ネクソン・コリア・コーポレーションについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結財
           務諸表における売上収益に占める割合が10%を超えております。なお、当該会社の当事業年度の主要な損益
           情報等は、以下のとおりであります。
           主要な損益情報等   (1)売上高      106,761百万円
                      (2)税引前当期利益              71,211百万円
                      (3)当期利益                 60,691百万円
                      (4)資本合計     210,220百万円
                      (5)資産合計     246,632百万円
         5.ゲームハイ・カンパニー・リミテッドは韓国コスダック市場に株式を上場しております。
         6.資金援助は、すべて当社からの貸付金となります。
         7.株式会社gloopsについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結財務諸表における売上収
           益に占める割合が10%を超えております。なお、当該会社の当事業年度の主要な損益情報等は、以下のとお
           りであります。
           主要な損益情報等   (1)売上高      22,698百万円
                      (2)税引前当期利益              3,232百万円
                      (3)当期利益                 1,942百万円
                      (4)資本合計                 2,008百万円
                      (5)資産合計     15,516百万円
                                  19/198















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2013年12月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

       日本                                           828    (116)

       韓国                                          3,149     (151)
       中国                                           345     (5)
       北米                                           232     (22)

       その他                                           107     (1)

                 合 計                               4,661     (295)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、最近1年間
           の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.従業員数が最近1年間において、474名増加いたしましたのは、主としてシング・ソフト・インクの買収に
           係る77名及び業容拡大に伴う当社グループ各社の期中採用によるものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2013年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

            266  (1)
                            32.4              3.3             4,998
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、最近1年間
           の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループでは労働組合は結成されておりませんが、労使関係は良好であります。
                                  20/198











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当社グループは、当連結会計年度より従来の日本基準に替えてIFRSを適用しており、前年度の数値もIFRSベース
        に組み替えて比較分析を行っております。
         当連結会計年度における世界経済は、総じて緩やかな回復傾向が続きました。米国では、企業業況・雇用とも堅
        調で個人消費も底堅く推移するなど、景気の改善が続きました。欧州も景気の回復が進みましたが、厳しい雇用情
        勢が続き、マイナス成長に陥る国もあるなど、回復のペースは緩やかなものとなりました。アジア経済は、国に
        よって程度の差こそあるものの、中国経済の持ち直しを受け、輸出環境が改善したことにより、全体として景気は
        堅調に推移しました。我が国の経済も、企業が円安の進行や公共投資増加の恩恵を受け改善したことに加え、個人
        消費も緩やかに増加するなど経済の回復が進みました。
         当社グループは、PCオンライン事業及びモバイル事業を展開し、ユーザーの皆様に楽しんでいただけるハイクオ
        リティのゲームの開発、コンテンツの獲得、新規タイトルの配信に努めるとともに、既存タイトルのアップデート
        を推し進めてまいりました。
         上記の結果、当連結会計年度の売上収益は155,338百万円(前期比43.3%増)、営業利益は50,705百万円(同
         7.3%増)、税引前当期利益は48,648百万円(同12.3%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益は30,132百万
        円(同6.5%増)となりました。
         報告セグメントの業績は、次のとおりであり、外部顧客に対する売上収益を示しております。

        ① 日本
          日本では、PCオンラインゲームの既存タイトルは一部を除いて減収となりました。一方、モバイルゲームで
         は、2012年12月期の第4四半期より完全子会社化した株式会社gloopsのサービスが奏功し、売上収益は36,399百
         万円(前期比89.7%増)、セグメント利益は3,689百万円(同49.8%増)となりました。
        ② 韓国
          韓国では、『アラド戦記』             (Dungeon&Fighter)          の好調な推移と共に、同タイトルの中国パブリッシャーから
         のロイヤリティ収入が大きく増加したことや、『サドンアタック』                               (Sudden    Attack)    の良好なパフォーマンス、
         更には、新規タイトル『FIFAオンライン3』                    (FIFA   Online    3) が大きく売上に寄与するとともに、円安による恩恵
         もあったことから売上収益は106,423百万円(前期比35.7%増)、セグメント利益は56,288百万円(同21.7%
         増)となりました。
        ③ 中国
          中国では、中国国内におけるPCオンラインゲーム市場の好調に伴い、コンサルティング収入が増加したことに
         加え、円安の恩恵もあり、売上収益は4,781百万円(前期比28.2%増)、セグメント利益は3,028百万円(同
         21.8%増)となりました。
        ④ 北米
          北米地域におきましては、既存ゲームタイトルは一部を除き減収となりました。売上収益は5,521百万円(前
         期比9.0%増)、セグメント損失は1,406百万円(前期は882百万円の損失)となりました。
        ⑤ その他
          その他地域におきましては、売上収益は2,214百万円(前期比11.3%増)、セグメント利益は74百万円(同
         83.4%減)となりました。
       (2)キャッシュ・フロー

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は、前連結会計年度末に比べ
         54,107百万円増加し、138,843百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果得られた資金は60,208百万円です。これは主に、税引前当期利益48,648百万円、減価償却費
          14,056百万円、減損損失11,573百万円等によるものです。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果使用した資金は6,345百万円です。これは主に、有形固定資産の取得による支出9,350百万円
          等によるものです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果使用した資金は13,033百万円です。これは主に、長期借入金の返済による支出11,140百万円
          等によるものです。
                                  21/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (3)従前の会計基準(日本基準)に基づき作成した要約連結財務諸表
         連結財務諸表規則(第7章及び第8章を除く。以下「日本基準」という。)により作成した要約連結財務諸表
        は、以下のとおりであります。
         なお、当連結会計年度の要約連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査
        を受けておりません。
         また、日本基準により作成した要約連結財務諸表については、百万円未満を四捨五入して記載しております。
        ① 要約連結貸借対照表

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2012年12月31日)                  (2013年12月31日)
     資産の部
      流動資産                                155,310                  215,113
      固定資産
       有形固定資産                                9,730                 20,677
       無形固定資産                                73,437                  63,798
       投資その他の資産                                75,451                 105,698
       固定資産合計                               158,618                  190,173
      資産合計                                313,928                  405,286
     負債の部
      流動負債                                 44,242                  49,298
                                       54,761                  52,650
      固定負債
      負債合計                                 99,003                 101,948
     純資産の部
      株主資本                                218,703                  244,999
      その他の包括利益累計額                                △8,141                  51,785
      新株予約権                                   787                 1,889
                                        3,576                  4,665
      少数株主持分
      純資産合計                                214,925                  303,338
      負債純資産合計                                313,928                  405,286
        ② 要約連結損益計算書及び要約連結包括利益計算書

          要約連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (自 2012年1月1日                  (自 2013年1月1日
                              至 2012年12月31日)                  至 2013年12月31日)
     売上高                                  108,448                  155,910
                                       18,551                  33,972
     売上原価
     売上総利益                                  89,897                 121,938
     販売費及び一般管理費                                  42,022                  64,564
     営業利益                                  47,875                  57,374
     営業外収益
                                        3,851                  4,671
                                        7,184                  4,496
     営業外費用
     経常利益                                  44,542                  57,549
     特別利益
                                         285                  669
                                        4,210                 12,278
     特別損失
     税金等調整前当期純利益                                  40,617                  45,940
     法人税等                                  15,286                  18,468
     少数株主損益調整前当期純利益                                  25,331                  27,472
     少数株主利益又は少数株主損失(△)                                   △70                  228
     当期純利益                                  25,401                  27,244
                                  22/198


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
          要約連結包括利益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2012年1月1日                  (自 2013年1月1日
                              至 2012年12月31日)                  至 2013年12月31日)
     少数株主損益調整前当期純利益                                  25,331                  27,472
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △10,022                   24,803
      為替換算調整勘定                                 18,154                  34,701
      持分法適用会社に対する持分相当額                                   967                 1,248
      その他の包括利益合計                                  9,099                 60,752
     包括利益                                  34,430                  88,224
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 34,500                  87,170
      少数株主に係る包括利益                                  △70                 1,054
        ③ 要約連結株主資本等変動計算書

        前連結会計年度(自 2012年1月1日 至 2012年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          その他の包括利益

                    株主資本                 新株予約権        少数株主持分         純資産合計
                             累計額
     当期首残高                 191,220        △17,240           456        3,452        177,888

     当期変動額                 27,483         9,099          331         124       37,037

     当期末残高                 218,703         △8,141           787        3,576        214,925

        当連結会計年度(自 2013年1月1日 至 2013年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          その他の包括利益

                    株主資本                 新株予約権        少数株主持分         純資産合計
                             累計額
     当期首残高                 218,703         △8,141           787        3,576        214,925

     当期変動額                 26,296         59,926         1,102         1,089        88,413
     当期末残高                 244,999         51,785         1,889         4,665        303,338

        ④ 要約連結キャッシュ・フロー計算書

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2012年1月1日                  (自 2013年1月1日
                              至 2012年12月31日)                  至 2013年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                  42,714                  59,699
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                △113,711                   △7,729
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                  30,903                 △11,635
                                        6,894                 13,159
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △33,200                   53,494
     現金及び現金同等物の期首残高                                  117,599                  84,399
     現金及び現金同等物の期末残高                                  84,399                 137,893
                                  23/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑤ 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2012年1月1日                            (自 2013年1月1日
              至 2012年12月31日)                            至 2013年12月31日)
                                 (有形固定資産の減価償却方法の変更)
     (1株当たり当期純利益に関する会計基準等の適用)
                                  従来、当社グループは、有形固定資産の減価償却方法
      当連結会計年度より、「1株当たり当期純利益に関す
                                 に定率法を採用しておりましたが、当連結会計年度より
     る会計基準」(企業会計基準第2号                   平成22年6月30
                                 定額法に変更しております。
     日)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適
                                  グループ資産の一括管理のためのシステム導入に伴
     用指針」(企業会計基準適用指針第4号                     平成22年6月
                                 い、資産の使用実態について見直しを実施したところ、
     30日)を適用しております。
                                 その機能的減価は、利用期間に亘って安定的に発生して
      潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定にあ
                                 おり、その維持に係わる費用も平均的に発生しておりま
                                 した。また、当社グループの主たる収益であるオンライ
     たり、一定期間の勤務後に権利が確定するストック・オ
                                 ン、モバイルゲームにおける収益は主要な設備の利用期
     プションについて、権利の行使により払い込まれると仮
                                 間に亘って安定的に獲得されるものであることから、当
     定した場合の入金額に、ストック・オプションの公正な
                                 社グループにおける有形固定資産の使用状況、収益の獲
     評価額のうち、将来企業が提供されるサービスに係る分
                                 得形態を反映させ、より合理的な収益と減価償却費との
     を含める方法に変更しております。
                                 対応を図り、より適正な期間損益計算を行うため、従来
                                 の償却方法を見直し、定額法を採用することに致しまし
                                 た。この変更に伴い、耐用年数についても一部見直しを
                                 行っております。
                                  この変更が損益に与える影響は軽微です。
       (4)IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこ

        れらに相当する項目との差異に関する事項
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2012年1月1日                            (自 2013年1月1日
              至 2012年12月31日)                            至 2013年12月31日)
     「第5経理の状況 1連結財務諸表等 連結財務諸表注                             日本基準において、のれんの償却については、その効果
     記 42 国際会計基準(IFRS)初度適用」を参照くださ                            の及ぶ期間を見積り、その期間で償却することとしており
     い。                            ましたが、IFRSではIFRS移行日以降の償却を停止しており
                                 ます。
                                  この影響によりIFRSでは日本基準に比べて、のれん償却
                                 費(販売費及び一般管理費)は前連結会計年度3,245百万
                                 円、当連結会計年度5,707百万円減少しております。
                                  24/198









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
         当連結会計年度における報告セグメントごとの情報を記載しております。
        (1)生産実績
          当社は、生産活動は行っていないため、該当事項はありません。
        (2)受注実績

          当社は、受注活動は行っていないため、該当事項はありません。
        (3)販売実績

          当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2013年1月1日                    前年同期比(%)
                            至 2013年12月31日)
     日本(百万円)                             36,399                   189.7
     韓国(百万円)                             106,423                    135.7

     中国(百万円)                              4,781                   128.2

     北米(百万円)                              5,521                   109.0

     その他(百万円)                              2,214                   111.3

          合計(百万円)                        155,338                    143.3

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
           あります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2012年1月1日                 (自 2013年1月1日
                              至 2012年12月31日)                 至 2013年12月31日)
                 相手先
                           金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)

           テンセント・ホールディング
                               38,104          35.2       51,822          33.4
           ス・リミテッド
           株式会社ディー・エヌ・エー                      -         -      20,670          13.3

         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         4.前連結会計年度の株式会社ディー・エヌ・エーについては、総販売実績に対する割合が10%未満のため、記
           載を省略しております。
                                  25/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
        (1)当社グループの現状の認識について
          当社グループは、将来にわたる成長を遂げるため、以下の事項を対処すべき課題として取り組んでいく方針で
         あります。
        (2)当面の対処すべき課題の内容及び対処方針並びにその具体的な取組状況

         ① 魅力ある高品質な新規ゲームタイトルの提供及び既存ゲームタイトルへのコンテンツアップデートの実施
           ゲーム事業において優劣を決するのは、コンテンツの質です。『アラド戦記』、『メイプルストーリー』を
          はじめとする当社グループがこれまで蓄積してきた人気ゲームタイトルに安住することなく、経営理念である
          「最高の楽しさと特別な経験」をユーザーの皆様に提供するため、当社グループはゲーム運営力の強化に加え
          て、グループ内におけるゲーム開発力の強化、他社との共同開発を含めた事業提携、有力なゲーム開発会社の
          買収等により、高品質な新規ゲームタイトルを配信するとともに、既存ゲームタイトルの魅力的なコンテンツ
          アップデートを実施できる基盤を更に強化してまいります。
         ② 日本及び欧米事業の強化
           日本事業においては、モバイルゲーム市場の中でも特に成長著しいネイティブアプリ市場における収益を増
          大させることを対処すべき課題としています。そのため、2014年12月期には、モバイルのブラウザゲームの開
          発者をネイティブアプリの開発へと移行させるなど、ネイティブアプリの開発力強化を図ってまいります。
           欧米事業においては、以下を対処すべき課題としています。欧米市場は、当社グループにとって事業機会は
          大きいものの、連結売上高に占める割合は10%未満となっております。今後、欧米市場ではFree-to-Play型の
          ゲームの人気が一層拡大する可能性があり、当社グループにとっても売上拡大の余地があります。そのため、
          欧米における有力企業とのパートナーシップや、新規ゲームタイトルに関する配信契約の締結を通じた有力
          ゲームタイトルの確保などを通じて、一層の収益拡大を図ってまいります。
         ③ 情報セキュリティの強化

           当社グループがサービスを提供するオンラインゲームは、情報システムを介するサービスであるため、外部
          者からの不正アクセスや不正利用等を防止するための高度な情報システム強化が求められる事業であります。
           当社グループでは、ユーザーが安心して当社グループのサービスを楽しんでいただけるよう、情報セキュリ
          ティの強化に注力してまいります。具体的な情報セキュリティ強化への施策としては、ネットワークセキュリ
          ティ対策(ファイアーウォール(注1)強化、IDP(注2)構築、ACL(注3)の制限、ローカルネットワーク
          運用、データセンターVPN(注4)システム運用等)、サーバーセキュリティ対策(IPセキュリティポリシー
          の運用、ウィルス対策、定期的なセキュリティ診断等)、社内セキュリティ対策(不正PC制限システム運用、
          社内ファイアーウォール運用、ウィルス対策、社内ネットワークの分離等)を行っております。
          (注)1.外部からの不正なアクセスや侵入を防止することを目的としたセキュリティシステムの総称のこ
               と。
          (注)2.ローカルエリアネットワーク内に入ってくるトラフィックの侵入検知システムのこと。
          (注)3.個々のネットワーク利用者が持つアクセス権限や、アクセス可能なサーバーやファイルなどを列挙
               したリスト。
          (注)4.公衆回線をあたかも専用回線であるかのように利用できるサービスのこと。
                                  26/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
          本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性の
         ある事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきま
         しても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示
         の観点から以下に開示しております。
          当社は、これらのリスク発生の可能性を十分に認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方
         針ではありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で
         行われる必要があると考えております。
          なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発生の
         可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
         ① 事業環境に関わるリスク
          ⅰ)PCオンラインゲーム及びモバイルゲーム市場の成長性について
            アジア地域におけるインターネット利用率の上昇や中国、欧州及び北米地域におけるブロードバンド普及
           率の拡大に伴い、インターネット市場は拡大していくことが予測されております。また、世界的に見ても、
           スマートフォンやタブレットの普及率は上昇していくことが予測されております。中でも当社グループが事
           業を展開しているPCオンラインゲーム及びモバイルゲームの世界市場は拡大するものと当社では予測してお
           ります。
            しかしながら、当社の予想どおりにPCオンラインゲーム及びモバイルゲーム市場が成長しない場合や、
           ゲームライセンス料の高騰、ゲーム開発期間の長期化による配信遅延や停滞が発生した場合には、当社グ
           ループの業績及び今後の事業展開に影響を与える可能性があります。
          ⅱ)PCオンラインゲーム及びモバイルゲーム市場の環境について
            当社はPCオンラインゲーム及びモバイルゲームを主たる事業としております。PCオンラインゲーム事業の
           拡大にあたっては、ブロードバンド環境の普及によりインターネット市場が拡大していくことを事業展開の
           基礎条件として考えております。当社では、北米、欧州及びアジアにおけるブロードバンド加入世帯数は拡
           大傾向を続け、今後も世界各地でインターネットの利用環境整備が進み、市場は拡大していくものと見込ん
           でおります。モバイルゲーム事業に関しては、今後も世界的にスマートフォンの普及は拡大し、モバイル
           ゲーム市場も拡大していくものと見込んでおります。
            しかしながら、今後新たな法的規制の導入、技術革新の遅れ、インターネットや携帯電話利用料金の改定
           を含む通信事業者の動向など、当社の予期せぬ要因によりインターネット関連市場の発展が阻害される場合
           には、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅲ)新規参入や競合他社の存在について
            当社グループの主要事業であるPCオンラインゲーム及びモバイルゲーム市場には、多くの競合企業が存在
           しております。
            PCオンラインゲーム及びモバイルゲームのみならず、PCパッケージゲーム、コンソールゲーム、ソーシャ
           ルネットワーク向けのゲーム等さまざまなジャンルのゲームと競合しているのみならず、ソーシャルネット
           ワークの利用などゲーム以外のオンラインサービスともユーザーの時間を奪い合う競合関係にあります。こ
           れら競合するゲームやオンラインサービスをユーザーが利用する時間が増えた場合、当社グループの事業展
           開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
            当社グループといたしましては、長年のPCオンラインゲーム事業で培った経験、ノウハウやブランドをも
           とに、特色あるサービスやゲームタイトルの配信による競合他社との差別化を図り、継続的に魅力的で競争
           力ある新規PCオンラインゲーム及びモバイルゲームタイトルの開発と配信を行うことによる安定的な新規
           ユーザーの獲得を通じて、市場における優位性の構築を推進してまいります。
            しかしながら、競合他社との競争の激化により、当社グループのPCオンラインゲーム及びモバイルゲーム
           のユーザー数が減少した場合や、風評被害による総ユーザー数の逓減、ゲームコンテンツの配信遅延等が生
           じた場合には、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅳ)技術革新について

            当社グループが事業展開しているPCオンラインゲーム及びモバイルゲーム市場は、インターネット環境や
           ネットワーク技術に密接に関連しており、技術革新の速度が極めて速いことから、日進月歩でプログラム等
           が高度化するという特徴があります。
            当社グループはそうした技術革新に合わせてサービスモデルの変更や新機能に対応したソフトウエア及び
           コンテンツの開発等を随時行ってまいりますが、想定外の新技術や競合他社が開発した新サービスにより、
           適時な対応ができない場合、当社グループが提供するサービスの競争力が相対的に低下し、当社グループの
           事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  27/198


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         ② 当社グループのサービスに関わるリスク
          ⅰ)海外市場への進出について
            当社グループは、日本、韓国、中国、米国等、世界各国でPCオンラインゲーム及びモバイルゲームを配信
           又はライセンスを供与しており、当社グループの経営成績及び財政状態は、様々な国や地域、特に韓国や中
           国における政治的、経済的、地政学的状況の変化による影響を受ける可能性があります。
            海外新規市場への進出を推進するにあたり、必要に応じて他社との業務提携、合弁会社の設立、M&A等を
           検討してまいりますが、その過程においてさまざまな不確実要素により遅延等が生じた場合、当社グループ
           の事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅱ)主要ゲームへの売上集中について
            当社グループの売上高においては、一部の主要ゲームタイトルへの依存度が高くなっており、2013年12月
           期では、「ダンジョン・アンド・ファイター(日本名:アラド戦記)」が連結売上高のうち、一定の高い割
           合を占めております。当社グループは競争力のある新規ゲームタイトルの開発及び他社開発品のライセンス
           又は買収によりポートフォリオの多角化を推進してまいりますが、ユーザー嗜好の変化、サーバー等システ
           ムにおける予期できない障害、知的財産に関わる紛争等が発生した場合には、当社グループの事業展開及び
           業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅲ)業績の季節変動及び事業特性について
            当社グループが事業展開しているPCオンラインゲーム市場は、日本、韓国、中国、欧米など世界各地の、
           年末年始や夏休み期間、旧正月など各国の祝祭日に売上高が上昇する傾向があります。このような季節変動
           要因をゲーム・ユーザー数の変動要因のひとつと認識しておりますが、その変動が大きい場合には、当社グ
           ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅳ)PCオンラインゲーム及びモバイルゲームのポートフォリオの拡充について
            当社グループは、ユーザー数の増加に向けて、継続的に新規PCオンラインゲーム及びモバイルゲームタイ
           トルの開発によるポートフォリオの拡充を行っておりますが、新規開発が計画どおりに進まない可能性があ
           ります。また、他社が開発したPCオンラインゲーム及びモバイルゲームタイトルのライセンスを受ける、も
           しくは買収することによるポートフォリオ拡充にも努めておりますが、計画どおりにPCオンラインゲーム及
           びモバイルゲームタイトルを開発及び獲得できない場合、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす
           可能性があります。
          ⅴ)既存PCオンラインゲーム及びモバイルゲームタイトルの更新について
            当社グループは、既存PCオンラインゲーム及びモバイルゲームタイトルをユーザーに継続的に利用しても
           らい製品のライフサイクルを伸ばすために、新規ストーリーの更新や定期的なエンターテインメント性の高
           いゲーム内イベントの開催等を行っております。
            しかしながら、既存PCオンラインゲーム及びモバイルゲームタイトルの更新や拡充が計画どおりに進まな
           い場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅵ)サービス展開に伴うリスクについて
            当社グループは、PCオンラインゲーム及びモバイルゲームの開発を主に自社内で行うことで、独自の開発
           ノウハウを蓄積し、各国別に異なるユーザーの嗜好性の変化へ即時に対応できる柔軟な開発体制を構築して
           おります。
            しかしながら、何らかの事情により顧客ニーズの適時・的確な把握等が困難となり、既存ゲームタイトル
           における適切なサービスの拡充や嗜好性に合致した新規ゲームタイトルの開発に支障が生じる可能性は否定
           できません。そのような場合には、ユーザーに対する訴求力の低下を招き、当社グループの事業展開及び業
           績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅶ)アイテム課金モデルについて
            当社グループは、PCオンラインゲーム及びモバイルゲームをユーザーが無料でプレイできる形式でサービ
           スの提供を行っており、当社グループはユーザーにゲームを楽しむための仮想の服、アクセサリー、武器、
           その他アイテム等の販売に対して課金することで収益を得る事業モデルとなっております。当社グループと
           いたしましては、ユーザーのアイテム購入のトレンドを分析することで、最適な収益モデルの構築に努めて
           まいりますが、異なる収益モデルを競合他社が開発し、それがユーザーに受け入れられる可能性は完全には
           否定できません。当社グループが新規モデルに対応できない場合には、ユーザーに対する訴求力の低下を招
           き、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅷ)風評被害及び不正行為等について
            当社グループの配信するPCオンラインゲーム及びモバイルゲームに関するユーザーの根拠の乏しい風説に
           より、当社グループのレピュテーションが傷付くとともに業績に影響を及ぼす可能性があります。
            また、一部の悪質なユーザーが、当社グループ配信ゲーム内における、アイテム、キャラクター、換金性
           を持たない通貨等のコンテンツを不正な方法で入手して利用及び譲渡するといったリアル・マネー・トレー
           ディング(注)と呼ばれる不正行為が発覚しており、近時当社グループの米国子会社においてサーバーに対
           する外部からのハッキング行為により特定のユーザーのゲーム内通貨が異常に増加し、当該ユーザーの接続
           を遮断する事態も過去に生じております。当社グループは、ゲーム内部においてユーザー間でコンテンツの
                                  28/198

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
           取引が可能なシステムを導入すること等により、不正な方法によるコンテンツの利用や取引が行われること
           の防止に努めておりますが、不正行為の方法は当社グループの想定を超えて多様であり、これらへの対策は
           必 ずしも万全であるとは限りません。
            万が一、当社サービスを利用した不正行為が発生した場合には、当社グループ及び当社サービスの信頼性
           が毀損すること等により、事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
           (注)リアル・マネー・トレーディング:オンラインゲーム上のキャラクターやアイテム、ゲーム内通貨等
              を現実の通貨等と取引する行為。
          ⅸ)ブランドの毀損について
            当社グループは韓国、中国及び日本において高いブランド認知度を有していると考えており、その維持と
           強化が顧客基盤の拡大と新たな事業パートナーの獲得において重要であると考えております。
            当社グループがブランド認知度の維持及び強化に必要な投資を行えない場合、競合会社がより競争力ある
           ブランドを確立した場合、PCオンラインゲーム及びモバイルゲーム業界に対するイメージが低下した場合
           等、当社グループのブランドが毀損し、事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ③ 法的規制に関わるリスク
           当社グループは、日本、韓国、中国、米国等、世界各国でPCオンラインゲーム及びモバイルゲームを配信又
          はライセンスを供与しており、当社グループの事業展開はこれらの国及び地域における法的規制の対象となっ
          ております。当社グループは法令遵守を意識した誠実な事業展開を行っておりますが、万が一当該規制等に抵
          触しているとして当社グループが何らかの行政処分等を受けた場合、また、今後これらの法令等が強化され、
          もしくは新たな法令等が定められ、当社グループの事業が制約を受ける場合、当社グループの事業展開及び業
          績に影響を及ぼす可能性があります。
           特に重要であると認識している法的規制は、以下のとおりです。
          ⅰ)未成年者に関する法的規制について
            各国においてはゲーム中毒や暴力等過激な刺激から青少年を保護する規制があります。韓国では、ゲーム
           配信会社に対して、16歳未満の少年が午前0時から午前6時までの6時間の間オンラインゲームを利用する
           ことを禁止することを求める法律が2011年11月に発効しております。また、文化体育観光部は、ユーザーが
           長時間オンラインゲームに接続している場合、一定時間が経過するとゲーム・アイテムを獲得する速度を遅
           くするなど、ゲーム・ユーザーによる長時間のゲーム利用を防止する効果を持ったゲームシステム内特殊プ
           ログラムを採用するよう勧告しています。中国でも、未成年者のゲーム中毒対策として、1日3時間以上
           ゲームを継続すると、ゲーム内で得られる経験値やポイント等が半減し、5時間を経過した場合、それらが
           ゼロになるような運用をゲーム配信会社に義務付けています。
            当社グループは、自主的にゲーム疲労度システムの導入や、ゲーム中毒防止のための社会活動に積極的に
           参加することにより、上記規制による影響を最小化するよう努めておりますが、今後、各国において上記規
           制の解釈が変更される場合や、または新たな法令等が定められた場合には、当社の事業が制約を受け、また
           はその遵守のため更なる対応及び費用を要する可能性があります。
          ⅱ)ゲーム内容の審査について
            当社グループは、ゲームをリリースするにあたり、その国で求められる第三者機関による審査を受けてお
           ります。万が一、審査において暴力性、射幸性や扇情性等における問題が指摘された場合には、特定年齢層
           へのアクセス制限やゲーム内容の修正等が求められる可能性があります。また、ローンチ後に審査内容に対
           する重大な違反が指摘された場合には、何らかの行政処分等を受ける可能性があります。そのような場合に
           は、当社グループ及び当社サービスの信頼性やブランドが毀損すること等により、事業展開及び業績に影響
           を及ぼす可能性があります。
          ⅲ)中国における法的規制について
            中国においては、政府による自国のオンラインゲーム業界の育成が推進されており、外国企業によって開
           発されたゲームの国内での事業展開を規制しています。
            当社グループは、中国地域の現地ゲーム配信会社とのパートナーシップ構築を通じて、上記法的規制によ
           る影響を最小化しておりますが、不測の事態により、万が一当該規制等に抵触しているとして当社グループ
           が何らかの行政処分等を受けた場合、また、今後これらの法令等が強化され、もしくは新たな法令等が定め
           られ、当社グループの事業が制約を受ける場合、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があり
           ます。
          ⅳ)ソーシャルゲームを含むモバイルゲームのガイドラインについて
            日本国内では、「コンプガチャ」が法令上禁止されている「カード合わせ」に該当することが明確にな
           り、ソーシャルゲームが社会問題化している中、業界団体等が中心となり自主規制のためのガイドラインを
           策定する等の取り組みが開始されております。従来から、当社グループでは、法令を順守したうえで、利用
           者に継続的に利用、支持していただけることを最重要視して事業に取り組んでおりますが、今後策定される
           業界団体等のガイドライン等を順守するために、新たなシステム対応や体制整備が必要になる可能性があり
           ます。これらのシステム対応や体制整備が遅れた場合、また必要な措置のために想定以上のコストが発生し
           た場合には当社の業績に影響を及ぼす可能性がございます。
                                  29/198

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         ④ 事業体制に関わるリスク
          ⅰ)人的資源について
            当社グループのPCオンラインゲーム及びモバイルゲーム事業は近年急速に成長してまいりましたが、今後
           のさらなる事業の拡大及び多様化に対応するためには、創造性、技術力、実行力、管理能力等さまざまな能
           力を有する人材の増強が必要と考えられます。また、海外連結子会社が事業展開において重要な役割を担っ
           ていることから、各海外子会社の内部統制整備をはじめ、管理部門の人材確保等管理体制の整備も重要であ
           ると考えております。
            しかしながら、事業規模の拡大と多様化に応じた、外部からの人材登用やグループ内における人材育成の
           遅延等により管理体制等に問題が生じた場合や中核となる社員が退職した場合には、当社グループの事業展
           開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅱ)内部管理体制について
            当社グループは、企業価値の継続的な増大を図るにはコーポレート・ガバナンスが有効に機能することが
           不可欠であると認識しております。
            業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保、さらに健全な倫理観に基づく法令遵守を徹底してまいります
           が、事業の急速な拡大により、十分な内部管理体制の構築が追いつかないという状況が生じる場合には、適
           切な業務運営が困難となり、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
          ⅲ)個人情報の保護について
            当社グループは、オンラインゲームの配信やその他サービスの提供にあたり、またオンラインゲームのプ
           ロモーションのためにユーザー及び潜在的ユーザーの住所、氏名、電話番号、メールアドレス、住民登録番
           号等の個人情報を取得します。かかる行為に関して、日本では「個人情報の保護に関する法律」が定める個
           人情報取扱事業者としての義務を課されており、韓国においては個人情報の取得や保管についての法令違反
           がある場合には行政処分や刑事罰の対象となる場合もあります。当社グループでは相当数の個人情報をサー
           バー内に保管・管理しており、近時世界的規模で増加しているハッキング行為等に鑑み「Global                                             Security
           Center」の設置等のセキュリティ強化対策を実施しております。また、当社ウェブサイト上でもプライバ
           シーポリシーを掲示し当社グループの取組み姿勢を示しております。
            当社グループは、継続的にセキュリティ強化対策を行うとともに、社員教育を徹底することで個人情報の
           流出を未然に防げるよう細心の注意を払っておりますが、最近でも当社グループのサーバーに対する外部か
           らのハッキング行為の企てがあったことが判明しており、韓国では、2011年に多くのユーザーの氏名及び暗
           号化済みの住民登録番号といった個人情報の漏洩があったことも確認されております。このような外部から
           のハッキング行為や従業員の不正行為などにより個人情報が漏洩した場合には、ユーザーからの損害賠償請
           求、行政処分、刑事罰及びそれらに起因する信用低下等により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性が
           あります。
          ⅳ)特定人物への依存について
            当社グループの経営方針や事業戦略の決定及びその遂行において、PCオンラインゲーム及びモバイルゲー
           ムサービスに関する豊富な経験と知識を有した一部の役員及び主要ゲーム開発者を初めとする従業員が極め
           て重要な役割を担っており、当社グループの事業の成功はこれら特定の役員及び従業員に依存しています。
            当社グループでは、特定の人物に過度に依存しない経営体制の整備を進めておりますが、何らかの理由に
           より同役員及び従業員が退職をする、もしくは業務を続けることが困難になり、適時に代わりとなりうる人
           物の採用ができない場合、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
            また、重要な役割を担う役員及び従業員が競合会社に移動、もしくは競合する事業を営む会社を設立した
           場合、当社グループの事業に関するノウハウが流出し、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす可
           能性があります。
         ⑤ 知的財産権に関わるリスク
           当社グループの保有するゲームタイトルの著作権、商標権等の知的財産権は、事業展開に欠かせないもので
          あり、その保護管理に努めております。また、当社グループが配信するPCオンラインゲーム及びモバイルゲー
          ムは、第三者保有の知的財産権を利用するものを含むため、その侵害に特に留意し事前に様々な調査を行って
          おります。ライセンサーとの契約においても第三者の権利侵害を為していない旨の保証と責任を条項に組み込
          むことで、当社グループが展開する事業が安全に遂行されるよう留意しております。
           しかしながら、当社グループの知的財産権が第三者に侵害された場合には、当該第三者に対し適切な措置を
          講じるものの、排除できない可能性があります。また、当社グループの調査が万全ではないことにより万一、
          第三者の知的財産権を侵害した場合には、当該第三者より損害賠償請求及び使用差し止め等の訴えを起こされ
          る可能性、並びに当該知的財産権に関する対価の支払い等が発生する可能性があります。このような場合、当
          社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑥ システム等に関わるリスク
          ⅰ)システム障害について
            当社グループが提供するPCオンラインゲーム及びモバイルゲームはネットワークシステムを利用している
           ため、自然災害、コンピュータウィルス、電力供給の停止、サーバーへの過剰負荷、第三者によるハッキン
                                  30/198

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
           グ等の不正行為等の不測の事態によるシステム障害が発生した場合、当社グループの営業が停止するおそれ
           があります。
            当社グループといたしましては、24時間管理体制や監視要員等への迅速な通知体制等を整備することで遅
           滞なく復旧対応ができるように努めておりますが、何らかの理由により復旧作業を行うことができずサービ
           スが提供できない場合、あるいはデータの消失・漏洩が生じた場合には、損害賠償請求や信用の低下等が発
           生し当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ⅱ)プログラムの不具合について
            当社グループが提供するPCオンラインゲーム及びモバイルゲームは複雑なプログラムにより構成されてお
           り、新規ゲームタイトルのリリースや既存ゲームタイトルのアップデート等においては、プログラムに不具
           合が発生する可能性があります。当社グループはゲームの品質向上とリリース前のテストによる不具合の防
           止に努めておりますが、人的エラー等による不具合の発生可能性を完全に排除することは困難であります。
            プログラムの不具合がゲーム性に与える影響は年々大きくなる傾向にあり、不具合を未然に防止できな
           かった場合や発生した不具合に適切に対処できなかった場合等は、PCオンラインゲーム及びモバイルゲーム
           のゲーム性と信頼性を毀損し、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
         ⑦ ゲームの不正利用に関わるリスク
           PCオンラインゲームは、一部のユーザーにより違法サーバーや違法コピー等を通じて不正にゲームが利用さ
          れる場合があります。当社グループはPCオンラインゲームを構成するプログラムのソースコードを保護するセ
          キュリティシステムを構築することで、PCオンラインゲームの不正利用防止に努めておりますが、セキュリ
          ティシステムにおける人的エラー等により外部からのハッキング行為によるプログラムの不正取得及び不正利
          用を完全には排除できない可能性があります。違法サーバーや違法コピー等により、それらユーザーからアイ
          テム購入を通じた収益を失うだけでなく、ゲーム性に劣る違法コピーによりユーザーの正常利用が阻害され、
          当社グループの業績や財務状態に影響を与える可能性があります。
         ⑧ 訴訟に関わるリスク
           当社グループは法令遵守を基本としたコンプライアンス体制を整備しているものの、その事業運営に当た
          り、契約の不履行、知的財産権の侵害、個人情報の漏洩、労務問題等に関して、第三者から訴訟を提起された
          り、政府から調査を受ける可能性があります。多大な訴訟対応の負担に加え、仮に当社グループに不利益な内
          容の判定、決定等がなされた場合には、ブランドイメージの悪化等により、当社グループの業績や財務状態に
          影響を与える可能性があります。
         ⑨ M&Aや業務・資本提携に関わるリスク
          ⅰ)M&Aによる事業拡大について
            当社グループは、事業拡大を加速する有効な手段のひとつとして、PCオンラインゲームやモバイルゲーム
           の開発会社や運営会社等に対するM&Aを有効に活用してきており、今後もM&A及び投資活動を通じて競争力あ
           るIP及び開発人員確保を継続していく方針です。その際、対象企業の事業計画、財務内容や法務関係等につ
           いて、事前に必要かつ十分と考えられる情報収集、精査、検討をすることにより、可能な限りリスクを回避
           することに努めております。
            しかしながら、買収後に偶発債務の発生や未認識債務の判明等事前の調査で把握できなかった問題が生じ
           た場合、市場環境や競合状況の変化及び買収後の事業統合の失敗により事業展開が計画どおりに進まない場
           合、対象企業における投資価値の減損処理を行う必要が生じる等、当社グループの業績や財務状態に影響を
           与える可能性があります。
          ⅱ)他社との業務・資本提携について
            当社グループでは、中国における『アラド戦記』(                         Dungeon&Fighter        )のライセンス独占契約をはじめ、
           事業進出先の現地企業にライセンスを供与して、PCオンラインゲームを配信しています。今後もこれらの業
           務提携を通じた事業の拡大に取り組んでまいりますが、当初見込んだ効果が発揮されない場合、又はこれら
           の提携等が解消された場合やライセンス契約が更新されなかった場合、当社グループの事業及び業績に影響
           を与える可能性があります。
         ⑩ 為替変動に関わるリスク
           海外における事業展開には外国為替相場の変動によるリスクがあり、主として韓国ウォン、米ドル、人民元
          の価格変動による影響を受けます。当社グループの連結財務諸表は日本円で表示されており、換算リスクと取
          引リスクという形で、外国為替相場の変動は当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
         ⑪ 自然災害に関わるリスク
           地震や台風等の自然災害により、当社グループの主要な設備等が損害を被った場合、または従業員が被害を
          受けた場合は、当社グループが提供するオンラインゲームの運用及び配信サービスに影響を与える可能性があ
          ります。また、損害を被った設備等の修復及び被害を受けた従業員に対する補償等の費用が発生し、当社グ
          ループの業績や財務状態に影響を与える可能性があります。
         ⑫ 新株予約権による希薄化に関わるリスク
           当社グループは、当社グループの役員及び従業員に対するインセンティブを目的とし、新株予約権を付与し
          ております。今後の権利行使により、当社株式が新たに発行され、既存の株主が有する株式の価値及び議決権
                                  31/198

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
          割合が希薄化する可能性があります。なお、2013年12月31日現在、新株予約権は発行済株式総数の4.5%の割
          合で付与されております。
         ⑬ エヌエックスシー・コーポレーションとの関係について
           当社の親会社であるエヌエックスシー・コーポレーションは、2013年12月31日現在、当社株式の発行済株式
          総数の61.7%(間接所有含む)を保有しており、同社の代表取締役社長キム ジョンジュ(当社グループ創業
          者)は、当社の取締役を兼任しております。また、キム ジョンジュ及びその近親者等はエヌエックスシー・
          コーポレーションの総議決権の100%を保有しています。
           同社及び同社グループ子会社は投資事業及びその他当社の主力事業であるオンラインゲーム事業と関連のな
          い事業を行っておりますが、同社グループは当社グループのオンラインゲーム事業と競合する事業を行わない
          旨の競業避止契約を当社と締結しております。
           また、同社が保有している日本地域における社名商標「NEXON」については、同社と当社との間で、商
          標権使用許諾契約を締結し、当社から同社に使用料を支払うことを合意しておりますが、使用料における支払
          金額は当社の売上高に対して一定の比率で算出された金額になっております。なお、同社とは、当社が社名商
          標「NEXON」における使用許諾契約の延長権限を保有することで合意しております。当社以外の当社子会
          社(ネクソン・コリア・コーポレーション、ネクソン・アメリカ・インクなど)                                      においても同様の契約を締
          結しております。
           加えて、上記取引を除いては、当社グループとの間において他の経常的な取引はなく、今後につきまして
          も、当社グループが同社の影響を受け、同社に有利な取引、投資、事業展開を行うような予定はありません。
                                  32/198















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
       (1)ライセンス契約
                                  契約
       契約会社名          相手方の名称           国名             契約内容            契約期間
                                 締結日
               シャンハイポスト&
                                      オンラインゲーム
     ネクソン・コリア・          テレコミュニケー                                   自2010年9月14日
                                 2007年     「マビノギ」のライ
     コーポレーション          ションズ・テクノロ            中国                      至2014年9月13日
                                 9月14日     センス独占契約(ラ
     (連結子会社)          ジー・カンパニー・                                     (注)1
                                      イセンス・アウト)
               リミテッド
               シャンハイポスト&                       オンラインゲーム
     ネクソン・コリア・          テレコミュニケー                       「カートライダー」            自2008年11月18日
                                 2008年
     コーポレーション          ションズ・テクノロ            中国          のライセンス独占契            至2011年11月17日
                                 11月18日
     (連結子会社)          ジー・カンパニー・                       約(ライセンス・ア              (注)2
               リミテッド                       ウト)
                                      オンラインゲーム
                                      「ダンジョン・アン
               テンセント・ホール                       ド・ファイター(日
     ネオプル・インク                            2011年                 自2011年6月17日
               ディングス・リミ            中国          本名:アラド戦
     (連結子会社)                            6月17日                 至2016年6月16日
               テッド                       記)」のライセンス
                                      独占契約(ライセン
                                      ス・アウト)
               ランシャ・インフォ                       オンラインゲーム
     ネクソン・コリア・          メーション・テクノ                       「メイプルストー            自2010年7月1日
                                 2010年
     コーポレーション          ロジー・シャンハ            中国          リー」のライセンス            至2016年6月30日
                                 7月1日
     (連結子会社)          イ・カンパニー・リ                       独占契約(ライセン              (注)3
               ミテッド                       ス・アウト)
                           日本
                           韓国
                           中国
                           香港
                           マカオ
                           台湾          オンラインゲーム
     株式会社ネクソン
                         シンガポール            「カウンターストラ
     (当社)                                             自2010年9月1日
               ヴァルヴ・コーポ           マレーシア       2010年     イクオンライン」の
     ネクソン・コリア・                                             至2012年8月31日
               レーション            タイ     9月1日     ライセンス独占契約
     コーポレーション                                           以後2年ごとの自動更新
                          ベトナム           (ライセンス・イ
     (連結子会社)
                          フィリピン            ン)
                         インドネシア
                           ラオス
                          カンボジア
                          ミャンマー
                          ブルネイ
     ネクソン・コリア・                                 社名商標のライセン            自2011年7月1日
               エヌエックスシー・                  2011年
     コーポレーション                      韓国          ス契約(ライセン            至2014年12月31日
               コーポレーション                 6月29日
     (連結子会社)                                 ス・イン)           以後3年ごとの自動更新
                                      オンラインゲーム
     ネクソン・コリア・
                                      「EA   SPORTS    FIFAオ
               エレクトロニック・                  2012年
     コーポレーション                      米国                     商用化開始日より3年
               アーツ・インク                 7月31日
                                      ンライン3」のライ
     (連結子会社)
                                      センス契約
     (注)1.2013年9月14日付更新契約により、本契約の有効期間は2013年9月14日から2014年9月13日までに改訂されま
          した。
        2.本契約の有効期間は2014年11月17日まで延長することで合意をしております。
        3.2013年7月1日付更新契約により、本契約の有効期間は2013年7月1日から2016年6月30日までに改訂されま
          した。
       (2)借入契約

                            契約
        契約会社名        相手方の名称        国名              契約内容              契約期間
                            締結日
                                金額     34,000百万円及び
      株式会社ネクソン           株式会社          2012年                      2012年7月31日から
                        日本                200百万米ドル
      (当社)          三井住友銀行           7月31日                       2017年7月31日まで
                                担保提供資産 あり
                                  33/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
        当社グループの研究開発活動の概要は以下のとおりです。
        (1)研究開発体制
          当社グループにおいては、基礎研究及び新技術開発等のいわゆる研究開発に相当する活動を行っていないた
         め、独立した研究開発組織を有しておりません。
          しかしながら当社グループにおいては、グループ内で開発しているオンラインゲームコンテンツが企画され商
         用化に至るまでの過程を「研究開発」と捉えており、グループ内の開発人員による通常の開発業務の中で行われ
         ております。
        (2)研究開発方針

          当社グループにおける研究開発活動は、グループ内の開発人員による通常の開発業務の中で行われているた
         め、特段の研究開発活動の方針を設定しておりません。
        (3)研究開発費

          当社グループにおける研究開発費には、グループ内で開発するオンラインゲームコンテンツの企画承認時から
         商用化日までの費用(労務費、外注費及びその他経費)を計上しており当連結会計年度における研究開発費は
         3,816百万円となっております。
       当連結会計年度(自 2013年1月1日 至 2013年12月31日)

         当連結会計年度の研究開発費を報告セグメントごとに示すと、下記のとおりであります。なお、当連結会計年度
        において、研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                  セグメントの名称                      研究開発費(百万円)
          日本                                         197

          韓国                                        3,522

          中国                                         81

          北米                                         16

          その他                                         -

                   報告セグメント計                              3,816

           調整額                                        -

                    合計(連結)                             3,816

                                  34/198









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
        (1)重要な会計方針及び見積り
          当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準(IFRS)に基づき作成されております。この連結財務諸表を作
         成するに当たり重要となる会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 連結財務諸表注
         記」に記載のとおりであります。
          この連結財務諸表の作成に当たっては、経営者が過去の実績や取引状況を勘案し、会計基準の範囲内かつ合理
         的と考えられる見積り及び判断を行っている部分があり、この結果は資産・負債、収益・費用の数値に反映され
         ております。これらの見積りについては、一部過去の実績に基づく概算数値を用いるために、不確実性が伴って
         おり実際の結果と異なる場合があります。
        (2)経営成績の分析

         2013年12月期における当社グループの売上収益は、155,338百万円(前年同期比43.3%増)となりました。
          この結果、営業利益50,705百万円(同7.3%増)、税引前当期利益48,648百万円(同12.3%増)、親会社の所
         有者に帰属する当期利益30,132百万円(同6.5%増)となりました。
         ① 売上収益の分析
           2013年12月期における売上収益は155,338百万円となり、前年同期比で43.3%増加いたしました。韓国で
          は、『アラド戦記』(          Dungeon&Fighter        )の好調な推移と共に、同タイトルの中国パブリッシャーからのロイ
          ヤリティ収入が大きく増加したことや、『サドンアタック』                            (Sudden     Attack   )の良好なパフォーマンス、更
          には、新規タイトル『FIFAオンライン3』(                     FIFA   Online    3 )が大きく売上に寄与する結果となりました。日
          本では、2012年10月に買収した株式会社gloopsが事業年度を通じて寄与し、当社グループの売上収益の増加要
          因となりました。売上収益の分析につきましては、「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (1)業績」をご
          参照ください。
         ② 売上原価の分析
           日本及び韓国を中心に人員を増強した結果、当社グループ全体の人員数が増加いたしました。また、『FIFA
          オンライン3』(        FIFA   Online    3 )等の他社開発ゲームタイトルの業績も好調に推移したことにより、開発会
          社に対する支払ロイヤリティも増加いたしました。
           これらの結果、2013年12月期における売上原価は34,150百万円となり、前年同期比で83.6%増加いたしまし
          た。
         ③ 販売費及び一般管理費の分析
           2012年10月に買収した株式会社gloopsが事業年度を通じて通期で寄与するなどの事業規模の拡大により、従
          業員給付費用が12,122百万円(前年同期比38.0%増)、支払手数料が8,231百万円(同67.9%増)となりまし
          た。また、広告宣伝活動の促進により広告宣伝費が9,700百万円(同56.2%増)となりました。また、モバイ
          ルの売上収益の増加によりプラットフォーム利用料が7,032百万円(同228.3%増)となりました。
           これらの結果、2013年12月期における販売費及び一般管理費は59,575百万円となり、前年同期比で52.5%増
          加しました。
         ④ その他の収益(費用)の分析
           その他の収益は、1,637百万円(前年同期比21.8%増)となりました。これは主に、2012年12月期において
          取得しました子会社株式(株式会社インブルー)の条件付対価を再測定した結果、将来の支払見込みが減少し
          たことに伴い、当該条件付対価の取崩処理を行い918百万円の収益を計上したこと等によるものであります。
           その他の費用は、12,545百万円(同161.6%増)となりました。これは主に、ゲーム著作権及びのれん等に
          係る減損損失11,573百万円を計上したこと等によるものであります。
         ⑤ 金融収益(費用)の分析
           金融収益は、3,237百万円(前年同期比44.9%増)となりました。これは主に、定期預金の増加に伴い受取
          利息が増加したこと等によるものであります。
           金融費用は、5,199百万円(同18.0%増)となりました。これは主に、関連会社に対する投資の減損損失
          2,990百万円を計上したこと等によるものであります。
         ⑥ 持分法による投資損益の分析
           持分法による投資損失は、95百万円(前年同期比94.6%減)となりました。これは主に、関連会社の業績の
          変動によるものであります。
         ⑦ 法人所得税費用の分析
           法人所得税費用は18,343百万円(前年同期比21.0%増)となりました。これは主に、子会社の増益に伴う法
          人所得税費用の増加によるものであります。
                                  35/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        (3)経営成績に重要な影響を与える要因について
          「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
        (4)経営戦略の現状と見通し

          当社グループは、創業以来、楽しくプレイし、他のゲームと異なるユーザー体験をすることができるような高
         品質なゲームを提供し続けてきております。新規ゲームタイトルにおいては高品質なゲームを提供すること、既
         存ゲームタイトルにおいては、魅力的なコンテンツアップデートとゲーム運用を通じてユーザーの皆様に継続的
         にゲームプレーを楽しんでもらい、飽きさせないことを当社の基本方針としております。
         現在、ゲーム業界では三つの変化が起きています。一つ目は、オフラインからオンラインへの変革です。二つ目

         は、「シングルプレイヤー型」のゲームから、「マルチプレイヤー型」のゲームへの移行です。三つ目は、
         「Free-to-Play」モデルの誕生による、ゲームに対する課金スタイルの変化です。
         開発力、運用力、グローバルネットワークといった強みを持つ当社グループは、これらの大きな変化を追い風
         に、中長期的にも引き続きゲーム業界のリーディングプレイヤーとしてのポジションを築き、今後も世界中の
         ユーザーが求める新しいゲームタイトルを提供し続けます。
         当社グループは更なる成長を実現させるために、下記の3つの項目に重点的に注力してまいります。

         ゲーム(Product):プラットフォームに拘わらず最高品質かつ独創的なゲームこそが、成功を収めると考えま

         す。当社では、より少数の優良なゲームへと注力していきます。優良なタイトルとは、多くのユーザーを惹きつ
         け、長期間プレイしたくなるような、本当に楽しんでもらえるゲームのことです。
         人材(People):斬新で革新的、かつユーザーを楽しませるゲームを創り出すには、業界にいる最高の人材を世

         界中から惹き付ける必要があります。新たな採用アプローチや人材管理を行い、競争の激しい業界においても、
         他社とは違う魅力的な職場を提供できるよう尽力します。開発者たちのために最高に楽しいゲームを創り出すた
         めの自由な環境を整えると同時に、彼らの創作が世界中の多数のユーザーに届けられるという当社のユーザー
         リーチを訴求することにより、一層の差別化を図っていきます。
         パートナー(Partners):当社には、ゲーム業界で世界レベルのゲーム開発会社との事業提携を成功させてきた

         誇るべき実績があります。パートナー企業としての信頼とパフォーマンスにも定評を得ています。オンライン進
         出を目指す企業や事業展開地域の拡大を目指す企業にとって、当社の有する「Free-to-Play」の運用ノウハウと
         グローバルな配信力が魅力となり、数々の協業が実現してきました。引き続き、このような実績と経験を活か
         し、今後も新たなパートナーシップの機会を模索してまいります。
        (5)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         ① キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は、前連結会計年度末に比べ
         54,107百万円増加し、138,843百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果得られた資金は60,208百万円です。これは主に、税引前当期利益48,648百万円、減価償却費
          14,056百万円、減損損失11,573百万円等によるものです。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果使用した資金は6,345百万円です。これは主に、有形固定資産の取得による支出9,350百万円
          等によるものです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果使用した資金は13,033百万円です。これは主に、長期借入金の返済による支出11,140百万円
          等によるものです。
                                  36/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         ② 財政状態の分析
          (資産)
            当連結会計年度末の総資産は418,851百万円であり、前連結会計年度末に比べて98,663百万円増加してお
           ります。主な要因は、現金及び現金同等物の増加(前期比54,107百万円増)、非流動資産に計上されている
           その他の金融資産の増加(同49,159百万円増)等であります。
          (負債)
            当連結会計年度末の負債合計は105,792百万円であり、前連結会計年度末に比べて7,849百万円増加してお
           ります。主な要因は、繰延税金負債の増加(前期比8,332百万円増)等であります。
          (資本)
            当連結会計年度末における資本の残高は313,059百万円であり、前連結会計年度末に比べて90,814百万円
           増加しました。主な要因は、当期利益計上に伴う利益剰余金の増加(前期比30,305百万円増)、その他の資
           本の構成要素の増加(同62,563百万円増)等であります。
        (6)経営者の問題認識と今後の方針について

          「第2 事業の状況 3 対処すべき課題」に記載のとおりであります。
                                  37/198















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における設備投資の総額は16,156百万円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次の
       とおりであります。
            セグメントの名称                設備投資額(百万円)

          日本                            2,566

          韓国                           12,585

          中国                             141

          北米                             792

          その他                             82

             報告セグメント計                        16,166

           調整額                           △10

              合計(連結)                       16,156

        (注)有形固定資産の他、無形資産及び長期前払費用への投資が含まれております。
           なお、資産除去債務に係る有形固定資産の増加額は含まれておりません。
                                  38/198














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     2013年12月31日現在
                                      帳簿価額
              報告
       事業所名                                                 従業員数
                                         土地
                        建物及び     工具、器具      ソフト
             セグメント     設備の内容
                                              その他      合計
      (所在地)                                                  (人)
                         構築物     及び備品      ウエア     (百万円)
              の名称
                                             (百万円)     (百万円)
                        (百万円)     (百万円)     (百万円)     (面積㎡)
     本社             オンライン                                         266
              日本             44     168      56      -     0     268
     (東京都中央区)             ゲーム用設備
                                                          (1)
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、最近1年間
           の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.上記の他、主要な賃借設備として以下のものがあります。
              事業所名                               床面積         年間賃借料
                        設備の内容          賃借設備
             (所在地)                                (㎡)         (百万円)
         本社

                      事業設備          建物               3,399.64            136
         (東京都中央区)
       (2)国内子会社

                                                     2013年12月31日現在
                                      帳簿価額
              報告
       事業所名                                                 従業員数
                                         土地
                        建物及び     工具、器具      ソフト
             セグメント     設備の内容
                                              その他      合計
      (所在地)                                                  (人)
                         構築物     及び備品      ウエア     (百万円)
              の名称
                                             (百万円)     (百万円)
                        (百万円)     (百万円)     (百万円)     (面積㎡)
     株式会社gloops             モバイル                                         518
              日本
                           424     337      36      -     -     797
     (東京都港区)             ゲーム用設備                                        (115)
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、最近1年間
           の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.2013年11月に同一区内で移転しております。
         3.上記の他、主要な賃借設備として以下のものがあります。なお、年間賃借料は移転前と移転後の賃借料の合
           計であります。
              事業所名                               床面積         年間賃借料
                        設備の内容          賃借設備
             (所在地)                                (㎡)         (百万円)
         株式会社gloops

                      事業設備          建物               4,706.50            237
         (東京都港区)
                                  39/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                     2013年12月31日現在
                                         帳簿価額

                  報告
                                                         従業員数
                            建物及び     工具、器具      ソフト     土地
       会社名      所在地    セグメント      設備の内容
                                                その他     合計
                                                          (人)
                             構築物     及び備品     ウエア    (百万円)
                  の名称
                                                (百万円)     (百万円)
                            (百万円)     (百万円)     (百万円)
                                           (面積㎡)
     ネクソン・コリ       韓国
                      オンライン                       4,080             1,488
     ア・コーポレー       京畿道      韓国            12,606     2,005      466           3   19,160
                      ゲーム用設備
                                            (9,619)              (21)
     ション       城南市
     ルシアン・ソフ
     トウェア・デベ
            中国          オンライン                                     345
     ロップメント・             中国
                                -    372      2     -     7    381
            上海市          ゲーム用設備                                     (5)
     カンパニー・リ
     ミテッド
            米国
     ネクソン・アメ                 オンライン                                     177
            カリフォル      北米              9    712     146      -     -    867
     リカ・インク                 ゲーム用設備                                    (21)
            ニア州
     ネオプル・イン       韓国          オンライン                                     438
                  韓国             80     108     68     -     2    258
     ク       ソウル市          ゲーム用設備
                                                           (3)
     エヌドアーズ・
            韓国          オンライン                                     160
     コーポレーショ             韓国              7    25     25     -     -    57
            ソウル市          ゲーム用設備
                                                           (1)
     ン
     ゲームハイ・カ       韓国
                      オンライン                                     234
     ンパニー・リミ       京畿道      韓国
                               202     73     129      -     1    405
                      ゲーム用設備                                     (4)
     テッド       城南市
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、建設仮勘定及び車両運搬具を含んでおります。なお、金額には消費税等を含
           めておりません。
         2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、最近1年間
           の平均人員を( )外数で記載しております。
         3.  ネクソン・コリア・コーポレーションは2013                     年12月に韓国ソウル市から韓国              京畿道城南市に       移転しておりま
           す。
         4.  ゲームハイ・カンパニー・リミテッドは2013                     年3月に韓国ソウル市から韓国              京畿道城南市に       移転しておりま
           す。
         5.エヌドアーズ・コーポレーションは、事務所等を一部賃貸しており、当連結会計年度における賃貸料収入は
           34百万円(375百万韓国ウォン)であります。
         6.上記の他、主要な賃借設備として以下のものがあります。なお、移転のあった会社の年間賃借料は移転前と
           移転後の賃借料の合計であります。
                                             床面積        年間賃借料
                会社名          設備の内容          賃借設備
                                             (㎡)        (百万円)
           ネクソン・コリア・コーポ

                        事業設備         建物             33,193.79            952
           レーション
           ルシアン・ソフトウエア・デ
           ベロップメント・カンパ             事業設備         建物             1,209.30            13
           ニー・リミテッド
           ネクソン・アメリカ・インク             事業設備         建物             4,346.51            85
           ネオプル・インク             事業設備         建物
                                               4,619.82            65
           エヌドアーズ・コーポレー
                        事業設備         建物             3,417.00            53
           ション
           ゲームハイ・カンパニー・リ
                        事業設備         建物
                                              18,656.03            116
           ミテッド
                                  40/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設
       備計画は原則的にグループ各社が個別に策定していますが、計画策定に当たっては提出会社を中心に調整を図ってお
       ります。
        なお、当連結会計年度末における重要な設備の新設、除却等の計画は次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設
                                               着手及び完了
                                  投資予定金額
                  報告
                                               予定年月
                                          資金調達              完成後の
       会社名      所在地     セグメント      設備の内容
                                          方法              増加能力
                                 総額    既支払額
                  の名称
                                                着手    完了
                               (百万円)     (百万円)
                        オンラインゲー                       2014年    2014年
                                  169      -  自己資本               -
                        ム用設備                        1月    12月
            東京都
     当社              日本
            中央区
                                                2014年    2014年
                        長期前払費用          115      -  自己資本               -
                                                1月    12月
                        オンラインゲー                       2014年    2014年
                                          自己資本
                                  782      -                 -
                        ム用設備                        1月    12月
     ネクソン・コ
            韓国                                    2014年    2014年
     リア・コーポ               韓国     長期前払費用          441      -  自己資本               -
            京畿道城南市                                     1月    12月
     レーション
                                                2014年    2014年
                        ソフトウエア等          761      -  自己資本               -
                                                1月    12月
     ルシアン・ソ
     フトウェアデ
     ベロップメン      中国             オンラインゲー                       2014年    2014年
                    中国                       自己資本
                                  433      -                 -
     ト・カンパ      上海市             ム用設備                        1月    12月
     ニー・リミ
     テッド
                        オンラインゲー                       2014年    2014年
                                   41      -  自己資本               -
     ネクソン・ア      米国
                        ム用設備                        1月    12月
     メリカ・イン      カリフォルニ        米国
                                                2014年    2014年
     ク      ア州
                        長期前払費用          224      -  自己資本               -
                                                1月    12月
                        オンラインゲー                       2014年    2014年
            ルクセンブル
                                  139      -  自己資本               -
     ネクソン・
                        ム用設備                        1月    12月
            グ
     ヨーロッパ・              その他
            ルクセンブル
                                                2014年    2014年
     SARL
                        長期前払費用          105      -  自己資本               -
            グ広域行政区
                                                1月    12月
                        モバイルゲーム                       2014年    2014年
                                  288      -  自己資本               -
                        用設備                        1月    12月
     株式会社      東京都                                    2014年    2014年
                    日本     長期前払費用          435      -  自己資本               -
            港区                                     1月    12月
     gloops
                                                2014年    2014年
                        ソフトウエア等         1,130       -  自己資本               -
                                                1月    12月
     合計         -      -       -      5,063       -   -     -    -     -
      (注)1.完成後の増加能力につきましては、その測定が困難なため、記載を省略しております。
         2.上記の設備はいずれも、PCオンライン事業及びモバイル事業に関連するものであります。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  41/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                        1,400,000,000

                  計                           1,400,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所
           事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                  名又は登録認可金融              内容
              (2013年12月31日)              (2014年3月26日)
                                        商品取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                                   限定のない当社にお
                                         東京証券取引所
     普通株式            439,343,900              439,380,900                   ける標準となる株式
                                         (市場第一部)
                                                   であります。1単元
                                                   の株式の数は100株
                                                   であります。
       計          439,343,900              439,380,900            -          -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2014年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
                                  42/198












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
        ① 2007年8月23日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                         4,334              4,297
      新株予約権の数(個)
                                       (注)2.              (注)2.
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     -              -
      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式              同左

                                       4,334,000              4,297,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                   (注)1.2.3.              (注)1.2.3.
                                          153
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                         同左
                                       (注)4.
                                自 2011年12月14日
      新株予約権の行使期間                                         同左
                                至 2015年9月30日
                                発行価格                 153

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                               同左
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額          76.50
                                ・割当日より3ヶ月を経過し
                                 た日より、付与個数のう
                                 ち、12分の1に達する個数
                                 について、以後3ヶ月経過
                                 毎に段階的に権利確定す
                                 る。当社の普通株式が金融
                                 商品取引所において公開さ
                                 れる日において権利確定し
                                 ている新株予約権は、当該
                                 株式公開日において行使可
                                 能となるものとし、以後、
                                 権利確定した日に同時に行
                                 使可能となるものとする。
                                 ただし、行使可能最終日が
      新株予約権の行使の条件                           株式公開日の36ヶ月後の日             同左
                                 より前に到来する場合は、
                                 行使可能最終日の3ヶ月前
                                 の日より付与個数の全てに
                                 ついて行使可能となるもの
                                 とする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  43/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.新株予約権の数及び新株予約権の目的となる株式の数は、退職等により権利を喪失した者の個数及び株式数を
          除外しております。
        3.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        4.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整の結果生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数

                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  44/198










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ② 2009年9月28日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                         2,216
      新株予約権の数(個)                                         同左
                                       (注)2.
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     -              -
      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式              同左

                                       2,216,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                         同左
                                   (注)1.2.3.
                                          300
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                         同左
                                       (注)4.
                                自 2011年12月14日

      新株予約権の行使期間                                         同左
                                至 2015年9月30日
                                発行価格                    300

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                               同左
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額                  150
                                ・割当日より1年を経過した
                                 日より、付与個数のうち3
                                 分の1に達する個数につい
                                 て、以後1年経過毎に段階
                                 的に権利確定する。当社の
                                 普通株式が金融商品取引所
                                 において公開される日にお
                                 いて権利確定している新株
                                 予約権は、当該株式公開日
                                 に行使可能となるものと
                                 し、以後、権利確定した日
                                 に同時に行使可能になるも
                                 のとする。ただし、割当日
      新株予約権の行使の条件                           から3年経過後は、株式公             同左
                                 開日の前後にかかわらず当
                                 該権利確定した新株予約権
                                 の全てについて行使可能と
                                 なるものとする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  45/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.新株予約権の数及び新株予約権の目的となる株式の数は、退職等により権利を喪失した者の個数及び株式数を
          除外しております。
        3.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        4.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整の結果生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数

                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  46/198










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ③ 2009年12月28日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
      新株予約権の数(個)                                     200    同左

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     -              -

      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式              同左

                                        200,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                         同左
                                     (注)1.2.
                                          300
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                         同左
                                       (注)3.
                                自 2011年12月14日

      新株予約権の行使期間                                         同左
                                至 2015年9月30日
                                発行価格                    300

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                               同左
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額                  150
                                ・割当日より1年を経過した
                                 日より、付与個数のうち3
                                 分の1に達する個数につい
                                 て、以後1年経過毎に段階
                                 的に権利確定する。当社の
                                 普通株式が金融商品取引所
                                 において公開される日にお
                                 いて権利確定している新株
                                 予約権は、当該株式公開日
                                 に行使可能となるものと
                                 し、以後、権利確定した日
                                 に同時に行使可能になるも
                                 のとする。ただし、割当日
      新株予約権の行使の条件                           から3年経過後は、株式公             同左
                                 開日の前後にかかわらず当
                                 該権利確定した新株予約権
                                 の全てについて行使可能と
                                 なるものとする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  47/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        3.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数

                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  48/198











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ④ 2010年10月20日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                         1,030               946
      新株予約権の数(個)
                                       (注)2.              (注)2.
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     84              -
      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式              同左

                                       1,030,000               946,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                   (注)1.2.3.              (注)1.2.3.
                                          640
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                         同左
                                       (注)4.
                                自 2011年12月14日

      新株予約権の行使期間                                         同左
                                至 2015年9月30日
                                発行価格                    640

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                               同左
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額                  320
                                ・割当日より1年を経過した
                                 日より、付与個数のうち3
                                 分の1に達する個数につい
                                 て、以後1年経過毎に段階
                                 的に権利確定する。当社の
                                 普通株式が金融商品取引所
                                 において公開される日にお
                                 いて権利確定している新株
                                 予約権は、当該株式公開日
                                 に行使可能となるものと
                                 し、以後、権利確定した日
                                 に同時に行使可能になるも
                                 のとする。ただし、割当日
      新株予約権の行使の条件                           から3年経過後は、株式公             同左
                                 開日の前後にかかわらず当
                                 該権利確定した新株予約権
                                 の全てについて行使可能と
                                 なるものとする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  49/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.新株予約権の数及び新株予約権の目的となる株式の数は、退職等により権利を喪失した者の個数及び株式数を
          除外しております。
        3.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        4.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整の結果生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数

                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  50/198










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑤ 2011年6月17日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
      新株予約権の数(個)                                     151              137

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     14              -

      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式              同左

                                        151,000              137,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                     (注)1.2.              (注)1.2.
                                          640
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                         同左
                                       (注)3.
                                自 2011年12月14日

      新株予約権の行使期間                                         同左
                                至 2015年9月30日
                                発行価格          640

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                               同左
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額          320
                                ・割当日より1年を経過した
                                 日より、付与個数のうち3
                                 分の1に達する個数につい
                                 て、以後1年経過毎に段階
                                 的に権利確定する。当社の
                                 普通株式が金融商品取引所
                                 において公開される日にお
                                 いて権利確定している新株
                                 予約権は、当該株式公開日
                                 に行使可能となるものと
                                 し、以後、権利確定した日
                                 に同時に行使可能になるも
                                 のとする。ただし、割当日
      新株予約権の行使の条件                           から3年経過後は、株式公             同左
                                 開日の前後にかかわらず当
                                 該権利確定した新株予約権
                                 の全てについて行使可能と
                                 なるものとする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  51/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        3.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数

                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  52/198











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ 2011年7月20日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
      新株予約権の数(個)                                     54          -

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     54          -

      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式                     -

                                         54,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                               -
                                     (注)1.2.
                                          640
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                               -
                                       (注)3.
                                自 2011年12月14日

      新株予約権の行使期間                                               -
                                至 2015年9月30日
                                発行価格          640

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                                     -
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額          320
                                ・割当日より1年を経過した
                                 日より、付与個数のうち3
                                 分の1に達する個数につい
                                 て、以後1年経過毎に段階
                                 的に権利確定する。当社の
                                 普通株式が金融商品取引所
                                 において公開される日にお
                                 いて権利確定している新株
                                 予約権は、当該株式公開日
                                 に行使可能となるものと
                                 し、以後、権利確定した日
                                 に同時に行使可能になるも
                                 のとする。ただし、割当日
      新株予約権の行使の条件                           から3年経過後は、株式公                    -
                                 開日の前後にかかわらず当
                                 該権利確定した新株予約権
                                 の全てについて行使可能と
                                 なるものとする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  53/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在

                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで                     -
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        3.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数
                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  54/198











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑦ 2011年11月2日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
      新株予約権の数(個)                                     35    同左

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                     -              -

      新株予約権の目的となる株式の種類                          普通株式              同左

                                         35,000
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                         同左
                                     (注)1.2.
                                          880
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                         同左
                                       (注)3.
                                自 2011年12月14日

      新株予約権の行使期間                                         同左
                                至 2015年9月30日
                                発行価格          880

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                               同左
      発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額          440
                                ・割当日より1年を経過した
                                 日より、付与個数のうち3
                                 分の1に達する個数につい
                                 て、以後1年経過毎に段階
                                 的に権利確定する。当社の
                                 普通株式が金融商品取引所
                                 において公開される日にお
                                 いて権利確定している新株
                                 予約権は、当該株式公開日
                                 に行使可能となるものと
                                 し、以後、権利確定した日
                                 に同時に行使可能になるも
                                 のとする。ただし、割当日
      新株予約権の行使の条件                           から3年経過後は、株式公             同左
                                 開日の前後にかかわらず当
                                 該権利確定した新株予約権
                                 の全てについて行使可能と
                                 なるものとする。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の役員または従業員と
                                 しての地位を有していない
                                 場合は新株予約権を行使で
                                 きない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                  55/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                 区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
      新株予約権の譲渡に関する事項                          に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
      代用払込みに関する事項                                -              -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                -              -

     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式併合を行う場合、新株予約権の目的で
          ある株式の数(以下「付与株式数」という。)は次の算式により調整されます。ただし、かかる調整は新株予
          約権のうち、当該時点で行使されていない付与株式数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切
          り捨てるものとします。
          調整後付与株式数           =  調整前付与株式数           ×  分割・併合の比率

        3.新株予約権が割り当てられた日以後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)または株式

          併合を行う場合、行使価額は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上
          げます。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権が割り当てられた日以後時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
          は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新規発行(または処分)株式数

                                      ×  1株当たり払込金額(または処分価額)
                             既発行株式数       +
          調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×                  1株当たり時価
                                 既発行株式数       +  新規発行(または処分)株式数
                                  56/198











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑧ 2012年8月17日取締役会決議
                              事業年度末現在                 提出日の前月末現在
              区分
                             (2013年12月31日)                  (2014年2月28日)
                                     12,456                  11,464
      新株予約権の数(個)
                                   (注)2.                  (注)2.
      新株予約権のうち自己新株予約権の
                                       992                  -
      数(個)
      新株予約権の目的となる株式の種類                   普通株式                  同左
      新株予約権の目的となる株式の数                             12,456,000                  11,464,000
      (株)                         (注)1.2.3.                  (注)1.2.3.
      新株予約権の行使時の払込金額                               1,367
                                           同左
      (円)                             (注)4.
                         (税制適格ストック・オプション)
                             自 2014年8月19日
                             至 2018年9月5日              同左
      新株予約権の行使期間
                         (税制非適格ストック・オプション)
                             自 2012年9月6日
                             至 2018年9月5日
      新株予約権の行使により株式を発行
                             発行価格            1,367
      する場合の株式の発行価格及び資本                                     同左
                             資本組入額             684
      組入額(円)
                         ・割当日より満1年を経過した日に
                          おいて付与個数のうち、3分の1
                          にあたる個数について権利確定す
                          る。以後、3か月経過毎に、割当
                          日より満3年が経過する日まで、
                          付与個数の12分の1にあたる個数
                          について権利確定するものとす
                          る。権利確定した新株予約権は、
                          行使開始日から行使可能最終日ま
                          での期間に限り、かつ、発行要項
      新株予約権の行使の条件                    及び新株予約権割当契約書に定め                 同左
                          る他の行使条件が満たされる場合
                          に限り、行使できるものとする。
                         ・原則として、新株予約権者が割当
                          日以後行使の日まで継続して当社
                          またはその子会社の取締役または
                          従業員としての地位を有していな
                          い場合は新株予約権を行使できな
                          い。
                         ・新株予約権の一部行使はできな
                          い。
                         新株予約権の譲渡、又はこれに担保
      新株予約権の譲渡に関する事項                                     同左
                         権を設定することはできない。
      代用払込みに関する事項                   該当事項はありません。                  同左
      組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         該当事項はありません。                  同左
      交付に関する事項
                                  57/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
       2.新株予約権の数及び新株予約権の目的となる株式の数は、退職等により権利を喪失した者の個数及び株式数を除
         外しております。
       3.当社が株式分割(無償割当を含む)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
         のとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる
         株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       4.割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当を含む)又は株式併合等を行う場合には、次の算式に
         より行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                 1
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                             分割・併合の比率
         上記のほか、割当日後に、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、資本減少を行う場合、その他これ
         らの場合に準じ、行使価額の調整を必要とする場合には、取締役会の決議により合理的な範囲で行使価額を調整
         するものとします。
                                  58/198
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑨ 2012年9月20日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                  区分
                                  (2013年12月31日)              (2014年2月28日)
       新株予約権の数(個)                                    77    同左

       新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                    -              -

       新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式              同左

                                         77,000
       新株予約権の目的となる株式の数(株)                                        同左
                                     (注)1.2.
                                         1,367
       新株予約権の行使時の払込金額(円)                                        同左
                                       (注)3.
                                  自 2012年9月20日
       新株予約権の行使期間                                        同左
                                  至 2018年9月19日
                                  発行価格            1,367
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株
                                               同左
       式の発行価格及び資本組入額(円)                           資本組入額             684
                                ・割当日より満1年を経過し
                                 た日において付与個数のう
                                 ち、3分の1にあたる個数
                                 について権利確定する。以
                                 後、3か月経過毎に、割当
                                 日より満3年が経過する日
                                 まで、付与個数の12分の1
                                 にあたる個数について権利
                                 確定するものとする。権利
                                 確定した新株予約権は、行
                                 使開始日から行使可能最終
                                 日までの期間に限り、か
                                 つ、発行要項及び新株予約
       新株予約権の行使の条件                                        同左
                                 権割当契約書に定める他の
                                 行使条件が満たされる場合
                                 に限り、行使できるものと
                                 する。
                                ・原則として、新株予約権者
                                 が割当日以後行使の日まで
                                 継続して当社またはその子
                                 会社の取締役または従業員
                                 としての地位を有していな
                                 い場合は新株予約権を行使
                                 できない。
                                ・新株予約権の一部行使はで
                                 きない。
                                新株予約権の譲渡、又はこれ
       新株予約権の譲渡に関する事項                         に担保権を設定することはで              同左
                                きない。
       代用払込みに関する事項                         該当事項はありません。              同左
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                該当事項はありません。              同左
       事項
                                  59/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
       2.当社が株式分割(無償割当を含む)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
         のとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる
         株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       3.割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当を含む)又は株式併合等を行う場合には、次の算式に
         より行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                 1
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                             分割・併合の比率
         上記のほか、割当日後に、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、資本減少を行う場合、その他これ
         らの場合に準じ、行使価額の調整を必要とする場合には、取締役会の決議により合理的な範囲で行使価額を調整
         するものとします。
                                  60/198
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑩ 2013年4月22日取締役会決議
                              事業年度末現在                 提出日の前月末現在
              区分
                             (2013年12月31日)                  (2014年2月28日)
      新株予約権の数(個)                                 250    同左

      新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                       -                  -
      (個)
      新株予約権の目的となる株式の種類                   普通株式                  同左
      新株予約権の目的となる株式の数                               250,000
                                           同左
      (株)                           (注)1.2.
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                  1   同左
                             自 2013年5月7日
      新株予約権の行使期間                                     同左
                             至 2043年5月6日
      新株予約権の行使により株式を発行す
                            発行価格     1
      る場合の株式の発行価格及び資本組入                                     同左
                            資本組入額   0.5
      額(円)
                         新株予約権者は、新株予約権の行使
                         期間内において、取締役を退任した
                         日の翌日から10日を経過する日まで
                         の間に限り(ただし、米国に居住す
                         る新株予約権者については、退任し
                         た日の属する暦年中に限る)、新株
                         予約権を行使することができるもの
                         とする。ただし、海外に居住する新
      新株予約権の行使の条件                                     同左
                         株予約権者については、海外の関係
                         法令を勘案のうえ、取締役会が決定
                         する期間に限り行使することができ
                         る。なお、かかる退任は、Internal
                         Revenue    Code   409Aにおける
                         “separation      of  service”を構成す
                         るものとする。
                         新株予約権の譲渡、又はこれに担保
      新株予約権の譲渡に関する事項                                     同左
                         権を設定することはできない。
      代用払込みに関する事項                   該当事項はありません。                  同左
                                  61/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                              事業年度末現在                 提出日の前月末現在

              区分
                             (2013年12月31日)                  (2014年2月28日)
                         以下の①、②又は③の議案につき当
                         社株主総会で承認された場合(株主
                         総会決議が不要の場合は、当社の取
                         締役会決議がなされた場合)は、当
                         該組織再編の比率に応じて、以下に
                         定める株式会社の新株予約権を交付
                         するものとします。
                         ① 当社が消滅会社となる合併契約
                          承認の議案
                           存続会社(吸収合併の場合)又
                           は新設会社(新設合併の場合)
                         ② 当社が分割会社となる分割契約
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交                    又は分割計画承認の議案
                                           同左
      付に関する事項                     吸収分割をする株式会社がその
                           事業に関して有する権利義務の
                           全部又は一部を承継する株式会
                           社(吸収分割の場合)又は新設
                           分割により設立する株式会社
                           (新設分割の場合)
                         ③ 当社が完全子会社となる株式交
                          換契約又は株式移転計画承認の議
                          案
                           株式交換をする株式会社の発行
                           済株式の全部を取得する株式会
                           社又は株式移転により設立する
                           株式会社
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数は、新株予約権1個につき当社普通株式1,000株であります。
        2.当社が株式分割(無償割当を含む)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整する
          ものとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的と
          なる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとしま
          す。
          調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
                                  62/198









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     2011年7月21日
                349,360,011        352,888,900            -      4,245         -      4,105
     (注)1.
     2011年7月29日
                 2,500,000       355,388,900           2,391        6,636        2,391        6,496
     (注)2.
     2011年12月14日
                70,000,000       425,388,900          43,589        50,225        43,589        50,085
     (注)3.
     2011年12月14日~
     2011年12月31日             744,000      426,132,900            74      50,300          74      50,160
     (注)4.
     2012年1月1日~
     2012年3月29日            6,339,000       432,471,900            602      50,903         602      50,763
     (注)4.
     2012年3月30日
                     -   432,471,900            -      50,903       △50,000          763
     (注)5.
     2012年3月31日~
     2012年12月31日            3,068,000       435,539,900            439      51,342         439       1,202
     (注)4.
     2013年1月1日~
     2013年12月31日            3,804,000       439,343,900            526      51,868         526       1,728
     (注)4.
     (注)1.2011年7月21日に、2011年7月20日最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、所有株式数を1株につ

          き100株の割合をもって分割いたしました。
        2.現物出資による有償第三者割当
          主な割当先 インサイト ベンチャー パートナーズ Ⅵ エル ピー 他投資事業組合2名
          発行価格  1,912円92銭
          資本組入額  956円46銭
        3.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格    1,300円
          引受価額         1,245.40円
          資本組入額          622.70円
          払込金総額          87,178百万円
        4.新株予約権の行使による増加であります。
        5.2012年3月27日開催の当社第10回定時株主総会において、今後の機動的な資本政策に備えるとともに、財務戦
          略上の弾力性の確保のため、資本準備金を50,000百万円取崩し、その他資本剰余金に振り替える旨の決議をい
          たしました。この結果、2012年3月30日を効力発生日として、資本準備金を50,000百万円取崩し、同額をその
          他資本剰余金へ振り替えております。
        6.2014年1月1日から2014年2月28日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が37千株、資本金
          及び資本準備金がそれぞれ3百万円増加しております。
                                  63/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                     2013年12月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
        区分                             外国法人等                   株式の状況
             政府及び地           金融商品     その他の
                                                        (株)
                   金融機関                          個人その他       計
             方公共団体           取引業者      法人
                                   個人以外      個人
     株主数
                 -     29     38     105     371      45    9,995     10,583       -
     (人)
     所有株式数
                 -   286,525      31,060      2,584    3,726,295      280,962      65,939    4,393,365       7,400
     (単元)
     所有株式数の割合
                 -    6.52     0.70     0.05     84.84      6.39     1.50    100.00       -
     (%)
                                  64/198

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                   2013年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                     (NOHYEONG-DONG,        4F),   3198-8,1100
     NXC  Corporation             (CHEONBAEK)-RO,        JEJU-SI,     JEJU-DO(690-
                                            198,631,400            45.21
     (常任代理人 当社)               802),   KOREA
                     (東京都中央区新川2-3-1)
                     AVENUE    DES  ARTS   53,  1000   BRUSSELS,
     NXMH   B.V.B.A
                     BELGIUM                        72,593,200            16.52
     (常任代理人 当社)
                     (東京都中央区新川2-3-1)
     CBHK-KOREA      SECURITIES
                     34-6,YEOUIDO-DONG,YEONGDEUNGPO-
     DEPOSITORY-SAMSUNG
                     GU,SEOUL,KOREA
                                             19,944,100            4.54
     (常任代理人 シティバンク銀
                     (東京都品川区東品川2-3-14)
     行株式会社)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                     P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
     COMPANY
                     U.S.A.                        11,182,775            2.55
     (常任代理人 香港上海銀行東
                     (東京都中央区日本橋3-11-1)
     京支店)
                                             10,557,500            2.40
     徐 旻               東京都中央区
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1-8-11                         6,992,600            1.59
     銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2-11-3                         6,774,200            1.54
     株式会社(信託口)
                     31,  Z.A.BOURMICHT,        L-8070    BERTRANGE,
     CBNY   - ORBIS     SICAV
                     LUXEMBOURG                         6,158,547            1.40
     (常任代理人 シティバンク銀
     行株式会社)
                     (東京都品川区東品川2-3-14)
                     LPG  BUILDING     34  BERMUDIANA      ROAD   HAMILTON
     CBNY   - ORBIS     FUNDS
                     HM  11  BERMUDA                      4,749,861            1.08
     (常任代理人 シティバンク銀
     行株式会社)
                     (東京都品川区東品川2-3-14)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)     SUB   50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     A/C  5220             5NT,   UK
                                             4,589,600            1.04
     (常任代理人 香港上海銀行東               (東京都中央区日本橋3-11-1)
     京支店)
            計                   -              342,173,783            77.88
                                  65/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2013年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定の
                                                 ない当社における標準
                         普通株式       439,336,500
      完全議決権株式(その他)                                     4,393,365
                                                 となる株式でありま
                                                 す。
                         普通株式               7,400
      単元未満株式                                     -           同上
      発行済株式総数                         439,343,900            -            -

      総株主の議決権                        -             4,393,365           -
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式83株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2013年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                    自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
      名称                    式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                   の割合(%)
          -          -         -        -        -         -
          計          -         -        -        -         -

     (注)当社所有の自己株式はすべて単元未満株式であるため、上表には含めておりません。
                                  66/198










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (9)【ストックオプション制度の内容】
         当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する方
        法によるものであります。
         当該制度の内容は、以下のとおりであります。
        (2007年3月29日定時株主総会決議)

         会社法に基づき、当社取締役及び当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の一部に対して、特に有利
        な条件をもって新株予約権を発行することを、2007年3月29日の第5回定時株主総会において特別決議されたも
        のであります。
      決議年月日                            取締役会決議日 2007年8月23日
                                  当社取締役                           1
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員                           24
                                  子会社取締役及び従業員 224
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

        (2009年9月28日臨時株主総会決議)

         会社法に基づき、当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の一部に対して、特に有利な条件をもって
        新株予約権を発行することを、2009年9月28日の臨時株主総会において特別決議されたものであります。
        ① 2009年9月28日取締役会決議
      決議年月日                            取締役会決議日 2009年9月28日
                                  当社従業員             5
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  子会社取締役及び従業員              37
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

                                  67/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ② 2009年12月28日取締役会決議
      決議年月日                            取締役会決議日 2009年12月28日
                                  子会社従業員                       1

      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

                                  68/198















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        (2010年9月27日臨時株主総会決議)
         会社法に基づき、当社取締役及び当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の一部に対して、特に有利
        な条件をもって新株予約権を発行することを、2010年9月27日の臨時株主総会において特別決議されたものであ
        ります。
        ① 2010年10月20日取締役会決議
      決議年月日                            取締役会決議日 2010年10月20日
                                  当社取締役        2
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員        11
                                  子会社取締役及び従業員  23
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

        ② 2011年6月17日取締役会決議

      決議年月日                            取締役会決議日 2011年6月17日
                                  当社取締役        1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員        4
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

                                  69/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        (2011年11月2日臨時株主総会決議)
         会社法に基づき、当社子会社の従業員の一部に対して、特に有利な条件をもって新株予約権を発行すること
        を、2011年11月2日の臨時株主総会において特別決議されたものであります。
        ① 2011年11月2日取締役会決議
      決議年月日                            取締役会決議日 2011年11月2日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            子会社従業員       1

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

                                  70/198














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        (2012年3月27日定時株主総会決議)
         会社法に基づき、当社取締役及び当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の一部に対して、特に有利
        な条件をもって新株予約権を発行することを、2012年3月27日の定時株主総会において決議されたものでありま
        す。
        ① 2012年8月17日取締役会決議
      決議年月日                            取締役会決議日 2012年8月17日
                                  当社取締役        5
                                  当社従業員        18
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  子会社取締役及び従業員              186
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

        ② 2012年9月20日取締役会決議

      決議年月日                            取締役会決議日 2012年9月20日
                                  子会社従業員                   1
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

                                  71/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        (2013年3月26日定時株主総会決議)
         会社法に基づき、当社取締役に対して、株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行することを、
        2013年3月26日の定時株主総会において決議されたものであります。
      決議年月日                            取締役会決議日 2013年4月22日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社取締役        3

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

                                  72/198















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         会社法に基づき、当社取締役及び当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の一部に対して、特に有利
        な条件をもって新株予約権を発行することを、2013年3月26日の定時株主総会において決議されたものでありま
        す。
      決議年月日                            取締役会決議日 2014年2月20日
                                  当社取締役         5
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員         20
                                  当社子会社取締役及び従業員 234
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式
      株式の数(株)                            12,999,000(注)1.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            853(注)2.

                                  新株予約権の割当日に始まり割当日から10年を経過す
                                  るまでの期間とする。ただし、行使期間の最終日が当
      新株予約権の行使期間
                                  社の休業日にあたるときは、その前営業日を最終日と
                                  する。
                                  新株予約権者は権利行使時においても、当社または当
                                  社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要
                                  する。ただし、当社または当社子会社の取締役または
                                  従業員が退任若しくは退職、解任若しくは解雇(ただ
      新株予約権の行使の条件
                                  し、懲戒解雇若しくはこれに準ずる場合を除く)また
                                  は死亡若しくは障害により取締役または従業員の地位
                                  を喪失した場合その他取締役会が別途定めるその他正
                                  当な理由のある場合はこの限りではない。
                                  譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  承認を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                        -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

      (注)1.当社が株式分割(無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整
           するものとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の
           目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるもの
           とします。
           調整後株式数 = 調整前株式数×分割・併合の比率
         2.割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合には、次の算

           式により払込金額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げます。
                                  1
           調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                              分割・併合の比率
           上記のほか、割当日後に、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、資本減少を行う場合、その他
           これらの場合に準じ払込金額の調整を必要とする場合には、取締役会の決議により合理的な範囲で払込金額
           を調整するものとします。
                                  73/198






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        (2014年3月25日定時株主総会決議)
         会社法に基づき、当社取締役(社外取締役を除く)及び従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員に対して、
        株式報酬型ストックオプションとして、特に有利な条件をもって新株予約権を発行することを、2014年3月25日
        の定時株主総会において決議されたものであります。
      決議年月日                            取締役会決議日 2014年3月25日
                                  当社取締役    2名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社子会社取締役 1名
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式
      株式の数(株)                            3,025,000(注)

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            新株予約権1個(1,000株)あたり1円

                                  新株予約権の割当日から10年を経過するまでの期間のう
                                  ち、取締役会において決定する期間とする。ただし、行
      新株予約権の行使期間
                                  使期間の最終日が当社の休業日にあたるときは、その前
                                  営業日を最終日とする。
                                  新株予約権者は権利行使時においても、当社取締役及び
                                  当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の地位
                                  にあることを要する。ただし、当社取締役及び当社従業
                                  員並びに当社子会社の取締役及び従業員が退任若しくは
      新株予約権の行使の条件                            退職、解任若しくは解雇(ただし、懲戒解雇若しくはこ
                                  れに準ずる場合を除く。)又は死亡若しくは障害により
                                  取締役又は従業員の地位を喪失した場合はその他取締役
                                  会が別途定めるその他正当な理由のある場合はこの限り
                                  ではない。
                                  譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の承
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  認を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                        -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

      (注)当社が株式分割(無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整する
         ものとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的とな
         る株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
           調整後株式数 = 調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転を行う場合等、株式数の調整を必要とするやむを得ない事
         由が生じたときは、合併、会社分割、株式交換又は株式移転の条件等を勘案の上、合理的な範囲で株式数を調整
         するものとする。
                                  74/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         会社法に基づき、当社取締役及び当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の一部に対して、特に有利
        な条件をもって新株予約権を発行することを、2014年3月25日の定時株主総会において決議されたものでありま
        す。
      決議年月日                            定時株主総会決議日 2014年3月25日
                                  当社取締役及び当社従業員並びに当社子会社の取締役及
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  び従業員
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式
      株式の数(株)                            9,000,000株を上限とする。(注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            (注)3.

                                  新株予約権の割当日から10年を経過するまでの期間のう
                                  ち、取締役会において決定する期間とする。ただし、行
      新株予約権の行使期間
                                  使期間の最終日が当社の休業日にあたるときは、その前
                                  営業日を最終日とする。
                                  新株予約権者は権利行使時においても、当社取締役及び
                                  当社従業員並びに当社子会社の取締役及び従業員の地位
                                  にあることを要する。ただし、当社取締役及び当社従業
                                  員並びに当社子会社の取締役及び従業員が退任若しくは
      新株予約権の行使の条件                            退職、解任若しくは解雇(ただし、懲戒解雇若しくはこ
                                  れに準ずる場合を除く。)又は死亡若しくは障害により
                                  取締役又は従業員の地位を喪失した場合はその他取締役
                                  会が別途定めるその他正当な理由のある場合はこの限り
                                  ではない。
                                  譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の承
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  認を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                        -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

      (注)1.上記以外のその他細目事項については、2014年3月25日開催の定時株主総会以後に開催される取締役会の決
           議をもって決定いたします。
         2.当社が株式分割(無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整
           するものとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の
           目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるもの
           とします。
           調整後株式数 = 調整前株式数×分割・併合の比率
         3.新株予約権の行使時の払込金額は、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)の東京証券取引

           所における当社普通株式の普通取引の終値とします。
           なお、割当日後、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合には、
           次の算式により払込金額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げます。
                                  1
           調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                              分割・併合の比率
           上記のほか、割当日後に、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、資本減少を行う場合、その他
           これらの場合に準じ払込金額の調整を必要とする場合には、取締役会の決議により合理的な範囲で払込金額
           を調整するものとします。
                                  75/198





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                      83           92,823
      当期間における取得自己株式                                      -             -
     (注)当期間における取得自己株式には、2014年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
     よる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間

                区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
       引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

       消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

       合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -        -        -        -
       行った取得自己株式
       その他                           -        -        -        -
       保有自己株式数                           83      -          83      -

      (注)当期間における保有自己株式数には、2014年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                  76/198









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主への利益の還元が重要な経営課題であると認識し、株主資本の状況、経営実績、収益見通し等を慎重
       に検討した上で、業績の進展状況に応じて、利益配当・株式分割等を通じて株主に対し利益還元を行う方針でありま
       す。内部留保資金の使途につきましては、経営基盤の強化と今後の事業領域の充実を目的とした既存事業の拡充や新
       規事業の展開、M&A又はゲーム著作権の取得等、将来の成長に向けた積極的な事業展開を図るための有効投資と株主
       への利益の還元とのバランスを考慮し実行してまいりたいと考えております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        当社は、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除
       き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める」旨及び「期末配当の基準日は、毎年12月31日」とし、
       「中間配当の基準日は、毎年6月30日」とする旨を定款に定めております。
        当事業年度(2013年1月1日から2013年12月31日まで)の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり10円
       の配当を実施することを決定いたしました。
        当事業年度(2013年1月1日から2013年12月31日まで)に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                      配当金の総額         1株当たり配当額

           決議年月日
                       (百万円)           (円)
          2013年9月6日
                           2,192            5
          取締役会決議
          2014年2月20日
                           2,197            5
          取締役会決議
                                  77/198














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第8期         第9期         第10期         第11期         第12期
       決算年月         2009年12月         2010年12月         2011年12月         2012年12月         2013年12月

       最高(円)              -         -        1,310         1,693         1,369
       最低(円)              -         -        1,020          666         814

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
          なお、2011年12月14日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については該当事
          項はありません。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2013年7月          8月        9月        10月        11月        12月
     最高(円)          1,369        1,289        1,214        1,276        1,147        1,072
     最低(円)          1,082        1,007        1,067        1,116         863        937

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  78/198














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
                                                         所有
       役名      職名       氏名       生年月日              略歴           任期    株式数
                                                         (株)
                                  2000年11月 エレクトロニック・アーツ・イ
                                       ンク主席副社長就任
                                  2009年9月 アウトスパーク・インク代表取
                                       締役就任
                                  2010年8月 当社CFO就任
                                  2010年9月 当社取締役就任
                                  2010年11月 当社管理本部長就任
                  オーウェン・
                                  2012年3月 ネクソン・コリア・コーポレー
     取締役社長
                   マホニー      1966年12月28日生
              ―                                      (注)3     133,000
                                       ション取締役就任(現任)
     (代表取締役)
                                  2012年7月 株式会社インブルー取締役就任
                                       (現任)
                                  2012年8月 ネクソン・アメリカ・インク取
                                       締役就任(現任)
                                  2013年1月 株式会社gloops取締役就任(現
                                       任)
                                  2014年3月 当社代表取締役就任(現任)
                                  2003年6月 ネクソン・コーポレーション
                                       (現エヌエックスシー・コーポ
                                       レーション)入社
                                  2006年5月 当社出向
                                  2010年9月 当社取締役就任(現任)
                                  2010年11月 当社運用本部長就任
                  パク ジウォン
                                  2010年11月 ネクソン・ヨーロッパ・SARL取
     取締役         ―           1977年6月30日生                          (注)3       -
                   朴 智援                    締役就任
                                  2012年3月 ネオプル・インク取締役就任
                                       (現任)
                                  2012年8月 ネクソン・アメリカ・インク取
                                       締役就任(現任)
                                  2013年12月 ファイブ・アンツ・ゲームズSL
                                       取締役就任(現任)
                                  1994年12月 ネクソン・コーポレーション
                                       (現エヌエックスシー・コーポ
                                       レーション)取締役就任
                                  2005年6月 同社代表取締役就任(現任)
                  キム ジョンジュ
                                  2005年10月 ネクソン・コーポレーション
     取締役                    1968年2月22日生
              ―                                      (注)3       -
                   金 正宙                    (現ネクソン・コリア・コーポ
                                       レーション)代表取締役就任
                                  2009年3月 当社取締役就任
                                  2010年3月 当社取締役辞任
                                  2010年9月 当社取締役就任(現任)
                                  1971年7月 日本ビクター株式会社入社
                                  1992年6月 ビクターエンターテインメント
                                       株式会社取締役就任
                                  1992年12月 エレクトロニック・アーツ・ビ
                                       クター株式会社(現エレクトロ
                                       ニック・アーツ株式会社)代表
                                       取締役就任
                  ほんだ さとし
                                  1998年8月 アイドス・インタラクティブ株
     取締役         ―           1947年9月29日生                          (注)3       -
                   本多 慧
                                       式会社代表取締役就任
                                  2009年12月 株式会社スプライン・ネット
                                       ワーク取締役就任(現任)
                                  2010年11月 ソフトウェア・イメージング・
                                       テクノロジー・リミテッド取締
                                       役就任
                                  2012年3月 当社取締役就任(現任)
                                  79/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名       氏名       生年月日              略歴           任期    株式数
                                                         (株)
                                  1982年4月 弁護士登録
                                       大江橋法律事務所入所
                                  1987年7月 ニューヨーク州弁護士登録
                                  1997年6月 サンスター株式会社監査役就任
                                  1999年6月 公益財団法人田附興風会北野病
                                       院監事就任(現任)
                                  2002年4月 弁護士法人大江橋法律事務所代
                                       表社員(現任)
                                  2006年6月 日本電産株式会社監査役就任
                                  2009年6月 一般財団法人日本商事仲裁協会
                                       理事就任(現任)
                  くにや しろう
     取締役         ―           1957年2月22日生        2011年4月 公益財団法人日本センチュリー                  (注)3       -
                   国谷 史朗
                                       交響楽団理事就任(現任)
                                  2011年4月 環太平洋法曹協会(IPBA)会長
                                       就任
                                  2012年3月 当社取締役就任(現任)
                                  2012年6月 株式会社荏原製作所取締役就任
                                       (現任)
                                  2013年6月 武田薬品工業株式会社監査役就
                                       任(現任)
                                  2013年6月 ソニーフィナンシャルホール
                                       ディングス株式会社取締役就任
                                       (現任)
                                  80/198













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名       氏名       生年月日              略歴           任期    株式数
                                                         (株)
                                  1963年4月 株式会社オンワード樫山入社
                                  1985年4月 同社取締役就任 マーケティン
                                       グ本部長
                  たなか とししげ
     常勤監査役                    1941年1月26日生        1998年10月 オーク株式会社代表取締役社長
              ―                                      (注)4       -
                   田中 利重
                                       就任
                                  2001年5月 チャコット株式会社監査役就任
                                  2006年3月 当社監査役就任(現任)
                                  1999年6月 インターリース株式会社代表取
                                       締役社長就任
                  おおとも いわお
                                  2001年11月 日本ボルチモアテクノロジーズ
     監査役         ―           1942年9月15日生                          (注)4       -
                   大友 巖                    株式会社入社 管理本部長
                                  2003年11月 大友会計事務所設立(現任)
                                  2006年3月 当社監査役就任(現任)
                                  1997年4月 直江浅井法律事務所入所
                                  2002年1月 東京神谷町法律事務所(現弁護
                  もり りょうじ
     監査役                    1965年6月25日生             士法人英知法律事務所)設立
              ―                                      (注)4       -
                   森 亮二
                                       (現任)
                                  2006年3月 当社監査役就任(現任)
                                            計             133,000
     (注)1.取締役本多慧及び国谷史朗は、社外取締役であります。
        2.監査役田中利重、大友巖及び森亮二は、社外監査役であります。
        3.2014年3月25日より、2014年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
        4.2011年7月20日より、2014年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
                                  81/198













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
          当社は、効率的かつ透明性の高い経営により企業価値の最大化と健全性の確保の両立を図ることが、経営の最
         重要課題であると認識し、①株主の利益の最大化、②ユーザー、取引先、地域社会、従業員等のステークホル
         ダーとの良好な信頼関係構築、③継続的かつ安定的な成長をコーポレート・ガバナンスの基本的な方針と考えて
         おります。
          そのために、業務執行に対する厳正かつ適法な監督・監査機能を実現し、有効的な内部統制の整備及び運用、
         コンプライアンスを常に意識した経営、グループ統治による子会社との適正な連携を意識した組織運営に注力し
         ております。
        ① 企業統治の体制の状況等
         イ.企業統治の体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由
           当社の企業統治の体制は、取締役会制度、監査役会制度及び会計監査人制度を採用しております。
           当社の取締役会は、取締役5名により構成されており、毎月の定例取締役会のほか必要に応じて臨時取締役
          会を開催し、各取締役による意見交換及び検討等を行うことで、相互牽制による取締役の業務執行の監督を機
          能させております。
           当社の監査役会は、監査の独立性を確保するため社外監査役3名により構成しております。監査役は、取締
          役会に出席するとともに、毎月1回以上の監査役会の開催並びに監査計画に基づく業務監査及び会計監査を実
          施することにより、取締役の業務執行の監査を行っております。このように取締役会及び監査役会を設置する
          ことが、コーポレート・ガバナンスを実効あらしめるものと考えております。
           当社の会計監査人はあらた監査法人であり、以下の業務執行社員のほか、公認会計士13名、監査補助者22名
          で監査業務を実施しております。なお、業務を執行した公認会計士の氏名等につきましては、以下のとおりで
          あります。
                   公認会計士の氏名等                    所属する監査法人名
                         善塲 秀明

           指定社員
                                      あらた監査法人
           業務執行社員
                         久保田 正崇
          (注)継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
         ロ.内部統制システムの整備の状況

           当社においては、取締役会決議によって、「内部統制システムに関する基本方針」(以下「内部統制基本方
          針」といいます。)を定めております。この「内部統制基本方針」を具体化するため、「コーポレート・ガバ
          ナンス運用指針」、「内部統制プログラム」を取締役会で決議し、内部統制システムの確立を図っておりま
          す。
         ハ.リスク管理体制の整備の状況
           内部統制における重要な点のひとつがリスク管理であると考えております。そこで、「リスク管理規程」を
          策定するとともに、内部監査室長をヘッドとし、各部門の責任者を構成員とする「リスク管理(内部統制)プ
          ロジェクト」を設置し、「リスクマップ」を策定して、リスクの顕在化の防止を図っております。一方、万一
          リスクが顕在化し重大事態が発生した場合は、あらかじめ定めた緊急連絡網により各部門の責任者を招集し、
          対策本部を設置して重大事態の対策にあたるものとしております。
           また、内部統制におけるもうひとつの重要な点は、コンプライアンスであると考えております。そこで、
          「コンプライアンス・プログラム」及び「コンプライアンス規程」を取締役会で決議し、法務部長を委員長と
          する「コンプライアンス委員会」を設置するとともに、法務部を「コンプライアンス統括部署」として、社内
          のコンプライアンス体制の確立を図っております。
                                  82/198






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
         ニ.以上の企業統治の体制を図表化しますと、以下のとおりであります。
        ② 内部監査及び監査役監査の状況








         イ.内部監査及び監査役監査の組織、人員及び手続
           当社においては、内部管理の有効性や各部門の業務活動の状況を適正に評価し、経営の改善に寄与すること
          を目的として、代表取締役社長直属の機関として、内部監査室(室長1名、室員3名)を設置しております。
           内部監査室は、内部監査規程に基づいて、事業年度毎に内部監査計画を策定し、社長の承認を得た上で、原
          則として社内の全部門について毎年1回内部監査を実施しております。また、連結子会社につきましては、ネ
          クソン・コリア・コーポレーション及びその連結子会社については同社の監査室が、内部監査担当部署を有す
          る連結子会社については当該部署が、内部監査担当部署を有しない連結子会社については当社の内部監査室
          が、内部監査を行っております。
           また、監査役会も、「監査役監査基準」に従い、事業年度毎に監査計画を策定して監査を実施しておりま
          す。監査役3名のうち1名が常勤監査役として、常時社内の業務の状況を把握しており、その他の2名の監査
          役に情報を提供しながら、監査を実施しております。なお、当社の監査役のうち1名は、公認会計士の資格を
          持つ者であり、財務及び会計に関する知見を有しております。
         ロ.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係
           監査役及び内部監査室長は、最低四半期に1回は会計監査人から四半期レビューもしくは会計監査の結果の
          報告を受けるものとして、相互連携を図っております。
           また、内部統制部門である「リスク管理(内部統制)プロジェクト」のヘッドである内部監査室長及び「コ
          ンプライアンス委員会」の委員長である法務部長は、常に監査役会に出席する等により情報交換を行っており
          ます。
                                  83/198






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ③ 社外取締役及び社外監査役について
           当社は、取締役会の経営監督機能をより実効性のあるものとさせるため、当社取締役5名のうち2名は社外
          取締役であり、当社との間に特別の利害関係はありません。また、当社の監査役は、監査の独立性及び透明性
          の確保のため、3名全員が社外監査役であり、当社との間には特別の利害関係はありません。当社は、社外取
          締役及び社外監査役が期待される役割を十分に発揮できるように、会社法第427条第1項の規定により、社外
          取締役及び社外監査役との間に、任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができ
          る旨定款で定めております。当社は、2012年3月27日付で社外取締役2名と、2011年12月14日付で社外監査役
          3名と上記の責任限定契約を締結いたしました。
           なお、社外監査役による監査と、内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との
          関係については、上記「ロ.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部
          門との関係」に記載のとおりです。
        ④ 役員報酬等

       イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                             報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     対象となる役
                           金銭報酬               株式報酬
              報酬等の総額
       役員区分                                             員の員数
               (百万円)
                                             ストック・オプ          (人)
                                     ストック・オプ
                       基本報酬         賞与             ション(役員退
                                       ション
                                              職慰労分)
      取締役
                           84        44       107        236
      (社外取締役             471                                        ▶
      を除く。)
      社外取締役              14        12        1        1        -        2
      社外監査役              13        13        -        -        -        3

     (注)当社グループが当社取締役に支払っている報酬は、当社以外では2名に対して総額53百万円になります。なお、
     取締役の報酬等には、使用人兼務取締役の使用人分の給与は含まれておりません。
       ロ.連結報酬等の総額が1億円以上である者の連結報酬等の総額等

                                連結報酬等の種類別の額(百万円)
                                金銭報酬             株式報酬

                                                      連結報酬等
         氏名       役員区分       会社区分                               の総額
                                               ストック・オ
                                                      (百万円)
                                         ストック・オ      プション(役
                             基本報酬       賞与
                                          プション      員退職慰労
                                                 分)
      崔 承祐         代表取締役       提出会社           61      25      26      94      206
               取締役       提出会社           19      19      51      71

      オーウェン・
                      ネクソン・
                                                          193
      マホニー
               取締役       アメリカ・           32       1      -      -
                      インク
      朴 智援         取締役       提出会社           ▶      0      30      71      105
       ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

           総額(百万円)               対象となる役員の員数(人)                        内容
                                         使用人兼務役員の使用人給与相当額及
                    19                  1
                                         び賞与であります。
       ニ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          社外取締役2名及び社内取締役1名から構成される報酬特別委員会が、国内外の代表的なゲーム会社の報酬
         水準との比較を行った上で、取締役会に対し取締役報酬制度及び代表取締役を含む業務執行取締役の報酬水準
         についての提案を行っております。
                                  84/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑤ 株式の保有状況
         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           4銘柄 82,267百万円
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

           的
         前事業年度
          特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
      NCSOFT    Corporation

                            3,218,091               39,230    取引関係の維持・強化
         当事業年度

          特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
      NCSOFT    Corporation
                            3,218,091               79,970    取引関係の維持・強化
      Rumble    Entertainment,
                            1,679,379                1,090    取引関係の維持・強化
      Inc.
      Shiver    Entertainment,
                            2,870,000                 838   取引関係の維持・強化
      Inc.
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

           に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                     前事業年度
                                       当事業年度(百万円)
                     (百万円)
           区分
                    貸借対照表計        貸借対照表計        受取配当金の        売却損益の合        評価損益の合
                    上額の合計額        上額の合計額        合計額        計額        計額
      非上場株式                    -        -        -        -        -
      上記以外の株式                   469         -         8        28        -

         ニ.投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

           上額
           該当事項はありません。
         ホ.投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

           上額
           該当事項はありません。
                                  85/198







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ 取締役の定数
           当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
        ⑦ 取締役の選任の決議要件
           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
           また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑧ 自己株式の取得
           当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規
          定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款で定めており
          ます。
        ⑨ 剰余金の配当等
           当社では、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある
          場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める」旨及び「期末配当の基準日は、毎年12月
          31日」とし、「中間配当の基準日は、毎年6月30日」とする旨を定款に定めております。これは、株主への機
          動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑩ 株主総会の特別決議要件
           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
          おります。
           これは、株主総会の特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とす
          るものであります。
        ⑪ 支配株主との取引を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針
           当社グループは、支配株主を有しております。一般的に支配株主を有する会社は、支配株主からの支配及び
          影響を有形無形に受け、これにより少数株主の利益が害される可能性があると言われています。
           当社の支配株主であるエヌエックスシー・コーポレーションは投資事業及び当社グループの主力事業である
          ゲーム事業と関連性のない事業のみを行っており、当社グループ事業の展開に何らの影響もございません。
                                  86/198












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                        当連結会計年度
        区分
              監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
              報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
       提出会社               62            -            82            -

       連結子会社                -            -            -            -

         計             62            -            82            -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
           当社の連結子会社であるネクソン・コリア・コーポレーション他9社は、当社の監査公認会計士等と同一の
          ネットワークに属しているプライスウォーターハウスクーパースに対して監査証明業務に基づく報酬として
          117百万円、非監査業務に基づく報酬として15百万円を支払っております。非監査業務の内容は、税法の解釈
          や適用に関する相談業務であります。
         (当連結会計年度)

           当社及び当社の連結子会社であるネクソン・コリア・コーポレーション他9社は、当社の監査公認会計士等
          と同一のネットワークに属しているプライスウォーターハウスクーパースに対して監査証明業務に基づく報酬
          として149百万円、非監査業務に基づく報酬として10百万円を支払っております。非監査業務の内容は、税法
          の解釈や適用に関する相談業務であります。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)

           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の会社規模や業種の特性、監査に要
         する日数、人員等を勘案した上で、監査公認会計士の同意に基づく報酬額を立案し、監査役会の同意を得て決定
         しております。
                                  87/198








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(以下、IFRS)に準拠して作成しております。
         本報告書の連結財務諸表等の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
         本報告書の財務諸表等の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2013年1月1日から2013年12月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2013年1月1日から2013年12月31日まで)の財務諸表について、あらた監査法
       人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等

       を適正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
       するための体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
       (1)会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等に適時かつ的確に対応することができる体制を整備する
        ため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入、専門的知識を有する団体等が主催するセミナーへの参加、会計専門
        誌の定期購読等により専門知識の蓄積に努めております。
       (2)IFRSの適用については、IFRSに準拠したグループ会計方針を策定し、それらに基づいて会計処理を行っておりま
        す。また、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把握及び当社への
        影響の検討を行った上で、適時に内容の更新を行っております。
                                  88/198












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                IFRS移行日         前連結会計年度          当連結会計年度
                         注記
                              (2012年1月1日)          (2012年12月31日)          (2013年12月31日)
     資産
      流動資産
                        6 , 25 , 26        117,599           84,736          138,843
       現金及び現金同等物
       営業債権及びその他の債権                 7 , 25 , 26         14,190          21,787          22,469
                         8 , 26          8,503          40,803          43,409
       その他の預金
                       12 , 17 , 25 , 26         8,357          2,984          2,265
       その他の金融資産
                                     1,791          4,854          6,126
                          13
       その他の流動資産
       小計                            150,440          155,164          213,112
                                       -          -        4,687
                         9 , 26
       売却目的で保有する資産
                                    150,440          155,164          217,799
       流動資産合計
      非流動資産
                         9 , 17          16,434          10,527          22,080
       有形固定資産
                         10 , 37          11,595          46,475          45,802
       のれん
                          10          32,627          30,800          26,653
       無形資産
                         11 , 31          9,187          14,964           2,560
       持分法で会計処理している投資
                       12 , 17 , 25 , 26        10,361          49,483          98,642
       その他の金融資産
                          13           1,025          1,183          1,144
       その他の非流動資産
                                     4,715          11,592           4,171
                          14
       繰延税金資産
                                    85,944          165,024          201,052
       非流動資産合計
                                    236,384          320,188          418,851
      資産合計
                                  89/198












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                IFRS移行日         前連結会計年度          当連結会計年度
                         注記
                              (2012年1月1日)          (2012年12月31日)          (2013年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                        15 , 25 , 26         2,999          6,967          10,063
        仕入債務及びその他の債務
                          16           8,112          8,841          9,356
        繰延収益
                        17 , 25 , 26         3,004          11,505          13,408
        借入金
                                     6,672          9,491          8,502
        未払法人所得税
                       18 , 19 , 25 , 26          534         1,081           812
        その他の金融負債
                          20           1,130          1,296          1,248
        引当金
                                     2,090          5,139          7,064
                          21
        その他の流動負債
                                    24,541          44,320          50,453
        流動負債合計
       非流動負債
                          16           5,707          5,265          4,778
        繰延収益
                        17 , 25 , 26         18,397          42,670          34,605
        借入金
                       18 , 19 , 25 , 26          489         1,402          2,248
        その他の金融負債
                          20            118           82          305
        引当金
                          21            345          314         1,181
        その他の非流動負債
                                     4,742          3,890          12,222
                          14
        繰延税金負債
                                    29,798          53,623          55,339
        非流動負債合計
                                    54,339          97,943          105,792
       負債合計
      資本
                          22          50,300          51,342          51,952
       資本金
                          22          49,841          50,188          50,688
       資本剰余金
                          22             -          -         △ 0
       自己株式
                          22           1,155          11,905          74,468
       その他の資本の構成要素
                                    77,297          105,293          131,374
                          22
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分
                                    178,593          218,728          308,482
       合計
                                     3,452          3,517          4,577
                          35
       非支配持分
                          25          182,045          222,245          313,059
       資本合計
                                    236,384          320,188          418,851
      負債及び資本合計
                                  90/198









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (自 2012年1月1日              (自 2013年1月1日
                             注記
                                   至 2012年12月31日)                至 2013年12月31日)
                             5 , 27            108,393              155,338
     売上収益
                                          △ 18,602             △ 34,150
                             10 , 28
     売上原価
                                           89,791             121,188
     売上総利益
                             10 , 29           △ 39,073             △ 59,575
     販売費及び一般管理費
                             26 , 30             1,344              1,637
     その他の収益
                                          △ 4,795            △ 12,545
                            10 , 26 , 30
     その他の費用
     営業利益                                      47,267              50,705
                              31              2,234              3,237
     金融収益
                              31             △ 4,406             △ 5,199
     金融費用
                                          △ 1,771              △ 95
     持分法による投資損失
     税引前当期利益                                      43,324              48,648
                                          △ 15,165             △ 18,343
                              14
     法人所得税費用
                                           28,159              30,305
     当期利益
     当期利益の帰属
                                           28,283              30,132
      親会社の所有者
                                                          173
                              35              △ 124
      非支配持分
                                           28,159              30,305
      当期利益
     1株当たり当期利益(親会社の所有者に帰属)
                              33              65.37              68.83
      基本的1株当たり当期利益
                              33              63.68              67.70
      希薄化後1株当たり当期利益
                                  91/198












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2012年1月1日              (自 2013年1月1日
                             注記
                                   至 2012年12月31日)                至 2013年12月31日)
                                          28,159              30,305
     当期利益
     その他の包括利益
      純損益に振替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                             32            △ 16,060              41,024
       する金融資産
                             32                8             △ 31
       確定給付型年金制度の再測定額
                             32                5             △ 26
       持分法によるその他の包括利益
                                           6,014             △ 15,512
                             14 , 32
       法人所得税
                                         △ 10,033              25,455
       純損益に振替えられることのない項目合計
      純損益にその後に振替えられる可能性のある
      項目
                             32             21,090              37,156
       在外営業活動体の換算差額
                             32              △ 297              167
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                             32              △ 63              58
       持分法によるその他の包括利益
                                            171             △ 122
                             14 , 32
       法人所得税
       純損益にその後に振替えられる可能性のあ
                                          20,901              37,259
       る項目合計
                                          10,868              62,714
       その他の包括利益合計
                                          39,027              93,019
       当期包括利益
     当期包括利益の帰属
                                          38,552              92,006
      親会社の所有者
                                            475             1,013
      非支配持分
                                          39,027              93,019
      当期包括利益
                                  92/198











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
          前連結会計年度(自 2012年1月1日 至 2012年12月31日)
                                                (単位:百万円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                              非支配
                                                   資本合計
                               その他の
                                               持分
                          資本          利益
                 注記    資本金          資本の           合計
                          剰余金          剰余金
                               構成要素
     資本(期首)
                     50,300     49,841      1,155     77,297     178,593      3,452    182,045
                        -     -     -   28,283     28,283      △ 124    28,159
     当期利益
                        -     -   10,269        -   10,269       599    10,868
     その他の包括利益
     当期包括利益合計                   -     -   10,269     28,283     38,552       475    39,027
                 22    1,042     1,042       -     -   2,084       -   2,084
     新株の発行
                        -    △ 15      -     -    △ 15      -    △ 15
     新株発行費用
                 24      -     -    481      -    481      -    481
     株式に基づく報酬取引
     非支配持分の取得及び
                        -   △ 692      -     -   △ 692    △ 422   △ 1,114
     処分
                        -     12      -   △ 287    △ 275      12    △ 263
     その他の増減額
                      1,042      347     481    △ 287    1,583     △ 410    1,173
     所有者との取引額合計
     資本(期末)                51,342     50,188     11,905     105,293     218,728      3,517    222,245
          当連結会計年度(自 2013年1月1日 至 2013年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                    非支配
                                                        資本合計
                                    その他の
                                                    持分
                          資本               利益
                 注記    資本金          自己株式      資本の           合計
                          剰余金               剰余金
                                    構成要素
     資本(期首)
                     51,342     50,188        -   11,905     105,293     218,728      3,517    222,245
                        -     -     -     -   30,132     30,132       173    30,305
     当期利益
                        -     -     -   61,874        -   61,874       840    62,714
     その他の包括利益
     当期包括利益合計                   -     -     -   61,874     30,132     92,006      1,013     93,019
                 22     610     610      -     -     -   1,220       -   1,220
     新株の発行
                        -    △ ▶     -     -     -    △ ▶     -    △ ▶
     新株発行費用
                 23      -     -     -     -  △ 4,370    △ 4,370       -  △ 4,370
     配当金
                 24      -     -     -   1,008       -   1,008       -   1,008
     株式に基づく報酬取引
     非支配持分の取得及び
                        -   △ 106      -     -     -   △ 106      47    △ 59
     処分
                 22      -     -    △ 0     -     -    △ 0     -    △ 0
     自己株式の取得
     その他の資本の構成要
                        -     -     -   △ 319     319      -     -     -
                 12 , 22
     素から利益剰余金への
     振替
                       610     500     △ 0    689   △ 4,051    △ 2,252       47   △ 2,205
     所有者との取引額合計
     資本(期末)                51,952     50,688       △ 0   74,468     131,374     308,482      4,577    313,059
                                  93/198






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (自 2012年1月1日              (自 2013年1月1日
                              注記
                                    至 2012年12月31日)                至 2013年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           43,324              48,648
      税引前当期利益
                                           10,065              14,056
      減価償却費
                                           △ 1,635             △ 2,382
      受取利息及び受取配当金
                                             887              661
      支払利息
                                            4,194             11,573
      減損損失
                                            1,771               95
      持分法による投資損失
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                       20            2,676
      仕入債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                     △ 149              806
      繰延収益の増減額(△は減少)                                    △ 1,752             △ 2,590
                                             65            6,296
      その他
      小計                                     56,790              79,839
      利息及び配当金の受取額                                     1,722              2,185
                                            △ 435             △ 731
      利息の支払額
                                          △ 15,626             △ 21,085
      法人所得税の支払額
                                           42,451              60,208
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      その他の預金の増減額(△は増加)                                    △ 29,377              4,939
                                           △ 3,459             △ 9,350
      有形固定資産の取得による支出
                                           10,690               552
      有形固定資産の売却による収入
                                            △ 685            △ 2,165
      無形資産の取得による支出
                                            △ 717            △ 1,477
      長期前払費用の増加を伴う支出
                                          △ 57,688             △ 2,599
      有価証券の取得による支出
                                            1,364              1,955
      有価証券の売却による収入
                                           △ 4,570              △ 260
      関連会社取得による支出
                                             536             2,761
      関連会社売却による収入
                               37           △ 32,367             △ 2,256
      子会社の取得による支出
                                            4,118              1,555
      その他
                                          △ 112,155              △ 6,345
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                     △ 324             △ 233
                                           52,004              2,500
      長期借入金による収入
      長期借入金の返済による支出                                    △ 21,993             △ 11,140
                                            1,854               940
      ストック・オプションの行使による収入
                               23               -           △ 4,370
      配当金の支払額
                                           △ 1,777              △ 730
      その他
                                           29,764             △ 13,033
      財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     △ 39,940              40,830
                               6            117,599              84,736
     現金及び現金同等物の期首残高
                                            7,077             13,277
     現金及び現金同等物に係る為替変動による影響
                               6            84,736             138,843
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  94/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
     【連結財務諸表注記】
      1 報告企業
        株式会社ネクソン(以下、当社)は日本に所在する企業であります。当社の連結財務諸表は当社グループにより構
       成されております。当社グループは、主にPCオンラインゲームの制作・開発、配信に関連した事業を行っておりま
       す。各事業の内容については、「5 セグメント情報」に記載しております。
        なお、当社の親会社はエヌエックスシー・コーポレーションであり、当社グループの最終的な親会社でもありま
       す。
      2 作成の基礎

       (1)IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する事項
         当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
        第28号)第1条の2に掲げる「特定会社」の要件を満たすことから、第93条の規定により、国際会計基準(以下、
        IFRS)に準拠して作成しております。
         当社グループは、当連結会計年度(2013年1月1日から2013年12月31日まで)からIFRSを適用しており、当連結
        会計年度の年次の連結財務諸表がIFRSに準拠して作成する最初の連結財務諸表となります。IFRSへの移行日(以
        下、IFRS移行日)は2012年1月1日であり、IFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下、IFRS第1号)を
        適用しております。
         当社グループが採用したIFRS初度適用の方法やIFRSへの移行が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッ

        シュ・フローの状況に与える影響は、「41 国際会計基準(IFRS)初度適用」に記載しております。本連結財務諸
        表は、2014年2月13日に取締役会により公表の承認がなされています。
       (2)測定の基礎

         本連結財務諸表は連結財政状態計算書における以下の重要な項目を除き、取得原価を基礎として作成されており
        ます。
        ・ デリバティブ金融資産及び負債(公正価値で測定)
        ・ 公正価値で測定し、その変動を当期利益で認識する金融商品
        ・ 公正価値で測定し、その変動をその他の包括利益で認識する金融商品
       (3)表示通貨

         本連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、単位を百万円としております。また、
        百万円未満の端数は四捨五入して表示しております。
       (4)基準書及び解釈指針の早期適用

         当社グループは、IFRS移行日より、IFRS第9号「金融商品」(2009年11月公表、2010年10月改訂、以下、IFRS第
        9号)を早期適用しております。
       (5)適用されていない新たな基準書及び解釈指針

         新基準書、改訂基準書及び新解釈指針のうち、2013年12月31日現在でまだ強制適用されていないものにつきまし
        ては、IFRS第9号を除いて、本連結財務諸表の作成に際して適用しておりません。IFRS第9号においては、2013年
        10月までに公表されている基準を適用しております。2013年12月31日現在において適用していない改訂基準書等は
        次のとおりです。これらについて、本連結財務諸表に重要な影響を及ぼすものはないと予想しています。
                       強制適用時期

       基準書        基準書名                 当社適用時期              新設・改訂の概要
                       (以降開始年度)
      IAS第32号       金融商品:表示          2014年1月1日         2014年12月期        金融資産と金融負債の相殺
                                        投資企業の要件を満たす企業による子会社
      IFRS第10号       連結財務諸表          2014年1月1日         2014年12月期
                                        の連結についての例外規定の設定
             他の企業への関与                           投資企業の要件を満たす企業についての開
      IFRS第12号                 2014年1月1日         2014年12月期
             の開示                           示方法の改訂
      IFRIC第21号       賦課金          2014年1月1日         2014年12月期        賦課金を支払う負債の認識

                                  95/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
      3 重要な会計方針
        以下に記載されている会計方針は、他の記載がない限り、この連結財務諸表(IFRS移行日の開始連結財政状態計算
       書を含む)の作成において、記載されているすべての期間について継続的に適用しております。
       (1)連結の基礎

        (a)子会社
          子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループがある企業への関与により生
         じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、当該企業に対するパワーにより当該リター
         ンに影響を及ぼす能力を有している場合に、当社グループは当該企業を支配していることとなります。子会社の
         財務諸表は、支配開始日から支配喪失日までの間、当社の連結財務諸表に含まれております。
          子会社の包括利益については、非支配持分が負の残高となる場合であっても、親会社の所有者と非支配持分に
         帰属させております。
          当社グループ内の債権債務残高及び取引、並びに当社グループ内取引によって発生した未実現損益は、連結財
         務諸表の作成に際して消去しております。
        (b)支配を喪失しない子会社における所有持分の変動

          支配を喪失しない子会社の当社グループの所有持分の変動は、資本取引として会計処理しております。当社グ
         ループの持分及び非支配持分の帳簿価額は、子会社に対する持分の変動を反映して調整しております。非支配持
         分の調整額と、支払った又は受け取った対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本
         の部に直接認識しております。
        (c)子会社の処分

          当社グループが子会社の支配を喪失する場合、処分損益は(ⅰ)受取対価の公正価値及び残存持分の公正価値
         の合計と(ⅱ)子会社の資産(のれんを含む)、負債及び非支配持分の従前の帳簿価額との間の差額として算定
         し、純損益で認識しております。
        (d)関連会社

          関連会社とは、当社グループがその財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配をして
         いない企業をいいます。当社グループが他の企業の議決権の20%以上50%以下を保有する場合、当該他の企業に
         対して重要な影響力を有していると推定されます。
          関連会社に対する投資は取得時に取得原価で認識し、持分法を用いて会計処理しております。持分法では、関
         連会社に対する投資は当初取得原価で計上され、重要な影響力を有することとなった日から重要な影響力を喪失
         する日までの、関連会社の純損益及びその他の包括利益(当社グループの会計方針に整合させるための調整後)
         に対する当社グループの持分を認識し、関連会社に対する投資額を修正します。
          関連会社の損失に対する当社グループの持分相当額が関連会社に対する投資持分(実質的に関連会社に対する
         正味投資の一部を構成する長期投資を含む)を上回った場合には、当社グループが関連会社に代わって債務(法
         的債務又は推定的債務)を負担する、又は支払いを行う場合を除き、それ以上の損失については認識しません。
          「取得原価」が取得日に認識された関連会社の「識別可能資産、負債及び偶発負債の公正価値純額の当社グ

         ループの持分」を超える金額は、のれんとして認識し、関連会社に対する投資の帳簿価額に含まれます。取得日
         に認識された関連会社の「識別可能資産、負債及び偶発負債の公正価値純額の当社グループの持分」が「取得原
         価」を超える金額は直ちに損益で認識しております。
          関連会社に対する投資の帳簿価額の一部を構成するのれんは別個に認識されておらず、個別に減損テストを実
         施しておりませんが、関連会社に対する投資を単一の資産として、関連会社に対する投資が減損している客観的
         な証拠が存在する場合に、減損テストの対象としております。
          持分法適用会社との取引から発生した未実現利益は、被投資企業に対する当社持分を上限として投資から控除

         しております。未実現損失は、減損している客観的な証拠がない場合に限り、未実現利益と同様の方法で控除し
         ております。
                                  96/198




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (2)企業結合
         当社グループは選択適用が可能であるIFRS第1号の免除規定を採用し、IFRS移行日より前の企業結合に関して、
        IFRS第3号「企業結合」(以下、IFRS第3号)を遡及適用しておりません。
         IFRS移行日前の取得により生じたのれんは、IFRS移行日にIFRSに基づく減損テストを実施した後のIFRS移行日現
        在の従前の一般に認められた会計原則による帳簿価額で計上されております。
         当社グループは企業結合に対して「取得法」を適用しております。譲渡対価には、当社から被取得企業の従前の

        所有者に対して移転した資産、発生した負債、当社が発行した持分及び条件付対価契約から生じる負債の公正価値
        が含まれております。
         負債性証券又は持分証券の発行に関連するものを除いて、企業結合に関連して当社グループに発生する取引費用
        は、発生時に費用処理しております。
         IFRS第3号に基づく認識の要件を満たす被取得企業の識別可能な資産、負債及び偶発負債は、以下を除いて、取

        得日の公正価値で測定しております。
         ・繰延税金資産及び負債はIAS第12号「法人所得税」に、また、従業員給付契約に係る負債(又は資産)はIAS第
          19号「従業員給付」(以下、IAS第19号)に準拠して、それぞれ認識及び測定しております。
         ・売却目的として分類される非流動資産又は事業は、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事
          業」に準拠して測定しております。
         当社グループはのれんを、取得日時点で測定した譲渡対価の公正価値と被取得企業に対する非支配持分の金額の

        合計から、取得日時点における識別可能な取得資産及び引受負債の純認識額を控除した額として測定しておりま
        す。この差額が負の金額である場合には、純損益に認識しております。
         当社グループは、非支配持分を公正価値で測定するか、又は識別可能な純資産の認識金額の比例持分で測定する
        かを、取得日に個々の取引ごとに選択しております。
       (3)外貨

        (a)機能通貨及び表示通貨
          当社グループの各企業がそれぞれの財務諸表を作成する際に、その企業の機能通貨以外の通貨での取引は、取
         引日における為替レートで各企業の機能通貨に換算しております。当社グループの連結財務諸表は、当社の機能
         通貨である日本円を表示通貨としております。
        (b)外貨建項目の換算

          外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に再換算しております。公正価値で測定されて
         いる外貨建非貨幣性資産及び負債は、当該公正価値の算定日における為替レートで機能通貨に再換算しておりま
         す。再換算によって発生した為替差額は、純損益として認識しております。ただし、公正価値で測定しその変動
         をその他の包括利益として認識する金融商品の再換算により発生した差額、キャッシュ・フロー・ヘッジから生
         じる換算差額については、その他の包括利益として認識しております。取得原価により測定されている外貨建非
         貨幣性項目は、取引日の為替レートを使用して換算しております。
        (c)在外営業活動体

          機能通貨が表示通貨と異なるグループ企業(主に在外営業活動体)の資産及び負債は、その在外営業活動体の
         取得により発生したのれん、識別した資産及び負債並びにその公正価値の調整を含め、期末日の為替レートで表
         示通貨に換算しております。在外営業活動体の収益及び費用は、その期間中の為替レートが著しく変動していな
         い限り、期中平均為替レートで表示通貨に換算しております。
          在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益で認識しております。在外営

         業活動体の持分全体の処分、及び支配又は重要な影響力の喪失を伴う持分の一部処分につき、当該換算差額は、
         処分損益の一部として純損益に振り替えております。
          なお、当社グループはIFRS第1号の免除規定を採用し、IFRS移行日の累積換算差額をゼロとみなすことを選択

         しております。
                                  97/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
       (4)現金及び現金同等物
         現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動につ
        いて僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (5)金融商品

        (a)非デリバティブ金融資産
          金融資産は、次の条件がともに満たされる場合には、償却原価で測定する金融資産に分類し、それ以外の場合
         には公正価値で測定する金融資産に分類しております。
          ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づいて、資
           産が保有されている。
          ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定の
           日に生じる。
          公正価値で測定する金融資産については、純損益を通じて公正価値で測定する(FVTPL)金融資産に分類さ

         れ、純損益を通じて公正価値で測定しております。
          ただし、売買目的で保有される資本性金融商品以外の資本性金融商品であり、当社グループが当初認識時にそ
         の他の包括利益を通じて公正価値で測定するという指定を行ったものについては、その他の包括利益を通じて公
         正価値で測定する(FVTOCI)金融資産に分類され、その他の包括利益を通じて公正価値で測定します。この指定
         を行うか否かは個々の資本性金融商品ごとに決定されており、取消不能なものとして継続的に適用しておりま
         す。
          なお、IFRS第9号に関して、当社グループは以下のIFRS第1号の免除規定を採用し、IFRS移行日時点で既に保

         有している資本性金融商品の分類を決定しております。
          ・企業は、IFRS移行日時点で存在する事実及び状況に基づき、資本性金融商品に対する投資を、その他の包括
           利益を通じて公正価値で測定するものとして指定することができる。
         (償却原価で測定する金融資産)

          償却原価で測定する金融資産は、公正価値に当該金融資産に直接帰属する取引費用を加算した金額で当初認識
         しております。
          当初認識後、償却原価で測定する金融資産の帳簿価額については実効金利法を用いて算定し、必要な場合には
         減損損失を控除しております。
         (FVTPLの金融資産)

          FVTPLの金融資産は、当初認識時に公正価値で認識し、取引費用は発生時に当期損益で認識しております。当
         初認識後は公正価値で測定し、公正価値の変動は損益として認識しております。
         (FVTOCIの金融資産)

          FVTOCIの金融資産は、公正価値に取得に直接帰属する取引費用を加算した金額で当初認識しております。当初
         認識後は公正価値で測定し、公正価値の変動はその他の包括利益として認識しております。当該金融資産の認識
         を中止した場合、あるいは公正価値が著しく下落した場合にはその他の包括利益を通じて認識された利得または
         損失の累計額を利益剰余金に振り替えております。
          このような投資から獲得した配当は、当該配当が明らかに投資原価の回収を示していなければ純損益において
         認識しております。
          当社グループは、金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が失効した場合、又は、当該

         金融資産の所有にかかるリスク及び便益を実質的に全て移転する取引において、金融資産から生じるキャッ
         シュ・フローを受け取る契約上の権利を譲渡する場合に、当該金融資産の認識を中止しております。
        (b)償却原価で測定する金融資産の減損

          償却原価で測定する金融資産については、四半期ごとに減損していることを示す客観的な証拠が存在するかに
         ついての評価を行っております。減損の客観的な証拠には、債務者又は債務者グループの重大な財政状態の悪
         化、元利の支払に対する債務不履行や延滞、債務者の破産等を含んでおります。
                                  98/198



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ネクソン(E25850)
                                                            有価証券報告書
          償却原価で測定する金融資産については、客観的な証拠によって損失事象が当該資産の当初認識後に発生した
         ことが示され、かつ、当該損失事象によってその金融資産の見積将来キャッシュ・フローにマイナスの影響が及
         ぼされることが合理的に予測できる場合に減損すると判定しております。
          当社グループは、償却原価で測定する金融資産の減損の客観的な証拠を、個々の資産ごとに検討するとともに

         全体としても検討しております。個々に重要な金融資産は、個々に減損を評価しております。個々に重要な金融
         資産のうち個別に減損する必要がないものについては、発生しているが認識されていない減損の有無の評価を全
         体として実施しております。個々に重要でない金融資産は、リスクの特徴が類似するものごとにグルーピングを
         行い、全体として減損の評価を行っております。
          償却原価で測定する金融資産の減損損失については、その帳簿価額と当該資産の当初の実効金利で割り引いた

         将来キャッシュ・フローの見積りの現在価値との差額として測定し、純損益で認識しております。減損を認識し
         た資産に対する利息は、時の経過に伴う割引額の割戻しを通じて引き続き認識しております。減損損失認識後に
         減損損失を減額する事象が発生した場合は、減損損失の減少額を純損益で戻し入れております。戻し入れる金額
         は、戻し入れが発生した時点まで減価償却又は償却を続けた場合における帳簿価額を上限としております。
        (c)非デリバティブ金融負債

          金融負債は、当社グループが当該金融商品の契約条項の当事者になる時点で認識しております。
          当社グループは、非デリバティブ金融負債として、買掛金、借入等、その他の短期債務を有しており、公正価

         値に、当該金融負債に直接帰属する取引費用を控除した金額で当初認識しております。当初認識後は、実効金利
         法を用いた償却原価により測定しております。
          当社グループは、金融負債が消滅した場合、つまり、契約上の義務が免責、取消又は失効となった場合に、金

         融負債の認識を中止しております。
        (d)デリバティブ及びヘッジ会計

          当社グループは、外貨建